Abraham, Abram, Ibrahimアブラハムは、エイブラムは、イブラヒム

General Information 総合案内

Abraham, originally called Abram, was Israel's first great patriarch. He probably lived in the late 3d or early 2d millennium BC, but the earliest source for information on his life is Genesis 11-25, written about 10 centuries later. アブラハムは、もともとエイブラムと呼ばれる、総主教は、イスラエルの最初の偉大です。終盤に住んでいた彼は、おそらく3次元または2次元千年紀初めには、しかし、彼の人生最古のソースに関する情報については、創世記11月25日、後に書かれた約10世紀にもわたっている。 He was born at Ur in Chaldea, where he married his half-sister Sarah.彼は我々の中で生まれました。 chaldeaが、そこには彼の異母姉のサラと結婚。 Under divine inspiration, he went to Haran in Mesopotamia.神の霊感の下で、彼はハランメソポタミヤ。 Later God commanded him to leave his home for a new land; in return God offered Abraham fame, land, and descendants, promising that he would become a blessing to all nations.神に命じられた後、自宅を残すために彼の新しい土地;その見返りに提供するアブラハムの神の名声は、土地、および子孫は、前途有望なことを彼はすべての国になることを祝福した。 Abraham obeyed and migrated to Canaan, where he lived as a nomadic chieftain.カナンの地に移住してアブラハムに従ったとは、どこに住んとして、遊牧民の族長。 He soon became wealthy, but he still had no son.彼はたちまち裕福な、しかし、彼はまだなかったの息子がいます。 Because Sarah was advanced in years, she substituted her Egyptian slave Hagar, who bore Ishmael, Abraham's first son.サラは、年を取っているので、彼女は彼女のエジプトの奴隷置換hagar 、口径イシマエル人は、アブラハムの最初の息子がいます。 Later, in accord with a divine promise, Sarah gave birth to Isaac.その後、神の約束に合意して、サラはイサクを出産した。

Abraham's faith was put to a severe test when God commanded that he sacrifice Isaac, his only son by Sarah.アブラハムの信仰は、神に命じられた際に、重度のテストを犠牲にしてアイザック彼は、彼の息子で、サラのみです。 Abraham did not waver and he prepared for the sacrifice, but God spared the boy at the last moment, substituting a ram.アブラハムと彼は準備ができていないの犠牲悲喜が、神を脇に置いて、少年は最後の瞬間、ラムの代わりにする。 The Bible portrays Abraham as a man struggling to trust God's promises. By his faith Abraham became the father of the Israelite people and is still honored in three different religions.一人の男として描か聖書アブラハムに苦闘して、神の約束を信頼する。 信仰によってアブラハムは、彼の父親とは、イスラエルの人々はまだ、 3つの異なる宗教光栄です。 Jewish tradition stresses Monotheism. 一神教ユダヤ教の伝統を強調した。 Christians see him as a model for the man of faith and recognize him as their spiritual ancestor. キリスト教徒を参照して彼を一つのモデルとして、男としての彼の精神的な信仰の祖先と認識しています。 Muslims accept him as an ancestor of the Arabs through Ishmael. Numerous works of art are based on the story of the sacrifice of Isaac. イスラム教徒として受け入れる彼は、アラブ人の祖先を通じてイシマエル。無数の芸術作品には物語に基づいてイサクを犠牲にしています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(Editor's Note: Muslims believe that God commanded Abraham to sacrifice Ishmael instead of Isaac. Where the Hebrew and Christian Bibles present later genealogies as based on Isaac, the Islam Koran indicates that Arabs descended through Ishmael. There is no agreement on this matter, but in all cases, it is agreed that Abraham, and therefore his ancestor Shem was an ancestor, which means that both Jews and (Sunnite) Arabs are Semites (descended from Shem).) (編集者注:イスラム教徒の神と信じて命じられたアブラハムイサクを犠牲にする代わりにイシマエル。どこに存在するのヘブライ語とキリスト教の聖書に基づいて後でgenealogiesアイザックとしては、アラブイスラムコーラン降りていることを示しますを通じてイシマエル。合意がないこの件に関しては、しかし、すべてのケースでは、これに同意してアブラハムは、それゆえに彼の祖先は、祖先shem 、つまりそれは両方のユダヤ人とアラブ人がsemites ( sunnite ) (子孫からshem )です。 )

JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography文献情報
Bright, John, A History of Israel (1972); Neusner, Jacob, Genesis Rabbah: The Judaic Commentary on the Book of Genesis, 3 vols.明るい、ジョンは、イスラエルの歴史( 1972 ) ;ニューズナー、ジェイコブは、創世記ラバ:ユダヤ人の創世記解説して、 3 vols 。 (1985); van Seters, John, Abraham in History and Tradition (1975). ( 1985 ) ;ヴァンseters 、ジョンは、アブラハムの歴史と伝統( 1975 ) 。


A'braham a'braham

Advanced Information 高度情報

Abraham, father of a multitude, son of Terah, was named (Gen. 11:27) before his older brothers Nahor and Haran, because he was the heir of the promises.アブラハムは、多くの父親は、息子のテラは、前には彼の名前(大将11:27 ) nahorやハラン古い兄弟は、相続人のために、彼は約束した。 Till the age of seventy, Abram sojourned among his kindred in his native country of Chaldea. 70歳までの年齢は、彼の親族の中で彼のエイブラムsojourned原産国のchaldea 。 He then, with his father and his family and household, quitted the city of Ur, in which he had hitherto dwelt, and went some 300 miles north to Haran, where he abode fifteen years.それから彼は、彼の父親と彼の家族や家計、 quittedウル市は、これまで住んでいたし、いくつかの三百マイル北にハランに行ったが、そこには15年の住まいです。 The cause of his migration was a call from God (Acts 7:2-4).彼の移行の原因は、神からの電話(行為7:2-4 ) 。 There is no mention of this first call in the Old Testament; it is implied, however, in Gen. 12.この言及がないのは、旧約聖書の最初のコール;それは黙示のは、しかし、大将12 。 While they tarried at Haran, Terah died at the age of 205 years.彼らはハラン滞在中には、テラ年間で205歳の時に亡くなった。

Abram now received a second and more definite call, accompanied by a promise from God (Gen. 12:1, 2); whereupon he took his departure, taking his nephew Lot with him, "not knowing whither he went" (Heb. 11:8).エイブラム今より明確な電話を受けた2番目とは、神からの約束に付き添われて(大将12時01分、 2 ) ;すると彼は彼の出発は、彼の甥たくさん取っていると、 "彼はどこに行ったのか分からず" ( heb. 11 : 8 ) 。 He trusted implicitly to the guidance of Him who had called him.彼は暗黙のうちに信頼されていたと呼ばれる彼の指導のギフトです。 Abram now, with a large household of probably a thousand souls, entered on a migratory life, and dwelt in tents.エイブラム今は、大規模で、おそらく1000世帯の魂は、渡り鳥の人生に入力して、テントの中に住んでいます。 Passing along the valley of the Jabbok, in the land of Canaan, he formed his first encampment at Sichem (Gen. 12:6), in the vale or oak-grove of Moreh, between Ebal on the north and Gerizim on the south.ヤボックの谷の通過に沿って、カナンの地で、彼は彼の最初の野営で結成sichem (大将12時06分) 、または樫の木のヴァレ-グローブのモレーは、北朝鮮との間では、 ebal南アgerizimしている。 Here he received the great promise, "I will make of thee a great nation," etc. (Gen. 12:2, 3, 7).ここで彼は偉大な約束を受けて、 "わたしは、なた偉大な国家を作るのは、 "等( 12時02分大将、 3 、 7 ) 。 This promise comprehended not only temporal but also spiritual blessings.しかし、この約束を理解だけでなく、時間的にも精神的な幸運な出来事です。 It implied that he was the chosen ancestor of the great Deliverer whose coming had been long ago predicted (Gen. 3:15).それが彼が選んだ黙示の祖先の偉大な救世主が来ていたのはずっと前に予測(大将3時15分) 。 Soon after this, for some reason not mentioned, he removed his tent to the mountain district between Bethel, then called Luz, and Ai, towns about two miles apart, where he built an altar to "Jehovah."この後すぐには、何らかの理由ではなく触れたように、彼は自分のテントを取り外した地区の山の間にベテル、次にルスと呼ばれる、およびアナログ入力、約2マイル離れて町が、そこには祭壇を建て"エホバ"と述べた。 He again moved into the southern tract of Palestine, called by the Hebrews the Negeb; and was at length, on account of a famine, compelled to go down into Egypt.彼は再び路に移動される南部のパレスチナ、ヘブル人への手紙に呼び出され、 negeb ;長さとは、アカウントの飢饉では、エジプトに行くせざるを得ない。

This took place in the time of the Hyksos, a Semitic race which now held the Egyptians in bondage.この時期に行われたのヒクソスは、エジプトで開かれたユダヤ人のレースを今すぐに取り付かれています。 Here occurred that case of deception on the part of Abram which exposed him to the rebuke of Pharaoh (Gen. 12:18).ここで例が発生してごまかしエイブラムが露出した部分は、彼の叱責をフィルアウン(大将12:18 ) 。 Sarai was restored to him; and Pharaoh loaded him with presents, recommending him to withdraw from the country.サライは、彼に復帰して、彼をロードするとフィルアウン男性は、その国からの脱退を勧告した。 He returned to Canaan richer than when he left it, "in cattle, in silver, and in gold" (Gen. 12:8; 13:2. Comp. Ps. 105:13, 14).彼はより豊かなカナンの地に戻ったときに左には、 "牛は、中銀は、金とは" (大将12時08分、 13時02分です。伴奏。しまう。 105:13 、 14 ) 。 The whole party then moved northward, and returned to their previous station near Bethel.全党次に北方に移動し、前の駅の近くに戻さベテル。 Here disputes arose between Lot's shepherds and those of Abram about water and pasturage.ここでたくさんの羊飼いとの間で紛争が生じたものについては水とエイブラム放牧。 Abram generously gave Lot his choice of the pasture-ground.彼はたくさんの選択肢エイブラム気前の牧草地対地。 (Comp. 1 Cor. 6:7.) He chose the well-watered plain in which Sodom was situated, and removed thither; and thus the uncle and nephew were separated. ( comp. 1うわっ。 6時07分です。 )彼は、十分に水やりを選んだソドム平野では、位置、および削除thither ;こうして、叔父と甥が区切られた。 Immediately after this Abram was cheered by a repetition of the promises already made to him, and then removed to the plain or "oakgrove" of Mamre, which is in Hebron.エイブラムは、この直後に歓声を上げ、反復される前に、すでにその約束をしてしまったら、削除して、それから平野または" oakgrove "のmamreでは、ヘブロン。 He finally settled here, pitching his tent under a famous oak or terebinth tree, called "the oak of Mamre" (Gen. 13:18).彼はついに決着ここでは、彼のピッチングやテレビンノキテントの下にある有名なオークの木と呼ばれる"と、樫の木のmamre " (大将13時18分) 。

This was his third resting-place in the land.これは彼の3番目の休憩所の土地です。 Some fourteen years before this, while Abram was still in Chaldea, Palestine had been invaded by Chedorlaomer, King of Elam, who brought under tribute to him the five cities in the plain to which Lot had removed.この14年前にいくつかは、まだchaldeaながらエイブラムは、パレスチナに侵略されるchedorlaomerていた、キングオブイーラムは、人の下に敬意を表して彼をもたらしたの5つの都市ではたくさんの平原を削除します。 This tribute was felt by the inhabitants of these cities to be a heavy burden, and after twelve years they revolted.このトリビュートが感じられるこれらの都市の住民に大きな負担とし、 12年後に胸が悪くている。 This brought upon them the vengeance of Chedorlaomer, who had in league with him four other kings.このchedorlaomerもたらしたかれらの復讐のは、彼とぐるになっていた他の4人の王です。 He ravaged the whole country, plundering the towns, and carrying the inhabitants away as slaves.荒廃した国全体彼は、その町を略奪し、住民を乗せた奴隷として去る。 Among those thus treated was Lot.それらの中でこのように扱われるがたくさんいます。 Hearing of the disaster that had fallen on his nephew, Abram immediately gathered from his own household a band of 318 armed men, and being joined by the Amoritish chiefs Mamre, Aner, and Eshcol, he pursued after Chedorlaomer, and overtook him near the springs of the Jordan.公聴会は、災害が倒れたことで、甥は、すぐにエイブラムから集まった318のバンドが、自分の家計の武装した男性は、入社されamoritish参謀本部とmamre 、 aner 、およびeshcol 、彼は追求chedorlaomerした後、彼の近くとovertookスプリングスヨルダンのです。 They attacked and routed his army, and pursued it over the range of Anti-Libanus as far as to Hobah, near Damascus, and then returned, bringing back all the spoils that had been carried away.彼の軍を攻撃したとルーティング彼らは、それ以上の範囲や推進libanus反hobah限りには、ダマスカスの近くに、そして帰ってきて、すべての戦利品を持参していた背面に浮かれる。

Returning by way of Salem, ie, Jerusalem, the king of that place, Melchizedek, came forth to meet them with refreshments.リピートされた道のサレム、すなわち、エルサレムは、その場所の王、メルキゼデク、来来たりして軽食を満たしています。 To him Abram presented a tenth of the spoils, in recognition of his character as a priest of the most high God (Gen. 14:18-20).ギフトエイブラムの10分の1を提示したの戦利品は、彼のキャラクターとしての認識では、最も高い神の司祭(大将14:18-20 ) 。 In a recently-discovered tablet, dated in the reign of the grandfather of Amraphel (Gen. 14:1), one of the witnesses is called "the Amorite, the son of Abiramu," or Abram.錠は、最近発見さは、時代遅れでは、祖父の治世amraphel ( 14時01分大将)は、 1つの目撃者は"このアモリ語、 abiramuの息子は、 "やエイブラム。 Having returned to his home at Mamre, the promises already made to him by God were repeated and enlarged (Gen. 13:14). mamre自宅に戻ったことでは、すでに約束された神の前に彼が繰り返されると肥大(大将13時14分) 。 "The word of the Lord" (an expression occurring here for the first time) "came to him" (15:1). "その言葉は、主に" (ここで起きて表現するのは初めてのため) "やってきた" ( 15時01分) 。 He now understood better the future that lay before the nation that was to spring from him.彼は今より良い理解してレイの前に、国の将来をしていた彼の春からだ。 Sarai, now seventy-five years old, in her impatience, persuaded Abram to take Hagar, her Egyptian maid, as a concubine, intending that whatever child might be born should be reckoned as her own. Ishmael was accordingly thus brought up, and was regarded as the heir of these promises (Gen. 16).サライは、今75歳で、彼女の焦り、説得エイブラムを取るhagar 、エジプトのメイド彼女は、側室としては、どのような意図して子供が生まれるかもしれないと彼女自身の侮れない。 イシュメイルは、それに応じてこのように育てられた、とは相続人と見なされて、これらの約束 (大将16 ) 。

When Ishmael was thirteen years old, God again revealed yet more explicitly and fully his gracious purpose; and in token of the sure fulfilment of that purpose the patriarch's name was now changed from Abram to Abraham (Gen. 17:4, 5), and the rite of circumcision was instituted as a sign of the covenant.イシマエルは、 13歳のときには、まだ詳細を明らかに明示的に再び神と完全に彼の親切な目的;とトークンは、確実に目的を達成して、家父長の名前が変更されましたからエイブラムには、今すぐアブラハム(大将17時04分、 5 ) 、および割礼の儀式のは、約束の印として設立。 It was then announced that the heir to these covenant promises would be the son of Sarai, though she was now ninety years old; and it was directed that his name should be Isaac.次に、相続人と発表していたこれらの誓約を約束すれば、サライの息子であるが、彼女は現在90歳で、そしてそれは彼の名前を指示してアイザックしなければならない。 At the same time, in commemoration of the promises, Sarai's name was changed to Sarah.それと同時に、その約束を記念し、サライにサラの名前が変更されます。 On that memorable day of God's thus revealing his design, Abraham and his son Ishmael and all the males of his house were circumcised (Gen. 17).思い出に残る一日にして、神のための啓発彼のデザインは、アブラハムとその息子イスマーイールと彼の家のすべての男性が割礼(大将17 ) 。

Three months after this, as Abraham sat in his tent door, he saw three men approaching.この3ヵ月後、彼のテントに座ったアブラハムドアとしては、 3人の男が近づいてくるのが見えました。 They accepted his proffered hospitality, and, seated under an oak-tree, partook of the fare which Abraham and Sarah provided. One of the three visitants was none other than the Lord, and the other two were angels in the guise of men. The Lord renewed on this occasion his promise of a son by Sarah, who was rebuked for her unbelief.彼らproffered受け入れた彼のおもてなしと、下に装着するカシの木に、 partakeのアブラハムとサラの料金で提供されます。 1つは、 3つの主以外の異星人パニックはなし、および他の2つの天使を装っていた男性です。リニューアルの主は、この機会に自分の息子を約束されたサラは、不信心者は、彼女の叱責を受けるためだ。 Abraham accompanied the three as they proceeded on their journey.アブラハム同行して、彼らの旅の3つに進めています。 The two angels went on toward Sodom; while the Lord tarried behind and talked with Abraham, making known to him the destruction that was about to fall on that guilty city. 2つの天使たちに向かってつづけましたソドム;ながら、主の背後に滞在したと話してアブラハムは、彼の知られているのを破壊して落下していたことについては有罪都市です。 The patriarch interceded earnestly in behalf of the doomed city. interceded熱心で、家父長は、失敗する運命に代わって都市です。 But as not even ten righteous persons were found in it, for whose sake the city would have been spared, the threatened destruction fell upon it; and early next morning Abraham saw the smoke of the fire that consumed it as the "smoke of a furnace" (Gen. 19: 1-28).しかし、正しい者ではないとしても10人が見つかったことは、そのためには、市が助かったことは、その上に落ちた脅かさ破壊;次の日の朝早く、アブラハムは、火災の煙を見たことがコンシューマとして、 "炉の煙" (大将19日: 1月28日) 。

After fifteen years' residence at Mamre, Abraham moved southward, and pitched his tent among the Philistines, near to Gerar. 15年後に' mamreレジデンスでは、南に移動アブラハムは、正々堂々と自分のテントの中にphilistines 、近くにゲラル。 Here occurred that sad instance of prevarication on his part in his relation to Abimelech the King (Gen. 20).ここで悲しいのインスタンスが発生して自分のパートを散布して、彼と関連して、王abimelech (大将20 ) 。 Soon after this event, the patriarch left the vicinity of Gerar, and moved down the fertile valley about 25 miles to Beer-sheba.このイベント後すぐには、左の家長ゲラル近く、肥沃な渓谷へと移動するのに約25マイルシーバビールです。 It was probably here that Isaac was born, Abraham being now an hundred years old.それは、おそらくここにして生まれたイサクは、アブラハムが今、 100歳です。 A feeling of jealousy now arose between Sarah and Hagar, whose son, Ishmael, was no longer to be regarded as Abraham's heir.今すぐしっとする気持ちが生じたとの間のサラhagar 、その息子、イスマーイール、しては、もはやアブラハムの相続人と見なされています。 Sarah insisted that both Hagar and her son should be sent away.サラhagarと主張して彼女の息子の両方に送信しなければならない去った。 This was done, although it was a hard trial to Abraham (Gen. 21:12).このことが行われたにもかかわらず、裁判には、ハードアブラハム(大将21時12分) 。 At this point there is a blank in the patriarch's history of perhaps twenty-five years.この時点で、総主教がある空白の25年間の歴史たぶん。 These years of peace and happiness were spent at Beer-sheba.これらの年間の平和と幸福を費やしていたビール-シーバです。

The next time we see him his faith is put to a severe test by the command that suddenly came to him to go and offer up Isaac, the heir of all the promises, as a sacrifice on one of the mountains of Moriah.彼には、次回我々の信仰を参照するには、重度のテストでは、コマンドをして来た彼は突然に行くと申し出てアイザックは、相続人のすべての約束は、 1つとしては、山々を犠牲にして、モリア。 His faith stood the test (Heb. 11:17-19).彼の信念に立っていたのテスト( heb. 11:17-19 ) 。 He proceeded in a spirit of unhesitating obedience to carry out the command; and when about to slay his son, whom he had laid on the altar, his uplifted hand was arrested by the angel of Jehovah, and a ram, which was entangled in a thicket near at hand, was seized and offered in his stead.はきはきした彼の精神の下で進み服従させるコマンドを実行;と息子を殺そうとする際については、彼が誰祭壇レイアウトして、彼の手を持ち上げた天使のように逮捕されたエホバのは、ラムと、これではもつれた茂み手近には、押収したとは、彼の代わりに提供されています。 From this circumstance that place was called Jehovah-jireh, ie, "The Lord will provide."このような状況からそのような場所には、エホバのjirehと呼ばれる、すなわち、 "主に提供しています。 " The promises made to Abraham were again confirmed (and this was the last recorded word of God to the patriarch); and he descended the mount with his son, and returned to his home at Beer-sheba (Gen. 22:19), where he resided for some years, and then moved northward to Hebron.アブラハムの公約を再度確認された(そしてこれは神のみことばを記録し、最後の総主教) ;と彼は、息子の子孫にマウントして、自宅でビールを返さ-シーバ( 22時19分大将)は、どこに彼はいくつかの常駐年間で、北方に移動し、次にヘブロン。 Some years after this Sarah died at Hebron, being 127 years old.何年か後に死亡したヘブロンこのサラは、 127歳れています。

Abraham acquired now the needful possession of a burying-place, the cave of Machpelah, by purchase from the owner of it, Ephron the Hittite (Gen. 23); and there he buried Sarah.アブラハム後天ニードフル所持する今の埋葬場所は、洞窟のmachpelah 、所有者から購入することによって、そのヒッタイトエフロン(大将23 ) ;と彼はそこに埋葬サラ。 His next care was to provide a wife for Isaac, and for this purpose he sent his steward, Eliezer, to Haran (or Charran, Acts 7:2), where his brother Nahor and his family resided (Gen. 11:31).彼は、次のケアを提供するためのアイザックの妻、そして彼は、この目的のために行かせたスチュワードは、エリエゼル、ハラン(またはcharran 、行為の午前7時02分) 、そして彼の家族はどこに住んnahor弟(大将11:31 ) 。 The result was that Rebekah, the daughter of Nahor's son Bethuel, became the wife of Isaac (Gen. 24).その結果、そのrebekah 、 nahorの息子、娘bethuel 、アイザックは、妻(大将24 ) 。 Abraham then himself took to wife Keturah, who became the mother of six sons, whose descendants were afterwards known as the "children of the east" (Judg. 6:3), and later as "Saracens."アブラハムは自分自身を当時の妻keturah 、 6人の息子の母になった人は、その後の子孫として知られていた"と子供たちの東" ( judg. 6時03分) 、およびそれ以降を"サラセンズ。 " At length all his wanderings came to an end.とうとう彼のwanderingsのすべてが終了しました。 At the age of 175 years, 100 years after he had first entered the land of Canaan, he died, and was buried in the old family burying-place at Machpelah (Gen. 25:7-10).歳の時に175年、 100年後、彼は最初に入力したカナンの地は、彼が死亡し、埋葬された場所で、昔の家族の埋葬- machpelah (大将25:7-10 ) 。 The history of Abraham made a wide and deep impression on the ancient world, and references to it are interwoven in the religious traditions of almost all Eastern nations.アブラハムの歴史と深い感銘を与える前に広い世界の古代、およびリファレンスを織り交ぜることでは、ほぼすべての東側諸国の宗教的伝統です。 He is called "the friend of God" (James 2:23), "faithful Abraham" (Gal. 3:9), "the father of us all" (Rom. 4:16).と呼ばれる彼は"神の友" (ジェームズ2時23分) 、 "忠実なアブラハム" ( gal. 3時09分) 、 "我々の父親のすべて" ( rom. 4時16分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Abrahamアブラハム

Advanced Information 高度情報

Abraham stands in the unique position of being the father of a nation and the father of all believers.アブラハムは、ユニークな位置に立っていると、一国の父親の父親のすべての信者です。 God told Abraham to leave his homeland and go to the land of Canaan.神は自分の祖国を離れるとアブラハムのカナンの地に行く。 There God entered into a covenant with him (Gen. 12:1-3; 15:12-21).神の約束を入力すると、そこに彼(大将12:1-3 ; 15:12-21 ) 。 Abraham was the progenitor of the Hebrew nation and of several Arabic peoples.アブラハムは、前駆は、いくつかのヘブライ語とアラビア語の国の人々だ。 All Jews regard themselves as his descendants, a special people chosen by God (Isa. 51:1-2).すべてのユダヤ人としての彼自身の子孫に関しては、神によって選ばれた特別な人々 ( isa. 51:1-2 ) 。

But beyond the physical posterity lies the spiritual dimension, for "all peoples on earth will be blessed through you" (Gen. 12:3; 18:18; 22:18; 26:4; 28:14).しかし、嘘を越えて、肉体的精神的な次元後世には、 "地球上のすべての人々に祝福されることを通じて" (大将12時03分、 18時18分、 22時18分; 26:4 ; 28:14 ) 。 This is perhaps the first great missionary text in the Bible.これはおそらく最初の偉大な宣教師は、聖書のテキストです。 Paul referred to it as the same gospel which he preached (Gal. 3:8).ポール言及して、同じように彼の福音説教( gal. 3時08分) 。 The blessing came through Christ, "the son of David, the son of Abraham" (Matt. 1:1).キリストを通して、神の恵みが、 "息子であるデビッドは、アブラハムの息子" ( matt. 1:1 ) 。 All who believe in Christ are the children of Abraham, even the Gentiles (Gal. 3:7-14).キリストを信じるすべての人の子供たちは、アブラハムは、ほんのgentiles ( gal. 3:7-14 ) 。 They too are "Abraham's seed, and heirs according to the promise" (Gal. 3:29).彼らはあまりにも"アブラハムの種子は、相続人との約束によると、 " ( gal. 3時29分) 。 In fact, faith in Christ is more important than physical descent when it comes to determining who the children of Abraham really are (Matt. 3:9; John 8:33).実際、より重要なのが、キリスト信じている物理的な降下を決定することになると、子供たちが実際にはアブラハム( matt. 3 : 09 ;ジョン8時33分) 。 God's promises to Abraham and the rest of the patriarchs find their unique fulfillment in Christ (Acts 3: 25-26), though in a limited sense any godly king who sat on David's throne fulfilled the Abrahamic covenant (cf. Ps. 72:17).アブラハムと神の約束して、残りのpatriarchs彼らのユニークな満足感を見つけるキリスト(行為3 :二十五〜二十六)が、いかなる意味では、限られた人の信仰心の厚い王の玉座に座ってデビッドabrahamic果たさの盟約( cf.しまう。 72:17 ) 。 The covenant was unconditional and eternal, but kings and other individuals who disobeyed God would find themselves cut off from the covenant (Gen. 17:13-14; 18:18-19).永遠の約束とは、無条件ではなく、神の王やその他の個人に従わなかった者自身から切り離されているのを見つけると約束(大将17:13-14 ; 18:18-19 ) 。

The NT mentions Abraham more than any other OT figure except Moses, and it stresses his significance as a man of faith.アブラハム以上の言及はNT ot図を除いて、他のムーサーは、彼の意義を強調して一人の男としての信念だ。 When called to leave Mesopotamia, Abraham "obeyed and went, even though he did not know where he was going" (Heb. 11:8).メソポタミアを離れるときに呼ばれ、アブラハム"と言われたとおりに行ったにもかかわらず、彼は彼がどこに行くのか分からなかった" ( heb. 11時08分) 。 Even after reaching Canaan, Abraham still remained a stranger and did not live to see the fulfillment of the promises (Heb. 11:9-10).カナンの地に到達した後も、アブラハムまだ残っていない見知らぬ人とライブを見るためには、約束を履行( heb. 11:9-10 ) 。 He did believe that God would give him a son and that his offspring would someday become as numerous as the stars.彼は神を信じることは、彼の息子とその子孫がいつか彼のようにおびただしい数の星となる。 On the basis of this faith God "credited it to him as righteousness" (Gen. 15:4-6).神の信仰に基づいて、この"ギフトとして正義を入金すること" (大将15:4-6 ) 。 Paul cites this passage as his first illustration of justification by faith in Rom.ポール引き合いに出して、この通路としての彼の最初のイラストは、 ROM他力本願。 4:1-3. 4:1-3 。 In the same chapter Paul notes that Abraham dared to believe that Sarah would give birth to the promised child, even though she was past the age of childbearing and he was a hundred years old (Rom. 4:18-19).ポールは、同じ章の注意事項を敢えてしていると思われるアブラハムは、サラの子供を出産する、と約束したにもかかわらず、彼女は過去の出産年齢と彼は、百年の古い( rom. 4:18-19 ) 。 Abraham's unwavering faith in the promises of God remains a challenge to all people to "believe in Him who raised Jesus our Lord from the dead" (Rom. 4:20-24).アブラハムの揺るぎない信仰は、神の約束は依然として課題をすべての人々に"彼を信じる者たちの主イエスキリストから引き上げたザデッド" ( rom. 4:20-24 ) 。

The greatest test of Abraham's faith came when God instructed him to sacrifice Isaac on Mt. Moriah.アブラハムの最大のテストは、神への信仰を指示したときに来たイサクを犠牲にして山です。モリアです。 In spite of the fact that God's previous promises were intertwined with the life of Isaac, Abraham obeyed and was ready to plunge the knife into his dear son.という事実にもかかわらず、神の前の生活の約束が絡み合うアイザックは、アブラハムとは言われたとおりにナイフを準備して、自分のかわいい息子の急落。 According to Heb.によると、 heb 。 11:17-19, Abraham reasoned that God would bring Isaac back to life, so deep was his confidence in God's promises. 11:17-19は、神がもたらすアイザックアブラハム理路整然として生活に戻るので、深い神の約束は、彼の自信がある。 This experience of nearly sacrificing his only son placed Abraham in the position of God the Father, who sent his one and only Son to Mt. Calvary, not far from Mt. Moriah (II Chr. 3:1).この経験が彼の一人息子を犠牲に近い位置に置かれた神のアブラハムの父は、誰一人息子を送ったと、モンタナ州の1つだ。カルバリー、山からそう遠くない。モリア( ⅱ chr 。 3時01分) 。 The Greek word that describes Christ as the "only begotten" or "one and only son," monogenes, is applied to Isaac in Heb.キリストは、ギリシャ語の説明として、 "たったひとり子"または" 1つのみと息子は、 " monogenes 、アイザックではhebに適用されます。 11:17. 11:17 。 A ram was substituted on the altar for Isaac (Gen. 22:13), but God "did not spare his own son" (Rom. 8:32).ラムは、置換するためには、祭壇のアイザック( 22時13分大将)が、神を"自分の息子のスペアしなかった" ( rom. 8時32分) 。 The pain and agony felt by Abraham at the prospect of sacrificing Isaac in some small way helps us understand the suffering of the Father when he offered up his Son for us all.アブラハムの痛みと苦しみを感じたの見通しは、いくつかの小さな犠牲アイザックの苦しみを理解するのに役立つように、彼の父親が息子のために私たちのすべてを提供する。

Abraham's fellowship with God is also illustrated through his prayer life.アブラハムの交わりを持つ神は彼の祈り生活を通しても図解入り。 In Gen. 20:7 Abraham is called a prophet who will pray for the healing of a Philistine king and his family.アブラハムは、 20時07分、大将と呼ばれる人は、預言者の治癒を祈るペリシテ人の王と彼の家族です。 Earlier, in Gen. 18:22-33, Abraham stood before the Lord and interceded in behalf of the city of Sodom.これに先立ち、大将18:22-33には、主の前に立っていたとintercededアブラハムはソドムの都市代表している。 His boldness in prayer encourages the believer to lay petitions before the throne of grace.彼の大胆さを奨励して祈りをささげる信者の前に嘆願書をレイ玉座の恵みを受けています。 Because of his close walk with the Lord, Abraham is sometimes called the friend of God (II Chr. 20:7; Isa. 41:8; James 2:23).彼のために緊密な散歩して、主は、アブラハムは、神の友と呼ばときどき( ⅱ chr 。 20 : 07 ;のISA 。 41:8 ;ジェームズ2時23分) 。 Both the Hebrew and the Greek words for "friend" include the idea of "the one who loves God."とは、ギリシャ語、ヘブライ語の両方を"友達"という考えを盛り込む"と、 1つの神を愛する"と述べた。 Abraham loved God more than anything else in the world (Gen. 22:2).何よりも神に愛されるアブラハムは、世界(大将22時02分) 。 His obedience to the Lord is emphasized also in Gen. 26:5.彼の服従を強調したのも、大将の主は、 26:5 。 Before the law was written, Abraham kept God's requirements, commands, and laws.法の前に書かれた、神の要件を保管アブラハム、コマンド、および法律です。

Abraham was rightly called a prophet because he received divine revelation (Gen. 12:1-3).アブラハムなぜなら、彼は、預言者と呼ばれる正しく受信託宣(大将12:1-3 ) 。 God spoke to him in a vision (Gen. 15:1) and appeared to him in a theophany (Gen. 18:1).彼は神の話をするとビジョン(大将15時01分)に出演して、彼は神の顕現(大将18時01分) 。

HM Wolfフムオオカミ

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
J. Walvoord, "Premillennialism and the Abrahamic Covenant," BS 109:37-46, 293-303; G. von Rad, OT Theology, I, 170-75; JB Payne, The Theology of the Older Testament; J. Jeremias, TDNT, I, 8-9; R. Longenecker, "The 'Faith of Abraham,'" JETS 20:203-12; W. Kaiser, Jr., Toward an OT Theology; RE Clements, TDOT,I, 52-58. j. walvoord 、 "前千年王国説と誓約abrahamic 、 " bs 109:37-46 、二百九十三から三百三; Gをフォンラート、 ot神学、私は、一七〇から七五; jb Payne氏は、旧新約聖書の神学; j.イェレミアス、 tdnt 、私は、 8-9 ;ロングネカー共和党は、 " '信仰のアブラハム、 ' "ジェット機20:203-12 ;ウィリアムカイザー、ジュニア、 otに向かって、神学;再クレメンツ、 tdot 、私は、 52 - 58 。


Abrahamic Covenant誓約abrahamic

Advanced Information 高度情報

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 差出人:ホーム聖書の勉強を解説ジェームズm.白黒

GENESIS CHAPTERS 14, 15創世記14章、 15

The Confederated KIngsキングスのconfederated

Gen. 14: 1-12 How does the Revised Version translate "nations" in verse 1?大将14 : 1-12の改訂版ではどのように翻訳する"国"に詩1ですか? In what valley was the battle joined (3)?谷では、どのような戦いに参加( 3 )ですか? How is that valley now identified?今はどのようにして谷に発見? Against what six peoples did Chedorlaomer and his confederates campaign in the fourteenth year (5-7)?反対する人々はどのような6つの部族連合chedorlaomerと彼のキャンペーンは、 14年( 5-7 ) ? You will find these peoples located on the east and south of the Dead Sea.これらの人々を見つけることは東と南に位置し、海オブザデッドです。 Who were victors in this case (10)?この場合、誰が勝利者( 10 )ですか? How did they reward themselves (11)?どのようにして彼ら自身の報酬( 11 )ですか? What gives us a special interest in this story (12)?私たちに特別な関心をどうしたらいいのこの話( 12 )ですか? Objectors have denied the historicity of it, but the monuments of Assyria, Babylonia and Egypt, with their inscriptions and paintings, confirm it.史実を否定して拒否することが、しかし、アッシリアの建造物は、バビロニアやエジプト、彼らの碑文や絵画では、それを確認する。 The names of some of these kings are given, and it would appear that Chedorlaomer was the general name of a line of Elamite kings corresponding to the several pharaohs and Caesars of later times.これらのいくつかの王様の名前が与えられた、として表示されることがchedorlaomer総長は、 1行のエラム人の名前に対応していくつかのファラオの王と後で倍のシーザーズ。

Abram's Exploit of Armsエイブラムの搾取の武器

Gen. 14: 13-24 By what name was Abram distinguished among these heathen peoples (13)?大将14 :一三から二四によってどのような名前が異教徒これらの人々の間で著名なエイブラム( 13 )ですか? What hint have we of his princely power (14)?我々は彼がどのようなヒント豪壮な力( 14 )ですか? What was the manner of his attack (15)?どのような方法では、彼の攻撃( 15 )ですか? The motive for it (16)? ( 16 )の動機をすることですか? We are not surprised at Abram's meeting with the king of Sodom on his return, but what other king is named (18)?私たちは驚いていないエイブラムの会議にはソドムの王の帰還が、他にどのような王の名前が( 18 )ですか? What office did he hold beside that of king?彼のそばに事務所を開くことは何の王様ですか? Was he a heathen like the others (19)?彼は、異教徒のように、他の( 19 )ですか? Who gave the tithes, Abram or he? tithes与えた人は、エイブラムまたは彼ですか? (Compare Heb. 7:6.) Melchizedek seems to have been a king of Salem, later called Jerusalem, who like Job had not only retained the knowledge of the true God but also like him was in his own person a prince and a priest. (比較heb 。 7時06分です。 )メルキゼデクてきたように、サレムの王は、後にエルサレムと呼ばれる、人のような仕事を維持していただけでなく、真の神の知識だけでなく、彼自身は彼が好きな人は、王子と司祭。 (Compare Job 1:5-8; 29; 25.) Recent discoveries of correspondence of the Egyptian kings written at about the time of the Exodus refute the theory once held that Melchizedek was an imaginary character and that this incident never occurred. (比較仕事1:5-8 ; 29 ; 25です。 )最近の発見は、エジプト王の対応については、書面では、エクソダス時間に1回開かれることに異議を唱える理論メルキゼデクは、今回の事件は決して架空のキャラクターとして発生しています。

This correspondence includes letters of the king of Jerusalem, Ebed-Tob by name, which means "the servant of the Good One," who speaks of himself in the very phrases used by his predecessor Melchizedek (Heb. 7).この手紙の対応が含まれてエルサレムの王、 ebed -トゥブ州の名前で、つまり"いいの使用人の1つは、 "誰が喋るのは、非常に自分自身で使用されるフレーズ前任メルキゼデク( heb. 7 ) 。 The probability is that Melchizedek, like Chedorlaomer, was the common name of a race or dynasty of priest-kings ruling over that city.その確率は、メルキゼデク、 chedorlaomerのように、共通の名前では、人種や王朝の都市司祭-キングス判決やり直すことです。 He is employed as a type of Christ in the 110th Psalm and in Hebrews 7.彼は、キリストの種類として雇われるので第百十詩編とヘブル人への手紙7 。 How does the king of Sodom probably the successor to him who had been slain (10), express his gratitude to Abram (21)?ソドムの王はどのようにして、おそらく彼の後継者( 10 )が殺害された、感謝の意を表明エイブラム( 21 )ですか? What is Abram's response (22-24)?エイブラムの反応は何です(二二〜二四) ? How does this response show that Melchizedek worshipped the same God?これはどのような反応を示すことメルキゼデク神崇拝と同じですか? What elements of character does it show in Abram?文字表示されないことには何の要素でエイブラムですか?

The Second Test and Reward of Faith 2番目のテストと信仰の報酬

Gen. 15: 1-6 "After these things" Abram might have feared that the defeated warriors would return in force and overwhelm him, nor is it improbable that misgivings arose as to relinquishing the spoil he was entitled to as the conqueror.大将15 : 1-6 "の後こういうもの"とエイブラムの戦士に敗れる可能性があるのではないかと危ぶんでは、力を返すと彼を圧倒し、またそうにないことは、それを放棄して不安が生じたとしての権利を損なうとして、彼は勝利する。 But God could deliver him from fear in the one case and make up to him the loss in the other.しかし、神が彼に届けるの恐怖は、 1つのケースから、彼の損失を補うで、他のです。 How does He express both ideas in verse 1?彼のアイデアはどのように表現する詩の両方を1か? But what burdens Abram heavier than either of these things (2)?しかし、何よりも重い負担エイブラム( 2 )のいずれかのものですか? God promised him a seed to inherit Canaan, which should be multiplied as the dust of the earth, yet he was going hence childless.彼は神の約束を受け継ぐカナン種子は、どのようにしなければならないのほこりを掛けて、地球は、まだそのため彼は子供だったんです。 He who should be possessor of his house under these circumstances would be Dammesek Eliezer (RV).彼は彼の家の所有者しなければならないだろうdammesekこのような状況の下でエリエゼル(右) 。 Just how to explain this is difficult, but Eliezer was his steward, and oriental custom may have entailed the possessions of his master on such an one where no natural heir existed.ただ、この方法を説明するのは難しいが、彼のスチュワードエリエゼルは、カスタムの可能性があるとオリエンタルentailed主人の持ち物のような1つの場所に存在していない自然の相続人です。 We cannot explain this but would call attention to the reply of Jehovah, that it is not an adopted son he shall have but a supernatural one (4).しかし、我々はこれを説明することはできないの注目を集めるために、エホバの返信は、養子ではないことを彼は超自然を有するものではなく、 ( 4 )の1つです。

And now what does Jehovah do to Abram (5)?そして今は何をしてエイブラム( 5 )エホバか? And what does He ask Abram to do?エイブラムを尋ねると彼は何ですか? And what does He then promise him?それから彼は彼の約束とは何ですか? Was Abram's faith able to measure up to this stupendous declaration (6)?エイブラムの信仰ができるように、この巨大な宣言を測定する( 6 ) ? And in what did this faith of Abram result to him (v. 6, last clause)?とはどのような結果には、この信仰のギフトエイブラム(対6 、最後の節) ? These words, "COUNTED IT TO HIM FOR RIGHTEOUSNESS," reveal a fact more important to Abram personally than the promise of a seed, except that the seed, considered as the forerunner and type of Christ, was the only ground at length on which Abram might be counted righteous.これらの言葉は、 "正義のため数えてそのことを彼は、 "事実を明らかにするよりも、もっと重要な約束を個人的には、エイブラム種子は、種子を除いては、その先駆者と見なされて、キリストの種類は、地上では、長さだけで、エイブラム正しい数えられるかもしれない。 To understand these words is vital to an understanding of our own redemption, and an apprehension of the Gospel.これらの言葉を理解することは重要であると私たち自身の償還を理解し、福音を逮捕した。 Abram was a sinner, born into a state of wrongness, but God now puts him by an act of grace into a state of rightness, not because of Abram's righteous character but on the ground of his belief in God's word.エイブラムは、罪人は、不正行為な状態で生まれるが、今、神の恵みを受けて配置する行為によって彼の状態を正し、正義のない性格のため、エイブラムしかし、地面の上で自分の信念を神の言葉だ。 Nor does this righteous state into which he is brought make it true that thereafter he is without a flaw in his character, for he is guilty of much.が、これも正しい状態にすることをもたらした彼は事実だが、その後彼は彼の性格上の欠陥なしで、彼は多くの罪を犯したのだ。

But he has a right standing before God and because of it God can deal with him in time and eternity as He cannot deal with other men who do not have this standing.しかし、彼には、右側に立っているため、神と神の前に対処できるとして、彼は永遠の時間と彼は他の男性に対処することはできません持ちでない方は、これに立っている。 The significance of this to us is seen in Romans 4:23-25, which you are urged to read prayerfully.の意義については、これを見たローマ人への手紙4:23-25私たちは、あなたがこれを読んで祈るように促した。 The question is sometimes asked whether Abram, and for that matter, any Old Testament saint, was justified or made righteous just as we are in these days.エイブラム要請するかどうかの質問にはときどき、そのことについては、旧約聖書のいかなるサンは、前には、正当化や正義と同じように、我々はこれらの終了。 The answer is yes, and no.その答えは、はい、といいえ。 They were made righteous just as we are in that Christ took away their guilt on the cross and wrought out a righteousness for them, but they were not made righteous just as we are in that they knew Christ as we do.かれらは正しい前と同じように、我々は彼らの罪悪感を奪ったことは、キリストの十字架と正義のために精巧に作られたアウトして、かれらは正義の前だけではないことを知っていたとして、我々は我々としてキリストです。 Christ indeed said that Abram rejoiced to see His day, and he saw it and was glad (John 8:56), but this does not mean that he saw and understood what we now do of the Person and finished work of Christ.キリスト実際によると、彼の一日を参照してくださいエイブラムを見て歓喜し、そしてそれを見てて良かった(ジョン8時56分)が、これを見たわけではないと理解した彼は何か私たちは、今の仕事を終えた人とキリストです。 The fact is this: God set a certain promise before Abram.その事実は、この:神の約束を設定する前に特定のエイブラム。 He believed God's testimony concerning it and was counted righteous in consequence.彼は神の証言に関することと信じられていた正義の結果としてカウントされます。

God sets a certain promise before us, and if we believe God's testimony concerning it we are counted righteous in consequence.私たちの神を設定する前に特定の約束は、神の証言を信じるとすればそれに関する我々は正しい結果としてカウントされます。 The promise to Abram was that of a natural seed; the promise to us is that of salvation through Jesus Christ, the anti-type of that seed.エイブラムの約束をしていたのは、自然の種子;の約束をして、私たちはイエスキリストを通して救いは、アンチして種子の種類です。 We have but to believe His testimony concerning Jesus Christ, as Abram believed it concerning the seed, to obtain the same standing before God forever.しかし、我々は彼の証言に関するイエスキリストを信じて、それを信じてエイブラムに関する種子は、神の前に立って、同じ永遠を得る。 It is not our character that gives it to us, nor does our change of standing immediately produce a change of character, but this does not affect the standing, which is the important thing because the character grows out of it.私たちのキャラクターを与えることではないことを我々は、我々の変化が立ってもすぐに変化を生むのキャラクターが、これには影響しませんが立って、これは重要なことのために、文字を大きくすることだ。 The reward of the first test of faith brought Abram a country (Gen. 12), but that of the second brought him a better country, that is, a heavenly (Heb. 11: 8-16).最初のテストの報奨金が一国の信仰をもたらしたエイブラム(大将12 )が、それは彼の2番目のより良い国をもたらした、つまり、天上( heb. 11日: 8月16日) 。

The Covenant of God神の約束

Gen. 15: 7-12, 17-21 In what words does God now identify Himself and renew the promise of the land (7)?大将15 : 7-12 、十七から二十一識別には、何を今自分自身の言葉は神との約束を更新( 7 )の土地ですか? Is Abram altogether satisfied about the land (8)?エイブラムを完全に満たすことは、 ( 8 )については、土地ですか? What does God tell him to do (9)?神様は何を教えてくれること( 9 )ですか? What now happens to Abram (12)?今すぐには何が起こってエイブラム( 12 )ですか? What next takes place with reference to the sacrifice (17)?次のページを参照して何が行われるのいけにえ( 17 )ですか? And in connection with this what does God do with Abram?これと関連して、神は何をしてエイブラムか? How does He define the boundaries of His gift?彼はどのような境界線を定義する彼のプレゼントですか? We ought to say that "the river of Egypt," can hardly mean the Nile, although some so regard it.我々と言ってしかるべきだ"と、川のエジプトでは、 "ナイル川を意味するのは難しいが、それに関していくつかのようだ。 Others think it is that wady or brook of Egypt lying at the southern limit of the land of Israel, referred to in Num.他wadyと思っていることは、うそをついたり、エジプト南部の小川の限度額は、イスラエルの土地は、参照されてNUM件です。 34:5; Josh. 34:5 ;ジョシュ。 15:4, and Isaiah 27:12. 15時04分、イザヤ書27:12です。 The strange incident recorded here is of symbolic importance.ここには、奇妙な事件の象徴的な重要性を記録しています。 Men entered into covenant with one another in this way, that is, they would slay an animal, divide it into parts, walk up and down between them and thus solemnly seal the bond they had made.を入力すると約束して1つの別の男性は、このようにしては、かれらは、動物を殺し、それを分割する部品は、かれらの間を行ったり来たりすると、債券こうして彼らは前に厳粛にシールです。

Afterward part of the victim would be offered in sacrifice to their gods, while the remainder would be eaten by the parties to the covenant.その後、被害者団体が提供するサービスの神々を犠牲にして、残りは、両当事者に食われて約束しています。 It was the highest form of an oath.それは、最高の形に宣誓します。 God thus condescended to assure Abram, since the smoking furnace and burning lamp, passing between the pieces and doubtless consuming them, typified His presence and acceptance of the bond.エイブラムcondescendedを確保するために、神は、喫煙以来、燃焼炉やランプは、通過点との間の疑いがかかることは、彼の存在を代表し、債券の引き受けています。 Among men it takes two to make a covenant, but not so here.男性のうち2つを作るのにかかる契約は、今ここではない。 God is alone in this case, and asks of Abram nothing in return but the repose of confidence in His faithfulness.このような場合に一人で、神は、アブラムとは何も見返りを要求しかし、彼の忠実性への信頼の休息。 It is thus that God covenants with us in Christ.それは神の約束をしてこうして私たちは、キリストです。 He gives, and we take.彼には、われを取る。 He promises, and we believe.彼は約束し、私たちは信仰します。 But dwelling on what Abram saw we passed over what he heard, and this is an essential part of God's covenant with him (13-16).しかし、どのような住居をのこぎりエイブラム我々は何を聞いた上を通過し、これは不可欠な部分である神の約束をして彼( 13から16 ) 。

What did He say would be true of Abram's seed for a while?彼は何と言うのが本当のエイブラムの種子のためにしばらくの間ですか? It is a matter of dispute how these four hundred years are computed, but Anstey's Romance of Chronology says that Abraham's seed here means Isaac and his descendants from the time of the weaning of the former when he became his father's heir, to the date of the Exodus, which was precisely 400 years.紛争の問題であることは400年間では、どのようにこれらの計算ではなくansteyのロマンスの年表によると、アブラハムの種子ここアイザックとその子孫という意味から離乳時の元になったときは、父の相続人は、その日には、エクソダスは、 400年の正確された。 What two-fold promise is given Abram personally (15)? 2人の約束は何倍には、個人的に与えられたアブラム( 15 )ですか? What particular reason does God give for the delay in possessing Canaan (16)?特定の理由を与えるためには何が遅れたことは、神の所持カナン( 16 )ですか? "The Amorite" here is the name used doubtless for all the inhabitants of Canaan, of which they were a chief nation and a very wicked one. "アモリ語"の名前をここでは、すべての住民のために使われてカナン間違いなく、そのうちのチーフかれらは、 1つの国家と、非常に悪い。 The long-suffering of God will wait while they go on filling up the measure of their iniquity, but at last the sword of divine justice must fall.長い間苦しんできたのは、神の充填に行くまで待っている間、彼らは自分の罪を測るが、とうとう神の正義の剣の秋にする必要があります。 The same thing happens with sinners in general, and as another says, it ought to embitter the cup of their pleasures.同じことが起こって罪人一般的に、そしてもう一つは、つらい思いをさせることがあるべき姿だと自分の快楽杯です。

Questions 1. 質問 1 。 What corroborative evidence of the historicity of Chapter 14 can you name?史実の裏付けとなる証拠は何章では、 14名のことはできますか? 2. 2 。 Recall in detail what has been taught or suggested about Melchizedek.リコールの詳細については提案されてきたことを教えたりメルキゼデクです。 3. 3 。 How would you explain Genesis 15:6?創世記15時06分をどのように説明するか? 4. 4 。 Can you repeat from memory Romans 4:23-25?ローマ人への手紙4:23-25暗唱することはできますか? 5. 5 。 In a word, what is the significance of the transaction in 15:7-21?言葉では、どのような意味では、トランザクション15:7-21ですか?


Abrahamアブラハム

Catholic Information カトリック情報

The original form of the name, Abram, is apparently the Assyrian Abu-ramu.元のフォームには、名前、エイブラムは、アッシリア人は、明らかに、アブ-ラムー。 It is doubtful if the usual meaning attached to that word "lofty father", is correct.疑わしいことは、通常の場合に接続して、その単語の意味を"高尚な父" 、が正しい。 The meaning given to Abraham in Genesis 17:5 is popular word play, and the real meaning is unknown.アブラハムの意味を与えられ、 17時05分創世記に人気があるの単語を再生し、本当の意味は不明です。 The Assyriologist, Hommel suggests that in the Minnean dialect, the Hebrew letter Hê ("h") is written for long a.そのassyriologist 、ホンメルを示唆してminnean方言では、ヘブライ語の手紙hê (に" H " )は、長い間のために書かa. Perhaps here we may have the real derivation of the word, and Abraham may be only a dialectical form of Abram.たぶんここで我々の本当の導出の可能性があるという言葉は、アブラハムかもしれないとの弁証法的形態エイブラムのみです。

The story of Abraham is contained in the Book of Genesis, 11:26 to 25:18.アブラハムの物語は、創世記に含まれ、 11:26から25:18です。 We shall first give a brief outline of the Patriarch's life, as told in that portion of Genesis, then we shall in succession discuss the subject of Abraham from the viewpoints of the Old Testament, New Testament, profane history, and legend.わたしたちは最初の概要を手短に説明するの古老の人生は、創世記の部分として語られることは、わたしたちは、その後の話題について話し合う継承アブラハムは、旧約聖書の視点から、新約聖書は、歴史を冒とくする、との伝説です。

A BRIEF OUTLINE OF ABRAHAM'S LIFEアブラハムの人生の概要を簡単に

Thare had three sons, Abram, Nachor, and Aran. thareいた3人の息子は、エイブラム、 nachor 、およびアランです。 Abram married Sarai.エイブラムサライと結婚した。 Thare took Abram and his wife, Sarai, and Lot, the son of Aran, who was dead, and leaving Ur of the Chaldees, came to Haran and dwelt there till he died.エイブラムthareと彼の妻は、サライ、そして多くは、アランの息子は、死んでいた、と我々は、新バビロニア残し、ハランと力説して来た彼はそこまで死亡しています。 Then, at the call of God, Abram, with his wife, Sarai, and Lot, and the rest of his belongings, went into the Land of Chanaan, amongst other places to Sichem and Bethel, where he built altars to the Lord: A famine breaking out in Chanaan, Abram journeyed southward to Egypt, and when he had entered the land, fearing that he would be killed on account of his wife, Sarai, he bade her say she was his sister.その後、コールは、神は、アブラムは、彼の妻、サライ、そして多くは、自分の持ち物の残りの部分と、その土地のchanaanに入った、との間に他の場所をベテルsichemが、そこには祭壇を建て主:飢饉chanaan破れて、エイブラムjourneyedエジプトの南には、その土地に入力していたときに、恐れることを明らかにしてアカウントの妻に殺される、サライ、彼は彼女の言う彼女は彼の妹命じた。 The report of Sarai's beauty was brought to the Pharao, and he took her into his harem, and honoured Abram on account of her.サライの美しされた報告書のpharaoをもたらしたし、彼は彼女を自分のハーレムには、アカウントの彼女としてエイブラム光栄です。 Later, however finding out that she was Abram's wife, he sent her away unharmed, and, upbraiding Abram for what he had done, he dismissed him from Egypt.その後、しかしファインディングアウトして、彼女はアブラムの妻、彼は彼女の送信先無傷で、そして、彼はどのようなことを厳しく叱責エイブラム、彼はエジプトから彼を解任した。 From Egypt Abram came with Lot towards Bethel, and there, finding that their herds and flocks had grown to be very large, he proposed that they should separate and go their own ways.エイブラムに付属してからエジプトに向かっベテル多く、また、彼らの群れと群れを見つけることは非常に大きな成長して、彼は個別にしなければならないと提案して独自の方法で行っています。 So Lot chose the country about the Jordan, whilst Abram dwelt in Chanaan, and came and dwelt in the vale of Mambre in Hebron.だからたくさんの国については、ヨルダンを選んだのは、エイブラム間chanaan住んで、住んで来たとはヘブロンmambreヴァレのです。 Now, on account of a revolt of the Kings of Sodom and Gomorrha and other kings from Chodorlahomor King of Elam, after they had served him twelve years, he in the fourteenth year made war upon them with his allies, Thadal king of nations, Amraphel King of Senaar, and Arioch King of Pontus.さて、アカウントの反乱では、ソドムの王とgomorrhaおよびその他のchodorlahomorキングオブキングスイーラムからは、彼の12年間を配布した後彼らは、 14年前に彼は、彼の同盟国との戦争かれらは、国の王thadal 、 amraphelキングオブsenaar 、およびariochキングオブポントゥス。 The King of Elam was victorious, and had already reached Dan with Lot a prisoner and laden with spoil, when he was overtaken by Abram.キングオブイーラムが勝利し、ダンに達し、すでに多くの囚人と、たわわに実ったを台無しには、優れたされたとき、彼はエイブラム。 With 318 men the patri arch surprises, attacks, and defeats him, he retakes Lot and the spoil, and returns in triumph.びっくりして318人のパトリ弓は、攻撃、および敗彼は、彼が台無しになると再履修の多くは、意気揚々と返す。 On his way home, he is met by Melchisedech, king of Salem who brings forth bread and wine, and blesses him And Abram gives him tithes of all he has; but for] himself he reserves nothing.帰宅途中、彼は満たされるmelchisedech 、サレムキングオブパンとワインを実らせる人、そして彼とエイブラムblesses与え彼は、彼のすべてのtithes ;しかし]彼自身埋蔵何でもない。 God promises Abram that his seed shall be as the stars of heaven, and he shall possess the land of Chanaan.エイブラムは自分の種子は、神の約束として、星が天には、その土地の所有者と彼chanaan 。 But Abram does not see how this is to be, for he has already grown old.しかし、これはどのように参照してくださいエイブラムはありませんが、栽培のために彼はすでに古い。 Then the promise is guaranteed by a sacrifice between God and Abram, and by a vision and a supernatural intervention in the night.その後、約束は、神との間で保証されて犠牲エイブラムは、ビジョンとするとされる夜には、超自然的な介入です。 Sarai, who was far advanced in years and had given up the idea of bearing children, persuaded Abram to take to himself her hand-maid, Agar.サライ氏は、はるかに年を取っているとあきらめていた子どもたちの考え軸受は、自分自身を説得して彼女の手を取るエイブラム-メイド、寒天。 He does so, and Agar being with child despises the barren Sarai.だから彼は、子供としている寒天の不毛サライdespises 。 For this Sarai afflicts her so that she flies into the desert, but is persuaded to return by an angel who comforts her with promises of the greatness of the son she is about to bear.彼女のように、この病気にサライ彼女は、砂漠にハエが、天使たちを説得して復帰した彼女のコンフォートを約束して、彼女は息子の偉大さに耐えることについてです。 She returns and brings forth Ismael.彼女を返すとイスマエルを実らせる。 Thirteen years later God appears to Abram and promises him a son by Sarai, and that his posterity will be a great nation. 13年後に表示されたら、神の約束をアブラムとサライ彼の息子で、後世になると、彼の偉大な国家だ。 As a sign, he changes Abram's name to Abraham, Sarai's to Sara, and ordains the rite of circumcision.徴候としては、彼の名前を変更エイブラムアブラハムは、サラサライのを、そしてその儀式の割礼ordains 。 One day later, as Abraham is sitting by his tent, in the vale of Mambre, Jehovah with two angels appears to him in human form.一日後、彼のそばに座ってテントとしてアブラハムは、浮世のmambreでは、 2つの天使エホバが表示されたら、彼は人間の形をした。 He shows them hospitality.彼はそれらのおもてなしを示しています。 Then again the promise of a son named Isaac is renewed to Abraham.その後再度の約束をリニューアルするアブラハムの息子の名前は、アイザックです。 The aged Sarah hears incredulously and laughs.高齢者のサラと聞いて信じられない笑。 Abraham is then told of the impending destruction of Sodom and Gomorrha for their sins but obtains from Jehovah the promise that he will not destroy them if he finds ten just men therein.アブラハムは、その後の破壊は、間近に迫ったソドムと自分の罪のためgomorrhaしかし、彼を取得してからエホバの約束を破棄していない場合は、彼はそこに男性を見つけるだけで10人。 Then follows a description of the destruction of the two cities and the escape of Lot.次に、以下の説明は、 2つの都市の破壊と脱出の気にいっています。 Next morning Abraham, looking from his tent towards Sodom, sees the smoke of destruction ascending to heaven.翌朝、アブラハムは、彼の目からテントに向かっソドム、破壊は見ての昇順煙を天に向かっている。 After this, Abraham moves south to Gerara, and again fearing for his life says of his wife, "she is my sister".この後、南に移動geraraアブラハムは、彼の人生と再びフィアリング氏は、彼の妻は、 "彼女は私の妹"です。 The king of Gerara, Abimelech, sends and takes her, but learning in a dream that she is Abraham's wife he restores her to him untouched, and rebukes him and gives him gifts.キングオブgerara 、 abimelech 、彼女を送信すると、しかし、夢の中で学習して彼女は彼の妻アブラハム手つかずの彼彼女を元に戻す、とrebukes彼と彼の贈り物を与えています。 In her old age Sarah bears a son, lsaac, to Abraham, and he is circumcised on the eighth day.彼女の息子老後サラベアーズ、 lsaac 、アブラハムは、割礼をして、彼は8番目の日です。 Whilst he is still young, Sarah is jealous, seeing Ismael playing with the child Isaac, so she procures that Agar and her son shall be cast out.彼はまだ若い間は、サラが嫉妬して、見て、遊んでいる子供イスマエルアイザックだったので、彼女を温め、寒天とアウトキャストには、彼女の息子だ。 Then Agar would have allowed Ismael to perish in the wilderness, had not an angel encouraged her by telling her of the boy's future.それから寒天が消滅する可イスマエル荒野の中には、彼女を勇気づけていなかった天使彼女は、少年の将来を話しています。

Abraham is next related to have had a dispute with Abimelech over a well at Bersabee, which ends in a covenant being made between them.アブラハムは、次の紛争に関連していた以上にうまくabimelechでbersabee 、これは、契約が終了する前に、それらの間です。 It was after this that the great trial of the faith of Abraham takes place.それは、この後には、信仰のアブラハムの偉大な裁判が行われる。 God commands him to sacrifice his only son Isaac.彼に自分を犠牲にコマンドを神の息子アイザックのみです。 When Abraham has his arm raised and is in the very act of striking, an angel from heaven stays his hand and makes the most wonderful promises to him of the greatness of his posterity because of his complete trust in God.アブラハムは、彼の腕を引き上げた時とは、非常に印象的な行為は、天から天使の滞在を手にすると約束して、最も素晴らしい彼には、彼の偉大さを後世のために彼の神を完全に信頼しています。 Sarah dies at the age of 127, and Abraham, having purchased from Ephron the Hethite the cave in Machpelah near Mambre, buries her there.サラダイス127歳の時には、アブラハムとは、このことから購入hethiteエフロンmachpelah近くの洞くつの中でmambre 、彼女に埋めている。 His own career is not yet quite ended for first of all he takes a wife for his son Isaac, Rebecca from the city of Nachor in Mesopotamia.自分のキャリアのためには、まだかなり終わった〜するためにはまず第一に、彼は、息子の妻のためアイザック、レベッカnachorメソポタミヤの都市からです。 Then he marries Cetura, old though he is, and has by her six children.それから彼は結婚cetura 、旧かかわらず、彼は、彼女とした6人の子供たちがいます。 Finally, leaving all his possessions to Isaac, he dies at age 170, and is buried by Isaac and Ismael in the cave of Machpelah.最後に、全財産を残すアイザックは、 170歳の時に彼が死ぬとは、埋設されたとイスマエルは、洞窟のアイザックmachpelah 。

VIEWPOINT OF OLD TESTAMENT旧約聖書の視点

Abraham may be looked upon as the starting-point or source of Old Testament religion.アブラハム見下ろしていましたが出発点として、旧約聖書や宗教の源です。 So that from the days of Abraham men were wont to speak of God as the God of Abraham, whilst we do not find Abraham referring in the same way to anyone before him.アブラハムの時代からので、男たちはいつも神のように話すのアブラハムの神、アブラハムを見つける間に言及することはありませんが、同じ道を誰にも彼の目の前です。 So we have Abraham's servant speaking of "the God of my father Abraham" (Gen. xxiv, 12).だから我々はアブラハムの使用人といえば、 "私の父アブラハムの神" (大将xxiv 、 12 ) 。 Jehovah, in an apparition to Isaac, speaks of himself as the God of Abraham (Gen. xxvi, 24), and to Jacob he is "the God of my father Abraham" (Gen. xxxi, 42).エホバは、アイザック幻影には、自分自身が喋るのアブラハムの神として(二十六大将は、 24 ) 、ジェイコブとして彼は"私の父アブラハムの神様" (大将31 、 42 ) 。 So, too, showing that the religion of Israel does not begin with Moses, God says to Moses: "I am the God of thy fathers, the God of Abraham" etc. (Ex. iii, 6).今でも、イスラエルの宗教を見せていないことから始まるモーゼは、神によればモーゼス: "私は、神になたの祖先は、アブラハムの神様"など(例: 3 、 6 ) 。 The same expression is used in the Psalms (xlvi, 10) and is common in the Old Testament.同じ表現が使用されては、詩篇( 46 、 10 )とは旧約聖書に共通しています。 Abraham is thus selected as the first beginning or source of the religion of the children of Israel and the origin of its close connection with Jehovah, because of his faith, trust, and obedience to and in Jehovah and because of Jehovah's promises to him and to his seed.アブラハムは、このように選定されたソースの最初の始まりは、宗教や、イスラエルの子孫の起源と密接に関連付けられてエホバのは、自分の信念のためには、信頼と服従をエホバとは、エホバのために彼と約束して彼の種子です。 So, in Genesis, xv, 6, it is said: "Abram believed God, and it was reputed to him unto justice."だから、創世記では、 15 、 6 、していると言わ: "神を信じてエイブラムが、それは彼の評判をかれ正義"と述べた。 This trust in God was shown by him when he left Haran and journeyed with his family into the unknown country of Chanaan.神を信じるが、このときは彼の左側に表示さjourneyedハランと彼の家族には、未知の領域での国のchanaan 。 It was shown principally when he was willing to sacrifice his only son Isaac, in obedience to a command from God.それは主に表示したとき、彼は彼の一人息子イサクを喜んで犠牲には、神からの服従をするコマンドです。 It was on that occasion that God said: "Because thou hast not spared thy only begotten son for my sake I will bless thee" etc. (Genesis 22:16, 17).それによると、神はそのときのこと: "なたの脇に置いていないため、なたのためにのみ生まれた息子のために、私は私の祝福なた"等(創世記22 : 16 、 17 ) 。 It is to this and other promises made so often by God to Israel that the writers of the Old Testament refer over and over again in confirmation of their privileges as the chosen people.この約束をすることは、他の神の前にはそれほど頻繁にされたことをイスラエルの作家は、旧約聖書の参照を繰り返し確認することで、彼らの特権として選ばれた人たちです。 These promises, which are recorded to have been made no less than eight times, are that God will give the land of Chanaan to Abraham and his seed (Genesis 12:7) that his seed shall increase and multiply as the stars of heaven; that he himself shall be blessed and that in him "all the kindred of the earth shall be blessed" (xii, 3).これらの約束は、これが録音されていないが8回未満のは、神がその土地を与えるのは、アブラハムと彼の種子をchanaan (創世記12時07分)を増加させるものとして彼の種子を掛け合わとして、星の天国;こと彼は自分自身のものであり、彼を祝福される"とは、地球上のすべての親族が祝福" ( 12世、 3 ) 。 Accordingly the traditional view of the life of Abraham, as recorded in Genesis, is that it is history in the strict sense of the word.したがって、従来の見解は、生命のアブラハムは、創世記として記録され、それが歴史の中には、厳密な意味では、単語です。 Thus Father von Hummelauer, SJ, in his commentary on Genesis in the "Cursus Scripturae Sacrae" (30), in answer to the question from what author the section on Abraham first proceeded, replies, from Abraham as the first source.こうして父フォンhummelauer 、スバールバルヤンマイエン島は、彼の解説では、創世記" cursus scripturae sacrae " ( 30 )は、何からの質問に答えて、アブラハムの最初のセクションを作者進み、返信、アブラハムの最初のソースからです。 Indeed he even says that it is all in one style, as a proof of its origin, and that the Passage, xxv, 5-ll, concerning the goods, death, and burial of Abraham comes from Isaac.確かに彼によれば、それはすべての中でも1つのスタイルで、その起源の証拠として、そして通過して、二十五、 5 - llなどの関連グッズは、死、埋葬のイブラーヒームやイスハークから来ています。 It must, however, be added that it is doubtful if Father von Hummelauer still adheres to these views, written before 1895, since he has much modified his position in the volume on Deuteronomy.それは、しかし、それが疑わしい場合に泳いだhummelauerいまだに父フォンを遵守してこれらの見解は、 1895年前に書かれた、以来ずっと彼には彼のポジションを修正して、ボリューム申命記です。

Quite a different view on the section of Genesis treating of Abraham, and indeed of the whole of Genesis, is taken by modern critical scholars.かなり異なるセクションに表示して創世記のアブラハムの治療には、実際には、全体の創世記とは、現代の重要な学者がとられる。 They almost unanimously hold that the narrative of the patriarch's life is composed practically in its entirety of three writings or writers called respectively the Jahvist, the Elohist, and the priestly writer, and denoted by the letters J, E, and P. J and E consisted of collections of stories relating to the patriarch, some of older, some of later, origin.ほぼ満場一致でホールドして、彼らの族長の人生の物語は、実質的には、全体の構成や作家と呼ばれる3つのそれぞれの記述jahvist 、エロヒスト、聖職者や作家、と示されたの手紙J氏E 、およびp. jおよびe構成コレクションの古老の話に関連して、いくつかの古い、いくつかの後に、起源です。 Perhaps the stories of J show a greater antiquity than those of E. Still the two authors are very much alike, and it is not always easy to distinguish one from the other in the combined narrative of J and E. From what we can observe, neither the Jahvist nor the Elohist was a personal author.おそらく、大昔の話をもっとjショーに比べ、 2人の作者は、 e.依然として非常によく似て、いつでも簡単に区別することは、他の中から1つの物語を組み合わせたe. jとは何から観察することができる、エロヒストjahvist立場ではないが、個人的にも作者です。 Both are rather schools, and represent the collections of many years.むしろ学校では両方とも、そして長年のコレクションを表しています。 Both collections were closed before the time of the prophets; J some time in the ninth century BC, and E early in the eighth century, the former probably in the South Kingdom, the latter in the North.コレクションの両方の前に閉鎖された時には、預言; j紀元前9世紀のいくつかは、時間、およびe 8世紀の早い段階では、おそらく前者は、南部の王国、後者は、北朝鮮だ。 Then towards the end of the kingdom, perhaps owing to the inconvenience of having two rival accounts of the stories of the patriarchs etc. going about, a redactor R.JE (?) combined the two collections in one, keeping as much as possible to the words of his sources, making as few changes as possible so as to fit them into one another, and perhaps mostly following J in the account of Abraham.その後王国の末尾の方には、たぶんそのせいで不便を持つ2つのストーリーは、ライバルの口座に行くpatriarchs等については、共和党redactor済( ? )の2つの組み合わせが1つのコレクションには、可能な限り維持して彼の言葉のソースは、可能な限り多くの変化として製造するようにフィットするようにして1つの別の、そしておそらくほとんどのアカウントは、次のjアブラハム。 Then in the fifth century a writer who evidently belonged to the sacerdotal caste wrote down again an account of primitive and patriarchal history from the priestly point of view.それから5世紀の作家たちは、明らかに所属しているアカウントを書き留めた聖職カーストの原始的家父長制の歴史と聖職者の視点からです。 He attached great importance to clearness and exactness; his accounts of things are often cast into the shape of formulas (cf. Genesis 1); he is very particular about genealogies, also as to chronological notes.彼は明晰さと正確性を重視して添付;自分のアカウントに投げ込まれることが多いの形の数式( cf.創世記1 ) ;彼は非常に特定のgenealogiesについては、年代順にも注意。 The vividness and colour of the older patriarchal narratives, J and E, are wanting in the later one, which in the main is as formal as a legal document, though at times it is not wanting in dignity and even grandeur, as is the case in the first chapter of Genesis.色の鮮やかさとは、古い家父長制の体験談』 Jおよびeは、それ以降は1つ欠けているのは、これは、主には、正式な法的文書としては、それも時々ではないにも壮大さに欠けているの尊厳とは、ケースとしては、創世記の第1章。 Finally, the moral to be drawn from the various events narrated is more clearly set forth in this third writing and, according to the critics the moral standpoint is that of the fifth century BC Lastly, after the time of Ezra, this last history, P was worked up into one with the already combined narrative JE by a second redactor R. JEP, the result being the present history of Abraham, and indeed the present book of Genesis; though in all probability insertions were made at even a later date.最後に、道徳的に描かれた様々なイベントからのナレーションがより明確に規定されて、この3番目の書き込みや、評論家によると、道徳的観点のは、紀元前5世紀の最後に、時間の後、エズラは、この最後の歴史、 p働いていたのを1つにして、すでに併用される2番目の物語redactor共和党ジェップ済で、その結果、アブラハムが、現在の歴史、そして実際、現在の創世記;かかわらず、すべての挿入が行われる確率も後日。

VIEWPOINT OF NEW TESTAMENT新約聖書の視点

The generation of Jesus Christ is traced back to Abraham by St. Matthew, and though in Our Lord's genealogy, according to St. Luke, he is shown to be descended according to the flesh not only from Abraham but also from Adam, still St. Luke shows his appreciation of the fruits of descent from Abraham by attributing all the blessings of God on Israel to the promises made to Abraham.イエスキリストは、世代をさかのぼるマタイによるアブラハムは、私たちの主の系譜にもかかわらず、聖ルカによると、彼の子孫が表示されるだけでなく、肉によると、アブラハムからアダムからだけでなく、まだ聖ルークの成果を示して彼の感謝のアブラハムの子孫から、神の恵みによってすべての関連付けるようにして、イスラエルのアブラハムの公約をした。 This he does in the Magnificat, iii, 55, and in the Benedictus, iii, 73.彼は、このmagnificat 、 3世、 55 、およびベネディクトゥスで、 3世は、 73 。 Moreover, as the New Testament traces the descent of Jesus Christ from Abraham, so it does of all the Jews; though as a rule, when this is done, it is accompanied with a note of warning, lest the Jews should imagine that they are entitled to place confidence in the fact of their carnal descent from Abraham, without anything further.また、新約聖書の痕跡として、イエスキリストの子孫アブラハムから、これは、すべてのユダヤ人;かかわらず、原則として、これを実行する際、同行することは警告をメモして、ユダヤ人は、想像しないようにしている権利がある場所に自信があるという事実から、現世の子孫アブラハムは、さらに何もせずにいる。 Thus (Luke 3:8) John the Baptist says: "Do not begin to say: We have Abraham for our father, for I say to you God is able of these stones to raise up children to Abraham."こうして(ルーク3時08分)によるとジョンザバプティスト: "を開始していないと言う:我々は我々の父アブラハムは、神のために私の話を聞きなさいこれらの石を引き上げることができる子供たちをアブラハムする"と述べた。 In Luke 19:9 our Saviour calls the sinner Zacheus a son of Abraham, as he likewise calls a woman whom he had healed a daughter of Abraham (Luke 13:16); but in these and many similar cases, is it not merely another way of calling them Jews or Israelites, just as at times he refers to the Psalms under the general name of David, without implying that David wrote all the Psalms, and as he calls the Pentateuch the Books of Moses, without pretending to settle the question of the authorship of that work?ルーク19時09分の通話で私たちの救い主zacheus罪人の息子アブラハムは、彼と同様に通話が治癒する女性の心に適うアブラハムの娘(ルーク13 : 16 ) ;しかし、これらの多くの似たようなケースで、もう一つは、それだけではないユダヤ人やイスラエル人の呼び出し方法をして、彼と同じように時を指しているため、一般の名前の下に詩篇デビッド、デビッド書きました示唆したことなくすべての詩篇、および書籍としての彼のモーゼの五書を呼び出して、その問題を解決するふりをせずに原作者は、仕事のことですか? It is not carnal descent from Abraham to which importance is attached; rather, it is to practising the virtues attributed to Abraham in Genesis.肉欲から降下することではないが重要なのはアブラハムを添付;むしろ、それは、美徳を実践アブラハムは創世記に起因するものです。 Thus in John, viii, the Jews, to whom Our Lord was speaking, boast (33): "We are the seed of Abraham", and Jesus replies (39): "If ye be the children of Abraham, do the works of Abraham".したがって、ジョンが、 VIIIやユダヤ人は、わたしたちの主は誰に言えば、自慢( 33 ) : "我々は、アブラハムの子孫"で、イエスキリストの返信( 39 ) : "なたがたの子供たちが、アブラハムには、作品のアブラハム" 。 St. Paul, too, shows that he is a son of Abraham and glories in that fact as in 2 Corinthians 11:22, when he exclaims: "They are the seed of Abraham, so am I".聖パウロは、あまりにも、示していると彼は、アブラハムの息子の栄光の中で2コリンチャンス11:22事実として、かれexclaims : "彼らは、アブラハムの子孫、私もよ" 。 And again (Romans 11:50): "I also am an Israelite, of the seed of Abraham", and he addresses the Jews of Antioch in Pisidia (Acts 13:26) as "sons of the race of Abraham".そして再び(ローマ人への手紙11:50 ) : "私はまた、イスラエルは、アブラハムの子孫が" 、と彼は、ユダヤ人のアドレスでピシディアのアンティオキア(行為13 : 26 )は"息子たちは、レースのアブラハム" 。 But, following the teaching of Jesus Christ St. Paul does not attach too much importance to carnal descent from Abraham; for he says (Galatians 3:29): "If you be Christ's, then you are the seed of Abraham", and again (Romans 9:6): "All are not Israelites who are of Israel; neither are all they who are the seed of Abraham, children".しかし、次の授業はないイエスキリストの聖パウロの重要性を添付し過ぎるから降下肉欲アブラハム;ためと彼は言います(ガラテヤ人への手紙3時29分) : "キリストの場合は、次にあなたは、アブラハムの子孫"とし、再度(ローマ人への手紙9時06分) : "全てのイスラエル人はイスラエル人ではありません;どちらも彼らはすべてのアブラハムの子孫たちは、子供たち"だ。 So, too, we can observe in all the New Testament the importance attached to the promises made to Abraham.だから、あまりにも、我々を観察することで、新約聖書のすべての重要な公約をアブラハムに接続している。 In the Acts of the Apostles, iii, 25, St. Peter reminds the Jews of the promise, "in thy seed shall all the families of the earth be blessed".使徒行伝では、 3世は、 25日、聖ペテロを連想させるのは、ユダヤ人の約束は、 "なたの種子では、地球のすべての家族に祝福される" 。 So does St. Stephen in his speech before the Council (Acts 7), and St. Paul in the Epistle to the Hebrews, vi, 13.今では彼の演説の前に聖ステパノ評議会(行為7 ) 、および聖パウロの信徒へのヘブル人への手紙では、 viのは、 13 。 Nor was the faith of the ancient patriarch less highly thought of by the New Testament writers.また信仰は、古代の家父長は、非常に少なく、新約聖書の作家を考えています。 The passage of Genesis which was most prominently before them was xv, 6: "Abraham believed God, and it was reputed to him unto justice."創世記の通過されたことが15で最も目立つの前に、 6 : "アブラハム神を信じ、そしてそれは彼の評判をかれ正義"と述べた。 In Romans 4, St. Paul argues strongly for the supremacy of faith, which he says justified Abraham; ' for if Abraham were justified by works, he hath whereof to glory, but not before God." The same idea is inculcated in the Epistle to the Galatians, iii, where the question is discussed: "Did you receive the spirit by the works of the law, or by the hearing of faith?" St. Paul decides that it is by faith, and says: "Therefore they that are of faith shall be justified with faithful Abraham". It is clear that this language, taken by itself, and apart from the absolute necessity of good works upheld by St. Paul, is liable to mislead and actually has misled many in the history of the Church. Hence, in order to appreciate to the full the Catholic doctrine of faith, we must supplement St. Paul by St. James. In ii, 17-22, of the Catholic Epistle we read: "So faith also, if it have not works, is dead in itself.ローマ人への手紙4では、聖パウロの覇権を握るのは、信仰を強く主張は、正当と彼は言います。エイブラハム; 'アブラハムが正当化される場合に動作するためには、かれの栄光whereofには、神の前ではない"と述べた。 inculcated同じ発想では、信徒ガラテヤ人への手紙には、 3世は、どこに問題は、議論: "あなたの作品を受け取るのは、法の精神によって、またはされた公聴会の信仰ですか? "聖パウロの信仰が決定されたことは、と書かれています: "したがって彼らに正当化されるものでは、信仰に忠実なアブラハム"です。それはクリアして、この言語では、撮影された自体は、絶対的な必要性とは別に、良い作品支持された聖パウロは、実際には責任を負わないものと誤解させる多くの歴史の中には誤って導かれた教会です。従って、完全にするために、カトリック教義に感謝して信仰は、聖パウロによって補完しなければならないセントジェームズ。で2世、 17-22 、我々は、カトリック信徒を読む: "だから信仰も、もしそれしていない作品は、それ自体が死んでいる。 But some man will say: Thou hast faith, and I have works, show me thy faith without works, and I will show thee by works my faith.しかし、いくつかの男は言う:なたの信仰は、作品と私は、なたの信仰なしに作品を見せて、なたされた作品と、私は私の信仰を示す。 Thou believest that there is one God.なたbelievestがあることは、神の1つです。 Thou dost well; the devils also believe and tremble.なた井戸;の悪魔と震えるとも考えています。 But wilt thou know, O vain man, that faith without works is dead?だがなたは知っている萎凋病、なた無駄な男で、その作品は死んで信仰なしですか? Was not Abraham our father justified by works, and by works faith was made perfect?"私たちの父アブラハムではない正当化される作品は、完璧とは前に信仰された作品ですか? "

In the seventh chapter of the Epistle to the Hebrews, St. Paul enters into a long discussion concerning the eternal priesthood of Jesus Christ.第7章では、信徒へのヘブル人への手紙、聖パウロに関する長い議論に入った場合、イエスキリストの永遠の聖職に就く。 He recalls the words of the 109th psalm more than once, in which it is said: "Thou art a Driest for ever according to the order of Melchisedech."彼の言葉は、リコール第百九詩編2回以上、それによるとは: "なたは永遠によると、乾燥したmelchisedechの順番です。 " He recalls the fact that Melchisedech is etymologically the king of justice and also king of peace; and moreover that he is not only king, but also priest of the Most High God.リコールmelchisedechという事実は、彼の語源にもキングオブキングオブ正義と平和;としてしかも彼は王だけではない、司祭だけでなく、最も高い神です。 Then, calling to mind that there is no account of his father, mother, or genealogy, nor any record of his heirs, he likens him to Christ king and priest; no Levite nor according to the order of Aaron, but a priest forever according to the order of Melchisedech.次に、呼び出しのアカウントが存在しないことを心の父親、母親、あるいは系譜のものも、彼の相続人の記録を、彼は彼では、キリストを王と司祭;レビもなしによると、アーロンの順番ではなく、永遠による司祭順序をmelchisedech 。

IN THE LIGHT OF PROFANE HISTORY俗史に照らして

One is inclined to ask, when considering the light which profane history may shed on the life of Abraham: Is not the life of the patriarch incredible? 1つは傾斜を求めるのは、俗史を検討する際の光を当てることは、人生のエイブラハム:人生ではないの古老信じられないですか? That question may be, and is, answered in different ways, according to the point of view of the questioner.その質問かもしれない、とは、さまざまな方法で答えによると、この質問者の視点です。 Perhaps it will not be without interest to quote the answer of Professor Driver, an able and representative exponent of moderate critical views:たぶんそれはその答えを引用せずに興味を持っ教授のドライバでは、指数の穏健派の代表ができると批判的な見方:

Do the patriarchal narratives contain intrinsic historical improbabilities?家父長は、固有の歴史的な体験談を含むimprobabilitiesですか? Or, in other words, is there anything intrinsically improbable in the lives of the several patriarchs, and the vicissitudes through which they severally pass?あるいは、言い換えれば、本質的には何かありそうでは、いくつかの命をpatriarchs 、および個別の浮き沈みを介して渡すか? In considering this question a distinction must be drawn between the different sources of which these narratives are composed.この問題を検討するに区別しなければならないの間に描かれたこれらの体験談は、別のソースから構成されます。 Though particular details in them may be improbable, and though the representation may in parts be coloured by the religious and other associations of the age in which they were written, it cannot be said that the biographies of the first three patriarchs, as told in J and E, are, generally speaking, historically improbable; the movements and general lives of Abraham, Isaac, and Jacob are, taken on the whole, credible (Genesis, p. xlvi).特定の詳細かかわらず、ありそうにないことかもしれない、とは、色の表現される可能性が部品やその他の宗教団体は、年齢が書かかれらは、することはできません。里見によると、最初の3つのpatriarchs 、言ったように、 Jおよびeは、一般的に言えば、歴史的にありそうにない;アブラハムの生活全般の動きとは、アイザック、ジェイコブとは、撮影は、全体的には、信憑性(創世記、 p. 46 ) 。

Such is the moderate view; the advanced attitude is somewhat different." The view taken by the patient reconstructive criticism of our day is that, not only religiously, but even, in a qualified sense, historically also, the narratives of Abraham have a claim on our attention" (Cheyne, Encyc. Bib., 26).穏健派は、このような見解;の先進的な態度は少し違う。 "と表示される患者の撮影日には我々の批判を再建して、宗教的にしかないが、さらには、資格を持つ意味では、歴史的にも、アブラハムの体験談のクレームがある我々の注目して" (チェーンストークス、 encyc 。よだれかけ。 、 26 ) 。 Coming now to look at the light thrown by profane history upon the stories of Abraham's life as given in Genesis, we have, first of all, the narratives of ancient historians, as Nicholas of Damascus, Berosus, Hecateus, and the like.今すぐ来スローされた光を見ると俗史の上の話で創世記アブラハムの人生に与えられたとして、我々は、まず第一に、古代史研究家の体験談、ニコラスのダマスカスとして、 berosus 、 hecateusなどがあります。 Nicholas of Damascus tells how Abraham, when he left Chaldea lived for some years in Damascus.どのように伝えるのダマスカスニコラスアブラハムは、いくつかの時に彼の左chaldea年のダマスカスに住んでいます。 In fact in Josephus he is said to have been the fourth king of that city.ヨセフスによると、実際には彼は、その都市の4番目の王です。 But then there is no practical doubt that this story is based on the words of Genesis 14:15, in which the town of Damascus is mentioned.しかし、実用的な疑いがないことから、この物語は、創世記の言葉に基づいて、 14:15 、ダマスカスの町では、言及しています。 As to the great man whom Josephus mentions as spoken of by Berosus, there is nothing to show that that great man was Abraham.その偉大な人物として誰を話さヨセフスとして言及さberosusのは、そこには何もないということを示す偉大な男はアブラハムです。 In the "Praeparatio Evang."は、 " praeparatio evang 。 " of Eusebius there are extracts recorded from numerous ancient writers, but no historical value can be attached to them.ユーセビアスには、数多くの古代からの抽出物を記録した作家は、歴史的な価値がないことに添付しています。 In fact, as far as ancient historians are concerned, we may say that all we know about Abraham is contained in the book of Genesis.実際、古代の歴史家が懸念限り、我々が知っていると言うことについては我々のすべてのアブラハムは創世記に含まれています。

A much more important and interesting question is the amount of value to be attached to the recent archaeological discoveries of Biblical and other explorers in the East.もっとはるかに重要なのは、面白い質問とされる量の値に接続して、最近の考古学的発見や他の探検家は、聖書の中の東です。 Archaeologists like Hommel, and more especially Sayce, are disposed to attach very great significance to them.考古学者のようなホンメル、およびその他のセース特に、処分には、非常に大きな意義を添付してください。 They say, in fact, that these discoveries throw a serious element of doubt over many of the conclusions of the higher critics.かれらは、実際には、これらの発見して疑問を投げる以上に深刻な要素の多くは、批判的な結論を出すのは高い。 On the other hand, critics, both advanced as Cheyne and moderate as Driver, do not hold the deductions drawn by these archaeologists from the evidence of the monuments in very high esteem, but regard them as exaggerations.その半面、批評家は、両方の先進チェーンストークスと穏健派としてドライバーとしては、ホールドの控除をしないで描かれたこれらの証拠から、考古学者は非常に高い尊敬のモニュメントが、 exaggerationsとして考慮している。 To put the matter more precisely, we quote the following from Professor Sayce, to enable the reader to see for himself what he thinks (Early Hist. of the Hebrews, 8):" Cuneiform tablets have been found relating to Chodorlahomor and the other kings of the East mentioned in the 14th chapter of Genesis, while in the Tel-el-Amarna correspondence the king of Jerusalem declares that he had been raised to the throne by the 'arm' of his God, and was therefore, like Melchisedech, a Driest-king. But Chodorlahomor and Melchisedech had long ago been banished to mythland and criticism could not admit that archaeological discovery had restored them to actual history. Writers, accordingly, in complacent ignorance of the cuneiform texts, told the Assyriologists that their translations and interpretations were alike erroneous."もっと正確に言えば問題を発動して、我々見積もりが必要ですから、以下のセース教授は、読者を有効にするために自分自身をどのような彼の考えを参照してください(早期シーッ。ヘブル人への手紙が、 8 ) : "くさび形錠が発見されてchodorlahomorと関連して、他の王東の言及は、創世記14章では、在任中の電話番号-エルアマーナ文通エルサレム王を宣言して提起されていたの皇位継承される'アーム'彼の神、とは、したがって、 melchisedechのように、乾燥した王です。 chodorlahomorとmelchisedechしかし、追放されていた昔のmythlandを認めることができなかったと批判していた考古学的発見実際の歴史を復元している。作家は、それに応じて、満足の無知では、くさび形のテキストは、氏は、自分の翻訳と解釈してassyriologists誤った似ていた"と述べた。 That passage will make it clear how much the critics and archaeologists are at variance.通過させることを明確にしてどれくらいの差異は、批評家や考古学者。 But no one can deny that Assyriology has thrown some light on the stories of Abraham and the other patriarchs.しかし、誰も否定することは、アッシリアのライトは、いくつかの事例を投げアブラハムと、他のpatriarchs 。 Thus the name of Abraham was known in those ancient times; for amongst other Canaanitish or Amorite names found in deeds of sale of that period are those of Abi-ramu, or Abram, Jacob-el (Ya'qub-il), and Josephel (Yasub-il).こうしてアブラハムの名前で知られていたこれらの古代; canaanitishやアモリ語の名前を見つけたの間に他の販売を行い、この期間中にはそれらのアビ-ラムー、またはエイブラムは、ジェイコブ-エル( ya'qubキムジョンイル) 、およびjosephel ( yasubキムジョンイル) 。 So, too, of the fourteenth chapter of Genesis, which relates the war of Chodorlahomor and his allies in Palestine, it is not so long ago that the advanced critics relegated it to the region of fable, under the conviction that Babylonians and Elamites at that early date in Palestine and the surrounding country was a gross anachronism.今でも、創世記の第14章では、これに関連して、戦争の同盟国chodorlahomorパレスチナでは、それはそんなに遠い昔の批評家は、先端部に降格することを寓話、という確信をもとにしてbabyloniansとelamites早い時期には、パレスチナとその周辺国時代錯誤甚だしい。 But now Professor Pinches has deciphered certain inscriptions relating to Babylonia in which the five kings, Amraphel King of Senaar, Arioch King of Pontus, Chodorlahomor King of the Elamites, and Thadal King of nations, are identified with Hammurabi King of Babylon, Eri-aku, Kudur-laghghamar, and Tuduchula, son of Gazza, and which tells of a campaign of these monarchs in Palestine.しかし今pinches教授は、特定の碑文解読に係るバビロニアで、 5つの王、 amraphelキングオブsenaar 、 ariochキングオブポントゥス、 chodorlahomorキングオブザelamites 、およびthadal国の王、バビロンの王ハムラビが発見して、恵理-カツオ、 kudur - laghghamar 、およびtuduchula 、 gazzaの息子である、との指示には、キャンペーンのパレスチナこれらの君主。 So that no one can any longer assert that the war spoken of in Genesis, xiv, can only be a late reflection of the wars of Sennacherib and others in the times of the kings.ように主張しても、もはや誰もその戦争の中で話さジェネシスは、 14世は、後半に反射することによってのみ、戦争や他のsennacheribタイムズは、キングス。 From the Tel-el-Amarna tablets we know that Babylonian influence was predominant in Palestine in those days.からの電話番号-エルアマーナ錠剤に影響を与えることが分かっているバビロニアパレスチナでは、当時の支配的だ。 Moreover, we have light thrown by the cuneiform inscriptions upon the incident of Melchisedech.また、我々は、くさび形の光を投げて、事件の碑文melchisedech 。 In Genesis, xiv, 18, it is said: "Melchisedech, the King of Salem, bringing forth bread and wine, for he was the priest of the Most High God, blessed him."創世記では、 14 、 18 、していると言わ: " melchisedech 、サレムの王は、パンやワインを持参来たり、司祭のために彼は、最も高い神は、彼を祝福した。 " Amongst the Tel-el-Amarna letters is one from Ebed-Tob, King of Jerusalem (the city is Ursalim, ie city of Salim, and it is spoken of as Salem).中の電話番号-エルアマーナebed -トゥブ州からの手紙は、 1つは、キングオブエルサレム( ursalim市は、市街地のサリムすなわち、と話されるようなことはセーレム) 。 He is priest appointed by Salem, the god of Peace, and is hence both king and priest.サレムの司祭に任命された彼は、平和の神様は、王と司祭とは、そのための両方です。 In the same manner Melchisedech is priest and king, and naturally comes to greet Abraham returning in peace; and hence, too, Abraham offers to him as to a priest a tithe of the spoils. melchisedechと同じ方法では、司祭と王は、アブラハムを迎えると自然に戻って来るの平和;そしてそれ故に、あまりにも、アブラハムを提供するように彼には十分の一の司祭の戦利品です。 On the other hand, it must be stated that Professor Driver will not admit Sayce's deductions from the inscriptions as to EbedTob, and will not recognize any analogy between Salem and the Most High God.その一方で、それに記載しなければならないことセース教授ドライバの控除を認めることはありませんから、碑文をebedtobとしては、任意の類似性を認識することはないとの間で、最も高い神セーレム。

Taking archaeology as a whole, it cannot be doubted that no definite results have been attained as to Abraham.服用考古学全体としては、それがないことを疑問視することはできません明確な結果を達成してきたようにアブラハム。 What has come to light is susceptible of different interpretations.何が明るみに出たのは、多感な異なった解釈です。 But there is no doubt that archaeology is putting an end to the idea that the patriarchal legends are mere myth.しかし、疑いの余地はないことは、考古学のパッティングに終止符を打つという考え方では、単なる神話伝説の家父長です。 They are shown to be more than that.彼らはそれ以上に表示される。 A state of things is being disclosed in patriarchal times quite consistent with much that is related in Genesis, and at times even apparently confirming the facts of the Bible.な状態で公開されていることを一貫して非常に多くの家父長時代の創世記に関連しては、との事実を確認する時でさえ、どうやらバイブルです。

VIEWPOINT OF LEGEND伝説の観点

We come now to the question: how far legend plays a part in the life of Abraham as recorded in Genesis.今すぐ来て、私たちの質問:どのようにプレーするまでに寄付伝説アブラハム団体としての生活の創世記に記録されています。 It is a practical and important question, because it is so much discussed by modern critics and they all believe in it.これは、現実的かつ重要な問題は、議論されるので、とてもモダンな批評家はかれらのすべてのことを信じています。 In setting forth the critical view on the subject, I must not be taken as giving my own views also.尚、批判的な見解では、件名、私に与えてはいけません私自身の見解でも取られます。

Hermann Gunkel, in the Introduction to his Commentary on Genesis (3) writes: "There is no denying that there are legends in the Old Testament, consider for instance the stories of Samson and Jonah. Accordingly it is not a matter of belief or scepticism, but merely a matter of obtaining better knowledge, to examine whether the narratives of Genesis are history or legend."ヘルマングンケル、彼の解説では、はじめに書き込みます創世記( 3 ) : "否定することはできないの伝説があることは、旧約聖書には、たとえば、ストーリーを考えるのサムソンとジョナ。従って信念の問題ではないことやscepticismが、より良い知識を得ることだけの問題は、創世記かどうかを調べるのは、歴史や伝説の体験談だ。 " And again: "In a people with such a highly developed poetical faculty as Israel there must have been a place for saga too. The senseless confusion of ' legend ' with ' Iying ' has caused good people to hesitate to concede that there are legends in the Old Testament. But legends are not lies; on the contrary, they are a particular form of poetry."そして再び: "を持つ人々は、このような高度に発展した詩的な教員としてイスラエルが必要な場所がある佐賀すぎる。 、無意味な混乱の'伝説'と' iying 'は、善良な人々をためらう原因があることを認めるには、伝説旧約聖書です。しかし、伝説ではない嘘;とは逆に、彼らは、特定の形式の詩です。 " These passages give a very good idea of the present position of the Higher Criticism relative to the legends of Genesis, and of Abraham in particular.これらの通路を与える、非常に良いアイデアが、現在の位置は、相対的に高いの伝説の創世記批判し、特にアブラハムのです。

The first principle enunciated by the critics is that the accounts of the primitive ages and of the patriarchal times originated amongst people who did not practise the art of writing.第一原理enunciatedされるのは、アカウントの批評家は、年齢や原始発祥の家父長時代に練習していない人々の間に、アートを書いています。 Amongst all peoples, they say, poetry and saga were the first beginning of history; so it was in Greece and Rome, so it was in Israel.すべての人々の間に、かれらは、佐賀県が最初の詩と歴史の始まり;だからそれは、ギリシャとローマでは、だからそれは、イスラエルです。 These legends were circulated, and handed down by oral tradition, and contained, no doubt, a kernel of truth.これらの伝説が流通し、昔からの言い伝え伝承される、と含まれ、間違いないと、カーネルの真実です。 Very often, where individual names are used these names in reality refer not to individuals but to tribes, as in Genesis 10, and the names of the twelve Patriarchs, whose migrations are those of the tribes they represent.非常に頻繁には、個々の名前はどこにこれらの名前が使われていない現実を参照して個人の部族しかし、創世記のように10日と12名のpatriarchs 、その移行は、これらの部族を表すものです。 It is not of course to be supposed that these legends are no older than the collections J, E, and P, in which they occur.もちろんされることではないはずがない、これらの伝説年上のコレクションJ氏e 、およびpは、彼らに起こる。 They were in circulation ages before, and for long periods of time, those of earlier origin being shorter, those of later origin longer, often rather romances than legends, as that of Joseph.かれらは年齢層で循環する前には、長い期間とは、以前のものより短く起源は、それらの後に長文の起源は、しばしば恋愛小説というよりも伝説としてのジョセフしている。 Nor were they all of Israelitish origin; some were Babylonian, some Egyptian.またかれらのすべての起源israelitish ;いくつかのバビロニアは、いくつかのエジプトです。 As to how the legends arose, this came about, they say, in many ways.伝説が生じたとしてどのようにして、これについては、かれらは、いろいろな方法です。 At times the cause was etymological, to explain the meaning of a name, as when it is said that Isaac received his name because his mother laughed (cahaq); sometimes they were ethnological, to explain the geographical position, the adversity, or prosperity, of a certain tribe; sometimes historical, sometimes ceremonial, as the account explaining the covenant of circumcision; sometimes geological, as the explanation of the appearance of the Dead Sea and its surroundings.語源上で倍の原因は、名前の意味を説明するのは、アイザックとして受け取ったときによると、それは彼の名前は笑ったので、母親( cahaq ) ;時には彼らは民族学、地理的な位置を説明するのは、逆境、あるいは繁栄には、は、特定の部族;時には歴史的、時には儀式は、その約束を説明すると、アカウントの割礼;時には地質は、外観の説明として、死海とその周辺です。 Ætiological legends of this kind form one class of those to be found in the lives of the patriarchs and elsewhere in Genesis.このような形での伝説のætiologicalそれらを1つのクラスの人生が発見されると、他の場所で創世記patriarchs 。 But there are others besides which do not concern us here.しかし、他には我々の懸念に加えてここにはありません。

When we try to discover the age of the formation of the patriarchal legends, we are confronted with a question of great complexity.我々を発見しようとする際に、家父長時代の伝説の形成を、我々は非常に複雑な問題に直面しています。 For it is not merely a matter of the formation of the simple legends separately, but also of the amalgamation of these into more complex legends.のためだけの問題ではないの形成には、単純な伝説を別々には、これらの合併だけでなく、もっと複雑な伝説へ。 Criticism teaches us that that period would have ended about the year 1200 BC Then would have followed the period of remodeling the legends, so that by 900 BC they would have assumed substantially the form they now have.私たちの批判を教えてその期間が終了したことについては、紀元前1200年に当時の時代が続いてリモデリングの伝説は、紀元前900されたので、かれらはかれらを今の形で大幅にあると仮定します。 After that date, whilst the legends kept in substance to the form they had received, they were modified in many ways so as to bring them into conformity with the moral standard of the day, still not so completely that the older and less conventional ideas of a more primitive age did not from time to time show through them.その日の後は、物質間の伝説に保管していたという形に受理されると、彼らはいろいろな方法で更新させるようにして、道徳的な標準に準拠して、その日は、まだ完全には、それほど古いとの従来の考え方の少ない原始の時代から、もっと時間をしなかった時間のショーを介している。 At this time, too, many collections of the ancient legends appear to have been made, much in the same way as St. Luke tells us in the beginning of his Gospel that many had written accounts of Our Saviour's life on their own authority.現時点では、あまりにも、多くのコレクションは、古代の伝説に表示されていませんが、多くは、同じように教えてくれる聖ルカによる福音書の最初の部分が自分のアカウントを書いていた私たちの多くの人生を自分の権威を救い主です。

Amongst other collections were those of J in the South and E in the North.他のコレクションの中では、これらのjは、北南およびe 。 Whilst others perished these two survived, and were supplemented towards the end of the captivity by the collection of P, which originated amidst priestly surroundings and was written from the ceremonial standpoint.これら2つの間を乗り越えた他おしまい、と補足したが、 20世紀末にはP監禁されるコレクションは、発祥の聖職者に囲まれた環境との儀礼的な観点から書かれています。 Those that hold these views maintain that it is the fusion of these three collections of legends which has led to confusion in some incidents in the life of Abraham as for instance in the case of Sarai in Egypt, where her age seems inconsistent with her adventure with the Pharao.これらの意見を持つ者が、核融合を維持することは、これらの3つのコレクションの伝説が主導して混乱していくつかの事件は、アブラハムの人生の例としては、例えばサライエジプトでは、どこに彼女の年齢と矛盾して彼女のような冒険してそのpharao 。 Hermann Gunkel writes (148): "It is not strange that the chronology of P displays everywhere the most absurd oddities when injected into the old legends, as a result, Sarah is still at sixty-five a beautiful woman whom the Egyptians seek to capture, and Ishmael is carried on his mother's shoulders after he is a youth of sixteen."ヘルマングンケルの書き込み( 148 ) : "奇妙なことに、年表ではないことはPが表示されますどこに注入されるときに、最も不条理oddities古い伝説は、その結果、サラはまだ65人のエジプト人を求める美しい女性をキャプチャする、およびイシマエルは、母親の肩を運ばした後、彼は16歳の若者だ。 "

The collection of P was intended to take the place of the old combined collection of J and E. But the old narrative had a firm hold of the popular imagination and heart.このコレクションはPは、その場所を取る意図は、昔の組み合わせのコレクションやj e.しかし、昔の物語をしっかりと握っていたのは想像力や心臓の人気です。 And so the more recent collection was combined with the other two, being used as the groundwork of the whole, especially in chronology.最近のコレクションだったので、こちらと組み合わせて、他の2つは、その土台として使われているが、全体的には、特に年表。 It is that combined narrative which we now possess.それは私たちが現在保有して組み合わせるの物語です。

Publication information Written by JA Howlett. jaハウレット書かれた文献の情報です。 Transcribed by Tomas Hancil.トマーシュhancil転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典は、ボリュームi.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


If you are studying the Christian/Jewish importance of Abraham, also, see:勉強する場合は、キリスト教/ユダヤ教のアブラハムの重要性、また、参照してください:
God
Ishmael イシマエル
Bible 聖書


If you are studying the Islamic importance of Abraham, also, see:イスラムの重要性を検討している場合は、アブラハムは、また、参照してください:
Islam, Muhammad イスラムは、ムハンマド
Koran, Qur'an コーラン、クルアーン
Pillars of Faith 信仰の柱
Abraham アブラハム
Testament of Abraham 新約聖書のアブラハム
Allah アッラー
Hadiths hadiths
Revelation - Hadiths from Book 1 of al-Bukhari ヨハネの黙示録-h adithsから1冊のアルb ukhari
Belief - Hadiths from Book 2 of al-Bukhari 信念-h adithsから2冊のアルb ukhari
Knowledge - Hadiths from Book 3 of al-Bukhari 知識-h adithsから3冊のアルb ukhari
Times of the Prayers - Hadiths from Book 10 of al-Bukhari 回の祈り-h adithsから1 0本のアルb ukhari
Shortening the Prayers (At-Taqseer) - Hadiths from Book 20 of al-Bukhari ショートニングの祈り( - taqseer ) -h adithsから2 0本のアルb ukhari
Pilgrimmage (Hajj) - Hadiths from Book 26 of al-Bukhari 巡礼(メッカ巡礼) -h adithsから2 6本のアルb ukhari
Fighting for the Cause of Allah (Jihad) - Hadiths of Book 52 of al-Bukhari アッラーの道のために戦って(聖戦) -h adithsの5 2冊のアルb ukhari
ONENESS, UNIQUENESS OF ALLAH (TAWHEED) - Hadiths of Book 93 of al-Bukhari 一体性、独自性、アッラーtawheed ) -h adithsの9 3冊のアルb ukhari
Hanafiyyah School Theology (Sunni) hanafiyyah神学学校(スンニ派)
Malikiyyah School Theology (Sunni) malikiyyah神学学校(スンニ派)
Shafi'iyyah School Theology (Sunni) shafi'iyyah神学学校(スンニ派)
Hanbaliyyah School Theology (Sunni) hanbaliyyah神学学校(スンニ派)
Maturidiyyah Theology (Sunni) maturidiyyah神学(スンニ派)
Ash'ariyyah Theology (Sunni) ash'ariyyah神学(スンニ派)
Mutazilah Theology mutazilah神学
Ja'fari Theology (Shia) ja'fari神学( shia )
Nusayriyyah Theology (Shia) nusayriyyah神学( shia )
Zaydiyyah Theology (Shia) zaydiyyah神学( shia )
Kharijiyyah kharijiyyah
Imams (Shia) imams ( shia )
Druze druze
Qarmatiyyah (Shia) qarmatiyyah ( shia )
Ahmadiyyah ahmadiyyah
Ishmael, Ismail イスマーイール、イスマイル
Early Islamic History Outline 初期イスラム史概説
Hegira 逃避行
Averroes イブン=ルシュド
Avicenna avicenna
Machpela machpela
Kaaba, Black Stone カーバ神殿は、ブラックストーン
Ramadan ラマダン
Sunnites, Sunni sunnites 、スンニ派
Shiites, Shia シーア派は、 shia
Mecca メッカ
Medina メディナ
Sahih, al-Bukhari sahih 、アルbukhari
Sufism スーフィズム
Wahhabism ワッハーブ派の教義
Abu Bakr アブバクル
Abbasids abbasids
Ayyubids ayyubids
Umayyads umayyads
Fatima ファティマ
Fatimids (Shia) fatimids ( shia )
Ismailis (Shia) ismailis ( shia )
Mamelukes mamelukes
Saladin saladin
Seljuks seljuks
Aisha アイーシャ
Ali アリ
Lilith リリス
Islamic Calendar イスラム暦
Interactive Muslim Calendar インタラクティブなイスラム教徒のカレンダー


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです