Book of Concord - Formula of Concord - Concordia書籍の呼応-公式の呼応-コンコルディア

General Information 総合案内

The Book of Concord is a collection of confessions of faith published in 1580, which generally are accepted by the Lutheran church.この本の呼応が収集された日付1580信仰告白は、通常のルーテル教会が承認された。 The book contains the three ecumenical creeds: the Apostles' Creed, the Athanasian Creed, and the Nicene Creed; and the six particular confessions of the Lutheran church: the Augsburg Confession, the Apology of the Augsburg Confession, the Schmalkald Articles, the Larger and Smaller Catechisms of Luther, the Formula of Concord, and an optional collection of patristic material.その本には、 3つのエキュメニカル信条:使徒信条、アタナシウス信条、ニカイア信条とし、 6つの特定の自白は、ルーテル教会:アウクスブルク信仰告白し、謝罪のアウクスブルク信仰告白は、 schmalkald記事は、より大きいとルーサーcatechisms小さいのは、公式の呼応、およびオプションのコレクションpatristic材料です。

The Formula of Concord appeared in 1580, after protracted conferences, and was approved by 86 of the German states. 1580 フォーミュラの呼応が出演して、長引く会議後、承認されるとは、ドイツの86の州。 It contains articles on the following theological issues: original sin, free will, the Eucharist, predestination, the rule of faith and the creed, justification, good works, the Law and the Gospel, the third use of the law, the person of Christ, the descent of Christ into hell, and the customs of the church, as well as an appendix concerning heresies and sectaries.神学上、以下の記事が含まれている問題:原罪は、自由意志は、聖体、宿命は、この規則の信仰や信条には、正当な理由は、良い作品は、同法と福音は、 3番目の使用法は、その人のキリストは、キリストの子孫を地獄には、教会とは、税関だけでなく、 heresiesするとsectariesに関する付録です。 The publication of the Book of Concord was an attempt to heal the divisiveness characteristic of the Lutheran movement since the death of Martin Luther 30 years earlier.この本が出版されたの呼応する試み不和を癒すための運動特性は、ルター派の死以来、 30年以前のマーティンルーサー。 Although it was not accepted everywhere as binding, it came to serve as the source book for Lutheran orthodoxy.とはいえ、そうではないとして受け入れ結合どこでも、それに来た源として機能を果たすためのルター派正統主義の本です。


Book of Concord - 1580書籍の呼応-1 580

General Information 総合案内

Sometimes called The Confessions of the Evangelical Lutheran Church (German) or Concordia (Latin), this contains all the generally accepted symbols of the Lutheran Church.ときどき呼ばれる自白の福音ルーテル教会(ドイツ語)またはコンコルディア(ラテン)は、これに含まれるすべての一般に受け入れられて、ルーテル教会のシンボルです。 The Book of Concord comprises the following creeds and confessions: (1) the Apostles' Creed (ca. 186); (2) the Niceno-Constantinopolitan Creed (381); (3) the Athanasian Creed (ca. 350-600); (4) Luther's Large and Small Catechisms (1529); (5) the Augsburg Confession, written by Melanchthon and submitted by the elector of Saxony and other Lutheran princes at Augsburg in 1530; (6) the Apology of the Augsburg Confession (1531), written by Melanchthon against the Roman confutation which had rejected the Augsburg Confession; (7) the Smalcald Articles (1537), written by Luther and summarizing the Protestant understanding of the major articles of faith for a church council that was never called; (8) the Treatise on the Power and Primacy of the Pope (1537), written by Melanchthon to augment the Smalcald Articles; and (9) the Formula of Concord (1577), written to settle a number of disputes arising among Lutherans after Luther's death.この本は、以下の信条と自白呼応構成: ( 1 )使徒信条( ca. 186 ) ; niceno - ( 2 )のconstantinopolitanクリード( 381 ) ;アタナシウス信条( 3 ) 、 ( ca. 350〜600 ) ; ( 4 )ルターの大小catechisms ( 1529 ) ;アウクスブルク信仰告白( 5 )は、提出されたと書かれメランヒトンのザクセン州の選挙人やその他のルター派諸侯にアウクスブルク、 1530 ; ( 6 ) 、謝罪のアウクスブルク信仰告白( 1531 )は、対ローマ論破メランヒトン書かれていたのを拒否アウクスブルク信仰告白; smalcaldの記事( 7 ) 、 ( 1537年) 、ルーサーと書かれた要約のプロテスタント信仰を理解するためには、主要記事の教会協議会と呼ばれることはなかった; ( 8 )の論文は、権力と優位ローマ法王( 1537年) 、メランヒトンに書かれた記事を増強するsmalcald ;と( 9 )の公式の呼応( 1577 ) 、書かれた番号を解決するの間の紛争についてlutheransルーサーの死の後です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Book of Concord was subscribed by over eight thousand pastors and by numerous territories and imperial cities of Germany.この本の呼応が申し込んで8000以上の牧師とされる多くの地域や都市のドイツ帝国。 It was accepted in Sweden and Hungary, but only the confessions before 1531 were accepted officially in Denmark-Norway (although the later confessions were never rejected).それは、スウェーデン、ハンガリー受け入れたが、 1531のみを自白する前に公式に承認されたデンマーク-ノルウェー(とはいえ、決して拒否された後の自白) 。 Since 1580 most Lutheran pastors throughout the world have subscribed, at least formally, the Book of Concord at their ordination. 1580以来、世界中で最もルター派牧師が申し込んでは、少なくとも正式には、この本で、彼らの聖職叙任呼応。 None of the Book of Concord is confined to any national church, but all the confessions are considered ecumenical, ie, orthodox and biblical and to be accepted by any Christian.その本の呼応なしにはいかなる国家教会に閉じ込められたが、すべてのエキュメニカル自白を考慮したうえで、すなわち、正統派と聖書の中の任意のクリスチャンに受け入れられるとしています。 All attempts since 1580 to add confessions to the Book of Concord have failed, although it has never been considered a sort of "closed canon."すべての自白を追加しようとして以来、 1580冊の呼応が失敗したにもかかわらず、ある種のことがないとみなされた"クローズドキヤノン"と述べた。

RD Preus回preus
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
F. Bente, Historical Introductions to the Book of Concord; H. Fagerberg, A New Look at the Lutheran Confessions (1529-1537); R. Preus, Getting into the Theology of Concord; D. Scaer, Getting into the Story of Concord; E. Schlink, The Theology of the Lutheran Confessions. f. bente 、歴史を紹介して、書籍の呼応; h. fagerberg 、新たな自白を見て、ルター派( 1529-1537 ) ;共和党preus 、本題に入るの神学呼応; d. scaer 、本題に入るの物語呼応; e.シュリンク、ルター派の神学の自白です。


Formula of Concord - 1577フォーミュラの呼応-1 577

General Information 総合案内

The last symbol, or confession, representing the doctrinal position of the Evangelical Lutheran Church.最後のシンボル、または告白は、教義上の位置を表すの福音ルーテル教会です。 It was completed in 1577 and was published in the Book of Concord in 1578.それは1577年に完成し、その本の出版された1578年呼応しています。 It culminated some thirty years of arduous theological study and labor expended by hundreds of faithful Lutheran theologians as they sought to settle a number of doctrinal controversies which beset Lutheranism after Luther's death. 30年の結果としていくつかの骨の折れること神学的研究と労働支出された何百人もの忠実なルター派神学を解決するよう求められ、いくつかの教義上の論争を取り巻くルーサールター主義の死の後です。 Upon his death Lutheranism quickly fell into two parties.彼の死にルター主義素早く両党に落ちた。 The Philippists (sometimes called Synergists or Crypto-Calvinists) followed the more mediating spirit of Philip Melanchthon as he veered toward a synergistic doctrine of conversion and a weakening of total depravity and as he formulated a doctrine of the Lord's Supper which, although Lutheran, was couched in terminology acceptable to the Reformed.そのphilippists (時にはsynergistsまたは暗号calvinistsと呼ばれる)の後に、より多くの精神フィリップメランヒトン調停として彼に向かってV字形に相乗的教義のコンバージョンの合計と堕落の弱体化と定式化する教義としては、彼の主の夕食には、ルター派にもかかわらず、れた改心した表現で、専門用語を受け入れています。 Opposing the Philippists were the Gnesio (authentic) Lutherans who pointed out the deviations of Melanchthon and his followers, particularly condemning Melanchthon for accepting the Leipzig Interim, a compromise and evangelical politico-theological statement of faith and practice imposed by Emperor Charles V on the Lutherans in the German Empire after their defeat in the Smalcald War (1547). philippists反対していた人のgnesio (本物) lutheransのずれを指摘しメランヒトンとその部下、特に非難を受け入れることのライプチヒ暫定メランヒトンは、妥協と福音書信仰や神学政練習を課せられた天皇チャールズv lutheransドイツ帝国の敗北の後、彼らは、 smalcald戦争( 1547年) 。

When the two parties could not settle their controversies, a third large group of younger theologians arose to heal the division.そのときに彼らの論争を解決することができなかった両党は、大規模なグループで3番目の若い神学部を癒すためであったと反省しています。 Chief among these were James Andreae, who spear-headed the effort toward concord, Martin Chemnitz, David Chytraeus, and Nikolaus Selnecker.これらの中にはジェームズandreae主任は、槍の人の頭に向かって努力呼応し、ケムニッツマーティン、デビッドchytraeus 、およびニコラウスゼルネッカー。 These men, who had been students of Melanchthon and respected him highly, were also firmly committed to Luther's theology on the points at issue.これらの男たちは、生徒たちのメランヒトンとされていた彼を尊敬高く、しっかりとコミットしてもルーサー神学上の問題点です。 They represented the best scholarship and most respected leadership among the Lutherans of the day.かれらの奨学金と表さ最高指導者のうち、最も尊敬lutheransの日です。 After almost thirty years of doctrinal discussion throughout Germany and many abortive attempts to construct doctrinal statements that would unite Lutherans again in the theology of Luther and the earlier Lutheran confessions, the Formula of Concord was written in 1577.ほぼ30年後のドイツとの教義上の議論を通して多くの教義上のステートメントを構築しようとして失敗に終わったが、再び団結lutheransルーサーとは、前のルター派の神学自白は、 1577年式の呼応が書かれています。 The document, together with an Epitome written by Andreae, was submitted to the Lutheran pastors, churches, and princes and subscribed by thirty-five imperial cities, the electors of Saxony, Brandenberg, and the Palatinate, and about eight thousand pastors.この文書は、書かれた縮図andreaeするとともに、提出されたルター派牧師は、教会、そして君主と皇室の購読を35都市では、ザクセン州の有権者は、 brandenberg 、 palatinateとし、約8000牧師。

The Formula of Concord deals with the following articles of faith: (1) original sin (affirming total depravity); (2) bondage of the will (affirming monergism in conversion and salvation by grace alone); (3) justification (stressing the forensic nature of justification); (4) good works; (5) the distinction between law and gospel; (6) the third use of the law (ie, the necessity of preaching law in the Christian community); (7) the Lord's Supper (confessing the Lutheran doctrine of the sacramental union and the real presence); (8) the person of Christ (emphasizing the communication of attributes of the two natures); (9) the descent into hell (Christ's actual descent and victory over the forces of evil); (10) adiaphora; (11) predestination (to salvation by grace for Christ's sake, but not to hell); (12) various heresies (Anabaptism, Schwenckfeldianism, Neo-Arianism, etc.).フォーミュラ呼応扱っているのは、以下の記事の信仰: ( 1 )原罪(肯定全堕落) ;ボンデージのは、 ( 2 ) (肯定monergism猶予されただけでコンバージョンや救世) ;正当化( 3 ) (強調法医学自然の名分) ;良い作品( 4 ) 、 ( 5 )の区別法と福音書; ( 6 )の3番目の使用法(すなわち、法律の必要性を説教で、キリスト教社会) ; ( 7 ) 、主の夕食(告白のルター派の教理聖礼典の労働組合との本当のプレゼンス) ; ( 8 ) 、キリストの人物(の属性を強調し、通信の2つの性質) ; ( 9 )地獄への降下(キリストの実際の降下と、軍の勝利を収める悪) ; ( 10 ) adiaphora ;宿命( 11 ) (グレースを救済するために、キリストのために、地獄には表示されません) ; ( 12 )様々なheresies ( anabaptism 、 schwenckfeldianism 、ネオアリウス主義など) 。

RD Preus回preus
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
FHR Frank, Die Theologie der Concordienformel; EF Klug, Getting into the Formula of Concord; RD Preus and WH Rosin, eds., A Contemporary Look at the Formula of Concord; E. Schlink, The Theology of the Lutheran Confessions.フランクfhr 、死ぬtheologieデアconcordienformel ;クルークエフでは、本題に入る式の呼応;回preus whロジンとは、 EDS社。 、数式を見て、現代の呼応; e.シュリンク、ルター派の神学の自白です。


The Smalcald Articles - (1537)この記事smalcald -( 1 537年)

General Information 総合案内

The Smalcald Articles were articles of belief named for the town in Hesse-Nassau, Germany, where they were presented to Protestant leaders; now part of the Book of Concord, the normative collection of Lutheran confessions. smalcald記事は、記事の信念にちなんで名づけられたこの町ではヘッセ-ナッソー、ドイツ、どこに提示していたプロテスタントの指導者;今すぐこの本の呼応部分は、規範的自白ルター派のコレクションです。 The Articles were occasioned by the call of Pope Paul III for a council at Mantua.この記事がコールされるoccasioned法王パウロ3世のための協議会でマンチュア。 Invited to attend, the German Protestants through Elector John Frederick of Saxony asked Luther to prepare a confession for them to submit.招待状に出席、選挙を通じて、ドイツのプロテスタントのザクセンフレデリックジョンルーサーを要請して準備をするための自白を提出しています。 Luther wrote them during Christmas, 1536.クリスマスの中に書いてルーサー、 1536 。 Together with his Small and Large catechisms, they comprise his contribution to the Book of Concord.彼と一緒に大小catechisms 、彼の貢献をして本を構成するの呼応。 Illness prevented Luther's attendance when the princes and theologians met in February, 1537, at Smalcald.病気への出席を阻止ルーサー神学者に会ったとき、王子とは2月、 1537 、でsmalcald 。 Luther's articles were subscribed by most of the theologians in attendance.ルーサーの記事が登録されるほとんどの神学者が出席します。 The princes delayed action, declaring their refusal to recognize the council, which never did convene.遅発性行動の諸侯は、彼らの拒否を宣言し、理事会の認識、これを招集すること決してしていない。

The Smalcald Articles are grouped in three parts: (1) those concerning "the chief articles" of "the Divine Majesty," about which there was no controversy with Rome, as the Trinity; (2) those concerning "the articles which refer to the office and work of Jesus Christ or our redemption," about which there was controversy with Rome and no compromise was possible, as justification by grace alone through faith; (3) those concerning miscellaneous matters, about which there was controversy but which were open to negotiation, as monastic vows and the marriage of priests. smalcald記事では、グループの3つの部分: ( 1 )これらの問題"のチーフ記事"の"神の陛下は、 "これについての議論はなかったとローマでは、トリニティとして、 ( 2 )これらの問題"の記事を参照してオフィスで働く我々のイエスキリストの償還や、 "についての論争があったが、ローマとの妥協は可能性がない、として正当化されただけで優雅な信仰を通じて、 ( 3 )これらに関するその他の問題については、これについての論争があったがオープンされた交渉には、修道誓願としてのプリーストと結婚した。

The articles were valued as "a bold, clear-cut testimony of the Lutheran position" and as a testimony of Luther's personal faith, for he wrote them at a time when he felt his death was near.この記事は重んじられていた"と、大胆な、明確な証言は、ルター派の立場"と証言ルーサーとしての個人的な信仰は、かれらを書いたときは、 1回の近くには彼の死を感じた。 Published by Luther in 1538, a Latin translation appeared in 1541. 1538年に出版されたルーサーは、 1541年に登場するラテン語の翻訳です。 By 1553 they were named the Smalcald Articles in an edition issued at Weimar.かれらは、 1553年の名前smalcaldされた記事は、ワイマール版発行。 Within a generation they won wide approval in Lutheran Germany and were included in the Book of Concord.幅広い世代内での承認、彼らウォンルター派ドイツや書籍の呼応が含まれています。 Attached to them was the "Treatise on the Power and Primacy of the Pope" (1537) by Philip Melanchthon.それらに接続しては、 "論文は、権力とは、ローマ法王の優位" ( 1537年)されたフィリップメランヒトン。 It was officially adopted at Smalcald and, while intended to supplement the Augsburg Confession, it became associated with the articles. smalcaldことが正式に採択さとは、意図している間アウクスブルク信仰告白を補完するため、これは記事に関連付けられています。

CG Fryコンゴ炒める
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
TG Tappert et al., trs. TGのtappertら。 、 trs 。 and eds., The Book of Concord; WD Allbeck, Studies in the Lutheran Confessions; RD Preus, Getting into the Theology of Concord; DP Scaer, Getting into the Story of Concord.とEDS社。 、その本の呼応; allbeck水曜日、ルーテルタイプは、自白;回preus 、本題に入るの神学呼応; dPをscaer 、その物語の呼応に入らないようにします。


Book of Concord - Formula of Concord - 1577書籍の呼応-公式の呼応- 15 77

General Information 総合案内

Outline大綱

Part I: EPITOMEパートI :縮図

Part II: SOLID DECLARATION第2章:固体宣言


(Some of the sections of the text follow:) (いくつかのセクションでは、テキストに従う: )


The Formula of Concord数式の呼応

Translated by F. Bente and WHT Dau f. benteと翻訳されるダウwht

Summary概要

OF THE SUMMARY CONTENT, RULE, AND STANDARD according to which all dogmas should be judged, and the erroneous teachings [controversies] that have occurred should be decided and explained in a Christian way.コンテンツの概要、規則、および標準によると、すべての教義を判断しなければならない、との誤った教え[論争]しなければならないことが発生することを決めたとキリスト教の方法で説明しています。

1. 1 。 We believe, teach, and confess that the sole rule and standard according to which all dogmas together with [all] teachers should be estimated and judged are the prophetic and apostolic Scriptures of the Old and of the New Testament alone, as it is written Ps.私たちは、教える、と告白して唯一のルールと標準のすべての教義によると、これとともに[すべて]教師の推定と判断しなければならないが、ローマ教皇の聖書の予言とは、古いものとは、新約聖書だけでも、それが書かれたps 。 119, 105: Thy Word is a lamp unto my feet and a light unto my path. 119 、 105 :なたの言葉は、私の足とランプの明かりかれかれ私のパスです。 And St. Paul: Though an angel from heaven preach any other gospel unto you, let him be accursed, Gal.と聖パウロ:天使かかわらず、他の福音を説く天からなたがたには、ほっておけ呪われる、ギャル。 1, 8. 1 、 8 。

Other writings, however, of ancient or modern teachers, whatever name they bear, must not be regarded as equal to the Holy Scriptures, but all of them together be subjected to them, and should not be received otherwise or further than as witnesses, [which are to show] in what manner after the time of the apostles, and at what places, this [pure] doctrine of the prophets and apostles was preserved.その他の記述は、しかし、古代や近代の教師は、どのような名前にクマは、人と見なされてはならないと等しい聖書には、しかし、それらをすべて一緒にさらされることは、そうでないと受け取ってはならないまたは証人としてよりもさらに、 [これを表示するには]には、何時間後の態度の使徒、そしてどのような場所では、この学説は、 [純粋]預言者と使徒が保持されます。

2. 2 。 And because directly after the times of the apostles, and even while they were still living, false teachers and heretics arose, and symbols, ie, brief, succinct [categorical] confessions, were composed against them in the early Church, which were regarded as the unanimous, universal Christian faith and confession of the orthodox and true Church, namely, the Apostles' Creed, the Nicene Creed, and the Athanasian Creed, we pledge ourselves to them, and hereby reject all heresies and dogmas which, contrary to them, have been introduced into the Church of God.そして後の時代のために直接、使徒は、まだ生きていた間に、さらには、教師や異端虚偽であったと反省して、シンボル、すなわち、簡単に言うと、簡潔[カテゴリー]自白は、反対するように構成された初期の教会では、と見なされていた満場一致のは、キリスト教の信仰を告白普遍の真の正統派教会とは、すなわち、その使徒信条、ニカイア信条、アタナシウス信条とは、我々に自分自身を誓約し、下記の定説をすべて拒否heresiesと、逆にかれらは、が導入され、神の教会です。

3. 3 。 As to the schisms in matters of faith, however, which have occurred in our time, we regard as the unanimous consensus and declaration of our Christian faith and confession, especially against the Papacy and its false worship, idolatry, superstition, and against other sects, as the symbol of our time, the First, Unaltered Augsburg Confession, delivered to the Emperor Charles V at Augsburg in the year 1530, in the great Diet, together with its Apology, and the Articles composed at Smalcald in the year 1537, and subscribed at that time by the chief theologians. schismsとしての信仰の点では、しかし、我々が発生した時、我々は全会一致のコンセンサスと見なす我々の宣言とキリスト教の信仰告白、特にローマ教皇の反対とその虚偽崇拝、偶像崇拝、迷信、および他の宗派に反対は、我々の時間の象徴としては、第一に、不変のアウクスブルク信仰告白は、天皇に届け、その年のチャールズvでアウクスブルク1530 1537 、およびその時点で購読される神学のチーフです。

And because such matters concern also the laity and the salvation of their souls, we also confess the Small and Large Catechisms of Dr. Luther, as they are included in Luther's works, as the Bible of the laity, wherein everything is comprised which is treated at greater length in Holy Scripture, and is necessary for a Christian man to know for his salvation.そのため、このような事柄と俗人との懸念も彼らの魂を救い、また、小規模から大規模な告白catechismsルーサー博士は、かれらの作品が含まれてルーサーは、聖書には、素人としては、そこには、すべての構成が扱われる大教典の長さで、男とは、キリスト教を知るために必要なのは彼の救いだ。

To this direction, as above announced, all doctrines are to be conformed, and what is, contrary thereto is to be rejected and condemned, as opposed to the unanimous declaration of our faith.この方向には、上記のように発表し、適合されるすべての教説は、何が、そこが逆に拒否されたとされる死刑囚は、満場一致のとは対照的に、私たちの信仰を宣言した。

In this way the distinction between the Holy Scriptures of the Old and of the New Testament and all other writings is preserved, and the Holy Scriptures alone remain the only judge, rule, and standard, according to which, as the only test-stone, all dogmas shall and must be discerned and judged, as to whether they are good or evil, right or wrong.この方法で区別するのは、古いものと聖書は、新約聖書および他のすべての記述は、保存、および聖書に残るだけで判断するだけでは、規則、および標準によると、これは、テストとして、石のみ、すべての教義の違いを判断しなければならないものとは、彼らはいいか悪いかどうかについては、右または間違っている。

But the other symbols and writings cited are not judges, as are the Holy Scriptures, but only a testimony and declaration of the faith, as to how at any time the Holy Scriptures have been understood and explained in the articles in controversy in the Church of God by those then living, and how the opposite dogma was rejected and condemned [by what arguments the dogmas conflicting with the Holy Scripture were rejected and condemned].しかし、他のシンボルと記述を引用裁判官ではない、としては、聖書には、証言と宣言するだけの信仰は、どのようにして、いつでも聖書には、理解されたとの記事で説明したように、教会での論争次にそれらの神によって生き、そしてどのようにその逆ドグマが拒否されたと非難[引数によって、どのような相反する教義を拒否していたと非難教典] 。


The Formula of Concord数式の呼応

I. Of Original Sin i.の原罪

STATUS CONTROVERSIAE.ステータスcontroversiae 。

The Principal Question in This Controversy.この論争の主な質問です。

Whether original sin is properly and without any distinction man's corrupt nature, substance, and essence, or at any rate the principal and best part of his essence [substance], namely, the rational soul itself in its highest state and powers; or whether, even after the Fall, there is a distinction between man's substance, nature, essence, body, soul, and original sin, so that the nature [itself] is one thing, and original sin, which inheres in the corrupt nature and corrupts the nature, another.原罪が適切かどうかを区別せず腐敗した男の性質は、物質、およびエッセンス、またはいずれにせよ、校長と彼の最良の部分のエッセンス[物質] 、すなわち、その魂自体には、合理的な最高の状態とパワーズ;かどうかは、後にも、秋には、違いがある男の物質は、自然は、本質的には、身体、魂は、原罪とは、自然のように一つのこと[自体]は、原罪と、これは、腐敗したinheres自然と腐敗の本質は、もう一つです。

AFFIRMATIVA. affirmativa 。

The Pure Doctrine, Faith, and Confession according to the Aforesaid Standard and Summary Declaration.その純粋な教義は、信仰は、前述の標準と告白によると、 1261宣言した。

1. 1 。 We believe, teach, and confess that there is a distinction between man's nature, not only as he was originally created by God pure and holy and without sin, but also as we have it [that nature] now after the Fall, namely, between the nature [itself], which eve n after the Fall is and remains a creature of God, and original sin, and that this distinction is as great as the distinction between a work of God and a work of the devil.私たちは、教える、と告白するには、一つの男の性格の違いは、彼はもともととしてだけでなく、作成されたと聖神の純粋な罪とせず、我々はそれとしてだけでなく[その自然]今の崩壊後、すなわち、間自然[自体]は、前夜なしでは、遺跡の崩壊後、生き物の神様と、原罪、として、このような区別は大きな違いがあるとして、神の仕事と仕事をすれば影。

2. 2 。 We believe, teach, and confess also that this distinction should be maintained with the greatest care, because this doctrine, that no distinction is to be made between our corrupt human nature and original sin, conflicts with the chief articles of our Christian faith concerning creation, redemption, sanctification, and the resurrection of our body, and cannot coexist therewith.私たちは、教える、と告白して、この区別も細心の注意をもっ維持しなければならないので、この学説は、区別がないことは、私たちの間に破損される前に人間の本性と原罪は、我々と競合して、キリスト教の信仰に関する記事のチーフ創出、償還、神聖化され、私たちの体の復活、そしてそれをもって共存することはできません。

For God created not only the body and soul of Adam and Eve before the Fall, but also our bodies and souls after the Fall, notwithstanding that they are corrupt, which God also still acknowledges as His work, as it is written in Job 10, 8: Thine hands have made me and fashioned me together round about.神の作成のためだけでなく、体と心のアダムとイブの前に、秋には、私たちの体と魂の後だけでなく、秋には、腐敗しているにもかかわらず、これを認め、神にもまだ彼の作品としては、仕事をすることが書かれて10 、 8 :ザインの手が私に伝わる前に、わたしと一緒にラウンドについてです。 Deut. deut 。 32, 18; Is. 32 、 18 ;は。 45, 9ff; 54, 5; 64, 8; Acts 17, 28; Job 10, 8; Ps. 45 、 9ff ; 54 、 5 、 64 、 8 ;行為17 、 28 ;ジョブ10 、 8 ;しまう。 100, 3; 139, 14; Eccl. 100 、 3 ; 139 、 14 ; eccl 。 12, 1. 12日、 1 。

Moreover, the Son of God has assumed this human nature, however, without sin, and therefore not a foreign, but our own flesh, into the unity of His person, and according to it is become our true Brother.しかも、この神の御子は、人間の本性と仮定しかし、罪なく、それゆえに外国人ではありませんが、私たち自身の肉体は、彼の人への団結、そして私たちによると、それは本当の兄弟になる。 Heb. heb 。 2, 14: Forasmuch, then, as the children were partakers of flesh and blood, He also Himself likewise took part of the same. 2 、 14 : forasmuch 、その後、 partakersとして、子供たちは、生身の人間は、彼自身にも同様に参加したのと同じです。 Again, 16; 4, 15: He took not on Him the nature of angels, but He took on Him the seed of Abraham.繰り返しますが、 16 ; 4 、 15 :彼は彼の性質上ない天使たちは、しかし、彼は彼のアブラハムの子孫です。 Wherefore in all things it behooved Him to be made like unto His brethren, yet without sin.何のためにすべてのことを彼にそれbehoovedかれの兄弟のように前には、まだ罪なし。

In like manner Christ has also redeemed it as His work, sanctifies it as His work, raises it from the dead, and gloriously adorns it as His work.キリストのような方法で換金することとしても、彼の作品は、彼の作品としてsanctifiesそれは、死んでから、それを提起し、彼の作品としてgloriously adornsことです。 But original sin He has not created, assumed, redeemed, sanctified; nor will He raise it, will neither adorn nor save it in the elect, but in the [blessed] resurrection it will be entirely destroyed.しかし、彼は原罪作成されていない、と仮定、換金、清められた;も引き上げることは、彼は、どちらにも保存して飾るの当選者が、それまでの[祝福]復活されることを完全に破棄してください。

Hence the distinction between the corrupt nature and the corruption which infects the nature and by which the nature became corrupt, can easily be discerned.したがって、その区別の自然や汚職腐敗の性質に感染するとされるが、自然になった壊れている、ことで簡単に識別されます。

3. 3 。 But, on the other hand, we believe, teach, and confess that original sin is not a slight, but so deep a corruption of human nature that nothing healthy or uncorrupt has remained in man's body or soul, in his inner or outward powers, but, as the Church sings: Through Adam's fall is all corrupt, Nature and essence human.しかし、その一方で、私たちは、教える、と告白して少し原罪ではないが、今の深さは腐敗して人間の本性には何も残ってuncorrupt健康や人間の体や魂は、彼の内面や外側に列強は、しかし、その教会を歌う:アダムの秋には、すべての腐敗を通して、自然と人間の本質です。

This damage is unspeakable, and cannot be discerned by reason, but only from God's Word.この損傷は、言いようのない、との理由で識別することはできませんが、神の言葉からのみです。

And [we affirm] that no one but God alone can separate from one another the nature and this corruption of the nature, which will fully come to pass through death, in the [blessed] resurrection, where our nature which we now bear will rise and live eternally without original sin and separated and sundered from it, as is written Job 19, 26: I shall be compassed again with this my skin, and in my flesh shall I see God, whom I shall see for myself, and mine eyes shall behold .そして[我々断言]一人でできることでもなく、神の性質とは別に、この1つの別の性質の腐敗、これは完全に来る死を通過して、復活の[祝福]は、私たちが今どこにクマは、私たちの自然増加永遠に生きることなく、原罪と分離してから日は、仕事としては、書面による19日、 26日: 再びcompassedわたしは、この私の肌には、わたしの肉があり、私の神を参照して、通信を許可するために自分自身を参照してくださいわたしは、目や鉱山見よものです。

NEGATIVA negativa

Rejection of the False Opposite Dogmas.拒絶反応は、虚偽の向かいの定説だ。

1. 1 。 Therefore we reject and condemn the teaching that original sin is only a reatus or debt on account of what has been committed by another [diverted to us] without any corruption of our nature.従って我々の指導を非難することを拒否すると原罪はほんの一reatusたりしてアカウントの債務をどのようにコミットされて別の[転用して私たち]もなく私たちの自然腐敗です。

2. 2 。 Also, that evil lusts are not sin, but concreated, essential properties of the nature, or, as though the above-mentioned defect and damage were not truly sin, because of which man without Christ [not ingrafted into Christ] would be a child of wrath.また、私欲にして悪の罪ではないが、 concreated 、本質的な性質の性質、または、上述のように欠陥や損傷がない本当に罪は、キリストのために男なし[ ingraftedには、キリスト]ができれば、子供の怒りです。

3. 3 。 We likewise reject the Pelagian error, by which it is alleged that man's nature even after the Fall is incorrupt, and especially with respect to spiritual things has remained entirely good and pure in naturalibus , ie, in its natural powers.同様に、我々を拒否するペラギウスエラーは、疑惑をしてそれが男の性質は、純正の崩壊後でさえ、その中でも特に精神的なものを尊重して完全に良好で、純粋が残ってnaturalibus 、すなわち、その自然の力です。

4. 4 。 Also, that original sin is only a slight, insignificant spot on the outside, dashed upon the nature, or a blemish that has been blown upon it, beneath which [nevertheless] the nature has retained its good powers even in spiritual things.また、原罪は、ほんのわずかなことは、ほんのわずかなスポットは、外では、自然に打ち砕かれた、またはされてきた汚点を吹き飛ばされた時には、下の[にもかかわらず]留保の性質は、精神的なものであっても良いパワーズ。

5. 5 。 Also, that original sin is only an external impediment to the good spiritual powers, and not a despoliation or want of the same, as when a magnet is smeared with garlic-juice, its natural power is not thereby removed, but only impeded; or that this stain can be easily wiped away like a spot from the face or pigment from the wall.また、その原罪が良いだけに精神的な障害が外部勢力は、略奪や希望ではないのと同じ、磁石としては、ほろ酔い気分のときにガーリックのジュースは、自然の力ではないが、削除、只妨げ;またはこの染みことが簡単にできるように拭い去るスポットから壁から顔や色素です。

6. 6 。 Also, that in man the human nature and essence are not entirely corrupt, but that man still has something good in him, even in spiritual things, namely, capacity, skill, aptness, or ability in spiritual things to begin, to work, or to help working for something [good].また、それは、人間の自然と人間の本質を完全に破損していないが、それは彼に何か良い男は依然として課題が、精神的なものであっても、すなわち、能力、スキル、適性、あるいは精神的な能力で物事を開始し、仕事をして、または何かの作業を支援するために[良好] 。

7. 7 。 On the other hand, we also reject the false dogma of the Manichaeans, when it is taught that original sin, as something essential and self-subsisting, has been infused by Satan into the nature, and intermingled with it, as poison and wine are mixed.その一方で、我々も拒否する虚偽のドグマmanichaeans 、原罪を教えたときは、何か必要不可欠と自己自給としては、悪魔にされて注入された自然、そしてそれに加わると、毒やワインとしては、ミックスです。

8. 8 。 Also, that not the natural man, but something else and extraneous to man, sins, on account of which not the nature, but only original sin in the nature, is accused.また、していない自然の男が、何か他の男と無縁には、罪は、その性質上のアカウントには、原罪は、自然だけが起訴された。

9. 9 。 We reject and condemn also as a Manichaean error the doctrine that original sin is properly and without any distinction the substance, nature, and essence itself of the corrupt man, so that a distinction between the corrupt nature, as such, after the Fall and original sin should not even be conceived of, nor that they could be distinguished from one another [even] in thought.我々としても非難を拒否するとエラーが発生するマニ教の教義として原罪が適切に行われ、物質の区別なく、自然、そして人間の本質自体には、腐敗したように、自然には、腐敗の区別は、このように、オリジナルの崩壊後、罪に考えてはいけないのも、また1つのことができるとは区別される別の[さえ]で考えています。

10. 10 。 Now, this original sin is called by Dr. Luther nature-sin, person-sin, essential sin, not because the nature, person, or essence of man is, without any distinction, itself original sin, but in order to indicate by such words the distinction between original sin, which inheres in human nature, and other sins, which are called actual sins.さて、この原罪と呼ばれる自然の罪ルーサー博士は、人に罪は、本質的な罪は、ないので、自然、人物、または男の本質は、区別なく、原罪そのものではなく、注文されたことを示すような言葉の違いが原罪、これが人間の本性inheres 、およびその他の罪は、実際に罪を呼ばれている。

11. 11 。 For original sin is not a sin which is committed, but it inheres in the nature, substance, and essence of man, so that, though no wicked thought ever should arise in the heart of corrupt man, no idle word were spoken, no wicked deed were done, yet the nature is nevertheless corrupted through original sin, which is born in us by reason of the sinful seed, and is a fountainhead of all other actual sins, as wicked thoughts, words, and works, as it is written Matt.原罪の罪ではないがコミットするが、それは、自然inheres 、物質は、人間の本質と、それが、これまでにない邪悪な思想の中心部に生じる腐敗した男は、アイドル状態のない言葉が話され、邪悪ななし証書が完了したら、破損していないにもかかわらず、自然を通して原罪は、これは我々の理由で生まれ、罪深い種子は、他のすべての根源とは、実際の罪は、邪悪な考えとしては、言葉で、作品は、それが書かれたマット。 15, 19: Out of the heart proceed evil thoughts. 15 、 19 :心のうち、邪悪な考えを進める。 Also Gen. 6, 5; 8, 21: The imagination of man's heart is evil from his youth.また大将6 、 5 ; 8 、 21 :人間の想像力は幼少のころから心臓には悪だ。

12. 12 。 Thus there is also to be noted well the diverse signification of the word nature, whereby the Manichaeans cover their error and lead astray many simple men.そのためには十分に注意してもその言葉の意味の多様な性質で、自分のエラーや鉛のカバーmanichaeans単純な男性の多くを迷わせています。 For sometimes it means the essence [the very substance] of man, as when it is said: God created human nature.ときにはことを意味するためのエッセンス[ 、非常に物質]の男は、ときとしてしていると言わ:神に人間の本性を作成します。 But at other times it means the disposition and the vicious quality [disposition, condition, defect, or vice] of a thing, which inheres in the nature or essence, as when it is said: The nature of the serpent is to bite, and the nature and disposition of man is to sin, and is sin; here the word nature does not mean the substance of man, but something that inheres in the nature or substance.しかし、それ以外の時間を意味すると、悪質な気質の品質[気質は、条件は、欠陥、または副]あることを、これは、自然やエッセンスinheres 、それはときとしてよると:ヘビの性質をかまれたが、自然と人間の気質に罪は、罪とは、ここにその言葉の物質の性質の男という意味ではありませんが、何かして、自然や物質inheres 。

13. 13 。 But as to the Latin terms substantia and accidens , because they are not words of Holy Scripture, and besides unknown to the ordinary man, they should not be used in sermons before ordinary, unistructed people, but simple people should be spared them.しかし、用語としてラテン語substantiaaccidensには、言葉ではありませんので、教典は、未知のほかに、普通の男と、彼らの前に使うべきではない普通の説教で、 unistructedの人々が、単純な人々は脇に置いている。

But in the schools, among the learned, these words are rightly retained in disputations concerning original sin, because they are well known and used without any misunderstanding, to distinguish exactly between the essence of a thing and what attaches to it in an accidental way.しかし、学校では、学習の中には、これらの言葉が正しく原罪保持に関する論争は、よく知られているため、使用されてなく誤解とは、正確に区別することとの間の本質を接続する際には、どのような方法で誤っている。

For the distinction between God's work and that of the devil is thereby designated in the clearest way, because the devil can create no substance, but can only, in an accidental way, by the providence of God [God permitting], corrupt the substance created by God.神のために働くと区別して、悪魔の指定は、この上なく明確なやり方が、悪魔を作成していないため、この物質は、できるだけでも、偶発的方法では、神の摂理によって、 [神が許せば]は、その物質の腐敗を作成ちぇっ。


The Formula of Concord数式の呼応

IV. 4 。 Of Good Works良い作品

STATUS CONTROVERSIAE.ステータスcontroversiae 。

The Principal Question In the Controversy Concerning Good Works.校長に関する質問には、論争の良い作品です。

Concerning the doctrine of good works two divisions have arisen in some churches:教義の良い作品に関する2つの部門が生じていくつかの教会:

1. 1 。 First, some theologians have become divided because of the following expressions, where the one side wrote: Good works are necessary for salvation.第一に、いくつかの神学者が分かれているため、以下の表現は、どこの片側に書きました:良い作品のために必要な救いだ。 It is impossible to be saved without good works.せずに保存することは不可能に良い作品です。 Also: No one has ever been saved without good works.また:今までにない良い作品せずに保存されています。 But the other side, on the contrary, wrote: Good works are injurious to salvation.しかし、他の面では、むしろその逆で、書きました:救世良い作品には有害だ。

2. 2 。 Afterwards a schism arose also between some theologians with respect to the two words _necessary_ and _free_, since the one side contended that the word _necessary_ should not be employed concerning the new obedience, which, they say, does not flow from necessity and coercion, but from a voluntary spirit.その後、いくつかの神学者の間で分裂が生じたにも2つの単語を尊重_necessary_と_free_ 、以来、 1つの側面だという言葉_necessary_てはならないの就業に関する新たな服従、これは、かれらは、必要性はないとの流れから強制的には、しかし、自発的な精神からです。 The other side insisted on the word _necessary_, because, they say, this obedience is not at our option, but regenerate men are obliged to render this obedience.その言葉の反対側を主張して_necessary_ 、なぜなら、彼らによれば、これは我々のオプションの服従ではないが、男を再生成する義務を負うのは、この服従をレンダリングします。

From this disputation concerning the terms a controversy afterwards occurred concerning the subject itself; for the one side contended that among Christians the Law should not be urged at all, but men should be exhorted to good works from the Holy Gospel alone; the other side contradicted this.この用語に関する論争から、それ自体の主題に関する論争が起きた後;ための1つの側面だキリスト教徒の間で、すべての法律ではならない促したが、男性exhortedをしなければならないから、神聖な福音書だけで良い作品で、他の側に矛盾このです。

AFFIRMATIVA. affirmativa 。

Pure Doctrine of the Christian Churches concerning This Controversy.純粋な教義は、キリスト教の教会に関するこの論争。

For the thorough statement and decision of this controversy our doctrine, faith, and confession is:意思決定のための徹底した声明は、この論争と我々の教義は、信仰、との自白は:

1. 1 。 That good works certainly and without doubt follow true faith, if it is not a dead, but a living faith, as fruits of a good tree.確かに良い作品と疑うことなくして真の信仰に従っている場合、それが死んではないのですが、信仰生活は、果物の木が良いです。

2. 2 。 We believe, teach, and confess also that good works should be entirely excluded, just as well in the question concerning salvation as in the article of justification before God, as the apostle testifies with clear words, when he writes as follows: Even as David also describeth the blessedness of the man unto whom God imputeth righteousness without works, saying, Blessed is the man to whom the Lord will not impute sin, Rom.私たちは、教える、と告白しても良い作品を完全に排除しなければならないと同様に、井戸の救済に関する質問としては、神の前で記事の正当性は、使徒としての明確な言葉を証明して、彼の書き込み時に、以下の通り:デビッドとしても至福の男でも、かれdescribeth神なしimputeth正義作品、と言って、その男を祝福して誰が、主の転嫁罪はない、 ROMのです。 4, 6ff. 4 、 6ff 。 And again: By grace are ye saved through faith; and that not of yourselves, it is the gift of God; not of works, lest any man should boast, Eph.そして再び:保存されたグレースは、なたがたの信仰を介し;自身としていないのは、それは神の贈り物;いないの作品は、どんな男は自慢しないように、 eph 。 2, 8. 2 、 8 。 9. 9 。

3. 3 。 We believe, teach, and confess also that all men, but those especially who are born again and renewed by the Holy Ghost, are bound to do good works.私たちは、教えるのは、すべての男性と告白しても、しかし、それらの人は、特にリニューアルされた生まれ変わると聖霊は、バインドを行うには良い作品です。

4. 4 。 In this sense the words _necessary_, _shall_, and _must_ are employed correctly and in a Christian manner also with respect to the regenerate, and in no way are contrary to the form of sound words and speech.この意味での言葉_necessary_ 、 _shall_ 、および_must_が正しくとは、キリスト教的に採用しても尊重して再生する、との方法ではないという形では逆に健全な言葉と演説した。

5. 5 。 Nevertheless, by the words mentioned, necessitas , necessarium , _necessity_ and _necessary_, if they be employed concerning the regenerate, not coercion, but only due obedience is to be understood, which the truly believing, so far as they are regenerate, render not from coercion or the driving of the Law, but from a voluntary spirit; because they are no more under the Law, but under grace, Rom.にもかかわらず、その言葉で触れたように、 necessitasnecessarium 、 _necessity_と_necessary_ 、就業に関する再生される場合は、強制的には、服従させるためだけに理解されるべきでは、これは本当に信じて、彼らはこれまで再生するとして、レンダリングないから運転したり、強制的には、法の趣旨が、自主的な精神から;ので、こちらは法の下ではありませんが、グレースの下では、 ROMのです。 6, 14; 7, 6; 8, 14. 6 、 14 ; 7 、 6 、 8 、 14 。

6. 6 。 Accordingly, we also believe, teach, and confess that when it is said: The regenerate do good works from a free spirit, this is not to be understood as though it is at the option of the regenerate man to do or to forbear doing good when he wishes, and that he can nevertheless retain faith if he intentionally perseveres in sins.したがいまして、我々も信じては、教える、と告白しているときは:再生するて善行に勤しむ者からの自由な精神の持ち主は、これを理解されるべきではないとしても、それは、オプションで再生する男を行うか良いことを差し控える彼の願いだということ、そして信仰を持ち続ける場合にもかかわらず、彼は罪を故意屋です。

7. 7 。 Yet this is not to be understood otherwise than as the Lord Christ and His apostles themselves declare, namely, regarding the liberated spirit, that does not do this from fear of punishment, like a servant, but from love of righteousness, like children, Rom.まだ理解されるべきではない、そうでないとしてよりも、主キリストとその使徒を宣言して、すなわち、解放の精神については、していないことから、この懲罰を恐れて、使用人のように、愛の正義からしかし、子供たちのように、 ROMに。 8,15. 8,15 。

8. 8 。 Although this voluntariness [liberty of spirit] in the elect children of God is not perfect, but burdened with great weakness, as St. Paul complains concerning himself, Rom.にもかかわらず、この任意[自由の精神]は、次期神の子供たちは完全ではないが、大きな弱点を担っている、自分自身に関する不満聖パウロとしては、 ROMのです。 7, 14-25; Gal. 7 、一四から二五;ギャル。 5, 17; 5 、 17 ;

9. 9 。 Nevertheless, for the sake of the Lord Christ, the Lord does not impute this weakness to His elect, as it is written: There is therefore now no condemnation to them which are in Christ Jesus, Rom.にもかかわらず、主キリストのためには、この弱点は、主に転嫁しない彼の選出は、それが書き込ま:だから今すぐにはない非難をしているが、イエスキリストは、 ROMのです。 8, 1. 8 、 1 。

10. 10 。 We believe, teach, and confess also that not works maintain faith and salvation in us, but the Spirit of God alone, through faith, of whose presence and indwelling good works are evidences.私たちは、教えるのは、作品を維持するとの信仰告白もしていないと私たちの救いは、神の霊が、一人で、信仰を介して、その存在の証拠とは、留置良い作品です。

NEGATIVA. negativa 。

False Contrary Doctrine.偽教義に反しています。

1. 1 。 Accordingly, we reject and condemn the following modes of speaking: when it is taught and written that good works are necessary to salvation; also, that no one ever has been saved without good works; also, that it is impossible to be saved without good works.したがいまして、我々を非難を拒否すると言えば、以下のモード:教えたと書かれたときにそれは良い作品にするために必要な救世;も、それまで誰もなしに良い作品が保存されました;また、保存されることなしには不可能であることをいい作品です。

2. 2 。 We reject and condemn as offensive and detrimental to Christian discipline the bare expression, when it is said: Good works are injurious to salvation.我々として拒否攻撃を非難すると支障が出るとキリスト教の規律のむき出しの表現によれば、それはときによると:良い作品には、有害な救いだ。

For especially in these last times it is no less needful to admonish men to Christian discipline [to the way of living aright and godly] and good works, and remind them how necessary it is that they exercise themselves in good works as a declaration of their faith and gratitude to God, than that the works be not mingled in the article of justification; because men may be damned by an Epicurean delusion concerning faith, as well as by papistic and Pharisaic confidence in their own works and merits.これらの最終回は特にニードフルを少なくすることではない男性をキリスト教の規律を訓戒[生き方をきちんとして、信仰心の厚い]良い作品とは、どのように持たせたりすることが必要なことを行使して良い作品として宣言神への信仰と感謝の気持ちを、この作品ではないことよりも、記事の正当性混ざり;なぜなら、人間にのろわれるかもしれない妄想エピキュリアンに関する信仰だけでなく、 papisticとpharisaicさで、自分の作品に自信と長所がある。

3. 3 。 We also reject and condemn the dogma that faith and the indwelling of the Holy Ghost are not lost by willful sin, but that the saints and elect retain the Holy Ghost even though they fall into adultery and other sins and persist therein.ドグマにも、我々を非難することを拒否すると、留置信仰とは、聖霊によって失われた故意罪ではないが、それを維持するの聖人と聖霊の選出にもかかわらず、彼らの他の姦通の罪に陥るとそこに固執する。


Also, see:また、参照してください:
Augsburg Confession アウクスブルク信仰告白


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです