Sola Fide, Solafidianism正真正銘ソラ

General Information 一般的な情報

Martin Luther proclaimed a message of divine promise and denounced the human merits through which, he feared, most Catholics thought they were earning the favor of God.マーティンルーサー約束の神のメッセージを宣言し、神の恩恵をの非難人間のメリットを介してその彼は、収益懸念されたが、カトリック教徒は考えた、最も。

Lutheranism soon became more than the experience of Luther, but it never deviated from his theme that people are made right with God sola gratia and sola fide - that is, only by the divine initiative of grace as received through God's gift of faith. Because Luther came across his discoveries by reading the Bible, he also liked to add to his motto the exhortation sola scriptura, which means that Lutherans are to use the Bible alone as the source and norm for their teachings.ルーテル教会はすぐにルーサーの経験以上になったが、それが正しい作ったから決して逸脱彼のテーマている人は、神とソラグレーシアとsola善意- 、 受信のみの恵みとして神のイニシアチブのですが、信仰の贈り物神から。ためルーザー聖書を自分の来た全体を読むの発見によって、彼はまた、教えのための勧告の好きに追加する彼のモットーソラノルムscriptura、ソース単独が聖書を意味するルーテル教会がありますを使用します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Sola Fide - Sola Gratia - Sola Scripturaソラファイド - ソラグレーシア - ソラScriptura

General Information 一般的な情報

Martin Luther began the Protestant Reformation based on the concepts of these three Latin phrases.マルティンルターはフレーズ始まったプロテスタントラテン3つのこれらの概念の改革に基づいています。

Sola Gratia means "by Divine Grace alone".ソラグレーシアは"神の恩寵だけ"を意味します。 That means that people cannot "earn" their way into Heaven by "Good Works" but are entirely dependent on the Generosity and Grace of God for it.それはそれということ、神の人々がすることができますグレース"ではなく、完全獲得"の道をにしている天が、"で"良い作品に寛容に依存します。 This eliminated the value of "human merits" and said that God Alone could affect that outcome.これは、"人間のメリット"排除の値をと結果をよると、神はその影響を一人でできる。

Sola Fide means "by Faith alone".ソラFIDEは"信仰だけ"を意味します。 This refers to the "human" side of the above concept.これは、概念上の人間"側の"参照する。 Since people could not actively "earn" their way into Heaven, this statement was necessary to describe exactly what requirement actually applies to us.天国からへの道を人々ができるのは獲得""積極的に、このステートメントは私たちだったに適用されるに必要な記述を正確に、実際の要件はどのような。 It essentially says that we each must totally accept that the Lord is God, that He is the Only God, and that the person recognizes His Atonement as freeing mankind to be able to accept Him.それは本質的に彼をよると、我々が受け入れるそれぞれにする必要があります完全に受け入れることが、主は彼が神、つまりは神のみになる人類を解放するように償いを彼の認識の人は、と。 When a person deeply believes that, it fulfills the human responsibility, which then encourages the Lord to provide His Grace.その人が深くグレースと信じて、彼の主を提供することは満たして奨励し、責任を人間。

Usually, a third Latin phrase is associated with those two, Sola Scriptura, which means "by the Bible alone".通常は、3番目のラテン語の言い回し"が単独で聖書が関連付けられているこれらの2つ、scriptura solusの女性で、意味する"。 Rather than trusting any human to provide information about important religious information, that statement means to ONLY rely on what the Sacred Scripture says.むしろ情報の宗教に関する重要な情報を提供するために、人間よりも信頼も、そのステートメントは言う聖書は神聖なものを意味のみに依存します。

Martin Luther had discovered these things IN the Bible, and that's why he added this last phrase.マルティンルターは聖書のことでこれらのいたことが判明し、そのフレーズをだからこそ、最後に彼は付け加えたこの。 Before that, there had developed the process of "Indulgences" where wealthy people could give large amounts of money to the Church (supposedly a "Good Work") in exchange for a guarantee of getting into Heaven.その前に、そこに(教会にお金を開発したプロセスをの"量を与える大きな可能性が人々は裕福におぼれる"どこたぶん、"良い仕事")天国に入る保証のために交換します。 Luther was pointing out that such a procedure had no value in the Mind of God, and that, more generally, we really have no "say" in the matter of what God chooses to do with each of us.ルターは一般的であり、ポインティングてその心の中の値をプロシージャはいたような神の、その、私たちは本当に私たちがいないの"各しないとすることを選択決定権を、神は何の問題"です。


Solafidianism (Lat. sola fide - faith alone) Solafidianism(Lat.ソラ善意 - 信仰のみ)

Advanced Information 詳細情報

The doctrine that salvation is by faith only . 教義、救いはです信仰。 The term emerged as a consequence of Luther's translation of Rom.任期はROMのの翻訳ルーサー結果の一つとして浮上した。 3:28 in which he added the word "alone" to the phrase "man is justified by faith [alone] apart from works of the Law" (NASB).男は午前3時28分は"フレーズと彼は付け加えただけで単語を""への信仰が正当化)[単独の作品から[離れ法"(新共同。 He was severely castigated for this, but Erasmus defended him.彼はこうだったの厳しい批判を厳しく、しかし、エラスムスは彼を擁護した。 The translation is justifiable in view of the only alternative, namely justification by works, which Paul expressly repudiated.翻訳は否定だけのビューは、正当で代替ポールは明示的に作品は、すなわち、正当な理由による。 The Council of Trent (1545 - 63), on the other hand, vigorously opposed Luther's translation and all that it implied by declaring: "If anyone saith that justifying faith is nothing else than confidence in the divine mercy which remits sins for Christ's sake, or that this confidence alone is that whereby we are justified, let him be anathema" (Session 6, Can. 12).トレントの評議会(1545年〜1563年)、一方で、他の精力的に翻訳を反対ルターのすべてのことは酒のキリスト慈悲送金罪のために暗黙の宣言神の信頼性よりも他の信仰は何:正当化が言われるが"もし誰、または、この自信だけではできませんされておりますがなされ、それが正当化セッション、彼が釈放される忌み嫌われる"(6、12)。

Implicit in solafidianism is the doctrine of divine monergism, which declares that man's salvation is totally dependent upon God's activity and is in no way conditioned by the action of man.暗黙のsolafidianismに依存している全く救いは、人間のことを宣言教義の神単働説、活動時に、神の、人間であるのアクション条件によって方法がない。 Man's choice of sin has rendered him incapable of spiritual action; he is spiritually dead.選択の罪の男アクション精神のできない彼を持ってレンダリング、彼は死んでいる精神。 Unless rescued by a source outside himself, he would eternally perish in this state.限り自身が外部ソースに救出された彼は、状態とこれで永遠に滅びる。 God has taken the initiative by restoring mankind to himself through the death of Christ (Christ's passive obedience to the law), which removes man's guilt, and by imputing Christ's righteousness (which he achieved while on earth through his active obedience to the law) to those who believe.神は達成彼は(これはパッシブのキリストてきた(で復元イニシアチブを人類を死のキリストを介して自分自身に服従削除)は、法律の男性での罪悪感を、2087キリストの義をしながら法律に彼の自発的な服従を地球上)に人と思います。 Saving faith is not an innate quality of fallen man but a gift of God (Eph. 2:8; Phil. 1:29) communicated through hearing the gospel (Rom. 10:17).信仰を保存する2:08 2时生得的な質のされていない倒れた贈り物が人間の神(;フィル。1:29))10時17时通信を聞いて福音を(。 The ordo salutis ("order of salvation") is God's activity in grace from inception to consummation. Understandably solafidianism is opposed to Pelagianism, semi - Pelagianism, and synergism, all of which attribute justification or the apprehension of it, in one way or another, to the action of man.典礼暦のsalutis(の救いの順序"")の終焉から開始する恵みの活動の神です。当然のことながらsolafidianism別または反対しているにペラギウス主義、半-ペラギウス主義と、相乗効果のすべて、不安をのどのまたは正当属性の方法は、1つの男のアクションには、。

FR HarmのFRハーム
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
L Berkhof, Systematic Theology; EL Lueker, Lutheran Cyclopedia, 726; FE Mayer, The Religious Bodies of America; CS Meyer, NIDCC , 914; F Pieper, Christian Dogmatics, II; AH Strong, Systematic Theology; HC Thiessen, Lectures in Systematic Theology. LのBerkhof、体系的神学; ELのLueker、ルター派のcyclopediaの、726; FEのメイヤー、体のアメリカ宗教、CSのマイヤー、NIDCC、914はてからFピーパーは、キリスト教の教義、2世; AHの強い、体系的神学; HCをティーセン、体系的に講義神学。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです