The Wesleyan Traditionウェスレヤン伝統

Advanced Information 詳細情報

In the broad sense of the term, the Wesleyan tradition identifies the theological impetus for those movements and denominations (and their name is Legion) who trace their roots to a theological tradition finding its initial focus in John Wesley . 用語意味の広いでは、ウェスリアンの伝統がウェスリーフォーカスをジョンの初期のルーツを神学の伝統を見つけるの識別神学弾みをトレース)はリージョンがそれらの動きと自分の名前(および宗派。 Although its primary legacy remains within the various Methodist denominations (the Wesleyan Methodist, the Free Methodist, the African Methodist Episcopal, the African Methodist Episcopal Zion, the Christian Methodist Episcopal, and the United Methodist), the Wesleyan tradition has been refined and reinterpreted as catalyst for other movements and denominations as well, eg, Charles Finney and the Holiness movement; Charles Parham and the Pentecostal movement; Phineas Bresee and the Church of the Nazarene. )がその主なメソジスト様々な遺産が残っている内にメソジスト宗派(ウェスレヤンメソジスト、無料メソジスト、アフリカメソジスト監督、アフリカメソジスト監督ザイオンは、キリスト教メソジスト監督、国連、ウェスリアンの伝統が洗練されているとして解釈宗派、触媒の他の動きだけでなく、例えば、チャールズフィニーとホーリネス運動チャールズパラムとペンテコステ派の運動;フィニアスブレシー教会ナザレの。

In the more narrow sense of the term, the Wesleyan tradition has been associated with Arminianism, usually in contrast to Reformed Calvinism.長期狭い意味での詳細は、ウェスリアンの伝統はカルヴァン改革派にされている関連のコントラスト通常とアルミニウス This could be misleading. Historically, Calvinists have feared that Wesleyans have strayed too close to Pelagianism.これは誤解を招くことができます。 歴史的に、カルヴァンはペラギウスする必要がある恐れ閉じるあまりにも迷いがあるWesleyansは。 On the other hand, Wesleyans have feared that Calvinists have strayed too close to antinomianism. In fact, neither is necessarily true. Calvin was no antinomian and neither Arminius nor Wesley a Pelagian. Justification by faith is pivotal for both traditions. Although free will is an issue, in many respects the two traditions are not that far apart. 一方、他のWesleyansは律法主義にある恐れを閉じるあまりにも迷いがあるカルヴァンは実際には、どちらもペラギウス主義を、必ずしもtrueを返します。カルバンが誰律法主義ともアルミニウスもウェスリー。信仰によって正当化は、伝統の両方が重要。ですが、自由意志は、問題は、点で多くの2つの伝統が離れてはるかにいないこと。 For example, Wesley stated that he and Calvin were but a hair's breadth apart on justification. Sanctification, not free will, draws the clearest line of distinction. Good theology, for Wesley, was balance without compromise.たとえば、ウェズリーは、 区別記載は、彼としたカルバンは聖ではなく、上の正当な理由以外は毛幅は自由意志の明確な線を描く。神学良い 、ウェスリーのであり、バランスを妥協することなく。 This balance is most evident in Wesley's understanding of faith and works, justification and sanctification.このバランスが清浄化され、正当性や作品、信仰最も顕著でウェスリーの理解。 Those who espouse such a tradition like to think of this as their peculiar genius.人の天才としての独特のこの考えなど支持する伝統が好きです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Wesleyan DistinctivesウェスレヤンDistinctives

In a phrase, the Wesleyan tradition seeks to establish justification by faith as the gateway to sanctification or "scriptural holiness." Taken separately, justification by faith builds the foundation.フレーズでは、ウェスリアンの伝統がホーリネス聖書"または清浄化へのゲートウェイを確立正当性しようとする信仰である。"信仰撮影別に正当化、基盤を構築します。 Wesley himself in a sermon entitled "Justification by Faith" makes an attempt to define the term accurately.ウェスリー自身が信仰によって説教権利根拠""正確になるという用語を定義しようとします。 First, he states what justification is not.まず、彼は州何正当ではない。 It is not being made actually just and righteous (that is sanctification). It is not being cleared of the accusations of Satan, nor of the law, nor even of God.それは)清浄であることがされていないされて作ら実際には正しいと(それはまた、法律のされてクリアされません非難のサタンもの神も。 We have sinned, so the accusation stands. Justification implies pardon, the forgiveness of sins.我々は立って告発がある罪を犯したので、。正当な理由が恩赦を示すように、罪の赦し。 God justifies not the godly but the ungodly.神はとんでもないを正当化すること信心深いが。 They that are righteous need no repentance so they need no forgiveness.ない後悔を彼らは許しを必要としない必要があります彼らは正しいです。 This pardon or forgiveness comes by faith.この恩赦や赦し、信仰によってしています。 Then Wesley states what faith is and what it is not.次に、ウェスレイ状態何の信仰はされ、それがされていません。

It is not that faith of a heathen, nor of a devil, nor even that of the apostle while Christ remained in the flesh.それはまた、信仰のことではない異教徒の、また悪魔もその使徒の肉中にキリストが残った。 It is "a divine supernatural, evidence or conviction, 'of things not seen,' not discoverable by our bodily senses."それは感覚が神の超自然的な、証拠物又は信念、'のない"もの見られる身体私たちが'は発見。" Furthermore, "justifying faith implies a sure trust and confidence that Christ died for my sins, that He loved me and gave Himself for me" (Works, V, 60 - 61).さらに、"信仰を正当化は私を意味することを確認の信頼を私と自信のために死んだイエスキリストが罪愛さ彼は私のために自分自身を与えた"(作品は、V、60 - 61)。 This faith is received by repentance and our willingness to trust Christ as the one able to deliver us from all our sins.この信仰は罪我々全員から受信配信することができる1つの悔い改めとキリストを信頼し、当社の意欲。

With justification by faith as the foundation the Wesleyan tradition then builds a doctrine of sanctification upon it. The doctrine develops like this. 伝統ウェスレヤン基盤と正当性信仰として、それ清浄に教義を構築します。教義はこのよう開発。 Man and woman were created in the image of God's own eternity.男性と女性は、永遠の独自の神のイメージが作成します。 They were upright and perfect.彼らは直立し、完璧だった。 They dwelt in God and God dwelt in them.それら神住んで、神と力説彼らは。 God required full and perfect obedience, and they were (in their unfallen state) equal to the task.神は服従を必要と完全な、彼らの状態が堕落していない(での)タスク等しくなるように。 They then disobeyed God.彼らは、神に従わなかった。 Their righteousness was lost.彼らの正義が失われた。 They were separated from God.彼らは神から分離された。 We, as their seed, inherited a corruptible and mortal nature.私たちは、シードとして、自然を継承堕落と人間。 We became dead, dead in spirit, dead in sin, dead to God, so that in our natural state we hastened on to death everlasting.私たちは神になった死んで死んでいる精神で死んで罪に死んでように、永遠に私たちの自然の状態は死私たちは急いで上に。 God, however, was not to be undone.神は、しかし、元に戻すことができませんでした。 While we were yet sinners Christ died for the ungodly.とんでもないが我々が死亡したキリストはまだ罪人が。 He bore our sins that by his stripes we might be healed.彼は治癒かもしれない我々は罪を退屈させる私たちのことをストライプ彼が。 The ungodly, therefore, are justified by faith in the full, perfect, and sufficient sacrifice.とんでもないしたがって、犠牲十分な、完璧な正当化信仰いっぱい。 This is not the end, however. This is only the beginning.これで終わりではない、しかしこれは最初のみです。 Ultimately for the true Wesleyan salvation is completed by our return to original righteousness. This is done by the work of the Holy Spirit.最終的に救いのために真のウェスレヤン義元に私達のリターンで完了しました。これは、聖霊聖霊の仕事です行って。

Although we are justified by faith alone, we are sanctified by the Holy Spirit, the Spirit that makes us holy. 単独でも信仰によって義と私たちは、私達は、聖なる私たちがいるいる聖聖霊によって、聖霊。

The Wesleyan tradition insists that grace is not contrasted with law but with the works of the law.ウェスリアンの伝統は、法律ではないの恵みを主張して対照的作品ではなく、法。 Wesleyans remind us that Jesus came to fulfill, not destroy, the law. Wesleyans法を思い出させる私たちを、破壊しないこと、を満たすイエスが来てください。 God made us in his perfect image, and he wants that image restored.神はイメージ完璧な彼の作ったおに、彼は復元したいそのイメージを。 He wants to return us to a full and perfect obedience through the process of sanctification.彼は神聖化のプロセス望んでいるに戻ります私たちを介して完全な服従といっぱいです。 As we continually yield to the Spirit's impulse, he roots out those things that would separate us from God, from ourselves, and from those around us.私たちとして、我々は、分離の精神を継続もたらすためのインパルス、彼と根物事をそれらのうちから、神から、自分自身と私たちから約人。 Although we are not justified by good works, we are justified for good works.作品が良いで正当化されない私たちは、私達の作品良いです正当化した。 To be sure, no good works precede justification, as they do not spring from faith in Christ.キリストがすることを確認しない春の信仰から前の正当性を、彼らは作品は良いない。 Good works follow after justification as its inevitable fruit.良い作品は果物の必然として実行した後に正当化します。 Wesley insisted that Methodists who did not fulfill all righteousness deserved the hottest place in the lake of fire.ウェスリーは、火災と主張メソジストは、すべての達成しなかったの湖の場所をホットに値するの正義を。 Fulfilling "all righteousness" or being restored to our original righteousness became the hallmark of the Wesleyan tradition.の達成は、"すべての正義"または義元の私たちのされて復元する伝統ウェスレヤンなった特徴。

To fulfill all righteousness describes the process of sanctification.義を全員に果たす清浄プロセスを説明します。 Wesley insisted that imputed righteousness must become imparted righteousness.ウェスリーは、正義と主張帰属付与になる義をする必要があります。 God grants his Spirit to those who repent and believe that through faith they might overcome sin. Wesleyans want deliverance from sin, not just from hell. Wesley speaks clearly of a process that culminates in a second definite work of grace identified as entire sanctification. Entire sanctification is defined in terms of "pure or disinterested love."神を信じる悔い改め、誰付与彼の精神を、これらの罪を克服を通じて恐れがあるという信仰。Wesleyansはウェスリー 。救出をしたいからわずかから地獄は罪、全体語っています。全体の清浄化を明確に識別明確な仕事の恵み2番目のプロセス最高潮に清浄愛無私や、純粋な"は定義されて用語の" Wesley believed that one process that culminates in a second definite work of grace identified as entire sanctification.ウェスリーは、清浄識別全体信じて恵みを受けて2番目の明確な仕事が最高潮に達する1つのプロセスです。

Entire sanctification is defined in terms of "pure or disinterested love."全体の清浄化は、愛無私や、純粋な"は定義されて用語の" Wesley believed that one could progress in love until love became devoid of self - interest at the moment of entire sanctification.ウェスリーは、清浄愛までを欠いているとなった愛は信じて進むことが1つは、自己-全体の瞬間の関心を〜。 Thus, the principles of scriptural holiness or sanctification are as follows: sanctification is received by faith as a work of the Holy Spirit.したがって、または清浄神聖原理の聖書の次のとおりです:清浄化は聖霊聖霊の作品として信仰です受信した。 It begins at the moment of new birth. It progresses gradually until the instant of entire sanctification. Its characteristics are to love God and one's neighbor as oneself; to be meek and lowly in heart, having the mind which was in Christ Jesus; to abstain from all appearance of evil, walking in all the commandments of God; to be content in every state, doing all to the glory of God.これは、出生新しい瞬間の始まりでそれが清浄化の進行全体インスタント徐々にまで、その特徴は、自分の隣人の、神と1つの愛。中心部にすることは卑しいとおとなしい、イエスキリスト抱えていた心を、棄権する神の出現からすべて悪の戒めのすべて歩いて、神のコンテンツにされるすべての栄光を行うすべての状態。

Wesleyanism Wesleyanism

The Wesleyan tradition's defense has normally exercised four basic proofs: Scripture, reason, tradition, and experience. Although these "proofs" represent only a construct of Wesley's theology, the principles can be clearly identified.ウェスリアンの伝統の守備の経験があり、通常は行使の4つの基本的な証明:啓典は、その理由は、伝統、。神学が、これらの"証拠の"代表ウェスリーの唯一の構築、原則が識別明確にすることができますがあります。

Scripture聖書

Wesley insisted that Scripture is the first authority and contains the only measure whereby all other truth is tested.ウェスリーは、テストと主張最初の聖書は権威であり、含まれている唯一の基準をそれによってすべての真実は、他の。 It was delivered by men divinely inspired.これは、インスピレーションを神に配信された男たち。 It is a rule sufficient of itself. It neither needs, nor is capable of, any further addition.それ自体は十分なルール。これはどちらも、必要もまた可能である、それ以上。 The Scripture references to justification by faith as the gateway to scriptural holiness are well known to true Wesleyans: Deut.に聖書の神聖のゲートウェイとして信仰によって名分の参照は啓典のWesleyansれ、よく知られている場合はtrue:申。 30:6; Ps. 130:8; Ezek. 30:6; psのです。130:8; ezekです。 36:25, 29; Matt. 36:25、29;マットです。 5:48; 22:37; Luke 1:69; John 17:20-23; Rom. 5:48;午後09時37分、ルカ1:69、ヨハネ17:20-23; ROMのです。 8:3-4; II Cor. 8:3-4; 2コーです。 7:1; Eph.午前7時01;エペソ。 3:14; 5:25-27; I Thess. 3:14; 5:25-27;私thess。 5:23; Titus 2:11-14; I John 3:8; 4:17. 5時23分。タイタス2:11-14;ヨハネ3:08; 4時17。

Reason理由

Although Scripture is sufficient unto itself and is the foundation of true religion, Wesley writes: "Now, of what excellent use is reason, if we would either understand ourselves, or explain to others, those living oracles" (Works, VI, 354).自分自身をもかれ啓典は、十分と宗教の真の基礎である、ウェスリーは書いている:"今、その理由ですか使用が優れ場合は、自分自身を我々は理解していずれかのだろうか他の人に説明し、それらの生活の神託"(作品は、VI、354) 。 He states quite clearly that without reason we cannot understand the essential truths of Scripture.彼は聖書述べて非常に重要な真理を明確理解していない理由は、私たちができることは。 Reason, however, is not a mere human invention.理由は、しかし、単なる人間の発明ではない。 It must be assisted by the Holy Spirit if we are to understand the mysteries of God.私たちは神の謎ですに理解すれば、それは精神神聖支援でなければなりません。 With regard to justification by faith and sanctification Wesley said that although reason cannot produce faith, when impartial reason speaks we can understand the new birth, inward holiness, and outward holiness.ウェスリー清浄、信仰によってで関して正当によると、神聖が外側と、その理由はできません生成信仰を神聖を、内側に、我々はことを理解し、新しい誕生公平な理由は話す。 Although reason cannot produce faith, it shortens the leap.理由は、信仰を生成することはできませんが、それは飛躍を短縮します。

Tradition伝統

Wesley writes that it is generally supposed that traditional evidence is weakened by length of time, as it must necessarily pass through so many hands in a continued succession of ages.時間年齢、後任としては、継続的な必要が必ずしも合格に手が多いですのでを通じてのウェズリーの長さが書いて一般的に、それがさ弱体化伝統的な証拠がいることになっ。 Although other evidence is perhaps stronger, he insists: "Do not undervalue traditional evidence. Let it have its place and its due honour. It is highly serviceable in its kind, and in its degree" (Works, X, 75).強いが、他の、おそらく証拠が、彼は主張する:"証拠の伝統的な過小評価しないでください。名誉をしましょうため、それがある、その場所とそれは、その性の高い修理の種類と)で、その度"(対象は、X、75。 Wesley states that men of strong and clear understanding should be aware of its full force.ウェスリーの状態が理解を明確男性の強い力フルそのの必要が認識。 For him it supplies a link through 1,700 years of history with Jesus and the apostles.彼にとっては、使徒とイエスの歴史と長年の1,700提供リンクを介して。 The witness to justification and sanctification is an unbroken chain drawing us into fellowship with those who have finished the race, fought the fight, and who now reign with God in his glory and might.に正当性証人と清浄化がは、切れ目のない完了したら誰がそれらのチェーンの描画との交わり私たちにレースを戦いを戦い、誰が彼の栄光神と今の治世とがあります。

Experienceエクスペリエンス

Apart from Scripture, experience is the strongest proof of Christianity.別に聖書から、経験がキリスト教の最強の証拠である。 "What the Scriptures promise, I enjoy" (Works, X, 79). Again, Wesley insists that we cannot have reasonable assurance of something unless we have experienced it personally. "何、聖書を楽しむ約束、私は"(作品は、X、79)。再び、ウェズリーは、個人的に合理的な保証をそれを経験していない限り私たちは何を持っていると主張してすることはできません私たちは。 John Wesley was assured of both justification and sanctification because he had experienced them in his own life.ので、彼の人生自身の彼ていた経験をの清浄ジョンと正当性の両方のウェスリーがされた保証。 What Christianity promised (considered as a doctrine) was accomplished in his soul.どのようなキリスト教は魂約束どおり(と考え教義彼で達成)であった。 Furthermore, Christianity (considered as an inward principle) is the completion of all those promises.さらに、キリスト教(原理内側だと判断した)約束すべての人です完成。 Although traditional proof is complex, experience is simple: "One thing I know; I was blind, but now I see."複雑が伝統的な証拠は、経験は簡単です:"私は知っている1つの事、私は盲目でしたが、今私が参照してください。" Although tradition establishes the evidence a long way off, experience makes it present to all persons.オフが方法の伝統が確立証拠が長く、経験がいること人すべてが存在する。 As for the proof of justification and sanctification Wesley states that Christianity is an experience of holiness and happiness, the image of God impressed on a created spirit, a fountain of peace and love springing up into everlasting life.状態ウェスレイと清浄化を正当化の証拠としての、キリスト教は、幸福神聖とさ経験、イメージは神のと感動で作成された噴水、精神の平和永遠の生命にまで愛して湧き。

Development of Wesleyan Thoughtの開発ウェスレヤンの思想

The emphasis on justification by faith as the foundation and sanctification as the building upon it kept the people called Methodist moving perpetually toward God.には建物として清浄化と重点が上に土台として信仰によって正当化永久保存移動人メソジストと呼ばれる神に向かって。 Even entire sanctification as an instantaneous experience was never cause to sleep. Not to improve it was to lose it.瞬時経験としても、全体の清浄化がスリープ状態になることはなかった。れないことを失うことをすることでしたが向上します。 One was to grow in love. 1つは、愛に成長するはずだった。 Perfect love continually plumbed some new depth of the human experience.パーフェクト経験を愛する人間の深さを、新しい継続的に配管の一部。 These distinctives of the Wesleyan tradition were powerful tools for the perpetuation of the Evangelical Revival.ウェスリアンの伝統これらdistinctivesのリバイバルされた強力な福音の永続ツールです。 Unfortunately, many of these doctrines have been either lost or misdirected.残念ながら、教義、これらの多くは失わいずれかがされたか見当違い。 Many with in the Wesleyan tradition have slipped into legalism, for example.伝統の多くはウェスレヤンでの法治主義に転落して、例えば。 Their understanding of sanctification has become too closely identified only with the form of godliness.の清浄化の理解はその信心を持っていますになるフォームもだけで識別密接。 Wesley intended that sanctification should be a disposition of the mind or a condition of the heart from which spring all good works.ウェスリーは、心臓のものは、条件や清浄化が必要である心の処分の作品からどの春すべての良い。 Wesley would be grieved to see good works become an end in themselves.ウェスリーは自分自身を最後に悲しむだろうが作品になる良い参照してください。

Ironically, in spite of an emphasis on "doing," many within the Wesleyan tradition have lost their social vision as well.皮肉なことに、強調のにもかかわらずに"仕業は、"伝統ウェスレヤン多くの内だけでなく、彼らの社会的ビジョンを持ってしまった。 Originally Wesley championed the fight against injustices like slavery and the lack of prison reform.もともとウェスリー改革の刑務所不足と支持のような奴隷不正との戦いを。 Many followed in his footsteps.多くは、彼にならった。 The cry of the early Holiness movement (which carried the banner of the Wesleyan tradition throughout the nineteenth century) was "Repent, believe, and become an abolitionist."ホーリネス運動初期の叫びは、(世紀19を通じてウェスレヤン伝統の実施のバナーを)で、"悔い改めは、と信じて廃止となる。" Unfortunately, many within the Wesleyan tradition lost their social consciences when the Holiness movement became defensive and ingrown during the late 1800s.残念ながら、ウェスリアンの伝統の多くに1800年代後半に失われた社会的良心ときホーリネス内向的な動きになった守備。 When such movements lose their theological head (Finney died in 1875), they tend to become more and more rigid.このような動きは)フィニーが死亡した1875年に(頭を神学失う、彼らは剛性より傾向になるものです。 The social gospel became associated with liberalism, and many within the Wesleyan tradition overreacted.社会的福音は、自由に関連したと過剰に反応伝統多くの内ウェスレヤン。 There was also a period of infighting.また内紛した期間のも。 At the turn of the century the Wesleyan tradition, then deeply embedded within the Holiness movement, splintered.バラバラにウェスレヤン世紀でターンの伝統は、その後、運動に深く埋め込まれたホーリネス。 Now the Wesleyan tradition can be traced through many different movements and denominations which still hold, in one form or another, a view to justification by faith as the gateway to sanctification.今ウェスレヤン伝統が清浄へのゲートウェイすることができますが、トレースを信仰に正当化し、ビュー、さまざまな動きや宗派別またはフォーム1つの保持は、まだ。 Admittedly, there might have been some improvements on Wesley's legacy, but much has been lost as well.確かに、そこには、従来のウェスリーのにされていくつかの改善をしたかもしれない多くのでなく、失われて。 Wesley's own question, "How to reunite the two so long divided, knowledge and vital piety?", strikes a relevant chord.ウェスリー自身の問題は、"どのように"?再会する2つのこれまで長い分かれ、知識重要な信心深さ、弦を打つ関連。 The principles of scriptural holiness still have meaning and contain much that is yet precious and important for our contemporary world.聖書の神聖の原理はまだ意味を持って、世界の現代含まれている私たちの多くの貴重な、重要なのははまだありません。

RG Tuttle, Jr RGタトルジュニア
(Elwell Evangelical Dictionary) ()福音辞書をエルウェル

Bibliography 書誌
J. Wesley, Works, ed.のJ.ウェズリー、取り扱い、エド。 T. Jackson, 14 vols.; H. Lindstrom, Wesley and Sanctification; PA Mickey, Essentials of Wesleyan Theology; JB Behney and PH Eller, The History of the Evangelical United Brethren Church; FA Norwood, The Story of American Methodism. T.ジャクソン、14 vols学; hのリンドストローム、ウェスリーと清浄; PAのミッキーは、Essentialsの神学ウェスリアン。バトンベニーとPH Eller、同胞教会イギリス史福音;アロンソノー、ストーリーメソジストのアメリカ人。




Also, see:また、参照してください:
Wesley ウェスリー

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです