Baptism of Christキリストの洗礼

Advanced Information 高度情報

Christ had to be formally inaugurated into the public discharge of his offices.キリストを正式に発足させるには、公共放電彼の事務所です。 For this purpose he came to John, who was the representative of the law and the prophets, that by him he might be introduced into his offices, and thus be publicly recognized as the Messiah of whose coming the prophecies and types had for many ages borne witness.彼は、この目的のために来たのジョン氏は、同法と預言者の代表者は、彼のことを彼は自分のオフィスで導入されるかもしれない、しかし、そのことが公に認められて来るのが、救世主の予言とは、多くの種類の年齢層の負担証人です。

John refused at first to confer his baptism on Christ, for he understood not what he had to do with the "baptism of repentance."ジョン断った上で、キリストの洗礼を最初にお伺い彼は、彼は理解していないためには何をしていた"と後悔の洗礼"と述べた。 But Christ said, "'Suffer it to be so now,' NOW as suited to my state of humiliation, my state as a substitute in the room of sinners."しかし、キリストによると、 " 'だから今すぐに苦しむことには、 '今の状態として屈辱に適している私は、私の状態での朝食の代用として、罪人です。 " His reception of baptism was not necessary on his own account.彼の洗礼レセプションでは、自分のアカウントにする必要はありません。 It was a voluntary act, the same as his act of becoming incarnate.それは自発的な行動は、彼の行為と同じになるの化身。

Yet if the work he had engaged to accomplish was to be completed, then it became him to take on him the likeness of a sinner, and to fulfil all righteousness (Matt. 3:15).だがもし彼がその仕事に従事して達成されるが完了すると、その後を引き継ぐことになった彼は、彼の肖像罪人は、すべての正義と約束して( matt. 3時15分) 。 The official duty of Christ and the sinless person of Christ are to be distinguished.キリストの公務sinlessとされるキリストの著名人です。

It was in his official capacity that he submitted to baptism.それは彼の能力の関係者に提出して彼の洗礼。 In coming to John our Lord virtually said, "Though sinless, and without any personal taint, yet in my public or official capacity as the Sent of God, I stand in the room of many, and bring with me the sin of the world, for which I am the propitiation."ジョンに来て、事実上、わたしたちの主は、 " sinlessかかわらず、個人的な汚点ともなく、まだ私の公共または公的な立場として送られる神は、私の多くのスタンドでの朝食は、持って行くべきでは、世界の罪は、私は、これをなだめています。 " Christ was not made under the law on his own account.キリストの前には法の下ではなかったし、自分のアカウントです。 It was as surety of his people, a position which he spontaneously assumed.それは彼の保証人として、彼は自発的に想定する立場だ。 The administration of the rite of baptism was also a symbol of the baptism of suffering before him in this official capacity (Luke 12:50).政権の洗礼式のシンボルでもある彼の目の前で苦しみの洗礼この公式容量(ルカ12:50 ) 。 In thus presenting himself he in effect dedicated or consecrated himself to the work of fulfilling all righteousness.こうして彼は、自分自身で効果を提示または聖体拝領専用の充実した仕事をして自分自身のすべての正義です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Baptism of Jesusイエスキリストの洗礼

Advanced Information 高度情報

The baptism of Jesus at the hands of John the Baptist is recounted in some detail in Matthew (3:13-17), told more briefly in Mark (1:9-11), only mentioned in Luke (3:21-22), and unrecorded though probably presumed in John (1:29-34).イエスキリストの洗礼は、洗礼者ヨハネの手には、いくつかの細部にrecountedマシュー( 3:13-17 )は、より簡潔に言ったマーク( 1:9-11 ) 、ルカによる福音書のみを記載( 3:21-22 )は、記録されていないと推定さにかかわらず、おそらくジョン( 1:29-34 ) 。 In all four accounts the anointing of Jesus with the Spirit and the declaration of his sonship are directly linked to the baptism. 4つのアカウントですべてのanointingイエスの精神と宣言して彼の息子であることは、洗礼に直結しています。

Mark and Luke tell us only that Jesus was baptized in the Jordan by John, but Matthew adds that John the Baptist was hesitant and felt unworthy.マークとルークだけ聞かせくださいイエスがバプテスマを受け、ヨルダンには、ジョンが、ジョンマシュー追加して、ためらっていたバプテスト値しないと感じています。 Jesus, however, urges compliance with the call of God to "fulfill all righteousness."イエスは、しかし、その遵守を求めて神を呼ぶ"すべての正義を果たす"と述べた。 Mark suggests that Jesus was baptized during the ministry of John to all the people, while the structure of the text in Luke indicates that the baptism of Jesus by John was the culmination ("after all the people had been baptized, then Jesus also was baptized") of John's ministry.マークを示唆してイエスがバプテスマを受けジョン部の中のすべての人々には、構造体の中には、テキストでルークされたことを示しますバプテスマのヨハネは、イエスキリストの南中( "の後、バプテスマを受けていたすべての人々に、それからまた、イエスは、バプテスマを受け" )のジョンの部です。 The Fourth Evangelist says only that John saw Jesus coming to him and then there follow certain Christological declarations by John.ヨハネ福音伝道家によれば、第4のみして、それから彼を見に来て、イエスに従うchristological宣言された特定のジョンです。

The fundamental feature of all the narratives is that on the occasion of his baptism Jesus is anointed with the Spirit (Matt. 3:16; Mark 1:10; Luke 3:22; John 1:32).基本的な機能のすべての体験談は、彼の席上では、イエスキリストの洗礼を聖なる御霊( matt. 3 : 16 ;マーク1 : 10 ;ルーク3 : 22 ;ジョン1時32分) 。 It is this anointing with the Spirit that inaugurates the ministry of Jesus which is characterized in the Synoptic Gospels by the power of the Spirit of the new age (Matt. 12:18, 28; Luke 4:18; 11:20; cf. Acts 10:38).それは、この精神をanointingことinaugurates部の特徴は、共観福音書はイエスgospelsの力によって、新しい時代の精神( matt. 12:18 、 28 ;ルーク4 : 18 ; 11:20 ; cf 。行為10:38 ) 。

The anointing by the Spirit is the initial act of fulfillment (Luke 4:18, citing Isa. 61:1-2) which characterizes the whole story of Jesus and the subsequent story of the early church. anointingされたのは、初期の精神を履行行為( 4時18分ルークは、理由のISA 。 61:1-2 )イエスキリストの物語全体を特徴づけると、その後のストーリーは、初期の教会です。 This fulfillment motif is seen at two points.充足感をモチーフには、この2つのポイントで見られる。 First, in all three of the Synoptic Gospels the temptation experience in the desert immediately follows the anointing of the Spirit; indeed Jesus is led by the Spirit (Mark: driven by the Spirit; Luke: led in the Spirit) into the desert.第一に、総観では、 3つのすべての誘惑gospels砂漠で経験したことをすぐには、以下の通り、精神anointing ;実際には、イエスキリストの精神を率いる(マーク:駆動されるスピリット;ルーク:主導の精神)を砂漠。 In a paradigmatic narrative the Spirit of the new age is confronted by the spirit who dominates the present.語形変化の物語では、新しい時代の精神の精神を見せつけられる人は、現在の優位を占めています。 Jesus' conquest in the desert becomes the pattern for the rest of the Gospels as they report the power of Jesus to heal the sick and cast out demons.イエスの征服は、砂漠になるためのパターンは、報告書の残りの部分gospelsとして彼らの力をイエスと病人を治す悪魔アウトキャスト。 The presence of the Spirit of the new age raises the specter of the "unpardonable sin" against the Spirit, namely the sin of ascribing to the power of this age the healing work of the Holy Spirit (Matt. 12:31; Mark 3:28; Luke 12:10).その存在は、新しい時代の精神をもたらします。スペクターは、 "許し難い罪"の精神に反対する、すなわち、罪のascribingこの時代に、癒しの力を聖霊の働き( matt. 12:31 ;マーク3 : 28 ;ルカ12:10 ) 。

The link between Jesus' anointing with the Spirit and the fulfillment motif is to be noted also in the fact that Jesus inaugurates his ministry immediately after his baptism and the temptation.間のリンクイエス' anointingの精神をモチーフと充足感が指摘されるという事実にも、イエスキリストの洗礼inaugurates彼と彼の部の直後の誘惑。 "Time is fulfilled: the kingdom of God is before you; repent and believe the good news" (Mark 1:15; cf. Matt. 4:17). "時間が果たさ:前には、神の王国;悔悟して、良いニュースと思われる" (マーク1 : 15 ; cf 。マットです。 4時17分) 。 Jesus declares the demise of the old and the initial thrust of the new.イエスキリストの崩壊を宣言し、初期推力のは、古いものと新しい。 The promise of prophets is offered and people are invited to enter.預言者は、提供の約束を入力すると人々が招待されます。 From this point on, the burden of the word and work of Jesus is to invite, to initiate newness, to portray the freedom created by the Spirit, as well as to speak judgment upon the old system ruled by law, whose only fruit is oppression.この点からして、その言葉や仕事の負担を招待するイエスは、新しさを開始し、作成さを描くの自由の精神には、審判の時を話すだけでなく、古いシステムの法則に支配され、その果実は、圧制のみ。

This significance of Jesus' anointing by the Spirit at his baptism is further noted in the words by which Jesus confirmed John the Baptist.この意義をイエスのバプテスマanointingされた彼の精神は、さらに注目される言葉は、イエスキリストの洗礼者ヨハネを確認します。 No one is greater than John, yet anyone in the kingdom is greater.誰もがより大きいジョンは、まだ誰にも、その王国は大きい。 He is the final figure who concludes the old and introduces the new.彼は、最終的な結論人物は、古いものと新しい紹介しています。 He is the forerunner (Matt. 11:11-14).彼はその先駆者( matt. 11:11-14 ) 。 The anointing of Jesus at his baptism is the specific midpoint in redemptive history; it is the beginning of fulfillment. anointingイエスのバプテスマでは、彼の贖いの歴史の中の特定の中点;充足することは初めです。

It should be noted that the coming of the Spirit upon Jesus is not the promised baptism in the Spirit, for Jesus himself is the one who shall baptize.そのことに注意して来るのではないの精神にイエスキリストの洗礼を約束したの精神で、自分自身は、一人のために、イエスに洗礼を施すものです。 Further, the baptism in the Spirit is a baptism of judgment and grace.さらに、バプテスマの精神では、判断力と恵みの洗礼。 The experience of the Spirit at the baptism of Jesus is a bestowal that establishes the messianic character of his ministry.その経験は、精神は、イエスキリストの洗礼は、贈与して自分のキャラクターを確立省の救世主です。 This is noted in the voice from heaven, "You are my Son, my beloved" (or "chosen").これは天からの声に記載されて、 "あなたは私の息子は、私の愛する" (または"選択"を参照) 。 Jesus' self-understanding of his sonship to the Father underlies his messianic office.イエスの自己理解して、彼の息子である彼の父親の救世主underlies事務所です。 The OT allusion may be either Isa.のいずれかのISA otほのめかしかもしれない。 42:1 or Ps. 42:1またはPS 。 2:7 or perhaps both.あるいは両方の午前2時07分。 The significance here of the sonship is service to the Father rather than any particular reference to Jesus' divine nature.息子であることの意義はここには、父親というより、どんなサービスを特定のリファレンスをイエスの神性。 The expression is teleological rather than ontological.目的論ではなく、表現は存在論です。

Special significance is to be seen in the fact that Jesus submitted to the baptism of John, which was a baptism of repentance for the forgiveness of sins.特別な意義が見られるという事実に提出されたイエスキリストの洗礼ヨハネは、悔い改めの洗礼されたために、罪の赦しです。 John has called a sinful and selfrighteous people to turn quickly before an impending judgment descends.ジョンは罪深いと呼ばれる人々が急に向きを変えるselfrighteous判断する前に、間近に迫った下っている。 "Already the ax is laid to the root of the tree." "すでに、斧は、ツリーのルートにレイアウトしている。 " Matthew's narrative focuses of the issue, for in it the Baptist attempts to protest the inappropriateness of Jesus coming to be baptized.マタイの物語の焦点の問題は、そのためにはそれに抗議することを試みますバプテストinappropriatenessイエスのバプテスマを受けに来ています。 The baptism of Jesus marks his solidarity as the messianic servant with his people.イエスキリストの洗礼マルクの救世主としての彼の使用人と連帯して彼の人々だ。 He takes upon himself by this cultic act their condition and their predicament.彼はこれまで被らされた状態で、彼らの窮状cultic彼らの行動です。 He becomes their representative.彼は彼らの代表になる。 Coming to them and speaking to them he takes his place with them.かれらがかれらに来ると言って彼は自分の場所をもっています。 Incarnation is not only coming to earth but also assuming the burden of life in the flesh.化身が地球に来るだけではないと仮定しても、人生の負担を引き裂いた。 He not only speaks to them but also speaks for them.彼にしていないだけでなく喋る喋るだけを持っています。 The Father's Son becomes the intercessor to the Father.父親の息子が父親の仲裁している。 The significance of the baptism of Jesus is set forth in stark terms by Paul: "He who knew no sin became sin for us in order that in him we might become the righteousness of God" (II Cor. 5:21).イエスキリストの洗礼の意義については、条件によって規定されてシュタルクポール: "彼は罪のために罪のない人を知っていたため、我々は彼が我々の正義の神となるかもしれない" ( ⅱうわっ。 5時21分) 。 The baptism is the formal act of "emptying himself" (Phil. 2:7), of "becoming poor" (II Cor. 8:9).その洗礼は、正式な行為"と自分自身を空に" ( phil. 2時07分) 、 "貧しい人々になる" ( ⅱうわっ。 8時09分) 。

It is with reference to this act of solidarity that we see again the significance of the temptations in the desert, for there he experiences in an intense way the predicament of the human condition.それは、この行為を基準にして我々の連帯の重要性を再度参照してください砂漠の誘惑で、彼はそこで体験する強烈な方法では、人間の苦境の条件を指定します。 He resists the fundamental temptation to use his power, a temptation thrown at him even in his last hour (Matt. 27:40, 42), in order to bring redemption from below.彼は、根本的な誘惑に抵抗して自分の力を使って、彼の誘惑にスローでも、彼の最後の時間( matt. 27:40 、 42 ) 、償還をもたらすためには以下のとおりです。 In his baptism he prepares himself for death, the ultimate expression of nonpower, for the people with whom he identifies, and makes the identification complete.彼は自分自身の準備のために彼の死の洗礼、 nonpowerの究極の表現は、人々の心に適うを識別するためには、身分証明書を完了していた。

RW Lyon RWにリヨン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
CK Barrett, The Holy Spirit and the Gospel Tradition; GWH Lampe, The Sea of the Spirit; JDG Dunn, Jesus and the Spirit; WF Flemington, The NT Doctrine of Baptism.バレットckには、聖霊と福音の伝統; gwh lampe 、海の精神; jdgダンは、イエスキリストと御霊; flemingtonワリスフツナ諸島は、 NTの教義の洗礼。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです