The Heidelberg Catechism, Palatinate Catechism公教要理、ハイデルベルク、 palatinate教要理

General Information 総合案内

The Heidelberg Catechism is often grouped together with two other Protestant Christian documents, the Belgic Confession and the Canons of Dordt, as the basis of Faith for many Churches, particularly Reformed Churches.ハイデルベルク教要理にまとめられたのは往々にして他の2つのキリスト教プロテスタントの文書は、この規範のドルトベルガエ人の自白とは、信仰の基礎として、多くの教会、特に改革派教会です。 It received its name from the place of its origin, Heidelberg, the capital of the German Electorate of the Palatinate.それを受け取った場所からは、その名前の由来は、ハイデルベルクは、ドイツの首都の有権者は、 palatinate 。 There, in order that the Reformed faith might be maintained in his domain, Elector Frederick III commissioned Zacharias Ursinus, professor at Heidelberg University, and Caspar Olevianus, the court preacher, to prepare a manual for catechetical instruction.そのためには、改心して信仰を維持するかもしれない自分のドメインでは、選挙人フリードリヒ3世委託ツァハリアスウルジヌス、ハイデルベルク大学教授、およびカスオレビアヌス、裁判所の説教師は、命令を問答式のマニュアルを作成する。 Out of this initiative came the Catechism, which was approved by the Elector himself and by the Synod of Heidelberg and first published in 1563.このイニシアチブは、公教要理のうち、選挙人自身が承認されたとされる会議で、 1563年に初めて出版さハイデルベルクとします。

With its comfort motif and its warm, personal style, the Catechism soon won the love of the people of God, as is evident from the fact that more editions of the Catechism had to be printed that same year.その快適度に暖かいモチーフとした、個人的なスタイルは、すぐに公教要理ウォン、神の愛は、人々と同じように、その事実を明らかにして、より多くのエディションの公教要理を印刷していた同じ年です。 While the first edition had 128 questions and answers, in the second and third editions, at the behest of the Elector, the eightieth question and answer, which refers to the popish mass as an accursed idolatry, was added.中には128の最初の質問と回答エディションは、 2番目と3番目のエディションでは、有権者は、この要請を受けて、その質問と回答は80分の1 、これを指しているためローマカトリックのミサ呪わ偶像崇拝として、が追加されました。 In the third edition the 129 questions and answers were divided into 52 "Lord's Days" with a view to the Catechism's being explained in one of the services on the Lord's Day.第3版で、 129質問と回答が分かれて52 "の主の日"との見解を説明している公教要理のいずれかのサービスは、主の日です。 That salutary practice is still maintained today, in harmony with the prescription of the Church Order of Dordrecht.有益な練習はまだ維持して今日では、と調和して、教会のための処方せんのドルドレヒト。

In the Netherlands the Heidelberg Catechism was translated into the Dutch language as early as 1566, and it soon became widely loved and used in the churches there.ハイデルベルク教要理は、オランダには、オランダの言語に翻訳され、早ければ1566年、そしてそれはたちまちの教会で広く愛されるとそこで使用されています。 It was adopted by several National Synods during the later sixteenth century, and was finally included by the Synod of Dordrecht, 1618-1619, where it has remained to this day.それはいくつかの国家synodsで採択された後の16世紀中には、最後に含まれていたとされるのドルドレヒト宗教会議は、 1618年から1619年、ここは、この日には残っています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

The Heidelberg Catechism公教要理のハイデルベルク

Advanced Information 高度情報

(1563) ( 1563 )

Catechisms usually have three functions: instruction for all ages, preparatory training for confirmation, and the statement of a confessional position.通常の3つの機能がcatechisms :命令のためのすべての年齢層には、準備のための訓練を確認し、声明の立場を告白した。 The Heidelberg Catechism fulfills these three functions.ハイデルベルク教要理、これらの3つの機能を達成した。

The Palatinate, south and west of Mainz, became Lutheran in 1546 under Elector Frederick II, but soon Calvinist ideas spread into the area and a series of acrimonious theological disputes broke out over the issue of the "real presence" in Holy Communion.そのpalatinateと南、西のマインツは、 1546年の下で選挙になったフリードリヒ2世ルター派、カルビン派のアイデアが、すぐに広がるエリアや一連の辛らつな神学論争が勃発しました。この問題をめぐっては、 "本物の存在"と聖体拝領。 When Frederick III the Pious (1515-76) inherited the area, he was aware of the disputes and studied both sides of the "real presence" argument.フリードリヒ3世は信心深い時( 1515年から1576年)から継承した地域は、紛争と彼は認識して勉強したの両側には"本物の存在"と主張した。 He came to the conclusion that Article XI of the Augsburg Confession was popish and opted for a Calvinist position.彼に来たという結論には、記事のxiアウクスブルク信仰告白は、ローマカトリックとカルビン派の立場を選んだ。 To foster his position, even though he was opposed by other Lutheran princes who pressured him to support the Peace of Augsburg, which did not recognize the Reformed position, Frederick staffed the theological faculty of the Collegium Sapientiae in Heidelberg, his capital, with those of Reformed persuasion, and he began to reform the worship of the churches in the Palatinate.自分の立場を促進し、反対にもかかわらず、彼は、他の人のルター派諸侯に圧力をかけて彼をサポートして平和のアウクスブルクは、改革派の立場を認識しなかったが、スタッフの神学教授のフレデリックコレギウムハイデルベルクsapientiaeでは、彼の資本金は、それらの改心説得し、彼を改革し始めたのは、教会の礼拝堂palatinate 。 In an effort to reconcile the theological parties, to bring about reform, and to defend himself against the Lutheran princes, Frederick asked the theological faculty to draw up a new catechism which could be used in the schools as a manual of instruction, a guide for preaching, and a confession of faith.神学的に和解するために努力し、政党は、改革をもたらす、と身を守るために反対のルター派諸侯は、フレデリック学部神学を策定するよう要請した、新しい公教要理の可能性があるとして、マニュアルで使用されている学校の命令は、ガイドをする説教は、信仰告白をする。 Although many of the theological faculty were involved, as was Frederick himself, the two commonly acknowledged architects of the catechism were Caspar Olevianus and Zacharias Ursinus.にもかかわらず教員の多くは、神学的にかかわって、自分自身としては、フレデリックは、広く認められた2人の建築家が、公教要理キャスパーオレビアヌスとツァハリアスウルジヌス。 The German text, with a preface by Frederick III, was adopted by a synod in Heidelberg on January 19, 1653.ドイツ語のテキストは、フリードリヒ3世による序文では、会議で採択されたハイデルベルクで1653年1月19日です。 It was translated into Latin at the time of its publication.ラテン語に翻訳されていた当時の出版物です。

The catechism is important for at least three reasons.公教要理のために重要なのは、少なくとも3つの原因が考えられます。 (1) It came to be translated into numerous languages and was adopted by many groups, making it the most popular of Reformed statements. ( 1 )それに来た多くの言語に翻訳されると、多くの団体が採択されたことは、改革派で最も人気のある発言だ。 (2) Although born in the midst of theological controversy, it is irenic in spirit, moderate in tone, devotional and practical in attitude. ( 2 )生まれの真っただ中にもかかわらず神学論争には、心の中で平和を促進することは、穏健な口調では、祈りや実践的な態度だ。 It espouses Reformed theology as dictated by Frederick III, but Lutheran ideas were not slighted.改心したことespouses神学フリードリヒ3世によって変化するが、ルター派のアイデアはない侮辱を受ける。 The avoidance of polemics in the catechism, except for question 80, the use of clear language, and a sense of fervency helped to allay somewhat the theological controversies of that time and to guarantee an acceptance among the Reformed outside the Palatinate.論争術を回避することは、公教要理のは、 80の質問を除いて、使用する言語を明確にし、熱情感を和らげる手助けをして多少の時間と神学論争の受入れのうち、改質を保証するpalatinate外です。 (3) The organization of the catechism is most unusual. ( 3 )その組織は、公教要理はあり得ません。 The 129 questions and answers are divided into three parts patterned after the book of Romans.質問と回答は、 129の3つの部分に分かれてパターン化した後、ローマ人への手紙の本です。 Questions 1-11 deal with mankind's sin and misery; questions 12-85 are concerned with the redemption in Christ and faith; the last questions stress man's gratitude, expressed in action and obedience, for God's love. 1-11の質問に対処する人類の罪と不幸;質問十二〜八十五アール心配して、キリストの償還や信仰;ストレス男の感謝の念の最後の質問には、服従することを表明し、行動とは、神の愛のためです。 The questions are further structured so that the whole catechism can be covered in fifty-two Sundays.の質問には、さらなる構造化できるので、全公教要理52日曜日に覆われています。 In addition, the catechism provides an exposition of the Reformed view of the Apostles' Creed and the Ten Commandments.また、公教要理ビューを提供する博覧会の改革は、使徒信条と十戒。 The use of the first person singular encourages the catechism to be a personal confession of faith.第1人称単数の使用を奨励し、公教要理に個人的な信仰告白。

The Reformed theological perspective is found (1) in the doctrine of the sacraments, particularly the Eucharist, where believers are partakers in the true body and blood of Christ through the working of the Holy Spirit; (2) in the centrality of Scripture as authority; (3) in good works as the Christian response to divine grace; and (4) in the church as the true source of Christian discipline.改心したことが判明したの神学的な視点で、 ( 1 )教義の秘跡、特に聖体、 partakersどこで、真の信者はキリストの体と血液を通して、聖霊の働き、 ( 2 )の中心としての権威を啓典、 ( 3 )に対応して良い作品として、キリスト教の神の恵み;と( 4 )は、キリスト教の教会規律としての真の源です。 The issue of predestination is found in question 54, where election is affirmed but reprobation and limited atonement are not.宿命の問題が発見さ54の質問は、どこの選挙は、限られたアファームドだが償いではないと非難した。 An example of Lutheran concepts is found in the section on man's sinful condition.ルター派の例を参照して見つかったの概念は罪深い男の条件を指定します。

RV Schnucker右心室schnucker
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
K. Barth, Heidelberg Catechism; H. Hoeksema, The Heidelberg Catechism; H. Ott, Theology and Preaching; C. Van Til, Heidelberg Catechism; Z. Ursinus, Commentary on the Heidelberg Catechism. k.バルト、ハイデルベルク教要理; h. hoeksema 、ハイデルベルク教要理; h.オット、神学と説教; c.ヴァンゴマ、ハイデルベルク教要理; Zのウルジヌス、ハイデルベルク教要理解説しています。


The Heidelberg Catechism公教要理のハイデルベルク

The 129 Catechism Questions, and the 52 Weeks公教要理の129点がございましたら、および52週間

I. Lord's Day i.主の一日

Question 1 . 質問1 What is thy only comfort in life and death?なたの快適さだけで何が生と死のですか?

Question 2 . 質問2 How many things are necessary for thee to know, that thou, enjoying this comfort, mayest live and die happily?どのように、なたのために必要な多くのことを知って、なたは、この快適さを楽しんで、幸せな死に方をmayest生きるとは?

THE FIRST PART--OF THE MISERY OF MAN 最初の部分-は、男たちの窮状

II. Ⅱ 。 Lord's Day日曜日

Question 3 . 質問3 Whence knowest thou thy misery?なたなたでwhence knowestミザリーですか?

Question 4 . 質問4 What doth the law of God require of us?どのような法律の蓄えが必要と私たちの神ですか?

Question 5 . 質問5 Canst thou keep all these things perfectly? canの二人称単数なたは、これらすべてのことを完璧に保つか?

III. Ⅲ 。 Lord's Day日曜日

Question 6 . 質問6 Did God then create man so wicked and perverse?次に作成するので、神は邪悪な男とひねくれたですか?

Question 7 . 質問7 Whence then proceeds this depravity of human nature?次に、この収益でwhence堕落人間の本性のですか?

Question 8 . 質問8 Are we then so corrupt that we are wholly incapable of doing any good, and inclined to all wickedness?だから我々は、それから私たちは完全に堕落して、何かいいの余地がないこと、およびすべての邪悪傾いているか?

IV. 4 。 Lord's Day日曜日

Question 9 . 質問9 Doth not God then do injustice to man, by requiring from him in his low, that which he cannot perform?蓄えがない場合は不公平にならないように、神男は、必要とされていたより低いと、彼はそれを実行することはできませんか?

Question 10 . 質問10 Will God suffer such disobedience and rebellion to go unpunished?神は、そのような反抗と反乱に苦しむ罰を免れるか?

Question 11 . 質問11 Is not God then also merciful?その後も慈悲深き神ではありませんか?

THE SECOND PART--OF MAN'S DELIVERANCE 部-の男の救出

V. Lord's Day対主の一日

Question 12 . 質問12 Since then, by the righteous judgment of God, we deserved temporal and eternal punishment, is there no way by which we may escape that punishment, and be again received into favor?それ以来、正しい判断をされる神は、私たちと永遠の懲罰を受けて当然の時間は、我々の方法ではないのかもしれません処罰を免れることは、再び受け取ったとされる賛成ですか?

Question 13 . 質問13 Can we ourselves then make this satisfaction?これは、私たち自身の満足感を作るか?

Question 14 . 質問14 Can there be found anywhere, one, who is a mere creature, able to satisfy for us?どこにでもあることが見つかりましたが、 1つは、単なる生き物たちが、私たちを満足させることですか?

Question 15 . 質問15 What sort of a mediator and deliverer then must we seek for?どのような種類の調停者や救世主次に我々を求める必要がありますか?

VI. viのです。 Lord's Day日曜日

Question 16 . 質問16 Why must he be very man, and also perfectly righteous?なぜ彼が非常にしなければ男で、また完全に正しいですか?

Question 17 . 質問17 Why must he in one person be also very God?なぜ彼は、一人の人間でもしなければ非常に神ですか?

Question 18 . 質問18 Who then is that Mediator, who is in one person both very God, and a real righteous man?その後は、調停者たちは、誰一人の人間の両方で非常に神は、真の正義の男とは?

Question 19 . 質問19 Whence knowest thou this?これでwhence knowestなたですか?

VII.第VII 。 Lord's Day日曜日

Question 20 . 質問20 Are all men then, as they perished in Adam, saved by Christ?すべての男性には、その後、死んでアダムとして彼らは、キリストに救われるか?

Question 21 . 質問21 What is true faith?真の信仰は何ですか?

Question 22 . 質問22 What is then necessary for a christian to believe?次に何が必要なため、キリスト教を信じるか?

Question 23 . 質問23 What are these articles?これらの記事は何ですか?

VIII. viii 。 Lord's Day日曜日

Question 24 . 質問24 How are these articles divided?これらの記事はどのように分けですか?

Question 25 . 質問25 Since there is but one only divine essence, why speakest thou of Father, Son, and Holy Ghost?しかし、 1つだけあるので神の本質は、なぜspeakestなたの父、息子、聖霊とは?

OF GOD THE FATHER 神の父

IX. 9 。 Lord's Day日曜日

Question 26 . 質問26 What believest thou when thou sayest, "I believe in God the Father, Almighty, Maker of heaven and earth"?なたなたbelievest sayの二人称単数現在どのようなときには、 "私は神を信じるの父、全能の神、天と地のメーカー"とは?

X. Lord's Day Xの主の一日

Question 27 . 質問27 What dost thou mean by the providence of God?あなたは何を意味するドーストされる神の摂理ですか?

Question 28 . 質問28 What advantage is it to us to know that God has created, and by his providence doth still uphold all things?それを私たちはどのような利点を知っている神が作成されると、彼の摂理と蓄えが依然として維持されたすべてのものですか?

OF GOD THE SON 神の息子

XI. xi 。 Lord's Day日曜日

Question 29 . 質問29 Why is the Son of God called Jesus, that is a Savior?なぜイエスは神の御子と呼ばれる、それは、救世主ですか?

Question 30 . 質問30 Do such then believe in Jesus the only Savior, who seek their salvation and welfare of saints, of themselves, or anywhere else?そんな唯一の救い主イエスキリストを信じる次に、彼らの救いを求める人や福祉の聖徒は、自分自身の、あるいはどこか他の場所ですか?

XII. 12世です。 Lord's Day日曜日

Question 31 . 質問31 Why is he called Christ, that is anointed?彼は、キリストと呼ばれる理由は、それは聖なるか?

Question 32 . 質問32 But why art thou called a christian?しかし、なぜ、キリスト教と呼ばれるアートなたですか?

XIII. 13 。 Lord's Day日曜日

Question 33 . 質問33 Why is Christ called the only begotten Son of God, since we are also the children of God?なぜキリストは神の子と呼ばれるだけで生まれた、以後も、私たちは神の子供たちですか?

Question 34 . 質問34 Wherefore callest thou him our Lord?何のために彼の主callestなたですか?

XIV. 14 。 Lord's Day日曜日

Question 35 . 質問35 What is the meaning of these words-"He was conceived by the Holy Ghost, born of the Virgin Mary"?これらの言葉の意味は何です- "と彼は考え聖霊によっては、聖母マリアが生まれる"とは?

Question 36 . 質問36 What profit dost thou receive by Christ's holy conception and nativity?どのような利益を受けるドーストなた生まれで、キリストの神聖な構想とは?

XV. 15 。 Lord's Day日曜日

Question 37 . 質問37 What dost thou understand by the words, "He suffered"?ドーストなたの言葉を理解することによって、 "彼は被害"とは?

Question 38 . 質問38 Why did he suffer under Pontius Pilate, as judge?なぜ彼の下で苦しむpontius pilate 、裁判官としてのですか?

Question 39 . 質問39 Is there anything more in his being crucified, than if he had died some other death?こちらでは、彼が何か十字架につけられ、彼が死亡した場合に比べていくつかの他の死ですか?

XVI. 16 。 Lord's Day日曜日

Question 40 . 質問40 Why was it necessary for Christ to humble himself even unto death?キリストのために必要なのはなぜそれを自分自身にも謙虚な死に至るか?

Question 41 . 質問41 Why was he also "buried"?理由は、彼はまた、 "埋没"とは?

Question 42 . 質問42 Since then Christ died for us, why must we also die?それ以来、キリストが死んで下さった、なぜ私たちにも死ぬ必要がありますか?

Question 43 . 質問43 What further benefit do we receive from the sacrifice and death of Christ on the cross?さらにどのようなメリットを受けることから、我々の犠牲と死の十字架上のキリストのですか?

Question 44 . 質問44 Why is there added, "he descended into hell"?理由は、そこに追加さは、 "彼の子孫に地獄"とは?

XVII. 17 。 Lord's Day日曜日

Question 45 . 質問45 What doth the resurrection of Christ profit us?キリストの復活の蓄えが、どのような利益を我々ですか?

XVIII. 18 。 Lord's Day日曜日

Question 46 . 質問46 How dost thou understand these words, "he ascended into heaven"?なたドーストこれらの言葉を理解する方法については、 "彼は天国に昇って"とは?

Question 47 . 質問47 Is not Christ then with us even to the end of the world, as he hath promised?それから私たちでさえ、キリストではないにして、世界の終わりには、かれらに約束した彼ですか?

Question 48 . 質問48 But if his human nature is not present wherever his Godhead is, are not then these two natures in Christ separated from one another?しかし、もし彼のどこに存在する人間の本性ではない彼の神性のは、それからこれらの2つの性質ではないから隔てられ、キリストの1つ別のですか?

Question 49 . 質問49 Of what advantage to us is Christ's ascension into heaven?の優位性をどのように私たちは、キリストの昇天天国ですか?

XIX. 19 。 Lord's Day日曜日

Question 50 . 質問50 Why is it added, "and sitteth at the right hand of God"?なぜそれが追加されました。 "と右手のsitteth神"とは?

Question 51 . 質問51 What profit is this glory of Christ, our head, unto us?どのような利益が、この栄光キリストは、私たちの頭を、わたしたちですか?

Question 52 . 質問52 What comfort is it to thee that "Christ shall come again to judge the quick and the dead"?なたは、それをどのような快適さは、 "キリストは再び来るの生者と死者を判断する"とは?

OF GOD THE HOLY GHOST 聖霊の神

XX. XXのです。 Lord's Day日曜日

Question 53 . 質問53 What dost thou believe concerning the Holy Ghost?あなたは何を信じるドーストに関する聖霊のですか?

XXI. 21 。 Lord's Day日曜日

Question 54 . 質問54 What believest thou concerning the "holy catholic church" of Christ?あなたは何に関するbelievest "聖なるカトリック教会"キリストのですか?

Question 55 . 質問55 What do you understand by "the communion of saints"?何を理解した"と聖体拝領の聖人"とは?

Question 56 . 質問56 What believest thou concerning "the forgiveness of sins"?あなたは何believestに関する"罪の赦し"とは?

XXII. 22 。 Lord's Day日曜日

Question 57 . 質問57 What comfort doth the "resurrection of the body" afford thee?蓄えが、どのような快適さ"の復活体"と余裕なんじですか?

Question 58 . 質問58 What comfort takest thou from the article of "life everlasting"?なたから、どのような快適度takest記事の"永遠の生命"とは?

XXIII. 23 。 Lord's Day日曜日

Question 59 . 質問59 But what doth is profit thee now that thou believest all this?しかし、どのような利益を蓄え、なたさて、あなたは、このすべてのbelievestですか?

Question 60 . 質問60 How are thou righteous before God?なたは、神の前ではどのように正しいか?

Question 61 . 質問61 Why sayest thou, that thou art righteous by faith only? sayの二人称単数なぜあなたは、正義を信仰してなただけですか?

XXIV. xxiv 。 Lord's Day日曜日

Question 62 . 質問62 But why cannot our good works be the whole, or part of our righteousness before God?しかし、なぜ我々の善行することはできませんが、全体的には、我々の正義や神の前の部分ですか?

Question 63 . 質問63 What!ええっ! do not our good works merit, which yet God will reward in this and in a future life?我々の善行はありませんメリットは、まだ神は、この報奨金は、将来の人生とは?

Question 64 . 質問64 But doth not this doctrine make men careless and profane?しかし、この教義を蓄えていない男性の不注意や不敬ですか?

OF THE SACRAMENTS の秘跡

XXV. 25 。 Lord's Day日曜日

Question 65 . 質問65 Since then we are made partakers of Christ and all his benefits by faith only, whence doth this faith proceed?それ以来、私たちは彼の前にすべての給付金partakersキリストと信仰によってのみ、この信仰の蓄えが進んでwhence ?

Question 66 . 質問66 What are the sacraments?秘跡は何ですか?

Question 67 . 質問67 Are both word and sacraments, then, ordained and appointed for this end, that they may direct our faith to the sacrifice of Jesus Christ on the cross, as the only ground of our salvation?秘跡は、両方の言葉と、それから、この目的のために定められたと任命は、恐らくかれらは、直接私たちの信仰を犠牲にしてイエスキリストの十字架上で、我々の救いとして、地上だけですか?

Question 68 . 質問68 How many sacraments has Christ instituted in the new covenant, or testament?秘跡は、キリストの導入方法については、多くの新しい契約、または遺言ですか?

OF HOLY BAPTISM 洗礼式

XXVI. 26 。 Lord's Day日曜日

Question 69 . 質問69 How art thou admonished and assured by holy baptism, that the one sacrifice of Christ upon the cross is of real advantage to thee?警告さと安心をどのようになた洗礼式は、自分を犠牲にして、キリストの十字架上では、本物の優位性をなたのですか?

Question 70 . 質問70 What is it to be washed with the blood and Spirit of Christ?どんなことをして血を洗ったとキリストの精神ですか?

Question 71 . 質問71 Where has Christ promised us, that he will as certainly wash us by his blood and Spirit, as we are washed with the water of baptism?私たちは、キリストの約束の場所、それは確かに彼は自分の血と魂を洗って我々は、我々としては、水の洗礼を洗ったか?

XXVII. 27 。 Lord's Day日曜日

Question 72 . 質問72 Is then the external baptism with water the washing away of sin itself?その後、外部の洗礼は、洗濯物に水を去るの罪そのものですか?

Question 73 . 質問73 Why then doth the Holy Ghost call baptism "the washing of regeneration," and "the washing away of sins"?次に聖霊の蓄えがなぜコール洗礼"洗濯物の再生" 、および"洗濯の罪を去る"とは?

Question 74 . 質問74 Are infants also to be baptized?バプテスマを受けには、幼児にも?

OF THE HOLY SUPPER OF OUR LORD JESUS CHRIST 夕食は、私たちの主イエスキリストの神聖

XXVIII. 28 。 Lord's Day日曜日

Question 75 . 質問75 How are thou admonished and assured in the Lord's Supper, that thou are a partaker of that one sacrifice of Christ, accomplished on the cross, and of all his benefits?警告とはどのようになたの主の夕食は、安心、相伴には、あなたのことを犠牲にして1つのキリストは、十字架上で成し遂げ、彼のすべてのメリットとは?

Question 76 . 質問76 What is it then to eat the crucified body, and drink the shed blood of Christ?次に何を食べるのは、十字架につけられて体は、キリストの血を当てると酒を飲むのですか?

Question 77 . 質問77 Where has Christ promised that he will as certainly feed and nourish believers with his body and blood, as they eat of this broken bread, and drink of this cup?場所としては、確かに彼は、キリストを約束して栄養分フィードとは、体と血液信者は、このように壊れてパンを食べるのは、このカップと酒を飲むのですか?

XXIX. 29 。 Lord's Day日曜日

Question 78 . 質問78 Do then the bread and win become the very body and blood of Christ?その後、パンを勝ち取ることになると、非常にキリストの体と血のですか?

Question 79 . 質問79 Why then doth Christ call the bread his body, and the cup his blood, or the new covenant in his blood; and Paul the "communion of the body and blood of Christ"?次に、パンコールはなぜ自分の体の蓄えが、キリストは、自分の血液やカップ、または新しい契約で彼の血液;とポールの"聖体拝領は、キリストの体と血"とは?

XXX. xxx 。 Lord's Day日曜日

Question 80 . 質問80 What difference is there between the Lord's supper and the popish mass?の間にどのような違いがあるのは、ローマカトリックのミサ主の晩餐とは?

Question 81 . 質問81 For whom is the Lord's supper instituted?夕食は、主のために設立誰ですか?

Question 82 . 質問82 Are they also to be admitted to this supper, who, by confession and life, declare themselves unbelieving and ungodly?彼らも認めているが、この夕食には、人は、人生を告白し、自ら宣言すると懐疑的なとんでもないですか?

THE THIRD PART--OF THANKFULNESS 第3の部分-感謝

XXXI. 31 。 Lord's Day日曜日

Question 83 . 質問83 What are the keys of the kingdom of heaven?キーは、どんなものが天国ですか?

Question 84 . 質問84 How is the kingdom of heaven opened and shut by the preaching of the holy gospel?天国は、どのように開け閉めされるとは、神聖な福音説教ですか?

Question 85 . 質問85 How is the kingdom of heaven shut and opened by christian discipline?天国は、どのようにオープンされたキリスト教の規律を閉めるとは?

XXXII. 32 。 Lord's Day日曜日

Question 86 . 質問86 Since then we are delivered from our misery, merely of grace, through Christ, without any merit of ours, why must we still do good works?それ以来、私たちは私たちの不幸から配信さは、単にの恵みを受けて、キリストを通して、私たちのメリットもなく、我々はまだて善行に勤しむ者はなぜですか?

Question 87 . 質問87 Cannot they then be saved, who, continuing in their wicked and ungrateful lives, are not converted to God?その後に保存することはできませんが、人は、継続的に彼らの邪悪な恩知らずの命とは、神に変換さではありませんか?

XXXIII. 33 。 Lord's Day日曜日

Question 88 . 質問88 Of how many parts doth the true conversion of man consist?真の蓄えがどのように多くの部分で構成さコンバージョンの男ですか?

Question 89 . 質問89 What is the mortification of the old man?苦行のは、どのような老人ですか?

Question 90 . 質問90 What is the quickening of the new man?何が高まるのは、新しい男ですか?

Question 91 . 質問91 But what are good works?しかし、良い作品は何ですか?

XXXIV. 34 。 Lord's Day日曜日

Question 92 . 質問92 What is the law of God?神の法則は何ですか?

Question 93 . 質問93 How are these commandments divided?これらの戒めはどのように分けですか?

Question 94 . 質問94 What doth God enjoin in the first commandment?どのような蓄えが命じ神の最初の命令ですか?

Question 95 . 質問95 What is idolatry?偶像崇拝は何ですか?

XXXV. 35 。 Lord's Day日曜日

Question 96 . 質問96 What doth God require in the second commandment?どのような神の蓄えが2番目の命令が必要ですか?

Question 97 . 質問97 Are images then not at all to be made?それからわけでは、すべての画像には?

Question 98 . 質問98 But may not images be tolerated in the churches, as books to the laity?しかし、許されないことはできませんが、教会のイメージは、このように書籍を俗人か?

XXXVI. 36 。 Lord's Day日曜日

Question 99 . 質問99 What is required in the third commandment? 3番目は、どのような命令が必要ですか?

Question 100 . 100の質問です。 Is then the profaning of God's name, by swearing and cursing, so heinous a sin, that his wrath is kindled against those who do not endeavor, as much as in them lies, to prevent and forbid such cursing and swearing? profaningのは、当時の神の名は、破門されたと悪態をついたので、凶悪の罪を犯すことは、彼の怒りは、点火していない人たちの努力に対しては、かれらと同じくらい嘘のように、そのような悪口を防ぐと悪態をついたことを禁じるとは?

XXXVII. 37 。 Lord's Day日曜日

Question 101 . 101の質問です。 May we then swear religiously by the name of God?それから私たちが神の名によって誓う良心的ですか?

Question 102 . 102の質問です。 May we also swear by saints or any other creatures? 5月にも絶大な信頼を置くセインツ我々またはその他の生き物ですか?

XXXVIII. 38 。 Lord's Day日曜日

Question 103 . 103の質問です。 What doth God require in the fourth commandment? 4番目は、どのような蓄えが神の命令が必要ですか?

XXXIX. 39 。 Lord's Day日曜日

Question 104 . 104の質問です。 What doth God require in the fifth commandment? 5番目は、どのような蓄えが神の命令が必要ですか?

XL. XLサイズです。 Lord's Day日曜日

Question 105 . 105の質問です。 What doth God require in the sixth commandment? 6番目は、どのような蓄えが神の命令が必要ですか?

Question 106 . 106の質問です。 But this commandment seems only to speak of murder?しかし、これだけを話すよう命令殺人のですか?

Question 107 . 107の質問です。 But is it enough that we do not kill any man in the manner mentioned above?しかし、我々はそれに十分なことはありませんが、人を殺す方法は、上記のですか?

XLI. 41 。 Lord's Day日曜日

Question 108 . 108の質問です。 What doth the seventh commandment teach us?第七の戒律は本当に私たちは何を教えるか?

Question 109 . 109の質問です。 Doth God forbid in this commandment, only adultery, and such like gross sins?神の蓄えが、この禁止命令は、姦通のみ、グロスのように、そのような罪ですか?

XLII. 42 。 Lord's Day日曜日

Question 110 . 110の質問です。 What doth God forbid in the eighth commandment?神は本当に何を禁じる命令は、 8番目ですか?

Question 111 . 111の質問です。 But what doth God require in this commandment?しかし、神の蓄えが必要と、この命令は何ですか?

XLIII. 43 。 Lord's Day日曜日

Question 112 . 112の質問です。 What is required in the ninth commandment? 9回には何が必要な掟?

XLIV. 44 。 Lord's Day日曜日

Question 113 . 113の質問です。 What doth the tenth commandment require of us?どのような蓄えが私たちの10番目の命令が必要ですか?

Question 114 . 114の質問です。 But can those who are converted to God perfectly keep these commandments?しかし、神に変換できる人たちはこれらの戒めを維持完璧ですか?

Question 115 . 115の質問です。 Why will God then have the ten commandments so strictly preached, since no man in this life can keep them?理由は、神の十戒ので厳密には、次に説教は、この男の人生以来ないし続けることができますか?

OF PRAYER 祈り

XLV. 45 。 Lord's Day日曜日

Question 116 . 116の質問です。 Why is prayer necessary for christians?祈りをささげるために必要なキリスト教徒はなぜですか?

Question 117 . 117の質問です。 What are the requisites of that prayer, which is acceptable to God, and which he will hear?必需品はどんなものが、その祈りは、神に受け入れられるには、彼がこれを聞くとは?

Question 118 . 118の質問です。 What hath God commanded us to ask of him?神の命じられた私たちは何をしてほしいんだ?

Question 119 . 119の質問です。 What are the words of that prayer?その祈りの言葉は何ですか?

XLVI. 46 。 Lord's Day日曜日

Question 120 . 120の質問です。 Why hath Christ commanded us to address God thus: "Our Father"?かれらはなぜキリスト命じこうして私たちを神の住所: "私たちの父"とは?

Question 121 . 121の質問です。 Why is it here added, "Which art in heaven"?なぜそれがここにはまた、 "天にまします"とは?

XLVII. 47 。 Lord's Day日曜日

Question 122 . 122の質問です。 Which is the first petition?これは、最初の請願書ですか?

XLVIII. 48 。 Lord's Day日曜日

Question 123 . 123の質問です。 Which is the second petition?これは2番目の請願書ですか?

XLIX. 49 。 Lord's Day日曜日

Question 124 . 124の質問です。 Which is the third petition?これは、第3請願書ですか?

L. Lord's Day l.主の一日

Question 125 . 125の質問です。 Which is the fourth petition?これは、第4請願書ですか?

LI.李です。 Lord's Day日曜日

Question 126 . 126の質問です。 Which is the fifth petition?これは、 5番目の請願ですか?

LII. 52 。 Lord's Day日曜日

Question 127 . 127の質問です。 Which is the sixth petition?請願書では、 6番目ですか?

Question 128 . 128の質問です。 How dost thou conclude thy prayer?ドーストなたなたの祈りを締結する方法ですか?

Question 129 . 129の質問です。 What doth the word "Amen" signify?蓄えが、どのような言葉を"アーメン"を意味するか?


Also, see:また、参照してください:
Some Responses to Heidelberg Questions いくつかの質問に回答してハイデルベルク

Canons of Dort 規範のドルト
Belgic Confession ベルガエ人の告白


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです