Sect, Sectarianismセクト、派閥

Advanced Information 詳細情報

(Lat. secta, "party, school, faction," perhaps deriving from the past participle either of secare, "to cut, to separate," or of sequi, "to follow"). (Lat.のsectaは、"パーティー、学校、派閥、"おそらくsecareの過去分詞のいずれかから派生、")"を分離するためにカット、または"sequi従って、"。 A group whose identity partially consists of belonging to a larger social body, typically a religious body.身元グループの一部の体の社会的拡大構成されての所属する機関は、通常の宗教。 The sect's identity is further derived from its principal leader or from a distinctive teaching or practice.宗派のIDが練習や指導をさらに由来独特の主要リーダーやから。 The term has regularly been applied to groups that break away from existing religious bodies, such as the early Christians who separated from Judaism or the Protestants who separated from Roman Catholicism.この用語はカトリックがローマから分離定期的にプロテスタントされて適用されたグループユダヤ教や分離から抜け出すキリスト教徒の初期から離れ、既存の宗教団体として、このような。 The term has also been applied to such groups as maintain their identity without separating from the larger religious body, for example, the Pharisees among the Jews or the Puritans in the Church of England.この用語は体が宗教的な拡大にされて適用されるも分離からなくアイデンティティを自分たちのようなグループとして維持するため、例えば、イングランドの教会パリサイ人の中でピューリタンユダヤ人や。 In the broadest sense even an unorganized popular religious movement can be called a sect.宗派さと呼ばれる広い意味でも、することができます動きが宗教的な未組織人気があります。 Occasionally some condemnation or criticism of the group so named may be implied.時折いくつかの非難または名前付きので、批判がグループの明示されることがあります。

"Sectarianism" in a narrow sense denotes zeal for, or attachment to, a sect. "派閥"がある意味で狭い宗派の意味熱意、添付ファイルまたは。 Likewise, it connotes an excessively zealous and doctrinaire narrow - mindedness that would quickly judge and condemn those who disagree.同様に、それはそうは思わない迅速に判断し、非難する人々を内包する熱心すぎると振りを教条狭い- 。 In a broader sense, however, "sectarianism" denotes the historical process by which all the divisions in major world religions have come about.ある意味ではより広範な、しかし、"派閥"が約宗教が来部門を意味するすべての人の歴史的プロセスを世界の主要なています。 In the history of Christianity, for example, sectarianism is a prevalent theme from the Judaizers and Nicolaitans of the NT to the many new denominations emerging in recent times.たとえば、キリスト教の歴史では、派閥がタイム新興最近の宗派は一般的なテーマJudaizersから新しいニコライ多くのNTに。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Sociologists of religion have appropriated the term "sect" as a label for a specific type of religious movement.宗教の社会学者の動き宗教的な特定の型のラベルとして"この法律において"宗派を持って充当。 In the typology of religious movements that has developed from the pioneering work of Ernst Troeltsch, the sect is a formally organized religious body that arises in protest against and competition with the pervasive religion of a society.トレルチのエルンストの作品の先駆的でから開発している宗教的な動きの類型、宗派、社会普及の宗教との競争正式に組織し、反対発生で抗議宗教団体。

The pervasive religion, whether Jewish, Islamic, or Christian, is classified as a "church" or "denomination."普及宗教かどうか、ユダヤ人は、イスラム、キリスト教、宗派"であるかに分類として"教会"。" The pervasive religion is highly organized and deeply integrated into the society's social and economic structure, but it makes few demands on members for active participation or personal commitment.普及宗教が組織化され非常に深く構造の経済統合に社会の社会が、それは約束または個人の参加活動のためになるいくつかの要求を上にメンバー。 The sect, however, demands a high degree of participation and a suitable display of individual loyalty and spiritual commitment.宗派は、しかし、コミットメント度の高い要求に参加忠誠心と精神的な個々の適切な表示をします。 While the church has compromised and accommodated its doctrines and practices to the secular society, the sect rejects all such accommodations or compromises and sets itself against both church and secular society to defend a purer doctrine and practice.妥協がいる教会は、社会収容その教説世俗と実践を、宗派は妥協を拒否するようなすべての宿泊施設や練習をし、設定自体を反対の両方の教会の教義純粋な世俗主義の社会に守る。 Comparative study of the many Christian sects has led scholars to suggest several different categories of sect types such as the conversionist, the adventist, and the gnostic.キリスト教の宗派の多くの比較研究のグノーシス主義が、conversionistなどの型の宗派別のカテゴリを率いて学者にお勧めいくつかのアドベンチスト、および。 The organization and government of most sects are more democratic than that of a church or denomination; likewise, the leadership is frequently less experienced and nonprofessional.組織と宗派、ほとんどの政府は、宗派や教会より民主的なよりもの、同様に、指導部は素人が頻繁に経験の少ないと。

The life span of a sect is usually short.宗派の寿命は通常は短いです。 Many, but not all, sects gradually lose their sectarian character and acquire the status of a church after a generation or two.多くは、すべてではない、2つの宗派宗派徐々に失うの文字をステータスと取得や教会の後の世代。 Thus, modern Protestant denominations began as sects.したがって、現代のプロテスタント宗派は宗派として始まった。 Yet, not all sects mature into churches.しかし、教会はすべての成熟の宗派。 The so - called established sect manages to avoid accommodation and compromise and keeps its spirit of religious protest and opposition to secular society viable indefinitely.よう-と呼ばれる既存の宗派は、妥協と他の宿泊施設管理を避けると無期限に社会生世俗続けるその精神と抗議の宗教に反対する。

HK Gallatin香港ギャラティン
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
RK Mac Master, NCE , XIII; TF O'Dea, International Encyclopedia of the Social Sciences, XIV; HR Niebuhr, Encyclopedia of Social Sciences, XIII, and The Social Sources of Denominationalism; WJ Warner, A Dictionary of the Social Sciences; WJ Whalen, NCE , XIII; WT Whitley, HERE , XI; E Troeltsch, The Social Teachings of the Christian Churches; BR Wilson, Sects and Society: A Sociological Study of the Elim Tabernacle, Christian Science, and Christadelphians; J Wilson, Religion in American Society: The Effective Presence; JM Yinger, Religion in the Struggle for Power.並列マックマスター、NCEは、13;タスクフォースオデア、社会科学国際百科事典、14、人事ニーバー、13、百科事典の社会科学、情報源の分派社会;のWJワーナー、科学社会の辞書;のWJホエーラン、NCEは、13;有線ウィットレイ、ここ、11;メールトレルチは、キリスト教の教会の社会的教え、BRのウィルソン、宗派と社会:クリスチャンサイエンス幕屋社会研究のエリムとChristadelphians; Jウィルソン、宗教のアメリカの社会:効果的なプレゼンス。ジェイアンドエムインガー、宗教パワー闘争のためのです。


Sect and Sectsセクトと宗派

Catholic Information カトリックの情報

I. ETYMOLOGY AND MEANING第1語源と意味

The word "sect" is not derived, as is sometimes asserted, from secare, to cut, to dissect, but from sequi, to follow (Skeat, "Etymological Dict.", 3rd ed., Oxford, 1898, sv).単語は"宗派"、分析するされていないカット派生する、としても、主張から、secareが、sequiから)svをしてください(スキート、"語源dictのです。"、第3は、ed。、オックスフォード、1898年。 In the classical Latin tongue secta signified the mode of thought, the manner of life and, in a more specific sense, designated the political party to which one had sworn allegiance, or the philosophical school whose tenents he had embraced. sectaで古典ラテン語舌受け入れ、彼がいたtenentsその示さの生活態度と、モードの思考で学校や哲学より具体的な意味指定政治宣誓忠誠、当事者にしていました1つは。 Etymologically no offensive connotation is attached to the term.語源は攻撃的な意味合いが長期的に接続された。 In the Acts of the Apostles it is applied both in the Latin of the Vulgate and in the English of the Douay version to the religious tendency with which one has identified himself (xxiv, 5; xxvi, 5; xxviii, 22; see xxiv, 14). ;参照してください22 28、で、5それは行為の使徒の応用流布の両方のラテン系、5;二十六で、24の英語ドウエーバージョンに宗教的な傾向とどちらがいる識別自分自身を(24 14)。 The Epistles of the New Testament disparagingly apply it to the divisions within the Christian communities.新約聖書の書簡の軽蔑コミュニティキリスト教に適用される、それを部門内で。 The Epistle to the Galatians (v, 20) numbers among the works of the flesh, "quarrels, dissensions, sects"; and St. Peter in his second Epistle (ii, 1) speaks of the "lying teachers, who shall bring in sects of perdition".信徒は20人への手紙(5)肉の作品の数のうち、"喧嘩、意見の相違が、宗派"と、聖ペテロは、1の彼の2番目の手紙(二)に持って横たわって、教師、しなければならない話す"の破滅の宗派"。 In subsequent Catholic ecclesiastical usage this meaning was retained (see August. contra Faust. Manich. XX, 3); but in Christian antiquity and the Middle Ages the term was of much less frequent use than "heresy" or "schism".使い方では後続のカトリック教会この意味は8月参照してくださいでした(保持されます。コントラファウスト。Manich。20、3);が中世にキリスト教の古代、中東用語をより利用はるかに少ない頻度は"異端"や"分裂"が。 These words were more specific and consequently clearer. Moreover, as heresy directly designated substantial doctrinal error and sect applied to external fellowship, the Church, which has always attached paramount importance to soundness in doctrine, would naturally prefer the doctrinal designation.これらの言葉は明確にされた結果、より具体的、また、と異端直接、実質的な教義のエラーを指定交わり外部に宗派適用され、教会は、教義いるのに健全性の重要性を最優先接続は常に、指定を希望教義自然が好きだ。

With the rise of Protestantism and the consequent disruption of the Christian religion into numerous denominations, the use of the word sect has become frequent among Christians.宗派上昇とプロテスタントの宗教に多くのキリスト教の混乱の結果と、単語の宗派の使用は、キリスト教徒の間が頻繁になる。 It usually implies at present disapproval in the mind of the speaker or writer.これは通常の作家やスピーカーの心の中を意味で現在の不満。 Such, however, is not necessarily the case as is evidenced by the widely used expression "sectarian" (for denominational) institutions and by the statement of the well-known authority HW Lyon that he uses the word "in no invidious sense" ("A Study of the Sects", Boston, 1891, p. 4).このような、しかし、"(とは限りません広くによる場合はとして明らかに使用宗派式""宗派間(の)が知られているだけでなく機関によってステートメントの権限ハードウェアの単語"を使用しリヨン彼は不公平感"宗派"研究の、ボストン、1891頁4)。 This extension of the term to all Christian denominations results no doubt, from the tendency of the modern non-Catholic world to consider all the various forms of Christianity as the embodiment of revealed truths and as equally entitled to recognition.として均等に真理を明らかにキリスト教のような実施形態権利に対する認識は、キリスト教の宗派のすべてこの拡張モジュールの有効期間にフォームを様々なと考えて全世界のカトリックから、間違いなく結果は傾向の非近代的な。 Some churches, however, still take exception to the application of the term to themselves because of its implication, in their eyes, of inferiority or depreciation.いくつかの教会は、しかし、まだ減価償却またはアプリケーションにかかる例外を長期のために自分自身の中意味、彼らの劣等目の。 The Protestant denominations which assume such an attitude are at a loss to determine the essential elements of a sect.このような態度を取るのプロテスタント宗派の宗派いる時の重要な要素を決定する損失に。 In countries like England and Germany, where State Churches exist, it is usual to apply the name "sect" to all dissenters.存在する教会は国家では国と同様、イギリス、ドイツ、それは反対者はすべての宗派"いつもに適用される"という名前を。 Obedience to the civil authority in religious matters thus becomes the necessary prerequisite for a fair religious name.事項宗教市民の権限で従順にという名前が公正な宗教的なになる必要な前提条件です。 In lands where no particular religion is officially recognized the distinction between Church and sect is considered impossible by some Protestants (Loofs, "Symbolik", Leipzig, 1902, 74).宗派とでは土地がない教会、特定の区別を認識し、宗教は正式には"Symbolikですプロテスタントと考え不可能でいくつかの(ローフス"、ライプチヒ、1902、74)。 Others claim that the preaching of the pure and unalloyed Word of Go, the legitimate administration of the sacraments and the historical identification with the national life of a people entitle a denomination to be designated as a Church; in the absence of these qualifications it is merely a sect (Kalb, 592-94).その他は、単に主張Wordの純粋なこと説教の純粋な移動管理の合法的な、秘跡の人生の国民身分証明書は、歴史的、指定になるように宗派の人々権利教会、これらの不在;の資格ですが宗派(カルブ、592から94)。 This, however, does not solve the question; for what authority among Protestants will ultimately and to their general satisfaction judge of the character of the preaching or the manner in which the sacraments are administered?しかし、これは、問題を解決するしない;何のためプロテスタントの間の権限が、最終的に投与する秘跡ですの方法またはその一般的な説教裁判官満足度の文字? Furthermore, an historical religion may contain many elements of falsehood.また、歴史的な宗教は虚偽の多くの要素を含めることができます。 Roman paganism was more closely identified with the life of the nation than any Christian religion ever was, and still it was an utterly defective religious system.ローマの異教のシステムだったこれまで以上の宗教も、キリスト教よりも国家の密接な識別との生活され、まだ宗教的なことがあった全く欠陥。 It was a non-Christian system, but the example nevertheless illustrates the point at issue; for a religion true or false will remain so independently of subsequent historical association or national service.それがなかった非キリスト教系の例は、それにもかかわらず、サービスポイントをで示しています問題;のための宗教trueまたは国またはfalseがします協会残るので、独立以降の歴史。

To the Catholic the distinction of Church and sect presents no difficulty.カトリック教会の区別や宗派には、no困難を提案する。 For him, any Christian denomination which has set itself up independently of his own Church is a sect.彼は、自分自身の教会も独立自体をキリスト教の設定名称がある宗派です。 According to Catholic teaching any Christians who, banded together refuse to accept the entire doctrine or to acknowledge the supreme authority of the Catholic Church, constitute merely a religious party under human unauthorized leadership.リーダーシップによると、カトリックのカトリック教育の権限を任意の最高拒否一緒に、バンドのキリスト教徒を認める教義または全体を受け入れる教会不正、パーティーを下の人間の宗教的な構成だけ。 The Catholic Church alone is that universal society instituted by Jesus Christ which has a rightful claim to the allegiance of all men, although in fact, this allegiance is withheld by many because of ignorance and the abuse of free-will.で、イエスキリストによっている正当である忠誠は、請求をこの事実ものの、男性は、すべての忠誠の源泉提起カトリック教会だけでは社会の普遍そのので、多くの無知自由のや虐待。 She is the sole custodian of the complete teaching of Jesus Christ which must be accepted in its entirety by all mankind. Her members do not constitute a sect nor will they consent to be known as such, because they do not belong to a party called into existence by a human leader, or to a school of thought sworn to the dictates of a mortal master.彼女は人類全体ですべてのことが受け入れの足の裏です保管する必要がありますキリストの完全なイエスの教え、彼女のメンバーはもの宗派ではない構成しないようにします知られるように同意彼らはこのように、にのためと呼ばれるパーティーに彼らが属していない学校の指導者、または人間が存在することがマスタ人間の思考の指示宣誓する。 They form part of a Church which embraces all space and in a certain sense both time and eternity, since it is militant, suffering, and triumphant. 、苦しみは、好戦的な空間をそれは時間、ある意味両方永遠以来、包含教会彼らが形成する部分をすべてのと意気揚々 。 This claim that the Catholic religion is the only genuine form of Christianity may startle some by its exclusiveness.この主張は、カトリックの宗教は排他的にのみ正規の形式です。そのによっていくつかの驚かせるキリスト教があります。 But the truth is necessarily exclusive; it must exclude error just as necessarily as light is incompatible with darkness.しかし、真実は排他的であり、必ずしも、それは闇との互換性があります除外エラーと同じように、光は限りません。 As all non-Catholic denominations reject some truth or truths taught by Christ, or repudiate the authority instituted by him in his Church, they have in some essential point sacrificed his doctrine to human learning or his authority to self-constituted leadership.教会として、すべての非カトリック彼の宗派は拒否いくつかの真実をによってまたは真理を教え、彼キリストによって否認または提起権限を、彼らはポイント不可欠持ってはいくつかの彼の権限または犠牲に彼の教義を人間の学習に自己のリーダーシップを構成する。 That the Church should refuse to acknowledge such religious societies as organizations, like herself, of Divine origin and authority is the only logical course open to her.それは教会の権威とは、組織のように社会を自分認めるなど、宗教的拒否しなければならない神の起源を、彼女が唯一の論理的に開いているコースです。 No fair-minded person will be offended at this if it be remembered that faithfulness to its Divine mission enforces this uncompromising attitude on the ecclesiastical authority.神の使命を強制この妥協のない権限教会の態度を、そのNoに忠実は、公正されます志向の人は、それは覚えている場合不快で、この。 It is but a practical assertion of the principle that Divinely revealed truth cannot and must not be sacrificed to human objection and speculation.それはですが、神の真実を明らかに原則として実用的な主張は、投機異議と人間のために犠牲にすることができないとする必要があります。 But while the Church condemns the errors of non-Catholics, she teaches the practice of justice and charity towards their persons, repudiates the use of violence and compulsion to effect their conversion and is ever ready to welcome back into the fold persons who have strayed from the path of truth.カトリック-しかし、中に非エラーの教会が非難、彼女は人に向かってその慈善の正義と実践を教えて、変換を暴力と否定する使用を自分たちの影響強制してから迷いがない人に倍準備復帰を歓迎する真実のパス。

II. 2。 HISTORICAL SURVEY; CAUSES; REMEDY OF SECTARIANISM歴史的な調査、原因、派閥の救済

The recognition by the Church of the sects which sprang up in the course of her history would necessarily have been fatal to herself and to any consistent religious organization.彼女の歴史認識はもちろんによって跳び宗派の教会の組織と宗教一貫している、必ずしも致命的な任意に自分自身とする。 From the time when Jewish and pagan elements threatened the purity of her doctrine to the days of modernistic errors, her history would have been but one long accommodation to new and sometimes contradictory opinions.エラーからの時間のユダヤ人と異教徒の近代的な日の教義に彼女の純度の要素が脅かされ、彼女の歴史はされていることも矛盾の意見や、1つの長い他の宿泊施設新しい。 Gnosticism, Manichæism, Arianism in the earlier days and Albigensianism, Hussitism, and Protestantism of later date, to mention only a few heresies, would have called for equal recognition.グノーシス主義は、をmanichæism、アリウスHussitism、以前の日Albigensianism、とプロテスタント日の後、異端をいくつかには触れのみ、認識等しいと呼ばれることがあります。 The different parties into which the sects usually split soon after their separation from the Mother Church would have been entitled in their turn to similar consideration.に似て考慮異なる政党ターンに自分がそのすぐ後に分割宗派通常の権利されている分離からなる母教会。 Not only Lutheranism, Calvinism, and Zwinglianism, but all the countless sects springing from them would have had to be looked upon as equally capable of leading men to Christ and salvation.湧から希望していたすることが見えた時には同じくらいできるの男性リードの救いとキリストの宗派は、無数のだけでなく、ルーテル教会と、カルビンすべてZwinglianismが、。 The present existence of 168 Christian denominations in the United States alone sufficiently illustrates this contention.米国だけキリスト教の宗派で168本の存在は十分に競合を示して、この。 A Church adopting such a policy of universal approval is not liberal but indifferent; it does not lead but follows and cannot be said to have a teaching mission among men.教会の承認ポリシーを普遍的採用など関心がされていない自由、それがつながるのではなく、次のと男性の間でミッションを教えていることとすることはできません。 Numerous general causes may be assigned for the disruption of Christianity. Among the principal ones were doctrinal controversies, disobedience to disciplinary prescriptions, and dissatisfaction with real or fancied ecclesiastical abuses.多数の一般的な原因は、キリスト教の中断割り当てられていることがあります。ものの中で校長は、反抗する懲戒処分論争された教義処方と人権侵害の教会不満本物か勝てそうにない。 Political issues and national sentiment also had a share in complicating the religious difficulty.政治的な問題や国民感情にも困難を宗教的な複雑で持っていたシェアを。 Moreover reasons of a personal nature and human passions not infrequently hindered that calm exercise of judgment so necessary in religious matters.人間の情熱とまた理由の個人的な性質の事項は、宗教まれ穏やかな運動が妨げられるのに必要な判断ので。 These general causes resulted in the rejection of the vivifying principle of supernatural authority which is the foundation of all unity.これらの一般的な原因は、一体のすべての基盤の権威である超自然的な原理の結果vivifyingの拒絶反応です。

It is this principle of a living authority divinely commissioned to preserve and authoritatively interpret Divine Revelation which is the bond of union among the different members of the Catholic Church.これは、教会生活のこの原則の権限カトリックに委託神保持メンバーの異なる間組合のきずなは啓示を正式に解釈神。 To its repudiation is not only due the initial separation of non-Catholics, but also their subsequent failure in preserving union among themselves.否認するには、その自身の初期分離自分だけでなく、カトリック教徒の非その後の失敗で保存組合間のためだけではない。 Protestantism in particular, by its proclamation of the right of private interpretation of the Sacred Scriptures swept away with one stroke all living authority and constituted the individual supreme judge in doctrinal matters.プロテスタントは、特に、聖書神聖のプライベート解釈の当然の権利で、その布告の権限を席巻し、すべての距離と1打差の生活事項最高裁判官の教義、個々の構成。 Its divisions are therefore but natural, and its heresy trials in disagreement with one of its fundamental principles.その部門の原則れているためだ、自然のその基本的なものと意見の相違とその異端試験。 The disastrous results of the many divisions among Christians are keenly felt today and the longing for union is manifest.部門間のキリスト教徒の多くの結果は悲惨な労働組合ですの痛感憧れ、今日は明らかである。 The manner, however, in which the desired result may be attained is not clear to non-Catholics.方法は、しかし、これで、目的の結果が得られる可能性がありますカトリック-非はないオフにします。 Many see the solution in undogmatic Christianity or undenominationalism.多くのundenominationalismキリスト教や独断的でない参照してくださいソリューションをします。 The points of disagreement, they believe, ought to be overlooked and a common basis for union thus obtained. Hence they advocate the relegation of doctrinal differences to the background and attempt to rear a united Christianity chiefly on a moral basis.の意見の相違点は、彼らが得られると信じて、このように労働組合のはず見落とさとする共通基盤。従って、彼らが背景に違いの教義降格を提唱し、キリスト教統一しようとするリア道徳的な基礎主に。 This plan, however, rests on a false assumption; for its minimizes, in an unwarranted degree, the importance of the right teaching and sound belief and thus tends to transform Christianity into a mere ethical code.この計画は、しかし、前提はfalseかかっている上、最小限に抑えるために、その、程度の不当な、音の信念と重要性の右教育となるため、コード倫理単なるに傾向に変換キリスト教。 From the inferior position assigned to doctrinal principles there is but one step to their partial or complete rejection, and undenominationalism, instead of being a return to the unity desired by Christ, cannot but result in the destruction of Christianity. It is not in the further rejection of truth that the divisions of Christianity can be healed, but in the sincere acceptance of what has been discarded; the remedy lies in the return of all dissenters to the Catholic Church.原則から下の教義の位置に割り当てがあるが、完全な除去、または1つのステップにその部分と、undenominationalismのではなく、キリストの希望で統一されて戻り、キリスト教の破壊のが発生することはできません。これはされていないさらに真実の除去は、キリスト教部門はいやさすることができますが、廃棄何がされての受け入れ誠実で、救済は教会カトリックに反対者のすべての戻り位置します。

Publication information Written by NA Weber.出版物の情報ウェーバーNAが書かれた。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスjのポッター転写される。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.イエスキリストの聖心の専用にカトリック百科事典は、ボリューム13。 Published 1912. 1912年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, February 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor. Imprimatur.レミーLafortは、DDは、検閲を行う。許可を。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

Catholic authorities: BENSON, Non-Catholic Denominations (New York, 1910); MÖHLER, Symbolism, tr.カトリック当局:ベンソン、禁煙カトリック教派(ニューヨーク、1910);モーラー、シンボリズムは、tr。 ROBERTSON, 3rd ed.ロバートソン、第3版。 (New York, sd); PETRE, The Fallacy of Undenominationalism in Catholic World, LXXXIV (1906-07), 640-46; DÖLLINGER, Kirche u. (ニューヨークは、SD)が、ペトレ、カトリック世界でUndenominationalismの誤り、84(1906年〜1907年)、640〜46;ドリンジャー、カーチ米 Kirchen (Munich, 1861); VON RUVILLE, Back to Holy Church, tr. SCHOETENSACK (New York, 1911); a Catholic monthly magazine specifically devoted to Church unity is The Lamp (Garrison, New York) non-Catholic authorities: CARROLL, The Religious Forces of the United States, in American Church Hist. Series I (New York, 1893); KALB, Kirchen u..カーチェン(ミュンヘン、1861);にVON RUVILLE、神聖なバックチャーチは、tr。シェーテンザックは(ニューヨーク、1911);カトリックの月刊誌、特に統一教会専念し、ランプ(ギャリソン、ニューヨーク)は、非カトリック当局:キャロルアメリカのチャーチ、アメリカ合衆国シーッの宗教を強制。シリーズI(ニューヨーク、1893);カルブ、カーチェン米。 Sekten der Gegenwart (Stuttgart, 1907); KAWERAU, in Realencyklop. SektenデルGegenwart(シュトゥットガルト、1907);カウェラウ、Realencyklopインチ f. f. prot. protの。 Theol., 3rd ed., sv; SEKTENWESEN in Deutschland; BLUNT, Dict. Theol。第3は、ed。、svの;ドイツでSEKTENWESEN;ブラント、dictのです。 of Sects (London, 1874); MASON, A Study of Sectarianism in New Church Review, I (Boston, 1894), 366-82; MCBEE, An Eirenic Itinerary (New York, 1911).ロンドン宗派(の、1874年);メイソン、教会のレビュー新派閥研究、私(ボストン、1894)、366〜82;マクビー、Eirenicコース(ニューヨーク、1911)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです