宗教的な情報ソースを信じる - アルファベットによって



We feel that the Lord cannot be Pleased with how hate-filled so many of His followers are toward others who do not agree with their views or beliefs, especially other Believers in Him!

私たちは、主が憎しみに満ちた彼の信者のように多くの彼に、自分の意見や信念で特に他の信者に同意しない他の人に向かっている!どのように満足することはできないと感じている
Over half of all the seven billion people on our planet believe in Him, the One True God of Abraham (which includes Christians, Jews, Muslims and others), yet the vast majority of them feel extreme hatred toward others of His followers.

私たちの惑星上のすべての70億人の半分以上を信じます彼、(キリスト教徒、ユダヤ人、イスラム教徒と他の人が含まれます)アブラハムの唯一の真の神、まだそれらの大部分は彼の信者の他人に向かって極端な憎悪を感じています。
Why?

なぜでしょうか?
Because each of the many different religions and Denominations HAVE MADE THEIR OWN INDIVIDUAL ASSUMPTIONS REGARDING EXACTLY WHAT HE MEANT TO TEACH US, and therefore each chooses to Teach selective, and sometimes distorted information about all other belief systems.

多くの異なる宗教や宗派のそれぞれが自分のしてきたので個人彼は私たちを目的としたもので、まさにに関する仮定、したがって、それぞれが選択的教えることを選択し、場合によっては他のすべての信念のシステムに関する情報を歪め。
Can the Lord be Pleased with this sort of behavior?

主は行動のこの種に満足することはできますか?
We think not.

私たちはそうは思いません。


We think that He would wish ALL people to have access to and understanding of ACCURATE and HONEST information on all religious subjects.

私たちは彼が望むだろうと思いますすべての人々は、すべての宗教的な主題に関する正確かつ誠実な情報へのアクセスと理解を持っている。
Christians believe that He has installed an Indwelling Holy Spirit in each person such that the person then has Divine assistance regarding Discerning what is correct regarding the best way of Worshipping the One True Lord.

クリスチャンは彼が人はその後、崇拝の最善の方法についての正しいものを目の肥えに関する神の援助を有するように、それぞれの人に留置聖霊がインストールされていることを信じています唯一の真の主。
Religious systems tend to try to force followers to accept ONLY what they Teach them, and to be deaf or even adversarial to things anyone else might say.

宗教的なシステムは、彼らがそれらを教えるものだけを受け入れるように信者を強制しようとすると、聴覚障害者や他の誰が言うかもしれない事にしても敵対的になる傾向があります。
There is nothing wrong with Trusting and following your religious leader, and indeed, it is important to do so.

信頼すると間違って、あなたの宗教指導者、以下、実際には何もありません、それはそうすることが重要である
But there also needs to be some system of checks and balances where the Lord's True Message might not be distorted.

。。しかし、また主の真のメッセージを歪めていない可能性がありますチェック・アンド・バランスのいくつかのシステムが必要である


We have recently realized that if Jesus Himself would arrive at any of many thousands of Christian Churches, in His robe and with His long hair and general appearance, He would certainly be denied admission to the Church!

彼に、私たちは、イエスご自身がキリスト教の教会の何千のいずれかに到着するならばことが最近実現していますローブと彼の長い髪と一般的な外観と、彼は確かに教会への入学を拒否されることになる!
What does THAT say about our modern understanding of what He tried to Teach us?

彼は私たちを教えることを試みたものの現代の理解について言うんか?


Directory

ディレクトリ
Christian Subjects:

キリスト教の件名:


Numerals

数字
A

B

C

D

Da

Db

E

Ea

F

Fa

Fb

Fc

Fd

Fe

G

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z



4,000 Early Christian Manuscripts

4000 初期キリスト教原稿


Directory

ディレクトリ
Other Religions:

他の宗教:


A

C

H

I

J

K

M

N

R

S

T

U



The different religions and Denominations each absolutely insist that THEIR interpretation is superior to all others.

異なる宗教や宗派はそれぞれ、絶対にその解釈が優れていることを主張しますすべての人に。
Isn't that Arrogance, something that the Lord Wished us to avoid?

主は避けるように私たちを望んだ何か?、その傲慢ではないです
Didn't He Try to Teach us Humility and Tolerance of others?

。彼は私たちに謙虚さと他人の寛容を教えるようにしてくださいませんか?
It seems to us that if a religion chooses to refer to the One True God by a somewhat confusing collection of Three Different Names (Father, Son and Holy Spirit) or to see Him as very Harsh (Jewish) or Loving (Christianity), does it necessarily mean that HE is any Different?

それは、宗教によって一つの真の神を参照することを選択した場合ことを私たちには思えますやや混乱三つの異なる名前(父と子と聖霊)の集合体として、または非常に厳しい(ユダヤ人)や(キリスト教)を愛する彼を見るためには、それは必ずしも?彼は何が違うのであることを意味している
Probably not.

おそらくない。
It probably simply indicates that we humans are not nearly as smart as we often want to claim, and that there are many, many things that we only vaguely comprehend.

それはおそらく、単にことを示しています私たち人間は、私たちはしばしば主張したいほどスマートではない、と我々は唯一の漠然と理解多く、多くのものがあるということ。
There actually seems a credible possibility that we are all actually "speaking the same language of Love and Adoration for the One True God of Abraham" but simply do not (yet) realize it!

実際に我々はすべて、実際には「のために同じ愛の言語と礼拝を話している信頼性の高い可能性があるようです唯一の真のアブラハムの神」ではなく、単に(まだ)!それを理解していない


Each religion encourages Passion regarding believing what they believe.

。各宗教は、彼らが信じるものを信じに関する情熱を奨励
Fine.

ファイン。
But that commonly then includes hatred for strangers who believe differently than themselves.

しかし、それは一般的に、その後異なるそのものよりも信じて知らない人のための憎悪が含まれています。
That CANNOT be what the Lord had in Mind!

主がでていたものにすることはできません!気に
Especially when those strangers happen to also be trying to Worship the very same Lord!

!それらの知らない人も非常に同じ主を礼拝しようとしていることが起こる場合は特に
It is sad that thousands of different groups of Christians read English translations of the EXACT SAME Original Ancient Hebrew and Greek texts, and interpret what they read differently than the Church down the street, and then find causes to develop insults and hatred for neighbors who attend that Church.

それはキリスト教徒の異なるグループの数千人がまったく同じオリジナル古代ヘブライ語とギリシャ語のテキストの英語翻訳を読むことを悲しいです、と彼らはとは異なる読みを解釈ストリートダウン教会、その後、教会のことを出席ネイバーの侮辱と憎悪を開発するために原因を見つける。
How is it possible that we are so shallow to fall into such things?

それは我々がこのようなことに陥りそう浅い?することが可能である方法
And that other Church Teaches the same Arrogance regarding this Church?

と、他の教会はこの教会について同じ傲慢を教えて?
Are EITHER of those Churches right in such postures of superiority that can seem rather disgusting to observers?

のどちらかでありますオブザーバーにかなり嫌なように見えることができます右の優位性のような姿勢で、これらの教会の?
Didn't Jesus Teach Humility and not Arrogance?

イエスは謙遜ではなく、傲慢を教えなかった?


A central reason for the existence of the BELIEVE resource is to try to provide the best such information that we could accumulate.

信じリソースの存在のための中心的な理由は、我々が蓄積することが最高のような情報を提供しようとすることです。
Many of our subject presentations include (separate) articles written by Protestant Christian scholars, Catholic scholars, Jewish scholars, Orthodox scholars, Muslim scholars, etc, to try to provide the broadest possible view of a subject, by including perspectives from many different (scholarly) directions.

私たちの主題のプレゼンテーションの多くは、(多くの異なるから視点を含めることにより、被写体の最も広い可能なビューを提供しようとするプロテスタントのキリスト教の学者によって書かれた(別の)記事、カトリックの学者、ユダヤ人の学者、正統派の学者、イスラム教徒の学者、などが挙げられます学術)方向は。
We have also included excerpts from important Buddhist, Hindu, Muslim and other religious texts, which often seem to show the same charity, kindness, patience and other characteristics which are familiar in nearly all religions.

我々はまた、多くの場合、同じ慈善、優しさ、忍耐とほぼすべての宗教でよく知られている他の特性を示しているように見える重要な仏教、ヒンドゥー教、イスラム教徒や他の宗教のテキストからの抜粋が含まれている。


Churches each interpret many different things to generate their own ideas about how a Church is supposed to be.

それぞれが、多くの異なるものを解釈する教会教会は、ことになっている方法についての自分のアイデアを生成する。
An interesting example to ponder might be a few paragraphs from a respected Christian scholar's discussion regarding Jesus' 'self awareness' during His earthly activities.

興味深い例熟考することがあるかもしれないいくつかの段落彼のこの世の活動中にイエスの「自己意識」に関する尊敬クリスチャン学者の議論から。
That scholar notes that at NO time did Jesus ever refer to Himself as Son of God or as anything very different from terms used for Jewish Rabbis of the time, such as "my Lord".

学者がNO時にやったことを指摘していることイエスはこれまで神の子として、または「私の主」として当時のユダヤ人のラビのために使用される用語、非常に異なるものとして自分自身を参照してください。
The Post-Easter Church, AFTER He had Died, developed nearly all of the titles by which we now refer to Jesus.

彼が死んだ後にもPOST-イースター教会は、ほぼすべてのタイトルを開発することにより、我々は今、イエスを参照してください。
But modern Christians and modern Churches all believe that they were applied to Jesus while He was Alive on Earth.

しかし、現代のキリスト教徒と現代の教会は、すべて彼が地球上で生きている間、彼らはイエスに適用されたことを信じている。
That was not the case.

それはそうではありませんでした。
Jesus clearly realized that He had an unique and intimate relationship with the Lord, but He never implied that He felt it was as Son or as any other Divine Being!

イエスは明らかに彼が主とユニークで親密な関係を持っていたことに気づいたが、彼彼はそれが息子として、あるいは他の神であるとして感じたことを暗示することはありません!
It IS possible that He made such comments AS AN ASSUMPTION, based on the fact that each time that He requested a Miracle, it occurred!

それは彼が彼が奇跡を要求するたびに、それが発生したという事実に基づいて、仮定のようなコメントが寄せられている可能性がある!
The reality that He Was the One True God of the Universe meant that such Miracles would occur because He wished them!

彼が現実であったこと宇宙の唯一の真の神は彼がそれらを望んだので、このような奇跡が起こることを意味!
But HE did not realize all of that, and He believed that He had to REQUEST Miracles "from the Father"!

しかし、彼はそれのすべてを認識していなかった、と彼は「父から「奇跡を要求しなければならなかったことを信じて!
Churches have Taught for centuries that those things were accurate and true statements, but they appear to have been primarily OPINIONS of leaders of the Post-Easter Church as it was developing.

教会は、それらのものがあったことが何世紀にもわたって教えてきました正確で真のステートメントが、彼 ​​らはそれを開発していたとして、主にポストイースター教会の指導者たちの意見であったと思われる
(In the final few weeks of His life, the Bible gives evidence that Jesus began to fully realize just how unique He was!

。(彼の人生の最後の数週間で、聖書は、イエスが完全にどれだけのユニークな彼を実現するために始めたことを示す証拠を提供します!た
Until then, He felt the need to ask the Father for such things as Miracles, and as a result, both He and everyone else started referring to Him as Son.)

それまでは、彼は奇跡のようなもののために父を依頼する必要性を感じ、その結果として、彼と他の人の両方が息子として彼に言及開始しました。)
We feel that the Lord Wishes us all to KNOW the actual Truth, and not necessarily just the opinions of that Truth held by Ministers of any specific Church.

私たちは、主が実際の真実を知るために私たちのすべてを望んでいることを感じます、必ずしもその真実のちょうど意見は、特定の教会の大臣によって保持された。
Doesn't that seem what He would Want?

彼がしたいと思うものをいないよう


BELIEVE is currently a collection of over 7,000 articles by respected scholars on around 2,300 religious subjects.

?BELIEVE 現在約2300宗教的なテーマの尊敬学者によって7,000以上の記事を集めたものです。
Protestant Christian Churches, the Roman Catholic Church, and the Orthodox Church, all follow Faiths which involve hundreds of individual subjects, which are each thoroughly presented in BELIEVE.

プロテスタントキリスト教の教会、ローマカトリック教会、正教会、すべてが。完全に信じるに提示それぞれ個々の被験者の数百を伴う信仰をたどる
Many of these subjects are very important to Faith, like Eschatology, but which are seldom presented in Church Services or during Bible Study.

ように、これらの科目の多くは信仰に非常に重要である終末論が、ほとんどの教会のサービスで提供されていないしますか、 。聖書の勉強中に
Others are commonly known religious subjects, like Salvation, or Baptism, that we just present more thoroughly than is usually available.

他のものは、一般的のような宗教的な科目、知られている救い、または洗礼を私たちはより徹底的に通常利用できるよりも存在することを、。
Proverbs 4:5 Get wisdom, get understanding, forget it not.

箴言4:5、知恵を取得し、理解を得る、それをない忘れている。
Proverbs 1:7 Fear/Reverence of the Lord is the beginning of knowledge: but fools despise wisdom and instruction.

箴言1:7の恐怖/崇敬主は知識の初めである:愚かな者は知恵と命令を軽蔑する。
John 5:39 Search the scriptures

ジョン午前5時39分には経典を検索
1 Thess. 5:21 Prove all things; hold fast that which is good. (all KJAV)

1テサを。5時21分には、すべてのものを証明。これが良好であることを堅持。(すべてKJAV)
Also Prov. 2:3-5; Prov. 3:13; Prov. 15:14; Prov. 23:23; and 2Peter 1:5.

箴。2:3-5; 箴。3時13; 箴。15:14; 箴。23:23; そして、2Peter 1:5
Saint Clement of Alexandria may have described this most fully, (around 200 AD), in the Stromata, Book VIII, Chapter I.

アレクサンドリアの聖クレメントで、ほとんど完全に、(200年頃)は、これを説明している可能性がありstromaの、ブックVIII、第I章。


We think you might find it refreshing that we have no intention of pushing you toward any specific attitudes or positions.

私たちは、あなたはそれが爽やか我々は向かってあなたをプッシュするつもりはないことを見つけるかもしれないと思います特定の態度や位置が。
We also have no intention of trying to get you to like or dislike any specific group or Denomination or Faith.

我々はまた、あなたが好き、または任意の特定のグループまたは宗派や信仰を嫌うために取得しようとするつもりはありません
(We DO hope that you will pursue SOME Faith and some method of Worshipping God!)

。(私たちはあなたには、いくつかの信仰と神を崇拝する何らかの方法を追求することを願っていDO!)
Our intent is only to present you with enough accurate, unbiased information such that you can make your own thoughtful conclusion about any particular subject.

私たちの目的は唯一であることあなたが特定の主題についてのあなた自身の思慮深い結論を下すことができるように十分に正確、公平な情報をご提示します。
If you have Doubts about God, Christianity, Religion or questions, concerns, doubts, skepticism, you're probably in the right place to get actual information on which to form your own conclusions.

あなたが持っている場合は、神、キリスト教、宗教に関する疑問や質問、懸念、疑念、懐疑的な見方を、あなたがに正しい場所に、おそらくですあなた自身の結論を形成する上での実際の情報を取得します。
We have tried hard NOT to include opinions or unsupported logic.

我々は意見またはサポートされていないロジックを含まない懸命に試みている。
Our attitude is that YOU must find your own conclusions (as long as you have accurate information to work with) and it is not our place to try to drag you anywhere!

私たちの態度は、あなた自身の結論を見つける必要があるということです(限り、あなたはで動作するように正確な情報を持っているように)、それは私たちではありません!どこをドラッグしようとする場所


A concept that we have tried to keep in mind in assembling BELIEVE is: Whatever you do, work at it with all your heart, as though you were working for the Lord and not for men. (Col. 3: 23) (NIV)

何をするにしても、すべてのあなたの心でそれでの作業、あなたが主のためではなく、男性のために働いていたかのように:私たちは信じて組み立てる際に心に留めておくことを試みてきた概念です。(コロサイ3:23)(NIV)


In that regard, we have added nearly 4,000 complete texts of Early Christian Manuscripts (translated into English).

。その点において、私たちが(英語に翻訳)初期キリスト教原稿のほぼ4,000完全なテキストを追加している
We think that cynics might be surprised in browsing through some of them, as, for example, the single presentation on the Diatessaron of Tatian includes over 3,800 footnotes!

私たちは、皮肉屋は、例えば、として、そのうちのいくつかをブラウジングに驚かれるかもしれないと思います上の単一のプレゼンテーションtatianののDiatessaronは 3800以上の脚注が含まれています!
An access to the entire assemblage is at:

全体集合体へのアクセスはである
4.000 Early Christian Manuscripts

:4.000 初期キリスト教原稿
The level of intellectual care and attention to accuracy is really impressive!

精度に知的ケアと注意のレベルは本当に印象的です!


To Citing a BELIEVE web-page:

BELIEVEウェブページを引用


As a result of many thousands of received e-mails, I feel that the Holy Spirit wishes me to add these links here to pages which I, the Editor of BELIEVE, composed, and which are not actually in the BELIEVE site.

結果受信した電子メールの数千は、私は聖霊が私は私、信じのエディタは、構成ページに、ここでこれらのリンクを追加したい、とする信じサイトで実際にはないことを感じています。
There have been so many people who seem to have misconceptions about Christianity in general or certain centrally important parts of it, that it seems necessary to make these two links available here.

非常に多くの人々が行われてきましたそれはここで、これら2つのリンクを利用できるようにする必要があると思われ、それの一般的または特定の中央に重要な部分でキリスト教について誤解を持っているように見える人。
New Presentation of Christianity

キリスト教の新しいプレゼンテーション
Christian Arrogance, Self-Righteousness

キリスト教の傲慢、自己正義は
Here is another link which might be considered worth some thought

ここではいくつかの思考に値すると考えられるかもしれない別のリンクであります
Christianity - Salvation - End of Life

キリスト教-救い-生命の終わりには、


It seems that most people have an enormous misunderstanding regarding what a "scholarly text" actually is!

それはほとんどの人が「学術テキストは「実際に何であるかについての巨大な誤解を持っているようだ!
A good example might be our presentation on Arguments for the Existence of God.

良い例は、上の私たちのプレゼンテーションであるかもしれない神の存在の引数。
If most people tried to compose that presentation, including virtually any Church or its personnel, they would assemble it in the "obvious" way.

ほとんどの人はそのプレゼンテーションを構成しようとした場合、事実上すべての教会やその関係者を含め、彼らは「明白な」方法でそれを組み立てることになる。
And that would not possibly qualify for being a "scholarly work" no matter how brilliantly it was researched and presented!

そして、それはおそらく関係なく、それが調査され、提示された方法を見事に「学術の仕事」でないの資格はありません!
If you look at our presentation linked here, you will see a prominent distinction which qualifies it as being scholarly.

あなたは私たちのプレゼンテーションを見てみると、ここでリンクされて、あなたは、学術的であるとして、それを修飾する著名な違いが表示されます。
Right after the initial presentation of the arguments FOR the Existence of God, that author has a section which discusses the arguments AGAINST the Existence of God!

右の神の存在を引数の最初のプレゼンテーションの後、その著者が!神の存在賛否両論を議論項いる
Most Christian Ministry seem to be viciously against including such things!

ほとんどのクリスチャン省が悪意あるように見えますそのようなことを含めて反対!
Many have told me that I am certain to go to Hell for allowing such things to be included in BELIEVE!

多くは私が!BELIEVEに含まれるようにそのようなことを可能にするために地獄に行くことを確信していることを私に言った
Amazing!

アメージング!
They INSIST on only telling THEIR side of any stories or any issues, apparently deciding that THEY are each brilliant enough to determine what their Church Members should be allowed to hear and what their Church Members should be denied hearing!

彼らは明らかに彼らがそれぞれの華麗であることを決定する、唯一の任意の話やあらゆる問題の彼らの側に伝えることを主張十分に彼らの教会のメンバーが聞き許されるべきものとその教会のメンバーは、聴覚を拒否すべきかを決定するために!
No actual scholar would ever do that!

実際の学者が今までそれを行うないだろう!
It is considered critically important to always present BOTH sides, ALL sides, of any issue, logically and fairly.

それは常に論理的に、すべての問題の両側、すべての側面を提示することが非常に重要と見なされ、かなり。
Scholars then rarely actually extend that to forming conclusions, other than what is solidly based on the arguments and known facts.

学者はその後、まれに実際にしっかりと引数と知られている事実に基づいているもの以外の、結論を形成することを拡張します。
In contrast, we find it immensely frustrating that MOST Christian books, articles and speeches tend to ONLY provide SELECTIVE EVIDENCE which then appears to totally support whatever conclusions that the (Christian) writer or speaker wants to claim.

これとは対照的に、我々はそれが非常にイライラ見つけるMOSTキリスト教の書籍、記事やスピーチがだけにして表示される選択的な証拠を提供する傾向があることまったく。(キリスト教の)作家やスピーカーが主張したいことは何でも結論サポートするために、
We hope you see the distinction, as it really is very, very important.

それは本当に非常に、非常に重要であるとして、私たちは、あなたが違いを参照してください期待しています。
Regarding BELIEVE, we do not necessarily want to present thoughts or arguments which appear to oppose Christianity or some Church, but in an effort at presenting scholastic honesty, we feel that it is critically important that we ONLY present articles by scholar-authors which DO consider all sides of any issue.

については信じて、私たちは必ずしも反対に見える思考や議論を提示したくありませんキリスト教やいくつかの教会は、しかし、学力正直提示で努力において、我々はそれがすべての問題のすべての側面を考慮してください学者執筆者によって私達は存在記事ということが非常に重要であると感じています。
Virtually every argument and every group has wonderful assets but also a few warts!

事実上すべての引数とすべてのグループは、素晴らしい資産を持っていますが、いくつかのいぼは!
We think it would be potentially deceptive if we tried to ignore the existence of those warts!

我々は、これらのイボの存在を無視しようとした場合、それは潜在的に詐欺的になると思います!
This text makes clear that we have great confidence in the brains and the personal Discernment of each reader, especially since we are confident that the Indwelling Holy Spirit will assist each person regarding that.

このテキストは、我々は留置は、その自信を持っている、特に以来、脳や各リーダーの個人識別に大きな自信を持っていることを明らかにし聖霊がそのについて一人一人を支援します。
So we have no concerns whatever regarding the fact that our scholar-authors sometimes discuss matters which might seem unsettling to Christians.

だから私たちは私たちの学者、著者が時々キリスト教徒への不安に思えるかもしれない問題を議論するという事実についての何でも何の心配もありません。
We feel that this is far better than the only alternative that we are aware of, where WE would select a single viewpoint to try to present to all our visitors.

私たちは、これは我々が知っている唯一の選択肢よりもはるかに優れていることを感じ、私たちは、すべての訪問者に提示しようとする一つの視点を選択するであろう場所。


Several of the most important topics in BELIEVE have presentations that extend over 100 screenfuls of text!

の中で最も重要なトピックのいくつかは、テキストの100以上の画面全体を拡張するプレゼンテーションを持っている!信じる
The presentation of the Roman Catholic Church is more than 30 screens in length.

のプレゼンテーションローマカトリック教会は、長さが30以上の画面である。
The one on God is about 150 screens in length.

ザ・上の1つの神は長さ約150の画面である。
The one on Jesus as a Child is nearly 500 screens in length!

上の1つのイエスの子のように、長さが約500スクリーンである!
Even a generally unfamiliar subject like Supralapsarianism is about five screens in length, with several links to other BELIEVE pages that are closely related to that subject.

のようにも、一般的に馴染みのない対象Supralapsarianismは密接に関連しているページを信じる他にいくつかのリンクで、長さが約5の画面であり、その対象は。
Some of the more obscure subjects are covered in just one or two screens.

より多くの無名の科目の中には、ただ一つまたは二つのスクリーンで覆われている。


There is certainly a multitude of Christian and other religious sites on the Internet.

クリスチャン、インターネット上の他の宗教的なサイトの多くは確かにあります。
Many of them are informative, but they seem to generally present only their own view of whatever subjects they discuss.

それらの多くは有益ですが、彼 ​​らは唯一の自分のビューには、一般的に存在見えますどんな科目彼らは議論する。
That might be valuable, but it can often cause an incomplete understanding of those subjects.

それは価値があるかもしれないが、それは多くの場合、これらの科目の不完全な理解を引き起こす可能性があります。
How can a student of Christianity or any other religion truly understand any subject if he/she only has access to one narrow viewpoint?

彼/彼女が唯一の狭い視点へのアクセス権を持っている場合、どのようキリスト教の学生または他の宗教は本当に任意の主題を理解することができますか?
Yes, we realize that there might be value in sometimes presenting ONLY ONE approach, of NOT bringing up matters which might cause some Christians to become confused or uncertain.

はい、私たちは時々 、いくつかのキリスト教徒が混乱や不確実になることを引き起こす可能性がある事項を育てないという唯一のアプローチを、提示の値があるかもしれないことを実現します。
Fine.

ファイン。


Our Non-Denominational Christian Church thinks that in general it is wrong to consistently do that.

私たちの無宗派キリスト教の教会は、一般的に、それは一貫してそれを行うために間違っていると思います。
How could a person develop a solid foundation for Faith if incomplete or inaccurate or distorted information is all that is available?

どのように不完全または不正確または歪んだ情報あれば人は信仰のための強固な基盤を開発することができ、すべてのものが入手可能ですか?
What if your First Grade Teacher only decided to teach you her favorite letters of the alphabet and not all 26 of them?

あなたの一学年の教師はあなたの彼女の好きなアルファベットの文字ではなく、それらのすべての26を教えることに決めた場合はどう?
Our approach is to try to imagine how Jesus might have presented religious information.

我々のアプローチがありますイエスは宗教的な情報を提示している可能性があるか想像しようとする。
Would He have only presented some facts that supported a point He wanted to make?

彼は、唯一彼が作りたかったポイントをサポートしていくつかの事実を提示していますか?
We doubt it!

私達は!それを疑う
Would He have presented any statement that He did not truly believe to be true, or that was otherwise incomplete or inaccurate or misleading or deceptive?

彼は本当にそれを真実であると信じている、またはしなかったことを任意の声明を発表しているだろう?そうでない場合は、不完全または不正確または誤解を招くまたは詐欺的だった
We doubt it!

私たちはそれを疑う!
We think that He would have patiently sat down with anyone who had questions and He would have helped each person to fully understand the answers to those questions.

私たちは、彼は辛抱強く質問を持っていたし、彼は完全にこれらの質問への回答を理解するために、一人一人を助けただろう誰と座っているだろうと思います。


We often consider a real situation which existed in the Early Church.

私たちはしばしば、実際の状況を考えますこれは初代教会に存在していた。
The full Bible as we know it was only finalized nearly 400 years after Jesus lived.

完全な聖書私たちは、イエスが住んでいた約400年後にそれが唯一の確定された知っている。
We sometimes consider a passionate Christian of around 80 AD, who happened to NOT have an entire Bible but just a SINGLE SHEET from ONE LETTER of Paul.

私たちは時々 ONEから聖書全体が、ただ一枚 ​​のシートを持っていないに起こった約80 ADの情熱的なクリスチャンを検討ポールの手紙。
What could the Lord have expected of that person?

どんな主は?その人に期待している可能性が
A comprehensive understanding of all aspects of Christianity?

?キリスト教のすべての側面を包括的に理解を
That would not be possible for him!

彼のために可能ではないことを!
But he certainly would read that page every day and certainly memorize it.

しかし、彼は確かに毎日、そのページを読んで、確かにそれを暗記します。
Whatever specifics that Paul might have discussed in that page, this man would have centered his life upon.

どのような具体的なポールは可能性があることそのページで説明している、この男は、彼の人生をを中心としているでしょう。
And we feel that the Lord would be totally Pleased with him for that effort.

そして、私たちは主がその努力のために彼と一緒に完全に満足しているだろうと感じています。
Curiously, when I have brought this story up to several hundred other Ministers over the years, at least two hundred of those Christian Ministers immediately told me that that man went to Hell, for not having FULLY followed all the aspects of Christianity!

不思議なことに、私は年間で数百他の閣僚にこの話を持ってきたときに、でこれらのキリスト教の大臣の少なくとも200は、すぐにその人が完全にキリスト教のすべての側面を、その後持っていないため、地獄に行っていることを私に言った!
I am always astounded at hearing Ministers say that, and it terrifies me regarding what they might be Teaching in their own Churches!

私は大臣を聞くに常に驚いだと言うと、それは彼らが彼らに教えることかもしれないものについての私を恐怖に陥れます自分の教会が!
They are either ignorant or overlook the fact that the complete Bible only was settled on around 390 AD, but they still demand that earlier Christians be knowledgeable regarding a Bible which did not then even exist!

彼らは無知であるか、または完全な聖書は唯一の390年頃に解決したという事実を見落とすが、彼 ​​らはまだその先にクリスチャンはその後でも存在しなかった聖書についての知識が要求さ!
It seems to me that those modern Ministers believe that Christianity is totally Legalistic, where they must not have read the parts of the Bible that make clear Jesus' attitude about such things!

それは私には思われるもの現代の大臣キリスト教は、彼らがそのようなことについて明確にイエスの態度を作る聖書の一部を読んだことがない必要がある場合に、完全に律法であることを信じています!


BELIEVE is here with the intent of permitting our visitors to access all the (credible) perspectives that we are aware of, with the intention of enabling DEEPER Devotion to the Lord.

私たちが知っているすべての(信頼できる)の視点にアクセスするために私たちの訪問者を許可することを意図してここにあると信じて主にDEEPER献身を可能にすることを意図して。


Well, we have a disadvantage here!

まあ、私たちはここでの欠点を持っている!
We are not Jesus!

私達はイエスではありません!
We do not have His Knowledge and Understanding!

私たちは彼の知識と理解を持っている!ありません
So, we just try the best we can to supply the most accurate, understandable and complete information we can, on each of these many subjects.

、私たちは最も正確に供給するために私たちができる最善を試して、それでこれらの多くの被験者のそれぞれに私達ができる理解と完全な情報、。
That is basically the core reason for the BELIEVE Religious Information Source web-site.

それは基本的に信じる宗教的な情報ソースWebサイトのコアの理由である。
We try to not express opinions but only present the facts and all of the generally accepted attitudes on each subject.

我々は意見を述べるだけで、それぞれに事実と一般的に受け入れられている態度のすべてを提示しないようにしよう対象。


These articles were written by many Authors, world-renowned scholars in their specific subjects.

これらの記事は、多くの人によって書かれた作家、彼らの特定の科目で世界的に有名な学者。
We felt that such scholars were the best available authorities in each of the many subjects.

私たちは、このような学者は、多くの被験者のそれぞれに利用可能な最善の当局と感じました。
We are very aware that there have probably been millions of articles written by religious scholars over the centuries, and we have only been able (so far) to review a tiny fraction of them.

私たちは、おそらくによって書かれた記事の数百万人があったことを非常に意識しています何世紀にもわたって宗教学者、と私たちは(今のところ)そのうちのほんの一部を確認することができました。
That means that this BELIEVE site should forever be a work-in-progress, and it will hopefully forever get better and better!

このサイトは永遠に作業中であるべきであり、それがうまくいけば永遠に良くなるでしょう信じることを意味します!
We sometimes say that in another thirty years, BELIEVE might start to resemble something that the Lord might be Pleased with!

私たちは時々 、別の30年間のことを言う主は!と喜んかもしれない何か似ているように開始する可能性があります信じる


In the process of selecting the 7,000+ articles that are currently included in BELIEVE, we examined over 50,000 articles that we did not include.

私たちが含まれていませんでした50,000以上の記事を検討し、現在に含まれている7,000+記事BELIEVEを選択するプロセスでは。
If an article seemed biased or incomplete or not solidly based on accepted scholastic standards, we did not include it.

記事では、しっかりと受け入れられた学力標準に基づいてバイアスされたか、不完全またはないように見えた場合、我々はそれが含まれていませんでした。
It is our hope that the remaining articles are useful to the visitors to this site.

それは、残りの記事は、このサイトへの訪問者に有用であることは、私たちの希望です。


Whether your interest is casual curiosity or deep philosophical research, BELIEVE should certainly be helpful.

ご興味がカジュアルな好奇心や深い哲学的研究であるかどうか、 。確かに役立つはずである信じる
Many of the subject presentations start with a General level presentation of the subject, which is often followed by very comprehensive Advanced presentation(s) for student and Ministry research.

。対象のプレゼンテーションの多くは、多くの場合、学生と省の研究のための非常に包括的な高度なプレゼンテーション(複数可)に続いて、対象の一般的なレベルのプレゼンテーションで始まる
Actual Scripture from the Bible is generally not included, but many thousands of Scriptural references are included, as are extensive bibliographies (for most of the articles) for even further study.

聖書から実際の聖書は、一般的に含まれていませんが、さらに研究のため(記事のほとんどの)大規模な文献目録がそうであるように聖書の参照数千は、含まれています。


Have you ever been a little unclear when your Minister refers to Sanctification in a sermon?

あなたの大臣が参照するときには、これまでほとんど不明であったことがあります説教で?
Or Ultradispensationalism?

それともUltradispensationalism
Or Baptism?

それとも洗礼
Or Infralapsarianism?

それとも後定論
Or Salvation?

それとも救いは
Well, most Ministers aren't going to even mention two of these very important aspects of Christian Faith in their Sermons!

まあ、ほとんどの閣僚も自分の説教、キリスト教の信仰のこれらの非常に重要な側面のうちの2つを言及するつもりはありません!
But they would if they could!

しかし、彼らは、彼らができればと思います!
Or maybe you wanted to learn more about your friend's Methodism?

または多分あなたは、あなたの友人の詳細を学びたいと思っメソジスト
Or about Amish beliefs?

または約アーミッシュの信念?
Or the history of the Lord's Prayer?

それともの歴史主の祈りは
Have you ever been curious about just how our modern beliefs in Jesus got refined to where they are today?

あなたは今までイエスにあって私たちの現代的な信念は、彼らが今日ですか?どこ ​​に洗練されたなっただけでどのように好奇心行ったことがあります
Or you wanted deeper understanding of any of hundreds of other interesting religious topics?

それとも、他の興味深い宗教的なトピックの何百ものいずれかをより深く理解したいですか?


These are some reasons where you may want to browse through BELIEVE!

これらがどこにいくつかの理由がありあなたが拾い読み!信じたくあり


As mentioned above, we have gone to considerable effort to eliminate bias from this collection of articles.

。前述したように、私たちはこの記事のコレクションからのバイアスを排除するために多大な努力を行っている
It is reasonable for most authors to be enthusiastic for their subject, but if an author showed such an extreme attitude that possible distortion of facts might happen, WE LEFT SUCH AN ARTICLE OUT!

著者は、このような極端な態度を示した場合、ほとんどの著者は彼らの対象のために熱心されることが合理的であるが、その事実の可能な歪みが我々はそのような記事OUTをLEFT、起こるかもしれない!
BELIEVE is meant as an information source which has the most "level playing field" possible, so that readers can count on getting useful and fair and accurate information.

読者が便利かつ公正かつ正確な情報を得ることに数えることができるように、可能な限り最も"レベルの競技場」を持つ情報源として意味していると信じています。
There is only one substantial bias that was NOT removed, that against Satanists, Atheists, and similar groups.

一つだけあります悪魔主義者、無神論者、および同様のグループに対して。ということ、削除されませんでしたかなりの偏り
We considered including some of their own information, to balance some of the negative comments that some of our included authors make, but we decided that we did NOT want to encourage or publicize or support the activities or beliefs of such groups.

当社は含ま作者の一部が作成することを否定的なコメントのいくつかのバランスをとるために、自分の情報の一部を含むと考えられるが、我々はしたくなかったと判断しました奨励または宣伝や活動またはこのような基の信念をサポートしています。


If you get the impression that any particular presentation in this library shows substantial bias for or against any group or belief system, please let us know by an E-mail message or a postal letter.

あなたはこのライブラリ内の任意の特定のプレゼンテーションをするために、または任意のグループや信念システムに対してかなりのバイアスを示しているような印象を取得した場合、私たちは電子メールメッセージまたは郵便にてお知らせください手紙。
We hope to forever improve BELIEVE, and you can help!

私たちはいつまでも信じ改善したいと考えています、あなたは助けることができる!


People regularly send in manuscripts and essays which they hope to have added to our BELIEVE site.

。人々は定期的に彼らは私たちの信じるサイトに追加していると思っていた原稿やエッセイを送っ
Unfortunately, most of them cannot be used here.

残念ながら、それらのほとんどは、ここで使用することはできません。
One characteristic we insist on is that ALL perspectives on a subject or issue be equally and fairly discussed, as is the case in any credible scholarly work.

私たちは主張一つの特徴は、すべてのことです任意の信頼できる学術の仕事の場合のように、被写体や問題に関する視点が均等かつ公平、議論される。
When most people feel motivated to write an essay, it is because they have very strong feelings regarding one particular viewpoint on the subject.

ほとんどの人がエッセイを書くためにやる気を感じたとき、それは彼らが主題の一つの特定の視点についての非常に強い感情を持っているためである。
In many places, there is nothing wrong with that, in "promoting" that particular perspective.

多くのでは場所、その特定の視点」を推進」のそれと間違っているものは、ありません。
It is even often a great way of encouraging people to accept that particular belief.

それも、多くの場合、その特定の信念を受け入れるように人々を奨励するのに最適な方法です。
But BELIEVE is meant to present ALL perspectives as equally as is possible, and so "sales pitches" for any one position are not generally desirable here.

しかし、同じようにように可能であるとしてすべてのパースペクティブを提示するためのものであると考えていて、そう」いずれかの位置の販売ピッチは「ここで、一般的に望ましいものではない。
In many cases, such an essay could be fairly easily expanded to include the opposing viewpoints.

多くの場合、このようなエッセイはかなり簡単に反対の視点を含むように拡張することができた。
There have been many wonderful manuscripts sent in, which could have been used with such a modification, but not otherwise.

このような修正を加えて使用されている可能性があり、中に送信された多くの素晴らしい原稿がありましたなく、それ以外の場合は。


The individual web-page presentations are all designed to display properly on any home computer.

個々のWebページのプレゼンテーションは、すべての任意のホームコンピュータ上で適切に表示するように設計されています。
They are hopefully also compatible with the obsolete computers and browsers which Missionaries often have to use.

彼らはうまくいけば、また宣教師が頻繁に使用する必要が廃止されたコンピュータとブラウザとの互換性があります。
(The files are each made absolutely as small as they can be so that such Missionaries can have shorter Internet access times and expenses.)

(ファイルはそれぞれ、それらと全く限り小さく作られていますそのような宣教師が短くインターネットアクセス時間と費用を持つことができるようにすることができます。)
BELIEVE doesn't contain banners or other images that might interfere with such use.

このような使用を妨害する可能性がありますバナーや他の画像が含まれていないと信じています。


If someone thoroughly studied the entire contents of BELIEVE (equivalent to over 10,000 pages of typewritten text, over 30,000 screenfuls) and also the Bible, the resultant religious knowledge would be very close to that of a Divinity Degree from a Seminary!

誰かが完全にタイプ打ちのテキスト万ページ以上に(等価BELIEVEのすべての内容を検討している場合30,000画面分以上)、また聖書、結果として宗教的知識が神学校から神学の学位のそれに非常に近いだろう!
We realize that most people aren't going to use it that thoroughly!

私たちは、ほとんどの人はその徹底的にそれを使用しないことを実感!
But if you keep the downloadable BELIEVE program on your computer's hard drive, or keep a bookmark for this web-site in your browser, its information will be rapidly accessible, faster than you could find it in a reference book!

しかし、あなたは信じて、ダウンロードを続ける場合コンピュータのハードドライブ上のプログラム、またはその情報がより速くあなたが参考書でそれを見つけることができるよりも、迅速にアクセスできるようになり、お使いのブラウザでこのウェブサイトのブックマークを保つ!


BELIEVE has two parallel home pages, one with the subjects listed alphabetically and the other with more central subjects at the start of the list.

信じては二つの平行なホームページ、記載された被験者のものを持っていますアルファベット順に、リストの先頭に複数の中央科目と他の
(The subject list is to the right, and a link above it can get you to the other list.)

。(対象リストが右側にあり、そしてそれは、上記のリンクは、他のリストにあなたを得ることができます。)
The way both subject lists are set up encourages browsing.

対象リストの両方が設定されている方法はブラウジングを奨励しています。
You or your kids might have 15 minutes available one day.

あなたは、またはあなたの子供は、1日利用可能な15分を持っている可能性があります。
You COULD play some computer game!

あなたはいくつかのコンピュータゲームをプレイできる!
But if BELIEVE is there, you might just as well decide to learn a little about Arminianism or about Evangelicalism.

しかしそこにあると思われる場合は、あなただけにもについて少し学ぶために決めるかもしれませんアルミニウス主義かについて福音主義
You don't need to commit a huge block of time to it (but you could!)

あなたは巨大なブロックをコミットする必要はありませんそれまでの時間(しかし、あなたは!でした)


Even very devout Christians will probably find many unfamiliar terms in the list at right.

でも非常に敬虔なクリスチャンはおそらく右のリストには多くの不慣れな用語があります。
Many Protestant Christians do not realize that many things like the above mentioned Arminianism probably contributed (in one way or another) in a substantial way in the development of the beliefs of the Church they attend!

多くのプロテスタントのクリスチャンは、上述したアルミニウス主義のような多くのものは、おそらくに(何らかの形で)貢献していることに気付いていません彼らが出席し、教会の信仰の開発に!かなりの方法
Very few Christians seem to know that nearly all modern Christian Churches are Semi-Sabbatarian!

非常に少数のキリスト教徒は、そのほぼすべての現代のキリスト教会が知っているように見えるセミ安息日厳守は


We have added foreign language translations of all of BELIEVE (not including the extensive Early Christian Manuscripts).

我々はすべての外国語翻訳を追加した大規模な初期キリスト教原稿を含まない(BELIEVE )。
It is our hope that the French version might assist Missionary efforts in many of the countries in Africa where French is a primary language.

それは。フランス語版は、フランスが主要言語であるアフリカの国々の多くで宣教師の努力を支援する可能性があることを願ってい
Similarly, we hope that the Spanish and Portuguese versions might be of help to Missionaries in South America.

同様に、我々はスペイン語、ポルトガル語バージョンは、南アメリカの宣教師たちに助けになるかもしれないことを願っています。
And we hope that, as Chinese people learn about the "outside world", some of them may find value in either Chinese version.

そして、我々中国の人々は「外の世界」について学ぶように、そのうちのいくつかは中国語版のいずれかの値を見つけること、ということを願っています。
We also have hopes that if Arabic people have access to accurate information on the world's various religions, they might learn that we are far more alike than we are different.

我々はまた、アラビア語の人々は、世界のさまざまな宗教上の正確な情報へのアクセス権を持っている場合、彼らは私たちがしていることを学ぶかもしれないという希望を持っています。私たちは異なっているよりもはるかに似


Other reasons for the existence of BELIEVE are:

BELIEVEの存在のための他の理由は、次のとおりです。


For Ministry

省はのために
BELIEVE can be a useful source for when Pastors are assembling their Sermons.

牧師が彼らの説教を組み立てているときのために有用な供給源であることができると信じています。
Many of the topics include very comprehensive discussions, especially the Advanced articles.

トピックの多くは、非常に包括的な議論、特に高度な物品を含む


BELIEVE can also be helpful to Ministry when a Congregation member asks a question about an obscure subject.

。BELIEVE こともできます会衆のメンバーは無名の主題についての質問をしたときに省に役立つこと。
Refreshing that knowledge gained on Photius in Divinity School can be quickly done!

その知識は上獲得リフレッシュPhotius神学校には迅速に行うことができます!


For testifying to others

他の人に証言のために
BELIEVE is a useful information source when you are about to testify to someone of another Faith.

あなたが他の誰かに証言しようとしている有益な情報源であると考えてい信仰。
Articles describing nearly all world belief systems are included.

ほぼすべての世界の信念体系を記述する記事が。含まれている
Knowing something about what a person presently believes will help you to intelligently comment on their beliefs, and then express the advantages of your belief system.

人は、現在あなたがインテリジェントに自分の信念にコメントするのに役立ち、そして、あなたの信念システムの利点を発現すると考えているかについての何かを知る。
This can help develop respect and credibility in you and make YOUR presentation more acceptable.

これは、あなたに敬意と信頼性の開発を支援することができ、 。プレゼンテーションは、より許容可能にする
Often, when Christians witness to others, they overlook why the person currently believes what he/she does, as though it is irrelevant, often because they know very little about that other belief system.

クリスチャンは他の人に目撃するとき、多くの場合、それは彼らが、他の信念体系についてほとんど知らないことが多いので、無関係であるかのように人は現在、彼/彼女は何を考えている理由は、彼らが一望できます。
This often comes across as extremely insulting!

これは、しばしば出くわします非常に!侮辱
Here's a chance to improve the effect of your witnessing to others, by showing respect for them by intelligently discussing their current beliefs.

ここでインテリジェントに自分の現在の信念を議論することによって、それらを尊重を示すことによって、他の人にあなたの証言の効果を改善するためのチャンスです。


To confirm or deny a questionable comment made by a friend.

友人によって行われた疑わしいコメントを確認または拒否するために。
Sometimes, you hear someone say something religious that just sounds weird!

時には、誰かがちょうどその宗教的な何かを言うのを聞きます奇妙な!聞こえる
Normally, you don't have quick access to reference books to research the topic, or you just don't want to invest hours tracking down such information.

通常は、あなたがトピックを検索するには参考図書への迅速なアクセスを持っていない、またはあなただけのような情報を追跡する時間を投資する必要はありません。
BELIEVE probably has useful information on that subject, available in just seconds.

おそらくわずか数秒で使用可能なその主題についての有用な情報を持っていると信じています。
Knowing this, you might be more likely to "check it out!"

知りますこの、あなたは可能性が高いかもしれません」それをチェックアウト!


BELIEVE was first placed on the Internet in the Spring of 1997.

"BELIEVE が最初に1997年の春に、インターネット上に設置した
Since then, there have been an amazing number of visitors to our site!

。それ以来、私たちのサイトへの訪問者の驚くべき数があった!
It seems that most web-sites quickly brag about how much traffic comes to a site.

それはすぐに、ほとんどのウェブサイトと思われサイトに来てどのくらいのトラフィックを自慢。
Considering the content of this site, we feel that would be the wrong attitude.

このサイトの内容を考慮し、我々はそれが間違っている態度になる感じ。
Large numbers are essentially irrelevant!

多数は基本的に無関係である!
Our interest is (hopefully!) always in each single visitor, with our efforts being to aid that person to better understand the Lord and religion and Christianity.

私達の関心がある(できれば!)常に各単一の訪問者に、私たちの努力はしているとより良い主と宗教とキリスト教を理解する。人の援助
If a person is able to get closer to a point of better committing to God (and Jesus), then our efforts are successful!

後、私たちの努力が成功している人は、より良い神(イエス)にコミットする点に近づくことができる場合、!
So, as far as we are concerned, we have had ONE visitor, YOU!

限り我々が懸念しているように、我々はあなたは、1人のビジターを持っていた!きた
And, since you are important to God and Jesus, you are very important to us.

あなたは神とイエスにとって重要であるので、あなたは私達にとって非常に重要であり、。
We think that's the attitude Jesus would want us to have!

私たちはそれがイエスは私たちが持っているしたいとの姿勢だと思います!


Also, we realize that you might be interested in knowing more about the organization that created and operates BELIEVE.

また、我々はあなたがについての詳細を知ることに興味があるかもしれないことを認識作成と信じ運用する組織。


Our Church, A Christ Walk Church is a relatively normal Protestant Christian Church.

私たちの教会、


Our Statement of Faith of A Christ Walk Church is very similar to that of most Protestant Churches, although it might be more thoroughly presented!

キリストウォーク教会のそれはより徹底的に提示されるかもしれないが、ほとんどのプロテスタント教会のものと非常に似ている!
The most noticeable difference between our Church and other Protestant Churches is our special focus on always trying to figure out what Jesus might have said or done in each situation, and then act and speak appropriately.

私たちの教会と他のプロテスタント教会の間の最も顕著な違いは、常にイエスは言ったかもしれないものを把握またはしようとしている上に私たちの特別な焦点となってそれぞれの状況で行われ、その後、行動し、適切に話す。
Basically, the result of this is that our Church seems to have much less dogma than many other Churches.

基本的に、この結果は私たちの教会が、他の多くの教会よりもはるかに少ない教義を持っているように見えるということです。
Instead of applying any rigid formulation of response, we believe it is better to understand and respond to each situation of life individually.

その代わりに、応答の任意の剛性製剤を適用するので、我々はそれを理解した方がよいと考えていると個々の人生のそれぞれの状況に対応しています。
This statement should make the entire existence of BELIEVE a lot more logical, because it really fits in with the concept.

それは本当にコンセプトで適合するので、より多くの論理BELIEVEの全体の存在を確認する必要があります。この文
Each visitor is an individual, unlike anyone else.

の各訪問者が他の誰とは異なり、個々のですが。
It is our belief that if we provide sufficient accurate information, each visitor and his/her indwelling Holy Spirit will then be able to Discern the Truth for that person.

それは我々が十分提供した場合という私たちの信念です正確な情報は、各訪問者と彼/彼女の留置聖霊はその人のために真実を見分けることができるようになります。
We have another presentation which may be of interest, where the basic Meaning of Christianity is presented, as understood by our Church, at What Is Christianity, Anyway?

私たちが、私たちの教会によって理解されるように、キリスト教の基本的な意味は、提示された関心のある別のプレゼンテーションを持っていますとにかくキリスト教、何ですか?
http://mb-soft.com/public2/ourchris.html.

http://mb-soft.com/public2/ourchris.html
We have noticed that recently, bumperstickers are beginning to appear with "WWJD" (What Would Jesus Do?) on them.

我々は最近、bumperstickersは「WWJD」(イエスは何をしますか?)それらの上に表示され始めていることに気づいた。
We find that wonderful, very similar to what our Church has always tried to do and Teach.

私たちはそれを見つけます。私たちの教会はいつもと教えしようとしているものと非常に似て、素晴らしい


We are certainly not perfect, and neither is BELIEVE.

。私たちは確かに完璧ではない、とどちらもあると信じて
In this vein, it probably makes sense for us to admit to a significant "bias" that we know we have!

私たちは私たちが知っている重要な「バイアス」を認めるためには、この静脈では、それはおそらく理にかなっています!
BELIEVE currently does NOT contain a presentation on "Collection Plate" or "Donation" or "Mammon" because we are not sure we could "fairly" present such a topic.

私たちは「かなり」などのトピックを提示する可能性が確認されていませんので、現在「コレクションプレート」または「寄付」または「マモン」のプレゼンテーションが含まれていません信じています。
We have somewhat unusual attitudes toward that subject!

私たちは、その被写体に向け、やや異常な態度を持っている!


Shortly after the Editor of BELIEVE was Saved (at age 19), he was on vacation and attended a Church in Florida.

すぐに編集した後、 (19歳)に保存されたと信じて、彼は休暇中だったとフロリダの教会に出席しました。
"New" Christians are all especially enthusiastic, and that was true in this case.

"新規"キリスト教徒はすべて、特に熱狂的であり、すなわち、この場合には真実であった。
However, during an hour and a half Service, the Minister passed the Collection Plate FIVE times!

しかし、一時間半のサービスの間に、大臣が経過コレクションプレート5倍!
They each were for reasonably valid reasons: the normal Collection; a collection to repair the Church parking lot and driveway; a collection for a building project toward having a Sunday School; a collection for a guest Minister; and a collection for a Christian music group that played during the Service.

彼らはそれぞれ合理的に正当な理由のためであった:通常のコレクション; 教会の駐車場や私道を修復するコレクションです。日曜学校を持つに向けて建築プロジェクトのためのコレクションです。ゲスト大臣のためのコレクションです。サービスの中に再生キリスト教の音楽グループのコレクションが。
However, collectively, the experience was offensive to the Editor.

しかし、総称して、経験がエディタに不快だった。
Without being able to put a finger on exactly what was wrong, it just seemed like something was different from the way Jesus might have wanted it to be.

何かが道のイエスとは異なっていたように間違っていた正確に何に指を置くことができず、それだけで見えました。それになりたかったかもしれない


As a consequence of that experience, the Editor, and BELIEVE, have an intense attitude about keeping religious experience and learning as far as possible from money matters.

その経験の結果、編集者として、と信じて、宗教的な経験を維持し、可能な限り金銭問題から学ぶことについての強い態度を持っている。
Clearly, each Church MUST pay mortgages and utility bills and the staff's wages, so money must necessarily be present in the operation of each Church.

明らかに、各教会は住宅ローンや光熱費を支払うとしなければなりませんスタッフの賃金は、お金は必ずしも各教会の動作中に存在しなければならないので。
But we have all seen examples where something has gone wrong and Ministry flies around in personal Learjets and rides around in chauffeured limousines.

しかし、我々は何かが間違っているすべて見られる例があり、省は個人Learjetsの周り飛んで運転手付きのリムジンの周りに乗る。
I guess our attitude is that we wish that the hour or two that we each share in the Lord's House each week, could be entirely focused on religious ideas, and that people would make their Offerings to their Churches without having to be "prodded" by the existence of a Collection Plate!

私は推測たちの態度は、私たちがすることを望むということです時間や私たちの主の家の各シェア毎週、完全に宗教的なアイデアに着目し、人々が回収プレートの存在によって「突い」されることなく、その教会への供物を作るだろうと!できた2
But that's not realistic!

しかし、それはです現実的ではない!
We just hope that each Church uses good judgment (and consults their Holy Spirit!) regarding all subjects associated with money, in or out.

私達はちょうど、各教会は適切な判断を使用していることを願っています(とその聖霊を参照!)お金に関連したすべての科目について、またはアウト。


We see this as a pretty significant bias, and so we didn't feel we could fairly present a page on the subject!

私たちは、かなり重要なバイアスとしてこれを見て、私たちは私たちはかなり可能性を感じませんでした被写体にページを紹介!
There are many reasons why your local Church NEEDS the funds from the Collection, so please be generous to them.

あなたの地元の教会はので、それらに寛大でください、コレクションから資金を必要とする多くの理由があります。


We have recently become aware of yet ANOTHER potential bias we might have!

我々は最近、我々が持っているかもしれないさらに別の潜在的なバイアスのに気付いています!


We receive enormous amounts of e-mail, and some of it is critical mail from other Protestant Clergy members.

私たちは、電子の膨大な量を受け取ります。メール、それのいくつかは、他のプロテスタントの聖職者のメンバーからの重要なメールであるが
In general, such mail attacks us for submitting our visitors to "wolves" (Matt 7:15; Acts 20:29).

、一般的に、このようなメールは(「オオカミ」に私達の訪問者を提出するために私達を攻撃マット午前7時15分。午前20時29使徒)。
Their position is that we should intensely and exclusively present OUR perspectives and beliefs on the many subjects included in BELIEVE, and we should NOT include "alternate" perspectives at all!

それらの位置は、当社が激しくかつ排他的に多くの科目の私達の視点や信念を提示しなければならないということである信じて、我々はすべての「代替」の視点を含めるべきではありません含まれて!
They believe that we introduce the possibility of confusion in our visitors by presenting various (seemingly credible) approaches on subjects that are centrally important to Faith.

彼らは私たちが混乱の可能性を導入することを信じています(一見信憑性の)様々な提示することによって、私たちの訪問者は信仰の中心部に重要である被写体に近づいている。
They believe that we commit outright sacrilege by openly presenting Catholic and Orthodox and other beliefs!

彼らは!我々は公然とカトリックと正教会や他の信念を提示することによってあからさまな冒涜コミットすることを信じている


Well, they might be right about that, so we cannot defend our actions directly to them!

まあ、彼らはそれについて正しいかもしれないので、私たちは私たちを守ることができません直接にアクション!
They often also tell us that we are destined for Hell as a result of this aspect of BELIEVE!

彼らは頻繁にも!私たちは信じてのこの態様の結果として地獄のために運命づけられていることを教えて
We hope that they are wrong about that!

我々は、彼らがそれについて間違っていることを願っています!


We also receive a lot of mail applauding us for our "Ecumenical" approach!

また、当社は「エキュメニカル」アプローチのための私達に拍手たくさんのメールを受け取ります!


We tend to think that neither is quite accurate, but for an apparently unusual reason!

我々は非常に正確ではありませんどちらだと思う傾向にあるが、どうやら珍しい理由で!
BELIEVE was created and is presented by our non-Denominational Protestant Christian Church, which is named A Christ Walk Church.

作成されたと信じて、キリストウォーク教会という名前で私たちの無宗派のプロテスタントキリスト教会、によって提示されます。
This appears to be important in this area.

これは、この分野で重要であると思われる。
Our Church has a special emphasis on Christian behavior along with all the standard Christian Teachings.

私たちの教会はすべての標準的なキリスト教の教えに沿ってキリスト教の行動に重点を持っています。
We feel that Jesus demonstrated and discussed many "proper behaviors" in addition to the words of His Teachings.

私たちは、イエスが。彼の教えの言葉に加えて、多くの「適切な行動」を実証したと論じていることを感じる
As a consequence of this, our Church sees specific importance in the END RESULT of Christian Ministry, basically, the condition of the hearts of those who listen.

この結果として、私たちの教会は、特定の重要性を見ていますクリスチャン省の最終結果は、基本的には、聴く者の心の状態は。
In our view, virtually the ONLY essential question at the end is "Is your heart Devoutly committed to the Lord?"

我々の見解では、最後に事実上唯一の本質的な質問は、「あなたの心が熱心主にコミットしますか?」である
We believe that that is the single question Jesus would be interested in, at the point someone is at the Gates of Heaven.

私たちは、それが単一の質問であることを信じますイエスは誰かが天国の門である点で、に興味がある
We see that as logical, and our Ministry sees ALL Ministry in that light.

。我々は、論理的なことを見て、私たちの省は、その光の中ですべての省を見ている
Of course, we want to believe that our methods of Teaching are valid, but we recognize that there might be many other ways a person's heart might be brought to Devotion in the Lord.

私たちは教育の私達の方法が有効であることを信じたい、もちろん、私たち人の心は主に献身にもたらされるかもしれない他の多くの方法が存在する可能性があることを認識しています。


We have a "quiz" for you!

私たちはあなたのための"クイズ"を持っている!
Virtually all Christians confidently feel that they are "IN" once they are Saved.

ほぼすべてのクリスチャンが自信を持って、彼らが保存されると、彼らは「IN」であることを感じています。
We think that some may be being "optimistic" about this!

我々はいくつかの可能性があることだと思います!これについては「楽観的」であることはする
Try this: As a mental exercise, in private, list TEN times when you have let the Lord down!

これを試してみてください!精神的な練習として、プライベート、リスト10回あなたは主を失望させたとき
Many Christians laugh at this, commenting that they fall short thousands of times, but this exercise is more challenging than you might think.

、多くのキリスト教徒は、彼らは時間の短い何千落ちることをコメント、この笑うが、この演習では、より多くのですあなたが考えるかもしれないより挑戦。
Just remember that you are considering the Lord, so consider your "standards".

ちょうどあなたが主を検討していることを覚えているので、あなたの「標準」を考えてみましょう。


A person might THINK that he/she is devout, but without an awareness of the many times we humans fall short, there seems the likelihood of a non-Christian arrogance.

人は彼/彼女は敬虔であることを考えるかもしれないが、多くの時間を意識することなく、私たち人間は及ばない、可能性があるようです非キリスト教の傲慢の。
We think that awareness of a personal list of ten examples of shortcomings would confirm the status of that person's heart.

私たちは欠点の10例の個人的なリストの意識がその人の心の状態を確認することになると思います。
The "scale" of those incidents would likely vary greatly from individual to individual, and it would remain a private matter between that person and the Lord.

それらの事件の「スケール」はおそらく個々から個々に大きく変化するであろう、それは残ります民間その人と主の間の問題。


The point of this exercise is that if you manage to think of ten different specific times you let the Lord down, you're probably on the right track.

この練習のポイントは、あなたが主を失望させる10種類の特定の時間を考えるように管理している場合、あなたは正しい軌道に乗って、おそらくだということです。
If you cannot think of any, or struggle to think of a couple, you might want to consider putting more effort into your Faith!

あなたは、任意のを考えることができない場合、または闘争夫婦のことを考えて、あなたの信仰に力を入れて検討する必要があります!


Our critics disagree!

私たちの批評家が同意しない!
They feel that a Soul will be evaluated by the adherence to a whole variety of requirements.

彼らは魂が要件の全体様々な密着性によって評価されるであろうと感じています。
Each Church seems to Teach its own list of just what those requirements are.

それぞれの教会はただの独自のリストを教えるように見えます何これらの要件があります。
Many then absolutely insist that ONLY their Church knows the "correct" Teachings, and therefore that ONLY their members could ever enter Heaven.

多くは、その後、絶対にのみ彼らの教会が「正しい」の教えを知っているので、唯一の彼らのメンバーがこれまで天国に入ることができると主張。
A recent series of communications with such a Protestant Pastor somewhat astounded me when he unequivocally stated that NO Catholic EVER in history has EVER gotten into Heaven!

彼は明確にNOと述べているときにそのようなプロテスタントの牧師との通信の最近のシリーズは幾分私を驚か今までの歴史の中でカトリックのは、これまで天に得ている!
His Denomination has a few hundred thousand members, and he and the other Ministers in that Denomination Teach that only they could ever enter Heaven.

彼の宗派は、数十万のメンバーを持っており、彼とその宗派内の他の閣僚は、彼らがこれまで天国に。入ることができることを教えて
When I pointed out that there are currently nearly a BILLION Catholics, and that many are VERY Devout, he said it was sad that so many people were so misled!

、私は現在、ほぼ億のカトリック教徒が存在することを指摘すると、そして多くは、非常に敬虔であることを、彼はそれが非常に多くの人々がそのように!誤解していることが悲しいと言った
When I mentioned remarkably Devout Catholic Saints, such as Saint Augustine, Saint Benedict, Saint Teresa of Avila, and Saint Dominic, he again absolutely insisted that they are all in Hell, because they followed the "wolves".

私は、セントオーガスティン、聖ベネディクト、アビラの聖テレサ、聖ドミニクとして著しく敬けんなカトリックの聖人を挙げたとき、彼は再び絶対に主張しました彼らは「狼」を続いているため、すべての地獄である


Of course, he might be right!

。もちろん、彼は正しいかもしれない!
We have no absolute way of proving him wrong!

私達は間違った彼を証明する絶対的な方法がありません!
And, if Jesus really DOES run Heaven where many strict "rules of admission" are applied, then, yes, most of us will be "out of luck" in happening to have chosen the "wrong" Church to attend.

イエスは本当に多くの厳格な「入場のルール」が適用されている天国を実行しない場合、そして、 、その後、はい、私たちのほとんどが参加する「誤った」教会を選択したために起こっに「運が悪い」となります。


We see two major problems in that situation.

私たちはそのような状況で二つの大きな問題を参照してください。
First, it seems to imply that Jesus is rather "legalistic" in who is allowed into Heaven, and we know from when He was with us that He was violently against the Jews for being legalistic in applying the "Law" of the Old Testament (example: Luke 13:14).

第一に、イエスはむしろ、「律法」であることを意味するよう:天国に入ることを許可し、我々は彼が彼は旧約聖書(例の「法」を適用中で律法であるために、ユダヤ人に対して激しくあったことを私たちと一緒にいたときから知っている人でルーク午後01時14分を。)
Second, and, we think, even more importantly, is another implication regarding Jesus.

第二に、そして、我々さらに重要なのは、イエスについての別の含意である、と考えています。
We all believe that Jesus IS Love and Compassion, essentially the very definition of the words!

私たちは皆、イエスは愛と思いやり、本質的に非常に言葉の定義!であることを信じて
So, our Church, with its special focus on behavioral issues, asks "Would a Compassionate Jesus participate in a Heaven where extremely Devout people who spent a lifetime committed to Him would be denied entry to Heaven?"

行動問題への特別な焦点を当てただから、私たちの教会、 "思いやりイエスが参加する頼ん彼にコミット生涯を過ごした非常に敬けんな人が天国への入国を拒否されることになる天国に? "
Our emphatic response is that He wouldn't and couldn't.

私たちの強調応答は彼がいないだろうし、できなかったことである。


Yes, we Teach the Two Protestant Sacraments, Baptism and the Eucharist, and we Teach that Good Works spring FROM Christian Faith rather than being necessary to it, and we Baptize and have the other common beliefs of many Protestant Churches.

はい、私たちは、二つのプロテスタントの秘跡、洗礼と聖体を教えます我々は良い作品ではなく、それに必要であるよりも、キリスト教信仰からの春、私たちはバプテスマと多くのプロテスタント教会の他の一般的な信念を持っていることを教える。
But we think it would be very arrogant (therefore, non-Christian) to claim that WE alone knew how to prepare individuals for the Presence of the Lord.

しかし、我々は(したがって、非キリスト教)、我々が主張することは非常に傲慢だと思います単独の主の存在のために個人を準備する方法を知っていた。
Therefore, we openly applaud ALL Churches that attempt to prepare the hearts of their followers for profound Devotion to the Lord, even when they follow methods which we might not agree with.

したがって、我々は公然と彼らは我々が同意しない場合があります方法に従った場合でも、主への深い献身のために彼らの信者の心を準備しようとするすべての教会に拍手を送る。


We do not have ANY good explanation as to how the Lord deals with this diversity in Heaven, only that, because of His Compassion, He does!

私たちは、だけではなく、彼のために思いやりの、彼は!天のこの多様性とどのように主のお得な情報に関していかなる良い説明を持っていない
So, a Devout Catholic, who was Taught a central importance in doing Good Works as a condition for Salvation (which we Protestants think is very wrong!) would still be welcomed with a Smile into Heaven, whether or not we understand why!

だから、救世のための条件として良い作品をやっにおいて中心的な重要性を教えていた敬虔なカトリック教徒、(これは我々のプロテスタントは非常に間違っていると思いますが!)まだ天国に笑顔で歓迎されるだろう、我々は理由を理解したか否か!
Any other result would seem to imply a Lord whose Compassion is not what we want to believe it is.

その他の結果は、その思いやり、私たちはそれが信じたいものではありません主を暗示するように思われる。


Our conclusion from all this is that, prior to committing one's life to the Lord, a person may freely visit various Houses of Worship.

私たちの結論からこのすべては、前主のために自分の人生をコミットするために、人が自由に礼拝の様々な住宅を訪問するかもしれない、ということです。
Consider the deeper meaning of Baptism.

バプテスマの深い意味。考えてみましょう
Who did you intend to affect by being Baptized?

?あなたはバプテスマを受けることによって影響するつもりでした
We hope it was not for friends or family or a Church leadership.

私たちは、それは友人や家族のためではなかった願っていますまたは教会の指導者。
Our hope is that you (possibly even privately) became Saved (actually, we see that as being Baptized by the Spirit), committed to the Lord, and then were publicly (water) Baptized for only one purpose: To tell the Lord, "I am Yours, and I will forever demonstrate my Devotion TO YOU by strictly following the Rites and beliefs of THIS (your) Church."

私たちの願いはあなた(可能性も私的には)主にコミットし、保存された(実際に、私たちは御霊によってバプテスマを受けるようにすることを参照)になり、その後公にしたことにある(水)のみの目的のためにバプテスマ:へ「私はあなただ、と私は永遠に厳密儀式、これの信念(あなた)の教会に従うことによって、あなたに私の献身のデモンストレーションを行います。」、主を言う
As of that moment, each believer has the strict responsibility to follow THAT Church.

その瞬間のように、それぞれの信者が教会のことをフォローする厳格な責任を負っている。
You have essentially told the Lord "Judge me by THIS standard."

あなたは、基本的に「私は、この規格で判断します。「主に語っていない
There is NO leeway.

NO余裕はあ ​​りません。
No room for interpretation on your part!

解釈の余地はあなたの部分に!
If you happened to have chosen a Church that requires you to ask "How high?" when it tells you to jump, then you MUST, not for the Church, but to keep demonstrating to the Lord your total Obedience to Him.

あなたが尋ねるする必要があります教会選択したために起こった場合は、「どのように高いですの?」それは。主に彼にあなたの全体の服従を実証保つためにではなく、教会のために、あなたはMUST、ジャンプするように指示しますが、ときに
Just because a Church down the block does not require jumping, you have NO room to complain, and just better get good at jumping!

ブロックダウン教会がジャンプを必要としないからといって、あなたが文句を言う余地を持っていない、とだけより良いジャンプで良い取得!
Your Personal Promise to the Lord is on the line!

主に個人の約束がライン上にある!


From the moment you are Baptized, IN A SPECIFIC CHURCH, then ONLY that Church's Christian Rites and beliefs have real meaning for you.

瞬間からあなたは、特定の教会で、洗礼を受けている、その後、教会のキリスト教の儀式や信念が本当の意味を持っていることだけをあなたのために。
Hopefully, your Church has valid beliefs and Rites.

うまくいけば、あなたの教会は、有効な信念を持っていますそして儀式。
Beliefs and procedures in some other Church may be VERY different, and they may even seem incompatible with what you must follow.

いくつかの他の教会での信念や手続きが非常に異なっていてもよく、彼らも、あなたが従わなければならないものと互換性がないように思えるかもしれません。
FOR YOU, it is irrelevant what the Christians in those other Churches must do.

あなたのために、これらの他の教会のクリスチャンは何をしなければならないかは関係ありません。
However, you should encourage them to be very Devout in their following of their own Church's Rites and beliefs.

しかし、あなたがそれらを奨励すべきです自分の教会の儀式や信念のその次に非常に敬虔である。
At the moment they were Baptized in those Churches, they made their own solemn Promise to the Lord to forever demonstrate their Faith to Him.

彼らはそれらの教会でバプテスマを受けた瞬間、彼らは永遠に彼に信仰を実証するために主に自分自身の厳粛な約束をした。
(The exception to this are clearly aberrant groups that claim to be Churches.)

(これに対する例外は明らかに異常なグループがあります教会であるために、その主張。)


Some people have expressed concern about this regarding what would happen if they move or otherwise decide to attend a different Church, that these comments might seem to suggest that Salvation or Baptism would no longer have effect!

一部の人々は、彼らが移動したり、そうでなければこれらのコメントは救いや洗礼がもはや効果を持つであろうことを示唆していないように見えるかもしれないと、別の教会に出席することを決定した場合に何が起こるかについては、この懸念を表明している!
No, that is not the concept we tried to describe here!

いいえ、それ私たちはここで説明しようとした概念ではありません!
We believe that in those situations, a simple and private conversation with the Lord would inform Him that you now wish to be evaluated by the new set of rules and behaviors of the new Church.

私たちは、これらの状況では、主とのシンプルでプライベートな会話は、あなたが今のルールと新しい教会の行動の新しいセットによって評価されることを望むことを彼に知らせると考えている。


We might have another possible analogy to use here.

私たちは、かもしれませんここで使用するための別の可能な類似性を持っている。
When one gets married, one makes certainly commitments to another person, and we even then say "forever".

。一つは結婚するとき、人は他の人に確かに約束を行い、我々はその後も「永遠に」と言う
However, there are some individuals that either immediately or later start thinking and behaving as though they had never made such a commitment, that they are somehow free to be "making up their own rules" to follow.

が、直ちに又は後で考えを開始していることをいくつかの個体があり、彼らは決してなかったかのように振る舞います彼らは何らかの形で"独自のルールを構成する」に従うものであることが自由であること、そのような約束をした。
That is clearly unacceptable.

それは明らかに受け入れられない。
We feel that it is critically important that a person not have the freedom to "decide what rules must be followed regarding the Lord."

我々は、それは人がに関する「ルールが従わなければならないかを決定する自由を持っていないことは非常に重要であると感じています主は。「
So we insist that the existing set of rules regarding behaviors and attitudes of an existing Church be followed instead.

だから、我々は行動や既存の教会の態度に関する規則の既存のセットの代わりに従うことを主張している。


So, that is our concept, and our ONLY defense to those attackers who criticize us for being in league with the wolves!

だから、それが私たちのコンセプト、およびオオカミとリーグ戦であることのため私たちを批判するもの、攻撃者に私たちの唯一の防御策です!
Many have directly implied that we might as well buy shovels now, as we will spend Eternity stoking the furnaces in Hell!

多くは直接我々は同様に、我々は地獄で炉をストーカー永遠を過ごすことになりますように、今、シャベルを購入する!可能性があることを暗示している
And, again, we have no absolute way of knowing or proving that they are wrong, except our Faith in what WE believe the Lord to be, and that He IS Love and Compassion.

再び、我々は信じて、私たちは知っているか、彼らは私たちの信仰を除いて、間違っていることを証明のない絶対的な方法がありません主はするように、と彼は愛と思いやりであること。


These few paragraphs might sound like a "commercial" on our part.

これらのいくつかの段落は、私たちの一部の「商業」のように聞こえるかもしれません。
They are not intended as such.

彼らは、このようなとして意図されていない。
But, we have received a number of such criticisms, and felt it necessary to allow readers to know both about the criticisms and our reasons for BELIEVE being the very "open" form that it is.

しかし、我々はそのような批判の数を受けており、許可することが必要と感じました批判や私たちの上の理由について、両方を知っている読者は非常にそれがあるフォームを「オープン」していると信じています。
In the event that this represents a "bias" we felt you should know about it!

これは、「バイアス」を表している場合には、我々はあなたがそれについて知っておくべきと感じた!


One final comment about the "confusion" we might be causing and / or the "wolves" business: Another central belief of our Church is that the Holy Spirit is RIGHT THERE with EVERY visitor to BELIEVE, whether Christian, Seeker, or skeptic.

"混乱"私たち約最後のコメント原因および/ ​​または「オオカミ」事業は次のようになります。私たちの教会のもう一つの中心的な信念は、聖霊が、信じるようにすべての訪問者に権利があるということであるかどうか、キリスト教、シーカー、または懐疑的。
Our belief is that that Holy Spirit will give guidance to each individual visitor, regarding the discernment of Truth.

私たちの信仰は、聖霊が指針を与えることです各個別の訪問者に、真実の識別に関する。
Therefore, we believe that, when we present various Christian scholars' broadly accepted views on our many subjects, the Holy Spirit will lead each visitor in finding the "correct" one for that person.

そこで、我々は多くの被験者に様々なキリスト教の学者広く受け入れられた意見を提示したとき、聖霊がその人のための「正しい」ものを見つけるために各訪問者につながる、と考えています。
This is why we don't have reservations about presenting positions that our Church happens to not agree with, and why we feel we can present such views fairly and honestly.

私たちは私たちの教会はと一致しないために発生した位置を提示についての予約を持っていない、なぜ私たちは、公正かつ誠実にそのような見解を提示することができ感じる理由です。
And, as a responsibility to Jesus, we feel we are REQUIRED to do so!

そして、イエスの責任として、我々は我々がそうする必要があると感じます!


So, if you should find anything in BELIEVE that appears to disagree with the Teachings of your Church, we recommend relying on those Teachings first, but possibly asking informed questions at the right time and in the right place.

あなたはそれがあなたの教会の教えに反対するように見える信じで何かを見つける必要がありますのであれば、我々は最初のものを教えに頼るが、おそらく適切なタイミングで、右の場所に知らさ質問をお勧めします。
They probably have EXCELLENT reasons for their beliefs and Teachings!

彼らは、おそらくのための優れた理由があります自分の信念と教えは!


Now, whether our approach represents an "Ecumenical" perspective, we do not know.

我々のアプローチは、「エキュメニカル」の視点を表しているかどうかを今、我々は知らない
The result is similar, of a tolerance and acceptance of other Churches, but we see it as being for a rather different reason than most Ecumenical efforts are initiated.

resultは寛容と他の教会の受付、似ているが、我々はmostエキュメニカルthan rather別の理由のためのものとして、それを参照してください努力が開始されます。
And we don't see need for "conformance" to some common set of beliefs, but rather a recognition that the Lord Smiles on ALL of the diversity of Christian approaches.

。そして、私たちは、キリスト教の多様性のすべてに主の笑顔が近づいていることを信念のいくつかの一般的なセットに「適合」のではなく、認識のために必要な表示されていない
We acknowledge that God's Plan for us is far beyond our capability to completely understand.

私たちは私たちのために神の計画は今のところ私たちを超えていることを認めます完全に理解する能力。


Our impression is that Churches generally concentrate on the specific "means" toward becoming a Christian and we tend to concentrate more on the "end" of actually BEING a Devout Christian.

私たちの印象は教会は、一般的に特定のに集中するということですが、キリスト教になってきて、私たちが実際に敬けんなクリスチャンであることの「終わり」の詳細を集中する傾向に向かって「意味」。
We don't see that it means we disagree, but just that we do not see cause to argue among Churches in how they each accomplish it!

私たちは、それは我々が反対する意味が表示されませんが、私たちは、彼らそれぞれがそれを達成する方法で教会の中で議論する原因が表示されていないだけということ!
Actually, we tend to see value in WHATEVER a Church feels it needs to do to prepare the hearts of its Congregation members, so we are actually a fan of (nearly) all of them!

実は、私たちは、教会は、その集会のメンバーの心を準備するために行う必要があると感じWHATEVERの値を参照する傾向があるので、実際にはそれらの(ほぼ)すべてのファン!


We have a page with additional comments on our Simple Christian beliefs.

私達は私達の上の追加のコメントでページを持っているシンプルなキリスト教の信仰


BELIEVE also includes thorough and fair presentations of all of the other major belief systems of the world.

また、世界の他の主要な信念体系のすべての徹底的かつ公正なプレゼンテーションが含まれると信じています。
Again thinking of how Jesus might treat such subjects, we think that He would be open and honest, having Faith that Christianity can "hold its own" when honest and complete information is available about all options.

ここでもイエスは、このような対象を治療する方法を考えて、我々は彼が正直で、完全な情報は、すべてのオプションについての使用可能なときにキリスト教が「独自のを保持する」ことを信仰を持つ、オープンで正直であろうと思います。
We do not think that He would have been "secretive" in avoiding discussing other religions and their good and bad points.

私たちは彼が議論他の宗教を避けるには、「秘密主義」であったであろうとは思わないし、彼らの良い点、悪い点。
Therefore, we try to follow His lead in BELIEVE.

したがって、我々は信じての彼のリードに従うことをしようとします。
We put those subjects down at the bottom of the list, separate from the Christian subjects.

私たちはキリスト教の被験者とは別のリストの一番下、でダウンそれらの科目を置く。


You probably consider yourself to be one of the "children of God", don't you?

あなたはおそらく自分が「神の子」の一つであると考え、あなたがいないのですか?
More than that, a child of the One, True God, Whom Abraham worshipped and Who communicated with Moses to provide us with what we commonly call the Ten Commandments?

それよりも、一つの子は、アブラハムが崇拝し、真の神は、私たちが一般的?十戒を呼んでいるものを私たちに提供するために、モーセに連通し
There are a LOT of people who would make those statements!

、これらのステートメントになるだろう多くの人々があります!
Protestant Christians carefully study the Bible (Old Testament and New Testament) to learn how to Worship Him.

プロテスタントのクリスチャンは慎重に彼を崇拝する方法を学ぶために聖書(旧約聖書と新約聖書)を研究しています。
Roman Catholic Christians use a combination of the Bible and Traditions to do the same.

ローマカトリックのキリスト教徒が同じことを行うには聖書と伝統を組み合わせて使用します。
Jews use only the Old Testament, which they call the Torah, in order to know how to Worship God.

ユダヤ人はで、唯一の彼らは律法を呼び出す旧約聖書を使用神を崇拝する方法を知っているため。
Muslims use a combination of part of that same Old Testament, which they call Taurah, along with their Koran, to learn how to Worship the very same God, Whom they call Allah.

イスラム教徒は非常に同じ神を崇拝する方法を学ぶために、彼らのコーランと一緒に、彼らはモーゼの五書を呼び出すことと同じ旧約聖書の一部の組み合わせを使用し、彼らはアッラーを呼び出します。
All of these people consider themselves to be "children of God", the One God of Abraham.

これらの人々のすべてが検討自身は「神の子」、アブラハムの唯一の神。であることが
Interesting?

面白い?
Yet many of these children of God absolutely insist that the others are all Devil worshippers and therefore sinful!

しかし、神の子どもたちの多くは絶対に他の人がすべての悪魔崇拝者、したがって、罪深いであることを主張する!
Many Christians, who actually know virtually zilch regarding what Muslims believe, get ferociously vicious at ME for pointing out that Jesus, the Father, Jehovah, YHWH, Allah and many other Names like Adonai ALL refer to the One True God Whom Abraham first Worshipped.

実際にイスラム教徒が信じるものに関する事実取るに足りない人を知っている多くのクリスチャン、イエスは、父、エホバ、YHWH、アッラーと上帝ような他の多くの名前は、すべてがアブラハムが最初Worshipped唯一の真の神を参照していることを指摘して私に猛烈に悪質得る。
They never have enough background to explain WHY or HOW the God of Abraham who WE Worship is somehow exactly opposite of the God of Abraham that Muslims worship many times every day!

彼らはなぜか、どのように神のを説明するのに十分なバックグラウンドを持っていることはありません私たちは礼拝アブラハムは!何とかイスラム教徒は毎日何回も礼拝することをアブラハムの神の正反対である


Actually, we suspect that many Christians will be amazed to find that Muslims' Holy Koran tells the stories of Adam and Abraham and Israel and Moses and many others on whom our Faith is based.

、実際には、我々は多くのキリスト教徒がイスラム教徒「聖なるコーランはアダムとアブラハムとイスラエルとムーサーとの物語を伝えることを見つけるために驚かれることでしょうと思われます私たちの信仰をベースと誰に他の多くの。
It seems that few Christians realize that their Allah is One and the Same God as Who the Jews call YHWH (Yahweh, or Jehovah) and Whom we Christians call Father.

それは少数のキリスト教徒が彼らのアッラーは一つ、私たちはクリスチャンの父を呼び出す誰ユダヤ人はYHWH(ヤハウェ、またはエホバ)を呼び出し、誰と同じ神であることを認識しているようです。
Certainly, their stories have differences from our Bible, but the many similarities are something to consider!

確かに、彼らの物語はとの違いを持っています私たちの聖書が、多くの類似点が!考慮すべきものであり
Again, we know that Jesus would be absolutely confident that Christians would not have their Faith weakened by learning about such things, but it might assist all of us to learn to get along better together.

、我々はイエスがクリスチャンはそのようなことについての学習によって弱め彼らの信仰を持っていないであろうと絶対に自信があるだろうことを知って、再び、それが一緒に沿って良くなることを学ぶために私たちのすべてを支援する可能性があります。


Actually, we note that God originally forbade anyone to even say His Name!

実際に、私たちは神がもともとあっても彼の名前を言うために誰を禁じていることに注意してください!
It would probably be extremely healthy if we did that today.

私たちが今日それをした場合、それはおそらく非常に健康的であろう
A Christian would then say that he/she Worships "the One, True God of Abraham, Moses and Adam."

。A クリスチャンはその後、アブラハム、モーセとアダムの真の神は、彼/彼女は"Oneを崇拝すると言うでしょう。「
Which is EXACTLY the same thing that Jews and Muslims would say!

ユダヤ人とイスラム教徒が言うことをまったく同じことですどれ!
The later appearance of that One True God walking the Earth as Jesus, tends to cause massive confusion, both in many Christians and in most non-Christians.

イエスとして地球を歩いている唯一の真の神の後の外観は、多くのクリスチャンで、ほとんどの非キリスト教徒の両方で、大規模な混乱を引き起こす傾向がある。
Many Christians are so focused on Jesus that they forget that the First Commandment made very clear that there is actually One True God, which Jesus therefore has to also be!

多くのクリスチャンはそうです彼らは最初の命令は、イエスは、したがって、である必要があり、実際に一つの真の神、があることを非常に明確にしていることを忘れていることをイエスに焦点を当てた!
The idea of SON of God might be comforting but the First Commandment makes clear that it is technically not possible, that Jesus WAS and IS the SAME One True God, which the Trinity Concept was created (about 200 years later) to try to explain!

神の子のアイデアは慰めかもしれないが最初の命令は、それが技術的に不可能であることが明らかになりますイエスは、WASとトリニティ概念が作成されたものと同じもの真の神は、(約200年後)!説明しようとすることを
Non-Christians (Jews and Muslims) are more focused on Moses' Ten Commandments and therefore concentrate on the "One True God" aspect and think that Christians are Worshipping "somebody else" and therefore, very properly, find error in that as seeming to conflict with the First Commandment.

非キリスト教徒(ユダヤ人とイスラム教徒)のモーゼの十戒に重点を置いており、そのために集中「唯一の真の神"の側面とキリスト教徒は、「他の人」を崇拝し、したがって、非常に適切に、。最初の命令との競合に見せかけように、その内のエラーを発見していることを考える


On this point, the Koran and Islam hold Jesus in very high esteem, considering Him a Prophet, and even expecting Him to some day Return!

、この時点では、コーランやイスラム教は、非常に高い評価でイエスを開催彼の預言者を考慮し、さらにいくつかの日のリターンに彼を期待して!
It is our suspicion that Muhammad (the initiator of Islam) misunderstood the Christian concept of the Trinity.

それはムハンマド(イスラム教の創始者)は三位一体のキリスト教の概念を誤解していることを私たちの疑いである。
At several places in their Koran, there are statements that clearly indicate that Muhammad thought that Christians considered Jesus to be a SECOND God, and Muhammad aggressively defended the First Commandment statement that there is One True God (which all Muslims repeat at least five times every single day).

彼らのコーランのいくつかの場所では、明らかにムハンマドが考えたことを示している文がありますキリスト教徒は、イエスがSECOND神であると考えられ、そしてムハンマドは、積極的に(すべてのイスラム教徒は毎日少なくとも5回繰り返す)一つの真の神があることを最初の命令文を擁護した。ということ
It is our suspicion that if Muhammad had fully understood the concept of the Trinity (One God), he would have realized that the One True God had Chosen to walk the earth six hundred years earlier as Jesus!

それはムハンマドが完全に概念を理解していた場合は、その私たちの疑いでトリニティ(一神)の、彼は唯一の真の神はイエス!として600年前に地球を歩くことを選択したことに気づいているだろう
With that adjustment, Christianity and Islam become surprisingly similar in basic beliefs!

、その調整では、キリスト教とイスラム教は、基本的な信念で驚くほど似になる!


Their belief system seems to have a number of errors in it regarding Christianity, such as the impression that the Christian Trinity is Father, Jesus, and the Virgin Mary! (Koran Sura 5.116)

彼らの信念体系は持っているようですこのようなキリスト教の三位一体は父、イエスと聖母マリアであることを印象としてキリスト教に関して、その中のエラーの数、!(コーランふくらはぎ5.116)は、
This is interesting, since Muslims believe that every word of the Koran is precisely accurate because it came directly from God (Allah) to Muhammad.

イスラム教徒が、それがムハンマドに神(アッラー)から直接来たので。コーランのすべての単語が正確に正確であると信じているので、これは興味深いです
Our point is that it is not nearly as "foreign" as many people think.

私たちのポイントは、多くの人が考えるほど、それは「外国人」としてほぼないということです。


While we're on this tangent, we'd like to ask Christian readers why Muslims insist on facing Mecca for all their prayers!

私たちはこの接線にしているが、我々はイスラム教徒は、すべての彼らの祈りのためのメッカに直面して主張なぜキリスト教の読者にお願いしたいと思います!
Do you know?

あなたは知っていますか?
It's because of a single thing, a building in Mecca, called the Kaaba.

それは、あるため、単一の事のメッカにある建物だ、カーバ神殿と呼ばれる。
Muslims believe that Abraham (yup, OUR Abraham!) built the Kaaba, and they recognize Abraham as being the very first "true" believer, because he was willing to sacrifice his own son for the Lord.

イスラム教徒がいることを信じていますアブラハム(うん、私たちのアブラハムは!)カーバ神殿を建て、彼は主のために彼自身の息子を犠牲にすることを喜んでいたので、彼らは、非常に最初の「真」の信者であるとしてアブラハムと認識しています。
We find that interesting!

私たちは面白い!ということを見つける
Each person is free to interpret such things however they wish!

それぞれの人が解釈して自由です!このようなことは、しかし、彼らが望む


If this interests you, we have created a small presentation which is absolutely compatible with all Christian beliefs and is also completely compatible with all Muslim beliefs.

これは興味のある場合は、我々はすべてのキリスト教の信仰と絶対に互換性があり、また、すべてのイスラム教徒の信仰と完全に互換性のある小さなプレゼンテーションを作成しました。
It is at: Compatibility.

それはである:互換性


Obviously, these comments do not include the militant terrorist Muslims, who have grave errors in their understanding of their own Islam.

明らかに、これらのコメントは過激派を含みません自分のイスラム教の理解に重大なエラーが発生したテロイスラム教徒、。
They don't seem to be aware of the surprisingly peaceful tone of what Islam actually tries to teach.

彼らはイスラム教が実際に教えしようとするものの驚くほど穏やかなトーンを意識するようではありません。
They seem to ignore the many times where their Koran emphasizes brotherhood with Jews and Christians, as brother "believers of the Book (the Torah, the first five Books of the Bible)".

彼らはコーランは、ユダヤ人と兄弟愛を強調して何度も無視するように見えますそして、クリスチャンは、兄弟"ブック(トーラー、聖書の最初の5本)の信者」と。
It is very sad that the vast majority of peace-loving Muslims are painted to seem so evil by the actions of a small number of extremely dangerous people.

それは平和を愛するイスラム教徒の大部分は、少数の行動によってそのように悪見えるために塗られていることは非常に悲しいです非常に危険な人。
It is certainly true that we think that Muslims have many incorrect ideas and beliefs, particularly regarding Jesus, Mary and Christians.

それは、我々はイスラム教徒が特にイエス、マリアとキリストに関する多くの誤った考え方や信念を持っていることを考えることは確かである。
But it is interesting to note the many similarities, too.

しかし、それはあまりにも、多くの類似点を注意することは興味深いことである。


You may also want to visit A Christ Walk Church, our Non-Denominational Christian Church, our Church's fully-functional, non-denominational Church presentation and Service on the Internet.

あなたがまた訪問したいと思うかもしれキリストウォーク教会は、私たちの無宗派キリスト教の教会、インターネット上の私たちの教会の完全に機能する、無宗派の教会のプレゼンテーションとサービス。
The environment is meant to be as similar as possible to that in a conventional Church.

環境は、従来の教会のそれにできるだけ似ていることを意味している。
There are weekly Services.

毎週のサービスがあります。
Sounds and music are intended to be part of the experience, which will be meant to encourage singing along.

サウンドと音楽は。に沿って歌っ奨励することを意図された経験の一部であることが意図されている
After the Service, you could join the Pastor and others in the Congregation in a (chat room) discussion group, to have a casual conversation about that week's topic or anything else on your mind.

サービスの後、あなたは(チャットルーム)ディスカッショングループに会衆内の牧師や他の参加ができ、その週の約カジュアルな会話を持っていますあなたの心のトピックまたは何か他のもの。
Private conversation is also possible.

プライベートな会話も可能です。


Information about the Editor of BELIEVE.

の情報エディタ信じるの。


This BELIEVE Home Page address: index.html

これは、ホームページアドレスBELIEVE:index.htmlを

全体の件名リスト

キリスト教の科目



数字

Chiliasm1000年至福
10 Commandments Decalogue10戒め十戒
one god religions1神の宗教
39 Articles39の記事
4000 Early Christian Manuscripts4000初期キリスト教の原稿
Forty Martyrs40殉教者
the Four Spiritual Laws4精神的な法律
Five Wounds5傷
7070
seven deadly sins7つの大罪


.

Preface to the KJAV Biblekjav聖書の序文
second coming of christキリストの再臨
Lay Baptism洗礼を築く
Bless Blessings祝福を祝福
indulgencesおぼれる
Angelusお告げの祈り
book of proverbsことわざの本
priesthood of all believersすべての信者の聖職者
Crucifixionはりつけ
sibylline oraclesみこ神託




isaacアイザック
Augsburg Confessionアウクスブルク信仰告白
Augustinian Friarsアウグスティノ会の修道士
Agape Loveアガペーの愛
Agraphaアグラファ
Asian Theologyアジア神学
Ascensionアセンション
Ascentアセント
Athanasian Creedアタナシウス信条
Adamアダム
saint teresa of avilaアビラの聖テレサ
Abrahamアブラハム
Abraham's Testamentアブラハムの遺言
Amana Church Societyアマナ教会社会
Amyrautアミロー
American Holiness Movementアメリカのホーリネス運動
volunteers of americaアメリカのボランティア
Book of Amosアモスの本
Amoritesアモリ
Arianismアリウス主義
joseph of arimathaea arimathæaアリマタヤアリマタヤのヨセフ
Arminianismアルミニウス主義
Armenian Churchアルメニア教会
Alexandrian Patriarchsアレクサンドリアの族長
Alexandrian Theologyアレクサンドリアの神学
alexandrian
theology
アレクサンドリアの神学

Introduction to Clement of Alexandria (153-217 AD)アレクサンドリア(153から217 AD)のクレメンスの紹介
Saint Anneアン
Anglican Communionアングリカン·コミュニオン
Anglo-Catholicismアングロカトリック
Antiochene Patriarchsアンティオキア学派の族長
Antiochene Theologyアンティオキア学派の神学
Ave Mariaアヴェマリア
Amishアーミッシュ
Amenアーメン
Aryanアーリア人




Jesus Christイエス·キリスト
prophecies that jesus fulfilledイエスが成就という予言
jesus arisingイエスが生じ
Events in Jesus' Lifeイエスの人生のイベント
jesus's miraclesイエスの奇跡
Fulfilled Prophecies of Jesusイエスの成就予言
jesus' historyイエスの歴史
Baptism of Jesusイエスの洗礼
states of jesusイエスの状態
Chronology of Jesus' lifeイエスの生涯の年表
Chronology of Jesus' lifeイエスの生涯の年表
Genealogy of Jesusイエスの系譜
Date of the Birth of Jesusイエスの誕生日
jesuitsイエズス会
society of jesusイエズス会
British Israelitismイギリスisraelitism
book of isaiahイザヤ書の本
judas iscariotイスカリオテのユダ
twelve tribes of israelイスラエルの12部族
The Instructor - Book I - Clement of Alexandriaインストラクター - ブックI - アレクサンドリアのクレメンス
The Instructor - Book II - Clement of Alexandriaインストラクター - ブックII - アレクサンドリアのクレメンス
The Instructor - Book III - Clement of Alexandriaインストラクター - ブックIII - アレクサンドリアのクレメンス
inspirationインスピレーション
interactive Multi-Faith Calendarインタラクティブマルチ信仰カレンダー
indian theologyインドの神学
Easterイースター
Easter automatic calculatorイースター自動計算機




Westminster Fonfession - textウェストミンスター信仰告白 - テキスト
Westminster Confessionウェストミンスター信仰告白
wesleyan traditionウェスリアンの伝統
vulgateウルガタ聖書
ulrich zwingliウルリッヒツ​​ウィン




Aimee Semple McPhersonエイミーセンプルマクファーソン
Ecumenical Councilsエキュメニカル協議会
Book of Estherエスターの本
Book of Esdras I and IIエスドラスIおよびIIの本
Book of Esdras I and IIエスドラスIおよびIIの本
Book of Ezraエズラの本
Book of Ezekielエゼキエル書
Essenesエッセネ派
Essenes (advanced)エッセネ派(上級)
Edenエデン
Edenic Covenantエデンの園契約
Enochエノク
Council of Ephesusエフェソスの評議会
Book of Ephesiansエペソ人への手紙の本
jehovahエホバ
jehovah's witnessesエホバの証人
jerusalemエルサレム
liturgy of jerusalemエルサレムの典礼
book of jeremiahエレミヤ書
Evangelionエヴァンゲリオン




oxford movementオックスフォードの動き
book of obadiahオバデヤの本
oberlin theologyオベリン神学
oriental orthodox churchオリエンタル正教会
Orthodox Ecumenical Councilsオーソドックスエキュメニカル協議会




Catholic Ecumenical Councilsカトリックエキュメニカル協議会
Charismatic Movementカリスマ運動
Council of Chalcedonカルケドン公会議
Religious Cultsカルト宗教
Calvaryカルバリー
selected statements of Calvinカルバンの選択ステートメント
Carmelitesカルメル会
Calvinismカルヴァン主義
Calendarカレンダー
Book of Galatiansガラテヤ人への手紙の本
Gallicanismガリア




Canonキヤノン
Canon Lawキヤノン法
Christキリスト
Christologyキリスト
pre-existence of christキリストのプレ存在
Christ's Lifeキリストの人生
Christ's Miraclesキリストの奇跡
Beatitudes of Christキリストの山上の垂訓
Disciples of Christキリストの弟子たちは
Churches of Christキリストの教会
Docetismキリスト仮現説
monophysitismキリスト単
monothelitismキリスト単
Christianity and Science are Amazingly compatibleキリスト教と科学は互換性があり
christianity and science are compatibleキリスト教と科学は互換性があり
Christian Churches and Churches of Christキリスト教の教会とキリストの教会
Christian Bibleキリスト教の聖書
Christian Fish Symbolキリスト教の魚のシンボル
Christian Zionismキリスト教シオニズム
Christian Humanismキリスト教ヒューマニズム
National Conference of Christians and Jewsキリスト教徒とユダヤ人の国民会議
christian musicキリスト教音楽
Christian Music historyキリスト教音楽の歴史




quakersクエーカー教徒
Crystal Cathedralクリスタル大聖堂
Christian Scienceクリスチャン·サイエンス
Christianクリスチャン
Christian Brothersクリスチャンの兄弟
practical definition of Christianクリスチャンの実用的な定義
Christian (practical definition)クリスチャン(実用的定義)
Christian (meaning)クリスチャン(意味)
Chrysostomクリュソストモス
Epistle of Clement - Corinthiansクレメントの信徒 - コリント
Gnosticismグノーシス主義
book of kellsケルズの書
Gethsemaneゲッセマネ




Coptic Churchコプト教会
Coptic Bibleコプト聖書
Book of Corinthiansコリントの本
Book of Colossiansコロサイの本
knights of columbusコロンブスの騎士
Formula of Concordコンコードの式
Book of Concordコンコードの本
Council of Constanceコンスタンスの評議会
Councils of Constantinopleコンスタンティノープルの協議会
Constantineコンスタンティン
Codex Vaticanus (B)コー​​デックvaticanus(b)に示すように
Codex Vaticanus (B)コー​​デックvaticanus(b)に示すように
Codex Amiatinus (am)コー​​デックスamiatinus(午前)
Codex Bezae (D) Bezæコー​​デックスbezae(d)のbezæ
Codex Ephraemi (C) Ephræmiコー​​デックスephraemi(c)のephræmi
codex sinaiticusコー​​デックスsinaiticusの
codex sinaiticusコー​​デックスsinaiticusの
Codex Sinaiticus (Aleph)コー​​デックスsinaiticusの(アレフ)
Codex Sinaiticus (Aleph)コー​​デックスsinaiticusの(アレフ)
codex vaticanusコー​​デックスvaticanus
codex vaticanusコー​​デックスvaticanus
Codex Codicesコー​​デックスのCODEC
Codex Alexandrinus (A)コー​​デックスアレクサンドリア(a)は
Godspellゴッドスペル




simonサイモン
satanサタン
sadduceesサドカイ
sadducees (advanced)サドカイ(上級)
sabellianismサベリウス主義
book of samuelサミュエルの本
saint jeromeサンジェローム
saint markサンマルコ
shakersシェーカー
zionismシオニズム
Cisterciansシトー
book of sirachシラクの本
syncretismシンクレティズム




jacobジェイコブ
protevangelium of jamesジェームズのprotevangelium
book of jamesジェームズの本
jansenismジャンセニスム
book of judithジュディスの著書
Geneva Confessionジュネーブ告白
book of judeジュードの本
book of joelジョエルの本
book of joshuaジョシュアの本
john wesleyジョン·ウェスレー
epistle of johnジョンの信徒
book of johnジョンの本
John Calvinジョンカルビン
John Damasceneジョンダマシン




scottish realismスコットランドリアリズム
Scottish Confessionスコットランド告白
scholasticismスコラ
stephenスティーブン
spiritualismスピリチュアリズム
spanish inquisitionスペインの異端審問




septuagintセプトゥアギンタ
Saint Augustineセントオーガスティン
saint jamesセントジェームズ
saint josephセントジョセフ
saint johnセントジョン
saint peterセントピーター
saint paulセントポール
saint maryセントメアリー
book of zechariahゼカリヤの本
book of zephaniahゼパニヤの本
song of solomonソロモンの歌




book of titusタイタスの本
taborタボール
targumターガム
targumターガム
Covenantersターズ
Book of Danielダニエルの本
King Davidダビデ王




Thomas Aquinasトマス·アクィナス
Gospel of Thomasトマスの福音
Trine Baptismトライン洗礼
Council of Trentトレントの評議会
dogmaドグマ
Donatismドナトゥス
Dominicansドミニコ
Canons of Dordt (Dort)ドルトの規範(ドルト)
Canons of Dort textドルトテキストの規範
The First Ecumenical Council; The First Council of Nice (actual proceedings)ナイスの最初の評議会(実際の手続き)
Church of the Nazareneナザレの教会
Nicene Creedニカイア信条
Council of Nicaea Nicæaニカイア公会議の協議会
New Hampshire Baptist Confessionニューハンプシャーバプテスト告白
book of timothyチモシーの本
photiusティノープル
book of thessaloniansテサロニケの本
tetragrammatonテトラグラマトン
tubingen schoolテュービンゲン学校
tertullianテルトゥリアヌス​​
teresaテレサ
book of tobitトビトの本
thomas aquinasトマス·アクィナス
thomas aquinasトマス·アクィナス
gospel of thomasトマスの福音
trine baptismトライン洗礼
trappistトラピスト
council of trentトレントの評議会
thomas christiansトーマス·クリスチャン
thomasトーマス
church of the nazareneナザレの教会
nazareth stone?ナザレ石?
nathanaelナタナエル
book of nahumナホムの本




nicene creedニカイア信条
council of nicaea nicæaニカイア公会議の協議会
ninevehニネベ
new england theologyニューイングランドの神学
new england
theology
ニューイングランドの神学

new hampshire baptist confessionニューハンプシャーバプテスト告白
new haven theologyニューヘブンの神学
new haven
theology
ニューヘブンの神学

neo-thomismネオthomismは
neo-orthodoxyネオ正統
nestorianismネストリウス派
book of nehemiahネヘミヤの本
novation schismノベーションの分裂




Heidelberg Catechismハイデルベルク教要理
Heidelberg Catechism textハイデルベルク教要理テキスト
Book of Haggaiハガイの本
Book of Habakkukハバククの本
Haloハロ
baptistsバプテスト
Book of Baruchバルークの本
Council of Baselバーゼルの議会
Bartholomewバーソロミュー
paulinismパウロ
phariseesパリサイ人
pharisees (advanced)パリサイ人(上級)
parker societyパーカー社会
palm sundayパームサンデー




Byzantine Riteビザンチン儀式
puritanismピューリタニズム
puritanピューリタン
Puritan Confessionピューリタンの告白
Puritan Catechismピューリタン公教要理
Puritan Confession - textピューリタン告白 - テキスト
pilateピラト
book of philippiansピリピ人への本
book of peterピーターの本




philipフィリップ
book of philemonフィレモンの本
Council of Ferrara-Florenceフェラーラ·フィレンツェの協議
Council of Ferrara-Florenceフェラーラ·フィレンツェの協議
Felicitasフェリキタス
FourSquare Gospel Churchフォースクエア福音教会
Franciscansフランシスコ
Freemasonryフリーメーソン
Plymouth Brethrenプリマス同胞
progressive revelationプログレッシブ啓示
Progressive Dispensationalismプログレッシブ天啓的史観
process theologyプロセス神学
protestant ethicプロテスタンティズムの倫理
protestantismプロテスタント
protestant reformationプロテスタントの改革
protestant reformationプロテスタントの改革
protestant scholasticismプロテスタントスコラ




Hexapla - Origenヘキサプラ - 原産地
Transliteration of Hebrew charactersヘブライ文字の音訳
Book of Hebrewsヘブル人への手紙の本
Hebronヘブロン
Pastor of Hermas - second bookヘルマスの牧師 - 2番目の本は
Pastor of Hermas - third bookヘルマスの牧師 - 三本
Pastor of Hermas - first bookヘルマスの牧師 - 最初の本
Pastor of Hermas - elucidationsヘルマスの牧師 - 解明
Helvetic Confessionヘルヴェティア告白
Helvetic Confession textヘルヴェティア告白テキスト
Benedictinesベネディクト
Belgic Confessionベルガエ告白
Belgic Confession textベルガエ告白テキスト
veronicaベロニカ
Apocalypse of Peterペテロの黙示録
pelagianismペラギウス
Martyrdom of Perpetua and Felicitas - Tertullianペルペツアとフェリキタスの殉教 - テルトゥリアヌス​​
pentecostペンテコステ
pentecostalismペンテコステ
book of hoseaホセアの本
theology of paulポールの神学
theology of paulポールの神学




book of maccabeesマカバイの本
magiマギ
machpelahマクペラ
mary magdaleneマグダラのマリア
book of matthewマシューの本
theology of matthewマタイの神学
Gospel of Matthewマタイの福音
matthiasマティアス
maniマニ
manichaeism manichæismマニ教manichæismです
book of malachiマラキの本
immaculate conception of maryマリアの無原罪懐胎の祝日
mariologyマリア論
marist brothersマリストの兄弟
martin lutherマルティン·ルター
book of markマークの本
theology of markマークの神学
Gospel of Markマークの福音
mercersburg theologyマーサーズバーグの神学
marburg colloquyマールブルグ会話
book of micahミカの本




maryメアリー
Assumption of Maryメアリーの仮定
tomb of mary?メアリーの墓?
methodismメソジスト
menno simonsメノシモンズ
mennoniteメノナイト
modernismモダニズム
monarchianismモナルキア
theodore of mopsuestiaモプスエスティアのセオドア
moravian churchモラヴィア教会
statement of mormon faithモルモン信仰の声明
mormonismモルモン教
mormonモルモン教徒
mormon beliefsモルモン教徒の信念
montanismモンタヌス
mosesモーゼ
yahwehヤハウェ
Jewish Genesisユダヤ人の起源
Jewish Genesis (advanced)ユダヤ人の起源(上級)
unitarianismユニテリアン
Eusebiusユーセビアス
utopianismユートピア
joachimヨアヒム
josephヨセフ
book of jonahヨナの本
Baptism of Johnヨハネの洗礼
theology of johnヨハネの神学
Gospel of Johnヨハネの福音書
book of revelationヨハネの黙示録
feast of jubileesヨベルのごちそう
Councils of Lyonsライアンズの協議会
Lateran Councilsラテラン協議会
realismリアリズム
revivalismリバイバル
liberal catholicismリベラルなカトリック
liberal evangelicalismリベラルな福音主義
Gospel of Lukeルカによる福音書
theology of lukeルカの神学
lutheranismルター
95 theses of Lutherルターの95論文
luther's 95 thesesルターの95論文
luther's small catechismルターの小公教要理
book of lukeルークの本
book of ruthルースの本
book of leviticusレビ記の本




logosロゴ
rosaryロザリオ
robert schullerロバート·シュラー
London Baptists' Confessionロンドンのバプテストの告白
London Confession - textロンドンの告白 - テキスト
London Confessionロンドンの告白
London Baptists' Confessionロンドンバプテスト '告白
Roman Catholic Churchローマカトリック教会
Roman Catholic Popesローマカトリック教皇
book of romansローマ人への手紙の本
Romanized Bible textローマ字聖書のテキスト
papacyローマ教皇
Apostolic Fathersローマ教皇の父親
waldensesワルド派
Council of Vienneヴィエンヌの協議会
monism一元論
monotheism一神教
monotheism and the trinity一神教と三位一体
monotheism and world religions一神教と世界宗教
monotheism and the new testament一神教と新約聖書
monotheism and the old testament一神教と旧約聖書
Book of Common Order一般的な順序の本
Seven Deadly Sins七つの大罪
panentheism万有内在神論
trinity三位一体
Triune Baptism三位一体の洗礼
Agnosticism不可知論
infallibility不可謬性
secularism世俗主義
secular humanism世俗的ヒューマニズム
religions of the world世界の宗教
world religions世界の宗教
lord's supper主の晩餐
lord's prayer主の祈り
major orders主要な受注
major orders主要な受注
prophecy予言
Dualism二元論
Double Procession二重の行列
Double Predestination二重予定説
Communion交わり
Anthroposophy人智学
book of job仕事の本
transubstantiation代用
mediating theology仲介神学
Evangelism伝道
missiology伝道
Book of Ecclesiastes伝道の書の本
low mass低質量
Apocryphal New Testament作り話の新しい遺言
Covenant of Works作品の契約
Apostle使徒
acts of the apostles使徒の行為
Apostles' Creed使徒信条
Apostolic Succession使徒継承




Faith信仰
by Faith Alone信仰のみによって
proportion of faith信仰の割合は
Southern Baptist Confession of Faith信仰の南部バプテストの告白
Confessions of Faith信仰の告白
Epistle信徒
Creed信条
Believer's Baptism信者の洗礼




Ascetical Theology修徳神学
Friars修道士
Friars Preachers修道士の説教
convent修道院
monasticism修道院生活
Great Schism偉大な分裂
iconoclasm偶像破壊
pseudepigrapha偽典
holy orders僧籍
holy orders僧籍
Atonement償い
Atonement償い
redemption償還
Ex Opere Operato元opere operato
Catechism公教要理
Communalism共同体
Consubstantiation共在説
Book of Common Prayer共通の祈りの本
liturgy典礼
re-baptism再洗礼
Anabaptist再洗礼派
regeneration再生
Adventism Seventh-day Adventists再臨セブンスデーアドベンチスト
virgin birth処女懐胎
Book of Exodus出エジプト記の本
Advent出現
Denominationalism分派
imminence切迫
Canonization列聖
premillennialism前千年王国説
Eve前夜
Book of Genesis創世記
Genesis and Science are compatible創世記と科学は互換性があり
Effectual Calling効果的な通話
offering (orthodox)募集(オーソドックス)
incarnation化身
Doctors医師




words written on the cross INRI十字架INRIに書かれた言葉
the Crucifix十字架
words written on the cross十字架の上で書かれた言葉
saint john of the cross十字架の聖ヨハネ
Stations of the Cross十字架の駅
on the cross十字架上
seven words on the cross十字架上の7の言葉
7 Words on the Cross十字架上の7ワード
seven words on the cross十字架上の7ワード
Jesus on the Cross十字架上のイエス·キリスト
jesus words on the cross十字架上のイエスの言葉
Decalogue十戒
ten commandments十戒
Ten Commandments Decalogue十戒十戒
millenarianism千年
semi-pelagianism半ペラギウス主義
monergism単働説
Fundamentalism原理主義
origen原産地
original sin原罪
Society of Friends友人の社会
Counter-Reformation反改革
old catholics古いカトリック教徒
old school theology古い学校の神学
old school
theology
古い学校の神学

Episcopal Confession司教の告白
rationalism合理主義
Brethren Dunkers Dunkards同胞のdunkersのdunkards
Fonfession告白
shrove tuesday告解火曜日
reconciliation和解
book of lamentations哀歌の本
Christian view of Philosophy哲学のキリスト教の眺め
philosophical terms哲学的観点から
philosophers (famous)哲学者(有名な)
nominalism唯名論
terminism唯名論
sola fide善意ソラ
unity団結
united church of christ基督教団
transfiguration変容
conversion変換
Apocrypha外典




Great Tribulation大きな試練
Archangel Gabriel大天使ガブリエル
mortal sin大罪
Angel天使
Dispensationalism天啓的史観
Dispensationalism天啓的史観
Heaven天国
miracle奇跡
Covenant契約
Ark of the Covenant契約の箱
Covenant Theology契約神学
litany嫌になるほど
jesus as a child子としてイエス
Child Jesus子イエス
patron saints守護聖人
sabbath安息日
sabbatarianism安息日厳守
perfection完璧
perfectionism完璧主義
religion宗教
religions宗教
Methodist Articles of Religion宗教のメソジスト記事
Free Methodist Articles of Religion宗教の自由メソジスト記事




philosophy of religion宗教哲学
religious orders宗教的な受注
Denominations宗派
sect宗派
Chart of Denominations宗派のチャート
household salvation家計救い
predestination宿命
Contributors Authors寄稿の著者
Friars Minor小さき兄弟会
nun尼僧
sermon on the mount山上の垂訓
pilgrims巡礼者
theology of hope希望の神学
pacifism平和主義
Infant Baptism幼児洗礼
Apologetics弁証
Discipleship Movement弟子の動き
His Arising彼生じ
Antinomianism律法主義
postmillennialism後千年王国
infralapsarianism後定論
subordinationism従属主義
resurrection復活
Book of Chronicles志の書
radical reformation急進改革
Covenant of Grace恵みの契約
repentance悔い改め
passion cycle情熱のサイクル
passion play情熱の演劇
love agape愛アガペー
Comforter掛け布団
Adoption採用
Advocate提唱者
providence摂理
Anthropomorphism擬人化
proselyte改宗
reformation改革
reformation and confessions改革と自白
reformed church改革派教会
Reformed Church Beliefs改革派教会の信念




salvation救い
redeemer救い主
salvation army救世軍
messiah救済者
soteriology救済論
Church教会
Church Government教会の政府
Authority in Church教会の権威
Authority in Church教会の権威
Anticlericalism教権反対
patristic era教父時代
ultramontanism教皇権至上主義
pietism敬けん
book of numbers数字の本
literalism文字どおり
Fasting断食
new school theology新しい学校の神学
new school
theology
新しい学校の神学

new light schism新たな光分裂
Early Canon of the New Testament新約聖書の初期のカノン
Canon of the New Testament新約聖書の正典
new testament theology新約聖書神学
plainsong旋律
Canon of the Old Testament旧約聖書のキヤノン
Doctrine of man in the Old Testament旧約聖書の男の教義
new testament references to old testament scriptures旧約聖書の経典に新約聖書の参照
hours - angelus時間 - アンジェラス
universalism普遍主義
Crypto-Calvinism暗号カルヴァン
The First Ecumenical Council; The First Council of Nice (actual proceedings)最初のエキュメニカル協議会;素敵(実際の手続き)の最初の評議会
last judgment最後の判断
last supper最後の晩餐
theism有神論
latter-day saints末日聖徒
latter-day saints beliefs末日聖徒の信念
ordinance条例
Eastern Rite Catholic Church東の儀式のカトリック教会
Eastern Rite Church東の儀式教会
Eastern Orthodox Church東方正教会
Eastern Churches東部教会
Glory Glorify栄光は美化
modalism様態論​​
rapture歓喜
Deuterocanonical Books正典
justification正当化
orthodoxy正統
orthodox church beliefs正統教会の信念
orthodox church正統派の教会
righteousness正義
number of christians in history歴史の中でキリスト教徒の数は
resurrection of the dead死者の復活
Comparative Religion比較宗教学
pantheism汎神論
Determinism決定論
saul沙羅双樹
Baptism洗礼
Christening洗礼
Modes of Baptism洗礼の様式
saint john the baptist洗礼者聖ヨハネ
maundy thursday洗足木曜日
sectarianism派閥
Aspersion (Sprinkling Baptism)潅水(散水洗礼)
Affusion (pouring Baptism)灌水(洗礼を注いで)
Ash Wednesday灰の水曜日
Gray Friars灰色の修道士
Amillennialism無千年王国説
non-denominational churches無宗派の教会
Adiaphorist無関心主義者
purgatory煉獄
sacrifice犠牲
Grace猶予
book of kings王の本
Deism理神論
psaltery
Book of Deuteronomy申命記の本
Exhortation to the Heathens - Clement of Alexandria異教徒への勧告 - アレクサンドリアのクレメンス
Heresies as listed by 2nd Council in 381 AD異端は381 ADに第2回協議会によってリスト
inquisition異端審問
Glossolalia異言
White Friars白の修道士
literal translation直訳
synergism相乗効果
relativism相対主義
ministry省庁
book of wisdom知恵の本
Confirmation確認
prayer祈り




God
Godhead
worldwide church of god神の世界的な教会
Divine Immanence神の内在
Names of God神の名は
Arguments for the Existence of God神の存在の引数
Dispensation神の摂理
Dispensation神の摂理
Death of God Theology神の神学の死
death of god
theology
神の神学の死

divine judgment神の裁き
Divine Transcendence神の超越
theology神学
theological liberalism神学的自由主義
kenosis神性放棄
theosophy神智学
theocracy神権政治
mysticism神秘主義
Holiness神聖
Holy Innocents神聖な罪のない
sanctification神聖化
Asceticism禁欲
Gospel福音
Evangelicalism福音主義
Harmony of the Gospels福音書の調和
Evangelical United Brethren church福音派の団結同胞教会




First Vatican Council第一バチカン公会議
Second Vatican Council第二バチカン公会議
The First Ecumenical Council; The First Council of Nice (actual proceedings)第1回エキュメニカル協議会;素敵(実際の手続き)の最初の評議会
The Second Council of Nice.(cont'd) (actual proceedings)素敵な第二評議会。(続き)(実際の手続き)
The Fifth Ecumenical Council. The Second Council of Constantinople. (actual proceedings)第五のエキュメニカル協議会コンスタンティノープルの第二評議会。 (実際の手続き)
The Second Ecumenical Council. The First Council of Constantinople. (actual proceedings)第2回エキュメニカル協議会コンスタンティノープルの最初の評議会。 (実際の手続き)
The Sixth Ecumenical Council.; The Third Council of Constantinople. (actual proceedings)第六のエキュメニカル協議会コンスタンティノープルの三協議会。 (実際の手続き)
The Fifth Ecumenical Council. The Second Council of Constantinople. (actual proceedings)第五のエキュメニカル協議会コンスタンティノープルの第二評議会。 (実際の手続き)
The Fourth Ecumenical Council.; The Council of Chalcedon. (actual proceedings)第四のエキュメニカル協議会カルケドン公会議。 (実際の手続き)
The Second Ecumenical Council. The First Council of Constantinople. (actual proceedings)第2回エキュメニカル協議会コンスタンティノープルの最初の評議会。 (実際の手続き)
The Seventh Ecumenical Council. The Second Council of Nice. (actual proceedings)七エキュメニカル協議会;ナイスの第二評議会。 (実際の手続き)
The Sixth Ecumenical Council.; The Third Council of Constantinople. (actual proceedings)第六のエキュメニカル協議会コンスタンティノープルの三協議会。 (実際の手続き)
The Third Ecumenical Council.; The Council of Ephesus. (actual proceedings)第三のエキュメニカル協議会エフェソスの評議会。 (実際の手続き)
The Council of Ephesus. (cont'd) (actual proceedings)(続き)(実際の議事録)
Eschatology終末論
Congregationalism組合教会
scripture経典
sin
Historical Controversy over Sin罪の上に歴史的な論争
punishment
Shepherd of Hermas羊飼いのhermas
Intro to Shepherd (Pastor) of Hermas羊飼いのhermas(牧師)への導入
shepherding movement羊飼いの動き
holy liturgy (orthodox)聖なる典礼(オーソドックス)
holy week聖なる週
Saint Athanasius聖アタナシウス
Saint Andrew聖アンデレ
saint stephen聖ステパノ
saint thomas聖トマス
sanctuary聖域
versions of the bible聖書のバージョンは
translating the bible聖書の翻訳
translations of the bible聖書の翻訳
biblical theology
movement
聖書神学の動き

virgin mary聖母マリア
simony聖職売買
Saint Dominic聖ドミニク
saint benedict聖ベネディクト
order of saint benedict聖ベネディクトの順序
saint veronica聖ベロニカ
saint matthew聖マタイ
saint luke聖ルカ
saints聖人
lives of saints聖人の命
saint jude聖人ジュード
saint thomas aquinas聖人トマス·アクィナス
Hagiography聖人伝
Eucharist聖体
Holy Communion聖体拝領
Episcopal Church聖公会の教会
Breviary聖務日課書
Holy Family聖家族
Bible聖書
Canon of the Bible聖書のキヤノン
Canon of the Bible聖書のキヤノン
muratori fragment of bible聖書のムラトーリ断片
manuscripts of the bible聖書の原稿
Chronology of the Bible聖書の年表
Books of the Bible - see book name聖書の書籍 - 書籍名を参照してください
Authority in the Bible聖書の権威
History of the Bible聖書の歴史
Bible Infallibility聖書の無謬性
Literal Translation of the Bible聖書の直訳
translating the Bible聖書の翻訳
Bible Analytical Criticism聖書分析批判
Biblical Theology Movement聖書神学の動き
Biblical Archaeology聖書考古学
Bible Inerrancy聖書間違いのないこと
Stigmata聖痕
holy spirit聖霊
paraclete聖霊
sacrament聖餐
positive thinking肯定的な思考
naturalism自然主義
natural theology自然神学
Freedom自由
Free Will自由意志
millennialism至福千年
tongues
tongues
Good Works良い作品
Good Friday良い金曜日
Conscience良心
penance苦行
Church of England英国国教会
Authors contributors著者貢献者
serpent
book of judges裁判官の本
western syrian rite西部のシリアの儀式
western schism西部分裂
idealism観念論
liberation theology解放の神学
witness証人
tribulation試練
book of psalms詩篇の本
temptation誘惑
lent貸与
Glorification賛美
mass質量
transcendentalism超越
ransom身代金
Fate Fatalism運命運命論
passover過ぎ越し
the way international道国際
moral theology道徳的な神学
Elect選出
Election選挙
On the Salvation of the Rich Man - Clement of Alexandria金持ちの救いに - アレクサンドリアのクレメンス
presbyterianism長老
The Stromata or Miscellanies - Book I - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックI - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book II - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックII - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book III - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックIII - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book IV - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックIV - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book V - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックV - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book VI - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックVI - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book VII - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックVII - アレクサンドリアのクレメンス
The Stromata or Miscellanies - Book VIII - Clement of Alexandria間質または文集 - ブックVIII - アレクサンドリアのクレメンス
Hail Mary雹メアリー
hour of power電力の時間
Spiritual Gifts霊的な賜物
traducianism霊魂伝
quietism静寂
Doxology頌栄
prophet預言者
Adoptionism養子
summa theologiae theologiæ首席神学の神学
marrow controversy骨髄論争
High mass高質量
soul
soul sleep魂の睡眠
origin of the soul魂の起源
Black Friars黒い修道士
Book of the Apocalypse黙示録の本



Non-Translated English Title Subjects


acta pilatiactaピラーティ
Adamitesadamites
Adiaphoraadiaphora
Adoptianismadoptianism
Amyraldianismamyraldianism
Calvin's support of Amyraldianismamyraldianismのカルバンのサポート
Amyraldismamyraldism
Annihilationismannihilationism
Apollinarianismapollinarianism
Armstrongismarmstrongism
Augustiniansaugustiniansは
Bereshit (Jewish Genesis)bereshit(ユダヤ起源)
Bollandistsbollandists
Bullingerismbullingerism
Chrismationchrismation
Christadelphians Thomasiteschristadelphians thomasites
Dunkersdunkers
Edersheim referencesedersheim参照
Erastianismerastianism
EUBeub
eutychianismeutychianism
Filioquefilioque
Gnesio-Lutheransgnesio-ルーテル
Godspelgodspel
Hutterian Brethrenhutterian兄弟
kenotic theologykenotic神学
landmarkismlandmarkism
latitudinalismlatitudinalism
lxxlxx
majoristic controversymajoristic論争
melchioritesmelchiorites
melchitesmelchites
milleritesmillerites
paedobaptism pædobaptismpaedobaptismのpædobaptism
patripassianismpatripassianism
priscillianismpriscillianism
priscillianpriscillian
semiarianismsemiarianism
socinianismsocinianism
solafidianismsolafidianism
sublapsarianismsublapsarianism
supralapsarianismsupralapsarianism
swedenborgian churchswedenborgianの教会
theodorettheodoretの
thomismthomismは
ultradispensationalismultradispensationalism
yhwhyhwh



Other Religionsその他の宗教
(introductory text and Christian subjects are above)(入門テキストとキリスト教の主題は上記のもの)

aishaアイシャ
allahアッラー
animismアニミズム
abrahamアブラハム
abu bakrアブー·バクル
arabsアラブ人
aliアリ
avicennaアヴィセンナ
ismael ishmaelイスマエルイシュマエル
ismailisイスマーイール
islamイスラム教
early history of islamイスラム教の初期の歴史
pillars of islamイスラム教の柱
muslim automatic calendarイスラム教徒のオートカレンダー
islamic calendarイスラム暦
averroesイブン=ルシュド
imamsイマーム
upanishadウパニシャッド
umayyadsウマイヤ
the occultオカルト
kabbalahカバラ
caliphsカリフ
kaabaカーバ神殿
nat'l conf of christians and jewsキリスト教徒とユダヤ人の国民会議
gemaraゲマラ
koranコー​​ラン
scientologyサイエントロジー
satanismサタニズム
saladinサラディン
shiiteシーア派
sikhismシーク教
sikhシーク教徒
jihadジハード
jainismジャイナ教
sunniteスンニ派教徒
sufismスーフィズム
sederセダー
semiteセム
seljuksセルジューク朝
zoroastrianismゾロアスター教
talmudタルムード
tantraタントラ
feast of trumpetsトランペットのごちそう
native american churchネイティブアメリカン教会
hasidismハシディズム
hadiths - much of book 2ハディース - ブック2のはるかに
hadiths - much of book 4ハディース - ブック4のあまり
hadiths - much of book 9ハディース - ブック9のあまり
hadiths - much of book 1ハディース - 本1のはるかに
hadithハディース
hare krishnaハーレクリシュナ
baha'iバハイ
brahmanismバラモン教
bar mitzvahバルミツバー
hezbollahヒズボラ
hinduismヒンズー教
fatimaファティマ
black muslimsブラックムスリム
voodooブードゥー教
machpelahマクペラ
mamelukesマムルーク
mishnahミシュナー
mithraismミトラ教
midrashミドラーシュ
muhammadムハンマド
meccaメッカ
medinaメディナ
mohammedモハメッド
jewish beliefsユダヤ人の信念
jewsユダヤ人は
judaismユダヤ教
statement of jewish faithユダヤ教の信仰の声明
jewish calendarユダヤ暦
feast of jubileesヨベルのごちそう
rastafariansラスタファリアン
ramadanラマダン
lamaismラマ教
lilithリリス
rosh hashanahロシュハシャナ
wahhabismワッハーブ派
vedasヴェーダ
theravada buddhism上座部仏教
untouchables不可触民
buddhism仏教
worldliness俗事
confucianism儒教
primitive religion原始的な宗教
anti-semitism反ユダヤ主義
polytheism多神教
mahayana buddhism大乗仏教
confucius孔子
law of the sabbath安息日の法則
torah律法
comparing the old testament and the talmud旧約聖書とタルムードを比較
jafari school of law法律jafari学校
atheism無神論
solipsism独我論
reincarnation生まれ変わり
ancestor worship祖先崇拝
theosophy神智学
theocracy神権政治
shintoism神道
zen buddhism禅仏教
moonies統一教会
unification church統一教会
rosicrucians薔薇十字
yom kippur贖罪の日
otherworldliness超俗
transcendental meditation超越瞑想
transmigration of souls輪廻
hegira逃避行
passover過ぎ越し
taoism道教



Non-Translated English Title Subjects


abbasidsabbasids
ahmadiahmadi
ash'ari theologyashari
ayyubidsayyubids
bereshit - jewish genesis (advanced)bereshit - ユダヤ人の起源(上級)
bereshit - jewish genesisbereshit - ユダヤ教の起源
druzes druze al-darazidruzesドルーズアルdarazi
fatimidsfatimids
haggadahaggada
halakahhalakah
hanafi schoolhanafi
hanbali school hanbalishanbali
kharijikhariji
maliki schoolmaliki
maturidi theologymaturidi
mu'tazilah mu'tazilite School mu'tazilites mutazilimu'tazilahムウタズィラ学派学校mu'tazilites mutazili
nusayrinusayri
qarmatiqarmati
sahihsahih
shafishafi
zaydi schoolzaydi