The Episcopal Confession of Faith米国聖公会の信仰告白

Episcopal 39 Articles of Religionエピスコパル39宗教の記事

General Information 総合案内

As established by the Bishops, the Clergy, and the Laity of the Protestant Episcopal Church in the United States of America, in Convention, on the twelfth day of September, in the Year of our Lord, 1801.司教として確立されたのは、聖職者、そしてその信者たちは、プロテスタントの米国聖公会のアメリカでは、コンベンションでは、 9月12日には、 1年間で、私たちの主は、 1801 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
  1. Of Faith in the Holy Trinity. There is but one living and true God, everlasting, without body, parts, or passions; of infinite power, wisdom, and goodness; the Maker, and Preserver of all things both visible and invisible. 信仰は、ホーリートリニティー。しかし、自分の生活には真の神と、永遠のは、ボディなしでは、部品、または熱中して;の無限の力、知恵、そして善良;のメーカー、すべてのものと禁猟区の有形無形の両方です。 And in the unity of this Godhead there be three Persons, of one substance, power, and eternity; the Father, the Son, and the Holy Ghost.とは、そこに団結し、この3人の神は、物質の1つ、電源ケーブル、およびエタニティ;の父親は、息子と聖霊のです。

  2. Of the Word or Son of God, which was made very Man. The Son, which is the Word of the Father, begotten from everlasting of the Father, the very and eternal God, and of one substance with the Father, took Man's nature in the womb of the blessed Virgin, of her substance: so that two whole and perfect Natures, that is to say, the Godhead and Manhood, were joined together in one Person, never to be divided, whereof is one Christ, very God, and very Man; who truly suffered, was crucified, dead, and buried, to reconcile his Father to us, and to be a sacrifice, not only for original guilt, but also for actual sins of men. 息子は、神の単語や、これは前に非常に男だ。息子は、父親の言葉は、永遠のひとり子の父親は、非常に永遠の神とは、 1つの物質とは、父親は、男の性質では聖母マリアの子宮のは、彼女の物質:完璧な性質のように2つの全体と、これは、つまり、男らしさの神性とは、一人の人間が組み合わされた、絶対に分かれて、 1つのキリストwhereofは、非常に神様と、非常に男;真に受けた人は、はりつけのは、死んで、そして埋められて、父親に和解しており、犠牲になると、元の罪悪感のためだけでなく、実際の罪のためだけでなく、男性です。

  3. Of the going down of Christ into Hell. As Christ died for us, and was buried; so also it is to be believed, that he went down into Hell. キリストの下には、地獄に行くのです。としてキリストが死んで下さった、とは、埋設;ようにすることが考えられても、それを彼は地獄に降りて行った。

  4. Of the Resurrection of Christ. Christ did truly rise again from death, and took again his body, with flesh, bones, and all things appertaining to the perfection of Man's nature; wherewith he ascended into Heaven, and there sitteth, until he return to judge all Men at the last day. キリストの復活です。真にキリストは死から再び上昇し、再び彼の体は、肉、骨、およびすべてのものの完成に付随して男の性質;何で彼は天に昇って、 sittethとそこまでは、彼に戻るすべての男性には、最後の日を判断する。

  5. Of the Holy Ghost. The Holy Ghost, proceeding from the Father and the Son, is of one substance, majesty, and glory, with the Father and the Son, very and eternal God. 聖霊のです。聖霊は、父と息子の論文から、 1つの物質は、陛下、そして栄光は、父と息子で、非常に、永遠の神です。

  6. Of the Sufficiency of the Holy Scriptures for Salvation. Holy Scripture containeth all things necessary to salvation: so that whatsoever is not read therein, nor may be proved thereby, is not to be required of any man, that it should be believed as an article of the Faith, or be thought requisite or necessary to salvation. 聖書には、十分な救済のためだ。 containeth教典に必要なすべてのものを救い:ものではありませんので、読んでいて、またそれを証明かもしれない、れるべきではない、すべての人に必要なのは、それをしなければならないと信じて記事をは、信仰、または必要なものであると考えたりする必要が救いだ。 In the name of the Holy Scripture we do understand those canonical Books of the Old and New Testament, of whose authority was never any doubt in the Church.教典の名の下、私たちはそれらの正典を理解するのは、古いものと新約聖書は、その権威の疑いで、任意の教会ではなかった。

    Of the Names and Number of the Canonical Booksの名前と電話番号は、正典

    And the other Books (as Hierome saith) the Church doth read for example of life and instruction of manners; but yet doth it not apply them to establish any doctrine; such are these following:そして、他の書籍( hierome言うとして)蓄えが、教会の命令を読むためのマナーや人生の例;しかし、それは本当にまだ適用していない任意の教義を確立する;などは、これらの以下:

    All the Books of the New Testament, as they are commonly received, we do receive, and account them Canonical.新約聖書のすべての書籍を、彼らはよく受け取ったとして、私たちは受信、およびそれらのアカウントカノニカル。

  7. Of the Old Testament. The Old Testament is not contrary to the New: for both in the Old and New Testament everlasting life is offered to Mankind by Christ, who is the only Mediator between God and Man, being both God and Man. 旧約聖書のだ。旧約聖書ではないに反して、新しい:ためには、古いものと新約聖書の両方でも来世では、提供されたキリストを人類には、誰が、神と人間の間の仲介役だけは、神と人間の両方がいる。 Wherefore they are not to be heard, which feign that the old Fathers did look only for transitory promises.なぜ彼らは聞いていないが、これ持っているふりをして、昔の祖先のためにだけ見えるはかない約束でした。 Although the Law given from God by Moses, as touching Ceremonies and Rites, do not bind Christian men, nor the Civil precepts thereof ought of necessity to be received in any commonwealth; yet notwithstanding, no Christian man whatsoever is free from the obedience of the Commandments which are called Moral.この法律によって、神から与えられたにもかかわらずムーサーは、感動的な式典や儀式としては、キリスト教の男性をバインドしないで、市民の戒律のためにも、必要に迫られてしかるべきだが、いかなる受け取った連邦;いないにもかかわらず、無料のものはないから、キリスト教の男は、服従させる道徳的な戒めと呼ばれる。

  8. Of the Creeds. The Nicene Creed, and that which is commonly called the Apostles' Creed, ought thoroughly to be received and believed: for they may be proved by most certain warrants of Holy Scripture. その信条です。ニカイア信条は、よく呼ばれていることや、使徒信条は、徹底的にすべきだと考えられて受信される: 5月であることが証明された彼らのほとんどは特定のワラントの教典。

    The original Article given Royal assent in 1571 and reaffirmed in 1662, was entitled, "Of the Three Creeds" and began as follows, "The Three Creeds, Nicene Creed, Athanasius's Creed, and that which is commonly called the Apostles' Creed..."国王の裁可を与え、元の記事を再確認した1571年と1662年には、権利は、 "の3つの信条"と始めた以下のとおり、 " 3つの信条、ニカイア信条、アタナシウスの信条は、よく呼ばれていることや、使徒信条.. "と述べた。

  9. Of Original or Birth Sin. Original sin standeth not in the following of Adam, (as the Pelagians do vainly talk;) but it is the fault and corruption of the Nature of every man, that naturally is engendered of the offspring of Adam; whereby man is very far gone from original righteousness, and is of his own nature inclined to evil, so that the flesh lusteth always contrary to the Spirit; and therefore in every person born into this world, it deserveth God's wrath and damnation. 出生時のオリジナルまたは罪です。原罪standethていないのは、以下のアダムは、 ( pelagiansとしてはむなしくトーク; )それは、断層ごとの性質と腐敗の男で、その自然には、アダムの子孫のengendered ;何男は非常に遠くから行ったオリジナルの正義は、彼自身とは、自然の傾斜を邪悪なので、いつもの精神に反して肉lusteth ;したがって、すべての人に生まれると、この世界では、神の怒りや苦しみdeservethことです。 And this infection of nature doth remain, yea in them that are regenerated; whereby the lust of the flesh, called in Greek, *fro/nhma sarko/s*, (which some do expound the wisdom, some sensuality, some the affection, some the desire, of the flesh), is not subject to the Law of God.感染症と自然の蓄えが、このまま、いや、かれらには再生;肉欲のでは、ギリシャ語で呼ばれ、 *フロ/ nhma sarko /秒* 、 (これは説明するいくつかの知恵は、いくつかの官能性は、いくつかの愛情は、いくつかの願望は、その肉)は、この法律の対象となるのではない神です。 And although there is no condemnation for them that believe and are baptized; yet the Apostle doth confess, that concupiscence and lust hath of itself the nature of sin.と非難がない場合でも、それを信じるとは、バプテスマを受け;まだ告白使徒蓄えが、それはそれ自体がかれらの欲望強欲と罪の性質です。

  10. Of Free Will. The condition of Man after the fall of Adam is such, that he cannot turn and prepare himself, by his own natural strength and good works, to faith, and calling upon God. 自由意志です。男の条件は、このようなアダムの崩壊後、電源を用意することはできませんが彼自身は、自然の強さといい、自分の作品は、信仰して、神との呼び出し時です。 Wherefore we have no power to do good works pleasant and acceptable to God, without the grace of God by Christ preventing us, that we may have a good will, and working with us, when we have that good will.何のためには行っておらず、電源を受け入れて善行に勤しむ者を、神快適とは、神の恩寵なしで私たちをキリストの予防は、良いことがあるかもしれませんが、私たちと仕事を、私たちはそのときには良いです。

  11. Of the Justification of Man. We are accounted righteous before God, only for the merit of our Lord and Saviour Jesus Christ by Faith, and not for our own works or deservings. 男は、正当な理由のです。私たちは、神の前で正しい者の割合は、わたしたちの主のためにだけメリットがあると、救い主イエスキリストの信仰によって、私たち自身のためではなく作品やdeservings 。 Wherefore, that we are justified by Faith only, is a most wholesome Doctrine, and very full of comfort, as more largely expressed in the Homily of Justification.何のために、我々は正当化されることにのみ信仰は、大半は、健全な教義は、非常にいっぱいの快適さと、こちらとしては、主に説教の正当性を表明しています。

  12. Of Good Works. Albeit that Good Works, which are the fruits of Faith, and follow after Justification, cannot put away our sins, and endure the severity of God's judgment; yet are they pleasing and acceptable to God in Christ, and do spring out necessarily of a true and lively Faith; insomuch that by them a lively Faith may be as evidently known as a tree discerned by the fruit. 良い作品です。たとえ良い作品が、それは、信仰の果実は、後には、次の正当化は、私たちの罪を捨てることはできない、との厳しさに耐える神の判断;かれらを喜ばれていないのは、神がキリストを受け入れ、そして春にはアウト真の信仰とは、必ずしも活発;それでかれらのために活発に信仰される可能性の違いとして明らかにされた木として知られる果実です。

  13. Of Works before Justification. Works done before the grace of Christ, and the Inspiration of the Spirit, are not pleasant to God, forasmuch as they spring not of faith in Jesus Christ; neither do they make men meet to receive grace, or (as the School-authors say) deserve grace of congruity: yea rather, for that they are not done as God hath willed and commanded them to be done, we doubt not but they have the nature of sin. 正当化する前の作品です。工事完了する前に、キリストの恵みは、インスピレーションの精神とは、快適ではないが、神は、春には〜である彼らの信仰はイエスキリスト;どちらもかれらに猶予を受ける男性を満たす、または(として著者によると、学校)の適合性の恵みを受けるに値する:いやむしろ、彼らのためにかれらを神の意志としてはまだ完了しているからと命じられたことは、疑いないしかし、彼らは我々の罪の性質です。

  14. Of Works of Supererogation. Voluntary Works besides, over and above, God's Commandments, which they call Works of Supererogation, cannot be taught without arrogancy and impiety: for by them men do declare, that they not only render unto God as much as they are bound to, but that they do more for his sake, than of bounden duty is required: whereas Christ saith plainly, When ye have done all that are commanded to you, say, We are unprofitable servants. 義務以上の作品です。自発的な作品に加えて、上記のオーバーとは、神の戒め彼らは、この作品の義務以上のコールは、教えられることはできませんなしarrogancyと不信心:男性用されたことを宣言して、その人たちは神のみをレンダリング彼らは同じくらいバウンドして、それが彼のためにさらに貢献するためには、以上の本分は必須:はっきり言うが、キリストは、なたがたが命じられたことすべてをあなたには、言って、私たちは不採算の使用人。

  15. Of Christ alone without Sin. Christ in the truth of our nature was made like unto us in all things, sin only except, from which he was clearly void, both in his flesh, and in his spirit. キリストの罪だけでなし。キリストは、私たちの自然の真理は前にはすべてのもののようにわたしたちは、罪のみを除いて、彼はこれを明確にボイドからは、彼の肉体の両方で、彼のスピリットとします。 He came to be the Lamb without spot, who, by sacrifice of himself once made, should take away the sins of the world; and sin (as Saint John saith) was not in him.彼がされることなく、子羊のスポットは、人は、いったん前に自分自身を犠牲にし、その罪を取り上げるのは、世界;と罪(と言うセントジョン)ではないんです。 But all we the rest, although baptized, and born again in Christ, yet offend in many things; and if we say we have no sin, we deceive ourselves, and the truth is not in us.しかし、残りのすべて我々が、バプテスマを受け、そして再び生まれで、キリストは、まだ多くのことを怒らせる;とすれば罪がないと言う我々は、我々自分自身を欺き、そして私たちは、真実ではない。

  16. Of Sin after Baptism. Not every deadly sin willingly committed after Baptism is sin against the Holy Ghost, and unpardonable. 洗礼後の罪です。必ずしもすべての大罪喜んでコミットした後洗礼聖霊を汚す罪は、許し難い。 Wherefore the grant of repentance is not be denied to such as fall into sin after Baptism.後悔は、何のための助成金などには否定できない。洗礼後に罪に陥る。 After we have received the Holy Ghost, we may depart from grace given, and fall into sin, and by the grace of God we may arise again, and amend our lives.我々は、聖霊を受け取った後、我々与えられた恵みを逸脱する可能性は、罪に陥るとは、神の恵みによって、我々が発生する場合が再び、そして私たちの生活を改正する。 And therefore they are to be condemned, which say, they can no more sin as long as they live here, or deny the place of forgiveness to such as truly repent.したがって彼らは非難されると、これは、彼らがこれ以上の罪ここに住んでいる限り、その場所を否定するかのような真の悔悟を赦しています。

  17. Of Predestination and Election Predestination to Life is the everlasting purpose of God, whereby (before the foundations of the world were laid) he hath constantly decreed by his counsel secret to us, to deliver from curse and damnation those whom he hath chosen in Christ out of mankind, and to bring them by Christ to everlasting salvation, as vessels made to honour. 選挙の宿命を人生の宿命とは、神の永遠の目的で、 (前には、世界の基盤レイアウト)によって定められた彼は彼の助言を絶えずかれらの秘密を私たちは、呪いと天罰を届けるから選ばれたキリスト者かれアウト人類の、そして永遠に救いをもたらすことによって、キリストは、船舶としての名誉を前にしています。 Wherefore, they which be endued with so excellent a benefit of God, be called according to God's purpose by his Spirit working in due season: they through Grace obey the calling: they be justified freely: they be made sons of God by adoption: they be made like the image of his only- begotten Son Jesus Christ: they walk religiously in good works, and at length, by God's mercy, they attain to everlasting felicity.なぜ、彼らがどのように優れendued 、神の恩恵は、神の目的によると呼ばれる彼の魂のために働いてシーズン:グレースを通して彼らの呼び出しに従う:彼らを自由に正当化される:彼らは神の前に人の息子を養子縁組:かれら画像のように彼の前に生まれた息子イエスキリストのみ:良心的には歩いて良い作品、そしてついには、神の慈悲によって、かれらに永遠の至福を達成した。

    As the godly consideration of Predestination, and our Election in Christ, is full of sweet, pleasant, and unspeakable comfort to godly persons, and such as feel in themselves the working of the Spirit of Christ, mortifying the works of the flesh, and their earthly members, and drawing up their mind to high and heavenly things, as well because it doth greatly establish and confirm their faith of eternal Salvation to be enjoyed through Christ, as because it doth fervently kindle their love towards God: So, for curious and carnal persons, lacking the Spirit of Christ, to have continually before their eyes the sentence of God's Predestination, is a most dangerous downfall, whereby the Devil doth thrust them either into desperation, or into wrethchlessness of most unclean living, no less perilous than desperation.信心深い考察の宿命として、そして私たちの選挙で、キリストは、甘味がいっぱいの、楽しい、そして快適さを言葉では表せない信心深い人々 、そして自分の作業のような感じでは、キリストの精神は、悔しいの作品は、肉、そして彼らのこの世のメンバー、そして彼らの心を描画すると天上の高いもの、それは本当に大きくを確立するためにも、自分の信仰を確認するのに永遠の救いを楽しんだキリストを通して、彼らの愛を燃やすために熱心に向かって蓄えが神:だから、好奇心のために、肉欲の人は、キリストの精神に欠け、継続的には自分の目の前に、神の宿命の宣告を受けて、最も危険な没落は、推力では、悪魔がかれらのどちらかを必死になって蓄え、またはwrethchlessnessの最も不浄の生活を、より危険な自暴自棄に劣らず。

    Furthermore, we must receive God's promises in such wise, as they be generally set forth to us in Holy Scripture: and, in our doings, that Will of God is to be followed, which we have expressly declared unto us in the word of God.また、神の約束を受信しなければならないような面では、一般的に定めるように、私たちにとっては教典:とは、私たちの所業で、それは、神の意志に従うことを、我々は明示的に宣言さわたしたちは神のみことば。

  18. Of obtaining eternal Salvation only by the Name of Christ They also are to be had accursed that presume to say, That every man shall be saved by the Law or Sect which he professeth, so that he be diligent to frame his life according to that Law, and the light of Nature. 永遠の救いを取得するだけで、キリストの名前は、呪われたことに生意気にも〜すると言っていた、そのすべての人に救われるもので、法律や宗派professeth彼は、勤勉なので、彼によると、彼の人生にして法の枠は、自然の光とした。 For Holy Scripture doth set out unto us only the Name of Jesus Christ, whereby men must be saved.教典を設定するためには本当にわたしたちはイエスキリストの名前だけで、男性に保存する必要があります。

  19. Of the Church. The visible Church of Christ is a congregation of faithful men, in which the pure Word of God is preached, and the Sacraments be duly ministered according to Christ's ordinance, in all those things that of necessity are requisite to the same. その教会の目に見える教会の信徒は、キリストの忠実な男たちは、純粋で、神のみことばが説教し、正式にministered秘跡キリストの条例によると、これらすべてのことの必要性が必須と同じです。

    As the Church of Jerusalem, Alexandria, and Antioch, have erred; so also the Church of Rome hath erred, not only in their living and manner of Ceremonies, but also in matters of Faith.エルサレムの教会としては、アレクサンドリア、アンティオキアとは、あるerred ;今でも、ローマの教会erredかれらは、自分だけでなく、リビングや態度の式典では、信仰の問題だけでなくています。

  20. Of the Authority of the Church. The Church hath power to decree Rites or Ceremonies, and authority in Controversies of Faith: and yet it is not lawful for the Church to ordain anything that is contrary to God's Word written, neither may it so expound one place of Scripture, that it be repugnant to another. 教会の権威です。かれらは教会の儀式や式典の電源を令は、信仰や権威に論争:合法的ではないにもかかわらず、教会のために何かを命じることが書かれた神の言葉に反して、どちらもかもしれませんので、自説啓典の代わりに、それを別のが気に食わない。 Wherefore, although the Church be a witness and a keeper of Holy Writ, yet, as it ought not to decree any thing against the same, so besides the same ought not to enforce any thing to be believed for necessity of Salvation.何のためには、教会にもかかわらず、キーパーの証人と聖書は、まだ、どのようなことをするべき令に反対しないように同じですが、これに加えてしかるべきだと同じことをしないように施行されるいかなる救済の必要性を信じている。

  21. Of the Authority of General Councils. [The Twenty-first of the former Articles is omitted; because it is partly of a local and civil nature, and is provided for, as to the remaining parts of it, in other Articles.] 協議会は、総長の権限だ。 [ 、 21歳の誕生日が省略された場合は、元の記事;なぜならこれは、ローカル部分と市民の自然、そして提供するためには、それにして、残りの部分は、他の記事です。 ]

    The original 1571, 1662 text of this Article, omitted in the version of 1801, reads as follows: "General Councils may not be gathered together without the commandment and will of Princes. And when they be gathered together, (forasmuch as they be an assembly of men, whereof all be not governed with the Spirit and Word of God,) they may err, and sometimes have erred, even in things pertaining unto God. Wherefore things ordained by them as necessary to salvation have neither strength nor authority, unless it may be declared that they be taken out of holy Scripture."オリジナルの1571年、 1662年、この記事のテキストは、省略された場合は、バージョン1801は、以下のとおり読み取ります: "全般協議会れないかもしれませんが集まったとの王侯の命令なし。と集まったときには、 (かれらには〜であるアセンブリの男たちは、 whereofすべてではないとの精神を支配して神のみことば) errかもしれない、とときどきあるerred 、神に係るものであってもだ。何のために制定されたものを救済して、必要に応じて権限を持たない強度もしない限り、宣言されるかもしれないという教典から追い出される"と述べた。

  22. Of Purgatory. The Romish Doctrine concerning Purgatory, Pardons, Worshipping and Adoration, as well of Images as of Relics, and also Invocation of Saints, is a fond thing, vainly invented, and grounded upon no warranty of Scripture, but rather repugnant to the Word of God. 煉獄のです。煉獄のローマカトリックの教義については、赦免、崇拝と礼拝は、井戸のイメージとしての遺跡として、また諸聖人の呼び出しは、好きなことは、発明むなしく、および接地時の保証のない啓典は、気に食わないのではなく、むしろ神のみことばです。

  23. Of Ministering in the Congregation It is not lawful for any man to take upon him the office of public preaching, or ministering the Sacraments in the Congregation, before he be lawfully called, and sent to execute the same. ministeringでの合法的な集会ではないが、人のために彼のオフィスを取る公共説教、またはministeringの秘跡は、信徒は、彼の前に呼び出される合法的には、送信を実行すると、同じです。 And those we ought to judge lawfully called and sent, which be chosen and called to this work by men who have public authority given unto them in the Congregation, to call and send Ministers into the Lord's vineyard.合法的に判断するとそれらのあるべき姿だと我々と送られると呼ばれる、これに選ばれると呼ばれるこの仕事をした男たちがかれらに与えられた権限は、公共の集会は、閣僚を送信して電話して、主のブドウ園です。

  24. Of Speaking in the Congregation in such a Tongue as the people understandeth. It is a thing plainly repugnant to the Word of God, and the custom of the Primitive Church, to have public Prayer in the Church, or to minister the Sacraments, in a tongue not understanded of the people. 集会で話すことは、このような人々の舌understandeth 。それは気に食わないことをはっきりと神のみことばには、原始的とは、カスタムの教会は、教会の中にある公共の祈り、あるいは大臣の秘跡には、あるunderstandedの人々の舌ない。

  25. Of the Sacraments. Sacraments ordained of Christ be not only badges or tokens of Christian men's profession, but rather they be certain sure witnesses, and effectual signs of grace, and God's good will towards us, by the which he doth work invisibly in us, and doth not only quicken, but also strengthen and confirm our Faith in him. の秘跡。秘跡に定められたキリストのバッジだけでなく、キリスト教やトークンの男性の職業は、彼らではなく、確実に特定の目撃者は、効果的な兆候やグレースは、神の善意の方と私たちは、これによって、彼は目に見えないように、私たちは本当に仕事は、そして蓄えが速くなるだけでなく、強化するだけでなく、我々は彼を信じて確認しています。

    There are two Sacraments ordained of Christ our Lord in the Gospel, that is to say, Baptism, and the Supper of the Lord.そこには2つの秘跡で定められた私たちの主キリストの福音は、これは、つまり、洗礼は、主との夕食のです。

    Those five commonly called Sacraments, that is to say, Confirmation, Penance, Orders, Matrimony, and Extreme Unction, are not to be counted for Sacraments of the Gospel, being such as have grown partly of the corrupt following of the Apostles, partly are states of life allowed in the Scriptures; but yet have not like nature of Sacraments with Baptism, and the Lord's Supper, for that they have not any visible sign or ceremony ordained of God.よく呼ばれるこれらの5つの秘跡、これは、つまり、確認は、苦行、注文は、結婚し、終油の秘跡は、秘跡のためにはカウントされないように、ゴスペル、などが栽培され、破損部分は、次の使徒は、部分的には人生の状態で、聖書可;しかし、まだしていないようにして自然の秘跡洗礼は、主の晩餐とは、どんな目に見えるサインしていないことや式神の定められた。

    The Sacraments are not ordained of Christ to be gazed upon, or to be carried about, but that we should duly use them.キリストの秘跡ではない、定められた時に浮かんでは、実行されるかについては、それを使用して正式にしなければならない。 And in such only as worthily receive the same, they have a wholesome effect or operation: but they that receive them unworthily, purchase to themselves damnation, as Saint Paul saith.とは、同じようなだけを受け取るとしてふさわしく、彼ら健全な効果があるかの操作:だがかれらがかれらを受け取るunworthily 、自分の苦しみを購入して、セントポールと言う。

  26. Of the Unworthiness of the Ministers, which hinders not the effect of the Sacraments. Although in the visible Church the evil be ever mingled with the good, and sometimes the evil have chief authority in the Ministration of the Word and Sacraments, yet forasmuch as they do not the same in their own name, but in Christ's, and do minister by his commission and authority, we may use their Ministry, both in hearing the Word of God, and in receiving the Sacraments. 閣僚のunworthinessのは、その効果を妨げていないの秘跡。にもかかわらず、これまでに目に見える教会の悪混じりの良い、そして時にはの悪さが最高権威の奉仕の秘跡という言葉とは、まだ彼ら〜である同じではありませんが、自分の名前ではなく、キリストの、そして彼の委員会とは大臣の権限で、我々が使用して省は、神のみことば聴覚の両方では、との秘跡を受けています。 Neither is the effect of Christ's ordinance taken away by their wickedness, nor the grace of God's gifts diminished from such as by faith, and rightly, do receive the Sacraments ministered unto them; which be effectual, because of Christ's institution and promise, although they be ministered by evil men.どちらも効果は、キリストの条例連れ去ら彼らの邪悪さ、また神の恩寵からの贈り物のような信仰によって減少し、正しくは、かれらを受ける秘跡ministered ;を効果的には、キリストのための教育機関との約束は、彼らにもかかわらずministeredされる邪悪な男だ。

    Nevertheless, it appertaineth to the discipline of the Church, that inquiry be made of evil Ministers, and that they be accused by those that have knowledge of their offences; and finally, being found guilty, by just judgment be deposed.にもかかわらず、それは、教会の規律をappertaineth 、悪の前に閣僚を引き合いに、罪に問われるとしている人々は自分の知識がある犯罪;そして最後には、有罪判決が、退陣されるだけで判断します。

  27. Of Baptism Baptism is not only a sign of profession, and mark of difference, whereby Christian men are discerned from others that be not christened, but it is also a sign of Regeneration or New-Birth, whereby, as by an instrument, they that receive Baptism rightly are grafted into the Church; the promises of the forgiveness of sin, and of our adoption to be the sons of God by the Holy Ghost, are visibly signed and sealed; Faith is confirmed, and Grace increased by virtue of prayer unto God.洗礼の洗礼職業のサインだけではない、との相違点は、キリスト教では、男性は他の違いから洗礼を受けることではないが、それはまた、再生の兆しを新たに生まれたり、何は、楽器としてでは、かれらが移植されるのは当然洗礼を受ける教会;の約束は、罪の赦し、そして私たちの神の息子を養子縁組される聖霊によっては、署名捺印は目に見えて;信仰が確定し、かれの祈りの美徳増加したグレース神です。

    The Baptism of young Children is in any wise to be retained in the Church, as most agreeable with the institution of Christ.幼い子どもたちの洗礼には、どのようにも、教会の中に保持される、教育機関としての大半をキリストの快い。

  28. Of the Lord's Supper. The Supper of the Lord is not only a sign of the love that Christians ought to have among themselves one to another; but rather it is a Sacrament of our Redemption by Christ's death: insomuch that to such as rightly, worthily, and with faith, receive the same, the Bread which we break is a partaking of the Body of Christ; and likewise the Cup of Blessing is a partaking of the Blood of Christ. は、主の夕食。 、夕食の主だけではない愛のサインしなければならないかもしれないが、キリスト教徒のうちの1つを別の自分;聖餐式ではなく、これは、我々の償還によるキリストの死:それで当然のように、立派には、信仰として、受信同じですが、我々のパンを破るのは、キリストの体の参加者;杯の祝福と同様に、参加者の血液中には、キリストのだ。

    Transubstantiation (or the change of the substance of Bread and Wine) in the Supper of the Lord, cannot be proved by Holy Writ; but is repugnant to the plain words of Scripture, overthroweth the nature of a Sacrament, and hath given occasion to many superstitions.代用(またはその変化は、物質のパンとワイン)は、夕食は、主よ、神聖さを証明することはできません令状;しかし、平野の言葉が気に食わないの啓典には、その性質上、 overthroweth聖餐式は、与えられた機会を利用し、かれらの多く迷信。

    The Body of Christ is given, taken, and eaten, in the Supper, only after an heavenly and spiritual manner.キリストのボディが与えられた場合、撮影し、食べて、夕食では、天国と精神的な態度をした後にのみです。 And the mean whereby the Body of Christ is received and eaten in the Supper, is Faith.そしてその意味では、キリストの体を受け取り、夕食を食べて、は、信仰です。

    The Sacrament of the Lord's Supper was not by Christ's ordinance reserved, carried about, lifted up, or worshipped.夕食の聖餐式は、主のキリストの条例によって予約さではない、運ばについては、持ち上げられ、または崇拝しています。

  29. Of the Wicked, which eat not the Body of Christ in the use of the Lord's Supper. The Wicked, and such as be void of a lively faith, although they do carnally and visibly press with their teeth (as Saint Augustine saith) the Sacrament of the Body and Blood of Christ; yet in no wise are they partakers of Christ: but rather, to their condemnation, do eat and drink the sign or Sacrament of so great a thing. よこしまなのではなく、キリストの体を食べるのは、主の夕食を使用します。 、邪悪な、などと、活発にボイドの信仰は、目に見えていながらも行うcarnallyとして自分の歯を押して(セントオーガスティンと言う)の聖餐式キリストの肉と血;まだ賢明ではない彼らのpartakersキリスト:ではなく、むしろ、彼らの非難をして、食べたり飲んだりすることがそんなにすごいのサインや聖餐式のものです。

  30. Of both Kinds. The Cup of the Lord is not to be denied to the Lay-people: for both the parts of the Lord's Sacrament, by Christ's ordinance and commandment, ought to be ministered to all Christian men alike. 両方の種類です。カップは、主に拒否されるべきではない、人々のレイ:両方の部分の主の聖餐は、キリストの条例や命令によって、本来やらなければならないministeredを問わず全てのクリスチャン男性です。

  31. Of the one Oblation of Christ finished upon the Cross. The Offering of Christ once made in that perfect redemption, propitiation, and satisfaction, for all the sins of the whole world, both original and actual; and there is none other satisfaction for sin, but that alone. 奉納は、 1つのキリストの十字架上で終えた。 、キリストを提供して完璧に1回行われて償還、なだめようと満足度は、すべての罪のために、全世界の、両方の原本と実際;ていて、他の満足のために罪なし、しかし、それだけだ。 Wherefore the sacrifices of Masses, in the which it was commonly said, that the Priest did offer Christ for the quick and the dead, to have remission of pain or guilt, were blasphemous fables, and dangerous deceits.何のためには大衆の犠牲は、普通によると、それは、キリストのために提供して司祭は、生者と死者は、痛みを感じたり、罪悪感を持つの寛解、冒とく的な寓話は、 deceitsと危険です。

  32. Of the Marriage of Priests. Bishops, Priests, and Deacons, are not commanded by God's Law, either to vow the estate of single life, or to abstain from marriage: therefore it is lawful for them, as for all other Christian men, to marry at their own discretion, as they shall judge the same to serve better to godliness. 結婚のプリースト。司教、司祭、およびdeacons 、ではない神の律法によって命じ、エステートのどちらかを、独身生活のことを誓う、あるいは結婚を控える:したがってこれは合法的な彼らにとっては、他のすべてのクリスチャンの男性としては、結婚で、自分の裁量で、かれらは裁判官と同じように奉仕して神を敬うより良いです。

  33. Of excommunicate Persons, how they are to be avoided. That person which by open denunciation of the Church is rightly cut off from the unity of the Church, and excommunicated, ought to be taken of the whole multitude of the faithful, as an Heathen and Publican, until he be openly reconciled by penance, and received into the Church by a Judge that hath the authority thereunto. 破門された人は、どのように彼らは避けるべきです。開いて、その人が非難されたのは当然の教会から切り離されているが、教会の結束、およびexcommunicated 、全体のあるべき姿だと取られるの多数の忠実な、異教徒として、居酒屋の主人、公然と仲直りされるまで、彼は贖罪、教会を受け取ったとされるかれらの権威thereunto判断しています。

  34. Of the Traditions of the Church. It is not necessary that the Traditions and Ceremonies be in all places one, or utterly like; for at all times they have been divers, and may be changed according to the diversity of countries, times, and men's manners, so that nothing be ordained against God's Word. 教会の伝統です。する必要はありませんが、伝統や儀式にして、すべての場所の1つ、または全くのような;ためにいつでも彼らはダイバーは、変更されることがあります。によると、多様な国々では、タイムズ、およびメンズマナーには、何もないので、反対に定められた神の言葉だ。 Whosoever, through his private judgment, willingly and purposely, doth openly break the Traditions and Ceremonies of the Church, which be not repugnant to the Word of God, and be ordained and approved by common authority, ought to be rebuked openly, (that others may fear to do the like,) as he that offendeth against the common order of the Church, and hurteth the authority of the Magistrate, and woundeth the consciences of the weak brethren.誰でも、彼のプライベートな判断を通じて、故意に喜んで、蓄えが公然と伝統を破るのは、教会での儀式は、気に食わないのではない神のみことばには、承認されると共通に定められた権限とは、公然と叱責を受けるはずだ、 (その他5月には、恐怖心のような、 ) offendethとして反対して、彼は、教会の共通の順序は、 hurtethの権威とは、治安判事は、 woundethの良心とは、弱い兄弟です。

    Every particular or national Church hath authority to ordain, change, and abolish, Ceremonies or Rites of the Church ordained only by man's authority, so that all things be done to edifying.かれらの教会や国家ごとに特定の権限を命じる、変更、廃止すると、儀式は、儀式や教会の男の権威によってのみ定められたように、すべてのことを啓発されるようにする。

  35. Of the Homilies. The Second Book of Homilies, the several titles whereof we have joined under this Article, doth contain a godly and wholesome Doctrine, and necessary for these times, as doth the former Book of Homilies, which were set forth in the time of Edward the Sixth; and therefore we judge them to be read in Churches by the Ministers, diligently and distinctly, that they may be understanded of the people. を発するのです。発する2番目の本は、いくつかのタイトルの下に加わったwhereof我々はこの記事では、健全な教義や信仰心の厚い蓄えが含まれ、これらのために必要な時間とは、元の本を発するとして蓄えが、時間が規定されて6番目のエドワード;と従って我々にも読んで判断して、閣僚の教会では、こつこつとはっきりとは、その人たちは、かれらunderstandedかもしれない。

    Of the Names of the Homiliesその名前の発する

    1. Of the right Use of the Church.教会の使用の権利です。
    2. Against Peril of Idolatry.偶像崇拝に対する危険なことです。
    3. Of repairing and keeping clean of Churches.清潔度の維持や教会の修復です。
    4. Of good Works: first of Fasting.良い作品:最初の断食です。
    5. Against Gluttony and Drunkenness.大食と酩酊反対です。
    6. Against Excess of Apparel.アパレルに対する過剰。
    7. Of Prayer.祈り。
    8. Of the Place and Time of Prayer.祈りの場所と時間です。
    9. That Common Prayers and Sacraments ought to be ministered in a known tongue.共通の祈りと秘跡ことでなければならないministered舌で知られています。
    10. Of the reverend Estimation of God's Word.牧師の推計は、神の言葉だ。
    11. Of Alms-doing.托鉢を行うのです。
    12. Of the Nativity of Christ.キリストが生まれています。
    13. Of the Passion of Christ.キリストの受難のです。
    14. Of the Resurrection of Christ.キリストの復活です。
    15. Of the worthy receiving of the Sacrament of the Body and Blood of Christ.受理の価値があるとは、血液中の聖礼典キリストの体です。
    16. Of the Gifts of the Holy Ghost.は、聖霊の贈り物だ。
    17. For the Rogation-days.祈とうのために終了。
    18. Of the State of Matrimony.結婚の状態です。
    19. Of Repentance.後悔。
    20. Against Idleness.ブラブラしていることに反対です。
    21. Against Rebellion.対反乱。

    [This Article is received in this Church, so far as it declares the Book of Homilies to be an explication of Christian doctrine, and instructive in piety and morals. [この記事は受け取ったが、この教会は、これまでのところ、書籍の宣言を発するように、キリスト教の教義を解説し、有益で忠義と道徳。 But all references to the constitution and laws of England are considered as inapplicable to the circumstances of this Church; which also suspends the order for the reading of said Homilies in churches, until a revision of them may be conveniently made, for the clearing of them, as well from obsolete words and phrases, as from the local references.]しかし、憲法と法律の引用はすべてイングランドの事情を考慮したうえで、このように不適用教会;停止のためにも読んで発するの教会によると、それらの改正されるまでは便利かもしれないが、かれらの清算のためは、時代遅れの単語やフレーズからも、参考文献として地元からです。 ]

  36. Of Consecration of Bishops and Ministers. The Book of Consecration of Bishops, and Ordering of Priests and Deacons, as set forth by the General Convention of this Church in 1792, doth contain all things necessary to such Consecration and Ordering; neither hath it any thing that, of itself, is superstitious and ungodly. 奉献の閣僚の司教と。 1792 、蓄えが必要なすべてのものを含んで発注してそのような奉献;どちらもかれらがいかなるものしては、それ自体が、迷信とは、とんでもない。 And, therefore, whosoever are consecrated or ordered according to said Form, we decree all such to be rightly, orderly, and lawfully consecrated and ordered.そして、そのため、誰かが聖体拝領によると注文フォームによると、このように我々のすべての法令を正しく、整然とし、合法的に聖体拝領を命じました。

    The original 1571, 1662 text of this Article reads as follows: "The Book of Consecration of Archbishops and Bishops, and Ordering of Priests and Deacons, lately set forth in the time of Edward the Sixth, and confirmed at the same time by authority of Parliament, doth contain all things necessary to such Consecration and Ordering; neither hath it any thing, that of itself is superstitious and ungodly. And therefore whosoever are consecrated or ordered according to the Rites of that Book, since the second year of the forenamed King Edwand unto this time, or hereafter shall be consecrated or ordered according to the same Rites; we decree all such to be rightly, orderly, and lawfully consecrated and ordered."オリジナルの1571年、 1662年、この記事のテキストを読み込み、以下の通り: "この本の奉献の司教archbishopsと、ご注文のdeaconsプリーストとは、最近に規定され、 6時間のエドワードは、それと同時に、確定された権威議会では、そのような蓄えが必要なすべてのものが含まれ奉献と注文;どちらもかれらがいかなるものは、それ自体は迷信ととんでもない。命じ、したがって誰かが聖体拝領の儀式によると、その本の中で、二年目以降は、前述の王様かれedwandこの時期に、あるいは来世に聖体拝領または注文したものと同じ儀式によると、このように我々のすべての法令を正しく、整然とし、合法的に聖体拝領を命じました。 "

  37. Of the Power of the Civil Magistrates. The Power of the Civil Magistrate extendeth to all men, as well Clergy as Laity, in all things temporal; but hath no authority in things purely spiritual. 治安判事は、市民の力だ。 extendeth民政官の力を利用してすべての男性には、聖職者としての信者たちも、すべてのものは時間的;しかし、かれらの権威はない純粋な精神的なものです。 And we hold it to be the duty of all men who are professors of the Gospel, to pay respectful obedience to the Civil Authority, regularly and legitimately constituted.そして、我々がそれを行う義務は、すべての男性教授は、福音書は、市民を支払うことを服従させる権威を尊重し、定期的に、合法的に構成しています。

    The original 1571, 1662 text of this Article reads as follows: "The King's Majesty hath the chief power in this Realm of England, and other his Dominions, unto whom the chief Government of all Estates of this Realm, whether they be Ecclesiastical or Civil, in all causes doth appertain, and is not, nor ought to be, subject to any foreign Jurisdiction. Where we attribute to the King's Majesty the chief government, by which Titles we understand the minds of some slanderous folks to be offended; we give not our Princes the ministering either of God's Word, or of the Sacraments, the which thing the Injunctions also lately set forth by Elizabeth our Queen do most plainly testify; but that only prerogative, which we see to have been given always to all godly Princes in holy Scriptures by God himself; that is, that they should rule all estates and degrees committed to their charge by God, whether they be Ecclesiastical or Temporal, and restrain with the civil sword the stubborn and evil-doers.オリジナルの1571年、 1662年、この記事のテキストを読み込み、以下の通り: "かれらは、国王陛下の最高権力が、この領域でのイングランド、およびその他の彼の支配権は、誰かれ首席政府のすべての領域で、この団地では、教会にいるかどうかや民事は、付随するすべての蓄えが原因、とではありませんし、またでなければならない、いかなる外国の管轄権の対象となる。どこに我々の属性王の威厳を首席政府は、我々に理解されるタイトルをいくつかの人を中傷する人々の心の気を悪くされる;我々を与える王子は、私たちの神の言葉ministeringのいずれか、またはその秘跡は、最近のものでも、命令で定められたエリザベス女王は私たちの最もはっきりと証言;それだけ大権、これを参照してきた我々に与えられたすべての信仰心の厚い常に君主聖書は神によって自分自身;ことは、すべてのルールエステーツしなければならないこととされた電荷度にコミットして、神は、教会や時間がいるかどうか、そして剣を抑制して市民との頑固な悪を行う者です。

    "The Bishop of Rome hath no jurisdiction in this Realm of England. "かれらはローマ司教の管轄権なしで、この領域のイングランド。

    "The Laws of the Realm may punish Christian men with death, for heinous and grievous offenses. "の可能性を罰する法律は、キリスト教の男性と死の領域は、凶悪犯罪や痛ましい。

    "It is lawful for Christian men, at the commandment of the Magistrate, to wear weapons, and serve in the wars." "それはキリスト教を合法的な男性は、予審判事の命令で、武器を着るのは、戦争とは、サーブです。 "

  38. Of Christian Men's Goods, which are not common. The Riches and Goods of Christians are not common, as touching the right, title, and possession of the same; as certain Anabaptists do falsely boast. キリスト教メンズグッズは、共通ではない。 、富や財の共通のキリスト教徒ではない、として、感動的権利、所有権、および所持同じ;として特定anabaptists偽って自慢することです。 Notwithstanding, every man ought, of such things as he possesseth, liberally to give alms to the poor, according to his ability.にもかかわらず、すべての人をするべきは、そのようなものとしてpossesseth彼は、貧しい人々に施しを与える気前よくして、彼の能力によると。

  39. Of a Christian Man's Oath. As we confess that vain and rash Swearing is forbidden Christian men by our Lord Jesus Christ, and James his Apostle, so we judge, that Christian Religion doth not prohibit, but that a man may swear when the Magistrate requireth, in a cause of faith and charity, so it be done according to the Prophet's teaching in justice, judgment, and truth. キリスト教の男の誓い。として我々に悪態をついたことを告白して無駄な発疹が禁じられ、キリスト教の人たちの主イエスキリストによって、彼の使徒とジェームズので、判事は、キリスト教の宗教の蓄えがないことを禁じるが、そのとき一人の男が、治安判事requireth誓うは、信仰の原因とは、慈善事業は、これで完了によると、預言者の正義を教えることで、判断力、そして真実ではない。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです