キリスト仮現説

総合情報

キリスト仮現説は、イエスキリストの異端の人です。

という言葉は、ギリシャ語から派生してdokeoを意味する"ように見える"または"が表示されます。 " キリスト仮現説によれば、神の永遠の息子または苦しむしなかった本当に十字架上の人間になる;彼だけがこれを行うには、異端が生じたヘレニズムは、環境との二重性に基づいて行われた素材は、世界は非現実的または積極的に悪のどちらかです。

イエスキリストを否定傾向をspiritualize彼の本当の人類が既に存在する新約聖書回クリックします。

問題の対処の使徒ヨハネの書簡を数回( 1ジョン4時02分-3 ; 2ジョン7 ) 。 d oceticされた高度な教えでも二次元- co mbatted世紀の提案がされたグノーシス主義と二次元-世紀の教会の父、特にイグナティウスのアンティオキアとエイレナイオスです。

をベースに、父親の防衛の真の神の化身の息子、旧約聖書の教義を創作によると、材料は、悪の世界はどちらも非現実的しかし、基本的に良いです。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
レジナルドhフラー

キリスト仮現説

高度情報

キリスト仮現説は、項を参照して使用して、神学的視点のうちいくつかは、初期の教会who考えの苦しみと、人間の側面を明らかにイエスキリストの代わりとして虚数または部分には、本物の化身である。

このようなdoceticsの基本的な論文は、イエスキリストに苦しん彼は神の場合、もし彼は神に苦しむことはできない。

の組み合わせは、 2つの性質は、神の息子のデビッドと息子、ポールにROMとの互換性を維持します。

1:3 -4は、すでに明らかにされて攻撃は、使徒ヨハネのコミュニティ(参照1ジョン4時0 2分、 2ジョン7 ) 。

思考の不可欠な部分がdoceticの視点をgnostics 、 whoの人気外国人イエスキリストの使徒として、現在の外部からの邪悪な世界と1つのwhoは、手つかずの邪悪な創作された。

このイエスキリスト来た外国人の運命を目覚めさせるgnosticsして外部の領域に創作のです。

が、 framers 、使徒'とニカイア信条が明確に反対してdocetic教育と2つの性質を想定イエスキリストは、 draftersの定義を、 chalcedon ( 451広告)は、キリスト教教育に関する明確にイエスキリストを"真の神と真の男。 "

glボルヒェルト

(エルウェル福音辞書)

書誌事項


jndケリー、早いキリスト教の教義です。

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです