Syncretismシンクレティズム

Advanced Information 詳細情報

Syncretism is the process by which elements of one religion are assimilated into another religion resulting in a change in the fundamental tenets or nature of those religions . シンクレティズムは宗教のこれらの要素ですが、プロセスの性質や教義の1つの根本的な変化の宗教いる同化に、その結果、別の宗教。 It is the union of two or more opposite beliefs, so that the synthesized form is a new thing.これは、事の詳細反対か、または共用体の2つの信念ように、合成、新しいフォームがあります。 It is not always a total fusion, but may be a combination of separate segments that remain identifiable compartments.これは、しかし、されていない、常に合計融合コンパートメント識別のままセグメントの別の可能性がありますの組み合わせがあります。 Originally a political term, "syncretism" was used to describe the joining together of rival Greek forces on the Isle of Crete in opposition to a common enemy.もともと政治的な用語、"シンクレティズム"が記述するために使用されて敵に参加に関するアイル軍一緒にギリシャのライバル共通するクレタ島の反対。

Syncretism is usually associated with the process of communication. It can originate with either the sender or the receptor of the message.シンクレティズムは、通信であるプロセスに関連付けられ、通常それは、メッセージのことに由来のいずれか受容体または送信。 The sender may introduce syncretistic elements in a conscious attempt for relevance or by the presentation of a limited and distorted part of the message.送信者がメッセージを意識しようとsyncretistic要素の導入可能性がありますのための歪んだ部分と、プレゼンテーションの制限により、関連度か。 It may happen unconsciously as the result of an inadequate or faulty grasp of the message.これは、メッセージがありますが故障把握や結果の不十分なように起こる無意識のうちに。 The receptor will interpret the message within the framework of his world view.受容体は、ビューの世界の彼の枠組みの中でメッセージをする解釈します。 This may distort the data but fit his values.これは、データを歪めるかもしれないが、彼らの価値観に合わせて。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Specifically we are faced with a problem of meaning. What is actually understood by words, symbols, or actions as expressed in creeds, or application to certain needs, is the test of the presence of syncretism. 具体的には意味の問題に直面している。何がシンクレティズムである実際に理解すると、単語、シンボル、アプリケーションとして、またはアクションを明示またはで、信条、特定の存在のテストは、ニーズに。 The receptor is the one who assigns meaning.受容体は意味を割り当てますものです。 It is therefore essential that the sender communicate with words or symbols that are not merely approximate equivalents, but dynamic equivalents, of meaning.それはですが、おおよそのため、重要なことは、単にしない者は通信のシンボルと単語または同等、の意味に相当ダイナミック。

Syncretism of the Christian gospel occurs when critical or basic elements of the gospel are replaced by religious elements from the host culture. It often results from a tendency or attempt to undermine the uniqueness of the gospel as found in the Scriptures or the incarnate Son of God. シンクレティズムは、福音キリスト教の神の発生の基本的な要素がの場合、または重要なの息子の化身宗教的な要素によって福音置き換えられるからそれが多い文化のホストの結果から、または聖書の傾向が見つからなかったりと試み弱体化させるユニークさをの福音。 The communication of the gospel involves the transmission of a message with supra - cultural elements between a variety of cultures.福音のコミュニケーションは文化メッセージを送信含まスープラ様々な要素の間の文化- 。 This includes the disembodiment of the message from one cultural context and the reembodiment of it in a different cultural context.これは、コンテキスト異なる文化それにのメッセージから文化reembodiment、コンテキストが含まれ肉体からの離脱をします。

Cross - cultural communication of the gospel always involves at least three cultural contexts. The gospel message was originally given in a specific context. クロスは-福音の異文化コミュニケーションは常にコンテキストをで含ま少なくとも3つの文化。福音のメッセージは、コンテキストされた特定の当初与えている。 The receiver / sender assigns meaning to that message in terms of his own context.彼自身のコンテキストにおいて/レシーバは、メッセージが送信者に割り当てますを意味します。 The receptor seeks to understand the message within a third context.受容体は、コンテキスト番目のメッセージを内に求める方法を理解。 The problem of syncretism will be encountered with each new outreach of the church and also as the culture changes around an established church.のシンクレティズム問題は、教会のアウトリーチと、それぞれの新しい発生すること、また教会の周り確立変化に応じて培養。

The Bible reveals syncretism as a long - standing tool of Satan to separate God from his people. It strikes at the heart of the first commandment. 聖書は、人が彼のツールとしての長い-立ってシンクレティズムを明らかに神から分離するのサタン。これは命令の最初の中心部にストライキで。 Beyerhaus notes a threefold answer in the OT to the challenge of external syncretism: segregation, eradication, and adaptation. BeyerhausはシンクレティズムのOTの外部への挑戦の答えをの3倍ノート:分離、撲滅、適応。 Pressures from early Canaanite practices with Baal and Asherah were followed by the demands of the national gods of Assur and Babylon.アシェラと実践とバアルカナン圧力から早期バビロンとアッシュール神の国の要求された続く。 Internally the prophets of Israel sought to enforce the obligatory nature of Israel's holy traditions, to apply the revealed will of God to actual situations, and to forcefully present the eschatological vision of God's continuing control, justice, and promises.内部的にイスラエルの預言者、聖なるの性質をイスラエル義務求めに強制伝統、実際に意志を神の適用を明らかに状況では、約束をしての継続的なコントロール神強制的に提示終末のビジョン、正義、。

The NT was born in a melee as rulers sought to blend cultures through syncretistic monotheism, all forms of the same God. All the gods of Egypt, Persia, and Babylon became Greek. 求めに一神教syncretisticをブレンド文化を支配は、近接で生まれたNTがされ、同じ神のすべての形態の、エジプト、ペルシャのすべての神と、バビロンはギリシャ語になった。 The influence of Mani spread from Africa to China.中国に、アフリカの普及からマニの影響。 Esoteric knowledge vied with unique, historical revelation.密教の知識が啓示の歴史競って、ユニークな。 Rome harbored all cults and mystery religions.ローマの宗教を抱いて、すべてのカルトと神秘の。 Antioch, Ephesus, and Corinth each boasted syncretistic gods seeking to absorb the church.アンティオキア、エフェソス、およびコリンスは、各教会を誇ったsyncretistic吸収する神々を探しています。 NT confrontations include Simon Magus, the Jerusalem Council, the Epistle to the Colossians, combating Jewish thought mixed with early Gnosticism, and the rebuke of the church at Pergamum. NTの対立は、ペルガモングノーシス主義と非難の教会で魔術師含まれてサイモンに手紙をエルサレム会、コロサイ早期混合ユダヤ人と思ったの戦い。 Against these forces the church developed its creeds, canon, and celebrations.お祝いし、反対の手順キヤノン軍教会が開発し、信条、。 The Christmas celebration date was set over against the festival of the birth of the sun god, Sol Invictus, in protest against a major attempt to create a syncretistic imperial religion.クリスマスのお祝いの日は宗教帝国syncretisticを作成しようと大きなに対する神、ソルInvictusで抗議太陽だった設定上の誕生に対する祭りの。

Visser't Hooft discusses the many syncretistic pressures of the NT times exerted by Judaism, Gnosticism, emperor worship, and the mystery cults.フィッセルトホフトはカルトと、謎の礼拝について、多くの皇帝、syncretistic圧力のNT回行使によって、ユダヤ教、グノーシス主義。 It is helpful to study the books of Hebrews, 1 John, and the Revelation from the perspective of defending against syncretism. The NT canon and the recognized creed became the church's two greatest weapons against the growth and transmission of syncretism. Church history is filled with the struggle against syncretism from political, social, religious, and economic sources. Syncretistic pressure can be seen today.これは、シンクレティズム防御の観点から、有益に留学書籍をヨハネの黙示録とジョン、1、ヘブル人へのNTのキヤノンと認識信条は、と反対の成長とトランスミッション武器になった教会の最大の2のシンクレティズム。チャーチ満ちている歴史経済ソースと、宗教的な闘争は、政治に対するシンクレティズムから、社会的、。Syncretistic圧力、今日見ることができます。 In our global - village context secular humanism seems to be the common ground for solving shared problems.ヒューマニズムでは、当社のグローバル-村のコンテキスト世俗的な問題をグランド共通することだの共有解決する。 The values of this world view strive for a place in the church's response to both the demands for conformity and the cries for liberation confronting it.世界観、この値は、適合性の要求の両方の教会の応答する場所のための努力と、それに直面して泣くの解放のために。

In the striving by missionaries for an indigenous national church with a contextualized gospel, the danger of syncretism is ever present in attempts at accommodation, adjustment, and adaptation. Tippett reminds us that while striving for relevance we must remember that in communication only message is transmitted, not meaning. 福音の努力文脈国民教会と先住民族の宣教師のシンクレティズム危険性は、は、現在まで他の宿泊施設での試みで調整と適応。ティペットは私たちを連想させる関連のために努力しながら、私たちが送信される必要があります覚えているの通信メッセージは、意味はありません。 Beyerhaus points out three steps in biblical adaptation: Beyerhausポイント聖書の適応の3つの手順を実行しますアウト:

  1. Discriminating selection of words, symbols, and rites, eg, "Logos." 、シンボル、選択の言葉弁別と儀式は、例えば、"ロゴス"。

  2. Rejection of that which is clearly incompatible with biblical truth.の除去は、どの真実である聖書がはっきりと互換性がない。

  3. Reinterpretation by a complete refilling of the selected rite or symbol with a truly Christian meaning.解釈のシンボル選択儀式または完全な補充の意味で真のクリスチャン。

The supracultural teachings of Scripture must be judge of both culture and meaning as God works through men using various forms to bring all creation under his lordship.教えの聖書supracultural支配彼の下に作成する必要がありますが裁判官のすべてをもたらすの文化両方のフォームを使用して様々な人を通して神の動作として、を意味します。

In the history of theology the term "syncretism" is used specifically to define two movements aimed at unification. "歴史のでは神学的な"シンクレティズム統一です目的の動きを使用し、特に2つの定義します。 In the Lutheran tradition, George Calixtus (1586 - 1656) attempted to reconcile Lutheran thought with Roman Catholicism on the basis of the Apostles' Creed.伝統ではルター派、ジョージカリクストゥスは(1586年〜1656年)未遂は、信条'使徒に基づいてカトリックとする和解ルターと思った。 This precipitated a syncretistic controversy that was to last for many years.これは、年間続く多くの沈殿した論争をsyncretistic。 In Roman Catholicism "syncretism" refers to the attempt to reconcile Molinist and Thomist theology.カトリックではローマの"シンクレティズムは、"神学をThomist参照するとMolinistしようと和解。

SR Imbach放射光Imbach
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
WA Visser't Hooft, No Other Name; H Kraemer, Religion and the Christian Faith; T Yamamori and CR Taber, eds., Christopaganism or Indigenous Christianity; H Lietzmann, The Beginnings of the Church Universal.ワシントンのフィッセルトのホフト、いいえその他名前はHクレーマー、宗教とキリスト教の信仰、Tは山森とCRテイバー、EDS社。、Christopaganism先住民、キリスト教はHリーツマン、教会の始まりは、ユニバーサル。


Syncretismシンクレティズム

Catholic Information カトリックの情報

From sygkretizein (not from sygkerannynai.) sygkerannynaiからsygkretizein(ないから。)

An explanation is given by Plutarch in a small work on brotherly love ("Opera Moralia", ed. Reiske, VII, 910).説明が)910与えられて小さな仕事でプルタルコス兄弟愛("オペラモラリア、"エド。ライスケ、7。 He there tells how the Cretans were often engaged in quarrels among themselves, but became immediately reconciled when an external enemy approached.彼は、指示方法の間でクレタ人は喧嘩が多いれたに従事して自分自身が近づいなった敵はすぐに仲直りするとき、外部。 "And that is their so-called Syncretism." "そして、それは彼らのいわゆるシンクレティズム"です。 In the sixteenth century the term became known through the "Adagia" of Erasmus, and came into use to designate the coherence of dissenters in spite of their difference of opinions, especially with reference to theological divisions. Later, when the term came to be referred to sygkerannynai, it was inaccurately employed to designate the mixture of dissimilar or incompatible things or ideas. This inexact use continues to some extent even today.世紀に16用語は部門神学になった知られているからAdagiaは""の参照、エラスムス、特に意見の違いが指定するに使用したと一貫性を彼らのにもかかわらずの反対者。その後、期間は呼ばれるなったためsygkerannynaiには、それがアイデアだったや物事互換性のない異種または不正確雇用する指定の混合物を、この不正確な使用は、今日は続けて程度も。

(1) Syncretism is sometimes used to designate the fusion of pagan religions. (1)シンクレティズム時には異教の宗教の融合を指定するために使用されます。 In the East the intermixture of the civilizations of different nations began at a very early period.イーストは、さまざまな国の文明の混合の期間の早期開始で非常に。 When the East was hellenized under Alexander the Great and the Diadochi in the fourth century BC, the Grecian and Oriental civilizations were brought into contact, and a compromise to a large extent effected.時東は文明東洋アレクサンダーしたhellenizedでグレートとディアドコイで紀元前4世紀に、ギリシャと範囲大持ち込まれたに連絡先に妥協し、影響。 The foreign deities were identified with the native (eg Serapis = Zeus, Dionysus) and a fusion of the cults succeeded.外国人の神は、カルトゼウスした=識別セラピスネイティブ(例えば、ディオニソスの融合)とに成功した。 After the Romans had conquered the Greeks, the victors, as is known, succumbed to the culture of the vanquished, and the ancient Roman religion became completely hellenized. hellenized後完全になったローマ人はいた征服ギリシア、勝者としての宗教は、ローマの古代が知られ、死亡する文化の、打ち負かさ。 Later the Romans gradually received all the religions of the peoples whom they subdued, so that Rome became the "temple of the whole world".その後ローマは徐々に、彼らは落ち着いた人々のすべての宗教を受けたようにローマは、"全体の寺となった"世界。 Syncretism reached its culmination in the third century AD under the emperors Caracalla, Heliogabalus, and Alexander Severus (211-35).シンクレティズムは、皇帝の下に西暦に達し、その集大成を世紀の3番目のカラカラ、ヘリオガバルス、アレクサンダーセウェルス(211〜35)。 The countless cults of the Roman Empire were regarded as unessential forms of the same thing-a view which doubtless strengthened the tendency towards Monotheism.ローマ帝国の無数のカルトは、一神教傾向を強化して確かに同じビューされたとみなさフォームの枝葉末節である。 Heliogabalus even sought to combine Christianity and Judaism with his religion, the cult of the sun-god.ヘリオガバルスも宗教彼とキリスト教、ユダヤ教を組み合わせる求めには、-神日教団の。 Julia Mamæa, the mother of Alexander Severus, attended in Alexandria the lectures of Origen, and Alexander placed in his lararium the images of Abraham and Christ.ジュリアMamæa、アレクサンドルセウェルスの母、原産地に出席アレクサンドリアの講義と、アレクサンダーは、キリストと配置されたアブラハム画像彼lararium。

(2) A modern tendency in the history of religions sees in the Biblical revealed religion a product of syncretism, the fusion of various religious forms and views. (2)歴史の宗教傾向は近代的な聖書の見ているのシンクレティズムの製品を宗教を認め、およびビューのフォームの融合の様々な宗教。 As regards the Old Testament, the Chanaanite myth, the Egyptian, Old Babylonian, and Persian religions are regarded as the sources of Israelitic religion, the latter itself having developed from Fetichism and Animism into Henotheism and Monotheism.旧約聖書をオールドとしてに関しては、Chanaaniteの神話、エジプト、旧バビロニア、ペルシャの宗教は、一神教と源としてされる一方、Israelitic宗教、単一神教へと発展し、後者はそれ自体を有するアニミズムからFetichismと。 It is sought to explain the origin of Christianity from the continuation and development of Jewish ideas and the influx of Brahmanistic, Buddhist, Græco-Roman, and Egyptian religious notions, and from the Stoic and Philonic philosophy; it is held to have received its development and explanation especially.これは、概念エジプト、ローマ、-グレコは、求めに起源を説明する、キリスト教、仏教Brahmanisticからの継続と発展のユダヤ人のアイデアや流入の宗教と哲学から禁欲とPhilonicの、それは、開発、その受けていることです開催と説明、特に。 from the neo-Platonic philosophy.ネオプラトン哲学から。 That Judaism and Christianity agree with other religions in many of their external forms and ideas, is true ; many religious ideas are common to all mankind.それはユダヤ教、キリスト教は、trueおよび外部形態の多くの同意と、他の宗教のアイデアは、、多くの宗教的なアイデアは人類すべてに共通。 The points of agreement between the Babylonian religions and the Jewish.ユダヤ人と宗教バビロニア点の間の合意。 faith, which provoked a lively discussion some years ago after the appearance of Friedrich Delitzsch's "Babel und Bibel", maybe explained in so far as they exist (eg) as due to an original revelation, of which traces, albeit tainted with Polytheism, appear among the Babylonians. Bibel"を信仰はウントの"バベルは、挑発デリッチのフリードリヒ活発な議論を何年か前外観後、多分に説明、これまで表示される、彼らが存在する(多神教汚染にもかかわらず、のがトレースによる例)としての啓示、元とバビロニアの間。 In many cases the agreement can be shown to be merely in form, not in content; in others it is doubtful which religion contained the original and which borrowed.例では、多くの合意は、コンテンツではなく、フォームが表示できるのは単にさ、その他では、借りて疑問がどの宗教が含まれているオリジナル。 As to the special doctrines of the Bible search has been vainly made for sources from which they might have been derived.検索聖書の教義の特別として派生したされているかもしれないが、無駄にして作られるからソースの。 Catholic theology holds firmly to revelation and to the foundation of Christianity by Jesus of Nazareth.カトリック神学のナザレス保持にしっかり啓示の基礎とキリスト教イエス。

(3) The Syncretistic Strife is the name given to the theological quarrel provoked by the efforts of Georg Calixt and his supporters to secure a basis on which the Lutherans could make overtures to the Catholic and the Reformed Churches. (3)Syncretistic闘争は、教会は改革名前を指定し、カトリックの努力によってする神学は、けんかを誘発する申し入れをできるようゲオルクのCalixtとルーテル教会は、彼の支持を確保基盤となります。 It lasted from 1640 to 1686.これは、1640から1686年まで続いた。 Calixt, a professor in Helmstedt, had through his travels in England, Holland, Italy, and France, through his acquaintance with the different Churches and their representatives, and through his extensiVe study, acquired a more friendly attitude towards the different religious bodies than was then usual among the majority of Lutheran theologians. While the latter firmly adhered to the "pure doctrine", Calixt was not disposed to regard doctrine as the one thing necessary in order to be a Christian, while in doctrine itself he did not regard everything as equally certain and important. Calixtは、でヘルムシュテット教授は、イギリスで彼の旅をした、オランダ、イタリア、フランス、代表者とその教会を通して彼の知人と異なり、を通して、彼の豊富な研究された別の宗教団体よりも友好的な態度を向けて買収して神学者ルター派の大多数の通常の間。すべての教義"とみなすとみなすCalixtはなかった配置する教義としてしなかった彼は自身の教義で中に1つの事に必要な順序で、キリスト教のことは、純粋な後者は中にしっかり"に付着したとして同様に、特定の重要な。 Consequently, he advocated unity between those who were in agreement concerning the fundamental minimum, with liberty as to all less fundamental points.その結果、彼はポイントの基本的な以下の基本的なすべての、最小を持つ自由として提唱に関する合意された統一の間人。 In regard to Catholicism, he was prepared (as Melanchthon once was) to concede to the pope a primacy human in origin, and he also admitted that the Mass might be called a sacrifice.カトリックに関しては、彼が原点だった準備(とメランヒトンはかつて、人間の優位性は)に譲歩する法王、彼はまた、犠牲を認めたことと呼ばれるミサがあります。 On the side of Calixt stood the theological faculties of Helmstedt, Rinteln, and Königsberg; opposed to him were those of Leipzig, Jena, Strasburg, Giessen, Marburg, and Greifswald. Calixt側のでケーニヒスベルクリンテルン、そして、立っていた神学学部のヘルムシュテット;彼に反対グライフスヴァルトされ、それらのライプツィヒ、イエナ、ストラスブルグ、ギーセン、マールブルク、。 His chief opponent was Abraham Calov.彼の最高の対戦相手はカロフしたアブラハム。 The Elector of Saxony was for political reasons an opponent of the Reformed Church, because the other two secular electors (Palatine and Brandenburg) were "reformed", and were getting more and more the advantage of him.選帝侯は、ザクセンの教会だったための相手政治的な理由の改革されたため、他の2つの世俗的な選挙は、(口蓋とブランデンブルク)"改革"となっていたより多くの利点が彼の。 In 1649 he sent to the three dukes of Brunswick, who maintained Helmstedt as their common university, a communication in which he voices all the objections of his Lutheran professors, and complains that Calixt wished to extract the elements of truth from all religions, fuse all into an entirely new religion, and so provoke a violent schism. 1649年に彼は、ルター派の反対を彼の送信にすべての声、彼は3つの公のブランズウィックでどの維持通信大学、一般的なヘルムシュテットとしての教授と、すべての不満は、ヒューズ、宗教からすべての真実の要素をCalixtが望んだを抽出分裂などを引き起こす暴力に宗教、全く新しい。 In 1650 Calov was called to Wittenberg as professor, and he signalized his entrance into office with a vehement attack on the Syncretists in Helmstedt. 1650年カロフは教授と呼ばれたヴィッテンベルクに、彼はヘルムシュテットSyncretists彼の信号機猛烈な攻撃にオフィスへの入り口です。 An outburst of polemical writings followed.論争の文章の爆発が続いた。 In 1650 the dukes of Brunswick answered the Elector of Saxony that the discord should not be allowed to increase, and proposed a meeting of the political councillors. 1650年のブラウンシュヴァイク公爵は、選帝侯ザクセンその不和が増加することは許されないと答えた議員の政治を提案会議。 Saxony, however, did not favour this suggestion.ザクセンしかし、この提案を支持しなかった。 An attempt to convene a meeting of theologians was not more successful.試みは神学者の会議を招集するに成功よりなかった。 The theologians of Wittenberg and Leipzig now elaborated a new formula, in which ninety-eight heresies of the Helmstedt theologians were condemned.のヴィッテンベルク神学、ライプチヒは非難ヘルムシュテット神学者が8精緻化にどの90、新たな数式をの異端。 This formula (consensus) was to be signed by everyone who wished to remain in the Lutheran Church.この式は、(コンセンサス)教会ルター派に残っていた希望誰もがすることに調印した。 Outside Wittenberg and Leipzig, however, it was not accepted, and Calixt's death in 1656 was followed by five years of almost undisturbed peace. The strife was renewed in Hesse-Cassel, where Landgrave Wilhelm VI sought to effect a union between his Lutheran and Reformed subjects, or at least to lessen their mutual hatred.しかし、外ヴィッテンベルク、ライプチヒ、それは1656年に死はなかったとCalixtの受け入れ平和乱さないほとんど年の5歳の続く。争いは、改革派とルーテルされた更新のヘッセン=カッセル、彼の労働組合の間に影響を与えるに方伯ヴィルヘルム6世が求められ科目、あるいは、少なくとも憎しみを相互に軽減たち。 In 1661 he had a colloquy held in Cassel between the Lutheran theologians of the University of Rinteln and the Reformed theologians of the University of Marburg. 1661年に彼はいた会話マールブルグで開かれた大学神学キャセル間ルター派の大学神学リンテルンと改革。 Enraged at this revival of the Syncretism of Calixt, the Wittenberg theologians in vehement terms called on the Rimteln professors to make their submission, whereupon the latter answered with a detailed defence.のcalixtシンクレティズムの怒り狂ったで復活この詳細な防衛ウィテンバーグ答えた用語の神学者で熱心な、後者するとと呼ばれるRimtelnの提出を自分たちの教授に確認します。 Another long series of polemical treatises followed.論争の論文のもう一つの長いシリーズが続いた。 In Brandenburg-Prussia the Great Elector (Frederick William I) forbade (1663) preachers to speak of the disputes between the Evangelical bodies.体ではブランデンブルク=プロイセン大選帝侯(フリードリヒヴィルヘルム私は福音)を禁じた(1663の間の紛争の話)説教する。 A long colloquy in Berlin (Sept., 1662-May, 1663) led only to fresh discord.会話はベルリン長(9月、1662 5月、1663年)不和に新鮮な主導のみ。 In 1664 the elector repeated his command that preachers of both parties should abstain from mutual abuse, and should attribute to the other party no doctrine which was not actually held by such party. 1664年選挙では、コマンドが説教が必要パーティーの両方、虐待相互棄権から繰り返し彼のパーティーなどの必要があります属性に開催された、他の実際にはパーティーだったない教義を。 Whoever refused to sign the form declaring his intention to observe this regulation, was deprived of his position (eg Paul Gerhardt, writer of religious songs).誰が)この観察を拒否する署名の意図を彼のフォームを宣言する規制を宗教的な作家であり、奪われた、彼の位置ゲルハルトポール(例えば曲。 This arrangement was later modified, in that the forms were withdrawn, and action was taken only against those who disturbed the peace.この配置はされ、後に、変更には、フォームがいた取り下げアクションが平和だった乱された人だけに対するもの。 The attempts of the Wittenberg theologians to declare Calixt and his school un-Lutheran and heretical were now met by Calixt's son, Friedrich Ulrich Calixt, The latter defended the theology of his father, but also tried to show that his doctrine did not so very much differ from that of his opponents.ヴィッテンベルクの神学者の試みのルターと彼の学校を解除を宣言Calixtと父は異端のCalixtでしたが、今会ったCalixtの息子、フリードリッヒウルリッヒ神学を擁護する、後者だけでなく、表示しようとしたが彼の教義はなかったので、非常に相手彼異なるのから。 Wittenberg found its new champion in Ægidius Strauch, who attacked Calixt with all the resources of learning, polemics, sophistry, wit, cynicism, and abuse.ヴィッテンベルクは、虐待皮肉を、そして、発見の新チャンピオン、論争を、リソースの学習全部でÆgidius Calixtをストラウチ攻撃し、詭弁を、ウィットを。 The Helmnstedt side was defended by the celebrated scholar and statesman, Hermann Conring. Helmnstedt側はコンリングマンであり、弁護で有名な学者と政治家。 The Saxon princes now recognized the danger that the attempt to carry through the "Consensus" as a formula of belief might lead to a fresh schism in the Lutheran Church, and might thus render its position difficult in the face of the Catholics.サクソンは、君主危険性を認識する試み教会ルター派を運ぶから"との合意"に分裂新鮮なリードする可能性があります数式の信念と、カトリック教徒があります顔のため、困難な位置を表示、その。 The proposals of Calov and his party to continue the refutation and to compel the Brunswick theologians to bind themselves under obligation to the old Lutheran confession, were therefore not carried into effect.のカロフ提案と彼の党は、反論を続けて自白ルター派、古い強要する義務が自分自身をバインドブランズウィックの神学者を、その効果がに行われていないため。 On the contrary the Saxon theologians were forbidden to continue the strife in writing.書面争いをの上で逆に継続する禁じ神学者がいたサクソン。 Negotiations for peace then resulted, Duke Ernst the Pious of Saxe-Gotha being especially active towards this end, and the project of establishing a permanent college of theologians to decide theological disputes was entertained.平和のための交渉はして楽しま結果、公エルンストこのザクセン敬虔に向けた=ゴータアクティブされて、特に最後に、決定神学に神学プロジェクトの設立と大学永久された紛争を。 However, the negotiations with the courts of Brunswick, Mecklenburg, Denmark, and Sweden were as fruitless as those with the theological faculties, except that peace was maintained until 1675.しかし、デンマークメクレンブルクブランズウィックの交渉を裁判所、スウェーデンは1675した神学として無駄としてこれらの学部までを除き、維持された平和は、。 Calov then renewed hostilities.カロフは、戦闘をリニューアルしました。 Besides Calixt, his attack was now directed particularly against the moderate John Musæus of Jena. Calixtに加えて、彼の攻撃はイエナされたジョンMusæus今監督に対して特に穏健。 Calov succeeded in having the whole University of Jena (and after a long resistance Musæus himself) compelled to renounce Syncretism.カロフを有することに成功した全体のイエナ大学の(とシンクレティズム後長い抵抗Musæus自身を放棄せざるを得ない)。 But this was his last victory.しかし、これは彼の最後の勝利だった。 The elector renewed his prohibition against polemical writings.選挙は、文章に対する論争禁止をリニューアル彼。 Calov seemed to give way, since in 1683 he asked whether, in the view of the danger which France then constituted for Germany, a Calixtinic Syncretism with "Papists" and the Reformed were still condemnable, and whether in deference to the Elector of Brandenburg and the dukes of Brunswick, the strife should not be buried by an amnesty, or whether, on the contrary, the war against Syncretism should be continued.カロフと与えるように見えたの方法で、以来、1683ブランデンブルク彼は尋ねた構成フランスは、危険かどうかでのビューのドイツとのシンクレティズムCalixtinic"Papists"と、まだ改革があった非難されるべきかどうか、との敬意選にのブランズウィック公爵は、争いは逆に、するべきではありませんが埋められた恩赦かどうか、または反対シンクレティズム戦争が継続される必要があります。 He later returned to his attack on the Syncretists, but died in 1686, and with his death the strife ended.彼は後に、攻撃で彼返さSyncretistsが1686年に死亡し、紛争と彼の死終わった。 The result of the Syncretist Strife was that it lessened religious hatred and promoted mutual forbearance. Syncretist闘争の結果は、寛容だった宗教が軽減憎しみを促進相互。 Catholicism was thus benefited, as it came to be better understood and appreciated by Protestants.理解プロテスタントによって評価がカトリックは、恩恵を受けていたので来た方が良いです。 In Protestant theology it prepared the way for the sentimental theology of Pietism as the successor of fossilized orthodoxy.神学ではプロテスタントが正統の化石の後継敬虔主義としての神学感傷への道を用意しました。

(4) Concerning Syncretism in the doctrine of grace, see CONTROVERSIES ON GRACE, VI, 713. (4)恵みの教義ではシンクレティズムについては、713は、VI参照してください論争をONグレース。

Publication information Written by Klemens Löffler.出版物の情報レフラークレメンス執筆した。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスjのポッター転写される。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.イエスキリストの聖心の専用にカトリック百科事典は、ボリューム14。 Published 1912. 1912年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミーLafortはで、STD、検閲を行う。 Imprimatur. +John Cardinal Farley, Archbishop of New York許可+ジョン枢機卿ファーリー、ニューヨークニューヨーク大司教の

Bibliography書誌

(1) FRIEDLÄNDER, Darstellungen aus der Sittengesch. (1)フリードランダー、DarstellungenオーストラリアアンデアSittengesch。 Roms, IV (8th ed., Leipzig, 1910), 119-281; CUMONT, Les religions orientales dans le paganisme romain (Paris, 1907) ; WENDLAND, Die hellenistisch-römische Kultur in ihren Beziehungen zu Judentum u. ROMには、IV(8編、ライプチヒ、1910)、119〜281;キュモン、レ宗教オリアンタルダンズはルpaganismeロマン(パリ、1907);ウェンドランド、ihren - römische开明件hellenistischダイBeziehungen zuのJudentum米 Christentum (Tübingen, 1907); REVILLE, La religion à Rome sous les Sévères (Paris, 1886). Christentum(テュービンゲン、1907);レビル、ラ宗教àローマスレSévères(パリ、1886年)。

(2) SCHANZ, Apologie des Christentums, II (3rd ed., Freiburg, 1905); WEBER, Christl, Apologetik (Freiburg, 1907), 163-71; REISCHLE, Theologie u. Religionsgesch. (2)シャンツ、ApologieデChristentums、Ⅱ(第3版、1905年フライブルク);ウェーバー、Christl、Apologetik(1907年フライブルク)、163〜71; REISCHLE、Theologie米Religionsgesch。 (Tübingen, 1904). (テュービンゲン、1904)。

(3) DORNER, Gesch. (3)ドルナー、ジェスチ。 der protest.アンデア抗議。 Theol. Theol。 (Munich, 1867), 606-24; HENKE, Georg. Calixtus u. (ミュンヘン、1867年)、606〜24;ヘンケ、ゲオルグ。カリクストゥスUを seine seit, I-II (Halle, 1853-60).まき網seitは、I - 2(ハレ、1853年から1860年)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです