Pilgrims巡礼

General Information 一般的な情報

The Pilgrims were English Separatists who founded (1620) Plymouth Colony in New England.巡礼者は、英国の新れたコロニー英語分離独立)プリマス1620設立(。 In the first years of the 17th century, small numbers of English Puritans broke away from the Church of England because they felt that it had not completed the work of the Reformation.イングランド教会からピューリタン崩しので、いたことと彼らは感じたの改革は完了した作業を英語での最初の数字が小さく、17世紀の年の。 They committed themselves to a life based on the Bible.彼らは聖書にコミット自体に基づいて生活する。 Most of these Separatists were farmers, poorly educated and without social or political standing.分離、これらのほとんどは、農民が不十分教育と立っていることなく、社会や政治。 One of the Separatist congregations was led by William Brewster and the Rev. Richard Clifton in the village of Scrooby in Nottinghamshire. 1つは、集会の分離独立ノッティンガムの牧師だった率いるウィリアムブリュースターとスクロービー村のクリフトンリチャード。 The Scrooby group emigrated to Amsterdam in 1608 to escape harassment and religious persecution.スクロービーグループは迫害を移住アムステルダム宗教と1608にエスケープ嫌がらせ。 The next year they moved to Leiden, where, enjoying full religious freedom, they remained for almost 12 years.来年は自由に宗教的な移動にライデン、フル、楽しんで、彼らは12年残ってほぼ。

In 1617, discouraged by economic difficulties, the pervasive Dutch influence on their children, and their inability to secure civil autonomy, the congregation voted to emigrate to America. Through the Brewster family's friendship with Sir Edwin Sandys, treasurer of the London Company, the congregation secured two patents authorizing them to settle in the northern part of the company's jurisdiction. 1617年、自主性を市民落胆経済的普及オランダ影響困難、子供たちと、確保し、そのことができない、集会は、アメリカへの移住を可決した。集会ロンドン会社のスルーブリュースターファミリー会計、友情とサーエドウィンサンディーズ管轄確保の2つの特許を会社の北部の承認には解決する。 Unable to finance the costs of the emigration with their own meager resources, they negotiated a financial agreement with Thomas Weston, a prominent London iron merchant.リソースわずかな自分との移民のコストをできないための資金、彼らは商人の著名なロンドンの鉄の交渉の金融契約を結んでトーマスウェストン。 Fewer than half of the group's members elected to leave Leiden.ライデンを残してグループ少なく半分以上に選挙された議員の。 A small ship, the Speedwell, carried them to Southampton, England, where they were to join another group of Separatists and pick up a second ship.小型船は、スピードウェル、船2番目の実施をするためのサウサンプトン、イギリス最大に参加する彼らがされ、別の選択とグループをの分離独立。 After some delays and disputes, the voyagers regrouped at Plymouth aboard the 180 - ton Mayflower.メイフラワー後いくつかの遅延や紛争、再編成航海船でプリマス180 -トン。 It began its historic voyage on Sept. 16, 1620, with about 102 passengers - fewer than half of them from Leiden.これは、ライデンの彼らから始まった歴史的な航海を9月後半16、1620よりも、乗客102についてのより少ない- 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
After a 65 - day journey, the Pilgrims sighted Cape Cod on November 19. 65後-日間の旅、巡礼者は19年11月コッドを発見ケープ。 Unable to reach the land they had contracted for, they anchored (November 21) at the site of Provincetown.プロビンスタウンのサイトでできない)21に達する11月の土地を、彼らがいた契約(彼らは、停泊中です。 Because they had no legal right to settle in the region, they drew up the Mayflower Compact, creating their own government.地域のため、彼らはいたがないに定住する法的権利を、彼らは政府自身の作成、その描いたコンパクトをメイフラワー。 The settlers soon discovered Plymouth Harbor, on the western side of Cape Cod Bay and made their historic landing on December 21; the main body of settlers followed on December 26.入植者はすぐにベイケープコッド発見の西側にプリマス港を、21着陸を12月に歴史的なデビューした、ボディの入植者の主要12月26日続いている。

The term Pilgrim was first used by William Bradford to describe the Leiden Separatists who were leaving Holland.長期ピルグリムはオランダだった残して最初に使用したウィリアムブラッドフォード方法について説明します分離独立をライデン。 The Mayflower's passengers were first described as the Pilgrim Fathers in 1799.メイフラワーの乗客は1799したの父親としての巡礼者の説明の最初。

Oscar ZeichnerオスカーZeichner

Bibliography 書誌
W Bradford, Of Plymouth Plantation, 1620 - 1647 (1952); F Dillon, The Pilgrims (1975); C Gill, Mayflower Remembered: A History of the Plymouth Pilgrims (1970); J Harris, Saga of the Pilgrims (1990); AW / RC Notson, eds., Stepping Stones: The Pilgrim's Own Story (1987); D Plooij, Pilgrim Fathers from a Dutch Point of View (1932); B Smith, Bradford of Plymouth (1951); RG Usher, Pilgrims and Their History (1918); GF Willison, The Pilgrim Reader (1953) and Saints and Strangers: Pilgrim Fathers (1965). WはディロンブラッドFののプリマスプランテーション、1620年から1647年(1952);、巡礼者は、(1975); Cのギル、メイフラワーは思い出しました:1970)(歴史のプリマス巡礼者とJハリス)1990佐賀の巡礼者(;ダブリュ/鉄筋コンクリートノットソン、EDS社。、ステッピングストーンズ:巡礼者の自身の物語(1987);開発Plooij、1932年)(ピルグリムファーザーズからオランダポイントのプロフィール; Bスミス、ブラッドフォードプリマス(1951);のRGアッシャー、巡礼者とその歴史(1918);フィジケラウィリソン、巡礼者リーダー(1953年)と聖人と見知らぬ:ピルグリム父親(1965年)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです