The Athanasian Creed, Quicunqueアタナシウス信条は、 quicunque

General Information 総合案内

(QUICUNQUE VULT) ( quicunque vult )

[Alternate readings in brackets] [読みが異なる金具]

  1. Whosoever will be saved, before all things it is necessary that he hold the Catholic Faith.誰でも保存される前に、すべてのことを行うことが必要であると彼は、カトリックの信仰です。
  2. Which Faith except everyone do keep whole and undefiled, without doubt he shall perish everlastingly.全体を信仰しておくことを除いてみんなundefiled 、彼は、疑いもなく消滅するeverlastingly 。
  3. And the Catholic Faith is this:カトリックの信仰とは、これ:
    That we worship one God in Trinity, and Trinity in Unity,我々は神を崇拝して1つのトリニティは、団結とトリニティでは、
  4. Neither confounding the Persons, nor dividing the Substance [Essence] .交絡の人にも、またその物質分割[エッセンス]
  5. For there is one Person of the Father, another of the Son, and another of the Holy Ghost.一人の人間のためには、父は、別の息子、そしてもう一つは、聖霊のです。
  6. But the Godhead of the Father, of the Son, and of the Holy Ghost, is all one, the Glory equal, the Majesty co-eternal.しかし、神は、父親は、息子が、そして、聖霊は、すべて1つは、平等の栄光は、永遠の共同陛下。
  7. Such as the Father is, such is the Son, and such is the Holy Ghost.など、父親は、息子がこのような、などは、聖霊のです。
  8. The Father uncreate [uncreated] , the Son uncreate [uncreated] , and the Holy Ghost uncreate [uncreated] .父抹殺[まだ創造されていない]は、息子の抹殺[まだ創造されていない]は、聖霊の抹殺すると[まだ創造されていない]
  9. The Father incomprehensible [unlimited] , the Son incomprehensible [unlimited] , and the Holy Ghost incomprehensible [unlimited] .父親の不可解[無制限]は、息子の不可解[無制限]は、理解できないと聖霊の[無制限]
  10. The Father eternal, the Son eternal, and the Holy Ghost eternal.永遠の父親は、息子の永遠、そして永遠の聖霊のです。
  11. And yet they are not three eternals, but one eternal. 3 eternalsされていないにもかかわらず、 1つでも永遠です。
  12. As also there are not three incomprehensibles [infinites] , nor three uncreated, but one uncreated, and one incomprehensible [infinite] .そこではないとしても3つのincomprehensibles [ infinites ]は、 3つのもまだ創造されていないが、まだ創造されていない1つ、および1つの不可解[無限]
  13. So likewise the Father is Almighty, the Son Almighty, and the Holy Ghost Almighty.だから同様に、全能の父は、息子オールマイティ、オールマイティと聖霊のです。
  14. And yet they are not three Almighties, but one Almighty. 3 almightiesされていないにもかかわらず、 1つでもオールマイティ。
  15. So the Father is God, the Son is God, and the Holy Ghost is God.だから、父は、神は、神の息子は、神とは聖霊のです。
  16. And yet they are not three Gods, but one God.だがかれらの神々との3つではないが、神の1つです。
  17. So likewise the Father is Lord, the Son Lord, and the Holy Ghost Lord.だから同様に、主の父は、息子の主は、主と聖霊のです。
  18. And yet not three Lords, but one Lord. 3つの貴族やまだないが、 1つの主です。
  19. For like as we are compelled by the Christian verity: to acknowledge every Person by himself to be both God and Lord,を強要されるようにクリスチャンとしての私たちは真実:すべての人に認知される自分自身を神との両方の主は、
  20. So are we forbidden by the Catholic Religion, to say, There be [are] three Gods, or three Lords.だから我々は、カトリック教徒の宗教で禁止されては、と言って、そこに[は]の3つの神々 、または3つの貴族。
  21. The Father is made of none, neither created, nor begotten.父親は前にはなし、どちらも作成し、また生まれた。
  22. The Son is of the Father alone, not made, nor created, but begotten.息子は、父親だけではなく、前にも、作成したが、生まれた。
  23. The Holy Ghost is of the Father and of the Son, neither made, nor created, nor begotten, but proceeding.聖霊は、父と息子のは、どちらも前に、また作成したり、ひとり子が、進んでいる。
  24. So there is one Father, not three Fathers; one Son, not three Sons; one Holy Ghost, not three Holy Ghosts.というわけで、父親の1つではなく、 3つの祖先;自分の息子ではなく、 3人の息子;聖霊の1つではなく、 3つの神聖な幽霊です。
  25. And in this Trinity none is afore, or after other; none is greater, or less than another [there is nothing before, or after: nothing greater or less] ;そして、このトリニティは、船首にはなし、またはその他の後;なしが大きい、または別未満[前には何もない、あるいは後:何もないより大きいか少ない] ;
  26. But the whole three Persons are co-eternal together and co-equal.しかし、全体の3人が共同で一緒だったし、共同で永遠に等しい。
  27. So that in all things, as is aforesaid, the Unity in Trinity and the Trinity in Unity is to be worshipped.だからして、すべてのものは、前述のように、団結し、団結トリニティトリニティとは、崇拝される。
  28. He therefore that will be saved must [let him] thus think of the Trinity.彼はそのために保存される必要があります[せなさい]は、このように考えてトリニティ。

  29. Furthermore, it is necessary to everlasting salvation that he also believe rightly the Incarnation of our Lord Jesus Christ.さらに、必要なことは永遠の救いを当然のことと思われる彼はまた、わたしたちの主イエスキリストの権化。
  30. For the right Faith is, that we believe and confess, that our Lord Jesus Christ, the Son of God, is God and Man;信仰のためには、右には、我々を信じると告白して、わたしたちの主イエスキリストが、神の御子は、神とは、男;
  31. God, of the Substance [Essence] of the Father, begotten before the worlds; and Man, of the Substance [Essence] of his Mother, born in the world;神は、その物質の[エッセンス]の父、子を生まれる前の世界;と男は、その物質の[エッセンス]の母親は、生まれで、世界;
  32. Perfect God and perfect Man, of a reasonable soul and human flesh subsisting;完璧な神様と完璧な男で、合理的な魂と人間の肉の自給;
  33. Equal to the Father, as touching his Godhead; and inferior to the Father, as touching his Manhood.父親に等しいのは、彼の心を動かすとして神格;より劣っていると、父は、彼の男らしさに触れている。
  34. Who although he be [is] God and Man, yet he is not two, but one Christ;誰にもかかわらず、彼は神に[は]男で、まだ彼は二人ではないが、 1つのキリスト;
  35. One, not by conversion of the Godhead into flesh, but by taking assumption of the Manhood into God; 1つは、コンバージョンのではなく、神への肉は、しかし、仮定の男らしさを服用神;
  36. One altogether, not by confusion of Substance [Essence] , but by unity of Person. 1つの完全には、混乱のではなく、物質[本質]が、人によって団結。
  37. For as the reasonable soul and flesh is one man, so God and Man is one Christ;肉用としては、合理的な一人の人間の魂とは、神と人間は1つだから、キリスト;
  38. Who suffered for our salvation, descended into hell [Hades, spirit-world] , rose again the third day from the dead.被害者救済のために私たちは、子孫に地獄[ハデスは、霊の世界]は、 3日目から再び上昇死んだ。
  39. He ascended into heaven, he sitteth on the right hand of the Father, God [God the Father] Almighty,彼は天に昇って、彼は、右手のsittethの父、全能の神[神の父]は、
  40. From whence [thence] he shall come to judge the quick and the dead.から来るものでwhence [そこから]彼は、生者と死者を判断しています。
  41. At whose coming all men shall rise again with their bodiesすべての男性に来るのが、彼らの身体は、再び上昇
  42. And shall give account for their own works.とは、自分のアカウントを与える作品です。
  43. And they that have done good shall go into life everlasting, and they that have done evil into everlasting fire.かれらは永遠の生命に入ること良いものは、かれらが悪を永遠の火を完了します。
  44. This is the Catholic Faith, which except a man believe faithfully [truly and firmly] , he cannot be saved.これは、カトリックの信仰は、これを誠実に信じて一人の男を除いて[本当に、しっかりと] 、彼は保存されません。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Athanasian Creedアタナシウス信条

Latin Versionラテンバージョン

Symbolum Quicunque symbolum quicunque

  1. Quicunque vult salvus esse, ante omnia opus est, ut teneat catholicam fidem: quicunque vult salvus実在して、愛はすべてアンティーオプスest 、しかしteneat catholicam fidem :
  2. Quam nisi quisque integram inviolatamque servaverit, absque dubio in aeternam peribit.仮quam quisque integram inviolatamque servaverit 、 absque疑わしい場合にはaeternam peribit 。
  3. Fides autem catholica haec est: ut unum Deum in Trinitate, et Trinitatem in unitate veneremur.を立証する物件catholica haec autem Est駅: unum deumでtrinitateしかし、 trinitatemでunitate et veneremur 。
  4. Neque confundentes personas, neque substantiam seperantes. neque confundentes personas 、 neque substantiam seperantes 。
  5. Alia est enim persona Patris alia Filii, alia Spiritus Sancti:ペルソナpatris est enim filiiアリアアリアは、アリア酒精sancti :
  6. Sed Patris, et Fili, et Spiritus Sancti una est divinitas, aequalis gloria, coeterna maiestas. sedでpatris 、 et糸、酒精sancti et est una divinitas 、均等グロリア、 coeterna maiestas 。
  7. Qualis Pater, talis Filius, talis [et] Spiritus Sanctus. qualisペイター、 talis filius 、 talis [ et ]酒精サンクトゥスです。
  8. Increatus Pater, increatus Filius, increatus [et] Spiritus Sanctus. increatusペイター、 increatus filius 、 increatus [ et ]酒精サンクトゥスです。
  9. Immensus Pater, immensus Filius, immensus [et] Spiritus Sanctus. immensusペイター、 immensus filius 、 immensus [ et ]酒精サンクトゥスです。
  10. Aeternus Pater, aeternus Filius, aeternus [et] Spiritus Sanctus. aeternusペイター、 aeternus filius 、 aeternus [ et ]酒精サンクトゥスです。
  11. Et tamen non tres aeterni, sed unus aeternus.トレス以外aeterni et tamen 、 sedでaeternus unus 。
  12. Sicut non tres increati, nec tres immensi, sed unus increatus, et unus immensus.トレスincreati sicut以外は、当社トレスimmensi 、 sedでunus increatus 、 et unus immensus 。
  13. Similiter omnipotens Pater, omnipotens Filius, omnipotens [et] Spiritus Sanctus.同様にomnipotensペイター、 omnipotens filius 、 omnipotens [ et ]酒精サンクトゥスです。
  14. Et tamen non tres omnipotentes, sed unus omnipotens.トレス以外omnipotentes et tamen 、 sedでunus omnipotens 。
  15. Ita Deus Pater, Deus Filius, Deus [et] Spiritus Sanctus.イタデウスペイター、デウスfilius 、デウス[ et ]酒精サンクトゥスです。
  16. Et tamen non tres dii, sed unus est Deus. et tamen以外のトレスdii 、 sedでunus estデウス。
  17. Ita Dominus Pater, Dominus Filius, Dominus [et] Spiritus Sanctus.ペイターイタ主は、主filius 、主[ et ]酒精サンクトゥスです。
  18. Et tamen non tres Domini, sed unus [est] Dominus.トレスドミニ以外et tamen 、 sedでunus [ est ]主です。
  19. Quia, sicut singillatim unamquamque personam Deum ac Dominum confiteri christiana veritate compelimur: quia 、 sicut singillatim unamquamque対人deum交流dominum confiteriクリスティアナveritate compelimur :
  20. Ita tres Deos aut [tres] Dominos dicere catholica religione prohibemur.イタトレスdeos aut dicere [トレス]ドミノスcatholica religione prohibemur 。
  21. Pater a nullo est factus: nec creatus, nec genitus.ペイター、ヌッロest factus : creatus当社は、当社genitus 。
  22. Filius a Patre solo est: non factus, nec creatus, sed genitus. filius 、 patre 1名Est駅: factus以外は、当社creatus 、 sedでgenitus 。
  23. Spiritus Sanctus a Patre et Filio: non factus, nec creatus, nec genitus, sed procedens.酒精サンクトゥスするpatre et filio : factus以外は、 creatus当社は、当社genitus 、 sedでprocedens 。
  24. Unus ergo Pater, non tres Patres: unus Filius, non tres Filii: unus Spiritus Sanctus, non tres Spiritus Sancti.エルゴunusペイター、トレス以外patres : unus filius 、トレス以外filii : unus酒精サンクトゥス、トレス酒精以外sancti 。
  25. Et in hac Trinitate nihil prius aut posterius, nihil maius aut minus:プリウスは全くtrinitate hac et aut後は、全くマイナスmaius aut :
  26. Sed totae tres personae coaeternae sibi sunt et coaequales.トレスpersonaのセッドtotaeシビcoaeternae sunt et coaequales 。
  27. Ita, ut per omnia, sicut iam supra dictum est, et unitas in Trinitate, et Trinitas in unitate veneranda sit.イタ、愛はすべて当たりしかし、 sicut est iamスープラ金言、 et unitasでtrinitate 、 trinitasでunitate et veneranda座る。
  28. Qui vult ergo salvus esse, ita de Trinitate sentiat.エルゴのQui vult salvus実在して、イタデtrinitate sentiat 。

  29. Sed necessarium est ad aeternam salutem, ut incarnationem quoque Domini nostri Iesu Christi fideliter credat.広告aeternamセッドnecessarium est salutem 、 incarnationemだってそうだしかしドミニnostri iesuクリスティfideliter credat 。
  30. Est ergo fides recta ut credamus et confiteamur, quia Dominus noster Iesus Christus, Dei Filius, Deus [pariter] et homo est.しかしcredamus et estエルゴrectumの複数confiteamurを立証する物件は、主quia noster iesusクリストゥス、デイfilius 、ホモデウス[ pariter ] et est 。
  31. Deus [est] ex substantia Patris ante saecula genitus: et homo est ex substantia matris in saeculo natus.デウス[ est ]元substantia patrisアンティーsaecula genitus : etホモでsaeculo matris natus est substantia元。
  32. Perfectus Deus, perfectus homo: ex anima rationali et humana carne subsistens. perfectusデウス、 perfectusホモ:元アニマrationali et humanaカルネsubsistens 。
  33. Aequalis Patri secundum divinitatem: minor Patre secundum humanitatem.よって均等パトリdivinitatem :マイナーpatreよってhumanitatem 。
  34. Qui licet Deus sit et homo, non duo tamen, sed unus est Christus.デウスに違反して座るのQui etホモ、デュオ以外tamen 、 sedでunus estクリストゥス。
  35. Unus autem non conversione divinitatis in carnem, sed assumptione humanitatis in Deum. conversione divinitatis autem unus以外でcarnem 、 sedでassumptione humanitatisでdeum 。
  36. Unus omnino, non confusione substantiae, sed unitate personae. unus omnino 、非confusione substantiae 、 sedでunitate personaのです。
  37. Nam sicut anima rationalis et caro unus est homo: ita Deus et homo unus est Christus.ナムアニマsicut unus est rationalis etカロホモ:イタデウスホモunus et estクリストゥス。
  38. Qui passus est pro salute nostra: descendit ad inferos: tertia die resurrexit a mortuis.プロのQui est passus敬礼ノストラ: descendit広告inferos : tertia死ぬresurrexitするmortuis 。
  39. Ascendit ad [in] caelos, sedet ad dexteram [Dei] Patris [omnipotentis] . ascendit広告[中] caelos 、 sedet広告dexteram [デイ] patris [ omnipotentis ]
  40. Inde venturus [est] judicare vivos et mortuos.インディーventurus [ est ]生存者et mortuos法律関連の無料サービスです。
  41. Ad cujus adventum omnes homines resurgere habent cum corporibus suis;広告付きでcujus adventum omnes homines resurgere habent corporibus suis ;
  42. Et reddituri sunt de factis propriis rationem. reddituri suntデfactis et propriis rationem 。
  43. Et qui bona egerunt, ibunt in vitam aeternam: qui vero mala, in ignem aeternum.善意のQui et egerunt 、 ibuntでvitam aeternam :ベロのQuiマラ、 ignem aeternum 。
  44. Haec est fides catholica, quam nisi quisque fideliter firmiterque crediderit, salvus esse non poterit. catholicaを立証する物件haec est 、 quam quisque仮fideliter firmiterque crediderit 、 salvus以外poterit実在している。


    The Athanasian Creed, Quicunqueアタナシウス信条は、 quicunque

    Advanced Information 高度情報

    The Athanasian Creed is one of the three ecumenical creeds widely used in Western Christendom as a profession of the orthodox faith.アタナシウス信条のエキュメニカルの3つの信条は、広く使われて西欧キリスト教の信仰を職業には、正統派だ。 It is also referred to as the Symbolum Quicunque because the first words of the Latin text read, Quicunque vult salvus esse...("Whoever wishes to be saved...").それはsymbolum quicunqueとも呼ばれ、ラテン語の言葉のための最初のテキストを読んで、誰でも...("願いquicunque vult salvus実在して保存される...").

    According to tradition Athanasius, bishop of Alexandria in the fourth century, was the author of the creed.アタナシウスの伝統によると、第4世紀アレクサンドリアの司教は、作者の信条だった。 The oldest known instance of the use of this name is in the first canon of the Synod of Autun, ca.最古の既知のインスタンスは、この名前を使用するには、会議の最初のキヤノンのオータン、カリフォルニアです。 670, where it is called the "faith" of St. Athanasius. 670は、どこに呼ばれることは、 "信仰"聖アタナシウス。 Although doubts concerning the Athanasian authorship had been expressed in the sixteenth century, Gerhard Voss, a Dutch humanist, demonstrated the impossibility of reconciling the facts known about the creed with the age of Athanasius.にもかかわらず、アタナシウスに関する疑問を表明していた原作者は、 16世紀、ゲルハルトフォスは、オランダのヒューマニストは、不可能なことを示し、和解については、既知の事実を信条アタナシウスの年齢です。 He published his findings in 1642.彼は彼の日付は1642年の調査結果です。 Subsequent scholarship, both Catholic and Protestant, has confirmed the verdict of Voss.その後の奨学金は、両方のカトリックとプロテスタント、評決のヴォスが確認されたという。 Among other factors the Athanasian Creed is clearly a Latin symbol, whereas Athanasius himself wrote in Greek.アタナシウス信条は、他の要因のうち、ラテン語のシンボルを明確にするが、ギリシャ語アタナシウス自身が書いた。 Moreover, it omits all the theological terms dear to Athanasius such as homoousion, but it includes the filioque popular in the West.また、神学のすべての条件を省略して親愛なるhomoousionアタナシウスなどが、それには、西の方では人気のfilioque 。

    There have been many suggestions as to the identity of the actual author.これまでに多くのアドバイスとして、実際の作者の身元。 One of the more widely held theories is that the date of the creed was ca. 1つは、もっと広く行われたのは、日付の理論は、カリフォルニア州の信条です。 500, the place of composition a south Gaul location influenced by theologians of Lerins, and the special theological issues both Arianism and Nestorianism. 500は、その場所を組成する場所に左右される南アガウルlerins神学のは、特別な神学的な問題や、両方のアリウス主義とnestorianism 。 These conclusions disqualify Ambrose of Milan even though several eminent scholars point to him as author.このような結論を出すにもかかわらず、ミラノアンブローズ失格させるいくつかの著名な学者としての著者彼をポイントしています。 Caesarius of Arles perhaps comes closest to the above specifications.アルルのcaesariusたぶん、上記の仕様に近い位置に来る。 However, the question of authorship and origin remains open.しかし、この質問の作者と起源の遺跡を開いています。 The earliest copy of the text of the creed occurs in a sermon of Caesarius early in the sixth century.最古のテキストをコピーし、その信条が発生するような説教では、 6世紀の初めにcaesarius 。 Other manuscripts containing the creed have been dated in the latter part of the seventh and eighth centuries.クリードてきた原稿を含むその他の日付は、 7番目と8番目の後半世紀にもわたっている。 In these earliest mentions it appears that its functions were both liturgical and catechetical.これらの関数最古言及していたことの両方が表示されたら、問答式典礼。

    The creed was counted as one of the three classic creeds of Christianity by the time of the Reformation.信条の一つとして数えられるのは、 3つの古典的信条は、キリスト教の刷新された時間です。 Both Lutheran and Reformed confessional statements recognize the authoritative character of the Quicunque (with the exception of the Westminster Confession, which accords it no formal recognition).ルター派と改革派の両方を告白ステートメントは、文字を認識する権威quicunque (ウェストミンスター信仰告白を除いては、合意することを正式に認めていない) 。 However, the contemporary liturgical use of the creed is largely confined to the Roman and Anglican communions.しかし、現代の典礼の信条は、主に使用し、ローマやアングリカンcommunionsに限局している。

    Structurally the creed is composed of forty carefully modeled clauses or verses, each containing a distinct proposition.信条は、構造的には40人で構成さ条項または慎重に印をモデルには、それぞれ別個の命題が含まれています。 These clauses are divided into two clearly demarcated sections.これらの条項は、明確に区切られた2つのセクションに分かれています。 The first centers on the doctrine of God as Trinity.最初のセンターとしては、神の教義トリニティ。 The precise formulation of the doctrine is designed on the one hand to exclude unorthodox viewpoints, and on the other hand to express the insights explicit in the church under the influence of Augustine's teaching.正確な定式化の教義は、片方の手で設計された変則的な視点から除外する、として、他の明示的な洞察力を手に表現するのは、教会の教えアウグスティヌスの影響下にある。 Consequently this part of the creed expresses what the church felt to be the necessary understanding of God, the holy Trinity, calling it the fides catholica.したがって、この部分は、どのような言葉で表現し、教会の信条に、必要な理解を感じた神は、三位一体のは、そのことを立証する物件catholica呼び出しています。 The paradox of the unity and the Trinity of God is affirmed in the face of modalism, which attempted to solve the paradox by insisting on the unity while reducing the Trinity to mere successive appearances, and the Arians, who tried to resolve the difficulty by rejecting a unity of essence by dividing the divine substance.このパラドックスの団結とは、神の三位一体アファームドmodalismに直面し、これを解決しようとしたのパラドックスを主張して団結を減らしながら、単なるトリニティ連続出演しており、 arians 、困難を解決しようとした人を却下する本質的に団結し、神の物質を分離している。

    The second section of the Athanasian Creed expresses the church's faith in the incarnation by affirming the doctrinal conclusions reached in controversies regarding the divinity and the humanity of Jesus. 2番目のセクションでは、教会の信仰を表現してアタナシウス信条の権化では肯定の教義上の論争についての結論に達したと人類の神性イエスです。 The creed does not hesitate again to affirm a doctrine which in human experience is paradoxical, that in the incarnation there was a union of two distinctly different natures, the divine and the human, each complete in itself, without either losing its identity.その信条はないと断言する教義をためらう再び人間の経験では、逆説的には、顕現があったことは、明らかに違う性質の2つの労働組合は、神と人間の、それぞれ完全にそれ自体が、これにどちらかのアイデンティティを失いつつある。 Yet the result of this union is a single person.だが、この結果、労働組合は、たった一人です。 The creed thus repudiates the teachings that Christ had but one nature (Sabellianism), or that the human nature was incomplete (Apollinarianism), or that the divine nature was inferior to that of the Father (Arianism), or that in the union of the two natures the identity of one was lost so that the result was simply one nature (Eutychianism).したがって、信条repudiatesキリストの教えにしていたしかし、 1つの性質(サベリウス主義) 、またはして、人間の本性は不完全( apollinarianism ) 、またはその下にして、神の性質は、父親(アリウス主義) 、またはしては、労働組合は、 2つの性質の1つのアイデンティティが失われましたので、その結果は、単に1つの性質( eutychianism ) 。

    It has been said that no other official statement of the early church sets forth, so incisively and with such clarity, the profound theology that is implicit in the basic scriptural affirmation that "God was in Christ reconciling the world to himself."それによると、されていない他の教会の公式声明は、初めに送付ので、そのような明快incisivelyとして、それが暗黙の深遠な神学は、基本的な聖書を肯定して"神は、キリストの和解の世界を自分自身です。 " The somewhat technical case of its phraseology notwithstanding, the concern of the Athanasian Creed is to assert a conception of the Triune God which is free from anthropomorphic polytheism and a conception of the incarnation which holds in tension the vital data concerning Christ's humanity and divinity.その例はやや技術的な言い方にもかかわらず、その懸念は、アタナシウス信条を主張するのは、三位一体の神の概念から自由擬人化構想は、多神教の権化と緊張感を保持し、人類の生命とキリストの神性に関するデータ。 It is this doctrinal perspective which lends significance to the clauses at the beginning and end of the two parts of the creed ("whoever wishes to be saved must think thus" about the Trinity and the incarnation).この教義上の観点を貸すことは、非常に重要な条項の最初と最後の部分には、 2つの信条( "誰にも保存を希望してこのようにしなければと思う"との権化については、トリニティ) 。 They do not mean that a believer must understand all theological details to be saved or that he must memorize the language of the creed.していないということで、信者の詳細を理解しなければならないのすべての神学的に保存されず、その言語では、彼の信条を暗記する必要があります。 What is intended is the fact that the Christian faith is distinctly Christocentric, trusting in Christ as Savior.という事実には、どのような意図は、キリスト教の信仰は、はっきりとキリスト中心は、キリストを救い主と信じて疑わない。 The church knows no other way of salvation and therefore must reject all teachings which deny his true deity or his real incarnation.他に方法はない、教会の救いと知っている必要がありますすべて拒否したがって彼の真の神の教えを否定するか自分の本当の権化。

    The creed does not specify the authority, either the Bible or church, upon which it makes its affirmations.権威の信条に指定されていない、またはどちらか聖書教会は、それにより、 affirmationsています。 However, it is a scriptural creed because it uses the ideas and sometimes the words of Scripture.しかし、それは聖書では、アイデアや信条ので、ときどき啓典の言葉です。 It is a church creed because it is a consensus within the Christian fellowship.これは、教会の信条があるので、クリスチャンフェローシップ内のコンセンサスだ。 The Athanasian Creed remains a superb compendium of Trinitarian and Christological theology and offers itself as a ready outline for catechetical purposes in keeping with its original intent.アタナシウス信条の遺跡や三位一体説を信奉する極上の大要を提供しchristological神学自体の輪郭のための準備として、目的のために問答式の本来の意図に沿っています。

    JF Johnson jfジョンソン
    (Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

    Bibliography 文献情報
    JND Kelly, The Athanasian Creed; D. Waterland, A Critical History of the Athanasian Creed; CA Swainson, The Nicene and Apostles' Creeds. jndケリー氏は、アタナシウス信条; d.ウォーターランドは、重大な歴史のアタナシウス信条; swainsonのCAは、ニカイアと使徒信条です。


    The Athanasian Creedそのアタナシウス信条

    Catholic Information カトリック情報

    One of the symbols of the Faith approved by the Church and given a place in her liturgy, is a short, clear exposition of the doctrines of the Trinity and the Incarnation, with a passing reference to several other dogmas.シンボルの1つは、教会の信仰を承認されると、指定した場所には彼女の典礼は、短いが、明確な博覧会は、教説の権化のトリニティとは、リファレンスを通過して、他のいくつかの教義です。 Unlike most of the other creeds, or symbols, it deals almost exclusively with these two fundamental truths, which it states and restates in terse and varied forms so as to bring out unmistakably the trinity of the Persons of God, and the twofold nature in the one Divine Person of Jesus Christ.他の大部分の信条とは異なり、または記号は、ほぼ全面的に取引してこれらの2つの基本的な真理は、それとrestatesで簡潔な状態となるように、さまざまな形を引き出すトリニティは、紛れもなく、神の名は、二重の性質とは、イエスキリストの神の一人だ。 At various points the author calls attention to the penalty incurred by those who refuse to accept any of the articles therein set down.様々な点で、作者のコールに注意を被ったペナルティを受け入れることを拒否された人たちのいずれかの記事をそこにセットダウンしています。 The following is the Marquess of Bute's English translation of the text of the Creed:ビュート侯爵のは、以下の通りの英語への翻訳は、テキストの信条:

    Whosoever will be saved, before all things it is necessary that he hold the Catholic Faith.誰でも保存される前に、すべてのことを行うことが必要であると彼は、カトリックの信仰です。 Which Faith except everyone do keep whole and undefiled, without doubt he shall perish everlastingly.全体を信仰しておくことを除いてみんなundefiled 、彼は、疑いもなく消滅するeverlastingly 。 And the Catholic Faith is this, that we worship one God in Trinity and Trinity in Unity.カトリックの信仰とは、これは、 1つの神を崇拝することで、トリニティトリニティと団結した。 Neither confounding the Persons, nor dividing the Substance.交絡の人にも、またその物質に分けています。 For there is one Person of the Father, another of the Son, and another of the Holy Ghost.一人の人間のためには、父は、別の息子、そしてもう一つは、聖霊のです。 But the Godhead of the Father, of the Son and of the Holy Ghost is all One, the Glory Equal, the Majesty Co-Eternal.しかし、神は、父親は、息子とは、すべて1つの聖霊は、対等の栄光は、永遠の共同陛下。 Such as the Father is, such is the Son, and such is the Holy Ghost.など、父親は、息子がこのような、などは、聖霊のです。 The Father Uncreate, the Son Uncreate, and the Holy Ghost Uncreate.抹殺の父親は、息子の抹殺し、聖霊の抹殺。 The Father Incomprehensible, the Son Incomprehensible, and the Holy Ghost Incomprehensible.理解できないの父親は、息子の不可解な、理解できないと聖霊のです。 The Father Eternal, the Son Eternal, and the Holy Ghost Etneral and yet they are not Three Eternals but One Eternal.永遠の父親は、息子の永遠の、そして聖霊の3つのetneralされていないにもかかわらずeternalsしかし、永遠の1つです。 As also there are not Three Uncreated, nor Three Incomprehensibles, but One Uncreated, and One Uncomprehensible.まだ創造されていない3つのイベントがないとしても、 3つのincomprehensiblesも、 1つでもまだ創造されていない、と1つのuncomprehensible 。 So likewise the Father is Almighty, the Son Almighty, and the Holy Ghost Almighty.だから同様に、全能の父は、息子オールマイティ、オールマイティと聖霊のです。 And yet they are not Three Almighties but One Almighty. almightiesされていないにもかかわらず、 1つ以外の3つのオールマイティ。

    So the Father is God, the Son is God, and the Holy Ghost is God.だから、父は、神は、神の息子は、神とは聖霊のです。 And yet they are not Three Gods, but One God.だがかれらの神々との3つではないが、神の1つです。 So likewise the Father is Lord, the Son Lord, and the Holy Ghost Lord.だから同様に、主の父は、息子の主は、主と聖霊のです。 And yet not Three Lords but One Lord.まだないとの3つの主な貴族を1枚だけ残しています。 For, like as we are compelled by the Christian verity to acknowledge every Person by Himself to be God and Lord, so are we forbidden by the Catholic Religion to say, there be Three Gods or Three Lords.ためには、強制されるように我々はすべての人をキリスト教の真実性を認めると自分自身を神の主は、これは、我々の宗教で禁止されてカトリックと言って、そこに3つまたは3つの貴族の神々です。 The Father is made of none, neither created, nor begotten.父親は前にはなし、どちらも作成し、また生まれた。 The Son is of the Father alone; not made, nor created, but begotten.息子は、父親の一人;ていない前に、また作成したが、生まれた。 The Holy Ghost is of the Father, and of the Son neither made, nor created, nor begotten, but proceeding.聖霊は、父と息子の前にも、また作成されると、またひとり子が、進んでいる。

    So there is One Father, not Three Fathers; one Son, not Three Sons; One Holy Ghost, not Three Holy Ghosts.というわけで、父親の1つではなく、 3つの祖先;自分の息子ではなく、 3人の息子;聖霊の1つではなく、 3つの神聖な幽霊です。 And in this Trinity none is afore or after Other, None is greater or less than Another, but the whole Three Persons are Co-eternal together, and Co-equal.そして、このトリニティなしまたは後には、他の船首には、別未満またはなしは大きいが、全体の3人が共同で永遠を合わせ、共同等しい。 So that in all things, as is aforesaid, the Unity is Trinity, and the Trinity is Unity is to be worshipped.だからして、すべてのものは、前述のように、トリニティの結束は、トリニティは、団結とは、崇拝される。 He therefore that will be saved, must thus think of the Trinity.したがって彼は救われることは、このようにしなければと思うのトリニティ。

    Furthermore, it is necessary to everlasting Salvation, that he also believe rightly the Incarnation of our Lord Jesus Christ.また、永遠の救いに必要なことは、当然のことと思われる彼はまた、わたしたちの主イエスキリストの権化。 For the right Faith is, that we believe and confess, that our Lord Jesus Christ, the Son of God, is God and Man.信仰のためには、右には、我々を信じると告白して、わたしたちの主イエスキリストが、神の御子は、神と人間がいる。

    God, of the substance of the Father, begotten before the worlds; and Man, of the substance of His mother, born into the world.神は、その物質の父、子を生まれる前の世界;と男は、その物質の母親は、その世界に生まれる。 Perfect God and Perfect Man, of a reasonable Soul and human Flesh subsisting.完璧な神様と完璧な男で、合理的な魂と人間の肉の自給。 Equal to the Father as touching His Godhead, and inferior to the Father as touching His Manhood.父親としての彼に等しい神性に触れて、より劣っていると、父親としての彼の男らしさに触れている。 Who, although He be God and Man, yet He is not two, but One Christ.人は、彼が神と人間にもかかわらず、まだ彼は二人ではないが、キリストの1つです。 One, not by conversion of the Godhead into Flesh, but by taking of the Manhood into God. 1つは、コンバージョンのではなく、神への肉ではなく、男らしさを神に服用します。 One altogether, not by confusion of substance, but by Unity of Person. 1つの完全には、混乱のない物質によってではなく、人によって団結しています。 For as the reasonable soul and flesh is one Man, so God and Man is one Christ.肉用としては、合理的な一人の人間の魂とは、神と人間は1つのキリストのようだ。 Who suffered for our salvation, descended into Hell, rose again the third day from the dead.被害者救済のために私たちは、地獄の子孫には、 3日目から再び上昇死んだ。 He ascended into Heaven, He sitteth on the right hand of the Father, God Almighty, from whence he shall come to judge the quick and the dead.彼は天に昇って、彼は、右手のsittethの父、全能の神は、彼は来るでwhenceから、生者と死者を判断する。 At whose coming all men shall rise again with their bodies, and shall give account for their own works.来る者は、すべての男性には再び上昇して自分の体には、アカウントを与えるとは、自分の作品です。 And they that have done good shall go into life everlasting, and they that have done evil into everlasting fire.かれらは永遠の生命に入ること良いものは、かれらが悪を永遠の火を完了します。 This is the Catholic Faith, which except a man believe faithfully and firmly, he cannot be saved.これは、カトリックの信仰は、これを誠実に信じて、しっかりと一人の男を除いて、彼は保存されません。

    For the past two hundred years the authorship of this summary of Catholic Faith and the time of its appearance have furnished an interesting problem to ecclesiastical antiquarians.は、過去200年間で、この原作者のカトリック信仰の概要と、その外観は、時間の問題に教会の中長期antiquarians興味深いです。 Until the seventeenth century, the "Quicunque vult", as it is sometimes called, from its opening words, was thought to be the composition of the great Archbishop of Alexandria whose name it bears. 17世紀までは、 " quicunque vult "は、ときどきと呼ばれることが、その開会の言葉からは、考えられていたのは、偉大な組成アレクサンドリアの大司教の名前がクマ。 In the year 1644, Gerard Voss, in his "De Tribus Symbolis", gave weighty probability to the opinion that St. Athanasius was not its author.は、 1644年には、ジェラールヴォスは、彼の"デtribus symbolis "は、確率を与えた重大ではないという意見を聖アタナシウスの作者です。 His reasons may be reduced to the two following:彼の減額の理由かもしれないが、次の2つ:

    firstly, no early writer of authority speaks of it as the work of this doctor; andまず第一に、権限のない早期の作家としての仕事をすることが喋るのこの医師;と

    secondly, its language and structure point to a Western, rather than to an Alexandrian, origin.第二に、その言語や構造をポイントして、西洋ではなく、アレクサンドリアには、起源です。

    Most modern scholars agree in admitting the strength of these reasons, and hence this view is the one generally received today.最も近代的に認めることに同意する学者の強さ、これらの理由により、このビューとは、 1つの通常したがって今日受け取った。 Whether the Creed can be ascribed to St. Athanasius or not, and most probably it cannot, it undoubtedly owes it existence to Athanasian influences, for the expressions and doctrinal colouring exhibit too marked a correspondence, in subject-matter and in phraseology, with the literature of the latter half of the fourth century and especially with the writings of the saint, to be merely accidental.生得的にできるかどうか、聖アタナシウス信条となかろうと、おそらくほとんどのことができないと、それは間違いないの存在を払うべきアタナシウスに影響を及ぼすことは、表現とは、あまりにも展示colouring教義上の通信マークは、言い方を主題とし、その文学賞の第4世紀後半、特に記述して、サンは、偶然に過ぎない。 These internal evidences seem to justify the conclusion that it grew out of several provincial synods, chiefly that of Alexandria, held about the year 361, and presided over by St. Athanasius.これらの内部の証拠を正当化するような結論を出すことを、いくつかの地方synods増加は、主にしてアレクサンドリアのは、その年に行われた約361 、聖アタナシウスが主宰したとします。 It should be said, however, that these arguments have failed to shake the conviction of some Catholic authors, who refuse to give it an earlier origin than the fifth century.それによるとしなければならない、しかし、これらの引数に失敗して有罪判決を震撼させるいくつかのカトリック教徒の作者は、人を与えることを拒否するよりも、 5世紀以前の起源です。

    An elaborate attempt was made in England, in 1871, by EC Ffoulkes to assign the Creed to the ninth century.精巧な試みが行われていたイングランドは、 1871 、 ECのffoulkesを割り当てることによって、 9世紀の信条にしています。 From a passing remark in a letter written by Alcuin he constructed the following remarkable piece of fiction.通りすがりの発言から書かれた手紙の中で、次の驚くべき建設alcuin彼の作品フィクションです。 The Emperor Charlemagne, he says, wished to consolidate the Western Empire by a religious, as well as a political, separation from the East.天皇シャルルマーニュは、彼によれば、西洋の帝国を取り入れたいと統合された宗教的、政治的なだけでなく、東から分離します。 To this end he suppressed the Nicene Creed, dear to the Oriental Church, and substituted a formulary composed by Paulinus of Aquileia, with whose approval and that of Alcuin, a distinguished scholar of the time, he ensured its ready acceptance by the people, by affixing to it the name of St. Athanasius.このため、彼は抑圧さニカイア信条は、教会の親愛なるオリエンタルには、構成された処方と置換するaquileiaパウリヌスのは、そのことを承認alcuinとは、ある著名な学者の時間は、彼はその準備ができて確保された人々の受入れ、名前を付けること聖アタナシウス。 This gratuitous attack upon the reputation of men whom every worthy historian regards as incapable of such a fraud, added to the undoubted proofs of the Creed's having been in use long before the ninth century, leaves this theory without any foundation.このいわれのない攻撃するという評判があるごとに値する人びとは、このような無能史家として詐欺に関しては、紛れもない証拠を追加して、クリードの前に長い間使用し続けてきたが、 9世紀には、葉もなく、この理論の基礎です。

    Who, then, is the author?人は、その後、その作者は? The results of recent inquiry make it highly probable that the Creed first saw the light in the fourth century, during the life of the great Eastern patriarch, or shortly after his death.最近の調査の結果を予想することは、非常に光の信条を最初に見たのは、第4世紀には、人生の中には、偉大な東部の族長、あるいは彼の死の直後です。 It has been attributed by different writers variously to St. Hilary, to St. Vincent of Lérins, to Eusebius of Vercelli, to Vigilius, and to others.作家によって異なることが原因のヒラリー聖多岐には、セントビンセントのlérinsには、ヴェルチェッリをユーセビアスのは、 vigiliusには、他人としています。 It is not easy to avoid the force of the objections to all of these views, however, as they were men of world-wide reputation, and hence any document, especially one of such importance as a profession of faith, coming from them would have met with almost immediate recognition.容易ではないことを避けるためには、異議申し立てを行う力は、これらすべての見解は、しかし、彼らは人間としての世界的な名声を、任意の文書やしたがって、特に重要なの一つとして、このような信仰告白は、かれらが来るからほとんどの即時認識会っている。 Now, no allusions to the authorship of the Creed, and few even to its existence, are to be found in the literature of the Church for over two hundred years after their time.さて、原作者のないallusionsを信条としてその存在さえ数は、発見されるのは、文学には、 200年後の教会のために自分の時間をオーバー。 We have referred to a like silence in proof of non-Athanasian authorship.私たちは沈黙のように言及し、非アタナシウス原作者の証明だ。 It seems to be similarly available in the case of any of the great names mentioned above.同様に利用できると思われる例では、上記のいずれかの偉大な名前です。 In the opinion of Father Sidney Smith, SJ, which the evidence just indicated renders plausible, the author of this Creed must have been some obscure bishop or theologian whose composed it, in the first instance, for purely local use in some provincial diocese.スミス氏は、シドニーの父親の意見は、スバールバルヤンマイエン、これだけの証拠を示す説得力のレンダリングは、作者である必要がありますが、この信条またはいくつかの無名の司教神学者で構成することは、第一審では、純粋にローカルで使用するためのいくつかの地方の監督管区。 Not coming from an author of wide reputation, it would have attracted little attention.広来ていないから、作者の評判、それはほとんど注目が集まりました。 As it became better known, it would have been more widely adopted, and the compactness and lucidity of its statements would have contributed to make it highly prized wherever it was known.よく知られるようになったこと、それはもっと広く採用されており、その簡潔さと分かりやすさに貢献して発言することは、非常に価値のあることが知られてどこです。 Then would follow speculation as to its author, and what wonder, if, from the subject-matter of the Creed, which occupied the great Athanasius so much, his name was first affixed to it and, unchallenged, remained.次にその作者には、下記の憶測としては、どのような不思議とは、もし、その主題からは、信条、アタナシウスそんなに偉大さが占領して、彼の名前が最初に貼付して、比類のない、残っている。

    The "damnatory", or "minatory clauses", are the pronouncements contained in the symbol, of the penalties which follow the rejection of what is there proposed for our belief. "呪われた" 、または"脅迫的な条項"は、この発表に含まれるシンボルは、罰則が、そこに何があるの拒絶反応に従うための我々の信念を提案しています。 It opens with one of them: "Whosoever will be saved, before all things it is necessary that he hold the Catholic Faith".それをオープンして一人: "誰でも保存される前に、すべてのことを行うことが必要であると彼は、カトリックの信仰" 。 The same is expressed in the verses beginning: "Furthermore, it is necessary" etc., and "For the right Faith is" etc., and finally in the concluding verse: "This is the Catholic Faith, which except a man believe faithfully and firmly, he cannot be saved".印を表明したのは、同じ先頭: "しかも、それが必要だ"などと"信仰のためには正しい"等、そして最後には、結びの詩: "これは、カトリックの信仰は、これを誠実に信じて一人の男を除いてしっかりと、彼を保存することはできません" 。 Just as the Creed states in a very plain and precise way what the Catholic Faith is concerning the important doctrines of the Trinity and the Incarnation, so it asserts with equal plainness and precision what will happen to those who do not faithfully and steadfastly believe in these revealed truths.ちょうどその信条の状態で、非常に単純かつ正確にはどのような方法では、カトリック教徒の信仰に関する重要な教説の権化とトリニティので、質素に等しいと主張して何が起こるかを精密に忠実にしていない人たちを信じて断固としてこれら真実を明らかにした。 They are but the credal equivalent of Our Lord's words: "He that believeth not shall be condemned", and apply, as is evident, only to the culpable and wilful rejection of Christ's words and teachings.しかし、彼らは私たちの主の言葉と同等credal : "彼を信じていないと非難されるもの"とし、適用は、明らかには、拒絶反応だけを故意の過失やキリストの言葉を教えています。 The absolute necessity of accepting the revealed word of God, under the stern penalties here threatened, is so intolerable to a powerful class in the Anglican church, that frequent attempts have been made to eliminate the Creed from the public services of that Church.絶対的な必要性を受け入れることを明らかにし、神のみことばは、厳しい罰則のもとで、ここに脅かされ、強力なクラスにはとても耐えられないの聖公会では、頻繁な試みが行われましたが、信条を排除することから、公共サービスの教会です。 The Upper House of Convocation of Canterbury has already affirmed that these clauses, in their prima facie meaning, go beyond what is warranted by Holy Scripture.参議院会議招集のカンタベリーこれらの条項は、すでに断言し、彼らの一応の意味では、何が保証される乗り過ごし教典。 In view of the words of Our Lord quoted above, there should be nothing startling in the statement of our duty to believe what we know is the testimony and teaching of Christ, nor in the serious sin we commit in wilfully refusing to accept it, nor, finally, in the punishments that will be inflicted on those who culpably persist in their sin.を考慮して上記の言葉を引用符でわたしたちの主は、何も驚くべきものがある必要があり、我々の義務の声明を知っている我々は、どのような証言を信じるとキリストの教え、また私たちは、重大な罪を犯すことにwilfully受け入れを拒否しても、は、最終的には、処罰されるの人たちを招いたculpably彼らの罪に固執しています。 It is just this last that the damnatory clauses proclaim.それはちょうど、この最後の破滅的な条項を宣言しています。 From a dogmatic standpoint, the merely historical question of the authorship of the Creed, or of the time it made its appearance, is of secondary consideration.独断的な見地からすると、単に歴史的な質問には、原作者の信条、あるいはその前に出現することは、時間は、第二次は、考察。 The fact alone that it is approved by the Church as expressing its mind on the fundament truths with which it deals, is all we need to know.その事実だけで承認されることは、教会の心は、その基盤としての真理を表現して取引をすることは、我々はすべてを知っている必要があります。

    Publication information Written by James J. Sullivan.ジェームズJ.サリバンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by David Joyce.デビッドジョイス転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

    Bibliography文献情報

    JONES, The Creed of St. Athanasius; JEWEL, Defence of the Apology (London, 1567); in Works (Cambridge, 1848), III, 254; VOSSIUS, Dissertationes de Tribus symbolis (Paris, 1693); QUESNEL, De Symbolo Athanasiano (1675); MONTFAUCON, Diatribe in symbolum Quicunque in PG XXVIII, 1567, MURATORI, Expositio Fidei Catholicae Fortunati with Disquisitio in Anecdota (Milan, 1698), II; WATERLAND, A Critical History of the Athanasian Creed (Cambridge, 1724; Oxford, 1870); HARVEY, The History and Theology of the Three Creeds (London, 1854), II; FFOULKES, The Athanasian Creed (London, 1871); LUMBY, The History of the Creeds (Cambridge, 1887); SWAINSON, The Nicene Creed and the Apostles' Creed (London, 1875); OMMANNEY, The Athanasian Creed (London, 1875); IDEM, A Critical Dissertation on the Athanasian Creed (Oxford, 1897); BURN, The Athanasian Creed, etc., in ROBINSON, Texts and Studies (Cambridge, 1896); SMITH, The Athanasian Creed in The Month (1904), CIV, 366; SCHAFF, History of the Christian Church (New York, 1903), III; IDEM, The Creeds of Christendom (New York, 1884), I, 34; TIXERONT, in Dict.ジョーンズは、聖アタナシウス信条;宝石、国防の謝罪(ロンドン、 1567 ) ;で動作する(ケンブリッジ、 1848 ) 、 3 、 254 ; vossius 、 dissertationesデtribus symbolis (パリ、 1693年) ;ケネル、デsymbolo athanasiano ( 1675 ) ;モンフォコン、パプアニューギニアで罵倒さsymbolum quicunque 28 、 1567 、ムラトーリ、信仰のexpositio anecdoteの複数catholicae fortunatiにしてdisquisitio (ミラノ、 1698 ) 、 2世;ウォーターランドは、重大な歴史のアタナシウス信条(ケンブリッジ、 1724 ;オックスフォード、 1870 ) ;ハーヴェイは、歴史や神学の3つの信条(ロンドン、 1854 ) 、 2世; ffoulkes 、アタナシウス信条(ロンドン、 1871 ) ; lumby 、その信条の歴史(ケンブリッジ、 1887 ) ; swainson 、ニカイア信条そして、使徒信条(ロンドン、 1875 ) ;オマニーは、アタナシウス信条(ロンドン、 1875 ) ;同文献は、批判的な論文は、アタナシウス信条(オックスフォード、 1897 ) ;熱傷は、アタナシウス信条など、ロビンソンは、テキストとタイプ(ケンブリッジ、 1896 ) ;スミスは、アタナシウス信条は、 1カ月( 1904年) 、 civ 、 366 ;シャフは、キリスト教の教会史(ニューヨーク、 1903 ) 、 3世;同著者は、キリスト教の信条の(ニューヨーク、 1884 ) 、私は、 34 ; tixeront 、辞書です。 de theol.デtheol 。 cath.; LOOFS, in HAUCK, Realencyklopadie fur prot.カテーテル法です。 ;ローフス、ハウクは、毛皮realencyklopadie prot 。 Theol., sv See also the recent discussion by Anglican writers: WELLDON, CROUCH, ELIOT, LUCKOCK, in the Nineteenth Century (1904-06). theol 。 、 sv 、最近の議論でも参照してくださいアングリカン作家: welldon 、クラウチ、エリオット、 luckock 、 19世紀には、 ( 1904年から1906年) 。


    Also, see:また、参照してください:
    Athanasius アタナシウス
    Creed 信条
    Nicene Creed ニカイア信条
    Apostles' Creed 使徒信条


    This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


    Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

    The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです