Beatitude, Sermon on the Mount至福、山上の垂訓

General Information 総合案内

A beatitude is a declaration of happiness or promised blessing because of some virtue or good deed.至福の幸福を宣言するか約束は、祝福のためにいくつかの美徳や善行です。 The most famous beatitudes are the blessings preached by Jesus in the Sermon on the Mount (Matt. 5). beatitudesで最も有名な説教されたイエスキリストの恵みは、山上の垂訓( matt. 5 ) 。 They describe the qualities of Christian perfection and promise future blessings rather than current rewards.キリスト教の完成の域に達した彼らの資質を記述すると現在の報酬を約束するというより将来の幸運な出来事です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography: 参考文献:
Fitch, William, The Beatitudes of Jesus (1961).フィッチ、ウィリアムは、イエスキリストのbeatitudes ( 1961年) 。


Beatitudes of Christキリストのbeatitudes

General Information 総合案内

The Beatitudes of Christ represent eight upward steps toward attaining the Blessedness of a Divine Life.キリストのbeatitudes上方を代表する8つのステップに向けて、至福のは、神の生活を達成した。 They are expressed in Matthew 5 in the New Testament, as an important part of His Sermon on the Mount.彼らは5で表現される新約聖書マタイは、彼のような説教の重要な部分としてマウントしている。

(Preliminary text): (予備テキスト) :

Matt.マットです。 5:1. 5時01分です。 And seeing the multitudes, he ascended a mountain: and when he was seated, his disciples came to him:と見て、そして、彼が即位する山:装着としたとき、彼は、彼の弟子に来た:

Matt.マットです。 5:2 And he opened his mouth, and taught them, saying, 5時02分、彼は彼の口を開け、と教えた、と言って、

(following text:) (次のテキスト: )

Matt.マットです。 5:13. 5時13分です。 Ye are the salt of the earth: but if the salt hath lost its savour, with what shall it be salted?なたがたは、大地の塩:しかし、かれらを失った場合、塩の風味は、それがどのようなものに塩味のですか? it is then good for nothing, but to be cast out, and to be trodden under foot by men.その後の役にも立たないことが、しかし、アウトキャストには、下に足を踏まれたとされる男性です。

Matt.マットです。 5:14 Ye are the light of the world. 5時14分、なたがたは、世界の光です。 A city that is set on an hill cannot be hid.都市では、丘の上に設定することはできません隠しています。

Matt.マットです。 5:15 Neither do men light a lamp, and put it under a basket, but on a lampstand; and it giveth light to all that are in the house. 5時15分男性の灯をつけることもない、と言えば、かごの下ではなく上でlampstand ;と光を与えられることは、家の中のすべてのことです。 {a bushel: the word in the original signifieth a measure containing about a pint less than a peck} (一升:その言葉は、元の措置を含む約1パイントsignifieth未満ペック)

Matt.マットです。 5:16 Let your light so shine before men, that they may see your good works, and glorify your Father who is in heaven. 5時16分前にあなたの光を今磨き男性は、恐らくかれらは良い作品を参照してください、と誰が、天国の父を美化しています。


.

Bless祝福


The Eight Beatitudes 8 beatitudes

Catholic Information カトリック情報

The solemn blessings (beatitudines, benedictiones) which mark the opening of the Sermon on the Mount, the very first of Our Lord's sermons in the Gospel of St. Matthew (5:3-10).厳粛な幸運な出来事( beatitudines 、 benedictiones )をマークし、山上の垂訓の開口部は、非常に我々の最初の主の説教は、マタイによる福音書( 5:3-10 ) 。

Four of them occur again in a slightly different form in the Gospel of St. Luke (6:22), likewise at the beginning of a sermon, and running parallel to Matthew 5-7, if not another version of the same.かれら4人は、やや異なった形で再び起こるの聖ルカによる福音書( 6時22分) 、同様の冒頭にあるような説教は、マタイ5-7と平行して実行して、別のバージョンの場合は同じです。 And here they are illustrated by the opposition of the four curses (24-26).そしてここで彼らは、野党のイラスト入りの4つの呪い( 24-26 ) 。

The fuller account and the more prominent place given the Beatitudes in St. Matthew are quite in accordance with the scope and the tendency of the First Gospel, in which the spiritual character of the Messianic kingdom -- the paramount idea of the Beatitudes -- is consistently put forward, in sharp contrast with Jewish prejudices.フラーは、より目立つようにアカウントを作成し、指定の場所でbeatitudesマタイでは、かなりの範囲とする傾向に基づいて、最初の福音書は、精神的なキャラクターでは、救世主の王国-そのアイデアは、パラマウントb eatitudes-は、継続的に進めることで、ユダヤ人の中で際立って対照的偏見です。 The very peculiar form in which Our Lord proposed His blessings make them, perhaps, the only example of His sayings that may be styled poetical -- the parallelism of thought and expression, which is the most striking feature of Biblical poetry, being unmistakably clear.非常に独特な形で彼の幸運な出来事を提案してわたしたちの主は、たぶん、彼の唯一の例で詩的なスタイルことわざされるかもしれない-その思想と表現の並列処理、これは聖書の中で最も印象的な特徴の詩は、紛れもなく明確れています。

The text of St. Matthew runs as follows:マタイのテキスト失点以下のとおり:

Blessed are the poor in spirit: for theirs is the kingdom of heaven.心の中では、貧しい人々を祝福:ためには、かれらの天国だ。 (Verse 3) (詩3 )

Blessed are the meek: for they shall posses the land.祝福には、おとなしい: possesためにかれらはその土地です。 (Verse 4) (詩4 )

Blessed are they who mourn: for they shall be comforted.人の死を悼むのは、彼らを祝福:ためにかれらは必ず慰めています。 (Verse 5) (詩5 )

Blessed are they that hunger and thirst after justice: for they shall have their fill.飢えと渇きを祝福した後は、かれらが正義:自分を埋めるためにかれらはある。 (Verse 6) (詩6 )

Blessed are the merciful: for they shall obtain mercy.祝福には、慈悲深い:彼らは慈悲を受けなければならない。 (Verse 7) (詩7 )

Blessed are the clean of heart: for they shall see God.心臓の祝福には、清潔度:ためにかれらは、神を参照してください。 (Verse 8) (詩8 )

Blessed are the peacemakers: for they shall be called the children of God.祝福のpeacemakers :子供たちのためにかれらは、神と呼ばれる。 (Verse 9) (詩9 )

Blessed are they that suffer persecution for justice' sake, for theirs is the kingdom of heaven.祝福さ正義のために迫害を受けることは、彼らのためには、彼らのためには、天国です。 (Verse 10) (詩10 )

TEXTUAL CRITICISM原典批評家

As regards textual criticism, the passage offers no serious difficulty.原典批評家に関しては、深刻な困難のない通路を提供します。 Only in verse 9, the Vulgate and many other ancient authorities omit the pronoun autoi, ipsi; probably a merely accidental ommission. 9詩だけでは、当局の流布本と他の多くの古代autoi代名詞省略、 ipsi ;おそらく、単に偶発的ommission 。 There is room, too, for serious critical doubt, whether verse 5 should not be placed before verse 4.部屋には、あまりにも、深刻な重大な疑問のため、 5かどうかを詩ではない詩の前に置かれる4 。 Only the etymological connection, which in the original is supposed to have existed between the "poor" and the "meek", makes us prefer the order of the Vulgate.語源上の接続のみで、これは、元の存在を持つはずの間では"貧しい人々 "と"おとなしい"とは、私たちが好むのは、流布本注文した。

First Beatitude最初の至福

The word poor seems to represent an Aramaic `ányâ (Hebrew `anî), bent down, afflicted, miserable, poor; while meek is rather a synonym from the same root, `ánwan (Hebrew `ánaw), bending oneself down, humble, meek, gentle.貧しい人々を代表するように単語` ányâアラム語(ヘブライ語anî ` )は、曲がってダウン、罹災は、惨めな、かわいそうな;中には、ややおとなしいと同じルートから類義語、 ` ánwan (ヘブライ語ánaw ` )は、曲げに身を投げ出す、謙虚、柔和な、優しい。 Some scholars would attach to the former word also the sense of humility; others think of "beggars before God" humbly acknowledging their need of Divine help.学者は、いくつかの単語を添付しても、元の謙虚さ;他考える"こじき神の前で"と謙虚に神の助けを必要と認めている。 But the opposition of "rich" (Luke 6:24) points especially to the common and obvious meaning, which, however, ought not to be confined to economical need and distress, but may comprehend the whole of the painful condition of the poor: their low estate, their social dependence, their defenceless exposure to injustice from the rich and the mighty.しかし、野党の"お金持ち" (ルカ6時24分)との共通点を明らかにして、特に意味が、これは、しかし、経済的に限定されるしないようにすべきだと遭難する必要がありますが、全体を理解するのは、貧しい人々の痛みを伴う条件:彼らの低い不動産は、彼らの社会的依存性は、彼らの無防備な暴露してから、お金持ちとえらく不公平です。 Besides the Lord's blessing, the promise of the heavenly kingdom is not bestowed on the actual external condition of such poverty.主の祝福に加えて、その約束は、天の王国ではない授けたのは、実際にそのような貧困の外的条件です。 The blessed ones are the poor "in spirit", who by their free will are ready to bear for God's sake this painful and humble condition, even though at present they be actually rich and happy; while on the other hand, the really poor man may fall short of this poverty "in spirit".貧しい人々を祝福するのは、 "スピリット"は、人によっては、自分の自由意志に耐えるための準備ができて、神のために、この痛みを伴うと謙虚な条件にもかかわらず、現時点で実際に彼らがお金持ちと幸せ;中には、反面、本当に貧乏人この5月に達しない貧困"スピリット" 。

Second Beatitude 2番目至福

Inasmuch as poverty is a state of humble subjection, the "poor in spirit", come near to the "meek", the subject of the second blessing. 〜だけれども謙虚な貧困状態に支配されることは、 "心の貧しい人たち"は、近くに来ると、 "おとなしい"と、 2番目の祝福の話題です。 The anawim, they who humbly and meekly bend themselves down before God and man, shall "inherit the land" and posses their inheritance in peace.そのanawim 、彼らの人と素直に謙虚にダウンして、神の前に曲げると男は"その土地を相続する"と自分の相続で平和posses 。 This is a phrase taken from Psalm 36:11, where it refers to the Promised Land of Israel, but here in the words of Christ, it is of course but a symbol of the Kingdom of Heaven, the spiritual realm of the Messiah.これは、詩編36:11から取らフレーズが、ここは、イスラエルの約束の地を指しているため、ここで、キリストの言葉が、しかしそれはもちろん、天国の象徴は、精神的な領域では、救世主です。 Not a few interpreters, however, understand "the earth".いくつかの通訳ではありません、しかし、理解する"地球" 。 But they overlook the original meaning of Psalm 36:11, and unless, by a far-fetched expedient, they take the earth also to be a symbol of the Messianic kingdom, it will be hard to explain the possession of the earth in a satisfactory way.しかし、彼らの本来の意味を見落とす詩編36:11 、およびしない限り、ご都合主義のこじつけでは、かれらを取るにも、地球のシンボルのように、救世主の王国は、それを説明するのは難しいが、満足のいくもので、地球の所持やり方です。

Third Beatitude第三至福

The "mourning" in the Third Beatitude is in Luke (6:25) opposed to laughter and similar frivolous worldly joy. "喪に服す"は、 3番目は、ルーク至福( 6時25分)に反対して似たような軽薄な笑いと現世の喜びです。 Motives of mourning are not to be drawn from the miseries of a life of poverty, abjection, and subjection, which are the very blessings of verse 3, but rather from those miseries from which the pious man is suffering in himself and in others, and most of all the tremendous might of evil throughout the world.動機ではないの喪に苦難の人生の中から選ばれたの貧困、アブジェクション、と服従、それは、非常に祝福の詩3 、惨めなものではなく、むしろ、これらの苦しみから、信心深い人間は、自分自身とは、他人とほとんどすべての悪の世界中の途方もないかもしれない。 To such mourners the Lord Jesus carries the comfort of the heavenly kingdom, "the consolation of Israel" (Luke 2:25) foretold by the prophets, and especially by the Book of Consolation of Isaias (11-16).会葬者がこのような快適度の主イエスは、天国の王国を運ぶのは、 "イスラエルの慰め" (ルカ2時25分)前から予報では、預言、その中でも特にこの本の慰めのisaiasされた( 11月16日) 。 Even the later Jews knew the Messiah by the name of Menahhem, Consoler.その後も、ユダヤ人の名前を知っていたの救世主menahhem 、 consoler 。 These three blessings, poverty, abjection, and subjection are a commendation of what nowadays are called the passive virtues: abstinence and endurace, and the Eighth Beatitude (verse 10) leads us back again to the teaching.これら3つの幸運な出来事、貧困、アブジェクション、と服従の表彰には、今日は何と呼ばれるのは、受動的美徳:禁欲とendurace 、そして至福の8番(詩10 )をリードして私たちの教えを読み返します。

Fourth Beatitude 4番至福

The others, however, demand a more active behaviour.この他、しかし、より積極的な行動を要求する。 First of all, "hunger and thirst" after justice: a strong and continuous desire of progress in religious and moral perfection, the reward of which will be the very fulfilment of the desire, the continuous growth in holiness.まず第一に、 "飢えと渇き"の後正義:強力かつ継続的な進展を望むの宗教や道徳的な完成度は、報酬の非常に達成されるのは、欲望は、持続的な成長はホーリネスです。

Fifth Beatitude 5至福

From this interior desire a further step should be taken to acting to the works of "mercy", corporal and spiritual.この欲望からインテリア、さらなるステップに演技をしなければならないの作品"慈悲"は、肉体的、精神的です。 Through these the merciful will obtain the Divine mercy of the Messianic kingdom, in this life and in the final judgment.これらを通じて、慈悲深き神の慈悲を得るのは、救世主の王国は、この人生とは、最終的な判断だ。 The wonderful fertility of the Church in works and institutions of corporal and spiritual mercy of every kind shows the prophetical sense, not to say the creative power, of this simple word of the Divine Teacher.不妊治療の素晴らしい作品は、教会での肉体的、精神的な機関とのあらゆる種類の慈悲を示し、机上の意味では、その創造力とは言わないまでも、このシンプルな言葉は、神の教師です。

Sixth Beatitudeシックス至福

According to biblical terminology, "cleanness of heart" (verse 8) cannot exclusively be found in interior chastity, nor even, as many scholars propose, in a genral purity of conscience, as opposed to the Levitical, or legal, purity required by the Scribes and Pharisees.聖書の用語によると、 "清浄度の心臓" (詩8 )排他的に見られることはできません貞操インテリアは、またも、多くの学者としての提案は、純度の良心genralで、 leviticalとして反対して、あるいは法的、純度を要求するscribesとpharisees 。 At least the proper place of such a blessing does not seem to be between mercy (verse 7) and peacemaking (verse 9), nor after the apparently more far-reaching virtue of hunger and thirst after justice.少なくとも、適切な場所がないように見えるこのような祝福されるとの間の和平の慈悲(詩7 ) (詩9 ) 、こちらも明らかにした後、遠大な飢えと渇き後正義の美徳だ。 But frequently in the Old and New Testaments (Genesis 20:5; Job 33:3, Psalms 23:4 (24:4) and 72:1 (73:1); 1 Timothy 1:5; 2 Timothy 2:22) the "pure heart" is the simple and sincere good intention, the "single eye" of Matthew 6:22, and thus opposed to the unavowed by-ends of the Pharisees (Matthew 6:1-6, 16-18; 7:15; 23:5-7, 14) This "single eye" or "pure heart" is most of all required in the works of mercy (verse 7) and zeal (verse 9) in behalf of one's neighbor.しかし、頻繁に旧約聖書と新約(創世記20 : 05 ;仕事33:3 、詩篇23時04分( 24:4 )と72:1 ( 73:1 ) ; 1ティモシー1 : 05 ; 2ティモシー2時22分) "純粋な心"は、シンプルかつ誠実な善意には、 " 1つ目"のマシュー6時22分、こうして反対して公言されないでは、エンドpharisees (マタイ6:1-6 、 16-18 ; 7 : 15 ; 23:5-7 、 14 )は"目のシングル"または"純粋な心"が最も必要とされるすべての作品の慈悲(詩詩7 )と熱意( 9 )で1つ隣の席の人に代わっている。 And it stands to reason that the blessing, promised to this continuous looking for God's glory, should consist of the supernatural "seeing" of God Himself, the last aim and end of the heavenly kingdom in its completion.スタンドを理由として祝福することは、この継続を約束して、神の栄光を探して、その構成は、超自然的"と見て"自分自身の神様は、最後の究極の目的は、天の王国の完成です。

Seventh Beatitude 7至福

The "peacemakers" (verse 9) are those who not only live in peace with others but moreover do their best to preserve peace and friendship among mankind and between God and man, and to restore it when it has been disturbed. " peacemakers " (詩9 )が平和に住んでいる人たちだけでなく、他のしかし、さらに全力を維持する人類の平和と友情の間で、神と人間との間に、そしてそれを復元する際に邪魔されている。 It is on account of this godly work, "an imitating of God's love of man" as St. Gregory of Nyssa styles it, that they shall be called the sons of God, "children of your Father who is in heaven" (Matthew 5:45).信心深いことが、この仕事をしてアカウントには、 "神の愛のまねをする男"としてnyssa聖グレゴリーのスタイルには、その人の息子と呼ばれるかれらは、神は、 "あなたの子供たちは、天国の父" (マタイ5 : 45 ) 。

Eighth Beatitude 8回至福

When after all this the pious disciples of Christ are repaid with ingratitude and even "persecution" (verse 10) it will be but a new blessing, "for theirs is the kingdom of heaven."結局のところ、このときの敬虔なキリストの弟子とは、恩知らず返済しても"迫害" (詩10 )ではなく、新たな祝福されることは、 "かれらは、天国です。 "

So, by an inclusion, not uncommon in biblical poetry, the last blessing goes back to the first and the second.だから、封入される、聖書の中の詩まれではないが、最後の祝福にまでさかのぼります、最初と2番目のです。 The pious, whose sentiments and desires whose works and sufferings are held up before us, shall be blessed and happy by their share in the Messianic kingdom, here and hereafter.その宗教にかこつけた、その作品の感情や欲望や苦しみは私たちの前に行われた最大で行われるものとして祝福された彼らの幸せを共有すると、救世主の王国は、ここと来世。 And viewed in the intermediate verses seem to express, in partial images of the one endless beatitude, the same possession of the Messianic salvation.と表示されるように、中間印エクスプレスは、 1つの無限の至福の部分の画像は、同じ救世所持の救世主です。 The eight conditions required constitute the fundamental law of the kingdom, the very pith and marrow of Christian perfection. 8つの条件を構成するのに必要な基本法の王国は、キリスト教の非常に完成度の真髄です。 For its depth and breadth of thought, and its practical bearing on Christian life, the passage may be put on a level with the Decalogue in the Old, and the Lord's Prayer in the New Testament, and it surpassed both in its poetical beauty of structure.その深さと幅を考えると、実用的な軸受クリスチャン生活して、その上を通過するかもしれないレベルでは、昔の十戒は、主の祈りとは、新約聖書は、それを突破したとは、詩的な美しさの両方の構造。

Publication information Written by John P. Van Kasteren.文献情報の書かれたジョンヴァンp. kasteren 。 Transcribed by Beth Ste-Marie.サン=マリーベス転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Besides the commentaries on St. Matthew and St. Luke, and the monographs on the Sermon on the Mount, the Beatitudes are treated in eight homilies of ST.加えて、聖ルカマタイの論評をしており、論文は、山上の垂訓は、 beatitudes扱われることが8セントを発するのです。 GREGORY OF NYSSA, PG, XLIV, 1193-1302, and in one other of ST.グレゴリーのnyssa 、パプアニューギニア、 44は、 1193年から1302年、および1つの他のセントです。 CHROMATIUS, PL, XX, 323-328. chromatius 、 pl 、 XX社は、 323から328 。 Different partristical sermons on single beatitudes are noticed in PL., CXXI (Index IV) 23 sqq.説教して1つの異なったpartristical pl beatitudesでは気づいている。 、 cxxi (インデックスiv )第23 sqq 。


Also, see:また、参照してください:
Sermon 0n the Mount そのような説教0nマウント


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです