Angelusお告げ

General Information 総合案内

Angelus, in the Roman Catholic church, is a devotion commemorating the incarnation of Jesus Christ.お告げのは、ローマカトリック教会で、献身的な態度は、イエスキリストの顕現を記念しています。 It consists of several short prescribed verses, three recitations of the "Hail Mary," and a brief concluding prayer.それはいくつかの短い所定の印は、 3つのrecitations "ひょうメアリーは、 "と祈りを簡単に締結した。 Traditionally accompanied by the ringing of the Angelus bell, it is said three times daily, usually at 6 AM, noon, and 6 PM.伝統的に添付されてお告げの鐘が鳴って、毎日3回服用していると言われ、通常は午前6時、正午、午後6時までとします。 The devotion takes its name from the first word of the Latin version.献身的な態度からは、その名前の最初の言葉は、ラテン語のバージョンです。 It is the subject of a famous painting, The Angelus by the French artist Jean François Millet; the canvas depicts farmers pausing in their field chores to pray.これは、有名な絵の主題は、お告げしたのは、フランスの画家ジャンフランソワミレー;キャンバスを描いて、彼らのフィールドでの雑用農家の停止を祈っています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Angelusお告げ

Additional Information 追加情報

Although the Angelus is a specifically Catholic devotion it is in fact prayed by many other Christians in various parts of the world.にもかかわらず、カトリックお告げのは、具体的な献身を祈ったことが実際には他の多くのキリスト教徒は、世界のさまざまな部分です。 It dates back to the 13th century.それは13世紀にまでさかのぼります。 In 1269, St. Bonaventure recommended that Catholics should imitate the Franciscan custom of reciting three Hail Marys when the bell rang each evening for prayer. 1269は、カトリック教徒のまねをすることをお勧めbonaventure聖フランシスコカスタムの暗唱の3つのベルが鳴ったとき、雹marys夕方にはそれぞれの祈りをささげる。 Of course the call to prayer takes place throughout the day and officially the Angelus is said by many at 6, 12 noon and 6pm.もちろん、電話をかけるの祈りが行われると、 1日を通して正式によると、多くのお告げでは、 6 、 12正午から午後6 。

Although the complete prayer incorporates the Hail Mary it does in fact focus on the Incarnation of Christ which is shared by all Christians and the citations in the prayer are taken from the Bible.組み込んで、完全な祈りにもかかわらず、実際に雹メアリーに焦点を当てることは、キリストの権化が共有されるすべてのキリスト教徒との引用は、聖書からの祈りを撮ります。 In many ways it is akin to the Rosary where the focus is not on the words of the Hail Mary but the Blessed Mysteries.それは多くの点で似ロザリオはどこにフォーカスしての言葉ではないが、祝福の雹メアリー謎です。

By praying in such a way one is consecrating the day to God and His glorious plan of salvation.そのような方法の1つを祈っconsecratingその日には神と神の栄光の救済計画です。 Many are not able to say the Divine Office which is time consuming and requires the facility of the Breviary.と言うことはできませんが、多くの事務所では、神の時間がかかると、施設は、聖務日課書が必要です。 The Angelus is simple to learn and can be said anywhere.お告げのは、単純によるとどこかを学ぶことができます。 It can indeed be said on the move, standing or walking or even driving.それによると、この動きは実際には、立ったり歩いたり運転しています。

K Andrews kアンドリュース


Angelusお告げ

Text テキスト

The Angel of the Lord declared unto Maryかれの主の御使を宣言メアリー
And she conceived of the Holy Spiritそして彼女は、聖霊の考え
Hail Mary..................ひょうメアリー..................

Behold the handmaid of the Lord見よ、主のお手伝いさん
Be it done unto me according to thy Wordわたし行われることによると、なたの言葉
Hail Mary..................ひょうメアリー..................

And the Word was made Fleshそしてその言葉は前に肉
And dwelt among usそして私たちの間に住ん
Hail Mary..................ひょうメアリー..................

Pray for us Holy Mother of God私たちのために祈る聖なる神の母
That we may be made worthy of the promises of Christその前に価値があるかもしれないが、私たちキリストの約束
Let us pray...祈りをささげよう...

Pour forth we beseech thee O Lord, thy grace into our hearts, that we to whom the incarnation of Christ thy Son was made known by the message of an angel, may by His passion and Cross be brought to the glory of His Resurrection, through the Same Christ Our Lord, Amen.我々つむぎ出す嘆願なんじ主よ、なたの恵みを私たちの心には、誰が私たちをキリストの権化の息子は前に知られてなたの天使のメッセージが表示される、彼の情熱と交差される可能性をもたらした彼の栄光の復活、を通してわたしたちの主キリストと同じ、アーメン。


If more than one person is praying the prayer, the leader prays the first line of the three citations while the group answer with the second. 2つ以上の場合には、人の祈りを祈って、その指導者の祈りの最初の行で、 3つの引用している間、 2番目のグループに答えています。 Generally the leader recites the first half of the Hail Mary while the group respond with the second.通常のリーダーrecites上半期中には、雹メアリー2番目のグループに対応しています。 The leader announces "let us pray" and the whole group - leader et al- recite the final prayer.その指導者を発表する"と祈りをささげよう"と、グループ全体-の指導者らに、最後の祈りを暗唱する。

K Andrews kアンドリュース


Angelusお告げ

Additional Information 追加情報

The origin of the Angelus is difficult to trace with accuracy, but goes back at least as far at the 13th century, when it was prayed only in the evening.の起源を追跡するのは難しいのお告げを正確には、少なくともまでさかのぼりますが、 13世紀には、ときには、夕方のみ祈った。 The addition of the Angelus in the morning, and then at the noon hour came later, so there is no pious tradition associated with the triple Angelus.そのほかのお告げは、午前中は、正午までには、それから1時間後に来たので、信心深い伝統がないトリプルお告げに関連付けられています。 Until the 19th century, few people had access to personal means of telling time, and they depended on the church bells to know the usual hours for Mass, for the Hours of the Office, etc., which is why the praying of the Angelus is associated with the ringing of the Angelus bell. 19世紀までは、少数の人がアクセスできるように有力な手段の個人的な時間は、かれらに依存していた教会の鐘を知って、いつもの時間のためのミサのための時間は、事務所等、これは、祈りのお告げのはなぜ関連付けられているのは、お告げの鐘が鳴っています。 In fact, the hours of six am, noon, and six pm are approximate.実際には、時間の6時、正午、および6時まではおおよそです。 During the Middle Ages, it would have been more correct to say that the Angelus was prayed at about dawn, noon, and sunset.中世の間に、次のように言っていれば、より正しいことを祈ったのお告げでは、約夜明け、正午、日没です。 The praying of the Angelus was associated with the offices of Morning Prayer (Lauds) and Evensong (Vespers), which were chanted in the monasteries and cathedrals at those times.お告げの祈りは、関連付けられているが、オフィスでの朝の祈り( lauds )と夕べの歌( vespers ) 、 chantedされた修道院や大聖堂では、これらの倍です。 Since there was no major hour of the Office prayed at noon (Sext was but a short office and was often prayed in the fields or farms), perhaps that is why the noonday Angelus developed last.時間がなかったので、オフィスの主要祈った正午( 6度音程が少しでもオフィスとは、多くの場合は、フィールドを祈ったまたは農場)は、たぶんして開発されている理由は真昼のお告げの最後です。

Sister Elias妹エリアス


Angelusお告げ

Catholic Information カトリック情報

PRESENT USAGE現在の慣用

The Angelus is a short practice of devotion in honour of the Incarnation repeated three times each day, morning, noon, and evening, at the sound of the bell.練習のお告げが短いの権化の献身に敬意を表して、毎日3回繰り返して、朝、昼、夜になると、その鐘の音。 It consists essentially in the triple repetition of the Hail Mary, to which in later times have been added three introductory versicles and a concluding versicle and prayer.それは本質的には、トリプルの繰り返しの雹メアリーされており、後の時代の3つが追加されて入門versiclesとすると祈りの結びの短詩。 The prayer is that which belongs to the antiphon of Our Lady, "Alma Redemptoris," and its recitation is not of strict obligation in order to gain the indulgence.その祈りに属するのは、聖母マリアのアンティフォンは、 "アルマredemptoris 、 "暗唱ではないとの厳しい義務を得るためにふけることです。 From the first word of the three versicles, ie Angelus Domini nuntiavit Mariæ (The angel of the Lord declared unto Mary).最初の3つの単語からversicles 、すなわちアンジェリュスnuntiavit mariæドミニ(主の御使と宣言し、かれメアリー) 。 the devotion derives its name.その名前の献身を得る。 The indulgence of 100 days for each recitation, with a plenary once a month.耽溺の100日間、各暗唱し、月に一度の本です。 was granted by Benedict XIII, 14 September, 1724, but the conditions prescribed have been somewhat modified by Leo XIII, 3 April, 1884.付与されたベネディクト13世は、 1724年9月14日が、所定の条件がやや修正されるレオ13世は、 1884年4月3日です。 Originally it was necessary that the Angelus should be said kneeling (except on Sundays and on Saturday evenings, when the rubrics prescribe a standing posture), and also that it should be said at the sound of the bell; but more recent legislation allows these conditions to be dispensed with for any sufficient reason, provided the prayer be said approximately at the proper hours, ie in the early morning, or about the hour of noon, or towards evening.必要としていた当初のお告げによるとしなければならないひざまずい(日曜を除くと、土曜日の夜、 rubricsを処方する際立った姿勢) 、そしてまたそれによるとしなければならないの鐘の音;しかし、これらの条件により、さらに多く最近の立法いかなるれるために十分な理由では、提供されるの祈りは、適切によると、約時間、つまりは、早朝、またはについては、 1時間の正午、または夕方に向かっています。 In this case.このような場合です。 however, the whole Angelus as commonly printed has to be recited, but those who do not know the prayers by heart or who are unable to read them, may say five Hail Marys in their place.しかし、全体としてよくアンジェリュス読誦印刷しなければならないが、人々の祈りを暗記していないのか知っている人はそれらを読み取れなかったことは、彼らが何と言おうと5つの場所で雹marys 。 During paschal time the antiphon of Our Lady, "Regina cæli lætare," with versicle and prayer, is to be substituted for the Angelus.復活祭の時間の中に聖母マリアのアンティフォンは、 "レジーナcæli lætare 、 "短詩として祈り、お告げのためには、置換される。 The Angelus indulgence is one of those which are not suspended during the year of Jubilee.お告げの耽溺は、 1つのものではありませんジュビリー年の執行猶予期間中です。

HISTORY歴史

The history of the Angelus is by no means easy to trace with confidence, and it is well to distinguish in this matter between what is certain and what is in some measure conjectural.お告げの歴史は、簡単にトレースではないが自信を持って、井戸を区別することは、この件に関しては、特定の間にどのようないくつかの措置とは何です推測です。 In the first place it is certain that the Angelus at midday and in the morning were of later introduction than the evening Angelus.まず第一にしていることは確かでは、午前中のお告げの正午には、夕方のお告げよりも後に導入します。 Secondly it is certain that the midday Angelus, which is the most recent of the three, was not a mere development or imitation of the morning and evening devotion.第二に、真昼のお告げのことは確実だ、これは、最近の3つは、イミテーションではないが、単なる開発や朝と夕方の献身。 Thirdly, there can be no doubt that the practice of saying three Hail Mary~ in the evening somewhere about sunset had become general throughout Europe in the first half of the fourteenth century and that it was recommended and indulgenced by Pope John XXII in 1318 and 1327.第三に、疑いの余地はない、と言って練習して、 3つの雹メアリーは、夕方〜日没でしたが、どこかに全般については、ヨーロッパ全土では、 14世紀前半とすることが推奨されるとindulgenced 、ローマ法王ヨハネ22 1318 1327 。 These facts are admitted by all writers on the subject, but when we try to push our investigations further we are confronted with certain difficulties.これらの事実は認めた上で、対象のすべての作家が、ときに我々を押してみてください我々は我々の捜査をさらに困難に直面してある。 It seems needless to discuss all the problems involved.無用のようにかかわるすべての問題を話し合う。 We may be content to state simply the nearly identical conclusions at which T. Esser, OP, and the present writer have arrived, in two series of articles published about the same time quite independently of each other.我々がコンテンツを提供するだけの状態で、ほぼ同じ結論t.エセール、営業、および、現在の作家が到着し、 2つのシリーズで出版された記事とは無関係にかなりの時間については、お互いに同じです。

THE EVENING ANGELUS夕方のお告げ

Although according to Father Esser's view we have no certain example of three Hail Marys being recited at the sound of the bell in the evening earlier than a decree of the Provincial Synod of Gran in the year 1307, still there are a good many facts which suggest that some such practice was current in the thirteenth century.にもかかわらずエセールの見解によると、父親は行っておらず、 3つの特定の例では、ひょうmarysれ読誦鐘の音よりも早く、夕方には、地方教会会議令のグランは、 1307年には、まだそこには、多くの事実を示唆良い現在のいくつかのように練習していた13世紀です。 Thus there is a vague and not very well confirmed tradition which ascribes to Pope Gregory IX, in 1239, an ordinance enjoining that a bell should be rung for the salutation and praises of Our Lady.そのためには曖昧で、あまりよく確認して伝統をascribesグレゴリウス9世は、 1239は、条例では、ベルenjoiningラングしなければならないため、聖母マリアのあいさつと称賛した。 Again, there is a.grant of Bishop Henry of Brixen to the church of Freins in the Tyrol, also of 1239, which concedes an indulgence for saying three Hail Marys "at the evening tolling".繰り返しますが、そこは、ヘンリーのbrixenビショップa.grantの教会には、チロルfreins 、また、 1239は、タイムズ紙に耽溺するための3つの雹と言ってmarys "夕方には、トーリング" 。 This, indeed, has been suspected of interpolation, but the same objection cannot apply to a decree of Franciscan General Chapter in the time of St Bonaventure (1263 or 1269), directing preachers to encourage the people to say Hail Marys when the Complin bell rang.このため、実際には、補間されての疑いがあるが、同じ反対する法令を適用することはできないの章では、フランシスコ会総長聖bonaventure時間( 1263 1269 )は、説教師の演出を奨励する人々を言うの雹marysベルが鳴ったとき、終祷。 Moreover, these indications are strongly confirmed by certain inscriptions still to be read on some few bells of the thirteenth century.しかも、これらの兆候が確認された特定の碑文を強くしても読んでまだいくつかの鐘は、 13世紀の数です。 Further back than this direct testimonials do not go; but on the other hand we read in the "Regularis Concordia", a monastic rule composed by St. Aethelwold of Winchester, c.さらに後ろに行くよりも、この直接の推薦状はありません;しかし、その一方で我々は、読んで" regularisコンコルディア"は、禁欲的なルールに構成された聖ウィンチェスターaethelwold千佳子 975, that certain prayers called the tres orationes, preceded by psalms, were to be said after Complin as well as before Matins and again at Prime, and although there is no express mention of a bell being rung after Complin, there is express mention of the bell being rung for the tres orationes at other hours. 975 、特定の祈りと呼ばれることのトレスorationes 、詩篇先行して、後は終祷によるとされるだけでなく、朝の祈りと再び前総理、およびエクスプレス言及がない場合でも、鐘が鳴らさ終祷後には、そこに言及したが表明その鐘が鳴らさorationesトレスでは、それ以外の時間です。 This practice, it seems, is confirmed by German examples (Mart ne, De Antiq. Eccles. Ritibus, IV, 39), and as time went on it became more and more definitely associated with three separate peals of the bell, more especially at Bec, at St. Denis, and in the customs of the Canon Regular of St. Augustine (eg at Barnwell Priory and elsewhere).このような行為は、それは、ドイツの例が確認された(マート、ネブラスカ州、デantiq 。エクルズ。 ritibus 、 4世、 39 ) 、そして、時間がたつにつれ、ますます多くのことが明らかに関連付けられている3つの別々のpealsのベルは、特にこちらbec 、サンドニでは、税関は、キヤノンとは、正規の聖アウグスティヌス(例: barnwell修道院や他の場所で) 。 We have not in these earlier examples any mention of the Hail Mary, which in England first became familiar as an antiphon in the Little Office of Our Lady about the beginning of the eleventh century (The Month, November, 1901), but it would be the most natural thing in the world that once the Hail Mary had become an everyday prayer, this should for the laity take the place of the more elaborate tres orationes recited by the monks; just as in the case of the Rosary, one hundred and fifty Hail Marys were substituted for the one hundred and fifty psalms of the Psalter.我々はそれ以前は、これらの例に言及した任意の雹メアリーは、英国で初めてアンティフォンとしては、おなじみの聖母マリアの小さな事務所については、 11世紀の初め(月、 11月、 1901 )が、それが天然ものは、世界のほとんどのは、昔々の日常の祈りになると雹メアリーは、このためには、信者たちは、より精巧に取って代わるトレスorationes読誦される僧侶;例と同じように、ロザリオ、 150あられのmarysれた置換用の詩篇150 psalter 。 Moreover, in the Franciscan decree of St. Bonaventure's time, referred to above, this is precisely what we find, viz., that the laity in general were to be induced to say Hail Marys when the bell rang at Complin, during, or more probably after, the office of the friars.しかも、 bonaventureの聖フランシスコ会令の時間は、前記のは、これこそまさに我々見つけ、 viz 。 、俗人では、全般に引き起こされると言っていた雹marysベルが鳴ったとき、終祷では、期間中、または複数のおそらく後には、修道士の事務所です。 A special appropriateness for these greetings of Our Lady was found in the belief that at this very hour she was saluted by the angel.これらの挨拶のために特別な聖母マリアの妥当性が見つかったという信念を持って、この挨拶で、彼女は非常に時間の天使です。 Again, it is noteworthy that some monastic customals in speaking of the tres orationes expressly prescribe the observance of the rubric about standing or kneeling according to the season, which rubric is insisted upon in the recitation of the Angelus to this day.繰り返しますが、注目されることは、いくつかの僧院のcustomalsトレスorationes明示的に言えば、処方の遵守については、朱書きによると、今シーズンに立ったりひざまづいて、これを主張するのは、朱書きのお告げをこの日に朗読した。 From this we may conclude that the Angelus in its origin was an imitation of the monks' night prayers and that it had probably nothing directly to do with the curfew bell, rung as a signal for the extinction of fires and lights.我々はこの可能性を締結してからのお告げで、その起源は、模造の僧侶たちの夜の祈りとしていた、おそらく何もないと直接関係して、外出禁止令の鐘は、ラングとしては、絶滅の火災や信号灯です。 The curfew, however, first meets us in Normandy in 1061 and is then spoken of as a bell which summoned the people to say their prayers, after which summons they should not again go abroad.の外出禁止令は、しかし、私たちが最初に満たしてノルマンディで話され、当時としては、 1061とベルを召喚すると言っても、人々の祈りは、召喚状にした後に再び海外へ行くことではない。 If anything, therefore, it seems more probable that the curfew was grafted upon this primitive prayer-bell rather than vice versa.どちらかといえば、したがって、それはより多くの外出禁止令を予想していた時、この原始グラフトの祈り-ベルというより逆も可能です。 If the curfew and the Angelus coincided at a later period, as apparently they did In some cases, this was.夜間外出禁止令と一致お告げの場合は、後からの期間は、どうやら彼らはいくつかのケースでは、これは。 probably accidental.おそらく偶然です。

THE MORNING ANGELUS朝のお告げ

This last suggestion about the tres orationes also offers some explanation of the fact that shortly after the recital of the three Hail Marys at evening had become familiar, a custom established itself of ringing a bell in the morning and of saying the Ave thrice.この最後の提案については、いくつかの説明もご用意しorationesトレスという事実には、 3つのリサイタル直後の夕方には慣れっこになると雹marysでは、カスタムの設立自体は、午前中のベルが鳴っすると、三度と言って、めでたし。 The earliest mention seems to be in the chronicle of the city of Parma, 1318, though it was the town-bell which was rung in this case.最古言及したと思われるのは、クロニクルのパルマ市は、 1318が、それは、町の鐘が鳴らさこのような場合です。 Still the bishop exhorted all who heard it to say three Our Fathers and three Hail Marys for the preservation of peace, whence it was called "the peace bell".それでも、すべての人の司教exhortedそれを聞いて私たちの祖先と言う3つの保存のための3つの雹marys平和、 whenceで呼ばれていた"平和の鐘" 。 The same designation was also applied elsewhere to the evening bell.同じ名称は、他の場所にも応用して、夕方の鐘。 In spite of some difficulties it seems probable enough that this morning bell was also an imitation of the monastic triple peal for the tres orationes or morning prayers; for this, as noted above, was rung at the.にもかかわらず、いくつかの困難概十分なようでもあるが、今朝の鐘トリプル僧院の鐘の音を模倣したり、朝の祈りトレスorationes ;ためには、上記のとおり、ラングでいた。 morning office of Prime as well as at Complin.小泉だけでなく、朝の事務所で終祷。 The morning Ave Maria soon became a familiar custom in all the countries of Europe, not excepting England, and was almost as generally observed as that of the evening, But while in England the evening Ave Maria is enjoined by Bishop John Stratford of Winchester as early as 1324.朝のアヴェマリアはたちまちカスタムでおなじみのヨーロッパのすべての国々ではなく、イングランドを除く、通常とは、ほぼ同じとして観察して、夜になると、しかし、中にはイングランドの夕方アヴェマリアは加味され、早けれウィンチェスター司教のジョンストラットフォードとして1324 。 no formal direction.正式な方向にない。 as to the morning ringing is found before the instruction of Archbishop Arundel in 1399.午前中に鳴り響くことが判明したとして、命令の前に大司教アランデルは1399です。

THE MIDDAY ANGELUS真昼のお告げ

This suggests a much more complicated problem which cannot be adequately discussed here.この提案ははるかに複雑な問題を議論することはできませんここで十分です。 The one clear fact which seems to result alike from the statutes of several German Synods in the fourteenth and fifteenth centuries, as also from books of devotion of a somewhat later date, is that the midday ringing, while often spoken of as a peace bell and formally commended by Louis XI of France in 1475 for that special object, was closely associated with the veneration of the Passion of Christ.その結果を1つの明確な事実をどのように似てから、いくつかの法令は、ドイツの14と15世紀にもわたってsynods 、書籍の献身としてよりも、やや後日、真昼のは、鳴って、その中に頻繁に話され、平和の鐘とフランスのルイxi正式に表彰されると、その特別なオブジェクトで1475は、密接に関連付けられているのは、キリストの受難を尊敬します。 At first it appears that this midday bell, eg at Prague in 1386, and at Mainz in 1423, was only rung on Fridays, but the custom by degrees extended to the other days of the week.最初はそれが表示されたら、この真昼のベルは、例えば、プラハでは1386 、および1423でマインツでは、毎週金曜日はラングのみが、その度に拡張して、他のカスタムされたデイズオブザウイーク。 In the English Horæ and the German Hortulus Animæ of the beginning of the sixteenth century rather lengthy prayers commemorating the Passion are provided to be said at the midday tolling of the bell in addition to the ordinary three Aves.は、英語、ドイツ語horæとhortulus animæ 16世紀の初めにはちょっと長い祈りの情熱が提供されるのを記念によると、正午のベルトーリングに加えて、通常の3つのaves 。 Later on (c. 1575), in sundry books of devotion (eg Coster's Thesaurus), while our modern Angelus versicles are printed, much as we say them now, though minus the final prayer, an alternative form commemorating our Lord's death upon the cross is suggested for the noontide ringing.後で( c. 1575 )は、書籍の献身雑(例:コスターのシソーラス)は、私たちの中には、現代のお告げversicles印刷は、それらを今私たちが言うほど、マイナスかかわらず、最後の祈りは、別の形で私たちの記念の主の十字架上の死提案は、全盛期は鳴っています。 These instructions, which may already be found translated in an English manuscript written in 1576 (manuscripts Hurlelan 2327), suggest that the Resurrection should be honoured in the morning, the Passion at noon, and the Incarnation in the evening, since the times correspond to the hours at which these great Mysteries actually occurred.これらの手順は、すでに5月に翻訳されるが見つかりましたが、英語で書かれた原稿1576 (原稿hurlelan 2327 )は、示唆して復活しなければならないのは、午前中の栄誉は、その情熱を正午には、その化身とは、夜になると、時代に対応して以来、これらの大きな謎の時間で実際に発生しています。 In some prayer-books of this epoch different devotions are suggested for each of the three ringings, eg the Regina Cœli for the morning (see Esser, 784), Passion prayers for noon and our present versicles for sundown.この書籍の祈りにはいくつかの異なる時代のそれぞれのための祈りが提案した3つのringings 、例えば、朝には、レジーナcœli (参照してくださいエセール、 784 ) 、そして私たちの情熱をプレゼントversicles正午の祈りのため日没のためです。 To some such practice we no doubt owe the substitution of Regina Cœli for the Angelus during paschal time.いくつかのような練習を借りている我々の置換間違いないレジーナcœliの中には、復活祭のお告げの時間です。 This substitution was recommended by Angelo Rocca and Quarti at the beginning of the seventeenth century.この置換が推奨される第4アンジェロロッカとは、 17世紀の始まりです。 Our present three versicles seem first to have made their appearance in an Italian catechism printed at Venice in 1560 (Esser, 789); but the fuller form now universally adopted cannot be traced back earlier than 1612.我々の存在を最初に3つあるように見えるversicles前に自分の外見では、イタリアのベニスで印刷教要理1560 (エセール、 789 ) ;しかし、普遍的に採択することはできませんフラーフォーム今よりも早く1612にまでさかのぼります。 Be it noted that somewhat earlier than this a practice grew up in Italy of saying a "De profundis" for the holy souls immediately after the evening Angelus.れることに注意してややこれよりも早くイタリアでの練習を聞いて育ったと言って、 "獄中記"の直後には、神聖な魂お告げの夕方です。 Another custom, also of Italian origin, is that of adding three Glorias to the Angelus in thanksgiving to the Blessed Trinity for the privileges bestowed upon our Lady.別のカスタム、また、イタリア語の起源は、 3つのgloriasを追加するのは、感謝祭のお告げでは、権限を授けられた祝福トリニティ聖母マリア。 (See also HAIL MARY.) (ひょうメアリーも参照してください。 )

Publication information Written by Herbert Thurston.ハーバートサーストンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Carl Horst.カールホルスト転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典は、ボリュームi.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Angelus Bellお告げの鐘

Catholic Information カトリック情報

The triple Hail Mary recited in the evening, which is the origin of our modern Angelus, was closely associated with the ringing of a bell.雹のトリプル読誦メアリーは、夕方、これは我々の現代のお告げの起源は、密接に関連付けられているのは、ベルが鳴っています。 This bell seemingly belonged to Coinplin, which was theoretically said at sundown, though in practice it followed closely upon the afternoon office of Vespers.このベルcoinplin一見所属して、これによると、理論的には、夕暮れが、実際にそれに続いて、午後の事務所と密接vespers 。 There can be little doubt that in all save a few exceptional cases, the tolling the Ave bell was distinct from the ringing of curfew (ignitegium); the former taking place at the end of Complin and perhaps coinciding with the prayers for peace, said in choir; the latter being the signal for the close of day and for the general bed-time.疑いの余地はほとんどないことをすべて保存するにはいくつかの例外的な場合は、トーリングのアヴェのベルが鳴ってから、別個の外出禁止令( ignitegium ) ;元起きて終祷末と同じで、おそらく平和のために祈り、によると、聖歌隊;れ、後者の信号は、その日の終わりとは、一般的なベッドの時間です。 In many places, both in England and France, the curfew bell is still rung, and we note that not only is it rung at a relatively late hour, varying from 8 to 10, but that the actual peal lasts in most cases for a notable period of time, being prolonged for a hundred strokes or more.いろいろなところでは、英国とフランスの両方では、外出禁止令ベルラングは、まだ、我々はそれに注意してだけでなく、ラングでは、比較的遅い時間には、さまざまな八〜一〇が、そのほとんどの場合、実際の鐘の音は、注目に値する続く期間は、長期化のために、 100以上の筆遣い。 Where the town-bell and the bells of the principal church or monastery were distinct, the curfew was generally rung upon the town-bell.どこの町-ベルと修道院や教会の鐘の校長は別個のは、その町に外出禁止令は、通常ラング-ベルです。 Where the church-bell served for both purposes, the Ave and the curfew were probably rung upon the same bell at different hours.どこの教会の鐘の配信の両方の目的では、外出禁止令が、おそらくラングアヴェと同じ時の鐘は、様々な時間です。 There is a great lack of records containing any definite note of time regarding the ringing of the Ave bell, but there is at least one clear example in the case of Cropredy, Oxfordshire where in 1512 a bequest was made to the churchwardens on condition that they should "toll dayly the Avees bell at six of the clok in the mornyng, at xii of the clok at noone and at foure of the clok at afternoone" (North, Church Bells of Lincolnshire, 169).偉大な記録があるの欠如を含む任意の時間について、明確なメモアヴェのベルが鳴っが、そこは、少なくとも1つの明確な例では、例cropredy 、オックスフォードシャー州では前には1512を遺贈することを条件にchurchwardensばならない" daylyの通行料は、 6時にaveesベルclokのmornyng 、 clok 12世のfoureではないとは、 1つのclokでafternoone " (北朝鮮は、教会の鐘のリンカンシャー州、 169 ) 。 At the same time it seems clear that in the case of cathedral churches, etc., where the Office was said in choir, the interval between Complin and the (anticipated) Matins of the next day was not very great; at any rate.それと同時に、このように明らかにして教会大聖堂の例など、どこのオフィスでは、聖歌隊によると、終祷との間の間隔(予想) 、次の日の朝の祈りではない非常に素晴らしい;いずれにせよ。 at some seasons of the year.いつかシーズンズオブザイヤーです。 Under these circumstances the three interrupted peals of the Ave bell probably served as a sort of introduction to the continuous tolling of the curfew which preceded Matins.このような状況の下では、 3つの中断pealsアヴェベルを務め、おそらく一種のトーリングの導入は、外出禁止令を継続して朝の祈りが先行した。 This would be sufficient to account for certain clear traces of a connection in some localities between the curfew and the recital of the three evening Ayes.これは、十分な特定の明確な痕跡を説明するために、接続で、いくつかの自治体との間の外出禁止令は、 3つのリサイタル夕方賛成です。 For instance, the poet Villon (fifteenth century) must.例えば、詩人ヴィヨン( 15世紀)が必要です。 clearly be thinking of the curfew, when he writes:思考の外出禁止令を明確には、彼の書き込み時:

J'oy la cloche de la Sarbonne j'oyラクロシェデラsarbonne

Qui toujours neuf heures sonne sonne toujours時間レースのQui neuf

Le salut que l'ange pr dit.ルsalut que l'オンゲ広報トン。

Again, if there were no such connection, it would be difficult to explain why some of the Reformation bishops like Hooper did their best to suppress the tolling of the curfew as a superstitious practice. Still the attempt was not successful.まだこの試みは成功していない。 Long before this, in 1538, a Protestant Grand Jury.長い間、この前は、 1538年には、大陪審でプロテスタント。 in Canterbury had presented the parson of St. Peter's church for superstitious practices, complaining of the "tolling of the Ave bell after evening song done" (Stahlscbmidt, Church Bells of Kent, 358), but this could hardly have been the curfew.カンタベリーの提示では、聖ペテロの教会の牧師は迷信的慣行は、苦情を申し立てることは、 "アヴェベルトーリングの完了後の夕方の歌" ( stahlscbmidt 、教会の鐘のケント、 358 ) 、しかし、この可能性はほとんどが、外出禁止されています。

INSCRIPTIONS ON ANGELUS BELLSお告げの鐘を碑文

Many circumstances point to the conclusion that the ringing of the Angelus in the fourteenth and even in the thirteenth century must have been very general (see The Month, Jan., 1902,69-70, and Jan., 1904, 60-63).多くの事情をポイントしては、という結論には、第14リンギングのお告げとは、 13世紀にも非常にする必要がありますが全般( 1カ月を参照して、 1月、 1902,69-70 、および1月、 1904 、 60から63 ) 。 The number of bells belonging to these two centuries which still survive is relatively small, but a considerable proportion bear inscriptions which suggest that they were originally intended to serve as Ave bells.鐘の数に属しているこれらの2つの世紀にもわたって生き残るためには、まだ比較的小さいが、かなりの割合でクマの碑文を示唆して彼らはもともと意図アヴェ鐘を務める。 In the first place, many bear the words Ave Maria; or, as in the case of a bell at Helfta, near Eisleben, in Germany, dated 1234, the whole sentence: Ave Maria, gratia plena, Dominus tecum.まず第一に、多くのクマの言葉アヴェマリア;かのように、例のhelftaベルでは、近くのアイスレーベン、ドイツでは、日付の1234は、全体の文章:アヴェマリア、グレーシアnumの複数形は、主tecum 。 Bells with this Ave Maria inscription are also numerous in England, though in England the Angelus bells seem in a very large number of instances to have been dedicated to St. Gabriel.このアヴェマリアの鐘碑文でも多数のイングランドは、イングランドのお告げの鐘かかわらずでいるように見えるが非常に多くのインスタンスをしてきた聖ガブリエル専用です。 These Gabriel inscriptions take various forms.ガブリエル碑文これらのさまざまな形態をとる。 For example: Dulcis instar mellis campana vocor Gabrielis (I am sweet as honey, and am called Gabriel's bell).例えば:ダルシス齢mellisカンパナvocor gabrielis (蜜のように甘い私は、ガブリエルと時の鐘と呼ばれる) 。 In which very common inscription the second word is often sisto, or cisto; the true reading is perhaps dulcissimi mellis. 2番目に非常によく使われる単語は往々に碑文sisto 、またはcisto ;の真の読書は、おそらくdulcissimi mellis 。 Or again: Ecce Gabrielis sonat hæc campana fidelis (Behold this bell of faithful Gabriel sounds); or Missi de coelis nomen habeo Gabrielis (I bear the name of Gabriel sent from heaven), or Missus vero pie Gabriel fert læta Mariæ (Gabriel the messenger bears joyous tidings to holy Mary).または再び:乳幼児のケアgabrielis sonat hæc忠実カンパーナ(見よ、この鐘の音を忠実にガブリエル) ; coelis保留名またはmissiデhabeo gabrielis (私の名前ガブリエルベア天から送られる) 、または同棲中のガールフレンドベロガブリエルパイfert læta mariæ (使徒ガブリエルベアーズ喜ばしい便りを聖マリア) 。 We can hardly be wrong in regarding these bells as Angelus bells, for in the Diocese of Lincoln alone we find nineteen of the surviving medieval bells bearing the name of Gabriel, while only six bear the name of Michael, a much more popular patron in other respects.我々は間違っていることに関してはほとんどがこれらのお告げの鐘の鐘としては、我々だけでは、リンカーンの司教管区の19人の生存を見つけるその名を冠した中世の鐘のガブリエルは、 6つのクマの名前のみながら、マイケルは、はるかに人気のある他のパトロン尊重しています。 In France, the Ave Maria seems to have been the ordinary label for Angelus bells; but in Germany-we find as the most common inscription of all, even in the case of many bells of the thirteenth century, the words O Rex Gloriæ Veni Cum Pace (O King of Glory, Come with Peace); as for instance, one of the bells of Freiburg in the Breisgau, dated 1258.フランスでは、このようにアヴェマリアがお告げの鐘のための通常のラベル;しかし、ドイツ-我々として最も共通の碑文を見つけるのは、多くの例でも、 13世紀の鐘が、その言葉oレックスgloriæ veni付きでペース( ○王の栄光は、平和が付いてくる) ;として例えば、 1つの鐘ブライスガウのフライブルクでは、日付1258 。 To explain the popularity of this inscription we have to remember that according to medieval tradition the Annunciation took place at evening.この碑文の人気を説明することを忘れないことが我々は伝統の報知によると、中世の夕方に行われた。 It was then that the Prince of Peace took flesh and dwelt among us.そのときに、王子の平和私たちの間では肉と力説した。 Moreover in Germany, the Netherlands and in some parts of France the Angelus bell was regularly known as the "Peace bell", and pro pace schlagen (to toll for peace) was a phrase popularly used for ringing the Angelus.しかも、ドイツ、オランダ、フランスの一部の地域では、定期的にお告げの鐘として知られ、 "平和の鐘" 、そしてプロのペースschlagen (平和のために通行料)は、広く使われるフレーズのお告げが鳴っています。

MANNER OF RINGING態度が鳴っ

With regard to the manner of ringing the Angelus it seems sufficient to note that the triple stroke repeated three times with a pause between seems to have been adopted from the very beginning.と関連して、お告げのような方法では、十分な時間が鳴っに注意してトリプルストロークでポーズの間に3回繰り返されるように採択されてから、非常に始まりです。 In the fifteenth-century constitutions of Syon monastery it is directed that the lay brother "shall toll the Ave bell nine strokes at three times, keeping the space of one Pater and Ave between each three tollings".憲法は、 15世紀の修道院サイオン指示したことは弟のレイ"アヴェベルは、通行料の3倍の9打で、 1つの空間を維持するための父との間にそれぞれ3つのアヴェtollings " 。 Again a fifteenth century bell at Erfert bears the words Cum ter reboo, pie Christiferam ter aveto (When I ring thrice, thrice devoutly greet the Mother of Christ).ベルは、 15世紀に再びerfert ter rebooベアーズの言葉付きで、パイchristiferam ter aveto (とき環三度、三度熱心にキリストの母のあいさつ) 。 Still earlier, the statutes of Wells Cathedral, in 1331, direct that "three strokes should be struck at three several times upon the great bell in quick succession", and this shortly before curfew.まだ先は、法令のウェルズ大聖堂は、 1331 、直通して" 3打を打たしなければならない3つの偉大な鐘の上に数回立て続けに"とし、この直前に外出禁止令。 Slmilarly, at Lérida in Spain, in 1308, the bishop directs that "after Complin and as the shades of night are falling" the bell is to be pealed three times with intervals between (Villanueva, Viage, XVI, 323), while the faithful are directed on hearing the bell to fall on their knees and recite the Ave Maria. slmilarly 、レリダスペインでは、 1308 、司教指揮して"とした後、終祷夜のとばりが落ちる"とベルは3倍にしてpealed間隔(ビリャヌエバ、 viage 、 16 、 323 ) 、中に忠実な公聴会は、指揮して自分のひざの上に落ちると鐘のアヴェマリアを暗唱する。

Publication information Written by Herbert Thurston.ハーバートサーストンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Carl Horst.カールホルスト転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.カトリック百科事典は、ボリュームi.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認は、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです