The Belgic (or Netherlands) Confession of Faithこのベルガエ人(またはオランダ)信仰告白

General Information 総合案内

Often, three Protestant Christian documents are used together as the basis of Faith for many Churches, particularly Reformed Churches.頻繁には、 3つの文書は、キリスト教プロテスタントの基礎として使用されて一緒に教会の信仰のために多く、特に改革派教会です。 The Belgic Confession is historically the first of the three, the others being the Heidelberg Catechism and the Canons of Dordt (or Dort).自白のベルガエ人のうち最初の3つは、歴史的には、この他に、ハイデルベルク教要理と規範のドルト(またはドルト) 。 It is called the Belgic Confession because it was written in the southern Lowlands, now known as Belgium.自白のベルガエ人と呼ばれることが書かれていたので、南部の低地には、今すぐベルギーとして知られています。 Its chief author was Guido de Bräs, one of a number of itinerant preachers.その作者はグイドデbräs主任は、数多くの遍歴説教師の1つです。 Due to religious persecution, he died a martyr's death in 1567.宗教的迫害のために、彼は、殉教者の死で1567年に死亡した。

Philip II, of Spain, severely persecuted Reformed believers in the Lowlands as revolutionaries.フィリップ2世は、スペインのは、信者たちに深刻な迫害を改心した革命家としての低地。 The Belgic Confession was written by de Bräs in 1561 primarily as a testimony to the Spanish king to prove that the Reformed believers were not rebels, as was charged, but law-abiding citizens who professed only those doctrines which were the teachings of Holy Scripture.自白のベルガエ人は、主に1561年に書かれたデbräsとして証言には、スペインの王改心したことを証明することはない信者反乱軍は、起訴されたが、市民の順法それらの教説を公言していただけ教典の教えです。 In 1562 a copy was sent to the Spanish king, accompanied by a petition for relief from persecution, in which the petitioners declared that they were ready to obey the government in all lawful things, although they would "offer their backs to stripes, their tongues to knives, their mouths to gags, and their whole bodies to fire," rather than deny the truth of God's Word. 1562のコピーを送信するには、スペインの国王には、請願書に付き添われて迫害からの救済のため、請求されたと公言していた政府は、すべての準備ができて合法的に従うことが、かれらは"自分の背中を提供するのストライプは、その舌ナイフには、かれらの口をgags 、全体とその遺体に火は、 "真実を否定するのではなく、神の言葉だ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Confession and the petition had no effect on the Spanish authorities.請願の告白とは、スペイン当局は効果がなかった。 However, it served well as a means of instruction of Reformed believers and thus became an expression of the faith of a people enduring suffering for Christ's sake.しかし、この井戸を配布する手段として、このようになったの命令改心した信者の信仰心を表現するために、キリストの人々のための永続的な苦しみです。 This is also reflected in its language.これはその言語にも反映されています。 For while this confession follows the objective doctrinal order in its articles, its profoundly personal element is evident from the fact that every article begins with such words as, "We believe...," "We believe and confess...," or, "We all believe with the heart and confess with the mouth...."この中に告白をするためには、以下のとおり、客観的教義上の記事は、その個人的な要素が明らかに深くという事実からそのような言葉で始まるすべての記事としては、 "我々 ...,"信じる"と告白すると考えたり...,"は、 "私たちは皆、心を信じると告白して口にして...."

In its composition, de Bräs availed himself to some extent of a confession of the Reformed churches in France, written chiefly by John Calvin, published two years earlier.その組成は、デbräs availed自分自身にある程度の自白は、改革派教会、フランスでは、主に書かされたジョンカルビンは、 2年前の日付です。 The work of de Bräs, however, is not a mere revision of Calvin's work, but an independent composition.その仕事のデbräs 、しかし、改正案ではない、単なるカルビンの仕事ではなく、独立組成。 In 1566 the text of this confession was revised at a synod held at Antwerp.このテキストは、 1566年に改訂された自白アントワープで開かれた会議。 In the Netherlands it was at once gladly received by the churches, and it was adopted by national synods held during the last three decades of the sixteenth century.それは、オランダに受け取られたことを喜んで教会を一度にもかかわらず、それが採択された国立synods中で行われた16世紀最後の3つの数十年に及ぶ。 The text, not the contents, was revised again at the Synod of Dort (Dordrecht) in 1618-19 and adopted as one of the doctrinal standards to which all officebearers in the Reformed churches were required to subscribe.テキストではなく、その内容は、会議では、再度の改訂ドルト(ドルドレヒト)で、 1618年から1619年の教義上の基準の一つとして採択されたすべてのofficebearers教会の改革に申し込む必要です。 The confession stands as one of the best symbolical statements of Reformed doctrine.スタンドの告白最高の象徴の一つとして改心したステートメントの教義です。 The translation presented here is based on the French text of 1619.ここで提示された翻訳は、フランス語のテキストに基づいて、 1619 。


Belgic Confession of Faithベルガエ人の信仰告白

Advanced Information 高度情報

(1561) ( 1561 )

Sometimes known as the Walloon Confession, this was composed in 1561 by Guido de Bres as an apology for the persecuted band of Reformed Christians in the Lowlands who formed the so-called churches under the cross.時にはとして知られるワロン自白は、これが1561年に作曲されたグイドデbresとして、謝罪のための改革派キリスト教徒は、迫害バンド結成している、いわゆる低地の人の教会の十字架の下にいる。 Translated from French into Dutch in 1562, it gained synodical approval at Antwerp in 1566, at Wesel in 1568, at Emden in 1571, and definitively at Dordrecht in 1618.オランダ語、フランス語に翻訳さから1562 、宗教会議の承認を得たことで、 1566年アントワープで、 1568ウェーゼルでは、 1571年にエムデンでは、と断定的には、 1618ドルドレヒト。 Together with the Heidelberg Catechism and the Canons of Dort, it provided the confessional foundation for all Dutch Reformed churches, and remains binding still today for members of the Christian Reformed Church in North America.ハイデルベルクとともにドルト教要理の規範と、それをすべての基礎を提供して告白オランダ改革派教会、そして今日はまだ遺跡結合キリスト教改革派教会のメンバーは、北米です。 De Bres, a courageous pastor to French-speaking communities in the Lowlands who was martyred at Valenciennes in 1567, modeled his work on the so-called Gallic Confession adopted for all French Reformed churches at Paris in 1559.デbres 、フランス語を話す勇気ある牧師には、コミュニティの低地バランシエンヌで1567人が殉教では、彼の作品をモデルにしている、いわゆる没食子告白して、すべてのフランス改革派教会で採択、 1559年にパリです。

Like Calvin's Institutes, the text breaks down roughly into three parts: the truine God and the knowledge of him from Scripture (Arts. 1-9), Christ's work of creation and redemption (10-23), and the Spirit's work of sanctification in and through the Christian church (24-37), this last part subdivided again in Calvin.カルビンの塾のように、テキストの3つの部分にブレークダウン約: truine神から彼の知識と啓典( arts. 1-9 ) 、キリストの仕事の創出や償還( 10月23日) 、と御霊の仕事の神聖さそしてキリスト教の教会を通して(二十四から三十七まで)は、この最後の部分に細分化再びcalvinです。 De Bres quoted Scripture liberally and often used the pronoun "we" to personalize this confession of faith.デbres気前よく引用啓典の代名詞としばしば使われる"我々 "この信仰告白をパーソナライズする。 To distinguish his community from the feared and "detested" Anabaptists (with whom Catholics had often confused them), de Bres asserted the full humanity of Jesus Christ (18), the public rather than sectarian nature of the true church (28-29), infant baptism (34), and the God-given character of civil government (36).自分のコミュニティを区別すると恐れたから" detested " anabaptists (しばしば混乱していた人のカトリック信者)は、全人類のアサートデbresイエスキリスト( 18 )は、自然の宗派ではなく、国民の真の教会( 28から29まで)は、幼児洗礼( 34 )は、神から与えられた文字や政府の民事( 36 ) 。

As for the Catholics, who had brought the Inquisition down upon them, de Bres sought to find as many common beliefs as possible, especially the Trinity (1, 8, 9), the incarnation (10, 18, 19), and a catholic Christian church (27-29).カトリック教徒としては、異端審問していたおかげで、かれらは、デbresを探すよう求められて可能な限り多くの共通の信念は、特にトリニティ( 1 、 8 、 9 )は、権化( 10 、 18 、 19 ) 、そして、カトリックキリスト教教会( 27-29 ) 。 But he also upheld distinctively Protestant emphases such as the unique authority of Scripture apart from the Apocrypha (3-7), the all-sufficiency of Christ's atoning sacrifice and intercession (21-23, 26), and the nature of good works (24) and of the two sacraments, Holy Baptism and the Holy Supper (34-35).しかし、彼はまた、プロテスタントの支持emphasisの複数のような独特の固有の権限を離れてから、啓典外典( 3-7 )は、そのすべてに十分なキリストの犠牲と仲裁atoning (二一から二三、 26 )は、その性質上、良い作品( 24 )とは、 2つの秘跡、洗礼式と、聖なる晩餐(三十四から三十五まで) 。 Distinctively Reformed elements may be found in the articles on election (16), sanctification (24), the government of the church (30-32), and the Lord's Supper (35).改心した独特の要素かもしれないが、記事を見つけた選挙( 16 ) 、神聖( 24 )は、政府の教会(三十〜三十二) 、そして、主の晩餐( 35 ) 。 There is no evidence that the Catholic authorities ever seriously read or were impressed by this little work, but Reformed Christians in the Lowlands quickly adopted it as their own confession of faith.証拠がないことを真剣に読んだり、カトリック当局はこれまでほとんどが、この作品に感銘を受けたが、すぐに低地には、改革派キリスト教徒として採択すること、自分の信仰告白。

J Van Engen jヴァンエンゲン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
JN Bakhuizen van den Brink, De Nederlandse Belijdenisgeschriften; AC Cochrane, Reformed Confessions of the 16th Century.日本人の瀬戸際bakhuizenバンデン、デオランダbelijdenisgeschriften ;交流コクラン、 16世紀の告白改心した。


Outline大綱

Articles記事

Article 1: That there is One Only God. 第1条:神があることを1つだけです。

Article 2: By what means God is made known unto us. 第2条:どのような手段によって、神はわたしたちに知られています。

Article 3: Of the written Word of God. 第3条:神の言葉で書かれたのだ。

Article 4: Canonical Books of the Holy Scripture. 第4条:正典の教典。

Article 5: From whence the Holy Scriptures derive their dignity and authority. 第5条:聖書でwhenceから彼らの尊厳と権威を導き出す。

Article 6: The difference between the canonical and apocryphal books. 第6条:カノニカルとの違いは作り話の書籍です。

Article 7: The sufficiency of the Holy Scriptures, to be the only rule of faith. 第7条:十分な聖書は、信仰の支配されるだけだ。

Article 8: That God is one in Essence, yet nevertheless distinguished in three Persons. 第8条:その神は本質的には、 1つは、まだ3つの著名人にもかかわらずだ。

Article 9: The proof of the foregoing article of the Trinity of persons in one God. 第9条:その証拠は、前条の三位一体の神の名で1つです。

Article 10: That Jesus Christ is true and eternal God. 第10条:そのイエスキリストが真実であり、永遠の神です。

Article 11: That the Holy Ghost is true and eternal God. 第11条:聖霊のことが真実であり、永遠の神です。

Article 12: Of the Creation. 第12 :創造のです。

Article 13: Of Divine Providence. 第13条:神の摂理のです。

Article 14: Of the Creation and Fall of man, and his Incapacity to perform what is truly good. 第14条:秋には、人間の創造とは、彼の無能力を実行すると何が本当に良いです。

Article 15: Of Original Sin. 第15条:原罪のです。

Article 16: Of Eternal Election. 第16条:永遠の選挙のです。

Article 17: Of the Recovery of Fallen Man. 第17条:倒れた男の回復です。

Article 18: Of the Incarnation of Jesus Christ. 第18条:イエスキリストの権化。

Article 19: Of the union and distinction of the two Natures in the person of Christ. 第19条:労働組合との区別は、 2つの性質は、キリストの人物です。

Article 20: That God hath manifested his justice and mercy in Christ Jesus. 第20条:かれらを明らかにして彼の正義と神の慈悲で、イエスキリストです。

Article 21: Of the satisfaction of Christ, our only High Priest, for us. 第21条:キリストを満足させるのは、私たちの大祭司だけは、私たちのためです。

Article 22: Of Faith in Jesus Christ. 第22条:イエスキリストを信じている。

Article 23: Of Justification. 第23条:の正当性です。

Article 24: Of man's Sanctification and Good Works. 第24条:人間の清浄化と良い作品です。

Article 25: Of the abolishing of the Ceremonial Law. 第25条:法の廃止の儀式です。

Article 26: Of Christ's Intercession. 第26条:キリストの仲裁です。

Article 27: Of the Catholic Christian Church. 第27条:キリスト教のカトリック教会です。

Article 28: That every one is bound to join himself to the true Church. 第28条:加入して誰もが自分自身を束縛して、真の教会です。

Article 29: Of the marks of the true Church, and wherein she differs from the false Church. 第29条:マルクは、真の教会、そして彼女はそこに虚偽の教会と異なっている。

Article 30: Concerning the Government of, and Offices in the Church. 第30条:に関しては、政府は、オフィスでは、教会です。

Article 31: Of the Ministers, Elders, and Deacons. 第31条:閣僚のは、年長者、およびdeacons 。

Article 32: Of the Order and Discipline of the Church. 第32条:秩序と規律のは、教会です。

Article 33: Of the Sacraments. 第33 :の秘跡です。

Article 34: Of Holy Baptism. 第34条:洗礼式です。

Article 35: Of the Holy Supper of our Lord Jesus Christ. 第35 :は、私たちの主イエスキリストの神聖な夕食。

Article 36: Of Magistrates. 第36条:の治安判事。

Article 37: Of the Last Judgment. 第37条:最後の判断だ。


Also, see:また、参照してください:
Complete Belgic Confession Text 完全なテキストベルガエ人の自白

Canons of Dort 規範のドルト
Heidelberg Confession ハイデルベルク告白


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです