Historical Controversy over Sin歴史論争罪で

Advanced Information 詳細情報

In the fifth century, Augustine challenged the views of the British monk Pelagius, who saw sin basically as an outward act transgressing the law and regarded man as free to sin or desist from sin. Appealing to the witness of Scripture, Augustine maintained that sin incapacitates man from doing the good, and because we are born as sinners we lack the power to do the good.世紀には5番目、アウグスティヌスは、罪送りつけたからか挑戦ビューを英国の罪に僧無料ペラギウスとして見た罪を基本的に背く行為外側に法人とみなし、。啓典の証人にアピール、アウグスティヌスは、罪を維持すること夢物語善行を人から、良いので、ないです私たちが生まれたとして罪人力を我々が欠けている。 Yet because we willfully choose the bad over the good, we must be held accountable for our sin.良いしかしために選択悪い我々が意図的に、我々は罪我々の責任である必要があります。 Augustine gave the illustration of a man who by abstaining from food necessary for health so weakened himself that he could no longer eat.アウグスティヌスは食べれなく可能性が、彼が与えたによって人間のイラストを棄権自分自身を弱体化からの食糧ので、必要な健康。 Though still a human being, created to maintain his health by eating, he was no longer able to do so.まだものの、人間を食べることによって健康を維持する彼のために作成、彼はそうだったない行うことができる長い。 Similarly, by the historical event of the fall, all humanity has become incapable of that movement toward God, the very life for which it was created.同様に、秋のイベントの歴史によって、全人類の動きがができないてなって、神に向かって、それがされた作成は非常に生活するために。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Pelagius held that one could raise oneself by one's own efforts toward God, and therefore grace is the reward for human virtue. Augustine countered that man is helpless to do the good until grace falls upon him, and when grace is thus given he is irresistibly moved toward God and the good. したがって、恵みは、彼には報酬のために人間。美徳アウグスティヌス反論はその男に落ちる良いことを無力までの猶予があるときに恵みを移動たまらなく、彼はこのように特定の調達ペラギウスは可能性が開かれた自分自身をずつとの、自分の神の努力に向かって神といいに向かって。

At the time of the Reformation, Luther powerfully reaffirmed the Pauline and Augustinian doctrine of the bondage of the will against Erasmus, who maintained that man still has the capacity to do the right, though he needs the aid of grace if he is to come to salvation.の束縛のアウグスティノ教義を意に反してエラスムス、彼が必要も権利をに行う能力を維持し、人間がまだいる援助を猶予する場合来て彼はと、ポーリーンを再確認した強力ルターは改革での時間救い。 Luther saw man as totally bound to the powers of darkness, sin, death, and the devil.ルターは悪魔のような罪を見て、闇の力の男として完全にバインドされた、死、。 What he most needs is to be delivered from spiritual slavery rather than inspired to heroic action.彼は何なニーズがあるというよりも奴隷に配信することから精神的なアクションを英雄に触発する。

In our own century, the debate between Karl Barth and Emil Brunner on human freedom is another example of the division in the church through the ages on this question.ブロナーバルトとエミールに人間の自由カール世紀、議論の間に自分で私たちの質問に、この古くから教会の分裂の例です別。 Though firmly convinced that man is a sinner who can be saved only by the unmerited grace of God as revealed and conveyed in Jesus Christ, Emil Brunner nonetheless referred to an "addressability" in man, a "capacity for revelation," that enables man to apprehend the gospel and to respond to its offer.けれどもしっかりブロナー確信しているエミールキリストは、男がイエスに伝達される、神として明らかに罪人することができますがの恵み保存だけで身に余るにもかかわらずにアドレス空間と呼ばする"の"男ができる男が、"能力のために"ヨハネの黙示録、と福音を逮捕提供のために応答します。 For Barth, not even a capacity for God remains within our fallen nature; therefore, we must be given not only faith but also the condition to receive faith.バースのままに堕落した私たちの自然ではなく、神のためにも容量があるため、私たちは信仰だけでなくする必要があります指定されただけでなく、条件の信仰を受信します。 In this view, there is no point of contact between the gospel and sinful humanity.ビューでは、このは、人間と罪深い福音の間には点のお問い合わせください。 Brunner vehemently disagreed, contending that there would then be no use in preaching.ブルナーは激しく説教反対で、競合の使用がないしだろうが。

Barth argued that the Spirit must create this point of contact before we can believe and obey. Barthさんは、従うこの点をと信じて我々ができる前にお問い合わせスピリットは主張したする必要があります作成する。 In contrast to Brunner he affirmed the total depravity of man; yet he did not believe that human nature is so defaced that it no longer reflects the glory of God. In his later writings, Barth contended that sin is alien to human nature rather than belonging to this nature.ブロナーは対照的に、彼は男の合計堕落をの確認したのに、まだ彼は神の栄光をしなかったと信じて反映して人間の本性は、もはやそれはその汚れてしまいます。著作では彼の後、Barthさんは、所属主張というに外国人の罪は、人間の本性よりこの自然に。 Nonetheless, he continued to affirm that every part of our nature in infected by the contagion of sin, and this renders us totally unable to come to God on our own.それにもかかわらず、彼は断言する続いていることと、この、の罪伝染によって感染の自然私たちのレンダリング私たちは全くできないに来て自分たちの神へのすべての部分。

(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです