Creedクリード

General Information 一般的な情報

A creed is a brief, authorized summary of the Christian doctrine that is sometimes recited in church services as an affirmation of faith.信条の信仰は簡単なの肯定教会のサービスとして、で承認読誦の概要を時々です教義、キリスト教。 Formulations of the Christian faith, presumably taken as the basis of teaching and evangelization, are to be found in the New Testament, although in a rudimentary form as in 1 Cor.製剤の信仰は、キリスト教、おそらく、との教えに基づい撮影として福音宣教、ニューヨークで発見されることが新約聖書がコアのように1フォーム初歩的なインチ 12:3. 12時03分。 St. Paul wrote of believers who submitted without reservation to the creed that they were taught (Rom. 6:17).セントポール)は6時17时書き込み(教えていた彼らが信条の信者に提出せずに予約。

Of the two classical creeds, the Apostles' Creed belongs in its essential content to the apostolic age, although it is not the work of the Apostles.本質的な信条が属している、そのコンテンツにローマ教皇の年齢の使徒であるものの、それは動作しない'の使徒信条古典的な二。 It had its origin in the form of a confession of faith used in the instruction of catechumens and in the liturgy of Baptism.これは、洗礼命令の使用への信仰の起源はいたの告白の形のcatechumens典礼と。 The creed may have been learned by heart and at first transmitted orally (to protect it from profanation).信条は心で学んだされている可能性があります冒涜でから最初に送信を保護するために(口頭)。 It is based on a formula current at Rome c.これは、式はローマ年頃で、現在に基づいている 200, although the present form of the text did not appear before the 6th century. 200、表示されるフォームは、現在のがいないテキスト世紀前に6。 It is used by Roman Catholics and many Protestant churches but has never been accepted by the Eastern Orthodox churches.これは、しかし、教会の多くが使用さによってカトリックとプロテスタント教会正教会東部でいることがされて受け入れた。

The other classical creed, the Nicene, was an expression of the faith of the church as defined at the Councils of Nicaea (325) and Constantinople (381), and later reaffirmed at the Councils of Ephesus (431) and Chalcedon (451).教会として定義された協議会と(381コンスタンティノープル)と325ニカイア(の信仰古典的な信条は、他のニカイアであり、式の)、それ以降)は451協議会で再確認したのエフェソス(431)とchalcedon(。 Based probably on the baptismal creed of Jerusalem, the Niceno - Constantinopolitan Creed contained a fuller statement concerning Christ and the Holy Spirit than the earlier formula. Niceno基づくエルサレム、信条おそらく洗礼- c onstantinopolitan信条は、聖霊フラーに関する声明、キリストと聖霊が含まれて式よりも前。 Its use in eucharistic worship is not much earlier than the 5th century.聖餐礼拝での使用は、世紀の第5回されていないより早く。 The so - called Filioque ("and the Son") clause, expressing the double procession of the Spirit, was added at the Third Council of Toledo (589).よう-と呼ばれるfilioqueを(以下"との息子")句、精神行列の二重表現)589(された追加の3理事会のトレド。 The Nicene Creed is used by Roman Catholics, many Protestants, and the Eastern Orthodox; the last, however, reject the Filioque clause.ニカイア信条は正教会東部、使用さによってカトリック教徒、そして、最後の、しかし、句を拒否filioqueを。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Athanasian Creed (sometimes known as the Quicunque, from the opening Latin word) was first clearly referred to in the 6th century, and the attribution to Athanasius is untenable.アタナシウス信条は、(時にはQuicunque知られているように、単語から開始ラテン)アタナシウスだった最初の6明確に言及するには、世紀、帰属し、理不尽です。 It is Latin in origin, and in the Middle Ages it was regularly used in church services.これは、ラテンの原点と中世に中東には、サービスされた教会で定期的に使用されます。 Since the Reformation the liturgical use of the Athanasian Creed has been confined mainly to the Roman Catholic church and the Anglican Communion, although it is now infrequently recited.クリード以来のアタナシウス使用改革典礼読誦頻繁に今いるとされて閉じ込められた主にローマカトリック教会が聖公会、聖体拝領それがあります。

Ross MacKenzieロスマッケンジー

Bibliography 書誌
JND Kelly, Early Christian Creeds (1972); JH Leith, ed., Creeds of the Churches (1982); P Schaff, The Creeds of Christendom (1977). jndケリーは、初期キリスト教信条(1972);公団リース、エド。)1982信条の教会(; pシャーフをのキリスト教信条(1977)。


Creed, Creeds信条は、信条

Advanced Information 詳細情報

"Creed" derives from the Latin credo, "I believe." "信条は、"ラテン信条から派生した、"私は信じています。" The form is active, denoting not just a body of beliefs but confession of faith.フォームがですが、アクティブな信念の本体だけではなく、示す信仰の告白。 This faith is trust: not "I believe that" (though this is included) but "I believe in."この信仰は、信頼さ:信じられない"私は"(ただし、これは含まれている)は"私は"信じログイン It is also individual; creeds may take the plural form of "we believe," but the term itself comes from the first person singular of the Latin: "I believe."それが個人である場合も、信条自体は長期的"ではなく、"我々は信じることかかる複数のフォームをラテン時からの特異最初の人:"私は信じています。"

Biblical Basis聖書の基礎

Creeds in the developed sense plainly do not occur in Scripture.感開発信条ではっきりと聖書には発生しません。 Yet this does not put them in antithesis to Scripture, for creeds have always been meant to express essential biblical truths.しかし、これは真理を聖書の本質的な表現しないに置くのアンチテーゼする啓典を意味していつもしている、の信条は。 Furthermore, Scripture itself offers some rudimentary creedal forms that provide models for later statements.さらに、聖書はそれ自体文提供モデルを後で提供していますフォームを信条いくつかの初歩的な。 The Shema of the OT (Deut. 6:4 - 9) falls in this category, and many scholars regard Deut.シェマは9のOT(deut. 4时6時04分- )は、この滝にカテゴリ、多くの学者が申を考えています。 26:5 - 9 as a little credo. 26:5 - 9少し信条として。 In the NT many references to "traditions" (2 Thess. 2:15), the "word of the Lord" (Gal. 6:6), and the "preaching" (Rom. 16:25) suggest that a common message already formed a focus for faith, while confession of Jesus as Christ (John 1:41), Son of God (Acts 8:37), Lord (Rom. 10:9), and God (John 20:28; Rom. 9:5; Titus 2:13) constitutes an obvious starting point for the development of creeds in public confession. thessです伝統"(2"でNTの多くの参照に。2:15)の主言葉は、""(ガロン午前6時06分)、および"説教"(ローマ16:25)示唆して共通のメッセージすでにの信仰フォーカスを形成しながら、イエスの自白としてのキリスト(ヨハネ1時41)、息子)の神(行為8時37分、主(ローマ10:9)、神(ヨハネ20時28分。ROMのです。9 :5は、タイタス2:13)告白の信条の公共開発のための出発点は明らか構成する。

Indeed, if Acts 8:37 is authentic, it offers at the very first a simple creedal confession in baptism.ている本物の8時37分実際、行為なら、それはバプテスマの非常に最初の単純な信条告白をしています。 This is, of course, exclusively Christological (cf. baptism in Christ's name in Acts 8:16; 10:48), leading to the theory that creeds consisted originally only of the second article.これは、です、もちろん、専用のchristological(cf.ののバプテスマキリスト行為名午前8時16 10:48)、資料2番目のリードのみもともと構成されて理論信条。 Nevertheless, the NT also contains many passages, culminating in Matt.しかし、NTはまた、マット最高潮に含まれている文章を、多くの。 28:19, which include either the Father or the Father and the Holy Spirit in a more comprehensive Trinitarian formulation of a doctrinal, confessional, or liturgical type.典礼タイプ28:19以上の包括的な三位一体製剤の教義、告白し、聖霊の父、含まれていずれかの父または。

Creedal Functions信条関数

Baptismal洗礼の

When more fixed creedal forms began to emerge out of the biblical materials, they probably did so first in the context of baptism.時より、フォームを修正信条材料聖書始めたのに出てくるから、彼らはおそらく洗礼でしたので、のコンテキスト内の最初の。 A creed offered the candidates the opportunity to make the confession of the lips demanded in Rom.信条は、ROMを提供するように求められる唇の告白の機会を候補に。 10:9 - 10. 10時09 - 10。 At first the form of words would vary, but familiar patterns soon began to develop.単語のフォームを最初に、異なるだろうが、おなじみのパターンをすぐに開発を始めた。 Fragmentary creeds from the second century, eg, the DerBalyzeh Papyrus, support the thesis that creeds quickly became Trinitarian, or were so from the outset. This is implied also in Didache VII.1 and substantiated by the Apostolic Tradition of Hippolytus. 2世紀断片的な信条からの、例えば、DerBalyzehパピルスは、信条の論文をサポートして迅速になり、三位一体または最初だったのでから、これはVII.1新約聖書は、黙示的また、実証ヒッポリュトスの使徒伝承による。 The common view is that the mode of confession was responsive rather than declaratory.一般的なビューが宣言しているモードは、それよりも告白された応答ではなく。

Instructional指導

With a view to the baptismal confession, creeds soon came to serve as a syllabus for catechetical instruction in Christian doctrine.告白の洗礼を持つビューで、信条はすぐに教義、キリスト教の指導のための問答シラバスとして来たします。 The level of teaching might vary from simple exposition to the advanced theological presentation of the Catecheses of Cyril of Jerusalem in the fourth century.教育レベルは世紀の4位からかもしれない異なりますシリルのCatechesesのプレゼンテーションな博覧会の神学的に高度なエルサレムインチ All candidates, however, were to acquire and display some understanding of the profession they would make. A sincere commitment was demanded as well as intellectual apprehension.すべての候補者は、しかし、することが取得して、彼らが希望の職業の表示の理解をいくつか。誠実なコミットメントが不安知的された要求と同様に。

Doctrinal教義上の

The rise of heresies helped to expand the first rudimentary statements into the more developed formulas of later centuries.の異端の上昇は、何世紀以降の先進数式に最初の初歩的な文を展開支援する。 A phrase like "maker of heaven and earth" was probably inserted to counteract the Gnostic separation of the true God from the creator, while the reference to the virgin birth and the stress on Christ's death safeguarded the reality of Jesus' human life and ministry.地球天のメーカー"というフレーズは、のように"であり、創造神からの真の分離を打ち消すグノーシス主義、おそらく挿入しながらの処女懐胎を参照するとの死、キリストストレス部の生活と人間の保護さ現実のイエス。 The Arian heresy produced another crop of additions (notably "of one substance with the Father") designed predominantly to express Christ's essential deity.異端アリウス主義は神を表明する、主に設計された、キリストの本質的な)の父"物質生産別の作物をの"の追加(特に。 These modifications gave the creeds a new function as a key to the proper understanding of Scripture (Tertullian) and as tests of orthodoxy for the clergy.これらの変更は聖職者の与えたテルトゥリアヌスの啓典(理解適切に主要機能を信条新しい)の正統性のテストとして。

Liturgical典礼の

Being used in baptism, creeds had from the very first a liturgical function.バプテスマで使用さなので、信条は、関数典礼ていたから非常に最初の。 It was seen, however, that confession of faith is a constituent of all true worship.それは信仰のでした見て、その告白をしかし、礼拝のすべての真のである構成。 This led to the incorporation of the Nicene Creed into the regular eucharistic sequence, first in the East, then in Spain, and finally in Rome. Placing the creed after the reading of Scripture made it possible for believers to respond to the gospel with an individual or congregational affirmation of faith.これは、ローマニカイアの設立主導する卓袱台信条に定期的にシーケンス、最初に東にしてスペイン、最終的にと。典読書の信条後の配置で作ったそれは福音可能にするために信者に対応、個々の肯定の信仰会衆または。

The Three Creeds 3つの信条

Apostles'使徒

In Christian history three creeds from the early church have achieved particular prominence.歴史の中で、キリスト教初期の教会の3つの信条からの注目を特定して達成しました。 The first was supposedly written by the apostles under special inspiration and thus came to be called the Apostles' Symbol or Creed (Synod of Milan, 390). Lorenzo Valla finally refuted the story of its origin, which the East never accepted, and scholars now recognize that while the old Roman Creed (expounded by Rufinus, 404) no doubt underlies it, it derives from various sources.最初であり、インスピレーションの下に使徒と思われた特別なため、ヴァラロレンツォ)使徒のシンボルや信条(会議の390のミラノ、やって来たすることと呼ばれる最終的に、現在、学者、反論の話を、その起源が、東は決して受け入れソースの基になる疑問認識しながら、古いで唱えたローマ信条は、(ルフィヌス、404ない)に、さまざまなソースからそれが派生します。 In its present form it is known only from the eighth century and seems to have come from Gaul or Spain.フォームで、現在は世紀の8位から知られだけと思わスペインやゴールから提供してきた。 Nevertheless it came into regular use in the West, and the Reformers gave it their sanction in catechisms, confessions, and liturgies.しかしそれは、使用中の定期的に来た時ウェストは、改革派は、自白catechismsの、それを自分たちの制裁を与え、典礼。

Niceneニカイア

Despite its name, the Nicene Creed must be distinguished from the creed of Nicaea (325).名前にもかかわらず、その、ニカイア信条)は325(ニカイア区別からする必要があります信条。 Yet it embodies in altered form, and without the anathemas, the Christological teaching which Nicaea adopted in answer to Arianism.しかし、それは、変更された具体化でフォームのanathemasなく、答えをアリウスのchristologicalの授業を採用イズニクは。 It probably rests on creeds from Jerusalem and Antioch.これはおそらく、アンティオキア、エルサレムからかかっているの信条。 Whether it was subscribed at Constantinople I in 381 has been much debated, but Chalcedon recognized it (451) and Constantinople II (553) accepted it as a revision of Nicaea.議論するかどうかもされて登録がされたコンスタンティノープルている381のIが、カルケドン公はイズニク認識それ(451)とコンスタンティノープル2世(553の改正それとして受け入れ)。 The West on its own added the filioque clause ("and from the Son") to the statement on the Holy Spirit, but the East never conceded its orthodoxy or the validity of its mode of insertion.西は自分でその力はない)にステートメントでは、聖霊追加してから"をfilioque節(ソン"東アジアの挿入のない失点のそのモードの妥当性や正統。 In both East and West this creed became the primary eucharistic confession.信条の両方東と西のこの告白となった主な卓袱台。

Athanasianアタナシウス派の

The creed popularly attributed to Athanasius is commonly thought to be a fourth or fifth century canticle of unknown authorship. As a more direct statement on the Trinity it became a test of the orthodoxy and competence of the clergy in the West at least from the seventh century.信条は、一般に原作者に起因する未知のアタナシウスの賛美歌世紀になる4,5考えられている一般的。トリニティ直接ステートメントの詳細としては、世紀の聖職者となったテストと能力の正統性から7ウェスト少なくとも。 It differs from the other two main creeds in structure, in its more complex doctrinal character, and in its inclusion of opening and closing monitions.それはmonitionsを他の2つの主要信条と異なる文字、およびその包含開閉複雑な教義の詳細構造は、そのインチ The Reformers valued it highly, the Anglicans even making some liturgical use of it, but the East did not recognize it, and in general its catechetical and liturgical usefulness has been limited.改革派はしかし、値を高く、利用していくつかの典礼も英国国教会のことイーストは、それを認識しておらず、一般的には、その問答と典礼有用性が限られている。

Conclusion結論

The dangers of creed - making are obvious.信条の危険性 - 意思明白です。 Creeds can become formal, complex, and abstract.信条は、複雑なことになる正式な、抽象。 They can be almost illimitably expanded.彼らは拡大限りなくすることができますが、ほとんど。 They can be superimposed on Scripture. Properly handled, however, they facilitate public confession, form a succinct basis of teaching, safeguard pure doctrine, and constitute an appropriate focus for the church's fellowship in faith.彼らは聖書に重畳することができます。正しく処理しかし、彼らは、公共の自白を促進する教育簡潔基礎を形成する、教義を守る純粋な信仰の交わりの教会に適切なフォーカスのために構成します。

GW Bromiley GWはBromiley
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
FJ Badcock, History of the Creeds; WA Curtis, History of the Creeds and Confessions of Faith; O Cullmann, The Earliest Christian Confessions; JND Kelly, Early Christian Creeds and Athanasian Creed; AC McGiffert, Apostles' Creed; P Schaff, The Creeds of Christendom; HB Swete, Apostles' Creed.マルチカラー展開女性バッドコック、信条の歴史;ワシントンカーティス、信仰の歴史の告白と信条、Oのクルマン、最古のキリスト教の告白。ブルーミングケリー、初期キリスト教の信条とアタナシウス信条;交流マギファート、使徒信条; Pのシャフ、信条キリスト教の。hbスウィート、使徒信条。


Creedクリード

Catholic Information カトリックの情報

(Latin credo, I believe). (ラテン語信条、私は信じて)。

In general, a form of belief.一般的に、信念の形。 The work, however, as applied to religious belief has received a variety of meanings, two of which are specially important.作品は、しかし、重要な宗教的な適用するための様々なを受けている信念の意味の2つの特別があります。 (1) It signifies the entire body of beliefs held by the adherents of a given religion; and in this sense it is equivalent doctrine or to faith where the latter is used in its objective meaning. (1)これは宗教の特定の支持を意味での信念開催の本文全体を、そしてある意味で、このことは意味が同等の教義客観的または信仰で使用され、後者は。 Such is its signification in expressions like "the conflict of creeds", "charitable works irrespective of creed", "the ethics of conformity of creed", etc. (2) In a somewhat narrower sense, a creed is a summary of the principal articles of faith professed by church or community of believers.これが意味"、信条のの適合性の対立"表現のような、その意味では、信条"信条"、"の関係作品"慈善倫理ではやや狭い等(2)、信条の要約ですプリンシパル信者の記事社会や信仰の教会で公言。 Thus by the "creeds of Christendom" are understood those formulations of the Christian faith which at various times have been drawn up and accepted by one or the other of the Christian churches.したがって、キリスト教"信条による"教会、キリスト教の他の1つまたはている製剤を理解し、これらの信仰、キリスト教で、様々なアクセスが可とされて描画をバックアップします。 The Latins designate the creed in this sense by the name symbolum which means either a sign (symbolon) or a collection (symbole).ラテン系)は(symbole信条を指定することのいずれかでsymbolumこの意味で、名前の記号(symbolon)またはコレクション。 A creed, then, would be the distinctive mark of those who hold a given belief, or a formula made up of the principal articles of that belief.信条は、その後、という信念の主要記事のだろうが独特のマークの人を保持構成式、または信念与えられた。 A "profession of faith" is enjoined by the Church on special occasions, as at the consecration of a bishop; while the phrase "confession of faith" is commonly applied to Protestant formularies, such as the "Augsburg Confession", the "Confession of Basle", etc. It should be noted, however, that the role of Faith is not identical with creed, but, in its formal signification, means the norm or standard by which one ascertains what doctrines are to be believed. The principal creeds of the Catholic Church, The Apostles', Athanasian, and the Nicene, are treated in special articles which enter into the historical details and the content of each.職業は、信仰""などの教会です差し止め特別奉献で、として、中のフレーズ";司教告白は処方プロテスタントの一般的な信仰"が適用された"アウクスブルク信仰告白"、"告白のバーゼル"は、注意などする必要がありますそれは、しかし、信仰の役割は、と同一ではないの信条が、正式な、その意味と考えられて意味規範が標準またはその教説は、何見極めが1つ。プリンシパル信条をのカトリック教会は、使徒が'、アタナシウスとニカイア、それぞれのコンテンツであり、詳細記事扱われる特別な歴史的に入力します。 The liturgical use of the Creed is also explained in a separate article.の信条の使用は典礼の記事です別についても説明します。 For the present purpose it is chiefly important to indicate the function of the creed in the life of religion and especially in the work of the Catholic Church.目的のために存在しては、教会は主にカトリックの仕事を中心にの宗教生活の重要な信条の機能を示しています。 That the teachings of Christianity were to be cast in some definite form is evidently implied in the commission given the Apostles (Matthew 28:19-20).教えはキリスト教のそれは)明確ないくつかの投げていたすること28:19-20フォームマシューです(明らかに使徒暗黙の手数料与えられた。 Since they were to teach all nations to observe whatsoever Christ had commanded, and since this teaching was to carry the weight of authority, not merely of opinion, it was necessary to formulate at last the essential doctrines.教義から不可欠最後の策定に必要な彼らがされたすべての教えの国だったに観察することは、意見ではなく、単に教育はこのであり、実行する重量の権限以来、全くキリストはいた命じた。 Such formulation was all the more needful because Christianity was destined for all men and for all ages.すべての年齢の男性とのすべてのニードフルこのような期待以上の定式化があったので、運命キリスト教がいた。 To preserve unity of belief itself was quite clearly stated.かなりいた自体が信仰の明確にするために保持結束を。 The creed, therefore, is fundamentally an authoritative declaration of the truths that are to be believed.信条は、したがって、と考えられているすることが真理根本的に宣言権威。

The Church, moreover, was organized as a visible society (see CHURCH).教会は、また、目に見える社会として(教会を参照)開催されました。 Its members were called on not only to hold fast the teaching they had received, but also to express their beliefs.そのメンバーはしかし、受信されたと呼ばれる教育だけではなく、高速保持彼らがいたにも信念を自分たちの表明する。 As St. Paul says: "With her heart we believe unto justice; but, with the mouth, confession is made unto salvation" (Romans x, 10). Nor is the Apostle content with vague or indefinite statements; he insists that his followers shall "hold the form of sound words which thou hast heard of me in faith" (II Tim. i, 13), "embracing that faithful word which is according to doctrine, that he (the bishop) may be able to exhort in sound doctrine and to convince the gainsayers (Titus i, 9). Hence we can understand that a profession of faith was required of those who were to be baptized, as in the case of the eunuch (Acts 8:37); in fact the baptismal formula prescribed by Christ himself is an expression of faith in the Blessed Trinity. Apart then from the question regarding the composition of the Apostles' Creed, it is clear that from the beginning, and even before the New Testament had been written, some doctrinal formula, however concise, would have been employed both to secure uniformity in teaching and to place beyond doubt the belief of those who were admitted into the Church.言うように聖パウロは:"心と彼女たちは、正義を信じなさい、しかし、口で、自白のステートメント不定あいまいであるか作ったわたしの救いを"(ローマ人へのxと使徒のコンテンツは10)を。または、彼は主張して彼の信奉者ティムしなければならないⅡ"(信仰私の中での音の単語のあなたの耳になた"が開催フォームを。私は、13)、"受け入れそれに教義に忠実に従ってという言葉は、彼(司教)音の勸めすることができます教義と)9を納得させるgainsayersを(タイタス私は、。そこで我々は)8時37できます職業は、理解していたが必要の信仰した者、これらのことが洗礼を受けた行為宦官(のように、例;洗礼事実式は、キリストで定める自身がトリニティ祝福の信仰の式です。離れしクリード'から使徒の問題について組成を、それがはっきりしていることが書かれて始まり、とされても前にいた旧約聖書は、新、いくつかの教義式しかし、簡潔、教会に認めて確保するために両方の採用されているした人の均一性をそれらの信念を教育と疑いを配置します。

Along with the diffusion of Christianity there sprang up in the course of time various heretical views regarding the doctrines of faith.キリスト教の普及とともに、そこに信仰の教義について意見跳びまでの異端時間様々なのコースです。 It thus became necessary to define the truth of revelation more clearly.したがって、明らかになった以上の啓示真実をの定義に必要な。 The creed, in consequence, underwent modification, not by the introduction of new doctrines, but by the expression of the traditional belief in terms that left no room for error or misunderstanding.で、結果信条、新しい施行教の導入ではなく変更のが誤解エラーまたは左に余地を条件によって伝統的な信念の表現。 In this way the "Filioque" was added to the Nicene and the Tridentine Profession forth in full and definite statements the Catholic Faith on those points especially which the Reformers of the sixteenth century had assailed.特にポイントトリエント専門職などの信仰カトリック教徒で、完全かつ明確なステートメントニカイアであり、追加する"filioqueを"この方法は改革をのあった16世紀襲わします。 At other times the circumstances required that special formulas should be drawn up in order to have the teaching of the Church explicitly stated and accepted; such was the profession of faith prescribed For the Greeks by Gregory XIII and that which Urban VIII and Benedict XIV prescribed for the Orientals(cf. Denzinger, Enchiridion).時にはその他の事情のために必要な特別な規定14は、ベネディクトとVIII数式が教育を持っているの順序であることが描かまで教会都市可記載を明示的に信仰の、このように職業だったあつては、ギリシャ人によってグレゴリウス13世とつまり東洋(cf.のデンツィンガー、手引書)。 The creed therefore, is to be regarded not as a lifeless formula, but rather as a manifestation of the Church's vitality.信条は、したがって、いないものとみなさされるとして現れ教会の活力のではなく、として死んで数式。 As these formulas preserve intact the faith once delivered to the saints, they are also an effectual means of warding off the incessant attacks of error.聖人としてこれらの数式は保存そのまま配信後の信仰は、彼らがエラーです絶え間ない攻撃をのを退ける効果的な手段は、も。

On the other hand it should be remarked that the authoritative promulgation of a creed and its acceptance imply no infringement of the rights of reason.一方、他のそれが理由の権利である権威公布ことが述べたの信条の侵害を同意しないが意味するもので、そのと。 The mind tents naturally to express itself and especially to utter its thought in the form of language.心は言語テント表現するために、自然そのものを、その完全な、特にの形で考えていた。 Such expression, again, results in greater clearness and a firmer possession of the mental content.このような表現は、再度、透明大きい結果と精神のコンテンツのしっかり所持。 Whoever, then, really believes in the truths of Christianity cannot consistently object to such manifestation of his belief as the use of the creed implies It is also obviously illogical to condemn this use on the ground that is makes religion simply an affair of repeating or subscribing empty formulas.誰、その後、実際に信条の真理を信じているキリスト教の使用の信念としての彼の症状のようなオブジェクトに一貫してできないことを意味することは、地面にこの使用を非難する非論理的にも明らかに購読や不倫をの繰り返しになります宗教を単に空の式。 The Church insists that the internal belief is the essential element, but this must find its outward expression.教会は、要素と主張して内部不可欠な信念ですが、この式を外側にする必要があります見つけるの。 While the duty of believing rests on each individual, there are further obligations resulting from the social organization of the Church.個々の義務の中に、それぞれに信じて置き、そこに教会され、さらに社会的組織から義務結果。 Not only is each member obliged to refrain from what would weaken the faith of his fellow-believers, he is also bound, so far as he is able, to uphold and quicken their belief, The profession of his faith as set forth in the creed is at once an object-lesson in loyalty and a means of strengthening the bonds which unite the followers of Christ in "one Lord, one faith, one baptism".バインドされて、これまでのところ職業、信念を自分たちのQuickenやに支持、彼はできるの信仰信条として設定されたりもしないだけですメンバーはそれぞれの義務を控えるか信仰をのだろう弱める彼は、信者彼の仲間であり、でオブジェクトのレッスンで1回の忠誠心"の洗礼一つの信仰を意味1つの主は一つ、"キリストの強化債券を団結させるのフォロワーをします。

Such motives are plainly of no avail where the selection of his beliefs is left to the individual.このような動機は個別のものです左にはっきりと役に立つのないです信念彼の選択がの。 He may, of course, adopt a series of articles or propositions and call it a creed; but it remains his private possession, and any attempt on this part to demonstrate its correctness can only result in disagreement.彼は可能性がありますもちろん、命題の記事または採用シリーズと信条を呼び出すことが、それは、占有のまま自分の秘密と、この部分に任意の試行が正しさを、その方法を示す不一致することができますが発生するのみです。 But the attempt itself would be inconsistent, since he must concede to every one else the same right in the matter of framing a creed.しかし、フレーミングでの問題信条を右同じ他の試み自体が希望するごとに1つ認める彼は必要があるので、される矛盾。 The final consequence must be, therefore, that faith is reduced to the level of views, opinions, or theories such as are entertained on purely scientific matters.最終的な結果はそのため、必要が、その信仰が問題科学、純粋に、意見見解が低減されるためレベルの、または楽しませている理論など。 Hence it is not easy to explain, on the basis of consistence, the action of the Protestant Reformers.それゆえに一貫性の容易ではないに基づいて、説明し、プロテスタントの宗教改革の行動。 Had the principle of private judgment been fully and strictly carried out, the formulation of creeds would have been unnecessary and, logically, impossible.のうち民間原理がいたら完全に判断されて運ば厳密の信条定式化は不要なされているだろうと、論理的に、不可能です。 The subsequent course of events has shown how little was to be accomplished by confession of faith, once the essential element of authority was rejected, From the inevitable multiplication of creeds has developed, in large measure, that demand for a "creedless Gospel" which contrasts so strongly with the claim that the Bible is the sole rule and the only source of faith.コースのイベント、その後開発しているの信条を持つ要素は不可欠だった少しわかるようにすることが自白の信仰によって達成度の乗算拒否から、された権限を避け、対照的に大規模な措置"福音の需要"creedless、そのそんなに強く信仰と主張聖書は、唯一の唯一の情報源とルール。 (See DOGMA, FAITH, PROTESTANTISM.) (プロテスタントを参照してください信仰を教義を、。)

Publication information Written by George J. Lucas.出版物の情報ルーカスjの書かれたジョージ。 Transcribed by Suzanne Plaisted.スザンヌ転写さプレステッド。 In Memory of Reese Jackson The Catholic Encyclopedia, Volume IV.百科事典カトリックリーズジャクソンでメモリは、ボリュームⅣ。 Published 1908. 1908年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミーLafortは、検閲を行う。 Imprimatur.許可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、ニューヨークニューヨーク大司教の

Bibliography書誌

DENZINGER, Enchiridion (Freiburg, 1908); MOHLER, Symbolism (NEW YORK, 1984); DUNLOP, Account of All the Ends and Uses of Creeds and Confessions of Faith, etc.デンツィンガー、手引書(フライブルク、1908);モーラー、象徴(ニューヨーク、1984);ダンロップ、アカウントなどのすべての終了し、使用の信条の信仰と告白の (London, 1724); BUTLER, An Historical and Literary Account of the Formularies, etc., (London, 1816); SCHAFF, The History of the Creeds of Christendom (London, 1878); GRANDMAISON, L'Estasticite des formules de Foi in Etudes 1898; CALKINS, Creeds and Tests of Church Membership in Andover Review (1890), 13; STERRETT, the Ethics of Creed Conformity (1890), ibid. (ロンドン、1724);バトラー、歴史と文学アカウント等の処方、(ロンドン、1816年);シャーフ、1878)、歴史信条のキリスト教(ロンドン; GRANDMAISONするL' Estasticiteデformulesデフォワ1898年に練習曲;カルキンズ、信条は、テスト会員の教会Andoverのレビュー(1890年)、13;ステレットは、倫理は、の信条適合(1890年)同上。




Also, see:また、参照してください:
Apostles' Creed 使徒信条

Nicene Creed ニカイア信条

Athanasian Creed アタナシウス信条


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです