Definition of the word "Christian"単語の定義については、 "キリスト教"

General Information 総合案内

There are at least two very different ideas of what a "Christian" is.そこには、少なくとも2つの非常に様々なアイデアをどのように"キリスト教"とは。 Before proceeding very far in studying Christianity, it is necessary to understand the situation.キリスト教の勉強に進む前に非常に遠くには、状況を理解することが必要です。 This presentation will attempt to clarify the waters.このプレゼンテーションは、領海を明確にしようとした。

First, any word has no "meaning" unless it has been somehow "defined".第一に、どんな言葉がない"を意味する"とされていない限り、何らかの理由で"定義" 。 Consider the word "dog".単語を考慮して"犬"です。 We all have a general idea of what that word means.我々の基本的な考えを持つすべての言葉は何を意味しています。 Even though a housecat generally resembles a small dog, very few people would try to call that animal a "dog".にもかかわらず、小さな犬を家の猫に似通常は、ごく少数の人々に電話してみてください動物は、 "犬"です。 Just the fact that there are four legs, a tail, paws, a face with eyes, nose and mouth, ears, fur, etc, does NOT make an animal a dog!という事実だけでは、 4つの脚、尾、 paws 、顔をして、目や鼻、口、耳、毛皮などは、動物の犬ではありません! When the word dog was first defined, it could have been defined to include all such animals, and in that case they would all now be called "dogs".犬が最初に定義するときにその言葉は、定義された可能性があることなどを含むすべての動物、そして彼らは、そのすべてのケースと呼ばれるようになりました"犬" 。 But someone defined a different word for that (quadruped).しかし、別の単語を定義すること( 4足) 。

There are animals that seem to very closely resemble dogs, such as wolves.そこには動物のように非常に酷似している犬は、狼のようだ。 But the definition of the word dog is specific enough to exclude such animals, even though they are sometimes mistaken for each other.しかし、その言葉の定義は、具体的に十分な犬のような動物を除外するにもかかわらず、彼らはお互いのためにときどき間違っている。

A similar situation exists regarding the word "Christian" Very early followers of Jesus did not actually have any "name" for themselves and an opponent was apparently the first person to use the word "Christian" to refer to them.似たような状況が存在するという言葉について"キリスト教"の信者が非常に早く、イエスしなかった実際には任意の"名前"を自分自身との最初の対戦相手は、どうやらその言葉を使う人が"キリスト教"を参照している。 The name stuck, and around the Fourth Century, a strict definition was given to the word.名前動かなくて、周りの第4世紀には、厳密な定義は、その言葉を与えられた。 The definition was needed then because many groups with very different beliefs were all referring to themselves as Christians.この定義は、必要に応じて次に別の信念のために非常に多くのグループでは、キリスト教徒としての自分のすべてを紹介しています。 The definition settled on was basically the contents of the Apostles' Creed and the Nicene Creed.定着して定義された内容は、基本的には使徒信条ニカイア信条としています。 Neither of these two Creeds is actually from the Bible's text, but they are each considered to be closely based on it, which is the basis for their credibility.どちらも、これら2つの信条は、実際聖書からのテキストは、それぞれの考えられていますが、それらは密接に基づいて、これは、彼らの信頼性を基盤とした。 In this discussion, we will refer to this as the NARROW definition.このディスカッションで、我々はこのように狭い定義を参照してください。

A common attitude among the modern public is that anyone who "believes in" Jesus is a Christian.共通の態度を取るのは、国民の間で、現代人は誰でも"信じている"とは、イエスキリスト教です。 That certainly sounds nice!確かに音がいいですね! Let's refer to that from now on as the BROAD definition of the word.を参照してみようしており、今のところその言葉の定義として、幅広いです。 It is not actually supported in a strict sense, but it is so widely believed that it must be considered.実際にサポートされていないことは、厳密な意味では、今でも広く信じられていることは考慮しなければならないことです。


Before we proceed very far here, please realize that this subject is such as to not be able to please everyone!ここまで我々の前に進む非常には、次のことを実現するには、このような件名ができるようにしてくださいみんな! What we might call "conservative, or traditional" Christians insist on using ONLY what we are calling the NARROW definition, and they therefore exclude very large numbers of people who consider themselves Christians!我々は何呼ぶかもしれない"と保守的な、あるいは伝統的な"と主張するキリスト教徒の呼び出しのみを使用して、我々はどのような狭い定義は、かれらしたがって膨大な数の人々を除外することを検討するキリスト教徒! Those people who would be excluded are also pretty "intense" about what the term Christian means, and they always insist that it includes their Church or group, some of which even have the word Christian in their titles!これらの人々が除外さにもかなり"強い"という用語についてはどのような手段をキリスト教、と主張して彼らはいつも自分の教会やグループが含まれては、いくつかの単語では、キリスト教の中でさえそのタイトル! They are implicitly assuming a BROAD definition of the word Christian.かれらは暗黙の前提という言葉の定義をキリスト教広いです。

Given this environment, we will attempt to proceed!与えられたこの環境で、我々は試みを続行!


During the first three hundred years after Jesus' Death, it was initially understood that this BROAD definition was the truth.期間中の最初の300年後にイエスの死は、それを理解して、この部分は当初の定義は、真実です。 But there is a built-in problem in such a broad definition.しかし、そこでは、このような問題が内蔵されて広い定義します。 During those centuries, literally HUNDREDS of different groups decided that they alone truly knew the "correct" way to be a Christian, and they were all different.それらの中世紀にもわたって、文字通り何百人もの別のグループに決定したことを知っていただけで、真に"正しい"道をキリスト教にする、と彼らはすべて異なる。 Each little town had its own unique version of what they thought Christianity was.それぞれの小さな町には、それぞれに固有のバージョンのものは、キリスト教の思想です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Imagine that each town in America had its own idea of what the color "red" is.想像していたアメリカの各町では、独自のアイデアはどのような色の"赤"とは。 In some towns, it might be very rigidly defined, but in others, they may have decided that everything that is not "green" is "red".いくつかの町では、非常に堅く定義されるかもしれませんが、他では、かれら可能性があるすべてのことではないと判断した"緑"は"赤" 。 Do you realize what a mess that would be?あなたは何を台無しにして実現するだろうか? Traffic signals?交通信号ですか? Attempts at communication would be mostly confusion!コミュニケーションの試みがほとんど混乱!

And, in early Christianity, it was.とは、キリスト教の初めには、それは。 For this reason, a large number of the world's leading Christian scholars got together in Nicaea in 325 AD.この理由から、数多くの世界有数の学者が集まって、キリスト教のニカイアで325の広告です。 For better or for worse, they decided on a very sharply defined definition of Christianity, that was meant to be used world-wide.良くも悪く、彼らの定義を決めた上で非常に鋭くキリスト教の定義は、それが意図して世界的に広く使用されています。 Their "Nicene Creed" lists a variety of very specific concepts that a "Christian" must necessarily believe in. We are calling this the NARROW definition here.彼らの"ニカイア信条"と、さまざまなリストが非常に具体的な考え方を示す"キリスト教"を信じる必要があります。必ずしも我々は、この狭い定義を呼び出してください。

For a moment, let's jump forward to today.少しの間、前方にジャンプしてみましょう今日です。 If this NARROW definition is used, a LOT of people who think they are "Christians" are NOT!この狭い定義が使用されている場合には、大勢の人々が思うに、彼らは"キリスト教徒"ではない! Mormons (Church of Jesus Christ of the Latter Day Saints) do not qualify, for several reasons.モルモン教(教会は、末日聖徒イエスキリスト)の資格はありません、いくつかの原因が考えられます。 Unitarians do not because they do not believe in the Trinity. unitariansはありませんので、かれらの多くは信じないトリニティ。 MANY other groups would be excluded if the NARROW definition is used.他の多くのグループが狭い定義が使用されている場合は除外されます。 If, instead, the BROAD definition is used, then they all are very definitely "Christians"!もし、その代わりに、広範な定義が使用され、次にそれらすべてが非常に間違いなく"キリスト教徒" !

Confused??!混乱?ですか!

THAT'S the problem!それが問題! The two common definitions are rather different from each other. 2つの共通の定義は、むしろお互いに違う。 It becomes EXTREMELY important to know WHICH of the two definitions is being used.これを知っていることが非常に重要なものは、 2つの定義が使われています。 Without that, people begin to argue and fight.なくしては、異論を唱える人々との戦いを始める。


As it turns out, the BROAD definition is rather difficult to define precisely.結局のところ、その部分を正確に定義するの定義はかなり難しい。 Does a person who believes that a person named Jesus lived a couple thousand years ago, qualify as a "Christian"?と考えている人は、イエスキリストという名前の人が住んで2,3万年前には、資格があると"キリスト教"とは? What if he/she believes that Jesus was a really GOOD man?どうすれば彼/彼女はイエスと考えている人は、本当にいいですか? Is it necessary to believe that He Died on the Cross?と信じることが必要だと彼は、十字架上で死んだか? Or that His Death represented a direct Atonement to "pay off" Original Sin?彼の死を表現したり、直接償いを"報われる"原罪ですか? Do you see the problem in using the BROAD definition for any "scholarly" use?あなたの問題を参照してください広い定義を使用して任意の"学術"を使用するか?

This situation is why, universally, ALL Christian scholars use the NARROW definition when discussing Christianity. なぜこのような状況では、普遍的には、すべてのクリスチャン学者狭い定義を使用してキリスト教の際に話し合っています。

Doctrine has very little to do with it. We accept the concept "red" because the majority of society has chosen to describe certain things as being that color. 教義にすることは、ほとんど無関係です。我々の概念を受け入れる"レッド"の大多数は社会のためには特定のものとして選ばれたことを表す色です。 When I approach an intersection and the top light is lit, I don't think "the blue light is lit" or "the gzrwkkg light is lit".交差点に進入するときにはトップライトが点灯し、そうは思わない"は、青色のライトが点灯"または"のライトが点灯gzrwkkg " 。 In compliance with a very broadly held (NARROW) definition of the concept red, I think that the red light is lit, and I drive accordingly. It has absolutely nothing to do with the understanding of the temperature of a filament in a light bulb, or a filter, or electricity, or anything. Whatever "red" actually IS is irrelevant.順守して、非常に広範に行われた(狭い)という概念の定義を赤、私が体験したことの赤色のライトが点灯し、それに応じてよいドライブです。 それは全く何もしないで、理解するには、温度のフィラメント電球では、または、フィルタ、または電力、または何か。どのような"レッド"は、実際には無関係です。 The WORD "red" has no meaning whatever except due to a generalized agreement as to a definition.その言葉が"赤色"を除いて何の意味がないため、全身の契約として定義する。 THAT is essentially what EVERY definition actually is.それは実際には、本質的には何ごとに定義します。 The WORD "Christian" is the same.という言葉を"キリスト教"とは同じです。 The BROAD definition is an extremely ill-defined interpretation of that word.大まかな定義は、非常に悪い言葉で定義の解釈しています。 Scholars, by necessity, choose to use the much more precisely defined (NARROW) understanding of the word.学者は、必然的には、もっと正確に選択して使用して定義さ(狭い)という言葉を理解しています。 Whatever we happen to think about or see regarding the traffic light doesn't change it's actual essence.何かを参照してください我々起こることを考えなくては、交通信号灯についての実際の本質を変更することはありません。 We could choose to call it blue, but it is still what it is, and it is unchanged.我々がそれを選択して青色のコールが、それはまだそれが何か、そしてそれは変わらずだった。 It's intrinsic essence is unchanged, no matter what you call it.それは本質的には変わっていない本質的に関係なく、何を呼び出しています。

One could call some group of Christians "Buddhists" or "tax collectors", because the name does not change who they are or what they believe.いくつかのグループに1つの可能性のキリスト教徒コール"仏教徒"または"税コレクター"は、名前を変更されないため、彼らは誰か何かだと彼らは考えています。 It would just make your conversations with anyone else very difficult.お客様の会話をするだけで行うことがほかの誰にも非常に困難である。 It is irrelevant if a person PRIVATELY chooses to use a loose definition for the word in question.これは、関連性の低い場合は非公開を選択する人が緩んだの定義を使用するには、単語の質問です。 But problems would certainly occur when trying to communicate with someone from a different background.しかし、問題は、確かにしようとしてコミュニケーションを取るときに発生するさまざまな背景からだ。 A group of Mormons talking can confidently refer to themselves as Christians (BROAD) and they all agree on that!モルモン教のグループとしての話をしても自信を参照して、彼らのすべてのキリスト教徒(広い)に合意すること! But should they say those same things to a non-Mormon, who happens to understand the NARROW definition, that person might violently disagree!しかし、彼らは、同じようなことを言う者以外のモルモンは、誰が起こって狭い定義を理解し、その人に激しく反対するかもしれない! Same sentences, but the listeners take them VERY differently!同じ文章が、しかし、リスナーは非常に異なって持っていって!

Because of the way BELIEVE is structured, we chose to nearly universally use the "scholarly" (NARROW) definitions of as many terms as is possible, and that included the word "Christian".信じる道のためには、構造化さは、ほぼ普遍的に使用して我々を選んだ"学術的" (ナロー)用語の定義としては、できるだけ多くの可能性が、それに含まれる単語"キリスト教" 。 The many hundreds of authors (all scholars) of the many works included in BELIEVE certainly always use that NARROW definition, because it is so sharply defined.何百人もの作者の多くの(すべての学者)は、確かに多くの作品に含まれて信じて、いつもの狭い定義を使用して、それは非常に大幅に定義されます。


Some visitors to BELIEVE tear into us for using the NARROW definition, especially if they attend a Church that is considered excluded by that NARROW definition.いくつかの来場者を信じて催涙狭い定義を使用するために私たちは、教会に出席する場合に、特に考慮しては狭い定義して除外されています。 They generally immediately attack us, claiming that we are "promoting a specific doctrine" or "intentionally excluding or denigrating some group or Church (usually theirs!)".通常、私たちもすぐに攻撃する、と主張して我々は"特定の教義を推進する"または" denigrating故意またはいくつかのグループや教会を除いて(通常はかれら! ) " 。 That is NOT the case.このケースではない。 Anyone who carefully looks at BELIEVE quickly sees that BELIEVE is structured to support and encourage ANY valid effort at Worshipping the Lord.すぐに信じる人は誰でも注意深く見てみることを奨励すると思われるが、構造化をサポートする任意の有効な努力で、主の崇拝する。 At NO point does anything in BELIEVE try to cause any Christian (any flavor) to "give up" even the slightest aspect of their Faith, as long as they are Devout in Worshipping Our Lord.ではないと思われる点は何かしようとするキリスト教の原因(任意の風味)を"あきらめない"ほんの少し彼らの信仰の側面は、敬けんな限り、かれらは、わたしたちの主を崇拝する。

We certainly have no intention of trying to make any Christians adopt some different way of Worshipping Jesus, if they already have a method they feel is appropriate.確かに我々を作成しようとするつもりはないいくつかの異なる方法を採用するすべてのキリスト教徒の崇拝イエスは、かれらを既にお持ちの場合は、適切な方法と感じる。


At this point, we might as well bring up an entirely NEW definition of "Christian"! Our approach, in ALL religious matters, is to try to imagine how Jesus would deal with these various situations. We DO NOT think that He would be all legalistic and be finding reasons for excluding individuals or Churches.この時点で、我々も同様だ全く新しい定義を持ち出す"キリスト教" ! 我々のアプローチは、すべての宗教的な事柄は、イエスキリストがどのように想像してみてくださいこれらは、様々な状況に対処する。はないと思われる彼はすべての律法主義と理由を見つけて個人や教会を除いている。 We don't even think that He would be tremendously concerned regarding the details of the procedures of various Churches.我々は考えもしないことを彼は途方もなく関係者は、手続きの詳細については、様々な教会です。 Where Catholic and Orthodox Churches require Seven Sacraments, virtually all Protestant Churches require Two.正統派のカトリック教会はどこと7つの秘跡を必要とは、ほぼすべてのプロテスタント教会の2つが必要です。

We don't think that He would find fault in EITHER group!我々は思わない欠点を見つけることを彼は、どちらかのグループに! HOWEVER!しかし! We think He would look at the HEART of each individual member of a Congregation.彼は我々を見て考えて、個々のメンバーの中心にある集会です。 If that person was Devout at Worshipping Him, then we believe that He would be Pleased!敬けんな場合は、その人は彼を崇拝する、と私たちは信じそれから彼は喜んで!

Notice that this definition is NOT Denomination-specific or Church-specific.この定義ではないに注意して特定の宗派や教会に特異的です。 Whether that Devout Christian attended a Catholic Church or a Pentecostal Church or a Mormon Church or any other Church that attempted to Teach Christianity, that Devout Congregagation member would definitely Please Jesus and therefore be a Christian by our (new) definition.敬けんなキリスト教徒に出席しているかどうか、ペンテコステ派教会やカトリック教会、モルモン教会やその他のキリスト教の教会を教えることを試みたが、それは明らかにしてください。敬けんなメンバーcongregagationイエスキリスト教で、そのために我々の(新規)を定義します。 The person sitting right next to him/her, who attends that Church for OTHER reasons, and who is NOT Devout, would not necessarily Please Jesus and therefore would not be a Christian by this (new) definition.その人がすぐ隣に座って彼/彼女は、他の理由のために教会に通うこと、そして熱心な人ではない、とは限らないとしてください。イエスキリスト教ではないとされたため、この(新)の定義です。

You might note that this (new) definition is entirely individual.この場合に注意して(新)の定義は、完全に個々のです。 Only that person (and Jesus) would be able to determine whether or not he/she was actually a Christian.あの人だけ(とイエス様)に判定できるようになるかどうかは彼/彼女は実際にはキリスト教のです。 Because of this, our (new) definition is entirely useless for scholarly purposes!このため、我々の(新規)の定義を学術的目的のためには、完全に無用!

In my personal view, most "official" Christian Churches have a LOT of "non-Christians" attending every week as Congregation members.私の個人的な見解では、ほとんどの"公式"キリスト教の教会がたくさんある"非キリスト教徒"として毎週集会に出席したメンバーです。 And, even though I am a Protestant Pastor, I am tempted to think that the impressive Devotion of many Mormon Church members might mean that they have "more actual Christians by percentage" than nearly any Protestant Church.と、私は、プロテスタント教会の牧師にもかかわらず、私は誘惑に印象的な献身と考えているのかもしれないということで多くのモルモン教会のメンバーが"もっと実際のキリスト教徒の割合で"よりもほぼすべてのプロテスタント教会です。 Rather amazing, since the Mormon Church is "officially" NOT Christian (by the NARROW definition)!むしろ驚くべきは、以来、モルモン教会は、 "正式に"キリスト教のない(狭い定義される) !

This is a truly odd circumstance!これは、実に奇妙な状況! A LOT of very Devout Christians attending a non-Christian Church.敬けんなキリスト教徒は非常に多くの非キリスト教の教会に出席する予定だ。 This isn't an intentional conclusion!これは意図的な結論ではありません! It is arrived at by attempting to imagine how Jesus would evaluate individual 'Congregation members' (VERY Pleased!) and 'Church' (mis-directed in several ways and possibly worthy of His censure).到着したのは、イエスがどのように評価しようとする個々の想像'信徒会員' (とてもうれしい! )と'教会' (不適当な指示でいくつかの方法で、そしてたぶん彼の問責に値する) 。

As it happens, this same situation would have applied to the Branch Davidians a few years back.偶然にも、これと同じ状況が適用されることをdavidians支店数年後に戻る。 David Koresh was clearly sin-filled and extremely mis-directed, particularly in selfish ways.デビッドコレシュ罪で満たされたとは非常に明確に指示ミスが、特に利己的な方法があります。 But the several dozen followers who died in that fire had chosen to follow him because he had convinced them that he WAS Jesus!しかし、数十人の信者が亡くなった火災が選ばれたことについてくるので、それを確信していた彼はイエス! In following the publicity of that tragedy, it was very clear that many of the followers were extremely Devout Christians.以下のことで、宣伝の悲劇は、それは非常に明確にしては非常に熱心な信者の多くは、キリスト教徒です。 Most people say that it is tragic that they chose to follow a wrong Path, and they are all now in Hell!ほとんどの人々は、悲劇的なことを言うことに従って間違った道を選んだのは、よく知られている今、地獄! I personally believe that most or all of them are now in Heaven with Jesus, but Koresh is definitely not there!私は個人的またはすべてをしていると思われるほとんどは、天国では今、イエスが、まだそこまでは間違いなくコレシュ! Again, an example of a non-Christian "Church" having very Devout Christian followers.繰り返しますが、キリスト教以外の例は、 "教会"の信者が非常に熱心なクリスチャン。 My assumption here is that each person would be judged on personal Devotion to the Lord, even if he/she had been Taught some incorrect things.私の想定してここには、一人一人が判断して、主に個人的な献身、たとえ彼/彼女が間違っていたことをいくつか教えてください。

None of us will ever know, while we are still here.私たちの誰も知っているが、我々はまだここにいる。 But it just seems that Jesus, being infinitely Compassionate, seeing those Devout followers of His outside the Gates of Heaven, would have some procedure such that they weren't turned away, just for having chosen to follow a psychotic or mis-informed leader.しかし、それだけでイエスのようだ、思いやりが無限には、それらの敬けんな信者を見て彼は天国の門の外では、いくつかの手続きがないように顔を背けた。かれらは、選ばれたことに従うだけでは、精神病または不適切インフォームドコンセントのリーダーです。


One can go on and on as to how one disagrees about any particular definition, but it would be irrelevant. 1つのことを延々と続けるとしてどのように1つの特定の定義については同意できないが、それは無関係です。 But if ANY statement is meant to be a foundation of further knowledge, we (and a scientific approach in general) insist that basic things be defined as accurately and precisely as possible.しかし、もしあれば声明は、意図され、さらに基礎知識は、我々 (そして、科学的なアプローチで総長)と主張して基本的なものとして定義される可能な限り正確かつ正確です。 That requires that BELIEVE consistently use the NARROW definition of ALL the important words and concepts of our Faith.信じ一貫している必要が狭い定義を使用して、すべての重要な言葉や概念を私たちの信仰です。

Nicaea just happens to be a previously agreed to basis for a definition. It is actually irrelevant whether ANY of the statements agreed to in Nicaea were even true or not! Even if they all eventually turn out to be erroneous, the strict (NARROW) definition of the word "Christian" is defined based on those statements.ニカイアだけで、偶然にも、以前に合意し、基礎を定義します。 それは実際に低いかどうかのいずれかのステートメントでも合意していたが本当かどうかはニカイア!たとえ、それらがすべて最終的に誤りと判明すると、厳密な定義(ナロー)その言葉の"キリスト教"は、これらのステートメントの定義に基づいています。 IF it should be that there really IS no Trinity (and I wrote an essay that even somewhat suggests that possibility), belief and acceptance of the concept of the Trinity IS one of the "conditions" of the definition of "Christian".本当にしなければならない場合があることではないトリニティ(や小論文を書いたことでも多少の可能性を示唆して) 、信念と受諾のトリニティは、 1つの概念は、 "条件"の定義は、 "キリスト教" 。

BELIEVE tries very hard to NOT have any "soapbox"!非常に難しいと思わしようとして何も持ち合わせていない"街頭" ! The fact that it is necessary to consistently use the most precisely defined (NARROW) definition has nothing to do with dogma or doctrine.という事実を常に使用することが必要である、最も正確に定義(狭い)の定義は何の関係も教義ドグマたりします。 The paragraphs above should emphasize that WE do not necessarily agree with the NARROW definition, but find it necessary to use it because of its precision of definition.上記の段落では私たちは、必ずしも必要性を強調して、狭い定義に同意するが、それを使うことを見つけることに必要な理由は、その精度を定義します。

I suggest defining an entirely separate term "Believer in Christ" and imbue it with the BROAD definition.全く別の用語の定義をお勧めする"キリストの信奉者"と鼓吹することで、広い定義です。 No problem there.そこでは問題ないです。 Then, many individuals and groups that are automatically "excluded" by the "strict" (NARROW) definition of the word "Christian" would be included by the new term.その後、多くの個人や団体には、自動的に"除外"とし、 "厳しい"という言葉の定義(狭い) "キリスト教"の新学期が含まれています。 The alternative would be to convince the entire world community to alter the NARROW definition of "Christian".納得の代替になる可能性が、世界全体の狭いコミュニティの定義を変更する"キリスト教" 。 That may or may not be appropriate (depending on one's attitude), but it seems impossible, because 1700 years of fairly consistent usage has ingrained the current Nicaean definition with the term.その可能性や適切されないかもしれません(自分の態度に応じて)が、それは不可能だとは、かなり一貫したため、 1700年の使用量は、現在のnicaean染み付いた用語の定義しています。 Given that the (NARROW) word "Christian" has its various definitional aspects (all Nicaean), whether one likes it or not, it figures to remain as it is.与えられた単語は、 (狭い) "キリスト教"の定義には、様々な側面(すべてnicaean )は、自分の好きなことかどうかは、それはそれとして数字にとどまる。

Pastor Carl Johnson牧師カールジョンソン
A Christ Walk Churchキリスト教会を歩く
Editor, BELIEVE Religious Information Source web-siteエディタでは、宗教的な情報源と思われるウェブサイト


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです