Orthodoxy正統性

Advanced Information 詳細情報

Orthodoxy is the English equivalent of Greek orthodoxia (from orthos, "right," and doxa, "opinion"), meaning right belief, as opposed to heresy or heterodoxy.正教会の異端と同等のギリシャ語は英語ですorthodoxiaから(orthos、"右"とドクサ、"意見")を右、つまり信念、または異端として反対する。 The term is not biblical; no secular or Christian writer uses it before the second century, though the verb orthodoxein is in Aristotle (Nicomachean Ethics 1151a19).用語は聖書ではありません。前2世紀、アリストテレスのorthodoxeinはしかし動詞それをしない世俗的な、または使用する作家が、キリスト教(ニコマコス倫理1151a19)。 The word expresses the idea that certain statements accurately embody the revealed truth content of Christianity and are therefore in their own nature normative for the universal church.言葉は、キリスト教表現という考えを特定のステートメントの真実を明らかにコンテンツを具現化する正確教会です自身のために、その性質上普遍的規範の。 This idea is rooted in the NT insistence that the gospel has a specific factual and theological content (1 Cor. 15:1 - 11; Gal. 1:6 - 9; 1 Tim. 6:3; 2 Tim. 4:3 - 4; etc.), and that no fellowship exists between those who accept the apostolic standard of Christological teaching and those who deny it (1 John 4:1 - 3; 2 John 7 - 11).このアイデアは、コア1根NTでの主張は、(福音がある特定の事実と神学のコンテンツを。午後三時01分- 11;ギャル。1:06 - 9; 1ティム。6時03分、2ティム。4:3 - 4;など)、がないの交わりは、 - 4:01が存在する間の使徒標準を受け入れる人のchristological教育とジョン人拒否、それを(1〜3、2ジョン7〜11)。

The idea of orthodoxy became important in the church in and after the second century, through conflict first with Gnosticism and then with other Trinitarian and Christological errors. The preservation of Christianity was seen to require the maintenance of orthodoxy in these matters. Strict acceptance of the "rule of faith" (regula fidei) was demanded as a condition of communion, and creeds explicating this "rule" were multiplied.の正統アイデアはグノーシス主義となった教会で重要な2番目の後世紀で、最初の競合をしてエラーが発生した他の三位一体とのchristological。キリスト教保全事項をこれらに正統維持を必要とするが見えない。厳しいの受け入れ "信仰のルール"(規制信仰の)と、条件として要求されたの交わり掛けて"ルール"を信条このexplicating。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Eastern church styles itself "orthodox," and condemns the Western church as heterodox for (among other things) including the filioque clause in its creed. 東方教会のスタイル自体は"正統派"と、信条句で、そのfilioqueを非難するなど、欧米の教会を異端を含む他のもの)の中に(。

Seventeenth century Protestant theologians, especially conservative Lutherans, stressed the importance of orthodoxy in relation to the soteriology of the Reformation creeds. 17世紀のプロテスタントの神学者、特に保守的なルター派、信条改革の救済論との関係の正統での強調の重要性を。 Liberal Protestantism naturally regards any quest for orthodoxy as misguided and deadening.自民党プロテスタントは当然うんざり誤ったとしての正統性のについても探求します。

JI Packer JIパッカー
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
HEW Turner, The Pattern of Christian Faith. HEWのターナーは、キリスト教信仰のパターン。


Orthodoxy正統性

Catholic Information カトリックの情報

Orthodoxy (orthodoxeia) signifies right belief or purity of faith.正教会は(orthodoxeia)右の信念や信仰の純度を意味します。 Right belief is not merely subjective, as resting on personal knowledge and convictions, but is in accordance with the teaching and direction of an absolute extrinsic authority.右の信念は、信念ではない、単に知識を個人の主観として休息が権限です外因性に基づき、絶対教育と方向性。 This authority is the Church founded by Christ, and guided by the Holy Ghost.この権限は、ゴーストですによって設立されたキリスト教会、聖と導かします。 He, therefore, is orthodox, whose faith coincides with the teachings of the Catholic Church.彼は、したがって、教会は正統派、そのカトリックの教えの信仰と一致した。 As divine revelation forms the deposit of faith entrusted to the Church for man's salvation, it also, with the truths clearly deduced from it, forms the object and content of orthodoxy.救いの啓示を形成して預金の神としてのへの信仰委託人教会のために、それはまた、それを真理からみた明確に、正統派を形成オブジェクトの内容を。

Although the term orthodox or orthodoxy does not occur in the Scriptures, its meaning is repeatedly insisted on.聖書が長期的正統または発生しません正統性はない、その意味は上にあると主張を繰り返し。 Thus Christ proclaims the necessity of faith unto salvation (Mark 16:16).したがってキリストは)マーク16:16(宣言の必要性をのかれらの信仰の救い。 St. Paul, emphasizing the same injunction in terms more specific, teaches "one Lord, one faith, one baptism" (Ephesians 4:5, 6). Again, when directing Titus in his ministerial labours, he admonishes him to speak in accord with "sound doctrine" (Tit., ii, 1).聖パウロは、特定の用語の詳細強調同じ差し止め命令を)教えて1つの洗礼"(エペソ4時05、6"1つの主を、1つの信仰は、。繰り返しますが、ときに労働省令彼の監督タイタスを、彼は合意戒めで話すために彼は、と"音の教義"(Tit.、二、1)。 And not only does St. Paul lay stress on the soundness of the doctrine to be preached, but he also directs attention to the form in which it must be delivered: "Hold the form of sound words which thou hast heard of me in faith" (2 Timothy 1:13).そして、説教しないようにだけしないに教義ストレスに横たわっていた聖パウロの健全性が、彼はまた、配信される必要があります、それが注目を指示するには、フォーム:"信仰私の中のなたが聞いたホールドフォームをあなたの音の言葉" (2テモテ1:13)。

Consistent with the teachings and method of Christ and the Apostles, the Fathers point out the necessity of preserving pure and undefiled the deposit of revelation.一貫性は、使徒と教えおよびメソッドのキリストは、父親の維持の必要性を指摘して純粋な啓示預金の汚れのない。 "Neither in the confusion of paganism", says St. Augustine, "nor in the defilement of heresy, nor in the lethargy of schism, nor yet in blindness of Judaism is religion to be sought; but among those alone who are called Catholic Christians, or the orthodox, that is, the custodians of sound doctrine and followers of right teaching" (De Vera Relig., cap. v).の異教徒の"混乱の中で"どちら、求められている聖アウグスティヌスは、"の汚れでも異端の無気力でも分裂、またの失明はまだされるユダヤ教の宗教です。しかし、それらの間のクリスチャンだけで、カトリックと呼ばれる人です、または正統派、それは、右教育のカストディアンの信者と健全な教義"(デベラRelig。、キャップです。v)を。 Fulgentius writes: "I rejoice that with no taint of perfidy you are solicitous for the true faith, without which no conversion is of any avail, nor can at all exist" (De Vera Fide ad Petrum, Proleg).フルゲンティウスは書いている:"私は役に立つ喜びのない汚染とその背信任意のあなたは気配り真の信仰なしにですので、変換は、また存在でできるすべての"(デベラ有償の広告Petrum、腹脚)。

The Church, likewise, in its zeal for purity of faith and teaching, has rigorously adhered to the example set by the Apostles and Early Fathers.教会は、同様に、教育の信仰との純度のその熱意、父親が早期かつ厳密に付着使徒例設定された。 This is manifest in its whole history, but especially in such champions of the faith as Athansius, in councils, condemnations of heresy, and its definitions of revealed truth.これは、協議会全体ののマニフェストの歴史は、信仰としてのチャンピオンなど、特にがAthansiusで、異端の非難し、真実を明らかに、その定義を示します。 That orthodox faith is requisite for salvation is a defined doctrine of the Church.正統派の信仰は、救済のために必要な、教会の教義の定義です。 "Whosoever wishes to be saved", declares the Athanasian Creed, "must first of all hold integral and inviolate the Catholic faith, without which he shall surely be eternally lost". "誰でもが"保存されることを望む"宣言アタナシウス信条は、失われた"永遠にする必要があります最初のすべての破られていない保持積分と信仰をカトリックになることなく確実にするものと、彼は。 Numerous councils and papal decisions have reiterated this dogma (cf. Council of Florence, Denz., 714; Prof. of Faith of Pius IV, Denz., 1000; condemnation of Indifferentism and Latitudinarianism in the Syll. of Pius IX, Denz., 1715, 1718; Council of the Vatican, "De Fide". can. vi, Denz., 1815, condemnation of the Modernistic position regarding the nature and origin of dogma, Encyc. "Pascendi Dominici Gregis", 1907, Denz., 2079). While truth must be intolerant of error (2 Corinthians 6:14, 15), the Church does not deny the possibility of salvation of those earnest and sincere persons outside her fold who live and die in invincible ignorance of the true faith (cf. Council of the Vatican, Sess. III, cp. iii, Denz., 1794; S Aug., Ep.xliii ad Galerium).多数の議会とローマ法王の意思決定はDenZが、ある繰り返したこのドグマ(フィレンツェcf.評議会の、714;教授DenZが、信仰のピウス4。、1000; SyllとLatitudinarianismの無関心の非難。DenZがピウス9。、 1715、1718;会バチカン市国は、"デ有償の"ことができます。六、DenZが。、教義、encycですの1815年非難起源の現代的なに関する位置自然"とする。PascendiドミニチGregis"、1907、DenZが。、2079 )ているcfが(信仰する必要があります真実は寛容のエラー(2コリントは6:14、15)真の無敵無知で死ぬと外部彼女の倍人住んでいる人は、誠実な教会はせず、本格的にそれらの救済は拒否の可能性をバチカンの評議会は、sess第3は、cp。三、DenZが。、1794; Sの8月、Ep.xliii広告Galerium)。 (See CHURCH; FAITH; PROTESTANT CONFESSIONS OF FAITH; HERESY; INDIFFERENTISM.) (教会を参照してください。信仰を、信仰告白はプロテスタント、異端、無関心を参照)。

Publication information Written by Charles J. Callan.出版物の情報カランjの書かれたチャールズ。 Transcribed by Geoffrey K. Mondello, Ph.D.. The Catholic Encyclopedia, Volume XI.博士kのジェフリー転写によるモンデッロ、カトリック百科事典は、ボリューム11。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, February 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor. Imprimatur.レミーLafortはで、STD、検閲。許可を。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです