Antiochene Theology, Theodoretアンティオキア学派の神学、 theodoret

General Information 総合情報

A theologian of the Antiochene school, Theodoret, b.アンティオキア学派の神学者は、学校、 theodoret 、 b. Antioch, c.アンティオキア、 c. 393, dc 458, was a monk of Apamea and bishop of Cyrus, Syria (423). 393 、直流458 、アパメアとは、修道士のキュロス大主教、シリア( 423 )です。 A friend of Nestorius, he became embroiled in the controversy with Saint Cyril of Alexandria, whose views, he held, implied a confusion of the divine and human natures of Christ . nestoriusする友人に送るのは、彼はその論争に巻き込まれるアレクサンドリアの聖シリル、その再生回数、彼は開かれた、黙示的に混乱をキリストの神と人間の性質です。 Cyril's successor, the powerful Dioscorus, accused (448) Theodoret of dividing Christ into two natures, and although Theodoret insisted on the unity, he was anathematized.シリルの後継者は、強力なdioscorus 、被告( 448 )イエスキリストを2つに分割theodoretの性質、およびもののtheodoretの結束を主張して、彼はanathematizedです。 The Robber Synod of Ephesus (449), defending Cyril's theology, deposed Theodoret and forced him into exile for a year.盗賊のエフェソス会議( 449 ) 、防衛シリルの神学、退陣を余儀なくtheodoretと彼は一年に亡命。 At the Council of Chalcedon (451), Theodoret was identified with the Nestorian opposition, but he was persuaded to renounce Nestorius and was recognized as orthodox.は、カルケドン公会議( 451 ) 、 theodoretはネストリウス派の反対を発見、しかし彼は説得を放棄nestoriusとは、正統派として認識されています。

Theodoret's surviving writings are fine expressions of the Antiochene school of interpretation.生き残ったtheodoretの文章は、罰金のアンティオキア学派の学校の解釈を表現したものです。

Meletius, d.メレチウス、 d. 381, bishop of Antioch and representative of the Antiochene tradition in theology, was appointed to the see in 360. 381 、司教のアンティオキアとアンティオキア学派の伝統的な神学の代表が任命される360に表示されます。 Although a moderate in the controversy over Arianism, he immediately offended the Arian emperor Constantius II and was exiled.多くの人が穏健派は、アリウス主義論争、彼はすぐに気分を害したの牡羊座生まれの皇帝コンスタンティウス2世とは、追放されました。 In his absence the supporters of Eustathius, a former bishop of Antioch, consecrated (362) Paulinus as bishop, creating a schism.彼の支持者不在のeustathius 、元司教のアンティオキア、聖体拝領( 362 )パウリヌス司教として、分裂を作成する。 Meletius returned in 363 but was exiled twice again (365 - 66 and 371 - 78) under Emperor Valens.メレチウスで返さ363しかし、亡命中の2回は、再び( 365 -6 6、 3 71- 78 )皇帝ヴァレンスされています。 In the meantime the schism and controversy continued.それまでの間の分裂と論争を続けています。 The bishops of Rome and Alexandria sided with Paulinus, whom they regarded as more orthodox than Meletius; the latter's principal supporter was Saint Basil.ローマとアレキサンドリアの司教の両面でパウリヌスは、他の正統派と見なされて誰よりも彼らメレチウス; 、後者の主要な支持者は、サンバジルです。 Finally restored to his diocese in 378, Meletius was presiding over the First Council of Constantinople when he died.最後に彼の教区に復元さ378 、メレチウスは、最初の首席コンスタンティノポリス彼が死亡した時です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Theologians of the Antiochene school emphasized the humanity of Jesus Christ, the Alexandrian his deity . アンティオキア学派の神学者は、人間性を強調し、イエスキリストの学校は、彼のアレクサンドリアの神です。 Theodore of Mopsuestia held that Christ's human nature was complete but was conjoined with the Word by an external union.モプスエスティアのテオドロスが開かれたキリストの人間の本性が完了しかし、言葉は、結合された外部労働組合です。 Nestorius, Theodore's pupil, took up his teacher's position after his death. nestorius 、セオドアの瞳は、彼の教師の立場を取り上げた後、彼の死です。

Nestorius was condemned by the Council of Ephesus (431), which was convened specifically to settle the dispute. nestoriusを非難し、エフェソスの評議会( 431 ) 、これは、紛争を解決する具体的に召集します。 There the Theotokos was officially affirmed and orthodox doctrine on the nature of Jesus Christ clarified: Christ was pronounced true God and true man, as having two distinct natures in one person - a position that was reaffirmed by the Council of Chalcedon (451).そこにいる神の母が正式にアファームドと正統派の教義上の性質を明らかにイエスキリスト:イエスキリストは、真の神と真の男と発音、されている2つの明確な性質の1つの人-という立場を再確認されたがカルケドン公会議( 4 51)です。

A biblical commentator and bishop of Mopsuestia (mahp - soo - es' - chuh) in Cilicia, Theodore, c.聖書の解説と大主教をmopsuestia ( mahp -洙-は' - c hu h)でのC i l icia、セオドア、c. 350-428, was a representative of the Christology of the Antiochene school.三百五十〜四百二十八、 christology代表するのは、学校のアンティオキア学派のです。 He was born at Antioch and there studied rhetoric, literature, and biblical exegesis with his friend Saint John Chrysostom.彼は、生まれたときに勉強アンティオキアや言葉遣いに、文学、聖書の解釈と彼の友人に送るセントジョンクリュソストモスです。 Ordained a priest about 383, he was consecrated bishop of Mopsuestia in 392.免許を約383プリースト、彼は司教の聖体拝領mopsuestiaで392です。

In his interpretation of Scripture, Theodore employed a critical and scientific approach, taking a historical rather than an allegorical approach to Genesis and the Psalms.彼の解釈の啓典、セオドア批判的かつ科学的なアプローチを採用、撮影した寓話ではなく、歴史的なアプローチを創世記と詩篇を授けた。 Theodore's Christology, although it contributed to Nestorianism, anticipated the formula adopted at the Council of Chalcedon (451) on the dual but united natures of Christ.セオドアのchristology 、これに貢献しネストリウス派は、予想の数式採択されたカルケドン公会議( 451 )するUnitedの性質上、デュアルしかし、キリストのです。 His views were nevertheless condemned at the Councils of Ephesus and Constantinople (553).彼の再生回数は死刑囚は、評議会のエフェソスにもかかわらず、コンスタンティノープル( 553 )です。

Bibliography 書誌事項
RA Greer, Theodore of Mopsuestia (1961); RA Norris, Manhood and Christ (1963); JJ Delaney and JE Tobin, Dictionary of Catholic Biography (1961); J Quasten, Patrology (1950). raグリーア、モプスエスティアのテオドロス( 1961 ) ; raノリス、男らしさとイエスキリスト( 1963 ) ; jjトビンデラニーとは、辞書のカトリックの伝記( 1961 ) ;無しquasten 、教父学( 1950 ) 。 A Grillmeier, Christ in Christian Tradition (1975); R Loofs, Nestorius and His Place in the History of Christian Doctrine (1914); J Pelikan, The Christian Tradition, v.1, The Emergence of the Catholic Tradition 100 - 600 (1971).をgrillmeier 、イエスキリストがキリスト教の伝統( 1975 ) ;研究ローフス、彼の場所にnestoriusとキリスト教の教義の歴史( 1914 ) ;無しペリカンに、キリスト教の伝統、 v.1は、出現したのは、カトリックの伝統を100 -6 00( 1 971 ) 。


Antiochene Theologyアンティオキア学派の神学

Advanced Information 高度情報

The book of Acts indicates that the term "Christian" was first used at Antioch and that there was a church there at the time of the early ministry of the apostle Paul (11:26).この本の行為を示しているという用語は"キリスト教"が最初に使用されアンティオキア教会があることは、ある時点で、使徒パウロの早期省( 11:26 )です。 It was from Antioch that Paul began his three missionary journeys.それはポールよりAntiochが彼の3つの布教の旅が始まった。 It might be called the nearest approach which he had to a headquarters base.最寄りのアプローチと呼ばれるかもしれないが本部基地していた。 The decisions of the Apostolic Council at Jerusalem were published there (Acts 15:30 - 31).ローマ教皇の会議で決定したことが公開にエルサレム(行為15:30 -3 1) 。

The first monarchical bishop to secure notice was Ignatius of Antioch.司教の最初の君主は、イグナティウスのアンティオキアを確保する通知します。 He held the post in the early second century.彼はまた、夕刻に開かれた第二世紀のポストです。 In his seven epistles he shows himself to be a man eager to defend the full deity and full humanity of Christ.彼は彼の7つの書簡を示して自分自身を守るために熱心な男は、完全な神とキリストの完全な人間です。 He particularly warns against docetism, and here appears an emphasis which is increasingly to characterize the school of Antioch. God came into flesh, was born of the Virgin Mary.彼は特にキリスト仮現説に対して警告し、ここに表示されることに重点を特徴付けるこれはますます学校のアンティオキア。 神の肉に入って、聖母マリアが生まれたのです。 Christ died to deliver men and women from ignorance and from the devil. イエスキリストを配信死亡した男性と女性から、悪魔の無知とします。 He rose again from the dead for us. 彼は死んでから再び上昇です。 The believer is not only in Christ, he is also christophoros. イエスキリストの信者ではないだけで、彼はまたchristophorosです。 The Supper is the flesh and blood of Christ, though there is no suggestion of substantial change. 生身の人間の夕食は、キリストが、提案の実質的な変化はない。 Brotherly love is a cardinal emphasis in Ignatius. 兄弟愛を強調枢機卿は、イグナティウスです。

Theophilus of Antioch, in the latter part of the second century, developed the Logos doctrine, referring to the logos prophorikos brought forth to create.テオフィロスのアンティオキアが、後者の2番目の世紀の部分は、ロゴを開発して教義に言及し、甦らprophorikosロゴを作成しています。 The word trias is used to apply to the Godhead first by Theophilus.という言葉を使用して適用される" Trias神格テオフィロス初めてです。

Three quarters of a century later Paul of Samosata occupied the episcopal throne in Antioch. 4分の3世紀へサモサタのパウロス米国聖公会の王座にアンティオキアが占領しています。 The emphasis on the human nature of Christ that was to characterize the later Antioch makes a clear appearance. With a monarchian stress, he found the Logos, a divine force, part of the mind of the Father, dwelling in Jesus from his birth, but apart from the Virgin. He manifested himself as energeia. Jesus was not to be worshipped though his enduement with the Logos was quantitatively unusual.人間の本性を重視して、キリストを特徴付けるされたが、後のアンティオキアの外観を明確にします。 monarchianストレスと、彼は、ロゴ、神の力、一部の心の中の父、彼の住居にイエスキリストの誕生から、しかし、ヴァージンから離れています。彼は明らかに自分自身としてenergeia 。 イエスキリストが崇拝される彼を定量的にenduementのロゴは異例のことだ。 His unity with God is one of purpose, of will, of love.彼の団結と神は1つの目的のために、のは、愛です。 While it is possible for Paul to speak of one prosopon of God and the Logos, and to use the term homoousios of Christ and the Father, yet the Logos and the Son were not by any means identical.ポール間を話すことが可能です。 prosoponの1つ、神とのロゴ、およびhomoousiosの用語を使用して、キリストとの父親は、息子はまだありませんが、ロゴ、およびあらゆる手段ではなく、同じです。 Paul was excommunicated and, after the Roman recapture of Antioch, well - nigh completely lost his influence.ポールはexcommunicatedと、奪還した後、ローマのアンティオキア、よく-近付いて彼の影響力を完全に失われています。 Paul's opponents did not approve the term homoousios, later to become a touchstone of orthodoxy.ポールの反対派homoousiosが承認されなかったという用語は、正統性への試金石になるのです。

Shortly after Paul's fall from power a schoolmaster, Lucian, came to prominence in Antioch.ポールの下落直後に動力を供給する教師から、ルシアン、隆起に来てアンティオキアです。 Lucian conceived of Christ on a higher plane than did Paul.ルシアンは、キリストの構想はポールよりも高い平面です。 Whether he considered him as equal with the Father in his deity is questionable.等しいかどうか彼は彼の父親として彼の神は疑問がある。 His work on the text of the Greek Bible was extensive, and he favored the historical and critical interpretation of the Scriptures.彼の仕事上のテキストを、ギリシャの聖書は、大規模な、と彼の歴史的、批判的に有利な解釈を経典です。

In the decades following the Council of Nicaea, Antioch exhibited wide differences of opinion on the Arian question, but in this atmosphere John Chrysostom grew to maturity with his extraordinary ability as a preacher.次のように、数十年のニカイア公会議は、幅広い意見の相違を展示するアンティオキアの牡羊座生まれの質問かもしれませんが、この雰囲気ジョンクリュソストモス成長を満期説教師として彼の驚くべき能力です。 Emphasizing the moral values of Christianity, he continued the stress on historical exegesis.キリスト教の道徳的価値観を強調し、歴史的な解釈上のストレスと彼は続けた。 One of Chrysostom's teachers, the presbyter Diodorus, became in due course Bishop of Tarsus and was recognized as a "normal" theologian by the Council of Constantinople in 381. But he did not find an adequate expression for the relationship between the divine and human natures of Christ. There seemed almost to be a dual personality in his conception.クリュソストモスの教師の1つは、長老diodorusなったの司教のためのコースとして認識されタルススとは、 "普通の"神学されたコンスタンティノポリスで381です。 しかし、彼は十分な表現が見つからないとの関係の間の神と人間の性質キリストです。あるようにほぼ二重人格では、彼の概念です。 Another presbyter, Theodore, later Bishop of Mopsuestia, developed historical criticism much further.別の長老、セオドア、 mopsuestiaへの司教は、歴史的な批判をさらに大きく発展します。

He failed to find the doctrine of the Trinity in the OT, and he minimized the messianic intimations in the Psalms.彼に失敗しました教義を見つけるには、トリニティは、 ot 、と彼は最小限に抑え、救世主intimationsは、詩篇を授けた。 But he put heavy stress upon the importance of textual and historical study as a basis for exegesis.しかし、彼はストレス時に大量のテキストや歴史研究の重要性を基盤としての役割を解釈します。 Theodore emphasized the difference between God and man.セオドア、神と人間の違いを強調します。 The Logos humbled himself and became man.自分自身となった男のロゴを伏せています。 The prosopon of the man is complete and so is that of the Godhead. prosoponの男が完了するとしているのでは神格です。 His disciple, the church historian Theodoret, carried on his work.彼の弟子、教会史家theodoret 、乗って運ばれる彼の作品です。 Theodoret's exegesis is in the best historical tradition, his apologetic writing clear and well organized. theodoretの評釈は、最高の歴史的な伝統、彼の申し訳なさそうな書き込みはっきりとよくまとまっている。 He stressed the infinite difference between God and man.彼は強調して、神と人間の違いは無限です。 His Christological views were unquestionably influenced by his friend Nestorius, the most prominent representative of the Antiochene school.彼の影響を受けてchristological再生回数は紛れもなく彼の友人に送るnestorius 、代表で、最も顕著なのアンティオキア学派の学校です。 Impetuous, self confifident full of energy, Nestorius was not a scholar.衝動的、自己confifidentエネルギーがみなぎって、学者nestoriusはない。 He emphasized the humanity of Jesus, but it is reasonably clear that what he intended to express was not a view that is heretical.彼は人間性を強調し、イエスキリスト、それが合理的に明確にどのような彼を表現する意図はないビューでは異端のです。

The union of Godhead and manhood in Christ is voluntary, but it can be said that there is one prosopon of Jesus Christ.男らしさの労働組合の神性とイエスキリストは、自発的に、それがprosoponによると、イエスキリストが1つです。 Nestorius campaigned against the term Theotokos as applied to the Virgin Mary, yet he agreed that, if properly understood, the term was unobjectionable.反対運動nestorius適用されるという用語は聖母マリア神の母として、彼はまだありません合意して、もし正しく理解され、任期は、異論のないのです。 It was the violence of his emphases, with their stress on the separateness of the human and the divine in Christ, which was dangerous.それは、彼の未来の大切な暴力行為は、彼らのストレスを分離し、イエスキリストは神の人間と、これは危険です。

Justinian's Edict of the Three Chapters in 543 was unfair to the School of Antioch in its condemnations of the writings of Theodore of Mopsuestia and of Theodoret.ユスティニアヌスの勅令543の3つの章では、不当には、学校のアンティオキア、その非難は、文章のtheodoretモプスエスティアのテオドロスとします。 The Council of Constantinople of 553, called the Fifth Ecumenical, condemned writings of the Antioch school, but on the basis of falsified and mutilated quotations.コンスタンティノポリスは、 553と呼ばれる第5回エキュメニカル、アンティオキア学校を非難する文章を、しかし、偽造とバラバラに基づいて引用します。

The separation from the imperial church of the bishops who led the Nestorian schism and the capture of Antioch in 637 by the rising power of Islam checked the further distinctive development of the School of Antioch.帝国からの分離whoリードして教会の司教ネストリウス派の分裂とアンティオキアで捕獲された637イスラムの上昇力をチェックして、学校のより詳細な独特の開発のアンティオキアです。 Its Aristotelian emphasis on rationality, on ethical quality, and on man's free agency was not popular.その重点を置いて合理アリストテレスは、倫理的な品質、および代理店はない男の無料人気です。 Yet it is to be valued for its stress on the genuine continuance in the Second Person of the properties of each nature and for its insistence upon the importance of grammaticohistorical exegesis.まだありませんされることが大切なのは、正規のストレスを継続2番目の人のプロパティのそれぞれの性質とその釈義grammaticohistoricalの重要性を強調する。

P Woolley pウーリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
CC Richardson, The Christianity of Ignatius of Antioch; G Bardy, Paul de Samosate and Recherches sur saint Lucien d'Antioche et son ecole; F Loofs, Paulus von Samosata and Nestorius and His Place in the History of Christian Doctrine; H deRiedmatten, Les Actes du proces de Paul de Samosate; R Devreesse, Essai sur Theodore de Mopsueste; JF Bethune Baker, Nestorius and His Teaching; AR Vine, An Approach to Christology; RV Sellers, Two Ancient Christologies. ccリチャードソンは、キリスト教のアンティオキアのイグナティウス;グラムbardy 、ポールデsamosateとrecherchesシュールサンリュシアンd' antioche et息子エコール; fローフス、パウルスフォンnestoriusと彼の場所にサモサタとキリスト教の教義の歴史; h deriedmatten 、レactesデュプロセスデポールデsamosate ;研究devreesse 、 essaiシュールセオドアデmopsueste ; jfベトゥーンベイカー、 nestoriusと彼の指導;アーカンソーつるは、アプローチをchristology ;右心室売り手、 2つの古代christologiesです。


Antiochene Liturgyアンティオキア学派の典礼

Catholic Information カトリックの情報

The family of liturgies originally used in the Patriarchate of Antioch begins with that of the Apostolic Constitutions; then follow that of St. James in Greek, the Syrian Liturgy of St. James, and the other Syrian Anaphorus.もともとliturgies 、ご家族の家長の位のアンティオキアで使用されてから始まりますしているローマ教皇の憲法;入力し、次のセントジェームスにギリシャ語、シリアの典礼のセントジェームス、および、他のシリアanaphorusです。 The line may be further continued to the Byzantine Rite (the older Liturgy of St. Basil and the later and shorter one of St. John Chrysostom), and through it to the Armenian use.より詳細な継続的にラインがありますし、ビザンチンの儀式(古い典礼の聖バジルと短いへと1つの聖ヨハネクリュソストモス) 、およびアルメニア人を通じて、それを使用します。 But these no longer concern the Church of Antioch.しかし、これらの教会のアンティオキア、もはや懸念します。

I. THE LITURGY OF THE APOSTOLIC CONSTITUTIONS憲法第典礼の使徒

The oldest known form that can be described as a complete liturgy is that of the Apostolic Constitutions.最も古いことができる既知のフォームを完全に記述さ典礼はローマ教皇の憲法している。 It is also the first member of the line of Antiochene uses.それはまた、アンティオキア学派の行の最初のメンバを使用します。 The Apostolic Constitutions consist of eight books purporting to have been written by St. Clement of Rome (died c. 104). 8つの書籍の使徒と称する憲法で構成され書かれた聖クレメントのローマ(死亡したc. 104 ) 。 The first six books are an interpolated edition of the Didascalia ("Teaching of the Apostles and Disciples", written in the first half of the third century and since edited in a Syriac version by de Lagarde, 1854); the seventh book is an equally modified version of the Didache (Teaching of the Twelve Apostles, probably written in the first century, and found by Philotheos Bryennios in 1883) with a collection of prayers.の最初の6つの書籍は、補間版のdidascalia ( "教育は、使徒と弟子" 、書かれて、最初の3番目の世紀の半分を編集されて以来、シリアのバージョンをドラガルド、 1854 ) ;第7回予約は、等しく改変されたバージョンは、新約聖書の(教えるのは、 12使徒、おそらく書かれて、最初の世紀とphilotheos bryenniosで発見された1883 )に祈りを集めたものです。 The eighth book contains a complete liturgy and the eighty-five "Apostolic Canons".第8回予約には、完全な典礼と85 "ローマ教皇の参事会"です。 There is also part of a liturgy modified from the Didascalia in the second book.また典礼の一部を更新didascaliaから2番目の書籍です。 It has been suggested that the compiler of the Apostolic Constitutions may be the same person as the author of the six spurious letters of St. Ignatius (Pseudo-Ignatius).それが提案され、コンパイラのは、ローマ教皇の憲法年5月に同じ人としての著者の6つのスプリアスの手紙の聖イグナチオ(疑似イグナティウス) 。 In any case he was a Syrian Christian, probably an Apollinarist, living in or near Antioch either at the end of the fourth or the beginning of the fifth century.いずれにしても彼は、シリアのキリスト教、おそらく、 apollinarist 、またはその近くに住んでアンティオキアの終わりに、第4のいずれかまたは、 5世紀の初めにします。 And the liturgy that he describes in his eighth book is that used in his time by the Church of Antioch, with certain modifications of his own.典礼が彼と彼の説明に使用されて8本は彼の時間をアンティオキアの教会のは、彼自身の特定の変更をします。 That the writer was an Antiochene Syrian and that he describes the liturgical use of his own country is shown by various details, such as the precedence given to Antioch (VII, xlvi, VIII, x, etc.); his mention of Christmas (VIII, xxxiii), which was kept at Antioch since about 375, nowhere else in the East till about 430 (Duchesne, Origines du culte chrétien, 248); the fact that Holy Week and Lent together make up seven weeks (V, xiii) as at Antioch, whereas in Palestine and Egypt, as throughout the West, Holy Week was the sixth week of Lent; that the chief source of his "Apostolic Canons" is the Synod of Antioch in encœniis (341); and especially by the fact that his liturgy is obviously built up on the same lines as all the Syrian ones.アンティオキア学派のは、作家は、シリアと彼は説明して典礼を使用する国が表示され、自分自身の様々な詳細については、アンティオキアなどの優先順位を与えられた( 7 、 46 、 viii 、 x 、等) ;彼のクリスマスに言及した( 8 、 33 ) 、アンティオキアが保管されて以来約375 、どこまでやり繰りして、東約430 (デュシェーヌ、 originesデュculte chrétien 、 248 ) ;という事実を全部合わせて、四旬節聖週間以内に、 7週間( V電源、 13 )として先アンティオキアで、パレスチナとエジプトでは、全体としての西、聖週間以内には、 6週間以内に貸し;は、彼の最高のソース"ローマ教皇の参事会"には、会議のアンティオキアでencœniis ( 341 ) ;と特にているという事実に彼の典礼は、明らかに、同じラインアップとして建てのすべてのシリアのものです。 There are, however, modifications of his own in the prayers, Creed, and Gloria, where the style and the idioms are obviously those of the interpolator of the Didascalia (see the examples in Brightman, "Liturgies", I, xxxiii-xxxiv), and are often very like those of Pseudo-Ignatius also (ib., xxxv).には、しかし、彼自身は、修正を祈り、信条、とグロリア、ここで明らかにすると、スタイルや、慣用句は、それらは、インターポレータdidascalia (詳細については、ブライトマンの例では、 " liturgies " 、私は、 33 - 34 )とは、しばしば非常にも同様の擬似イグナティウス( ib. 、 35 ) 。 The rubrics are added by the compiler, apparently from his own observations.コンパイラが追加されました。 rubricsされたのは、彼自身の観測から明らかにします。

The liturgy of the eighth book of the Apostolic Constitutions, then, represents the use of Antioch in the fourth century.第8回の典礼の予約は、ローマ教皇の憲法、その後、使用は、第4世紀のアンティオキアです。 Its order is this: First comes the "Mass of the Catechumens".そのためには、この:最初は、 "大量のcatechumens "です。 After the readings (of the Law, the Prophets, the Epistles, Acts, and Gospels) the bishop greets the people with II Cor., xiii, 13 (The grace of Our Lord Jesus Christ and the charity of God and the communication of the Holy Ghost be with you all).朗読の後に(同法は、預言者は、書簡、行為、および福音書)の司教に2世の人々を迎えてコー。 、 13 、 13 (わたしたちの主イエスキリストの恵みと神の慈善団体との通信は、聖霊と言われているすべての)です。 They answer: "And with thy spirit"; and he "speaks to the people words of comfort."彼ら答: "と、なたの精神" ;と彼は"快適度の言葉を話す人々を。 " There then follows a litany for the catechumens, to each invocation of which the people answer "Kyrie eleison"; the bishop says a collect and the deacon dismisses the catechumens.嫌になるほどには、 catechumensを入力し、次のように、人々を呼び出すたびに答えは、 "連祷" ;の司教によると、助祭を収集し、破壊するのcatechumensです。 Similar litanies and collects follow for the Energumens, the Illuminandi (photizómenoi, people about to be baptized) and the public penitents, and each time they are dismissed after the collect for them.収集は、以下のようなlitaniesとenergumensは、 illuminandi ( photizómenoi 、洗礼を受けた人々を参照される)と公共penitents 、およびそれぞれの時間を収集した後、彼らは却下されています。 The "Mass of the Faithful" begins with a longer litany for various causes, for peace, the Church, bishops (James, Clement, Evodius, and Annianus are named), priests, deacons, servers, readers, singers, virgins, widows, orphans, married people, the newly baptized, prisoners, enemies, persecutors, etc., and finally "for every Christian soul". "大量の忠実な"で始まり、うんざりするほど長い様々な原因は、平和のために、教会、司教(ジェームズ、クレメント、 evodius 、およびannianusの名前) 、司祭、 deacons 、サーバー、読者、歌手、処女、未亡人、孤児、既婚の人々は、新たに洗礼を受けた、囚人は、敵、 persecutors 、等、そして最後に"すべてのキリスト教の魂" 。 After the litany follows its collect, then another greeting from the bishop and the kiss of peace.嫌になるほどその収集した後、次のように、司教から入力し、別のあいさつのキスをすると平和です。 Before the Offertory the deacons stand at the men's doors and the subdeacons at those of the women "that no one may go out, nor the door be opened", and the deacon again warns all catechumens, infidels, and heretics to retire, the mothers to look after their children, no one to stay in hypocrisy, and all to stand in fear and trembling.さい銭のdeaconsの前に立つと、男性のドアsubdeaconsそれらは、女性たちの" 1つ年5月に行くことは絶対にありません、また、ドアが開いた"との警告を再度すべての助祭catechumens 、異教徒、異端に引退すると、その母親後に、子供たちを探す、誰にご滞在の偽善、およびすべてをスタンドに恐れおののいている。 The deacons bring the offerings to the bishop at the altar. deacons持って、司教は、祭壇の製品を提供することです。 The priests stand around, two deacons wave fans (‘ripídia) over the bread and wine and the Anaphora (canon) begins.突っ立っているの司祭、 deacons波の2つのファン( ' ripídia )のパンとワインとの照応(キヤノン)が開始されます。 The bishop again greets the people with the words of II Cor., xiii, 13, and they answer as before: "And with thy spirit".司教の人々を再び挨拶の言葉を二コー。 、 13 、 13 、およびそれらに答える前に: "と、なたの精神"です。 He says: "Lift up your mind."と彼は言います: "あなたの心を持ち上げる。 " R. "We have it to the Lord." r. "我々はそれを主です。 " V. "Let us thank the Lord." v "とご連絡主に感謝する。 " R. "Right and just." r. "の権利とだけです。 " He takes up their word: "It is truly right and above all just to sing to Thee, Who art truly God, existing before all creatures, from Whom all fatherhood in heaven and on earth is named.…" and so the Eucharistic prayer begins.彼はその約束をアップ: "これは本当に正しいと上記のすべてのためだけに歌を歌って、なた、 whoアート真の神、既存のすべての生き物の前に、天国の父としての責任者と地球上のすべての名前です。 …する"とし、祈りを開始eucharisticです。 He speaks of the "only begotten Son, the Word and God, Saving Wisdom, first born of all creatures, Angel of thy great counsel", refers at some length to the Garden of Eden, Abel, Henoch, Abraham, Melchisedech, Job, and other saints of the Old Law.彼は話すは、 "のみbegetの過去分詞形の息子、神の言葉と、節約の知恵、最初に生まれたのすべての生き物、天使のなたの大検" 、参照先のいくつかの長さをエデンの園、アベル、ヘーノホ、イブラーヒーム、 melchisedech 、仕事、旧法およびその他の聖人のです。 When he has said the words: "the numberless army of Angels … the Cherubim and six-winged Seraphim … together with thousands of thousand Archangels and myriad myriads of Angels unceasingly and without silence cry out", "all the people together say: 'Holy, holy, holy the Lord of Hosts, the heaven and earth are full of His glory, blessed forever, Amen.'" The bishop then again takes up the word and continues: "Thou art truly holy and all-holy, highest and most exalted for ever. And thine only-begotten Son, our Lord and God Jesus Christ, is holy …"; and so he comes to the words of Institution: "in the night in which He was betrayed, taking bread in His holy and blameless hands and looking up to Thee, His God and Father, and breaking He gave to His disciples saying: This is the Mystery of the New Testament; take of it, eat. This is My body, broken for many for the remission of sins. So also having mixed the cup of wine and water, and having blessed it, He gave to them saying: Drink you all of this. This is My blood shed for many for the remission of sins. Do this in memory of Me. For as often as you eat this bread and drink this cup, you announce My death until I come."ときによると、彼は言葉: "軍の無数のケルビムの天使たち… …と6つの翼のセラフィムと一緒に数千万人の大天使と無数の無数の天使たちの沈黙絶え間なく叫ぶとなし" 、 "すべての人々に一緒に言ってやる: '神聖、聖なる、聖なる、主のホストは、天と地がいっぱいの彼の栄光は、永遠に恵まれ、アーメン。 ' "の司教の言葉と入力し、再度まで続け: "なた真に神聖な、すべての神聖な、最高の、最も高貴なのだ。生まれた息子と汝のもののみ、わたしたちの主イエスキリストと神は、神聖な… " ;やので、彼の言葉を機関には: "は、部屋では裏切られた彼は、彼の神聖なパンと清廉潔白撮影手やルックアップをなた、彼の神と父、と彼は彼の弟子と言っ破壊:これは、新約聖書の謎;取るのには、食べありますが、これは私の体は、壊れて、多くの罪の赦しをします。これもW杯のワインを混合すると水、およびことを祝福し、彼はしてと言っ:あなたのすべての飲み物です。これは私の血の小屋の多くは、罪の赦しです。行うにはメインメモリのです。ためによく食べるこのパンと飲み物をこのカップ、私の死に来るまでに発表する。 "

Then follow the Anamimnesis ("Remembering therefore His suffering and death and resurrection and return to heaven and His future second coming …"), the Epiklesis or invocation ("sending Thy Holy Spirit, the witness of the sufferings of the Lord Jesus to this sacrifice, that He may change this bread to the body of thy Christ and this cup to the blood of thy Christ …"), and a sort of litany (the great Intercession) for the Church, clergy, the Emperor, and for all sorts and conditions of men, which ends with a doxology, "and all the people say: Amen."入力し、次のanamimnesis ( "思い出ししたがって彼の苦しみと死と復活し、彼の将来に戻ります天国の2番目来る… " )は、 epiklesisまたは呼び出し( "送信なた聖霊は、目撃者は、この苦しみは、主イエスキリストを犠牲に、その彼は5月のパンを変更するには、キリストとなたの体の血液中のこのカップをなたのイエスキリスト… " ) 、および、並べ替えの嫌になるほど(偉大な執り成し)は、教会の聖職者は、天皇、およびあらゆる種類と条件の男性、これで終わるを頌栄"とすべての人々に言ってやる:アーメン。 " In this litany is a curious petition (after that for the Emperor and the army) which joins the saints to living people for whom the bishop prays: "We also offer to thee for (‘upér) all thy holy and eternally well-pleasing patriarchs, prophets, just apostles, martyrs, confessors, bishops, priests, deacons, subdeacons, readers, singers, virgins, widows, laymen, and all those whose names thou knowest."嫌になるほどは、好奇心でこの請願書(後には、天皇と軍)が人々の生活につながって聖人に祈りをささげる人の司教: "我々も提供するためになた( ' upér )のすべてのなたの聖なると永遠によく喜ばpatriarchs 、預言者、使徒、殉教者、告白、司教、司祭、 deacons 、 subdeacons 、読者、歌手、処女、未亡人、素人にも分かるよう、すべての人を対象に名前を知ってなた。 " After the Kiss of Peace (The peace of God be with you all) the deacon calls upon the people to pray for various causes which are nearly the same as those of the bishop's litany and the bishop gathers up their prayers in a collect.キスをした後、平和(神の平和と言われているすべての)助祭の呼び出し時の人々を祈願するための様々な原因がほぼ同じである司教の司教を収集するのが嫌になるほどの祈りを収集しています。 He then shows them the Holy Eucharist, saying: "Holy things for the holy" and they answer: "One is holy, one is Lord, Jesus Christ in the glory of God the Father, etc."彼は彼らに入力し、聖体を示し、と言っ: "神聖なものは、神聖な"と彼ら答: "神聖な1つは、 1つは主よ、イエスキリストは、神の栄光の父、等"といいます。 The bishop gives the people Holy Communion in the form of bread, saying to each: "The body of Christ", and the communicant "answers Amen".司教は、聖体拝領の人々のパンの形で、それぞれを言っている: "キリストの体"との聖体拝領"の回答アーメン"です。 The deacon follows with the chalice, saying: "The blood of Christ, chalice of life."助祭の聖杯を、次のように、と言っ: "イエスキリストの血は、聖杯の生活です。 " R. "Amen." r. "アーメン。 " While they receive, the xxxiii Psalm (I will bless the Lord at all times) is said.彼らを受け取ると、詩篇第三十三(私は、主に祝福のすべての回)は、と述べた。 After Communion the deacons take what is left of the Blessed Sacrament to the tabernacles (pastophória). deacons聖体拝領した後、左に神の祝福を取るは何です聖餐式をtabernacles ( pastophória ) 。 There follows a short thanksgiving, the bishop dismisses the people and the deacon ends by saying: "Go in peace."次のように短い感謝祭には、司教と助祭の人々の破壊活動と言って終了: "行くの平和です。 "

Throughout this liturgy the compiler supposes that it was drawn up by the Apostles and he inserts sentences telling us which Apostle composed each separate part, for instance: "And I, James, brother of John the son of Zebedee, say that the deacon shall say at once: 'No one of the catechumens,'" etc. The second book of the Apostolic Constitutions contains the outline of a liturgy (hardly more than the rubrics) which practically coincides with this one.この典礼を通して、コンパイラのsupposes策定されることは、使徒と彼の文章を挿入お送り個々の部分で構成さを使徒、例えば: "と私は、ジェームズは、兄のジョンの息子のゼベダイ、言っては、助祭は、言ってやる一度に: 'いいえのいずれかのcatechumens 、 ' "等の2番目の予約は、ローマ教皇の憲法には、概要を典礼(ほとんど以上のrubrics )が実質的に、この1つを同じくしています。 All the liturgies of the Antiochene class follow the same general arrangement as that of the Apostolic Constitutions.アンティオキア学派のクラスのすべてのliturgiesは、一般的な配置するのと同じものと思われるローマ教皇の憲法です。 Gradually the preparation of the oblation (Prothesis, the word also used for the credence table), before the actual liturgy begins, develops into an elaborate service.徐々に奉納の準備には、 (聖餐式、という言葉も使われているクリーデンステーブル) 、実際の典礼を開始する前に、手の込んだサービスを開発しています。 The preparation for the lessons (the little Entrance) and the carrying of the oblation from the Prothesis to the altar (the great Entrance) become solemn processions, but the outline of the liturgy: the Mass of the Catechumens and their dismissal; the litany; the Anaphora beginning with the words "Right and just" and interrupted by the Sanctus; the words of Institution; Anamimnesis, Epiklesis and Supplication for all kinds of people at that place; the Elevation with the words "Holy things to the holy"; the Communion distributed by the bishop and deacon (the deacon having the chalice); and then the final prayer and dismissal–this order is characteristic of all the Syrian and Palestinian uses, and is followed in the derived Byzantine liturgies.このレッスンのための準備(小さな入り口)との帳簿を奉納してからの聖餐式の祭壇(大入口)厳粛な行列になるが、概略を説明する典礼: catechumensとその質量を解任し、嫌になるほど;照応を始めとした言葉の"権利とだけ"と中断されたサンクトゥス;の言葉を機関; anamimnesis 、 epiklesisと懇願のすべての種類の人々はそのような場所に;の昇格では、 "聖なるものを聖なる" ;の聖体拝領分散された司教と助祭(ディーコンを持つ聖杯) ;と入力し、最後の祈りと解雇-この注文は、シリアとパレスチナのすべての特性を取扱うこととし、ビザンチン様式の後は、派生liturgies 。 Two points in that of the Apostolic Constitutions should be noticed. 2つのポイントにしているローマ教皇の憲法気づいたすべきである。 No saints are mentioned by name and there is no Our Father.聖人の名前ではないと言及がない私たちの父です。 The mention of saints' names, especially of the "All-holy Mother of God", spread considerably among Catholics after the Council of Ephesus (431), and prayers invoking her under that title were then added to all the Catholic liturgies.に言及したの聖人の名前、特に、 "すべての-聖なる神の母" 、カトリック教徒の間に広がるかなりエフェソスした後、評議会( 431 ) 、そのタイトルの下に、祈りをささげて彼女を呼び出す入力し、追加されたのは、カトリックのすべてのliturgies 。 The Apostolic Constitutions have preserved an older form unchanged by the development that modifies forms in actual use.ローマ教皇の憲法は変わっていないが保存された古い形式の開発に変更を加えるのフォームを実際に使用します。 The omission of the Lord's Prayer is curious and unique.の不作為は、主の祈りは、好奇心とユニークです。 It has at any rate nothing to do with relative antiquity.いずれにせよそれは何の関係もない相対的に古い。 In the "Teaching of the Twelve Apostles" (VIII, ii, 3) people are told to pray three times a day "as the Lord commanded in his Gospel: Our Father", etc.は、 "教えるのは、 12使徒" (八、 2世、 3 )の人々が1日3回を祈っては"として、主命じ彼の福音書:私達の父"など

II. Ⅱ 。 THE GREEK LITURGY OF ST.ギリシャ語典礼セントです。 JAMESジェームズ

Of the Antiochene liturgies drawn up for actual use, the oldest one and the original from which the others have been derived is the Greek Liturgy of St. James.アンティオキア学派のliturgiesは、実際の描画を使用すると、最も古いと、元の1つは、他人から派生したが、ギリシャの典礼は聖ジェームズです。 The earliest reference to it is Canon xxxii of the Quinisextum Council (II Trullan AD 692), which quotes it as being really composed by St. James, the brother of Our Lord.最古の参照をすることは、キヤノン32 quinisextum評議会( 2世trullan広告692 )を引用符で構成されるとされて本当にセントジェームス、わたしたちの主の兄です。 The Council appeals to this liturgy in defending the mixed chalice against the Armenians.この評議会の訴えを混合典礼の杯での抗弁反対するアルメニア人です。 St. Jerome (died 420) seems to have known it.聖ジェローム(死亡420 )ようには知られています。 At any rate at Bethlehem he quotes as a liturgical form the words "who alone is sinless", which occur in this Liturgy (Adv. Pel., II, xxiii).いずれにせよ先ベツレヘム典礼フォーム彼の言葉を引用符" whoだけではsinless "が発生する場合がこの典礼( adv.ていません。 、 2世、 23 ) 。 The fact that the Jacobites use the same liturgy in Syriac shows that it existed and was well established before the Monophysite schism.という事実を、同じ典礼jacobitesを使用して存在し、それによると、シリアは定評が分裂する前にキリスト単性論者です。 The oldest manuscript is one of the tenth century formerly belonging to the Greek monastery at Messina and now kept in the University library of that city.のいずれかの最古の写本は、 10世紀以前に所属するメッシーナ、ギリシャの修道院で保管して大学図書館と今すぐに、その都市です。 The Greek Liturgy of St. James follows in all its essential parts that of the Apostolic Constitutions.セントジェームズ、ギリシャの典礼のすべての本質的な部分を次のように、ローマ教皇の憲法です。 It has preparatory prayers to be said by the priest and deacon and a blessing of the incense.準備されることが祈りと助祭の司祭によるとされると、線香を祝福します。 Then begins the Mass of the Catechumens with the little Entrance. catechumensの質量を入力し始めると、小さな入り口です。 The deacon says a litany (’ekténeia), to each clause of which the people answer "Kyrie eleison".助祭によると、嫌になるほどの( ' ekténeia ) 、人々を、各条項の答えは、 "連祷"です。 Meanwhile the priest is saying a prayer to himself, of which only the last words are said aloud, after the litany is finished.一方、祈りの言葉を自分自身の司祭が言って、そのうちのみによるとの最後の言葉は声に出して、嫌になるほどの後には終了しました。 The singers say the Trisagion, "Holy God, holy Strong One, holy Immortal One, have mercy on us."の歌手によると、三聖誦、 "聖なる神、神聖な強力な1つは、神聖な不滅の1つが慈悲を施してください。 " The practice of the priest saying one prayer silently while the people are occupied with something different is a later development. 1つの実践は、司祭と述べながら静かに祈りの人々は占領下に何か違うが、後の開発です。 The Lessons follow, still in the older form, that is, long portions of both Testaments, then the prayers for the catechumens and their dismissal.次の教訓は、古い形式の初期段階に、それは、長い部分の両方のtestaments 、 catechumensと入力し、彼らの祈りを解雇します。 Among the prayers for the catechumens occurs a reference to the cross (lift up the horn of the Christians by the power of the venerable and life-giving cross) which must have been written after St. Helen found it (c. 326) and which is one of the many reasons for connecting this liturgy with Jerusalem.間の祈りは、十字架への参照をcatechumensが発生する(ホーンを持ち上げるパワーは、尊敬されるキリスト教徒と生命を与えるクロス)した後に書かれたものでなければならないことが見つかりましたセントヘレン( c. 326 ) 、どのは、多くの理由の1つに接続するためのこの典礼エルサレムです。 When the catechumens are dismissed the deacon tells the faithful to "know each other", that is to observe whether any stranger is still present.助祭catechumensときには、解雇の指示に忠実に、 "お互いに知って" 、それは見知らぬ人を観察するかどうかは、まだ存在します。 The great Entrance which begins the Mass of the Faithful is already an imposing ceremony.偉大な外観を開始するには、すでに大量の忠実な立派な式典です。 The incense is blessed, the oblation is brought from the Prothesis to the altar while the people sing the Cherubikon, ending with three Alleluias.祝福の線香は、から持って来たの聖餐式の奉納は、祭壇の中の人々を歌うcherubikon 、最後に3つのalleluiasです。 (The text is different from the Byzantine Cherubikon.) Meanwhile the priest says another prayer silently. ( cherubikonし、ビザンチンテキストとは異なる。 )一方、別の祈りのサイレントモードでの司祭は言う。 The creed is then said; apparently at first it was a shorter form like the Apostles' Creed.の信条は、その後によると、どうやら最初のようにフォームを短くすることは、使徒信条です。 The Offertory prayers and the litany are much longer than those in the Apostolic Constitutions.奉献の祈りとするのが嫌になるほどに比べてはるかに長くは、ローマ教皇の憲法です。 There is as yet no reference to an Iconostasis (screen dividing the choir or place of the clergy).にはないの参照を取得するにはまだありませんイコノスタシス(画面に分割して開催地の合唱団や聖職者) 。 The beginning of the "Anaphora" (Preface) is shorter.の初めに、 "照応" (序文)よりも短くなっています。 The words of Institution and Anamimnesis are followed immediately by the Epiklesis; then comes the Supplication for various people.機関との言葉をanamimnesisは、その後すぐにされたepiklesis ;入力し、様々な人々は、懇願します。 The deacon reads the "Diptychs" of the names of the people for whom they pray; then follows a list of Saints beginning with "our all-holy, immaculate and highly praised Lady Mary, Mother of God and ever-virgin."の助祭を読み取ります" diptychs "の名前を、かれらの人々の祈り;入力し、次のようにリストを表示し聖者の始まり"我々のすべて-聖なる、マリア無原罪と高く評価は、絶え間なく、神との母親の処女です。 " Here are inserted two hymns to Our Lady obviously directed against the Nestorian heresy.ここでは2つの賛美歌を挿入聖母ネストリウス派の異端に対して明らかに指示します。 The Lord's Prayer follows with an introduction and Embolismos.次のように、主の祈りをはじめとembolismosです。 The Host is shown to the people with the same words as in the Apostolic Constitutions, and then broken, and part of it is put into the chalice while the priest says: "The mixing of the all-holy Body and the precious Blood of Our Lord and God and Saviour Jesus Christ."ホストが表示される人々と同じ言葉のように、ローマ教皇の憲法、と入力し、壊れた、とパートのことは聖杯に入れられたが、司祭は言う: "の混合は、すべての神聖な体の動きと、私たちの貴重な血主よ、神と救い主イエスキリストです。 " Before Communion Psalm xxxiii is said.聖体拝領前には、詩篇第三十三と述べた。 The priest says a prayer before his Communion.祈りの言葉を前に、彼の聖体拝領司祭は言う。 The deacon communicates the people.助祭の人々と通信しています。 There is no such form as: "The Body of Christ"; he says only: "Approach in the fear of the Lord", and they answer "Blessed is He who comes in the name of the Lord."このような形ではない: "キリストの体" ;と彼は言いますのみ: "のアプローチでの恐怖の主"と回答し"祝福さは、彼の名前をwhoには、主です。 " What is left of the Blessed Sacrament is taken by the deacon to the Prothesis; the prayers of thanksgiving are longer than those of the Apostolic Constitutions.何が左に神の祝福を聖餐式がとられて助祭聖餐式をし、感謝の祈りは、ローマ教皇の憲法に比べて長くします。 The Liturgy of St. James as it now exists is a more developed form of the same use as that of the Apostolic Constitutions.典礼のセントジェームスとして、今すぐフォームが存在する場合は、他の開発と同じローマ教皇の憲法として使用している。 The prayers are longer, the ceremonies have become more elaborate, incense is used continually, and the preparation is already on the way to become the complicated service of the Byzantine Prothesis.の祈りが長く、他の手の込んだの儀式になって、線香が使用され継続し、途中での準備はすでに複雑なサービスになるには、ビザンチン様式の聖餐式のです。 There are continual invocations of saints; but the essential outline of the Rite is the same.聖者の呼び出しには、絶え間ない;しかし、欠かせないの儀式の概要は同じです。 Besides the references to the Holy Cross, one allusion makes it clear that it was originally drawn lup for the Church of Jerusalem.に加えて、聖十字架を参照して、 1つの問題への言及することを明確にしては、もともとは、教会のエルサレムlup描画します。 The first supplication after the Epiklesis is: "We offer to thee, O Lord, for Thy holy places which Thou hast glorified by the divine appearance of Thy Christ and by the coming of Thy holy Spirit, especially for the holy and illustrious Sion, mother of all churches and for Thy holy Catholic and apostolic Church throughout the world." epiklesisした後の最初の懇願は: "我々申し出を、なたは、主よ、本当になたのなたの聖地に神を讃えるされた外観をなたなたの到来に伴い、キリストと聖霊によって、特に著名なシオンの聖と、母親なたのすべての神聖なカトリック教会とローマ教皇の教会としています。 " This liturgy was used throughout Syria and Palestine, that is throughout the Antiochene Patriarchate (Jerusalem was not made a patriarchal see till the Council of Ephesus, 431) before the Nestorian and Monophysite schisms.この典礼は、シリアとパレスチナ使用され、それはしてアンティオキア学派の家長の位(エルサレムはないまでは、家父長協議会を参照エフェソス、 431 )の前にschismsネストリウス派とキリスト単性論者です。 It is possible to reconstruct a great part of the use of the city of Antioch while St. John Chrysostom was preaching there (370-397) from the allusions and quotations in his homilies (Probst, Liturgie des IV. Jahrh., II, i, v, 156, 198).を再構築することが可能の大部分は、使用するアンティオキア市の聖ヨハネクリュソストモスは、説教中に(三百七十から三百九十七)からの引用allusionsと彼の発する(プロプスト、 liturgieデⅣ 。 jahrh 。 、 2世、私、 V電源、 156 、 198 ) 。 It is then seen to be practically that of St. James: indeed whole passages are quoted word for word as they stand in St. James or in the Apostolic Constitutions.見されることが事実上に入力し、セントジェームズ:確かに全体の通路としては、逐語的に引用セントジェームス彼らに立つか、ローマ教皇の憲法です。

The Catechisms of St. Cyril of Jerusalem were held in 348; the first eighteen are addressed to the Competentes (photizómenoi) during Lent, the last six to the neophytes in Easter week.エルサレムの聖キュリロスの聖catechismsが開催されました348 ;一八アール対処して、最初のcompetentes ( photizómenoi )中に貸した時点では、初心者にしての最後の6週間以内に復活祭です。 In these he explains, besides Baptism and Confirmation, the holy liturgy.これらの彼の説明は、バプテスマと確認のほかに、神聖な典礼です。 The allusions to the liturgy are carefully veiled in the earlier ones because of the disciplina arcani; they became much plainer when he speaks to people just baptized, although even then he avoids quoting the baptism form or the words of consecration.典礼のallusionsして、以前のものでは、慎重にベールに包まれたため、 disciplina arcani ;彼らは多くの人々だけに不平を言うときに洗礼を受けた彼は話すが、洗礼も引用してフォームに入力し、彼を避けたりの言葉を奉献します。 From these Catechisms we learn the order of the liturgy at Jerusalem in the middle of the fourth century.これらのcatechisms私たちの典礼の順序を学ぶエルサレムの真ん中で、 4世紀です。 Except for one or two unimportant variations, it is that of St. James (Probst, op. cit., II, i, ii, 77-106).取るに足りない1つまたは2つのパターンを除いて、それは聖ジェームズ(プロプスト、営業します。 〜 Cit 。 、 2世、私は、 2世、七七から一〇六) 。 This liturgy appears to have been used in either language, Greek at Antioch, Jerusalem, and the chief cities where Greek was commonly spoken, Syriac in the country.典礼が表示され、このいずれかの言語で使用され、ギリシャ語でアンティオキア、エルサレム、とギリシャ語がよく話さチーフ都市で、シリアしている。 The oldest form of it now extant is the Greek version.今すぐに現存する最古の形は、ギリシャ語版です。 Is it possible to find a relationship between it and other parent-uses?を見つけることは可能ですし、他の親間の関係を使用するか? There are a number of very remarkable parallel passages between the Anaphora of this liturgy and the Canon of the Roman Mass. The order of the prayers is different, but when the Greek or Syriac is translated into Latin there appear a large number of phrases and clauses that are identical with ours.は、数多くの非常に注目すべきなの並列照応は、次の典礼の間の通路と、キヤノンの祈りの順序をMass 。ローマンとは異なる、しかし、ギリシャ語やシリア語はラテン語に翻訳され、多数のフレーズが表示されるとの条項私たちは同一です。 It has been suggested that Rome and Syria originally used the same liturgy and that the much-disputed question of the order of our Canon may be solved by reconstructing it according to the Syrian use (Drews, Zur Entstehungsgeschichte des Kanons).それが提案されローマとシリアもともと典礼として使用して同じ問題を議論しつくされた5月の順序を私たちキヤノン解決されることによると、シリアの再建を使用(ドレフス、 zur entstehungsgeschichteデkanons ) 。 Mgr. mgrです。 Duchesne and most authors, on the other hand, are disposed to connect the Gallican Liturgy with that of Syria and the Roman Mass with the Alexandrine use (Duchesne, Origines du culte chrétien, 54).デュシェーヌ、ほとんどの作家、その一方で、処分に接続するには、その条項典礼シリアとローマの質量のアレキサンダー格の使用(デュシェーヌ、 originesデュculte chrétien 、 54 ) 。

III. Ⅲ 。 THE SYRIAC LITURGIESのシリアliturgies

After the Monophysite schism and the Council of Chalcedon (451) both Melchites and Jacobites continued using the same rite.分裂とした後、キリスト単性論カルケドン公会議( 451 )の両方を使用してmelchitesと同じ儀式jacobites継続します。 But gradually the two languages became characteristic of the two sides.しかし、徐々に2つの言語になったの二つの辺の特徴です。 The Jacobites used only Syriac (their whole movement being a national revolt against the Emperor), and the Melchites, who were nearly all Greeks in the chief towns, generally used Greek. jacobitesのみ使用され、シリア(かれらの全体の動きが全国に反抗する天皇)とmelchites 、 whoがほぼすべてのギリシアの町の長さ、通常使用されるギリシャ語です。 The Syriac Liturgy of St. James now extant is not the original one used before the schism, but a modified form derived from it by the Jacobites for their own use.今すぐ、シリア典礼のセントジェームス現存ではない分裂する前に使われ、元の1つではなく、修正された形でjacobitesから派生したことを自分で使用される。 The preparation of the oblation has become a still more elaborate rite.奉納の準備には、まだ他の精巧な儀式となっています。 The kiss of peace comes at the beginning of the Anaphora and after it this Syriac liturgy follows the Greek one almost word for word, including the reference to Sion, the mother of all churches.平和のキスをするの冒頭には照応とした後、次のように、このシリア典礼、ギリシャの1つのほぼ逐語的に、シオンへの参照を含む、すべての教会の母です。 But the list of saints is modified; the deacon commemorates the saints "who have kept undefiled the faith of Nicæa, Constantinople and Ephesus"; he names "James the brother of Our Lord" alone of the Apostles and "most chiefly Cyril who was a tower of the truth, who expounded the incarnation of the Word of God, and Mar James and Mar Ephraim, eloquent mouths and pillars of our holy Church."しかし、聖者の一覧が変更さ;の助祭聖人記念して" who undefiledへの信頼を維持nicæaは、コンスタンティノープルとエフェソス" ;彼の名前"ジェームズの兄のわたしたちの主"だけでは、使徒と"最近の主シリルwhoは、塔の真実、 who expoundedの化身の言葉は神となり、 03月と03月エフライムジェームズは、説得力の口や柱の神聖な教会です。 " Mar James is Baradaï, through whom they have their orders, and from whom their name (543). 03月baradaïジェームズは、受注を持っていれば誰と誰から自分の名前( 543 ) 。 Is Ephraim the Patriarch of Antioch who reigned there from 539-545, but who was certainly not a Monophysite?エフライムの家長があるのアンティオキアwho在位五三九〜五四五、 whoは確かにないしかし、キリスト単性論者ですか? The list of saints, however, varies considerably; sometimes they introduce a long list of their patrons (Renaudot, Lit. Orient. Col., II, 101-103).聖人のリストに、しかし、かなり変化;時には彼らの長いリストを導入するの常連客(ルノード、点灯します。オリエントします。 Col 。 、 2世、 101〜103 ) 。 This liturgy still contains a famous clause.まだこの典礼には、有名な句です。 Just before the lessons the Trisagion is sung.レッスンの直前には、主席の三聖誦です。 That of the Greek rite is: "Holy God, holy Strong one, holy Immortal one, have mercy on us."ギリシャ語の儀式はしている: "聖なる神、神聖な強力な1つは、神聖な不滅の1つが慈悲を施してください。 " The Syriac rite adds after "holy Immortal one" the words: "who wast crucified for us."シリアの儀式を追加した後、 "神聖な不滅の1つ"という言葉: " who artの過去十字架です。 " This is the addition made by Peter the Dyer (gnaphe&ús, fullos) Monophysite Patriarch of Antioch (458-471), which seemed to the Orthodox to conceal Monophysite heresy and which was adopted by the Jacobites as a kind of proclamation of their faith.これは、加えて作られるピーターのダイアー( gnaphe &使用法、 fullos )キリスト単性論家長のアンティオキア( 458から471まで) 、これを隠すように、正統派キリスト単性論が異端とjacobitesとして採択された宣言の一種である彼らの信仰です。 In the Syriac use a number of Greek words have remained.シリアは、ギリシャ語の単語を使用する数が残っています。 The deacon says stômen kalôs in Greek and the people continually cry out "Kurillison", just as they say "Amen" and "Alleluia" in Hebrew.ギリシャ語の助祭は言うstômen kalôsと人々を継続的に叫ぶ" kurillison " 、同じようにかれらは言う"アーメン"と"ハレルヤ" inヘブライ語です。 Short liturgical forms constantly become fossilized in one language and count almost as inarticulate exclamations.短い典礼フォームの化石は常に1つの言語になると言葉にならない叫び声を上げる数はほぼ同じです。 The Greek ones in the Syriac liturgy show that the Greek language is the original.シリア語、ギリシャのものは、典礼詳細は、ギリシャ語は、オリジナルのです。 Besides the Syriac Liturgy of St. James, the Jacobites have a large number of other Anaphoras, which they join to the common Preparation and Catechumen's Mass. The names of sixtly-four of these Anaphoras are known.に加えて、シリア典礼聖ジェームズは、 jacobitesは、大規模なコードの他のanaphoras 、これに参加し、彼らの共通準備中とのMass 。洗礼志願者の名前を、これらの4つのsixtly - anaphorasことが知られています。 They are attributed to various saints and Monophysite bishops; thus, there are the Anaphoras of St. Basil, St. Cyril of Alexandria, St. Peter, St. Clement, Dioscurus of Alexandria, John Maro, James of Edessa (died 708), Severus of Antioch (died 518), and so on.彼らは様々な聖人とキリスト単性論に起因する司教;したがって、聖anaphorasには、バジル、アレクサンドリアの聖シリル、サンピエトロ大聖堂、セントクレメント、アレクサンドリアのdioscurus 、ジョン麿、ジェームズのエデッサ(死亡708 ) 、セウェルスのアンティオキア(死亡518 ) 、およびようになります。 There is also a shortened Anaphora of St. James of Jerusalem.また、照応のセントジェームスのエルサレム短縮します。 Renaudot prints the texts of forty-two of these liturgies in a Latin translation.ルノードプリントの文章を、これらの42 liturgiesで、ラテン語の翻訳です。 They consist of different prayers, but the order is practically always that of the Syriac St. James Liturgy, and they are really local modifications of it.彼らは、さまざまな祈り、しかし、注文しているのは実際には常にシリアセントジェームス典礼、と彼らは本当にローカル修正をしてください。 A letter written by James of Edessa (c. 624) to a certain priest named Timothy describes and explains the Monophysite Liturgy of his time (Assemani, Bibl. Orient., I, 479-486).一通の手紙を書いたジェームズエデッサ( c. 624 )を、特定の司祭の名前と説明してキリスト単性論ティモシー説明典礼彼の時間(アッセマーニ、 bibl 。オリエントします。 、私は、四七九から四八六) 。 It is the Syrian St. James.これはシリアのセントジェームス。 The Liturgy of the Presanctified of St. James (used on the week days of Lent except Saturdays) follows the other one very closely.典礼は、あらかじめ清めの聖ジェームズ(使用されて、土曜の週日間の四旬節を除いて)次のように、他の1つの非常に密接にします。 There is the Mass of the Catechumens with the little Entrance, the Lessons, Mass of the Faithful and great Entrance, litanies, Our Father, breaking of the Host, Communion, thanksgiving, and dismissal. catechumensのミサには、ほとんどの外観は、レッスン、質量は、忠実で素晴らしい外観、 litanies 、私たちの父、破壊されたホスト、聖体拝領、感謝し、解雇します。 Of course the whole Eucharistic prayer is left out–the oblations are already consecrated as they lie on the Prothesis before the great Entrance (Brightman, op. cit., 494-501).もちろん、全体の左アウトeucharistic祈りは、聖体拝領用としては、すでにoblationsでうそをつく聖餐式の前に彼らの大入口(ブライトマン、営業します。 〜 Cit 。 、四百九十四〜五百一) 。

IV. Ⅳ 。 THE PRESENT TIME現在の時間

The Jacobites in Syria and Palestine still use the Syriac Liturgy of St. James, as do also the Syrian Uniates.シリアとパレスチナのjacobitesはまだシリア典礼のセントジェームスを使用して、これはまた、シリアuniatesです。 The Orthodox of the two Patriarchates, Antioch and Jerusalem, have forsaken their own use for many centuries.正統派の2つのpatriarchates 、アンティオキアとエルサレム、見捨てられた自分の使用は何世紀にもわたっています。 Like all the Christians in communion with Constantinople, they have adopted the Byzantine Rite.聖体拝領のようにコンスタンティノープルのすべてのキリスト教徒は、彼らはビザンチン様式の儀式を採用しています。 This is one result of the extreme centralization towards Constantinople that followed the Arab conquests of Egypt, Palestine, and Syria.これは1つの結果、極端な中央集権化に向けコンスタンティノープル征服後、アラブのエジプト、パレスチナ、シリアです。 The Melchite Patriarchs of those countries, who had already lost nearly all their flocks through the Monophysite heresy, became the merest shadows and eventually even left their sees to be ornaments of the courts at Constantinople. melchite patriarchs 、これらの国では、 whoはすでにほぼすべてが失われたキリスト単性論異端の群れを通して、ほんの影が、最終的にも左には、法廷で装飾されるコンスタンティノープルです。 It was during that time, before the rise of the new national churches, that the Byzantine Patriarch developed into something very like a pope over the whole Orthodox world.それは、その間に、上昇する前に、新国立教会、ビザンチン様式の家長は、何か非常に発展して法王のように世界全体正統派です。 And he succeeded in foisting the liturgy, calendar, and practices of his own patriarchate on the much older and more venerable sees of Alexandria, Antioch, and Jerusalem.と彼は成功してfoistingの典礼、カレンダー、および慣行、自分自身の家長の位を検索するとずっと年上の他の由緒あるアレクサンドリアのは、アンティオキア、およびエルサレムです。 It is not possible to say exactly when the older uses were forsaken for that of Byzantium.正確に言うことはできませんが見捨てられたときに使用するために古いビュザンティオンです。 Theodore Balsamon says that by the end of the twelfth century the Church of Jerusalem followed the Byzantine Rite.セオドアbalsamonによると、 12世紀の終わりまでに、ビザンチン様式の教会のエルサレムの儀式の後です。 By that time Antioch had also doubtless followed suit.その時までにアンティオキア疑いも続いた。 There are, however, two small exceptions.には、しかし、 2つの小規模の例外です。 In the island of Zakynthos and in Jerusalem itself the Greek Liturgy of St. James was used on one day each year, 23 October, the feast of St. James the "brother of God".は、島のzakynthosと、エルサレム自体、ギリシャの典礼のセントジェームスが使用されて一日毎年、 10月23日に、ごちそうのセントジェームスの"神の弟"です。 It is still so used at Zakynthos, and in 1886 Dionysios Latas, Metropolitan of Zakynthos, published an edition of it for practical purposes.これはまだ使用されzakynthosので、および1886年dionysios latas 、首都圏のzakynthos 、公開することを実用的な目的のため版です。 At Jerusalem even this remnant of the old use had disappeared.でさえ、このレムナントのエルサレム旧使用は消えていました。 But in 1900 Lord Damianos, the Orthodox Patriarch, revived it for one day in the year, not 23 October but 31 December.しかし、 1900年の主damianosは、正統派の家長、復活の日は、年に1つではなく、 10月23日しかし、 12月31日です。 It was first celebrated again in 1900 (on 30 December as an exception) in the church of the Theological College of the Holy Cross. 1900年に再びそれが最初に祝わ(上の例外として12月30日)は、教会の聖十字架の神学大学です。 Lord Epiphanios, Archbishop of the River Jordan, celebrated, assisted by a number of concelebrating priests.主epiphanios 、ヨルダン川の大司教のは、有名な、司祭の援助を受けて、いくつかのconcelebratingです。 The edition of Latas was used, but the Archimandrite Chrysostomos Papadopoulos has been commissioned to prepare another and more correct edition (Echos d'Orient, IV, 247, 248). latasのエディションが使用され、パパドプロスが、掌院クリュソストモスされ別の委託を準備すると他の正しいエディション( echos d'オリエント、 4 、 247 、 248 ) 。 It should be noted finally that the Maronites use the Syrian St. James with a few very slight modifications, and that the Nestorian, Byzantine, and Armenian Liturgies are derived from that of Antioch.注目すべきは最後には、シリアのセントジェームスmaronitesを使用して、いくつかの非常に若干の修正により、とは、ネストリウス派、ビザンチン、およびアルメニア語のliturgiesはアンティオキアから派生した。

Publication information Written by Adrian Fortescue.出版物の情報執筆者エイドリアンフォーテスキューです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to Fr.性のおかげでフランス語です。 John Hilkert, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.ジョンhilkert 、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

TEXTS.テキストです。 –Leitourgíai tôn ‘agíon patéron ’Iakóbou toû ’apostólou kaí ’adelphothéou, Basileíou megálou, ’;Ioánnou toû Chrusostómou (Paris, 1560–the textus receptus), reprinted by FRONTON LE DUC, Bibliotheca veterum patrum (Paris, 1624), II, and in a Venetian edition (’en tê Salakáte, 1645); BRIGHTMAN, Liturgies Eastern and Western (Oxford, 1896), I (Apost. Const., 3-27; Greek St. James, 31-68; Syriac St. James, in English, 69-110; St. Cyril of Jer., 464-470; St. John Chrys., 470-481); James of Edessa, 490-494; Presanct. - leitourgíai tôn ' agíon patéron ' iakóbou toû ' apostólou kaí ' adelphothéou 、 basileíou megálou 、 ' ; ioánnou toû chrusostómou (パリ、 1560 -の公認本文) 、転載をハイアライ球技場ルデュック、蔵書veterum patrum (パリ、 1624 ) 、 2世、とは、ヴェネチア版( 'アンtê salakáte 、 1645 ) ;ブライトマン、 liturgies東洋と西洋(オックスフォード、 1896 ) 、私( apost.定、 3月27日;ギリシャ語セントジェームス、三一〜六八;シリアセントジェームス、 、英語、六十九〜百十;聖シリルのjer 。 、 464から470 ;聖ヨハネchrys 。 、 470〜481 ) ;ジェームズのエデッサ、四百九十から四百九十四; presanctです。 Lit.点灯します。 of St. James, 494-501); DIONYSIOS LATAS, ’E theía leitourgía toû ‘agíou ’endóksou ’apostólou ’Iakóbou toû ’adelphoû théou kaì prótou ierárchou tôn ‘Ierosolúmen ’ekdotheîsa metà diatákseos kaì semeióseon (Zakynthos, 1886); NEALE, The Liturgies of S. Mark, St. James, S. Clement, S. Chrysostom, S. Basil (London, 1875), St. Clement, ie Ap.セントジェームズ、四九四から五〇一まで) ; dionysios latas 、 'メールtheía leitourgía toû ' agíou ' endóksou ' apostólou ' iakóbou toû ' adelphoû théou kaì prótou ierárchou tôn ' ierosolúmen ' ekdotheîsa metà diatákseos kaì semeióseon ( zakynthos 、 1886 ) ;ニール、 liturgiesのs.のマークは、セントジェームス、 s.クレメント、 s.クリュソストモス、 s.バジル(ロンドン、 1875 ) 、セントクレメント、すなわちAP通信します。 Const., 85-108, Greek St. James, 39-78; Missale Syriacum iuxta ritum antiochenæ Syrorum (Rome, 1843–for the Uniats).定、 85から108まで、ギリシャ語セントジェームス、三十九〜七十八; missale syriacum iuxta ritum antiochenæ syrorum (ローマ、 1843年には、 uniats ) 。 The various liturgical books used by the Syrian Uniats are published at Beirût.様々な典礼書はシリアのuniatsが使用されてbeirûtで公開されます。 Missale Chaldaicum iuxta ritum ecclesiæ nationis Maronitarum (Rome, 1716); BODERIANUS, De ritibus baptismi et sacra synaxis apud Syros christianos receptis (Antwerp, 1572, Syriac and Latin). missale chaldaicum iuxta ritum ecclesiæ nationis maronitarum (ローマ、 1716 ) ; boderianus 、デritibus baptismi et sacrumの複数形集会アプドsyros christianos receptis (アントワープ、 1572 、シリア語とラテン語) 。 This contains the Ordo Communis only of the Jacobites, that is their Mass of the Catechumens, the rubrics and parts of the Mass of the Faithful, not the Anaphora.これには、ランク付けするだけのコミュニスjacobites 、それは彼らの大量のcatechumensは、 rubricsや部品を大量に忠実ではなく、照応します。 The complete Jacobite texts are not published (cf. Brightman, lv-lvi).ジャコバイトはない、完全な文章で公開( cf.ブライトマン、左心室- 56 ) 。

TRANSLATIONS.技術情報の翻訳です。 –THUSAIS: liturgiæ sive missæ SS. - thusais : ss liturgiæしかしmissæです。 patrum Iacobi apostoli & fratris Domini, Basilii magni, Joannis Chrysostomi (Paris, 1560), reprinted in the Bibliotheca SS. patrum iacobiアポストリ& fratrisドメイン、 basilii大きい、 joannis chrysostomi (パリ、 1560 ) 、転載は、蔵書ssです。 Patrum (Paris, 1577), etc.; RENAUDOT, Liturgiarum Orientalium Collectio (2nd ed., Frankfort, 1847), II (Syriac St. James, 1-44, Shorter St. James, 126-132, other Anaphoras, 134-500); BRETT, A Collection of the Principal Liturgies (London, 1720); NEALE, History of the Holy Eastern Church (London, 1850) I, 531-701; NEALE AND LITTLEDALE, The Liturgies of SS. patrum (パリ、 1577 ) 、等;ルノード、 liturgiarum orientalium collectio (第2版です。 、フランクフォート、 1847 ) 、 Ⅱ (シリアセントジェームス、一〜四十四、短いセントジェームス、 126-132 、他のanaphoras 、 134 - 500 ) ;ブレット、校長のコレクションをliturgies (ロンドン、 1720 ) ;ニール、東部の歴史を、神聖な教会(ロンドン、 1850 )私は、五三一から七〇一まで;ニールとlittledaleは、 liturgiesのssです。 Mark, James, Clement, Chrysostom and Basil and the Church of Malabar translated (London, 1868); Antenicene Christian Library (Edinburgh, 1872), XXIV; PROBST, Liturgie der drei ersten christlichen Jahrhunderten (Tübingen, 1870), 295-318; STORFF, Die griechischen Liturgien der hl.マーク、ジェームズ、クレメント、クリュソストモスとバジルとマラバル教会の翻訳(ロンドン、 1868 ) ; anteniceneキリスト教のライブラリ(エジンバラ、 1872 ) 、 24 ;プロプスト、 liturgie der ersten drei christlichen jahrhunderten (テュービンゲン、 1870 ) 、二九五〜三一八; storff 、死ぬgriechischen liturgien der hl 。 Jakobus, Markus, Basilius, und Chrysostomus (Kempten, 1877), 30-78.れたJakobus 、マルクス、 basilius 、 und chrysostomus (ケンプテン、 1877 ) 、三十から七十八です。

DISSERTATIONS.論文を執筆する。 –Besides, the introductions and notes in RENAUDOT, PROBST, BRIGHTMAN, NEALE, STORFF (op. cit.), FUNK, Die apostolischen Konstitutionen (Rottenburg, 1891); ALLATIUS, Epistoli ad Bartholdum Nihusium de liturgiâ Iacobi in Summiktá (Cologne, 1653), 175-208, an attempt to prove that the liturgy really was written by St. James; BONA, Rerum liturgiarum libri duo (Turin, 1747), I, 129 sqq.; LIGHTFOOT, Disquisitio de St. Iacobi Liturgiâ f(op. posthuma, 1699); PALMER, Origines liturgica (4th ed., London, 1845), 15-44; TROLLOPE, The Greek Liturgy of St. James (Edinburgh, 1848); PROBST, Liturgie des IV. -また、ルノードの紹介やメモで、プロプスト、ブライトマン、ニール、 storff ( op. 〜 Cit 。 ) 、ファンク、死ぬapostolischen konstitutionen ( rottenburg 、 1891 ) ; allatius 、 epistoli広告bartholdum nihusiumデliturgiâ iacobiでsummiktá (ケルン、 1653 ) 、百七十五〜二百八、典礼する試みを証明するために書かれた本当にセントジェームス;善意、本rerum liturgiarumデュオ(トリノ、 1747 ) 、私、 129 sqq 。 ;ライトフット、 disquisitioデサンiacobi liturgiâ f (シングルです。 posthuma 、 1699 ) ;パーマー、 origines liturgica (第4エド。 、ロンドン、 1845 ) 、十五〜四十四;トロロープは、ギリシャ語典礼のセントジェームス(エジンバラ、 1848 ) ;プロプスト、 liturgieデⅣ 。 Jahrhunderts und derem Reform (Münster, 1893); DUCHESNE, Origines du culte chrétien (2nd ed., Paris, 1898), 55-67; DREWS, Zur Entstehungsgeschichte des Kanons in der römischen Messe (Tübingen, 1902). jahrhunderts und derem改革(ミュンスター、 1893 ) ;デュシェーヌ、 originesデュculte chrétien (第2版です。 、パリ、 1898 ) 、五五〜六七;ドレフス、 zur entstehungsgeschichteデkanonsさder römischenメッセ(テュービンゲン、 1902 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです