Panentheism万有内在神論

Advanced Information 詳細情報

Panentheism is a doctrine of God which attempts to combine the strengths of classical theism with those of classical pantheism.万有内在神論は、汎神論の古典である教義それらと有神論の古典的な強みを組み合わせることの試みの神です。 The term is particularly associated with the work of Charles Hartshorne. Hartshorne contends, however, that other philosophers and theologians have elaborated panentheistic doctrines of God, especially Alfred North Whitehead but also Nikolai Berdyaev, Martin Buber, Gustaf T Fechner, Mohammad Iqbal, Charles S Peirce, Otto Pfleiderer, Sarvepalli Radhakrishnan, Friedrich WJ von Schelling, Allan Watts, and Paul Weiss.用語は、Sですチャールズ。作品で、特に関連のチャールズハーツホーンハーツホーン主張、しかし、他の哲学者、マルティンブーバーベルジャーエフニコライ、グスタフのTフェヒナー、モハマドイクバルや神学者がある精緻panentheistic教の神、特にアルフレッドノースホワイトヘッドものパースは、オットープフライデラー、Sarvepalliラーダークリシュナン、ワイス、アランワッツ、ポールフリードリヒのWJフォンシェリング。

According to Hartshorne, God, while including an element which may be described as simple, is a complex reality. 、よればハーツホーン神としてことが説明しながら可能性があります要素を含む単純な現実である複雑になります。 God knows the world, a world in which change, process, and freedom are real elements.神は要素が実際の知っていると自由世界を、世界のどの変更、プロセス。 For this freedom and change to be real, and for God's knowledge of this freedom and change to be perfect, Hartshorne reasons that God's knowledge must itself grow and change.変更については、この自由とし、することが本当の変化知識のの、神の自由と変更する必要があります自体成長する完璧な、ハーツホーン、神の理由の知識が。 That is, as new facts come into being, God comes to know those new facts (some of which are the result of genuinely free will), and thus God's knowledge grows.来ているに事実はつまり、新しいとして、神が無料真にのものを知っているこれらの新しい(事実を結果ですがいくつかの予定)、つまり神の知識が生えています。 A perfect knower includes within himself the object which is known. Through perfectly knowing the world, God therefore includes the world (as it comes to be) within himself.完璧な全知は知られている含まれていますオブジェクト内の自分自身、世界を通じ完全に知って、神はそのため自分自身)に含まれています世界をそれは(付属する。 As the world grows, God grows.成長するにつれて、世界は神が生えています。 God becomes.神のようになります。 Through perfectly knowing and including the world, God is the supreme effect.知ってスルー完全に、世界を含め、神は効果が最高。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
That is, everything that happens affects God and changes God, eg, God's knowledge changes.それが発生すると、すべての変更に影響を与える神は、変更の神は、例えば、神の知識。 Therefore, the concrete God, the complex God who is actual, is the God who knows, includes, and is changed by the world.したがって、具体的な神は、複雑な神が実際にされ、神を知っている、含まれています、世界では変更されました。 This, according to Hartshorne, is the God who loves the world and who shares the joys and sorrows of each creature in the world.これは、によると、ハーツホーン世界は神の愛する世界を、株式喜びの各クリーチャーと悲しみ。

To be the supreme effect, God must not only be affected by each event in the world, he must also retain his own integrity and wholeness during this process.効果最高にする、神が世界必要がありますイベントごとに影響を受けてするだけでなく、彼はプロセスがありますこの独自の整合性と完全性を中に彼も保持されます。 If God's reality were destroyed or his purpose (for goodness) deflected by the events in the world, then God would not be the supreme effect, the perfect receptacle for the world.世界場合、神の現実や自分の目的に破壊された(イベント偏向による)の良さ、そして神は効果が最高としないように、世界レセプタクルに最適です。 Therefore, there must be some element in God which remains the same regardless of what happens in the world, ie, an element that is not affected by any particular event in the world. This element, since it is not changed by any event, is eternal.したがって、要素の一部でなければなりません、神世界のまま同じイベントに関係なく起こります特に、任意の影響を受けていない場合、要素をすなわち世界では、この要素であるため、、イベントもないが、変更によって永遠の。 It is also abstract.これは抽象クラスですも。 (The fact that God's eternal, abstract, essential self - identity is compatible with any state of affairs in the world is the basis for Hartshorne's well - known revival of the ontological argument.) Since God's eternal, abstract self - identity is presupposed by any state of affairs whatsoever, it follows that God is the universal and supreme cause. (実際には、神の永遠の、抽象的、本質的な自己-アイデンティティの引数論復活の既知の-もハーツホーンのための基礎である国政の世界すべてが互換性のある)ので、神の永遠の、自己の抽象-アイデンティティは、任意のを前提です全く問題の状態は、それが原因以下のこと最高の神は普遍的。

It should be noted that while God (as eternal, abstract, essential self - identity) is independent of any particular state of affairs in the world, he (even as abstract self - identity) still requires that a world (of some sort or the other) exist.これは注目すべきは、世界中に神が(必須と永遠の、抽象的、自己-アイデンティティの状態、特定の独立した任意の場合)での事務、彼(としても抽象的な自己-アイデンティティ)が必要です、いくつかの並べ替えやの世界( )他のが存在します。 We may explain as follows.説明次のようにあります我々は。 God as supreme cause refers to God's eternal, abstract, essential self - identity which is presupposed by every event in the world.神の世界として最高に不可欠な自己-アイデンティティですが前提すべてのイベントの原因は、抽象的な、永遠の神参照する。 But that which is eternal and abstract is deficient in actuality and can exist only as an element in a larger whole which is temporal and concrete.しかし、そのことは、永遠であり、抽象的と欠損している実際に、具体的かつ可能時間は全体で大きな存在の要素としてのみ。 Thus God's eternal, abstract, essential self - identity exists only as an element in the temporal, concrete, complex reality which is God in his completeness.したがって、神の永遠の、抽象的、本質的な自己-アイデンティティが存在する彼の完全神にある時間、コンクリート、複雑な現実としてのみの要素。 But God can be temporal, concrete, and complex only if there are contingent states of affairs to which he is related.しかし、神は、具体的な時間ができますが、複雑な場合にのみ関連する状態の偶発的である事務に彼がどの。 These states of affairs are the world (which is included in God).の事務の状態はこれらの)は、世界(に含まれている神。 These states of affairs are accidental (as opposed to essential) qualifiers of God's character. Thus God even as eternal, abstract, essential self - identity requires some world to exist, without requiring any particular world to exist.の事務の状態はこれらの文字、誤って(とは対照的不可欠の神)の修飾子のように、神としても、自己の永遠の、抽象的、本質的な- IDが存在する世界をいくつか必要な世界を、特定の任意ことなく、必要に存在する。

Some of the events in the world are evil.いくつかの世界でのイベントの悪されます。 God knows and includes those events within himself.神のみぞ知る、自分自身のイベントを中にこれらの含まれています。 Does it follow that God is evil? Hartshorne answers no.悪かはそれが次の神は?ハーツホーンは答えます。 Consider this analogy.この類似性を考えてみましょう。 A certain event happens in my body.特定のイベントが体は私が発生します。 I know and include that event within myself.私が知っていると私にそのイベントが含まれます。 And yet as a person, while including that event, I remain in an important sense distinct from that even.そして、人はまだとして、中にも異なるから含む意味重要なことはイベントで、私は残っている。 Not only is my abstract and timeless essence as a man distinct from that event, but even my concrete and changing consciousness (while including that event) is distinct from it.だけでなく、しかし、男は異なるからと、私の本質を超えた抽象的なイベント、変化意識が(中に含め、そのイベントも、私の具体的な)が異なっています。 Likewise, God, while including the evil event within himself, is yet distinct from that event.同様に、神が自分自身悪イベント内など、イベントであることから、まだはっきり。 God is distinct from the event not only in his abstract, eternal, essential self - identity but also in his concrete, temporal, and complex consciousness.神は意識から異なる本質的な自己複雑なイベントだけではなく、彼の、抽象的な永遠の、 -アイデンティティとは具体的でも彼の、時間。 That is, God's consciousness, while aware of and including the evil event, is more than and distinct from that event.複数のイベントよりも異なるからです認識し、イベントを含む悪一方、であるそれは、神の意識。

Is it possible for a panentheistic God to be perfect?それはpanentheistic神の可能性は完璧ですか? The problem is this.問題は、これが。 If God changes, and if total perfection is not compatible with change, it would follow that the panentheistic God is not perfect. Hartshorne's response runs as follows.ハーツホーンの変更は、もし合計完璧は、変更と互換性がないそれはと思います。完璧な次のことpanentheisticされていません神はの応答が実行される次のように神の場合。 The challenge as stated assumes that there is one type of perfection, specifically, changeless perfection.のように述べ課題は、完璧と仮定不変の1つのタイプですが、の完成、具体的に。 But in fact there are two types of perfection: changeless and changing perfection.しかし、実際には完璧なタイプの2つです完璧:不変と変化する。 God is perfect in both senses.神は感覚の両方に最適です。 God's abstract, essential, eternal self - identity is perfect.神の抽象的な、本質的な、自己の永遠の-アイデンティティに最適です。 His drive toward goodness in general does not waver.しない迷う一般的には良さに向かって彼のドライブ。 To this extent God's perfection is changeless, but this perfection is abstract.完璧には、この程度の神のですが、不変の、この完成度は抽象クラスです。 As a concrete reality God changes, as does his perfection. That is, at any time, God infinitely surpasses the perfection of the world, regardless of whether we consider the perfection of the world at that same time, at some previous time, at some future time, or at any combination of these.いくつかの我々は考えて完成度を現実的として、神の変更は完璧、彼のようには世界でその時に、以前にいくつかの同じ時間かどうか。関わらず、世界でつまり、任意の無限の時間、神が上回って完成度を将来の時間、またはこれらの組み合わせのいずれかで。 As time progresses, however, God does surpass his own previous states of perfection, eg, his knowledge grows, and he has more opportunities to love his creatures.例えばとして、時間の経過しかし、完璧なのかを上回る自分の神は、以前の状態を、彼の知識が大きくなると、彼は生物を持ってより彼の愛の機会を。 God's perfection changes in that he perfectly surpasses his own previous states of perfection.完璧の変更での神、彼は完全に完璧な自分の前の状態を彼の上回っている。

While Whitehead's doctrine of God is quite similar to Hartshorne's, Whitehead does have several distinctives worth nothing.いませんが、ホワイトヘッドの教義のハーツホーン神に似ているかなりの、ホワイトは何もして、いくつかのアイデンティティーを価値がある。 In Whitehead's metaphysics the basic building blocks of the universe are called actual entities.形而上学ではホワイトのブロックの宇宙建築の基本的なエンティティを、実際と呼ばれる。 Actual entities are units of energy / experience.実際のエンティティの経験の単位エネルギー/。 Electrons, rocks, stars, and people are composed of actual entities.電子、岩、星は、人々は、エンティティの実際のです構成。 For Whitehead, God is a single, everlasting (but continually developing) actual entity.ホワイトについては、神は実体は単一実際、永遠の(ただし、継続的に発展)。 The contemporary theologian John B Cobb, argues that on his own principles Whitehead should have conceived God to be a series of actual entities.現代的な神学者ジョンBコッブ氏は、エンティティと主張自身が彼の原則、実際の一連のこと考え神を持ってホワイトがあります。 Cobb's proposal would make God more like a human person which, according to Whitehead, is a series of actual entities.ている一連のエンティティの実際のホワイト、によると、にコブの神と提案する人間のように。 It should be further noted that in Whitehead's system it is the very nature of an actual entity to incorporate other (past) actual entities into its own identity.それはする必要がありますさらにアイデンティティ指摘の点でホワイトシステム自身の性質の非常にそれは、そのに、他の(過去)実際のエンティティを組み込む実際のエンティティに。 Therefore, whether on Whitehead's original definition of God as a single everlasting actual entity or on Cobb's revisionary understanding of God as a series of actual entities, it is the very nature of God to include the (past) world within himself as a part of his very identity. 1つの永遠の実際の定義の神として、元のエンティティしたがって、かどうかにホワイトや神のrevisionary理解のコブのエンティティの実際のシリーズとして、それは非常に性質の一部)は、世界を以内に自分の過去(に含まれて神の彼の非常にアイデンティティ。

Perhaps the most striking aspect of Whitehead's doctrine of God is his distinction between God and creativity.おそらく、神は彼の区別のホワイトの教義ほとんどの印象的な側面の創造と神と。 Creativity is, in Whitehead's metaphysics, the power of being / becoming.創造性は形而上学であるので、ホワイト/なってきているの力。 Thus the fact that anything exists at all is ascribed not to God but to creativity (which in conjunction with the notions of the "one" and the "many" constitute Whitehead's category of the ultimate).したがって事実何も言わずに存在する神ではないすべての生得的(創造性がと"概念の組み合わせ1つ""多くの")の究極のカテゴリをホワイトヘッドの構成。 In contrast, God's primary function is to help shape the character of the world.対照的に、神の主な機能は、世界の文字を形作る助けているします。 Thus that a thing exists must be referred to creativity; what a thing is must be referred, in part, to God.したがってそのことが存在する創造性に言及する必要があります。さでなければなりませんということは、どのような、部分的に、神に。 As a consequence, in Whitehead's system God's own existence is explained by reference not to God but to creativity.結果として、存在ホワイトのシステム神自身の創造性に参照しない説明です、神が。 To put it bluntly, we may say that both God and the world are creatures of creativity.単刀直入に言えば、我々は創造性の可能性がありますと言う神と生き物の世界。

Whitehead's postulation of creativity (in conjunction with the "one" and the "many") as an ultimate that is more fundamental than God is, perhaps, the most problematic aspect of his doctrine of God, not only for evangelical theologians but for other Christian thinkers as well.と"一緒に1つ(創造性のホワイトヘッドの仮定"と"多")の最終的なことですが、より根本的な神学よりも神はアスペクトの彼の教義問題は、おそらく、ほとんどのだけでなく、神の福音他のキリスト教思想家としても。 While a few Christian scholars, such as John Cobb, affirm Whitehead's distinction between God and creativity, others, such as Langdon Gilkey, insist that creativity must be "put back" into God before the panentheistic doctrine of God can really be made available for Christian theology.一方、いくつかのキリスト教の学者、ジョンコブなど、ジルなどラングドン創造ホワイトの区別の間、神と、他の、断言は、キリスト教を主張するためにご利用いただけます創造panentheistic必要が入れは"に神の前に"戻って教義が本当にできる神の神学。

ST Franklin STのフランクリン
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
JB Cobb, Jr., A Christian Natural Theology; JB Cobb and DR Griffin, Process Theology: An Introductory Exposition; BZ Cooper, The Idea of God: A Whiteheadian Critique of St.バトンコブ、ジュニア、キリスト教の自然神学;バトンコブとDRグリフィン、プロセス神学:入門博覧会、BZ反応クーパー、神のアイデア:批判の聖ホワイトヘッド Thomas Aquinas' Concept of God; L Gilkey, Naming the Whirlwind: The Renewal of God Language and Reaping the Whirlwind: A Christian Interpretation of History; C Hartshorne and WL Reese, eds., Philosophers Speak of God; RC Neville, Creativity and God: A Challenge to Process Theology; RE James, The Concrete God: A New Beginning for Theology. '概念は、神のアクィナストーマス、Lのジル、旋風に名前を付ける:神言語の更新と旋風をリーピング:解釈の歴史、キリスト教、CのハーツホーンとWLリース、EDS社。、哲学者は神の話す。鉄筋コンクリートネヴィル、創造性と神:チャレンジは、神学を処理する。REのジェームズは、コンクリートは神:先頭の神学新しい。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです