Wesley (family)ウェスリー(ファミリー)

John Wesleyジョンウェスレー

General Information 一般的な情報

The Wesley family was made famous by the two brothers, John and Charles, who worked together in the rise of Methodism in the British Isles during the 18th century.ウェスレイ家族は18世紀だった上昇メソジスト、イギリス諸島中に行われた有名な仕事を一緒に、チャールズ皇太子、ジョンと兄弟2。 They were among the ten children surviving infancy born to Samuel Wesley (1662 - 1735), Anglican rector of Epworth, Lincolnshire, and Susanna Annesley Wesley, daughter of Samuel Annesley, a dissenting minister.彼らは首相反対された中で10、アンズリー子供存続乳児をスザンナアンズリーウェスリー、娘のサミュエルと生まれたサミュエルウェスリー(1662年〜1735年)、リンカーン、聖公会の牧師のエプワース。

John Wesley, b.ジョンウェスリーは、b. June 28, 1703, d. 1703年6月28日は、d. Mar. 2, 1791, was the principal founder of the Methodist movement. 3月2、1791、運動のメソジスト創始者主体。 His mother was important in his emotional and educational development.彼の母親は、開発された教育の重要な彼の感情や。 The rescue of little "Jackie" from the burning rectory ("a brand plucked from the burning") has become legendary.になる伝説が救助の小さな"ジャッキーは"からの書き込み教区牧師のブランド("撥から)"燃える。 John's education continued at Charterhouse School and at Oxford, where he studied at Christ Church and was elected (1726) fellow of Lincoln College.ジョンの教育は大学リンカーン続きでチャーターの学校とオックスフォードで彼は、研究員)、キリスト教会と1726(選出。 He was ordained in 1728.彼は1728年に叙階さ。

After a brief absence (1727 - 29) to help his father at Epworth, John returned to Oxford to discover that his brother Charles had founded a Holy Club composed of young men interested in spiritual growth. )の後を簡単に欠席(1727年から1729年エプワースで父親を助けるために、ジョンは成長に返される精神的なオックスフォードのを発見することに興味の男性の弟チャールズは、若いのが創設構成クラブ聖。 John quickly became a leading participant of this group, which was dubbed the Methodists.ジョンはすぐにメソジストだったと呼ばれるこのグループになり、の参加者をリードする。 His Oxford days introduced him not only to the rich tradition of classical literature and philosophy but also to spiritual classics like Thomas a Kempis's Imitation of Christ, Jeremy Taylor's Holy Living and Dying, and William Law's Serious Call.彼のオックスフォードの日はコール深刻なの聖なる生活模倣キリストの導入彼だけでなくケンピスのようにトーマスクラシック豊かな伝統の古典的な精神的な文学と哲学もに、ジェレミーテイラーと死ぬ、ウィリアム法の。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In 1735 both Wesleys accompanied James Oglethorpe to the new colony of Georgia, where John's attempts to apply his then high - church views aroused hostility. 1735年の両方ウェスリーズは敵意を眺め興奮教会を高-彼の同行ジェームスオグルソープを、新しい植民地のジョージア州のジョンの試みは適用されます。 Discouraged, he returned (1737) to England; he was rescued from this discouragement by the influence of the Moravian preacher Peter Boehler.された弱気、彼は()が返す1737イングランド、彼はボラーこの救出からピーターモラヴィア説教落胆による影響の。 At a small religious meeting in Aldersgate Street, London, on May 24, 1738, John Wesley had an experience in which his "heart was strangely warmed." 1738 5月24日で、アルダーズゲートStreet、ロンドン会議では小さな宗教、ジョンウェスレーは、温めていた妙にいた経験がどの心が彼の"。"

After this spiritual conversion, which centered on the realization of salvation by faith in Christ alone, he devoted his life to evangelism.単独での信仰は、キリストの後の救いの変換、精神的なこの実現中心に、彼は伝道の生活を彼の献身的。 Beginning in 1739 he established Methodist societies throughout the country.国で開始1739社会全体メソジスト彼が設立した。 He traveled and preached constantly, especially in the London - Bristol - Newcastle triangle, with frequent forays into Wales, Ireland, and Scotland.彼は旅と説教絶えず、特にロンドン-ブリストル-ニューカッスルの三角形を、スコットランド、アイルランドで頻繁に侵略にウェールズ、。 He encountered much opposition and persecution, which later subsided.彼は沈静化が発生した多くの反対と迫害、それ以降。

Late in life Wesley married Mary Vazeille, a widow.人生の後半にウェスリーは、メアリーVazeilleは、未亡人と結婚した。 He continued throughout his life a regimen of personal discipline and ordered living.彼は規律個人継続中レジメンの彼の人生と生活命じた。 He died at 88, still preaching, still traveling, and still a clergyman of the Church of England.彼は、死亡した88、まだ説教は、まだ旅行、まだイングランド教会牧師をします。 In 1784, however, he had given the Methodist societies a legal constitution, and in the same year he ordained Thomas Coke for ministry in the United States; this action signaled an independent course for Methodism. 1784年に、しかし、彼は、憲法があった指定された社会に法的なメソジスト、1年で同じ彼はアメリカイギリスの大臣のための定められたトーマスコークスを、このアクションは、メソジスト独立コースのために通知。

Charles Wesley, b.チャールズウェスリーは、b. Dec. 18, 1707, d. 1707年12月18日は、d. Mar. 29, 1788, was perhaps England's greatest hymn writer. 3月は29日、1788年作家、おそらくイングランドの最大の賛美歌。 Educated at Oxford, he was ordained in 1735 and went to Georgia as Oglethorpe's secretary. He returned a year earlier than John.オックスフォードで教育を受け、彼は1735年に叙階さと秘書に行ったのジョージアとしてオーグルソープ彼はジョン返さ1年以上前。 After a religious experience similar to John's, he continued for many years in close association with the Methodist movement.の後、宗教的なジョンの経験と同様、彼は運動メソジストとの関連で近い年続けて、多くの。 After 1756, however, he left the itinerant ministry and settled first in Bristol and later in London. 1756した後、しかし、彼は左部遍歴とブリストル解決の最初と後のロンドンです。 He wrote more than 5,000 hymns, among them "Hark, the Herald Angels Sing" and "Love Divine, All Loves Excelling."彼は優れた神、すべての愛する書き込み愛5,000人以上の賛美歌を、それらの間"ハーク、ヘラルドエンジェル歌う""と。"

Frederick A Norwoodフレデリックノー

Bibliography 書誌
S Ayling, John Wesley (1979); F Baker, ed., The Works of John Wesley (1975); VHH Green, John Wesley (1964); AC Outler, ed., John Wesley (1964); J Pudney, John Wesley and His World (1978); KE Rowe, ed., The Place of Wesley in the Christian Tradition (1976); R Tuttle, John Wesley: His Life and Theology (1978). Sのアイリングは、ジョンウェスリー(1979); Fベイカー、エド。、1975)(Worksのジョンウェスリー; VHHグリーン、ジョンウェスリー(1964);交流アウトラー、エド。、ジョンウェスリー(1964年)とJパッドニー、ジョンウェスリーと彼の世界(1978); KEのロウ、エド。、1976)(伝統クリスチャンプレイスのウェズリーであり、Rタトル、ジョンウェスリー:彼の人生と神学(1978)。


John Wesley (1703-1791)ジョンウェスリー(1703〜1791)

Advanced Information 詳細情報

John Wesley was the primary figure in the eighteenth century Evangelical Revival and founder of Methodism.ジョンウェスレーはメソジストと創業者のリバイバルされた主な図の福音世紀18。 Wesley was born in Epworth, England, to Samuel and Susanna Wesley, one of nineteen children.ウェスリーは、子供19、生まれたのエプワースイングランドにサミュエルとスザンナ1ウェスリー。 Although both his grandfathers distinguished themselves as Puritan Nonconformists, his parents returned to the Church of England, where his father for most of his ministry held the livings of Epworth (1697- 1735) and Wroot (1725-35).緩和さが両手ピューリタンとして自分自身を祖父が区別、彼の両親)が1725年から1735年返される(教会のための最も父親がイングランド、Wrootを同省開催彼の生計のエプワース(1697年〜1735年)と。 Wesley spent his early years under the careful direction of his remarkable mother, who sought to instill in him a sense of vital piety leading to a wholehearted devotion to God.ウェスリーは、神過ごした彼の初期のに心から献身するための重要な信心深さをリード年感を彼の下で彼の顕著な注意方向に植え付ける求めに、母親。

Life生活

Wesley was educated at Charterhouse, a school for boys in London, and then Christ Church, Oxford, where he received the BA degree in 1724 and the MA degree in 1727.ウェスリーは、ロンドンの教育を受けた男の子のための学校を、チャーターして、キリスト教会、オックスフォード、彼は1727修士の学位に1724とBAの学位を受けた。 Although a serious student in both logic and religion, Wesley was not to experience his "religious" conversion until 1725. 1725の両方のロジックとが深刻な学生は、宗教まで、変換を"宗教しないように発生する彼の"だったウェスリーが。 He was then confronted with what to do with the rest of his life.彼は人生だった彼の残りの部分とは何をとし、直面。 He decided (through the influence of his mother, a religious friend, and the reading of Jeremy Taylor and Thomas a Kempis) to make religion the "business of his life."彼の人生を決めたとトーマステイラー(を通じて影響力の母親、ジェレミー読書宗教的な友人と、ケンピス彼の)"ビジネスの宗教にする。" He was ordained deacon (1725), elected to a fellowship at Lincoln College, Oxford (1726), and served as his father's curate at Wroot (1727-29).彼は、)1725した命じ助祭()1726オックスフォード(選出の交わりでリンカーン大学、および務めたバーテンでWroot父の彼(1727年〜1729年)。 He then returned to Oxford and became the leader of a small band of students organized earlier by his younger brother, Charles.その後、オックスフォードに戻り、チャールズの兄、弟、以前の彼の組織となった学生のリーダーの小さなバンド。 This band, dubbed the "Holy Club," would later be called "Methodist" for their prescribed method of studying the Bible and for their rigid self-denial which included many works of charity.このバンドは、クラブと呼ばれる"聖"と呼ばれることが後に"メソジスト"慈善多くの作品をの含まれて所定のために法の厳格な自己否定の聖書を学ぶ。 During this period (1729-35) both John and Charles fell under the influence of the nonjuror and mystic William Law.チャールズ中、この期間(1729〜35)の両方ジョンと法ウィリアム神秘的な宣誓拒否下落の影響下での。 Although Wesley confessed that he did not at that time understand justification by faith (seeking instead justification by his own works-righteousness), it was during this period that he formulated his views on Christian perfection, the hallmark of Methodism.完璧がキリスト教で自分の作品ウェスリーは、告白を正当化ではなく、彼がそれをした(信仰を正当化しないでそれには時間を理解を求める義)に関する意見を、それがあった時に彼の彼が定式化は、この期間のメソジスト特徴。

In 1735 (Wesley's Journal begins at this point and continues until shortly before his death) Wesley went to Georgia as a missionary to the Indians.ジャーナルでは、1735(ウェスリーのポイントこの開始にと続けてまで、彼の死の直前)ウェスリーインディアンに行ったジョージア州に宣教師として。 Although the Indians eluded him, he did serve as priest to the Georgia settlers under General James Oglethorpe.彼が破ったインディアンは、彼がオーグルソープジェームズ司祭でしたなると一般的なグルジアの入植者の下で。 During a storm in crossing Wesley was deeply impressed with a group of Moravians on board ship.ウェスリーの交差点嵐の中で艦ボード上のモラヴィアグループと深く感銘を受けました。 Their faith in the face of death (the fear of dying was constantly with Wesley since his youth) predisposed disastrous experience in Georgia, he returned to England (1738) and met the Moravian Peter Bohler, who exhorted him to trust Christ alone for salvation.の死恐怖の中で信仰が彼らの顔(死のジョージアだったと絶えずウェスリーから青年悲惨な経験にかかりやすい)、彼は)1738返されるイングランド(と救いに会ったモラヴィアピーターボーラーを、ひとりで、キリストを信頼する彼を熱心に説いた。 What had earlier been merely a religious conversion now became an "evangelical" conversion.どのような変換をした宗教以前されて、単に現在の変換になった"福音"。 At a Moravian band meeting on Aldersgate Street (May 24, 1738), as he listened to a reading from Luther's preface to his commentary on Romans, Wesley felt his "heart strangely warmed." )(5月24日ストリートでモラヴィアバンド会議にアルダーズゲート1738、ローマとしてルーサー読書から彼は聴くための解説を序文の、ウェズリーは、温めた感じ、彼の"心は不思議な。" Although scholars disagree as to the exact nature of this experience, nothing in Wesley was left untouched by his newfound faith.信仰が新たに学者は何も正確な自然に反対するとして、経験はこの彼が放置でウェスリーだった。 After a short journey to Germany to visit the Moravian settlement of Herrnhut, he returned to England and with George Whitefield, a former member of the Holy Club, began preaching salvation by faith.ドイツの短い旅をした後Herrnhutのモラヴィア決済を訪問し、彼はイングランドに戻り、と、ジョージホワイトの聖メンバー、元クラブ信仰によって救いを宣べ伝え始めた。 This "new doctrine" was considered redundant by the sacramentalists in the Established Church, who thought people sufficiently saved by virtue of their infant baptism.この"新ドクトリン"は洗礼幼児だった自分の美徳と見なさ冗長でsacramentalists保存を十分に人々が考えたの教会を設立。 The established churches soon closed their doors to their preaching.確立された教会はすぐに説教への扉を閉じてその。 The Methodists (a name which carried over from their Oxford days) began preaching in the open air.メソジストは、(オックスフォード日自分の名前から運ば以上)オープンエアー始めた説教した。

In 1739 Wesley followed Whitefield to Bristol, where a revival broke out among the miners of Kingswood.ウェスリーで1739キングスウッドの鉱夫続いてホワイトをブリストルのうち、アウト復活を破った。 At that point Wesley's true genius surfaced through his ability to organize new converts into Methodist "societies" and "bands" which sustained both them and the revival.その時点でウェスリーの真の天才が復活浮上をし持続的な両方の能力が彼の整理、新しい変換をバンド"に"メソジスト"社会"と。 The revival continued under Wesley's direct leadership for over fifty years.復活は年間50直接指導の上でのウェスリー続きで。 He traveled some 250,000 miles throughout England, Scotland, Wales, and Ireland, preaching some 40,000 sermons.彼は説教を説いても40,000、旅は約25万マイルで、イングランド、スコットランド、ウェールズ、およびアイルランド。 His influence also extended to America as he (after considerable reluctance) ordained several of his preachers for the work there, which was officially organized in 1784.彼の影響力もアメリカに拡張として、彼(不本意後かなりの)定められた1784説教彼のいくつかの仕事がでいる組織正式にされた。 Wesley literally established "the world as his parish" in order to spread "scripture holiness throughout the land."ウェスリーは、文字通り土地を設立全体として"世界を神聖彼のため教区"の聖書の普及"。" He remained fearlessly loyal to the Established Church all his life. Methodism in England did not become a separate denomination until after his death.彼は死のままでメソジスト恐れることなく忠実に設立された教会のすべての彼の命別になるイングランドしなかった彼の後に宗派まで。

Theology神学

Although Wesley was not a systematic theologian, his theology can be described with reasonable clarity from the study of his published sermons, tracts, treatises, and correspondence.神学者が体系的ウェスリーはなかった、彼の神学は、論文、公開されて説教彼の研究のことができることが記述さ合理的な明快さから路と対応。 In essence, Wesley's theology, so akin to the Reformation, affirms God's sovereign will to reverse our "sinful, devilish nature," by the work of his Holy Spirit, a process he called prevenient, justifying, and sanctifying grace (grace being nearly synonymous with the work of the Holy Spirit).本質的には、ウェスリーの神学ので、似ては改革は、肯定神悪魔のような、罪深い主権意思に逆我々 "と呼ばれる見越して、プロセス、自然を、"彼の神聖な仕事の精神、彼は正当化と同義ほぼ聖されて飾っ恵みを(聖霊の働き)です。

Prevenient or preventing grace for Wesley describes the universal work of the Holy Spirit in the hearts and lives of people between conception and conversion.見越しやウェスリーの猶予を防ぐは、変換の間の概念と人との生活の心の説明普遍の精神神聖仕事をします。 Original sin, according to Wesley, makes it necessary for the Holy Spirit to initiate the relationship between God and people.オリジナルの罪は、によると、ウェスリーの関係を作るために必要が開始するために、聖霊の人々の間に、神と。 Bound by sin and death, people experience the gentle wooing of the Holy Spirit, which prevents them from moving so far from "the way" that when they finally understand the claims of the gospel upon their lives, he guarantees their freedom to say yes.バインドは、死によって罪と、人々が生活体験の時に穏やかな求婚を福音の主張を道"を理解最終的に時、彼らは"聖霊から、これまで動いているのを防ぎます、彼はイエスを保証たちと言って自由です。 This doctrine constitutes the heart of Wesley's Arminianism.この学説はアルミニウスウェスリーのの構成の心を。

Justifying grace describes the work of the Holy Spirit at the moment of conversion in the lives of those who say yes to the call of prevenient grace by placing their faith and trust in Jesus Christ. Wesley understood such conversion as two phases of one experience.恵みを正当化ウェスリーキリストイエスと信頼で仕事をの説明します信仰を置くことは聖霊によって恵みで変換の瞬間を見越し生活の人に言うはい呼び出しの経験の1つのフェーズとして2つの変換を理解など。 The first phase, justification, includes the Spirit attributing or imputing to the believer the righteousness of Jesus Christ.最初の段階では、正当な理由は、キリストイエスが含まれ義の精神を関連付ける信者または2087。 The second phase, the new birth, includes the Spirit launching the process of sanctification or imparted righteousness. 2番目のフェーズでは、新しい誕生日、義が含まれ付与清浄またはスピリットが起動プロセスを。 These two phases identify, in part, the Wesleyan distinctive.これらの2つのフェーズの一部を特定の、ウェスリアン特徴。 Here he combines the "faith alone" so prevalent in the Protestant Reformation (Wesley insisted that he and Calvin were but a hair's breadth apart on justification) with the passion for holiness so prevalent in the Catholic Counter-Reformation.ここで彼はしかしそう流行のプロテスタントの改革("結合"信仰だけでいたウェスリーと主張していたカルバンは、カトリックのカウンター流行のように改革ホーリネス情熱髪)の幅離れに正当化。

Sanctifying grace described the work of the Holy Spirit in the lives of believers between conversion and death. sanctifyingグレースの死の変換との間の生活の信者の精神で、聖霊の説明の仕事を。 Faith in Christ saves us from hell and sin for heaven and good works.信仰は、キリストの作品良い保存私たちを天国から地獄と罪。 Imputed righteousness, according to Wesley, entitles one to heaven; imparted righteousness qualifies one for heaven.転嫁された義は、によると、ウェスリー義を権利に1つの天国。付与天国資格の1つです。 It is here that Wesley goes to great lengths to describe his views on Christian perfection.これは完璧ですここは、キリスト教にウェスリーが行く意見を記述する彼に大きな長さ。

The process of sanctification or perfection culminates in an experience of "pure love" as one progresses to the place where love becomes devoid of self-interest. 1つが進むにつれて"に金利の自己欠けている場所の愛になる愛純粋な"経験の過程で絶頂に達する清浄や完成度は。 This second work of grace is described as the one purpose of all religion.作業はの恵み2番目のこの宗教のすべての1つの目的として説明。 If one is not perfected in love, one is not "ripe for glory."愛場合に完成されていません1つは、1つの栄光のためには熟した"いません。" It is important, however, to note that this perfection was not static but dynamic, always improvable.ことが重要ですが、改善可能常に注意してください、動的この完成度はなかった静的が。 Neither was it angelic or Adamic.どちらかだった天使やアダミック。 Adam's perfection was objective and absolute, while Wesley's perfection was subjective and relative, involving, for the most part, intention and motive.相対含む一部の最もアダムの完成度は主観的だった客観的かつ絶対的な一方、だったウェスリーの完成度は、意図や動機。

Although Wesley talks about an instantaneous experience called "entire sanctification" subsequent to justification, his major emphasis was the continuous process of going on to perfection.完璧その後に"がウェスレイ協議が清浄化について、瞬間的経験"と呼ばれる全体の正当性は、彼の主要なへの行くプロセス連続重点を置いていた。 Perhaps first learned from the early church fathers like Macarius and Ephraem Syrus, this emphasis upon continuous process was enforced by Wesley to prevent the horrible expectation of backsliding.おそらく、最初のプロセスの連続は、この重点にエフラエム学んだことから、初期の教会のとシリアの聖マカリウス父親のような逆行の施行された期待を恐ろしいことを防止Wesleyによって。 Wesley soon learned that the only way to keep Methodists alive was to keep them moving.ウェスリーはすぐに移動を学んだだけ維持する方法は、メソジスト、それらを維持する生きていた。 This same concept of continuous process was later polished by the influence of mystics like Francois Fenelon, whose phrase moi progressus ad infinitum (my progress is without end) greatly impressed Wesley and became a major tool for the perpetuation of the Evangelical Revival.の継続的なプロセスの概念は、これと同じリバイバルされた福音永続のためのツールへ研磨による影響の神秘のようにフランソワフェネロン、progressusモイフレーズ広告無限私(進行状況の主要となり、ウェスリーを大幅に感動)ですなしに終了する。 The watchword for the revival became: "Go on to perfection: otherwise you cannot keep what you have."復活の合言葉になった:"完璧に進んでください:それ以外の場合がある場合はどのようなことはできません続ける。"

Prevenient grace, therefore, is a process. Justifying grace is instantaneous. グレース見越ししたがって、プロセスです。瞬時に正当化さ恵みは。 Sanctifying grace is both a process and instantaneous. Although Wesley's theology went through some subtle shifts later in life (for example, he placed more and more emphasis on good works as the inevitable fruit of saving faith), this is fairly representative of Wesley's theology throughout.猶予をsanctifying瞬時に両方のプロセスと命がウェスリーの後半いくつかの微妙な変化したからの神学(たとえば、彼は)果実の節約の信仰は避けられないとして作品に重点をに良いもっともっと配置、これは全体でのウェスリーかなり代表者の神学。 Generally speaking, Wesley was a practical theologian.一般的神学者に言えば、実用的なウェスリーがあった。 In a very practical way his theology was geared primarily to his own needs and to the needs of those given into his care.介護者指定に彼でのニーズは非常に神学は実用的な方法彼だったとするニーズを対象自身の彼の主に。

RG Tuttle, Jr RGタトルジュニア
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
Wesley, Journal, ed.ウェスリー、ジャーナル、エド。 N. Curnock, 8 vols.; Letters, ed. J.国連Curnock、8 vols学;手紙、エド。jを Telford, 8 vols.; Standard Sermons, ed.テルフォード、8 vols学;標準説教、エド。 EH Sugden, 2 vols.; Works, ed.環境衛生安全スグデン、2 vols学;取り扱い、エド。 T. Jackson, 14 vols; WR Cannon, The Theology of John Wesley; ML Edwards, John Wesley and the Eighteenth Century; VHH Green, The Young Mr. Wesley; H. Lindstrom, Wesley and Sanctification; AC Outler, ed., John Wesley; M. Piette, John Wesley in the Evolution of Protestant Discipline; RG Tuttle, John Wesley, His Life and Theology; L. Tyerman, The Life and Times of The Reverend John Wesley, 3 vols.; CW Williams, John Wesley's Theology Today. T.ジャクソン、14 vols学; WRのキャノン、神学ウェスリーのジョン。MLのエドワーズ、ジョンウェスレーと18世紀; VHHグリーン、ヤング氏がウェスリー; hのリンドストローム、ウェスリーと清浄;交流アウトラー、エド。、ジョンウェスリー;メートルピエット、ジョンウェスレーの規律プロテスタントの進化で、RGのタトル、ジョンウェスレー、彼の人生と神学; lのタイヤーマン、生命およびタイムズスクエアvols学牧師ジョンウェスレー、3;のCWウィリアムズ、ジョンウェスレーの神学今日。




Also, see:また、参照してください:
Wesleyan Tradition ウェスリアンの伝統

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです