の改革と自白

高度情報

条件は、 16世紀の組成を自白は機が熟している。

の出版物のルーサー、カルヴィン、ツウィングリ、およびその他の重大な神学ていた改革の指導者を前面に質問します。

コミュニティ全体のとき、または単にの指導者、教えを有効して、即座に需要が発生したステートメントの合併症のない、新しい信仰の権威はまだありません。

改革派の主要深く関与しても1日-から- 1日の生活のどこに感じ取って教会の人々の不安は、ローマの乱用またはかどうかは、自分自身の技術革新です。

と彼らを見たの必要性を早い段階ではすべてが理解する簡単な神学の要約です。

加えて、非常に性質の改革と16世紀の文字を、非常に大きく刺激して自白を書くように要請します。

啓典の改革派がもたらす、究極の権威としての生活のすべての場合でも、この下を切り取るカトリックの伝統を受信します。

彼らのスポークの信者の聖職に就くと聖霊の内部の証拠を提出する、という事実にもかかわらず、これらの公表の教えと呼ばれるローマの絶対確実なmagisterium問われている。

カトリックの影響力も挑戦する改革派の状態です。

彼らの歴史を提案した新たな読書をサポートする独自の改革のためのプッシュします。

と彼らは、 NTの純度の情熱を復元してキリスト教の信仰と実践です。

すべての攻撃はまだありません上での信念を確立して伝統的な慣行と呼ばれるごとに挑戦する根拠は、簡潔な声明の理由を変更します。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
それはない、しかし、宗教上の球を変更するだけで準備して新しい道を信仰告白します。

一般的にヨーロッパを通過する期間は、急速な進化します。

ほぼすべてのサポートをクリックし、 [伝統的なローマカトリックの信念は、火災のです。

カトリック障害者の場合、改革派の干渉は、国家と経済の関与をカトリックので、あまりにも参考君主は、新しい国家-国の教会の伝統的な政治的役割を問題にして、クラスの商人や障害者の急増に慣れ、世界貿易機関です。

ルターとカルバンローマと呼ばれる場合にその解釈の啓典を見直すため、あまりにも参考のルネサンスの指導者に挑戦その他の知的伝統芸術、政治理論、文学、歴史です。

厄介な場合は、改革の質問を提起神学ので、いくつかの世代の学者があまりにも厄介な問題を提起哲学です。

手短に言えば、 16世紀の世界を必要に応じて新たなステートメントを再構築キリスト教の信仰をキリスト教の生活だけでなく、しかし、キリスト教自体を使用して、軍の早期近代ヨーロッパです。

ほとばしる偉大な世紀の最初の自白とプロテスタントの半分を、多数の機能を実行します。 権威ある機関の新たなアイデアをキリスト教の信仰祀られ、神学者、しかし、フォームを提供する可能性も定期的には、共通の命令に忠実です。彼らを解除標準の周りに、地域社会がラリーができるとの違いを明らかに反対します。

彼らは可能性をregatheringの信念と実践の結束の利益を、彼らを設立したとしても、人の道を踏み外したの規律規範をします。

とカトリック教徒は、書面で作らconfessionlikeステートメントを区別することが可能に変更許容偏差は、古代から信仰と伝統的な規範を受け入れ難い。

(エルウェル福音辞書)

で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです