Gethsemane苦境

General Information 総合案内

Gethsemane is the place on the Mount of Olives near Jerusalem where Jesus Christ was betrayed by Judas Iscariot and arrested while praying with his disciples after the Last Supper.ゲッセマネは、その場所の近くには、エルサレムのオリーブ山のどこに裏切られたことは、イエスキリストとユダイスカリオテを祈っている間に逮捕された後、弟子の最後の晩餐。 The name (Matt. 26:36; Mark 14:32) may have meant "oil vat," suggesting a stand of olive trees.名前( matt. 26:36 ;マーク14時32分)の可能性があるという意味"石油のVATは、 "を提案するのオリーブの木が立っています。 John's Gospel (18:1) refers to the site as a garden; hence, the composite designation, the Garden of Gethsemane.ヨハネの福音書( 18時01分)を指しているため、サイトとしての庭;したがって、複合材料の指定は、庭のゲッセマネ。 Despite several conjectures, the site is not precisely identifiable today.にもかかわらず、いくつかの推測は、このサイトを正確に特定できる今日ではない。


Gethsem'ane gethsem'ane

Advanced Information 高度情報

Gethsemane, oil-press, the name of an olive-yard at the foot of the Mount of Olives, to which Jesus was wont to retire (Luke 22:39) with his disciples, and which is specially memorable as being the scene of his agony (Mark 14:32; John 18:1; Luke 22:44).ゲッセマネは、石油を押して、その名のオリーブの庭には、山のふもとのオリーブは、イエスキリストがいつもに引退を(ルーク22 : 39 )で、弟子は、特別に記憶に残るとされるが、彼の情景苦しみ( 14時32分マーク;ジョン18 : 01 ;ルーク22時44分) 。 The plot of ground pointed out as Gethsemane is now surrounded by a wall, and is laid out as a modern European flower-garden.地面の筋書きは指摘してゲッセマネとしては今の壁に囲まれた、と打ち出したとしては、近代ヨーロッパの花の庭があります。 It contains eight venerable olive-trees, the age of which cannot, however, be determined.それを含む8つの由緒あるオリーブの木々は、その時代のことはできませんが、しかし、決定される。 The exact site of Gethsemane is still in question.ゲッセマネの正確な部位では、まだ疑問だ。 Dr. Thomson (The Land and the Book) says: "When I first came to Jerusalem, and for many years afterward, this plot of ground was open to all whenever they chose to come and meditate beneath its very old olivetrees. The Latins, however, have within the last few years succeeded in gaining sole possession, and have built a high wall around it......The Greeks have invented another site a little to the north of it...... My own impression is that both are wrong. The position is too near the city, and so close to what must have always been the great thoroughfare eastward, that our Lord would scarcely have selected it for retirement on that dangerous and dismal night ......I am inclined to place the garden in the secluded vale several hundred yards to the north-east of the present Gethsemane."トムソン博士(その土地やその本)によれば: "最初に来たときにエルサレムは、長年にわたり、その後、このプロットの地面には、すべてのオープンを選んだときに彼らの下に来ると、非常に古いolivetrees熟考。 latins 、しかし、ここ数年内にも獲得に成功して専有し、その周囲には高い塀が建て......ギリシア人が発明して別のサイトを少し北に自分自身の印象を与えること......は、両方とも間違っている。市街地の立場はあまりにも近く、そして今何をしなければ近くには、常に偉大な大通り東は、わたしたちの主は、そのほとんどが退職することを選択したとして危険な暗い夜......私は庭に傾いているのは、人里離れた場所にいくつかのヴァレ100ヤードを北東に、現在の苦境"と述べた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Gethsemane苦境

Advanced Information 高度情報

(Book 5, Chapter XII From Life and Times of Jesus the Messiah ( 5冊は、第12章からイエスの人生と時代の救世主
by Alfred Edersheim, 1886)アルフレッドedersheimによって、 1886 )

(St. Matt. xxvi. 30-56; St. Mark xiv. 26-52; St. Luke xxii. 31-53; St. John xviii. 1-11.) We turn once more to follow the steps of Christ, now among the last He trod upon earth. (聖マットです。 26 。三〇 〜五六;サンマルコ14 。二十六から五十二;聖ルカ22 。三一から五三まで;聖ヨハネ18 。 1-11 。 )我々の電源を一度こちらの手順に従い、キリストは、今のうち、最後に彼は地球の味です。 The 'hymn,' with which the Paschal Supper ended, had been sung. [賛美歌、 'して終わったが、復活祭の夕食、成ていた。 Probably we are to understand this of the second portion of the Hallel, [a Ps.おそらく我々はこれを理解するのは、 2番目の部分hallel 、 [にPS 。 cxv. ) CXV 。 to cxviii.] sung some time after the third Cup, or else of Psalm cxxxvi., which, in the present Ritual, stands near the end of the service.をcxviii 。 ]いくつかの聖杯第3時間後、または他の詩編cxxxvi 。 、これは、現在の儀式では、本サービスの終わり近くに立っています。 The last Discourses had been spoken, the last Prayer, that of Consecration, had been offered, and Jesus prepared to go forth out of the City, to the Mount of Olives.最後の国について話されていたのは、最後の祈りは、自分をささげることは、提供していた、と出て行く準備をイエスキリストのうち、市のオリーブをマウントしています。 The streets could scarcely be said to be deserted, for, from many a house shone the festive lamp, and many a company may still have been gathered; and everywhere was the bustle of preparation for going up to the Temple, the gates of which were thrown open at midnight.路上に捨てられたとされる可能性がほとんどないため、より多くの家のお祭りに輝いていたランプは、まだ、多くの企業が集まってきた;喧騒とは、どこに行く準備をする同寺は、ゲイツ会長が、午前零時に開いて投げています。

Passing out by the gate north of the Temple, we descend into a lonely part of the valley of black Kidron, at that season swelled into a winter torrent.北ゲートを通過する同寺は、我々は、孤独な部分へと下るの谷の黒いkidron 、シーズンで増水して激流に冬です。 Crossing it, we turn somewhat to the left, where the road leads towards Olivet.交差することは、我々の電源を左に多少、道路のリードはどこに向かっ模造真珠。 Not many steps farther (beyond, and on the other side of the present Church of the Sepulchre of the Virgin) we turn aside from the road to the right, and reach what tradition has since earliest times, and probably correctly, pointed out as 'Gethsemane,' the 'Oil-press.' It was a small property enclosed [ ], 'a garden' in the Eastern sense, where probably, amidst a variety of fruit trees and flowering shrubs, was a lowly, quiet summer-retreat, connected with, or near by, the 'Olive-press.'多くの手順を遠くありません(越えては、との反対側には、現在、聖母教会のsepulchre )我々の道を歩んで顔を背けるから右には、それ以来最古の伝統とは何倍に達する、とおそらく正しく、と指摘して'ゲッセマネ、 ' 、 '石油を押してください。 'それは、小さな財産を同封[ ] 、 '庭'は、東部の意味では、どこに、おそらく、果物の中で、さまざまな木々や灌木の開花は、卑しいが、静かな夏の後退は、接続して、または近くでは、 'オリーブの記者です。 ' The present Gethsemane is only some seventy steps square, and though its old gnarled olives cannot be those (if such there were) of the time of Jesus, since all trees in that valley, those also which stretched their shadows over Jesus, were hewn down in the Roman siege, they may have sprung from the old roots, or from the odd kernels.ゲッセマネは、現在の70いくつかの手順をスクエアにのみ、およびかかわらず、古い節くれだったオリーブこれらのことはできません(このような場合があった)その時、イエスは、すべての木々が谷以来、それらの上にも影を伸ばして、イエスは、杣がダウンローマは、包囲攻撃は、彼らのルーツを古いひび割れた可能性がある、または奇数のカーネルからだ。 But we love to think of this 'Garden' as the place where Jesus 'often', not merely on this occasion, but perhaps on previous visits to Jerusalem, gathered with His disciples.しかし、我々のことを考え、この愛'庭'の場所としてイエス'しばしば'は、この機会だけではないが、おそらくエルサレム訪問を前に、彼の弟子を集めています。

It was a quiet resting-place, for retirement, prayer, perhaps sleep, and a trysting-place also where not only the Twelve, but others also, may have been wont to meet the Master.それは、静かな休憩所は、退職後のためには、祈りは、おそらく睡眠は、会合の場とするだけでなく、どこでも12個が、他にも、いつも会う可能性があるマスターされています。 And as such it was known to Judas, and thither he led the armed band, when they found the Upper Chamber no longer occupied by Jesus and His disciples.このようにすることが知られているとユダ、およびthitherバンドを率いて武装は、上段の箱見つけたときにはもはやイエスと彼の弟子たちによって占有されています。 Whether it had been intended that He should spend part of the night there, before returning to the Temple, and whose that enclosed garden was, the other Eden, in which the Second Adam, the Lord from heaven, bore the penalty of the first, and in obeying gained life, we know not, and perhaps ought not to inquire.意図されていたかどうかを彼はそこで過ごす夜の部は、同寺に戻る前に、とのことで囲まれた庭には、他のエデンは、 2番目のアダムでは、天からの主は、懲罰の口径は、第一に、人生で得た従うと、我々が知らないことを、そしてたぶん尋ねるしないようにすべきだ。 It may have belonged to Mark's father.マークの可能性があることを父に属しています。 But if otherwise, Jesus had loving disciples even in Jerusalem, and, we rejoice to think, not only a home at Bethany, and an Upper Chamber furnished in the City, but a quiet retreat and trysting-place for His own under the bosom of Olivet, in the shadow of the garden of 'the Oil-press.'しかし、もしそうでなければ、イエスが弟子を愛するエルサレムでも、そして、我々喜ぶことを考えるだけでなく、ホームでベサニーには、家具や、アッパー室で、市ではなく、静かな隠れ家や会合場所のために、自分の懐の下で模造真珠は、庭の影の下で'の石油を押してください。 ]

The sickly light of the moon was falling full on them as they were crossing Kidron.病弱なのは、月の光が落ちているようで、彼らはフルkidron踏切です。 It was here, we imagine, after they had left the City behind them, that the Lord addressed Himself first to the disciples generally.それはここでは、我々を想像する、彼らは後にして左側の市街地の背後には、主に対処して自分自身を最初に通常の弟子です。 We can scarcely call it either prediction or warning.いずれかを予測することはほとんどない我々に電話または警告した。 Rather, as we think of that last Supper, of Christ passing through the streets of the City for the last time into that Garden, and especially of what was now immediately before Him, does what He spake seem natural, even necessary.むしろ、我々として考えること最後の晩餐は、キリストの通りは、市内を通過するための最後の時間には、庭には、その中でも特に、今すぐに何が彼の前に、彼はどのように見える自然speakの過去形でも、必要だ。 To them, yes, to them all.して、はい、それら全てを。

He would that night be even a stumbling-block.彼はその夜につまずきながらもブロックする。 And so had it been foretold of old, [a Zech.前から予報されていたことや、昔は、 [するツェッヒ。 xiii. 13 。 7] that the Shepherd would be smitten, and the sheep scattered. 7 ]は、羊飼いに殴られた、とヒツジに散在のです。 Did this prophecy of His suffering, in its grand outlines, fill the mind of the Saviour as He went forth on His Passion?彼の苦しみは、この予言は、そのグランド輪郭、塗りつぶしの心の救い主として来たりして彼は彼の情熱ですか? Such Old Testament thoughts were at any rate present with Him, when, not unconsciously nor of necessity, but as the Lamb of God, He went to the slaughter.旧約聖書のこのような考えを提示していたいずれにせよ彼は、ときには、無意識のうちにも必要に迫られていないが、神の子羊として、彼は、食肉処理しています。 A peculiar significance also attaches to His prediction that, after He was risen, He would go before them into Galilee.彼の独特な意義を予測して接続しても、彼は上昇した後、彼はガリラヤに行く前にしています。 [b St. Matt. [ Bの聖マットです。 xxvi. 26 。 32; St. Mark. 32 ;サンマルコ。 xiv. 14 。 28.] For, with their scattering upon His Death, it seems to us, the Apostolic circle or College, as such, was for a time broken up. 28 。 ]ためには、彼の死に散乱して、それは、私たちにとっては、ローマ教皇のサークルや大学は、このように、一度に壊れていたためだ。 They continued, indeed, to meet together as individual disciples, but the Apostolic bond was temporarily dissolved.彼らは、確かに、個々の弟子として一緒に会うが、ローマ教皇の債券は一時的に解散しています。

This explains many things: the absence of Thomas on the first, and his peculiar position on the second Sunday; the uncertainty of the disciples, as evidenced by the words of those on the way to Emmaus; as well as the seemingly strange movements of the Apostles, all which are quite changed when the Apostolic bond is restored.この多くのことを説明:トーマスの不在は、第一に、彼の独特なポジションとは、第二日曜日;の不確実性は、弟子は、その言葉にも明らかなように、これらの方法をエマオ;だけでなく、一見奇妙な動きは、使徒は、すべてが変わったときにはかなりのローマ教皇の債券が復元されます。 Similarly, we mark, that only seven of them seem to have been together by the Lake of Galilee, [a St. John xxxi.同様に、私たちのマークは、かれらの7つのことだけをまとめてきたように、ガリラヤ湖は、 [する聖ヨハネ31 。 2.] and that only afterwards the Eleven met Him on the mountain to which He had directed them. 2 。 ]のみとし、その後に会ったのは、山のイレブンを指示していた。 [b St. Matt. [ Bの聖マットです。 xxvii, 16.] It was here that the Apostolic circle or College was once more re-formed, and the Apostolic commission renewed, [c ucs vv.18-20.] and thence they returned to Jerusalem, once more sent forth from Galilee, to wait the final events of His Ascension, and the Coming of the Holy Ghost. 27 、 16 。 ]それはここでは、教皇は、かつてより多くの大学サークルや再結成され、ローマ教皇の委員会に改装され、 [ C言語ucs vv.18 - 20です。 ]およびそこからエルサレムに戻った彼らは、いったんこちらから遣わしたガリラヤは、彼を待って最終的なイベントが昇天し、聖霊の到来です。

But in that night they understood none of these things.しかし、彼らはその夜、これらのことを理解なし。 While all were staggering under the blow of their predicted scattering, the Lord seems to have turned to Peter individually.すべてが打撃を超している間、彼らの予測の下散乱は、主電源を持つように個別のピーターです。 What he said, and how He put it, equally demand our attention: 'Simon, Simon' [d St. Luke xxii.彼が言ったことは、どのように彼と言えば、我々の注目を均等に需要: 'サイモンは、サイモン' [ d聖ルカ22 。 31.] using His old name when referring to the old man in him, 'Satan has obtained [out-asked,] you, for the purpose of sifting like as wheat. 31 。 ]を使用して彼の昔の名前を指すときにその老人は彼には、 '悪魔が得られた[アウト-質問は、 ]あなたは、ふるいかすのようなことを目的として小麦です。 But I have made supplication for thee, that thy faith fail not.'しかし、私は前に、なたを懇願、なたの信仰に失敗していない。 ' The words admit us into two mysteries of heaven.私たちの言葉を認める2つの謎天国です。 This night seems to have been 'the power of darkness', when, left of God, Christ had to meet by himself the whole assault of hell, and to conquer in His own strength as Man's Substitute and Representative.てきたように、この夜の闇の力' 、ときには、左の神は、キリストによって自分自身の全体を満たしていた地獄の暴行、とは、自分自身の強さを征服する男の代用として、代表的です。 It is a great mystery: but quite consistent with itself.これは、偉大なミステリー:それ自体がかなり一貫している。 We do not, as others, here see any analogy to the permission given to Satan in the opening chapter of the Book of Job, always supposing that this embodies a real, not an allegorical story.我々は、他には、ここを参照してください類推して、任意の許可を与えられた悪魔の冒頭の章では、書籍の仕事は、常にこの具現すると仮定して本物のは、寓話の話ではありません。 But in that night the fierce wind of hell was allowed to sweep unbroken over the Saviour, and even to expend its fury upon those that stood behind in His Shelter.しかし、その夜、猛烈な風が許されていたスイープ切れ目のない地獄の救い主、およびそれらの時でさえフューリー支出してその後ろに立っていた彼の避難所です。 Satan had 'out-asked, obtained it, yet not to destroy, nor to cast down, but 'to sift,' like as wheat [It is very probable that the basis of the figure is Amos ix.悪魔は'アウト-求め、入手することは、まだ破壊しないように、キャストダウンしても、しかし、 'をふるいにかける、 'としての小麦のように[することは非常に確率的には、アモスの図は、 9世です。 9.] is shaken in a sieve to cast out of it what is not grain. 9 。 ]揺らいでふるいには、アウトキャストの穀物ではないことは何です。 Hitherto, and no farther, had Satan obtained it.これまでは、遠くないとは、悪魔が得られることです。 In that night of Christ's Agony and loneliness, of the utmost conflict between Christ and Satan, this seems almost a necessary element.その夜、キリストの苦しみと寂しさは、キリストとの間の葛藤は、最大限の悪魔は、このように必要な要素がほとんどです。

This, then, was the first mystery that had passed.これは、その後、ミステリーしていたが、最初に渡されます。 And this sifting would affect Peter more than the others.このふるいかすとは、他人に影響を与える以上のピーターです。 Judas, who loved not Jesus at all, has already fallen; Peter, who loved him, perhaps not most intensely, but, if the expression be allowed, most extensely, stood next to Judas in danger.ユダは、すべての人に愛されていないイエスは、すでに倒れた;ピーターは、彼を愛していた人は、おそらくほとんどない強烈だけど、もし許されるという表現は、ほとんどのextensely 、隣に立っていたユダの危険にさらされています。 In truth, though most widely apart in their direction, the springs of their inner life rose in close proximity.実際には、別の方向に最も広くかかわらず、彼らの内面の人生バラの泉の近くです。 There was the same readiness to kindle into enthusiasm, the same desire to have public opinion with him, the same shrinking from the Cross, the same moral inability or unwillingness to stand alone, in the one as in the other.即応性があったのと同じ情熱を燃やすには、同じ世論願望を持つ彼とは、同じ断面から縮小しており、同様の道徳的不能またはスタンドアロン不本意には、その中の一つとして、他のです。 Peter had abundant courage to Sally out, but not to stand out.ピーターはサリー豊富な勇気を出すことはできませんが際立っている。 Viewed in its primal elements (not in its development), Peter's character was, among the disciples, the likest to that of Judas.閲覧は、プライマルの要素(その開発ではなく) 、ピーターのキャラクターは、弟子の中には、ユダのlikestをしています。 If this shows what Judas might have become, it also explains how Peter was most in danger that night; and, indeed, the husks of him were cast out of the sieve in his denial of the Christ.このショーは何ユダになるかもしれないが、それはまた方法について説明して夜ピーターは最も危険にさらされ;と、実際のところ、彼には、もみ殻のキャストのうち、ふるいには、キリストの彼の否定した。 But what distinguished Peter from Judas was his 'faith' of spirit, soul, and heart, of spirit, when he apprehended the spiritual element in Christ; [St.しかし、何よりユダの著名なピーターは、彼の'信仰'の精神は、魂は、心臓や、精神的、精神的な要素で、逮捕時に彼は、キリスト; [聖 John vi.68.] of soul, when he confessed Him as the Christ; [St, Matt.ジョンvi.68 。 ]の魂は、ときとして、彼は彼の告白キリスト; [ Stには、マットです。 xvi. 16 。 16.] and of heart, when he could ask Him to sound the depths of his inner being, to find there real, personal love to Jesus. 16 。 ]心臓とは、彼が彼に尋ねたときに音のどん底に自分の内面が、そこを見つける本物のは、個人的にイエスキリストの愛です。 [St. [聖 John xxi.ジョン21 。 15-17.] 15-17 。 ]

The second mystery of that night was Christ's supplication for Peter.その夜、 2番目の謎ピーターは、キリストのために懇願した。 We dare not say, as the High-Priest, and we know not when and where it was offered.思い切っていないと言う我々は、高司祭として、そして我々が知らないことをいつ、どこで提供していた。 But the expression is very strong, as of one who has need of a thing.しかし、非常に強い表現には、 1つのことを必要としてきた。 [1 This even philologically, and in all the passages in which the word is used. [ 1本でさえphilologically 、およびすべての通路では、単語が使用されています。 Except in St. Matt.聖マットを除いている。 ix. 9 。 38, it occurs only in the writings of St. Luke and St. Paul.] And that for which He made such supplication was, that Peter's faith should not fail. 38は、それが発生しただけで、聖ルカと聖パウロの記述です。 ]と懇願していたためにどのような彼のおかげで、ピーターの信仰してはいけない失敗してしまいます。 This, and not that something new might be given him, or the trial removed from Peter.これは、何か新しいことをしていないかもしれない彼に与えられた、あるいはその裁判のピーターから削除されます。 We mark, how Divine grace presupposes, not supersedes, human liberty.我々のマークは、どのように神の恵みを前提ではなく、取って代わるものは、人間の自由の女神。 And this also explains why Jesus had so prayed for Peter, not for Judas.そしてなぜ、このイエス様にも説明を祈っていたので、ピーターのためではなく、ユダのです。 In the former case there was faith, which only required to be strengthened against failure - an eventuality which, without the intercession of Christ, was possible.信仰があったが、前者の場合、これだけ反対の失敗を強化する必要があるが-、不測の事態には、キリストの仲裁なしには、が可能です。 To these words of His, Christ added this significant commission: 'And thou, when thou hast turned again, confirm thy brethren.'これらの言葉を彼は、この重要な委員会は、キリストに追加: 'となた、なたときに電源が再び、なたの同胞を確認する。 ' [2 Curiously enough, Roman Catholic writers see in the prediction of his fall by implication an assertion of Peter's supremacy. [ 2不思議なことに、ローマカトリックの作家を参照してください秋には、予測された彼の主張の含意するピーターの覇権を握る。 This, because they regard Peter as the representative and head of the others.] And how fully he did this, both in the Apostolic circle and in the Church, history has chronicled.このため、彼らの代表として、ピーターに関しては、他の頭です。 ]そして、彼はそれをどのように完全には、両方のサークルとは、ローマ教皇の教会は、歴史がchronicled 。

Thus, although such may come in the regular moral order of things, Satan has not even power to 'sift' without leave of God; and thus does the Father watch in such terrible sifting over them for whom Christ has prayed.したがって、そのような可能性にもかかわらず、定期的な道徳的秩序が来ることは、悪魔ではないにも力を'ふるいにかける'を残すことなく、神;こうして父が見守る中、このような恐ろしいふるいかすキリストオーバーして、誰が祈った。 This is the first fulfillment of Christ's Prayer, that the Father would 'keep them from the Evil One.'充足感は、今回が初めてのキリストの祈りは、その父が'せてから、悪の1つです。 ' [d St. John xvii. [ d聖ヨハネ17 。 15] Not by any process from without, but by the preservation of their faith. 15 ]ではなく、任意のプロセスからなしには、しかし、彼らの信仰を保存される。 And thus also may we learn, to our great and unspeakable comfort, that not every sin - not even conscious and willful sin - implies the failure of our faith, very closely though it lead to it; still less, our final rejection.こうして私たちも学ぶことは、私たちの言葉では表せない大きな慰めとは、あらゆる罪していない-と故意の罪を意識していないにも-私たちの信仰の失敗を意味するのは、非常に密接にすることにつながること;まだ少なく、我々の最終的な拒絶反応です。 On the contrary, as the fall of Simon was the outcome of the natural elements in him, so would it lead to their being brought to light and removed, thus fitting him the better for confirming his brethren.とは逆に、秋にはシモンの結果は、自然の要素を彼には、彼らのためにつながることが白日の下にさらされ、削除されるので、このように着付けを確認するために、彼は彼の兄弟より良いです。 And so would light come out of darkness.これは、光と闇の中から出てくる。 From our human standpoint we might call such teaching needful: in the Divine arrangement it is only the Divine sequent upon the human antecedent.我々が我々の人間的な観点からこのような指導コールニードフル:神は、神のみを配置することは、人間のシークエント先行する。

We can understand the vehement earnestness and sincerity with which Peter protested against of any failure on his part.猛烈な熱意を理解することができるとして誠実に失敗して、ピーターに抗議して、彼のどんな部分です。 We mostly deem those sins farthest which are nearest to us; else, much of the power of their temptation would be gone, and pate are our falls.最果ての罪を私たちがそれらの大部分と判断して最寄りの私たち;ほか、彼らの多くは、権力の誘惑が消えたのだから、我々のパテは、滝です。 In all honesty - and not necessarily with self elevation over the others - he said, that even if all should be offended in Christ, he never could be, but was ready to go with Him into prison and death.正直なところ-とは必ずしも高度オーバーして、他のセルフ-彼は、気を悪くしている場合でも、すべてのキリストしなければならない、彼は決してかもしれないが、彼は準備をして行くと死に刑務所に入れられる。 And when, to enforce the warning, Christ predicted that before the repeated crowing of the cock [1 This crowing of the cock has given rise to a curious controversy, since, according to Rabbinic law, it was forbidden to keep fowls in Jerusalem, on account of possible Levitical defilements through them (Baba K. vii. 7).そしてときには、警告を強化するのは、キリストの前に繰り返されると予測してヒューヒューのコック[ 1本のコックヒューヒュー上昇して、好奇心が与えられた論争は、以来、ラビの法則によると、鶏を飼うことが禁じられているエルサレムでは、上アカウントの可能性がかれらを介しlevitical defilements (ババk.第VII 。 7 ) 。 Reland has written a special dissertation on the subject, of which Schottgen has given a brief abstract.特別relandが書かれた論文は、件名、そのうちの簡単な抽象的なschottgenが与えられた。 We need not reproduce the arguments, but Reland urges that, even if that ordinance was really in force at the time of Christ (of which there is grave doubt), Peter might have heard the cock crow from Fort Antonia, occupied by the Romans, or else that it might have reached thus far in the still night air from outside the walls of Jerusalem.我々の引数を再現する必要はないが、 reland求めることは、たとえ条例では、実際には力がいる時点で、キリスト(重大な疑問があるが) 、ピーターは聞いたことがあるかもしれないからカラス城砦のコックアントニアは、ローマ人への手紙によって占有されて、さもないかもしれませんが、これまでは、まだ達して夜気エルサレム城壁の外側からです。 But there is more than doubt as to the existence of this ordinance at the time.しかし、そこには、以上の疑問が存在するとして、この条例は、時間です。

There is repeated mention of 'cock-crow' in connection with the Temple-watches, and if the expression be regarded as not literal, but simple a designation of time, we have in Jer.そこに言及したが繰り返さ'コック-カラス'に関連して同寺の腕時計している場合ではなくリテラルの表現と見なされるが、単純な時間を指定する、我々は、 jer 。 Erub. erub 。 x. Xで 1 (p. 26 a, about middle) a story in which a cock caused the death of a child at Jerusalem, proving that fowls must have been kept there.] ushered in the morning, [2 St. Matthew speaks of 'this night,' St. Mark and St. Luke of 'this day,' proving, if such were needed, that the day was reckoned from evening to evening.] Peter would thrice deny that he knew Him, Peter not only persisted in his asseverations, but was joined in them by the rest. 1ら( p. 26日には、約真ん中)の物語で、子供の死を引き起こしたコックエルサレムでは、鶏を証明してある必要が保管されています。 ] usheredは、午前中は、 [ 2マタイ喋るの'この夜、 '聖マルコと聖ルカの'この日、 '証明は、そのような場合には必要に応じて、その日の夕方には、無視して夕方からです。 ]ピーターを否定することは三度彼を知っていた彼は、彼の固執asseverationsピーターだけでなく、しかし、かれらが参加した中で、残りです。 Yet, and this seems the meaning and object of the words of Christ which follow, they were not aware terribly changed the former relations had become, and what they would have to suffer in consequence.しかし、このような意味でのオブジェクトとは、キリストの言葉に従って、彼らは気付いていない関係がひどくなる前に変更し、彼らがどのような結果に苦しむ。 [a St. Luke xxii. [ある聖ルカ22 。 35-38] When formerly He had sent forth, both without provision and defence, had they lacked anything?三五〜三八]かつて彼が遣わした時には、両方の条項および防御せずには、何かが欠けていた彼らですか? No!いいえ! But now no helping hand would be extended to them; nay, what seemingly they would need even more than anything else would be 'a sword', defence against attacks, for at close of His history He was reckoned with transgressors.しかし、今すぐに救いの手がないの拡張をして;いや、かれらは一見何でも何よりも必要となる'剣' 、国防に対する攻撃は、彼の歴史を閉じるために、彼は無視して越えた。 [3 Omit the article.] The Master a crucified Malefactor, what could His followers expect? [ 3省略記事です。 ]マスター、十字架につけられ、悪人は、どのような可能性を期待する彼の信者ですか? But once more they understood Him in a grossly realistic manner.しかし、いったん理解して彼をもっと現実的な方法では、肉眼で見ている。

These Galileans, after the custom of their countrymen, [b Jos. War iii.これらgalileans 、彼らの同胞は、カスタム後には、 [ Bの戦争jos. Ⅲ 。 3, 2] had provided themselves with short swords, which they concealed under their upper garment. 3 、 2 ]を提供していたと短い剣は、その上部の衣服の下に隠されている。 It was natural for men of their disposition, so imperfectly understanding their Master's teaching, to have taken what might seem to them only a needful precaution in coming to Jerusalem.それは彼らの気質の男性のための自然なので、彼らのマスターの教え不完全理解は、どのような可能性を持つようにして撮影するだけで必要な予防措置をエルサレムに来ています。 At least two of them, among them Peter, now produced swords.少なくとも彼ら二人は、このうちのピーターは、今すぐ刀剣類製作。 [1 The objection has been raised, that, according to the Mishnah (Shabb. vi. 4), it was not lawful to carry swords on the Sabbath. [ 1の異議提起され、それによると、ミシュナー( viのshabb. 。 4 )は、合法的ではないことは、安息日の剣を持っています。 But even this Mishnah seems to indicate that there was divergence of opinion on the subject, even as regarded the Sabbath, much more a feast-day.] But this was not the time of reason with them, and our Lord simply put it aside.だが、このことを示すようミシュナー意見の相違があったことは、件名、安息日と見なすとしても、はるかに祝宴の日です。 ]しかし、この時期ではない理由をつけては、簡単に言えば、わたしたちの主は別として。 Events would only too soon teach them.イベントは、あまりにもすぐに教えることだけだ。

They had now reached the entrance of Gethsemane. It may have been that it led through the building with the 'oil-press,' and that the eight Apostles, who were not to come nearer to the 'Bush burning, but not consumed,' were left there. 彼らは今ゲッセマネの入り口に達しています。主導していた可能性があることから、建物の'石油を押して、 'とし、 8つの使徒は、人が近くに来るとは'ブッシュ燃焼、コンシューマはなく、 'そこが残っている。 Or they may have been taken within the entrance of the Garden, and left there, while, pointing forward with a gesture of the Hand, He went 'yonder' and prayed (a).あるいは彼ら内で行われた可能性がある庭の入り口には、左側にあると、中には、前方を指差し、身ぶり手には、彼は'あそこ'と祈った(する) 。 According to St. Luke, He added the parting warning to pray that they might not enter into temptation.聖ルカによる福音書によると、彼は別れの警告が追加されないことを祈って誘惑に入る。

Eight did He leave there. 8彼はそこを残す。 The other three, Peter, James and John, companions before of His glory, both when He raised the daughter of Jairus [b St. Mark v. 37] and on the Mount of Transfiguration [c St.Matt.その他の3つのは、ピーターは、ジェームズとジョンは、仲間の前に彼の栄光は、両方を提起した時に彼の娘jairus [ Bのサンマルコ対37 ]と変貌してマウントの[ C言語st.matt 。 xvii. 17 。 1], He took with Him farther. 1 ] 、彼は彼の向こうです。 If in that last contest His Human Soul craved for the presence of those who stood nearest Him and loved Him best, or if He would have them baptized with His Baptism, and drink of His Cup, these were the three of all others to be chosen.彼の最後のコンテストしている場合は人間の魂の存在を欲しがった人たちのために立っていた彼と彼を愛していた最寄りのベスト、あるいはもし彼が彼の洗礼をしてバプテスマを受け、そして彼のカップ酒を飲むのは、これらの他には、 3つのすべてに選ばれる。 And now of a sudden the cold flood broke over Him.そして今、突然の寒さの洪水発生しています。 Within these few moments He had passed from the calm of assured victory into the anguish of the contest.これらの内から数分後に渡さ彼は勝利を確信無風の苦悩のコンテストです。 Increasingly, with every step forward, He became 'sorrowful,' full of sorrow, 'sore amazed,' and 'desolate.'ますます、一歩前進するごとに、彼は'悲嘆に暮れている、 '悲哀に満ちた、 'ただれに驚いて、 'と'荒涼たる。 ' [2 We mark a climax. [ 2我々最高潮に達する。 The last word (used both by St. Matthew and St. Mark seems to indicate utter loneliness, desertion, and desolateness.] He told them of the deep sorrow of His Soul even unto death, and bade them tarry there to watch with Him. Himself went forward to enter the contest with prayer. Only the first attitude of the wrestling Saviour saw they, only the first words in that Hour of Agony did they hear. For, as in our present state not uncommonly in the deepest emotions of the soul, and as had been the case on the Mount of Transfiguration, irresistible sleep crept over their frame.最後の言葉(マタイ、両方の機能を使用すると、サンマルコ全くの寂しさを示すように、脱走し、 desolateness 。 ]同相は、かれらは、深い悲しみを自分の魂の死に至るまで、かれらと命じたタール状にして彼を見ています。自分自身が前進してコンテストの祈りを入力してください。のみ救い主レスリングの最初の態度は、彼らを見ただけでその単語の最初の1時間は彼らの苦しみを聞く。ためには、私たちの現在の状態としては、非常に深い感情のない魂、およびとしてマウントしていたケースが変貌して、彼らのフレームを超える非常に魅力的な睡眠creepの過去過去分詞です。

But what, we may reverently ask, was the cause of this sorrow unto death of the Lord Jesus Christ?しかし、どのような、我々が尋ねるうやうやしく、この悲しみの原因は、主イエスキリストの死に至るのですか? Not fear, either of bodily or mental suffering: but Death.恐れていない、のいずれかの身体的または精神的苦痛:しかし、死のです。 Man's nature, created of God immortal, shrinks (by the law of its nature) from the dissolution of the bond that binds body to soul.男の性質は、神の不滅の作成、縮小(その自然の法則によって)よりは、解散のは、体に結合して魂をバインドします。 Yet to fallen man Death is not by any means fully Death, for he is born with the taste of it in his soul.だが死に倒れた男ではない石にかじりついても完全に消滅、彼はそれを持って生まれるが、彼の魂の味がする。 Not so Christ.そんなにキリストです。 It was the Unfallen Man dying; it was He, Who had no experience of it, tasting Death, and that not for Himself but for every man, emptying the cup to its bitter dregs.それは、堕落していない男死にかけている;ていた彼は、経験したことがない人は、死の試飲、としていないすべての人のために自分自身が、その苦味の残りかすを排出カップです。 It was the Christ undergoing Death by man and for man; the Incarnate God, the God-Man, submitting Himself vicariously to the deepest humiliation, and paying the utmost penalty: Death, all Death.それは、キリストを受けて死亡した男と男;神の化身は、神の男は、自分自身を送信する身代わりの最深屈辱を、最大限の努力を払って、ペナルティー:死は、すべての死。 No one as He could know what Death was (not dying, which men dread, but Christ dreaded not); no one could taste its bitterness as He.誰もが知っているものとして彼の死は、 (臨終のない、これを怖がる男性が、恐ろしいいないキリスト) ;誰も彼の趣味としての苦味。 His going into Death was His final conflict with Satan for man, and on his behalf.彼は、彼の死に入るための最終的な悪魔の男と競合して、彼の代わりとしています。 By submitting to it He took away the power of Death; He disarmed Death by burying his shaft in His own Heart.彼はそれを提出して、電源の死;彼は死を武装解除された彼のシャフトは、自分自身の心を埋めています。 And beyond this lies the deep, unutterable mystery of Christ bearing the penalty due to our sin, bearing our death, bearing the penalty of the broken Law, the accumulated guilt of humanity, and the holy wrath of the Righteous Judge upon them.そしてこの嘘の深さを超えて、キリストの言いようのない謎のペナルティー軸受私たちの罪のために、私たちの死軸受、ベアリングが破損していた懲罰法では、人類の罪の蓄積、そして、聖なるかれらの怒りは、正しい判断だ。 And in view of this mystery the heaviness of sleep seems to steal over our apprehension.この点から見て、謎の重苦しさの睡眠を私たちの不安を盗むようだ。

Alone, as in His first conflict with the Evil One in the Temptation in the wilderness, must the Saviour enter on the last contest.一人で、彼の最初のように競合して悪の誘惑には、 1つの荒野の中には、救い主を入力しなければならないのは、最後のコンテストです。 With what agony of soul He took upon Him now and there the sins of the world, and in taking expiated them, we may learn from this account of what passed, when, with strong crying and tears unto Him that was able to save Him from death,' He 'offered up prayers and supplications.'どのような苦しみをして彼の魂を今、彼はそこには、世界の罪、およびexpiatedで服用して、我々が何を学ぶこのアカウントから渡されたのは、ときには、泣いているとの強いかれにして涙を流すことができたから彼を救う死は、 '彼'を提供するとの祈りsupplications 。 ' [a Heb. [するheb 。 v. 7.] And, we anticipate it already, with these results: that He was heard; that He learned obedience by the things which He suffered; that He was made perfect; and that He became: to us the Author of Eternal Salvation, and before God, a High-Priest after the order of Melchizedek.対7 。 ]とは、すでに我々を期待することは、これらの検索結果:彼は聞いたこと;されることを学んだものを患って服従させる;前にして彼は完ぺきな;と、彼は:著者は、私たちの永遠の救いは、神の前では、注文した後、高司祭のメルキゼデクです。 Alone, and yet even this being 'parted from them', [b St. Luke xxii.一人で、しかもこれさえいる' partedをしてから' 、 [ Bの聖ルカ22 。 41.] implied sorrow. 41 。 ]黙示の悲しみ。 [c Comp. [ C言語伴奏。 Acts.行為です。 xxi.] [1 The Vulgate renders: 'avulsus est.' 21 。 ] [ 1 、ウルガタ聖書のレンダリング: ' avulsus est 。 ' Bengel notes: 'serio affectu.'] And now, 'on His knees,' prostrate on the ground, prostrate on His Face, began His Agony.ベンゲルノート: 'セーリオaffectu 。 ' ]そして今、 'をひざまずか、 'サジダして地面には、彼の顔にサジダして、彼の苦しみが始まった。 His very address bears witness to it.クマを目撃して彼の非常アドレスです。 It is the only time, so far as recorded in the Gospels, when He addressed God with the personal pronoun: 'My Father.'それは時間だけで、今までに寄付さgospelsとして記録され、神のときに対処して人称代名詞: '私の父です。 ' [d St. Matt. [ d聖マットです。 xxvi. 26 。 39, 42.] [2 St. Jerome notes: 'dicitqueblandiens: Mi Pater.'] 39 、 42 。 ] [ 2聖ジェロームの注意事項: ' dicitqueblandiens :美ペイター。 ' ]

The object of the prayer was, that, 'if it were possible, the hour might pass away from Him.'このオブジェクトの祈りは、それは、 'もしそれが可能であれば、その時間に帰らぬ人となるかもしれないからだ。 ' [e St. Mark xiv. [サンマルコ14 。 36.] The subject of the prayer (as recorded by the three Gospels) was, that the Cup itself might pass away, yet always with the limitation, that not His Will but the Father's might be done. 36 。 ]件名には、祈りをささげる( gospelsとして記録された3つ)が、帰らぬ人となるかもしれないが、カップ自体は、まだ常に制限して、彼のことがないかもしれないが、父の完了です。 The petition of Christ, therefore, was subject not only to the Will of the Father, but to His own Will that the Father's Will might be done.キリストの嘆願書は、したがって、主語がないだけに、父の意志ではなく、彼自身は、父のことが行われるかもしれない。 [1 This explains the [ ] of Hebr. ※ 1この説明して[ ]のhebr 。 v. 7.] We are here in full view of the deepest mystery of our faith: the two Natures in One Person.対7 。 ]我々はここでは丸見えの最深私たちの信仰の神秘: 2つの性質は一人の人間だ。 Both Natures spake here, and the 'if it be possible' of St. Matthew and St. Mark is in St. Luke 'if Thou be willing.' speakの過去の両方の性質ここでは、との'可能ならば'と聖マタイのマークは、聖ルカ'もしあなたも喜んでいます。 ' In any case, the 'possibility' is not physical, for with God all things are possible, but moral: that of inward fitness.いずれにせよ、その'可能性'ではない物理的な、神のためにすべてのことが可能ですが、しかし、モラル:内側にして、フィットネス。 Was there, then, any thought or view of 'a possibility,' that Christ's work could be accomplished without that hour and Cup?がそこには、その後、任意の思想やビューの'する可能性は、 'キリストの仕事をして時間なしに成し遂げられた可能性があるとカップですか? Or did it only mark the utmost limit of His endurance and submission?それともそれだけが彼の持久力を最大限にマークと服従のですか? We dare not answer; we only reverently follow what is recorded.思い切っていない我々の回答;私たちは何に従ううやうやしくのみが記録されます。

It was in this extreme Agony of Soul almost unto death, that the Angel appeared (as in the Temptation in the wilderness) to 'strengthen' and support His Body and Soul.それは、この極端な苦しみの死に至る魂のほとんどは、天使が登場して(誘惑としては、荒野の中)を'強化する'と彼の体と心をサポートしています。 And so the conflict went on, with increasing earnestness of prayer, all that terrible hour.との紛争をつづけましたので、熱心に祈りを増加し、すべての時間が恐ろしい。 [a St. Matt. [ある聖マットです。 xxvi. 26 。 40.] For, the appearance of the Angel must have intimated to Him, that the Cup could not pass away. 40 。 ]は、外観は、天使に違いないintimated彼は、この世を去ることができなかったのカップです。 [2 Bengel: 'Signum bibendi calicis.'] And at the close of that hour, as we infer from the fact that the disciples must still have seen on His Brow the marks of the Bloody Sweat [3, The pathological phenomenon of blood being forced out of the vessels in bloody sweat, as the consequence of agony, has been medically sufficiently attested. [ 2ベンゲル: '符号bibendi calicis 。 ' ]とは、その時間を閉じるのは、我々としては弟子という事実から推測する必要がありますまだ彼の表情を見て、血の汗をかくのは、マーク[ 3 、病理現象の血流流血のうち、船舶を強制的に汗は、苦しみの結果として、十分な医学的証明されています。 See the Commentaries.] His Sweat, mingled with Blood, [4 No one who has seen it, can forget the impression of Carlo Dolce's picture, in which the drops as they fall kindle into heavenly light.] fell in great drops on the ground.論評を参照してください。 ]彼の汗は、血液混じり、 [ 4誰もそれを目撃してきた、という印象を忘れることのカルロドルチェの写真は、破棄されたとしても秋天の光を燃え立た。 ]落ちた地面の上に大きな滴。 And when the Saviour with this mark of His Agony on His Brow [5 They probably knew of the Bloody Sweat by seeing its marks on His Brow, though those who did not follow Him on His capture may have afterwards gone, and in the moonlight seen the drops on the place where He had knelt.] returned to the three, He found that deep sleep held them.このとき、救い主として彼の苦しみマークして彼の表情[ 5血の汗をかくのを知っていた彼らは恐らくそのマークして彼の表情を見て、人々は彼には彼の捕獲に従っていない可能性があるその後消えたのだから、月光の下で見られるその場所にドロップしていたkneelの過去過去分詞です。 ]の3つに戻って、彼は深い眠り判明して開かれた。

While He lay in prayer, they lay in sleep; and yet where soul-agony leads not to the one, it often induces the other.レイを祈りながら彼は、彼らが眠りレイ;それでいてどこに魂をリードしないように、 1つの苦しみは、他の誘発することもしばしばです。 His words, primarily addressed to 'Simon,' roused them, yet not sufficiently to fully carry to their hearts either the loving reproach, the admonition to 'Watch and pray' in view of the coming temptation, or the most seasonable warning about the weakness of the flesh, even where the spirit was willing, ready and ardent [ ].彼の言葉は、主として宛に'サイモン、 ' rousedかれらは、まだ十分には、かれらの心を完全に運ぶのいずれかを愛する叱責は、その訓戒を'時計と祈る'を考慮して来る誘惑、または警告については、最も時宜を得た脱力その肉は、どこの精神には、喜んでさえ、熱烈な準備ができて、 [ ] 。

The conflict had been virtually, though not finally, decided, when the Saviour went back to the three sleeping disciples.事実上の紛争が、ようやくわけではありませんが、決定は、救い主へ戻ったときには、 3つの弟子眠っている。 He now returned to complete it, though both the attitude in which He prayed (no longer prostrate) and the wording of His Prayer, only slightly altered as it was, indicate how near it was to perfect victory.彼は今や完全に戻ったことが、双方の態度で彼は祈った(もはやサジダ)と、彼の祈りの文言は、それはほんの少しの変化としては、近くに示すことが、どのように完璧な勝利だ。 And once more, on His return to them, He found that sleep had weighted their eyes, and they scarce knew what answer to make to Him.そしてふたたび、彼の復帰をして、彼は自分の目を加重したところ、睡眠は、どのような答えを知っていたと彼らを作る希少判断しています。 Yet a third time He left them to pray as before.しかし彼は左の3分の1の時間は以前と同様にお参りしている。 And now He returned victorious.そして今彼は勝利に返されます。 After three assaults had the Tempter left Him in the wilderness; after the threefold conflict in the Garden he was vanquished.暴行事件後には、 3つの荒野の中に彼を誘惑する左;後、彼は庭には、三重の葛藤に打ち負かされる。 Christ came forth triumphant.意気揚々とキリスト来たり来ています。 No longer did He bid His disciples watch.もはや彼は、弟子の入札時計です。 They might, nay they should, sleep and take rest, ere the near terrible events of His Betrayal, for, the hour had come when the Son of Man was to be betrayed into the hands of sinners.彼らが、いやしなければならない、睡眠と休息を取る、彼の前に、近くの恐ろしい出来事を裏切り、ためには、時間が来たとき、息子に裏切られた男の手に罪人です。

A very brief period of rest this, [1 It will be noticed that we place an interval of time, however brief, between St. Matt.この非常に短い期間の残りは、 [ 1ところ、それは我々の時間間隔に配置する、しかし簡単に言うと、マットの間に聖です。 xxvi. 26 。 45 (and similarly St. Mark xiv. 41) and the following verse. 45 ( 14世と同様に、サンマルコ。 41 )と、次の詩です。 So already St. Augustine.] soon broken by the call of Jesus to rise and go to where the other eight had been left, at the entrance of the Garden, to go forward and meet the band which was coming under the guidance of the Betrayer.だから、すでに聖アウグスティヌス。 ]すぐに壊れてコールされたイエスはどこに行くに上昇すると、ほかの8人が左には、庭の入り口では、前方と会いに行くが、バンドの指導の下に来るの裏切り者。 And while He was speaking, the heavy tramp of many men and the light of lanterns and torches indicated the approach of Judas and his band.と彼は言っている間に、多くの男性が重いと不定期船のちょうちんやたいまつの明かりで示さユダと彼のバンドのアプローチです。 During the hours that had passed all had been prepared.期間中のすべての時間を通過していたが用意されています。 When, according to arrangement, he appeared at the High-Priestly Palace, or more probably at that of Annas, who seems to have had the direction of affairs, the Jewish leaders first communicated with the Roman garrison.ときには、取り決めによると、彼は、高司祭の宮殿の登場は、以上のことは、おそらくannasでは、人のように問題があったの方向には、ユダヤ人の指導者の最初のローマの駐屯地に伝達している。

By their own admission they possessed no longer (for forty years before the destruction of Jerusalem) the power of pronouncing capital sentence.独自の入場を保有し、もはや彼ら( 40年前にエルサレムの破壊) 、電源の発音死刑宣告。 [a Sanh. [ sanh 。 41.] It is difficult to understand how, in view of this fact (so fully confirmed in the New Testament), it could have been imagined (as so generally) that the Sanhedrin had, in regular session, sought formally to pronounce on Jesus what, admittedly, they had not the power to execute. 41 。 ]どのように理解することは難しい、このような事実を考えて(これは、完全に確認さ新約聖書)は、想像していた可能性がある(通常としてだから)していたサンヘドリンは、定期的にセッションでは、イエスキリストを求めて正式に発音するどのような、確かに、彼らは、電源を実行していない。 Nor, indeed, did they, when appealing to Pilate, plead that they had pronounced sentence of death, but only that they had a law by which Jesus should die.また、実際に、かれらは、魅力的にpilate際、嘆願して死の宣告を受けていたと発音しますが、法律によってしかしていなかったが、イエスキリストは死ぬ。 [b St. John xviii. [ Bの聖ヨハネ18 。 31; St. John xix. 31 ;聖ヨハネ19 。 7.] It was otherwise as regarded civil causes, or even minor offences. 7 。 ]それはそれ以外の原因として考え民事、あるいはマイナー違反です。 The Sanhedrin, not possessing the power of the sword, had, of course, neither soldiery, nor regularly armed band at command.そのサンヘドリンは、剣の力を所持していない、が、もちろん、どちらの軍隊は、武装バンドでも定期的にコマンドを実行します。 The 'Temple-guard' under their officers served merely for purposes of police, and, indeed, were neither regularly armed nor trained. [寺のガード下にある[配信単に自分の目的のために警察の警察官、そして、実際には、定期的にはどちらも武装訓練を受けた。 [c Jos. War iv. [ C言語jos.戦争4世です。 4. 4 。 6.] Nor would the Romans have tolerated a regular armed Jewish force in Jerusalem. 6 。 ]また、ローマ人への手紙は、ユダヤ人の武装勢力が定期的に容認するエルサレムです。

We can now understand the progress of events.我々のイベントの進捗状況を理解できるようになりました。 In the fortress of Antonia, close to the Temple and connected with it by two stairs, [d Jos. Warv.アントニアの要塞のは、近くに寺とそれに接続された2つの階段には、 [ d jos. warv 。 5, 8.] lay the Roman garrison. 5 、 8 。 ]レイローマの駐屯地です。 But during the Feast the Temple itself was guarded by an armed Cohort, consisting of from 400 to 600 men, [2 The number varied.しかし、同寺の中にごちそうする武装コホート自体は守られて、男性から成る四百〜六百、 [ 2多彩な数です。 See Marquardt, Rom.マルクワルトを参照して、 ROMのです。 Alterthumsk. alterthumsk 。 vol. vol 。 v. 2, pp.対2 、 pp 。 359, 386, 441. 359 、 386 、 441 。 Canon Westcott suggests that it might have been, not a cohort, but a 'manipulus' (of about 200 men); but, as himself points out, the expression as used in the NT seems always to indicate a cohort.] so as to prevent or quell any tumult among the numerous pilgrims.キヤノンウェストコット可能性があることを示唆していた、コホートではありませんが、 ' manipulus ' (約200人) ;しかし、自分自身が指摘するように、 NTの表現として使用されることを示すように、常にコホートです。 ]ように防止または任意の騒動を鎮めるために、多数の巡礼者の間で。 [a Jos. Ant. [ jos.アリです。 xxv.5, 3.] It would be to the captain of this 'Cohort' that the Chief Priests and leaders of the Pharisees would, in the first place, apply for an armed guard to effect the arrest of Jesus, on the ground that it might lead to some popular tumult. xxv.5 、 3 。 ]船長のことになる可能性が、この'コホート'は、最高指導者のphariseesプリーストとは、まず第一に、武装した警備員を申請する効果が逮捕されたイエスは、地面にして人気のあるいくつかの騒動につながるかもしれない。 This, without necessarily having to state the charge that was to be brought against Him, which might have led to other complications.これは、必ずしもことをせずに充電された状態をもたらしたのは彼に不利には、他の合併症の可能性があるためだ。 Although St. John speaks of 'the band' by a word [ ] which always designates a 'Cohort' in this case 'the Cohort,' the definite article marking it as that of the Temple, yet there is no reason for believing that the whole Cohort was sent.聖ヨハネ喋るのにもかかわらず'バンド' [ ]が、いつも単語を指定する'コホート'この場合は' 、コホート、 ' 、定冠詞をマーキングすることには、寺としては、まだ理由はない信じ込ませるコホート全体が送られている。

Still, its commander would scarcely have sent a strong detachment out of the Temple, and on what might lead to a riot, without having first referred to the Procurator, Pontius Pilate.それでも、指揮官は、そのほとんどが、強い剥離送られる同寺のうち、何として暴動につながるかもしれないことなく、最初に言及して代理人は、 pontius pilate 。 And if further evidence were required, it would be in the fact that the band was led not by a Centurion, but by a Chiliarch, [b St. John xviii.そしてさらなる証拠が必要な場合は、それになるという事実を主導ではなく、そのバンドは、百人隊長が、 1000人隊長では、 [ Bの聖ヨハネ18 。 12.]which, as there were no intermediate grades in the Roman army, must represent one of the six tribunes attached to each legion. 12 。 ]これは、中間体としての成績はありませんでしたが、ローマ軍は、 6人の1つを示す必要がありますtribunes各軍団に接続している。 This also explains not only the apparent preparedness of Pilate to sit in judgment early next morning, but also how Pilate's wife may have been disposed for those dreams about Jesus which so affrighted her.これだけでも説明していないのは明白な準備を裁くpilate次の日の朝早く、 pilateの妻だけでなくどのように処理された可能性があるためこれらの夢については、イエスが彼女のためaffrighted 。

This Roman detachment, armed with swords and 'staves', with the latter of which Pilate on other occasions also directed his soldiers to attack them who raised a tumult [c Jos. War ii.このローマの剥離は、武装して剣や' staveの複数形'で、後者はそれ以外の場合はどのpilate彼の兵士への攻撃を指揮しても提起する人騒動[ C言語jos.二次大戦。 9, 4.] was accompanied by servants from the High-Priest's Palace, and other Jewish officers, to direct the arrest of Jesus. 9 、 4 。 ]使用人が同行し、より高司祭の宮殿、およびその他のユダヤ人の役員は、イエスキリストを直接の逮捕です。 They bore torches and lamps placed on the top of poles, so as to prevent any possible concealment.彼ら口径たいまつやランプの極の上部に設置して、あらゆる可能性を防ぐため、隠ぺいした。 [d St. John xviii. [ d聖ヨハネ18 。 3.] 3 。 ]

Whether or not this was the 'great multitude' mentioned by St. Matthew and St. Mark, or the band was swelled by volunteers or curious onlookers, is a matter of no importance.かどうかはこれは、 '大群衆'言及された聖マタイとマーク、またはそのバンドが増水したボランティアや好奇心onlookers 、重要性がない事です。 Having received this band, Judas proceeded on his errand.このバンドを受け取って、彼の用事ユダ進行しています。 As we believe, their first move was to the house where the Supper had been celebrated.私たちとしては、彼らの最初の動きは、家のどこにいたの夕食を祝いました。 Learning that Jesus had left it with His disciples, perhaps two or three hours before, Judas next directed the band to the spot he knew so well: to Gethsemane.左にそれを学習していた彼の弟子イエスは、おそらく2 〜 3時間前までには、次の指示ユダのバンドをその場で彼はよく知っていたので:ゲッセマネしている。 A signal by which to recognize Jesus seemed almost necessary with so large a band, and where escape or resistance might be apprehended.イエスキリストの信号を認識されるように見えたので、ほとんど必要とする大規模なバンドは、抵抗かもしれないとはどこか逮捕を免れる。 It was, terrible to say, none other than a kiss.それは、恐ろしいと言って、キス以外はなし。 As soon as he had so marked Him, the guard were to seize, and lead Him safely away.できるだけ早くだから彼は彼のマークは、警備員が押収し、彼を安全に導く去った。

Combining the notices in the four Gospels, we thus picture to ourselves the succession of events. gospels組み合わせることで、 4つの通知では、我々に自分自身の写真を継承するイベントです。 As the band reached the Garden, Judas went somewhat in advance of them, [a St. Luke.] and reached Jesus just as He had roused the three and was preparing to go and meet His captors.庭に達し、バンドとしては、かれらのユダに行った事前に多少は、 [する聖ルカです。 ]と同じように、イエスに達していた3つのrousedと会うとは、彼の誘拐犯に行く準備をしています。 He saluted Him, 'Hail, Rabbi,' so as to be heard by the rest, and not only kissed but covered Him with kisses, kissed Him repeatedly, loudly, effusively.彼は彼の挨拶は、 'あられ、ラビ、 'となるようにされるのを耳に残り、そして距離だけでなく、しかし、彼にキスキスして、彼にキスを繰り返し、大声では、大げさです。 The Saviour submitted to the indignity, not stopping, but only saying as He passed on: 'Friend, that for which thou art here;' [b St. Matt xxvi.屈辱の救い主提出して、停止しない、とだけ言って彼に渡され: '友人は、そのためにここになた; ' [ Bのマット26セントです。 49; comp. 49 ;伴奏。 St. Mark xiv.サンマルコ14 。 45.] [1 We cannot, as many interpreters, take the words in an interrogative sense. 45 。 ] [ 1することはできない、できるだけ多くの通訳の場合は、単語の意味に疑問です。 I presume that Christ spoke both what St. Matthew and what St. Luke record.私は何の両方では、キリストスポーク聖ルカマタイの記録とは何です。 Both bear internal marks of genuineness.] and then, perhaps in answer to his questioning gesture: 'Judas, with a kiss deliverest thou up the Son of Man?'クマの内部マルクの誠実さの両方です。 ]そして、おそらく彼の質問に答えてジェスチャー: 'ユダ、キスをするdeliverestなたの男の息子ですか? ] [c St. Luke xxii. [ C言語聖ルカ22 。 48.] If Judas had wished, by thus going in advance of the band and saluting the Master with a kiss, even now to act the hypocrite and deceive Jesus and the disciples, as if he had not come with the armed men, perhaps only to warn Him of their approach, what the Lord said must have reached his inmost being. 48 。 ]ユダが望んだ場合は、事前に行くのでは、こうしてsalutingバンドマスターとキスをしても、今すぐに行動を欺き、偽善者とイエスの弟子とは、まるで彼は来ないで武装した男たちは、おそらくのみ彼に注意を促すために彼らのアプローチは、主にどのようによると、彼の心の奥に達している必要があります。 Indeed, it was the first mortal shaft in the soul of Judas.確かに、それは最初の人間の魂のユダシャフトです。 The only time we again see him, till he goes on what ends in his self-destruction, is as he stands, as it were sheltering himself, with the armed men.私たちだけの時間を参照している彼は、終わるまで何が起こっている彼は彼の自己破壊、スタンドには、彼は、言ってみればシェルタリング自身は、男性で武装している。 [d St. John xviii. [ d聖ヨハネ18 。 5.] 5 。 ]

It is at this point, as we suppose, that the notices from St. John's Gospel [e xviii.それはこの時点で、我々いるとして、注意してから聖ヨハネの福音書[ 18 。 4-9.] come in. Leaving the traitor, and ignoring the signal which he had given them, Jesus advanced to the band, and asked them: 'Whom seek ye?' 4-9 。 ]残して来る。裏切り者、およびシグナルを無視して与えられた彼は、イエスキリストに進出し、バンドは、と頼んだ: '誰シークなたがたですか? ] To the brief spoken, perhaps somewhat contemptuous, 'Jesus the Nazarene,' He replied with infinite calmness and majesty: 'I am He.'簡単な話さして、多分やや軽蔑、 ' 、ナザレのイエス、 'と彼は答えた冷静さと威厳を無限: '私は彼だ。 ' The immediate effect of these words was, we shall not say magical, but Divine.これらの言葉は、当面の影響は、我々不思議なものではないと言うが、神のです。 They had no doubt been prepared for quite other: either compromise, fear, or resistance.彼らは非常に他のために準備され間違いない:どちらかの妥協案は、恐怖、または抵抗です。 But the appearance and majesty of that calm Christ, heaven in His look and peace on His lips, was too overpowering in its effects on that untutored heathen soldiery, who perhaps cherished in their hearts secret misgivings of the work they had in hand.しかし、その外観や無風キリストの威光は、天国で彼の表情と平和を唇には、その影響はあまりにも圧倒的で、その軍隊野育ち異教徒は、おそらく大切な人の不安は、かれらの心の秘密を手に持っていた仕事です。 The foremost of them went backward, and they fell to the ground.かれらの行ったの最後方には、かれらを地面に落ちた。 But Christ's hour had come.しかし、キリストの時が来たのだ。 And once more He now asked them the same question as before, and, on repeating their former answer, He said: 'I told you that I am He; if therefore ye seek Me, let these go their way,', the Evangelist seeing in this watchful care over His own the initial fulfillment of the words which the Lord had previously spoken concerning their safe preservation, [f St. John xvii.そして彼は今一度こちらを頼んだとして、同じ質問をする前に、そして、彼らの前に答えを繰り返し、彼によると: '分かるんだけど、私は彼;なたがたを求める場合従って私は、これらの方法で行って、 'は、見てのエバンジェリストこれ以上、自分のケアに気を配って、最初の充足感は、言葉で、彼らの安全に関する主さんは、以前話さ保全、 [ f聖ヨハネ17 。 12.] not only in the sense of their outward preservation, but in that of their being guarded from such temptations as, in their then state, they could not have endured. 12 。 ]という意味だけでなく、彼らの外側に保存中ですが、彼らがそのような誘惑から守られているとして、彼らのその後の状態で、彼らは耐えることができなかった。

The words of Christ about those that were with Him seem to have recalled the leaders of the guard to full consciousness, perhaps awakened in them fears of a possible rising at the incitement of His adherents.それらについては、キリストの言葉があるようにして彼を振り返るガードの指導者が完全に意識して、たぶん目覚めることへの懸念が高まる可能性は、彼の支持者の扇動です。 Accordingly, it is here that we insert the notice of St. Matthew, [a St. Matt.したがいまして、それはここに挿入して注意して我々のマタイ、 [ 、聖マットです。 xxvi. 26 。 50 b.] and of St. Mark, [b St. Mark xiv. 50 Bに]と聖マルコは、 [ Bのサンマルコ14 。 46.] that they laid hands on Jesus and took Him. 46 。 ]イエスと手をレイアウトしてかかった。 Then it was that Peter, [c St. John xviii.それからピーターだったが、 [ C言語聖ヨハネ18 。 11. 11 。 26.] seeing what was coming, drew the sword which he carried, and putting the question to Jesus, but without awaiting His answer, struck at Malchus, [1 The name Malchus, which occurs also in Josephus (Ant. i. 15. 1.; xiv. 5.2; 11. 4; War i. 8. 3), must not be derived, as is generally done, from a king. 26 。 ]見て何が来る、ドリューの剣で運ば彼は、その質問にイエスとパットが、彼の返事を待ってなく、 malchus直撃では、 [ 1の名前malchus 、これが発生する中でもヨセフス( ant. i. 15 。 1 。 ; 14 。 5.2 ; 11 。 4 ;戦争i. 8 。 3 ) 、派生するべきではありません、通常行わとしては、国王からです。 Its Hebrew equivalent, apparently, is Malluch, 'Counsellor,' a name which occurs both in the Old Testament and in the LXX.そのヘブライ語と同等のは、どうやら、 malluchは、 'カウンセラー、 'の名前は、旧約聖書の両方が発生すると、 70 。 (1 Chron. vi. 44; Neh. x. 4, &c.), and as a later Jewish name in the Talmud. ( 1 chron 。 viのです。 44 ; neh 。 Xの4 、 & c. ) 、およびそれ以降のユダヤ人の名前としては、タルムード。 But both Frankel (Einl. in d. Jer. Talm. p. 114) and Freudenthal (Hell. Stud. p. 131) maintain that it was not a Jewish name, while it was common among Syrians, Phoenicians, Arabians, and Samaritans.しかし、両方のフランケル( d. einl.でjer 。 talm 。 p. 114 )とフロイデンタール( hell.スタッド。 p. 131 )を維持することは、ユダヤ人の名前ではありませんが、それは共通の中でシリアは、 phoenicians 、 arabians 、およびサマリア。 The suggestion therefore lies near, that Malchus was either a Syrian or a Phoenician by birth.] the servant [2 The definite article here marks that he was, in a special sense, the servant of the High-Priest, his body-servant.] of the High-Priest, perhaps the Jewish leader of the band, cutting off his ear.したがって、提案の近くにある、それはどちらかmalchusシリアフェニキア生まれたりする。 ]使用人[ 2定冠詞をマークしていたここでは、特別な意味では、使用人の高司祭は、彼の体に奉仕している。 ]は、高司祭は、おそらく、ユダヤ教指導者のバンドは、自分の耳を切断します。

But Jesus immediately restrained all such violence, and rebuked all self-vindication by outward violence (the taking of the sword that had not been received), nay, with it all merely outward zeal, pointing to the fact how easily He might, as against this 'cohort,' have commanded Angelic legions.しかし、このような暴力行為をイエスキリストのすべてを直ちに拘束し、自己弁護を叱責されたすべての外側に暴力(剣の服用としていた受信されていない) 、いや、それだけですべての熱意を外側には、実際にどのように簡単に彼を差しているかもしれない、と反対この'コホート、 '天使の多数が命じられた。 [d St. Matthew.] [3 A legion had ten cohorts.] He had in wrestling Agony received from His Father that Cup to drink, [e St. John.] [4 This reference to the 'cup which the Father had given Him to drink' by St. John, implies the whole history of the Agony in Gethsemane, which is not recorded in the Fourth Gospel. [ dマタイです。 ] [ 3 、在郷軍人会には10 cohorts 。 ]レスリングの苦しみから受け取った彼は、彼の父親が杯を飲んで、 [聖ヨハネです。 ] [ 4本のリファレンスを'杯で、父が与えられる彼に酒を飲むの聖ヨハネによって、全体の歴史が示すようにゲッセマネの苦しみではありませんが、第4福音書に記録されています。 And this is, on many grounds, very instructive.] and the Scriptures must in that wise be fulfilled.そしてこれは、多くの理由で、非常に有益です。 ] にして英明でられる、聖書が果たされる必要があります。 And so saying, He touched the ear of Malchus, and healed him. だからと言って、彼の耳に触れたmalchus 、そして彼を治した。 [f St. Luke.] [ f聖ルカです。 ]

But this faint appearance of resistance was enough for the guard.しかし、このかすかな外観を守るために十分な抵抗だった。 Their leaders now bound Jesus.彼らの今の指導者バウンドイエスです。 [g St. John.] It was to this last, most underserved and uncalled-for indignity that Jesus replied by asking them, why they had come against Him as against a robber, one of those wild, murderous Sicarii. [聖ヨハネグラムです。 ]それは、この最後には、ほとんどのunderservedイエスと答えた差し出がましいことを求めて屈辱感は、なぜ彼らが来たのは彼に不利に反対する強盗としては、これらの野生の1つは、残忍なsicarii 。 Had He not been all that week daily in the Temple, teaching?彼は週にされていないことが、毎日のようにすべての寺院は、教えることですか? Why not then seize Him?なぜ彼を押収していないか? But this 'hour' of theirs that had come, and 'the power of darkness', this also had been foretold in Scripture!しかし、この'時間' 、かれらが来たこと、そして'闇の力'は、この前から予報していたにも啓典!

And as the ranks of the armed men now closed around the bound Christ, none dared to stay with Him, lest they also should be bound as resisting authority.とは、武装した男としての階段を上る今すぐ閉じて行き、キリストの周りは、敢えてなしに滞在して彼には、束縛しないようにしなければならないとしても彼らの権威に抵抗した。 So they all forsook Him and fled.だからみんな彼forsakeの過去と逃げた。 But there was one there who joined not in the flight, but remained, a deeply interested onlooker.しかし、そこには1つではなく、飛行に加わったが、依然として、深く興味を傍観者です。 When the soldiers had come to seek Jesus in the Upper Chamber of his home, Mark, roused from sleep, had hastily cast about him the loose linen garment or wrapper [1 This, no doubt, corresponds to the Sadin or Sedina which, in Rabbinic writings, means a linen cloth, or a loose linen wrapper, though, possibly, it may also mean a night-dress (see Levy, ad voc.).] that lay by his bedside, and followed the armed band to see what would come of it.兵士たちが来たとき、イエスキリストを求める箱の上部にある自宅では、マークは、眠りからroused 、あわてていたキャストについては、彼の服やリネンゆるいラッパ[ 1本は、間違いなく、これに対応するsadinまたはsedina 、ラビ記述は、亜麻布を意味するか、またはリネンゆるいラッパでは、可能ならば、夜のことを意味する可能性も-ドレス(レヴィを参照して、広告の揮発性有機化合ています。 ) 。 ]レイされたこと付き添われ、続いて、武装したとしたら、何がバンドを参照してください来ている。 He now lingered in the rear, and followed as they led away Jesus, never imagining that they would attempt to lay hold on him, since he had not been with the disciples nor yet in the Garden.彼は今の背面lingered 、そして彼らを中心に続いて、イエスは、決してかれらは試みを想像して彼にしがみつくレイは、以来彼はまだされていないのは、庭にも弟子です。 But they, [2 The designation 'young men' (St. Mark xiv. 51) is spurious.] perhaps the Jewish servants of the High-Priest, had noticed him.だがかれらは、 [ 2指定'若い男' (サンマルコ14 。 51 )は、スプリアスです。 ]おそらく、ユダヤ人の使用人の高司祭は、彼に気づいていた。 They attempted to lay hold on him, when, disengaging himself from their grasp, he left his upper garment in their hands, and fled.かれらを試みたが彼にしがみつくレイは、ときには、彼らの把握から撤退自身、彼は自分の左上部の衣服を手にし、逃走しました。

So ended the first scene in the terrible drama of that night.最初のシーンで終わったので、その夜のひどいドラマです。


Author Edersheim refers to MANY reference sources in his works.著者edersheimを指し、彼の作品の多くリファレンスソースです。 As a Bibliography resource, we have created a separate Edersheim References list.文献情報リソースとして、私たちは、別のedersheim参考文献リストを作成します。 All of his bracketed references indicate the page numbers in the works referenced.彼の括弧付きのすべてのリファレンスを示す数字は、作品のページ参照している。


Gethsemani gethsemani

Catholic Information カトリック情報

Gethsemani (Hebrew gat, press, and semen, oil) is the place in which Jesus Christ suffered the Agony and was taken prisoner by the Jews. gethsemani (ヘブライ語ガート、プレス、および精液、油)は、その場所で苦しんで、イエスキリストの苦しみとは、ユダヤ人捕虜にされた。 Saint Mark (xiv, 32) calls it chorion, a "a place" or "estate"; St. John (xviii, 1) speaks of it as kepos, a "garden" or "orchard".サンマルコ( 14 、 32 )を呼び出して絨毛膜は、 "場所"や"不動産" ;聖ヨハネ( 18 、 1 )が喋ることkeposとしては、 "庭"や"果樹園" 。 In the East, a field shaded by numerous fruit trees and surrounded by a wall of loose stone or a quickset hedge forms the el bostan, the garden.東日本では、シェーディングされたフィールドに囲まれて数々の果物の木や石の壁や生け垣ゆるいフォームのエルbostan 、庭です。 The name "oil-press" is sufficient indication that it was planted especially with olive trees.名前を"石油を押して"と指示することは十分では、特にオリーブの木が植えられています。 According to the Greek version and others, St. Mathew (xxvi, 36) designates Gethsemani by a term equivalent to that used by St. Mark.ギリシャ語によると、他のバージョンとは、聖マシュー( 26 、 36 )に相当する期間を指定することによってgethsemaniで使用される聖マルコのです。 The Vulgate renders chorion by the word villa, but there is no reason to suppose that there was a residence there.絨毛膜の流布本でレンダリングされる単語のヴィラが、理由は何もない住居があったと仮定してある。 St. Luke (xxii, 39) refers to it as "the Mount of Olives", and St. John (xviii, 1) speaks of it as being "over the brook Cedron".聖ルカ( 22 、 39 )を指して"のオリーブのマウント"で、聖ヨハネ( 18 、 1 )が喋ることとして"オーバーのブルックcedron " 。 According to St. Mark, the Savior was in the habit of retiring to this place; and St. John writes: Judas also, who betrayed him, knew the place; because Jesus had often resorted thither together with his disciples".聖マルコによると、救世主には、この場所に癖が引退;と聖ヨハネの書き込み:ユダにも、人に裏切ら彼は、その場所を知っていた;ので、イエスは彼の弟子と一緒にしばしばthither手段" 。

A place so memorable, to which all the Evangelists direct attention, was not lost sight of by the early Christians.だから思い出深い場所には、全ての伝道者に直接注意して、失われた光景ではなかった初期のキリスト教徒です。 In his "Onomasticon," Eusebius of Caesarea says that Gethsemani is situated "at the foot of the Mount of Olives", and he adds that "the faithful were accustomed to go there to pray".彼の"固有名詞集は、 " caesareaユーセビアスの位置によると、 gethsemaniは"山のふもとのオリーブ" 、と彼は追加して、 "そこまで行くのに慣れて忠実に祈っていた" 。 In 333 the Pilgrim of Bordeaux visited the place, arriving by the road which climbs to the summit of the mountain, ie beyond the bridge across the valley of Josaphat.ピルグリム333のボルドーで、その場所を訪れ、到着したが、道路の山の頂上まで登ることができる、すなわち谷を横切る橋を越えてヨザファト。 In the time of the Jews, the bridge which spanned the torrent of Cedron occupied nearly the same place as one which is seen there today, as is testified by the ancient staircase cut in the rock, which on one side came down from the town and on the other wound to the top of the mountain.ユダヤ人のときには、その橋を占領cedronスパンの奔流の一つとしてほぼ同じ場所にあるが見られる今日では、証言としては、階段のカットされた古代の岩は、片側からダウンタウンと来た傷口には、他の山の頂上。 Petronius, Bishop of Bologna (c. 420), and Sophronius, Patriarch of Jerusalem, speak of this immense staircase and two other pilgrims counted the steps.ペトロニウスは、司教のボローニャ( c. 420 ) 、およびソフロニオス、エルサレム総主教は、この巨大な階段を話すと他の2つの手順で巡礼者にカウントされます。 Traces of it are still to be seen on the side towards the city, and numerous steps, very large and well-preserved, have been discovered above the present Garden of Gathsemani.の痕跡が見られることはまだして市側に向かって、数多くの手順とは、非常に大規模の割に若く見えるとは、上記のが発見されたが、現在の庭gathsemani 。 The Pilgrim of Bordeaux notes "to the left, among the vines, the stone where Judas Iscariot betrayed Christ".ボルドーの巡礼者の注意事項"を左には、ツルの中には、キリストを裏切ったイスカリオテのユダの石はどこ" 。 In translating the "Onomasticon" of Eusebius, St. Jerome adds to the article Gethsemani the statement that "a church is now built there" (Onomasticon, ed. Klostermann, p. 75).翻訳は、 "固有名詞集"のユーセビアス、聖ジェロームの記事gethsemaniステートメントを追加して"教会では現在、内蔵ある" (固有名詞集、エド。クロステルマン、 p. 75 ) 。 St. Sylvia of Aquitania (385-388) relates that on Holy Thursday the procession coming down from the Mount of Olives made a station at "the beautiful church" built on the spot where Jesus underwent the Agony.シルビアの聖aquitania (三八五から三八八まで)聖木曜日に関連して、マウントから下り行列の前にある駅でオリーブ"の美しい教会"の場所に建てられたイエスの苦しみ受けています。 "From there", she adds, "they descend to Gethsemani where Christ was taken prisoner" (S. Silviae Aquit. Peregr., ed. Gamurrini, 1888, pp. 62-63). "そこから"と、彼女は追加し、 "彼らはどこgethsemani降下して捕虜には、キリスト" (米silviae aquit. peregr 。 、エド。 gamurrini 、 1888 、 pp 。六二〜六三) 。 This church, remarkable for its beautiful columns (Theophanes, Chronogr. ad an. 682), was destroyed by the Persians in 614; rebuilt by the Crusaders, and finally razed, probably in 1219.この教会は、注目すべきは、その美しいカラム( theophanes 、 chronogr 。広告する。 682 ) 、ペルシャでは、破壊された614 ;再構築される十字軍は、 razedそして最後には、おそらく、 1219 。 Arculf (c. 670), St. Willibald (723), Daniel the Russian (1106), and John of Wurzburg (1165) mention the Church of the Agony. arculf ( c. 670 ) 、聖willibald ( 723 ) 、ダニエル、ロシア( 1106 ) 、そしてジョンのウュルツブルク( 1165 )教会の苦しみに言及しています。 The foundations have recently been discovered at the place indicated by them, ie at a very short distance from the south-east corner of the present Garden of Gethsemani.土台が最近発見され、その場で示されることは、すなわち、非常に短い距離で、南東の隅から、現在の庭のgethsemani 。

A fragmentary account of a pilgrimage in the fourth century, preserved by Peter the Deacon (1037), mentions "a grotto at the place where the Jews the Savior captive".アカウントの断片を巡礼する第4世紀には、保存されたピーターのディーコン( 1037 ) 、言及"を庵では、ユダヤ人の救世主に捕らえられた場所" 。 According to the tradition it was in this grotto that Christ was wont to take refuge with his disciples to pass the night.伝統によると、それは、キリストがいつもこの岩屋にして、弟子に避難して夜を渡す。 It was also memorable for a supper and a washing of the feet which, according to the same tradition, took place there.それは、夕食も思い出深いものとするためには、足を洗うことは、同じ伝統によると、そこで行われた。 Eutychius, Patriarch of Constantinople (d. 583), says in one of his sermons that the Church commemorates three suppers. eutychius 、コンスタンティノープル総主教の( d. 583 )は、彼によれば、 1つの教会の説教を記念して、 3つのsuppers 。 "The first repast", he says, "together with the purification, took place at Gethsemani on the Sabbath day, the first day, ie when Sunday was already begun. That is why we then celebrate the vigil" (PG, LXXXVI, 2392). "最初の食事" 、と彼は言います、 "浄化とともに、 gethsemaniして行われた安息日は、最初の日、すなわち日曜日ときにはすでに始まっている。それはなぜ我々を祝うために徹夜の祈り" (以上観覧可、 86 、 2392 ) 。 The second supper was that of Bethany, and the third was that was that of Holy Thursday at which was instituted the Holy Eucharist.ベサニーが、 2番目の夕食は、 3番目としていたことが、聖木曜日の聖体で設立された。 Theodosius (c. 530) describes this grotto in these terms: "There [in the valley of Josaphat] is situated the basilica of Holy Mary, Mother of God, with her sepulchre. There is also the place where the Lord supped with his disciples. There he washed their feet. There are to be seen four benches where Our Lord reclined in the midst of His Apostles. Each bench can seat three persons. There also Judas betrayed the Saviour. Some persons, when they visit this spot, through devotion partake of some refreshment, but no meat. They light torches because the place is in a grotto".テオドシウス( c. 530 )この岩屋にこれらの用語を説明: "そこ[ヨザファトの谷]は、聖マリア大聖堂に位置し、神の母で、彼女のsepulchre 。そこでもある場所で、主の弟子supped 。ある彼は自分の足を洗っています。そこには4つのベンチはどこに主に見られる横臥の最中に彼の使徒です。ベンチでは、各座席の3人。裏切ったユダの救い主でもある。いくつかの人々は、このスポットにアクセスした場合、を通して献身軽食を食べるのは、肉がない。かれらの光は、その場所にあるため、たいまつ庵" 。 Antonius of Plaisance (570), Arculf, Epiphanius the Hagiopolite, and others make mention of the well known pasch of which the grotto of Gethsemani was witness.アントニウスのplaisance ( 570 ) 、 arculf 、聖エピファニオスのhagiopolite 、および他pasch言及するのは、よく知られていたが、岩屋の証人gethsemani 。 In the Church of the Agony the stone was preserved on which, according to tradition, Jesus knelt during His Agony.教会では、苦しみの石の上に保存された、伝説によれば、彼の苦しみの中にイエスkneelの過去過去分詞です。 It is related by the Arculf that, after the destruction of the church by the Persians, the stone was removed to the grotto and there venerated. arculfされることが関連して、教会の破壊された後、ペルシア人は、石が取り外された庵とそこ尊敬しています。 In 1165 John of Wurzburg found it still preserved at this spot, and there is yet to be seen on the ceiling of the grotto an inscription concerning it.ジョンは、 1165ウュルツブルク見つかったことで、このスポットまだ保存し、そこに見られるのは、まだ天井の岩屋に関する銘文が書かれています。 In the fourteenth century the pilgrims, led astray by the presence of the stone and the inscription, mistakenly called this sanctuary the Grotto of the Agony.は、 14世紀の巡礼者は、その存在を迷わせ、碑文の石や、誤って聖域と呼ばれるこの庵は、苦しみのです。

In ancient times the grotto opened to the south.古代の洞窟の南にオープンしています。 The surrounding soil being raised considerably by earth carried down the mountain by the rains, a new entrance has been made on the north-west side.かなり提起され、周辺の土壌地山の繰り越しの降雨によって、新たな入り口の前にしてきたの北西側。 The rocky ceiling is supported by six pillars, of which three are in masonry, and, since the sixth century, has been pierced by a sort of skylight which admits a little light.ロッキー天井には6つの柱でサポートされて、そのうちに3アール積み、そして、 6世紀以来、ピアスをしてきた一種の天窓を認めて、少し軽い。 The grotto, which is irregular in form, is, in round numbers, 56 feet long, 30 feet wide, and 12 feet high in its largest dimentions.この岩屋、これは、不規則な形態では、大ざっぱな数字では、長い五六フィート、 30フィートワイド、および最大外形寸法は、高十二フィート。 It is adorned with four altars, but of the pictures which formerly covered the walls, and of the mosaic floor, traces only can be found.これは4つの祭壇で飾られ、しかし、これ以前の距離の壁の絵、そして床のモザイク、痕跡が見つかっただけです。 At a distance of about 130 feet to the south of the grotto is the Garden of Gethsamani, a quadrangular-shaped enclosure which measures about 195 feet on each side.ある距離を置いて、約百三十フィート南の岩屋には、庭のgethsamani 、エンクロージャの形を四角にする措置については、各側一九五フィート。 Here are seven olive trees, the largest of which is about 26 feet in circumference.ここでは、 7つのオリーブの木々は、最大規模の会社が、周囲約二十六フィート。 If they were not found there in the time of Christ they are at least the offshoots of those which witnessed His Agony.かれらはそこで見つからない場合は、少なくとも彼らは、キリストの時、彼の苦しみを生むのを目撃したものです。 With the aid of historical documents it has been established that these same trees were already in existence in the seventh century.歴史的な文書の力を借りて、それが確立され、これらの木々が同じで、 7世紀には既に存在しています。 To the east of the garden there is a rocky mass regarded as the traditional spot where the three Apostles waited.東の庭には、岩だらけの質量があると見なされ、従来の3つのスポットはどこ使徒待った。 A stone's throw to the south, the stump of a column fitted in a wall pointed out to the native Christians the place where Jesus prayed on the eve of his Passion.目と鼻の先に、南は、断端の壁を指摘するコラムを装着して、ネイティブのキリスト教徒は、イエスの場所の前夜彼の情熱を祈った。 The foundations of the ancient Church of the Agony were discovered behind this wall.古代教会の基盤は、この壁の背後に苦しみが見つかった。

Publication information Written by Barnabas Meistermann. barnabas meistermann書かれた文献の情報です。 Transcribed by Joseph P. Thomas.転写されたジョセフp.トーマス。 Dedicated to Mrs. Hildegard Grabowski The Catholic Encyclopedia, Volume VI.ひたむきにミセスgrabowskiヒルデガルトのカトリック百科事典、 viのボリュームです。 Published 1909.日付1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.公認は、 09年9月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです