Garden of Edenエデンの園

General Information 総合案内

In the Bible, the Garden of Eden was the original home of Adam and Eve.聖書で、エデンの園には、元のホームページのアダムとイブ。 It was a well-watered garden with beautiful trees.それは十分に水やりをして美しい庭の木です。 Also called Paradise, Eden symbolized the unbroken harmony between God and humankind before the first sin, after which, according to Genesis 3, Adam and Eve were expelled from the garden.パラダイスとも呼ばれ、エデンの園の象徴連綿と続く神と人間の間の調和の前の最初の罪は、後には、創世記3によると、アダムとイブの庭から追放された。


Eveイブ

General Information 総合案内

According to the Bible, Eve was the first woman--the mother of Cain, Abel, and Seth.聖書によると、前夜には、初の女性-母親のカイン、アベル、およびセス。 God created her from the rib of Adam to be his wife.彼女の神から作成されるアダムの肋骨の妻です。 She and Adam lived in the Garden of Eden until they were expelled for eating the forbidden fruit from the tree of knowledge (Genesis 2-4).彼女とはエデンの園のアダムに住んで追放されるまで彼らは、禁断の果実を食べてから、ツリーの知識(創世記2-4 ) 。


E'den e'den

Advanced Information 高度情報

Eden: delight.エデン:喜びです。 (1.) The garden in which our first parents dewlt (Gen. 2: 8-17). ( 1 。 )庭で、私たちの最初の両親dewlt (大将2 : 8月17日) 。 No geographical question has been so much discussed as that bearing on its site.そんなに地理的な質問をされていないとして議論してそのサイトに関係しています。 It has been placed in Armenia, in the region west of the Caspian Sea, in Media, near Damascus, in Palestine, in Southern Arabia, and in Babylonia.アルメニア置かれてきたことは、その地域では、カスピ海の西には、メディアでは、ダマスカスの近くには、パレスチナでは、アラビア南部では、とのバビロニア。 The site must undoubtedly be sought for somewhere along the course of the great streams the tigris and the Euphrates of Western Asia, in "the land of Shinar" or Babylonia.このサイトのどこかに募集しなければ間違いなくコース沿いには、偉大なストリームのチグリス川とユーフラテス川の西アジアでは、 "その土地のシャイナー"またはバビロニア。 The region from about lat.この地域から約緯度です。 33 degrees 30' to lat. 33度30 'を緯度です。 31 degrees, which is a very rich and fertile tract, has been by the most competent authorities agreed on as the probable site of Eden. 31度、これは、非常に豊かで肥沃な路は、当局が合意した上で、最も有能なサイトとして、概ofエデン。 "It is a region where streams abound, where they divide and re-unite, where alone in the Mesopotamian tract can be found the phenomenon of a single river parting into four arms, each of which is or has been a river of consequence." "これは、地域のどこにあふれているストリームは、どこに分割して再団結は、どこに一人で、メソポタミアの現象を発見できる路、 1つの川に別れを4つの武器は、それぞれの会社が、川の帰結されている。 " Among almost all nations there are traditions of the primitive innocence of our race in the garden of Eden.ほぼすべての国の間では、原始的には無罪を我々の伝統ではエデンの園のレースです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
This was the "golden age" to which the Greeks looked back.これは、 "黄金時代"には、ギリシア人を振り返った。 Men then lived a "life free from care, and without labour and sorrow. Old age was unknown; the body never lost its vigour; existence was a perpetual feast without a taint of evil. The earth brought forth spontaneously all things that were good in profuse abundance."次に男性に住んで、 "人生のケアから無料で、労働党と悲しみとせず。老後は不明;体には決して失った強勢;存在なしには、永遠の祝宴悪の汚点。引き出される地球のすべてのことを自発的には良い多量の豊富です。 " (2.) One of the markets whence the merchants of Tyre obtained richly embroidered stuffs (Ezek. 27:23); the same, probably, as that mentioned in 2 Kings 19:12, and Isa. ( 2 ) 1つの市場の商人のタイヤでwhence豊かな刺しゅうを入手材( ezek. 27:23 ) ;は同じですが、おそらく、そのように記載さ2キングス19時12分、及びISA 。 37:12, as the name of a region conquered by the Assyrians. 37:12 、地域の名前としてassyriansに征服されたのだ。 (3.) Son of Joah, and one of the Levites who assisted in reforming the public worship of the sanctuary in the time of Hezekiah (2 Chr. 29:12). ( 3 ) 。 joahの息子、および1つの補助levites人では、聖域なき改革は、国民の崇拝のヒゼキヤ時間( 2 chr 。 29:12 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Garden of Edenエデンの園

Advanced Information 高度情報

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 差出人:ホーム聖書の勉強を解説ジェームズm.白黒

Genesis Chapter 2創世記第2章

The Garden Located庭に位置する

vv. vv 。 8-14. 8月14日。 What name is given to the locality of the garden?どのような名前が与えられ、庭の産地ですか? In which section of that locality was it planted?産地のセクションでは、それを植えですか? What expression in verse 9 shows God's consideration for beauty as well as utility? 9どのような表現で詩を示して、神の美しさだけでなく、実用的考察ですか? What two trees of life planted?人生の2つの木が植えられた何ですか? What geographical feature of verse 10 accentuates the historical character of this narrative?どのような地理的特徴の詩10 accentuatesこの物語の歴史的な性格ですか? Observe how this is further impressed by the facts which follow, viz: the names of the rivers, the countries through which they flow, and even the mineral deposits of the latter. Note: (a) the use of the present tense in this description, showing that the readers of Moses' period knew the location; (b) it must have been an elevated district, as the source of mighty rivers; (c) it could not have been a very luxuriant or fruitful locality, else why the need of planting a garden, and where could there have been any serious hardship in the subsequent expulsion of Adam and Eve?さらに感銘を観察するのは、どのようにこの事実を従って、 viz :川の名前は、その国の流れを介して、さらには、鉱物の預金は、後者です。 注: ( a )その使用は、現在時制で、この説明、ということを示す、読者のモーゼの期間の場所を知っていた; ( b )にする必要がありますが高架地区は、偉大な河川の源として; ( C参照)することができなかったが、非常に実り豊かな場所や、他の理由の必要性庭の植栽、そしてどこにも深刻な苦境にあるが、その後の任意のアダムとイブを追放しようか?

It is used to be thought that "Eden" was a Hebrew word meaning pleasure, but recent explorations in Assyria indicate that it may have been of Accadian origin meaning a plain, not a fertile plain as in a valley, but an elevated and sterile plain as a steppe or mountain desert. Putting these things together, the place that would come before the mind of an Oriental was the region of Armenia where the Euphrates and the Tigris (or Hiddekel) take their rise.が使用されることを考えて"エデンの園"は、ヘブライ語の単語の意味を喜びでしたが、最近でアッシリアexplorationsを示す可能性があることを意味するの起源accadianされ、平野ではなく、沃野としては、谷ではなく、高架と無菌平野砂漠や山岳としての草原。 パッティングこれらのものを合わせると、その場所に来る前には、東洋の心はどこにその地域のアルメニアや、チグリスユーフラテス(またはhiddekel )の上昇を取る。 There are two other rivers taking their rise in that region, the Kur and the Araxes, thence uniting and flowing into the Caspian Sea, but whether these are identical with the Pison and Gihon of the lesson can not yet be determined. Science now corroborates this location of Eden in so far as it teaches (a) that the human race has sprung from a common centre, and (b) that this centre is the table-land of central Asia. 彼らの他には2つの川が服用して地域の上昇は、クアルアラクセス川と、そこから流入して団結し、カスピ海のが、これらは同じものかどうかをpisonの教訓とすることはできませんgihonまだ未定です。サイエンス今すぐこのcorroboratesエデンの場所を教えることで今までに寄付さ( )は、人類共通の中心部からは、ひび割れた、および( b )当センターでは、テーブルにして土地の中央アジアです。


Terrestrial Paradise地上の楽園

Catholic Information カトリック情報

(paradeisos, Paradisus). ( paradeisos 、 paradisus ) 。

The name popularly given in Christian tradition to the scriptural Garden of Eden, the home of our first parents (Genesis 2).通俗的に与えられた名前で、キリスト教の聖書の伝統をエデンの園は、私たちの最初の両親のホームページ(創世記2 ) 。 The word paradise is probably of Persian origin and signified originally a royal park or pleasure ground.その言葉は、おそらく天国のペルシャ起源とする意味はもともと王立公園や遊園地です。 The term does not occur in the Latin of the Classic period nor in the Greek writers prior to the time of Xenophon.任期は発生しませんが、ラテン語、ギリシャ語でも古典期を前に、作家のクセノフォン時間です。 In the Old Testament it is found only in the later Hebrew writings in the form (Pardês), having been borrowed doubtless from the Persian.旧約聖書で見つかっただけで、後のことはヘブライ語の形で記述( pardês )は、疑いなく続けてきたから、ペルシャ借りた。 An instructive illustration of the origin and primary meaning of the term appears in II Esdras (ii, 8) where "Asaph the keeper of the king's forest" (happerdês) is the custodian of the royal park of the Persian ruler.有益な起源とする一次の図は、その単語の意味を表示されて2世エスドラス書( ⅱ 、 8 )で"アサフは、国王の森の番人" ( happerdês )は、カストディアンの王立公園のペルシャ定規です。 The association of the term with the abode of our first parents does not occur in the Old-Testament Hebrew.同協会は、第1項では我々の住まいは、昔の親は発生しません-新約聖書ヘブライ語です。 It originated in the fact that the word paradeisos was adopted, though not exclusively, by the translators of the Septuagint to render the Hebrew for the Garden of Eden described in the second chapter of Genesis.それが起源という事実が採択さparadeisosという言葉は、排他的わけではありませんが、翻訳されたのは、ヘブライ語セプトゥアギンタを描画するためにはエデンの園の第2章の創世記に記載されています。 It is likewise used in diverse other passages of the Septuagint where the Hebrew generally has "garden", especially if the idea of wondrous beauty is to be conveyed.同様に使用されることは、さまざまな他の通路セプトゥアギンタ通常は、ヘブライ語で"庭"は、そのアイデアの場合は特に驚くほどの美しさを伝えています。 Thus in Gen., xiii, 10, the "country about the Jordan" is described as a "paradise of the Lord" (rendering followed by the Vulgate).こうして、大将、 13 、 10 、 "国については、ジョーダン"は、 "楽園は、主に" (ウルガタ聖書のレンダリングに続きます) 。 Cf. cf 。 Numbers, xxiv, 6 (Greek) where the reference is to the beautiful array of the tents of Israel, also Isaias, i, 30; Ezechiel, xxxi, 8, 9 etc. Those interested in speculation as to the probable location of the Scriptural Garden of Eden, the primeval home of mankind, are referred to the scholarly work of Friedrich Delitsch, "Wo lag das Paradies?"数字、 xxiv 、 6 (ギリシャ語)で、リファレンスは、美しい配列には、イスラエルのテント、 isaiasも、私は、 30 ; ezechiel 、 31 、 8 、 9等の憶測に興味があるように、これらの場所は、聖書概エデンの園には、人類の原始ホームページは、学術的には言及して仕事のフリードリヒdelitsch 、 "ウーラグdas paradiesですか? " (Berlin, 1881). (ベルリン、 1881 ) 。 In the New Testament period the word paradise appears with a new and more exalted meaning.期間は、新約聖書の楽園という言葉が表示されたら、新しい、より高貴な意味を持つ。 In the development of Jewish eschatology which marks the post-Exilic epoch the word paradise or "Garden of God", hitherto mainly associated with the original dwelling-place of our first parents, was transferred to signify the future abode of rest and enjoyment which was to be the reward of the righteous after death.ユダヤ教の終末論の開発を追放された後のマルクのエポックパラダイスという言葉や"神の庭"は、これまで主に関連して、元の住居私たちの最初の両親は、転勤には、将来の住まいの意味や楽しさが残り報酬には、正しい者の死後。 The term occurs only three times in the New Testament, though the idea which it represents is frequently expressed in other terms, vg "Abraham's bosom" (Luke 16:22).任期中に3回発生し、新約聖書のみが、それを表すという考えを表明し、他の条件は、頻繁には、英領バージン諸島"アブラハムの懐" (ルーク16 : 22 ) 。 The signification of the word in these remarkably few passages can be determined only from the context and by reference to the eschatological notions current among the Jews of that period.その言葉の意味は非常に少ないこれらの文章の文脈からのみ判別することができますし、終末論の概念を基準にした現在の期間のうち、ユダヤ人のことです。 These views are gathered chiefly from the Rabbinical literature, the works of Josephus, and from the apocryphal writings, notably the Book of Enoch, the Book of Jubilees, the Apocalypse of Baruch, etc. An inspection of these sources reveals a great confusion of ideas and many contradictions regarding the future paradise as also concerning the original Garden of Eden and the condition of our first parents.これらの意見は、主から集まったラビ文学、ヨセフスの作品は、うその記述から、特にこの本のイノックは、その本のjubilees 、黙示録のバルーク等の検査によると、これらのソースのアイデアが非常に混乱そして多くの矛盾については、将来に関する楽園としても、元の状態エデンの園と私たちの最初の両親です。 The scanty references to Sheol which embody the vague eschatological beliefs of the Hebrews as expressed in the earlier Old Testament writings give place in these later treatises to elaborate theories worked out with detailed descriptions and speculations often of a most fanciful character.わずかな言及を具現化し、漠然とした終末論sheolどのヘブル人への手紙としての信念を表明し、旧約聖書の記述は、以前の場所に与えるこれらの精巧な理論を働いた後に論文を出すと推測して詳細な説明は、最も頻繁に架空のキャラクターだ。 As a sample of these may be noted the one found in the Talmudic tract "Jalkut Schim., Bereschith, 20".これらのサンプルとして有名なのかもしれないが、 1つが見つかりましたtalmudic路"シムjalkut 。 、 bereschith 、 20 " 。 According to this description the entrance to paradise is made through two gates of rubies beside which stand sixty myriads of holy angels with countenances radiant with heavenly splendor.この説明によると、楽園の入り口には、 2つの門の前で60ルビーの横に立って無数の聖なる天使天国の素晴らしさを放射してcountenances 。 When a righteous man enters, the vestures of death are removed from him; he is clad in eight robes of the clouds of glory; two crowns are placed upon his head, one of pearls and precious stones, the other of gold; eight myrtles are placed in his hands and he is welcomed with great applause, etc. Some of the Rabbinical authorities appear to identify the paradise of the future with the primeval Garden of Eden which is supposed to be still in existence and located somewhere in the far-distant East.正義の男に入るときには、 vesturesから削除するのは、彼の死;彼は、雲に覆われて、 8つの栄光ローブ;クラウンは課さ2つの頭を、真珠と貴石の1つは、他のゴールド; myrtlesは8人彼は彼の手に置かれると大きな拍手で歓迎して、表示されるなどいくつかのラビ当局は、将来の楽園を識別して、原始エデンの園がまだ生きているはずだとどこかで、はるかに遠い場所に東。 According to some it was an earthly abode, sometimes said to have been created before the rest of the world (IV Esdras iii, 7, cf. viii, 52); others make it an adjunct of the subterranean Sheol, while still others place it in or near heaven.それは、この世によると、いくつかの住まいは、ときどき前までに作成されたと述べたが、世界の残りの部分( ⅳエスドラス書3世、 7 、 cf 。 VIIIや52 ) ;他補助することは、地下のsheolが、まだ他の場所に置きますまたは近くには天国です。 It was believed that there are in paradise different degrees of blessedness.と考えられていましたが、さまざまな程度の至福の楽園です。 Seven ranks or orders of the righteous were said to exist within it, and definitions were given both of those to whom these different positions belong and of the glories pertaining to each ("Baba bathra", 75 a, quoted by Salmond, Hastings, "Dict. of the Bible", sv "Paradise").正義の受注は、 7つのランク付けたりして存在していたことによると、これらの両方が与えられたと定義して別の位置に属する人とは、これらの栄光に係る各( "ババbathra "は、 75で、引用されるサモンド、ヘイスティングスは、 "辞書です。のバイブル" 、 sv "パラダイス"を参照) 。 The uncertainty and confusion of the current Jewish ideas concerning paradise may explain the paucity of reference to it in the New Testament.の不確実性や混乱は、現在のユダヤ人の楽園可能性に関するアイデアを参考にすることを説明するのに不足新約聖書です。 The first mention of the word occurs in Luke, xxiii, 43, where Jesus on the cross says to the penitent thief: "Amen I say to thee, this day thou shalt be with me in paradise".その言葉に言及した最初のルークが発生し、 23 、 43 、イエスの十字架上のどこによれば泥棒を後悔している: "アーメン言って、なた、なたはこの日にして私にはパラダイス" 。 According to the prevailing interpretation of Catholic theologians and commentators, paradise in this instance is used as a synonym for the heaven of the blessed to which the thief would accompany the Saviour, together with the souls of the righteous of the Old Law who were awaiting the coming of the Redeemer.現行の解釈によると、カトリック神学者や解説者は、天国では、このインスタンスの同義語として使われて天国への祝福のためには、泥棒は、同行の救い主、一緒には、正しい者の魂は、昔の人が待機中の法則救い主の到来です。 In II Corinthians (xii, 4) St. Paul describing one of his ecstasies tells his readers that he was "caught up into paradise".コリンチャンスで2世( 12世、 4 )聖パウロの1つを記述する彼の陶酔して自分の読者に指示していた"天国に巻き込まれる" 。 Here the term seems to indicate plainly the heavenly state or abode of the blessed implying possibly a glimpse of the beatific vision.ここではっきりと示す用語のように天上の祝福の状態や住まいの片鱗を示す可能性を示唆したの至福直観です。 The reference cannot be to any form of terrestrial paradise, especially when we consider the parallel expression in verse 2, where relating a similar experience he says he was "caught up to the third heaven".照会することはできませんが、いかなる形の地上の楽園、特に我々を検討する際には、パラレル式で詩2は、どこに係る似たような経験をすると彼は言います彼は"第3の天国に巻き込まれる" 。 The third and last mention of paradise in the New Testament occurs in the Apocalypse (ii, 7), where St. John, receiving in vision a Divine message for the "angel of the church of Ephesus", hears these words: "To him that overcometh, I will give to eat of the tree of life, which is in the paradise of my God." 3番目と最後の楽園に言及したのは、新約聖書の黙示録が発生する( ⅱ 、 7 )は、どこの聖ヨハネは、神のメッセージを受信するためのビジョンは、 "天使の教会エペソ"は、これらの言葉を聞いて: "彼にovercomethことは、私は〜を食べるのは、ツリーオブライフ、これは、私の神の楽園。 " In this passage the word is plainly used to designate the heavenly kingdom, though the imagery is borrowed from the description of the primeval Garden of Eden in the Book of Genesis.この通路は、はっきりと使われる単語を指定して天国の王国が、その画像は、その説明は、原始から借りてエデンの園には、創世記です。

According to Catholic theology based on the Biblical account, the original condition of our first parents was one of perfect innocence and integrity.によると、カトリック神学に基づいて、聖書の中のアカウントは、私たちの最初の両親が、元の状態には完璧な純真さと誠実さの1つです。 By the latter is meant that they were endowed with many prerogatives which, while pertaining to the natural order, were not due to human nature as such--hence they are sometimes termed preternatural.後者の意味では、多くの特権は、彼らが恵まれているが、自然の中に係る注文は、人間の本性のためにはこのように-したがって彼らはときどき呼ばれる異常なほどだ。 Principal among these were a high degree of infused knowledge, bodily immortality and freedom from pain, and immunity from evil impulses or inclinations.このうち校長は、高度な知識を注入さは、肉体的な痛みから不滅と自由、そして悪の免除または性向インパルス。 In other words, the lower or animal nature in man was perfectly subjected to the control of reason and the will.言い換えれば、自然や動物の下にさらされるが、男は完全に支配権を理由とは。 Besides this, our first parents were also endowed with sanctifying grace by which they were elevated to the supernatural order.これに加えて、私たちの最初の両親も恵まれているsanctifyingかれらは猶予される、超自然的秩序を高架です。 But all these gratuitous endowments were forfeited through the disobedience of Adam "in whom all have sinned", and who was "a figure of Him who was to come" (Romans 5) and restore fallen man, not to an earthly, but to a heavenly paradise.しかし、これらすべての天分が没収無償を通じて、不服従のアダム"すべての人は罪を犯しました" 、と誰だった"とする彼の姿に来ていた" (ローマ人への手紙5 )およびリストア倒れた男は、この世にないが、しかし、天国の楽園です。

According to Josephus (Ant. Jud., I, i, 3), the Nile is one of the four great rivers of paradise (Genesis 2:10 sqq.).ヨセフスによると、 ( ant.ユート。 、私は、私は、 3 )は、 1つは、 4つの偉大なナイル川の楽園(創世記2時10 sqq 。 ) 。 This view, which has been adopted by many commentators, is based chiefly on the connection described between Gehon, one of the yet unidentified rivers, and the land of Cush, which, at least in later times, was identified with Ethiopia or modern Abyssinia (cf. Vulgate, Genesis 2:13).このビューで、多くの解説されて採択された、主には、拠点間の接続に記載gehon 、まだ身元不明の1つの川は、その土地の凝ったデザインと、これは、少なくともそれ以降タイムズは、エチオピアたりして発見された近代的アビシニア( cf 。ウルガタ聖書の、創世記2時13分) 。 Modern scholars, however, are inclined to regard this African Cush as simply a colony settled by tribes migrating from an original Asiatic province of the same name, located by Fried.現代の学者は、しかし、この点では、アフリカのしゃれた傾いているだけで、植民地としての部族によって解決されるアジア地域への移行は、オリジナルと同じ名前、位置を揚げています。 Delitsch (op. cit., 71) in Babylonia, and by Hommel ("Ancient Hebrew Tradition", 314 sqq.) in Central Arabia. delitsch ( op. cit 。 、 71 )はバビロニア、ホンメルとされた( "古代ヘブライ語の伝統" 、 314 sqq 。 )中央アラビア。

Publication information Written by James F. Driscoll. f.ジェームズドリスコル書かれた文献の情報です。 Transcribed by Robert B. Olson.ロバートBオルソン転写される。 Offered to Almighty God for David and Patricia Guin & Family The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.全能の神を提供するために、ご家族のデビッドとパトリシアグイン&カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

HURTER, Theologioe Dogmaticoe Compendium, II (Innsbruck, 1893), 264-83; VON HUMMELAUER, Comment.保護するものは、大要theologioe dogmaticoe 、 2世(インスブルック、 1893 ) 、 264〜83 ;フォンhummelauer 、コメントです。 in Genesim (Paris, 1895): Comment.中genesim (パリ、 1895年) :コメントした。 in Cap.でキャップです。 ii; VIGOUROUX, Dict. 2世; vigouroux 、辞書です。 de la Bible, sv; GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, Pt.デラ聖書は、 sv ;ジゴは、特別な導入の研究は、旧約聖書には、点 I, 168 sqq.私は、 168 sqq 。 (New York, 1901). (ニューヨーク、 1901 ) 。


Eveイブ

Catholic Information カトリック情報

(Hebrew hawwah). (ヘブライ語hawwah ) 。

The name of the first woman, the wife of Adam, the mother of Cain, Abel, and Seth.初の女性の名前は、アダムの妻、母親のカイン、アベル、およびセス。 The name occurs only five times in the Bible. 5回の名前は、聖書にのみ発生します。 In Gen., iii, 20, it is connected etymologically with the verb meaning "to live": "And Adam called the name of his wife Eve [hawwah]: because she was the mother of all the living".大将は、 3世は、 20日に接続することが語源で、動詞の意味"を生きる" : "アダムとイブと呼ばれる彼の妻の名前[ hawwah ] :彼女は、母親のためのすべてのリビング" 。 The Septuagint rendering in this passage is Zoe (=life, or life-giver), which is a translation; in two other passages (Genesis 4:1 and 25) the name is transliterated Eua.この通路は、セプトゥアギンタレンダリングゾーイ( =人生、または人生を与える人) 、これは、翻訳;他の2つの通路(創世記4時01分、 25 )の名前はtransliterated eua 。 The Biblical data concerning Eve are confined almost exclusively to the second, third, and fourth chapters of Genesis (see ADAM).聖書の中に閉じ込めに関するデータの前夜にはほぼ全面的には、第2 、第3 、第4章の創世記(アダムを参照してください) 。

The first account of the creation (Gen. i, "P") sets forth the creation of mankind in general, and states simply that they were created male and female.最初のアカウントの作成(大将私は、 " P "と)人類の創造送付全般、および州だけでは、彼らが作成したオスとメス。 The second narrative (Genesis 2: "J") is more explicit and detailed. 2番目の物語(創世記2 :ある" J " )は、こちらで詳細に明示します。 God is represented as forming an individual man from the slime of the earth, and breathing into his nostrils the breath of life.神として表されるが、個々の形成は、地球から来た男は、スライム、と呼吸を自分の鼻の穴のブレスオブライフです。 In like manner the creation of the first woman and her relation to man is described with picturesque and significant imagery.同じように、彼女の創造の最初の女性との関係を説明すると男は、絵のように美しい画像や重要です。 In this account, in which the plants and animals appear on the scene only after the creation of man, the loneliness of the latter (Genesis 2:18), and his failure to find a suitable companion among the animals (Genesis 2:20), are set forth as the reason why God determines to create for man a companion like unto himself.このアカウントでは、植物や動物で、その場に現れる男だけの創造した後は、寂しさが、後者(創世記2時18分)は、故障を見つけると彼の仲間のうち、適当な動物(創世記2時20分)は、その理由としては、神の規定を作成するかを決定するために仲間の男のように、かれ自身です。 He causes a deep sleep to fall upon him, and taking out one of the ribs, forms it into a woman, who, when she is brought to him, is recognized at once as bone of his bone and flesh of his flesh.彼は、深い眠りに落ちる原因に彼は、服用すると、肋骨の1つは、フォームの女になることは、人は、彼女がもたらしたときにいても、一度に認識としては、彼の骨と骨の彼の肉の肉。 A discussion of the arguments in favor of the historical, or the more or less allegorical character of this narrative would be beyond the scope of the present notice.議論の議論に賛成し、歴史的な、あるいは、多かれ少なかれ、この物語の寓話のキャラクターが、現在の通知の範囲を超えています。 Suffice it to say that the biblical account has always been looked upon by pious commentators as embodying, besides the fact of man's origin, a deep, practical and many-sided significance, bearing on the mutual relationship established between the sexes by the Creator.あえて言うなら、聖書の中のことは常にアカウントを見下ろしていましたembodying信心深いコメンテーターとしては、実際の人間の起源に加えて、深い、現実的かつ多面的な意義は、軸受は、男女間の相互関係を確立されるクリエーターです。

Thus, the primitive institution of monogamy is implied in the fact that one woman is created for one man.したがって、黙示的には原始的機関の一夫一婦制という事実を1つ1つの女性は、男性用に作成されます。 Eve, as well as Adam, is made the object of a special creative act, a circumstance which indicates her natural equality with him, while on the other hand her being taken from his side implies not only her secondary rôle in the conjugal state (1 Corinthians 11:9), but also emphasizes the intimate union between husband and wife, and the dependence of the latter on the former "Wherefore a man shall leave father and mother, and shall cleave to his wife: and they shall be two in one flesh."イヴは、アダムだけでなく、そのオブジェクトの前には、特別な創造的な行為は、自然の平等な状況を示す彼と彼女は、彼女の手の中には、他のお察しれているだけでなく、彼女の側から彼は、第二次rôle夫婦の状態( 1コリンチャンス11時09分)は、強調するだけでなく、夫と妻の間に親密な労働組合、およびその依存性は、後者は、元"何のためには、一人の男を残す父と母は、彼の妻とは、忠実である:そしてかれらは必ず2つに1つ肉です。 " The innocence of the newly created couple is clearly indicated in the following verse, but the narrator immediately proceeds to relate how they soon acquired, through actual transgression, the knowledge of good and evil, and with the sense of shame which had been previously unknown to them.新しく作成した、無罪のカップルは、はっきりと示されて、次の詩は、語り手が、すぐにどのように関連する収益を獲得した人はすぐ、実際の罪を通して、善と悪の知識がある、として羞恥心をされていた以前は不明してください。 In the story of the Fall, the original cause of evil is the serpent, which in later Jewish tradition is identified with Satan (Wisdom 2:24).物語の中では、秋には、オリジナルの悪の原因は、ヘビは、ユダヤ教の伝統が発見され、後にサタン(知恵2時24分) 。 He tempts Eve presumably as the weaker of the two, and she in turn tempts Adam, who yields to her seduction.おそらく彼は前夜temptsとしては、 2つの弱い、と彼女は、電源temptsアダムは、彼女たちの利回りを誘惑します。 Immediately their eyes are opened, but in an unexpected manner.彼らの目は、すぐにオープンではなく、予期せぬ形です。 Shame and remorse take possession of them, and they seek to hide from the face of the Lord.恥と後悔の念を所持しては、かれらの顔からシークを非表示には、主です。

For her share in the transgression, Eve (and womankind after her) is sentenced to a life of sorrow and travail, and to be under the power of her husband.彼女は、罪を共有するためには、前夜(と彼女の後womankind )は、判決を人生の悲しみや苦労には、下のパワーとされる彼女の夫です。 Doubtless this last did not imply that the woman's essential condition of equality with man was altered, but the sentence expresses what, in the nature of things, was bound to follow in a world dominated by sin and its consequences.確かに、この最後の意味していない女性と男性の本質的平等の条件が変わっても、しかし、どのような文章を表現し、物事の本質は、世界では、バウンドに従うとその帰結罪に支配されています。 The natural dependence and subjection of the weaker party was destined inevitably to become something little short of slavery.自然の依存性と服従の弱い党になるのは避けられない運命何か少しショート奴隷制度です。 But if woman was the occasion of man's transgression and fall, it was also decreed in the Divine counsels, that she was to be instrumental in the scheme of restoration which God already promises while in the act of pronouncing sentence upon the serpent.しかし、もしこの機会に、女性は男性の罪と秋には、それは、神の忠告にも定め、その彼女はインストゥルメンタルには、神のスキームの修復を約束しながら、すでに発音は、文章の上の行為ヘビです。 The woman has suffered defeat, and infinitely painful are its consequences, but henceforth there will be enmity between her and the serpent, between his seed and her seed, until through the latter in the person of the future Redeemer, who will crush the serpent's head, she will again be victorious.その女性が苦しんで敗北し、その結果を無限に痛みを伴うが、しかし、この時点恨みはないだろうとの間で彼女のヘビは、種子の間に彼と彼女の種子は、後者になるまでを通して、将来の身請け人は、誰が蛇の頭をつぶすは、彼女には再び勝利する。

Of the subsequent history of Eve the Bible gives little information.イブの聖書の歴史を、その後の小さな情報を与えています。 In Gen., iv, 1, we read that she bore a son whom she named Cain, because she got him (literally, "acquired" or "possessed") through God--this at least is the most plausible interpretation of this obscure passage.大将は、 4世、 1 、彼女は我々の口径を読んだことがある人の息子の名前カイン彼女は、彼女は彼のために(文字通り、 "後天性"または"保有" )を通して、神-少なくともこの本は、ほとんど無名のもっともらしい解釈通路です。 Later she gave birth to Abel, and the narrative does not record the birth of another child until after the slaying of Abel by his older brother, when she bore a son and called his name Seth; saying: "God hath given me [literally, "put" or "appointed"] another seed, for Abel whom Cain slew".アベルを出産後、彼女は、記録がないと、物語のもう一つの子供の誕生までのアベル殺害された後、彼の兄は、彼女に穴を開けるときに自分の名前を呼ばれ息子とセス;と言って: "私に与えられた神かれら[文字通り、 "入れる"または"任命" ]別の種子は、誰のためのアベルカインが殺した" 。

Eve is mentioned in the Book of Tobias (viii, 8; Sept., viii, 6) where it is simply affirmed that she was given to Adam for a helper; in II Cor., xi, 3, where reference is made to her seduction by the serpent, and in I Tim., ii, 13, where the Apostle enjoins submission and silence upon women, arguing that "Adam was first formed; then Eve. And Adam was not seduced, but the woman being seduced, was in the transgression".前夜には、その本の中に記載のトビアス( 8 、 8 ;九月、 VIIIや6 )がどこに断言していたのは、単に与えられたアダムのためにヘルパー;で2世うわっ。 、 xi 、 3 、彼女はどこに言及がなされ誘惑されたヘビは、私とティム。 、 2世は、 13日、どこの使徒と沈黙enjoins提出する女性、と主張して"アダムが最初に結成;次にイブ。魅せとアダムではなかったが、その女性の誘惑は、その罪" 。

As in the case of the other Old Testament personages, many rabbinical legends have been connected with the name of Eve.他の例としては、旧約聖書な人々は、多くの伝説がラビの名前をイブに接続している。 They may be found in the "Jewish Encyclopedia", sv (see also, ADAM), and in Vigouroux, "Dictionnaire de la Bible", I, art.彼らに見られるかもしれない"とユダヤ人の百科事典" 、 sv (も参照してください、アダム) 、そしてvigouroux 、 "デラ聖書辞典"と、私は、アートです。 "Adam". "アダム" 。 They are, for the most part, puerile and fantastic, and devoid of historical value, unless in so far as they serve to illustrate the mentality of the later Jewish writers, and the unreliability of the "traditions" derived from such sources, though they are sometimes appealed to in critical discussions.彼らは、その大部分は、幻想的なたわいもないとし、歴史的な価値を欠いては、今までに寄付されない限り、彼らの考え方を説明するサーブは、その後のユダヤ人作家、および信頼性の欠如は、 "伝統"などのソースから派生した、かれら控訴審では、いくつかの重要な議論をしています。

Publication information Written by James F. Driscoll. f.ジェームズドリスコル書かれた文献の情報です。 Transcribed by Dennis McCarthy.転写されたデニスマッカーシー。 For my godmother, Eva Maria (Wolf) Gomezplata The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.私の名付け親は、エバマリア(オオカミ) gomezplataカトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認は、 09年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

PALIS in VIGOUROUX, Dictionnaire de la Bible, II, 2118; BENNETT in HASTINGS, Dict. palisでvigouroux 、デラ聖書辞典は、 2世、 2118 ;ヘイスティングスベネットでは、辞書です。 of the Bible, sv; Encyclopedia Biblica, sv Adam and Eve; GIGOT, Special Introduction to the Study of the Old Testament, Part I, p.聖書の、 sv ;百科事典biblica 、アダムとイブsv ;ジゴは、特別な導入には、旧約聖書の勉強は、パートI 、 p. 162; Jewish Encyclopedia, sv, V, 275. 162 ;ユダヤ百科事典、 sv 、 v 、 275 。


Garden of Edenエデンの園

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

-Biblical Data: -聖書の中のデータ:

Name given to the "earthly paradise" occupied by Adam and Eve before their fall through sin.名前を指定して"この世の楽園"アダムとイブによって占有されて落下する前に自分の罪を介しています。 The word "Eden," perhaps an Assyrian loan-word, is of the same root as the Assyrian "edinu," synonymous with "ṣeru" (= field, depression; compare the Arabic "zaur," which is the name still given to the country south of Babylon and extending to the Persian Gulf; the nomadic tribes inhabiting it were called by the Assyrians "sabe edini") (see Delitzsch, "Wo Lag das Paradies?").という言葉を"エデンの園は、 "たぶん、アッシリアローンの単語や、同じルートとしては、アッシリア" edinu 、 "と同義で" ṣeru " ( =フィールドには、うつ病;比較してアラビア語" zaur 、 "これは、まだ名前を与えられたバビロンの南の国と拡張をペルシャ湾に;生息していたと呼ばれる遊牧民のassyrians " edini sabe "を参照してください) (デリッチ、 "ウーラグdas paradiesですか? "を参照) 。 Its connection with the Hebrew word is of later origin.ヘブライ語の単語に関連しては、それ以降の起源です。 Sprenger ("Das Leben und die Lehre des Mohammad," ii. 507) explains it through the Arabic "'adn."シュプレンガー( " dasビザ死ぬlehreデモハマドは、 " Ⅱ 。 507 )を説明することを通じて、アラビア語で" 'とします。 "

Views of Delitzsch.デリッチの意見です。

The writer of the Biblical story of Eden (Gen. ii.-iii.) is evidently describing some place which he conceives to be on the earth; hence the exact details: "God planted a garden eastward, in Eden," etc. Many attempts have been made to determine the precise geographical location.その作家は、旧約聖書の物語エデン(大将ii. - IIIのです。 )は、明らかに記述されるいくつかの場所で彼は、理解は、地球上;したがって、その正確な詳細: "東方神に植えられた庭は、エデンの園"など多くの試行されている正確な地理的位置を決定する。 The most ancienttradition, going back to Josephus and followed by most of the Church Fathers, makes Havilah equivalent to India, and the Pison one of its rivers, while Cush is Ethiopia and the Gihon the Nile.最もancienttradition 、ヨセフスにさかのぼると続きますのほとんどは、教会の祖先は、インドに相当するハヴィラにより、 1つの河川とpison 、凝ったデザインの中には、ナイルエチオピアとgihon 。 A very popular theory places Eden in Babylonia.エデンの場所で、非常に人気のある理論バビロニア。 Calvin made the Shaṭṭal-'Arab-formed by the union of the Tigris and Euphrates-the river that "went out of the garden"; but it is now known that in ancient times the two rivers entered the Persian Gulf separately.カルビン- 'arab - shaṭṭal前に、労働組合の結成されたのは、チグリス川とユーフラテス川のこと"に出掛けたの庭" ;しかし、それは今で知られている2つの川が古代ペルシア湾を個別に入力します。 Friedrich Delitzsch also places Eden in the country around Babylon and south of it, a country which was so beautiful in its luxuriant vegetation and abundant streams that it was known as "Kar-Duniash," or "garden of the god Duniash."フリードリヒデリッチエデンの場所でも、その国と南のバビロンの周りには、ある国ではとてもきれいで、豊かな植生として豊富なストリームとして知られていた" kar - duniash 、 "または"神の庭duniash 。 "

Rawlinson even tried to show the identity of the names "Gan-Eden" and "Kar-Duniash."ローリンソンさえしようとしたアイデンティティの名前を表示する"甘-エデンの園"と" kar - duniash 。 " This region is watered practically by the Euphrates alone, which is here on a higher level than the Tigris.この地域はユーフラテス水増しされるだけで、事実上、これはここではより上位の階層チグリス。 The Pison and the Gihon are identified with two canals (they may originally have been river-beds) which branch out from the Euphrates just below Babylon. pisonとの識別には、 2つの運河gihon (かれらはもともとが川のベッド)をわずかに下回る水準でユーフラテス川から分岐するバビロン。 The former, to the west, is the Pallacopas, upon which Ur was situated, and Havilah is thus identified with the portion of the Syrian desert bordering on Babylonia, which is known to have been rich in gold.前者は、西側には、 pallacopas 、その上で我々がどの位置し、こうしてハヴィラが識別され、上の部分に面するシリア砂漠のバビロニア、これに富んでいることが判明してきた金メダルを獲得しました。 The latter, Gihon, is the Shaṭṭ al-Nil, which passes the ruins of the ancient Erech, while Cush is the Mat Kashshi, or the northern part of Babylonia proper.後者は、 gihon 、 nilのは、アルshaṭṭ 、これは、古代の遺跡を通過erech 、凝ったデザインの中には、マットkashshi 、または適切なバビロニアの北部。 Curiously enough, this region was also called "Meluḥa," which name was afterward transferred to Ethiopia.妙な話だ、とも呼ばれるこの地域は" meluḥa 、 "エチオピアの名前は後に転勤になる。 Other Assyriologists (eg,Haupt, "Wo Lag das Paradies?" in "Ueber Land und Meer," 1894-95, No. 15) do not credit the Biblical writer with the definiteness of geographical knowledge which Delitzsch considers him to have had.その他assyriologists (例えば、ハウプトは、 "ウーラグdas paradiesですか? "は、 "土地ウントueberミーアは、 " 1894年から1895年、第15 )のクレジットはありませんが、聖書の定性作家の地理的な知識を持つ彼が考えていたデリッチ。

The Gilgamesh Epic.ギルガメシュ叙事詩のです。

A very natural theory, which must occur to any one reading the Babylonian Gilgamesh epic, connects Eden with the dwelling of Parnapishtim, the Babylonian Noah, at the "confluence of streams."非常に自然な理論的には、いずれか1つを発生させる必要があるのバビロニア読書ギルガメシュ叙事詩は、接続してエデンの住居parnapishtim 、ノアのバビロニアには、 "合流のストリームです。 " This is supposed to have been in the Persian Gulf or Nar Marratim ("stream of bitterness"), into which emptied the four rivers Euphrates, Tigris, Kercha, and Karun (compare Jensen, "Kosmologie der Babylonier," p. 507, and Jastrow, "Religion of the Babylonians and Assyrians," p. 506).これは、ペルシャ湾にしてきたかnar marratim ( "ストリームの苦味" )には、空の4つのユーフラテス川、チグリス川、 kercha 、とカールーン川(比較ジェンセンは、 " kosmologieデアbabylonier 、 " p. 507 、およびジャストロウは、 "宗教のbabyloniansとassyrians 、 " p. 506 ) 。 It is probable, however, that the story as given in the Bible is a later adaptation of an old legend, points of which were vague to the narrator himself, and hence any attempt to find the precise location of Eden must prove futile.概ことは、しかし、与えられたことは、聖書の物語としては、それ以降の適応の古い伝説は、あいまいな点が自分自身を語り手は、いかなる試みとそのための正確な位置を見つける必要がありますが空回りエデン。 Indeed, the original Eden was very likely in heaven, which agrees with the view on the subject held by the Arabs.確かに、元のエデン、天国では非常に高い、との見解に同意して服従されるアラブ諸国で行われた。 Gunkel, in his commentary on Genesis, also adopts this view, and connects the stream coming out of Eden with the Milky Way and its four branches.グンケル、彼の創世記解説して、このビューを表示するにも採用し、ストリームに接続してエデンの園を出て、天の川とその4つの支店です。

The El-Amarna Tablets.エルアマーナの錠剤です。

Though there is no one Babylonian legend of the Garden of Eden with which the Biblical story can be compared as in the case of the stories of the Creation and of the Flood, there are nevertheless points of relationship between it and Babylonian mythology.バビロニアではないものの1つはエデンの園の伝説と比べることができますが、聖書物語の例としては、ストーリーの創造とは、洪水では、それにもかかわらずポイントとバビロニア神話の関係です。 On one of the tablets found at Tell el-Amarna, now in the Berlin Museum, occurs the legend of Adapa.上の1つの錠剤を見つけたテルエルアマーナで、今は、ベルリン博物館、アルリムの伝説が発生した。 Adapa, the first man, is the son of the god Ea, by whom he has been endowed with wisdom, but not with everlasting life.アルリムは、最初の男は、神の息子は、 ea 、彼はずっと恵まれている人の知恵は、来世ではない。 He lives in Eridu, and cares for the sanctuary of the god.エリドゥに住んでいる彼は、心配事は、聖域とは、神です。 One day while fishing in a calm sea the south wind suddenly arises and overturns his boat.一日中、穏やかな海釣りで、南風が発生すると、突然彼のボートoverturns 。 In his anger Adapa fights with the south wind and breaks his wings so that he can not blow for seven days.彼の怒りアルリム南風とけんかして休憩することはできません彼は彼の翼のような打撃を7日間。 Anu, the god of heaven, hearing of this, summons Adapa before him.アヌは、神が天には、この聴聞会には、彼の前に召喚アルリムです。 Ea gives his son instructions as to his behavior before Anu; among other things he tells him: "Bread of death will they offer thee: eat not of it. Water of death will they bring thee: drink not of it." ea与え、息子の手順としては彼の行動をする前にアヌ;中に他のものと彼は言うが彼: "パンの死は、かれらなた提供:食べることではない。かれらは死をもたらす水なた:酒を飲むことではない"と述べた。 Adapa does as he is told, but the bread and water Anu causes to be placed before him are of life, not of death.アルリムと彼は言ったが、しかし、パンと水アヌの原因には、彼の目の前に置かれる人生ではなく、死のです。 Thus Adapa loses his chance of eternal life.こうしてアルリム永遠の生命の可能性を見失ってしまう。 He puts on the garment, however, which is offered him, following Ea's instructions.彼は、衣服Answersは、しかし、これは彼の提案は、次のEAの指示に従います。 In this story the bread of life is parallel to the tree of life in the Biblical story.この物語は、命の糧と平行には、ツリーオブライフ聖書物語です。 It is probable that the water of life also formed a part of the original story, and that the river of Eden is a trace of it.それは生命の水を予想しても、元の物語の一部を形成し、その川のことは、トレースエデンのことです。 In Ezek. ezek中です。 xlvii. 47 。 6-12 and, with some variation, in Rev. xxii. 6-12とは、いくつかのバリエーションは、牧師22 。 1, 2 mention is made of a "river of water of life, . . . and on either side of the river was there the tree of life," showing that the water of life was associated with the tree of life. 1 、 2に言及したのは、 "人生の川の水は、 。 。 。とは、川の両側にあるツリーオブライフのは、 "生命の水ということを示すのは、ツリーオブライフに関連付けられています。

Further, in the Biblical story, as in the Adapa legend, man is prevented from eating the food of life through being told that it means death to him.さらに、聖書の話では、アルリムとしては、伝説は、男は、食べ物を食べてから防がを通して人生の死を意味していると判断しています。 "In the day that thou eatest thereof thou shalt surely die" (Gen. ii. 17); and it is Ea, who has formed man, who is the means of preventing him from attaining life everlasting, just as it is God who removes man from out of Eden "lest he put forth his hand and take also of the tree of life, and eat, and live for ever" (ib. iii. 22). "その日のうちに、なたのためにeatestなたは本当に死ぬ" (大将2世です。 17 ) ; eaとすることは、誰が形成さ男は、誰が彼を防止する手段の達成から永遠の生命と同様に、削除することは、神の人エデンから来た男のうち"としないように彼に手を出すと、ツリーオブライフを取るのも、そして食べる、とは永遠に生きる" ( ib. Ⅲ 。 22 ) 。 Jastrow (lc) remarks that the Hebrew story is more pessimistic than the Babylonian, since God even begrudges man knowledge, which the Babylonian god freely gives him.ジャストロウ(セントルシア)は、ヘブライ語の言葉よりも悲観的な話はこちらバビロニア、 begrudges以来男でも、神の知識は、神のバビロニア自由に与えていた。 Adapa, who has been endowed with knowledge, puts on the garment given him by Anu, and Adam and Eve, after eating of the tree of knowledge, make for themselves garments of fig-leaves.アルリムは、知識人に恵まれているが、彼に与えられた衣服を配置してアヌ、アダムとイブと、食後には、ツリーの知識は、自らの衣を作るためのイチジクの葉です。

Schrader ("KAT" ii. 1, 523) calls attention to the possibility of associating the name "Adam" with "Adapa."シュレイダー( "カット" Ⅱ 。 1 、 523 )のコールの可能性に注意を関連付けるという名前"アダム"と"アルリム"と述べた。 The "garden of God," situated on the mountain, in Ezek. "神の庭には、 "山岳部に位置し、 ezek 。 xxviii. 28 。 13, 14, and the tall cedar in Ezek. 13 、 14 、および、杉の大木にezek 。 xxxi. 31 。 3, may have some connection with the cedar-grove of Khumbaba in the Gilgamesh epic and with the high cedar in the midst of the grove. 3 、いくつかの可能性があるに関連して、杉の木立の中khumbabaギルガメシュ叙事詩として高い杉木立の真っただ中にいる。 In this connection may be mentioned the attempt to associate Eden with the mountain in Iranian mythology, out of which rivers flow, or with the Indian mountain Maru with the four rivers (Lenormant).可能性に言及したのは、この接続を関連付ける試みエデンの山の中でイランの神話は、外に川が流れ、あるいは山丸では、インドとの4つの川(ルノルマン) 。 Jensen ("Keilschriftliche Bibliothek," vi.) places the "confluence of the streams" in the Far West, and associates the island with the Greek Elysium.イェンセン( " keilschriftliche文庫は、 " viのです。 )場所で、 "合流は、ストリーム"は、はるか西、アンドアソシエーツの島では、ギリシャのエリュシオン。

Snake and Cherubim.蛇やケルビム。

The snake in the story is probably identical with the snake or dragon in the Babylonian story of the Creation.物語の中では、ヘビは、おそらく同一では、ヘビやドラゴンバビロニアの創造の物語です。 In the British Museum there is a cylinder seal which has been supposed by Delitzsch, among others, to represent the Babylonian story of Eden (see illustration, Jew. Encyc. i. 174).大英博物館で円筒印章があるはずさデリッチされ、他のうち、エデンの園の物語を代表してバビロニア(イラスト参照して、ユダヤ人です。 encyc 。私174 ) 。 The seal represents two figures, a male and a female, seated on opposite sides of a tree, with handsstretched toward it; behind the woman is an up-right snake.この2つの数字を表すシールは、男性と女性は、反対側の木の上に座って、それに向かってhandsstretched ;背後には、この女性の右ヘビする。 This picture alone, however, is hardly sufficient basis for believing that the Babylonians had such a story.この写真だけでは、しかし、十分な根拠がほとんどbabylonians信じ込ませるためにはそのような話をした。 The cherubim placed to guard the entrance to Eden are distinctly Babylonian, and are identical with the immense winged bulls and lions at the entrances to Babylonian and Assyrian temples.ケルビムの入り口の警備員を配置してバビロニアエデンは、はっきりとは同じもので、巨大な翼の入り口には、ブルズとライオンズとアッシリアバビロニア寺院です。 See Cherub.ケルビムを参照してください。

Bibliography: 参考文献:
Guttmacher, Optimism and Religionism in the Old and New Testaments, pp. guttmacher 、楽観主義や狂信旧約聖書と新約では、 pp 。 243-245, Baltimore, 1903 243-245 1903

-In Rabbinical Literature:インラビ文学賞:

The Talmudists and Cabalists agree that there are two gardens of Eden: one, the terrestrial, of abundant fertility and luxuriant vegetation; the other, celestial, the habitation of righteous, immortal souls.そのtalmudistsとcabalistsに同意するものとエデンの園には、 2つ: 1つは、地上波、そして豊かな植生の豊かな不妊治療で、他のは、天のは、正しい者の住まいのは、不滅の魂。 These two are known as the "lower" and "higher" Gan Eden.これら二アールとして知られ、 "低い"と"高い"甘エデン。 The location of the earthly Eden is traced by its boundaries as described in Genesis.エデンの場所は、この世の境界線をトレースした創世記に記載されています。

In 'Erubin 19a (comp. Rabbinovicz, "Variæ Lectiones," ad loc.) Resh Laḳish expresses himself to the following effect: "If the paradise is situated in Palestine, Beth-Shean [in Galilee] is the door; if in Arabia, then Bet Gerim is the door; and if between the rivers, Damascus is the door." 、 ' erubin 19a ( comp. rabbinovicz 、 " variæ lectiones 、 "広告の場所です。 )レッシュlaḳish自分自身を表現し、以下の効果: "に位置している場合は、パレスチナの楽園、ベス- shean [でガリラヤ]は、ドア;場合にはアラビアは、その後の賭けは、ドアgerim ;と川の間の場合は、ダマスカスには、ドアです。 " In another part of the Talmud (Tamid 32b) the interior of Africa is pointed out as the location of Eden, and no less a personage than Alexander the Great is supposed to have found the entrance of Gan Eden in those regions which are inhabited and governed exclusively by women.他の部分で、タルムード( tamid 32b )は、アフリカの内陸部に指摘してエデンの場所として、ほかならぬ〜その人には、アレキサンダー大王が見つかった甘エデンの入り口では、これらの地域に住んでいないと統治女性専用です。 Alexander, who desired to invade Africa, was directed to Gan Eden by the advice of the "elders of the South."アレクサンダーは、アフリカの人の希望に侵入して、指示された甘さエデンのアドバイスは、 "長老の南です。 "

A baraita fixes the dimensions of Gan and of Eden by comparisons with Egypt, Ethiopia, etc.: "Egypt is 400 parasangs square, and is one-sixtieth the size of Cush [Ethiopia]. Cush is one-sixtieth of the world [inhabited earth], the Gan being one-sixtieth of Eden, and Eden one-sixtieth of Gehinnom. Hence the world is to Gehinnon in size as the cover to the pot" (Ta'an. 10a).バーライターの大きさを修正するエデンの甘さと比較して、エジプト、エチオピア等: "エジプトでは、 400平方parasangs 、とは、 1つの凝ったデザインの大きさ-六十分の一[エチオピア] 。凝ったデザインは、世界の1つに六十分の一[住ん地球]は、 1つの60分の1エデンの甘れ、エデンのワン第六十gehinnom 。 gehinnonしたがって、その世界の大きさとしては、カバーをして鍋" ( ta'an 。 10a ) 。 The same baraita in the Jerusalem Talmud defines the territory of Egypt as 400 parasangs square, equal to forty days' journey, ten miles being reckoned as a day's journey (Pes. 94a).同じバーライターは、エジプトの領土であるエルサレムタルムードとして定義して400平方parasangs 、平等に40日間の旅は、無視され十マイル一日の旅( pes. 94a ) 。

The Rabbis make a distinction between Gan and Eden.ラビの甘やエデンの区別を行う。 Samuel bar Naḥman says that Adam dwelt only in the Gan.サミュエルバーnaḥmanによると、アダムの甘住んでのみです。 As to Eden-"No mortal eye ever witnesseth, O God, beside thee" (Isa. lxiv. 4, Hebr.; Ber. 34b).エデンの園のように"いいえwitnessethこれまで人間の目は、あぁ、神は、なたの横にある" ( 64 isa. 。 4 、 hebr 。 ; ber 。 34b ) 。

Identification of the Four Rivers.身分証明書は、 4つの河川です。

The Midrash (Gen. R. xvi. 7) identifies the "four heads" of the rivers with Babylon (Pison), Medo-Persia (Gihon), Greece (Hiddekel), Edom-Rome (Perat), and regards Havilah as Palestine.そのミドラーシュ(大将共和党16世です。 7 )を識別します"と4つのヘッド"は、川にバビロン( pison ) 、 medo -ペルシャ( gihon ) 、ギリシャ( hiddekel ) 、エドム-ローマ( perat ) 、およびに関してハヴィラとしてパレスチナ。 The Targum Yerushalmi translates "Havilah" by "Hindiki" ("Hindustan," or India), and leaves "Pison" untranslated.翻訳のターガムyerushalmi "ハヴィラ"によって" hindiki " ( "ヒンドスタン、 "やインド) 、および葉" pison "と翻訳されていない。 Saadia Gaon, in his Arabic translation, renders "Pison" the Nile, which Ibn Ezra ridicules, as "it is positively known that Eden is farther south, on the equator." saadia gaon 、彼のアラビア語訳では、レンダリング" pison "ナイル川は、どのridiculesイブンエズラは、 "それは積極的に知られているエデンは、遠く南、赤道上にいる。 " Naḥmanides coincides in this view, but explains that the Pison may run in a subterranean passage from the equator northward. naḥmanides同じくこの画面では、しかし、実行可能性を説明してpison地下道で、赤道から北へ。 Obadiah of Bertinoro, the commentator of the Mishnah, in a letter describing his travels from Italy to Jerusalem in 1489, relates the story of Jews arriving at Jerusalem from "Aden, the land where the well-known and famous Gan Eden is situated, which is southeast of Assyria." bertinoroオバデヤのは、評論家のミシュナーは、彼の書簡の中で記述してエルサレムに1489イタリア旅行記から、関連性の物語が、ユダヤ人からエルサレムに到着"アデンは、その土地でよく知られてエデンの園が位置し、有名な甘さアッシリアは、南東部です。 " Jacob Safir, who visited Aden in 1865, describes it in his "Eben Sappir" (ii.3) as sandy and barren, and can not posssibly indorse the idea of connecting Aden with the Eden of Genesis.ジェイコブsafir 、訪れた1865アデンでは、彼のことを説明"エベンsappir " ( ii.3 )として砂や不毛、 posssibly indorseことはできないとの考えを接続してアデン創世記エデンのです。 The opinions of the most eminent Jewish authorities point to the location of Eden in Arabia.最も著名なユダヤ人の意見をポイントして当局にアラビアエデンの場所です。 The "four heads" or mouths of the rivers(= seas) are probably the Persian Gulf (east), the Gulf of Aden (south), the Caspian Sea (north), and the Red Sea (west). " 4つのヘッド"や口には、川( =海)は、おそらく、ペルシア湾(東)は、アデン湾(南ア)は、カスピ海(北) 、紅海(西) 。 The first river, Pison, probably refers to the Indus, which encircles Hindustan, confirming the Targum Yerushalmi.最初の川、 pison 、おそらくインダスを指しているため、これencirclesヒンドスタン、ターガムyerushalmi確認しています。 The second river, Gihon, is the Nile in its circuitous course around Ethiopia, connecting with the Gulf of Aden. 2番目の川、 gihon 、遠回りのコースは、ナイル川の周りは、エチオピア、アデン湾に接続している。 The third river, Hiddekel, is the Tigris, which has its course in the front () of Assur (= Persia), speaking from the writer's point of view in Palestine.第3河川、 hiddekel 、チグリス川は、どのコースで、正面には、 ( )のアッシュール( =ペルシャ)は、言えばその作家の視点からパレスチナです。 Some explain the difficulty of finding the courses of the rivers by supposing that since the Deluge these rivers have either ceased to exist, entirely or in part, or have found subterranean outlets.いくつかのコースを見つけることの難しさを説明するのは、川がはんらんしたと仮定して以来、これらのいずれかの河川がやんだが存在し、全面的または部分的に、または地下の店舗が見つかりました。 Indeed, the compiler of the Midrash ha-Gadol expresses himself as follows: "Eden is a certain place on earth, but no creature knows where it is, and the Holy One, blessed be He! will only reveal to Israel the way to it in the days of the king Messiah" (Midr. ha-Gadol, ed. Schechter, col. 75).実際には、コンパイラは、自分自身を表現しミドラーシュハ- gadol以下のとおり: "エデンの園は、地球上で、ある特定の場所は、どこにあるか知っている生き物はない、との神聖な1つは、彼は祝福される!のみがイスラエルへの道を明らかにすることを救世主は、デイズオブザキング" ( midr.ハ- gadol 、エド。シェクター、 col 。 75 ) 。

Earthly and Heavenly Gan Eden.この世と天国の甘エデン。

The boundary line between the natural and supernatural Gan Eden is hardly perceptible in Talmudic literature.自然との間の境界線は、ほとんど気付かれない超自然の甘さtalmudic文学エデン。 In fact, "Gan Eden and heaven were created by one Word [of God], and the chambers of the Gan Eden are constructed as those of heaven, and as heaven is lined with rows of stars, so Gan Eden is lined with rows of the righteous, who shine like the stars" (Aggadat Shir ha-Shirim, pp. 13, 55).実際、 "エデンの園や天国の甘作成された1つの単語[神]は、両院の甘エデンとは天国の建設者として、そして裏打ちされているレコードとしては、天国の星は、これが裏打ちされているレコードの甘エデン畏れる者は、誰の星のように輝く" ( aggadat shirハ- shirim 、 pp 。 13 、 55 ) 。 The leviathan disturbs the waters of the seas, and would have destroyed the life of all human beings by the bad breath of his mouth, but for the fact that he occasionally puts his head through the opening of Gan Eden, the spicy odor issuing from which acts as an antiseptic to his bad smell (BB75a).リヴァイアサン邪魔には、海の水とは、すべての人間の生活を破壊された彼の口から口臭が、事実は、彼は彼の頭Answersは時折甘エデンの開口部を通して、よりを発行し、ピリッとした香り防腐剤として彼の行為を悪臭( bb75a ) 。 Ḥiyya bar Ḥanina says that God had prepared for Adam ten canopies of various precious stones in Gan Eden, and quotes Ezek. ḥiyyaバーḥaninaによれば、神はアダムの準備のための様々な貴石で10 canopies甘エデン、および引用符ezek 。 xxviii. 28 。 13 (BB 75a). 13 ( bb 75a ) 。 This, according to the Midrash, relates to the celestial Gan Eden.これによると、ミドラーシュは、天体の関連性が甘エデン。 The Zohar claims for everything on earth a prototype above (Yitro 82a). zohar地球上のすべての主張を上記の試作品( yitro 82a ) 。 Naḥmanides also says that the narrative of Eden in Genesis has a double meaning, that besides the earthly Gan Eden and the four rivers there are their prototypes in heaven (Commentary to Gen. iv. 13). naḥmanidesもエデンの園によると、物語の創世記には、二重の意味で、それに加えて、この世の甘エデンの園の4つの河川とその試作品には、天国(大将静脈解説しています。 13 ) 。 See Paradise.パラダイスを参照してください。

-In Arabic Literature: -アラビア語文学:

The Arabic word for Eden is "'Adn," which, according to the commentators and lexicographers, means "fixed residence," ie, the everlasting abode of the faithful.エデンのためには、アラビア語の単語" 'とは、 "これは、解説者によると、 lexicographers 、手段"固定レジデンスは、 "すなわち、永遠の住まいは、忠実な。 "'Adn," preceded by "jannat" (gardens), occurs ten times in the Koran (suras ix. 73, xiii. 23, xvi. 33, xviii. 30, xix. 62, xx. 78, xxxv. 30, xxxviii. 50, xl. 8, xli. 12), but always as the abode of the righteous and never as the residence of Adam and Eve, which occurs in the Koran only under the name of "jannah" (garden), although the Moslem commentators agree in callingit "Jannat'Adn "(the Garden of Eden). " 'とは、 "先行して" jannat " (庭園)は、 10回発生し、コーラン( 9世suras 。 73 、 13 。 23 、 16 。 33 、 18 。 30 、 19 。 62 、 XXのです。 78 、 35 。 30 、 38 。 50 、 XLサイズです。 8 、 41 。 12 )が、いつものすみかとしては、正義とは決してアダムとイブの住居として、これが発生するだけで、コーランの名の下に" jannah " (庭) 、にもかかわらず、 moslemコメンテーターに同意callingit " jannat'adn " (エデンの園) 。 In sura ii. 2世のふくらはぎ。 23 occur the words: "And we have said to Adam: 'Stay with thy wife in the garden ["fi al-jannah"],'" which Baiḍawi explains: "The garden here is the 'Dar al-Thawab' [The House of Recompense], which is the fourth of the eight heavens." 23日に起こるの言葉: "としており、私たちはアダム: '滞在して、なたの妻は、庭[ " fiアルjannah "],'"どのbaiḍawi説明: "ここでは、庭の'ダールアルthawab ' [ 、ハウスオブ報酬]は、 4番目は、 8つの天"と述べた。 According to the Koran, the gardens of Eden are in heaven, and form a part of the blissful abode of the believers.コーランによると、エデンの園のは、天国には、その部分を形成する上なく幸せとは、信者たちの住まいです。 In sura ii. 2世のふくらはぎ。 23 it gives the command: "Announce that the believers will reside in delightful gardens," on which Baiḍawi remarks: "According to Ibn al-'Abbas, there are seven gardens, one of which is called 'Firdaus' [Paradise] and one "Adn' [Eden]." Hence there is a difficulty as to the Eden from which Adam was cast out. 23それには、コマンド: "を発表して、信者に住んで愉快な庭園には、 "上の発言をbaiḍawi : "イブンアル'abbasによると、 7つの庭園には、 1つの会社が呼ば'フィルダウス' [パラダイス]と1つ"と' [エデン] 。 "したがって困難があるように、エデンの園から追放されたアダムです。

Baidawi says on sura ii.ふくらはぎ2世によればbaidawiしている。 23: "Some people have thought that this Eden was situated in the country of the Philistines, or between Persia and Karman. God created it in order to put Adam to the test." 23 : "いくつかの人々が考えていたエデン位置し、この国のphilistines 、またはペルシャとの間にカルマン。神アダムを作成することを置くためには、テストを実行します。 " Mohammed Ṭahir ("Majma' al-Biḥar, " p. 225), speaking of the tradition that the rivers Jaiḥun and Jaiḥan are rivers of the garden ("al-jannah"), says: "The terms are figurative, implying that faith extended to those regions and made them rivers of paradise."モハメドṭahir ( " majma 'アルbiḥar 、 " p. 225 )は、伝統にして言えば、川は、川のjaiḥunとjaiḥan庭( "アルjannah " )は、書かれています: "比喩の利用規約は、信仰を示唆した延長を前にして、これらの地域や河川の楽園。 " In another place (ib. p. 164) he says: "The four rivers, Siḥan [Jaxartes], Jaiḥan [Gihon], Furat [Euphrates], and Nil [Nile], are rivers of paradise."別の場所( ib. p. 164 )と彼は言います: "の4つの川が、 siḥan [ jaxartes ] 、 jaiḥan [ gihon ] 、 furat [ユーフラテス] 、およびnilの[ナイル]は、川のパラダイスには"と述べた。 Abu Mohammed Mu'afa al-Shaibani, author of the "Uns al-Munḳaṭi'in," states the following tradition: "When God created the Garden of Eden, He created in it that which the eye had never seen before, that which the ear had never heard of before, and that which had never been desired before by man's heart."アブモハメドアルmu'afaシャイバーニー、著者は、 "アルmunḳaṭi'in uns 、 "州、以下の伝統: "神を作成したときにはエデンの園のは、彼がそれを作成していたが、目の前に見たことがない、というもの耳の前に聞いたことがないのは、決して望ましいとしていた男の心を前にした"と述べた。 There is another tradition that God, having created the Garden of Eden, ordered it to speak.それには別の伝統は、神は、エデンの園を作成して、指示したことを話す。 The garden pronounced the following words: "There is no God besides Allah."庭で、次の言葉を発音: "アッラーのほかに神はない"と述べた。 The garden was ordered to speak a second time, and it added: "The faithful will be happy."庭には、 2番目に話す時間を命じ、そしてそれが追加されました: "幸せの忠実される"と述べた。 After a third order it said: "Misers or hypocrites will never enter me."注文後、 3番目としている: "と入力しmisersや偽信者は決して私です。 " Wahb ibn Munabbah says: "There is a tradition that the Garden of Eden has eight gates, the porters of which must not let anybody come in before those who despise earthly things and prefer those of heaven."イブンワフブmunabbah書かれています: "の伝統があることはエデンの園のゲイツ会長は、 8人は、誰もポーターにはならない人たちを軽蔑する前に来るとこの世のものを好む者の天国"と述べた。 According to one tradition the tree of life was a stalk of wheat-which in the days of Adam grew to the size of a tree-a vine, a fig-tree, or a "tree that whoever eats of it grows young again" (Baiḍawi, Commentary on Koran, sura ii. 33).ある言い伝えによると、ツリーオブライフは、茎の小麦の日には、アダムの大きさに成長する木のつるには、イチジクの木、または、 "誰でも食べることが生える木で、若い再び" ( baiḍawi 、コーラン解説して、ふくらはぎ2世です。 33 ) 。 Weil, in "Biblische Legenden der Propheten," gives some interesting traditions in regard to Eden and Satan.ウェイル、 " biblische legendenデアpropheten 、 "いくつかの興味深い与えエデンの伝統と悪魔と関連しています。

Emil G. Hirsch, Mary W. Montgomery, Solomon Schechter, Judah David Eisenstein, M. Seligsohn Gをエミールハーシュ、メアリーウィリアムモンゴメリは、ソロモンシェクター、ユダのデビッドアイゼンシュタイン、 m. seligsohn
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Hughes, Dictionary of Islam, sv Eden; D'Herbelot, Bibliothèque Orientale, i.ヒューズ氏は、イスラムの辞書には、エデンsv ; d'エルブロ、ビブリオテークorientale勇 166; Mohammed Ṭahir, Majma' at-Biḥar, pp. 166 ;モハメドṭahir 、 majma ' 、 - biḥar 、 pp 。 164, 225; A. Geiger, Judaism and Islam, pp. 164 、 225 ; a.ガイガーは、ユダヤ教、イスラム教、 pp 。 32, 33, Madras, 1878 32 33 1878


Eveイブ

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

-Biblical Data: -聖書の中のデータ:

The wife of Adam.アダムの妻。 According to Gen. iii.大将によると、 3世です。 20, Eve was so called because she was "the mother of all living" (RV, margin, "Life" or "Living"). 20日、前夜には、いわゆるので、彼女は"母親の生活のすべて" (右室、マージンは、 "生命"や"生活"を参照) 。 On the ground that it was not "good for man to be alone" God resolved to "make him an help meet for him" (ib. ii. 18), first creating, with this end in view, the beasts of the field and the fowl of the air and then bringing them unto Adam.地面の上ではないことを"良い男だけに"神の解決を"を彼に会うために彼を手助けする" ( ib. Ⅱ 。 18 )は、最初に作成し、この目的を掲げて、その場では、獣それから、空気の家禽のアダムかれ持参してください。 When Adam did not find among these a helpmeet for himself, Yhwh caused a deep sleep to fall upon him, and took one of his ribs, from which He made a woman, and brought her unto the man (ib. ii. 22).アダムが見つからないときにこれらの間の協力のために自分自身は、原因yhwh深い眠りに落ちる時、彼は、彼の肋骨を奪ったことの1つは、これより前に、彼の女は、かれと彼女を連れてきた男( ib. Ⅱ 。 22 ) 。 Upon seeing her, Adam welcomed her as "bone of my bones, and flesh of my flesh" (ib. ii. 23), declaring that she should be called "ishshah" because she was taken out of "ish" (man.)彼女を見て、彼女のアダムとして歓迎する"私の骨の骨、私の肉や肉" ( ib. Ⅱ 。 23 ) 、と宣言して彼女と呼ばしなければならない" ishshah "から追い出されるので、彼女は"傾向がある" ( man. )

Dwelling in the Garden of Eden with Adam, Eve is approached and tempted by the serpent.住居はエデンの園の中でアダムは、イブに誘惑されるとは、ヘビに近づいています。 She yields to the reptile's seductive arguments, and partakes of the forbidden fruit, giving thereof to her husband, who, like her, eats of it.彼女の魅力的な利回りをは虫類の引数は、その禁断の果実であるとは、彼女の夫を与えるものは、人は、彼女のように、食べることです。 Both discover their nakedness and make themselves aprons of figleaves.自分自身を発見すると両方のエプロンのfigleaves nakedness 。 When God asks for an accounting Adam puts the blame on Eve.会計時にアダムAnswersは神に頼むのせいにする前夜。 As a punishment, the sorrows of conception and childbirth are announced to her, as well as subjection to her husband (ib. iii. 16).罰として、その悲しみを発表したのは、彼女の受胎と出産だけでなく、彼女の夫に服従( ib. Ⅲ 。 16 ) 。 Driven out of Eden, Eve gives birth to two sons, Cain and Abel; herself naming the elder in the obscure declaration "I have gotten a man with the help of Yhwh" (ib. iv. 1, RV).駆動エデンのうち、 2人の息子を出産前夜、カインとアベル;つぶやきましたネーミングは、無名の長老宣言"を出して、私一人の男の力を借りてyhwh " ( ib. 4世です。 1 、右心室) 。 Later, after the murder of Abel, she bears another son, to whom she gives the name "Seth," saying that he is given to her by Yhwh as a compensation for Abel (ib. iv. 25).その後、アベル殺人事件の後、彼女は別のクマの息子は、誰に彼女の名前をつけます"セス"と言って彼は彼女に与えられたとして補償さyhwhアベル( ib. 4世です。 25 ) 。

-In Rabbinical Literature:インラビ文学賞:

Eve was not created simultaneously with Adam because God foreknew that later she would be a source of complaint.アダムとイブが同時に作成されていないため、彼女は神foreknewことができれば、それ以降の苦情の源です。 He therefore delayed forming her until Adam should express a desire for her (Gen. R. xvii.).したがって遅れて形成されるまで彼は彼女の願いを表明するためには、彼女のアダム( 17大将共和党です。 ) 。 Eve was created from the thirteenth rib on Adam's right side and from the flesh of his heart (Targ. Pseudo-Jonathan to Gen. ii. 21; Pirḳe R. El. xii.).イヴが作成してから、 13肋骨の右側アダムと人間の肉の形から彼の心(ジョナサンを疑似targ.大将2世です。 21 ; pirḳe共和党エル。 12世です。 ) 。 Together with Eve Satan was created (Gen. R. xvii.).悪魔が作成さとともに前夜( 17大将共和党です。 ) 。 God adorned Eve like a bride with all the jewelry mentioned in Isa.前夜に身を包むようにして、神の花嫁に記載のすべての宝石のISAです。 iii. Ⅲ 。 He built the nuptial chamber for her (Gen. R. xviii.).彼は彼女のために建てたの婚礼の部屋( 18大将共和党です。 ) 。 According to Pirḳe R. El. pirḳeによると、共和党エル。 xii., as soon as Adam beheld Eve he embraced and kissed her; her name , from , indicates that God () joined them together (see also Ab. RN xxxviii.). 12世です。 、できるだけ早くbeholdの過去過去分詞アダムとイブは抱き合い、キスを彼女;彼女の名前は、より、神( )に加入していることを示します一緒( ABのも参照してください。 38ラドン娘。 ) 。 Ten gorgeous "ḥuppot" (originally, "bridal chambers"; now, "bridal canopies"), studded with gems and pearls and ornamented with gold, did God erect for Eve, whom He Himself gave away in marriage, and over whom He pronounced the blessing; while the angels danced and beat timbrels and stood guard over the bridal chamber (Pirḳe R. El. xii.). 10個の豪華な" ḥuppot " (もともとは、 "ブライダルチェンバース" ;今は、 "ブライダルcanopies " ) 、真珠や宝石をちりばめたゴールド飾り付けたとは、神を逆立てためには前夜には、誰が彼自身の結婚許した、と心に適うと発音する祝福;ながら、天使たちと踊ったとビートtimbrelsブライダル上に立っていた警備員室(共和党エルpirḳe 。 12世です。 ) 。

Samael, prompted by jealousy, picked out the serpent to mislead Eve (Yalḳ., Gen. xxv.; comp. Josephus, "Ant." i. 1, § 4; Ab. RN i.), whom it approached, knowing that women could be more easily moved than men (Pirḳe R. El. xiii.). samael 、嫉妬心に駆られて、ヘビを欺く選ばアウト前夜( yalḳ. 、大将25 。 ;伴奏。ヨセフスは、 "アリ"と述べた。 i. 1 、 § 4 ; ABのです。ラドン娘i. )は、誰に接近することは、知って女性よりも男性の可能性がより簡単に移動(共和党エルpirḳe 。 13世です。 ) 。 Or, according to another legend, the serpent was induced to lead Eve to sin by desire on its part to possess her (Soṭah 9; Gen. R. xviii.), and it cast into her the taint of lust (; Yeb. 103b; 'Ab. Zarah 22b; Shab. 146a; Yalḳ., Gen. 28, 130).または、別の伝説によると、前夜の蛇をリードしていた罪によって引き起こされる欲望の部分を保有して彼女( soṭah 9 ;大将共和党18です。 ) 、そして彼女の汚点投げ込まれることのない欲望( ; yeb 。 103b ; ' ABのです。 zarah 22b ; shab 。 146a ; yalḳ 。 、大将、 28 、 130 ) 。 Profiting by the absence of the two guardian angels (Ḥag. 16a; Ber. 60b), Satan, or the serpent, which then had almost the shape of a man (Gen. R. xix. 1), displayed great argumentative skill in explaining the selfish reasons which had prompted God's prohibition (Pirḳe R. El. lc; Gen. R. xix.; Tan., Bereshit, viii.), and convinced Eve by ocular proof that the tree could be touched (comp. Ab. RN i. 4) without entailing death. 2人の不在によって利益をガーディアンエンジェルス( ḥag. 16a ; ber 。 60b )は、悪魔、またはそのヘビは、その後一人の男が、ほとんどの形状(大将共和党19 。 1 ) 、大きな議論をふっかけて表示され、分かりやすく説明できる技能利己的な理由で、神の禁止を求めていた(共和党エルpirḳe 。セントルシア;大将共和党19 。 ;タン。 、 bereshit 、 viii 。 )は、目に見える証拠をイブと確信して、ツリーに触れた可能性がある( comp. ABのです。ラドン娘i. 4 )なしentailing死。 Eve thereupon laid hold of the tree, and at once beheld the angel of death coming toward her (Targ. Pseudo-Jon. to Gen. iii. 6).そこで前夜のレイアウトを開くと、木は、一度にbeholdの過去過去分詞の方に向かって、彼女の死の天使(疑似ジョンtarg. 。を大将Ⅲ 。 6 ) 。 Then, reasoning that if she died and Adam continued to live he would take another wife, she made him share her own fate (Pirḳe R. El. xiii.; Gen. R. xix.); at the invitation of the serpent she had partaken of wine; and she now mixed it with Adam's drink (Num. R. x.).それから、もし彼女が死んだとアダム推論して生き続けて別の妻を取る彼は、彼女が彼彼女自身の運命を共有する(共和党エルpirḳe 。 13 。 ;大将共和党19です。 ) ;は、招待状は、彼女は蛇partakenのワイン;と彼女は今のアダムミックスして酒を飲むこと( Xのnum.共和党) 。 Nine curses together with death befell Eve in consequence of her disobedience (Pirḳe R. El. xiv.; Ab. RN ii. 42).ナインと一緒に呪いbefallの過去の死の直前に彼女の反抗的帰結(共和党エルpirḳe 。 14 。 ; ABのです。ラドン娘2世です。 42 ) 。

Eve became pregnant, and bore Cain and Abel on the very day of (her creation and) expulsion from Eden (Gen. R. xii.).イヴが妊娠し、口径カインとアベルは、まさにその日に(彼女の創出や大将共和党)除名エデン( 12世です。 ) 。 These were born full-grown, and each had a twin sister (ib.).これらが生まれた完全に成長し、それぞれのは、双子の姉( ib. ) 。 Cain's real father was not Adam, but one of the demons (Pirḳe R. El. xxi., xxii.).アダムカインの本当の父親ではないが、 1つは、悪魔(共和党エルpirḳe 。 21 。 、 22 。 ) 。 Seth was Eve's first child by Adam.セスされたアダムイヴの最初の子供。 Eve died shortly after Adam, on the completion of the six days of mourning, and was buried in the Cave of Machpelah (Pirḳe R. El. xx.).イヴアダム間もなく死亡、完成して、 6日間の喪に服す、とは、洞窟の中に埋めてmachpelah (共和党エルpirḳe 。 XXのです。 ) 。 Comp.伴奏。 Adam, Book ofアダムは、本

-In Arabic Literature: -アラビア語文学:

Eve is a fantastic figure taken from the Jewish Haggadah.イヴは、ユダヤ教の幻想的な姿から取らhaggadah 。 In the Koran her name is not mentioned, although her person is alluded to in the command given by Allah to Adam and his "wife," to live in the garden, to eat whatever they desired, but not to approach "that tree" (suras ii. 33, vii. 18).彼女の名前は、コーランに言及はないが、彼女には、コマンドをほのめかした人は、アッラーに与えられたアダムと彼の"妻は、 "庭に住んでいるのは、どういったものを食べる望ましいが、アプローチしていない"としてツリー" ( suras Ⅱ 。 33 、第VII 。 18 ) 。 According to Mohammedan tradition, Eve was created out of a rib of Adam's left side while he was asleep.伝統mohammedanによると、前夜のうちに作成されたアダムの左側の肋骨の中に彼は眠っていた。 Riḍwan, the guardian of paradise, conducted them to the garden, where theywere welcomed by all creatures as the father and mother of Mohammed. riḍwan 、楽園のガーディアン、庭を実施して、どこtheywereとして歓迎され、すべての生き物の父と母のモハメド。

Iblis, who had been forbidden to enter paradise and was jealous of Adam's prerogative, wished to entice him to sin.イブリースは、禁じられていた楽園を入力するとは嫉妬深いのアダムの特権は、彼を誘惑して罪を希望しています。 He asked the peacock to carry him under his wings, but, as the bird refused, he hid himself between the teeth of the serpent, and thus managed to come near Adam and Eve.彼は彼の翼の下にクジャクを運ぶ彼は、しかし、その鳥を拒否したとして、彼は、歯の間に隠れたヘビは、こうして近くにアダムとイブの管理下に来る。 He first persuaded Eve to eat of the fruit, which was a kind of wheat that grew on the most beautiful tree in the garden, and she gave some to Adam.彼の最初の説得前夜の果物を食べる、これはある種の小麦をして成長してツリーの中で最も美しい庭には、いくつかを、彼女はアダムです。 Thereupon all their ornaments fell from their bodies, so that they stood naked.そこで自分の装飾品をすべて、自分の体から落ちてしまったので、裸に立っていたという。 Then they were expelled from the garden.それからかれらは庭から退学処分を受けた。 Adam was thrown to Serendib (Ceylon), and Eve to Jidda (near Mecca).アダムがスローにserendib (セイロン島) 、そして前夜にjidda (メッカに近い) 。

Although Adam and Eve could not see each other, they heard each other's lamentations; and their repentance restored to them God's compassion.アダムとイブができなかったにもかかわらずお互いを参照して、お互いのことを聞いた哀歌;と後悔して、神の同情を復元します。 God commanded Adam to follow a cloud which would lead him to a place opposite to the heavenly throne, where he should build a temple.アダムの神に従うことを命じ雲につながる彼には、天の玉座の場所に向かい、そこには寺院を建てるばならない。 The cloud guided him to Mount Arafa, near Mecca, where he found Eve.彼に導かarafaマウントの雲は、近くのメッカ、そこにはイヴが見つかりました。 From this the mount derived its name.その名前から派生したこのマウントします。 Eve died a year after Adam, and was buried outside Mecca, or, according to others, in India, or at Jerusalem.前夜、 1年後に死亡したアダムは、外部のメッカとは、埋設、または、他によると、インドで、あるいは、エルサレムです。

Emil G. Hirsch, Solomon Schechter, Hartwig Hirschfeld Gをエミールハーシュ、ソロモンシェクター、ハートウィグハーシュフェルド
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Weil, Biblische Legenden der Muselmänner.ウェイル、 biblische legendenデアmuselmänner 。

-Critical View:クリティカルビュー:

The account of the creation of woman-she is called "Eve" only after the curse-belongs to the J narrative.アカウントの創出と呼ばれる女-彼女は"イヴ"の後にのみ呪いの物語はJ -属します。 It reflects the naive speculations of the ancient Hebrews on the beginnings of the human race as introductory to the history of Israel.無邪気な憶測を呼ぶことを反映して、古代のヘブル人への手紙の始まりは、人類の歴史としてイスラエルに入門した。 Its tone throughout is anthropomorphic.その調子では、擬人化した。 The story was current among the people long before it took on literary form (Gunkel, "Genesis," p. 2), and it may possibly have been an adaptation of a Babylonian myth (ib. p. 35).その物語は、現在の人々のうち、かなり前にかかった文芸フォーム(グンケル、 "創世記は、 " p. 2 ) 、およびそれに適応可能性があるバビロニア神話( ib. p. 35 ) 。 Similar accounts of the creation of woman from a part of man's body are found among many races (Tuch, "Genesis," notes on ch. ii.); for instance, in the myth of Pandora.アカウントの作成と同様の部分から女性の遺体が見つかったの男の間で多くのレース( tuch 、 "創世記"の注意事項チャンネルです。 2世です。 ) ;例えば、パンドラの神話です。 That woman is the cause of evil is another wide-spread conceit.その女性は、もう一つの原因は、邪悪な普及うぬぼれています。 The etymology of "ishshah" from "ish" (Gen. ii. 23) is incorrect ( belongs to the root ), but exhibits all the characteristics of folk-etymology.その語源は" ishshah "から"傾向がある" (大将2世です。属します23 )が正しくない(ルート)が、展示物のすべての特性の民俗-語源です。 The name , which Adam gives the woman in Gen. iii.その名は、女の人の大将を与えアダムⅢ 。 20, seems not to be of Hebrew origin. 20日のヘブライ語に由来していないようだ。 The similarity of sound with explains the popular etymology adduced in the explanatory gloss, though it is WR Smith's opinion ("Kinship and Marriage in Early Arabia," p. 177) that Eve represents the bond of matriarchal kinship ("ḥayy").音の類似性を説明し、人気のある語源の説明adduced光沢が、それは、スミス氏の意見wr ( "親族と婚姻アラビア初めには、 " p. 177 )ことを表し、債券の母系親族前夜( " ḥayy "を参照) 。 Nöldeke ("ZDMG" xlii. 487), following Philo ("De Agricultura Noe," § 21) and the Midrash Rabbah (ad loc.), explains the name as meaning "serpent," preserving thus the belief that all life sprang from a primeval serpent. nöldeke ( " zdmg " 42 。 487 )は、以下のフィロ( "デagriculturaノエは、 " § 21 )とミドラーシュラバ(広告の場所です。 )は、名前としての意味を説明し、 "ヘビは、 "すべての人生という信念を持って保存こうしてから跳びヘビの原始。 The narrative forms part of a culture-myth attempting to account among other things for the pangs of childbirth, which are comparatively light among primitive peoples (compare Adam; Eden, Garden of; Fall of Man).文化のフォーム部分の物語-神話の中の他のアカウントにしようとするものは、生みの苦しみは、原始の人々の間では比較的軽い(比較アダム;エデン、庭の;秋の男) 。 As to whether this story inculcates the divine institution of Monogamy or not, see Gunkel, "Genesis," p.このような話をするかどうかは神のinculcates機関の一夫一婦制となかろうと、グンケルを参照して、 "創世記" p. 11, and Dillmann's and Holzinger's commentaries on Gen. ii. 11 、およびディルマンの大将2世とholzingerの論評をしています。 23-24. 23から24まで。


Also, see:また、参照してください:
Original Sin 原罪
Adam アダム

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです