Realismリアリズム

General Information 一般的な情報

Realism denotes two distinct sets of philosophical theories, one regarding the nature of universal concepts and the other dealing with knowledge of objects in the world.リアリズムは、哲学理論のセットを示します2つの世界のオブジェクトに関する性質を知識の取引他と概念の普遍的。

In late - classical and medieval philosophy, realism was a development of the Platonic theory of Forms and held, generally, that universals such as "red" or "man" have an independent, objective existence, either in a realm of their own or in the mind of God.哲学では後半-古典、中世、リアリズムは理論のプラトニックな開発のされたフォームを開催、一般的に、その普遍性などの"赤"または"man、またはレルムの自分"のいずれかに存在することを、客観的な独立した、神の心。 Medieval realism is usually contrasted with Nominalism, and the classic critiques of realism from this point of view were provided by Peter Abelard and William of Occam.中世のリアリズムは、オッカムのです対照的に、通常と唯名論クラシック批評し、点から、このリアリズムのウィリアムとアベラードのビューを提供されたピーター。

In modern philosophy realism is a broad term, encompassing several movements whose unity lies in a common rejection of philosophical Idealism.リアリズムでは現代哲学の観念論は広範な用語哲学拒絶反応の、包括的統一にあるのを持ついくつかの動きを。 In its most general form realism asserts that objects in the external world exist independently of what is thought about them.リアリズムでは、その最も一般的なフォームにアサート外部オブジェクトが約世界と考えられるものの独立して存在する。 The most straightforward of such theories is usually known as naive realism.ほとんどの理論などの簡単なはのリアリズムナイーブとして通常知られている。 It contends that in perception humans are made directly aware of objects and their attributes and thus have immediate access to the external world.これは、世界主張という点で認識の属性の人間がオブジェクトですした直接認識しており、外部へのアクセスをこのようにしてすぐに。 This view fails, however, to explain perceptual mistakes and illusions, and most realists argue that causal processes in the mind mediate, or interpret, directly perceived appearances.このビューは、外観を失敗すると、しかし、幻想を説明する知覚ミスと、ほとんどの知覚実在のプロセスで因果主張心仲介、または解釈、直接。 Thus the objects remain in essence independent, although the causal mechanism may distort, or even wholly falsify, the individual's knowledge of them.偽って、それらの個々の知識の100%このオブジェクトはもやのままの本質独立、因果関係のメカニズムがあります歪曲が。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌
AH Armstrong, The Cambridge History of Later Greek and Early Medieval Philosophy (1967); DM Armstrong, Universals and Scientific Realism (1978); RM Chisholm, Realism and the Background of Phenomenology (1960); J Leplin, ed., Scientific Realism (1985); H Putnam, Meaning and the Moral Sciences (1978); RM Rorty, Philosophy and the Mirror of Nature (1979); J Smart, Philosophy and Scientific Realism (1963); P Smith, Realism and Progress of Science (1982); H Veatch, Realism and Nominalism Revisited (1954); J Wild, Introduction to Realistic Philosophy (1984). AHはアームストロング、(1967)哲学ケンブリッジの歴史その後、ギリシャ語、中世初期の、DMはアームストロング、普遍と科学的リアリズム(1978);のRMチザム、リアリズムとの現象の背景(1960)とJ Leplin、エド。、科学的リアリズム( 1985);のHパトナム)の意味と道徳科学(1978; RMのローティ、哲学と自然ミラー(1979)とJ哲学スマート、そして科学的リアリズム(1963); Pスミス、リアリズムと科学の進歩(1982)はHベアッチ、リアリズムと唯名論、再び(1954); J)をワイルド1984(入門リアルな哲学。


Realismリアリズム

Advanced Information 詳細情報

The theory of knowledge that maintains that "universals" (general concepts representing the common elements belonging to individuals of the same genus or species) have a separate existence apart from individual objects.個々のオブジェクト理論から知識を維持は、"普遍性"は同じです(一般的な概念は、個人を表す共通の要素に属する属離れて別の存在やある種)。 It stands in contrast to nominalism, which held that universals had no reality apart from their existence in the though of an individual.それは個人のもに立つ存在のコントラストは離れてから唯名論、現実を普遍があったも開催が。 Plato's insistence that there is a realm of universals above the material universe as real as individual objects themselves had a great influence on medieval thought.プラトンの主張は、そこに中世の影響を大きなていた個々のオブジェクト自体は、普遍性の領域上記のように宇宙の実が材料と思った。

Anselm's form of realism led him to the belief that by giving proper attention to universal concepts one could prove the truths of theology.フォームのリアリズムのアンセルム信念につながった彼が神学の真理を適切に与える注目を証明できるの概念1つは普遍的に。 He accepted revealed truth, but was convinced that one should exercise reason in apprehending the truth.彼はしかし、真実を受け入れ、真実を明らかにしたと確信し逮捕の理由を行使しなければならない1つが。 For example, he was convinced that by "necessary reasons" he could demonstrate the existence of God.たとえば、彼は神だったと確信しそれによって"必要な理由が存在することをことを実証彼は"。 Because God is the greatest of beings, Anselm reasoned in his Proslogion, he must exist in reality as well as in thought, for if he existed in thought only, a greater being could be conceived of.また彼はする必要があります現実に存在するとして場合の考え、彼は存在していたの構想と思っただけ、それ以降がされてできることがあるため、Proslogion神は彼の中で最も大きなの理由をアンセルムは、人間。 Thus from consideration of an ideal or universal Anselm believed that he could derive truth about what actually exists.ユニバーサルアンセルムまたは理想的なこのからの一考察が存在すると信じて、実際にどのような真実を得る彼はことができます。

Augustine had modified Plato's realism by holding that universals existed before the material universe in God's creative mind.アウグスティヌスは、宇宙素材の存在の前に普遍性があった変更を保持しプラトンのリアリズムを念頭に置いて、神の創造。 This viewpoint was expanded by twelfth century ultrarealists, such as Duns Scotus, Odo of Tournai, and William of Champeaux (in his early years), to posit that the logical and real orders are exactly parallel.このような観点は、並列正確のトゥルネー、ウィリアム小戸だった拡大で12 ultrarealists世紀などスコトゥスダンス、彼のシャンポー(初期年です注文が)に主権者は、実際の論理と。 By proposing that universals come before individuals, the ultrarealists maintained that the reality of individuals came from the universal.個人の前で提案してくる普遍性は、ultrarealistsは普遍的な維持現実はその個人から来た。 Thus humanity as a universal preceded individual men. In this fashion they explained theological concepts such as transmission of original sin in the human race and the oneness of the Trinity: God comes first; Father, Son and Holy Spirit share together in God.個々の男性の前にこのように人類が普遍的には、ファッションでは、この彼らは神が人間の罪で元のように伝送などの説明神学の概念をレースの一体とトリニティ:来る神は最初、父と子と聖霊の共有で一緒に。

Thomas Aquinas in his Summa Theologica amended this ultrarealist position by developing Aristotle's doctrine that universals have a being only in material objects.トマスアクィナスは神学の彼のサマの教義を開発してアリストテレスのでの位置を修正このultrarealistその普遍性を持つオブジェクトの素材されてのみです。 According to Aquinas we cannot assert that universals exist wholly apart from individual objects inasmuch as we know of them only through sensory impressions of individual objects.オブジェクトによると、アクィナス個人の印象普遍が存在する限り完全に離れてオブジェクトから個々のだけれども、我々が主張することはできませんを通じて感覚にのみ、我々が知っている。 Thus universals are abstracted from the knowledge rooted in individual things.したがって普遍物事個されている抽象化根ざした知識から。 This "moderate realism" stressed that human reason could not totally grasp God's being. One could profitably use reason, then, to determine universals, and one could use reason in theology whenever it was concerned with the connection between universals and individual objects.この"穏健な写実主義は、"オブジェクトと強調、人間の個々の、その理由を普遍でした完全に把握し、神がしの、されて1つは可能性の理由を使用して収益性を、決定することが1つは、普遍性の間の接続関係がされたときに使用する理由を、神学。

Realism had a great effect on the "natural theology" of medieval scholasticism.リアリズムは、スコラ"中世の神学の影響に"自然なていた。 It affected both the method of demonstration and the shape of the theological dogmas which resulted.それが結果メソッドの両方の影響をデモ教義神学形状と。 One notes its influence to a lesser extent after the Reformation in both Roman Catholic Neo - Thomist circles and among Protestants who emphasize the "unity" of the human race in the passing on of original sin (eg, WGT Shedd). 1つは)少額シェッドと指摘し、その影響は、改革のより少ない程度後の両方カトリックネオThomistの-界などの原罪(上で通過レース人間の"との間でプロテスタントを強調"の結束を。

DA Rausch DAはラウシュ

(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
DM Armstrong, Universals and Scientific Realism: Nominalism and Realism, II; F Copleston, History of Philosophy, II; R Seeberg, Textbook of the History of Doctrines; M deWulf, History of Medieval Philosophy, I; WGT Shedd, Dogmatic Theology; E Gilson, History of Christian Philosophy in the Middle Ages. DMはアームストロング、普遍と科学的リアリズム:唯名論とリアリズム、ⅡてからFコプルストン、哲学の歴史、2世;研究ゼーベルク、教科書教史; MのdeWulf、哲学中世の歴史、私;少額シェッド、独断的な神学;メールジルソン、中世中東哲学史、キリスト教。


An Additional Observation追加観察

I write to inform you that the well written article on 'Realism - Advanced Information' contains an error of fact which is incorrectly attributed to St. Anselm's ontological argument of the existence of God. The error is contained in the following quotation (bold type):私は神の存在を知らせることをを書くだけ書かれた記事は、上の'引数の存在論アンセルム聖リアリズムに-原因が誤ってエラーを事実である'が含まれている情報詳細。エラーが)タイプ太字含まれる次の二重引用符( :

Anselm's form of realism led him to the belief that by giving proper attention to universal concepts one could prove the truths of theology. He accepted revealed truth, but was convinced that one should exercise reason in apprehending the truth.フォームのリアリズムのアンセルム信念につながった彼が神学の真理を適切に与える注目を証明できるの概念1つは普遍的に彼はしかし、真実を受け入れ、真実を明らかにしたと確信し逮捕の理由を行使しなければならない1つが。 For example, he was convinced that by "necessary reasons" he could demonstrate the existence of God.たとえば、彼は神だったと確信しそれによって"必要な理由が存在することをことを実証彼は"。 Because God is the greatest of beings, Anselm reasoned in his Proslogion, he must exist in reality as well as in thought, for if he existed in thought only, a greater being could be conceived of. Thus from consideration of an ideal or universal Anselm believed that he could derive truth about what actually exists.また彼はする必要があります現実に存在するとして場合の考え、彼は存在していたの構想と思っただけ、それ以降がされてできることがあるため、Proslogion神は彼の中で最も大きなの理由をアンセルムは、人間。ユニバーサルアンセルムまたは理想的なこのからの配慮が存在すると信じて、実際にどのような真実を得る彼はことができます。

Anselm also stated 'rational considerations' as a means to understanding Holy Scripture:アンセルムは、'特記理解教典をするための手段としての合理的な考慮事項:
If sometimes on the basis of rational considerations we sometimes make a statement which we cannot clearly exhibit in the words of Holy Scripture, or cannot prove by reference to these words, nonetheless in the following way we know by means of Scripture whether the statement ought to be accepted or rejected.または、教典の言葉場合もあるが示すことができるnot basis我々のステートメントを犯すことがある私合理的配慮交錯啓典means参照by証明できないtoこれらのwords、それにもかかわらずで知っている我々の方法following whetherステートメントはすべきに受け入れられるか拒否されました。

Even from this quotation 'necessary reasons' cannot be applied to demonstrate the existence of God.理由は'もこの二重引用符'に必要な神の存在を実証する適用することはできません。 Anselm consistently shows that the application of reason can be given to explain why a thing is not impossible but necessary, but not to presume by reason to understand the cause of truth in itself.アンセルムは一貫して自分自身を示し、アプリケーションがその真理の原因を理由することができますがいるものを指定して説明する理由を理解するためではなく推定するのではなく、必要なほとんど不可能です。

Dr. Ciro Vecchione.博士シロVecchione。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです