Saint Andrewセントアンドリュー

General Information 総合案内

St. Andrew was a fisherman whom Jesus called to be an Apostle (Matt. 4:19).桃山学院大学漁師は、イエスと呼ばれる人の伝道者になること( matt. 4時19分) 。 He was also the brother of Simon Peter.彼はまた、兄のサイモンピーターです。 According to a popular but mistaken tradition, Andrew was crucified on an X-shaped cross.しかし、間違いによると、人気の伝統では、十字架につけられていたアンドリューは、 X字形の断面です。 The crossed bars of the Scottish flag are derived from this belief.バーでは、スコットランドの旗の交差は、この信念から派生した。 St. Andrew is the patron saint of Scotland and Russia.聖アンドリューはスコットランドの守護聖人とロシア。 Feast day: Nov. 30.宴会日: 11月30日です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint An'drew聖an'drew

Advanced Information 高度情報

Andrew, manliness, a Greek name; one of the apostles of our Lord.アンドリューは、けなげで、ギリシャ語の名前;一つは、私たちの主の使徒です。 He was of Bethsaida in Galilee (John 1:44), and was the brother of Simon Peter (Matt. 4: 18; 10:2). On one occasion John the Baptist, whose disciple he then was, pointing to Jesus, said, "Behold the Lamb of God" (John 1:40); and Andrew, hearing him, immediately became a follower of Jesus, the first of his disciples. After he had been led to recognize Jesus as the Messiah, his first care was to bring also his brother Simon to Jesus.彼は、ガリラヤのbethsaida (ジョン1時44分) 、そしてピーターは、兄のシモン( matt. 4 : 18 ;午前10時02分) 。 機会にして1つのジョンザバプティスト、その弟子それから彼は、イエスキリストを差している、と述べたは、 "見よ、神の子羊" (ヨハネ1時40分) ;とアンドリューは、彼の聴聞会は、すぐには、イエスの信奉者は、最初の弟子です。主導した後に認識されていたとして、救世主イエスキリストは、彼の最初のケアは、サイモンにも弟をもたらすイエスです。

The two brothers seem to have after this pursued for a while their usual calling as fishermen, and did not become the stated attendants of the Lord till after John's imprisonment (Matt. 4:18, 19; Mark 1:16, 17).二人の兄弟のように追いかけて、この後しばらくの間、通常の呼び出し漁民として、従者に記載していなかったとなるのは、主にジョンの懲役刑が終わるまで( matt. 4時18分、 19 ;マーク午前1時16分、 17 ) 。 Very little is related of Andrew.ほとんどは、関連のアンドリュー。 He was one of the confidential disciples (John 6:8; 12:22), and with Peter, James, and John inquired of our Lord privately regarding his future coming (Mark 13:3).彼は1つの機密弟子(ジョン6 : 08 ; 12:22 ) 、そしてピーターは、ジェームズ、ジョンと尋ねたが、彼の将来に関する非公式に来る主(マーク13時03分) 。 He was present at the feeding of the five thousand (John 6:9), and he introduced the Greeks who desired to see Jesus (John 12:22); but of his subsequent history little is known. It is noteworthy that Andrew thrice brings others to Christ, (1) Peter; (2) the lad with the loaves; and (3) certain Greeks. These incidents may be regarded as a key to his character.彼は、現在は、摂食5000 (ジョン6時09分) 、そしてギリシア人の希望を導入して、イエスを参照してください(ヨハネ12:22 ) ;しかし、彼のその後の歴史はほとんど分かっていない。 アンドリュー三度をもたらすことが注目されるキリストの他には、 ( 1 )のピーター; ( 2 )若者のloafの複数;および( 3 )特定のギリシア人です。これらの事件の鍵を握ると見なされるかもしれない彼のキャラクターです。


St. Andrew桃山学院大学

Catholic Information カトリック情報

The name "Andrew" (Gr., andreia, manhood, or valour), like other Greek names, appears to have been common among the Jews from the second or third century BC名前を"アンドリュー" ( gr. 、 andreia 、男らしさ、あるいは勇気)は、ギリシャ語のような他の名前は、表示されてきたが、ユダヤ人の間で共通の第2または第3世紀から紀元前

St. Andrew, the Apostle, son of Jonah, or John (Matthew 16:17; John 1:42), was born in Bethsaida of Galilee (John 1:44).桃山学院大学は、使徒は、息子のジョナ、またはジョン(マタイ16 : 17 ;ジョン1時42分) 、ガリラヤ生まれのbethsaida (ジョン1時44分) 。 He was brother of Simon Peter (Matthew 10:2; John 1:40).彼は兄のシモンペテロ(マタイ10 : 02 ;ジョン1時40分) 。 Both were fishermen (Matthew 4:18; Mark 1:16), and at the beginning of Our Lord's public life occupied the same house at Capharnaum (Mark 1:21, 29).どちらも漁師(マタイ4 : 18 ;マーク午前1時16分) 、そして私たちの主の冒頭に国民の生命と同じ家で占領カペナウム(マーク午前1時21分、 29 ) 。

From the fourth Gospel we learn that Andrew was a disciple of the Baptist, whose testimony first led him and John the Evangelist to follow Jesus (John 1:35-40).我々の第4福音書から学ぶことは、弟子のアンドリューバプテスト、その証言をきっかけに彼の最初のヨハネの福音伝道に従うとイエス(ヨハネ1:35-40 ) 。 Andrew at once recognized Jesus as the Messias, and hastened to introduce Him to his brother, Peter, (John 1:41).アンドリューmessiasとして、イエスキリストを一度に認識し、急いで彼には弟を導入し、ピーターは、 (ジョン1時41分) 。 Thenceforth the two brothers were disciples of Christ.その時以来、二人の兄弟がキリストの弟子です。 On a subsequent occasion, prior to the final call to the apostolate, they were called to a closer companionship, and then they left all things to follow Jesus (Luke 5:11; Matthew 4:19-20; Mark 1:17-18).その後の機会にして、最終的に声をかける前に、使徒会は、かれらは、緊密な交友を呼ばれて、それからかれらのすべてのものを左にイエスに従う(ルーク5 : 11 ;マシュー4:19-20 ;マーク1:17-18 ) 。

Finally Andrew was chosen to be one of the Twelve; and in the various lists of Apostles given in the New Testament (Matthew 10:2-4); Mark 3:16-19; Luke 6:14-16; Acts 1:13) he is always numbered among the first four.最後の1つに選ばれたアンドリューは、 12 ;とは、与えられたさまざまなリストは、新約聖書の使徒(マタイ10:2-4 ) ;マーク3:16-19 ;ルーク6:14-16 ;行為1時13分)彼はいつもの番号のうち、最初の4つです。 The only other explicit reference to him in the Synoptists occurs in Mark 13:3, where we are told he joined with Peter, James and John in putting the question that led to Our Lord's great eschatological discourse.彼だけでは、他の明示的なリファレンスをマークsynoptistsが発生した午後1時03分、私たちはどこに入社して、ピーターは、ジェームズとジョンはパッティングの問題を中心にして私たちの主の偉大な終末論談話です。 In addition to this scanty information, we learn from the fourth Gospel that on the occasion of the miraculous feeding of the five thousand, it was Andrew who said: "There is a boy here who has five barley loaves and two fishes: but what are these among so many?"このわずかな情報に加えて、我々の第4福音書から学ぶことは、奇跡的な栄養補給の機会には、 5000 、それは、誰が言ったのアンドリュー: "誰がそこここには、 5つの大麦loafの複数の男の子と2つの魚:しかし、何がこれらの中で非常に多くのですか? " (John 6:8-9); and when, a few days before Our Lord's death, certain Greeks asked Philip that they might see Jesus, Philip referred the matter to Andrew as to one of greater authority, and then both told Christ (John 12:20-22). (ヨハネ6:8-9 ) ;とする際に、わたしたちの主の死の数日前、フィリップ依頼して特定のギリシアを参照してくださいかもしれないイエスは、この問題に言及フィリップアンドリューとしてより大きな権限を1つ、それから言ったの両方キリスト(ヨハネの福音12:20-22 ) 。 Like the majority of the Twelve, Andrew is not named in the Acts except in the list of the Apostles, where the order of the first four is Peter, John, James, Andrew; nor have the Epistles or the Apocalypse any mention of him.大多数の12のような、アンドリューの行為ではないという名前のリストの中の使徒を除いて、どこの順番は、最初の4つのピーター、ジョン、ジェームズ、アンドリュー;もあるかの書簡黙示録のいかなる言及した。

From what we know of the Apostles generally, we can, of course, supplement somewhat these few details.我々の知る限りでは、使徒から通常、我々は、もちろん、これらのいくつかの詳細をいくぶんサプリメントです。 As one of the Twelve, Andrew was admitted to the closest familiarity with Our Lord during His public life; he was present at the Last Supper; beheld the risen Lord; witnessed the Ascension; shared in the graces and gifts of the first Pentecost, and helped, amid threats and persecution, to establish the Faith in Palestine. 12の1つとして、アンドリューと認められました精通して主に最も近い国民の中に彼の人生;彼は現在は、最後の晩餐; beholdの過去過去分詞の上昇の主;目撃アセンション;共有は、最初の聖霊降臨日の贈り物美神とし、助けて、脅威と迫害の中で、パレスチナへの信頼を確立しています。

When the Apostles went forth to preach to the Nations, Andrew seems to have taken an important part, but unfortunately we have no certainty as to the extent or place of his labours.使徒に行ったときに、その国に来たりして説教して、アンドリューを持つように重要な部分を取らが、残念ながら私たちの確信がないように自分の場所の範囲や労働です。 Eusebius (HE III:1), relying, apparently, upon Origen, assigns Scythia as his mission field: Andras de [eilechen] ten Skythian; while St. Gregory of Nazianzus (Or. 33) mentions Epirus; St. Jerome (Ep. ad Marcell.) Achaia; and Theodoret (on Ps. cxvi) Hellas.ユーセビアス(彼は3世: 1 ) 、依存は、どうやら、原産地時は、自分の使命として割り当てますスキタイフィールド: 10 skythianアンドラスデ[ eilechen ] ;ながら聖ナジアンゾスの聖グレゴリオス( or. 33 )言及エピラス;聖ジェローム( ep.広告marcell 。 )アカイア;とtheodoret (してしまう。 cxvi )エラス。 Probably these various accounts are correct, for Nicephorus (HE II:39), relying upon early writers, states that Andrew preached in Cappadocia, Galatia, and Bithynia, then in the land of the anthropophagi and the Scythian deserts, afterwards in Byzantium itself, where he appointed St. Stachys as its first bishop, and finally in Thrace, Macedonia, Thessaly, and Achaia.おそらくこれらの様々なアカウントが正しいことは、 nicephorus (彼は2世: 39 )は、早期に依存する作家、カッパドキア州で説教してアンドリューは、 galatia 、およびbithynia 、その後は、土地の砂漠スキタイ人肉を食べると、その後にビザンチウム自体は、彼はどこ聖stachysとして初の司教に任命さ、そして最後にはトラキア、マケドニア、テッサリ、およびアカイア。 It is generally agreed that he was crucified by order of the Roman Governor, Aegeas or Aegeates, at Patrae in Achaia, and that he was bound, not nailed, to the cross, in order to prolong his sufferings.一般的に合意していたことが十字架につけられ、ローマの知事の指示により、 aegeasまたはaegeates 、アカイアpatraeでは、バウンドしていたとは、得たいない、十字架には、彼の苦痛を長引かせるためには。 The cross on which he suffered is commonly held to have been the decussate cross, now known as St. Andrew's, though the evidence for this view seems to be no older than the fourteenth century.彼は、十字架上で苦しんで広く行われてきたが、交差したクロスは、今すぐ桃山学院大学として知られるが、その証拠はないと思われるこのビュー年上の14世紀です。 His martyrdom took place during the reign of Nero, on 30 November, AD 60); and both the Latin and Greek Churches keep 30 November as his feast.彼の治世中に起きた殉教ネロは、 11月30日には、広告の60 ) ;や教会ラテン語、ギリシャ語の両方を維持する彼のごちそうとして11月30日です。 St. Andrew's relics were translated from Patrae to Constantinople, and deposited in the church of the Apostles there, about AD 357.聖アンドリューの遺跡をpatraeコンスタンティノープルから翻訳された、との使徒教会では、預金さには、約357の広告です。 When Constantinople was taken by the French, in the beginning of the thirteenth century, Cardinal Peter of Capua brought the relics to Italy and placed them in the cathedral of Amalfi, where most of them still remain.撮影したのは、フランスコンスタンティノープルときには、 13世紀の初めには、ピーターのカプアの枢機卿の遺跡をもたらしたとイタリアのアマルフィ大聖堂に配置して、どこにそれらのほとんどは今も残っています。 St. Andrew is honoured as their chief patron by Russia and Scotland.聖アンドリューは、彼らのチーフとして尊敬されたロシアとスコットランドのパトロン。

Publication information Written by J. MacRory. j. macrory書かれた文献の情報です。 Transcribed by Christine J. Murray.転写されたマレークリスティーヌj. 。 Dedicated to Andrew E. Murray The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907. e.専用のアンドリューマレーのカトリック百科事典には、日付のボリュームi. 1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです