Roman Catholic Popesローマカトリック教皇

General Information 一般的な情報

The religious head of the Roman Catholic Church is known as the Pope or the bishop of Rome. He is elected by the College of Cardinals, who as a group rank next to the Pope in ecclesiastical authority. New Popes are elected on the death or retirement of a current Pope. ローマカトリック教会の宗教頭部はローマの司教が知られ、またはローマ教皇。彼は退職または死亡の原因は当選した大学教会の枢機卿、として次のグループのランク教皇の上に選出された権限を新教皇教皇の現在の。 To be elected, a new Pope must be named on two - thirds of the ballots cast, and each member of the College of Cardinals must vote.するには投票する必要がありますが選出された、カージナルスの大学-という名前の2つのことが、新しい法王が必要3分の1のメンバーそれぞれが、投票の、キャストの。 Once elected, a Pope must be asked by the dean of cardinals if he accepts the post.一度ポストに選出尋ねた受け入れる彼がいる場合の枢機卿長さ、必要ローマ法王が。 If he does, he is then asked to choose a name.名前をした場合、彼がいない選択するよう求め、その後彼はです。 The custom of a Pope changing his name upon election originated shortly before the year 1000. 1000年カスタム前に発信まもなく教皇の時に選挙の変化自分の名前を。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The following list includes all the Popes of the Roman Catholic Church, beginning with St. Peter the Apostle, who is traditionally considered to be the first Pope because of his appointment by Jesus and his role in organizing the Church.次のリストは教会の役割の整理就任によってイエスと彼の含むすべての教皇をのためにローマ教皇最初のカトリック教会は、することは伝統的に考えられているからで、使徒聖ペテロ。 Also included in this list are the so - called antipopes, those who were elected or claimed to be pope at various times during Church history but whose positions were later invalidated; Recognized Popes are in BOLD type; anti-popes names appear in normal type.また、リストは含まれてのようです-と呼ばれるantipopes、人に選出されたや歴史、教会の中に主張した時に様々な法王になるが、その位置した後に無効に。認識教皇のタイプボールドのですで、反教皇の名前を入力正常に見えるです。 The list gives the names of the Popes, the years of their papacies, and the original names of those who changed their names upon election.リストには選挙名を時の提供の名前を、教皇の年の人が変更彼らのpapacies名オリジナル。 Alternate spellings of names are given in parentheses.の名前のスペルは、代替の括弧で与えられる。

There have been 265 individuals who have validly been considered to be the Pope of the Roman Catholic Church.ある教会カトリックローマいるのされローマ教皇に265人を検討して有効にされて。 Of these, 74 were later given Sainthood, and they are indicated in this listing. Within the Orthodox Church, there have also been (different) individuals who have been considered either Popes or Patriarchs, and those listings are presented separately.これらのうち、74とされ、聖人、後で指定された彼らは一覧このされている示された。教会の中で正教会は、されているも(別の)総主教を個人や教皇のいずれかがされて考えられ、それらのリストは別々に表示されます。

Franフラン
Pope ポープ
Original Name オリジナルネーム Dates of Reign 治世の日程 - - - -
St. Peter サンピエトロ大聖堂
the Apostle 使徒
Symeon (Simon)シメオン(サイモン) died c.64 c.64死亡した
St. Linus セントリーナス c.66-c.78 c.66 - c.78
St. Anacletus 聖聖アナクレトス
(Cletus) (クレタス)
c.79-c.91 c.79 - c.91
St. Clement I 聖は、クレメント私 c.91-c.100 c.91 - c.100
St. Evaristus 聖Evaristus c.100-c.109 c.100 - c.109
St. Alexander I 聖私はアレキサンダー c.109-c.116 c.109 - c.116
St. Sixtus I 聖は、シクストゥス私 c.116-c.125 c.116 - c.125
St. Telesphorus 聖Telesphorus c.125-c.136 c.125 - c.136
St. Hyginus 聖ヒギヌス c.136-c.142 c.136 - c.142
St. Pius I 聖は、ピウス私 c.142-c.155 c.142 - c.155
St. Anicetus 聖ルビーアカヤドリコバチ c.155-c.166 c.155 - c.166
St. Soter 聖ソーター c.166-c.174 c.166 - c.174
St. Eleutherius 聖Eleutherius
(Eleutherus) (Eleutherus)
c.174-189 c.174 - 189
St. Victor I 聖ビクター私 189-98 189〜98
St. Zephyrinus 聖Zephyrinus 198-217 198〜217
St. Callistus 聖カリスツス
(Calixtus) I (カリクストゥス)私
217-222 217-222
St. Hippolytus聖ヒッポリュトス 217-235 217〜235
.
St. Urban I 聖私の都市 222-30 222〜30
St. Pontianus 聖ポンチアヌス
(Pontian) (Pontian)
Jul 21, 230-Sep 29, 235 07月21日230 09月29日235
St. Anterus 聖聖アンテルス Nov 21, 235-Jan 3, 236 11月21日235 - 1月3日、236
St. Fabian 聖ファビアン Jan 10, 236-Jan 20, 250 01月10日236 - 01月20日250
St. Cornelius 聖コルネリオ Mar 251-Jun 253 03 251 - 6月253
Novatian novatianは Mar 251-c.258 03 251 - c.258
St. Lucius I 聖はルシウス私 Jun 25, 253-Mar 5, 254 06月25日253 - 3月5日、254
St. Stephen I 聖はStephen私 May 12, 254-Aug 2, 257 5月12日254 8月2日、257
St. Sixtus II 聖は、シクストゥス2世 Aug 30, 257-Aug 6, 258 08月30日257 8月6日、258
St. Dionysius 聖ディオニュシオス Jul 22, 260-Dec 26, 268 07月22日260 12月26日268
St. Felix I 聖は、フェリックス私 Jan 3, 269-Dec 30, 274 1月3日、269 - 30、274 12月
St. Eutychian 聖エウテュケス派の人 Jan 4, 275-Dec 7, 283 1月4日、275 12月7日、283
St. Gaius (Caius) 聖ガイオ (キーズ) Dec 17, 283-Apr 22, 296 12月17日283 - 04月22日296
St. Marcellinus 聖マルケリヌス Jun 30, 296-c.304 06月30日296 - c.304
St. Marcellus I 聖はMarcellus私 Nov, 306-Jan 16, 308 11月、306 - 01月16日308
St. Eusebius 聖ユーセビアス Apr 18, 310-Oct 21, 310 04月18日310 - 10月21日310
St. Miltiades 聖ミルティアデス
(Melchiades) (Melchiades)
Jul 2, 311-Jan 11, 314 7月2日、311 - 01月11日314
St. Silvester I 聖私はシルベスター Jan 31, 314-Dec 31, 335 1月31日、314 - 31、335 12月
.
St. Mark サンマルコ Jan 18, 336-Oct 7, 336 01月18日336 - 10月7日、336
St. Julius I 聖はJulius私 Feb 6, 337-Apr 12, 352 2月6日、337 - 04月12日352
Liberius Liberius May 17, 352-Sep 24, 366 5月17日352 - 09月24日366
Felix IIフェリックス2 c.355-Nov 22, 365 c.355 - 11月22日365
St. Damasus I 聖はダマソ私 Oct 1, 366-Dec 11, 384 10月1日366 - 12月11日384
Ursinusウルジヌス Sep 366-Nov 367 9月366 - 11月367
St. Siricius 聖Siricius Dec 384-Nov 26, 399 12月384 11月26日399
St. Anastasius I 聖はアナスタシオス私 Nov 27, 399-Dec 19, 401 11月27日399 - 12月19日401
St. Innocent I 聖私イノセント Dec 22, 401-Mar 12, 417 12月22日401 - 03月12日417
St. Zosimus 聖ゾシモス Mar 18, 417-Dec 26, 418 03月18日417 - 12月26日418
St. Boniface I 聖はボニフェイス私 Dec 28, 418-Sep 4, 422 12月28日418 - 9月4日、422
Eulalius Eulalius Dec 27, 418-Apr 3, 419 12月27日418 - 4月3日419
St. Celestine I 聖私セレスティン Sep 10, 422-Jul 27, 432 9月10日、422 - 27、432 7月
St. Sixtus III 聖は、シクストゥス3世 Jul 31, 432-Aug 19, 440 07月31日432 08月19日440
St. Leo I 聖はレオ私 Aug, 440-Nov 10, 461 8月、440 11月10日461
St. Hilary セントヒラリー
(Hilarus) (Hilarus)
Nov 19, 461-Feb 29, 468 11月19日461 - 02月29日468
St. Simplicius 聖Simplicius Mar 3, 468-Mar 10, 483 3月3日468 - 03月10日483
St. Felix III (II) 聖フェリックス3(2) Mar 13, 483-Mar 1, 492 3月13日、483 - 1、492 03
.
St. Gelasius I 聖はGelasius私 Mar 1, 492-Nov 21, 496 3月1日492 - 11月21日496
Anastasius II アナスタシオス2世 Nov 24, 496-Nov 19, 498 11月24日496 - 11月19日498
St. Symmachus 聖シンマクス Nov 22, 498-Jul 19, 514 11月22日498 - 07月19日514
Lawrenceローレンス Nov 22, 498-Feb 499 11月22日498 - 2月499
St. Hormisdas 聖ホルミスダス Jul 20, 514-Aug 6, 523 07月20日514 - 8月6日、523
St. John I 聖は、ジョン私 Aug 13, 523-May 18, 526 08月13日523 - 5月18日526
St. Felix IV (III) 聖フェリックス4(3) Jul 12, 526-Sep 22, 530 07月12日526 - 09月22日530
Boniface II ボニファティウス2世 Sep 22, 530-Oct 17, 532 09月22日530 10月17日532
Dioscorus Dioscorus Sep 22, 530-Oct 14, 530 09月22日530 10月14日530
John II 2世 Mercuryマーキュリー Jan 2, 533-May 8, 535 1月2日、533 5月8日535
St. Agapitus I 聖はAgapitus私 May 13, 535-Apr 22, 536 5月13日535 - 04月22日536
St. Silverius 聖シルヴェリウス Jun 8, 536-Nov 11, 537 6月8日、536 - 11月11日537
Vigilius Vigilius c.538-Jun 7, 555 c.538 - 6月7日、555
Pelagius I ペラギウス私 Apr 16, 556-Mar 3, 561 04月16日556 - 3月3日561
John III ジョン3世 Catelinus Catelinus Jul 17, 561-Jul 13, 574 07月17日561 - 07月13日574
Benedict I ベネディクト私 Jun 2, 575-Jul 30, 579 6月2日、575 - 30、579 7月
Pelagius II ペラギウス2世 Nov 26, 579-Feb 7, 590 11月26日579 - 2月7日、590
St. Gregory I 聖グレゴリー私 Sep 3, 590-Mar 12, 604 9月3日、590 - 03月12日604
.
Sabinian Sabinian Sep 13, 604-Feb 22, 606 09月13日604 - 02月22日606
Boniface III ボニフェイス3 Feb 19, 607-Nov 12, 607 02月19日607 - 11月12日607
St. Boniface IV 聖ボニフェイス4 Sep 15, 608-May 8, 615 09月15日608 - 5月8日615
St. Deusdedit I 聖はデウスデディトゥス私 Oct 19, 615-Nov 8, 618 10月19日615 - 11月8日、618
Boniface V ボニフェイスのV Dec 23, 619-Oct 25, 625 12月23日619 - 10月25日625
Honorius I ホノリウス私 Oct 27, 625-Oct 12, 638 10月27日625 - 10月12日638
Severinus セベリヌス May 28, 640-Aug 2, 640 5月28日640 8月2日、640
John IV ジョン4 Dec 24, 640-Oct 12, 642 12月24日640 10月12日642
Theodore I テオドロス1世 Nov 24, 642-May 14, 649 11月24日642 - 5月14日649
St. Martin I 聖は、マーティン私 Jul 5, 649-Jun 17, 653 7月5日、649 - 06月17日653
St. Eugene I 聖はEugene私 Aug 10, 654-Jun 2, 657 08月10日654 - 6月2日、657
St. Vitalian 聖Vitalian Jun 30, 657-Jan 27, 672 06月30日657 - 01月27日672
Deusdedit III デウスデディトゥス3
(Adeodadus II) (Adeodadus 2)
Apr 11, 672-Jun 17, 676 04月11日672 06月17日676
Donus Donus Nov 2, 676-Apr 11, 678 11月2日、676 - 04月11日678
St. Agatho 聖Agatho Jun 27, 678-Jan 10, 681 06月27日678 - 01月10日681
St. Leo II 聖は、レオ2世 Aug 17, 682-Jul 3, 683 08月17日682 - 7月3日、683
St. Benedict II 聖ベネディクト2 Jun 26, 684-May 8, 685 06月26日684 - 5月8日685
John V ジョンV Jul 23, 685-Aug 2, 686 07月23日685 - 8月2日、686
.
Conon コノン Oct 21, 686-Sep 21, 687 10月21日686 - 09月21日687
Theodoreセオドア 687 687
Paschal復活祭の 687 687
St. Sergius I 聖はセルギウス私 Dec 15, 687-Sep 9, 701 12月15日687 - 9月9日701
John VI ジョン6世 Oct 30, 701-Jan 11, 705 10月30日701 - 01月11日705
John VII ジョン7 Mar 1, 705-Oct 18, 707 3月1日、705 - 18、707 10月
Sisinnius Sisinnius Jan 15, 708-Feb 4, 708 01月15日708 - 2月4日、708
Constantine コンスタンティン Mar 25, 708-Apr 9, 715 03月25日708 - 4月9日、715
St. Gregory II 聖グレゴリー2 May 19, 715-Feb 11, 731 5月19日715 - 02月11日731
St. Gregory III 聖グレゴリー3世 Mar 18, 731-Nov 28, 741 03月18日731 - 11月28日741
St. Zachary 聖ザカリー
(St. Zacharius) (聖Zacharius)
Dec 3, 741-Mar 15, 752 12月3日741 - 03月15日752
Stephen スティーブン Mar 22, 752-Mar 25, 752 03月22日752 - 03月25日752
Stephen II (III) スティーブンⅡ(3) Mar 26, 752-Apr 26, 757 03月26日752 - 04月26日757
St. Paul I 聖は、ポール私 May 29, 757-Jun 28, 767 5月29日757 - 06月28日767
Constantineコンスタンティン Jul 5, 767-Aug 6, 768 7月5日、767 - 8月6日、768
Philipフィリップ Jul 31, 768 07月31日768
Stephen III (IV) スティーブン3(4) Aug 7, 768-Jan 24, 772 8月7日、768 01月24日772
Adrian I エイドリアン私
(Hadrian I) (ハドリアヌス私)
Feb 1, 772-Dec 25, 795 2月1日、772 - 12月25日795
.
St. Leo III 聖は、レオ3世 Dec 26, 795-Jun 12, 816 12月26日795 - 06月12日816
Stephen IV (V) ステファン4(V) Jun 22, 816-Jan 24, 817 06月22日816 - 01月24日817
St. Paschal I 聖は、パスカル私 Jan 24, 817-Feb 11, 824 01月24日817 - 02月11日824
Eugene II ユージーン2 Feb 824-Aug 827 2月824 8月827
Valentine バレンタイン Aug 827-Sep 827 8月827 - 9月827
Gregory IV グレゴリー4 827-Jan 25, 844 827 - 01月25日844
Johnジョン Jan 844 01 844
Sergius II セルギウス2世 Jan 844-Jan 27, 847 01 844 - 01月27日847
St. Leo IV 聖レオ4世 Apr 10, 847-Jul 17, 855 04月10日847 - 07月17日855
Benedict III ベネディクト3世 Sep 29, 855-Apr 17, 858 09月29日855 - 04月17日858
Anastasiusアナスタシオス
(Bibliothecarius) (Bibliothecarius)
Aug 855-Sep 855 8月855 - 9月855
St. Nicholas I 聖は、ニコラス私 Apr 24, 858-Nov 13, 867 04月24日858 - 11月13日867
Adrian II エイドリアン2
(Hadrian II) (ハドリアヌス2)
Dec 14, 867-Dec, 872 12月14日867 - 872 12月
John VIII ジョン8 Dec 14, 872-Dec 16, 882 12月14日872 - 12月16日882
Marinus I マリヌス私 Dec 16, 882-May 15, 884 12月16日882 - 5月15日884
St. Adrian III 聖エイドリアン3
(St. Hadrian III) (聖ハドリアヌス3)
May 17, 884-Sep 885 5月17日884 - 9月885
Stephen V (VI) ステファンのV(6) Sep 885-Sep 14, 891 9月885 - 09月14日891
Formosus ヒキガエル Oct 6, 891-Apr 4, 896 10月6日、891 - 4月4日、896
.
Boniface VI ボニフェイス6 Apr 896 4月896
Stephen VI (VII) スティーブン6(7) May 896-Aug 897 5 896 8月897
Romanus ローマヌス Aug 897-Nov 897 8月897 - 11月897
Theodore II テオドロス2世 Nov 897 11月897
John IX ジョン9 Jan 898-Jan 900 01 898 - 01 900
Benedict IV ベネディクト4 May 900-Aug 903 5 900 8月903
Leo V レオのV Aug 903-Sep 903 8月903 - 9月903
Christopherクリストファー Sep 903-Jan 904 9月903 - 01 904
Sergius III セルギウス3世 Jan 29, 904-Apr 14, 911 01月29日904 - 04月14日911
Anastasius III アナスタシオス3 c.Jun 911-c.Aug 913 c.Jun 911 - c.Aug 913
Lando ランド c.Aug 913-c.Mar 914 913〜914 c.Marをc.Aug
John X ジョンX Mar 914-May 928 03月は914 -は5 928
Leo VI レオ6 May 928-Dec 928 5 928〜12 928
Stephen VII (VIII) スティーブン7(8) Dec 928-Feb 931 12月928 - 2月931
John XI ジョン11 Feb 931-Jan 936 2月931 - 01 936
Leo VII レオ7 Jan 3, 936-Jul 13, 939 1月3日、936 - 07月13日939
Stephen VIII (IX) スティーブン8(9) Jul 14, 939-Oct 942 07月14日939 10月942
Marinus II マリヌス2 Oct 30, 942-May 946 10月30日942 -は5 946
.
Agapetus Agapetus
(Agapitus II) (Agapitus 2)
May 10, 946-Dec 955 5月10日946〜12 955
John XII ジョン12 Octavianオクタヴィアン Dec 16, 955-May 14, 964 12月16日955 - 5月14日964
Leo VIII レオ8 Dec 4, 963-Mar 1, 965 12月4日、963から1を、965年03月
Benedict V ベネディクトのV May 22, 964-Jun 23, 964 5月22日964 - 06月23日964
John XIII ジョン13 Oct 1, 965-Sep 6, 972 10月1日965 - 9月6日、972
Benedict VI ベネディクト6 Jan 19, 973-Jul 974 01月19日973 - 7月974
Boniface VIIボニフェイス7 Francoフランコ Jun 974-Jul 20, 985 6月974 - 07月20日985
Benedict VII ベネディクト7 Oct 974-Jul 10, 983 10月974 - 07月10日983
John XIV ジョン14 Peter CanepanovaピーターCanepanova Dec 983-Aug 20, 984 12月983 - 08月20日984
John XV ジョン15 Aug 985-Mar 996 8月985 - 03 996
Gregory V グレゴリーのV Brunoブルーノ May 3, 996-Feb 18, 999 5月3日996 - 02月18日999
John XVIジョン16 John PhilagathosジョンPhilagathos Feb 997-May 998 2月は997 -は5 998
Silvester II シルバースター2 Gerbertゲルベルト Apr 2, 999-May 12, 1003 4月2日999 - 1003年5月12日
John XVII ジョン17 John Siccoジョンシッコ May 16, 1003-Nov 6, 1003 1003年5月16日- 1003年11月6日
John XVIII ジョン18 John FasanusジョンFasanus Dec 25, 1003-Jul 1009 1003年12月25日 - 1009年7月
Sergius IV セルギウス4世 Peterピーター Jul 31, 1009-May 12, 1012 1009年7月31日 - 1012年5月12日
Benedict VIII ベネディクトⅧ Theophylact Theophylact May 17, 1012-Apr 9, 1024 1012年5月17日- 1024年4月9日
Gregoryグレゴリー 1012 1012
.
John XIX ジョン19 Romanusローマヌス Apr 19, 1024-Oct 20, 1032 1024年4月19日- 1032年10月20日
Benedict IX ベネディクト9 Theophylact Theophylact Oct 21, 1032-Sep, 1044 1032年10月21日- 9月、1044
- - Mar 10, 1045-May 1, 1045 1045年3月10日- 1045年5月1日
- - Nov 8, 1047-Jul 16, 1048 1047年11月8日 - 1048年7月16日
Silvester III シルバースター3 John of Sabinaジョンサビーナの Jan 20, 1045-May 10, 1045 1045年1月20日- 1045年5月10日
Gregory VI グレゴリー6 John Gratianジョングラティアヌス May 1, 1045-Dec 20, 1046 1045年5月1日 - 1046年12月20日
Clement II クレメント2 Suidger Suidger Dec 24, 1046-Oct 9, 1047 1046年12月24日- 1047年10月9日
Damasus II ダマソ2 Poppoポッポ Jul 17, 1048-Aug 9, 1048 1048年7月17日- 1048年8月9日
St. Leo IX 聖はレオ9世 Brunoブルーノ Feb 12, 1049-Apr 19, 1054 1049年2月12日- 1054年4月19日
Victor II ビクター2 Gebhardゲプハルト Apr 13, 1055-Jul 28, 1057 1055年4月13日- 28、1057 7月
Stephen IX (X) スティーブンIX星空の守り (X)は Frederick ofフレデリック
Lorraineロレイン
Aug 2, 1057-Mar 29, 1058 1057年8月2日 - 1058年3月29日
Benedict XベネディクトのX John MinciusジョンMincius Apr 5, 1058-Jan 24, 1059 1058年4月5日 - 1059年1月24日
Nicholas II ニコライ2世 Gerardジェラルド Dec 6, 1058-Jul 19, 1061 1058年12月6日 - 1061年7月19日
Alexander II アレクサンドル2世 Anselmアンセルム Sep 30, 1061-Apr 21, 1073 1061年9月30日- 1073年4月21日
(Honorius II) (ホノリウス2) Peter CadalusピーターCadalus Oct 28, 1061-May 31, 1064 1061年10月28日- 1064年5月31日
St. Gregory VII 聖グレゴリー7 Hildebrandヒルデブランド Apr 22, 1073-May 25, 1085 1073年4月22日- 1085年5月25日
Clement IIIクレメント3 Guibertギベール Mar 24, 1084-Sep 8, 1100 1084年3月24日- 1100年9月8日
Victor III ビクター3 Daufer (Daufari) Daufer(Daufari) May 9, 1087-Sep 16, 1087 1087年5月9日 - 1087年9月16日
.
Urban II ウルバヌス2世 Odo (Eudes)小戸(ウード) Mar 12, 1088-Jul 29, 1099 1088年3月12日- 1099年7月29日
Paschal II パスカル2 Rainerius Rainerius Aug 13, 1099-Jan 21, 1118 1099年8月13日- 1118年1月21日
Theodoricセオドリック Sep 1100-Jan 1101 1100年9月から1101年1月
Albertアルバート
(Adalbert) (アーダルベルト)
1101 1101
Silvester IVシルバースター4 Maginulf Maginulf Nov 18, 1105-Apr 12, 1111 1105年11月18日- 1111年4月12日
Gelasius II Gelasius 2 John of Gaetaジョンゲイターの Jan 24, 1118-Jan 29, 1119 1118年1月24日- 1119年1月29日
Gregory VIIIグレゴリー8 Maurice BurdinusモーリスBurdinus Mar 8, 1118-Apr 1121 1118年3月8日 - 1121年4月
Calistus II Calistus 2 Guidoグイド Feb 2, 1119-Dec 14, 1124 1119年2月2日 - 1124年12月14日
Celestine IIセレスティン2 Teobaldo Teobaldo
Boccapecci Boccapecci
Dec 15-16, 1124 12月15-16、1124
Honorius II ホノリウス2世 Lamberto of Ostiaディーニオスティアの Dec 21, 1124-Feb 13, 1130 1124年12月21日 - 1130年2月13日
Innocent II イノセント2 Gregorioグレゴリオ
Papareschi Papareschi
Feb 14, 1130-Sep 24, 1143 1130年2月14日- 1143年9月24日
Anacletus II聖アナクレトス2 Pietro PierleoniピエトロPierleoni Feb 14, 1130-Jan 25, 1138 1130年2月14日- 1138年1月25日
Victor IVビクター4 Gregorio Contiグレゴリオコンティ Mar 1138-May 29, 1138 1138年3月 - 1138年5月29日
Celestine II セレスティン2 Guido of Cittaグイドチッタの
diCastello diCastello
Sep 26, 1143-May 8, 1144 1143年9月26日- 1144年5月8日
Lucius II ルキウス2世 Gherardo Gherardo
Caccianemici Caccianemici
Mar 12, 1144-Feb 15, 1145 1144年3月12日- 1145年2月15日
Eugene III ユージーン3 Bernardoベルナルド
Pignatelliピニャテリ
Feb 15, 1145-Jul 8, 1153 1145年2月15日- 1153年7月8日
Anastasius IV アナスタシオス4 Corradoコラード Jul 8, 1153-Dec 3, 1154 1153年7月8日 - 1154年12月3日
Adrian IV エイドリアン4
(Hadrian IV) (ハドリアヌス4)
Nicholasニコラス
Breakspearブレークスピア
Dec 4, 1154-Sep 1, 1159 1154年12月4日 - 1159年9月1日
.
Alexander III アレクサンドル3世 Orlando (Roland)オーランド(ローランド)
Bandinelliバンディネリ
Sep 7, 1159-Aug 30, 1181 1159年9月7日- 30、1181 8月
Victor IVビクター4 Ottavianoオッタヴィアーノ Sep 7, 1159-Apr 20, 1164 1159年9月7日 - 1164年4月20日
Paschal IIIパスカル3 Guido of Cremaグイドクレマの Apr 22, 1164-Sep 20, 1168 1164年4月22日- 1168年9月20日
Calistus III Calistus 3 Giovanniジョヴァンニ Sep 1168-Aug 29, 1178 1168年9月 - 1178年8月29日
Innocent IIIインノケンティウス3世 Landoランド Sep 29, 1179-Jan 1180 1179年9月29日 - 1180年1月
Lucius III ルキウス3世 Ubaldo AllucingoliウバルドAllucingoli Sep 1, 1181-Nov 25, 1185 1181年9月1日 - 1185年11月25日
Urban III 都市3 Umberto Crivelliウンベルトクリベリ Nov 25, 1185-Oct 20, 1187 1185年11月25日 - 1187年10月20日
Gregory VIII グレゴリー8 Alberto de Morraアルベルトはデモラ Oct 21, 1187-Dec 17, 1187 1187年10月21日- 1187年12月17日
Clement III クレメント3 Paolo Scolariパオロスコラーリ Dec 19, 1187-Mar 1191 1187年12月19日 - 1191年3月
Celestine III セレスティン3 Giacinto Boboジャチントボボ Mar 1191-Jan 8, 1198 1191年3月 - 1198年1月8日
Innocent III インノケンティウス3世 Lotario Lotario Jan 8, 1198-Jul 16, 1216 1198年1月8日 - 1216年7月16日
Honorius III ホノリウス3世 Cencio Savelli Cencioサヴェッリ Jul 18, 1216-Mar 18, 1227 1216年7月18日- 18、1227年03月
Gregory IX グレゴリー9世 Ugo (Ugolino)ウーゴ(ウゴリーノ) Mar 19, 1227-Aug 22, 1241 1227年3月19日- 1241年8月22日
Celestine IV セレスティン4 Goffredo daゴッフレードダ
Castiglioneカスティリオーネ
Oct 25, 1241-Nov 10, 1241 1241年10月25日- 1241年11月10日
Innocent IV イノセント4 Sinibaldo Fieschi Sinibaldoフィエスキ Jun 25, 1243-Dec 7, 1254 1243年6月25日 - 1254年12月7日
Alexander IV アレクサンデル4世 Rinaldo,リナルド、
Count of Segniカウントセーニの
Dec 12, 1254-May 25, 1261 1254年12月12日- 1261年5月25日
Urban IV 都市4 Jacques Pantal‚onジャック、上Pantal Aug 29, 1261-Oct 2, 1264 1261年8月29日- 1264年10月2日
Clement IV クレメント4 Guy FoulquesガイFoulques Feb 5, 1265-Nov 29, 1268 1265年2月5日 - 1268年11月29日
.
Gregory X グレゴリーXの Tedaldo Visconti Tedaldoヴィスコンティ Sep 1, 1271-Jan 10, 1276 1271年9月1日 - 1276年1月10日
Innocent V イノセントのV Pierre of Tarentaiseピエールタロンテーズの Jan 21, 1276-Jun 22, 1276 1276年1月21日- 1276年6月22日
Adrian V エイドリアンのV
(Hadrian V) (ハドリアヌスのV)
Ottobono Fieschi Ottobonoフィエスキ Jul 11, 1276-Aug 18, 1276 1276年7月11日- 18、1276 8月
John XXI ジョン21 Pedro JuliaoペドロJuliao
(Peter of Spain) (スペインのピーター)
Sep 8, 1276-May 20, 1277 1276年9月8日 - 1277年5月20日
Nicholas III ニコラス3世 Giovanni Gaetanoジョヴァンニガエターノ Nov 25, 1277-Aug 22, 1280 1277年11月25日 - 1280年8月22日
Martin IV マーティン4 Simon de Brieシモンドブリー
(Brion) (ブリオン)
Feb 22, 1281-Mar 28, 1285 1281年2月22日- 28、1285年03月
Honorius IV ホノリウス4世 Giacomo Savelliジャコモサヴェッリ Apr 2, 1285-Apr 3, 1287 1285年4月2日 - 1287年4月3日
Nicholas IV ニコラス4 Girolamo MasciジローラモMasci Feb 22, 1288-Apr 4, 1292 1288年2月22日- 1292年4月4日
St. Celestine V セントセレスティンのV Pietro del Morroneピエトロは、デルモッローネ Jul 5, 1294-Dec 13, 1294 1294年7月5日 - 1294年12月13日
Boniface VIII ボニファティウス8世 Benedetto Caetaniベネデットカエータニ Dec 24, 1294-Oct 11, 1303 1294年12月24日- 1303年10月11日
Benedict XI ベネディクト11 Niccol• Boccasinoニコル•Boccasino Oct 22, 1303-Jul 7, 1304 1303年10月22日- 1304年7月7日
Clement V クレメントのV Bertrand de Gotベルトランドは、ガット Jun 5, 1305-Apr 20, 1314 1305年6月5日 - 1314年4月20日
John XXII ジョン22 Jacques DuŠseジャックDuŠse Aug 7, 1316-Dec 4, 1334 1316年8月7日 - 1334年12月4日
Nicholas VニコラスVの Pietro RainalducciピエトロRainalducci May 12, 1328-Jul 25, 1330 1328年5月12日- 1330年7月25日
Benedict XII ベネディクト12世 Jacques Fournierジャックフルニエ Dec 20, 1334-Apr 25, 1342 1334年12月20日- 1342年4月25日
Clement VI クレメント6 Pierre of Rosierピエールロジェ
d'Egleton d'エグルトン
May 7, 1342-Dec 6, 1352 1342年5月7日 - 1352年12月6日
Innocent VI イノセント6 Etienne Aubertエティエンヌオベール Dec 18, 1352-Sep 12, 1362 1352年12月18日- 1362年9月12日
Urban V 都市のV Guillaume deギヨームド
Grimoard Grimoard
Sep 28, 1362-Dec 19, 1370 1362年9月28日- 1370年12月19日
.
Gregory XI グレゴリー11 Pierre Rogerピエールロジャー
de Beaufortデボーフォート
Dec 30, 1370-Mar 27, 1378 1370年12月30日- 27、1378年03月
Urban VI 六都市 Bartolomeoバルトロメオ
Prignanoプリニャーノ
Apr 8, 1378-Oct 15, 1389 1378年4月8日 - 1389年10月15日
Clement VIIクレメンス7世 Robert of Cambraiロバートカンブレー Sep 20, 1378-Sep 16, 1394 1378年9月20日- 1394年9月16日
Boniface IX ボニフェイス9 Pietro TomacelliピエトロTomacelli Nov 2, 1389-Oct 1, 1404 1389年11月2日- 1、1404 10月
Benedict XIIIベネディクト13世 Pedro de Lunaペドロはデルナ Sep 28, 1394-Jul 26, 1417 1394年9月28日 - 1417年7月26日
Innocent VII イノセント7 Cosimo Gentileコジモジェンティーレ
de'Migliorati de'Migliorati
Oct 17, 1404-Nov 6, 1406 1404年10月17日- 1406年11月6日
Gregory XII グレゴリー12 Angelo Correrアンジェロコラー Nov 30, 1406-Jul 4, 1415 1406年11月30日- 1415年7月4日
Alexander VアレクサンダーのV Pietro PhilarghiピエトロPhilarghi Jun 26, 1409-May 3, 1410 1409年6月26日- 1410年5月3日
John XXIIIヨハネ23世 Baldassare Cossaバルダッサーレコッサ May 17, 1410-May 29, 1415 1410年5月17日- 1415年5月29日
Martin V マーティンのV Oddo Colonnaオッドコロンナ Nov 11, 1417-Feb 20, 1431 1417年11月11日- 1431年2月20日
Clement VIIIクレメンス8 Gil Sanchez Mu¤ozギルは、サンチェスムー¤オンス Jun 10, 1423-Jul 26, 1429 1423年6月10日- 1429年7月26日
Benedict XIVベネディクト14世 Bernard Garnierバーナードガルニエ Nov 12, 1425-? 1425年11月12日 - ?
Eugene IV ユージン4 Gabrieleガブリエレ
Condulmaro Condulmaro
Mar 3, 1431-Feb 23, 1447 1431年3月3日 - 1447年2月23日
Felix VフェリックスのV Amadeus VIII,アマデウス8、
Duke of Savoyサヴォイアの
Nov 5, 1439-Apr 7, 1449 1439年11月5日 - 1449年4月7日
Nicholas V ニコラスVの Tommasoトンマーゾ
Parentucelli Parentucelli
Mar 6, 1447-Mar 24, 1455 1447年3月6日- 24、1455年03月
Callistus III カリスツス3 Alfonso deBorjaアルフォンソdeBorja
(Borgia) (ボルジア)
Apr 8, 1455-Aug 6, 1458 1455年4月8日 - 1458年8月6日
Pius II ピウス2世 Enea SilvoエニアSilvo Aug 19, 1458-Aug 15, 1464 1458年8月19日- 1464年8月15日
Piccolomini ピッコロミニ
(Paul II) (パウロ2世)
Pietro Barboピエトロバーボ Aug 30, 1464-Jul 26, 1471 1464年8月30日- 1471年7月26日
.
Sixtus IV シクストゥス4世 Franceso della Francesoデッラ
Rovereロベーレ
Aug 9, 1471-Aug 12, 1484 1471年8月9日 - 1484年8月12日 ITのIT
Innocent VIII イノセント8 Giovanniジョヴァンニ
Battista Cib•バティスタのCIB•
Aug 29, 1484-Jul 25, 1492 1484年8月29日- 1492年7月25日
Alexander VI アレクサンデル六世 Rodrigo deBorjaロドリゴdeBorja
y Borja yはボルハ
Aug 11, 1492-Aug 18, 1503 1492年8月11日- 18、1503 8月 SP SPの
Pius III ピウス3世 Francescoフランチェスコ
Todeschini Todeschini
Sep 22, 1503-Oct 18, 1503 1503年9月22日- 18、1503 10月
Julius II ユリウス2世 Giuliano dellジュリアーノデル
Rovereロベーレ
Nov 1, 1503-Feb 21, 1513 1503年11月1日 - 1513年2月21日 ITのIT
Leo X レオ Giovanni de'ジョヴァンニデ
Mediciメディチ
Mar 11, 1513-Dec 1, 1521 1513年3月11日- 1、1521 12月 ITのIT
Adrian VI エイドリアン6
(Hadrian VI) (ハドリアヌス6)
Adrian DedalエイドリアンDedal Jan 9, 1522-Sep 14, 1523 1522年1月9日 - 1523年9月14日 NT NTの
Clement VII クレメンス7世 Giulio de' Mediciジュリオデメディチ Nov 19, 1523-Sep 25, 1534 1523年11月19日- 1534年9月25日 ITのIT
Paul III パウロ3世 Alessandro Farneseアレッサンドロファルネーゼ Oct 13, 1534-Nov 10, 1549 1534年10月13日- 1549年11月10日 ITのIT
Julius III ユリウス3世 Giovanni Mariaジョヴァンニマリア
del Monteデルモンテ
Feb 8, 1550-Mar 23, 1555 1550年2月8日 - 1555年3月23日 ITのIT
Marcellus II マーセラス2 Marcello CerviniマルチェッロCervini Apr 9, 1555-May 1, 1555 1555年4月9日 - 1555年5月1日 ITのIT
Paul IV ポール4 Giampietro CarafaトリプルコラボCarafa May 23, 1555-Aug 18, 1559 1555年5月23日- 18、1559 8月 ITのIT
Pius IV ピウス4世 Giovanni Angeloジョヴァンニアンジェロ
Mediciメディチ
Dec 25, 1559-Dec 9, 1565 1559年12月25日 - 1565年12月9日 ITのIT
St. Pius V 聖ピウスv Michele GhislieriミケーレGhislieri Jan 7, 1566-May 1, 1572 1566年1月7日 - 1572年5月1日 ITのIT Dominドーミン
Gregory XIII グレゴリウス13世 Ugo BoncompagniウーゴBoncompagni May 14, 1572-Apr 10, 1585 1572年5月14日- 1585年4月10日 ITのIT
Sixtus V シクストゥス5世 Felice Perettiフェリーチェペレッティ Apr 24, 1585-Aug 27, 1590 1585年4月24日- 27、1590 8月 ITのIT
Urban VII 都市7 Giambattistaジャンバッティスタ
Castagnaカスターニャ
Sep 15, 1590-Sep 27, 1590 1590年9月15日 - 1590年9月27日 ITのIT
Gregory XIV グレゴリー14 Niccol• Sfondratiニコル•のSfondrati Dec 5, 1590-Oct 16, 1591 1590年12月5日 - 1591年10月16日 ITのIT
.
Innocent IX イノセント9 Giovanni Antonioジョヴァンニアントニオ
Fachinetti Fachinetti
Oct 29, 1591-Dec 30, 1591 1591年10月29日- 30、1591 12月 ITのIT
Clement VIII クレメンス8 Ippolitoイッポリト
Aldobrandiniアルドブランディーニ
Jan 30, 1592-Mar 5, 1605 1592年1月30日 - 1605年3月5日 ITのIT
Leo XI レオ11 Alessandroアレッサンドロ
Ottaviano de'Mediciオッタヴィアーノde'Medici
Apr 1, 1605-Apr 27, 1605 1605年4月1日 - 1605年4月27日 ITのIT
Paul V ポールのV Camillo Borgheseカミロボルゲーゼ May 16, 1605-Jan 28, 1621 1605年5月16日- 1621年1月28日 ITのIT
Gregory XV グレゴリー15 Alessandroアレッサンドロ
Ludovisiルドヴィーシ
Feb 9, 1621-Jul 8, 1623 1621年2月9日 - 1623年7月8日 ITのIT
Urban VIII ウルバヌス8 Mafeo Barberini Mafeoバルベリーニ Aug 6, 1623-Jul 29, 1644 1623年8月6日 - 1644年7月29日 ITのIT
Innocent X インノケンティウス Giambattista PamfiliジャンバッティスタPamfili Sep 15, 1644-Jan 1, 1655 1644年9月15日- 1655年1月1日 ITのIT
Alexander VII アレクサンデル7世 Fabio ChigiファビオChigi Apr 7, 1655-May 22, 1667 1655年4月7日 - 1667年5月22日 ITのIT
Clement IX クレメント9 Giulio RospigliosiジュリオRospigliosiは Jun 20, 1667-Dec 9, 1669 1667年6月20日- 1669年12月9日 ITのIT
Clement X クレメントのX Emilio Altieriエミリオアルティエリ Apr 29, 1670-Jul 22, 1676 1670年4月29日 - 1676年7月22日 ITのIT
Innocent XI イノセント11 Benedettoベネデット
Odescalchi Odescalchi
Sep 21, 1676-Aug 12, 1689 1676年9月21日- 1689年8月12日 ITのIT
Alexander VIII アレクサンデル8世 Pietro Ottoboniピエトロオットボーニ Oct 6, 1689-Feb 1, 1691 1689年10月6日 - 1691年2月1日 ITのIT
Innocent XII インノケンティウス12 Antonio Pignatelliアントニオピニャテッリ Jul 12, 1691-Sep 27, 1700 1691年7月12日- 1700年9月27日 ITのIT
Clement XI クレメント11 Giovanni Francescoジョヴァンニフランチェスコ
Albaniアルバーニ
Nov 23, 1700-Mar 19, 1721 1700年11月23日- 1721年3月19日 ITのIT
Innocent XIII イノセント13 Michelangeloミケランジェロ
dei Contiデイコンティ
May 8, 1721-Mar 7, 1724 1721年5月8日 - 1724年3月7日 ITのIT
Benedict XIII ベネディクト13世 Pietro Francescoピエトロフランチェスコ
Orsiniオルシーニ
May 29, 1724-Feb 21, 1730 1724年5月29日- 1730年2月21日 ITのIT
Clement XII クレメンス12世 Lorenzo Corsiniロレンツォコルシーニ Jul 12, 1730-Feb 6, 1740 1730年7月12日- 1740年2月6日 ITのIT
Benedict XIV ベネディクト14世 Prospero Lorenzoプロスペローロレンツォ
Lambertiniランバーティニ
Aug 17, 1740-May 3, 1758 1740年8月17日- 1758年5月3日 ITのIT
.
Clement XIII クレメント13 Carlo della Torreカルロデッラトッレ
Rezzonico Rezzonicoの
Jul 6, 1758-Feb 2, 1769 1758年7月6日 - 1769年2月2日 ITのIT
Clement XIV クレメンス14世 Lorenzo GanganelliロレンツォGanganelli May 19, 1769-Sep 22, 1774 1769年5月19日- 1774年9月22日 ITのIT
Pius VI ピウス6 Giovanni Angeloジョヴァンニアンジェロ
Brachi Brachi
Feb 15, 1775-Aug 29, 1799 1775年2月15日- 1799年8月29日 ITのIT
Pius VII ピウス7世 Luigi Barnab…ルイージBarnab ...
Chiaramonteキアラモンテ
Mar 14, 1800-Jul 20, 1823 1800年3月14日- 1823年7月20日 ITのIT Bened Bened
Leo XII レオ12 Annibale SermatteiアンニーバレSermattei
della Gengaデッラジェンガ
Sep 28, 1823-Feb 10, 1829 1823年9月28日- 1829年2月10日 ITのIT
Pius VIII ピウス8 Francesco Saverioフランチェスコサヴェリオ
Castiglioneカスティリオーネ
Mar 31, 1829-Nov 30, 1830 1829年3月31日- 1830年11月30日 ITのIT
Gregory XVI グレゴリウス16世 Bartolomeo Albertバルトロメオアルバート
Cappellari Cappellari
Feb 2, 1831-Jun 1, 1846 1831年2月2日 - 1846年6月1日 ITのIT
Pius IX ピウス9世 Giovanni Mariaジョヴァンニマリア
Mastai-Ferretti Mastai -フェレッティ
Jun 16, 1846-Feb 7, 1878 1846年6月16日- 1878年2月7日 ITのIT
Leo XIII レオ13世 Gioacchinoジョアッキーノ
Vincenzo Pecciヴィンチェンツォペッチ
Feb 20, 1878-Jul 20, 1903 1878年2月20日- 1903年7月20日 ITのIT
St. Pius X 聖ピウスX Giuseppeジュゼッペ
Melchiorre Sarto Melchiorreサルト
Aug 4, 1903-Aug 20, 1914 1903年8月4日 - 1914年8月20日 ITのIT
Benedict XV ベネディクト15世 Giacomo Dellaジャコモデッラ
Chiesaキエーサ
Sep 3, 1914-Jan 22, 1922 1914年9月3日 - 1922年1月22日 ITのIT
Pius XI ピウス11世 Ambrogio Damianoアンブロジオダミアーノ
Achille Rattiアキルラッティ
Feb 6, 1922-Feb 10, 1939 1922年2月6日 - 1939年2月10日 ITのIT
Pius XII ピウス12世 Eugenio Mariaエウジェニオマリア
Giovanni Pacelliジョヴァンニペーセリ
Mar 2, 1939-Oct 9, 1958 1939年3月2日 - 1958年10月9日 ITのIT
John XXIII ヨハネ23世 Angelo Giuseppeアンジェロジュゼッペ
Roncalliロンカリ
Oct 28, 1958-Jun 3, 1963 1958年10月28日- 1963年6月3日 ITのIT
Paul VI パウロ6世 Giovanni Battistaジョヴァンニバッティスタ
Montiniモンティーニ
Jun 21, 1963-Aug 6, 1978 1963年6月21日- 1978年8月6日 ITのIT
John Paul I ジョンはポール私 Albino LucianiアルビーノLucianiの Aug 26, 1978-Sep 28, 1978 1978年8月26日- 1978年9月28日 ITのIT 263rd第二百六十三
John Paul II ヨハネパウロ2世 Karol Wojtylaカロルwojtyla Oct 16, 1978 - Apr 2, 2005 1978年10月16日 - 2005年4月2日 PLのPL
Benedict XVI ベネディクト16世 Joseph Ratzingerヨゼフラツィンガー Apr 19, 2005 - 2005年4月19日 - GE GEの 265th 265


Chronological Lists of Popes教皇の時系列一覧

Catholic Information カトリックの情報

The historical lists of the popes, from those drawn up in the second century to those of the present day, form in themselves a considerable body of literature. It would be beyond the scope of the article to enter upon a discussion of these catalogues.今日、それらのフォームにリストは世紀の第二に、教皇から、これらの描画を開くで自分の歴史体の文学かなりそれはカタログ、これらの範囲を超えて希望されるの議論を入力時に記事。 For an account of the most famous of them all, the article LIBER PONTIFICALIS may be consulted.すべての人に有名なのほとんどのアカウントは、資料公文書PONTIFICALISに相談されることがあります。 It appears, however, desirable to indicate very briefly what are our authorities for the names and the durations in office of the popes for the first two centuries of the Church's existence.それは存在が表示されますが、教会が望ましいことを示す非常に簡単のはどうです我々は2世紀の最初の教皇の長さのオフィスや当局の名前。

St. Irenaeus, writing between 175 and 190, not many years after his Roman sojourn, enumerates the series from Peter to Eleutherius (Adv. Haer. 3:3:3; Eusebius, "Hist. eccl." 5:6).聖エイレナイオス、および書き込みの間に175 190年後、彼のローマではなく、多くの滞在ハアー(綺麗にEleutheriusはPeter列挙シリーズから。3時03分03秒を、ユーセビアス、"シーッ。よりeccl。"午前5時06分)を。 His object, as we have already seen, was to establish the orthodoxy of the traditional doctrine, as opposed to heretical novelties, by showing that the bishop was the natural inheritor of the Apostolic teaching.彼のオブジェクトには、我々は見ている、教育伝統的な正統性をであった確立教義、使徒としてではなく異端のノベルティによって相続された自然の司教が表示こと。 He gives us the names alone, not the length of the various episcopates.彼はepiscopates与えるの私たちに様々な長さではなく名前だけで、。 This need is supplied by other witnesses.この必要性は他の証人によって提供される。

Most important evidence is furnished by the document entitled the "Liberian Catalogue" -- so called from the Pope whose name ends the list.最も重要な証拠からそう呼ばれている家具- 、文書"と題するリベリア"カタログは、教皇名前のリストを終了します。 The collection of tracts of which this forms a part was edited (apparently by one Furius Dionysius Philocalus) in 354.明らかにし(これはコレクションの路の編集フォームの一部されたものFuriusディオニュシオスPhilocalus)354インチ The catalogue consists of a list of the Roman bishops from Peter to Liberius, with the length of their respective episcopates, the consular dates, the name of the reigning emperor, and in many cases other details.カタログの詳細からローマ司教リストの構成はPeter Liberiusそれぞれのその長さとepiscopates、領事の日付が君臨し、名前の皇帝で、多くのとケース他。 There is the strongest ground for believing that the earlier part of the catalogue, as far as Pontian (230-35), is the work of Hippolytus of Portus. It is manifest that up to this point the fourth century compiler was making use of a different authority from that which he employs for the subsequent popes: and there is evidence rendering it almost certain that Hippolytus's work "Chronica" contained such a list.そこを利用するのだったコンパイラは、のと信じて地上最強の以前の一部のカタログ限りです)、は、230から35に(Pontian作業世紀のヒッポリュトスの4番目のポイントPortus。それがこのまでは、マニフェストその後教皇権威異なるからの採用は、彼は:そこにリストを表示しており、ほとんどそれを証拠がレンダリング確信ヒッポリュトスの作品は"慢性"が含まれているような。 The reign of Pontian, moreover, would be the point at which that list would have stopped: for Hippolytus and he were condemned to servitude in the Sardinian mines -- a fact which the chronographer makes mention when speaking of Pontian's episcopate.のPontian治世は、また、:停止リストはなるだろうという点がでているとのヒッポリュトス彼は鉱山サルデーニャ非難されたために服する-の地位事実をPontian chronographerの話すなります言及するとき。 Lightfoot has argued that this list originally contained nothing but the names of the bishops and the duration of their episcopates, the remaining notes being additions by a later hand.ライトフットはepiscopatesたちが主張し、このリストは、もともとの名前が含まれているもの期間をと司教、残りのノート手保存されて追加します。 The list of popes is identical with that of Irenaeus, save that Anacletus is doubled into Cletus and Anacletus, while Clement appears before, instead of after, these two names.さ倍増聖アナクレトスは、名前にこれらのクレタス聖アナクレトスし、一方、クレメントは後の代わりに表示される前に、2つのリスト、リストとエイレナイオスその教皇は同じです。 The order of Popes Pius and Anicetus has also been interchanged.教皇ピウスの順序とルビーアカヤドリコバチは入れ替えているされても。 There is every reason to regard these differences as due to the errors of copyists.またcopyistsのされるすべてののエラーのため、としての違いを考えてこれらに理由が。

Another witness is Eusebius.別の目撃者ユーセビアスです。 The names and episcopal years of the bishops can be gathered alike from his "History" and his "Chronicle".名前と司教の聖公会の年と"歴史することができます"が集まったの両方から彼の彼の"クロニクル"。 The notices in the two works; can be shown to be in agreement, notwithstanding certain corruptions in many texts of the "Chronicle". 2つの作品の通知がで;の文章の多くに示すことができることで、特定の不正にもかかわらず契約で、"クロニクル"。 This Eastern list in the hands of Eusebius is seen to have been identical with the Western list of Hippolytus, except that in the East the name of Linus's successor seems to have been given as Anencletus, in the original Western list as Cletus.手のユーセビアスリストは東部のこの後継者のリストウェスタンです持つされて同一に見られるのはLinus東の名でそのヒッポリュトスを除き、クレタスとしてリスト西洋元に思われるしたとしてAnencletusで与えられて。

The two authorities presuppose the following list: (1) Peter, xxv; (2) Linus, xii; (3) Anencletus [Cletus], xii; (4) Clement, ix; (5) Evarestus, viii; (6) Alexander, x; (7) Sixtus, x; (8) Telesophorus, xi; (9) Hyginus, iv; (10) Pius, xv; (11) Anicetus, xi;, (12) Soter, viii; (13) Eleutherius, xv; (14) Victor, x; (15) Zephyrinus, xviii; (16) Callistus, v; (17) Urban, viii; (18) Pontian, v (Harnack, "Chronologie", I, 152). 2つの当局は、前提と以下のリスト:(1)ピーターは、二十五(2)ナス、12(3)Anencletus [クレタス]、12(4)クレメント、九(5)Evarestus、八(6)アレクサンダーは、x(7)シクストゥス、xは、(8)Telesophorus、十、(9)ヒギヌス、四、(10)ピウス、15、(11)ルビーアカヤドリコバチ、十;(12)ソーター、八(13)Eleutherius 、15、(14)ビクター、xは、(15)Zephyrinus、十八、(16)カリスツス、五、(17)都市、八、(18)Pontian、五(ハルナック、"Chronologie"、私は、152)。

We learn from Eusebius (Hist. eccl. 4:22) that in the middle of the second century Hegesippus, the Hebrew Christian, visited Rome and that he drew up a list of bishops as far as Anicetus, the then pope.我々は、よりeccl Hist.の学習からユーセビアス(。4:22)ことをHegesippus 2番目の世紀の中間の、ヘブライ語、キリスト教は、法王を訪れローマと、描いたまで彼はそのリストを司教限りルビーアカヤドリコバチ。 Eusebius does not quote his catalogue, but Lightfoot sees ground for holding that we possess it in a passage of Epiphanius (Haer. 27:6), in which the bishops as far as Anicetus are enumerated.ユーセビアスカタログは彼の引用はないが、ライトフットは地面を見て列挙されるの持株ルビーアカヤドリコバチは限りの司教として、我々が持っているそれをのの通過エピファニオス(Haer. 27:6が)で、。 This list of Hegesippus, drawn up less than a century after the martyrdom of St. Peter, was he believes, the foundation alike of the Eusebian and Hippolytan catalogues (Clement of Rome I, 325 so.).のHegesippusリストはこれは、ピーターセント描画に比べ最大以下の殉教後、1世紀、と信じている彼は基礎似てのEusebianとHippolytanカタログ(私はクレメントのローマ、325)。 His view has been accepted by many scholars.彼のビューは、学者の多くが受け入れているが。 Even those who, like Harnack (Chronologie, I, 184 sq.), do not admit that this list is really that of Hegesippus, recognize it as a catalogue of Roman origin and of very early date, furnishing testimony independent alike of the Eusebian and Liberian lists.人も、のようなハルナック(Chronologie、私は、184㎡)本当にリストがない認めるこのこととのことHegesippus早期非常の起源とローマ、認識をとしてカタログ日、家具Eusebian証言独立似のリベリアのリストです。

The "Liber Pontificalis", long accepted as an authority of the highest value, is now acknowledged to have been originally composed at the beginning of the fifth century, and, as regards the early popes, to be dependent on the "Liberian Catalogue". "自由Pontificalis"は、長い、最高の権威可としての価値5の始まりですで構成されて最初にして、現在認め世紀のと、教皇が早ければに関しては、に依存する"リベリアカタログ"。

In the numbering of the successors of St. Peter, certain differences appear in various lists.違いの聖の後継者の番号で、ピーターは、特定のリスト、さまざまな表示します。 The two forms Anacletus and Cletus, as we have seen, very early occasioned the third pope to be reckoned twice. 2つのフォームは、聖アナクレトスとクレタス、我々が見て、非常に初期の2倍になる侮れない法王を第三者引き起こさ。 There are some few cases, also, in which it is still doubted whether particular individuals should be accounted genuine popes or intruders, and, according to the view taken by the compiler of the list, they will be included or excluded.まだ利用はいくつかのいくつかのケースでは、も、これは、リスト疑ったかどうかを特定のコンパイラを見る取られた個人は必要に占める正規よると、や侵入者を教皇、またはそれらが含まれる、または除外されます。 In the accompanying list the Stephen immediately following Zacharias (752) is not numbered, since, though duly elected, he died before his consecration.すぐにリストスティーブンは、次のザカリヤを(選出されていない番号しかし、以来、正式に752)付属で、彼は聖彼の死ぬ前に。 At that period the papal dignity was held to be conferred at consecration, and hence he is excluded from all the early lists.開催尊厳がされた時、その期間教皇とし、授与さで奉献ため、彼はリストはまだ早い除外からすべての。 Leo VIII (963) is included, as the resignation of Benedict V, though enforced, may have been genuine.レオ8世は(963)含まれているVのベネディクト辞任としても本物の強制されている可能性があります。 Boniface VII is also ranked as a pope, since, in 984 at least, he would seem to have been accepted as such by the Roman Church.ボニファティウス7は、教会は、ローマとしてもランク法王は、以来、984で少なくともそのようなとして受け入れている、彼はと思われる。 The claim of Benedict X (1058) is likewise recognized.ベネディクトのX(1058)も同様に認識されての主張。 It cannot be affirmed that his title was certainly invalid, and his name, though now sometimes excluded, appears in the older catalogues.これは、除外することができますもしないように確認したタイトルは、彼だった確かに無効となり、彼の名前は、ただし、今カタログ古いが表示されますです。

It should be observed that there is no John XX in the catalogue.それがないことジョンイグゼクスカタログに観測される必要があります。 This is due to the fact that, in the "Liber Pontificalis", two dates are given in connexion with the life of John XIV (983).これは事実には原因がで、"自由Pontificalis"は、2つの日付)が983与えられている(ヨハネ14の接続との生活。 This introduced confusion into some of the papal catalogues, and a separate pope was assigned to each of these dates.これは、導入の混乱をにいくつかの教皇カタログ別の法王は、日付、これらのされた各割り当てられている。 Thus three popes named John were made to appear between Benedict VII and Gregory V. The error led the pope of the thirteenth century who should have been called John XX to style himself John XXI (Duchesne, "Lib. Pont." 2:17).したがって3つの教皇は、エラーの名前VのグレゴリーとVIIジョンしたしたように見えるの間ベネディクトポンリブ"(デュシェーヌ、リード21ジョン自身のスタイル法王をするための13世紀の必要があるさと呼ばれるジョンイグゼクス"2:17) 。

Some only of the antipopes find mention in the list.いくつかのantipopesのみの一覧で述べられている。 No useful purpose would be served by giving the name of every such claimant.有用な目的は、請求などのすべての名前を与えることによって、希望される務めた。 Many of them possess no historical importance whatever.彼らの多くは重要性を持っている歴史的なもの。 From Gregory VII onward not merely the years but the precise days are assigned on which the respective reigns commenced and closed.閉じてからグレゴリウス7以降ではなく、単に年が正確で開始されます日が割り当てられているが、それぞれの支配は。 Ancient authorities furnish these details in the case of most of the foregoing popes also: but, previously to the middle of the eleventh century, the information is of uncertain value.古代当局はまた、前述の教皇最もの場合、これらの詳細をに提出:しかし、11世紀の半ば以前に、情報の値不透明です。 With Gregory VII a new method of reckoning came in. The papal dignity was held to be conferred by the election, and not as previously by the coronation, and the commencement of the reign was computed from the day of election.清算とグレゴリーの新しいメソッドの7選挙前日の24日に開催された来たの尊厳をローマ法王インチをする授与選挙、しないことにより、前述と、戴冠式で計算された統治の開始。 This point seems therefore a convenient one at which to introduce the more detailed indications.この点は指示を思わ詳細したがって、導入に便利な1つでその。

Publication information Written by GH Joyce.出版物の情報ジョイスGHの執筆した。 Transcribed by Gerard Haffner. The Catholic Encyclopedia, Volume XII.ハフナージェラルド転写によるカトリック百科事典は、ボリューム12を。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, June 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミーLafortはで、STD、検閲を行う。 Imprimatur. +John Cardinal Farley, Archbishop of New York許可+ジョン枢機卿ファーリー、ニューヨークニューヨーク大司教の


Liber PontificalisリベルPontificalis

Catholic Information カトリックの情報

(BOOK OF THE POPES).教皇の(予約)。

A history of the popes beginning with St. Peter and continued down to the fifteenth century, in the form of biographies.サンピエトロ大聖堂での歴史から教皇と世紀続けて15下には、伝記の形式です。 The first complete collection of the papal biographies in the original form of the Liber Pontificalis reached to Stephen V (885-91).のリベルPontificalis形で元の伝記のローマ法王のコレクションは、最初の完全な)885から91に到達するスティーブンのV(。 They were afterwards continued in a different style as far as Eugene IV (d. 1447) and Pius II (d. 1464).彼らはこれまでされたとして、その後続けて別のスタイルとしてユージン4(民主党1447)とピウス2世(民主党1464)。 The individual biographies are very unequal in extent and importance.個々の伝記の重要性と範囲は非常に不平等です。 In most cases they exhibit a definite symmetrical form, which in the old Liber Pontificalis is quite uniform.例では、最も彼らは一様古いリベルPontificalisがかなり展示、明確な対称形をした。 These brief sketches give the origin and birthplace of the pope, the length of his pontificate, the decrees issued by him on questions of ecclesiastical discipline and liturgy, civil and ecclesiastical events, the building and renovation of Roman churches, donations to churches of land, liturgical furniture, reliquaries valuable tapestries and the like, transfer of relics to churches, the number of the principal ordinations (bishops, priests, deacons), the burial-place of the pope, and the time during which the see was vacant.これらの簡単なスケッチは法王を与えるの起源と発祥の地を、もったいぶって、彼の長さは政令教会によって発行されたローマの改修彼に質問の教会の規律と典礼、市民と教会のイベントや建物、土地の教会への寄付、典礼家具、聖遺物箱の貴重なタペストリーなど、教会の遺跡の転送、助祭)、番号の主なordinationsの(司教、司祭、場所の法王-埋葬、時間空いている時にその内容がわかります。

Historical criticism has for a long time dealt with this ancient text in an exhaustive way, especially in recent decades after Duchesne had begun the publication of his classic edition.古代のテキスト版を網羅したデュシェーヌはここ数十年後に方法は、特に始めて彼の古典的文書を、この歴史的に対処長い時間の批判があるため。 In most of its manuscript copies there is found at the beginning a spurious correspondence between Pope Damasus and Saint Jerome.ジェローム原稿のではほとんどがのコピーセントとダマソスプリアス対応の間にローマ教皇からあることが分かったで。 These letters were considered genuine in the Middle Ages; consequently, in those times St. Jerome was considered the author of the biographies as far as Damasus, at whose request it was believed Jerome had written the work, the subsequent lives having been added at the command of each individual pope.これらの文字は、中世中東にあったと考え、正規;その結果、追加で、これらのされて、その後の生活は仕事を、聖ヒエロニムスがあった回と考え、著者ダマソとして限り伝記で、その要求は、ジェロームは信じられていた書いていた個々の法王のコマンド。 When the above-mentioned correspondence was proved entirely apocryphal, this view was abandoned.場合、上記の対応が作り話完全に証明された、このビューは放棄された。 In the sixteenth century Onofrio Panvinio on quite insufficient grounds attributed to Anastasius Bibliothecarius in the ninth century the continuation of the biographies as far as Nicholas I. Although Baronius in great measure corrected this false impression, the earlier editions, which appeared in the seventeenth century, bear the name of Anastasius as the author of our book of the popes.理由OnofrioのPanvinioにかなり不足世紀に16の印象をアナスタシオス起因する場合はfalse Bibliothecariusの継続の9世紀の伝記限りでニコラスバロニウス第1は、が、この偉大な措置を修正、17世紀登場以前のエディション、教皇の本たちの著者としてアナスタシオス名を負っています。 The investigations of Ciampini ("Examen Libri Pontificalis seu Vitarum Rom. Pont. quæ sub nomine Anastasii circumferuntur", Rome, 1688), Schelstrate ("Dissertatio de antiquis Romanorum Pontificum catalogis", Rome, 1692), and other scholars, disprove any possible claim of Anastasius to the authorship of this work.のCiampini調査は("糾明朗読PontificalisセウVitarum ROMのです。ポン。quæサブ名の下にAnastasii circumferuntur"は、ローマ、1688)、Schelstrate("Dissertatioデantiquis Romanorum Pontificum catalogis"、ローマ、1692)、および他の学者、可能な反証も仕事この原作者アナスタシオス債権の。 The conclusive researches of Duchesne have established beyond a doubt that in its earlier part, as far as the ninth century, the Liber Pontificalis war gradually compiled, and that the later continuations were added unsystematically.決定的には、の研究の一部以前の設立デュシェーヌて、そのことを超えて疑いの限り世紀9、リベルPontificalis戦争が徐々にコンパイルされ、非体系的に後で追加された継続が。 In only a few cases is it possible to ascertain the authors. Modern criticism deals chiefly with two points, the period in which the Liber Pontificalis, in its earliest part, was compiled, and the sources then available to the author of this oldest division of the Liber Pontificalis.例ではわずかですが分割最古のこの利用可能な著者可能その後に確認する。作家現代批判得な情報を主に、2点の期間リベルPontificalisは、そのソース、およびコンパイルの一部であり、早いリベルのPontificalis。 Duchesne has proved exhaustively and convincingly that the first series of biographies from St.デュシェーヌは、徹底的に明らかにされ説得力が伝記から聖一連の最初の Peter to Felix III [IV (d. 530)], were compiled at the latest under Felix's successor, Boniface II (530-2), and that their author was a contemporary of Anastasius II (496-8) and of Symmachus (498-514).ピーターは、はFelix 3 [4(民主党530)]と)530から2であった(第2報コンパイルで最新の下でフェリックスの後継者、宿屋の主人)、その496から8の(2著者はした現代のアナスタシオス498シンマクス(の-514)。 His principal arguments are the following.彼の主な引数は次のとおりです。 A great many biographies of the predecessors of Anastasius II are full of errors and historically untenable, but from Anastasius II on the information on the ecclesiastico-political history of the popes is valuable and historically certain.前任者のアナスタシオス2世伝記の多くの偉大な歴史的満ちているのエラーと理不尽が教皇からアナスタシオス歴史の政治情報ecclesiastico - IIの上の特定の歴史的貴重なと。 In addition, some manuscripts offer a summary of the earlier part of the Liber Pontificalis as far as Felix III (IV) whence the name "catalogus Felicianus"; consequently, the Liber Pontificalis must have been accessible to the author of this summary in a recension that reached to the above-mentioned Felix III (IV).また、一部の原稿は校訂Pontificalisとしてリベル前半の提供概要の限りフェリックス3(IV)はそこから名前を"catalogus Felicianus"は、その結果、リベルの要約をされてアクセスできるようPontificalisする必要がありますこの著者のこと)4に達したため(上記のフェリックス3。 This observation tallies well with the aforesaid fact that the biographies from Anastasius II on exhibit accurate historical information.この観測は、情報集計の歴史とよく前述のアナスタシオス2世から伝記は、事実上の展示正確になります。 Duchesne defended successfully this opinion against Waitz and Mommsen, who placed the first edition of the Liber Pontificalis in the beginning of the seventh century.デュシェーヌは世紀の擁護7正常にこの意見を反対ワイツ先頭Pontificalisでリベル版の最初の配置とモムゼン。 To bear out this view they suppose that from the time of Anastasius II to that of the author a genuine and reliable historical source, since lost, was at his disposal.処分彼に、されたために失われる負担の時からすると仮定しアナスタシオスて、彼らはこのビューをIIには、著者本物の信頼性の高いので、歴史的なソースが。 Since, moreover, they cannot explain the summary ending with Felix III (IV), as easily is done by the hypothesis of Duchesne, the latter's opinion meets with the general approval of historians, and has recently been perfected by investigators like Grisar.意見から、また、の後者は、彼らができますが、デュシェーヌは説明の概要を終わるフェリックスIIIの仮説行わによるものです(4)、簡単との一般的な承認を得ての通りです歴史、グリザルているように研究者によって完成されて、最近。 The first part therefore, to the death of Felix III (IV) ie to 530, should be considered a complete work, the compilation of some author who wrote shortly after the death of Pope Felix; later Biographies were added at different times in groups or separately by various authors. )すなわち530、4世(フェリックス最初の部分はそのため、死への作業完了であることが考えられ、教皇フェリックスの死の後書き込みまもなく著者いくつかのコンパイルはの、後伝記やグループで異なる時期にされた追加個別に様々な作家による。

The compiler of the first part made use of two ancient catalogues or lists of the popes taking from them the order of succession, the chronological data, and also certain historical notes; these lists were: (a) the so-called "Catalogus Liberianus", and (b) a list of the popes that varies in length in the manuscripts, and perhaps depends on the "Catalogus Liberianus" for the period before the middle of the sixth century.最初の部分は、コンパイラの承継のオーダーメイドの使用を2人古代カタログから撮影教皇のリストや、時系列データは、また、特定の歴史的なメモ、これらのリストがあった:(1)いわゆる"Catalogus Liberianus" 、および(b)原稿の長さによって異なりますの一覧ローマ教皇、そしておそらく世紀Liberianus依存する"Catalogus 6の途中までの期間"です。 The "Catalogus Liberianus" is so called, because it terminates with Pope Liberius (352-66).ので、終了と教皇)Liberius 352から66(そう呼ばれて"Catalogus Liberianus"があります。 It has reached us in the so-called Chronographus anni 354), an ancient manuscript that contains the valuable lists of the "Depositio martyrum" and the "Depositio episcoporum" In the "Catalogus Líberianus" there are already short historical notices of some popes (Peter, Pius, Pontianus, Fabianus, Cornelius, Lucius, Xystus, Marcellinus, Julius), which were taken over by the author of the Liber Pontificalis.それはで"episcoporumと呼ばれるているに達した我々のいわゆるChronographusのアンニ"Depositioの354とが含まれ貴重な、古代の原稿をリストの"Depositioのmartyrum")"Catalogus Líberianus"そこです(いくつかの教皇の通知は既に短い歴史ピーターは、ピウス、ポンチアヌス、Fabianus、コーネリアス、ルシウス、並木のある散歩道、マルケリヌス、ジュリアス)、Pontificalisリベルの著者が撮影以上。 For its list of the earliest popes the "Catalogus Liberianus" was able to draw on the papal catalogue given by Hippolytus of Rome in his "Liber generationis", though even this list is not the oldest list of popes.教皇最古のためのリスト"Catalogus Liberianus"教皇リスト最古のないローマのですgenerationis彼リベル"この"ももリストのヒッポリュトスされたことによって指定されたローマ法王のカタログに描画します。 It is probable that from the beginning of the second century there was already a list of popes, which contained short historical notices and was afterwards continued.それが継続される可能性第2の先頭そこから世紀後にそこにいたの通知を短く歴史れた教皇のリストはすでに含まれている。 Eusebius and later chroniclers used such lists in their works [Lightfoot, "The Apostolic Fathers", Part I; "St. Clement of Rome", I (2nd ed., London, 1890), 201 sqq.; Harnack, "Gesch. der altchristl. Litt.", Part II: "Die Chronologie", I (Leipzig, 1897), 70 sqq.; Segna, "De Successione Romanorum Pontificum" (Rome, 1897)].ライトフット、"ローマ教皇の父"[ユーセビアスおよびそれ以降の年代記使用されるようリストに彼らの作品、パートI;"聖クレメントローマの"私は(第2は、ed。、ロンドン、1890)、201 sqq名;ハルナック、"ジェスチ。デアaltchristl。リトは"第2部は:""Chronologieダイ、私(ライプチヒ、1897)、70 sqq名; Segna、"デSuccessione Romanorum Pontificum"(ローマ、1897)]。 Such a catalogue of popes has reached us, as above stated, in the "Catalogus Liberianus", and forms a basis for the earliest recension of the work.カタログの教皇よう、私たちに達しているとして記載の上、基準の"Catalogus Liberianus"、およびフォーム仕事校訂の早いです。

The compiler of the Liber Pontificalis utilized also some historical writings eg St. Jerome, "De Viris Illustribus"), a number of apocryphal fragments (eg the Pseudo-C1ementine Recognitions), the "Constitutum Silvestri", the spurious Acts of the alleged Synod of 275 bishops under Silvester etc., and fifth century Roman Acts of martyrs.リベルPontificalisコンパイラのジェロームを利用もいくつかの歴史的な聖の文章を、例えば、"デViris Illustribus")、C1ementine認識を、数の擬似作り話断片(例えば)、"Constitutumシルベストリ"疑惑会議ののスプリアス行為殉教者世紀のローマ5、および行為の275司教の下などシルバースター。 Finally the compiler distributed arbitrarily along his list of popes a number of papal decrees taken from unauthentic sources; he likewise attributed to earlier popes liturgical and disciplinary regulations of the sixth century.最後に、コンパイラは、ソース配布本物でない彼のリストに沿って任意の撮影から令教皇ローマ法王の数、彼は同様世紀以前に起因する規制を6番目の懲戒教皇典礼と。 The building of churches, the donations of land, of church plate and furniture, and many kinds of precious ornaments are specified in great detail.教会の建物は、プレートや教会の家具、寄付金の土地、貴重な装飾品の多くの種類の詳細なされている指定された。 These latter items are of great value, since they are based on the records of the papal treasury (vestiarium), and the conclusion has been drawn that the compiler of the Liber Pontificalis in its earliest form must have been a clerk of the treasury.レコードと国庫ローマ法王(上にこれらの基づいている彼らが、以来、値が後者の項目が大きなvestiarium)、結論は自己を持っていますPontificalisでリベルコンパイラのされて描画が店員にされて必要がありますフォームの早い。 It is to be noted that the actual Liber Pontificalis that we have was not the only work of this kind.が指摘するこれは実際のリベルPontificalis、我々は親切こののみ動作していないでした。 There existed a similar collection of papal biographies, executed under Pope Hormisdas (d. 523), of which a lengthy fragment has reached us (Fragmentum Laurentianum); it gives the end of the life of Anastasius II (d. 498) and the life of his successor Symmachus.ある)コレクションは、ローマ法王のような存在伝記Laurentianum Fragmentum、実行の下にローマ教皇ホルミスダス(民主党)523のが(私たちを長いフラグメントがあるに達し、それは人生と)はD 498(与える終わりの生活のアナスタシオス2世シンマクス彼の後継。 The text of the early Liber Pontificalis (first half of the sixth century), as found in the manuscripts that exhibit the later continuations, is not the original text. 6世紀のテキストの前半の最初のリベルPontificalis()と、テキストが見つかりましたの原稿が展示保存継続は、オリジナルではない。 Duchesne gives a reconstruction of the earliest text of the work.デュシェーヌ作品のテキストの最初の復興を与える。 After Felix III (IV) the Liber Pontificalis was continued by various authors at intervals, each writer treating a group of papal lives.間隔の後フェリックス3(IV)はリベルで著者様々な続いたれたPontificalis、各作家が生活のローマ法王のグループを扱っています。 Duchesne recognizes a first continuation as far as Pope Silverius (536-7), whose life is attributed to a contemporary.デュシェーヌはるかに最初の継続として認識として教皇聖シルヴェリウス(536〜7)、その生活現代です起因する。 The limits of the next continuation are more difficult to determine; moreover in its earliest biographies several inaccuracies are met with.次の継続の限界の判断ですが難しい以上、早い伝記また、そのいくつかの誤りが満たされている。 It is certain that one continuation ended with Pope Conon (d. 687); the aforesaid summary ending with this pope (Catalogus Cononianus) and certain lists of popes are proof of this.それは)687は、特定のことから、D.(1継続が終わったと教皇コノン。前述の要約教皇の終了この法王(Catalogus Cononianus特定のリストと)この証明書です。

After Conon the lives down to Stephen V (885-91) were regularly added, and from the end of the seventh century usually by contemporaries of the popes in question.生活の後コノンダウンの質問にスティーブンのV(885から91を定期的に)された追加で、教皇の世紀通常、同時代の7月末から。 While many of the biographies are very circumstantial, their historical value varies much; from a literary point of view both style and diction are, as a rule, of a low grade.伝記の中に多くの状況です非常に、その歴史的価値はあまり変化;ビュー文学ポイントの両方からstyleとdictionは、原則として、等級の低い。 Nevertheless they are a very important historical source for the period covered.それにもかかわらず、彼らは覆われて歴史的なソースの期間に重要です非常に。 Some of these biographies were begun in the lifetime of the Pope, the incidents being set down as they occurred.伝記にあった始まった発生はされて事件、寿命の法王として下に置く、これらのいくつかの。 The authors were Roman ecclesiastics, and some of them were attached to the papal court.著者は、されたローマのecclesiastics、その一部は裁判所ローマ法王された添付する。 In only two cases can the author's name be discovered with any probability.例では2つだけ確率ができます著者の任意で発見された名前がしています。 The life of Stephen II (752-7) was probably written by the papal "Primicerius" Christopher.スティーブン第二の人生(752〜7)クリストファーは"Primiceriusおそらく書かれたローマ法王"。 Anastasius bibliothecarius perhaps wrote the life of Nicholas I (858-67), a genuine, though brief, history of this pope; this author may also have worked at the life of the following pope, Adrian II (867-72), with whose pontificate the text of this Liber Pontificalis, as exhibited in the extant manuscripts, comes to an end.アナスタシオスのbibliothecariusは、おそらく、法王のこの歴史書き込みの人生をニコラス私は、本物も簡単)(858〜67;この著者は、その可能性がありますと、)(867から72世もいる仕事での生活、次の法王はエイドリアン、 、現存する写本として展示でもったいぶってPontificalisリベルのテキストを、この、最後だし。 The biographies of the three following popes are missing and that of Stephen V (885-91) is incomplete.次の教皇の3つの伝記の不足していると)885から91には、スティーブンのV(不完全です。 In its original form the Liber Pontificalis reached as far as the latter pope. Pontificalisで元の形式リベルまでに達し、法王として、後者。 From the end of the ninth century the series of the papal lives was long interrupted.生活ローマ法王の投稿最後に一連の世紀の第九が中断された長い。 For the whole of the tenth and eleventh centuries there are only lists of the popes with a few short historical notices, that usually give only the pope's origin and the duration of his reign.が11世紀には全体の10分の1の治世期間の数と教皇だけのリストは彼の短い歴史の通知法王の原点とだけを与える通常。

After Leo IX (1049-54) detailed biographies of the popes were again written; at first, however, not as continuations of the Liber Pontificalis, but as occasion offered, notably during the Investitures conflict.書かれた後にレオ9世(1049年から1054年の伝記)の詳細を再度教皇した。最初しかし、リベルPontificalisではないとして継続が、として提供されることもしばしば、Investituresの競合特に中。 In this way Bonizo of Sutri, in his "Liber ad amicum" or "De persecutione ecclesiæ", wrote lives of the popes from Leo IX to Gregory VII; he also wrote, as an introduction to the fourth book of his "Decretals", a "Chronicon Romanorum Pontificum" as far as Urban II (1088-99). 7にグレゴリーでの方法はBonizoはDeのストリは、彼の"自由の広告amicum"または"persecutione IX星空のレオから教皇の書き込みの生活を、ecclesiaの"、彼はまた、書いた本4として導入、彼の"decretals"の、は、"chronicon RomanorumのPontificum"限り)としての都市2(1088年〜1099年。 Cardinal Beno wrote a history of the Roman Church in opposition to Gregory VII, "Gesta Romanæ ecclesiæ contra Hildebrandum" (Mon. Germ. Hist., Libelli de lite, II, 368 sqq.).カーディナルベノ)がsqq名。368、第二の歴史を書いた、カトリック教会の反対にグレゴリー7世、"デンマーク人のRomanæ ecclesiaの反対Hildebrandumを"(月胚。シーッ。、Libelliデライト。 Important information concerning the popes is contained in the "Annales Romani", from 1044 to 1187, and is utilized, in part, by Duchesne in his edition of the Liber Pontificalis (below).重要な情報が教皇に関する部分であり、含まれる学派ロマーニは、"から"1044に、1187は、利用は、以下の()リベルPontificalisでデュシェーヌの彼の作品。 Only in the first half of the twelfth century was a systematic continuation again undertaken. 12世紀前半の最初のだけで行われた体系継続再び。 This is the Liber Pontificalis of Petrus Guillermi (son of William), so called by Duchesne after the manuscript written in 1142 by this Petrus in the monastery of St.これは聖ですリベルのPontificalisのペトリュスの息子(Guillermiウィリアム)、と呼ばれるように修道院がデュシェーヌ後に、このペトラスによって1142記述原稿 Gilles (Diocese of Reims).ジル(ランス主教区)。 But Petrus Guillermi merely copied, with certain additions and abbreviations, the biographies of the popes written by Pandulf, nephew of Hugo of Alatri.しかし、ペトラスGuillermiは単に略語コピーして、で特定の追加のアラトリヒューゴ伝記の甥、Pandulf教皇によって書かれた。 Following the lines of the old Liber Pontificalis, Pandulf had made a collection of the lives of the popes from St. Peter down; only from Leo IX does he add any original matter. Pontificalis古いリベル次の行の、Pandulfがダウンして、ピーターから聖教皇の生活のコレクションをしていた。レオ9世からのみ問題は元彼が追加した。 Down to Urban II (1088-99) his information is drawn from written sources; from Paschal II (1099-1118) to Honorius II (1124-30), after whose pontificate this recension of the Liber Pontificalis was written, we have a contemporary's own information.ダウンソースにウルバヌス2世(1088年〜1099年)彼の書から引き出される情報です。から復活祭の2世(1099〜1118))にホノリウス2世(1124年から1130年の我々が書かれていたリベルPontificalisている現代の後校訂を持つこのもったいぶって独自の情報。 Duchesne holds that all biographies from Gregory VII on were written by Pandulf, while earlier historians like Giesebrecht ("Allgemeine Monatsschrift", Halle, 1852, 260 sqq.) and Watterich (Romanorum Pontificum vitæ, I, LXVIII sqq.) had considered Cardinal Petrus Pisanus as author of the lives of Gregory VII, Victor III, and Urban II, and had attributed to Pandulf only the subsequent lives--ie those of Gelasius II, Callistus II, and Honorius II.デュシェーヌが保持それによってPandulf書かれたすべての伝記した上で7グレゴリーから、中のようなギーゼブレヒト歴史以前("アルゲマイネMonatsschrift"ハレ、1852、260 sqq名)とWatterichは(Romanorum Pontificum履歴書、私は、68 sqq名は。)ペトリュスを枢機卿ていたと考え第二の都市部と、ビクター3、Pisanusとして、著者の生活のグレゴリー7、および-生活に起因したにPandulfのみ後続の第二次すなわちホノリウスそれらのGelasius 2世、カリスツスII、および。 This series of papal biographies, extant only in the recension of Petrus Guillermi, is continued in the same manuscripts of the monastery of St. Gilles as far as Martin II (1281-5); however, the statements of this manuscript have no special value, being all taken from the Chronicle of Martinus Polonus.ペトリュスGuillermiの中でのみ校訂、現存するローマ法王伝記このシリーズは、値を特別ないこの原稿があるのと同じです。続けた原稿のステートメントは、修道院の聖ジル限り1281から5)(マーティンIIが、ただし、 、Polonusされてマルティヌスのすべての撮影クロニクルから。

On the other hand the series of papal lives written by the cardinal priest Boso (d. about 1178), has independent value; it was his intention to continue the old Liber Pontificalis from the death of Stephen V, with which life, as above said, the work ends.値を持ち、独立した枢機卿によってで書かれた生活一方シリーズは、ローマ法王の司祭房総半島(民主党)について1178、それは言われた彼の上記のように、人生、スティーブンVの意思に引き続き古いリベルPontificalisから死、作業が終了します。 For the popes from John XII to Gregory VII Boso drew on Bonizo of Sutri; for the lives from Gelasius II (1118-19), to Alexander III (1179-81) under whom Boso filled an important office, the work has independent value.房総グレゴリー7世はJohn 12からは教皇ストリの描いたBonizoに、1179年から1181年3世(アレクサンドル2世(1118年〜1119年)に)の生活からGelasius人で房総のオフィスを埋め重要な作品は、値を持って独立。 This collection, nevertheless, was not completed as a continuation of the Liber Pontificalis and it remained unnoticed for a long time.このコレクションは、それにもかかわらず、Pontificalisリベルの継続としてなかった完了し、それは時間残って長い気付かてください。 Cencius Camerarius, afterwards Honorius III, was the first to publish, together with his "Liber Censuum", the "Gesta Romanorum Pontificum" of Boso. Cenciusカメラリウスは、その後ホノリウス3世とされた最初の公開とともに、彼の"リベルCensuum"、"デンマーク人のRomanorum Pontificum"房総の。 Biographies of individual popes of the thirteenth century were written by various authors, but were not brought together in a continuation of the Liber Pontificalis.世紀13の教皇伝記は、個々のが、でていた書かれた様々な作家Pontificalisリベルされたの継続ではないもたらした一緒に。 Early in the fourteenth century an unknown author carried farther the above-mentioned continuation of Petrus Guillermi, and added biographies of the popes from Martin IV (d. 1281) to John XXII (1316-34); but the information is taken from the "Chronicon Pontificum" of Bernardus Guidonis, and the narrative reaches only to 1328.早期Guillermi継続のペトリュスで14に記載世紀運ば遠く上記著者が不明、と)1316年から1334年(ヨハネ22にマーティン4(民主党1281)から追加された伝記を教皇;が、情報から取得されます" Chronicon Pontificum"GuidonisのBernardusと、物語は1328のみに達する。 An independent continuation appeared in the reign of Eugene IV (1431-47). From Urban V (1362-70) to Martin V (1417-31), with whom this continuation ended, the biographies have special historical value; the epoch treated is broadly the time of the Great Western Schism.独立継続)は1431年から1447年4(ユージン登場の治世のから、都市のV(1362年〜1370年))にマーティンのV(1417年から1431年終わった人この継続、伝記は、値を持つ特別な歴史的、画期的に扱われるグレートウェスタン分裂広く時間。 A later recension of this continuation, accomplished under Eugene IV, offers several additions.この継続校訂後には、IVユージン達成の下で、追加を提供するいくつかの。 Finally, to the fifteenth century belong two collections of papal biographies, which were thought to be a continuation of the Liber Pontificalis, but nevertheless have remained separate and independent collections.最後に、20世紀に15がPontificalis、リベル継続のコレクションをすると考えられたのローマ法王の伝記に属する2つのにもかかわらず、コレクションを独立して残って独立。 The first comprises the popes from Benedict XII (1334-42) to Martin V (1417-31), and in another manuscript to Eugene IV (1431-47); the second reaches from Urban VI (1378-89) to Pius II (1458-64).最初の)(1431年から1447年4(1334年〜1342年)にマーティンユージンVの(1417年〜1431年)、および、別の原稿12で構成さ教皇からベネディクト;ピウス2世(2番目の上流から都市)6(1378年〜1389年1458年から1464年)。 For the last popes in each case they exhibit valuable historical material.ケース教皇の各最後は、彼らは素材を示す貴重な歴史。 In consequences of the peculiar development of the Liber Pontificalis as a whole, it follows that, in order to obtain the full value of the historical sources used in the Liber Pontificalis, each particular life, each larger or smaller group of lives, needs separate critical treatment.全体としてリベルPontificalis特有の開発では結果、それは必要な次のことで、生活小さなグループのまたはを得る大きな各最大限の価値を歴史的な情報源使用されてPontificalis、それぞれの特定の生活リベル、分離するための重要な治療。 The Liber Pontificalis was first edited by J. Busæus under the title "Anastasii bibliothecarii Vitæ seu Gesta. Romanorum Pontificum" (Mainz, 1602).リベルPontificalis)がされたjの最初の編集1602 Busæusの下"というタイトルAnastasii bibliothecariiティーセウデンマーク人。Romanorum Pontificum"(マインツ。 A new edition, with the "Historia ecclesiastica" of Anastasius, was edited by Fabrotti (Paris, 1647). ecclesiastica"のアナスタシオスヒストリア版は、"新しい)で編集されたFabrotti(パリ、1647。 The best of the older editions of the primitive Liber Pontificalis (down to Hadrian II), with edition of the life of Stephen VI, was done by Fr. 、第二下にハドリアヌス(最高は以前のエディションのリベル原始Pontificalis)スティーブンの生活の版とのVI神父によって行われた。 Bianchini (4 vols., Rome, 1718-35; a projected fifth volume did not appear). Bianchiniは(4 vols学です。、ローマ、1718年から1735年;投影第5巻)が表示されませんでした。 Muratori added to his reprint of this edition the lives of later popes down to John XXII (Scriptores rerum Italicarum, III).ムラトーリの生活版この追加に再版の彼の後)3、教皇ダウンはJohn 22(Scriptores rerum Italicarum。 The edition of Bianchini with several appendixes is found also in Migne (PL, CXXVII-VIII).いくつかの付録でビアンキーニのエディションが(ミーニュさも発見のPL、CXXVII - 8)。 For a classic edition of the early Liber Pontificalis, with all the above-mentioned continuations, we are indebted to the tireless industry of Louis Duchesne, "Liber Pontificalis. Texte, introduction et commentaire" (2 vols., Paris, 1886-92).継続早期リベルのは古典的な版Pontificalis述べたように、すべての上記、我々はデュシェーヌルイ疲れ業界している債務、"自由Pontificalis。テクスト、導入は他commentaire"(2 vols学、パリ、1886年から1892年) 。 Mommsen began a new critical edition of the same work under the title "Gestorum Pontificum Romanorum pars I: Liber Pontificalis" (Mon. Germ. hist.); the first volume extends to 715 (Berlin, 1898).モムゼンはRomanorumタイトル"Gestorum Pontificum同じ作業で始まった新しい重要な版の私を予防:リベルPontificalis"(月胚はシーッです。)最初のボリュームは715に拡張(ベルリン、1898)。

On the plan of the Roman Liber Pontificalis, and in obvious imitation, Agnellus, a priest of Ravenna, wrote the history of the bishops of that city, and called it "Liber Pontificalis Ecclesiæ Revennatis". Pontificalisローマリベルで計画し、ラヴェンナの明らかな模倣、Agnellus司祭の、、、その都市の司教の歴史を書いた"と呼ばれるそれは"自由Pontificalis ecclesiaのRevennatis。 It began with St. Apollinaris and reached to about 485 (see AGNELLUS OF RAVENNA).それは)の開始と聖AGNELLUS参照してくださいアポリナリスに達した(485についてはラヴェンナ。 This history of the bishops of Ravenna was continued, first by the unknown author to the end of the thirteenth century (1296), and afterwards to 1410 by Petrus Scordilli, provost of Ravenna. Other medieval chroniclers have also left collections of biographies of the bishops of particular sees, arranged on the lines of the Liber Pontificalis. Thus in 1071-2, at the order of Bishop Gundecharus of Eichstätt, the "Liber Pontificalis Eichstettensis" (ed. Bethmann in "Mon. Germ. hist., script.", VII, 242-50).のラヴェンナ司教の歴史はこのラヴェンナだった続けて、最初の(最後の未知の著者には、13世紀1296)、その後、憲兵に1410で、Scordilliペトリュスその他の中世の年代記があるにも司教の伝記の左にあるコレクションを特定のPontificalis見リベル行に配置します。で1071から2したがって、月の"Bethmannの司教のGundecharusアイヒシュテット、"自由Pontificalis Eichstettensis"(編注文で。胚芽。シーッています。、スクリプトを。" 、7、242から50)。 Many medieval archiepiscopal and episcopal sees possess, under the title of "Gesta", histories of the occupants of these sees.多くの中世の大司教と司教の考え持っているタイトルの下に、"デンマーク人の"見て、これらの乗員の歴史の。 Most of them offer very important original material for local diocesan history (for a list of them consult Potthast, "Bibliotheca historica medii ævi", 2nd ed., I,511, 514-6).それらのほとんどはed ævi"を、第2臀"図書館ヒストリカ提供教区の元の材料に重要な非常にローカルの歴史(それら相談ポタストを、リスト。、私は、511、514から6)。

Publication information Written by JP Kirsch.出版物の情報カーシュjpの執筆した。 Transcribed by Wm Stuart French, Jr..ウィリアムスチュアートでフランス語、ジュニア転写される。 Dedicated to Rev. Anselm Biggs, OSB The Catholic Encyclopedia, Volume IX. 、アンセルム牧師専用にビグスIX星空の百科事典は、ボリュームのOSBがカトリック。 Published 1910. 1910公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミーLafortは、検閲を行う。 Imprimatur.許可。 +John M. +のJohn M. Farley, Archbishop of New Yorkファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

Besides the learned Prolegomena to the editions of DUCHESNE and MOMMSEN, see DUCHESNE, Etude sur le Liber Pontificalis in Bibl.とエディションのデュシェーヌに文花ほか学んだモムゼンピンカス、エチュードシュルルリベルPontificalis件デュシェーヌ参照してください。 des Ecoles françaises d'Athènes et de Rome (1st series, Paris, 1877); IDEM.デエコールフランセーズd' Athènesらデローマ(1シリーズは、パリ、1877);同上。 La date et les récensions du Liber Pont.ラ日らレrecensionsはデュリベルポン。 in Revue de quest.レヴューデクエストです。 hist., XXVI (1879), 493-530; IDEM, Le premier Liber Pont., Ibid., XXIX (1881), 246-62; IDEM, La nouvelle édition du Liber Pont.シーッ。、26(1879)、493〜530;同上、ルプレミアリベルポン。、同上、29(1881)、246〜62;同上、ラヌーベル版デュリベルポン。 in Mélanges d'archéoal.メランジュd' archéoalインチ et d'hist., XVIII (1898), 381-417; GRISAR, Der Liber Pontif.らd'シーッ。、18(1898)、381〜417;グリザル、デアリベルPontif。 in Zeitschr. Zeitschrインチ für kath.エリーゼのキャス。 Theol., XI (1887), 417-46; IDEM, Analecta Romana, I (Rome, 1899). Theol。、11(1887)、417〜46;同上、語録印Romana、私(1899年ローマ)。 1 sqq.; WAITZ, Ueber die italienischen Handschriften des Liber Pont. 1 sqq名;ワイツ、Ueberダイitalienischen Handschriftenデリベルポン。 in Neues Archiv.ノエイスの資料館。 X (1885), 455-65 IDEM, Ueber den sogennanten Catalogus Felicianus der Päpste, ibid., XI (1886), 217-99: IDEM, Ueber die verschiedenen Texte des Liber Pont., ibid., IV (1879), 216-73; BRACKMANN, Reise nach Italien, ibid., XXVI (1901), 299-347; GIORGI, Appunti intorno ad alcuni manorcritti del Liber Pont. Xは(1885年)、455〜65同上、UeberデンPäpsteをsogennanten Catalogus Felicianusデル、同上、11(1886)、217〜99:同上、Ueberダイverschiedenenテクストデリベルポン。、同上、4(1879)、216 -73は、BRACKMANNは、ライスナーチイタリア奇想は、同上、26(1901)、299〜347;ジョルジ、Appunti intorno広告alcuni manorcrittiデルリベルポン。 in Archivio della Soc. ArchivioデッラSoCのです。 romana di storia patria, XX (1897), 247 sqq.; WATTERICH, Vitæ Pontif.印Romanaディストーリアのパトリア、20(1897)、247 sqq名; WATTERICH、履歴書Pontif。 Roman.ローマ。 (2 vols., Leipzig, 1862); LIGHTFOOT, The Apostolic Fathers. (2 vols学です。、ライプチヒ、1862);ライトフット、ローマ教皇の父親。 Part I: S. Clement of Rome, I (London, 1890). 303-25; FABRE: Etude sur le Liber Censuum de l'Eglise romaine in BIBL.パートI:米クレメントローマ、私(ロンドン、1890)。303〜25;ファー:ルリベルCensuumドレグリーズロメインレタスのピンカスシュルエチュード。 des Ecoles françaises d'Athènes et de Rome, n.デエコールフランセーズd' Athènesらデローマ、nを lxii (1st series, Paris, 1899); GLASSCHRÖDER, Des Lucas Holstenius Sammlung von Papstleben in Römische Quartalschr., IV (1890), 125 sqq.; IDEM. 62(1シリーズ、パリ、1899); GLASSCHRÖDER、デイルーカスホルステニウスSammlungフォンPapstleben QuartalschrでRömische。、4(1890)、125 sqq名;同上。 Vitæ aliquot Ponticum Sæc.ティー因数Ponticum Sæc。 XV, ibid., V (1891), 178 sqq.; IDEM, Zur Quellenkunde der Papstgesch. 15は、同上。は、V(1891)、178 sqq名;同上、ツアQuellenkundeデアPapstgesch。 des XIV.デ14。 Jahrhunderts in Historiches Jahrbuch, XI (1890), 240 sqq.; HARNACK. HistorichesでJahrhundertsはJahrbuch、11(1890)、240 sqq名を;ハルナック。 Ueber die Ordinationes im Papstbuch in Sitzungsber. OrdinationesはイムPapstbuchでSitzungsberダイUeber。 der Akad.デルは、Akad。 der Wiss.アンデアウィス。 Zu Berlin (1897), 761 sqq.; MOMMSEN.祖ベルリン(1897年)、761 sqq名;モムゼン。 Ordo et spatia episcoporum Romanorum in Libro Pontificali in Neues Archiv., XXI (1894), 333 sqq.; SÄ;GMÜLLER.オルドら視神経episcoporum RomanorumはPontificaliでリブロ資料館でノエイス。、21(1894)、333 sqq名;のSA; GMÜLLER。 Dietrich von Niem und der Liber Pontificalis in Hist.ディートリッヒフォンNiemはストリベルのPontificalis件デアウント。 Jahrbuch. Jahrbuch。 XV (1894), 802 sqq.; ROSENFELD, Ueber die Komposition des Liber Pontificalis bis zu Konstantin. 15(1894)、802 sqq名;ローゼンフェルド、UeberダイコンポジションデリベルPontificalisビスzuのコンスタンチン。 Dissert.論述。 (Marburg. 1896); SCHNÜRER, Der Verfasser der Vita Stephani II 752-757) im Liber Pontificalis in Histor. (Marburg. 1896); SCHNÜRER、アンデアをDERはVerfasserビータステファニー2 752から757)Pontificalis件Historリベルイム。 Jahrbuch. Jahrbuch。 XI (1890). 11(1890)。 425 sqq.; POTTHAST, Bibl. 425 sqq名;ポタスト、ピンカス。 hist.シーッ。 medii ævi, I, 737-9; DE SMEDT, Introductio generalis ad historiam eccl.臀ævi、私は、737から9;ドドゥスメト、Introductioのgeneralis広告historiamのよりeccl。 critice tractandam (Ghent, 1876), 220 sqq. criticeのtractandam(ゲント、1876)、220 sqq名。


The List of Popes教皇の一覧

Catholic Information カトリックの情報

St. Peter (32-67)聖ペテロ(32〜67)
St. Linus (67-76)聖ナス(67-76)
St. Anacletus (Cletus) (76-88)聖聖アナクレトス(クレタス)(76〜88)
St. Clement I (88-97)聖クレメント私(88〜97)
St. Evaristus (97-105)聖Evaristus(97-105)
St. Alexander I (105-115)聖私はアレキサンダー(105-115)
St. Sixtus I (115-125) -- also called Xystus I聖シクストゥス私は(115-125) - また、並木のある散歩道私と呼ばれる
St. Telesphorus (125-136)聖Telesphorus(125-136)
St. Hyginus (136-140)聖ヒギヌス(136-140)
St. Pius I (140-155)聖ピウス1世(140から155)
St. Anicetus (155-166)聖ルビーアカヤドリコバチ(155-166)
St. Soter (166-175)聖ソーター(166〜175)
St. Eleutherius (175-189)聖Eleutherius(175-189)
St. Victor I (189-199)セントビクター私(189から199)
St. Zephyrinus (199-217)聖Zephyrinus(199-217)
St. Callistus I (217-22)聖カリスツス私(217から22)
St. Urban I (222-30)聖私は(222〜30)の都市
St. Pontain (230-35)聖Pontain(230〜35)
St. Anterus (235-36)聖聖アンテルス(235〜36)
St. Fabian (236-50)聖ファビアン(236〜50)
St. Cornelius (251-53)聖コルネリウス(251〜53)
St. Lucius I (253-54)聖ルキウス1世(253〜54)
St. Stephen I (254-257)聖シュテファン1世(254-257)
St. Sixtus II (257-258)聖シクストゥス2世(257から258)
St. Dionysius (260-268)聖ディオニュシオス(260〜268)
St. Felix I (269-274)聖フェリックス私(269-274)
St. Eutychian (275-283)聖エウテュケス派の人(275-283)
St. Caius (283-296) -- also called Gaius聖キーズは(283〜296) - また、ガイウスと呼ばれる
St. Marcellinus (296-304)聖マルケリヌス(296〜304)
St. Marcellus I (308-309)聖マーセラス私(308から309)
St. Eusebius (309 or 310)聖ユーセビアス(309または310)
St. Miltiades (311-14)聖ミルティアデス(311〜14)
St. Sylvester I (314-35)聖私はシルベスター(314〜35)
St. Marcus (336)聖マーカス(336)
St. Julius I (337-52)聖ジュリアス私(337から52)
Liberius (352-66) Liberius(352〜66)
St. Damasus I (366-83)聖ダマソ1世(366〜83)
St. Siricius (384-99)聖Siricius(384〜99)
St. Anastasius I (399-401)聖アナスタシオス私(399から401)
St. Innocent I (401-17)聖私は(401〜17)イノセント
St. Zosimus (417-18)聖ゾシモス(417〜18)
St. Boniface I (418-22)セントボニファティウス1世(418〜22)
St. Celestine I (422-32)聖私は(422〜32)セレスティン
St. Sixtus III (432-40)聖シクストゥス3世(432〜40)
St. Leo I (the Great) (440-61)聖はレオ1世(大)(440〜61)
St. Hilarius (461-68)聖ヒラリウス(461〜68)
St. Simplicius (468-83)聖Simplicius(468〜83)
St. Felix III (II) (483-92)聖フェリックス3(2)(483〜92)
St. Gelasius I (492-96)聖Gelasius私(492から96)
Anastasius II (496-98)アナスタシオスⅡ(496〜98)
St. Symmachus (498-514)聖シンマクス(498〜514)
St. Hormisdas (514-23)聖ホルミスダス(514〜23)
St. John I (523-26)聖ヨハネ私(523から26)
St. Felix IV (III) (526-30)聖フェリックス4(3)(526〜30)
Boniface II (530-32)ボニフェイス2世(530〜32)
John II (533-35)ジョン2世(533〜35)
St. Agapetus I (535-36) -- also called Agapitus I聖Agapetus私は(535〜36) - また、Agapitus私と呼ばれる
St. Silverius (536-37)聖シルヴェリウス(536〜37)
Vigilius (537-55) Vigilius(537〜55)
Pelagius I (556-61)ペラギウス1世(556〜61)
John III (561-74)ジョン3世(561〜74)
Benedict I (575-79)ベネディクト私(575から79)
Pelagius II (579-90)ペラギウス2世(579〜90)
St. Gregory I (the Great) (590-604)聖私は(大)(590〜604)グレゴリー
Sabinian (604-606) (604〜606)Sabinian
Boniface III (607)ボニフェイス3(607)
St. Boniface IV (608-15)聖ボニフェイス4(608〜15)
St. Deusdedit (Adeodatus I) (615-18)聖デウスデディトゥス(Adeodatus私を)(615〜18)
Boniface V (619-25)ボニフェイスのV(619〜25)
Honorius I (625-38)ホノリウス1世(625〜38)
Severinus (640)セベリヌス(640)
John IV (640-42)ジョン4(640〜42)
Theodore I (642-49)テオドロス1世(642〜49)
St. Martin I (649-55)聖マーティン私(649から55)
St. Eugene I (655-57)セントユージーン私(655から57)
St. Vitalian (657-72)聖(657〜72)Vitalian
Adeodatus (II) (672-76) Adeodatus(2)(672〜76)
Donus (676-78) Donus(676〜78)
St. Agatho (678-81)聖Agatho(678〜81)
St. Leo II (682-83)聖レオ2世(682〜83)
St. Benedict II (684-85)聖ベネディクト2世(684〜85)
John V (685-86)ジョンのV(685〜86)
Conon (686-87)コノン(686〜87)
St. Sergius I (687-701)聖セルギウス1世(687から701)
John VI (701-05)ジョン6(701〜05)
John VII (705-07)ジョン7(705〜07)
Sisinnius (708) Sisinnius(708)
Constantine (708-15)コンスタンティン(708〜15)
St. Gregory II (715-31)聖グレゴリー2世(715〜31)
St. Gregory III (731-41)聖グレゴリー3世(731〜41)
St. Zachary (741-52)聖ザカリー(741〜52)
Stephen II (752) -- Because he died before being consecrated, some lists (including the Vatican's official list) omit him.スティーブンIIは(752) -彼のため聖される前に死亡した、公式のリストバチカン一部のリストは、(を含む)は、彼を省略します。
Stephen III (752-57)ステファン3世(752〜57)
St. Paul I (757-67)セントポール私(757から67)
Stephen IV (767-72)ステファン4(767〜72)
Adrian I (772-95)私は(772〜95)エイドリアン
St. Leo III (795-816)聖レオ3世(795から816)
Stephen V (816-17)ステファンのV(816〜17)
St. Paschal I (817-24)聖私は(817〜24)パスカル
Eugene II (824-27)ユージーン2世(824〜27)
Valentine (827)バレンタイン(827)
Gregory IV (827-44)グレゴリー4(827〜44)
Sergius II (844-47)セルギウス2世(844〜47)
St. Leo IV (847-55)聖レオ4世(847〜55)
Benedict III (855-58)ベネディクト3世(855〜58)
St. Nicholas I (the Great) (858-67)聖は、ニコライ1世(大)(858〜67)
Adrian II (867-72)エイドリアン2世(867〜72)
John VIII (872-82)ジョン8(872〜82)
Marinus I (882-84)マリヌス私(882から84)
St. Adrian III (884-85)聖エイドリアン3(884〜85)
Stephen VI (885-91)ステファン6(885〜91)
Formosus (891-96)ヒキガエル(891〜96)
Boniface VI (896)ボニフェイス6(896)
Stephen VII (896-97)ステファン7(896〜97)
Romanus (897)ローマヌス(897)
Theodore II (897)セオドアⅡ(897)
John IX (898-900)ジョンIX星空の守り(898〜900)
Benedict IV (900-03)ベネディクト4(900〜03)
Leo V (903)レオのV(903)
Sergius III (904-11)セルギウス3世(904〜11)
Anastasius III (911-13)アナスタシオス3世(911〜13)
Lando (913-14)ランドー(913〜14)
John X (914-28)ジョンX(914〜28)
Leo VI (928)レオ6(928)
Stephen VIII (929-31)スティーブンVIII型(929〜31)
John XI (931-35)ジョンオブファイターズXI(931〜35)
Leo VII (936-39)レオ7(936〜39)
Stephen IX (939-42)スティーブンIX星空の守り(939〜42)
Marinus II (942-46)マリヌスⅡ(942〜46)
Agapetus II (946-55) AgapetusⅡ(946〜55)
John XII (955-63)ジョン12(955〜63)
Leo VIII (963-64)レオ8(963〜64)
Benedict V (964)ベネディクトのV(964)
John XIII (965-72)ジョン13(965〜72)
Benedict VI (973-74)ベネディクト6(973〜74)
Benedict VII (974-83)ベネディクト7(974〜83)
John XIV (983-84)ジョン14(983〜84)
John XV (985-96)ジョン15(985〜96)
Gregory V (996-99)グレゴリーのV(996〜99)
Sylvester II (999-1003)シルベスター2世(999〜1003)
John XVII (1003)ジョン17(1003)
John XVIII (1003-09)ジョン18(1003〜09)
Sergius IV (1009-12)セルギウス4世(1009年〜1012年)
Benedict VIII (1012-24)ベネディクトⅧ(1012年〜1024年)
John XIX (1024-32)ジョン19(1024〜32)
Benedict IX (1032-45) Benedict IX appears on this list three separate times, because he was twice removed and restored (see below)表示されたら、このリストの3つの別々の回)、彼がいたから2回削除して)ベネディクト1032年から1045年IXは(ベネディクト9復元参照してください(下
Sylvester III (1045) -- Considered by some to be an antipopeシルベスター3(1045) - いくつかの教皇とされること考慮
Benedict IX (1045)ベネディクト9(1045)
Gregory VI (1045-46)グレゴリー6(1045年〜1046年)
Clement II (1046-47)クレメント2世(1046年〜1047年)
Benedict IX (1047-48)ベネディクト9(1047年〜1048年)
Damasus II (1048)ダマソⅡ(1048)
St. Leo IX (1049-54)聖レオ9世(1049年〜1054年)
Victor II (1055-57)ビクター2世(1055年〜1057年)
Stephen X (1057-58)スティーブンのX(1057年〜1058年)
Nicholas II (1058-61)ニコラス2世(1058年〜1061年)
Alexander II (1061-73)アレクサンダー2世(1061年〜1073年)
St. Gregory VII (1073-85)聖グレゴリー7(1073年〜1085年)
Blessed Victor III (1086-87)祝福ビクター3世(1086年〜1087年)
Blessed Urban II (1088-99)都市Ⅱ(1088年〜1099年)祝福
Paschal II (1099-1118)パスカルⅡ(1099〜1118)
Gelasius II (1118-19) GelasiusⅡ(1118年〜1119年)
Callistus II (1119-24)カリスツスⅡ(1119年〜1124年)
Honorius II (1124-30)ホノリウス2世(1124年〜1130年)
Innocent II (1130-43)イノセント2(1130年〜1143年)
Celestine II (1143-44)セレスティンⅡ(1143年〜1144年)
Lucius II (1144-45)ルシウス2世(1144年〜1145年)
Blessed Eugene III (1145-53)ユージーンIIIを(1145年〜1153年)祝福
Anastasius IV (1153-54)アナスタシオス4世(1153年〜1154年)
Adrian IV (1154-59)エイドリアン4(1154年〜1159年)
Alexander III (1159-81)アレクサンダー3世(1159年〜1181年)
Lucius III (1181-85)ルキウス3世(1181年〜1185年)
Urban III (1185-87)都市Ⅲ(1185年〜1187年)
Gregory VIII (1187)グレゴリー8(1187)
Clement III (1187-91)クレメント3世(1187年〜1191年)
Celestine III (1191-98)セレスティン3世(1191年〜1198年)
Innocent III (1198-1216)インノケンティウス3世(1198-1216)
Honorius III (1216-27)ホノリウス3世(1216年〜1227年)
Gregory IX (1227-41)グレゴリー9(1227年〜1241年)
Celestine IV (1241)セレスティンの4(1241)
Innocent IV (1243-54)イノセント4(1243年〜1254年)
Alexander IV (1254-61)アレクサンダー4(1254年〜1261年)
Urban IV (1261-64)都市4(1261年〜1264年)
Clement IV (1265-68)クレメント4(1265年〜1268年)
Blessed Gregory X (1271-76) Xのグレゴリーを祝福(1271年〜1276年)
Blessed Innocent V (1276)イノセントVを(1276)祝福
Adrian V (1276)エイドリアンのV(1276)
John XXI (1276-77)ジョン21(1276〜77)
Nicholas III (1277-80)ニコラス3世(1277年〜1280年)
Martin IV (1281-85)マーティン4世(1281年〜1285年)
Honorius IV (1285-87)ホノリウス4世(1285年〜1287年)
Nicholas IV (1288-92)ニコラス4世(1288年〜1292年)
St. Celestine V (1294)セントセレスティンのV(1294)
Boniface VIII (1294-1303)ボニフェイス8(1294〜1303)
Blessed Benedict XI (1303-04)ベネディクトXIを(1303年〜1304年)祝福
Clement V (1305-14)クレメントのV(1305年〜1314年)
John XXII (1316-34)ジョン22(1316〜34)
Benedict XII (1334-42)ベネディクト12世(1334年〜1342年)
Clement VI (1342-52)クレメント6(1342年〜1352年)
Innocent VI (1352-62)イノセント6世(1352年〜1362年)
Blessed Urban V (1362-70)都市Vを(1362年〜1370年)祝福
Gregory XI (1370-78)グレゴリーファイターズXI(1370年〜1378年)
Urban VI (1378-89)都市6(1378年〜1389年)
Boniface IX (1389-1404)ボニフェイス9(1389〜1404)
Innocent VII (1404-06)イノセント7世(1404年〜1406年)
Gregory XII (1406-15)グレゴリー12(1406〜15)
Martin V (1417-31)マーティンのV(1417年〜1431年)
Eugene IV (1431-47)ユージーン4(1431年〜1447年)
Nicholas V (1447-55)ニコラスVの(1447年〜1455年)
Callistus III (1455-58)カリスツス3世(1455年〜1458年)
Pius II (1458-64)ピウス2世(1458年〜1464年)
Paul II (1464-71)ポール2世(1464年〜1471年)
Sixtus IV (1471-84)シクストゥス4世(1471年〜1484年)
Innocent VIII (1484-92)イノセント8(1484〜92)
Alexander VI (1492-1503)アレクサンダー6(1492〜1503)
Pius III (1503)ピウス3世(1503)
Julius II (1503-13)ユリウス2世(1503年〜1513年)
Leo X (1513-21)レオ(1513年〜1521年)
Adrian VI (1522-23)エイドリアン6(1522年〜1523年)
Clement VII (1523-34)クレメント7(1523年〜1534年)
Paul III (1534-49)ポール3世(1534年〜1549年)
Julius III (1550-55)ユリウス3世(1550年〜1555年)
Marcellus II (1555)マーセラスⅡ(1555)
Paul IV (1555-59)ポール4(1555年〜1559年)
Pius IV (1559-65)ピウス4世(1559年〜1565年)
St. Pius V (1566-72)聖ピウスv(1566年〜1572年)
Gregory XIII (1572-85)グレゴリー13(1572〜85)
Sixtus V (1585-90)シクストゥス5世(1585年〜1590年)
Urban VII (1590)都市7(1590)
Gregory XIV (1590-91)グレゴリー14世(1590年〜1591年)
Innocent IX (1591)イノセント9(1591)
Clement VIII (1592-1605)クレメント8(1592〜1605)
Leo XI (1605)レオ11(1605)
Paul V (1605-21)ポールのV(1605年〜1621年)
Gregory XV (1621-23)グレゴリー15(1621〜23)
Urban VIII (1623-44)都市VIII空と(1623年〜1644年)
Innocent X (1644-55) Xの(1644年〜1655年)イノセント
Alexander VII (1655-67)アレクサンダー7(1655年〜1667年)
Clement IX (1667-69)クレメント9(1667年〜1669年)
Clement X (1670-76)クレメントのX(1670年〜1676年)
Blessed Innocent XI (1676-89)イノセントXIを(1676年〜1689年)祝福
Alexander VIII (1689-91)アレクサンダー8(1689〜91)
Innocent XII (1691-1700)インノケンティウス12(1691-1700)
Clement XI (1700-21)クレメントファイターズXI(1700年〜1721年)
Innocent XIII (1721-24)イノセント13(1721〜24)
Benedict XIII (1724-30)ベネディクト13世(1724年〜1730年)
Clement XII (1730-40)クレメント12(1730〜40)
Benedict XIV (1740-58)ベネディクト14世(1740年〜1758年)
Clement XIII (1758-69)クレメント13(1758〜69)
Clement XIV (1769-74)クレメント14世(1769年〜1774年)
Pius VI (1775-99)ピウス6世(1775年〜1799年)
Pius VII (1800-23)ピウス7世(1800年〜1823年)
Leo XII (1823-29)レオ12(1823〜29)
Pius VIII (1829-30)ピウス8世(1829年〜1830年)
Gregory XVI (1831-46)グレゴリー16(1831〜46)
Blessed Pius IX (1846-78)ピウス9世を(1846年〜1878年)祝福
Leo XIII (1878-1903)レオ13世(1878〜1903)
St. Pius X (1903-14)聖ピウスX(1903年〜1914年)
Benedict XV (1914-22)ベネディクト15世(1914年〜1922年)
Pius XI (1922-39)ピウス11世(1922年〜1939年)
Pius XII (1939-58)ピウス12世(1939年〜1958年)
Blessed John XXIII (1958-63)祝福ヨハネ23世(1958年〜1963年)
Paul VI (1963-78)ポール6(1963年〜1978年)
John Paul I (1978)ヨハネパウロ2世(1978年)
John Paul II (1978-2005)ヨハネパウロ2世(1978-2005)
Benedict XVI (2005-)ベネディクト16世(2005 - )

Publication information The Catholic Encyclopedia, Volume XII.出版物の情報カトリック百科事典、ボリューム12。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, June 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミーLafortはで、STD、検閲を行う。 Imprimatur. +John Cardinal Farley, Archbishop of New York許可+ジョン枢機卿ファーリー、ニューヨークニューヨーク大司教の




Also, see:また、参照してください:
Papacy ローマ教皇

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです