Neo-Orthodoxy - Historyネオ正教会 - 歴史

Advanced Information 詳細情報

Neo-orthodoxy is not a single system; it is not a unified movement; it does not have a commonly articulated set of essentials. At best it can be described as an approach or attitude that began in a common environment but soon expressed itself in diverse ways.ネオ正統システムは、単一ではない、それは運動統一されていない、それは持っていない一般的な必需品のセットを明確にした。せいぜいそれは多様で自分自身を表現することができますが記載早く始まった態度アプローチまたはが環境共通方法。 It began in the crisis associated with the disillusionment following World War I, with a rejection of Protestant scholasticism, and with a denial of the Protestant liberal movement which had stressed accommodation of Christianity to Western science and culture, the immanence of God, and the progressive improvement of mankind.それは、戦争を始めたの世界次の危機幻滅関連付けられている私はプロテスタントの拒絶反応の、とスコラ学と文化科学と西洋の他の宿泊施設をキリスト教にと強調した動きがリベラル派のプロテスタント否定、神の内在と、進行人類の改善。

The first important expression of the movement was Karl Barth's Romerbrief, published in 1919.式の運動の重要な最初の1919だったカールバルトのRomerbriefで公開されて、。 Soon a number of Swiss and German pastors were involved.すぐにドイツの牧師と数字はスイスの関与していた。 In the two years 1921 - 22 Friedrich Gogarten published his Religious Decision, Emil Brunner his Experience, Knowledge and Faith, Eduard Thurneysen his Dostoievsky, and Barth the second edition of his Commentary on Romans.ゴーガルテンでは2年1921年から1922年フリードリッヒローマ公開されて自分の宗教の決定を、エミールブルンナー彼の経験、知識と信仰、エドゥアルドトゥルナイゼン彼Dostoievsky、彼の解説での第2版バース。 In the fall of 1922 they established Zwischen den Zeiten, a journal whose title characterized the crisis element in their thinking in that they felt they lived between the time when the Word was made flesh and the imminent appearance of the Word again.再度Wordのでは外観を秋の1922人が差し迫って設立Zwischenだったした肉ジャーナルZeitenをデン、そのWordのタイトル危機characterized要素を内に時が住んでいた間、彼らは感じた思考。 Although at this point most of the early members of the movement held to some common points of view, such as the absolute transcendence of God over all human knowledge and work, the sovereignty of the revelation in Jesus Christ, the authority of Scripture, and the sinfulness of mankind, it was not long before their dialectical approach led them to disagreements and a parting of the ways.が時点でこの作品、すべての人間の知識でほとんどの神開催メンバーの初期の動きを超越として絶対的なように、ビューにいくつかの共通点、啓典の権限の主権のイエスの啓示キリスト、人類の罪深さ、それは方法のなかったずっと前に別れ弁証法的アプローチは、意見の相違につながった、それらを。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
However, the disagreements seemed to make the movement all the more vigorous and intriguing.しかし、意見の相違は興味深いと積極的なようにする動きを、すべてのものです。 Soon it spread to England, where CH Dodd and Edwyn Hoskyns became involved; in Sweden Gustaf Aulen and Anders Nygren became followers; in America the Niebuhr brothers were identified as neo - orthodox; and others in other churches and lands began to read about the movement and watch what was happening.すぐに関わるようになった広げるために、イングランドはCHドッドとホスキンズはエドウィン。ニーグレンスウェーデングスタフAulenとアンダースの信者になった。アメリカではニーバー兄弟は運動同定されたとして、ネオ-正統派の他、その他の教会について読むようになったとの土地と何が起こって眺めていた。 With the rise of the Nazi movement in Germany many of the leaders of the neo - orthodox movement met with other German Christians in Barmen in 1934 and issued a declaration against the evils of Nazism.ネオの指導者の多くのドイツでの動きナチスの台頭-正統派の動き1934年にクリスチャンのメンドイツ他と会談し、ナチズム悪の宣言をに対して発行された。 The resulting crackdown by Hitler forced some into exile, as Paul Tillich; some back to their homeland, as Barth; some underground, as Dietrich Bonhoeffer; and some ultimately into concentration camps, as Martin Niemoeller.取り締まりは、ヒトラー結果ティリッヒポールの一部を強制的にと亡命;へのように祖国、バースに戻るか、いくつかの地下鉄、ボンヘッファーとしてディートリッヒおよびに強制収容所の一部、最終的にNiemoellerとしてマーティン。 The movement continued throughout the period of World War II and into the postwar period, but with the death of the main leaders it tended to lose its cutting edge in theology.運動は第二次大戦の世界の期間継続中の期間に戦後が、指導者のメインの死は、神学の優位性を失う、その最先端にあった。

The movement was called neo - orthodox for a number of reasons.運動はネオと呼ばれた - いくつかの理由正統派。 Some used the term in derision, claiming it had abandoned the traditional Protestant creedal formulations and was advocating a new "off" brand of orthodoxy.一部は、信条の製剤を使用した用語を伝統的放棄あざ笑い、と主張し、それがあったプロテスタントの正統の新しい"オフ"のブランドを提唱しました。 Others saw the movement as a narrowing of the traditional stance of Protestantism and thus to be avoided in favor of a more liberal stance.その他は、プロテスタントの立場の伝統的な狭窄の動きとして見て、このような姿勢リベラル以上の賛成することは避けています。 Those in sympathy with the movement saw in the word "orthodoxy" the effort to get back to the basic ideas of the Protestant Reformation and even the early church, as a means of proclaiming the truth of the gospel in the twentieth century; and in the prefix "neo" they saw the validity of new philological principles in helping to attain an accurate view of Scripture, which in turn and in combination with orthodoxy would provide a powerful witness to God's action in Christ for those of the new century.これらの動きとの共感世紀を見たのプロテスタントの改革、さらには真実を宣言手段として初期の教会は、福音の20の基本的な考え方を得るに戻る努力"という言葉"正統性;と接頭辞"ネオ"彼らは世紀の新規キリストのためのこれらのアクションの神強力な証人を有効性を見たの言語学の新しい原則を達成するうえで提供すると正統と組み合わせターンでは、啓典正確に表示します。

Methodology方法論

The methodologial approach of the movement involved dialectical theology, theology of paradox, and crisis theology.の動きのアプローチはmethodologial神学に関与弁証法的神学の神学、パラドックス、危機。 The use of dialectical thinking goes back to the Greek world and Socrates' use of questions and answers to derive insight and truth. It was used by Abelard in Sic et Non, and is the technique of posing opposites against each other in the search for truth.弁証法的思考の使用は、真実を行くと戻ってギリシャの使用の問題の世界とソクラテスと洞察力答えを導出する。これは、非らに使用されたシックでアベラードで、真実を検索他の各さに対する反対をのポーズ技術。 Barth and the early leaders were probably attracted to the dialectic as the result of their study of Soren Kierkegaard's writing.バース、早期の指導者が書面をもっていたのキルケゴールのソレン研究、その結果として弁証法おそらく集めています。 For Kierkegaard, propositional truths are not sufficient; assent to a series of religious formulations or creeds is not enough.キルケゴールは、命題の真理は十分ではありません。信条や宗教製剤の同意をシリーズ十分ではありません。 Kierkegaard believed theological assertions of the faith to be paradoxical.キルケゴールは、逆説的になるの信仰のアサーションを神学信じていた。 This requires the believer to hold opposite "truths" in tension.これは緊張が必要で、"反対"の真理を信者を保持する。 Their reconciliation comes in an existential act generated after anxiety, tension, and crisis, and which the mind takes to be a leap of faith.彼らの和解は、実存のものであり、不安行為が生成した後、緊張と危機、その心は、信仰の飛躍がかかります。

The neo - orthodox took the position that traditional and liberal Protestantism had lost the insight and truth of the faith.ネオは-正統派の信仰したという立場を伝統的なリベラルのプロテスタントがあったが失わ真実を洞察。 The nineteenth century theologians had taken the paradoxes of faith, dissolved their tension, used rational, logical, coherent explanations as a substitute, creating propositions, and thus had destroyed the living dynamic of the faith. 19世紀の神学者は、信仰のパラドックスを取ってきた緊張を解消その、代替コヒーレント使用合理化、論理、説明として、命題を作成し、このように信仰生活ダイナミックのあった破壊された。 For the neo - orthodox, paradoxes of the faith must remain precisely that, and the dialectic method which seeks to find the truth in the opposites of the paradoxes leads to a true dynamic faith.ネオについて-の信仰パラドックス正統派、おく必要があります正確には、のパラドックス反対の真実を見つける追求する弁証法メソッドは、信仰の動的リードする場合はtrue。 As an example of this consider the statement: "In the No found in God's righteous anger one finds the Yes of his compassion and mercy."思いやりの彼はい怒りのいずれかの検出と慈悲として例の"これは考えて文を:正しい神のではありませんが見つかりました。"

Some of the paradoxes identified by the neoorthodox movement are the absolute transcendence of God in contrast with the self - disclosure of God; Christ as the God - man; faith as a gift and yet an act; humans as sinful yet free; eternity entering time.いくつかの運動のneoorthodoxパラドックス識別される行動コントラストは、神の超越絶対される自己の開示-神、キリストを神として-人間として、信仰の贈り物とはまだ、時間を入力して人間として罪深いまだ無料永遠; 。 How is it possible to have a wholly other God who reveals himself?どのように自分自身であることが明らかに可能にして完全に神を、他の? How is it possible for the man Jesus of history to be the Son of God, the second person of the Trinity?どのように神であるイエスキリストのマニュアルが可能、それを息子の歴史に、トリニティー人2番目の? How can one speak of faith as God's gift and yet involve human action?どのように行動をすることができます人間の話す1つは、神の信仰としての贈り物含む、まだ? How is it possible for humans to be simultaneously sinful and saved?どのように保存している罪深いことを同時にすることが可能のため、人間がするには? How is it possible for eternity, which is apart from time, to break in on time?どのように時間にいる可能性がのために永遠には、どの分割するように、時間から? In struggling with these, the temptation is to rationalize answers and avoid the crisis of faith; but the neo - orthodox eschewed such a solution.これらのに苦労では、誘惑は、信仰の合理化することです回答の危機を回避し、、しかしネオ-正統派の控えめなソリューションです。 It is only in crisis / struggling that one can rise above the paradox and be grasped by the truth in such a way as to defy rational explanation.として説明を合理的な無視することは方法が1つだけでは、/危機苦しんで真実がパラドックスとすることができます上昇上記によって把握など。 Crisis is that point where yes and no meet.危機を満たすとはその時点はい。

It is that theological point where the human recognizes God's condemnation of all human endeavors in morals, religion, thought processes, scientific discoveries, and so on, and the only release is from God's word.それはのモラルは、その神学的努力のすべての人間の非難を認識し、神の人間はポイント宗教リリースでは、思考過程、科学的発見など、唯一の言葉から神の。 The neo - orthodox, in summarizing their methodology, used dialectics in relation to the paradoxes of the faith which precipitated crises which in turn became the situation for the revelation of truth.ネオ-正統派は、真実の啓示の状況になった順番に危機を沈殿要約信仰の方法論をのパラドックスに関係弁証法を使用します。

Some Key Beliefsいくつかのキー信念

Perhaps the fundamental theological concept of the movement is that of the totally free, sovereign God, the wholly other in relation to his creation as to how it is controlled, redeemed, and how he chooses to reveal himself to it.神学概念の動きfundamentalおそらくであることの完全無料、フリー、神の主権、完全に、彼との関係その他の創出にどのように制御され、換金、どのように彼は自分自身を明らかにすることを選択。 Next is God's self - revelation, a dynamic act of grace to which mankind's response is to listen.次は聞いて神の自己-啓示行為の恵み、動的に人類のため、レスポンスが。 This revelation is the Word of God in a threefold sense: Jesus as the word made flesh; Scripture which points to the word made flesh; and the sermon which is the vehicle for the proclamation of the Word made flesh.この啓示は意味がで3倍にWordの神:イエスの肉のようにした言葉は、単語の啓典を指して肉を作った。Wordの宣言のための車です説教肉を作った。 In its first sense, the Word made flesh, it is not a concern for the historical Jesus as in Protestant liberalism, but a concern for the Christ of faith, the risen Christ testified to and proclaimed by the apostles.ある意味ではその最初の、Wordは肉を作った、それはのように、イエスキリストの歴史的な懸念されていないプロテスタントの自由主義の信仰、キリストの懸念が、復活したキリストを証言し、使徒を宣言した。 In the second sense, Word as Scripture, it is not intended that the two be seen as one.ある意味では2番目のは、Wordのいずれかとして啓典は、と見られることはされていない2つのことを意図。 The Scripture contains the Word but is not the Word.啓典は、Wordが含まれてが、Wordではない。

In the third sense, the Word is proclaimed and witnessed to, in and through the body of Christ through the work of the Holy Spirit.ある意味では第三に、Wordが宣言され、に目撃で、キリストの体を介して精神聖霊を通して作品。

The movement also stressed the sinfulness of mankind.運動はまた、人類の罪深さを強調した。 The sovereign, free God who reveals himself does so to a sinful fallen humanity and creation.主権、無料、フリー、神は自分自身を明らか作成人類としないので、に罪深い落ちた。 There is a vast chasm between the sovereign God and mankind, and there is no way that mankind can bridge that chasm.そこに神の主権と広大な割れ目の間に、人類が溝です方法は、その橋渡しを人類ができます。 All of mankind's efforts to do so in his religious, moral, and ethical thoughts and actions are as nothing.すべての何の人類の倫理的努力は、彼のので、宗教的、道徳的な考えとしてされるアクションは。 The only possible way for the chasm to be crossed is by God, and this he has done in Christ.方法はの割れ目のみ可能キリスト行っていることに渡ったが、神彼はこれは、。 And now the paradox and the crisis: when the paradox of the word's No against mankind's sin is given along with the Yes of the Word of grace and mercy, the crisis mankind faces is to decide either yes or no.そして今、パラドックスは、危機:の罪人類のパラドックスは、反対のない言葉がない慈悲と恵みのが与えられた単語と一緒にはいの危機人類がないかはいどちらか直面することにしました。 The turning point has been reached as the eternal God reveals himself in mankind's time and existence.転機は、神の永遠のようにあるされて達した存在と時間明らかに自分自身を人類の。

Significance意義

The neo - orthodox movement has made a number of important contributions to twentieth century theology.ネオ-正統派の動きは、神学世紀に20の貢献の重要な番号を持って行った。 With its stress on Scripture as the container of the Word it emphasized the unity of Scripture and helped to precipitate a renewed interest in hermeneutics. Wordのコンテナとして啓典のストレスとそのそれは啓典の結束をと強調し、解釈学に興味を沈殿させる新たなを助けた。 With its rejection of nineteenth century Protestant liberalism and its return to the principles of the Reformation it helped to rejuvenate interest in the theology of the sixteenth century reformers and in the early church fathers.改革の原則とその拒絶反応の19に戻り、その自由主義世紀にプロテスタントのそれは、父親世紀の16の神学に役立っに活性化させる興味を改革教会と初期。 With its threefold view of the Word the doctrine of Christology has been more carefully examined, and the Word as proclamation has reemphasized the importance of preaching and the church as the fellowship of believers.のWordのように宣言し、重要性を改めて強調したが、信者の説教、教会との交わりを検討と慎重に詳細教義のWordキリストがされてビューの3倍の。 The use of dialectic, paradox, and crisis introduced an effort to preserve the absolutes of the faith from every dogmatic formulation and, by so doing, aided the cause of ecumenism. 、パラドックス弁証法の使用、危機は、努力を策定独断からのすべての信仰の絶対的を保存し、実行して、その導入エキュメニズム原因を助けた。 Finally, the urgency found in the writings and in the title of its first journal has encouraged a renewed interest in eschatology.最後に、緊急性は文章が見つかりましたとジャーナルの最初のタイトル奨励しているの利益に終末論新た。

Neo - orthodoxy is tied to its own Zeitgeist and thus does not have the popularity it enjoyed earlier in the century.ネオ-正統ツァイトガイスト自身のは結合し、このように世紀の楽しんだ以前はそうではありません人気があります。 Certain inherent elements have precluded its continuing influence.特定の固有の要素が影響を継続して排除の。 For example, its dialectic has presented confusing concepts such as "the impossible - possibility" and "the history beyond time"; its view of Scripture, "The Bible is God's Word so far as God lets it be his Word" (Barth, Church Dogmatics, I / 2, 123), has been seen as a rejection of the infallible sola Scriptura of conservative Protestantism.たとえば、その弁証法は、"可能性は不可能-が提示混乱概念のような"と"神聖書はの言葉として、神はこれまでのところすることができますそれは彼の教会のWord"(バルト、"歴史は啓典を超えて時間";そのビューの教義は、I / 2、123)、プロテスタント保守のScriptura拒絶としててされて見られるのソラ絶対。 The reliance of some of the neo - orthodox upon existentialism and other nineteenth and twentieth century concepts has meant that when those concepts became unfashionable, neo - orthodoxy became unfashionable.ネオのいくつかの信頼性はの-概念世紀の正統派に実存主義やその他の19と20時代遅れになったが時代遅れのものになったとき、これらの概念は、ネオ正統は- 。 Perhaps the greatest weakness within the movement has been its pessimism concerning the reliability and validity of human reason.おそらく内の動きの弱点は最大の理由は、人間がされて、その悲観論に関する妥当性と信頼性を。

If human reason cannot be trusted, then it follows that since neo - orthodoxy relied on human reason, it could not be trusted. Finally, some have criticized neo - orthodoxy for lacking a plan for the reformation of society; most theologies, however, are susceptible to this charge.場合、人間の理性は、その後、信頼できるわけではそれが信頼できる人間で次のことから信頼の正統は、ネオ-理由は、できませんでしたが、最後に、いくつかの新を批判している-の正統性を社会の改革のための計画を欠くために、ほとんどの神学は、しかし、さこの料金に影響を受けやすい。 Neo - orthodoxy's stance toward the conservatives and the liberals has satisfied neither group and the moderates have not embraced it.ネオは-に向かって保守の立場の正統性のとリベラルこれを受け入れたと穏健派を持っていないグループも満足しています。 Thus although one cannot ignore the movement, its ultimate place in the history of theology is not yet clear.動きをこのように無視することはできませんが、1つは、歴史の神学場所は究極の、そのまだ明らかではない。

RV Schnucker右心室Schnucker
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
J Pelikan, Twentieth Century Theology in the Making; J Macquarrie, Twentieth - Century Religious Thought; W Nicholls, Systematic and Philosophical Theology; JM Robinson, ed., The Beginnings of Dialectical Theology; W Hordern, The Case for a New Reformation Theology; HU von Balthasar, The Theology of Karl Barth; C Michalson, ed., Christianity and the Existentialists; E Brunner, The Theology of Crisis; O Weber, Foundations of Dogmatics; CW Kegley and RW Bretall, eds., Reinhold Niebuhr; AJ Klassen, ed., A Bonhoeffer Legacy; W Schmithals, An Introduction to the Theology of Rudolf Bultmann. Jのペリカンで、メイキング神学20世紀とJマクアリー、20 -世紀の宗教思想; Wのニコルズ、体系的かつ哲学的神学; jmロビンソン、エド。、弁証法的神学の始まり; Wのホーダーン、改革の神学の新しいケース。胡フォンバルタザール、カールバルトの神学; Cのマイカルソン、エド。、キリスト教とExistentialists;メールブルナーの危機神学; Oのウェーバーは、教義の基礎;のCWケグリーおよびRWのBretall、EDS社。、ラインホルドニーバー;のAJクラッセン、エド。、ボンヘッファーレガシー; Wのシュミットハルスを、ルドルフブルトマンの神学を紹介します。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです