The Way Internationalウェイインターナショナル

Advanced Information 詳細情報

The Way, International is a cultic organization founded in the mid 1950s by a former Evangelical and Reformed minister, Victor Paul Wierwille.ウェイは、インターナショナルはWierwilleですカルトポール組織設立されたビクター1950年代半ばで旧福音派と改革派の首相。 The Way claims it is not a church or a denomination but merely a "biblical research and teaching organization."ウェイは、組織と主張教育、それがされていない教会や宗派が単に"聖書研究"。

Like most cultic groups, The Way's history and theology revolve around its founder and long - time president.グループと同様に最もカルト、ウェイの歴史と神学は、大統領の時間回転回避創設者と長期- 。 A graduate of Princeton Theological Seminary, Wierwille holds a doctorate from a reputed degree mill, Pike's Peak Seminary.神学校プリンストン大学院の、Wierwilleは神学校のピークパイク保持している博士からの評判度ミル。 He first taught his "power for Abundant Living" class in 1953 and began to attract attention and followers during the Jesus Movement of the late 1960s and 1970s.彼は最初の1970は1960年代後半と教えて豊富な彼のために力を"生活の運動イエスの信者の間に"クラスで注目、1953年を始めた集めている。 The class continues to be the primary means by which potential converts are introduced to the unorthodox teachings of the movement, and has become the cornerstone of The Way's doctrinal position.クラスは、と異例の教えに続けさに導入される潜在的な変換によって主要な手段の動き、位置教義ウェイのあるとなる礎石の。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In 1958 Wierwille resigned from the ministry, disillusioned with the institutional church, and continued his spiritual search as an ecclesiastical loner. 1958年Wierwilleは、辞任したから省機関、幻滅と教会と孤独と教会の検索を続けた彼の精神。 He claims to have had a life - changing experience during which God spoke to him audibly and promised that he would teach Wierwille the Word as it had not been known since the first century.彼は世紀以来の主張する必要があった-人生を変える神の中に経験する話を知られているWordのされていなかったとしてはWierwilleを教えてくれる彼は約束した彼聞こえると。

After this "revelation" encounter with God, Wierwille pursued a career of writing, preaching, and teaching that included the denial of the Trinity, the deity of Jesus Christ, and other major doctrines of orthodox Christianity. He is revered as a prophet by his followers and views himself as an apostle, "one who brings new light to his generation."出会いの後、この"啓示"神と、Wierwilleは、書面のキャリアを、説教を追求し、キリスト教教育正統派の教説の主要な含まれてトリニティ、拒否の神、およびその他のキリストイエス。彼は預言者として崇め、彼信者と使徒としてビュー自身を、"1世代に彼の光をもたらす新しい。"

Wierwille's theology is a strange admixture of Unitarianism, dispensationalism, Pentecostalism, and Calvinism. Wierwilleの神学は、カルヴァンペンテコステ派とは、不思議な混和剤のユニテリアン、天啓。 While he claims to teach the "rightly divided" Word in a manner that was lost to Christianity until he rediscovered it, Wierwille's preconceived theology is an accumulation of ancient heresies in modern dress combined with some biblical truth.それを中に発見、彼がするまでの方法だった失われたキリスト教のWordをの"分割当然"教える彼が主張する、Wierwilleの先入観神学は、真実の一部聖書のドレス組み合わせモダンで異端の蓄積の古代。 The Way, in reality, is an organization that is built around one man's interpretation of the Bible. 、現実ウェイは、聖書の解釈がの男は、組み込みの周り1つの組織。

Critics claim that Wierwille misdefines Greek words, employs inferior study tools, promotes false principles of textual criticism, and routinely distorts biblical teaching. A presupposition underlying much of Wierwille's questionable exegesis is the primacy of the Aramaic. 批評家は、主張するギリシャWierwilleはmisdefines言葉をツールを採用して下の研究、批判のテキストの原則を促進falseで、定期的に教育を歪め聖書。前提に解釈基礎疑問の多くをWierwilleのアラム語の優位性です。 Way researchers assert that the NT was originally written in Aramaic, not Greek.ウェイの研究者がギリシャ主張わけではないNTが、もともと書かれたアラム語です。 They make extensive reference to Syriac versions and to the Peshitta version translated by George Lamsa, an inferior biblical text.彼らは、テキスト下聖書Lamsa、確認ジョージ広範な参照をによる翻訳シリアのバージョンおよびペシタ訳バージョンです。 Wierwille also manipulate Orientalisms to reinforce his own preferred doctrine. Wierwilleも教義を優先自分の彼の操作Orientalismsを強化する。

Members of the Way do not accept the deity of Christ. Wierwille regularly asserts, "Jesus Christ is not God, never was and never will be." The Way teaches that Jesus is the son of God, but he is not God the Son. Consistent with Wierwille's unitarian monotheism is his rejection of the Holy Spirit as the third person of the Godhead. ウェイ会員の主張を定期的にWierwille神を受け入れるキリスト。しないと、"イエスキリストは神ではない、としたことはことはない。"ウェイは、 神を教えることの息子であるイエスは、彼の息子ではない神。一貫性のある一神教とWierwilleのユニテリアン神の人として3番目の御霊の聖拒絶は彼。 In his view, the Holy Spirit is the Father (God) and just another name for God.ビューで、彼は、聖霊が神である父(神)を別の名前だけで、。 When the words "holy spirit" are not capitalized, Wierwille is referring to a spiritual ability of power.時の言葉は、"聖霊"は大文字ではなく、Wierwilleは、電源の能力に精神的な参照している。 Therefore, according to Way theology, the Holy Spirit is not a person but an impersonal power or enablement.したがって、神学ウェイによっては、聖霊がしかし、人ではない人間味の電源または有効化。

Speaking in tongues is central to the Way's theology. Wierwille teaches that speaking in tongues constitutes the true worship of God and that the practice is a necessary indicator of the new birth. As part of the Power for Abundant Living course Way members are taught how to speak in tongues, following Wierwille's rather mechanical instruction. 舌で話すWierwille。神学は中央への道の誕生教えで話し、新しい指標の必要な舌構成事実だが、実際には、礼拝を神。方法を教えメンバーはウェイとしてコースを生活の一部の豊かながパワー命令で話す舌機械は、次のWierwilleのではなく。

Other errant doctrines of The Way include the belief that there is no glory in death and that the dead remain dead until the final resurrection ("soul sleep"); the teaching that water baptism is not for Christians; and the view that faith is a spiritual thing given to man only after Pentecost and therefore it is the faith of Jesus Christ that saves, not our faith in Jesus.の道の教説は、その他の誤ったなどという信念を持っている栄光はそこに死と信仰になるまで死んまま死んで最終的な復活("魂の睡眠");教えているバプテスマは水がないためにキリスト教徒、およびそのビュー精神的なものは、与えられたイエスに人間の後にのみ聖霊降臨祭と信仰は私たちのため、それはです信仰キリスト保存イエスの。

The Way International has headquarters in New Knoxville, Ohio.ウェイインターナショナルはニューノックスビル、オハイオ州に本社を持つ。 Its outreach program includes Word Over the World (WOW) Ambassadors, a leadership training program called The Way Corps, and publication of The Way Magazine.そのアウトリーチプログラムは、雑誌ウェイ含まれています言葉の上の世界(WOW)が大使と呼ばれる指導者トレーニングプログラムウェイの出版隊、および。 The organization espouses a very conservative political ideology and has been accused by some parents of mind manipulation and aggressive recruitment tactics.組織支持する非常に保守的な政治思想と戦術採用積極的な心の操作を持っていますされて被告人が一部の親。

RM Enroth RMはEnroth
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
RM Enroth, Youth, Brainwashing and the Extremist Cults; J MacCollam, "The Way," in A Guide to Cults and New Religions, ed. RMのEnroth、青年、洗脳と過激カルトとJ MacCollam、"ウェイ、"エド宗教、新ガイド』をカルトと。 RM Enroth; DV Morton and JC Juedes, The Integrity and Accuracy of the Way's Word; JL Williams, Victor Paul Wierwille and The Way International. RMのEnroth;のDVトンとJCジュエズ、整合性とWordの精度のウェイ;のJLウィリアムズ、ヴィクターポールWierwilleとウェイは、国際。


The Way Internationalウェイインターナショナル

Letter from a Reader 手紙リーダーから

Thanks for this website!このウェブサイトをありがとう! I belonged to this organization for over 12 years and to its splinter organizations for several more years before breaking away completely and publishing a book debating its doctrine.私は教義を12以上の組織に属し、この年分派し、その多くの組織にはいくつかの分割年前に離れて議論を完全に本を出版する。 The Way took the truth in Jesus Christ and blurred it so bad the truth and the history was lost in the minds of thousands of people.ウェイは、キリストイエスキリストの真実を取り、真実をぼかしてそんなに悪くないと歴史が数千人の心の中に失われました。

S. Spencer米スペンサー

(NOTE: BELIEVE has received over 150 similar letters in the years that our presentations have been on the Internet. There have also been about four letters that have come in that supported The Way, two of which were from people in their organization.) We try never to present any bias or preference toward any viewpoint on any religious subject. (注:信じて、インターネット上の150同様の文字を超えている受信した年間されているプレゼンテーションは、我々 。が組織して来ても文字4についてされてサポートされて、そのウェイの2人でその人がいたから。)我々はアジ宗教も試着しないように視点任意の設定をに向かって、または提示任意のバイアス。 This letter and this reference to other letters is merely meant as trying to be informative.この手紙やその他の文字は、この参照は有益ですがしようとし意味だけ。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです