The Heidelberg Catechism, Palatinate Catechism - Full Text公教要理、ハイデルベルク、 palatinate教要理-全文

General Information 総合案内

THE CATECHISM, or Method of Instruction in the Christian Religion, as the same is taught in the Reformed Churches and schools in Holland and America (with the Scripture references written out). 教要理、またはメソッドの命令は、キリスト教の宗教、教えたとしては、同じ改革派教会や学校では、オランダとアメリカ(啓典を参照して記入して) 。

Note.メモです。 This Catechism is fully based on the Scriptures.これは完全に公教要理、聖書に基づいています。 The references to Scripture are indicated in parentheses with a letter.啓典の参考文献には手紙を括弧で示されています。 For example, the letter (a) points to the texts (a) placed after the answer.たとえば、この書簡(する)ポイントを配置した後、テキスト(する)その答えです。 All Scriptures are from the King James Authorized Version of the Bible.聖書は、すべてのバージョンからの授権キングジェームズ聖書。


(week) 1. ( 1週間) 1 。 Lord's Day日曜日

Question 1. What is thy only comfort in life and death? 質問1 。何がなたの生と死の快適さだけですか?

Answer: That I with body and soul, both in life and death, (a) am not my own, (b) but belong unto my faithful Saviour Jesus Christ; (c) who, with his precious blood, has fully satisfied for all my sins, (d) and delivered me from all the power of the devil; (e) and so preserves me (f) that without the will of my heavenly Father, not a hair can fall from my head; (g) yea, that all things must be subservient to my salvation, (h) and therefore, by his Holy Spirit, He also assures me of eternal life, (i) and makes me sincerely willing and ready, henceforth, to live unto him. 答:体と心をして私には、生と死の両方で、私は自分自身の(する) 、 ( b )に属し、かれが私の忠実な救い主イエスキリスト; ( C参照)たちは、彼の貴重な血液では、すべてが完全に満足する私の罪は、私から配達(民主党)と、悪魔のすべての力; ( E )の保持とだから私は、 ( f )にして、私の天国の父なしで、髪ではありませんが私の頭から落ちる; (目標)いや、卑屈にしなければならないことは、すべて私の救いは、 ( h )に、従って、彼の聖霊によって、彼は私の永遠の命も保証は、 ( 1 )と言われると準備ができて心から喜んで、今後は、かれにして生きています。 (j) ( j )

Footnotes脚注

(a) Rom.14:7 For none of us liveth to himself, and no man dieth to himself. (する) rom.14 : 7用なしに生きる私たち自身の、そして自分自身をdiethない男だ。 Rom.14:8 For whether we live, we live unto the Lord; and whether we die, we die unto the Lord: whether we live therefore, or die, we are the Lord's. rom.14 : 8ために生きるかどうかを私たちは、私たちが生きてかれの主;と死ぬかどうかを我々は、我々の主、かれ死ぬ:私たちが生きているかどう従って、死ぬか、私たちは、主のです。 (b) 1 Cor.6:19 What? ( b )に1 cor.6 : 19は何ですか? know ye not that your body is the temple of the Holy Ghost which is in you, which ye have of God, and ye are not your own?なたがたは自分の体を知っていないことは、聖霊の宮には、あなたは、なたがたの神は、ご自身ではないとなたがたですか? (c) 1 Cor.3:23 And ye are Christ's; and Christ is God's. ( C参照) 1 cor.3 : 23となたがたは、キリストの;とキリストは神のです。 Tit.2:14 Who gave himself for us, that he might redeem us from all iniquity, and purify unto himself a peculiar people, zealous of good works. tit.2 : 14人は私たち自身のため、私たちが彼からのすべての罪を償還かもしれない、と奇妙な人々を清めるかれ自身は、熱意の良い作品です。 (d) 1 Pet.1:18 Forasmuch as ye know that ye were not redeemed with corruptible things, as silver and gold, from your vain conversation received by tradition from your fathers; 1 Pet.1:19 But with the precious blood of Christ, as of a lamb without blemish and without spot: 1 John 1:7 But if we walk in the light, as he is in the light, we have fellowship one with another, and the blood of Jesus Christ his Son cleanseth us from all sin. (民主党) 1 pet.1 : 18 〜であるからなたがたは、なたがたが知っているものはない堕落しやすい換金して、シルバーとゴールドとしては、無駄な会話をしてから受信されたお客様の祖先からの伝統; 1 pet.1 : 19しかし、貴重な血液のキリストは、子羊としての汚点とせずにスポットなし: 1ジョン1時07分しかし、もし我々の光の中を歩くのは、軽としては、彼は、私たちは、別の1つの交わりは、イエスキリストと彼の息子の血液から我々 cleansethすべての罪です。 1 John 2:2 And he is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for the sins of the whole world. 1ジョン2時02分、彼は、私たちの罪をなだめるために:私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のです。 1 John 2:12 I write unto you, little children, because your sins are forgiven you for his name's sake.ヨハネの手紙を書いている今午前2時12分、なたがたは、ほとんどの子供たちは、あなたたちの罪のためには彼の名前のよしみで許しているためだ。 (e) Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; 1 John 3:8 He that committeth sin is of the devil; for the devil sinneth from the beginning. ( E )のheb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼は自分自身にも同様に参加したのと同じ;ことを通して彼の死を破壊していたかもしれない彼の死の力、つまり、悪魔; 1ジョンcommitteth罪は、 3時08分には、彼は悪魔;ために、悪魔の先頭からsinneth 。 For this purpose the Son of God was manifested, that he might destroy the works of the devil.この目的のため神の御子は、明らかに、彼の作品は、悪魔を破壊するかもしれない。 John 8:34 Jesus answered them, Verily, verily, I say unto you, Whosoever committeth sin is the servant of sin.ジョン8時34分に答えて、イエスは、本当に、本当に、なたがたに言って、誰でもcommitteth罪は、罪の使用人。 John 8:35 And the servant abideth not in the house for ever: but the Son abideth ever. 8時35分、ジョンとは、家の使用人は永遠にないabideth : abidethしかし、これまでの息子です。 John 8:36 If the Son therefore shall make you free, ye shall be free indeed.したがってジョンの息子は、午前8時36分を作っている場合は無料で、なたがたは確かに無料です。 (f) John 6:39 And this is the Father's will which hath sent me, that of all which he hath given me I should lose nothing, but should raise it up again at the last day. ( f )にジョン6時39分、これは、かれらの父が送ってくれたのは、かれが与えられたことのすべてを失う私は何もないが、それまで再び引き上げるばならない最後の日です。 John 10:28 And I give unto them eternal life; and they shall never perish, neither shall any man pluck them out of my hand.ヨハネ10:28かれらに永遠の命を与えると私;かれらは決して消滅すると、どちらもかれらは、すべての男のうち私の手をはじく。 2 Thess.3:3 But the Lord is faithful, who shall stablish you, and keep you from evil. 2 thess.3 : 3しかし、主は忠実には、あなたたちにとっては、悪から守ることだ。 1 Pet.1:5 Who are kept by the power of God through faith unto salvation ready to be revealed in the last time. 1 pet.1 : 5人が残されて信仰によって神の力を介しての準備を救い、かれの最後の時間を明らかにした。 (g) Matt.10:29 Are not two sparrows sold for a farthing? (目標) matt.10 : 29アール売られていないため、 2つのスズメファージングですか? and one of them shall not fall on the ground without your Father.かれらの1つのものではないとして地面に落ちることなくお客様の父です。 Matt.10:30 But the very hairs of your head are all numbered. matt.10 : 30しかし、非常にあなたの頭の毛はすべて番号です。 Matt.10:31 Fear ye not therefore, ye are of more value than many sparrows. matt.10 : 31恐怖だからなたがたは、なたがたは多くのスズメよりもはるかに価値のです。 Luke 21:18 But there shall not an hair of your head perish.ルーク21時18分があるものではないあなたの頭の毛消滅する。 (h) Rom.8:28 And we know that all things work together for good to them that love God, to them who are the called according to his purpose. ( h )にrom.8 : 28とすべてがうまくいくことが分かっているために良いことをして、神の愛は、それらの人には、自分の目的によると呼ばれています。 (i) 2 Cor.1:20 For all the promises of God in him are yea, and in him Amen, unto the glory of God by us. ( ⅰ ) 2 cor.1 : 20のすべての約束のために彼は神いや、彼とはアーメン、かれを私たちは神の栄光です。 2 Cor.1:21 Now he which stablisheth us with you in Christ, and hath anointed us, is God; 2 Cor.1:22 Who hath also sealed us, and given the earnest of the Spirit in our hearts. 2 cor.1 : 21今すぐstablisheth彼が私たちをキリストには、かれらを聖なると私たちは、神は、 2 cor.1 :密閉された22人の私たちにもかれらは、真剣に考えると、私たちの心の精神です。 2 Cor.5:5 Now he that hath wrought us for the selfsame thing is God, who also hath given unto us the earnest of the Spirit. 2 cor.5 : 5今や彼は私たちのためにかれらを精巧に作られたものは、同じ神は、わたしたちに与えられた誰にもかれらの精神を真剣なのです。 Eph.1:13 In whom ye also trusted, after that ye heard the word of truth, the gospel of your salvation: in whom also after that ye believed, ye were sealed with that holy Spirit of promise, Eph.1:14 Which is the earnest of our inheritance until the redemption of the purchased possession, unto the praise of his glory. eph.1 : 13 、なたがたにも信頼されて、その言葉を聞いた後、なたがたの真実は、あなたの救いの福音書:誰もが信じて後に、なたがたは、なたがたが聖霊の約束で封をして、 eph.1 : 14に私たちは、真剣な相続の償還までの購入所持、かれは彼の栄光を称賛した。 Rom.8:16 The Spirit itself beareth witness with our spirit, that we are the children of God: (j) Rom.8:14 For as many as are led by the Spirit of God, they are the sons of God. rom.8 : 16 bearethを目撃して私たちの精神そのものの精神は、私たちは、子供たちが、神: ( j ) rom.8 : 14用としては、できるだけ多くの神を率いるの精神は、彼らは神の息子だ。 1 John 3:3 And every man that hath this hope in him purifieth himself, even as he is pure.ジョン3時03分ごとに1人と希望していたが、このpurifiethかれら自身も、彼としては、純粋な。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Question 2. How many things are necessary for thee to know, that thou, enjoying this comfort, mayest live and die happily? 質問2 。どのようには、多くのことを知るために必要な、なた、なたが、この快適さを楽しんで、幸せな死に方をmayest生きるとは?

Answer: Three; (a) the first, how great my sins and miseries are; (b) the second, how I may be delivered from all my sins and miseries; (c) the third, how I shall express my gratitude to God for such deliverance. 答: 3 ; ( a )その第一に、私たちの罪と苦難がどのように偉大な;第2 ( b )には、どうすれば私が私のすべての罪から配信されると苦難; ( C参照)の3つ目は、どのようにわたしは神に感謝の意を表明するマイこのような救出のためだ。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Matt.11:28 Come unto me, all ye that labour and are heavy laden, and I will give you rest. (する) matt.11 : 28来るわたしは、なたがたをすべての労働者とは、重いラディンは、あなたと私は休息を与える。 Matt.11:29 Take my yoke upon you, and learn of me; for I am meek and lowly in heart: and ye shall find rest unto your souls. matt.11 :私のくびきを取る29時あなたは、私と学ぶ;のために私はおとなしいと卑しい心:やなたがたは、かれして残りの魂を見つける。 Matt.11:30 For my yoke is easy, and my burden is light. matt.11 : 30ために私のくびきは簡単ですが、そして私の負担は軽い。 Luke 24:46 And said unto them, Thus it is written, and thus it behoved Christ to suffer, and to rise from the dead the third day: Luke 24:47 And that repentance and remission of sins should be preached in his name among all nations, beginning at Jerusalem.ルカ24:46そしてかれらによると、このように書かれたことは、キリストのために苦しむことbehoved 、死んでから上昇して3日目: 24:47ルークと後悔して罪の赦ししなければならないと説教の中で彼の名前すべての国は、エルサレムで始まる。 Luke 24:48 And ye are witnesses of these things.ルカ24:48そしてなたがたはこのようなものを目撃した。 1 Cor.6:11 And such were some of you: but ye are washed, but ye are sanctified, but ye are justified in the name of the Lord Jesus, and by the Spirit of our God. 1 cor.6 : 11とはこのようないくつかの場合:洗ったなたがたは、なたがたは神聖化、なたがたは正当化の名の下、主イエスは、私たちの神の精神とされる。 Tit.3:3 For we ourselves also were sometimes foolish, disobedient, deceived, serving divers lusts and pleasures, living in malice and envy, hateful, and hating one another. tit.3 : 3は、私たち自身がときどき愚かにも、言うことをきかない、だまされ、ダイバー私欲や快楽の配信は、悪意に住んでいると羨望、憎らしいし、別の1つを嫌う。 Tit.3:4 But after that the kindness and love of God our Saviour toward man appeared, Tit.3:5 Not by works of righteousness which we have done, but according to his mercy he saved us, by the washing of regeneration, and renewing of the Holy Ghost; Tit.3:6 Which he shed on us abundantly through Jesus Christ our Saviour; Tit.3:7 That being justified by his grace, we should be made heirs according to the hope of eternal life. tit.3 : 4しかし、後には、私たちの救い主神の優しさと愛に向かって男が登場、 tit.3 : 5作品の正義ではなく、私たちがこれまでには、しかし、彼によると、彼のなすがままに救ってくださった、洗濯物が再生される、とは、聖霊の更新; tit.3 : 6上屋をして彼は私たちの救い主イエスキリストを通して私たちふんだんに; tit.3 : 7正当化している彼の恵みによって、我々がしなければならないの相続人によると、永遠の命を期待します。 (b) John 9:41 Jesus said unto them, If ye were blind, ye should have no sin: but now ye say, We see; therefore your sin remaineth. ( b )によると、イエスのジョン9時41分かれらは、目の不自由なしなたがたが、なたがたに罪はない:なたがたは言うしかし今、我々を参照してください;したがってお客様の罪remaineth 。 John 15:22 If I had not come and spoken unto them, they had not had sin: but now they have no cloke for their sin.ヨハネ15時22分もし私が来ないと話さかれらは、かれらは罪はない:今は自分の罪のためにかれらclokeがない。 (c) John 17:3 And this is life eternal, that they might know thee the only true God, and Jesus Christ, whom thou hast sent. ( C参照) 17時03分、これは人生の永遠のジョンは、なたを知っているかもしれないことのみが、真の神様と、イエスキリストは、誰なた送信されます。 Acts 4:12 Neither is there salvation in any other: for there is none other name under heaven given among men, whereby we must be saved. 4時12分救いがあるのでもない行為その他:なしのためには他の男性の名前の下に与えられた天国で、我々に保存する必要があります。 Acts 10:43 To him (Jesus) give all the prophets witness, that through his name whosoever believeth in him shall receive remission of sins.かれ(イーサー) 10:43行為を与えるのすべての預言者の証人は、彼の名前を介して誰でも彼を信じ、罪の赦しを受けるものです。 (d) Eph.5:8 For ye were sometimes darkness, but now are ye light in the Lord: walk as children of light: Eph.5:9 (For the fruit of the Spirit is in all goodness and righteousness and truth;) Eph.5:10 Proving what is acceptable unto the Lord. (民主党) eph.5 : 8時には暗闇の中で、なたがたが、今では、なたがたは、主の光:光の子供たちと歩く: eph.5 : 9 (果実のための精神は、すべての善良さと正義と真理; ) eph.5 : 10かれ何が受け入れ、主の証明だ。 Eph.5:11 And have no fellowship with the unfruitful works of darkness, but rather reprove them. eph.5 : 11実を結ばないとの交わりを持つ作品がないの暗闇の中ではなく、むしろ非難してください。 1 Pet.2:9 But ye are a chosen generation, a royal priesthood, an holy nation, a peculiar people; that ye should shew forth the praises of him who hath called you out of darkness into his marvellous light: 1 Pet.2:10 Which in time past were not a people, but are now the people of God: which had not obtained mercy, but now have obtained mercy. 1 pet.2 : 9だがなたがたは、選ばれた世代は、ロイヤル聖職者は、神聖な国は、神の選民;供え来たりして、なたがたは、かれらの賛辞と呼ばれる彼の人のおうちに彼の見事な闇の中の光: 1 pet.2 :過去10時間の中ではない、と人々が、今の人々は神:慈悲が得られないが、今の慈悲が得られる。 Rom.6:1 What shall we say then? rom.6 : 1次に何をしようと言うのか。 Shall we continue in sin, that grace may abound?わたしたちの罪を続ける、その恵みがあふれているか? Rom.6:2 God forbid. rom.6 : 2神を禁じる。 How shall we, that are dead to sin, live any longer therein?どのようにわれは、それは、死者に罪は、もはやそこに生きるか? Rom.6:12 Let not sin therefore reign in your mortal body, that ye should obey it in the lusts thereof. rom.6 : 12せ罪のない人間は、体の治世したがって、なたがたばならないことは、私欲に従うものです。 Rom.6:13 Neither yield ye your members as instruments of unrighteousness unto sin: but yield yourselves unto God, as those that are alive from the dead, and your members as instruments of righteousness unto God. rom.6 : 13どちらにして会員としての楽器の収率なたがた不義かれ罪:しかし神自身収率は、これらのことから、死者は生きている、として会員を楽器として神の正義です。


The First Part - Of The Misery Of Man最初の部分-は、男たちの窮状


(week) 2. ( 1週間) 2 。 Lord's Day日曜日


Question 3. Whence knowest thou thy misery? 質問3 。なたなたでwhence knowestミザリーですか?

Answer: Out of the law of God. 答:神のうち、法律です。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Rom.3:20 Therefore by the deeds of the law there shall no flesh be justified in his sight: for by the law is the knowledge of sin. (する) rom.3 : 20したがって、この法律によって行いそこではない彼の肉体は正当な光景:ためには、この法律によって罪の知識です。


Question 4. What does the law of God require of us? 質問4 。何が必要なのは私たちの神の法則ですか?

Answer: Christ teaches us that briefly, Matt. 答:私たちキリストの教えを簡潔には、マットです。 22:37-40, "Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, with all thy soul, and with all thy mind, and with all thy strength. This is the first and the great commandment; and the second is like unto it, Thou shalt love thy neighbour as thyself. On these two commandments hang all the law and the prophets."第22章37-40 "なたはあなたの神、主の愛をすべてなたの心は、すべてなたの魂は、なたの心をすべてとは、なたの強さと、全てのです。は、今回が初めてと偉大な掟;とは、 2番目のようなかれは、なたの隣人としての愛なたはあなた自身です。ハングしてこれらの2つの戒めと預言者のすべての法則"と述べた。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Deut.6:5 And thou shalt love the LORD thy God with all thine heart, and with all thy soul, and with all thy might. (する) deut.6 : 5なたやなたは、神の愛、主の心をすべてザイン、およびすべてのなたの魂は、すべてなたのかもしれないとしています。 Lev.19:18 Thou shalt not avenge, nor bear any grudge against the children of thy people, but thou shalt love thy neighbour as thyself: I am the LORD. lev.19 : 18なたは仇を討つていないし、またいかなるクマなたの恨みを持つ人々の子供たちが、なたの隣人としての愛なたは自分自身:私は、主のです。 Mark 12:30 And thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind, and with all thy strength: this is the first commandment. 12:30マークとなたなたは、神の愛、主に、なたの心をすべて、およびすべてのなたの魂は、なたの心をすべてとは、なたの強さと、全て:命令は、今回が初めてだ。 Luke 10:27 And he answering said, Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy strength, and with all thy mind; and thy neighbour as thyself.ルカ10:27と答える彼によると、あなたの神、主の愛なたは、なたの心をすべて、およびすべてのなたの魂は、すべてなたの強さと、そして、全てのなたの心;となたの隣人としての自分自身です。


Question 5. Canst thou keep all these things perfectly? 質問5 。 canの二人称単数なたは、これらすべてのことを完璧に保つか?

Answer: In no wise; (a) for I am prone by nature to hate God and my neighbour.(b) 答:賢明ではありません; (する)ために私は神を憎む傾向によって自然と私の隣人です。 ( b )に

Footnotes脚注

(a) Rom.3:10 As it is written, There is none righteous, no, not one: Rom.3:20 Therefore by the deeds of the law there shall no flesh be justified in his sight: for by the law is the knowledge of sin. (する) rom.3 : 10として書かれたことは、正しいなしには、そうでもない自分: rom.3 : 20したがって、この法律によって行いそこではない彼の肉体は正当な光景:ためには、同法による罪の知識がある。 Rom.3:23 For all have sinned, and come short of the glory of God; 1 John 1:8 If we say that we have no sin, we deceive ourselves, and the truth is not in us. rom.3 : 23 、すべては罪を犯しました、そして神の栄光をショートして来;ヨハネの手紙第一時08すれば罪がないと言うことは、自分自身をだますことは、私たちとは、真実ではない。 1 John 1:10 If we say that we have not sinned, we make him a liar, and his word is not in us. 1ジョン1時10分を行っていない場合に言うsinned我々は、我々を彼はうそつきは、私たちと彼の言葉ではありません。 (b) Rom.8:7 Because the carnal mind is enmity against God: for it is not subject to the law of God, neither indeed can be. ( b )にrom.8 : 7ため、現世の心は神に対する恨み:ために同法の対象とすることではない神は、どちらも実際にできる。 Eph.2:3 Among whom also we all had our conversation in times past in the lusts of our flesh, fulfilling the desires of the flesh and of the mind; and were by nature the children of wrath, even as others. eph.2 : 3のうち誰にも私たちはみんな、私たちの会話では、過去の時代の私たちの肉私欲には、充実した肉の欲望とは、心;や性質によって、子供たちの怒りが、他にもかかわらずだ。 Tit.3:3 For we ourselves also were sometimes foolish, disobedient, deceived, serving divers lusts and pleasures, living in malice and envy, hateful, and hating one another. tit.3 : 3は、私たち自身がときどき愚かにも、言うことをきかない、だまされ、ダイバー私欲や快楽の配信は、悪意に住んでいると羨望、憎らしいし、別の1つを嫌う。 Gen.6:5 And GOD saw that the wickedness of man was great in the earth, and that every imagination of the thoughts of his heart was only evil continually. gen.6 : 5として邪悪の神を見た男は地球の偉大さ、そしてあらゆる想像して、自分の考えを絶えず心臓が悪いだけです。 Gen.8:21 And the LORD smelled a sweet savour; and the LORD said in his heart, I will not again curse the ground any more for man's sake; for the imagination of man's heart is evil from his youth; neither will I again smite any more every thing living, as I have done. gen.8 : 21と甘い風味は、主のにおいがすると、主によると、彼の心は、私は再び地面に呪いを男のためにこれ以上;は、人間の想像力は幼少のころから心臓には悪;どちらが、私は再びこれ以上の生活強打あらゆるものに、私は完了です。 Jer.17:9 The heart is deceitful above all things, and desperately wicked: who can know it? jer.17 : 9心臓には、すべてのものの上にうそをつく、と必死になって邪悪な:誰が知っているか? Rom.7:23 But I see another law in my members, warring against the law of my mind, and bringing me into captivity to the law of sin which is in my members. rom.7 : 23けど私のメンバーを参照して別の法律では、いがみあっているのは私の心の法律に違反して、連れてきていただいて、法の罪に捕らわれているが、私のメンバーです。


(week) 3. ( 1週間) 3 。 Lord's Day日曜日


Question 6. Did God then create man so wicked and perverse? 質問6 。でしたので、神を作成する邪悪な男とひねくれたですか?

Answer: By no means; but God created man good, (a) and after his own image, (b) in true righteousness and holiness, that he might rightly know God his Creator, heartily love him and live with him in eternal happiness to glorify and praise him. 答:ものではない;でもいい人間を創った神は、 ( a )および、自分のイメージした後、 ( b )には真の正義とホーリネスは、当然知っているかもしれないという彼の創作神は、心からの愛を抱えて生きる彼と彼の永遠の幸福を美化と称賛した。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Gen.1:31 And God saw every thing that he had made, and, behold, it was very good. (する) gen.1 : 31と神を見た彼は前にすべてのことを、そして、見よ、それは非常に良い。 And the evening and the morning were the sixth day.そして、朝と夕方には、 6日目です。 (b) Gen.1:26 And God said, Let us make man in our image, after our likeness: and let them have dominion over the fish of the sea, and over the fowl of the air, and over the cattle, and over all the earth, and over every creeping thing that creepeth upon the earth. ( b )にgen.1 : 26と神によると、男は私たちのイメージを作るまでお問い合わせは、私たちの後に似ている:とドミニオンせているだけだが、海の魚とは、空気の家禽、家畜とする、と地球上のすべての、そしてあらゆるやり直すことcreepeth地上忍び寄る。 Gen.1:27 So God created man in his own image, in the image of God created he him; male and female created he them. gen.1 : 27だから、神は、自分自身のイメージを作成した男は、神のイメージは、彼は彼の作成;彼はオスとメスを作成してください。 (c) Col.3:9 Lie not one to another, seeing that ye have put off the old man with his deeds; Col.3:10 And have put on the new man, which is renewed in knowledge after the image of him that created him: Eph.4:23 And be renewed in the spirit of your mind; Eph.4:24 And that ye put on the new man, which after God is created in righteousness and true holiness. ( C参照) col.3 : 9うそを別の1つは、なたがたを見て彼を先送りにして行い、老人; col.3 : 10をかけると、新しい男が、これは新たな知識をした後で彼のイメージ彼にして作成さ: eph.4 : 23にリニューアルとの精神で、お客様の心; eph.4 : 24と、なたがたには、新たな男で、これを作成した後で、神は真の正義とホーリネスです。 2 Cor.3:18 But we all, with open face beholding as in a glass the glory of the Lord, are changed into the same image from glory to glory, even as by the Spirit of the Lord. 2 cor.3 : 18しかし、私たちは皆、 beholdingを開けて顔をガラスのように、主の栄光を、同じイメージが変わるから栄光の栄光には、されるとしても、主の精神です。


Question 7. Whence then proceeds this depravity of human nature? 質問7 。収入でwhence次にこの人間の本性の堕落ですか?

Answer: From the fall and disobedience of our first parents, Adam and Eve, in Paradise; (a) hence our nature is become so corrupt, that we are all conceived and born in sin. 答:私たちの指示に従わないことから、秋の最初の両親とは、アダムとイブは、楽園; (する)従って私たちは、自然となるほど壊れている、と私たちはすべての罪に生まれると考えています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Genesis 3.創世記(する) 3 。 Rom.5:12 Wherefore, as by one man sin entered into the world, and death by sin; and so death passed upon all men, for that all have sinned: Rom.5:18 Therefore as by the offence of one judgment came upon all men to condemnation; even so by the righteousness of one the free gift came upon all men unto justification of life. rom.5 : 12何のために、一人の人間としての罪を入力すると、世界では、罪と死によって;と死を渡されるようにすべての男性には、そのすべては罪を犯しました: rom.5 : 18従って犯罪の一つとして判断される来たすべての人に非難をする;さえ正義のための1つによって、すべての人に景品に出くわしました。かれ名分の生活です。 Rom.5:19 For as by one man's disobedience many were made sinners, so by the obedience of one shall many be made righteous. rom.5 : 19ために一人の人間としての反抗された罪人の多くは、今では多くの1つに服従させる前に正しい。 (b) Ps.51:5 Behold, I was shapen in iniquity; and in sin did my mother conceive me. ( b )にps.51 : 5見よ、私は、不法行為形づくる;罪とは私の母は私を思い付く。 Gen.5:3 And Adam lived an hundred and thirty years, and begat a son in his own likeness, after his image; and called his name Seth: gen.5 : 3とアダムに住んで30年の100人と、息子begetの過去とは、自分自身の肖像は、彼のイメージをした後、彼の名前が呼ばれるとセス:


Question 8. Are we then so corrupt that we are wholly incapable of doing any good, and inclined to all wickedness? 質問8 。その後は、我々だから我々は完全に堕落して、何かいいの余地がないこと、およびすべての邪悪傾いているか?

Answer: Indeed we are; (a) except we are regenerated by the Spirit of God. 答:確かに我々は、 (ある)を除いて我々は神の御霊によって再生されます。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Gen.8:21 The imagination of man's heart is evil from his youth; John 3:6 That which is born of the flesh is flesh; and that which is born of the Spirit is spirit. (する) gen.8 : 21人間の想像力は幼少のころから心臓には悪;ジョン3時06分に生まれていることが、肉の肉;との精神というものが生まれるのは、精神です。 Gen.6:5 And GOD saw that the wickedness of man was great in the earth, and that every imagination of the thoughts of his heart was only evil continually. gen.6 : 5として邪悪の神を見た男は地球の偉大さ、そしてあらゆる想像して、自分の考えを絶えず心臓が悪いだけです。 Job 14:4 Who can bring a clean thing out of an unclean? 14 : 04人の雇用をもたらすことに不浄のうち、きれいなものですか? not one. 1つありません。 Job 15:14 What is man, that he should be clean? 15時14分の仕事は何です男は、きれいにしなければならないというのか。 and he which is born of a woman, that he should be righteous?そして彼はある女性が生まれるのは、彼はしなければならないが正しいですか? Job 15:16 How much more abominable and filthy is man, which drinketh iniquity like water? 15時16分の仕事がどのようにはるかに汚い極悪非道な男とは、どのような不法行為drinketh水ですか? Job 15:35 They conceive mischief, and bring forth vanity, and their belly prepareth deceit. 15時35分いたずらを思い付く彼らの仕事は、虚栄心をもたらすとは、自分の腹と欺瞞prepareth 。 Isa.53:6 All we like sheep have gone astray; we have turned every one to his own way; and the LORD hath laid on him the iniquity of us all. isa.53 : 6すべての羊のように我々を迷わせてしまった;ごとに1つの電源が入って我々は自分のやり方で;と、かれらの主のレイアウトして、彼は私たちの罪をすべてです。 (b) John 3:3 Jesus answered and said unto him, Verily, verily, I say unto thee, Except a man be born again, he cannot see the kingdom of God.ジョン3時03分( b )によると、イエスと答えたかれには、本当に、本当に、私は言うなたを除いて、一人の男として生まれる繰り返しますが、彼は神の王国を見ることはできません。 John 3:5 Jesus answered, Verily, verily, I say unto thee, Except a man be born of water and of the Spirit, he cannot enter into the kingdom of God.イエスと答えたジョン3時05分、本当に、本当に、私は言うなたを除いて、一人の男として生まれるとは、水の精霊は、彼のことはできませんが神の国に入る。 1 Cor.12:3 Wherefore I give you to understand, that no man speaking by the Spirit of God calleth Jesus accursed: and that no man can say that Jesus is the Lord, but by the Holy Ghost. 1 cor.12 : 3何のために私を与えることを理解し、それは誰に言えば神の御霊によってイエスcalleth呪わ:それは誰にもできないと言うことは、主イエスが、聖霊によってです。 2 Cor.3:5 Not that we are sufficient of ourselves to think any thing as of ourselves; but our sufficiency is of God; 2 cor.3 : 5そんなに私たちは自分自身を考えるのに十分なものとして任意の自分自身;しかし、私たちは、神の充足;


(week) 4. ( 1週間) 4 。 Lord's Day日曜日


Question 9. Does not God then do injustice to man, by requiring from him in his law, that which he cannot perform? 質問9 。ていない場合は不公平にならないように、神男は、必要とされていたから法では、彼はそれを実行することはできませんか?

Answer: Not at all; (a) for God made man capable of performing it; but man, by the instigation of the devil, (b) and his own wilful disobedience, (c) deprived himself and all his posterity of those divine gifts. 答:いいえ、全然; (する)ために神の前に男を行う能力があること;しかし、男は、悪魔の扇動によって、 ( b )及び自身の故意の不服従する、 ( c )奪われた自分自身と彼の子孫がそれらのすべての神の贈り物。

Footnotes脚注

(a) Eph.4:24 And that ye put on the new man, which after God is created in righteousness and true holiness. (する) eph.4 : 24と、なたがたには、新たな男で、これを作成した後で、神は真の正義とホーリネスです。 Eccl.7:29 Lo, this only have I found, that God hath made man upright; but they have sought out many inventions. eccl.7 : 29本当にこれだけ見つけたが、その神はかれらを前に真っすぐな男;だがかれらの多くの発明品が求められています。 (b) John 8:44 Ye are of your father the devil, and the lusts of your father ye will do. ( b )になたがたは、お客様の父ジョン8時44分、悪魔は、なたがたの父とは、お客様の私欲でもいいわ。 He was a murderer from the beginning, and abode not in the truth, because there is no truth in him.彼は初めから殺人犯との住まいではなく、真実は、真実ではないからだ。 When he speaketh a lie, he speaketh of his own: for he is a liar, and the father of it. speaketh彼はうそをついたとき、彼は彼自身のspeaketh :ために彼はうそつき、との父親のことです。 2 Cor.11:3 But I fear, lest by any means, as the serpent beguiled Eve through his subtilty, so your minds should be corrupted from the simplicity that is in Christ. 2 cor.11 : 3恐怖けど、記念石にかじりついても、自分としては蛇beguiledイヴsubtiltyを通じて、お客様の心にしなければならないので、簡単に破損されているから、キリストです。 Gen.3:4 And the serpent said unto the woman, Ye shall not surely die: (c) Gen.3:6 And when the woman saw that the tree was good for food, and that it was pleasant to the eyes, and a tree to be desired to make one wise, she took of the fruit thereof, and did eat, and gave also unto her husband with her; and he did eat. gen.3 : 4とヘビの女性によると、かれは、なたがたは必ず死ぬものではない: ( C参照) gen.3 : 6としてツリーを見たときは、その女性に良い食べ物、そしてそれが目に楽しい、と木を希望される1つの面では、彼女は、果物に関連して、食べるとは、かれと彼女の夫は彼女にも、そして、彼はそれを食べる。 Rom.5:12 Wherefore, as by one man sin entered into the world, and death by sin; and so death passed upon all men, for that all have sinned: Gen.3:13 And the LORD God said unto the woman, What is this that thou hast done? rom.5 : 12何のために、一人の人間としての罪を入力すると、世界では、罪と死によって;と死を渡されるようにすべての男性には、そのすべては罪を犯しました: gen.3 : 13主なる神とその女性によると、かれは、なた行わこのことは何ですか? And the woman said, The serpent beguiled me, and I did eat.そしてその女性によると、ヘビbeguiledてくれて、私は食べています。 1 Tim.2:13 For Adam was first formed, then Eve. 1 tim.2 : 13のアダムが最初に形成され、その後イヴ。 1 Tim.2:14 And Adam was not deceived, but the woman being deceived was in the transgression. 1 tim.2 : 14とアダムはだまされていないが、女性にだまされることは、罪だった。


Question 10. Will God suffer such disobedience and rebellion to go unpunished? 質問10 。神は、そのような反抗と反乱に苦しむ罰を免れるか?

Answer: By no means; but is terribly displeased (a) with our original as well as actual sins; and will punish them in his just judgment temporally and eternally, (b) as he has declared, "Cursed is every one that continueth not in all things, which are written in the book of the law, to do them." 答:ものではない;がひどく不快(する)だけでなく、実際に私たちの罪を元;とは、自分だけで判断して処罰する時間と永遠には、 ( b )に宣言したとして彼には、 "呪わごとに1つのことはないcontinuethすべてのもので、これは、この本で書かれては、法では、それらを行う"と述べた。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Gen.2:17 But of the tree of the knowledge of good and evil, thou shalt not eat of it: for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die. (する) gen.2 : 17だが、その木は、善と悪の知識は、なたは、それを食べない:あなたのために、その日のことeatestなたは必ず死ぬものです。 Rom.5:12 Wherefore, as by one man sin entered into the world, and death by sin; and so death passed upon all men, for that all have sinned: (b) Ps.5:5 The foolish shall not stand in thy sight: thou hatest all workers of iniquity. rom.5 : 12何のために、一人の人間としての罪を入力すると、世界では、罪と死によって;と死を渡されるようにすべての男性には、そのすべては罪を犯しました: ( b )にps.5 : 5スタンドでは愚かなものではないなたの光景:なたhatestすべての労働者の巣。 Ps.50:21 These things hast thou done, and I kept silence; thou thoughtest that I was altogether such an one as thyself: but I will reprove thee, and set them in order before thine eyes. ps.50 : 21なたは、このようなものを完了し、私の沈黙保管;なたthoughtest私は完全にそのようなことの一つとして自分自身:しかし、私は、なたを非難し、それらを設定するためにあなたの目の前です。 Nah.1:2 God is jealous, and the LORD revengeth; the LORD revengeth, and is furious; the LORD will take vengeance on his adversaries, and he reserveth wrath for his enemies. nah.1 : 2神は嫉妬して、そして、主のrevengeth ; revengeth主とは、猛烈な;の主は復讐して彼の敵を取る、と彼は怒りをreserveth彼の敵です。 Exod.20:5 Thou shalt not bow down thyself to them, nor serve them: for I the LORD thy God am a jealous God, visiting the iniquity of the fathers upon the children unto the third and fourth generation of them that hate me; Exod.34:7 Keeping mercy for thousands, forgiving iniquity and transgression and sin, and that will by no means clear the guilty; visiting the iniquity of the fathers upon the children, and upon the children's children, unto the third and to the fourth generation. exod.20 : 5なたは自分自身をたわませることはなく、またそれらサーブ:あなたの神、主のために私は、嫉妬深い神は、訪問中の巣の上には、父の3番目と4番目の世代の子供たちがかれかれらのこと嫌いな私; exod.34 : 7を維持するために数千人の慈悲、寛容に罪を罪と不法行為は、明確ではないとしては、罪を犯した;訪問中の巣の上には、父の子供たち、そして子供たちの子供たちには、かれの3番目と4番目に世代です。 Rom.1:18 For the wrath of God is revealed from heaven against all ungodliness and unrighteousness of men, who hold the truth in unrighteousness; Eph.5:6 Let no man deceive you with vain words: for because of these things cometh the wrath of God upon the children of disobedience. rom.1 : 18は、神の怒りは天からの啓示邪悪さと邪悪さをすべての人々に対して、真実を保留中の人の邪悪; eph.5 : 6せていないことに無駄な言葉を欺く男:ためにこのようなものが来るので、神の怒りの上の子供たちの反抗です。 Heb.9:27 And as it is appointed unto men once to die, but after this the judgment: (c) Deut.27:26 Cursed be he that confirmeth not all the words of this law to do them. heb.9 : 27とかれの男性として任命することは一度に死ぬが、この後の判断: ( C参照) deut.27 : 26呪われることconfirmeth彼の言葉は、この法律のすべてのことを行う。 And all the people shall say, Amen.とは、すべての人々によれば、アーメン。 Gal.3:10 For as many as are of the works of the law are under the curse: for it is written, Cursed is every one that continueth not in all things which are written in the book of the law to do them. gal.3 : 10ためには、できるだけ多くの作品としては、法の下の呪い:ために書かれたことは、呪わはないcontinuethごとに1つのことが書かれているものはすべてこの本は、法の趣旨にしてください。


Question 11. Is not God then also merciful? 質問11 。その後も慈悲深き神ではありませんか?

Answer: God is indeed merciful, (a) but also just; (b) therefore his justice requires, that sin which is committed against the most high majesty of God, be also punished with extreme, that is, with everlasting punishment of body and soul. 答:確かに慈悲深き神は、 (する)だけでなく、 ( b )に自分の正義が必要したがって、これは罪にコミットして、最も高い神の威光に対しては、極端にしても罰せられる、それは、永遠の懲罰をして体と魂。

Footnotes脚注

(a) Exod.34:6 And the LORD passed by before him, and proclaimed, The LORD, The LORD God, merciful and gracious, longsuffering, and abundant in goodness and truth, Exod.34:7 Keeping mercy for thousands, forgiving iniquity and transgression and sin, and that will by no means clear the guilty; visiting the iniquity of the fathers upon the children, and upon the children's children, unto the third and to the fourth generation. (する) exod.34 : 6と、彼の目の前を通過したの主、と宣言は、主に、主なる神は、慈悲深いと優雅、 longsuffering 、善と真実と豊富に含まれ、 exod.34 : 7を維持するために数千人の慈悲、寛容に邪悪と罪の罪とし、明確ではないことは、罪を犯した;訪問中の巣の上には、父の子供たち、そして子供たちの子供たちには、かれの第3 、第4世代としています。 Exod.20:6 And shewing mercy unto thousands of them that love me, and keep my commandments. exod.20 : 6として何千人ものshewing 、かれの慈悲を愛してくれて、私の戒めておく。 (b) Ps.7:9 Oh let the wickedness of the wicked come to an end; but establish the just: for the righteous God trieth the hearts and reins. ( b )にps.7 : 9呉は、邪悪な邪悪させてから、終わる;しかし確立するだけ:正義のために、神の心と手綱を試みています。 Exod.20:5 Thou shalt not bow down thyself to them, nor serve them: for I the LORD thy God am a jealous God, visiting the iniquity of the fathers upon the children unto the third and fourth generation of them that hate me; Exod.23:7 Keep thee far from a false matter; and the innocent and righteous slay thou not: for I will not justify the wicked. exod.20 : 5なたは自分自身をたわませることはなく、またそれらサーブ:あなたの神、主のために私は、嫉妬深い神は、訪問中の巣の上には、父の3番目と4番目の世代の子供たちがかれかれらのこと嫌いな私; exod.23 : 7保つなたには程遠いという誤った事;と無実と正義のなたを殺していない:私はそれを正当化するために、邪悪な。 Exod.34:7 Keeping mercy for thousands, forgiving iniquity and transgression and sin, and that will by no means clear the guilty; visiting the iniquity of the fathers upon the children, and upon the children's children, unto the third and to the fourth generation. exod.34 : 7を維持するために数千人の慈悲、寛容に罪を罪と不法行為は、明確ではないとしては、罪を犯した;訪問中の巣の上には、父の子供たち、そして子供たちの子供たちには、かれの3番目と4番目に世代です。 Ps.5:5 The foolish shall not stand in thy sight: thou hatest all workers of iniquity. ps.5 : 5なたは愚かなものではない光景に立つ:なたhatestすべての労働者の巣。 Ps.5:6 Thou shalt destroy them that speak leasing: the LORD will abhor the bloody and deceitful man. ps.5 : 6なたはそれらを破壊することを話すリース:主は、実のない男と憎悪の流血。 Nah.1:2 God is jealous, and the LORD revengeth; the LORD revengeth, and is furious; the LORD will take vengeance on his adversaries, and he reserveth wrath for his enemies. nah.1 : 2神は嫉妬して、そして、主のrevengeth ; revengeth主とは、猛烈な;の主は復讐して彼の敵を取る、と彼は怒りをreserveth彼の敵です。 Nah.1:3 The LORD is slow to anger, and great in power, and will not at all acquit the wicked: the LORD hath his way in the whirlwind and in the storm, and the clouds are the dust of his feet. nah.1 : 3の怒りの主は、ゆっくりと、そして大きな権力の座には、すべて無罪とは、邪悪なことはありません:彼のやり方は、かれらの主は、嵐の旋風とは、ほこりや雲が、彼の足です。


The Second Part - Of Man's Deliverance第二部-の男の救出


(week) 5. ( 1週間) 5 。 Lord's Day日曜日


Question 12. Since then, by the righteous judgment of God, we deserve temporal and eternal punishment, is there no way by which we may escape that punishment, and be again received into favour? 質問12 。以来、正しい判断をされる神は、私たちと永遠の罰を受けるに値する側は、これによって我々の方法が全くないのかもしれません処罰を免れることは、再び受け取ったとされる賛成ですか?

Answer: God will have his justice satisfied: (a) and therefore we must make this full satisfaction, either by ourselves, or by another. 答:神は自分の正義を満たすこと: ( a )およびそのため、この完全な満足感をしなければならない我々は、どちらかは、自分自身が、あるいは別のです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Gen.2:17 But of the tree of the knowledge of good and evil, thou shalt not eat of it: for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die. (する) gen.2 : 17だが、その木は、善と悪の知識は、なたは、それを食べない:あなたのために、その日のことeatestなたは必ず死ぬものです。 Exod.20:5 Thou shalt not bow down thyself to them, nor serve them: for I the LORD thy God am a jealous God, visiting the iniquity of the fathers upon the children unto the third and fourth generation of them that hate me; Exod.23:7 Keep thee far from a false matter; and the innocent and righteous slay thou not: for I will not justify the wicked. exod.20 : 5なたは自分自身をたわませることはなく、またそれらサーブ:あなたの神、主のために私は、嫉妬深い神は、訪問中の巣の上には、父の3番目と4番目の世代の子供たちがかれかれらのこと嫌いな私; exod.23 : 7保つなたには程遠いという誤った事;と無実と正義のなたを殺していない:私はそれを正当化するために、邪悪な。 Ezek.18:4 Behold, all souls are mine; as the soul of the father, so also the soul of the son is mine: the soul that sinneth, it shall die. ezek.18 : 4見よ、すべての魂は、鉱山;としての魂は、父親は、息子のためにも、魂は、鉱山: sinneth魂が、それは死ぬ。 Matt.5:26 Verily I say unto thee, Thou shalt by no means come out thence, till thou hast paid the uttermost farthing. matt.5 : 26本当に私は言うなた、なたはそこから出てくるものではない、遠く離れたファージングまでの有給なた。 2 Thess.1:6 Seeing it is a righteous thing with God to recompense tribulation to them that trouble you; Luke 16:2 And he called him, and said unto him, How is it that I hear this of thee? 2 thess.1 : 6会いすることは、正しいことを神に試練をして報酬をしてトラブル;ルーク16 : 02と呼ばれる彼は彼に、そしてかれによると、どのようにしてこれを聞いて、なたですか? give an account of thy stewardship; for thou mayest be no longer steward.なたのアカウントを与えるの責務; mayestなたのために、もはやスチュワードです。 (b) Rom.8:3 For what the law could not do, in that it was weak through the flesh, God sending his own Son in the likeness of sinful flesh, and for sin, condemned sin in the flesh: Rom.8:4 That the righteousness of the law might be fulfilled in us, who walk not after the flesh, but after the Spirit. ( b )にrom.8 : 3ためにどのような法律ができなかったことは、それが弱い肉体を通して、神を送って、自分の息子が罪深い肉と偽って、罪とは、死刑囚の罪肉: rom.8 : 4は、同法の正義が果たされるかもしれませんが私たちは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。


Question 13. Can we ourselves then make this satisfaction? 質問13 。それから、私たち自身にこれを満足させることですか?

Answer: By no means; but on the contrary we daily increase our debt. 答:ものではない;しかし、逆に我々は、我々の日常の負債の増加です。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Job 9:2 I know it is so of a truth: but how should man be just with God? 9時02分(は)私の仕事は、真実を知っていることは今:しかし、男にだけして神にはどうすれば? Job 9:3 If he will contend with him, he cannot answer him one of a thousand. 9時03もし彼が仕事をして戦う彼は、彼は彼の1つに答えることはできません1000 。 Job 15:15 Behold, he putteth no trust in his saints; yea, the heavens are not clean in his sight.仕事を15時15見よ、彼は彼の信頼していないputteth聖人;いや、彼は、天ではないきれいな光景だ。 Job 15:16 How much more abominable and filthy is man, which drinketh iniquity like water? 15時16分の仕事がどのようにはるかに汚い極悪非道な男とは、どのような不法行為drinketh水ですか? Job 4:18 Behold, he put no trust in his servants; and his angels he charged with folly: Job 4:19 How much less in them that dwell in houses of clay, whose foundation is in the dust, which are crushed before the moth?仕事4時18見よ、彼に信頼していないしも;天使たちが彼と彼の罪で起訴さ愚行: 4時19分の仕事がどのようにしてはるかに少ないのもそこに住む住宅粘土、その基金は、ほこり、これは、その前に押しつぶさ蛾ですか? Ps.130:3 If thou, LORD, shouldest mark iniquities, O Lord, who shall stand? ps.130 : 3もしあなたは、主よ、 shouldestマークiniquities 、主よ、人の立つものですか? Matt.6:12 And forgive us our debts, as we forgive our debtors. matt.6 : 12御赦しと私たちの借金は、我々の債務者としての我々を許す。 Matt.18:25 But forasmuch as he had not to pay, his lord commanded him to be sold, and his wife, and children, and all that he had, and payment to be made. matt.18 : 25 〜であるしかし、彼はこれを支払わないことは、自分の主を命じられた彼が売られる、と彼の妻、そして子供たち、そして彼はすべてのこと、とされる前にお支払いください。 Matt.16:26 For what is a man profited, if he shall gain the whole world, and lose his own soul? matt.16 : 26ためにどのような利益を得た一人の男が、もし彼は、全世界のゲイン、そして彼自身の魂を失うか? or what shall a man give in exchange for his soul?あるいはどのような一人の男を与えるものと引き換えに彼の魂ですか?


Question 14. Can there be found anywhere, one, who is a mere creature, able to satisfy for us? 質問14 。発見されることがどこでも、 1つは、単なる生き物たちが、私たちを満足させることですか?

Answer: None; for, first, God will not punish any other creature for the sin which man has committed; (a) and further, no mere creature can sustain the burden of God's eternal wrath against sin, so as to deliver others from it. 答:なし;ためには、第一に、神はない、他の生き物を罰するために、罪の男がコミット;の( a )およびさらに、持続させることのない生き物単なる負担罪に対する神の永遠の怒りは、他人から届けるようにすること。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Ezek.18:4 Behold, all souls are mine; as the soul of the father, so also the soul of the son is mine: the soul that sinneth, it shall die. (する) ezek.18 : 4見よ、すべての魂は、鉱山;としての魂は、父親は、息子のためにも、魂は、鉱山: sinneth魂が、それは死ぬ。 Gen.3:17 And unto Adam he said, Because thou hast hearkened unto the voice of thy wife, and hast eaten of the tree, of which I commanded thee, saying, Thou shalt not eat of it: cursed is the ground for thy sake; in sorrow shalt thou eat of it all the days of thy life; Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; Heb.2:15 And deliver them who through fear of death were all their lifetime subject to bondage. gen.3 : 17アダムと彼によると、かれは、かれのためhearkenedなたの声なたの妻、そしてhast食べたのツリーで、なたに命じられたのがよい、と言って、なたは、それを食べない:呪わなたのためには、地面清酒;で悲しみをすれば、それを食べるなたなたのすべての日々の生活; heb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼は自分自身にも同様に参加したのと同じ;ことを通して彼の死を壊すかもしれないギフト死していたのパワー、それは、悪魔; heb.2 : 15人を通して、死の恐怖を配達していた彼らの生涯の対象となるすべてのボンデージ。 Heb.2:16 For verily he took not on him the nature of angels; but he took on him the seed of Abraham. heb.2 : 16していないために、彼は本当に彼の性格の天使;しかし、彼は彼のアブラハムの子孫です。 Heb.2:17 Wherefore in all things it behoved him to be made like unto his brethren, that he might be a merciful and faithful high priest in things pertaining to God, to make reconciliation for the sins of the people. heb.2 : 17何のために、すべてのことを彼にそれbehovedかれの兄弟のように前には、慈悲深いかもしれないが、彼は大祭司忠実に係るもので、神は、罪を作るために、国民の和解だ。 (b) Nah.1:6 Who can stand before his indignation? ( b )にnah.1 : 6人の前に立つ彼の憤りことですか? and who can abide in the fierceness of his anger?と人に従うことは、彼の怒りの激しさですか? his fury is poured out like fire, and the rocks are thrown down by him.彼のような怒りは火のように注ぎ出す、と彼の岩がスローダウンした。 Ps.130:3 If thou, LORD, shouldest mark iniquities, O Lord, who shall stand? ps.130 : 3もしあなたは、主よ、 shouldestマークiniquities 、主よ、人の立つものですか?


Question 15. What sort of a mediator and deliverer then must we seek for? 質問15 。メディエーターとはどのような種類の救世主次に我々を求める必要がありますか?

Answer: For one who is very man, and perfectly (a) righteous; (b) and yet more powerful than all creatures; that is, one who is also very God. 答:一人のためには非常に男は、正義と完璧( ) ; ( b )にしていないすべての生き物よりももっと強力な;ことは、誰も非常に神の1つです。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.15:21 For since by man came death, by man came also the resurrection of the dead. (する) 1 cor.15 : 21ために来て以来の男の死によって、復活された男は、死んでも来ています。 Jer.33:16 In those days shall Judah be saved, and Jerusalem shall dwell safely: and this is the name wherewith she shall be called, The LORD our righteousness. jer.33 : 16日間では、これらのユダに保存し、安全にエルサレムに住む者:ており、これが何で彼女の名前を呼ばれるものは、我々の正義の主。 Isa.53:9 And he made his grave with the wicked, and with the rich in his death; because he had done no violence, neither was any deceit in his mouth. isa.53 : 9として邪悪な彼のおかげで彼の墓は、彼の死に富んでいるとして;なぜなら、彼がしたことない暴力には、どちらも任意の欺瞞を口にくわえていた。 2 Cor.5:21 For he hath made him to be sin for us, who knew no sin; that we might be made the righteousness of God in him. 2 cor.5 : 21かれは彼のために罪のために私たちは、罪のない人を知っていた;かもしれないが我々の前に神の正義を示しています。 (b) Heb.7:26 For such an high priest became us, who is holy, harmless, undefiled, separate from sinners, and made higher than the heavens; Heb.7:16 Who is made, not after the law of a carnal commandment, but after the power of an endless life. ( b )にheb.7 : 26ために私たちがこのような大祭司、聖なる者は、無害、 undefiled 、罪人は別に、前よりも高いとは、天; heb.7 : 16人が前にではなく、後には、同法肉欲の命令ではなく、後には、無限の生命力です。 (c) Isa.7:14 Therefore the Lord himself shall give you a sign; Behold, a virgin shall conceive, and bear a son, and shall call his name Immanuel. ( C参照) isa.7 : 14したがって、主ご自身に署名させることができるもの;見よ、処女を思い付くものは、息子とクマは、彼の名前を呼ぶとイマニュエルものです。 Isa.9:6 For unto us a child is born, unto us a son is given: and the government shall be upon his shoulder: and his name shall be called Wonderful, Counsellor, The mighty God, The everlasting Father, The Prince of Peace. isa.9 : 6わたしたちのために生まれた子供には、わたしたちに与えられたの息子は:時には、政府と肩:素晴らしいと呼ばれる彼の名前は、カウンセラーは、偉大な神は、永遠の父は、プリンスオブ平和です。 Rom.9:5 Whose are the fathers, and of whom as concerning the flesh Christ came, who is over all, God blessed for ever. rom.9 : 5者は、父親のは、人とキリストの肉に関する来たとしては、すべての人が終わって、神の祝福ではない。 Amen.アーメン。 Jer.23:5 Behold, the days come, saith the LORD, that I will raise unto David a righteous Branch, and a King shall reign and prosper, and shall execute judgment and justice in the earth. jer.23 : 5見よ、この日来、言うの主は、かれのデビッドにして、私は正義の枝を上げると、王の治世とプロスパーは、判断力と正義とは、土の中で実行しています。 Jer.23:6 In his days Judah shall be saved, and Israel shall dwell safely: and this is his name whereby he shall be called, THE LORD OUR RIGHTEOUSNESS. jer.23 : 6日間に彼は、ユダに保存し、イスラエルの安全に住む者:ており、これが彼の名前が呼ばれるものでは彼は、私たちの主義。 Luke 11:22 But when a stronger than he (a stromg man armed) shall come upon him, and overcome him, he taketh from him all his armour wherein he trusted, and divideth his spoils.ルカ11:22しかし、彼よりも強いとき( stromg武装した男)は、来る時彼は、彼を克服すると、彼は彼のすべての武具takethから信頼されてそこに彼は、彼の戦利品やdivideth 。


(week) 6. ( 1週間) 6 。 Lord's Day日曜日


Question 16. Why must he be very man, and also perfectly righteous? 質問16 。なぜ彼が非常にしなければ男で、また完全に正しいですか?

Answer: Because the justice of God requires that the same human nature which has sinned, should likewise make satisfaction for sin; (a) and one, who is himself a sinner, cannot satisfy for others. 答:神の正義のためには、同じ人間の本性を要求してきたsinned 、同様には、罪を満足させるために、 ( a )および1つは、罪人たちは、自分自身には、他人のために満足させることはできません。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Ezek.18:4 Behold, all souls are mine; as the soul of the father, so also the soul of the son is mine: the soul that sinneth, it shall die. (する) ezek.18 : 4見よ、すべての魂は、鉱山;としての魂は、父親は、息子のためにも、魂は、鉱山: sinneth魂が、それは死ぬ。 Ezek.18:20 The soul that sinneth, it shall die. ezek.18 : 20 、 sinneth魂が、それは死ぬ。 The son shall not bear the iniquity of the father, neither shall the father bear the iniquity of the son: the righteousness of the righteous shall be upon him, and the wickedness of the wicked shall be upon him.クマの巣のものではない息子は、父親は、どちらも父親は、息子のクマの巣:正義は、正義の時は、彼には、邪悪と彼は、邪悪なものにする。 Rom.5:12 Wherefore, as by one man sin entered into the world, and death by sin; and so death passed upon all men, for that all have sinned: Rom.5:15 But not as the offence, so also is the free gift. rom.5 : 12何のために、一人の人間としての罪を入力すると、世界では、罪と死によって;と死を渡されるようにすべての男性には、そのすべては罪を犯しました: rom.5 : 15はなく、犯罪としては、今でもの景品です。 For if through the offence of one many be dead, much more the grace of God, and the gift by grace, which is by one man, Jesus Christ, hath abounded unto many.オフェンスのための1つの場合を通じて、多くの死者が、はるかに神の恩寵は、プレゼントされた優雅さと、これは一人の人間で、イエスキリストは、かれらの多くaboundedでる。 Rom.5:18 Therefore as by the offence of one judgment came upon all men to condemnation; even so by the righteousness of one the free gift came upon all men unto justification of life. rom.5 : 18従って犯罪の一つとして判断されるすべての人に非難を見掛けました;さえ正義のための1つによって、すべての人に景品に出くわしました。かれ名分の生活です。 1 Cor.15:21 For since by man came death, by man came also the resurrection of the dead. 1 cor.15 : 21ために来て以来の男の死によって、復活された男は、死んでも来ています。 Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; Heb.2:15 And deliver them who through fear of death were all their lifetime subject to bondage. heb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼は自分自身にも同様に参加したのと同じ;ことを通して彼の死を破壊していたかもしれない彼の死の力、つまり、悪魔; heb.2 : 15人を通して、死の恐怖を配達していた彼らの生涯の対象となるすべてのボンデージ。 Heb.2:16 For verily he took not on him the nature of angels; but he took on him the seed of Abraham. heb.2 : 16していないために、彼は本当に彼の性格の天使;しかし、彼は彼のアブラハムの子孫です。 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: Isa.53:3 He is despised and rejected of men; a man of sorrows, and acquainted with grief: and we hid as it were our faces from him; he was despised, and we esteemed him not. 1 pet.3 : 18キリストのために苦しんで一度もかれらを罪のために、念のために不当な、と彼は私たちに神をもたらすかもしれない、というの死肉を入れるが、その精神をquickened : isa.53 : 3彼は軽蔑と拒否された男性;一人の男の悲しみは、悲しみと面識がある:そして我々は我々の顔を隠してから、彼として;彼は軽蔑し、我々は彼を尊敬します。 Isa.53:4 Surely he hath borne our griefs, and carried our sorrows: yet we did esteem him stricken, smitten of God, and afflicted. isa.53 : 4確かに私たちの負担分かちかれは、私たちの悲しみと運ば:まだ我々は彼を尊敬手負いのは、神の殴られた、と悩む。 Isa.53:5 But he was wounded for our transgressions, he was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon him; and with his stripes we are healed. isa.53 : 5しかし、彼は私たちの負傷のためtransgressions 、彼は私たちのために傷ついたiniquities :私たちの平和へのせっかん時は彼と彼のストライプ我々は治癒している。 Isa.53:10 Yet it pleased the LORD to bruise him; he hath put him to grief: when thou shalt make his soul an offering for sin, he shall see his seed, he shall prolong his days, and the pleasure of the LORD shall prosper in his hand. isa.53 : 10主に満足していないことを彼にあざ;かれ彼に悲しみを置く:なたは作るときに自分の魂のために罪を提供し、彼は、彼の種子を参照して、彼は、彼の時代を長引かせる、との主の御喜び栄えるものを手にした。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 (b) Heb.7:26 For such an high priest became us, who is holy, harmless, undefiled, separate from sinners, and made higher than the heavens; Heb.7:27 Who needeth not daily, as those high priests, to offer up sacrifice, first for his own sins, and then for the people's: for this he did once, when he offered up himself. ( b )にheb.7 : 26ために私たちがこのような大祭司、聖なる者は、無害、 undefiled 、罪人は別に、前よりも高いとは、天; heb.7 : 27人needethない毎日、それらの高いプリーストとしては、を提供して犠牲には、まず自分の罪のため、そして人々のために:このため、彼はそれを一度で、それは彼自身を提供する。 Ps.49:7 None of them can by any means redeem his brother, nor give to God a ransom for him: Ps.49:8 (For the redemption of their soul is precious, and it ceaseth for ever:) 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: ps.49 : 7なしできるプロモーションコードを石にかじりついても、弟は、神の身代金を与えるためにも彼: ps.49 : 8 (償還のために自分の魂は貴重な、そしてそれは永遠にceaseth : ) 1ペットです。キリストのために苦しんで3時18分に1回にもかれらの罪のために、念のために不当な、と彼は私たちに神をもたらすかもしれない、というの死肉を入れるが、その精神をquickened :


Question 17. Why must he in one person be also very God? 質問17 。なぜ彼は、一人の人間でもしなければ非常に神ですか?

Answer: That he might, by the power of his Godhead (a) sustain in his human nature, (b) the burden of God's wrath; (c) and might obtain for, and restore to us, righteousness and life. 答:彼かもしれないが、彼の力を神格(する)彼の人間の本性を維持する、 ( b )には、神の怒りを負担する、 ( c )及び取得のためかもしれない、と復元、私たちにとっては、正義と生活。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Isa.9:6 For unto us a child is born, unto us a son is given: and the government shall be upon his shoulder: and his name shall be called Wonderful, Counsellor, The mighty God, The everlasting Father, The Prince of Peace. (する) isa.9 : 6わたしたちのために生まれた子供には、わたしたちに与えられたの息子は:時には、政府と肩:素晴らしいと呼ばれる彼の名前は、カウンセラーは、偉大な神は、永遠の父、平和の王子です。 Isa.63:3 I have trodden the winepress alone; and of the people there was none with me: for I will tread them in mine anger, and trample them in my fury; and their blood shall be sprinkled upon my garments, and I will stain all my raiment. isa.63 : 3私は、踏まれただけでwinepress ;があったとは、人々が私にはなし:トレッドかれらのために、私は鉱山の怒り、そしてそれらを踏みにじるマイフューリー;血液とその時は、私の衣類に振りかけた、と私染色は、すべて私の衣装です。 (b) Isa.53:4 Surely he hath borne our griefs, and carried our sorrows: yet we did esteem him stricken, smitten of God, and afflicted. ( b )にisa.53 : 4確かに私たちの負担分かちかれは、私たちの悲しみと運ば:まだ我々は彼を尊敬手負いのは、神の殴られた、と悩む。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 (c) Deut.4:24 For the LORD thy God is a consuming fire, even a jealous God. ( C参照) deut.4 : 24なたの神、主のためには、消費火災は、嫉妬深い神でもある。 Nah.1:6 Who can stand before his indignation? nah.1 : 6人の前に立つ彼の憤りことですか? and who can abide in the fierceness of his anger?と人に従うことは、彼の怒りの激しさですか? his fury is poured out like fire, and the rocks are thrown down by him.彼のような怒りは火のように注ぎ出す、と彼の岩がスローダウンした。 Ps.130:3 If thou, LORD, shouldest mark iniquities, O Lord, who shall stand? ps.130 : 3もしあなたは、主よ、 shouldestマークiniquities 、主よ、人の立つものですか? (d) Isa.53:5 But he was wounded for our transgressions, he was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon him; and with his stripes we are healed. (民主党) isa.53 : 5しかし、彼は私たちの負傷のためtransgressions 、彼は私たちのために傷ついたiniquities :私たちの平和へのせっかん時は彼と彼のストライプ我々は治癒している。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 Acts 2:24 Whom God hath raised up, having loosed the pains of death: because it was not possible that he should be holden of it.かれらの行為甦る2時24分神は、死の痛みが増し:ではない可能性があるので、彼はホールデンしなければならないのだ。 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: John 3:16 For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life. 1 pet.3 : 18キリストのために苦しんで一度もかれらを罪のために、念のために不当な、と彼は私たちに神をもたらすかもしれない、というの死肉を入れるが、その精神をquickened :ジョン3時16分、神のために世界で愛され、生まれただけで、彼は彼の息子、それが誰でも彼を信じてはいけない滅び、来世でもある。 Acts 20:28 Take heed therefore unto yourselves, and to all the flock, over the which the Holy Ghost hath made you overseers, to feed the church of God, which he hath purchased with his own blood. 20時28分留意する行為したがって、かれ自身、およびすべての群れには、聖霊の上にかれらを監視前には、神の教会を送り、かれが、自分の血を購入しています。 John 1:4 In him was life; and the life was the light of men. 1時04分には、彼の人生のジョン;と、人生は、光の男性です。


Question 18. Who then is that Mediator, who is in one person both very God, (a) and a real (b) righteous man? 質問18 。メディエーターのは、当時の人は、誰一人の人間の両方で非常に神は、 ( a )および( b )に本当の正義の男ですか? (c) ( C参照)

Answer: Our Lord Jesus Christ: (d) "who of God is made unto us wisdom, and righteousness, and sanctification, and redemption." 答:私たちの主イエスキリスト: (民主党) "の人の前に、神はわたしたちの知恵と正義、および神聖化、および償還です。 " (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) 1 John 5:20 And we know that the Son of God is come, and hath given us an understanding, that we may know him that is true, and we are in him that is true, even in his Son Jesus Christ. 5時20分( ) 1ジョンの息子であることが分かっているとは、神にもなれば、かれらの理解を与えられた私たちは、私たちが彼を知っていることが事実であれば、彼と私たちは、それが本当なら、彼の息子でもイエスキリスト。 This is the true God, and eternal life.これは、真の神様と、永遠の命です。 Rom.9:5 Whose are the fathers, and of whom as concerning the flesh Christ came, who is over all, God blessed for ever. rom.9 : 5者は、父親のは、人とキリストの肉に関する来たとしては、すべての人が終わって、神の祝福ではない。 Amen.アーメン。 Rom.8:3 For what the law could not do, in that it was weak through the flesh, God sending his own Son in the likeness of sinful flesh, and for sin, condemned sin in the flesh: Gal.4:4 But when the fulness of the time was come, God sent forth his Son, made of a woman, made under the law, Isa.9:6 For unto us a child is born, unto us a son is given: and the government shall be upon his shoulder: and his name shall be called Wonderful, Counsellor, The mighty God, The everlasting Father, The Prince of Peace. rom.8 : 3ためにどのような法律ができなかったことは、それが弱い肉体を通して、神を送って、自分の息子が罪深い肉と偽って、罪とは、死刑囚の罪肉: gal.4 : 4しかし、 fulnessときには、時間が来るのは、神の遣わした息子は、前の女性には、法の下の前に、 isa.9 : 6わたしたちのために生まれた子供には、わたしたちの息子が指定さ:れると、政府は、彼の肩に:素晴らしいと呼ばれる彼の名前は、カウンセラーは、偉大な神は、永遠の父、平和の王子です。 Jer.23:6 In his days Judah shall be saved, and Israel shall dwell safely: and this is his name whereby he shall be called, THE LORD OUR RIGHTEOUSNESS. jer.23 : 6日間に彼は、ユダに保存し、イスラエルの安全に住む者:ており、これが彼の名前が呼ばれるものでは彼は、私たちの主義。 Mal.3:1 Behold, I will send my messenger, and he shall prepare the way before me: and the Lord, whom ye seek, shall suddenly come to his temple, even the messenger of the covenant, whom ye delight in: behold, he shall come, saith the LORD of hosts. mal.3 : 1見よ、私は私のメッセンジャーを送信する、と彼は、私の前の道を準備:そして、主は、なたがたが求める、寺には彼が突然来て、使徒の約束でも、なたがたが喜び:見よ! 、彼は来るものは、ホストの主は言う。 (b) Luke 1:42 And she (Elisabeth) spake out with a loud voice, and said, Blessed art thou (Mary) among women, and blessed is the fruit of thy womb. ( b )にルークと彼女は午前1時42分(エリザベート) speakの過去アウトして大声では、と氏は、祝福なた(メアリー)の女性の間では、果物とは、なたの子宮に恵まれています。 Luke 2:6 And so it was, that, while they were there, the days were accomplished that she should be delivered.ルークと2時06分だったので、それは、かれらはその中には、その日には彼女が成し遂げ配達しなければならない。 Luke 2:7 And she brought forth her firstborn son, and wrapped him in swaddling clothes, and laid him in a manger; because there was no room for them in the inn.ルーク2時07甦ら彼女の長男と彼女は、彼には、産着にくるまれた、およびレイアウト彼には、マンガー;余地がなかったため、かれらは、旅館です。 Rom.1:3 Concerning his Son Jesus Christ our Lord, which was made of the seed of David according to the flesh; Rom.9:5 Whose are the fathers, and of whom as concerning the flesh Christ came, who is over all, God blessed for ever. rom.1 : 3に関する私たちの主イエスキリストの息子、これは前には、種子のデービッドによると、肉; rom.9 : 5者は、父親のは、人とキリストの肉に関する来たとしては、すべての人が終わっては、神の祝福ではない。 Amen.アーメン。 Philip.2:7 But made himself of no reputation, and took upon him the form of a servant, and was made in the likeness of men: Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; Heb.2:16 For verily he took not on him the nature of angels; but he took on him the seed of Abraham. philip.2 : 7しかし前評判を自分自身ではない、と彼は時の使用人の形で、似ているとは前には、男性: heb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼はまた、同様に彼自身が参加したのと同じ;ことを通して彼の死を破壊していたかもしれない彼の死の力、つまり、悪魔; heb.2 : 16していないために、彼は本当に彼の性格の天使;しかし、彼は彼のアブラハムの子孫のです。 Heb.2:17 Wherefore in all things it behoved him to be made like unto his brethren, that he might be a merciful and faithful high priest in things pertaining to God, to make reconciliation for the sins of the people. heb.2 : 17何のために、すべてのことを彼にそれbehovedかれの兄弟のように前には、慈悲深いかもしれないが、彼は大祭司忠実に係るもので、神は、罪を作るために、国民の和解だ。 Heb.4:15 For we have not an high priest which cannot be touched with the feeling of our infirmities; but was in all points tempted like as we are, yet without sin. heb.4 : 15大祭司のために行っていないことはできませんが、私たちの弱さに触れて、感じて;だったが、誘惑のように、すべてのポイントとして我々は、まだ罪なし。 (c) Isa.53:9 And he made his grave with the wicked, and with the rich in his death; because he had done no violence, neither was any deceit in his mouth. ( C参照) isa.53 : 9として邪悪な彼のおかげで彼の墓は、彼の死に富んでいるとして;なぜなら、彼がしたことない暴力には、どちらも任意の欺瞞を口にくわえていた。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 Jer.23:5 Behold, the days come, saith the LORD, that I will raise unto David a righteous Branch, and a King shall reign and prosper, and shall execute judgment and justice in the earth. jer.23 : 5見よ、この日来、言うの主は、かれのデビッドにして、私は正義の枝を上げると、王の治世とプロスパーは、判断力と正義とは、土の中で実行しています。 Luke 1:35 And the angel answered and said unto her, The Holy Ghost shall come upon thee, and the power of the Highest shall overshadow thee: therefore also that holy thing which shall be born of thee shall be called the Son of God. 1時35分、ルークと答えた天使と彼女によると、かれは、なたを襲う聖霊は、最も高いもので、電源の影なた:そのためにも神聖なものには、なたを持って生まれるのは、神の御子と呼ばれる。 John 8:46 Which of you convinceth me of sin? 8時46分にジョンconvinceth私の罪のうちどれですか? And if I say the truth, why do ye not believe me?もし私が真実を言うと、どうしてなたがたは信じないのですか? Heb.4:15 For we have not an high priest which cannot be touched with the feeling of our infirmities; but was in all points tempted like as we are, yet without sin. heb.4 : 15大祭司のために行っていないことはできませんが、私たちの弱さに触れて、感じて;だったが、誘惑のように、すべてのポイントとして我々は、まだ罪なし。 Heb.7:26 For such an high priest became us, who is holy, harmless, undefiled, separate from sinners, and made higher than the heavens; 1 Pet.1:19 But with the precious blood of Christ, as of a lamb without blemish and without spot: 1 Pet.2:22 Who did no sin, neither was guile found in his mouth: 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: (d) 1 Tim.2:5 For there is one God, and one mediator between God and men, the man Christ Jesus; Heb.2:9 But we see Jesus, who was made a little lower than the angels for the suffering of death, crowned with glory and honour; that he by the grace of God should taste death for every man. heb.7 : 26ために私たちがこのような大祭司、聖なる者は、無害、 undefiled 、罪人は別に、前よりも高いとは、天; 1 pet.1 : 19しかし、キリストの貴重な血液は、子羊としては、なしなし汚点とスポット: 1 pet.2 : 22罪のない人は、どちらを口にくわえていたガイルが見つかりました: 1 pet.3 : 18キリストのために苦しんで一度もかれらを罪のために、念のために不当な、という可能性をもたらす私たちを神は、死には、肉を入れるが、その精神をquickened : (民主党) 1 tim.2 : 5ためには1つの神は、神と人間の間の仲介役と1つは、イエスキリストの男; heb.2 :しかし、我々を参照してください9イエスは、誰よりも低く少しは前に、天使たちは、死の苦しみは、名誉と栄光に包まれ、神の恵みによって彼の死は、すべての男の味です。 Matt.1:23 Behold, a virgin shall be with child, and shall bring forth a son, and they shall call his name Emmanuel, which being interpreted is, God with us. matt.1 : 23見よ、処女では、子供にして、息子をもたらすとは、彼の名前を呼ぶとエマニュエルかれらは、これに解釈するのは、神が私たちです。 1 Tim.3:16 And without controversy great is the mystery of godliness: God was manifest in the flesh, justified in the Spirit, seen of angels, preached unto the Gentiles, believed on in the world, received up into glory. 1 tim.3 : 16と論争なしでは、謎の偉大な神を敬う:マニフェストでは、神の肉は、正当化の精神で、天使たちに見られるのは、かれの説教gentiles 、と信じて、世界では、栄光を受けています。 Luke 2:11 For unto you is born this day in the city of David a Saviour, which is Christ the Lord.ルークは、午前2時11分に生まれたこの日のために、なたがたの町では、デビッド救い主、これは、主キリストです。 (e) 1 Cor.1:30 But of him are ye in Christ Jesus, who of God is made unto us wisdom, and righteousness, and sanctification, and redemption: ( E )の1 cor.1 : 30しかし、彼は、なたがたが、イエスキリストは、わたしたちが神の人の知恵と正義、および神聖化、および償還:


Question 19. Whence knowest thou this? 質問19 。なたでwhenceこのknowestですか?

Answer: From the holy gospel, which God himself first revealed in Paradise; (a) and afterwards published by the patriarchs (b) and prophets, (c) and represented by the sacrifices and other ceremonies of the law; (d) and lastly, has fulfilled it by his only begotten Son. 答:聖なる福音書からは、自分自身が神の啓示で最初の楽園;その後の( a )および( b )に公開されると預言patriarchsする、 ( c )と表される式典では、法律やその他の犠牲;そして最後に(民主党)は、彼が果たされることによってのみ生まれた息子がいます。 (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) Gen.3:15 And I will put enmity between thee and the woman, and between thy seed and her seed; it shall bruise thy head, and thou shalt bruise his heel. (する) gen.3 : 15と私の間には、なたに恨みと、女性は、彼女との間に、なたの種子や種子;それは、なたの頭部打撲、あざやなたは彼のかかと。 (b) Gen.22:18 And in thy seed shall all the nations of the earth be blessed; because thou hast obeyed my voice. ( b )にgen.22 : 18となたの種子では、地球のすべての民族を祝福される;なたので私の声に従った。 Gen.12:3 And I will bless them that bless thee, and curse him that curseth thee: and in thee shall all families of the earth be blessed. gen.12 : 3と、私は彼らを祝福して、なたを祝福し、彼のこと呪いcursethなた:なたものとは、地球上のすべてのご家族に恵まれています。 Gen.49:10 The sceptre shall not depart from Judah, nor a lawgiver from between his feet, until Shiloh come; and unto him shall the gathering of the people be. gen.49 : 10ユダのセプターを逸脱するものではない、自分の足の間からも、立法者は、シロまで来ると、かれには、人々の集まりだ。 Gen.49:11 Binding his foal unto the vine, and his ass's colt unto the choice vine; he washed his garments in wine, and his clothes in the blood of grapes: (c) Isaiah 53. gen.49 : 11結合彼の子馬のつるかれは、かれと彼の選択コルトロバのつる;彼は彼の衣類を洗って、ワインは、彼の服や血液中のブドウ: ( C参照)イザヤ書53 。 Isa.42:1 Behold my servant, whom I uphold; mine elect, in whom my soul delighteth; I have put my spirit upon him: he shall bring forth judgment to the Gentiles. isa.42 : 1見よ私の使用人は、私を支持;鉱山の選出は、私の魂は誰delighteth ;私は私の魂を入れるギフト:彼の判断をもたらすものgentiles 。 Isa.42:2 He shall not cry, nor lift up, nor cause his voice to be heard in the street. isa.42 : 2彼は泣くものではない、また持ち上げて、彼の声にも耳を引き起こすの通りです。 Isa.42:3 A bruised reed shall he not break, and the smoking flax shall he not quench: he shall bring forth judgment unto truth. isa.42 : 3には、彼は傷ついた葦を破るない、と彼は、亜麻喫煙しないクエンチ:彼は、かれの判断は、真実をもたらす。 Isa.42:4 He shall not fail nor be discouraged, till he have set judgment in the earth: and the isles shall wait for his law. isa.42 : 4彼は弱気になるものではないにも失敗した場合は、セットまでの彼の判断では、地球:そして、彼の法律の島々を待つものです。 Isa.43:25 I, even I, am he that blotteth out thy transgressions for mine own sake, and will not remember thy sins. isa.43 : 25私は、私でさえ、その時彼は鉱山blottethアウトtransgressionsなた自身のため、なたの罪とは覚えていない。 Isa.49:5 And now, saith the LORD that formed me from the womb to be his servant, to bring Jacob again to him, Though Israel be not gathered, yet shall I be glorious in the eyes of the LORD, and my God shall be my strength. isa.49 : 5そして今、僕は言うから、主に形成される彼の使用人の胎内から、再びジェイコブをもたらす彼には、イスラエルではない集まりましたかかわらず、まだ私には、主の栄光の目には、私の神私の強されるものです。 Isa.49:6 And he said, It is a light thing that thou shouldest be my servant to raise up the tribes of Jacob, and to restore the preserved of Israel: I will also give thee for a light to the Gentiles, that thou mayest be my salvation unto the end of the earth. isa.49 : 6 、彼によると、これは、光が私のことを使用人なたshouldestする部族のジェイコブを引き上げる、との保存に戻すには、イスラエル:私は、なたのためにも光を与えるgentiles 、なた救世mayestかれの終わりに私の地球です。 Isa.49:22 Thus saith the Lord GOD, Behold, I will lift up mine hand to the Gentiles, and set up my standard to the people: and they shall bring thy sons in their arms, and thy daughters shall be carried upon their shoulders. isa.49 : 22こうして、主の神を言うと、見よ、私は私の手を持ち上げるgentiles 、そして私の標準セットアップしている人:なたの息子で、かれらは自分の武器をもたらす、となたの娘を自分のものに運ば肩です。 Isa.49:23 And kings shall be thy nursing fathers, and their queens thy nursing mothers: they shall bow down to thee with their face toward the earth, and lick up the dust of thy feet; and thou shalt know that I am the LORD: for they shall not be ashamed that wait for me. isa.49 : 23とキングスは、看護師になたの祖先は、母親とその看護クイーンズなた:かれらは、なたをたわませる地球に向かって自分の顔をして、ほこりやなたの足なめつくす;となたは知っているけど、私は、主:ためのものではないことを恥じることで私を待っている。 Jer.23:5 Behold, the days come, saith the LORD, that I will raise unto David a righteous Branch, and a King shall reign and prosper, and shall execute judgment and justice in the earth. jer.23 : 5見よ、この日来、言うの主は、かれのデビッドにして、私は正義の枝を上げると、王の治世とプロスパーは、判断力と正義とは、土の中で実行しています。 Jer.23:6 In his days Judah shall be saved, and Israel shall dwell safely: and this is his name whereby he shall be called, THE LORD OUR RIGHTEOUSNESS. jer.23 : 6日間に彼は、ユダに保存し、イスラエルの安全に住む者:ており、これが彼の名前が呼ばれるものでは彼は、私たちの主義。 Jer.31:32 Not according to the covenant that I made with their fathers in the day that I took them by the hand to bring them out of the land of Egypt; which my covenant they brake, although I was an husband unto them, saith the LORD: Jer.31:33 But this shall be the covenant that I will make with the house of Israel; After those days, saith the LORD, I will put my law in their inward parts, and write it in their hearts; and will be their God, and they shall be my people. jer.31 : 32によると、契約していない私は、自分の父親にして、その日のことを私はかれらの手によって、かれらの土地のうち、エジプト;ブレーキが私の約束をかれらは、かれらにもかかわらず私は、夫には、主は言う: jer.31 : 33しかし、このことは、私に約束して家を作るのは、イスラエル;日後終了後にこれらは、主に言うのは、私は自分の内側の部分に私の法律では、との書き込みがそれを彼らの心;とは彼らの神は、かれらは、人々が私のです。 Jer.32:39 And I will give them one heart, and one way, that they may fear me for ever, for the good of them, and of their children after them: Jer.32:40 And I will make an everlasting covenant with them, that I will not turn away from them, to do them good; but I will put my fear in their hearts, that they shall not depart from me. jer.32 : 39あたえることが、私は1つの心臓とは、 1つの方法とは、私は永遠に恐れることが、かれらのために良いし、かれらの後に自分たちの子供: jer.32 : 40と私は永遠の誓約を行うをつけて、からして、私はそれをかれらが背き去っても、かれらには良い;しかし、私は自分の心の中に私の恐怖は、私を逸脱するものではないという。 Jer.32:41 Yea, I will rejoice over them to do them good, and I will plant them in this land assuredly with my whole heart and with my whole soul. jer.32 : 41いや、私はそれらを喜ぶオーバーして良いか、と私は、この土地を確かにしてプラント全体で私の心と魂を私の全体です。 Mic.7:18 Who is a God like unto thee, that pardoneth iniquity, and passeth by the transgression of the remnant of his heritage? mic.7 : 18人は、なたのように、神は、不法行為をpardoneth 、 passethされると彼の残留罪の遺産ですか? he retaineth not his anger for ever, because he delighteth in mercy.彼は彼の怒りは永遠にretainethない、なぜなら、彼は慈悲delighteth 。 Mic.7:19 He will turn again, he will have compassion upon us; he will subdue our iniquities; and thou wilt cast all their sins into the depths of the sea. mic.7 : 19番彼は再び、彼は私たちに思いやりの気持ちを持つ;彼は、私たちの征服iniquities ;となたキャスト彼らの罪をすべて海の深いところです。 Mic.7:20 Thou wilt perform the truth to Jacob, and the mercy to Abraham, which thou hast sworn unto our fathers from the days of old. mic.7 : 20なたを実行して真実をジェイコブは、アブラハムとのなすがままにして、私たちの祖先が、かれがなた宣誓昔からです。 Acts 10:43 To him give all the prophets witness, that through his name whosoever believeth in him shall receive remission of sins. 10:43彼を与える行為を目撃するすべての預言者は、自分の名前を介して誰でも彼を信じ、罪の赦しを受けるものです。 Rom.1:2 (Which he had promised afore by his prophets in the holy scriptures,) Heb.1:1 God, who at sundry times and in divers manners spake in time past unto the fathers by the prophets, Acts 3:22 For Moses truly said unto the fathers, A prophet shall the Lord your God raise up unto you of your brethren, like unto me; him shall ye hear in all things whatsoever he shall say unto you. rom.1 : 2 (船首に約束していた彼は、聖書の預言者) heb.1 : 1神は、誰とではダイバーのマナー諸口倍の時間speakの過去形で過去の預言者を、かれの父親は、午前3時22分行為本当にムーサーはかれによると、父親は、あなたの神、主は、預言者を甦らして、なたがたの兄弟は、わたしのように、彼には、なたがたにすべてのことを聞くと言うもの彼は、なたがたです。 Acts 3:23 And it shall come to pass, that every soul, which will not hear that prophet, shall be destroyed from among the people. 3時23行為と来るものを渡すことは、各人が、これを聞くことはない預言者は、人々の中から破棄されるものです。 Acts 3:24 Yea, and all the prophets from Samuel and those that follow after, as many as have spoken, have likewise foretold of these days. 3時24行為いや、およびすべての預言者の後に従うものとサミュエルからは、数が多いほど、話されては、これらの日前から予報も同様だ。 Acts 10:43 To him give all the prophets witness, that through his name whosoever believeth in him shall receive remission of sins. 10:43彼を与える行為を目撃するすべての預言者は、自分の名前を介して誰でも彼を信じ、罪の赦しを受けるものです。 John 5:46 For had ye believed Moses, ye would have believed me: for he wrote of me. 5時46分、なたがたのためと信じていたジョンムーサーよ、なたがたが信じて私:私は彼の書いた。 (d) Heb.10:1 For the law having a shadow of good things to come, and not the very image of the things, can never with those sacrifices which they offered year by year continually make the comers thereunto perfect. (民主党) heb.10 : 1を持つ同法の影の下に来る良いものではなく、非常にイメージは、物事は、彼らは絶対にして犠牲者を継続的に提供し、年を追うごとに来るthereunto完璧です。 Heb.10:7 Then said I, Lo, I come (in the volume of the book it is written of me,) to do thy will, O God. heb.10 : 7それから私によると、見よ、私来(ボリュームは、その本のことが書かしてくれて、 )を行うなたは、あぁ、神です。 Col.2:7 Rooted and built up in him, and stablished in the faith, as ye have been taught, abounding therein with thanksgiving. col.2 : 7根づいて組み立てられたとしていた、とstablishedの信仰は、なたがたが教えたとして、そこにたくさん感謝しています。 John 5:46 For had ye believed Moses, ye would have believed me: for he wrote of me. 5時46分、なたがたのためと信じていたジョンムーサーよ、なたがたが信じて私:私は彼の書いた。 (e) Rom.10:4 For Christ is the end of the law for righteousness to every one that believeth. ( E )のrom.10 : 4キリストのためには、正義のために同法の終わりごとに1つのことを信じています。 Gal.4:4 But when the fulness of the time was come, God sent forth his Son, made of a woman, made under the law, Gal.4:5 To redeem them that were under the law, that we might receive the adoption of sons. gal.4 : 4しかしfulnessときには、時間が来るのは、神の遣わした息子は、前の女性には、法の下の前に、 gal.4 : 5 〜プロモーションコードをしていた彼らは法の下で、私たちの可能性を受け取る養子縁組の息子です。 Gal.3:24 Wherefore the law was our schoolmaster to bring us unto Christ, that we might be justified by faith. gal.3 : 24何のためにこの法律は、私たちの校長を持ってかれキリスト私たちは、私たちの信仰正当化されるかもしれない。 Col.2:17 Which are a shadow of things to come; but the body is of Christ. col.2 : 17には、物事の影の下に来る;しかし、体は、キリストのだ。


(week) 7. ( 1週間) 7 。 Lord's Day日曜日


Question 20. Are all men then, as they perished in Adam, saved by Christ? 質問20 。その後は、すべての男性には、アダムと死んでは、保存されたキリストのですか?

Answer: No; (a) only those who are ingrafted into him, and, receive all his benefits, by a true faith. 答:いいえ; (する)のみをingraftedある人たちは彼を、そして、彼のすべての恩恵を受ける、真の信仰される。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Matt.7:14 Because strait is the gate, and narrow is the way, which leadeth unto life, and few there be that find it. (する) matt.7 : 14狭き門のため、そして狭い道は、人生を導くかれは、いくつかあるとされることを見つけることだ。 Matt.22:14 For many are called, but few are chosen. matt.22 : 14と呼ばれるために多くの人は、ほとんど誰もが選ばれた。 (b) Mark 16:16 He that believeth and is baptized shall be saved; but he that believeth not shall be damned. ( b )にマークして16時16分彼とは、バプテスマを受けて信仰者にも保存;しかし、彼を信じていないことにのろわれたものです。 John 1:12 But as many as received him, to them gave he power to become the sons of God, even to them that believe on his name: John 3:16 For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life.しかし、数が多いほど、 1時12分ジョン受け取った彼は、かれらに与えた彼の息子たちは、神の力になっても、それを信じるにして彼の名前:ジョン3時16分、神に愛され、世界だから、生まれただけで、彼は彼の息子、それは誰でも彼を信じてはいけない滅び、来世でもある。 John 3:18 He that believeth on him is not condemned: but he that believeth not is condemned already, because he hath not believed in the name of the only begotten Son of God.ジョン3時18分彼ではないことを信じて彼を非難:しかし、彼を信じていないことは、すでに死刑囚は、考えられていないため、かれの名の下に生まれた息子である神のみです。 John 3:36 He that believeth on the Son hath everlasting life: and he that believeth not the Son shall not see life; but the wrath of God abideth on him.ジョン3時36分彼は、息子のことを信じかれら来世:と彼の息子のことを信じていないものではない人生を参照してください; abidethしかし、神の怒りがあるだろう。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 Ps.2:12 Kiss the Son, lest he be angry, and ye perish from the way, when his wrath is kindled but a little. ps.2 : 12キスの息子、しないように彼に腹を立てることは、なたがたの道から消滅するとき、彼は怒りを少しでも点火。 Blessed are all they that put their trust in him.彼らはすべてのことを祝福に全幅の信頼をしていた。 Rom.11:17 And if some of the branches be broken off, and thou, being a wild olive tree, wert graffed in among them, and with them partakest of the root and fatness of the olive tree; Rom.11:19 Thou wilt say then, The branches were broken off, that I might be graffed in. Rom.11:20 Well; because of unbelief they were broken off, and thou standest by faith. rom.11 : 17と壊れている場合にいくつかの支店を切り、そしてあなたは、野生のオリーブの木が、このうちウェルトgraffedでは、かれらpartakestとして太っているのは、根とオリーブの木; rom.11 : 19なた萎凋病と言うその後、枝が破談になる、と私かもしれないgraffedインチrom.11 : 20井戸;破談になるかれらは不信心のために、そしてあなたの信仰standestされます。 Be not highminded, but fear: Rom.3:22 Even the righteousness of God which is by faith of Jesus Christ unto all and upon all them that believe: for there is no difference: Heb.4:2 For unto us was the gospel preached, as well as unto them: but the word preached did not profit them, not being mixed with faith in them that heard it. highmindedではないが、恐怖: rom.3 : 22神の正義でさえ、これは、かれのすべての信仰によって、イエスキリストを信じるとは、皆それ:ために違いはない: heb.4 : 2ためには、わたしたちの福音説教だけでなく、かれら:ワード説教しなかったが、かれらの利益ではなく、混合していることを信じていることを聞いた。 Heb.4:3 For we which have believed do enter into rest, as he said, As I have sworn in my wrath, if they shall enter into my rest: although the works were finished from the foundation of the world. heb.4 : 3ために我々が信じて休息に入ることに、彼は、私が就任の宣誓をするとして私の怒りは、もしかれらは私の休息に入る:工事が完了したにもかかわらず、同財団は、世界からです。 Heb.5:9 And being made perfect, he became the author of eternal salvation unto all them that obey him; Heb.10:39 But we are not of them who draw back unto perdition; but of them that believe to the saving of the soul. heb.5 : 9並製完璧とは、彼は、作者の永遠の救いになったかれに従うことをすべて彼; heb.10 : 39しかし、我々はそれらの人を引くのは、かれ破滅;しかし、かれらのことを信じるの節約魂。 Heb.11:6 But without faith it is impossible to please him: for he that cometh to God must believe that he is, and that he is a rewarder of them that diligently seek him. heb.11 : 6しかし、信仰なしには不可能であることを彼にしてください:彼が来るのを神のために必要と信じて彼は、彼はそれに向けて努力することを求めるかれらのrewarderギフトです。


Question 21. What is true faith? 質問21 。真の信仰は何ですか?

Answer: True faith is not only a certain knowledge, whereby I hold for truth all that God has revealed to us in his word, (a) but also an assured confidence, (b) which the Holy Ghost (c) works by the gospel in my heart; (d) that not only to others, but to me also, remission of sin, everlasting righteousness and salvation, (e) are freely given by God, merely of grace, only for the sake of Christ's merits. 答:真の信仰だけではない、特定の知識で、私の真実をすべて保持することを明らかにして私たちは神が彼の言葉は、安心(する)だけでなく、自信は、 ( b )には聖霊の福音の作品( C参照)インマイハート; ( d )にだけでなく、他には、しかし私にも、罪の赦し、永遠の救世正義とは、 ( E )のは、自由に与えられた神は、単にの恵みを受けて、キリストのためだけの長所がある。 (f) ( f )に

Footnotes脚注

(a) James 2:19 Thou believest that there is one God; thou doest well: the devils also believe, and tremble.ジェームズ2時19分(する) believestなたがあることを1つの神;なたdoest井戸:悪魔でも信じては、と震える。 (b) 2 Cor.4:13 We having the same spirit of faith, according as it is written, I believed, and therefore have I spoken; we also believe, and therefore speak; Eph.2:7 That in the ages to come he might shew the exceeding riches of his grace in his kindness toward us through Christ Jesus. ( b )に2 cor.4 : 13我々の精神と同じ信仰を持って、書面によるとそれは、私と考えられ、それゆえに私が話さ;我々も信じて、それゆえに話す; eph.2 : 7歳にしては、彼は来るかもしれない供え、彼の恵みの豊かさを超えて彼の優しさで、イエスキリストを通して私たちに向かっている。 Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: Eph.2:9 Not of works, lest any man should boast. eph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: eph.2 : 9いないの作品が、男は自慢しないようにする。 Eph.3:12 In whom we have boldness and access with confidence by the faith of him. eph.3 : 12 、我々は誰大胆さと自信を持ってアクセスされる彼の信仰です。 Gal.2:16 Knowing that a man is not justified by the works of the law, but by the faith of Jesus Christ, even we have believed in Jesus Christ, that we might be justified by the faith of Christ, and not by the works of the law: for by the works of the law shall no flesh be justified. gal.2 : 16一人の男ではないと知って、正当化される作品は、法律ではなく、イエスキリストの信仰は、イエスキリストを信じても我々は、正当化されるかもしれないが、私たちの信仰のキリストは、されるとは作品は、法の趣旨:作品のために同法によっても正当化肉はない。 Heb.11:1 Now faith is the substance of things hoped for, the evidence of things not seen. heb.11 : 1今は、その物質のことを望んで信仰のためには、その証拠を見たことない。 Heb.11:7 By faith Noah, being warned of God of things not seen as yet, moved with fear, prepared an ark to the saving of his house; by the which he condemned the world, and became heir of the righteousness which is by faith. heb.11 : 7信仰によってノアは、神のことを警告されていないと見られていない、恐怖に移動して、準備して保存する箱舟の彼の家;非難されるが、彼は世界では、相続人となったが、これは正義信仰された。 Heb.11:8 By faith Abraham, when he was called to go out into a place which he should after receive for an inheritance, obeyed; and he went out, not knowing whither he went. heb.11 : 8信仰によってアブラハムは、呼ばれるとき、彼はどの場所に行くのを受け取るために、彼は相続した後、言われたとおり;と出掛けた彼は、彼はどこに行ったのか分からずにいる。 Heb.11:9 By faith he sojourned in the land of promise, as in a strange country, dwelling in tabernacles with Isaac and Jacob, the heirs with him of the same promise: Heb.11:10 For he looked for a city which hath foundations, whose builder and maker is God. heb.11 : 9 sojourned信仰によって彼は約束された土地で、不思議の国のように、住居にしてtabernaclesアイザックとジェイコブは、その相続人は、彼と同じ約束: heb.11 : 10都市のために彼を探したかれらの基盤は、そのビルダーとは、神のメーカーです。 Heb.4:16 Let us therefore come boldly unto the throne of grace, that we may obtain mercy, and find grace to help in time of need. heb.4 : 16大胆に来てみましょうしたがって、かれの玉座の恵みを受けて、慈悲を取得する場合がありますが、時間を見つけるのに役立つの猶予をする必要があります。 James 1:6 But let him ask in faith, nothing wavering.しかし、彼に質問させ、ジェームズ1時06信仰は、何も揺らめく。 For he that wavereth is like a wave of the sea driven with the wind and tossed. waverethためには、彼が、海の波のように駆動して、風と揺られる。 Matt.16:17 And Jesus answered and said unto him, Blessed art thou, Simon Barjona: for flesh and blood hath not revealed it unto thee, but my Father which is in heaven. matt.16 : 17かれによると、イエスと答えて、なたを祝福、サイモンbarjona :血肉かれらはないことを明らかになたが、私の父が、天国です。 Philip.1:19 For I know that this shall turn to my salvation through your prayer, and the supply of the Spirit of Jesus Christ, Rom.4:17 (As it is written, I have made thee a father of many nations,) before him whom he believed, even God, who quickeneth the dead, and calleth those things which be not as though they were. philip.1 : 19ためにはこの限りでは承知して私の救いに救いを求める祈りを通してお客様、およびその供給は、イエスキリストの精神は、 rom.4 : 17 (として書かれたことは、私が前に、なたの父の多くの国では、 )の前に彼の心に適うと信じても、神は、死者の人の生は、それらのものではないとcalleth彼らはまるで。 Rom.4:21 And being fully persuaded that, what he had promised, he was able also to perform. rom.4 : 21十分に説得していると、彼がどのような約束は、彼にもを実行することができた。 Rom.5:1 Therefore being justified by faith, we have peace with God through our Lord Jesus Christ: Rom.1:16 For I am not ashamed of the gospel of Christ: for it is the power of God unto salvation to every one that believeth; to the Jew first, and also to the Greek. rom.5 : 1したがって信仰によって正当化され、我々は平和をわたしたちの主イエスキリストを通して神: rom.1 : 16恥じているのを私は、キリストの福音書:神のためにそれは、かれの電源をすべて1つの救世ことを信じ、ユダヤ人を第一に、ギリシャ語ともしています。 Rom.10:10 For with the heart man believeth unto righteousness; and with the mouth confession is made unto salvation. rom.10 : 10心臓の男を信じ、かれのために正義;と告白して口の中で、かれは救いだ。 Rom.10:17 So then faith cometh by hearing, and hearing by the word of God. rom.10 : 17だから次に来るのを聞いて信仰し、神のみことばを聞いている。 Rom.4:16 Therefore it is of faith, that it might be by grace; to the end the promise might be sure to all the seed; not to that only which is of the law, but to that also which is of the faith of Abraham; who is the father of us all, Rom.4:18 Who against hope believed in hope, that he might become the father of many nations, according to that which was spoken, So shall thy seed be. rom.4 : 16したがってこれは信仰は、それによって恵みかもしれない;の最後の約束を確実にすべての種子かもしれない;しないようにしては、これは法律だけではなく、これは、信仰してもアブラハム;者は、すべて私たちの父、 rom.4 : 18人に対する期待と信じて希望を持って、彼の父親の多くの国となるかもしれない、話されていたことによると、これは、なたの種子れる。 Rom.4:19 And being not weak in faith, he considered not his own body now dead, when he was about an hundred years old, neither yet the deadness of Sara's womb: Rom.4:20 He staggered not at the promise of God through unbelief; but was strong in faith, giving glory to God; Rom.3:24 Being justified freely by his grace through the redemption that is in Christ Jesus: Rom.3:25 Whom God hath set forth to be a propitiation through faith in his blood, to declare his righteousness for the remission of sins that are past, through the forbearance of God; (c) Gal.5:22 But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, longsuffering, gentleness, goodness, faith, Matt.16:17 And Jesus answered and said unto him, Blessed art thou, Simon Barjona: for flesh and blood hath not revealed it unto thee, but my Father which is in heaven. rom.4 : 19弱い信仰しきれていないと、彼は、自分の体を考えていない今すぐ死んで、あるとき、彼は約100年前ですが、どちらもまだ、死んで子宮のサラ: rom.4 : 20スタガードわけで、彼の約束不信仰によって神;だったが、強い信念では、神の栄光を与える; rom.3 : 24が正当化された彼の自由にされている償還猶予を通してイエスキリスト: rom.3 : 25神がかれらをなだめようを通じて定める彼の血を信じている、彼の正義のために宣言することは、過去の罪の赦し、神の忍耐を通して; gal.5 ( C参照) : 22しかし、果実の精神は愛、喜び、平和、 longsuffering 、優しさ、善良さは、信仰、 matt.16 : 17かれによると、イエスと答えて、なたを祝福、サイモンbarjona :血肉かれらはないことを明らかになたが、私の父が、天国です。 2 Cor.4:13 We having the same spirit of faith, according as it is written, I believed, and therefore have I spoken; we also believe, and therefore speak; John 6:29 Jesus answered and said unto them, This is the work of God, that ye believe on him whom he hath sent. 2 cor.4 : 13我々の精神と同じ信仰を持って、書面によるとそれは、私と考えられ、それゆえに私が話さ;我々も信じて、それゆえに話す;ジョン6時29分イエスと答えて、かれらによると、これは神の作品は、彼の心に適う、なたがたがかれらを送られると信じています。 Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: Philip.1:19 For I know that this shall turn to my salvation through your prayer, and the supply of the Spirit of Jesus Christ, Acts 16:14 And a certain woman named Lydia, a seller of purple, of the city of Thyatira, which worshipped God, heard us: whose heart the Lord opened, that she attended unto the things which were spoken of Paul. eph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: philip.1 : 19ためにはこの限りでは承知して私の救いに救いを求める祈りを通してお客様、およびその供給イエスキリストの精神は、 16時14分と、特定の行為リディアという名前の女性は、売り手の紫色のは、その都市のthyatiraのは、神を崇拝し、我々を聞いた:その心に、主の開けられると、かれは、彼女が出席していたことを話さのポールです。 (d) Rom.1:16 For I am not ashamed of the gospel of Christ: for it is the power of God unto salvation to every one that believeth; to the Jew first, and also to the Greek. (民主党) rom.1 : 16恥じているのを私は、キリストの福音書:神のためにそれは、電源ごとに1つのことを信じ、かれを救い;最初のユダヤ人には、ギリシャ語でもしています。 Rom.10:17 So then faith cometh by hearing, and hearing by the word of God. rom.10 : 17だから次に来るのを聞いて信仰し、神のみことばを聞いている。 1 Cor.1:21 For after that in the wisdom of God the world by wisdom knew not God, it pleased God by the foolishness of preaching to save them that believe. 1 cor.1 : 21を後にして、世界の英知によって神の知恵を知っていた神は、愚かされることに満足して、神の説教をして保存すると信じています。 Acts 10:44 While Peter yet spake these words, the Holy Ghost fell on all them which heard the word. speakの過去の行為10:44まだこれらの単語間のピーターは、聖霊の下落して、すべての言葉を聞いている。 Acts 16:14 And a certain woman named Lydia, a seller of purple, of the city of Thyatira, which worshipped God, heard us: whose heart the Lord opened, that she attended unto the things which were spoken of Paul. 16時14分行為や、特定の名前の女性リディアは、売り手の紫色のは、その都市のthyatiraのは、神を崇拝し、我々を聞いた:その心に開いた主は、かれのものが出席していた彼女のポール話されています。 (e) Rom.1:17 For therein is the righteousness of God revealed from faith to faith: as it is written, The just shall live by faith. ( E )のrom.1 : 17正義のためにそこには、神の啓示を信じる信仰から:として書かれたことは、ただ信仰によって生きるものです。 Gal.3:11 But that no man is justified by the law in the sight of God, it is evident: for, The just shall live by faith. gal.3 : 11しかし、正当化されることのない人間は神の法律でその光景を見て、それは明らか:ためには、ただ信仰によって生きるものです。 Heb.10:10 By the which will we are sanctified through the offering of the body of Jesus Christ once for all. heb.10 : 10神聖化されるのは、私たちは、体の提供を通じて、イエスキリストのためにすべて一度です。 Heb.10:38 Now the just shall live by faith: but if any man draw back, my soul shall have no pleasure in him. heb.10 : 38今は、ただ信仰によって生きる:しかし、もしあれば引く男は、私の魂の喜びを負わないものとしていた。 Gal.2:16 Knowing that a man is not justified by the works of the law, but by the faith of Jesus Christ, even we have believed in Jesus Christ, that we might be justified by the faith of Christ, and not by the works of the law: for by the works of the law shall no flesh be justified. gal.2 : 16一人の男ではないと知って、正当化される作品は、法律ではなく、イエスキリストの信仰は、イエスキリストを信じても我々は、正当化されるかもしれないが、私たちの信仰のキリストは、されるとは作品は、法の趣旨:作品のために同法によっても正当化肉はない。 (f) Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: Rom.3:24 Being justified freely by his grace through the redemption that is in Christ Jesus: Rom.5:19 For as by one man's disobedience many were made sinners, so by the obedience of one shall many be made righteous. ( f )にeph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: rom.3 : 24自由に正当化され、彼の恩寵を通してイエスキリストの償還されている: rom.5 : 19ために一人の人間としての反抗された罪人の多くは、今では多くの1つに服従させる前に正しい。 Luke 1:77 To give knowledge of salvation unto his people by the remission of their sins, Luke 1:78 Through the tender mercy of our God; whereby the dayspring from on high hath visited us,ルーク1:77救いの知識を与えるかれの人々が自分の罪を寛解される、ルカ1:78入札を通じて、私たちの神の慈悲;高では、かれらを訪問してからdayspring私たちは、


Question 22. What is then necessary for a christian to believe? 質問22 。次に何が必要なため、キリスト教を信じるか?

Answer: All things promised us in the gospel, (a) which the articles of our catholic undoubted christian faith briefly teach us. 答:我々は、すべてのことを約束した福音書は、 (ある)の記事が私たちのカトリック紛れもない私たちキリスト教信仰を簡潔に教えてください。

Footnotes脚注

(a) John 20:31 But these are written, that ye might believe that Jesus is the Christ, the Son of God; and that believing ye might have life through his name. (ある) 20時31分ですが、このように書かれたジョンは、なたがたと思われるかもしれませんが、イエスキリストは、神の御子;とした可能性があると信じ、なたがたの人生を通して、彼の名前です。 Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: Mark 1:15 And saying, The time is fulfilled, and the kingdom of God is at hand: repent ye, and believe the gospel. matt.28 : 19行くなたがたしたがって、すべての国と教えるのは、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊:マーク午前1時15分と言って、その時間は果たされ、王国神は、手の届く所:悔い改めるなたがたは、福音と信じています。


Question 23. What are these articles? 質問23 。これらの記事は何ですか?

Answer: 1. 答: 1 。 I believe in God the Father, Almighty, Maker of heaven and earth: 2.神を信じる私の父は、全能の神、天と地のメーカー: 2 。 And in Jesus Christ, his only begotten Son, our Lord: 3.とは、イエスキリストは、彼の息子のひとり子だけは、私たちの主: 3 。 Who was conceived by the Holy Ghost, born of the Virgin Mary: 4.聖霊を考えていたのは、生まれながらのは、聖母マリア: 4 。 Suffered under Pontius Pilate; was crucified, dead, and buried: He descended into hell: 5. pilateの下で苦しんでpontius ;は、十字架につけられ、死んで、埋葬:彼の子孫に地獄: 5 。 The third day he rose again from the dead: 6. 3日目に彼は死んでから再びローズ: 6 。 He ascended into heaven, and sitteth at the right hand of God the Father Almighty: 7.彼は天に昇って、神の右手のsitteth 、全能の父: 7 。 From thence he shall come to judge the quick and the dead: 8.彼はそこから来て判断する生者と死者: 8 。 I believe in the Holy Ghost: 9.私を信じているの聖霊: 9 。 I believe a holy catholic church: the communion of saints: 10.私を信じて聖なるカトリック教会:諸聖人の通功: 10 。 The forgiveness of sins: 11.罪の赦し: 11 。 The resurrection of the body: 12.体の復活: 12 。 And the life everlasting.そして永遠の命です。


(week) 8. ( 1週間) 8 。 Lord's Day日曜日


Question 24. How are these articles divided? 質問24 。これらの記事はどのように分けですか?

Answer: Into three parts; the first is of God the Father, and our creation; the second of God the Son, and our redemption; the third of God the Holy Ghost, and our sanctification. 答: 3つの部分に、神の最初の部分は、父、そして私たちの創造;神の2番目の息子、そして私たちの償還;聖霊の3番目の神、そして私たちの清浄化します。


Question 25. Since there is but one only divine essence, (a) why speakest thou of Father, Son, and Holy Ghost? 質問25 。以来しかし、 1つだけには神の本質は、 (する)のはなぜspeakestなたの父は、息子、聖霊とは?

Answer: Because God has so revealed himself in his word, (b) that these three distinct persons are the one only true and eternal God. 答:神は、これを明らかに自分自身のために彼の言葉は、 ( b )に、これらの3つの別個の人たちは、 1つの真実であり、永遠の神のみです。

Footnotes脚注

(a) Deut.6:4 Hear, O Israel: The LORD our God is one LORD: Eph.4:6 One God and Father of all, who is above all, and through all, and in you all. (する) deut.6 : 4聞いて、なたイスラエル:私たちの神、主は、 1つの主: eph.4 : 6の1つのすべての神と父は、上記のすべての人は、すべてを通して、そしてあなたのすべてです。 Isa.44:6 Thus saith the LORD the King of Israel, and his redeemer the LORD of hosts; I am the first, and I am the last; and beside me there is no God. isa.44 : 6このように言うのは、イスラエルの王の主は、主を救い主と彼のホスト;私は、第一に、そして私が最後に、そして私のそばに神はない。 Isa.45:5 I am the LORD, and there is none else, there is no God beside me: I girded thee, though thou hast not known me: 1 Cor.8:4 As concerning therefore the eating of those things that are offered in sacrifice unto idols, we know that an idol is nothing in the world, and that there is none other God but one. isa.45 : 5私は、主は、なしていて、他のは、私のそばに神はない:私巻いたなたが、私には分からないなた: 1 cor.8 : 4として摂食に関するしたがって、これらのものは、偶像を犠牲に提供され、かれは、偶像は何もないことが分かっているが、世界では、他の神なしとがあることを1枚だけ残している。 1 Cor.8:6 But to us there is but one God, the Father, of whom are all things, and we in him; and one Lord Jesus Christ, by whom are all things, and we by him. 1 cor.8 : 6だがしかし、私たちは神の1つは、父は、すべての人のものだから、我々は彼;と1つの主イエスキリストは、すべてのものを誰が、彼と私たちによってです。 (b) Isa.61:1 The Spirit of the Lord GOD is upon me; because the LORD hath anointed me to preach good tidings unto the meek; he hath sent me to bind up the brokenhearted, to proclaim liberty to the captives, and the opening of the prison to them that are bound; Luke 4:18 The Spirit of the Lord is upon me, because he hath anointed me to preach the gospel to the poor; he hath sent me to heal the brokenhearted, to preach deliverance to the captives, and recovering of sight to the blind, to set at liberty them that are bruised, Gen.1:2 And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. ( b )にisa.61 : 1の精神は、神はわたしの主;ので、かれらを聖なる主の私に吉報を伝え、かれの説教おとなしい;かれを送ってくれたのbrokenhearted結わえるは、捕虜を自由の女神を宣言し、刑務所の開口部には、かれらが縛ら;ルークの精神で、午前4時18分わたしの主は、かれらを聖なる彼は私のために、貧しい人々に福音を説く;かれを癒すためのbrokenheartedを送ってきた、と説教を救出その捕虜は、視覚障害者や回復の光景を、自由に設定することは、かれらの打撲、 gen.1 : 2とはせずに、地球フォーム、およびボイド;と暗闇の深さに直面していた。 And the Spirit of God moved upon the face of the waters.神の御霊と感動の領海に直面しています。 Gen.1:3 And God said, Let there be light: and there was light. gen.1 : 3と神によると、光あれ:光があったとします。 Ps.33:6 By the word of the LORD were the heavens made; and all the host of them by the breath of his mouth. ps.33 : 6される単語の前に、主は、天;およびそれらのすべてのホストが彼の口から息される。 Isa.48:16 Come ye near unto me, hear ye this; I have not spoken in secret from the beginning; from the time that it was, there am I: and now the Lord GOD, and his Spirit, hath sent me. isa.48 : 16わたしの近くに来るなたがたは、なたがたが、この音が聞こえる;私が話されていない秘密の先頭から;時間してから、それは、そこ私:さて、主の神様と、彼の精神は、かれらを送ってくれた。 Ps.110:1 <<A Psalm of David.>> The LORD said unto my Lord, Sit thou at my right hand, until I make thine enemies thy footstool. ps.110 : 1 <の<a詩編のdavid.> >によると、主わたしの主、かれは、なたは私の右手に座って、なたの踏み台になるまで私を御身の敵です。 Matt.3:16 And Jesus, when he was baptized, went up straightway out of the water: and, lo, the heavens were opened unto him, and he saw the Spirit of God descending like a dove, and lighting upon him: Matt.3:17 And lo a voice from heaven, saying, This is my beloved Son, in whom I am well pleased. matt.3 : 16 、イエスは、バプテスマを受けていた時、水を立ち上げたときは、一直線アウト:そして、見よ、かれに、天が開かれ、彼の精神を見た神の降下する鳩のように、彼と照明時:マット.3:17本当に天から声が、と言っては、これは私の最愛の息子、私は誰にも満足しています。 Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: 1 John 5:7 For there are three that bear record in heaven, the Father, the Word, and the Holy Ghost: and these three are one. matt.28 : 19行くなたがたしたがって、すべての国と教えるのは、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊: 1ジョン5時07分には、 3つあることに耐えるためには、天国の記録は、父は、その言葉は、聖霊と: 3アールおよびこれらの1つだ。 Isa.6:1 In the year that king Uzziah died I saw also the Lord sitting upon a throne, high and lifted up, and his train filled the temple. isa.6 : 1年間で死亡したことを見た王アザイア時にも、主の玉座に座って、高いと持ち上げられ、同寺とその列車満たされた。 Isa.6:3 And one cried unto another, and said, Holy, holy, holy, is the LORD of hosts: the whole earth is full of his glory. isa.6 : 3と1つの別かれは叫んだ、と氏は、聖なる、聖なる、聖なる、主には、ホスト:地球全体には、彼の栄光に満ちている。 John 14:26 But the Comforter, which is the Holy Ghost, whom the Father will send in my name, he shall teach you all things, and bring all things to your remembrance, whatsoever I have said unto you.しかし、 14時26分ジョン掛けぶとん、これは、聖霊は、送信者の父親は、私の名前で、彼はすべてのことを教えることは、すべてのものをもたらすとして英霊には、如何によると私は、なたがたです。 John 15:26 But when the Comforter is come, whom I will send unto you from the Father, even the Spirit of truth, which proceedeth from the Father, he shall testify of me: 2 Cor.13:13 All the saints salute you.ヨハネ15:26しかし、時が来るの掛け布団は、私の父からなたがたが送信さでも、真実の精神で、これproceedeth父親から、彼は私の証言: 2 cor.13 : 13のすべての聖人を敬礼。 Gal.4:6 And because ye are sons, God hath sent forth the Spirit of his Son into your hearts, crying, Abba, Father. gal.4 : 6とは、人の息子のために、なたがたは、かれらを遣わした神の息子の精神をお客様の心には、泣いているのは、アバ、父。 Eph.2:18 For through him we both have access by one Spirit unto the Father. eph.2 : 18我々は彼を介してアクセスさの両方を1つの精神が、かれの父親です。 Tit.3:5 Not by works of righteousness which we have done, but according to his mercy he saved us, by the washing of regeneration, and renewing of the Holy Ghost; Tit.3:6 Which he shed on us abundantly through Jesus Christ our Saviour; tit.3 : 5作品の正義ではなく、私たちがこれまでには、しかし、彼によると、彼のなすがままに救ってくださった、洗濯物が再生される、との聖霊の更新; tit.3 : 6上屋をして彼はイエスキリストを通して私たちふんだんに私たちの救世主イエスキリスト;


Of God The Father神の父


(week) 9. (週) 9 。 Lord's Day日曜日


Question 26. What believest thou when thou sayest, "I believe in God the Father, Almighty, Maker of heaven and earth"? 質問26 。なたはどのようなときになたbelievest sayの二人称単数は、 "私は神を信じるの父、全能の神、天と地のメーカー"とは?

Answer: That the eternal Father of our Lord Jesus Christ (who of nothing made heaven and earth, with all that is in them; (a) who likewise upholds and governs the same by his eternal counsel and providence) (b) is for the sake of Christ his Son, my God and my Father; (c) on whom I rely so entirely, that I have no doubt, but he will provide me with all things necessary for soul and body (d) and further, that he will make whatever evils he sends upon me, in this valley of tears turn out to my advantage; (e) for he is able to do it, being Almighty God, (f) and willing, being a faithful Father. 答:永遠の父は、わたしたちの主イエスキリストの(天と地の人の前に何もないし、すべてのものは、かれら; upholds (する)人と同じように規制された彼の永遠の弁護人と同じプロヴィデンス) ( b )には、キリストの息子のために、私と私の父神; ( C参照)を完全に私に依存するので、私は間違いないが、しかし、彼は私にすべてのものを提供するために必要な魂と体(民主党) 、さらには、その彼は、彼はどのような害悪を送信する時私は、この涙の谷私の優位性が判明; ( E )のために彼ができるようにすることは、全能の神が、 ( f )にと喜んでいる、というの忠実な父です。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) Genesis 1 and 2.創世記1と2 (に)です。 Exod.20:11 For in six days the LORD made heaven and earth, the sea, and all that in them is, and rested the seventh day: wherefore the LORD blessed the sabbath day, and hallowed it. exod.20 : 11のため、 6日の間、主の前に天と地、海、そしてそれらのすべてのことでは、七日目と休息:何のために、主は安息日を祝福し、神聖なことです。 Job 33:4 The Spirit of God hath made me, and the breath of the Almighty hath given me life. 33:4仕事に、私はかれらの神の精神は、かれらとの息の全能の私に与えられた人生です。 Job 38 and 39.ジョブ38と39 。 Ps.33:6 By the word of the LORD were the heavens made; and all the host of them by the breath of his mouth. ps.33 : 6される単語の前に、主は、天;およびそれらのすべてのホストが彼の口から息される。 Acts 4:24 And when they heard that, they lifted up their voice to God with one accord, and said, Lord, thou art God, which hast made heaven, and earth, and the sea, and all that in them is: Acts 14:15 And saying, Sirs, why do ye these things? 4:24かれらの行為と聞いたことが、彼らの声を持ち上げて、神異口同音に、とは、主に、なたの神は、天国hast前に、地球、海、そしてそれらすべてのことには:行為14:15と言って、 sirsは、これらのことを、なたがたはなぜですか? We also are men of like passions with you, and preach unto you that ye should turn from these vanities unto the living God, which made heaven, and earth, and the sea, and all things that are therein: Isa.45:7 I form the light, and create darkness: I make peace, and create evil: I the LORD do all these things.我々のような情熱でも、男性の場合は、なたがたと説教してから電源これらの虚しい物を受けとって、かれは、なたがたの神の生活は、天国の前に、地球、海、そしてすべてのことは、そこ: isa.45 : 7私フォームの光と闇の作成:私の平和、そして悪の作成:私の主は、これらすべてのことができる。 (b) Matt.10:29 Are not two sparrows sold for a farthing? ( b )にmatt.10 :二九アール売られていないため、 2つのスズメファージングですか? and one of them shall not fall on the ground without your Father.かれらの1つのものではないとして地面に落ちることなくお客様の父です。 Heb.1:3 Who being the brightness of his glory, and the express image of his person, and upholding all things by the word of his power, when he had by himself purged our sins, sat down on the right hand of the Majesty on high; Ps.104:27 These wait all upon thee; that thou mayest give them their meat in due season. heb.1 : 3人が彼の栄光の明るさ、そして、彼の人物像を表明し、支持されるすべてのものが彼の単語力は、自分自身削除されたときに彼は私たちの罪は、右手の上に腰を下ろしたの威厳上高; ps.104 : 27これらすべてを待って、なた;なたmayest彼らの肉を与えてしかるべき時です。 Ps.104:28 That thou givest them they gather: thou openest thine hand, they are filled with good. ps.104 : givestなたは、かれらを収集して28 :ザイン手openestなたは、かれらは良い満ちている。 Ps.104:29 Thou hidest thy face, they are troubled: thou takest away their breath, they die, and return to their dust. ps.104 : 29なたhidestなたの顔を、彼らは問題を抱えた:自分の息を去るtakestなたは、かれら死ぬし、自分のほこりに戻ります。 Ps.104:30 Thou sendest forth thy spirit, they are created: and thou renewest the face of the earth. ps.104 : 30なたなたの精神sendest来たり、彼らが作成されました: renewestなたの顔とは、地球に帰還した。 Ps.115:3 But our God is in the heavens: he hath done whatsoever he hath pleased. ps.115 : 3しかし、私たちの神は、天:かれ行わかれのものに満足しています。 Matt.10:29 Are not two sparrows sold for a farthing? matt.10 : 29アール売られていないため、 2つのスズメファージングですか? and one of them shall not fall on the ground without your Father.かれらの1つのものではないとして地面に落ちることなくお客様の父です。 Eph.1:11 In whom also we have obtained an inheritance, being predestinated according to the purpose of him who worketh all things after the counsel of his own will: (c) John 1:12 But as many as received him, to them gave he power to become the sons of God, even to them that believe on his name: Rom.8:15 For ye have not received the spirit of bondage again to fear; but ye have received the Spirit of adoption, whereby we cry, Abba, Father. eph.1 : 11 、誰も我々は相続財産を取得する、というpredestinated者によると、彼の目的はすべてのものworketh検の後、彼自身は: ( C参照)を受け取ったジョン1時12分しかし、数が多いほど、彼は、かれら彼の息子たちは神の力になっても、それを信じるにして彼の名前: rom.8 : 15受信されていないために、なたがたの精神を再び恐怖ボンデージ;だがなたがたが養子縁組を受け取ったの精神で、私たちの叫び声は、アバ、父。 Gal.4:5 To redeem them that were under the law, that we might receive the adoption of sons. gal.4 : 5 〜プロモーションコードをしていた彼らは法の下で、私たちの息子を養子縁組を受けるかもしれない。 Gal.4:6 And because ye are sons, God hath sent forth the Spirit of his Son into your hearts, crying, Abba, Father. gal.4 : 6とは、人の息子のために、なたがたは、かれらを遣わした神の息子の精神をお客様の心には、泣いているのは、アバ、父。 Gal.4:7 Wherefore thou art no more a servant, but a son; and if a son, then an heir of God through Christ. gal.4 : 7なた何のためにこれ以上の使用人ではなく、息子;と息子の場合は、次にキリストを通して神の相続人です。 Eph.1:5 Having predestinated us unto the adoption of children by Jesus Christ to himself, according to the good pleasure of his will, (d) Ps.55:23 But thou, O God, shalt bring them down into the pit of destruction: bloody and deceitful men shall not live out half their days; but I will trust in thee. eph.1 : 5がかれpredestinated私たちの子供たちの養子縁組されたイエスキリストを自分自身によると、彼は良いの喜びは、 (民主党) ps.55 : 23だがなたは、あぁ、神は、ダウンをすれば、かれらのピット破壊:血まみれの男性のものではないとうそをつくその日暮らしをするの半分;けど、なたが信頼しています。 Matt.6:25 Therefore I say unto you, Take no thought for your life, what ye shall eat, or what ye shall drink; nor yet for your body, what ye shall put on. matt.6 : 25なたがたに言うので、私は、あなたの人生を念頭に置かないで、何を食べるなたがたは、なたがたは何か飲み物;もしていないために体を、なたがたはどのようにしています。 Is not the life more than meat, and the body than raiment?以上の人生ではない肉、衣服や身体よりもですか? Matt.6:26 Behold the fowls of the air: for they sow not, neither do they reap, nor gather into barns; yet your heavenly Father feedeth them. matt.6 : 26見よ、空の鳥:彼らの種をまくためには、どちらもやって刈り入れる、また集まってbarns ;まだして天国の父feedethしてください。 Are ye not much better than they?かれらは、なたがたがないよりもずっといいですか? Luke 12:22 And he said unto his disciples, Therefore I say unto you, Take no thought for your life, what ye shall eat; neither for the body, what ye shall put on.ルカ12:22そして彼は、弟子によると、かれは、なたがたに言うので、私は、あなたの人生を念頭に置かない、なたがたは何を食べる;どちらも体のために、なたがたはどのようにしています。 (e) Rom.8:28 And we know that all things work together for good to them that love God, to them who are the called according to his purpose. ( E )のrom.8 : 28とすべてがうまくいくことが分かっているために良いことをして、神の愛は、それらの人には、自分の目的によると呼ばれています。 (f) Rom.10:12 For there is no difference between the Jew and the Greek: for the same Lord over all is rich unto all that call upon him. ( f )にrom.10 : 12の間に差はありませんが、ユダヤ人とギリシャ語:すべてやり直すために、同じ主、かれはすべてのことが祈る豊富なギフトです。 Luke 12:22 And he said unto his disciples, Therefore I say unto you, Take no thought for your life, what ye shall eat; neither for the body, what ye shall put on.ルカ12:22そして彼は、弟子によると、かれは、なたがたに言うので、私は、あなたの人生を念頭に置かない、なたがたは何を食べる;どちらも体のために、なたがたはどのようにしています。 Rom.8:23 And not only they, but ourselves also, which have the firstfruits of the Spirit, even we ourselves groan within ourselves, waiting for the adoption, to wit, the redemption of our body. rom.8 : 23とだけでなく、彼らが、自分自身にも、これは、初穂の精神は、私たち自身にも自分自身うめき声内では、養子縁組を待って、ウィットには、私たちの体の償還です。 Isa.46:4 And even to your old age I am he; and even to hoar hairs will I carry you: I have made, and I will bear; even I will carry, and will deliver you. isa.46 : 4とさえして老後を私は彼;とさえ霜の毛を運ぶことは、私:私は、私がクマ;さえ持って、私は、あなたとは届ける。 Rom.10:12 For there is no difference between the Jew and the Greek: for the same Lord over all is rich unto all that call upon him. rom.10 : 12の間に差はありませんが、ユダヤ人とギリシャ語:すべてやり直すために、同じ主、かれはすべてのことが祈る豊富なギフトです。 (g) Matt.6:25 Therefore I say unto you, Take no thought for your life, what ye shall eat, or what ye shall drink; nor yet for your body, what ye shall put on. (目標) matt.6 : 25なたがたに言うので、私は、あなたの人生を念頭に置かないで、何を食べるなたがたは、なたがたは何か飲み物;もしていないために体を、なたがたはどのようにしています。 Is not the life more than meat, and the body than raiment?以上の人生ではない肉、衣服や身体よりもですか? Matt.6:26 Behold the fowls of the air: for they sow not, neither do they reap, nor gather into barns; yet your heavenly Father feedeth them. matt.6 : 26見よ、空の鳥:彼らの種をまくためには、どちらもやって刈り入れる、また集まってbarns ;まだして天国の父feedethしてください。 Are ye not much better than they?かれらは、なたがたがないよりもずっといいですか? Matt.6:27 Which of you by taking thought can add one cubit unto his stature? matt.6 : 27服用思考の方が1つの腕尺かれの身長を追加できるか? Matt.6:28 And why take ye thought for raiment? matt.6 : 28とはなぜ衣服を取るために、なたがた考えですか? Consider the lilies of the field, how they grow; they toil not, neither do they spin: Matt.6:29 And yet I say unto you, That even Solomon in all his glory was not arrayed like one of these.野のユリを考慮して、どのように育つ;骨折っていない彼らは、どちらもやってスピン: matt.6 : 29なたがたに言うとまだ私は、彼の栄光をしても、すべてのソロモンのように1つのアレイではないにしてあります。 Matt.6:30 Wherefore, if God so clothe the grass of the field, which to day is, and to morrow is cast into the oven, shall he not much more clothe you, O ye of little faith? matt.6 : 30何のために、もし神服の芝生のフィールドだから、これを一日は、明日が投げ込まれると、オーブンには、彼はずっと着ていない場合は、なたがたの信仰のリトルですか? Matt.6:31 Therefore take no thought, saying, What shall we eat? matt.6 : 31したがって取るつもりはない、と言って、わたしたちは何を食べるか? or, What shall we drink?または、わたしたちは何を飲むか? or, Wherewithal shall we be clothed?または、それによってわたしたちに衣服を身に着けたですか? Matt.6:32 (For after all these things do the Gentiles seek:) for your heavenly Father knoweth that ye have need of all these things. matt.6 : 32 (後には、これらすべての物事を求めるgentiles : )をして、なたがたが知っておられる天の父は、これらすべてのことをする必要があります。 Matt.6:33 But seek ye first the kingdom of God, and his righteousness; and all these things shall be added unto you. matt.6 : 33しかし、最初になたがたの神の国を求める、と彼の正義;そして、これらすべてのものは、なたがたに泳いだ。 Matt.6:34 Take therefore no thought for the morrow: for the morrow shall take thought for the things of itself. matt.6 : 34取るつもりはないしたがって、明日:明日のためにとることを考えたのは、それ自体です。 Sufficient unto the day is the evil thereof.その日かれは、悪のに十分なものだ。 Matt.7:9 Or what man is there of you, whom if his son ask bread, will he give him a stone? matt.7 : 9男は何があるのか、あなたは、パンを求める人息子の場合は、彼は、彼に石を与えるか? Matt.7:10 Or if he ask a fish, will he give him a serpent? matt.7 : 10または魚を尋ねるもし彼は、彼には、彼はヘビを与えるか? Matt.7:11 If ye then, being evil, know how to give good gifts unto your children, how much more shall your Father which is in heaven give good things to them that ask him? matt.7 : 11しなたがた次に、悪には、良い贈り物を与える方法を知っているし、かれの子供たちは、どのようにしてはるかには、これは、天国の父にして善いものを与えるよう要請することですか?


(week) 10. ( 1週間) 10 。 Lord's Day日曜日


Question 27. What dost thou mean by the providence of God? 質問27 。ドーストなたはどのような意味で神の摂理のですか?

Answer: The almighty and everywhere present power of God; (a) whereby, as it were by his hand, he upholds and governs (b) heaven, earth, and all creatures; so that herbs and grass, rain and drought, (c) fruitful and barren years, meat and drink, health and sickness, (d) riches and poverty, (e) yea, and all things come, not by chance, but be his fatherly hand. 答:至る所に存在し、全能の神の力; (する)のでは、それが彼の手によって、彼は天国upholdsや規制( b )には、地球、そしてすべての生き物;ので、ハーブや草は、雨や干ばつにする、 ( c )実りと不毛年間で、肉や飲み物は、健康と疾病は、富と貧困(民主党)は、 ( E )のいや、すべての物事来るとは、偶然ではなく、彼の父親が手にした。 (f) ( f )に

Footnotes脚注

(a) Acts 17:25 Neither is worshipped with men's hands, as though he needed any thing, seeing he giveth to all life, and breath, and all things; Acts 17:26 And hath made of one blood all nations of men for to dwell on all the face of the earth, and hath determined the times before appointed, and the bounds of their habitation; Acts 17:27 That they should seek the Lord, if haply they might feel after him, and find him, though he be not far from every one of us: Acts 17:28 For in him we live, and move, and have our being; as certain also of your own poets have said, For we are also his offspring. 17時25分(する)行為は、どちらも男性の手を崇拝して、必要に応じて任意のものとしてかかわらず、彼は、人生のすべてを見て彼に与えられる、と息をし、すべてのもの;行為を17時26分前に、かれらの血液中のすべての国の人々のための1つ住むには、地球上のすべての顔を、そしてかれらを決定する前に、時代に任命し、かれらの住まいの範囲内で;行為を模索しなければならないが、 17時27分主よ、もし偶然にも彼の後を感じるかもしれない、と彼を見つけ、かかわらず、彼ごとに1つではない私たちには程遠い: 17時28分のために彼の行為を私たちが生きて、動きは、私たちがして;としても、あなた自身の特定の詩人らによると、彼の子孫のために我々もいる。 Jer.23:23 Am I a God at hand, saith the LORD, and not a God afar off? jer.23 : 23私は神の手の届く所には、主に言うのは、はるかかなたの神ではないことですか? Jer.23:24 Can any hide himself in secret places that I shall not see him? jer.23 : 24どんなことで自分自身を非表示にしてよいものではない秘密の場所を参照してくださいなったのですか? saith the LORD.主は言う。 Do not I fill heaven and earth?天と地を記入しないでよいですか? saith the LORD.主は言う。 Isa.29:15 Woe unto them that seek deep to hide their counsel from the LORD, and their works are in the dark, and they say, Who seeth us? isa.29 : 15悲痛かれらを非表示にして彼らの助言を求めるより深い主は、暗闇の中で、彼らの作品は、かれらは、我々 seeth誰ですか? and who knoweth us?我々は知っておられると誰ですか? Isa.29:16 Surely your turning of things upside down shall be esteemed as the potter's clay: for shall the work say of him that made it, He made me not? isa.29 : 16確かに物事を上下逆さまにしてターニングものとして尊敬されるポッターの粘土:ためには、その仕事のせいで、彼の言うことは、彼のおかげで私は何ですか? or shall the thing framed say of him that framed it, He had no understanding?それともわたしは彼の言うことを額に入れて額に入れて、彼は理解していないか? Ezek.8:12 Then said he unto me, Son of man, hast thou seen what the ancients of the house of Israel do in the dark, every man in the chambers of his imagery? ezek.8 : 12それから彼はわたしによると、男の息子は、なたは、昔の家を見られるのは何か暗闇の中で、イスラエルは、すべての人間は、自分のイメージチェンバースですか? for they say, The LORD seeth us not; the LORD hath forsaken the earth.かれらは言うために、私たちは、主のseeth ;かれらの主を見捨てられた大地。 (b) Heb.1:3 Who being the brightness of his glory, and the express image of his person, and upholding all things by the word of his power, when he had by himself purged our sins, sat down on the right hand of the Majesty on high; (c) Jer.5:24 Neither say they in their heart, Let us now fear the LORD our God, that giveth rain, both the former and the latter, in his season: he reserveth unto us the appointed weeks of the harvest. ( b )にheb.1 : 3人が彼の栄光の明るさ、そして、彼の人物像を表明し、支持されるすべてのものが彼の単語力は、自分自身削除されたときに彼は私たちの罪を、右手にして腰を下ろした陛下には、高; jer.5 ( C参照) : 24彼らの心にもないと言って、私達を今私たちの神、主を恐れ、雨を与え、前者と後者の両方には、彼のシーズン:彼はわたしたちのreserveth任命週間で、収穫です。 Acts 14:17 Nevertheless he left not himself without witness, in that he did good, and gave us rain from heaven, and fruitful seasons, filling our hearts with food and gladness.残っていないにもかかわらず彼は自分自身の行為で午前14時17分の目撃者は、彼はそれを良いことには、天から雨を出してくれたとは、実りの季節とは、私たちの心に充満して食料や喜びです。 (d) John 9:3 Jesus answered, Neither hath this man sinned, nor his parents: but that the works of God should be made manifest in him. 9時03分(民主党)のジョンは答えたイエスは、この男sinnedどちらもかれらは、彼の両親も:でも動作して行われなければならない神のマニフェストを示しています。 (e) Prov.22:2 The rich and poor meet together: the LORD is the maker of them all. ( E )のprov.22 : 2 、金持ちと貧乏人の顔合わせをする:その主は、かれらのすべてのメーカーです。 (f) Matt.10:20 For it is not ye that speak, but the Spirit of your Father which speaketh in you. ( f )にmatt.10 : 20なたがたのためではないことを話すことが、あなたのお父さんの精神をspeakethしてるよ。 Prov.16:33 The lot is cast into the lap; but the whole disposing thereof is of the LORD. prov.16 : 33 、たくさんのラップが投げ込まれる;しかし、全体の処理は、主のものです。


Question 28. What advantage is it to us to know that God has created, and by his providence does still uphold all things? 質問28 。どのような利点は、私たちを知っていることで、神が作成されると、そして彼の摂理を維持するすべてのものはまだですか?

Answer: That we may be patient in adversity; (a) thankful in prosperity; (b) and that in all things, which may hereafter befall us, we place our firm trust in our faithful God and Father, (c) that nothing shall separate us from his love; (d) since all creatures are so in his hand, that without his will they cannot so much as move. 答:私たち逆境の中の患者かもしれない;感謝し繁栄( ) ; ( b )にはすべてのものとしている場合があります。来世で覆った我々は、我々の確固たる信頼して我々の場所と私たちの神の忠実な父親する、 ( c )には何もない別の私たちより、彼の愛; (民主党)は、これ以降のすべての生き物を手に、それなしに彼は、移動することができるほどではない。 (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) Rom.5:3 And not only so, but we glory in tribulations also: knowing that tribulation worketh patience; James 1:3 Knowing this, that the trying of your faith worketh patience. (する) rom.5 : 3としかないので、しかし、我々の栄光にも苦難: worketh試練と知って忍耐;ジェームズ1時03分これを知って、あなたの信仰をしようとしてworketh忍耐です。 Ps.39:9 I was dumb, I opened not my mouth; because thou didst it. ps.39 : 9私は口がきけない、私は私の口を開いた;のでdoの二人称単数なたことです。 Job 1:21 And said, Naked came I out of my mother's womb, and naked shall I return thither: the LORD gave, and the LORD hath taken away; blessed be the name of the LORD. 1時21分、仕事によると、裸で来た私の母の胎内から、わたしを返すと裸thither :主は、かれらの主と連れ去ら;主の名を、祝福される。 Job 1:22 In all this Job sinned not, nor charged God foolishly.この仕事sinned 1時22分、すべての仕事は、神の請求も愚かだ。 (b) Deut.8:10 When thou hast eaten and art full, then thou shalt bless the LORD thy God for the good land which he hath given thee. ( b )にdeut.8 : 10時なたやアートフル食べて、それからなたはあなたの神、主の祝福の良い土地を与えられたかれなた。 1 Thess.5:18 In every thing give thanks: for this is the will of God in Christ Jesus concerning you. 1 thess.5 : 18すべてのものに感謝:神のためには、これは、イエスキリストに関することです。 (c) Ps.55:22 Cast thy burden upon the LORD, and he shall sustain thee: he shall never suffer the righteous to be moved. ( C参照) ps.55 : 22キャストなたの主を負担する、と彼は、なたを持続させる:彼は決して苦しむ畏れるに動かさなければならない。 Rom.5:4 And patience, experience; and experience, hope: (d) Rom.8:38 For I am persuaded, that neither death, nor life, nor angels, nor principalities, nor powers, nor things present, nor things to come, Rom.8:39 Nor height, nor depth, nor any other creature, shall be able to separate us from the love of God, which is in Christ Jesus our Lord. rom.5 : 4と忍耐は、経験;や経験、希望: (民主党) rom.8 : 38ために私が説得し、消滅しても、人生も、また天使たちには、君主も、また列強は、現在のものも、また物事に来る、 rom.8 : 39高さも、深さも、また他の生き物は、私たちを分離することができるものから、神の愛、これは、わたしたちの主イエスキリストです。 (e) Job 1:12 And the LORD said unto Satan, Behold, all that he hath is in thy power; only upon himself put not forth thine hand. 1時12分( E )の仕事と、主によると、かれ悪魔と、見よ、かれはすべてのことで、なたの電源;のみを被ら来たりしないのに手を入れる。 So Satan went forth from the presence of the LORD.悪魔が来たりするので、主からの存在です。 Job 2:6 And the LORD said unto Satan, Behold, he is in thine hand; but save his life.かれの主によると、午前2時06分の仕事と悪魔と、見よ、彼は手でザイン;しかし、彼の人生を保存します。 Acts 17:28 For in him we live, and move, and have our being; as certain also of your own poets have said, For we are also his offspring.我々は彼の行為のために生きる17時28分、と移動し、私たちがいる;としても、あなた自身の特定の詩人らによると、彼の子孫のために我々もいる。 Acts 17:25 Neither is worshipped with men's hands, as though he needed any thing, seeing he giveth to all life, and breath, and all things; Prov.21:1 The king's heart is in the hand of the LORD, as the rivers of water: he turneth it whithersoever he will. 17時25分崇拝する行為は、どちらも男性の手には、必要に応じて任意のものとしてかかわらず、彼は、人生のすべてを見て彼に与えられる、と息をし、すべてのもの; prov.21 : 1王の心臓は、主に、手の中のように、川の水: whithersoever彼は彼背きことです。


Of God The Son神の息子


(week) 11. ( 1週間) 11 。 Lord's Day日曜日


Question 29. Why is the Son of God called "Jesus", that is a Saviour? 質問29 。理由は、神の御子と呼ばれる"イエス"と、それは、救い主ですか?

Answer: Because he saveth us, and delivereth us from our sins; (a) and likewise, because we ought not to seek, neither can find salvation in any other. 答:私たちsavethなぜなら、彼は、私たちから、私たちの罪を救う;の( a )および同様に、模索していないため、私たちは、どちらも救いを見つけることで、他のです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Matt.1:21 And she shall bring forth a son, and thou shalt call his name JESUS: for he shall save his people from their sins. (する) matt.1 : 21息子をもたらすものと彼女は、彼の名前を呼ぶとなたはイエスキリスト:人々が彼のために彼は、自分の罪を保存します。 Heb.7:24 But this man, because he continueth ever, hath an unchangeable priesthood. heb.7 : 24しかし、この男は、これまでcontinuethなぜなら、彼は、かれらが不変の聖職に就く。 Heb.7:25 Wherefore he is able also to save them to the uttermost that come unto God by him, seeing he ever liveth to make intercession for them. heb.7 : 25彼は何のために保存できるようにしても、遠く離れた神をして来て、見て彼はこれまで生きるために仲裁をしてください。 (b) Acts 4:12 Neither is there salvation in any other: for there is none other name under heaven given among men, whereby we must be saved. ( b )に救いがあるのでもない行為4時12分、他:なしには他の名の下に与えられた天の中の男で、我々に保存する必要があります。 John 15:4 Abide in me, and I in you. 15時04分ジョン順守していいよ、と私はあなたです。 As the branch cannot bear fruit of itself, except it abide in the vine; no more can ye, except ye abide in me.枝を実らせることはできないとして、それ自体を除いて、永遠に住むでは、つる;なたがたはこれ以上のことを除いて、なたがた順守していいよ。 John 15:5 I am the vine, ye are the branches: He that abideth in me, and I in him, the same bringeth forth much fruit: for without me ye can do nothing.私は、 15時05分ジョンつるは、なたがたは、支店: abidethにして彼は私に、そして私が彼には、 bringeth来たりするのと同じくらいの果物:なし私に、なたがたのためにできることはない。 1 Tim.2:5 For there is one God, and one mediator between God and men, the man Christ Jesus; Isa.43:11 I, even I, am the LORD; and beside me there is no saviour. 1 tim.2 : 5ためには1つの神は、神と人間の間の仲介役と1つは、イエスキリストの男; isa.43 : 11私は、私でさえ、その時の主;と私のそばに救い主はない。 1 John 5:11 And this is the record, that God hath given to us eternal life, and this life is in his Son. 1ジョンこれは、午前5時11分の記録とは、かれらをその神は私たちに永遠の命を与えられた、この人生は、彼の息子です。


Question 30. Do such then believe in Jesus the only Saviour, who seek their salvation and welfare of saints, of themselves, or anywhere else? 質問30 。そんな唯一の救い主イエスキリストを信じる次に、彼らの救いを求める人や福祉の聖徒は、自分自身の、あるいはどこか他の場所ですか?

Answer: They do not; for though they boast of him in words, yet in deeds they deny Jesus the only deliverer and Saviour; (a) for one of these two things must be true, that either Jesus is not a complete Saviour; or that they, who by a true faith receive this Saviour, must find all things in him necessary to their salvation. 答:彼らはありません;自慢するためにかれらの言葉に、彼は、かれらの行いを否定していない唯一の救世主と救い主イエスキリスト; (する)ためには、これら2つのことの1つも真でなければならない、そのどちらかではない、完全な救い主イエスキリスト;またはして、真の信仰を受け取る人によって、この救い主は、すべてのものを見つける必要がありますが彼を必要として彼らの救いだ。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.1:13 Is Christ divided? (する) 1 cor.1 : 13は、キリストの分断ですか? was Paul crucified for you?パウロは、十字架につけられよろしいですか? or were ye baptized in the name of Paul?なたがたは、バプテスマを受けたり、ポールの名前ですか? 1 Cor.1:30 But of him are ye in Christ Jesus, who of God is made unto us wisdom, and righteousness, and sanctification, and redemption: 1 Cor.1:31 That, according as it is written, He that glorieth, let him glory in the Lord. 1 cor.1 : 30しかし、彼は、なたがたが、イエスキリストは、わたしたちが神の人の知恵と正義、および神聖化、および償還: 1 cor.1 : 31には、書面によるとそれは、彼がgloriethは、ほっておけで、主の栄光です。 Gal.5:4 Christ is become of no effect unto you, whosoever of you are justified by the law; ye are fallen from grace. gal.5 : 4キリストは、効果のないなたがたになって、誰でもが正当化される場合は、同法;なたがたはグレースから落ちた。 (b) Heb.12:2 Looking unto Jesus the author and finisher of our faith; who for the joy that was set before him endured the cross, despising the shame, and is set down at the right hand of the throne of God. ( b )にheb.12 : 2見ると、作者かれイエスフィニッシャ私たちの信仰;たちの喜びのために我慢していた彼の前に、十字架セット、 despisingの恥とは、セットダウンでは、右手の玉座の神です。 Isa.9:6 For unto us a child is born, unto us a son is given: and the government shall be upon his shoulder: and his name shall be called Wonderful, Counsellor, The mighty God, The everlasting Father, The Prince of Peace. isa.9 : 6わたしたちのために生まれた子供には、わたしたちに与えられたの息子は:時には、政府と肩:素晴らしいと呼ばれる彼の名前は、カウンセラーは、偉大な神は、永遠の父は、プリンスオブ平和です。 Col.1:19 For it pleased the Father that in him should all fulness dwell; Col.1:20 And, having made peace through the blood of his cross, by him to reconcile all things unto himself; by him, I say, whether they be things in earth, or things in heaven. col.1 : 19をして喜んで彼の父親が住むすべてのfulness ; col.1 : 20とは、血液中には自分の十字架を通して平和は、すべてのことを彼に和解かれ自身;によって彼は、私の意見は、物事が地球にいるかどうか、あるいは、天国のことです。 Col.2:10 And ye are complete in him, which is the head of all principality and power: 1 John 1:7 But if we walk in the light, as he is in the light, we have fellowship one with another, and the blood of Jesus Christ his Son cleanseth us from all sin. col.2 : 10なたがたが完了すると、彼は、これは、頭のすべての君主と権力: 1ジョン1時07分しかし、もし我々の光の中を歩くのは、軽としては、彼は、私たちは、別の1つのフェローシップ、およびイエスキリストの息子の血液から我々のすべての罪cleanseth 。 John 1:16 And of his fulness have all we received, and grace for grace.彼のfulnessジョン1時16分、我々はすべてを受け取った、とグレースはグレースです。


(week) 12. ( 1週間) 12 。 Lord's Day日曜日


Question 31. Why is he called "Christ", that is anointed? 質問31 。理由は、彼と呼ばれる"キリスト"と、それは聖なるか?

Answer: Because he is ordained of God the Father, and anointed with the Holy Ghost, (a) to be our chief Prophet and Teacher, (b) who has fully revealed to us the secret counsel and will of God concerning our redemption; (c) and to be our only High Priest, (d) who by the one sacrifice of his body, has redeemed us, (e) and makes continual intercession with the Father for us; (f) and also to be our eternal King, who governs us by his word and Spirit, and who defends and preserves us in that salvation, he has purchased for us. 答:なぜなら、彼の父親は、神の定められた、として聖なる聖霊は、 ( a )から我々の最高の預言者と教師には、 ( b )に完全に明らかにしてきた私たちの秘密に関する助言とは、私たちの神の償還; ( c )及び私達だけに大祭司は、 (民主党)の一人で自分の体を犠牲にし、私たちが換金は、 ( E )の仲裁を継続するために、私たちの父; ( f )に、また私たちの永遠の王には、彼の言葉を規制された人と私たちの精神は、私たちは、誰を守ると保持して救いは、彼が我々を購入した。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) Ps.45:8 All thy garments smell of myrrh, and aloes, and cassia, out of the ivory palaces, whereby they have made thee glad. (する) ps.45 : 8すべて没薬なたの衣類のにおいがする、とaloes 、およびカッシア、象牙のうち、宮殿で、彼らは前に、なたうれしいです。 Heb.1:9 Thou hast loved righteousness, and hated iniquity; therefore God, even thy God, hath anointed thee with the oil of gladness above thy fellows. heb.1 : 9なた正義を愛し、そして邪悪憎まれ;したがって神でも、あなたの神、なたがかれらを聖なる油の上に、なたの仲間の喜びです。 Isa.61:1 The Spirit of the Lord GOD is upon me; because the LORD hath anointed me to preach good tidings unto the meek; he hath sent me to bind up the brokenhearted, to proclaim liberty to the captives, and the opening of the prison to them that are bound; Luke 4:18 The Spirit of the Lord is upon me, because he hath anointed me to preach the gospel to the poor; he hath sent me to heal the brokenhearted, to preach deliverance to the captives, and recovering of sight to the blind, to set at liberty them that are bruised, (b) Deut.18:15 The LORD thy God will raise up unto thee a Prophet from the midst of thee, of thy brethren, like unto me; unto him ye shall hearken; Acts 3:22 For Moses truly said unto the fathers, A prophet shall the Lord your God raise up unto you of your brethren, like unto me; him shall ye hear in all things whatsoever he shall say unto you. isa.61 : 1の精神は、神はわたしの主;ので、かれらを聖なる主の私に吉報を伝え、かれの説教おとなしい;かれを送ってくれたのbrokenhearted結わえるは、捕虜を自由に宣言し、開口部かれらは、刑務所に縛ら;ルークの精神で、午前4時18分わたしの主は、かれらを聖なる彼は私のために、貧しい人々に福音を説く;かれを送ってきた。 brokenheartedを癒すため、捕虜を救出して説教は、そして、目の不自由な回復の光景を、自由に設定することが傷ついたかれらは、 ( b )にdeut.18 : 15なたの神、主の預言者は、なたに理解させるから引き上げるの真っただ中に、なた、なたの兄弟は、わたしのような;なたがたはかれに聞け;モーゼス行為を真に3時22分、父親によると、かれは、あなたの神、主は、預言者を上げるまで、お客様の兄弟、なたがたは、わたしのように、彼には、なたがたにすべてのことを聞くと言うもの彼は、なたがた。 Acts 7:37 This is that Moses, which said unto the children of Israel, A prophet shall the Lord your God raise up unto you of your brethren, like unto me; him shall ye hear.モーゼのは、午前7時37分、この行為は、これによると、イスラエルの子孫に、かれは、あなたの神、主は、預言者を甦らして、なたがたの兄弟は、わたしのように、彼には、なたがたは聞いています。 Isa.55:4 Behold, I have given him for a witness to the people, a leader and commander to the people. isa.55 : 4見よ、私は彼のために証人を与えられた人々は、司令官を指導者とする人々だ。 (c) John 1:18 No man hath seen God at any time; the only begotten Son, which is in the bosom of the Father, he hath declared him. ( C参照) 1時18ない男ジョンかれらの神はいつでも見られる;生まれた息子だけで、これは、父親の懐は、かれ宣言していた。 John 15:15 Henceforth I call you not servants; for the servant knoweth not what his lord doeth: but I have called you friends; for all things that I have heard of my Father I have made known unto you. 15時15分ジョンあげた私の呼び方をしない使用人;ためにはどのような彼の使用人を知っておられる主doの3人称単数:しかし、私はあなたの友達と呼ばれる;ためにすべてのことを聞いたことがある私の父の前に私がなたがたに知られています。 (d) Ps.110:4 The LORD hath sworn, and will not repent, Thou art a priest for ever after the order of Melchizedek. (民主党) ps.110 : 4かれらの主を宣誓し、後悔することはありません、なたを注文した後、司祭は永遠にメルキゼデクです。 (e) Heb.10:12 But this man, after he had offered one sacrifice for sins for ever, sat down on the right hand of God; Heb.10:14 For by one offering he hath perfected for ever them that are sanctified. ( E )のheb.10 : 12しかし、この男は、後に彼は自分を犠牲に提供するための様々な罪のため、これまでは、右手の上に腰を下ろした神; heb.10 : 14ために提供された1つの完成形は永遠にかれは、かれらを清められた。 Heb.9:12 Neither by the blood of goats and calves, but by his own blood he entered in once into the holy place, having obtained eternal redemption for us. heb.9 : 12どちらとヤギの血をふくらはぎ、しかし彼は、自分の血を一度に入力するの聖地、永遠の償還を得てください。 Heb.9:14 How much more shall the blood of Christ, who through the eternal Spirit offered himself without spot to God, purge your conscience from dead works to serve the living God? heb.9 : 14こちらは、血液中にはどのくらいのキリストは、自分自身を介して提供することなく、永遠の精神にスポットを神には、良心パージしてからリビングデッド神に奉仕する作品ですか? Heb.9:28 So Christ was once offered to bear the sins of many; and unto them that look for him shall he appear the second time without sin unto salvation. heb.9 : 28だから、キリストは、かつて多くの罪に耐え提供;とは、かれらにして彼を探し、彼は2回目に表示されることなく、かれ救世罪です。 (f) Rom.8:34 Who is he that condemneth? ( f )にrom.8 : 34誰が彼をcondemnethですか? It is Christ that died, yea rather, that is risen again, who is even at the right hand of God, who also maketh intercession for us.それは、キリストが死亡し、いやむしろ、それが再び上昇し、人は神の右手でさえも、誰も私たちを仲裁なさ。 Heb.9:24 For Christ is not entered into the holy places made with hands, which are the figures of the true; but into heaven itself, now to appear in the presence of God for us: 1 John 2:1 My little children, these things write I unto you, that ye sin not. heb.9 : 24キリストのために入力されたのではないの聖地で両手を前に、これは、この数字は、真;しかし天国自体には、今すぐに表示されるために私たちは、神の存在: 1ヨハネ2:1私の小さな子供たちは、これらのことを書く私なたがたは、なたがたに罪はない。 And if any man sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous: Rom.5:9 Much more then, being now justified by his blood, we shall be saved from wrath through him.罪の男とあれば、我々は、父を提唱して、イエスキリストの正義: rom.5 : 9もっとその後、彼の血が正当化される今、わたしたちは彼を介しての怒りから救われる。 Rom.5:10 For if, when we were enemies, we were reconciled to God by the death of his Son, much more, being reconciled, we shall be saved by his life. rom.5 : 10の場合、私たちは敵のとき、私たちは神に和解して、息子の死によって、はるかには、仲直りが、わたしたちは彼の人生に救われる。 (g) Ps.2:6 Yet have I set my king upon my holy hill of Zion. (目標) ps.2 : 6まだ私に私の神聖な丘の王セット私のザイオン。 Zech.9:9 Rejoice greatly, O daughter of Zion; shout, O daughter of Jerusalem: behold, thy King cometh unto thee: he is just, and having salvation; lowly, and riding upon an ass, and upon a colt the foal of an ass. zech.9 : 9喜ぶ大きく、なたの娘ザイオン;シャウト、なたの娘エルサレム:見よ、あなたの王が来るなた:彼はただ、およびこと救世;卑しいし、ロバに乗って、その子馬とアポンアコルトロバのです。 Matt.21:5 Tell ye the daughter of Sion, Behold, thy King cometh unto thee, meek, and sitting upon an ass, and a colt the foal of an ass. matt.21 : 5教えなたがたは、シオンの娘と、見よ、あなたの王が来るなたは、おとなしいし、ロバに座って、コルトの子馬とロバのです。 Luke 1:33 And he shall reign over the house of Jacob for ever; and of his kingdom there shall be no end.ルーク1時33分、彼の家に君臨するものは永遠のジェイコブ、そして彼の王国には終わりがない。 Matt.28:18 And Jesus came and spake unto them, saying, All power is given unto me in heaven and in earth. matt.28 : 18 speakの過去とイエス様とかれらに来た、と言って、すべての電源が与えられたわたしは、天と地です。 John 10:28 And I give unto them eternal life; and they shall never perish, neither shall any man pluck them out of my hand.ヨハネ10:28かれらに永遠の命を与えると私;かれらは決して消滅すると、どちらもかれらは、すべての男のうち私の手をはじく。 Rev.12:10 And I heard a loud voice saying in heaven, Now is come salvation, and strength, and the kingdom of our God, and the power of his Christ: for the accuser of our brethren is cast down, which accused them before our God day and night. rev.12 : 10と大きな声が聞こえたと言って、天国では、今は救世来ると強さ、そして私たちの神の王国は、彼の力とキリスト:告発人は、我々の兄弟は、ダウンキャストは、かれらを告発昼と夜の前に私たちの神です。 Rev.12:11 And they overcame him by the blood of the Lamb, and by the word of their testimony; and they loved not their lives unto the death. rev.12 : 11乗り越えたと彼らは、子羊の血によって彼は、その言葉と彼らの証言によって、かれらがかれの死を自分たちの生活を愛していない。


Question 32. But why art thou called a Christian? 質問32 。しかし、なぜ、キリスト教と呼ばれるアートなたですか? (a) (する)

Answer: Because I am a member of Christ by faith, (b) and thus am partaker of his anointing; (c) that so I may confess his name, (d) and present myself a living sacrifice of thankfulness to him: (e) and also that with a free and good conscience I may fight against sin and Satan in this life (f) and afterwards I reign with him eternally, over all creatures. 答:私は、メンバーのためにキリストの信仰によって、 ( b )及びこうして彼の時相伴anointing ; ( C参照)だから可能性を告白して、彼の名前は、 (民主党)と現在の自分の生活を犠牲にする彼に感謝する: (開催場所: E )としてしてもよいかもしれません良心の自由で良いと悪魔との戦いで、この人生の罪( f )に君臨して、後で彼に永遠には、上のすべての生き物です。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) Acts 11:26 And when he had found him, he brought him unto Antioch. 11:26 (する)行為と彼を見つけたとき彼は、彼は彼かれアンティオキアもたらした。 And it came to pass, that a whole year they assembled themselves with the church, and taught much people.そしてそれが下った時、かれらは、全体の1年間で、教会の組み立て自体は、多くの人々と教えた。 And the disciples were called Christians first in Antioch.キリスト教徒の弟子と呼ばれた最初のアンティオキア。 (b) 1 Cor.6:15 Know ye not that your bodies are the members of Christ? ( b )に1 cor.6 : 15知っていることは、なたがたの会員のお客様は、キリストの遺体ですか? shall I then take the members of Christ, and make them the members of an harlot?わたしへ行き、キリストのメンバー、およびそれらのメンバーが、売春のですか? God forbid.神を禁じる。 (c) 1 John 2:27 But the anointing which ye have received of him abideth in you, and ye need not that any man teach you: but as the same anointing teacheth you of all things, and is truth, and is no lie, and even as it hath taught you, ye shall abide in him. ( C参照) 1ジョン2時27分しかし、彼のanointingなたがたabidethで受け取った場合は、その必要はないとなたがたをすべての人に教える: anointing teachethしかし、同じようなことをすべて、真実とは、うそではない、およびそれにもかかわらずかれらを教えたことは、なたがたは彼に従うことにした。 Acts 2:17 And it shall come to pass in the last days, saith God, I will pour out of my Spirit upon all flesh: and your sons and your daughters shall prophesy, and your young men shall see visions, and your old men shall dream dreams: (d) Matt.10:32 Whosoever therefore shall confess me before men, him will I confess also before my Father which is in heaven. 2時17分行為を通過して来るものの最後の日に、神は言う、私は私の心のうちにすべてを注ぐ肉:あなたとあなたの息子や娘は予言し、若い男たちは、お客様のビジョンを参照してください、とお年寄りは、夢を見る: (民主党) matt.10 : 32だから誰でも私の前には、男性の告白は、彼は私にも告白する前に私の父が、天国です。 Rom.10:10 For with the heart man believeth unto righteousness; and with the mouth confession is made unto salvation. rom.10 : 10心臓の男を信じ、かれのために正義;と告白して口の中で、かれは救いだ。 Mark 8:38 Whosoever therefore shall be ashamed of me and of my words in this adulterous and sinful generation; of him also shall the Son of man be ashamed, when he cometh in the glory of his Father with the holy angels.だから誰でもマークは、午前8時38分、わたしと恥じる私の言葉で、この姦通の世代と罪深い;は彼の息子でも男を恥じるものは、彼が来るときは、彼の父の栄光の聖なる天使です。 (e) Rom.12:1 I beseech you therefore, brethren, by the mercies of God, that ye present your bodies a living sacrifice, holy, acceptable unto God, which is your reasonable service. ( E )のrom.12 : 1私嘆願あなたしたがって、兄弟は、神のなすでは、遺体は、なたがたの現在の生活を犠牲にして、聖なる、神受け入れ、これは合理的なサービスをしています。 1 Pet.2:5 Ye also, as lively stones, are built up a spiritual house, an holy priesthood, to offer up spiritual sacrifices, acceptable to God by Jesus Christ. 1 pet.2 : 5なたがたにも、にぎやかなストーンズとしては、精神的には組み立てられた家は、神聖な聖職者は、精神的な犠牲を提供して、神によってイエスキリストを受け入れています。 1 Pet.2:9 But ye are a chosen generation, a royal priesthood, an holy nation, a peculiar people; that ye should shew forth the praises of him who hath called you out of darkness into his marvellous light: Rev.5:8 And when he had taken the book, the four beasts and four and twenty elders fell down before the Lamb, having every one of them harps, and golden vials full of odours, which are the prayers of saints. 1 pet.2 : 9だがなたがたは、選ばれた世代は、ロイヤル聖職者は、神聖な国は、神の選民;供え来たりして、なたがたは、かれらの賛辞と呼ばれる彼の人のおうちに彼の見事な闇の中の光: rev.5 :そして8本の撮影時に彼は、 4つの動物たちと4人と20歳年上の人の前に倒れた子羊のは、彼らの誰もがharpsこと、およびゴールデンvialsいっぱいodours 、それは、聖人の祈りのです。 Rev.5:10 And hast made us unto our God kings and priests: and we shall reign on the earth. rev.5 : 10とhast私たちの神はわたしたちを、かれの王とプリースト:われは、地球上に君臨した。 Rev.1:6 And hath made us kings and priests unto God and his Father; to him be glory and dominion for ever and ever. rev.1 : 6プリーストとかれらはわたしたちを神と王と父親;やドミニオンの栄光のために彼がこれまでとなりました。 Amen.アーメン。 (f) 1 Pet.2:11 Dearly beloved, I beseech you as strangers and pilgrims, abstain from fleshly lusts, which war against the soul; Rom.6:12 Let not sin therefore reign in your mortal body, that ye should obey it in the lusts thereof. ( f )に1 pet.2 : 11最愛のは、見知らぬ人と巡礼者としての私嘆願あなたは、棄権肉欲の私欲には、戦いの魂; rom.6 : 12せ罪のない人間は、体の治世したがって、なたがたは、わたしに従いそれは、私欲のために。 Rom.6:13 Neither yield ye your members as instruments of unrighteousness unto sin: but yield yourselves unto God, as those that are alive from the dead, and your members as instruments of righteousness unto God. rom.6 : 13どちらにして会員としての楽器の収率なたがた不義かれ罪:しかし神自身収率は、これらのことから、死者は生きている、として会員を楽器として神の正義です。 Gal.5:16 This I say then, Walk in the Spirit, and ye shall not fulfil the lust of the flesh. gal.5 : 16この言っその後、歩くの精神で、なたがたは、肉欲を果たしていない。 Gal.5:17 For the flesh lusteth against the Spirit, and the Spirit against the flesh: and these are contrary the one to the other: so that ye cannot do the things that ye would. gal.5 : 17用の肉lusteth反対の精神は、肉体と精神に反対:これらは、逆に、他の1つ:だから、なたがたのことを行うことはできませんが、なたがたです。 Eph.6:11 Put on the whole armour of God, that ye may be able to stand against the wiles of the devil. eph.6 : 11には、全体を神の武具は、なたがたに立ち向かうことができるかもしれませんが、悪魔のワイルズ。 1 Tim.1:18 This charge I commit unto thee, son Timothy, according to the prophecies which went before on thee, that thou by them mightest war a good warfare; 1 Tim.1:19 Holding faith, and a good conscience; which some having put away concerning faith have made shipwreck: (g) 2 Tim.2:12 If we suffer, we shall also reign with him: if we deny him, he also will deny us: Matt.24:34 Verily I say unto you, This generation shall not pass, till all these things be fulfilled. 1 tim.1 : 18コミットなたこの電荷私は、息子のティモシーによると、これは前に予言して、なたは、かれらがなたmightest戦争で良い戦争; 1 tim.1 : 19持ち株信仰し、やましい;これに関するいくつかの信仰を捨てることが難破船: (目標) 2 tim.2 : 12もし我々に苦しむも、わたしたちは彼にも治世:彼を否定すれば、彼はまた、私たちは否定: matt.24 : 34本当に言っなたがたは、この世代のものではないパスは、これらすべてのことが果たされるまでです。


(week) 13. ( 1週間) 13 。 Lord's Day日曜日


Question 33. Why is Christ called the "only begotten Son" of God, since we are also the children of God? 質問33 。キリストと呼ばれる理由は、 "たったひとり子の息子"神のため、我々はまた、神の子供たちですか?

Answer: Because Christ alone is the eternal and natural Son of God; (a) but we are children adopted of God, by grace, for his sake. 答:キリストのためだけでは、神の永遠の息子と天然; (する)しかし、我々は神の養子縁組された子供は、恵みによって、彼のために。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) John 1:1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.ヨハネ1:1 (する)という単語は、初めには、その言葉とは、神と神の言葉だった。 John 1:2 The same was in the beginning with God.ジョンは、同じ1時02分には、神の始まりです。 John 1:3 All things were made by him; and without him was not any thing made that was made.ジョン1時03分すべてのものが作られるギフト;いかなるものではないと彼なしでは前に前にしています。 John 1:14 And the Word was made flesh, and dwelt among us, (and we beheld his glory, the glory as of the only begotten of the Father,) full of grace and truth.ジョンは前に1時14分の肉とその言葉は、私たちの中に住んでは、 (我々 beholdの過去過去分詞彼の栄光と、その栄光のひとり子としての父のみ)恵みと真理に満ちている。 John 1:18 No man hath seen God at any time; the only begotten Son, which is in the bosom of the Father, he hath declared him.かれらない男ジョン1時18分、神はいつでも見られる;生まれた息子だけで、これは、父親の懐は、かれ宣言していた。 Heb.1:1 God, who at sundry times and in divers manners spake in time past unto the fathers by the prophets, Heb.1:2 Hath in these last days spoken unto us by his Son, whom he hath appointed heir of all things, by whom also he made the worlds; John 3:16 For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life. heb.1 : 1神は、誰とではダイバーのマナー諸口倍の時間speakの過去形で過去の預言者を、かれの父親は、 heb.1 :これらの最後の2日間で話さかれらはわたしたちを、息子は、誰かれのすべての相続人に任命物事は、誰も彼のおかげで、世界で;ジョン3時16分、神に愛され、世界だから、生まれただけで、彼は彼の息子、それが誰でも彼を信じてはいけない滅び、来世でもある。 1 John 4:9 In this was manifested the love of God toward us, because that God sent his only begotten Son into the world, that we might live through him.ジョン4時09分に1本は、明らかに私たちに向かって、神の愛、神のために送信して、自分だけの世界に生まれた息子は、彼を通して生きることかもしれない。 Rom.8:32 He that spared not his own Son, but delivered him up for us all, how shall he not with him also freely give us all things? rom.8 : 32彼は、自分の息子を脇に置いていないが、彼を配信するために、我々みんなは、どのようにしていない彼にも彼は、私たちのすべての自由を与えるものですか? (b) Rom.8:15 For ye have not received the spirit of bondage again to fear; but ye have received the Spirit of adoption, whereby we cry, Abba, Father. ( b )にrom.8 : 15受信されていないために、なたがたの精神を再び恐怖ボンデージ;だがなたがたが養子縁組を受け取ったの精神で、我々の叫び声、アバ、父。 Rom.8:16 The Spirit itself beareth witness with our spirit, that we are the children of God: Rom.8:17 And if children, then heirs; heirs of God, and joint-heirs with Christ; if so be that we suffer with him, that we may be also glorified together. rom.8 : 16 bearethを目撃して私たちの精神そのものの精神は、私たちは、子供たちが、神: rom.8 : 17と子供たちの場合、次に相続人;神の相続人と共同相続人とキリスト;もしそうなられることを我々苦しむ彼には、見せかけのことでも一緒かもしれない。 John 1:12 But as many as received him, to them gave he power to become the sons of God, even to them that believe on his name: Gal.4:6 And because ye are sons, God hath sent forth the Spirit of his Son into your hearts, crying, Abba, Father.しかし、数が多いほど、 1時12分ジョン受け取った彼は、かれらに与えた彼の息子たちは、神の力になっても、それを信じるにして彼の名前: gal.4 : 6とは、人の息子のために、なたがたは、かれらの神の精神を遣わした息子をお客様の心には、泣いているのは、アバ、父。 Eph.1:5 Having predestinated us unto the adoption of children by Jesus Christ to himself, according to the good pleasure of his will, Eph.1:6 To the praise of the glory of his grace, wherein he hath made us accepted in the beloved. eph.1 : 5がかれpredestinated私たちの子供たちの養子縁組されたイエスキリストを自分自身によると、彼は良いの喜びは、 eph.1 : 6称賛して彼の栄光のグレースは、そこにかれはわたしたちを受け入れられるその最愛のです。


Question 34. Wherefore callest thou him "our Lord"? 34の質問です。 callestなたは何のために彼を"主"とは?

Answer: Because he hath redeemed us, both soul and body, from all our sins, not with silver or gold, but with his precious blood, and has delivered us from all the power of the devil; and thus has made us his own property. 答:かれ換金のため私たちは、魂と体の両方を、私たちの罪をすべてから、シルバーまたはゴールドしていないが、彼の貴重な血液をして、私たちから配達して、悪魔のすべての力;こうして私たちは、自分の財産。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) 1 Pet.1:18 Forasmuch as ye know that ye were not redeemed with corruptible things, as silver and gold, from your vain conversation received by tradition from your fathers; 1 Pet.1:19 But with the precious blood of Christ, as of a lamb without blemish and without spot: 1 Pet.2:9 But ye are a chosen generation, a royal priesthood, an holy nation, a peculiar people; that ye should shew forth the praises of him who hath called you out of darkness into his marvellous light: 1 Cor.6:20 For ye are bought with a price: therefore glorify God in your body, and in your spirit, which are God's. (する) 1 pet.1 : 18 〜であるからなたがたは、なたがたが知っているものはない堕落しやすい換金して、シルバーとゴールドとしては、無駄な会話をしてから受信されたお客様の祖先からの伝統; 1 pet.1 : 19しかし、貴重な血液のキリストは、子羊としての汚点とせずにスポットなし: 1 pet.2 : 9だがなたがたは、選ばれた世代は、ロイヤル聖職者は、神聖な国は、神の選民;供え来たりして、なたがたは、かれらの賛辞と呼ばれる彼の人の場合暗闇の中に彼の見事な光のうち: 1 cor.6 : 20なたがたのためには、買った価格:したがって、神があなたの体を美化し、お客様の精神で、これは、神様のです。 1 Cor.7:23 Ye are bought with a price; be not ye the servants of men. 1 cor.7 : 23なたがたは、価格を表示して買っています;なたがたの使用人の男ではない。 1 Tim.2:6 Who gave himself a ransom for all, to be testified in due time. 1 tim.2 : 6人の身代金を要求するためには自分自身のすべてを、証言される時が来れば。 John 20:28 And Thomas answered and said unto him, My Lord and my God. 20時28分ジョンと答えたとトーマス氏はかれに、わたしの主、私の神です。


(week) 14. ( 1週間) 14 。 Lord's Day日曜日

Q. 35.問い35 。 What is the meaning of these words "He was conceived by the Holy Ghost, born of the virgin Mary"? Answer: That God's eternal Son, who is, and continues (a) true and eternal God, (b) took upon him the very nature of man, of the flesh and blood of the virgin Mary, (c) by the operation of the Holy Ghost; (d) that he might also be the true seed of David, (e) like unto his brethren in all things, (f) sin excepted.何がこれらの言葉の意味を"と彼は考え聖霊によっては、聖母マリアが生まれる"とは? 答:神の永遠の息子のことは、誰が、と続く( )真の永遠の神とは、 ( b )には彼の時非常に人間の本質は、生身の人間が、聖母マリアする、 ( c )の操作は、聖霊によって、 ( d )にも彼の真の種子のかもしれないデビッドは、 ( E )のように、すべての物事かれの兄弟、 ( f )に罪は除く。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) Rom.1:4 And declared to be the Son of God with power, according to the spirit of holiness, by the resurrection from the dead: Rom.9:5 Whose are the fathers, and of whom as concerning the flesh Christ came, who is over all, God blessed for ever. (する) rom.1 : 4と宣言されて神の御子を電力によると、ホーリネスの精神は、死んでから復活さ: rom.9 : 5者は、父親の、そして人としての肉キリストがやって来て、すべての人が終わって、神の祝福ではない。 Amen.アーメン。 (b) 1 John 5:20 And we know that the Son of God is come, and hath given us an understanding, that we may know him that is true, and we are in him that is true, even in his Son Jesus Christ. ( b )に1ジョン5時20分、神の息子であることが分かっているが来て、私たちの理解を与えられたかれらは、私たちが彼を知っていることが事実であれば、彼と私たちは、それが本当なら、彼の息子でもイエスキリスト。 This is the true God, and eternal life.これは、真の神様と、永遠の命です。 John 1:1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.ヨハネ1:1初めには、その言葉は、その言葉とは、神と神の言葉だった。 John 17:3 And this is life eternal, that they might know thee the only true God, and Jesus Christ, whom thou hast sent.これは永遠の生命のジョンと17時03分、なたを知っているかもしれないことのみが、真の神様と、イエスキリストは、誰なた送信されます。 Rom.1:3 Concerning his Son Jesus Christ our Lord, which was made of the seed of David according to the flesh; Col.1:15 Who is the image of the invisible God, the firstborn of every creature: (c) Gal.4:4 But when the fulness of the time was come, God sent forth his Son, made of a woman, made under the law, Luke 1:31 And, behold, thou shalt conceive in thy womb, and bring forth a son, and shalt call his name JESUS. rom.1 : 3に関する私たちの主イエスキリストの息子、これは前には、種子のデービッドによると、肉; col.1 : 15人は、目に見えない神のイメージは、家族の絆のすべての生き物: ( C参照)ギャルfulnessとき.4:4しかし、時間が来るのは、神の遣わした息子は、前の女性には、法の下の前に、 1時31分ルークと、見よ、なたの子宮に思い付くなたは、息子をもたらすは、彼の名前を呼ぶとすれば、イエスです。 Luke 1:42 And she spake out with a loud voice, and said, Blessed art thou among women, and blessed is the fruit of thy womb. speakの過去1時42分ルークと彼女は大きな声を出す、とによると、女性の間で祝福なた、なたの果物とは、子宮に恵まれています。 Luke 1:43 And whence is this to me, that the mother of my Lord should come to me?ルークとwhence 1時43分には、この私に、母は、私の主は、来ていただけませんか? (d) John 1:14 And the Word was made flesh, and dwelt among us, (and we beheld his glory, the glory as of the only begotten of the Father,) full of grace and truth. 1時14分(民主党)のジョンとは前に肉という言葉は、私たちの中に住んでは、 (我々 beholdの過去過去分詞彼の栄光と、その栄光のひとり子としての父のみ)恵みと真理に満ちている。 Matt.1:18 Now the birth of Jesus Christ was on this wise: When as his mother Mary was espoused to Joseph, before they came together, she was found with child of the Holy Ghost. matt.1 : 18今は、イエスキリストの降誕かよう:メアリーは、母親として共有する際にヨセフは、彼らがやって来て一緒にする前に、彼女は、聖霊の子が見つかりました。 Matt.1:20 But while he thought on these things, behold, the angel of the Lord appeared unto him in a dream, saying, Joseph, thou son of David, fear not to take unto thee Mary thy wife: for that which is conceived in her is of the Holy Ghost. matt.1 : 20しかし、これらのことを考えながら彼は、見よ、主の御使かれに夢の中で登場した、と言って、ヨセフは、なたの息子であるデビッドは、恐れることはない、なたの妻メアリーなたを取る:これは、その彼女の考えでは、聖霊のです。 Luke 1:35 And the angel answered and said unto her, The Holy Ghost shall come upon thee, and the power of the Highest shall overshadow thee: therefore also that holy thing which shall be born of thee shall be called the Son of God. 1時35分、ルークと答えた天使と彼女によると、かれは、なたを襲う聖霊は、最も高いもので、電源の影なた:そのためにも神聖なものには、なたを持って生まれるのは、神の御子と呼ばれる。 (e) Ps.132:11 The LORD hath sworn in truth unto David; he will not turn from it; Of the fruit of thy body will I set upon thy throne. ( E )のps.132 : 11 、かれらの主、かれは真理宣誓デビッド;彼は、そこからの電源;なたの体は、フルーツセットになたの王座は私だ。 Rom.1:3 Concerning his Son Jesus Christ our Lord, which was made of the seed of David according to the flesh; 2 Sam.7:12 And when thy days be fulfilled, and thou shalt sleep with thy fathers, I will set up thy seed after thee, which shall proceed out of thy bowels, and I will establish his kingdom. rom.1 : 3に関する私たちの主イエスキリストの息子、これは前には、種子のデービッドによると、肉; 2 sam.7 : 12日間となたが果たされるときに、なたの祖先となたは睡眠して、私はセットなたなたの種子アップした後、これは、なたの腸続行する、と私は、彼の王国を確立します。 Luke 1:32 He shall be great, and shall be called the Son of the Highest: and the Lord God shall give unto him the throne of his father David: Acts 2:30 Therefore being a prophet, and knowing that God had sworn with an oath to him, that of the fruit of his loins, according to the flesh, he would raise up Christ to sit on his throne; (f) Philip.2:7 But made himself of no reputation, and took upon him the form of a servant, and was made in the likeness of men: Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; Heb.2:17 Wherefore in all things it behoved him to be made like unto his brethren, that he might be a merciful and faithful high priest in things pertaining to God, to make reconciliation for the sins of the people.ルーク1時32分には、彼は偉大な、と呼ばれるもので最も高いの息子:神、主とかれに王位を与えるのは、父親のデビッド: 2:30したがって行為が、預言者は、神と知っていたと宣誓して宣誓をする彼は、彼のことは、 loins果物、肉によると、彼は、キリストを提起する彼の玉座に座る; ( f )にphilip.2 : 7しかし前評判を自分自身ではない、と彼は時のフォーム使用人のは、似ているとは前には、男性: heb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼は自分自身にも同様に参加したのと同じ;ことを通して彼の死を破壊していたかもしれない彼の死の力、つまり、悪魔; heb.2 : 17何のために、すべてのことを彼にそれbehovedかれの兄弟のように前には、慈悲深いかもしれないが、彼は忠実な大祭司、神に係るもので、和解を作るためにその罪は、人々です。 (g) Heb.4:15 For we have not an high priest which cannot be touched with the feeling of our infirmities; but was in all points tempted like as we are, yet without sin. (目標) heb.4 : 15大祭司のために行っていないことはできませんが、私たちの弱さに触れて、感じて;だったが、誘惑のように、すべてのポイントとして我々は、まだ罪なし。


Question 36. What profit dost thou receive by Christ's holy conception and nativity? 質問36 。ドーストなたはどのような利益を受けるとされたキリストの神聖受胎生まれのですか?

Answer: That he is our Mediator; (a) and with His innocence and perfect holiness, covers in the sight of God, my sins, wherein I was conceived and brought forth. 答:我々は彼がメディエーター;の( a )および彼の完璧な神聖無罪とは、神のカバーでその光景を見て、私の罪は、そこに引き出されると私は考えています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Heb.7:26 For such an high priest became us, who is holy, harmless, undefiled, separate from sinners, and made higher than the heavens; Heb.7:27 Who needeth not daily, as those high priests, to offer up sacrifice, first for his own sins, and then for the people's: for this he did once, when he offered up himself. (する) heb.7 : 26ために私たちがこのような大祭司、聖なる者は、無害、 undefiled 、罪人は別に、前よりも高いとは、天; heb.7 : 27人needethない毎日、それらの高いプリーストとしては、を提供して犠牲には、まず自分の罪のため、そして人々のために:このため、彼はそれを一度で、それは彼自身を提供する。 Heb.2:17 Wherefore in all things it behoved him to be made like unto his brethren, that he might be a merciful and faithful high priest in things pertaining to God, to make reconciliation for the sins of the people. heb.2 : 17何のために、すべてのことを彼にそれbehovedかれの兄弟のように前には、慈悲深いかもしれないが、彼は大祭司忠実に係るもので、神は、罪を作るために、国民の和解だ。 (b) 1 Pet.1:18 Forasmuch as ye know that ye were not redeemed with corruptible things, as silver and gold, from your vain conversation received by tradition from your fathers; 1 Pet.1:19 But with the precious blood of Christ, as of a lamb without blemish and without spot: 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: 1 Cor.1:30 But of him are ye in Christ Jesus, who of God is made unto us wisdom, and righteousness, and sanctification, and redemption: 1 Cor.1:31 That, according as it is written, He that glorieth, let him glory in the Lord. ( b )に1 pet.1 : 18 〜であるからなたがたは、なたがたが知っているものはない堕落しやすい換金して、シルバーとゴールドとしては、無駄な会話をしてから受信されたお客様の祖先からの伝統; 1 pet.1 : 19しかし、貴重な血液のキリストは、子羊としての汚点とせずにスポットなし: 1 pet.3 : 18キリストのために苦しんで一度もかれらを罪のために、念のために不当な、と彼は私たちに神をもたらすかもしれない、というの死肉を置くが、 quickenedされる精神: 1 cor.1 : 30しかし、彼は、なたがたが、イエスキリストは、わたしたちが神の人の知恵と正義、および神聖化、および償還: 1 cor.1 : 31が、それによるとしては、書いて、彼はそのglorieth 、栄光の主を許してくれた。 Rom.8:3 For what the law could not do, in that it was weak through the flesh, God sending his own Son in the likeness of sinful flesh, and for sin, condemned sin in the flesh: Rom.8:4 That the righteousness of the law might be fulfilled in us, who walk not after the flesh, but after the Spirit. rom.8 : 3ためにどのような法律ができなかったことは、それが弱い肉体を通して、神を送って、自分の息子が罪深い肉と偽って、罪とは、死刑囚の罪肉: rom.8 : 4して同法の正義が果たされるかもしれませんが私たちは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。 Isa.53:11 He shall see of the travail of his soul, and shall be satisfied: by his knowledge shall my righteous servant justify many; for he shall bear their iniquities. isa.53 : 11彼は、彼の魂を参照して、苦労し、満足には:によって彼は、私の正しい知識を正当化する多くの使用人;ために彼は、自分のクマiniquities 。 Ps.32:1 <<A Psalm of David, Maschil.>> Blessed is he whose transgression is forgiven, whose sin is covered. ps.32 : 1 < david,の<a詩編のmaschil.> >祝福は、彼がその罪を許された、その罪は距離です。


(week) 15. ( 1週間) 15 。 Lord's Day日曜日


Question 37. What dost thou understand by the words, "He suffered"? 質問37 。ドーストなたはどのような言葉を理解される、 "彼は被害"とは?

Answer: That he, all the time that he lived on earth, but especially at the end of his life, sustained in body and soul, the wrath of God against the sins of all mankind: (a) that so by his passion, as the only propitiatory sacrifice, (b) he might redeem our body and soul from everlasting damnation, (c) and obtain for us the favour of God, righteousness and eternal life. 答:彼は、すべての地球上で生きているということが彼だが、特に彼の人生の終わりには、体と心を持続的には、罪に対する神の怒りの全人類: (する)ことによって彼の情熱ので、機嫌取りの犠牲だけで、 ( b )に彼は私たちの体と心を身請けするかもしれないから永遠の苦しみする、 ( c )と神の恩恵を得るために、私たちは、正義と永遠の命です。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Isa.53:4 Surely he hath borne our griefs, and carried our sorrows: yet we did esteem him stricken, smitten of God, and afflicted. (する) isa.53 : 4確かに私たちの負担分かちかれは、私たちの悲しみと運ば:まだ我々は彼を尊敬手負いのは、神の殴られた、と悩む。 1 Pet.2:24 Who his own self bare our sins in his own body on the tree, that we, being dead to sins, should live unto righteousness: by whose stripes ye were healed. 1 pet.2 : 24人の罪を私たち自身の自己裸の木には、自分自身の体を、私たちは、死者を罪には、必要に住んでる正義:なたがたが治癒された者のストライプです。 1 Pet.3:18 For Christ also hath once suffered for sins, the just for the unjust, that he might bring us to God, being put to death in the flesh, but quickened by the Spirit: 1 Tim.2:6 Who gave himself a ransom for all, to be testified in due time. 1 pet.3 : 18キリストのために苦しんで一度もかれらを罪のために、念のために不当な、と彼は私たちに神をもたらすかもしれない、というの死肉を入れるが、その精神をquickened : 1 tim.2 : 6人すべて自分自身の身代金を与えた、と証言される時が来れば。 (b) Isa.53:10 Yet it pleased the LORD to bruise him; he hath put him to grief: when thou shalt make his soul an offering for sin, he shall see his seed, he shall prolong his days, and the pleasure of the LORD shall prosper in his hand. ( b )にisa.53 : 10主に満足していないことを彼にあざ;かれ彼に悲しみを置く:なたは作るときに自分の魂のために罪を提供し、彼は、彼の種子を参照して、彼は、彼の時代を長引かせる、との快楽栄えるのは、主を手にした。 Isa.53:12 Therefore will I divide him a portion with the great, and he shall divide the spoil with the strong; because he hath poured out his soul unto death: and he was numbered with the transgressors; and he bare the sin of many, and made intercession for the transgressors. isa.53 : 12従って、彼は私の部分に分割して、偉大な、と彼は台無しに分割して、強い;かれ注ぎ出すために彼の魂の死に至る:番号を越えたと彼は、彼のむき出しの罪多くの、そして前に仲裁を越えた。 Eph.5:2 And walk in love, as Christ also hath loved us, and hath given himself for us an offering and a sacrifice to God for a sweetsmelling savour. eph.5 : 2愛の中を歩くと、かれらにも愛され、キリストとして私たちは、かれらを与えられたと自分自身のために私たちが神のために犠牲を提供するとの風味sweetsmelling 。 1 Cor.5:7 Purge out therefore the old leaven, that ye may be a new lump, as ye are unleavened. 1 cor.5 : 7パージアウトしたがって、古いパン種は、恐らくなたがたは、新しいしこりが、なたがたはイースト菌を入れないようです。 For even Christ our passover is sacrificed for us: 1 John 2:2 And he is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for the sins of the whole world.キリストのためにも私たちのために犠牲に私たちはペサハ: 1ジョン2時02分、彼は、私たちの罪をなだめるために:私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のです。 1 John 4:10 Herein is love, not that we loved God, but that he loved us, and sent his Son to be the propitiation for our sins. 1ヨハネ4:10愛ここには、神に愛されていないことが、それを愛している私たちは、彼の息子と送信されるために、私たちの罪をなだめています。 Rom.3:25 Whom God hath set forth to be a propitiation through faith in his blood, to declare his righteousness for the remission of sins that are past, through the forbearance of God; Heb.9:28 So Christ was once offered to bear the sins of many; and unto them that look for him shall he appear the second time without sin unto salvation. rom.3 : 25神に規定されるかれらの信仰を介して、自分の血をなだめ、彼の正義のために宣言することは、過去の罪の赦し、神の忍耐を通して; heb.9 : 28だから、キリストは、かつて提供してクマは、多くの罪;とは、かれらにして彼を探し、彼は2回目に表示されることなく、かれ救世罪です。 Heb.10:14 For by one offering he hath perfected for ever them that are sanctified. heb.10 : 14かれを提供するための1つの完成された彼らは永遠には、神聖化しています。 (c) Gal.3:13 Christ hath redeemed us from the curse of the law, being made a curse for us: for it is written, Cursed is every one that hangeth on a tree: Col.1:13 Who hath delivered us from the power of darkness, and hath translated us into the kingdom of his dear Son: Heb.9:12 Neither by the blood of goats and calves, but by his own blood he entered in once into the holy place, having obtained eternal redemption for us. ( C参照) gal.3 : 13キリストかれらを換金呪いは、法の趣旨から、私たちは、私たちのために作った呪い:ために書かれたことは、呪わごとに1つのことは、木の上でhangeth : col.1 :配達かれら13人の我々暗闇の中からのパワー、そして私たちをかれらの王国の翻訳彼のかわいい息子: heb.9 : 12どちらとヤギの血をふくらはぎ、しかし彼は、自分の血を一度に入力するの聖地、永遠の償還得て私たちのためです。 1 Pet.1:18 Forasmuch as ye know that ye were not redeemed with corruptible things, as silver and gold, from your vain conversation received by tradition from your fathers; 1 Pet.1:19 But with the precious blood of Christ, as of a lamb without blemish and without spot: (d) Rom.3:25 Whom God hath set forth to be a propitiation through faith in his blood, to declare his righteousness for the remission of sins that are past, through the forbearance of God; 2 Cor.5:21 For he hath made him to be sin for us, who knew no sin; that we might be made the righteousness of God in him. 1 pet.1 : 18 〜であるからなたがたは、なたがたが知っているものはない堕落しやすい換金して、シルバーとゴールドとしては、無駄な会話をしてから受信されたお客様の祖先からの伝統; 1 pet.1 : 19しかし、キリストの貴重な血液は、子羊の汚点とせずにスポットなし: (民主党) rom.3 : 25神に規定されるかれらの信仰を介して、自分の血をなだめ、彼の正義のために宣言することは、過去の罪の赦し、神の忍耐を通して; 2 cor.5 : 21かれは彼のために罪のために私たちは、罪のない人を知っていた;かもしれないが我々の前に神の正義を示しています。 John 3:16 For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life.ジョン3時16分、神に愛され、世界だから、生まれただけで、彼は彼の息子、それが誰でも彼を信じてはいけない滅び、来世でもある。 John 6:51 I am the living bread which came down from heaven: if any man eat of this bread, he shall live for ever: and the bread that I will give is my flesh, which I will give for the life of the world.ジョン6時51分に来た私は、リビングパン天からダウン:もしあれば、この男のパンを食べて、彼は永遠に生きるもの:パンとして、私は自分の肉体を与えるが、これは私の人生を与えるために、世界の。 Heb.9:15 And for this cause he is the mediator of the new testament, that by means of death, for the redemption of the transgressions that were under the first testament, they which are called might receive the promise of eternal inheritance. heb.9 : 15との仲介役を彼は、この原因は、新約聖書は、死のことを意味する、そのために償還されたの下での最初の遺言transgressions 、かれらは永遠の約束を受けるかもしれないと呼ばれる相続です。 Heb.10:19 Having therefore, brethren, boldness to enter into the holiest by the blood of Jesus, heb.10 : 19ことしたがって、兄弟は、大胆に入ることの神聖されたイエスキリストの血は、


Question 38. Why did he suffer "under Pontius Pilate, as judge"? 質問38 。なぜ彼に苦しむ" pontius pilateの下で、裁判官として"とは?

Answer: That he, being innocent, and yet condemned by a temporal judge, (a) might thereby free us from the severe judgement of God to which we were exposed. 答:彼は、罪のないが、それにもかかわらず、時間的に非難される裁判官は、 (ある)かもしれないから、我々が自由を私たちが神の厳しい審判にさらされた。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) John 18:38 Pilate saith unto him, What is truth? 18時38分(する)ジョンpilate言うかれには、真実は何ですか? And when he had said this, he went out again unto the Jews, and saith unto them, I find in him no fault at all.そして彼の言ったことは、この時、彼は、ユダヤ人に出掛けた再びかれは、かれらに言うと、私は彼を見つけていないすべての断層。 Matt.27:24 When Pilate saw that he could prevail nothing, but that rather a tumult was made, he took water, and washed his hands before the multitude, saying, I am innocent of the blood of this just person: see ye to it. matt.27 : 24時pilate広がる可能性を見た彼は何もないことが、それは前に騒動というが、彼は水には、群衆の前で両手を洗って、と言って、私は無実の人の血はこれだけ:なたがたを参照してくださいそれです。 Acts 4:27 For of a truth against thy holy child Jesus, whom thou hast anointed, both Herod, and Pontius Pilate, with the Gentiles, and the people of Israel, were gathered together, Acts 4:28 For to do whatsoever thy hand and thy counsel determined before to be done. 4:27行為に反対するためには、真実をなたの聖なる児童イエスは、誰聖なるなたは、両方ヘロデ、およびpontius pilate 、 gentilesしており、イスラエルの人々は、集まったが、 4時28分の行為を行うためのものなたの手決定する前に、なたの助言となるでしょう。 Luke 23:14 Said unto them, Ye have brought this man unto me, as one that perverteth the people: and, behold, I, having examined him before you, have found no fault in this man touching those things whereof ye accuse him: Luke 23:15 No, nor yet Herod: for I sent you to him; and, lo, nothing worthy of death is done unto him.ルーク23時14分かれらによると、この男は、なたがたが現出したわたしは、 pervertethの1つとして、人々 :そして、見よ、私は、彼のことを検討する前に、この男は見つかっていない断層で、そういうことに触れて、なたがたを非難whereofギフト:ルカ23:15いいえ、まだヘロデまた:私は彼に届いて;と、見よ、かれは何もない彼の死に値する。 John 19:4 Pilate therefore went forth again, and saith unto them, Behold, I bring him forth to you, that ye may know that I find no fault in him. 19時04分に行った来たり再びジョンpilateしたがって、かれらと言うと、見よ、私持って来たりする場合は、なたがたが知っている彼が私はなんら落ち度は見当たらない。 (b) Ps.69:4 They that hate me without a cause are more than the hairs of mine head: they that would destroy me, being mine enemies wrongfully, are mighty: then I restored that which I took not away. ( b )にps.69 : 4彼らが嫌いな原因なしには私よりも頭の毛の鉱山:彼らを破壊することは私には、鉱山の敵が不当には、強大には:じゃあ私は回復していないが去った。 Isa.53:4 Surely he hath borne our griefs, and carried our sorrows: yet we did esteem him stricken, smitten of God, and afflicted. isa.53 : 4確かに私たちの負担分かちかれは、私たちの悲しみと運ば:まだ我々は彼を尊敬手負いのは、神の殴られた、と悩む。 Isa.53:5 But he was wounded for our transgressions, he was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon him; and with his stripes we are healed. isa.53 : 5しかし、彼は私たちの負傷のためtransgressions 、彼は私たちのために傷ついたiniquities :私たちの平和へのせっかん時は彼と彼のストライプ我々は治癒している。 2 Cor.5:21 For he hath made him to be sin for us, who knew no sin; that we might be made the righteousness of God in him. 2 cor.5 : 21かれは彼のために罪のために私たちは、罪のない人を知っていた;かもしれないが我々の前に神の正義を示しています。 Gal.3:13 Christ hath redeemed us from the curse of the law, being made a curse for us: for it is written, Cursed is every one that hangeth on a tree: gal.3 : 13キリストかれらを換金呪いは、法の趣旨から、私たちは、私たちのために作った呪い:ために書かれたことは、呪わhangeth上では、ツリーごとに1つのこと:


Question 39. Is there anything more in his being "crucified", than if he had died some other death? 質問39 。こちらでは、何かが彼の"十字架"は、彼が死亡した場合に比べていくつかの他の死ですか?

Answer: Yes there is; for thereby I am assured, that he took on him the curse which lay upon me; (a) for the death of the cross was accursed of God. 答:はいには、安心のために私は、彼の呪いをして、彼は僕がレイ; (する)ためには、呪われた十字架の死の神です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Gal.3:13 Christ hath redeemed us from the curse of the law, being made a curse for us: for it is written, Cursed is every one that hangeth on a tree: (b) Deut.21:23 His body shall not remain all night upon the tree, but thou shalt in any wise bury him that day; (for he that is hanged is accursed of God;) that thy land be not defiled, which the LORD thy God giveth thee for an inheritance. (する) gal.3 : 13キリストかれらを換金呪いは、法の趣旨から、私たちは、私たちのために作った呪い:ために書かれたことは、呪わごとに1つのことは、木の上でhangeth : ( b )にdeut.21 : 23彼の体のものではないまま一晩中の木の上ではなく、いかなるなたは彼にその日の賢明な埋葬; (そのために彼は神の絞首刑は、呪わ; )して、なたの土地ではないdefiled 、なたの神、主がなたに与えられるため、相続。


(week) 16. ( 1週間) 16 。 Lord's Day日曜日


Question 40. Why was it necessary for Christ to humble himself even "unto death"? 質問40 。キリストのために必要なのはなぜそれを自分自身にも謙虚な"死に至る"とは?

Answer: Because with respect to the justice and truth of God, (a) satisfaction for our sins could be made no otherwise, than by the death of the Son of God. 答:尊敬しているために、正義と真理の神は、私たちの罪のため(に)満足感はなかったかもしれないそうでなければ、以上の死によって神の御子です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Gen.2:17 But of the tree of the knowledge of good and evil, thou shalt not eat of it: for in the day that thou eatest thereof thou shalt surely die. (する) gen.2 : 17だが、その木は、善と悪の知識は、なたは、それを食べない:あなたのために、その日のことeatestなたは必ず死ぬものです。 (b) Rom.8:3 For what the law could not do, in that it was weak through the flesh, God sending his own Son in the likeness of sinful flesh, and for sin, condemned sin in the flesh: Rom.8:4 That the righteousness of the law might be fulfilled in us, who walk not after the flesh, but after the Spirit. ( b )にrom.8 : 3ためにどのような法律ができなかったことは、それが弱い肉体を通して、神を送って、自分の息子が罪深い肉と偽って、罪とは、死刑囚の罪肉: rom.8 : 4は、同法の正義が果たされるかもしれませんが私たちは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。 Heb.2:9 But we see Jesus, who was made a little lower than the angels for the suffering of death, crowned with glory and honour; that he by the grace of God should taste death for every man. heb.2 : 9イエスキリストを参照してくださいしかし、我々は、少しは前に誰よりも低く、天使たちには、死の苦しみは、名誉と栄光に包まれ、神の恵みによって彼の死は、すべての男の味です。 Heb.2:14 Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; Heb.2:15 And deliver them who through fear of death were all their lifetime subject to bondage. heb.2 : 14 forasmuch当時としては、子供たちの血肉partakers 、彼は自分自身にも同様に参加したのと同じ;ことを通して彼の死を破壊していたかもしれない彼の死の力、つまり、悪魔; heb.2 : 15人を通して、死の恐怖を配達していた彼らの生涯の対象となるすべてのボンデージ。


Question 41. Why was he also "buried"? 質問41 。理由は、彼はまた、 "埋没"とは?

Answer: Thereby to prove that he was really dead. 答:彼は本当にそれを証明して死んでいた。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Matt.27:59 And when Joseph had taken the body, he wrapped it in a clean linen cloth, Matt.27:60 And laid it in his own new tomb, which he had hewn out in the rock: and he rolled a great stone to the door of the sepulchre, and departed. (する) matt.27 : 59 、撮影時には体のジョセフ、彼は、きれいな亜麻布にくるまれた、 matt.27 : 60とレイアウトすることは、自分自身の新しい墓には、彼は、岩杣アウト:そして彼は圧延に大きな石をsepulchreのドアが、出発した。 Luke 23:52 This man went unto Pilate, and begged the body of Jesus.この男は23時52分ルークpilateかれは、イエスキリストのボディとは許しを請う。 Luke 23:53 And he took it down, and wrapped it in linen, and laid it in a sepulchre that was hewn in stone, wherein never man before was laid.ルーク23 : 53としていた彼は、亜麻布で包んだことで、レイアウトすることが可能としていた杣sepulchre石は、そこには決して男の前には、レイアウトです。 John 19:38 And after this Joseph of Arimathaea, being a disciple of Jesus, but secretly for fear of the Jews, besought Pilate that he might take away the body of Jesus: and Pilate gave him leave.そして、この後の19時38分ジョンarimathaeaヨセフは、イエスキリストの弟子が、しかし、ひそかにユダヤ人を恐れて、 beseechの過去過去分詞pilate体を奪うかもしれないというイエス: pilateは彼のままとします。 He came therefore, and took the body of Jesus.したがって彼は、イエスキリストの遺体を奪った。 John 19:39 And there came also Nicodemus, which at the first came to Jesus by night, and brought a mixture of myrrh and aloes, about an hundred pound weight. 19時39分ジョンとそこにも来たニコデモは、イエスキリストは、最初の夜に来た、との混合物をもたらしたaloes没薬とは、体重約一100ポンド。 John 19:40 Then took they the body of Jesus, and wound it in linen clothes with the spices, as the manner of the Jews is to bury.その後19時40分ジョンイエスは彼らの遺体は、亜麻布の服と傷口にして味付けすることは、このような方法では、ユダヤ人を埋葬した。 John 19:41 Now in the place where he was crucified there was a garden; and in the garden a new sepulchre, wherein was never man yet laid.ヨハネ19時41分現在、十字架につけられていた場所があった庭;や庭には、新たなsepulchre 、まだそこには決して男レイアウトです。 John 19:42 There laid they Jesus therefore because of the Jews' preparation day; for the sepulchre was nigh at hand. 19時42分にジョンレイアウトイエスしたがって彼らは、ユダヤ人のために'製剤日; sepulchreためには、手の届く所近付いている。 Acts 13:29 And when they had fulfilled all that was written of him, they took him down from the tree, and laid him in a sepulchre. 13時29分行為としていたときに書かれたすべての果たされていた彼は、彼の下から彼らは、ツリーは、彼には、レイアウトやsepulchre 。


Question 42. Since then Christ died for us, why must we also die? 質問42 。以来、キリストが死んで下さった、なぜ私たちにも死ぬ必要がありますか?

Answer: Our death is not a satisfaction for our sins, (a) but only an abolishing of sin, and a passage into eternal life. 答:私たちの死ではない私たちの罪を満足させるために、 (ある)だけが罪を廃止すると、永遠の命を通過した。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Mark 8:37 Or what shall a man give in exchange for his soul? 8時37分(する)マークは、一人の男は何かと引き換えに彼の魂を与えるか? Ps.49:7 None of them can by any means redeem his brother, nor give to God a ransom for him: (b) John 5:24 Verily, verily, I say unto you, He that heareth my word, and believeth on him that sent me, hath everlasting life, and shall not come into condemnation; but is passed from death unto life. ps.49 : 7なしできるプロモーションコードを石にかじりついても、弟は、神の身代金を与えるためにも彼: 5時24分( b )にジョン本当に、本当に、なたがたに言って、彼は私の言葉は全聴にして、して信仰して彼に送ってきたことは、かれらも来世では、生まれてくるものではないとの非難;しかし、かれは、死から渡された生活です。 Philip.1:23 For I am in a strait betwixt two, having a desire to depart, and to be with Christ; which is far better: Rom.7:24 O wretched man that I am! philip.1 : 23の間には2つの海峡は、私は、出発する意欲を持つ、とされるが、キリスト;がずっといい: rom.7 : 24 o惨めな男だわ、私は! who shall deliver me from the body of this death?配達人は、私の体は、この死からですか?


Question 43. What further benefit do we receive from the sacrifice and death of Christ on the cross? 質問43 。我々は何を受け取ることから、さらなる利益を犠牲に十字架上のキリストの死とは?

Answer: That by virtue thereof, our old man is crucified, dead and buried with him; (a) that so the corrupt inclinations of the flesh may no more reign in us; (b) but that we may offer ourselves unto him a sacrifice of thanksgiving. 答:ことを美徳に関連して、我々の老人は、十字架につけられ、埋没して死亡しており、彼は、腐敗した(する)ことだから性向の治世もうないかもしれませんが、私たちの肉、 ( b )にそれを提供することがありますかれに自分自身を犠牲に感謝します。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Rom.6:6 Knowing this, that our old man is crucified with him, that the body of sin might be destroyed, that henceforth we should not serve sin. (する) rom.6 : 6知っこれは、我々の老人が彼には、十字架につけられ、その罪の体内で破壊されるかもしれない、奉仕してあげた罪すべきではない。 (b) Rom.6:6 Knowing this, that our old man is crucified with him, that the body of sin might be destroyed, that henceforth we should not serve sin. ( b )にrom.6 : 6知っこれは、我々の老人が彼には、十字架につけられ、その罪の体内で破壊されるかもしれない、奉仕してあげた罪すべきではない。 Rom.6:7 For he that is dead is freed from sin. rom.6 : 7ためには、彼が死んでは罪から解放されます。 Rom.6:8 Now if we be dead with Christ, we believe that we shall also live with him: Rom.6:11 Likewise reckon ye also yourselves to be dead indeed unto sin, but alive unto God through Jesus Christ our Lord. rom.6 : 8今我々が死んでいる場合、キリストは、と私たちは信じて生きるわたしたちはまた彼: rom.6 : 11同様に数える本当になたがたもかれ自身を罪に死んだが、生きているわたしたちの主イエスキリストを通して神です。 Rom.6:12 Let not sin therefore reign in your mortal body, that ye should obey it in the lusts thereof. rom.6 : 12せ罪のない人間は、体の治世したがって、なたがたばならないことは、私欲に従うものです。 Col.2:12 Buried with him in baptism, wherein also ye are risen with him through the faith of the operation of God, who hath raised him from the dead. col.2 : 12埋没して、彼は洗礼は、そこには、上昇しても、なたがたの信仰は、彼を通して神の操作は、誰かれらの育て方から、死んでしまいました。 (c) Rom.12:1 I beseech you therefore, brethren, by the mercies of God, that ye present your bodies a living sacrifice, holy, acceptable unto God, which is your reasonable service. ( C参照) rom.12 : 1私嘆願あなたしたがって、兄弟は、神のなすでは、遺体は、なたがたの現在の生活を犠牲にして、聖なる、神受け入れ、これは合理的なサービスをしています。


Question 44. Why is there added, "he descended into hell"? 質問44 。理由は、そこに追加さは、 "彼の子孫に地獄"とは?

Answer: That in my greatest temptations, I may be assured, and wholly comfort myself in this, that my Lord Jesus Christ, by his inexpressible anguish, pains, terrors, and hellish agonies, in which he was plunged during all his sufferings, (a) but especially on the cross, has delivered me from the anguish and torments of hell. 答:私の最大の誘惑して、私安心かもしれない、と完全に自分自身で、この快適さは、わたしの主イエスキリストが、彼の言葉で表せない苦悩、痛み、恐怖、地獄の苦しみとは、大幅に下落した中で彼はすべての彼の苦しみは、 (ある)だが、特に十字架上で、私からは、配達の苦悩と地獄のtorments 。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Ps.18:5 The sorrows of hell compassed me about: the snares of death prevented me. (する) ps.18 : 5地獄のcompassed私の悲しみについて:死阻止の仕掛けたわよ。 Ps.18:6 In my distress I called upon the LORD, and cried unto my God: he heard my voice out of his temple, and my cry came before him, even into his ears. ps.18 : 6時、私の主と呼ばれる遭難私は、私の神と、かれは叫んだ:彼は私の声を聞いて彼の寺のうち、彼の前に来て泣くと私でも、彼の耳にします。 Ps.116:3 The sorrows of death compassed me, and the pains of hell gat hold upon me: I found trouble and sorrow. ps.116 : 3 compassed私の死の悲しみを、地獄の痛みや銃で武装ホールドわたし:トラブルや悲しみを見つけた。 Matt.26:38 Then saith he unto them, My soul is exceeding sorrowful, even unto death: tarry ye here, and watch with me. matt.26 : 38それからかれらは言う彼は、私の魂は悲嘆に暮れている超過でも、死に至る:タール状なたがたはここでは、と見てよ。 Heb.5:7 Who in the days of his flesh, when he had offered up prayers and supplications with strong crying and tears unto him that was able to save him from death, and was heard in that he feared; Isa.53:10 Yet it pleased the LORD to bruise him; he hath put him to grief: when thou shalt make his soul an offering for sin, he shall see his seed, he shall prolong his days, and the pleasure of the LORD shall prosper in his hand. heb.5 : 7日間の人は、彼の肉は、提供するときに彼は泣いているとの強い祈りと涙を流してsupplicationsかれにしてから彼の死を救うことができた、と彼は心配していたのを聞いた; isa.53 : 10主に満足していないことを彼にあざ;かれ彼に悲しみを置く:なたは作るときに自分の魂のために罪を提供し、彼は、彼の種子を参照して、彼は、彼の時代を長引かせる、とは、主の喜びを手に栄える。 Matt.27:46 And about the ninth hour Jesus cried with a loud voice, saying, Eli, Eli, lama sabachthani? matt.27 : 46と約1時間の9番目に大きい声で叫んだイエス、と言って、エリ、エリ、ラマsabachthani ? that is to say, My God, my God, why hast thou forsaken me?これは、つまり、私の神、私の神は、私に見捨てられたなたは、なぜですか? (b) Isa.53:5 But he was wounded for our transgressions, he was bruised for our iniquities: the chastisement of our peace was upon him; and with his stripes we are healed. ( b )にisa.53 : 5しかし、彼は私たちの負傷のためtransgressions 、彼は私たちのために傷ついたiniquities :私たちの平和へのせっかん時は彼と彼のストライプ我々は治癒している。


(week) 17. ( 1週間) 17 。 Lord's Day日曜日


Question 45. What does the "resurrection" of Christ profit us? 質問45 。どのような"復活"私たちキリストの利益ですか?

Answer: First, by his resurrection he has overcome death, that he might make us partakers of that righteousness which he had purchased for us by his death; (a) secondly, we are also by his power raised up to a new life; (b) and lastly, the resurrection of Christ is a sure pledge of our blessed resurrection. 答:まず、彼の復活を彼には死を克服する、というのが正しいかもしれないpartakers君は私たちの購入のために彼は私たちが彼の死によって、 (ある)第二に、私たちは自分の力でも、新しい人生に甦る; ( b )及び最後に、キリストの復活は、確かに私たちの祝福の復活を誓う。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.15:16 For if the dead rise not, then is not Christ raised: Rom.4:25 Who was delivered for our offences, and was raised again for our justification. (する) 1 cor.15 : 16上昇しないために死んでいる場合は、次にキリストの提起ではない: rom.4 : 25人のための我々の犯罪は配達されていた我々の正当性を再度引き上げた。 1 Pet.1:3 Blessed be the God and Father of our Lord Jesus Christ, which according to his abundant mercy hath begotten us again unto a lively hope by the resurrection of Jesus Christ from the dead, (b) Rom.6:4 Therefore we are buried with him by baptism into death: that like as Christ was raised up from the dead by the glory of the Father, even so we also should walk in newness of life. 1 pet.1 : 3神に祝福されると、私たちの主イエスキリストの父は、彼の豊富な慈悲をかれらによると、かれが再び活発に生まれた私たちはイエスキリストの復活を期待さ死んでからは、 ( b )にrom.6 : 4従って我々は彼に埋設された洗礼を没年:キリストだったとして甦ることのように死んでからは、父の栄光は、たとえそうであっても我々の生活の中を歩くの新しされます。 Col.3:1 If ye then be risen with Christ, seek those things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God. col.3 : 1しなたがたそれからキリストに上昇して、それらを求めるものは、上記のは、どこsittethキリストは、神の右手。 Col.3:3 For ye are dead, and your life is hid with Christ in God. col.3 : 3をなたがたは死んでは、あなたの人生とは、神の存在を隠してキリストです。 Eph.2:5 Even when we were dead in sins, hath quickened us together with Christ, (by grace ye are saved;) Eph.2:6 And hath raised us up together, and made us sit together in heavenly places in Christ Jesus: (c) 1 Cor.15:12 Now if Christ be preached that he rose from the dead, how say some among you that there is no resurrection of the dead? eph.2 : 5時私たちは死んでも罪は、私たちと一緒に、キリストquickenedかれらは、 (なたがたは保存されたグレース; ) eph.2 : 6 、かれらを引き上げて一緒に私たちは、私たちと肩寄せ合って座る前に天国の場所で、キリストイエス: ( C参照) 1 cor.15 : 12今すぐ説教している場合、キリストが死んでから、彼のバラは、いくつかの間でどのように言うことがない場合、死者の復活か? 1 Cor.15:20 But now is Christ risen from the dead, and become the firstfruits of them that slept. 1 cor.15 : 20ですが今は、キリストが死んでから上昇し、かれらの初穂となることが眠っている。 1 Cor.15:21 For since by man came death, by man came also the resurrection of the dead. 1 cor.15 : 21ために来て以来の男の死によって、復活された男は、死んでも来ています。 Rom.8:11 But if the Spirit of him that raised up Jesus from the dead dwell in you, he that raised up Christ from the dead shall also quicken your mortal bodies by his Spirit that dwelleth in you. rom.8 : 11しかし、もし彼の精神から、イエスキリストが死んで甦ることに住んで、彼が死んでから甦るキリスト速くしても人間の遺体は、彼の精神をしてdwellethしてるよ。


(week) 18. ( 1週間) 18 。 Lord's Day日曜日

Q. 46.問い46 。 How dost thou understand these words, "he ascended into heaven"? Answer: That Christ, in sight of his disciples, was taken up from earth into heaven; (a) and that he continues there for our interest, (b) until he comes again to judge the quick and the dead.なたドーストこれらの言葉を理解する方法については、 "彼は天国に昇って"とは? 答:キリストが、彼の弟子の光景は、地球から取り上げられていた天国;の( a )およびそのために我々の関心を継続して彼は、彼は( b )になるまで再び来るの生者と死者を判断しています。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Acts 1:9 And when he had spoken these things, while they beheld, he was taken up; and a cloud received him out of their sight. 1時09分(する)行為をしていたときにこれらのことを話され、 beholdの過去過去分詞ながら、彼は取り上げる;雲を受け取ったとする彼を自分の光景です。 Matt.26:64 Jesus saith unto him, Thou hast said: nevertheless I say unto you, Hereafter shall ye see the Son of man sitting on the right hand of power, and coming in the clouds of heaven. matt.26 : 64イエスは言うかれには、なたによると:私は言うにもかかわらず、なたがたは、なたがたを参照してください来世では、男の息子は、右手の上に座っている電源は、天国へと足を運んでは、雲のです。 Mark 16:19 So then after the Lord had spoken unto them, he was received up into heaven, and sat on the right hand of God.だから次にマークした後、午前16時19分かれらの主が話され、彼は天国を受信すると、右側に座って神の手だ。 Luke 24:51 And it came to pass, while he blessed them, he was parted from them, and carried up into heaven.ルカ24:51とすることが下った時、彼を祝福している間、彼はそれらにpartedからは、天国へと運ばせる。 (b) Heb.7:25 Wherefore he is able also to save them to the uttermost that come unto God by him, seeing he ever liveth to make intercession for them. ( b )にheb.7 : 25彼は何のために保存できるようにしても、遠く離れた神をして来て、見て彼はこれまで生きるために仲裁をしてください。 Heb.4:14 Seeing then that we have a great high priest, that is passed into the heavens, Jesus the Son of God, let us hold fast our profession. heb.4 : 14見て次に我々は、偉大な大祭司が、それは、天に渡された、神の御子イエスキリストは、私たちの職業を固守てみましょう。 Heb.9:24 For Christ is not entered into the holy places made with hands, which are the figures of the true; but into heaven itself, now to appear in the presence of God for us: Rom.8:34 Who is he that condemneth? heb.9 : 24キリストのために入力されたのではないの聖地で両手を前に、これは、この数字は、真;しかし天国自体には、今すぐに表示されるために私たちは、神の存在: rom.8 : 34誰が彼condemnethことですか? It is Christ that died, yea rather, that is risen again, who is even at the right hand of God, who also maketh intercession for us.それは、キリストが死亡し、いやむしろ、それが再び上昇し、人は神の右手でさえも、誰も私たちを仲裁なさ。 Eph.4:10 He that descended is the same also that ascended up far above all heavens, that he might fill all things.) Col.3:1 If ye then be risen with Christ, seek those things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God. eph.4 : 10彼は、その子孫にも同じことが即位するまでのすべての天の上には、すべてのものが彼を埋めるかもしれない。 ) col.3 : 1しなたがたそれからキリストに上昇して、それらを求めるものは、上記のは、どこにキリスト神の右手のsittethしている。 (c) Acts 1:11 Which also said, Ye men of Galilee, why stand ye gazing up into heaven? ( C参照)行為にも1時11分によると、男性のガリラヤなたがたは、なたがたはなぜ占いスタンドアップを天国ですか? this same Jesus, which is taken up from you into heaven, shall so come in like manner as ye have seen him go into heaven.この同じイエスは、あなたを天国から取り上げられ、今来るものとしては、なたがたが見られるような形で彼を天国に行く。 Matt.24:30 And then shall appear the sign of the Son of man in heaven: and then shall all the tribes of the earth mourn, and they shall see the Son of man coming in the clouds of heaven with power and great glory. matt.24 : 30 、次に表示されるのは、男性の息子のサインインヘブン:それから部族は、地球上のすべての死を悼むのは、かれらは、男の息子を参照して来て、雲の天の偉大な力と栄光です。


Question 47. Is not Christ then with us even to the end of the world, as he has promised? 質問47 。キリストではないにしても、私たちは、世界の終わりに、彼は約束したの? (a) (する)

Answer: Christ is very man and very God; with respect to his human nature, he is no more on earth; (b) but with respect to his Godhead, majesty, grace and spirit, he is at no time absent from us. 答:キリストには非常に男と非常に神;彼の人間の本性を尊重して、彼はもはや地球上で、 ( b )には彼の神性を尊重して、陛下は、恵みと精神は、彼は私たちを欠席時間でもありません。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Matt.28:20 Teaching them to observe all things whatsoever I have commanded you: and, lo, I am with you alway, even unto the end of the world. (する) matt.28 : 20指導しても受けない私が命じられたすべてのものを観察すること:そして、見よ、私はあなたなかれ、かれも、この世の終わりだ。 Amen.アーメン。 (b) Heb.8:4 For if he were on earth, he should not be a priest, seeing that there are priests that offer gifts according to the law: Matt.26:11 For ye have the poor always with you; but me ye have not always. ( b )にheb.8 : 4は、もし自分が地球上で、彼の司祭であってはならない、というのがわかるとプリーストを提供するには法律によると、贈答品: matt.26 : 11なたがたは、貧しい人々のために、いつもあなた;しかし、なたがたは、いつも私にしていない。 John 16:28 I came forth from the Father, and am come into the world: again, I leave the world, and go to the Father. 16時28分に来たジョンの父親から来たりし、この世に生まれてくる時:繰り返しますが、私の世界のまま、父と行く。 John 17:11 And now I am no more in the world, but these are in the world, and I come to thee.ヨハネ17:11そして今、世界で私はもうないが、これらは、世界では、と私に来るなた。 Holy Father, keep through thine own name those whom thou hast given me, that they may be one, as we are.聖なる父は、自分の名前を介しておくなた者に与えられた私は、 1つのことかもしれない、と私たちは。 Acts 3:21 Whom the heaven must receive until the times of restitution of all things, which God hath spoken by the mouth of all his holy prophets since the world began.行為者の天国3時21分までの倍の返還を受ける必要がありますすべてのものは、かれらの神で話される彼の口の中のすべての聖なる預言者以来、世界が始まった。 (c) John 14:17 Even the Spirit of truth; whom the world cannot receive, because it seeth him not, neither knoweth him: but ye know him; for he dwelleth with you, and shall be in you. ( C参照) 14時17分までの精神ジョン真実;誰の世界を受け取ることはできませんので、 seeth彼は、彼も知っておられる:だがなたがたは彼を知っている; dwelleth彼はあなたのため、とされるものです。 John 14:18 I will not leave you comfortless: I will come to you.ヨハネ14時18分、私はそれを残すこともわびしい:私が来ることができます。 John 14:19 Yet a little while, and the world seeth me no more; but ye see me: because I live, ye shall live also. 14時19分ジョンまだ少しの間、および、世界seeth私にこれ以上;だがなたがたは私を参照してください:私の生きているため、またなたがたは生きています。 John 16:13 Howbeit when he, the Spirit of truth, is come, he will guide you into all truth: for he shall not speak of himself; but whatsoever he shall hear, that shall he speak: and he will shew you things to come.彼はそれにもかかわらず16時13時ジョンは、真実の精神で、来るが、彼はあなたをすべての真理ガイド:ためのものではない彼は自分自身について話す;しかし彼は、聞くもの、それは彼に話す:あなたと彼は物事を供え来ています。 Matt.28:20 Teaching them to observe all things whatsoever I have commanded you: and, lo, I am with you alway, even unto the end of the world. matt.28 : 20指導しても受けない私が命じられたすべてのものを観察すること:そして、見よ、私はあなたなかれ、かれも、この世の終わりだ。 Amen.アーメン。 Eph.4:8 Wherefore he saith, When he ascended up on high, he led captivity captive, and gave gifts unto men. eph.4 : 8なぜかれは、彼が即位するときには高は、捕らわれている捕虜を率いて、男性とは、かれの贈り物です。 Eph.4:12 For the perfecting of the saints, for the work of the ministry, for the edifying of the body of Christ: eph.4 : 12完ぺきには、聖徒のため、同省の作業のために、啓発のためには、キリストの体:


Question 48. But if his human nature is not present, wherever his Godhead is, are not then these two natures in Christ separated from one another? 質問48 。しかし、彼の人間の本性が存在しない場合には、どこでも彼の神性のは、それからこれらの2つの性質ではないから隔てられ、互いにキリストのですか?

Answer: Not as all, for since the Godhead is illimitable and omnipresent, (a) it must necessarily follow that the same is beyond the limits of the human nature he assumed, (b) and yet is nevertheless in this human nature, and remains personally united to it. 答:すべてのいないとして、以来、遍在する神性は果てしないとは、必ずしも従う必要があります(する)ことは、同じことの限界を越えて、人間の本性と仮定、 ( b )にしていないにもかかわらず、これは、人間の本性、および遺跡個人的にユナイテッドにしよう。

Footnotes脚注

(a) Acts 7:49 Heaven is my throne, and earth is my footstool: what house will ye build me?午前7時49分(する)行為を天国には私の王座、そして地球は私の踏み台:なたがたはどのような家を構築するのですか? saith the Lord: or what is the place of my rest?言うの主:何かが私の休息の場所ですか? Jer.23:24 Can any hide himself in secret places that I shall not see him? jer.23 : 24どんなことで自分自身を非表示にしてよいものではない秘密の場所を参照してくださいなったのですか? saith the LORD.主は言う。 Do not I fill heaven and earth?天と地を記入しないでよいですか? saith the LORD.主は言う。 (b) Col.2:9 For in him dwelleth all the fulness of the Godhead bodily. ( b )にcol.2 : 9 dwelleth彼のためには、神のすべての身体fulnessです。 John 3:13 And no man hath ascended up to heaven, but he that came down from heaven, even the Son of man which is in heaven.ジョン3時13分までとは、人は天国に昇ってかれらが、彼がダウンしてから天国には、男の息子でさえ、これは、天国です。 John 11:15 And I am glad for your sakes that I was not there, to the intent ye may believe; nevertheless let us go unto him.ヨハネ11:15としてできて嬉しく思ってますsakesことを私はまだそこまでは、なたがたの意図と思われるかもしれません;それでもかれに行ってみましょう。 Matt.28:6 He is not here: for he is risen, as he said. matt.28 : 6彼はここではない:彼が上昇したため、と話している。 Come, see the place where the Lord lay.さあ、レイ、主の場所を参照してください。


Question 49. Of what advantage to us is Christ's ascension into heaven? 質問49 。の優位性をどのように私たちは、キリストの昇天天国ですか?

Answer: First, that he is our advocate in the presence of his Father in heaven; (a) secondly, that we have our flesh in heaven as a sure pledge that he, as the head, will also take up to himself, us, his members; (b) thirdly, that he sends us his Spirit as an earnest, (c) by whose power we "seek the things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God, and not things on earth." 答:まず、我々は彼が、父親の存在を提唱し、天国; (する)第二に、私たちは私たちのことは、天国肉公約として確認して彼は、頭としては、自分自身にも反映されるまでに、私たちは、彼のメンバー; ( b )に第三に、私たちが彼の精神として彼は真剣に送信する、 ( c )によって我々の力"を求める上記のものは、どこにsittethキリストは、神の右手には、地球上のものとしない"と述べた。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) 1 John 2:1 My little children, these things write I unto you, that ye sin not. (する) 1ヨハネ2:1私の小さな子供たちは、これらのことを書く私なたがたは、なたがたに罪はない。 And if any man sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous: Rom.8:34 Who is he that condemneth?罪の男とあれば、我々は、父を提唱して、イエスキリストの正義: rom.8 : 34誰が彼をcondemnethですか? It is Christ that died, yea rather, that is risen again, who is even at the right hand of God, who also maketh intercession for us.それは、キリストが死亡し、いやむしろ、それが再び上昇し、人は神の右手でさえも、誰も私たちを仲裁なさ。 (b) John 14:2 In my Father's house are many mansions: if it were not so, I would have told you. ( b )に14時02分に私の父の家のジョンには多くの館:これがなければ、私は良かったね。 I go to prepare a place for you.私の場所に行くための準備をすることです。 John 17:24 Father, I will that they also, whom thou hast given me, be with me where I am; that they may behold my glory, which thou hast given me: for thou lovedst me before the foundation of the world.ヨハネ17:24父よ、わたしはしても、誰なたを渡してくれ、私はどこにして私は、私の栄光を見よ恐らくかれらは、なたが私に与えられた:あなたは私の前にlovedst財団は、世界です。 John 20:17 Jesus saith unto her, Touch me not; for I am not yet ascended to my Father: but go to my brethren, and say unto them, I ascend unto my Father, and your Father; and to my God, and your God. 20時17分かれジョンイエスは言う彼女は、私に触れていない;即位式のために私は、まだ私の父:私の兄弟に行くしかし、かれらに言うと、私は父に登るかれは、あなたのお父さんと;として私の神様と、あなたの神です。 Eph.2:6 And hath raised us up together, and made us sit together in heavenly places in Christ Jesus: (c) John 14:16 And I will pray the Father, and he shall give you another Comforter, that he may abide with you for ever; John 16:7 Nevertheless I tell you the truth; It is expedient for you that I go away: for if I go not away, the Comforter will not come unto you; but if I depart, I will send him unto you. eph.2 : 6 、かれらを引き上げて一緒に私たちは、私たちと肩寄せ合って座る前に天国の場所で、イエスキリスト: ( C参照) 14時16分ジョン祈る父と私は、彼には、別のお掛けぶとんを与える、という可能性を守るあなたのためにこれまで;ジョン午後4時07分にもかかわらず、真実を言わせてもらいます;それはあなたが私を消し去るための方便:もし私に行くためには去っても、なたがたには来ないの掛けぶとん;出発すればよいしかし、私は彼に送るなたがたです。 Acts 2:1 And when the day of Pentecost was fully come, they were all with one accord in one place. 2:1行為と聖霊降臨日のときには完全に来るのは、彼らは異口同音にすべて1か所で。 Acts 2:2 And suddenly there came a sound from heaven as of a rushing mighty wind, and it filled all the house where they were sitting. 2時02分、突然、ある行為を健全に天から来たとしては、強大な風に殺到し、それをすべて満たされた彼らは、家のどこに座っている。 Acts 2:3 And there appeared unto them cloven tongues like as of fire, and it sat upon each of them. 2時03分に登場したかれらの行為と舌のように割れたひの火災としては、かれらをそれぞれにして座っています。 Acts 2:4 And they were all filled with the Holy Ghost, and began to speak with other tongues, as the Spirit gave them utterance. 2時04分、すべての行為に満ちてかれらは聖霊のは、他の話をすると舌を始めた、発話としてかれらの精神を与えた。 Acts 2:33 Therefore being by the right hand of God exalted, and having received of the Father the promise of the Holy Ghost, he hath shed forth this, which ye now see and hear.したがって2時33行為が高貴な神の右手を、受け取っては、父との約束は、聖霊は、かれ来たりするこの小屋は、なたがたと聞いて今すぐ参照してください。 2 Cor.1:22 Who hath also sealed us, and given the earnest of the Spirit in our hearts. 2 cor.1 :密閉された22人の私たちにもかれらは、真剣に考えると、私たちの心の精神です。 2 Cor.5:5 Now he that hath wrought us for the selfsame thing is God, who also hath given unto us the earnest of the Spirit. 2 cor.5 : 5今や彼は私たちのためにかれらを精巧に作られたものは、同じ神は、わたしたちに与えられた誰にもかれらの精神を真剣なのです。 (d) Col.3:1 If ye then be risen with Christ, seek those things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God. (民主党) col.3 : 1しなたがたそれからキリストに上昇して、それらを求めるものは、上記のは、どこsittethキリストは、神の右手。 Philip.3:14 I press toward the mark for the prize of the high calling of God in Christ Jesus. philip.3 : 14私に向かって押してマークを呼び出す神の賞を受賞し、高いイエスキリストです。


(week) 19. ( 1週間) 19 。 Lord's Day日曜日


Question 50. Why is it added, "and sitteth at the right hand of God"? 質問50 。なぜそれが追加されました。 "と右手のsitteth神"とは?

Answer: Because Christ is ascended into heaven for this end, that he might appear as head of his church, (a) by whom the Father governs all things. 答:天に昇っているため、キリストは、この目的のためには、表示されるかもしれないという彼の頭の教会としては、誰の父(の)規制されたすべてのものです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Eph.1:20 Which he wrought in Christ, when he raised him from the dead, and set him at his own right hand in the heavenly places, Eph.1:21 Far above all principality, and power, and might, and dominion, and every name that is named, not only in this world, but also in that which is to come: Eph.1:23 Which is his body, the fulness of him that filleth all in all. (する) eph.1 : 20に精巧に作られた彼は、キリストは、死んだときから、彼は彼に引き上げた、と彼は、自分の右手のセットは、天の場所で、 eph.1 : 21までに上記のすべての君主国、および電源ケーブル、およびかもしれない、およびドミニオン、およびすべての名前には、名前は、この世界だけでなく、中にも来ていることを: eph.1 : 23には、彼の体は、彼のことfulness全部でfilleth 。 Col.1:18 And he is the head of the body, the church: who is the beginning, the firstborn from the dead; that in all things he might have the preeminence. col.1 : 18歳で、彼は、頭の体は、その教会:誰が初めには、死んでから、家族の絆;して、すべての可能性があることを彼は、卓越した。 (b) Matt.28:18 And Jesus came and spake unto them, saying, All power is given unto me in heaven and in earth. ( b )にmatt.28 : 18 speakの過去とイエス様とかれらに来た、と言って、すべての電源が与えられたわたしは、天と地です。 John 5:22 For the Father judgeth no man, but hath committed all judgment unto the Son: 5時22分、父親のジョン裁判なしの男が、かれらのすべての判断にコミットかれの息子:


Question 51. What profit is this glory of Christ, our head, unto us? 質問51 。どのような利益が、この栄光キリストは、私たちの頭を、わたしたちですか?

Answer: First, that by his Holy Spirit he pours out heavenly graces upon us his members; (a) and then that by his power he defends and preserves us against all enemies. 答:まず、彼のことを彼は聖霊に私たちが降り注ぐアウト天上美神彼のメンバー;の( a )および次に彼を守ることによって、自分の権力を保持に対する我々のすべての敵です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Acts 2:33 Therefore being by the right hand of God exalted, and having received of the Father the promise of the Holy Ghost, he hath shed forth this, which ye now see and hear.したがって2時33分(する)行為をされ、高貴な神の右手には、父との約束を受け取って、聖霊は、かれ来たりするこの小屋は、なたがたと聞いて今すぐ参照してください。 Eph.4:8 Wherefore he saith, When he ascended up on high, he led captivity captive, and gave gifts unto men. eph.4 : 8なぜかれは、彼が即位するときには高は、捕らわれている捕虜を率いて、男性とは、かれの贈り物です。 (b) Ps.2:9 Thou shalt break them with a rod of iron; thou shalt dash them in pieces like a potter's vessel. ( b )にps.2 : 9なたは、かれらを破る鉄の棒;なたはダッシュポッターかれらの船のように粉々に砕けている。 Ps.110:1 <<A Psalm of David.>> The LORD said unto my Lord, Sit thou at my right hand, until I make thine enemies thy footstool. ps.110 : 1 <の<a詩編のdavid.> >によると、主わたしの主、かれは、なたは私の右手に座って、なたの踏み台になるまで私を御身の敵です。 Ps.110:2 The LORD shall send the rod of thy strength out of Zion: rule thou in the midst of thine enemies. ps.110 : 2主は、なたの強さを送るの棒のうちザイオン:ルールなた御身の敵真っただ中にいる。 John 10:28 And I give unto them eternal life; and they shall never perish, neither shall any man pluck them out of my hand.ヨハネ10:28かれらに永遠の命を与えると私;かれらは決して消滅すると、どちらもかれらは、すべての男のうち私の手をはじく。 Eph.4:8 Wherefore he saith, When he ascended up on high, he led captivity captive, and gave gifts unto men. eph.4 : 8なぜかれは、彼が即位するときには高は、捕らわれている捕虜を率いて、男性とは、かれの贈り物です。


Question 52. What comfort is it to thee that "Christ shall come again to judge the quick and the dead"? 質問52 。なたにしてそれをどのような快適度は、 "キリストは再び来るの生者と死者を判断する"とは?

Answer: That in all my sorrows and persecutions, with uplifted head I look for the very same person, who before offered himself for my sake, to the tribunal of God, and has removed all curse from me, to come as judge from heaven: (a) who shall cast all his and my enemies into everlasting condemnation, (b) but shall translate me with all his chosen ones to himself, into heavenly joys and glory. 答:私の悲しみと迫害して、すべては、私の頭を持ち上げた非常に同じ人物を探すのは、自分自身のため私たちの前に提示するためには、神の法廷には、すべての呪いから取り外したとは、私には、天から判断するに来るよう: (する)彼と私たちは、すべてのキャストに永遠の敵の非難は、 ( b )に変換するものをもって、わたしが選んだものをすべて自分自身は、天上の喜びと栄光へ。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Luke 21:28 And when these things begin to come to pass, then look up, and lift up your heads; for your redemption draweth nigh. 21時28分(する)ルークと物事を始めるときにこれらのパスに来て、それから見上げるとして頭を持ち上げる; draweth償還をして近付いている。 Rom.8:23 And not only they, but ourselves also, which have the firstfruits of the Spirit, even we ourselves groan within ourselves, waiting for the adoption, to wit, the redemption of our body. rom.8 : 23とだけでなく、彼らが、自分自身にも、これは、初穂の精神は、私たち自身にも自分自身うめき声内では、養子縁組を待って、ウィットには、私たちの体の償還です。 Philip.3:20 For our conversation is in heaven; from whence also we look for the Saviour, the Lord Jesus Christ: Tit.2:13 Looking for that blessed hope, and the glorious appearing of the great God and our Saviour Jesus Christ; 1 Thess.4:16 For the Lord himself shall descend from heaven with a shout, with the voice of the archangel, and with the trump of God: and the dead in Christ shall rise first: (b) 2 Thess.1:6 Seeing it is a righteous thing with God to recompense tribulation to them that trouble you; 2 Thess.1:8 In flaming fire taking vengeance on them that know not God, and that obey not the gospel of our Lord Jesus Christ: 2 Thess.1:9 Who shall be punished with everlasting destruction from the presence of the Lord, and from the glory of his power; 2 Thess.1:10 When he shall come to be glorified in his saints, and to be admired in all them that believe (because our testimony among you was believed) in that day. philip.3 : 20ためには、天国で私たちの会話;よりも我々を探すのでwhence救い主、主イエスキリスト: tit.2 : 13探して祝福を期待して、表示されると、偉大な神の栄光と私たちの救い主イエスキリスト; 1 thess.4 : 16すなわち、主ご自身では、天から下って大声で、大天使の声は、神の切り札として:キリストは、死んでいると、最初の上昇: ( b )に2 thess.1 : 6見たことは、正しいことを神に試練をして報酬をしてトラブル; 2 thess.1 : 8 、燃え盛る火の復しゅうを服用していないことを知っ神は、それに従うのは、わたしたちの主イエスキリストの福音: 2 thess .1:9者は処罰される永遠の破壊してから、主の存在、そして彼の栄光から電源; 2 thess.1 : 10時彼は、彼の見せかけの聖人されるようになる、とされるすべての称賛して信じること(私たちの証言の中であなたが考えられているため) 、その日です。 Matt.25:41 Then shall he say also unto them on the left hand, Depart from me, ye cursed, into everlasting fire, prepared for the devil and his angels: Matt.25:42 For I was an hungred, and ye gave me no meat: I was thirsty, and ye gave me no drink: Matt.25:43 I was a stranger, and ye took me not in: naked, and ye clothed me not: sick, and in prison, and ye visited me not. matt.25 : 41それから彼は言うものでも、かれらは、左手では、出発から私は、呪わなたがたは、永遠の火には、悪魔と天使たちのために準備: matt.25 : 42ためにhungred私は、なたがた与えた私にない肉:私は喉の渇きは、酒を飲むと、なたがたを与えてくれたいいえ: matt.25 : 43私は見知らぬ人は、私にはないとなたがた:裸では、と私は服を着て、なたがた:病気になる、と刑務所に入って、私となたがたを訪問ない。 (c) Matt.25:34 Then shall the King say unto them on his right hand, Come, ye blessed of my Father, inherit the kingdom prepared for you from the foundation of the world: 2 Thess.1:7 And to you who are troubled rest with us, when the Lord Jesus shall be revealed from heaven with his mighty angels, ( C参照) matt.25 : 34それから、王は、かれらに言って彼の右手には、さあ、なたがたは私の父の祝福は、王国のために準備を受け継ぐことから、財団は、世界: 2 thess.1 : 7としてお残りの問題を抱えた人は、私たちは、主イエスの際には、天からの啓示にして彼の偉大な天使たちは、


Of God The Holy Ghost聖霊の神


(week) 20. ( 1週間) 20 。 Lord's Day日曜日


Question 53. What dost thou believe concerning the Holy Ghost? 質問53 。ドーストあなたは何を信じるに関する聖霊のですか?

Answer: First, that he is true and coeternal God with the Father and the Son; (a) secondly, that he is also given me, (b) to make me by a true faith, partaker of Christ and all his benefits, (c) that he may comfort me (d) and abide with me for ever. 答:まず、彼は本当のことを神と永遠に共存して、父と息子; (する)第二に、彼が私に与えられたにも、 ( b )にさせてくれるものとされる真の信仰は、キリストの相伴とすべての彼の利点は、 ( C参照)と彼は私に慰めてくれる(民主党)と永遠に住むでろう。 (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) 1 John 5:7 For there are three that bear record in heaven, the Father, the Word, and the Holy Ghost: and these three are one. 1ヨハネ5時07分(する)ためにそこには、 3つのクマは、天国の記録は、父は、その言葉は、聖霊と:三アールおよびこれらの1つだ。 Gen.1:2 And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. gen.1 : 2とはせずに、地球フォーム、およびボイド;と暗闇の深さに直面していた。 And the Spirit of God moved upon the face of the waters.神の御霊と感動の領海に直面しています。 Isa.48:16 Come ye near unto me, hear ye this; I have not spoken in secret from the beginning; from the time that it was, there am I: and now the Lord GOD, and his Spirit, hath sent me. isa.48 : 16わたしの近くに来るなたがたは、なたがたが、この音が聞こえる;私が話されていない秘密の先頭から;時間してから、それは、そこ私:さて、主の神様と、彼の精神は、かれらを送ってくれた。 1 Cor.3:16 Know ye not that ye are the temple of God, and that the Spirit of God dwelleth in you? 1 cor.3 : 16知っている同寺には、なたがたは、なたがたの神は、神の精神とそのdwelleth中ですか? 1 Cor.6:19 What? 1 cor.6 : 19は何ですか? know ye not that your body is the temple of the Holy Ghost which is in you, which ye have of God, and ye are not your own?なたがたは自分の体を知っていないことは、聖霊の宮には、あなたは、なたがたの神は、ご自身ではないとなたがたですか? Acts 5:3 But Peter said, Ananias, why hath Satan filled thine heart to lie to the Holy Ghost, and to keep back part of the price of the land?しかし、ピーター行為5時03分によると、アナニアス、かれらはなぜ悪魔に心を満たさザインにうそをつくと聖霊の状態に保つため、背面部の土地の値段ですか? Acts 5:4 Whiles it remained, was it not thine own?その間に5時04分には依然行為は、それが自分ないですか? and after it was sold, was it not in thine own power?販売されていたとした後、自分の力がないことですか? why hast thou conceived this thing in thine heart?なぜ、このことを考えなさい。なたは、心臓のですか? thou hast not lied unto men, but unto God.なたは、かれがうそをついた男性が、神です。 (b) Gal.4:6 And because ye are sons, God hath sent forth the Spirit of his Son into your hearts, crying, Abba, Father. ( b )にgal.4 : 6とは、人の息子のために、なたがたは、かれらを遣わした神の息子の精神をお客様の心には、泣いているのは、アバ、父。 Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: Matt.28:20 Teaching them to observe all things whatsoever I have commanded you: and, lo, I am with you alway, even unto the end of the world. matt.28 : 19行くなたがたしたがって、すべての国と教えるのは、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊: matt.28 : 20教えるものすべてのものを観察して私が命じられた場合:そして、見よ、私はあなたなかれ、かれも、この世の終わりだ。 Amen.アーメン。 2 Cor.1:21 Now he which stablisheth us with you in Christ, and hath anointed us, is God; 2 Cor.1:22 Who hath also sealed us, and given the earnest of the Spirit in our hearts. 2 cor.1 : 21今すぐstablisheth彼が私たちをキリストには、かれらを聖なると私たちは、神は、 2 cor.1 :密閉された22人の私たちにもかれらは、真剣に考えると、私たちの心の精神です。 Eph.1:13 In whom ye also trusted, after that ye heard the word of truth, the gospel of your salvation: in whom also after that ye believed, ye were sealed with that holy Spirit of promise, (c) Gal.3:14 That the blessing of Abraham might come on the Gentiles through Jesus Christ; that we might receive the promise of the Spirit through faith. eph.1 : 13 、なたがたにも信頼されて、その言葉を聞いた後、なたがたの真実は、あなたの救いの福音書:誰もが信じて後に、なたがたは、なたがたが聖霊の約束で封をしてする、 ( c ) gal.3 : 14アブラハムを祝福することが来るかもしれないとは、イエスキリストを通してgentiles ;を受けるかもしれないが、我々の精神を通して信仰を約束します。 1 Pet.1:2 Elect according to the foreknowledge of God the Father, through sanctification of the Spirit, unto obedience and sprinkling of the blood of Jesus Christ: Grace unto you, and peace, be multiplied. 1 pet.1 : 2当選者によると、神の先見の父は、精神の清浄化を通じて、服従させると、かれは、血液中の散水イエスキリスト:グレースなたがたは、平和とは、に掛けている。 1 Cor.6:17 But he that is joined unto the Lord is one spirit. 1 cor.6 : 17しかし、彼は、入社して1つの主は、かれの精神です。 (d) Acts 9:31 Then had the churches rest throughout all Judaea and Galilee and Samaria, and were edified; and walking in the fear of the Lord, and in the comfort of the Holy Ghost, were multiplied.その後9時31分(民主党)の行為は、全体の残りのすべての教会やガリラヤやサマリアjudaea 、とはedified ;やウォーキングは、主への恐怖は、快適さとは、聖霊のは、掛けていた。 John 15:26 But when the Comforter is come, whom I will send unto you from the Father, even the Spirit of truth, which proceedeth from the Father, he shall testify of me: (e) John 14:16 And I will pray the Father, and he shall give you another Comforter, that he may abide with you for ever; 1 Pet.4:14 If ye be reproached for the name of Christ, happy are ye; for the spirit of glory and of God resteth upon you: on their part he is evil spoken of, but on your part he is glorified.ヨハネ15:26しかし、時が来るの掛け布団は、私の父からなたがたが送信さでも、真実の精神で、これproceedeth父親から、彼は私の証言: 14時16分( E )のジョンと私は祈る父親は、別のお掛けぶとんを与えるものと彼は、それに従うことを彼は5月まで; 1 pet.4 : 14非難もしなたがたのためにキリストの名前は、幸せには、なたがた;ために、神の栄光の精神にrestethあなた:彼は邪悪な部分を話されるのではなく、彼は見せかけのお客様の団体です。


(week) 21. ( 1週間) 21 。 Lord's Day日曜日


Question 54. What believest thou concerning the "holy catholic church" of Christ? 質問54 。なたbelievestに関するどのような"聖なるカトリック教会"キリストのですか?

Answer: That the Son of God (a) from the beginning to the end of the world, (b) gathers, defends, and preserves (c) to himself by his Spirit and word, (d) out of the whole human race, (e) a church chosen to everlasting life, (f) agreeing in true faith; (g) and that I am and forever shall remain, (h) a living member thereof. 答:その神の御子(する)より始めから終わりまでは、世界では、 ( b )に収集し、擁護し、保持( C参照)を自分自身の精神と彼の言葉を、 (民主党)のうち、全人類は、 ( E )の来世を選んだ教会は、 ( f )に同意し真の信仰; (目標)として私は、永遠に残るものは、 ( h )に加盟するために生きています。 (i) ( ⅰ )

Footnotes脚注

(a) Eph.5:26 That he might sanctify and cleanse it with the washing of water by the word, John 10:11 I am the good shepherd: the good shepherd giveth his life for the sheep. (する) eph.5 : 26かもしれないということを浄化と清めの水を洗濯している言葉を、私はジョン10:11グッドシェファード:グッドシェファード羊は、彼の人生を与えています。 Acts 20:28 Take heed therefore unto yourselves, and to all the flock, over the which the Holy Ghost hath made you overseers, to feed the church of God, which he hath purchased with his own blood. 20時28分留意する行為したがって、かれ自身、およびすべての群れには、聖霊の上にかれらを監視前には、神の教会を送り、かれが、自分の血を購入しています。 Eph.4:11 And he gave some, apostles; and some, prophets; and some, evangelists; and some, pastors and teachers; Eph.4:12 For the perfecting of the saints, for the work of the ministry, for the edifying of the body of Christ: Eph.4:13 Till we all come in the unity of the faith, and of the knowledge of the Son of God, unto a perfect man, unto the measure of the stature of the fulness of Christ: (b) Ps.71:17 O God, thou hast taught me from my youth: and hitherto have I declared thy wondrous works. eph.4 : 11と彼はいくつかの、使徒;およびいくつかは、預言者、およびいくつかの、伝道者、およびいくつかのは、牧師や教師; eph.4 : 12完ぺきには、聖徒のため、同省の作業のためには、そのために啓発は、キリストの体: eph.4 : 13まで我々は、すべての信仰の団結来るとは、神の御子の知識は、完璧な男かれは、かれの身長を測るのは、キリストのfulness : ( b )にps.71 : 17あぁ、神は、なた教えてくれたから私の青春:私が今までとなたの素晴らしい作品を宣言した。 Ps.71:18 Now also when I am old and grayheaded, O God, forsake me not; until I have shewed thy strength unto this generation, and thy power to every one that is to come. ps.71 : 18時私は今も昔とgrayheaded 、あぁ、神は、私には捨てる; shewedなたまで私は、この世代の強さ、かれは、なたの電源をすべてとは、 1つのことになるだろう。 Isa.59:21 As for me, this is my covenant with them, saith the LORD; My spirit that is upon thee, and my words which I have put in thy mouth, shall not depart out of thy mouth, nor out of the mouth of thy seed, nor out of the mouth of thy seed's seed, saith the LORD, from henceforth and for ever. isa.59 : 21私としては、これは私の約束をして、言うの主;私の精神では、なたには、私は、私の言葉を口に入れるなた、なたの口から出発するものではない、また、アウトなたの口の中種子は、またなたの種子のうち、口の中の種子は、主に言うのは、この時点でからではない。 1 Cor.11:26 For as often as ye eat this bread, and drink this cup, ye do shew the Lord's death till he come. 1 cor.11 : 26をできるだけ頻繁にこのパンを食べて、なたがたは、このカップ酒を飲むと、なたがたは、主の死を供えて来るまで。 (c) Matt.16:18 And I say also unto thee, That thou art Peter, and upon this rock I will build my church; and the gates of hell shall not prevail against it. ( C参照) matt.16 : 18なたと言っても、なたピーターこと、およびビルド時、私は私の教会で、この岩;ものではないと地獄の門を説得することに反対です。 John 10:28 And I give unto them eternal life; and they shall never perish, neither shall any man pluck them out of my hand.ヨハネ10:28かれらに永遠の命を与えると私;かれらは決して消滅すると、どちらもかれらは、すべての男のうち私の手をはじく。 John 10:29 My Father, which gave them me, is greater than all; and no man is able to pluck them out of my Father's hand.ヨハネ10:29私の父は、私にそれらを与えたのは、すべてがより大きい;と摘むできるようにしていない人は私の父の手を出す。 John 10:30 I and my Father are one.ヨハネ10:30私と私の父は、 1つです。 Ps.129:1 <<A Song of degrees.>> Many a time have they afflicted me from my youth, may Israel now say: Ps.129:2 Many a time have they afflicted me from my youth: yet they have not prevailed against me. ps.129 : 1 <歌の<a degrees.> >悩む私に多くの時間がかれらから私の青春は、今、イスラエルと言うかもしれません: ps.129 : 2時間かれらの多くは被災私より私の青春:まだ出ていない私に対して優勢です。 Ps.129:3 The plowers plowed upon my back: they made long their furrows. ps.129 : 3時の背中plowers耕さ:彼らは長い間、小溝。 Ps.129:4 The LORD is righteous: he hath cut asunder the cords of the wicked. ps.129 : 4の主は、正しい者:かれカット離れ離れには、邪悪なコードです。 Ps.129:5 Let them all be confounded and turned back that hate Zion. ps.129 : 5せているだけだとすべてが混乱して引き返しザイオン嫌いです。 (d) Isa.59:21 As for me, this is my covenant with them, saith the LORD; My spirit that is upon thee, and my words which I have put in thy mouth, shall not depart out of thy mouth, nor out of the mouth of thy seed, nor out of the mouth of thy seed's seed, saith the LORD, from henceforth and for ever. (民主党) isa.59 : 21私としては、これは私の約束をして、言うの主;私の精神では、なたには、私は、私の言葉を口に入れるなた、なたの口から出発するものではない、また口の中で、なたの種子のうち、またなたの種子のうち、口の中の種子は、主に言うのは、この時点でからではない。 Rom.1:16 For I am not ashamed of the gospel of Christ: for it is the power of God unto salvation to every one that believeth; to the Jew first, and also to the Greek. rom.1 : 16恥じているのを私は、キリストの福音書:神のためにそれは、電源ごとに1つのことを信じ、かれを救い;最初のユダヤ人には、ギリシャ語でもしています。 Rom.10:14 How then shall they call on him in whom they have not believed? rom.10 : 14どうろうそれから彼は彼らに電話して考えられていないか? and how shall they believe in him of whom they have not heard?そして彼らは、どのように彼らを信じて彼に聞いていないのですか? and how shall they hear without a preacher?とは、どのように彼らを聞くことなく、説教師ですか? Rom.10:15 And how shall they preach, except they be sent? rom.10 : 15とは、どのように説教を除いて、かれらに送信されるか? as it is written, How beautiful are the feet of them that preach the gospel of peace, and bring glad tidings of good things!として書かれたことは、どのように美しいが、かれらの足の平和の福音を説くことは、良いこととの吉報をもたらす! Rom.10:16 But they have not all obeyed the gospel. rom.10 : 16だがかれらは言われたとおりにしていないすべての福音です。 For Esaias saith, Lord, who hath believed our report? esaias言うためには、主よ、かれらを信じて私たちの報告書誰ですか? Rom.10:17 So then faith cometh by hearing, and hearing by the word of God. rom.10 : 17だから次に来るのを聞いて信仰し、神のみことばを聞いている。 Eph.5:26 That he might sanctify and cleanse it with the washing of water by the word, (e) Gen.26:4 And I will make thy seed to multiply as the stars of heaven, and will give unto thy seed all these countries; and in thy seed shall all the nations of the earth be blessed; Rev.5:9 And they sung a new song, saying, Thou art worthy to take the book, and to open the seals thereof: for thou wast slain, and hast redeemed us to God by thy blood out of every kindred, and tongue, and people, and nation; (f) Rom.8:29 For whom he did foreknow, he also did predestinate to be conformed to the image of his Son, that he might be the firstborn among many brethren. eph.5 : 26かもしれないということを浄化と清めの水を洗濯している言葉を、 ( E )のgen.26 : 4と私なたの種子を増殖させる天の星として、なたを与えるとは、すべての種子これらの国々 ;となたの種子では、地球のすべての民族を祝福される; rev.5 : 9かれら成新曲、と言って、なたを取る価値のある本、そしてそれを開くにアザラシ:なたのために殺されたは、私たちを神とhast換金されるごとに、なたの血液親族のうち、と舌、と人々 、そして国; ( f )にrom.8 : 29人、彼はそれを予知するために、彼はまた、運命には彼のイメージに適合して息子さんは、家族の絆の間に彼は多くの同胞のかもしれない。 Rom.8:30 Moreover whom he did predestinate, them he also called: and whom he called, them he also justified: and whom he justified, them he also glorified. rom.8 : 30しかも彼は運命の人は、かれらとも呼ばれる彼:心に適うと呼ばれ、かれらも正当化:心に適う正当化し、それら彼はまた、見せかけのです。 Eph.1:10 That in the dispensation of the fulness of times he might gather together in one all things in Christ, both which are in heaven, and which are on earth; even in him: Eph.1:11 In whom also we have obtained an inheritance, being predestinated according to the purpose of him who worketh all things after the counsel of his own will: Eph.1:12 That we should be to the praise of his glory, who first trusted in Christ. eph.1 : 10ことは、神の摂理のかもしれないfulness回も彼のすべてのものが集まって1つのキリストは、両方では、天国には、地球上で、これは、たとえ彼: eph.1 : 11 、誰も我々遺産を得ている、というpredestinated者によると、彼の目的はすべてのものworketh検の後、彼自身は: eph.1 : 12しなければならないことを、我々は彼の栄光の称賛は、信頼されて、最初のキリスト者です。 Eph.1:13 In whom ye also trusted, after that ye heard the word of truth, the gospel of your salvation: in whom also after that ye believed, ye were sealed with that holy Spirit of promise, (g) Acts 2:46 And they, continuing daily with one accord in the temple, and breaking bread from house to house, did eat their meat with gladness and singleness of heart, Eph.4:3 Endeavouring to keep the unity of the Spirit in the bond of peace. eph.1 : 13 、なたがたにも信頼されて、その言葉を聞いた後、なたがたの真実は、あなたの救いの福音書:誰もが信じて後に、なたがたは、なたがたが聖霊の約束で封をして、 (目標)行為2 : 46かれらは、毎日継続して1つの協定で同寺は、家を一軒一軒からパンを破るとは、自分の肉を食べるのは一つの喜びや心臓、 eph.4 : 3 endeavouringておくための団結の精神は、平和のきずな。 Eph.4:4 There is one body, and one Spirit, even as ye are called in one hope of your calling; Eph.4:5 One Lord, one faith, one baptism, Eph.4:6 One God and Father of all, who is above all, and through all, and in you all. eph.4 : 4体が1つ、および1つの精神でも、自分の希望と呼ばれるようになたがたには、お客様の呼び出し; eph.4 : 5の1つの主は、信仰の1つは、 1つの洗礼、 eph.4 : 6神と1つの父すべては、上記のすべての人は、すべてを通して、そしてあなたのすべてです。 (h) Ps.23:6 Surely goodness and mercy shall follow me all the days of my life: and I will dwell in the house of the LORD for ever. ( h )にps.23 : 6本当に善良さと慈悲日間のすべてのものに従いなさいオブマイライフ:そして、私は家の中では、主に住むでろう。 1 Cor.1:8 Who shall also confirm you unto the end, that ye may be blameless in the day of our Lord Jesus Christ. 1 cor.1 : 8人のものでも、かれの終わりを確認する場合は、清廉潔白で、恐らくなたがたはわたしたちの主イエスキリストの日です。 1 Cor.1:9 God is faithful, by whom ye were called unto the fellowship of his Son Jesus Christ our Lord. 1 cor.1 : 9神は忠実に、なたがたはかれのフェローシップと呼ばれる彼の息子たちの主イエスキリストです。 John 10:28 And I give unto them eternal life; and they shall never perish, neither shall any man pluck them out of my hand.ヨハネ10:28かれらに永遠の命を与えると私;かれらは決して消滅すると、どちらもかれらは、すべての男のうち私の手をはじく。 1 John 2:19 They went out from us, but they were not of us; for if they had been of us, they would no doubt have continued with us: but they went out, that they might be made manifest that they were not all of us. 1ジョン2時19分に出掛けた彼らから私たちは、しかし、彼らは私たちのない;ていた彼らは私たちの場合、彼らは間違いないが、我々の継続:出掛けただがかれらは、明白なことかもしれない前には、彼らがいない私たち全員のです。 1 Pet.1:5 Who are kept by the power of God through faith unto salvation ready to be revealed in the last time. 1 pet.1 : 5人が残されて信仰によって神の力を介しての準備を救い、かれの最後の時間を明らかにした。 (i) 1 John 3:14 We know that we have passed from death unto life, because we love the brethren. (私) 1ジョン3時14分が過ぎたことが分かっている私たちの生活から、かれの死は、愛のために我々の兄弟です。 He that loveth not his brother abideth in death.彼は愛されないことで、弟の死abideth 。 1 John 3:19 And hereby we know that we are of the truth, and shall assure our hearts before him. 1ジョン3時19分、ここに我々は、我々は真実を知っていること、そして私たちの心に彼の前に前項。 1 John 3:20 For if our heart condemn us, God is greater than our heart, and knoweth all things. 1ヨハネ3:20もし私たちの心を非難するために私たちは、神が私たちの心より大きい、と知っておられるすべてのものです。 1 John 3:21 Beloved, if our heart condemn us not, then have we confidence toward God. 1ジョン3時21分最愛のは、私たちの心を非難する場合に私たちは、その後も我々の信頼を神に向かっている。 2 Cor.13:5 Examine yourselves, whether ye be in the faith; prove your own selves. 2 cor.13 : 5調べるがたは、なたがたには、信仰するかどうか、自分で自分自身を証明します。 Know ye not your own selves, how that Jesus Christ is in you, except ye be reprobates?なたがたは、自分の知っている自分自身には、どのようにして、あなたは、イエスキリストを除いて、なたがたにreprobatesですか? Rom.8:10 And if Christ be in you, the body is dead because of sin; but the Spirit is life because of righteousness. rom.8 : 10 、もしあなたがキリストには、体の罪のためには死んで;しかし、精神生活のためには、正義だ。


Question 55. What do you understand by "the communion of saints"? 質問55 。何を理解した"と聖体拝領の聖人"とは?

Answer: First, that all and every one, who believes, being members of Christ, are in common, partakers of him, and of all his riches and gifts; (a) secondly, that every one must know it to be his duty, readily and cheerfully to employ his gifts, for the advantage and salvation of other members. 答:まず、すべての1つは、すべてとは、信じる者には、キリストの会員が、共通点は、彼のpartakers 、そして彼のすべての富や贈り物; (する)第二に、そのことを知っている必要がありますれるごとに1つの職務を果たすのは、彼の贈り物を採用すると快活に容易には、救済のための優位性や他のメンバーです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 1 John 1:3 That which we have seen and heard declare we unto you, that ye also may have fellowship with us: and truly our fellowship is with the Father, and with his Son Jesus Christ. 1ジョン1時03分(する)ことを宣言する我々は我々見られると聞いて、なたがたは、なたがたにも私たちと交わりを持つ可能性がある:私たちの交わりとは、真に父親は、息子のイエスキリストとしています。 1 Cor.1:9 God is faithful, by whom ye were called unto the fellowship of his Son Jesus Christ our Lord. 1 cor.1 : 9神は忠実に、なたがたはかれのフェローシップと呼ばれる彼の息子たちの主イエスキリストです。 Rom.8:32 He that spared not his own Son, but delivered him up for us all, how shall he not with him also freely give us all things? rom.8 : 32彼は、自分の息子を脇に置いていないが、彼を配信するために、我々みんなは、どのようにしていない彼にも彼は、私たちのすべての自由を与えるものですか? 1 Cor.12:12 For as the body is one, and hath many members, and all the members of that one body, being many, are one body: so also is Christ. 1 cor.12 : 12体のためには、 1つとしては、かれらの多くの会員とし、その1つの体のすべてのメンバーは、多くが、 1つのボディには:今でも、キリストです。 1 Cor.12:13 For by one Spirit are we all baptized into one body, whether we be Jews or Gentiles, whether we be bond or free; and have been all made to drink into one Spirit. 1 cor.12 : 13を1つ1つの精神は、私たちは皆、体にバプテスマを受け、ユダヤ人やgentilesれるかどうかを我々は、我々に結合するかどうかや無料;してきたすべてを1つの精神を前にして酒を飲む。 1 Cor.6:17 But he that is joined unto the Lord is one spirit. 1 cor.6 : 17しかし、彼は、入社して1つの主は、かれの精神です。 (b) 1 Cor.12:21 And the eye cannot say unto the hand, I have no need of thee: nor again the head to the feet, I have no need of you. ( b )に1 cor.12 : 21と言うことはできませんが、かれの手目は、私は必要ありませんが、なた:頭にも再び足は、私は必要ないのですね。 1 Cor.13:1 Though I speak with the tongues of men and of angels, and have not charity, I am become as sounding brass, or a tinkling cymbal. 1 cor.13 : 1かかわらず、私の舌を持って話すのは、男性と天使たちは、慈善事業としていない、私は真鍮の響きになるとして、シンバルや鈴を転がす。 1 Cor.13:5 Doth not behave itself unseemly, seeketh not her own, is not easily provoked, thinketh no evil; Philip.2:4 Look not every man on his own things, but every man also on the things of others. 1 cor.13 : 5蓄えがない見苦しい振る舞い自体は、彼女自身の求めるはなく、容易ではない挑発は、悪のないthinketh ; philip.2 : 4すべての人を見ていないことを彼自身が、すべての人が他人のこともしています。 Philip.2:5 Let this mind be in you, which was also in Christ Jesus: Philip.2:6 Who, being in the form of God, thought it not robbery to be equal with God: Philip.2:7 But made himself of no reputation, and took upon him the form of a servant, and was made in the likeness of men: Philip.2:8 And being found in fashion as a man, he humbled himself, and became obedient unto death, even the death of the cross. philip.2 : 5せこれであなたの心に、これはまた、イエスキリスト: philip.2 : 6人は、神の形が、強盗を考えていないと、神に等しい: philip.2 : 7しかし前に評判を自分自身ではない、と彼は時の使用人の形で、似ているとは前には、男性: philip.2 : 8と一人の男としてのファッション発見され、彼は自分自身humbled 、死に至るとなった従順でも、十字架の死です。


Question 56. What believest thou concerning "the forgiveness of sins"? 質問56 。なたbelievestに関するどのような"罪の赦し"とは?

Answer: That God, for the sake of Christ's satisfaction, will no more remember my sins, neither my corrupt nature, against which I have to struggle all my life long; (a) but will graciously impute to me the righteousness of Christ, (b) that I may never be condemned before the tribunal of God. 答:その神は、キリストのために満足感は、私はこれ以上の罪を覚えて、どちらも私の腐敗した性質は、反対に私は私の人生のすべてを闘争の長い; (する)でも私は、優雅に転嫁して、キリストの正義、 ( Bの)ことを非難する前に、私は決して神の法廷。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) 1 John 2:2 And he is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for the sins of the whole world. 2時02分( ) 1ジョンと彼は、私たちの罪をなだめるために:私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のです。 1 John 1:7 But if we walk in the light, as he is in the light, we have fellowship one with another, and the blood of Jesus Christ his Son cleanseth us from all sin. 1ジョン1時07分しかし、もし我々の光の中を歩くのは、軽としては、彼は、私たちは、別の1つの交わりは、イエスキリストと彼の息子の血液から我々のすべての罪cleanseth 。 2 Cor.5:19 To wit, that God was in Christ, reconciling the world unto himself, not imputing their trespasses unto them; and hath committed unto us the word of reconciliation. 2 cor.5 : 19 〜ウィット、その神は、キリストは、世界の和解かれ自身ではなく、彼らのtrespassesかれらimputing ;とかれらの和解という言葉をわたしたちにコミットします。 2 Cor.5:21 For he hath made him to be sin for us, who knew no sin; that we might be made the righteousness of God in him. 2 cor.5 : 21かれは彼のために罪のために私たちは、罪のない人を知っていた;かもしれないが我々の前に神の正義を示しています。 (b) Jer.31:34 And they shall teach no more every man his neighbour, and every man his brother, saying, Know the LORD: for they shall all know me, from the least of them unto the greatest of them, saith the LORD: for I will forgive their iniquity, and I will remember their sin no more. ( b )にjer.31 : 34とかれらはこれ以上のすべての人に教えるお隣には、すべての人とその弟、と言って、知っている主:かれらはすべてを知っている私には、以上のことから、かれの最大のかれらは、言う主:ために、私は自分の罪を赦され、自分の罪を覚えていないと私はこちらです。 Ps.103:3 Who forgiveth all thine iniquities; who healeth all thy diseases; Ps.103:4 Who redeemeth thy life from destruction; who crowneth thee with lovingkindness and tender mercies; Ps.103:10 He hath not dealt with us after our sins; nor rewarded us according to our iniquities. ps.103 : 3人のすべての赦しザインiniquities ; healethすべての人の病気をなた; ps.103 : 4人の生活からなたredeemeth破壊; crownethなたを誰lovingkindnessとなす; ps.103 : 10かれ私たちの後を扱っていない私たちの罪; iniquities私たちによると、私たちも報われる。 Ps.103:12 As far as the east is from the west, so far hath he removed our transgressions from us. ps.103 : 12限りは、東から西には、これまでのところ我々のtransgressionsかれは削除することができます。 Mic.7:19 He will turn again, he will have compassion upon us; he will subdue our iniquities; and thou wilt cast all their sins into the depths of the sea. mic.7 : 19番彼は再び、彼は私たちに思いやりの気持ちを持つ;彼は、私たちの征服iniquities ;となたキャスト彼らの罪をすべて海の深いところです。 Rom.7:23 But I see another law in my members, warring against the law of my mind, and bringing me into captivity to the law of sin which is in my members. rom.7 : 23けど私のメンバーを参照して別の法律では、いがみあっているのは私の心の法律に違反して、連れてきていただいて、法の罪に捕らわれているが、私のメンバーです。 Rom.7:24 O wretched man that I am! rom.7 : 24 o惨めな男だわ、私は! who shall deliver me from the body of this death?配達人は、私の体は、この死からですか? Rom.7:25 I thank God through Jesus Christ our Lord. rom.7 : 25私たちの主イエスキリストを通して神に感謝します。 So then with the mind I myself serve the law of God; but with the flesh the law of sin.それから、私自身の心のために奉仕する神の法則;しかし、同法の罪肉です。 (c) Rom.8:1 There is therefore now no condemnation to them which are in Christ Jesus, who walk not after the flesh, but after the Spirit. ( C参照) rom.8 : 1だから今すぐにはない非難をしているが、イエスキリストは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。 Rom.8:2 For the law of the Spirit of life in Christ Jesus hath made me free from the law of sin and death. rom.8 : 2は、法の精神にイエスキリストの人生の中から自由に、私はかれらを罪と死の法則です。 Rom.8:3 For what the law could not do, in that it was weak through the flesh, God sending his own Son in the likeness of sinful flesh, and for sin, condemned sin in the flesh: Rom.8:4 That the righteousness of the law might be fulfilled in us, who walk not after the flesh, but after the Spirit. rom.8 : 3ためにどのような法律ができなかったことは、それが弱い肉体を通して、神を送って、自分の息子が罪深い肉と偽って、罪とは、死刑囚の罪肉: rom.8 : 4して同法の正義が果たされるかもしれませんが私たちは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。 John 3:18 He that believeth on him is not condemned: but he that believeth not is condemned already, because he hath not believed in the name of the only begotten Son of God.ジョン3時18分彼ではないことを信じて彼を非難:しかし、彼を信じていないことは、すでに死刑囚は、考えられていないため、かれの名の下に生まれた息子である神のみです。 John 5:24 Verily, verily, I say unto you, He that heareth my word, and believeth on him that sent me, hath everlasting life, and shall not come into condemnation; but is passed from death unto life.ジョン5時24分本当に、本当に、なたがたに言って、彼は私の言葉は全聴にして、彼にして信仰して送ってくれたことは、かれらも来世では、生まれてくるものではないとの非難;しかし、かれは、死から渡された生活です。


(week) 22. ( 1週間) 22 。 Lord's Day日曜日


Question 57. What comfort does the "resurrection of the body" afford thee? 質問57 。どのような快適度は、 "体の復活"と余裕なんじですか?

Answer: That not only my soul after this life shall be immediately taken up to Christ its head; (a) but also, that this my body, being raised by the power of Christ, shall be reunited with my soul, and made like unto the glorious body of Christ. 答:このことだけでなく、生活の後に私の魂は、すぐに取られるまでに、キリストの頭部; (する)だけでなく、私の体がこれは、キリストの力を提起したが、死ぬまでに私の魂と再会し、前のように、かれキリストの体の栄光です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Luke 16:22 And it came to pass, that the beggar died, and was carried by the angels into Abraham's bosom: the rich man also died, and was buried; Luke 23:43 And Jesus said unto him, Verily I say unto thee, To day shalt thou be with me in paradise.ルーク16時22分(する)を通過して来た、乞食が死亡して、天使たちに運ばれるとは、アブラハムの懐:金持ちの男も死亡した、とは、埋設;ルークイエスによると、午前23時43分かれには、本当によいと言うなた、なたをすれば一日にして私には楽園です。 Philip.1:21 For to me to live is Christ, and to die is gain. philip.1 : 21生きるために私には、キリストは、死ぬとは、利得。 Philip.1:23 For I am in a strait betwixt two, having a desire to depart, and to be with Christ; which is far better: (b) 1 Cor.15:53 For this corruptible must put on incorruption, and this mortal must put on immortality. philip.1 : 23の間には2つの海峡は、私は、出発する意欲を持つ、とされるが、キリスト;がずっといい: 1 ( b )にcor.15 : 53堕落しやすいため、この清廉潔白をかける必要がありますし、この臨終の不滅をつける必要があります。 1 Cor.15:54 So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have put on immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory. 1 cor.15 : 54堕落しやすいので、このときは、清廉潔白をかけるが、これは致命的なものにして不滅、その後にもたらしたものは、書面を渡すと言って、死は、勝利に飲み込ま。 Job 19:25 For I know that my redeemer liveth, and that he shall stand at the latter day upon the earth: Job 19:26 And though after my skin worms destroy this body, yet in my flesh shall I see God: 1 John 3:2 Beloved, now are we the sons of God, and it doth not yet appear what we shall be: but we know that, when he shall appear, we shall be like him; for we shall see him as he is. 19時25分には承知して仕事に生きる私の救い主、として彼は、後者に立つ時、地球の日: 19時26分の仕事にもかかわらず、この後に私の体の皮膚を破壊するワームは、まだ私の肉は、私の神を参照してください: 1ジョン3:2愛され、今は私たちの神の息子たち、そしてそれは本当にわたしたちは、まだどのように表示されます:しかし、我々知っているが、彼は、表示されるとき、わたしたちは彼のように;ために彼はわたしたちは彼を参照してください。 Philip.3:21 Who shall change our vile body, that it may be fashioned like unto his glorious body, according to the working whereby he is able even to subdue all things unto himself. philip.3 : 21人は、私たちの卑しい体の変化は、それがかれの栄光の体のように風によると、彼は何の作業を征服することができるすべてのものでさえ、かれ自身です。


Question 58. What comfort takest thou from the article of "life everlasting"? 質問58 。なたから、どのような快適度takest記事の"永遠の生命"とは?

Answer: That since I now feel in my heart the beginning of eternal joy, (a) after this life, I shall inherit perfect salvation, which "eye has not seen, nor ear heard, neither has it entered into the heart of man" to conceive, and that to praise God therein for ever. 答:私が今して以来、私の心を感じる永遠の喜びの初めには、 (ある)この後の人生、私は完璧な救いを受け継ぐ、 "目も会っていないし、また耳を耳には、どちらもがそれを入力すると、心臓の男"を想像し、そこには永遠に神を賛美しています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 2 Cor.5:2 For in this we groan, earnestly desiring to be clothed upon with our house which is from heaven: 2 Cor.5:3 If so be that being clothed we shall not be found naked. ( ) 2 cor.5 : 2ミシミシと音を立てるために、この私たちは、熱心に希求して服を着た時には、天から私たちの家: 2 cor.5 : 3もしそうなられることをわたしたちは服を着ている裸見つかりませんでした。 (b) 1 Cor.2:9 But as it is written, Eye hath not seen, nor ear heard, neither have entered into the heart of man, the things which God hath prepared for them that love him. ( b )に1 cor.2 : 9しかし、それは書いては、かれらの目は見ない、耳に聞いても、どちらが男の中心部を入力すると、かれらの神のために準備しているものが彼を愛しています。 John 17:3 And this is life eternal, that they might know thee the only true God, and Jesus Christ, whom thou hast sent.これは永遠の生命のジョンと17時03分、なたを知っているかもしれないことのみが、真の神様と、イエスキリストは、誰なた送信されます。


(week) 23. ( 1週間) 23 。 Lord's Day日曜日


Question 59. But what does it profit thee now that thou believest all this? 質問59 。しかし、今はどのような利益がなたなたこのbelievestすべてのですか?

Answer: That I am righteous in Christ, before God, and an heir of eternal life. 答:私は正しいことで、キリストは、神の前では、相続人の永遠の生命とする。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Hab.2:4 Behold, his soul which is lifted up is not upright in him: but the just shall live by his faith. (する) hab.2 : 4見よ、彼の魂が真っすぐに彼を持ち上げではない:しかし、彼の信念だけで生計を立てるものだ。 Rom.1:17 For therein is the righteousness of God revealed from faith to faith: as it is written, The just shall live by faith. rom.1 : 17正義のためにそこには、神の啓示を信じる信仰から:として書かれたことは、ただ信仰によって生きるものです。 John 3:36 He that believeth on the Son hath everlasting life: and he that believeth not the Son shall not see life; but the wrath of God abideth on him.ジョン3時36分彼は、息子のことを信じかれら来世:と彼の息子のことを信じていないものではない人生を参照してください; abidethしかし、神の怒りがあるだろう。


Question 60. How are thou righteous before God? 質問60 。なたはどのようには、神の前で正しいですか?

Answer: Only by a true faith in Jesus Christ; (a) so that, though my conscience accuse me, that I have grossly transgressed all the commandments of God, and kept none of them, (b) and am still inclined to all evil; (c) notwithstanding, God, without any merit of mine, (d) but only of mere grace, (e) grants and imputes to me, (f) the perfect satisfaction, (g) righteousness and holiness of Christ; (h) even so, as if I never had had, nor committed any sin: yea, as if I had fully accomplished all that obedience which Christ has accomplished for me; (i) inasmuch as I embrace such benefit with a believing heart. 答:だけで、真の信仰はイエスキリスト; (する)のように、私も自分の良心を非難し、肉眼で見て、私は神の戒めのすべてのtransgressed 、およびそれらの保管、 ( b )に傾いているとはまだすべての悪; ( C参照)にもかかわらず、神は、鉱山のメリットもなく、 (民主党)だけの単なるグレースは、 ( E )の助成金やimputes私には、 ( f )には完璧な満足度は、 (目標)正義とキリストの神聖; (時)たとえそうで、まるで私は一度もなかったが、どんな罪もコミット:いや、もしわたしがそれを完全に成し遂げられたとしてすべて達成して服従させるために、キリストが私; ( 1 ) 〜だけれども私の心臓を受け入れるようなメリットがあると信じています。 (j) ( j )

Footnotes脚注

(a) Rom.3:21 But now the righteousness of God without the law is manifested, being witnessed by the law and the prophets; Rom.3:22 Even the righteousness of God which is by faith of Jesus Christ unto all and upon all them that believe: for there is no difference: Rom.3:23 For all have sinned, and come short of the glory of God; Rom.3:24 Being justified freely by his grace through the redemption that is in Christ Jesus: Rom.3:25 Whom God hath set forth to be a propitiation through faith in his blood, to declare his righteousness for the remission of sins that are past, through the forbearance of God; Rom.3:28 Therefore we conclude that a man is justified by faith without the deeds of the law. (する) rom.3 : 21だが今では神の正義の法律は明らかにせず、同法が目撃されると預言者; rom.3 : 22でさえ、これは信仰によって神の正義イエスキリストのすべてと、かれにそれらすべてのことを信じる:差がないために: rom.3 : 23 、すべては罪を犯しました、そして神の栄光をショートして来; rom.3 : 24自由に正当化され、彼の恩寵を通してイエスキリストの償還されている: rom.3 : 25神に規定されるかれらの信仰を介して、自分の血をなだめ、彼の正義のために宣言することは、過去の罪の赦し、神の忍耐を通して; rom.3 : 28従って我々一人の男との結論を下す信仰は正当化されることなくその行いは、法の趣旨だ。 Rom.5:1 Therefore being justified by faith, we have peace with God through our Lord Jesus Christ: Rom.5:2 By whom also we have access by faith into this grace wherein we stand, and rejoice in hope of the glory of God. rom.5 : 1したがって信仰によって正当化され、我々は平和をわたしたちの主イエスキリストを通して神: rom.5 : 2で誰も我々は、この猶予そこへのアクセスを我々の信仰に立つ、との希望を持って喜ぶの栄光神です。 Gal.2:16 Knowing that a man is not justified by the works of the law, but by the faith of Jesus Christ, even we have believed in Jesus Christ, that we might be justified by the faith of Christ, and not by the works of the law: for by the works of the law shall no flesh be justified. gal.2 : 16一人の男ではないと知って、正当化される作品は、法律ではなく、イエスキリストの信仰は、イエスキリストを信じても我々は、正当化されるかもしれないが、私たちの信仰のキリストは、されるとは作品は、法の趣旨:作品のために同法によっても正当化肉はない。 Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: Eph.2:9 Not of works, lest any man should boast. eph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: eph.2 : 9いないの作品が、男は自慢しないようにする。 Philip.3:9 And be found in him, not having mine own righteousness, which is of the law, but that which is through the faith of Christ, the righteousness which is of God by faith: (b) Rom.3:9 What then? philip.3 : 9と発見される彼は、自分の正義鉱山ていないといって、これは、同法が、それは信仰のキリストを通して、神の義が信仰によって: ( b )にrom.3 : 9その後は何ですか? are we better than they?彼らは我々より良いですか? No, in no wise: for we have before proved both Jews and Gentiles, that they are all under sin; (c) Rom.7:23 But I see another law in my members, warring against the law of my mind, and bringing me into captivity to the law of sin which is in my members.いいえ、賢明ではありません:両方のために我々はユダヤ人とgentiles立証する前に、かれらの下では、すべての罪; rom.7 ( C参照) : 23けど私のメンバーを参照して別の法律では、いがみあっているのは私の心の法律に違反して、持参この法律に捕らわれている私の罪を私の会員がいます。 (d) Tit.3:5 Not by works of righteousness which we have done, but according to his mercy he saved us, by the washing of regeneration, and renewing of the Holy Ghost; Deut.9:6 Understand therefore, that the LORD thy God giveth thee not this good land to possess it for thy righteousness; for thou art a stiffnecked people. (民主党) tit.3 : 5作品の正義ではなく、私たちがこれまでには、しかし、彼によると、彼のなすがままに救ってくださった、洗濯物が再生される、との聖霊の更新; deut.9 : 6理解したがって、してなたなたの主は、この神に与えられる良い土地を保有することは、なたの正義; stiffneckedの人々のためになた。 Ezek.36:22 Therefore say unto the house of Israel, Thus saith the Lord GOD; I do not this for your sakes, O house of Israel, but for mine holy name's sake, which ye have profaned among the heathen, whither ye went. ezek.36 : 22したがって、かれの家の言うイスラエルは、このように言うの主なる神; sakes私は、これをして、なたの家のイスラエルには、しかし、鉱山の神聖な名前のよしみでは、異教徒間のprofanedなたがたが、なたがたはどこへ行った。 (e) Rom.3:24 Being justified freely by his grace through the redemption that is in Christ Jesus: Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: (f) Rom.4:4 Now to him that worketh is the reward not reckoned of grace, but of debt. ( E )のrom.3 : 24が正当化された彼の自由にされている償還猶予を通してイエスキリスト: eph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: ( f )にrom.4 : 4今すぐに彼を無視してworkethは、報酬の恵みを受けていないが、債務のです。 Rom.4:5 But to him that worketh not, but believeth on him that justifieth the ungodly, his faith is counted for righteousness. rom.4 : 5しかし、彼のことをworkethないが、彼のことを信じて、とんでもないjustifieth 、彼の信仰は、正義のためにカウントされます。 2 Cor.5:19 To wit, that God was in Christ, reconciling the world unto himself, not imputing their trespasses unto them; and hath committed unto us the word of reconciliation. 2 cor.5 : 19 〜ウィット、その神は、キリストは、世界の和解かれ自身ではなく、彼らのtrespassesかれらimputing ;とかれらの和解という言葉をわたしたちにコミットします。 (g) 1 John 2:2 And he is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for the sins of the whole world. (目標) 1ジョン2時02分、彼は、私たちの罪をなだめるために:私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のです。 (h) 1 John 2:1 My little children, these things write I unto you, that ye sin not. ( h )に1ヨハネ2:1私の小さな子供たちは、これらのことを書く私なたがたは、なたがたに罪はない。 And if any man sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous: (i) 2 Cor.5:21 For he hath made him to be sin for us, who knew no sin; that we might be made the righteousness of God in him.罪の男とあれば、我々は、父を提唱して、イエスキリストの正義: ( 1 ) 2 cor.5 : 21かれは彼のために罪のために私たちは、罪のない人を知っていた;かもしれないが我々の前に神の正義を示しています。 (j) Rom.3:22 Even the righteousness of God which is by faith of Jesus Christ unto all and upon all them that believe: for there is no difference: John 3:18 He that believeth on him is not condemned: but he that believeth not is condemned already, because he hath not believed in the name of the only begotten Son of God. ( j ) rom.3 : 22神の正義でさえ、これは、かれのすべての信仰によって、イエスキリストを信じるとは、皆それ:差がないために:ジョン3時18分彼は彼ではないことを信じて非難:しかし、彼すでに死刑囚を信じていないことが、考えられていないため、かれの名の下に生まれた息子である神のみです。


Question 61. Why sayest thou, that thou art righteous by faith only? 質問61 。なぜsayの二人称単数なた、なたが正しい信仰によってのみですか?

Answer: Not that I am acceptable to God, on account of the worthiness of my faith; but because only the satisfaction, righteousness, and holiness of Christ, is my righteousness before God; (a) and that I cannot receive and apply the same to myself any other way than by faith only. 答:私は受け入れていないことを神には、アカウントには、私の信仰の価値;だけでも満足感のため、正義、キリストの神聖とは、神の前では私の正義;の( a )およびして、適用を受けることができない私と同じ他の方法よりも自分自身を信仰によってのみです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.1:30 But of him are ye in Christ Jesus, who of God is made unto us wisdom, and righteousness, and sanctification, and redemption: 1 Cor.2:2 For I determined not to know any thing among you, save Jesus Christ, and him crucified. (する) 1 cor.1 : 30しかし、彼は、なたがたが、イエスキリストは、わたしたちが神の人の知恵と正義、および神聖化、および償還: 1 cor.2 : 2ためにあらゆることを知っている私に決定していないあなたの間では、イエスキリストを保存し、彼を十字架につけられています。 (b) 1 John 5:10 He that believeth on the Son of God hath the witness in himself: he that believeth not God hath made him a liar; because he believeth not the record that God gave of his Son. 5時10分( b )に1ジョンは、彼の息子であることを信じ、かれらの神は自分自身の証人:彼はかれらを前にして神を信じていないと彼はうそつき;なぜなら、彼は神を信じていないのは、息子を記録しています。


(week) 24. ( 1週間) 24 。 Lord's Day日曜日


Question 62. But why cannot our good works be the whole, or part of our righteousness before God? 質問62 。しかし、なぜ我々の善行することはできませんが、全体的には、我々の正義や神の前の部分ですか?

Answer: Because, that the righteousness, which can be approved of before the tribunal of God, must be absolutely perfect, (a) and in all respects conformable to the divine law; and also, that our best works in this life are all imperfect and defiled with sin. 答:なぜなら、義して、承認することができますが、神の前に、法廷は、完全無欠しなければならない、 ( a )およびすべての点で、神の法に適合して;そしてまた、このことは私たちの人生最良の作品はすべて不完全defiled罪としています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Gal.3:10 For as many as are of the works of the law are under the curse: for it is written, Cursed is every one that continueth not in all things which are written in the book of the law to do them. (する) gal.3 : 10ためには、できるだけ多くの作品としては、法の下の呪い:ために書かれたことは、呪わはないcontinuethごとに1つのことが書かれているものはすべてこの本は、法の趣旨を行うしてください。 Deut.27:26 Cursed be he that confirmeth not all the words of this law to do them. deut.27 : 26呪われることconfirmeth彼の言葉は、この法律のすべてのことを行う。 And all the people shall say, Amen.とは、すべての人々によれば、アーメン。 (b) Isa.64:6 But we are all as an unclean thing, and all our righteousnesses are as filthy rags; and we all do fade as a leaf; and our iniquities, like the wind, have taken us away. ( b )にisa.64 : 6しかし、我々はすべての不浄のものとして、そして我々のすべてのrighteousnessesとしては、汚いぼろきれ;やフェードとして、我々はすべての葉; iniquitiesと私たちは、風のように、私たちが去った。


Question 63. What! 質問63 。何! do not our good works merit, which yet God will reward in this and in a future life?我々の善行はありませんメリットは、まだ神は、この報奨金は、将来の人生とは?

Answer: This reward is not of merit, but of grace. 答:この報奨金のメリットではないが、上品。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Luke 17:10 So likewise ye, when ye shall have done all those things which are commanded you, say, We are unprofitable servants: we have done that which was our duty to do.だから同じように(する) 17時10分ルークなたがたは、なたがたはこれまでにすべての時を越えるものが命じられた場合、言って、私たちは不採算の使用人:我々は我々の義務が完了していない。


Question 64. But does not this doctrine make men careless and profane? 質問64 。教義を作るわけではありませんこの男性の不注意や不敬ですか?

Answer: By no means: for it is impossible that those, who are implanted into Christ by a true faith, should not bring forth fruits of thankfulness. 答:ものではない:それらのためにすることは不可能であることは、誰が注入されるキリストの真の信仰には、感謝の成果をもたらすではない。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Matt.7:18 A good tree cannot bring forth evil fruit, neither can a corrupt tree bring forth good fruit. (する) matt.7 : 18良い木に邪悪な果実をもたらすことはできない、どちらも良いことで腐敗した木の果実をもたらす。 John 15:5 I am the vine, ye are the branches: He that abideth in me, and I in him, the same bringeth forth much fruit: for without me ye can do nothing.私は、 15時05分ジョンつるは、なたがたは、支店: abidethにして彼は私に、そして私が彼には、 bringeth来たりするのと同じくらいの果物:なし私に、なたがたのためにできることはない。


Of The Sacramentsの秘跡


(week) 25. ( 1週間) 25 。 Lord's Day日曜日


Question 65. Since then we are made partakers of Christ and all his benefits by faith only, whence does this faith proceed? 質問65 。それ以来、私たちは彼の前にすべての給付金partakersキリストと信仰によってのみ、この信仰をもって進んでwhenceは?

Answer: From the Holy Ghost, (a) who works faith in our hearts by the preaching of the gospel, and confirms it by the use of the sacraments. 答:から、聖霊は、 (ある)を信じている人の作品は、私たちの心に説教された福音書は、それを確認されるとの秘跡を使用します。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Eph.2:8 For by grace are ye saved through faith; and that not of yourselves: it is the gift of God: Eph.2:9 Not of works, lest any man should boast. (する) eph.2 : 8グレースは、なたがたのために保存されたを通して信仰;としていないのがた:それは、神の贈り物: eph.2 : 9いないの作品が、男は自慢しないようにする。 Eph.6:23 Peace be to the brethren, and love with faith, from God the Father and the Lord Jesus Christ. eph.6 : 23平和の同胞には、信仰と愛とは、神から与えられたとは、主イエスキリストの父です。 John 3:5 Jesus answered, Verily, verily, I say unto thee, Except a man be born of water and of the Spirit, he cannot enter into the kingdom of God.イエスと答えたジョン3時05分、本当に、本当に、私は言うなたを除いて、一人の男として生まれるとは、水の精霊は、彼のことはできませんが神の国に入る。 Philip.1:29 For unto you it is given in the behalf of Christ, not only to believe on him, but also to suffer for his sake; (b) Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: Matt.28:20 Teaching them to observe all things whatsoever I have commanded you: and, lo, I am with you alway, even unto the end of the world. philip.1 : 29ためには、なたがたに与えられたことは、キリストの代理として、彼を信じていないだけに、彼のために苦しむことだけでなく、 ( b )にmatt.28 : 19行くなたがたしたがって、すべての国と教えるのは、命名かれらの父の名の下、そしてその息子、そして、聖霊: matt.28 : 20指導しても受けない私が命じられたすべてのものを観察すること:そして、見よ、私はあなたなかれ、かれの終わりでもの世界です。 Amen.アーメン。 1 Pet.1:22 Seeing ye have purified your souls in obeying the truth through the Spirit unto unfeigned love of the brethren, see that ye love one another with a pure heart fervently: 1 Pet.1:23 Being born again, not of corruptible seed, but of incorruptible, by the word of God, which liveth and abideth for ever. 1 pet.1 : 22を見て、なたがたの魂を精製して真実を介しての精神に従うかれは、偽りのない兄弟愛を、別の1つを参照して、なたがたの愛と、純粋な心に熱心: 1 pet.1 : 23人間が生まれている、いないの堕落しやすい種子は、しかし、清廉潔白は、神のみことばで、これは永遠に生きるとabideth 。


Question 66. What are the sacraments? 質問66 。秘跡は何ですか?

Answer: The sacraments are holy visible signs and seals, appointed of God for this end, that by the use thereof, he may the more fully declare and seal to us the promise of the gospel, viz., that he grants us freely the remission of sin, and life eternal, for the sake of that one sacrifice of Christ, accomplished on the cross. 答:聖なる秘跡は、目に見える印とアザラシは、この目的のために神の任命は、それを使用することによって、彼はより多くの可能性を完全に封印を宣言すると、私たちの約束ゴスペル、 viz 。 、自由にして彼は私たちの助成金寛解罪の、そして永遠の生命のために、自分を犠牲にしてキリストは、十字架上で成し遂げています。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Gen.17:11 And ye shall circumcise the flesh of your foreskin; and it shall be a token of the covenant betwixt me and you. (する) gen.17 : 11となたがたは、肉のお包皮割礼を施す;とそれには、トークンは、わたしとなたがたとの間の契約です。 Rom.4:11 And he received the sign of circumcision, a seal of the righteousness of the faith which he had yet being uncircumcised: that he might be the father of all them that believe, though they be not circumcised; that righteousness might be imputed unto them also: Deut.30:6 And the LORD thy God will circumcise thine heart, and the heart of thy seed, to love the LORD thy God with all thine heart, and with all thy soul, that thou mayest live. rom.4 : 11割礼のサインを受け取ったと彼は、正義のシールは、彼がまだ信仰され割礼を受けていない:かもしれないが、彼の父のすべてのことを信じることは、かれらではない割礼;正しいかもしれないがかれらにも帰属: deut.30 : 6 、なたの神、主の割礼を施すザインは、心臓は、心臓部となたの種子、なたの神、主を愛する心をすべてザイン、およびすべてのなたの魂は、なたmayest生きることです。 Lev.6:25 Speak unto Aaron and to his sons, saying, This is the law of the sin offering: In the place where the burnt offering is killed shall the sin offering be killed before the LORD: it is most holy. lev.6 : 25かれアーロンと話す彼の息子たちに、と言っては、これは同法の罪提供:焼けの場所を提供するのは、殺される前には、その罪を提供し、主に殺される:それは最も神聖な。 Heb.9:7 But into the second went the high priest alone once every year, not without blood, which he offered for himself, and for the errors of the people: Heb.9:8 The Holy Ghost this signifying, that the way into the holiest of all was not yet made manifest, while as the first tabernacle was yet standing: Heb.9:9 Which was a figure for the time then present, in which were offered both gifts and sacrifices, that could not make him that did the service perfect, as pertaining to the conscience; Heb.9:24 For Christ is not entered into the holy places made with hands, which are the figures of the true; but into heaven itself, now to appear in the presence of God for us: Ezek.20:12 Moreover also I gave them my sabbaths, to be a sign between me and them, that they might know that I am the LORD that sanctify them. heb.9 : 7しかし、 2番目には、毎年1回、大祭司だけではなく、血液なしでは、彼が自分自身を提供し、人々のためのエラー: heb.9 : 8聖霊のこの意味は、その道すべての神聖を前には、まだマニフェストが、まだ立っていたとして、最初の幕屋: heb.9 : 9時間のためには、次に示す図は、両方で提供されたプレゼントや犠牲は、彼にして作ることができなかったこのサービスは完璧、としての良心に係る; heb.9 : 24キリストのために入力されたのではないの聖地で両手を前に、これは、この数字は、真;しかし天国自体には、今すぐに表示されるのは、神の存在我々 : ezek.20 : 12そのうえかれらにも私のsabbaths私は、私との間で署名されることは、知っているかもしれないということを私は、主を浄化してください。 Isa.6:6 Then flew one of the seraphims unto me, having a live coal in his hand, which he had taken with the tongs from off the altar: Isa.6:7 And he laid it upon my mouth, and said, Lo, this hath touched thy lips; and thine iniquity is taken away, and thy sin purged. isa.6 : 6次にseraphims飛んでいって、わたしの1つは、石炭を手に持つライブは、彼が服用してから、やっとこオフの祭壇: isa.6 : 7と彼は私の口の中にレイアウトすること、およびよると、本当になたの唇に触れたこのかれら;や不法行為が連れ去らザイン、なたの罪と削除されます。 Isa.54:9 For this is as the waters of Noah unto me: for as I have sworn that the waters of Noah should no more go over the earth; so have I sworn that I would not be wroth with thee, nor rebuke thee. isa.54 : 9用水域として、これはわたしのノア:用として宣誓して、私はこれ以上の海域のノアは、地球上に行く;だから私は私ではない宣誓して激怒して、なた、なたも叱責。


Question 67. Are both word and sacraments, then, ordained and appointed for this end, that they may direct our faith to the sacrifice of Jesus Christ on the cross, as the only ground of our salvation? 質問67 。秘跡は、両方の言葉と、それから、この目的のために定められたと任命は、恐らくかれらは、直接私たちの信仰を犠牲にしてイエスキリストの十字架上で、我々の救いとして、地上だけですか? (a) (する)

Answer: Yes, indeed: for the Holy Ghost teaches us in the gospel, and assures us by the sacraments, that the whole of our salvation depends upon that one sacrifice of Christ which he offered for us on the cross. 答:はい、確かに:私たちに教えるためには、聖霊の福音は、私たちと保証される秘跡は、私たちの救いは、全体を1つの犠牲にかかっていることを私たちは、キリストが十字架上で彼を提供します。

Footnotes脚注

(a) Rom.6:3 Know ye not, that so many of us as were baptized into Jesus Christ were baptized into his death? (する) rom.6 : 3知っている、なたがたは、そんなに多くのバプテスマを受け、我々としては、イエスキリストがバプテスマを受け彼の死か? Gal.3:27 For as many of you as have been baptized into Christ have put on Christ. gal.3 : 27できるだけ多くのあなたのためにバプテスマを受けてきたとして、キリストは、キリストをかける。


Question 68. How many sacraments has Christ instituted in the new covenant, or testament? 質問68 。秘跡は、キリストの導入方法については、多くの新しい契約、または遺言ですか?

Answer: Two: namely, holy baptism, and the holy supper. 答: 2 :すなわち、洗礼式は、神聖な夕食とします。


Of Holy Baptism洗礼式


(week) 26. ( 1週間) 26 。 Lord's Day日曜日


Question 69. How art thou admonished and assured by holy baptism, that the one sacrifice of Christ upon the cross is of real advantage to thee? 質問69 。なたどのように警告されると安心洗礼式は、自分を犠牲にして、キリストの十字架上では、本物の優位性をなたのですか?

Answer: Thus: That Christ appointed this external washing with water, (a) adding thereto this promise, (b) that I am as certainly washed by his blood and Spirit from all the pollution of my soul, that is, from all my sins, (c) as I am washed externally with water, by which the filthiness of the body is commonly washed away. 答え:こうして:キリストに任命して、この外部の洗浄に水を、この約束(する)そこを追加、 ( b )に洗われることは確かに私は彼の血と魂のすべての汚染が私の魂から、それは、私たちの罪をすべてする、 ( c )としての私は外部には、水で洗って、 filthinessされるのは、体がよく流されている。

Footnotes脚注

(a) Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: (b) Matt.28:19 Go ye therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost: Acts 2:38 Then Peter said unto them, Repent, and be baptized every one of you in the name of Jesus Christ for the remission of sins, and ye shall receive the gift of the Holy Ghost. (する) matt.28 : 19行くなたがたしたがって、すべての国と教えるのは、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊: ( b )にmatt.28 : 19行くなたがたしたがって、と教えるのすべての国は、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊:ピーターそれから2時38分によると、かれらの行為は、罪を悔いて、バプテスマを受けれるごとに1つの場合は、イエスキリストの名の下その罪の赦し、なたがたは、聖霊の贈り物を受け取る。 Matt.3:11 I indeed baptize you with water unto repentance: but he that cometh after me is mightier than I, whose shoes I am not worthy to bear: he shall baptize you with the Holy Ghost, and with fire: Mark 16:16 He that believeth and is baptized shall be saved; but he that believeth not shall be damned. matt.3 : 11私には、水で洗礼を施す本当にかれ後悔:しかし、彼が私には、力よりも後に来る私は、その靴を私は立派な熊:彼は、聖霊の洗礼を施すことで、として火災:マーク16 : 16彼とは、バプテスマを受けて信仰して保存されるもの;しかし、彼を信じていないことにのろわれたものです。 John 1:33 And I knew him not: but he that sent me to baptize with water, the same said unto me, Upon whom thou shalt see the Spirit descending, and remaining on him, the same is he which baptizeth with the Holy Ghost.そして彼には分かっていたジョン1時33分:しかし、彼に洗礼を施すに水を送ってくれたことは、わたしと同じによると、その上で誰なたは降霊を参照して、残りは彼とは、同じでは、彼が聖霊のbaptizeth 。 Rom.6:3 Know ye not, that so many of us as were baptized into Jesus Christ were baptized into his death? rom.6 : 3知っている、なたがたは、そんなに多くのバプテスマを受け、我々としては、イエスキリストがバプテスマを受け彼の死か? Rom.6:4 Therefore we are buried with him by baptism into death: that like as Christ was raised up from the dead by the glory of the Father, even so we also should walk in newness of life. rom.6 : 4従って我々は彼に埋設された洗礼を没年:キリストだったとして甦ることのように死んでからは、父の栄光は、たとえそうであっても我々の生活の中を歩くの新しされます。 (c) 1 Pet.3:21 The like figure whereunto even baptism doth also now save us (not the putting away of the filth of the flesh, but the answer of a good conscience toward God,) by the resurrection of Jesus Christ: Mark 1:4 John did baptize in the wilderness, and preach the baptism of repentance for the remission of sins. ( C参照) 1 pet.3 : whereunto図21のように今も保存しても私たちは本当に洗礼(片付けていないのは、汚物の肉は、しかし、その答えを神に清い心に向かって、 )されたイエスキリストの復活: 1時04分ジョンマーク洗礼荒野の中には、悔い改めの洗礼を説くために罪の赦しです。 Luke 3:3 And he came into all the country about Jordan, preaching the baptism of repentance for the remission of sins; 3時03分に入ってきたルークと彼のすべての国については、ヨルダン、説教の洗礼は、罪の赦し悔い改め;


Question 70. What is it to be washed with the blood and Spirit of Christ? 質問70 。どんなことをして血を洗ったとキリストの精神ですか?

Answer: It is to receive of God the remission of sins, freely, for the sake of Christ's blood, which he shed for us by his sacrifice upon the cross; (a) and also to be renewed by the Holy Ghost, and sanctified to be members of Christ, that so we may more and more die unto sin, and lead holy and unblamable lives. 答:それは、神を受け取る罪の赦し、自由のために、キリストの血は、私たちが彼を当てるために十字架上で自分を犠牲にする、 ( a )およびリニューアルされたにも聖霊、および神聖化してキリストのメンバであることは、ますます多くのことかもしれませんので、かれ罪で死ぬ、と鉛の神聖な命と非難すべきところです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Heb.12:24 And to Jesus the mediator of the new covenant, and to the blood of sprinkling, that speaketh better things than that of Abel. (する) heb.12 : 24イエス様との仲介役には、新しい契約は、血液中の散水として、それよりよいものに比べてアベルspeaketh 。 1 Pet.1:2 Elect according to the foreknowledge of God the Father, through sanctification of the Spirit, unto obedience and sprinkling of the blood of Jesus Christ: Grace unto you, and peace, be multiplied. 1 pet.1 : 2当選者によると、神の先見の父は、精神の清浄化を通じて、服従させると、かれは、血液中の散水イエスキリスト:グレースなたがたは、平和とは、に掛けている。 Rev.1:5 And from Jesus Christ, who is the faithful witness, and the first begotten of the dead, and the prince of the kings of the earth. rev.1 : 5とイエスキリストから、人は、忠実な証人は、最初のひとり子とオブザデッド、プリンスオブキングスとは、地球に帰還した。 Unto him that loved us, and washed us from our sins in his own blood, Rev.7:14 And I said unto him, Sir, thou knowest.かれにして私たちを愛し、そして私たちの罪を洗って私たちは、自分自身の血液中から、 rev.7 : 14と私かれによると、先生は、なたknowest 。 And he said to me, These are they which came out of great tribulation, and have washed their robes, and made them white in the blood of the Lamb.そして彼は私によると、これらは大きな試練から出てきた彼らが、彼らのローブを洗ったとは、血液中の白とはかれらの子羊。 Zech.13:1 In that day there shall be a fountain opened to the house of David and to the inhabitants of Jerusalem for sin and for uncleanness. zech.13 : 1で、その日、かれらに噴水をオープンハウスオブデビッドとエルサレムの住民のために、罪のためuncleanness 。 Ezek.36:25 Then will I sprinkle clean water upon you, and ye shall be clean: from all your filthiness, and from all your idols, will I cleanse you. ezek.36 : 25それから私は、きれいな水を振りかけるなたがたは、なたがたは、きれいに: filthinessからのすべてのお客様は、すべてのお客様からの偶像とは、あなたが私を清めている。 (b) John 1:33 And I knew him not: but he that sent me to baptize with water, the same said unto me, Upon whom thou shalt see the Spirit descending, and remaining on him, the same is he which baptizeth with the Holy Ghost. ( b )にジョンとは分かっていた彼は午前1時33分:しかし、彼に洗礼を施すに水を送ってくれたことは、わたしと同じによると、その上で誰なたは降霊を参照して、残りは彼とは、同じでは、彼はどのbaptizeth聖霊のです。 John 3:5 Jesus answered, Verily, verily, I say unto thee, Except a man be born of water and of the Spirit, he cannot enter into the kingdom of God.イエスと答えたジョン3時05分、本当に、本当に、私は言うなたを除いて、一人の男として生まれるとは、水の精霊は、彼のことはできませんが神の国に入る。 1 Cor.6:11 And such were some of you: but ye are washed, but ye are sanctified, but ye are justified in the name of the Lord Jesus, and by the Spirit of our God. 1 cor.6 : 11とはこのようないくつかの場合:洗ったなたがたは、なたがたは神聖化、なたがたは正当化の名の下、主イエスは、私たちの神の精神とされる。 1 Cor.12:13 For by one Spirit are we all baptized into one body, whether we be Jews or Gentiles, whether we be bond or free; and have been all made to drink into one Spirit. 1 cor.12 : 13を1つ1つの精神は、私たちは皆、体にバプテスマを受け、ユダヤ人やgentilesれるかどうかを我々は、我々に結合するかどうかや無料;してきたすべてを1つの精神を前にして酒を飲む。 Rom.6:4 Therefore we are buried with him by baptism into death: that like as Christ was raised up from the dead by the glory of the Father, even so we also should walk in newness of life. rom.6 : 4従って我々は彼に埋設された洗礼を没年:キリストだったとして甦ることのように死んでからは、父の栄光は、たとえそうであっても我々の生活の中を歩くの新しされます。 Col.2:12 Buried with him in baptism, wherein also ye are risen with him through the faith of the operation of God, who hath raised him from the dead. col.2 : 12埋没して、彼は洗礼は、そこには、上昇しても、なたがたの信仰は、彼を通して神の操作は、誰かれらの育て方から、死んでしまいました。


Question 71. Where has Christ promised us, that he will as certainly wash us by his blood and Spirit, as we are washed with the water of baptism? 質問71 。キリストの約束の場所には私たちは、確かに洗うように彼は私たちの血とによって彼の精神は、私たちは、水の洗礼を洗ったか?

Answer: In the institution of baptism, which is thus expressed: "Go ye, therefore, and teach all nations, baptizing them in the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Ghost", Matt.28:19. 答:教育機関での洗礼は、このように表明した: "行くなたがたは、したがって、すべての国と教えるのは、かれらの名の命名の父、そしてその息子、そして、聖霊" 、 matt.28 : 19 。 And "he that believeth, and is baptized, shall be saved; but he that believeth not, shall be damned.", Mark 16:16.そして"彼を信じ、バプテスマを受けとは、死ぬまでに保存;しかし、彼を信じていないことで行われるものとしてのろわれた"と述べた。 、マルク16時16分です。 This promise is also repeated, where the scripture calls baptism "the washing of regenerations" and the washing away of sins.この約束はまた繰り返される、どこ典通話洗礼"の増幅を洗う"と、洗濯の罪を去る。 Tit.3:5, Acts 22:16. tit.3 : 5は、 22時16分行為です。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Tit.3:5 Not by works of righteousness which we have done, but according to his mercy he saved us, by the washing of regeneration, and renewing of the Holy Ghost; Acts 22:16 And now why tarriest thou? (する) tit.3 : 5作品の正義ではなく、私たちがこれまでには、しかし、彼によると、彼のなすがままに救ってくださった、洗濯物が再生される、との聖霊の更新;行為tarriestなた22時16分、今はなぜですか? arise, and be baptized, and wash away thy sins, calling on the name of the Lord.生じる、とによって、バプテスマを受け、なたの罪を洗い流すと、主の名前をコールしています。


(week) 27. ( 1週間) 27 。 Lord's Day日曜日


Question 72. Is then the external baptism with water the washing away of sin itself? 72の質問ですが、その後、外部の洗礼を水で洗うこと自体に罪去るのか?

Answer: Not at all: (a) for the blood of Jesus Christ only, and the Holy Ghost cleanse us from all sin. 答:いいえ、全然: (する)ために、イエスキリストの血のみで、聖霊のすべての罪から私たちを清めている。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Matt.3:11 I indeed baptize you with water unto repentance: but he that cometh after me is mightier than I, whose shoes I am not worthy to bear: he shall baptize you with the Holy Ghost, and with fire: 1 Pet.3:21 The like figure whereunto even baptism doth also now save us (not the putting away of the filth of the flesh, but the answer of a good conscience toward God,) by the resurrection of Jesus Christ: Eph.5:26 That he might sanctify and cleanse it with the washing of water by the word, Eph.5:27 That he might present it to himself a glorious church, not having spot, or wrinkle, or any such thing; but that it should be holy and without blemish. (する) matt.3 : 11私には、水で洗礼を施す本当にかれ後悔:しかし、彼が私には、力よりも後に来る私は、その靴を私は立派な熊:彼は、聖霊の洗礼を施すことで、として火災: 1 pet.3 : whereunto図21のように今も保存しても私たちは本当に洗礼(片付けていないのは、汚物の肉は、しかし、その答えを神に清い心に向かって、 )されたイエスキリストの復活: eph.5 : 26かもしれないということを浄化と清めの水を洗濯している言葉を、 eph.5 : 27が存在するかもしれないことを彼は自分自身の栄光教会では、現物がない、またはしわは、どのようなものか;しかし、しなければならないこと神聖とせずに染みています。 (b) 1 John 1:7 But if we walk in the light, as he is in the light, we have fellowship one with another, and the blood of Jesus Christ his Son cleanseth us from all sin. ( b )に1ジョン1時07分しかしもし我々の光の中を歩くのは、軽としては、彼は、私たちは、別の1つの交わりは、イエスキリストと彼の息子の血液から我々のすべての罪cleanseth 。 1 Cor.6:11 And such were some of you: but ye are washed, but ye are sanctified, but ye are justified in the name of the Lord Jesus, and by the Spirit of our God. 1 cor.6 : 11とはこのようないくつかの場合:洗ったなたがたは、なたがたは神聖化、なたがたは正当化の名の下、主イエスは、私たちの神の精神とされる。


Question 73. Why then does the Holy Ghost call baptism "the washing of regeneration," and "the washing away of sins"? 質問73 。なぜその後は聖霊の洗礼コール"の洗濯物の再生" 、および"洗濯の罪を去る"とは?

Answer: God speaks thus not without great cause, to-wit, not only thereby to teach us, that as the filth of the body is purged away by water, so our sins are removed by the blood and Spirit of Jesus Christ; (a) but especially that by this divine pledge and sign he may assure us, that we are spiritually cleansed from our sins as really, as we are externally washed with water. 答:神の大義のないことではないが喋るこうして、機知には、それを教えるだけでなく、私たちは、体のこととして、汚物が削除された水を続けるので、私たちの罪が削除されたイエスキリストの血と魂; ( )しかし、このことによって、特に彼は神の約束と署名入りの可能性を確保する私たちは、精神的に浄化してから我々は我々の罪として実際には、我々としては、外部からは、水で洗っています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Rev.1:5 And from Jesus Christ, who is the faithful witness, and the first begotten of the dead, and the prince of the kings of the earth. (する) rev.1 : 5とイエスキリストから、人は、忠実な証人は、最初のひとり子とオブザデッド、プリンスオブキングスとは、地球に帰還した。 Unto him that loved us, and washed us from our sins in his own blood, Rev.7:14 And I said unto him, Sir, thou knowest.かれにして私たちを愛し、そして私たちの罪を洗って私たちは、自分自身の血液中から、 rev.7 : 14と私かれによると、先生は、なたknowest 。 And he said to me, These are they which came out of great tribulation, and have washed their robes, and made them white in the blood of the Lamb.そして彼は私によると、これらは大きな試練から出てきた彼らが、彼らのローブを洗ったとは、血液中の白とはかれらの子羊。 1 Cor.6:11 And such were some of you: but ye are washed, but ye are sanctified, but ye are justified in the name of the Lord Jesus, and by the Spirit of our God. 1 cor.6 : 11とはこのようないくつかの場合:洗ったなたがたは、なたがたは神聖化、なたがたは正当化の名の下、主イエスは、私たちの神の精神とされる。 (b) Mark 16:16 He that believeth and is baptized shall be saved; but he that believeth not shall be damned. ( b )にマークして16時16分彼とは、バプテスマを受けて信仰者にも保存;しかし、彼を信じていないことにのろわれたものです。 Gal.3:27 For as many of you as have been baptized into Christ have put on Christ. gal.3 : 27できるだけ多くのあなたのためにバプテスマを受けてきたとして、キリストは、キリストをかける。


Question 74. Are infants also to be baptized? 質問74 。バプテスマを受けには、幼児にも?

Answer: Yes: for since they, as well as the adult, are included in the covenant and church of God; (a) and since redemption from sin (b) by the blood of Christ, and the Holy Ghost, the author of faith, is promised to them no less than to the adult; (c) they must therefore by baptism, as a sign of the covenant, be also admitted into the christian church; and be distinguished from the children of unbelievers (d) as was done in the old covenant or testament by circumcision, (e) instead of which baptism is instituted (f) in the new covenant. 答:はい:以来彼らのためだけでなく、大人のは、契約に含まれるとは、神の教会;以来の( a )および( b )に罪から償還されるキリストの血と聖霊のは、作者の信仰は、かれらを約束していないが、成人に満たない; ( C参照)洗礼をしなければならないため、その約束の印として、キリスト教の教会にも認めた;と区別される子供たちのことが行われたとして不信心者(民主党)古い契約または遺言によっては、割礼は、 ( E )の代わりに導入したの洗礼は、 ( f )には、新しい契約です。

Footnotes脚注

(a) Gen.17:7 And I will establish my covenant between me and thee and thy seed after thee in their generations for an everlasting covenant, to be a God unto thee, and to thy seed after thee. (する) gen.17 : 7私の盟約を確立すると私の間には、わたしとなたやなたなたの種子は、後の世代のための永遠の約束を、なたに理解される神は、なたの種子をした後、なた。 (b) Matt.19:14 But Jesus said, Suffer little children, and forbid them not, to come unto me: for of such is the kingdom of heaven. ( b )にmatt.19 : 14しかし、イエスは、苦しむ子供たちのほとんどは、禁止していないと、わたしに来る:ためには、天国のようだ。 (c) Luke 1:15 For he shall be great in the sight of the Lord, and shall drink neither wine nor strong drink; and he shall be filled with the Holy Ghost, even from his mother's womb. ( C参照)ルーク1時15分には、彼は偉大な光景には、主に、ワインとは、どちらも強い酒を飲む;と彼は、聖霊に満たされても、彼の母親の胎内からです。 Ps.22:10 I was cast upon thee from the womb: thou art my God from my mother's belly. ps.22 : 10時私は、なたから子宮キャスト:なたは、神からの私の母のおなかのです。 Isa.44:1 Yet now hear, O Jacob my servant; and Israel, whom I have chosen: Isa.44:2 Thus saith the LORD that made thee, and formed thee from the womb, which will help thee; Fear not, O Jacob, my servant; and thou, Jesurun, whom I have chosen. isa.44 : 1まだ今聞いて、なたジェイコブ私の使用人;とイスラエルは、私が選んだ: isa.44 : 2このように言うのを前に、なたの主は、なたや形成の胎内から、これは、なたのヘルプ;恐れることはない、 oジェイコブは、私の使用人;やなた、 jesurun 、私が選ばれた。 Isa.44:3 For I will pour water upon him that is thirsty, and floods upon the dry ground: I will pour my spirit upon thy seed, and my blessing upon thine offspring: Acts 2:39 For the promise is unto you, and to your children, and to all that are afar off, even as many as the Lord our God shall call. isa.44 : 3のために、私は彼に水を差すことは、喉の渇き、乾いた地面の上や洪水:私は私の精神を注ぐ時なたの種子は、子孫と私の祝福にザイン:行為には、なたがたに約束は、午前2時39分、そしてあなたの子供たちに、そしてすべてのことには、遠く離れても、私たちの神、主の数が多いほど、呼ぶものです。 (d) Acts 10:47 Can any man forbid water, that these should not be baptized, which have received the Holy Ghost as well as we? (民主党)が、人の行為を禁じること10:47水は、これらのバプテスマを受けてはならない、これが聖霊の受信だけでなく、我々ですか? (e) Gen.17:14 And the uncircumcised man child whose flesh of his foreskin is not circumcised, that soul shall be cut off from his people; he hath broken my covenant. ( E )のgen.17 : 14割礼を受けていない人の児童の肉と彼の包皮割礼ではない、その魂は、彼の人々から切り離される;かれ壊れた私の約束だ。 (f) Col.2:11 In whom also ye are circumcised with the circumcision made without hands, in putting off the body of the sins of the flesh by the circumcision of Christ: Col.2:12 Buried with him in baptism, wherein also ye are risen with him through the faith of the operation of God, who hath raised him from the dead. ( f )にcol.2 : 11なたがたは、誰もなしに手を前に割礼割礼をして、体の中の先送り肉欲の罪をキリストの割礼: col.2 : 12埋没して、彼は洗礼は、そこに彼は、上昇しても、なたがたの信仰の運営を通じて、神は、誰かれらの育て方から、死んでしまいました。 Col.2:13 And you, being dead in your sins and the uncircumcision of your flesh, hath he quickened together with him, having forgiven you all trespasses; col.2 : 13とあなたは、あなたたちの罪が死んでいるの割礼を受けていないとのお肉は、かれは彼と一緒にquickened 、許していることをすべてtrespasses ;


Of The Holy Supper Of Our Lord Jesus Christ夕食は、私たちの主イエスキリストの神聖


(week) 28. ( 1週間) 28 。 Lord's Day日曜日


Question 75. How art thou admonished and assured in the Lord's Supper, that thou art a partaker of that one sacrifice of Christ, accomplished on the cross, and of all his benefits? 質問75 。確実な方法は、なたの主の警告と夕食は、なたの相伴のことを犠牲にして1つのキリストは、十字架上で成し遂げ、彼のすべてのメリットとは?

Answer: Thus: That Christ has commanded me and all believers, to eat of this broken bread, and to drink of this cup, in remembrance of him, adding these promises: (a) first, that his body was offered and broken on the cross for me, and his blood shed for me, as certainly as I see with my eyes, the bread of the Lord broken for me, and the cup communicated to me; and further, that he feeds and nourishes my soul to everlasting life, with his crucified body and shed blood, as assuredly as I receive from the hands of the minister, and taste with my mouth the bread and cup of the Lord, as certain signs of the body and blood of Christ. 答え:こうして:命じられたことは、わたしとすべてのキリスト信者たちは、パンを食べるのは、この壊れ、この杯を飲むと、彼の思い出としては、これらの約束を追加: (する)第一に、彼の遺体が提供することとして壊れた十字架を私には、私と彼の血液中の小屋は、確かに私の目を拝見して、このパンは、主のために壊れてくれて、私のカップに伝達して、そしてさらに、その彼が私の魂の栄養フィードと来世には、彼の体を十字架につけられ、血液中の小屋は、確かに私の手から受け取る大臣は、私の口の中で味がして、パンやカップの主は、特定の兆候としては、キリストの体と血中です。

Footnotes脚注

(a) Matt.26:26 And as they were eating, Jesus took bread, and blessed it, and brake it, and gave it to the disciples, and said, Take, eat; this is my body. (する) matt.26 : 26とされていたのを食べて、イエスはパン、そしてそれを祝福し、ブレーキには、弟子と、それを与えた、とは、取る、食べる;これは私の体です。 Matt.26:27 And he took the cup, and gave thanks, and gave it to them, saying, Drink ye all of it; Matt.26:28 For this is my blood of the new testament, which is shed for many for the remission of sins. matt.26 : 27杯と、彼は、ありがとうとは、かれらとそれを与えた、と言って、なたがたのすべての酒を飲むこと; matt.26 : 28ためには、これは私の血の新約聖書、これは、多くのための小屋罪の赦しのです。 Mark 14:22 And as they did eat, Jesus took bread, and blessed, and brake it, and gave to them, and said, Take, eat: this is my body.彼らは14時22分マークとして食べるとは、イエスキリストがパン、と祝福し、ブレーキのこと、そしてそれらを与えた、とは、取る、食べる:これは私の体です。 Mark 14:23 And he took the cup, and when he had given thanks, he gave it to them: and they all drank of it.マークと、彼は14時23カップ、そして彼が与えられたときのおかげで、彼はそれをかれら:そして彼らはそれをすべて飲んだ。 Mark 14:24 And he said unto them, This is my blood of the new testament, which is shed for many. 14時24分かれらによると、彼のマークは、これは私の血液は、新約聖書、これは、多くの小屋です。 Luke 22:19 And he took bread, and gave thanks, and brake it, and gave unto them, saying, This is my body which is given for you: this do in remembrance of me.彼は22時19分ルークとパン、そして与えたおかげで、ブレーキとすること、そしてかれらに与えた、と言って、これは私の体のために与えられた場合:これが私のことを記憶しています。 Luke 22:20 Likewise also the cup after supper, saying, This cup is the new testament in my blood, which is shed for you.ルークカップ夕食後の22時20分にも同様に、と言って、このカップでは、新約聖書私の血液、これは上屋です。 1 Cor.10:16 The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? 1 cor.10 : 16杯の祝福が私たちを祝福し、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか? 1 Cor.10:17 For we being many are one bread, and one body: for we are all partakers of that one bread. 1 cor.10 : 17ために我々が多くの人々は1つのパン、および1つのボディ: partakers 、そのために我々はすべて1つのパンです。 1 Cor.11:23 For I have received of the Lord that which also I delivered unto you, That the Lord Jesus the same night in which he was betrayed took bread: 1 Cor.11:24 And when he had given thanks, he brake it, and said, Take, eat: this is my body, which is broken for you: this do in remembrance of me. 1 cor.11 : 23受け取ったが、主のために私が私にも配達して、なたがたは、主イエスは、彼は、同じ夜にはパンを裏切ら: 1 cor.11 : 24そして彼が与えられたときのおかげで、彼はブレーキには、やによると、取る、食べる:これは私の体は、あなたのためには壊れ:これが私のことを記憶しています。 1 Cor.11:25 After the same manner also he took the cup, when he had supped, saying, This cup is the new testament in my blood: this do ye, as oft as ye drink it, in remembrance of me. 1 cor.11 : 25の後、彼はカップにも同じように、彼はsuppedときには、と言って、このカップでは、新約聖書私の血液:このなたがたは、なたがたがそれを飲むとしてしばしばとしては、私を憶えています。 1 Cor.12:13 For by one Spirit are we all baptized into one body, whether we be Jews or Gentiles, whether we be bond or free; and have been all made to drink into one Spirit. 1 cor.12 : 13を1つ1つの精神は、私たちは皆、体にバプテスマを受け、ユダヤ人やgentilesれるかどうかを我々は、我々に結合するかどうかや無料;してきたすべてを1つの精神を前にして酒を飲む。


Question 76. What is it then to eat the crucified body, and drink the shed blood of Christ? 質問76 。次に何を食べるのは、十字架につけられて体は、キリストの血を当てると酒を飲むのですか?

Answer: It is not only to embrace with believing heart all the sufferings and death of Christ and thereby to obtain the pardon of sin, and life eternal; (a) but also, besides that, to become more and more united to his sacred body, (b) by the Holy Ghost, who dwells both in Christ and in us; so that we, though Christ is in heaven (c) and we on earth, are notwithstanding "flesh of his flesh and bone of his bone" (d) and that we live, and are governed forever by one spirit, (e) as members of the same body are by one soul. 答:それだけではないと信じて抱擁して心臓のすべてのキリストの受難と死もって罪の恩赦を得るために、そして永遠の生命; (する)だけでなく、ほかにしては、ますます多くのユナイテッドになることを彼の神聖な体、 ( b )に、聖霊によって、キリスト者との両方で、私たちの棲む;ですから、私たちは、イエスキリストが天国にかかわらず( c )及び地球上で我々はそれにもかかわらず"自分の肉の肉や骨の骨" (民主党)と私たちが暮らして、永遠に支配されるとは、 1つの精神には、 ( E )のメンバーとして、同じボディでは、 1つの魂。

Footnotes脚注

(a) John 6:35 And Jesus said unto them, I am the bread of life: he that cometh to me shall never hunger; and he that believeth on me shall never thirst. (で)かれらによると、イエスのジョンと6時35分、私は人生のパン:彼が来るのを私は、決して飢餓;と彼は私には決して口渇ことを信じています。 John 6:40 And this is the will of him that sent me, that every one which seeth the Son, and believeth on him, may have everlasting life: and I will raise him up at the last day.ジョン6時40分、これは彼が送ってくれたのは、それがすべて1つのseethの息子は、彼にして信仰して、可能性がある来世:引き上げると、私は彼の最後の日までです。 John 6:47 Verily, verily, I say unto you, He that believeth on me hath everlasting life.ジョン6時47分本当に、本当に、なたがたに言って、彼は私にかれらは来世を信じています。 John 6:48 I am that bread of life. 6時48分私はジョンパンの生活しています。 John 6:49 Your fathers did eat manna in the wilderness, and are dead. 6時49分、父親のジョンして荒野の中にはマンナを食べる、とは死んでいた。 John 6:50 This is the bread which cometh down from heaven, that a man may eat thereof, and not die.これは、パンジョン6時50分に天から下るは、一人の男が食べることに関連して、そして死なない。 John 6:51 I am the living bread which came down from heaven: if any man eat of this bread, he shall live for ever: and the bread that I will give is my flesh, which I will give for the life of the world.ジョン6時51分に来た私は、リビングパン天からダウン:もしあれば、この男のパンを食べて、彼は永遠に生きるもの:パンとして、私は自分の肉体を与えるが、これは私の人生を与えるために、世界の。 John 6:52 The Jews therefore strove among themselves, saying, How can this man give us his flesh to eat?したがって、ユダヤ人の間で6時52分ジョン自身striveの過去形、と言って、私たちはどうすればこの男を与える彼の肉を食べるのですか? John 6:53 Then Jesus said unto them, Verily, verily, I say unto you, Except ye eat the flesh of the Son of man, and drink his blood, ye have no life in you.それからかれらによると、イエスのジョン6時53分、本当に、本当に、私の意見は、なたがたを除いて、なたがたの肉を食べるのは、男の息子は、自分の血を飲むと、なたがたがない生活をしてるよ。 John 6:54 Whoso eateth my flesh, and drinketh my blood, hath eternal life; and I will raise him up at the last day.誰でも自分の肉体eatethジョン6時54分、私の血とdrinketh 、かれらに永遠の命;引き上げると、私は彼の最後の日までです。 (b) John 6:55 For my flesh is meat indeed, and my blood is drink indeed. ( b )には私の肉は、食肉ジョン6時55分確かに、私の血とは、実際に酒を飲む。 John 6:56 He that eateth my flesh, and drinketh my blood, dwelleth in me, and I in him.彼が私の肉eatethジョン6時56分、私の血とdrinketh 、 dwellethしていいよ、と私は彼だ。 (c) Col.3:1 If ye then be risen with Christ, seek those things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God. ( C参照) col.3 : 1しなたがたそれからキリストに上昇して、それらを求めるものは、上記のは、どこsittethキリストは、神の右手。 Acts 3:21 Whom the heaven must receive until the times of restitution of all things, which God hath spoken by the mouth of all his holy prophets since the world began.行為者の天国3時21分までの倍の返還を受ける必要がありますすべてのものは、かれらの神で話される彼の口の中のすべての聖なる預言者以来、世界が始まった。 1 Cor.11:26 For as often as ye eat this bread, and drink this cup, ye do shew the Lord's death till he come. 1 cor.11 : 26をできるだけ頻繁にこのパンを食べて、なたがたは、このカップ酒を飲むと、なたがたは、主の死を供えて来るまで。 (d) Eph.3:16 That he would grant you, according to the riches of his glory, to be strengthened with might by his Spirit in the inner man; Eph.5:29 For no man ever yet hated his own flesh; but nourisheth and cherisheth it, even as the Lord the church: Eph.5:30 For we are members of his body, of his flesh, and of his bones. (民主党) eph.3 : 16ことを彼はグラントあなたは、彼の栄光によると、富は、強化されるかもしれないし、彼の精神は、内面の男; eph.5 : 29人までもなく、自分の肉体を嫌っていない;しかしnourishethとcherishethことでも、教会として、主: eph.5 : 30ために私たちは自分の体のメンバーは、彼の肉、彼の骨とした。 Eph.5:32 This is a great mystery: but I speak concerning Christ and the church. eph.5 : 32これは、偉大なミステリー:しかし、キリストと教会についてお話しします。 1 Cor.6:15 Know ye not that your bodies are the members of Christ? 1 cor.6 : 15知っていることは、なたがたの会員のお客様は、キリストの遺体ですか? shall I then take the members of Christ, and make them the members of an harlot?わたしへ行き、キリストのメンバー、およびそれらのメンバーが、売春のですか? God forbid.神を禁じる。 1 Cor.6:17 But he that is joined unto the Lord is one spirit. 1 cor.6 : 17しかし、彼は、入社して1つの主は、かれの精神です。 1 Cor.6:19 What? 1 cor.6 : 19は何ですか? know ye not that your body is the temple of the Holy Ghost which is in you, which ye have of God, and ye are not your own?なたがたは自分の体を知っていないことは、聖霊の宮には、あなたは、なたがたの神は、ご自身ではないとなたがたですか? 1 John 3:24 And he that keepeth his commandments dwelleth in him, and he in him. 1ジョン3時24分、彼は、その戒めkeepeth dwellethにして彼は、彼と彼のです。 And hereby we know that he abideth in us, by the Spirit which he hath given us.そしてここで私たちabidethことが分かっている彼は、私たちの精神を与えられたかれています。 1 John 4:13 Hereby know we that we dwell in him, and he in us, because he hath given us of his Spirit. 1ヨハネ4時13分して私たちをここに住む我々は彼を知っている、と彼は、私たちは、私たちが彼のために与えられたかれの精神です。 John 14:23 Jesus answered and said unto him, If a man love me, he will keep my words: and my Father will love him, and we will come unto him, and make our abode with him. 14時23分によると、イエスと答えたジョンかれには、一人の男私を愛している場合は、彼は私の言葉を続ける:愛と私の父は、彼は、かれに来ると私たちは、私たちのすみかとしていた。 (e) John 6:56 He that eateth my flesh, and drinketh my blood, dwelleth in me, and I in him. 6時56分( E )のジョンeateth彼が私の肉、私の血とdrinketh 、 dwellethしていいよ、と私は彼だ。 John 6:57 As the living Father hath sent me, and I live by the Father: so he that eateth me, even he shall live by me.ジョン6時57分かれらの父としての生活を送ってきた、と私の父で生計を立てる: eatethそこで彼が私には、ライブでも彼は、私です。 John 6:58 This is that bread which came down from heaven: not as your fathers did eat manna, and are dead: he that eateth of this bread shall live for ever.このパンは午前6時58分にジョンがダウンしてから天国:あなたの祖先は食べていないマンナとしては、死者とは:このパンは、彼のことeatethに住むでろう。 John 15:1 I am the true vine, and my Father is the husbandman. 15時01分私は、真のつるジョン、そして私の父は、農夫。 John 15:2 Every branch in me that beareth not fruit he taketh away: and every branch that beareth fruit, he purgeth it, that it may bring forth more fruit.ジョン支店では午前15時02分ごとに彼は私に言ってbeareth takethていない果実:果実bearethとして枝ごとに、彼purgethことは、より多くの果実をもたらすことがあります。 John 15:3 Now ye are clean through the word which I have spoken unto you. 15時03分現在のジョンなたがたはその言葉を通して私がきれいになたがたに話されています。 John 15:4 Abide in me, and I in you. 15時04分ジョン順守していいよ、と私はあなたです。 As the branch cannot bear fruit of itself, except it abide in the vine; no more can ye, except ye abide in me.枝を実らせることはできないとして、それ自体を除いて、永遠に住むでは、つる;なたがたはこれ以上のことを除いて、なたがた順守していいよ。 John 15:5 I am the vine, ye are the branches: He that abideth in me, and I in him, the same bringeth forth much fruit: for without me ye can do nothing.私は、 15時05分ジョンつるは、なたがたは、支店: abidethにして彼は私に、そして私が彼には、 bringeth来たりするのと同じくらいの果物:なし私に、なたがたのためにできることはない。 John 15:6 If a man abide not in me, he is cast forth as a branch, and is withered; and men gather them, and cast them into the fire, and they are burned. 15時06分ジョン順守しない場合に一人の男が私には、彼は来たりするキャストとしての支店、および萎んで;と男性を集めること、そしてキャストして、火、そして彼らはやけどを負った。 Eph.4:15 But speaking the truth in love, may grow up into him in all things, which is the head, even Christ: Eph.4:16 From whom the whole body fitly joined together and compacted by that which every joint supplieth, according to the effectual working in the measure of every part, maketh increase of the body unto the edifying of itself in love. eph.4 : 15しかし、真実と恋に言えば、彼はすべての可能性を育つことは、これは、頭でも、キリスト: eph.4 : 16から誰と全身ぴったりと組み合わされたものごとに圧縮された共同suppliethによると、効果的な作業中のあらゆる部分を測るのは、体内の増加なさの啓発自体が、かれの愛です。


Question 77. Where has Christ promised that he will as certainly feed and nourish believers with his body and bleed, as they eat of this broken bread, and drink of this cup? 質問77 。どこには、キリストを約束して彼は確かに飼料として信者や栄養分出血して自分の体とは、このように壊れてパンを食べるのは、このカップと酒を飲むのですか?

Answer: In the institution of the supper, which is thus expressed: (a) "The Lord Jesus, the same night in which he was betrayed, took bread, and when he had given thanks, he brake it, and: said: eat, this is my body, which is broken for you; this do in remembrance of me. After the same manner also he took the cup, when he had supped, saying: this cup is the new testament in my blood; this do ye, as often as ye drink it, in remembrance of me. For, as often as ye eat this bread, and drink this cup, ye do show the Lord's death till he come." 答:教育機関での夕食は、このように表明: (する) "の主イエスは、同じ夜に裏切られた彼は、パンには、彼が与えられたときのおかげで、彼はブレーキすること、および:よると:食べるは、これは私の体は、あなたのためには壊れて;これが私のことを記憶しています。後にも同じように、彼はカップ、 suppedていたときに、と言って:このカップは、新約聖書私の血液;このなたがたは、できるだけ頻繁になたがた酒を飲むことは、私を憶えています。ためには、できるだけ頻繁になたがたは、このパンを食べるのは、このカップ酒を飲むと、なたがたは、主の死を示すまで彼は来る"と述べた。 1 Cor.11:23-26. 1 cor.11 :23 - 26 。 This promise is repeated by the holy apostle Paul, where he says "The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ? For we being many are one bread, and one body: for we are all partakers of that one bread."繰り返されるこの約束は、聖なる使徒パウロは、どこと彼は言います。 "私たちが祝福する祝福の杯、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか?多くの人々は我々のために1つのパン、および1つのボディ: partakers 、そのために我々はすべて1つのパンです。 " 1 Cor.10:16,17. 1 cor.10 : 16,17です。

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.11:23 For I have received of the Lord that which also I delivered unto you, That the Lord Jesus the same night in which he was betrayed took bread: 1 Cor.11:24 And when he had given thanks, he brake it, and said, Take, eat: this is my body, which is broken for you: this do in remembrance of me. (する) 1 cor.11 : 23受け取ったが、主のために私が私にも配達して、なたがたは、主イエスは、彼は、同じ夜にはパンを裏切ら: 1 cor.11 : 24そして彼が与えられたときにおかげで、彼はブレーキには、とは、取る、食べる:これは私の体は、あなたのためには壊れ:これが私のことを記憶しています。 1 Cor.11:25 After the same manner also he took the cup, when he had supped, saying, This cup is the new testament in my blood: this do ye, as oft as ye drink it, in remembrance of me. 1 cor.11 : 25の後、彼はカップにも同じように、彼はsuppedときには、と言って、このカップでは、新約聖書私の血液:このなたがたは、なたがたがそれを飲むとしてしばしばとしては、私を憶えています。 Matt.26:26 And as they were eating, Jesus took bread, and blessed it, and brake it, and gave it to the disciples, and said, Take, eat; this is my body. matt.26 : 26とされていたのを食べて、イエスはパン、そしてそれを祝福し、ブレーキには、弟子と、それを与えた、とは、取る、食べる;これは私の体です。 Matt.26:27 And he took the cup, and gave thanks, and gave it to them, saying, Drink ye all of it; Matt.26:28 For this is my blood of the new testament, which is shed for many for the remission of sins. matt.26 : 27杯と、彼は、ありがとうとは、かれらとそれを与えた、と言って、なたがたのすべての酒を飲むこと; matt.26 : 28ためには、これは私の血の新約聖書、これは、多くのための小屋罪の赦しのです。 Mark 14:22 And as they did eat, Jesus took bread, and blessed, and brake it, and gave to them, and said, Take, eat: this is my body.彼らは14時22分マークとして食べるとは、イエスキリストがパン、と祝福し、ブレーキのこと、そしてそれらを与えた、とは、取る、食べる:これは私の体です。 Mark 14:23 And he took the cup, and when he had given thanks, he gave it to them: and they all drank of it.マークと、彼は14時23カップ、そして彼が与えられたときのおかげで、彼はそれをかれら:そして彼らはそれをすべて飲んだ。 Mark 14:24 And he said unto them, This is my blood of the new testament, which is shed for many. 14時24分かれらによると、彼のマークは、これは私の血液は、新約聖書、これは、多くの小屋です。 Luke 22:19 And he took bread, and gave thanks, and brake it, and gave unto them, saying, This is my body which is given for you: this do in remembrance of me.彼は22時19分ルークとパン、そして与えたおかげで、ブレーキとすること、そしてかれらに与えた、と言って、これは私の体のために与えられた場合:これが私のことを記憶しています。 Luke 22:20 Likewise also the cup after supper, saying, This cup is the new testament in my blood, which is shed for you.ルークカップ夕食後の22時20分にも同様に、と言って、このカップでは、新約聖書私の血液、これは上屋です。 1 Cor.10:16 The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? 1 cor.10 : 16杯の祝福が私たちを祝福し、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか? 1 Cor.10:17 For we being many are one bread, and one body: for we are all partakers of that one bread. 1 cor.10 : 17ために我々が多くの人々は1つのパン、および1つのボディ: partakers 、そのために我々はすべて1つのパンです。


(week) 29. ( 1週間) 29 。 Lord's Day日曜日


Question 78. Do then the bread and wine become the very body and blood of Christ? 質問78 。その後、パンやワインは、非常に体になると、キリストの血のですか?

Answer: Not at all: (a) but as the water in baptism is not changed into the blood of Christ, neither is the washing away of sin itself, being only the sign and confirmation thereof appointed of God; (b) so the bread in the Lord's supper is not changed into the very body of Christ; (c) though agreeably to the nature and properties of sacraments, (d) it is called the body of Christ Jesus. 答:いいえ、全然: (する)しかし、水でバプテスマを血液中には変更されませんが、キリストは、どちらも洗濯去るのは、罪自体は、確認のためにサインしているだけの神の任命;ので、 ( b )にパン主の晩餐ではないが、非常にキリストの体に変更されました; ( C参照)にも愛想が自然とプロパティの秘跡は、 (民主党)と呼ばれることは、イエスキリストの体です。

Footnotes脚注

(a) Matt.26:29 But I say unto you, I will not drink henceforth of this fruit of the vine, until that day when I drink it new with you in my Father's kingdom. (する) matt.26 : 29なたがたに言うけど、私は、この果実酒を飲むのは、今後のつるは、その日までに新たにお酒を飲むときには父の王国です。 (b) Eph.5:26 That he might sanctify and cleanse it with the washing of water by the word, Tit.3:5 Not by works of righteousness which we have done, but according to his mercy he saved us, by the washing of regeneration, and renewing of the Holy Ghost; (c) Mark 14:24 And he said unto them, This is my blood of the new testament, which is shed for many. ( b )にeph.5 : 26かもしれないということを浄化と清めの水を洗濯している言葉を、 tit.3 : 5作品の正義ではなく、私たちがこれまでには、しかし、彼によると、彼のなすがままに救ってくださった、される洗濯物の再生、および更新の聖霊;マーク( C参照) 14時24分、彼は、かれらによると、これは私の血液は、新約聖書、これは、多くの小屋です。 1 Cor.10:16 The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? 1 cor.10 : 16杯の祝福が私たちを祝福し、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか? 1 Cor.10:17 For we being many are one bread, and one body: for we are all partakers of that one bread. 1 cor.10 : 17ために我々が多くの人々は1つのパン、および1つのボディ: partakers 、そのために我々はすべて1つのパンです。 1 Cor.11:26 For as often as ye eat this bread, and drink this cup, ye do shew the Lord's death till he come. 1 cor.11 : 26をできるだけ頻繁にこのパンを食べて、なたがたは、このカップ酒を飲むと、なたがたは、主の死を供えて来るまで。 1 Cor.11:27 Wherefore whosoever shall eat this bread, and drink this cup of the Lord, unworthily, shall be guilty of the body and blood of the Lord. 1 cor.11 : 27何のために誰でもこのパンを食べるものは、このカップ1杯の酒を飲むと、主は、 unworthilyで行われるものとして有罪とは、体内の血液は、主です。 1 Cor.11:28 But let a man examine himself, and so let him eat of that bread, and drink of that cup. 1 cor.11 : 28しかし、一人の男を調べるせ自分自身、そして、そのパンを食べるのを許してくれたので、カップの水を飲むことです。 (d) Gen.17:10 This is my covenant, which ye shall keep, between me and you and thy seed after thee; Every man child among you shall be circumcised. (民主党) gen.17 : 10これは私の約束を守るなたがたは、わたしとなたがたとの間に、なたの後、なたの種子;すべての人の子供のうちに割礼を提供しなければ。 Gen.17:11 And ye shall circumcise the flesh of your foreskin; and it shall be a token of the covenant betwixt me and you. gen.17 : 11となたがたは、肉のお包皮割礼を施す;とそれには、トークンは、わたしとなたがたとの間の契約です。 Gen.17:14 And the uncircumcised man child whose flesh of his foreskin is not circumcised, that soul shall be cut off from his people; he hath broken my covenant. gen.17 : 14割礼を受けていない人の児童の肉と彼の包皮割礼ではない、その魂は、彼の人々から切り離される;かれ壊れた私の約束だ。 Gen.17:19 And God said, Sarah thy wife shall bear thee a son indeed; and thou shalt call his name Isaac: and I will establish my covenant with him for an everlasting covenant, and with his seed after him. gen.17 : 19と神によると、サラなたなたの息子の妻は、確かにクマ;となたは彼の名前を呼ぶアイザック:私の盟約を確立すると、私は彼のために永遠の約束をして、彼と彼の後に種子です。 Exod.12:11 And thus shall ye eat it; with your loins girded, your shoes on your feet, and your staff in your hand; and ye shall eat it in haste: it is the LORD'S passover. exod.12 : 11こうしてなたがたはそれを食べる;巻いたloins 、お客様は、お客様の靴を履いているあなたの足は、あなたとあなたのスタッフの手;となたがたはそれを急いで食べる:それは、主のペサハ。 Exod.12:13 And the blood shall be to you for a token upon the houses where ye are: and when I see the blood, I will pass over you, and the plague shall not be upon you to destroy you, when I smite the land of Egypt. exod.12 : 13とは、血液中には、トークンの上にあなたの家はどこなたがたは以下の通りです:血液を参照してくださいと私は、私は避けて通ることは、ペストとするものではないことを破棄する場合には、ときに強打エジプトの地です。 Exod.12:27 That ye shall say, It is the sacrifice of the LORD'S passover, who passed over the houses of the children of Israel in Egypt, when he smote the Egyptians, and delivered our houses. exod.12 : 27なたがたは言うが、それは、主のペサハを犠牲にし、人の上を通過し、イスラエルの子孫の家エジプトでは、彼は襲ったとき、エジプト人は、私たちの家に配達しています。 And the people bowed the head and worshipped.そして、人々の頭と頭を下げた崇拝。 Exod.12:43 And the LORD said unto Moses and Aaron, This is the ordinance of the passover: There shall no stranger eat thereof: Exod.12:48 And when a stranger shall sojourn with thee, and will keep the passover to the LORD, let all his males be circumcised, and then let him come near and keep it; and he shall be as one that is born in the land: for no uncircumcised person shall eat thereof. exod.12 : 43とムーサーとハールーンの主によると、これは、条例では、ペサハ:見知らぬ人にはないものを食べる: exod.12 : 48とするときには、見知らぬ人逗留して、なた、とはしておくペサハ主よ、彼のすべての男性に割礼させ、次に来るの近くにして維持させなさい;れるものの1つとして、彼は、その土地で生まれた:割礼を受けていない人は、食べるものはない。 Exod.13:9 And it shall be for a sign unto thee upon thine hand, and for a memorial between thine eyes, that the LORD'S law may be in thy mouth: for with a strong hand hath the LORD brought thee out of Egypt. exod.13 : 9とすることは、なたに理解されるためにサインを手にザイン、ザインとの間では、記念碑の目は、主に、なたのかもしれない口の法則:かれらの手を強くして、なたの主のうちエジプトもたらした。 1 Pet.3:21 The like figure whereunto even baptism doth also now save us (not the putting away of the filth of the flesh, but the answer of a good conscience toward God,) by the resurrection of Jesus Christ: 1 Cor.10:1 Moreover, brethren, I would not that ye should be ignorant, how that all our fathers were under the cloud, and all passed through the sea; 1 Cor.10:2 And were all baptized unto Moses in the cloud and in the sea; 1 Cor.10:3 And did all eat the same spiritual meat; 1 Cor.10:4 And did all drink the same spiritual drink: for they drank of that spiritual Rock that followed them: and that Rock was Christ. 1 pet.3 : whereunto図21のように今も保存しても私たちは本当に洗礼(片付けていないのは、汚物の肉は、しかし、その答えを神に清い心に向かって、 )されたイエスキリストの復活: 1うわっ。 10時01分しかも、兄弟は、私だったらそんなことは、なたがたの無知しなければならない、我々の祖先はどのようにしてすべての雲の下で、すべての通過すると、海; 1 cor.10 : 2とは、バプテスマを受けムーサーは、すべての雲とは海; 1 cor.10 : 3と同じ精神的な肉を食べるのはそれを全部; 1 cor.10 : 4と同じでしたすべての霊的な飲み物を飲む:飲んで、そのために彼らが続いて精神的な岩:岩は、キリストとしています。


Question 79. Why then doth Christ call the bread "his body", and the cup "his blood", or "the new covenant in his blood"; and Paul the "communion of body and blood of Christ"? 質問79 。蓄えがなぜキリストその後のパンコール"自分の体"で、カップ"自分の血" 、または"彼の新しい契約の血" ;とポールの"聖体拝領の体とキリストの血"とは?

Answer: Christ speaks thus, not without great reason, namely, not only thereby to teach us, that as bread and wine support this temporal life, so his crucified body and shed blood are the true meat and drink, whereby our souls are fed to eternal life; (a) but more especially by these visible signs and pledges to assure us, that we are as really partakers of his true body and blood by the operation of the Holy Ghost as we receive by the mouths of our bodies these holy signs in remembrance of him; (b) and that all his sufferings and obedience are as certainly ours, as if we had in our own persons suffered and made satisfaction for our sins to God. 答:キリストが喋るしたがって、偉大な理由なしには、すなわち、それを教えるだけでなく、私たちは、パンやワインのように時間的な生活をサポートし、このため、彼の体を十字架につけられ、小屋には、真の肉と血を飲んで、我々の魂には、地区連銀永遠の生命;した(する)というよりも、特にこれらの公約を確実に目に見える印と我々は、我々が本当にpartakersとしての彼の真の体とされる血液中の操作としては、聖霊によって私たちの口に私たちの遺体を受け取るこれらの神聖な兆候彼の思い出として、 ( b )には、すべて彼とは、確かに我々の苦しみを服従させるかのように、私たちは私たち自身の被害者と私たちの前に罪を満足させるために神です。

Footnotes脚注

(a) John 6:51 I am the living bread which came down from heaven: if any man eat of this bread, he shall live for ever: and the bread that I will give is my flesh, which I will give for the life of the world. 6時51分(する)私は、リビングジョンパンを天から来たダウン:もしあれば、この男のパンを食べて、彼は永遠に生きるもの:パンとして、私は自分の肉体を与えるが、これは、私は人生を与えるの世界です。 John 6:55 For my flesh is meat indeed, and my blood is drink indeed.私の肉は、食肉用のジョン6時55分確かに、私の血とは、実際に酒を飲む。 (b) 1 Cor.10:16 The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? ( b )に1 cor.10 : 16杯の祝福が私たちを祝福し、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか? 1 Cor.10:17 For we being many are one bread, and one body: for we are all partakers of that one bread. 1 cor.10 : 17ために我々が多くの人々は1つのパン、および1つのボディ: partakers 、そのために我々はすべて1つのパンです。


(week) 30. ( 1週間) 30 。 Lord's Day日曜日


Question 80. What difference is there between the Lord's supper and the popish mass? 質問80 。間にどのような違いがあるのは、ローマカトリックのミサ主の晩餐とは?

Answer: The Lord's supper testifies to us, that we have a full pardon of all sin by the only sacrifice of Jesus Christ, which he himself has once accomplished on the cross; (a) and, that we by the Holy Ghost are ingrafted into Christ, (b) who, according to his human nature is now not on earth, but in heaven, at the right hand of God his Father, (c) and will there be worshipped by us. 答:私たちの主の夕食の証明には、全面的な恩赦を我々は、すべての罪のみを犠牲にされたイエスキリストは、彼自身は一度に十字架上で成し遂げ;の( a )および、それによって我々は、聖霊にingraftedキリストは、 ( b )に人は、人間の本性によれば、彼は現在、地球上では、しかし、天国では、神の右手には、彼の父親は、 ( c )及び私たちはそこに崇拝されています。 (d) But the mass teaches, that the living and dead have not the pardon of sins through the sufferings of Christ, unless Christ is also daily offered for them by the priests; and further, that Christ is bodily under the form of bread and wine, and therefore is to be worshipped in them; so that the mass, at bottom, is nothing else than a denial of the one sacrifice and sufferings of Jesus Christ, and an accursed idolatry. (民主党)が、質量を教えて、生活して死んでいないと罪の恩赦をキリストの受難を通して、キリストでもしない限り、かれらに提供される日刊紙プリースト;そしてさらに、その下の形で、キリストは、パンと身体ワイン、それゆえに崇拝されるが、かれら;ので、質量は、下部には、ほかは何もないよりは、 1つの否定イエスキリストの受難を犠牲にしており、偶像崇拝呪われた。 (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) Heb.7:27 Who needeth not daily, as those high priests, to offer up sacrifice, first for his own sins, and then for the people's: for this he did once, when he offered up himself. (する) heb.7 : 27人needethない毎日、それらの高いプリーストとしては、犠牲を提供しては、まず、自分の罪のため、そして人々のために:このため、彼はそれを一度で、それは彼自身を提供する。 Heb.9:12 Neither by the blood of goats and calves, but by his own blood he entered in once into the holy place, having obtained eternal redemption for us. heb.9 : 12どちらとヤギの血をふくらはぎ、しかし彼は、自分の血を一度に入力するの聖地、永遠の償還を得てください。 Heb.9:25 Nor yet that he should offer himself often, as the high priest entereth into the holy place every year with blood of others; Heb.9:26 For then must he often have suffered since the foundation of the world: but now once in the end of the world hath he appeared to put away sin by the sacrifice of himself. heb.9 : 25まだしても彼は、自分自身を提供することが多く、大祭司として、毎年の神聖な場所に入ると、他人の血; heb.9 : 26を次にする必要がありますが苦しんで以来、彼はしばしば、世界基金:しかし、今一度、世界の最後の方に出演して小金かれは罪によって自分自身を犠牲にしています。 Heb.9:27 And as it is appointed unto men once to die, but after this the judgment: Heb.9:28 So Christ was once offered to bear the sins of many; and unto them that look for him shall he appear the second time without sin unto salvation. heb.9 : 27とかれの男性として任命することは一度に死ぬが、この後の判断: heb.9 : 28だから、キリストは、かつて多くの罪に耐え提供;とかれらにして彼は、彼を探すのに表示されますかれ救世罪なし2回目です。 Heb.10:10 By the which will we are sanctified through the offering of the body of Jesus Christ once for all. heb.10 : 10神聖化されるのは、私たちは、体の提供を通じて、イエスキリストのためにすべて一度です。 Heb.10:12 But this man, after he had offered one sacrifice for sins for ever, sat down on the right hand of God; Heb.10:13 From henceforth expecting till his enemies be made his footstool. heb.10 : 12しかし、この男は、後に彼は自分を犠牲に提供するための様々な罪のため、これまでは、右手の上に腰を下ろした神; heb.10 : 13まで期待してあげたから彼の前に敵を踏み台にした。 Heb.10:14 For by one offering he hath perfected for ever them that are sanctified. heb.10 : 14かれを提供するための1つの完成された彼らは永遠には、神聖化しています。 John 19:30 When Jesus therefore had received the vinegar, he said, It is finished: and he bowed his head, and gave up the ghost.ヨハネ19:30イエスしたがって受け取ったときに、酢、彼によると、それが終了したら:彼の頭と頭を下げた彼は、幽霊とあきらめた。 Matt.26:28 For this is my blood of the new testament, which is shed for many for the remission of sins. matt.26 : 28ためには、これは私の血の新約聖書、これは、多くの小屋は、罪の赦しです。 Luke 22:19 And he took bread, and gave thanks, and brake it, and gave unto them, saying, This is my body which is given for you: this do in remembrance of me.彼は22時19分ルークとパン、そして与えたおかげで、ブレーキとすること、そしてかれらに与えた、と言って、これは私の体のために与えられた場合:これが私のことを記憶しています。 Luke 22:20 Likewise also the cup after supper, saying, This cup is the new testament in my blood, which is shed for you.ルークカップ夕食後の22時20分にも同様に、と言って、このカップでは、新約聖書私の血液、これは上屋です。 (b) 1 Cor.6:17 But he that is joined unto the Lord is one spirit. ( b )に1 cor.6 : 17しかし、彼は、入社して1つの主は、かれの精神です。 1 Cor.10:16 The cup of blessing which we bless, is it not the communion of the blood of Christ? 1 cor.10 : 16杯の祝福が私たちを祝福し、それは、血液中には、キリストの聖体拝領のですか? The bread which we break, is it not the communion of the body of Christ?我々のパンを破るのではないの聖体拝領は、キリストの体ですか? (c) Heb.1:3 Who being the brightness of his glory, and the express image of his person, and upholding all things by the word of his power, when he had by himself purged our sins, sat down on the right hand of the Majesty on high; Heb.8:1 Now of the things which we have spoken this is the sum: We have such an high priest, who is set on the right hand of the throne of the Majesty in the heavens; Heb.8:2 A minister of the sanctuary, and of the true tabernacle, which the Lord pitched, and not man. ( C参照) heb.1 : 3人が彼の栄光の明るさ、そして、彼の人物像を表明し、支持されるすべてのものが彼の単語力は、自分自身削除されたときに彼は私たちの罪を、右手にして腰を下ろした陛下には、高; heb.8 : 1現在のもので話さこれは、我々は和:我々はこのような大祭司、誰がセットして右手には、陛下は、天の玉座; heb 。聖域部長官は、午前8時02分には、真の幕屋とは、主に、正々堂々としない男だ。 John 20:17 Jesus saith unto her, Touch me not; for I am not yet ascended to my Father: but go to my brethren, and say unto them, I ascend unto my Father, and your Father; and to my God, and your God. 20時17分かれジョンイエスは言う彼女は、私に触れていない;即位式のために私は、まだ私の父:私の兄弟に行くしかし、かれらに言うと、私は父に登るかれは、あなたのお父さんと;として私の神様と、あなたの神です。 (d) Matt.6:20 But lay up for yourselves treasures in heaven, where neither moth nor rust doth corrupt, and where thieves do not break through nor steal: Matt.6:21 For where your treasure is, there will your heart be also. (民主党) matt.6 : 20だが、天国でレイアップするために自分自身の宝物は、どこにもない虫もさび蓄えが壊れている、とどこにも盗む窃盗団を突破しない: matt.6 : 21宝物をどこにしては、お客様の心があるにも。 John 4:21 Jesus saith unto her, Woman, believe me, the hour cometh, when ye shall neither in this mountain, nor yet at Jerusalem, worship the Father.彼女の言うイエスかれジョン4時21分、女性は、信じて私は、その時間に来るのは、この時なたがたはどちらの山、エルサレムでもまだ、父親に仕えています。 John 4:22 Ye worship ye know not what: we know what we worship: for salvation is of the Jews.ジョン4時22分、なたがたが知らないことを、なたがたを崇拝するもの:我々知っている我々は何を崇拝:救いは、ユダヤ人のために。 John 4:23 But the hour cometh, and now is, when the true worshippers shall worship the Father in spirit and in truth: for the Father seeketh such to worship him.しかし、時間が来るのジョン4時23分、そして今は、本当の礼拝の時に父親を崇拝するもので、精神と真理:求めるように父のために仕えなさい。 John 4:24 God is a Spirit: and they that worship him must worship him in spirit and in truth.ヨハネ4:24神は、精神:彼を崇拝する必要がありますが、彼らの精神とは真理に仕えなさい。 Luke 24:52 And they worshipped him, and returned to Jerusalem with great joy: Acts 7:55 But he, being full of the Holy Ghost, looked up stedfastly into heaven, and saw the glory of God, and Jesus standing on the right hand of God, Acts 7:56 And said, Behold, I see the heavens opened, and the Son of man standing on the right hand of God.ルカ24:52彼を崇拝して、大喜びして、エルサレムに戻った: 7時55分しかし、彼の行為は、完全には、聖霊は、天を見上げてstedfastlyには、神の栄光と見たのは、右上に立って、イエスキリスト神の手は、 7時56分と行為によると、見よ、私は、天を参照してくださいオープンし、人の子の上に立って、神の右手。 Col.3:1 If ye then be risen with Christ, seek those things which are above, where Christ sitteth on the right hand of God. col.3 : 1しなたがたそれからキリストに上昇して、それらを求めるものは、上記のは、どこsittethキリストは、神の右手。 Philip.3:20 For our conversation is in heaven; from whence also we look for the Saviour, the Lord Jesus Christ: Philip.3:21 Who shall change our vile body, that it may be fashioned like unto his glorious body, according to the working whereby he is able even to subdue all things unto himself. philip.3 : 20ためには、天国で私たちの会話;よりも我々を探すのでwhence救い主、主イエスキリスト: philip.3 : 21人は、私たちの卑しい体の変化は、それがかれの栄光の体のように風による彼は何の作業を征服することでもすべてのものを、かれ自身です。 1 Thess.1:10 And to wait for his Son from heaven, whom he raised from the dead, even Jesus, which delivered us from the wrath to come. 1 thess.1 : 10と息子を待つ天からは、死んだ人の心に適う引き上げたからでも、イエスキリストは、私たちからの怒りを届けに来ています。 Heb.9:6 Now when these things were thus ordained, the priests went always into the first tabernacle, accomplishing the service of God. heb.9 : 6今はこのように定められたときにこれらのことは、いつものプリーストを行った最初の幕屋は、神に仕えることを成し遂げることです。 Heb.9:7 But into the second went the high priest alone once every year, not without blood, which he offered for himself, and for the errors of the people: Heb.9:8 The Holy Ghost this signifying, that the way into the holiest of all was not yet made manifest, while as the first tabernacle was yet standing: Heb.9:9 Which was a figure for the time then present, in which were offered both gifts and sacrifices, that could not make him that did the service perfect, as pertaining to the conscience; Heb.9:10 Which stood only in meats and drinks, and divers washings, and carnal ordinances, imposed on them until the time of reformation. heb.9 : 7しかし、 2番目には、毎年1回、大祭司だけではなく、血液なしでは、彼が自分自身を提供し、人々のためのエラー: heb.9 : 8聖霊のこの意味は、その道すべての神聖を前には、まだマニフェストが、まだ立っていたとして、最初の幕屋: heb.9 : 9時間のためには、次に示す図は、両方で提供されたプレゼントや犠牲は、彼にして作ることができなかったこのサービスは完璧、としての良心に係る; heb.9 : 10肉や飲み物が立っていただけで、ダイバーや洗濯して、現世条例は、賦課されるまでの時間を刷新しています。 (e) Heb.9:26 For then must he often have suffered since the foundation of the world: but now once in the end of the world hath he appeared to put away sin by the sacrifice of himself. ( E )のheb.9 : 26を次にする必要がありますが苦しんで以来、彼はしばしば、世界基金:今一度、世界の最後の方に出演して小金かれは罪によって自分自身を犠牲にしています。 Heb.10:12 But this man, after he had offered one sacrifice for sins for ever, sat down on the right hand of God; Heb.10:14 For by one offering he hath perfected for ever them that are sanctified. heb.10 : 12しかし、この男は、後に彼は自分を犠牲に提供するための様々な罪のため、これまでは、右手の上に腰を下ろした神; heb.10 : 14かれを提供するための1つの完成された彼らは永遠には、神聖化しています。 Heb.10:19 Having therefore, brethren, boldness to enter into the holiest by the blood of Jesus, Heb.10:20 By a new and living way, which he hath consecrated for us, through the veil, that is to say, his flesh; Heb.10:21 And having an high priest over the house of God; Heb.10:22 Let us draw near with a true heart in full assurance of faith, having our hearts sprinkled from an evil conscience, and our bodies washed with pure water. heb.10 : 19ことしたがって、兄弟は、大胆に入ることの神聖されたイエスキリストの血は、 heb.10 : 20で、新しい生活の方法とは、私たちがかれ聖体拝領のため、問題のヴェールを通して、これは、つまり、彼の肉; heb.10 :オーバー21と大祭司の家を持つ神; heb.10 : 22までお問い合わせ近づく保証して、真の信仰心でいっぱいで、私たちの心を振りかけた良心の呵責から、そして私たちの遺体純水で洗っています。 Heb.10:23 Let us hold fast the profession of our faith without wavering; (for he is faithful that promised;) Heb.10:24 And let us consider one another to provoke unto love and to good works: Heb.10:25 Not forsaking the assembling of ourselves together, as the manner of some is; but exhorting one another: and so much the more, as ye see the day approaching. heb.10 : 23までお問い合わせ私たちの信仰を固守することなく、職業揺らめく; (彼は約束したことに忠実; ) heb.10 : 24と1つの別の検討を挑発してみましょう。かれ愛として良い作品: heb.10 : 25ないforsaking一緒に自分自身の組み立てのように、いくつかの方法では、別の1つでもexhorting :そんなに、こちらとは、なたがたを参照してください日が近づいています。 Heb.10:26 For if we sin wilfully after that we have received the knowledge of the truth, there remaineth no more sacrifice for sins, Heb.10:27 But a certain fearful looking for of judgment and fiery indignation, which shall devour the adversaries. heb.10 : 26をwilfullyすれば罪を受け取った後にして、我々は、真理の知識は、これ以上の犠牲をそこremaineth罪は、 heb.10 : 27しかし、特定の恐ろしい火のように激しい憤りを探しての判断と、これは、食い入るように見る敵です。 Heb.10:28 He that despised Moses' law died without mercy under two or three witnesses: Heb.10:29 Of how much sorer punishment, suppose ye, shall he be thought worthy, who hath trodden under foot the Son of God, and hath counted the blood of the covenant, wherewith he was sanctified, an unholy thing, and hath done despite unto the Spirit of grace? heb.10 : 28彼は軽蔑してモーゼの法の下の2つまたは3つの無残にも亡くなった人の証人: heb.10 : 29日の懲罰はどのくらいsorer 、なたがたいる、彼は立派なものであると考え、かれらを踏まれた人の足の下に神の御子は、かれらは、血液中に数えられると約束、何で彼は神聖化さは、途方もないことを、かれとかれらの精神にもかかわらず、グレース完了ですか? Heb.10:30 For we know him that hath said, Vengeance belongeth unto me, I will recompense, saith the Lord. heb.10 : 30彼のことを知っているかれらによると我々は、復讐に属するわたしは、わたしは報奨は、主は言う。 And again, The Lord shall judge his people.そして再び、主の人々は彼の判断だ。 Heb.10:31 It is a fearful thing to fall into the hands of the living God. heb.10 : 31それは恐ろしいことには、リビングの手に落ちるの神です。


Question 81. For whom is the Lord's supper instituted? 質問81 。ためには、主の夕食設立誰ですか?

Answer: For those who are truly sorrowful for their sins, and yet trust that these are forgiven them for the sake of Christ; and that their remaining infirmities are covered by his passion and death; and who also earnestly desire to have their faith more and more strengthened, and their lives more holy; but hypocrites, and such as turn not to God with sincere hearts, eat and drink judgment to themselves. 答:本当に悲嘆に暮れている人のために自分の罪のため、そして信頼していないことを許されたこれらは、キリストのために、そして残りの弱さということは、彼の情熱と死でカバーされて;や願望を持つ人でも彼らの信仰をもっと真剣にともっと強化して、自分たちの生活にもっと神聖な;だが背信者、および無効にしないように、神のような誠実な心をして、食べたり飲んだりして判断しています。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.10:19 What say I then? (する) 1 cor.10 : 19それから私は何と言うのか。 that the idol is any thing, or that which is offered in sacrifice to idols is any thing?アイドルは、どんなことをして、あるいは提供されていることを犠牲にして偶像は、いかなるものか? 1 Cor.10:20 But I say, that the things which the Gentiles sacrifice, they sacrifice to devils, and not to God: and I would not that ye should have fellowship with devils. 1 cor.10 : 20言うけど、 gentilesを犠牲にしているものは、かれらを犠牲にして悪魔は、神としないように:しないと私は、なたがたの悪魔と交わりを持つはずだ。 1 Cor.10:21 Ye cannot drink the cup of the Lord, and the cup of devils: ye cannot be partakers of the Lord's table, and of the table of devils. 1 cor.10 : 21苦杯をすることはできません。なたがたの主は、悪魔との杯: partakersすることはできませんが、なたがたの主のテーブルには、悪魔との表です。 1 Cor.10:22 Do we provoke the Lord to jealousy? 1 cor.10 : 22私たちの主に嫉妬心を挑発するか? are we stronger than he?彼は、我々よりも強いですか? 1 Cor.11:28 But let a man examine himself, and so let him eat of that bread, and drink of that cup. 1 cor.11 : 28しかし、一人の男を調べるせ自分自身、そして、そのパンを食べるのを許してくれたので、カップの水を飲むことです。 1 Cor.11:29 For he that eateth and drinketh unworthily, eateth and drinketh damnation to himself, not discerning the Lord's body. 1 cor.11 : 29をeatethとしてdrinketh unworthily彼は、自分自身をeatethとdrinketh天罰ではなく、目利きの主の体です。


Question 82. Are they also to be admitted to this supper, who, by confession and life, declare themselves unbelieving and ungodly? 質問82 。かれらもこれを認めて夕食には、人は、人生を告白し、自ら宣言すると懐疑的なとんでもないですか?

Answer: No; for by this, the covenant of God would be profaned, and his wrath kindled against the whole congregation; (a) therefore it is the duty of the christian church, according to the appointment of Christ and his apostles, to exclude such persons, by the keys of the kingdom of heaven, till they show amendment of life. 答:いいえ、このためには、神の約束profanedだろう、と彼に対する怒り点火全体集会; (する)したがってこれは、キリスト教の教会の任務は、キリストの約束によると、彼の使徒とは、を除外そのような人は、されるキーは、天国は、改正案を示すまで、かれらの生活です。

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.11:20 When ye come together therefore into one place, this is not to eat the Lord's supper. (する) 1 cor.11 : 20時なたがたのために団結を1つの場所には、これは、主に夕食を食べていない。 1 Cor.11:34 And if any man hunger, let him eat at home; that ye come not together unto condemnation. 1 cor.11 : 34男飢えとあれば、自宅で食事をさせなさい;なたがたがかれ非難を一緒に来ていない。 And the rest will I set in order when I come.そして残りは私のために設定する際に来る。 Isa.1:11 To what purpose is the multitude of your sacrifices unto me? isa.1 : 11には、どのような目的で多数の犠牲かれしていただけませんか? saith the LORD: I am full of the burnt offerings of rams, and the fat of fed beasts; and I delight not in the blood of bullocks, or of lambs, or of he goats.主は言う:私は、フルサービスのラムズ焼きは、脂肪の地区連銀と獣;と私の喜びは、血液中のbullocks 、または子羊の、あるいは彼はヤギのです。 Isa.1:12 When ye come to appear before me, who hath required this at your hand, to tread my courts? isa.1 : 12なたがたが来るときに表示される前に私は、かれらが必要ですこの人の手にして、私のコートを踏む? Isa.1:13 Bring no more vain oblations; incense is an abomination unto me; the new moons and sabbaths, the calling of assemblies, I cannot away with; it is iniquity, even the solemn meeting. isa.1 : 13もっと無駄をもたらすないoblations ;線香醜態は、わたし; sabbathsの新月とは、呼び出し元のアセンブリは、私を去ることはできません;ことは不法行為でも、その厳粛な会議室。 Isa.1:14 Your new moons and your appointed feasts my soul hateth: they are a trouble unto me; I am weary to bear them. isa.1 : 14新月にして私の魂の宴hateth任命してください:彼らは、わたしのトラブル;私は疲れたを負担してください。 Isa.1:15 And when ye spread forth your hands, I will hide mine eyes from you: yea, when ye make many prayers, I will not hear: your hands are full of blood. isa.1 : 15として来たりするときに、なたがたの手に広がる、私は私の目から隠すこと:いや、なたがたの祈りを多くのは、私はそれを聞いて:あなたの手は血だらけです。 Isa.66:3 He that killeth an ox is as if he slew a man; he that sacrificeth a lamb, as if he cut off a dog's neck; he that offereth an oblation, as if he offered swine's blood; he that burneth incense, as if he blessed an idol. isa.66 : 3彼killeth丑している場合には、彼は一人の男を殺し; sacrificeth彼は、子羊が、まるで彼は、犬の首を断つ; offerethを奉納して彼は、まるで彼は豚の血液提供;彼がburneth線香は、アイドルとしてもし彼を祝福する。 Yea, they have chosen their own ways, and their soul delighteth in their abominations.いや、彼らは、自分の選んだ方法は、彼らの魂とdelightethてabominations 。 Jer.7:21 Thus saith the LORD of hosts, the God of Israel; Put your burnt offerings unto your sacrifices, and eat flesh. jer.7 : 21こうして天帝言うのは、神のイスラエル;かれ提供して犠牲にして焼き、そして肉を食べる。 Jer.7:22 For I spake not unto your fathers, nor commanded them in the day that I brought them out of the land of Egypt, concerning burnt offerings or sacrifices: Jer.7:23 But this thing commanded I them, saying, Obey my voice, and I will be your God, and ye shall be my people: and walk ye in all the ways that I have commanded you, that it may be well unto you. jer.7 : 22 speakの過去を私は、祖先が、かれは、かれらがこの日も指揮して持ってきた彼らの土地のうち、エジプト、またはサービスに関する焦げた犠牲: jer.7 : 23しかし、このことを命じてよい、と言って、私の声に従う、と私は、あなたの神、そしてなたがたは私の人々 :そしてなたがたの中のすべての方法で歩くことを命じられた私は、なたがたにしているかもしれない。 Ps.50:16 But unto the wicked God saith, What hast thou to do to declare my statutes, or that thou shouldest take my covenant in thy mouth? ps.50 : 16だが、かれの邪悪な神の言う、なたは、どのようなことを宣言して私の法令、または私の誓約を取ることshouldestなたなたの口の中ですか?


(week) 31. ( 1週間) 31 。 Lord's Day日曜日


Question 83. What are the keys of the kingdom of heaven? 質問83 。キーは、どんなものが天国ですか?

Answer: The preaching of the holy gospel, and christian discipline, or excommunication out of the christian church; by these two, the kingdom of heaven is opened to believers, and shut against unbelievers. 答:説法は、神聖な福音書は、規律とキリスト教、キリスト教の教会のうち、または破門;によってこれらの2つは、天国がオープンして信仰する者よ、不信者に反対すると閉める。


Question 84. How is the kingdom of heaven opened and shut by the preaching of the holy gospel? 質問84 。天国は、どのようにオープンされると閉める説教の神聖な福音か?

Answer: Thus: when according to the command of Christ, it is declared and publicly testified to all and every believer, that, whenever they receive the promise of the gospel by a true faith, all their sins are really forgiven them of God, for the sake of Christ's merits; and on the contrary, when it is declared and testified to all unbelievers, and such as do not sincerely repent, that they stand exposed to the wrath of God, and eternal condemnation, so long as they are unconverted: (a) according to which testimony of the gospel, God will judge them, both in this, and in the life to come. 答え:こうして:キリストの際には、コマンドによると、証言を公然と宣言したことはすべて、すべての信奉者、それは、いつでも福音を受け取る約束される真の信仰は、彼らのすべての罪を赦さ本当にかれらは、神は、のためにキリストのメリット;とは逆に、それがすべての不信心者を宣言したと証言し、心から悔い改めていないなど、スタンドにさらされるという神の怒り、そして永遠の非難ので、彼らは非転向長期として: ( )は、福音書の証言によると、これは、神が判断して、両方の中では、とは、人生に来ています。

Footnotes脚注

(a) Matt.16:18 And I say also unto thee, That thou art Peter, and upon this rock I will build my church; and the gates of hell shall not prevail against it. (する) matt.16 : 18なたと言っても、なたピーターこと、およびビルド時、私は私の教会で、この岩;ものではないと地獄の門を説得することに反対です。 Matt.16:19 And I will give unto thee the keys of the kingdom of heaven: and whatsoever thou shalt bind on earth shall be bound in heaven: and whatsoever thou shalt loose on earth shall be loosed in heaven. matt.16 : 19なたに与えると、私は、天国の鍵:地球上で、如何にバインドなたは、天国に縛られるもの:なたは緩やかなものとは、地球上では、天国に増しています。 Matt.18:15 Moreover if thy brother shall trespass against thee, go and tell him his fault between thee and him alone: if he shall hear thee, thou hast gained thy brother. matt.18 : 15しかももし、なたなたの兄を侵すものは、彼の断層の間に行くと教えてくれるだけで、なたやギフト:もし彼は、聞いて、なた、なたなたの兄を得た。 Matt.18:16 But if he will not hear thee, then take with thee one or two more, that in the mouth of two or three witnesses every word may be established. matt.18 : 16しかし、もし彼が聞こえないなた、それからなたを取ると、 1つまたは2つのより多くは、口の中には、 2つまたは3つのすべての単語の証人確立かもしれない。 Matt.18:17 And if he shall neglect to hear them, tell it unto the church: but if he neglect to hear the church, let him be unto thee as an heathen man and a publican. matt.18 : 17怠慢を聞いて、もし彼は、かれらは、教会の教えてかれ:しかし、もし彼は、教会の怠慢を聞いて、なたに理解させなさいれると、居酒屋の主人として異教徒の男です。 Matt.18:18 Verily I say unto you, Whatsoever ye shall bind on earth shall be bound in heaven: and whatsoever ye shall loose on earth shall be loosed in heaven. matt.18 : 18本当になたがたに言って、地球上のものにバインドなたがたは、天国に縛られるもの:なたがたは緩やかなものとは、地球上では、天国に増しています。 Matt.18:19 Again I say unto you, That if two of you shall agree on earth as touching any thing that they shall ask, it shall be done for them of my Father which is in heaven. matt.18 : 19再度言ってなたがたには、同意している場合は、地球上で2つのことに触れてどのよう求めることをかれらは、かれらのために行われることは、私の父が、天国です。 John 20:21 Then said Jesus to them again, Peace be unto you: as my Father hath sent me, even so send I you.その後20時21分にかれらによると、イエスのジョン繰り返しますが、平和になたがた:私の父はかれらを送ってきたとしても、私はあなたに送信します。 John 20:22 And when he had said this, he breathed on them, and saith unto them, Receive ye the Holy Ghost: John 20:23 Whose soever sins ye remit, they are remitted unto them; and whose soever sins ye retain, they are retained. 20時22分によるとジョンと彼は、この時、彼は息をして、かれらに言うと、なたがたは、聖霊を受ける: 20時23分ジョンなたがたの罪を送金でも、かれらはかれらに送金;となたがたの罪を保持者でも、彼らは保持されます。


Question 85. How is the kingdom of heaven shut and opened by christian discipline? 質問85 。どのようには、天国で開かれたキリスト教の規律を閉めるとは?

Answer: Thus: when according to the command of Christ, those, who under the name of christians, maintain doctrines, or practices inconsistent therewith, and will not, after having been often brotherly admonished, renounce their errors and wicked course of life, are complained of to the church, or to those, who are thereunto appointed by the church; and if they despise their admonition, are by them forbidden the use of the sacraments; whereby they are excluded from the christian church, and by God himself from the kingdom of Christ; and when they promise and show real amendment, are again received as members of Christ and his church. 答え:こうして:キリストの際には、コマンドによると、これらは、人のキリスト教徒の名の下に、教説を維持する、あるいはそれをもって実践矛盾、とは、頻繁に続けてきた兄弟のよう警告した後、邪悪なコースを放棄する彼らの人生のエラーとは教会の不満を、あるいはそれらには、任命された人は、教会のthereunto ;彼らの忠告を軽蔑している場合は、使用を禁じられたが、かれらによって秘跡;では、彼らはキリスト教の教会から除外さ、そして自分自身を神からキリストの王国;と本物の改正案を示すと約束するときに、再び受け取ったとしては、彼のキリスト教会のメンバーです。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Matt.18:15 Moreover if thy brother shall trespass against thee, go and tell him his fault between thee and him alone: if he shall hear thee, thou hast gained thy brother. (する) matt.18 : 15しかももし、なたなたの兄を侵すものは、彼の断層の間に行くと教えてくれるだけで、なたやギフト:もし彼は、聞いて、なた、なたなたの兄を得た。 Matt.18:16 But if he will not hear thee, then take with thee one or two more, that in the mouth of two or three witnesses every word may be established. matt.18 : 16しかし、もし彼が聞こえないなた、それからなたを取ると、 1つまたは2つのより多くは、口の中には、 2つまたは3つのすべての単語の証人確立かもしれない。 Matt.18:17 And if he shall neglect to hear them, tell it unto the church: but if he neglect to hear the church, let him be unto thee as an heathen man and a publican. matt.18 : 17怠慢を聞いて、もし彼は、かれらは、教会の教えてかれ:しかし、もし彼は、教会の怠慢を聞いて、なたに理解させなさいれると、居酒屋の主人として異教徒の男です。 Matt.18:18 Verily I say unto you, Whatsoever ye shall bind on earth shall be bound in heaven: and whatsoever ye shall loose on earth shall be loosed in heaven. matt.18 : 18本当になたがたに言って、地球上のものにバインドなたがたは、天国に縛られるもの:なたがたは緩やかなものとは、地球上では、天国に増しています。 1 Cor.5:2 And ye are puffed up, and have not rather mourned, that he that hath done this deed might be taken away from among you. 1 cor.5 : 2となたがたはお高くとまっている、としていないというが悲嘆に暮れる中、彼がかれらを完了して、この証書の中から連れ去らかもしれないね。 1 Cor.5:3 For I verily, as absent in body, but present in spirit, have judged already, as though I were present, concerning him that hath so done this deed, 1 Cor.5:4 In the name of our Lord Jesus Christ, when ye are gathered together, and my spirit, with the power of our Lord Jesus Christ, 1 Cor.5:5 To deliver such an one unto Satan for the destruction of the flesh, that the spirit may be saved in the day of the Lord Jesus. 1 cor.5 : 3は、本当に私、体としての不在で、しかし、現在は精神は、既にあると判断、まるで私が存在する場合、彼に関する完了してこのような行為かれらは、 1 cor.5 : 4私たちの名の下主イエスキリストは、なたがたが集まったときに、そして私の精神は、わたしたちの主イエスキリストの力は、 1 cor.5 : 5を届けるために、悪魔のような1つの破壊、かれの肉は、 5月の精神にして保存されるこの日は、主イエスです。 1 Cor.5:11 But now I have written unto you not to keep company, if any man that is called a brother be a fornicator, or covetous, or an idolater, or a railer, or a drunkard, or an extortioner; with such an one no not to eat. 1 cor.5 : 11しかし、今、私が書いて、なたがたを維持しない会社は、もしあればその男の弟と呼ばれる密通する人、または欲しがる、または心酔者、またはrailer 、または酔っぱらい、またはextortioner ;でこのような1つのない食事をしないようにします。 2 Thess.3:14 And if any man obey not our word by this epistle, note that man, and have no company with him, that he may be ashamed. 2 thess.3 : 14に準拠していないとあれば我々の言葉で、この男の信徒は、男に注意して、会社ではないと彼は、その彼は恥ずかしいかもしれない。 2 Thess.3:15 Yet count him not as an enemy, but admonish him as a brother. 2 thess.3 : 15まだ敵としてカウントしない彼が、彼の訓戒として、兄です。 2 Cor.2:6 Sufficient to such a man is this punishment, which was inflicted of many. 2 cor.2 : 6十分にそのような一人の男が、この懲罰、これは、多くの招いた。 2 Cor.2:7 So that contrariwise ye ought rather to forgive him, and comfort him, lest perhaps such a one should be swallowed up with overmuch sorrow. 2 cor.2 : 7なたがたはこれに反してしかるべきだというので、彼を許すことは、彼と快適さは、たぶんしないようにしなければならないような1つの悲しみを過大に飲み込ま。 2 Cor.2:8 Wherefore I beseech you that ye would confirm your love toward him. 2 cor.2 : 8何のために私を嘆願したことを彼に向かって、なたがたは、愛を確認してください。


The Third Part - Of Thankfulness第3の部分-感謝


(week) 32. ( 1週間) 32 。 Lord's Day日曜日


Question 86. Since then we are delivered from our misery, merely of grace, through Christ, without any merit of ours, why must we still do good works? 質問86 。それ以来、私たちは私たちの不幸から配信さは、単にの恵みを受けて、キリストを通して、私たちのメリットもなく、我々はまだて善行に勤しむ者はなぜですか?

Answer: Because Christ, having redeemed and delivered us by his blood, also renews us by his Holy Spirit, after his own image; that so we may testify, by the whole of our conduct, our gratitude to God for his blessings, (a) and that he may be praised by us; (b) also, that every one may be assured in himself of his faith, (c) by the fruits thereof; and that, by our godly conversation others may be gained to Christ. 答:キリストのために、私たちが換金された彼の血液や配達は、私たちにも更新された彼の聖霊は、後に、自分のイメージ;して証言することがありますので、我々の行為によって、全体は、私たちのために彼の幸運な出来事を、神に感謝の念を、 (ある)と評価されるかもしれないという私たち; ( b )にも、安心してごとに1つのかもしれないが、彼自身の信仰する、 ( c )に関連した果物;として、他のスレッドによって我々の信仰心の厚いキリストを得たかもしれない。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Rom.6:13 Neither yield ye your members as instruments of unrighteousness unto sin: but yield yourselves unto God, as those that are alive from the dead, and your members as instruments of righteousness unto God. (する) rom.6 : 13どちらにして会員としての楽器の収率なたがた不義かれ罪:しかし神自身収率は、これらのことから、死者は生きている、として会員を楽器として神の正義です。 Rom.12:1 I beseech you therefore, brethren, by the mercies of God, that ye present your bodies a living sacrifice, holy, acceptable unto God, which is your reasonable service. rom.12 : 1私嘆願あなたしたがって、兄弟は、神のなすでは、遺体は、なたがたの現在の生活を犠牲にして、聖なる、神受け入れ、これは合理的なサービスをしています。 Rom.12:2 And be not conformed to this world: but be ye transformed by the renewing of your mind, that ye may prove what is that good, and acceptable, and perfect, will of God. rom.12 : 2に適合すると、この世界ではない:しかし、更新されるの形質転換して、なたがたの心は、なたがたが証明して何が良い、と容認し、完璧な、神の意志だ。 1 Pet.2:5 Ye also, as lively stones, are built up a spiritual house, an holy priesthood, to offer up spiritual sacrifices, acceptable to God by Jesus Christ. 1 pet.2 : 5なたがたにも、にぎやかなストーンズとしては、精神的には組み立てられた家は、神聖な聖職者は、精神的な犠牲を提供して、神によってイエスキリストを受け入れています。 1 Pet.2:9 But ye are a chosen generation, a royal priesthood, an holy nation, a peculiar people; that ye should shew forth the praises of him who hath called you out of darkness into his marvellous light: 1 Pet.2:10 Which in time past were not a people, but are now the people of God: which had not obtained mercy, but now have obtained mercy. 1 pet.2 : 9だがなたがたは、選ばれた世代は、ロイヤル聖職者は、神聖な国は、神の選民;供え来たりして、なたがたは、かれらの賛辞と呼ばれる彼の人のおうちに彼の見事な闇の中の光: 1 pet.2 :過去10時間の中ではない、と人々が、今の人々は神:慈悲が得られないが、今の慈悲が得られる。 1 Cor.6:20 For ye are bought with a price: therefore glorify God in your body, and in your spirit, which are God's. 1 cor.6 : 20なたがたのためには、買った価格:したがって、神があなたの体を美化し、お客様の精神で、これは、神様のです。 (b) Matt.5:16 Let your light so shine before men, that they may see your good works, and glorify your Father which is in heaven. ( b )にmatt.5 : 16あなたの前に軽いので磨き男性は、恐らくかれらは良い作品を参照してください、とこれは、天国の父を美化しています。 1 Pet.2:12 Having your conversation honest among the Gentiles: that, whereas they speak against you as evildoers, they may by your good works, which they shall behold, glorify God in the day of visitation. 1 pet.2 : 12の間に正直な会話をしてgentiles :ことが、彼らの掟に背く者として話すことに対しては、かれらは善行をして、これ見よかれらは、この日の面会で、神を賛美します。 1 Pet.1:6 Wherein ye greatly rejoice, though now for a season, if need be, ye are in heaviness through manifold temptations: 1 Pet.1:7 That the trial of your faith, being much more precious than of gold that perisheth, though it be tried with fire, might be found unto praise and honour and glory at the appearing of Jesus Christ: (c) 2 Pet.1:10 Wherefore the rather, brethren, give diligence to make your calling and election sure: for if ye do these things, ye shall never fall: Matt.7:17 Even so every good tree bringeth forth good fruit; but a corrupt tree bringeth forth evil fruit. 1 pet.1 : 6そこになたがたは大いに喜ぶが、今シーズンのために、必要とあれば、なたがたは、多種多様な誘惑を介し重苦し: 1 pet.1 : 7あなたの信仰を試用している、というのゴールドよりもはるかに大切なことperisheth 、それにしようとして火災は、かれを称賛するかもしれないが見つかりました名誉と栄光とは、イエスキリストの出演: ( C参照) 2 pet.1 : 10何のためにはむしろ、兄弟は、勤勉さを与える選挙に電話をかけたりして確認:もしこれらのことを行うために、なたがたは、なたがたは決して秋: matt.7 : 17したがって、すべての良い木にも良い果物bringeth来たり; bringeth来たり悪ではなく、腐敗した木の果実です。 Gal.5:6 For in Jesus Christ neither circumcision availeth any thing, nor uncircumcision; but faith which worketh by love. gal.5 : 6イエスキリストのためにも割礼availethいかなるものも、割礼を受けていない;しかし、信仰によってどのworketh愛です。 Gal.5:22 But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, longsuffering, gentleness, goodness, faith, Gal.5:23 Meekness, temperance: against such there is no law. gal.5 : 22しかし、果実の精神は愛、喜び、平和、 longsuffering 、優しさ、善良、信仰、 gal.5 : 23温順、禁酒:に対するこのような法律がない。 (d) 1 Pet.3:1 Likewise, ye wives, be in subjection to your own husbands; that, if any obey not the word, they also may without the word be won by the conversation of the wives; 1 Pet.3:2 While they behold your chaste conversation coupled with fear. (民主党) 1 pet.3 : 1同様に、なたがたの妻は、自分の夫に服従される;ことがあればそれに従うという言葉は、 5月にもウォンされることなく、単語の会話の妻; 1 pet.3 : 2貞淑な会話をしている間も相まって恐怖見よ。 Rom.14:19 Let us therefore follow after the things which make for peace, and things wherewith one may edify another. rom.14 : 19日後に従ってみましょうしたがって、平和のために行うもの、および1つのものを別のedifyかもしれません。


Question 87. Cannot they then be saved, who, continuing in their wicked and ungrateful lives, are not converted to God? 質問87 。その後に保存することはできませんが、人は、継続的に彼らの邪悪な恩知らずの命とは、神に変換さではありませんか?

Answer: By no means; for the holy scripture declares that no unchaste person, idolater, adulterer, thief, covetous man, drunkard, slanderer, robber, or any such like, shall inherit the kingdom of God. 答:ものではない;教典の不貞を宣言していない人は、心酔者は、不倫をする人は、泥棒は、どん欲な者は、酔っぱらい、悪口を言う人は、強盗、あるいはどのようなように、神の王国を受け継ぐものです。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.6:9 Know ye not that the unrighteous shall not inherit the kingdom of God? (する) 1 cor.6 : 9知っていることは、なたがたよこしまなものではない神の王国を受け継ぐのか? Be not deceived: neither fornicators, nor idolaters, nor adulterers, nor effeminate, nor abusers of themselves with mankind, 1 Cor.6:10 Nor thieves, nor covetous, nor drunkards, nor revilers, nor extortioners, shall inherit the kingdom of God.にだまされていない: fornicatorsどちらも、多神教徒も、またadulterersしたり、男らしさ、また自分自身と人類の乱用は、 1 cor.6 : 10窃盗犯も、どん欲も、酔っぱらいも、またrevilers 、 extortionersも、神の王国を受け継ぐもの。 Eph.5:5 For this ye know, that no whoremonger, nor unclean person, nor covetous man, who is an idolater, hath any inheritance in the kingdom of Christ and of God. eph.5 : 5知っているために、このなたがたは、 whoremongerていないこと、また不浄な人も、どん欲な者は、誰が心酔する、かれらは、任意の相続やキリストの神の王国だ。 Eph.5:6 Let no man deceive you with vain words: for because of these things cometh the wrath of God upon the children of disobedience. eph.5 : 6せていないことに無駄な言葉を欺く男:これらのことのために、神の怒りが来る時の子供たちの反抗です。 1 John 3:14 We know that we have passed from death unto life, because we love the brethren. 1ジョン3時14分渡されることが分かっているから我々は、かれの人生の死は、愛のために我々の兄弟です。 He that loveth not his brother abideth in death.彼は愛されないことで、弟の死abideth 。


(week) 33. ( 1週間) 33 。 Lord's Day日曜日


Question 88. Of how many parts does the true conversion of man consist? 質問88 。 、どのように多くの部分で構成さ男は、真のコンバージョンのですか?

Answer: Of two parts; of the mortification of the old, and the quickening of the new man. 答: 2つの部分から;の苦行は、古い、新しい男とかきたてられるのです。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Rom.6:1 What shall we say then? (する) rom.6 : 1次に何をしようと言うのか。 Shall we continue in sin, that grace may abound?わたしたちの罪を続ける、その恵みがあふれているか? Rom.6:4 Therefore we are buried with him by baptism into death: that like as Christ was raised up from the dead by the glory of the Father, even so we also should walk in newness of life. rom.6 : 4従って我々は彼に埋設された洗礼を没年:キリストだったとして甦ることのように死んでからは、父の栄光は、たとえそうであっても我々の生活の中を歩くの新しされます。 Rom.6:5 For if we have been planted together in the likeness of his death, we shall be also in the likeness of his resurrection: Rom.6:6 Knowing this, that our old man is crucified with him, that the body of sin might be destroyed, that henceforth we should not serve sin. rom.6 : 5を一緒に植えてきた場合には、我々が似ている彼の死は、われにも似ているのは、彼の復活: rom.6 : 6知っこれは、我々の老人が彼には、十字架につけられ、その体破壊罪のかもしれない、奉仕してあげた罪すべきではない。 Eph.4:22 That ye put off concerning the former conversation the old man, which is corrupt according to the deceitful lusts; Eph.4:23 And be renewed in the spirit of your mind; Eph.4:24 And that ye put on the new man, which after God is created in righteousness and true holiness. eph.4 : 22 、なたがたの問題を先送りに元の老人の会話、これは腐敗によると、詐欺的な私欲; eph.4 : 23にリニューアルとの精神で、お客様の心; eph.4 : 24と、なたがたには、新たな男で、これで作成した後は、神の正義と真のホーリネスです。 Col.3:5 Mortify therefore your members which are upon the earth; fornication, uncleanness, inordinate affection, evil concupiscence, and covetousness, which is idolatry: Col.3:6 For which things' sake the wrath of God cometh on the children of disobedience: Col.3:7 In the which ye also walked some time, when ye lived in them. col.3 : 5悔しがらせるためにして会員には、地上;姦淫、 uncleanness 、過度の愛情は、悪の強欲、どん欲、これは偶像崇拝: col.3 : 6のためのものにするために、子供たちは、神の怒りが来るの反抗: col.3 : 7は、なたがたにもいくつかの時間を歩いて、なたがたに住んでいたときにしてください。 Col.3:8 But now ye also put off all these; anger, wrath, malice, blasphemy, filthy communication out of your mouth. col.3 : 8ですが今なたがたは、これらすべてを先送りにも;怒りは、怒り、恨み、神への冒とく、お口の中で不潔なコミュニケーションのうちです。 Col.3:9 Lie not one to another, seeing that ye have put off the old man with his deeds; Col.3:10 And have put on the new man, which is renewed in knowledge after the image of him that created him: 1 Cor.5:7 Purge out therefore the old leaven, that ye may be a new lump, as ye are unleavened. col.3 : 9うそを別の1つは、なたがたを見て彼を先送りにして行い、老人; col.3 : 10をかけると、新しい男が、これは、新たな知識を作成した後、彼は彼のイメージ: 1 cor.5 : 7パージアウトしたがって、古いパン種は、恐らくなたがたは、新しいしこりが、なたがたはイースト菌を入れないようです。 For even Christ our passover is sacrificed for us: 2 Cor.7:10 For godly sorrow worketh repentance to salvation not to be repented of: but the sorrow of the world worketh death.キリストのためにも私たちのために犠牲に私たちはペサハ: 2 cor.7 : 10信心深い悲しみをworketh救世後悔してはならないの反省:しかし、死の悲しみは、世界worketh 。


Question 89. What is the mortification of the old man? 質問89 。苦行のは、どのような老人ですか?

Answer: It is a sincere sorrow of heart, that we have provoked God by our sins; and more and more to hate and flee from them. 答:これは、誠実な心の悲しみ、それによって我々は我々の罪を神に挑発;と増えてから逃亡を憎むとしています。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Rom.8:13 For if ye live after the flesh, ye shall die: but if ye through the Spirit do mortify the deeds of the body, ye shall live. (する) rom.8 : 13生きるためにもしなたがたの肉の後、なたがたは死ぬ:仮令なたがたの行いを悔しがらせることを通じて、スピリットオブザボディは、なたがたは生活しています。 Joel 2:13 And rend your heart, and not your garments, and turn unto the LORD your God: for he is gracious and merciful, slow to anger, and of great kindness, and repenteth him of the evil.ジョエル引き裂い2時13分、心臓とは、お客様の衣装とは、あなたの神、主と悔悟してかれ:優雅にして慈悲深くために彼は、ゆっくりと怒りは、とても親切で、彼は、悪と後悔するだけです。 Hos.6:1 Come, and let us return unto the LORD: for he hath torn, and he will heal us; he hath smitten, and he will bind us up. hos.6 : 1さあ、私達を返すと、かれの主:かれ荒廃したため、と彼は私たちに治る;かれ殴られた、と彼は私たちにバインドする。


Question 90. What is the quickening of the new man? 質問90 。高まるのは、どのような新しい男ですか?

Answer: It is a sincere joy of heart in God, through Christ, (a) and with love and delight to live according to the will of God in all good works. 答:これは、心からの喜びのために心を神は、キリストを通して、 ( a )および、愛と生きる喜びを神の意志によると、すべての良い作品です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Rom.5:1 Therefore being justified by faith, we have peace with God through our Lord Jesus Christ: Rom.14:17 For the kingdom of God is not meat and drink; but righteousness, and peace, and joy in the Holy Ghost. (する) rom.5 : 1したがって信仰によって正当化され、我々は平和をわたしたちの主イエスキリストを通して神: rom.14 : 17は、神の王国ではない肉や酒を飲む;しかし、正義と平和、そして喜び聖霊のです。 Isa.57:15 For thus saith the high and lofty One that inhabiteth eternity, whose name is Holy; I dwell in the high and holy place, with him also that is of a contrite and humble spirit, to revive the spirit of the humble, and to revive the heart of the contrite ones. isa.57 : 15ためにこのように言うと、高くそびえ立つinhabiteth永遠の1つが、その名前は神聖な;私の神聖な場所に住んで、高いとは、彼にもそれがあると謙虚な精神を深く悔いて、その謙虚な精神をよみがえらせる、そして復活の心臓部を深く悔いている。 (b) Rom.6:10 For in that he died, he died unto sin once: but in that he liveth, he liveth unto God. ( b )にrom.6 : 10にして彼が亡くなったため、彼は一度死んだかれ罪:しかし、彼は生きることで、彼は生きる神です。 Rom.6:11 Likewise reckon ye also yourselves to be dead indeed unto sin, but alive unto God through Jesus Christ our Lord. rom.6 : 11同様に数える本当になたがたもかれ自身を罪に死んだが、生きているわたしたちの主イエスキリストを通して神です。 Gal.2:20 I am crucified with Christ: nevertheless I live; yet not I, but Christ liveth in me: and the life which I now live in the flesh I live by the faith of the Son of God, who loved me, and gave himself for me. gal.2 : 20私は、キリストが十字架につけられ:ライブにもかかわらず私;まだない私が、キリストに生きる私:そして、今住んでいる私の人生を生きるされる肉私の信仰の神の御子は、私を愛した、そして私は自分自身のためだ。


Question 91. But what are good works? 質問91 。しかし、良い作品は何ですか?

Answer: Only those which proceed from a true faith, (a) are performed according to the law of God, (b) and to his glory; (c) and not such as are founded on our imaginations, or the institutions of men. 答:のみから真の信仰に進むものは、 ( )は、神の法によると、公演は、彼の栄光を( b )及び( c )及び創業していないなどは、私たちの想像力、またはその機関の男性です。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Rom.14:23 And he that doubteth is damned if he eat, because he eateth not of faith: for whatsoever is not of faith is sin. (する) rom.14 : 23と彼はのろわれたdoubtethもし彼を食べることは、信仰のないなぜなら、彼eateth :信仰のためのものではないのは罪だ。 (b) Lev.18:4 Ye shall do my judgments, and keep mine ordinances, to walk therein: I am the LORD your God. ( b )にlev.18 : 4なたがたは私の判断を行う、と続ける鉱山条例は、そこを歩く:私はあなたの神、主です。 1 Sam.15:22 And Samuel said, Hath the LORD as great delight in burnt offerings and sacrifices, as in obeying the voice of the LORD? 1 sam.15 : 22とサミュエル氏は、かれらの主としての提供と大喜びで犠牲焼きのように、声の主に従うか? Behold, to obey is better than sacrifice, and to hearken than the fat of rams.見よ、犠牲に従うよりはまし、とするよりも、脂肪のラムズ聞け。 Eph.2:10 For we are his workmanship, created in Christ Jesus unto good works, which God hath before ordained that we should walk in them. eph.2 : 10ために我々は彼の出来映えは、イエスキリストの作成善行かれは、かれらの前に定められたことを神にしなければならない歩いている。 (c) 1 Cor.10:31 Whether therefore ye eat, or drink, or whatsoever ye do, do all to the glory of God. ( C参照) 1 cor.10 : 31したがって、なたがたを食べるかどうか、または飲む、またはなたがたは何であれ、すべてのことを、神の栄光です。 (d) Deut.12:32 What thing soever I command you, observe to do it: thou shalt not add thereto, nor diminish from it. (民主党) deut.12 : 32どのようなものでもよいのコマンドを、観察を行うこと:なたはないそこを追加したり、減少させることができます。 Ezek.20:18 But I said unto their children in the wilderness, Walk ye not in the statutes of your fathers, neither observe their judgments, nor defile yourselves with their idols: Ezek.20:19 I am the LORD your God; walk in my statutes, and keep my judgments, and do them; Isa.29:13 Wherefore the Lord said, Forasmuch as this people draw near me with their mouth, and with their lips do honour me, but have removed their heart far from me, and their fear toward me is taught by the precept of men: Matt.15:7 Ye hypocrites, well did Esaias prophesy of you, saying, Matt.15:8 This people draweth nigh unto me with their mouth, and honoureth me with their lips; but their heart is far from me. ezek.20 : 18しかし、私の子供たちは、かれらの荒野によると、散歩して、なたがたの祖先の法令ではなく、どちらも自分の判断を観察し、また彼らの偶像を冒とくしなさい: ezek.20 : 19私はあなたの神、主;歩く私の法令、そして私の判断を維持する、として行う; isa.29 : 13何のために、主によると、この人たちを描く〜である私に自分の口の近くには、私の名誉として自分の唇を行うが、自分の心が取り除か私には程遠い、およびそれらの恐怖に向かって、私に教えられた教訓は、男性: matt.15 : 7なたがたは偽善者は、井戸の予言esaiasでしたよ、と言って、 matt.15 : 8このdraweth近くの人々が彼らの口からわたしは、私としてhonoureth自分の唇;しかし、彼らの心は私には程遠い。 Matt.15:9 But in vain they do worship me, teaching for doctrines the commandments of men. matt.15 : 9しかし、かれらはわれに仕えなさいが無駄になる、教えるための教説の戒めの男性です。


(week) 34. ( 1週間) 34 。 Lord's Day日曜日


Question 92. What is the law of God? 質問92 。何が神の法則ですか?

Answer: God spake all these words, Exodus 20:1-17 and Denteronomy 5:6-21, saying: I am the LORD thy God, which have brought thee out of the land of Egypt, out of the house of bondage. 答:神speakの過去のすべてのこれらの言葉は、出エジプト記20:1-17とdenteronomy 5:6-21 、と言って:私はあなたの神、主は、なたを持ってきた土地のうち、エジプト、捕らわれの家から出ている。

1st commandment: Thou shalt have no other gods before me. 1日の掟:なたは他の神々を前にはないよ。

2nd commandment: Thou shalt not make unto thee any graven image, or any likeness of any thing that is in heaven above, or that is in the earth beneath, or that is in the water under the earth. 2命令:なたではありません。なたはどんなイメージを心に刻まれた、または任意の似ているのは、天国の上に任意のもの、あるいはそれは、地球の下で、または下には水の中では、地球です。 Thou shalt not bow down thyself to them, nor serve them; for I the LORD thy God am a jealous God, visiting the iniquity of the fathers upon the children unto the third and fourth generation of them that hate me, and shewing mercy unto thousands of them that love me, and keep my commandments.なたは自分自身をたわませることはなく、またそれらサーブ;なたの神、主のために私は、嫉妬深い神は、訪問中の巣の上には、父の3番目と4番目の世代の子供たちがかれかれらのこと嫌いな私には、数千人と、かれの慈悲shewingかれらを愛してくれて、私の戒めておく。

3rd commandment: Thou shalt not take the name of the LORD thy God in vain; for the LORD will not hold him guiltless that taketh his name in vain.第3の掟:なたは取らないなたの主の名を、神が無駄になる;これは、主が彼の潔白を開くことはできませんtaketh彼の名前が無駄になる。

4th commandment: Remember the sabbath day, to keep it holy. 4日に命令:安息日を覚えて、神聖な状態に保つことです。 Six days shalt thou labour, and do all thy work; but the seventh day is the sabbath of the LORD thy God: in it thou shalt not do any work, thou, nor thy son, nor thy daughter, thy manservant, nor thy maidservant, nor thy cattle, nor thy stranger that is within thy gates. 6日の間にすればなた労働党は、なたのすべての仕事をして;しかし、 7日目には、あなたの神、主の安息日:なたは、それは一切仕事をしない、なた、なたの息子も、またなたの娘は、なたの男性の召使、またなたのしもべは、なたの牛も、またなたなたゲイツ内では見知らぬ人です。 For in six days the LORD made heaven and earth, the sea, and all that in them is, and rested the seventh day: wherefore the LORD blessed the sabbath day, and hallowed it.のため、 6日の間、主の前に天と地、海、そしてそれらのすべてのことでは、七日目と休息:何のために、主は安息日を祝福し、神聖なことです。

5th commandment: Honour thy father and thy mother: that thy days may be long upon the land which the LORD thy God giveth thee.第5回命令:名誉なたなたの父と母:なた日間かもしれないが、長い時なたの神、主の土地を与え、なた。

6th commandment: Thou shalt not kill.第6回掟:なたは殺していない。

7th commandment: Thou shalt not commit adultery. 7日の掟:なたは姦淫していない。

8th commandment: Thou shalt not steal. 8日に命令:なたは盗んでいない。

9th commandment: Thou shalt not bear false witness against thy neighbour. 9日の掟:なたはないクマなたの隣人に対して偽証する。 10th commandment: Thou shalt not covet thy neighbour's house, thou shalt not covet thy neighbour's wife, nor his manservant, nor his maidservant, nor his ox, nor his ass, nor any thing that is thy neighbour's. 10日に命令:なたなたは隣人の家を欲しがるはなく、なたなたは隣人の妻を欲しがるはなく、また彼の男性の召使、また彼のしもべ、また彼の牛は、彼のロバも、またなたの隣人のは、どんなものです。


Question 93. How are these commandments divided? 質問93 。これらの戒めはどのように分けですか?

Answer: Into two tables; (a) the first of which teaches us how we must behave towards God; the second, what duties we owe to our neighbour. 答: 2つのテーブルに、 ( a )その第一の方法を教えて私たちの神に向けた行動をしなければならない;第二は、我々は何の義務を借りている私たちの隣人です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Exod.34:28 And he was there with the LORD forty days and forty nights; he did neither eat bread, nor drink water. (する) exod.34 : 28と彼がそこにいて、主の40日と40夜;彼はどちらもパンを食べたり、水を飲む。 And he wrote upon the tables the words of the covenant, the ten commandments.そして彼はテーブルの上に書いた言葉は、約束は、十戒。 Deut.4:13 And he declared unto you his covenant, which he commanded you to perform, even ten commandments; and he wrote them upon two tables of stone. deut.4 : 13と彼は彼の約束を宣言なたがたには、彼は命じられたことを実行するにも、十戒;と書いた石の2つのテーブルにしています。 Deut.10:3 And I made an ark of shittim wood, and hewed two tables of stone like unto the first, and went up into the mount, having the two tables in mine hand. deut.10 : 3シッテムと私の前にある木の箱舟は、 2つのテーブルとhewed石のように、かれの最初の、そしてマウントを立ち上げたときには、鉱山の手で2つのテーブルを持っています。 Deut.10:4 And he wrote on the tables, according to the first writing, the ten commandments, which the LORD spake unto you in the mount out of the midst of the fire in the day of the assembly: and the LORD gave them unto me. deut.10 : 4と書いたのテーブルでは、最初の書き込みによると、十戒、これは、なたがたの主speakの過去の真っただ中でマウントして、その日の火災は、アセンブリ:そしてかれらの主を与えたわたしです。 (b) Matt.22:37 Jesus said unto him, Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind. ( b )にmatt.22 : 37イエスかれによると、なたはあなたの神、主の愛をすべてなたの心は、すべてなたの魂として、なたの心と、全てのです。 Matt.22:38 This is the first and great commandment. matt.22 : 38偉大な命令とは、今回が初めてだ。 Matt.22:39 And the second is like unto it, Thou shalt love thy neighbour as thyself. matt.22 : 39と2番目は、かれのようなことは、なたの隣人としての愛なたはあなた自身です。 Matt.22:40 On these two commandments hang all the law and the prophets. matt.22 : 40ハングしてこれらの2つの戒めと預言者のすべての法律です。


Question 94. What does God enjoin in the first commandment? 質問94 。命じ、神はどのような機能の最初の命令ですか?

Answer: That I, as sincerely as I desire the salvation of my own soul, avoid and flee from all idolatry, (a) sorcery, soothsaying, superstition, (b) invocation of saints, or any other creatures; (c) and learn rightly to know the only true God; (d) trust in him alone, (e) with humility (f) and patience submit to him; (g) expect all good things from him only; (h) love, (i) fear, (j) and glorify him with my whole heart; (k) so that I renounce and forsake all creatures, rather than commit even the least thing contrary to his will. 答:私は、私の願望として心から自分自身の魂の救いには、すべての偶像礼拝を避けるから逃亡すると、 (する)妖術、予言、迷信は、 ( b )に聖人の呼び出し、またはその他の生き物; ( c )及び学ぶ真実を知って正しく神のみ;彼を信頼して一人(民主党)は、 ( E )の( f )にして謙虚さと忍耐を提出して彼; (目標)すべての良いものを期待するから、彼のみ;愛( h )には、 ( 1 )を恐れる、 ( j )と、彼と私の全体を美化する心臓; (千k )のように私のすべての生き物を捨てる放棄とは、最小限のものというよりもコミットして彼の意思に反しています。 (l) ( l )の

Footnotes脚注

(a) 1 John 5:21 Little children, keep yourselves from idols. 5時21分( ) 1ジョンリトルの子供たちは、偶像を維持しなさいからです。 Amen.アーメン。 1 Cor.6:9 Know ye not that the unrighteous shall not inherit the kingdom of God? 1 cor.6 : 9知っていることは、なたがたよこしまなものではない神の王国を受け継ぐのか? Be not deceived: neither fornicators, nor idolaters, nor adulterers, nor effeminate, nor abusers of themselves with mankind, 1 Cor.6:10 Nor thieves, nor covetous, nor drunkards, nor revilers, nor extortioners, shall inherit the kingdom of God.にだまされていない: fornicatorsどちらも、多神教徒も、またadulterersしたり、男らしさ、また自分自身と人類の乱用は、 1 cor.6 : 10窃盗犯も、どん欲も、酔っぱらいも、またrevilers 、 extortionersも、神の王国を受け継ぐもの。 1 Cor.10:7 Neither be ye idolaters, as were some of them; as it is written, The people sat down to eat and drink, and rose up to play. 1 cor.10 : 7どちらがなたがた多神教徒は、かれらがいくつか;として書かれたことは、人々に腰を下ろしたために食べ物と飲み物、そしてローズを再生する。 1 Cor.10:14 Wherefore, my dearly beloved, flee from idolatry. 1 cor.10 : 14何のためには、我が最愛のは、偶像崇拝から逃亡する。 (b) Lev.19:31 Regard not them that have familiar spirits, neither seek after wizards, to be defiled by them: I am the LORD your God. ( b )にlev.19 : 31点ではなじみのない彼らの霊は、どちらもウィザーズを模索した後、それらをされるdefiled :私はあなたの神、主です。 Deut.18:9 When thou art come into the land which the LORD thy God giveth thee, thou shalt not learn to do after the abominations of those nations. deut.18 : 9時に生まれてくるなたなたの神、主の土地を与え、なた、なたはないことを身に付けるabominations後、これらの国々です。 Deut.18:10 There shall not be found among you any one that maketh his son or his daughter to pass through the fire, or that useth divination, or an observer of times, or an enchanter, or a witch, Deut.18:11 Or a charmer, or a consulter with familiar spirits, or a wizard, or a necromancer. deut.18 : 10そこに見つかったものではないがなさのうちのいずれか1つを自分の息子や娘を通過する火災、またはそのuseth占い、またはオブザーバー回、またはエンチャンターは、魔女や、 deut.18 : 11またはあだっぽい、または、相談者の霊になじみ、またはウィザード、またはネクロマンサーです。 Deut.18:12 For all that do these things are an abomination unto the LORD: and because of these abominations the LORD thy God doth drive them out from before thee. deut.18 : 12 、すべてのことは、これらのものは、かれの主醜態: abominationsおよびこれらのために、なたの神、主の前に、なたは本当にドライブしてからです。 (c) Matt.4:10 Then saith Jesus unto him, Get thee hence, Satan: for it is written, Thou shalt worship the Lord thy God, and him only shalt thou serve. ( C参照) matt.4 : 10それからイエスは言うかれには、なたを取得したがって、サタン:ために書かれたことは、なたはあなたの神、主に仕え、なたサーブとすれば彼だけだ。 Rev.19:10 And I fell at his feet to worship him. rev.19 : 10彼と私は転んで足に仕えなさい。 And he said unto me, See thou do it not: I am thy fellowservant, and of thy brethren that have the testimony of Jesus: worship God: for the testimony of Jesus is the spirit of prophecy.彼によると、わたしは、なたはそれを参照していない:私はfellowservantなた、なたの同胞との証言があるイエス:神を崇拝:証言は、イエスが予言の精神です。 Rev.22:8 And I John saw these things, and heard them. rev.22 : 8と私を見たジョンこれらのことは、と聞いている。 And when I had heard and seen, I fell down to worship before the feet of the angel which shewed me these things.と聞いていたと見られるときには、倒れた私の足を崇拝する前に、これらのことを私には天使をshewed 。 Rev.22:9 Then saith he unto me, See thou do it not: for I am thy fellowservant, and of thy brethren the prophets, and of them which keep the sayings of this book: worship God. rev.22 : 9それから彼は言うわたしは、なたはそれを参照していない: fellowservantなたのために私は、なたの兄弟とその預言者、そしてかれらのこの本のことわざを保つ:神を崇拝する。 (d) John 17:3 And this is life eternal, that they might know thee the only true God, and Jesus Christ, whom thou hast sent. 17時03分(民主党)のジョンとこれは永遠の生命、なたを知っているかもしれないことのみが、真の神様と、イエスキリストは、誰なた送信されます。 (e) Jer.17:5 Thus saith the LORD; Cursed be the man that trusteth in man, and maketh flesh his arm, and whose heart departeth from the LORD. ( E )のjer.17 : 5こうして、主の言う; trusteth呪われることで、男男で、彼の腕の肉となさ、そしてその心からの主departeth 。 Jer.17:7 Blessed is the man that trusteth in the LORD, and whose hope the LORD is. jer.17 : 7祝福してtrustethその男は、主の中には、主は、その期待しています。 (f) 1 Pet.5:5 Likewise, ye younger, submit yourselves unto the elder. ( f )に1 pet.5 : 5同様に、なたがたは若く、かれの長老を提出しなさい。 Yea, all of you be subject one to another, and be clothed with humility: for God resisteth the proud, and giveth grace to the humble.いや、すべてのことを別の1つのテーマに、そして謙虚にして服を着た: resisteth神のために誇りを持って、そして謙虚に猶予を与えています。 1 Pet.5:6 Humble yourselves therefore under the mighty hand of God, that he may exalt you in due time: (g) Heb.10:36 For ye have need of patience, that, after ye have done the will of God, ye might receive the promise. 1 pet.5 : 6謙虚ながたしたがって、偉大な神の手の下では、と彼はあなたを賛美するため時間: (目標) heb.10 : 36の忍耐力が必要なために、なたがたが、それは、なたがたが完了した後、神の意志は、なたがたの約束を受けるかもしれない。 Col.1:11 Strengthened with all might, according to his glorious power, unto all patience and longsuffering with joyfulness; Rom.5:3 And not only so, but we glory in tribulations also: knowing that tribulation worketh patience; Rom.5:4 And patience, experience; and experience, hope: 1 Cor.10:10 Neither murmur ye, as some of them also murmured, and were destroyed of the destroyer. col.1 : 11強化してすべての可能性は、彼の栄光によると、電力は、かれのすべての忍耐としてlongsuffering joyfulness ; rom.5 : 3としかないので、しかし、我々の栄光にも苦難: worketh試練と知って忍耐; rom.5 : 4と忍耐は、経験;や経験、希望: 1 cor.10 : 10どちらも雑音なたがたは、かれらにもいくつかのつぶやきとしては、駆逐艦や滅ぼされたのです。 Philip.2:14 Do all things without murmurings and disputings: (h) Ps.104:27 These wait all upon thee; that thou mayest give them their meat in due season. philip.2 : 14全能なしmurmuringsとdisputings : ( h )にps.104 : 27これらすべてを待って、なた;なたmayest彼らの肉を与えてしかるべき時です。 Ps.104:28 That thou givest them they gather: thou openest thine hand, they are filled with good. ps.104 : givestなたは、かれらを収集して28 :ザイン手openestなたは、かれらは良い満ちている。 Ps.104:29 Thou hidest thy face, they are troubled: thou takest away their breath, they die, and return to their dust. ps.104 : 29なたhidestなたの顔を、彼らは問題を抱えた:自分の息を去るtakestなたは、かれら死ぬし、自分のほこりに戻ります。 Ps.104:30 Thou sendest forth thy spirit, they are created: and thou renewest the face of the earth. ps.104 : 30なたなたの精神sendest来たり、彼らが作成されました: renewestなたの顔とは、地球に帰還した。 Isa.45:7 I form the light, and create darkness: I make peace, and create evil: I the LORD do all these things. isa.45 : 7よい形で、光と闇の作成:私の平和、そして悪の作成:私の主は、これらすべてのことができる。 James 1:17 Every good gift and every perfect gift is from above, and cometh down from the Father of lights, with whom is no variableness, neither shadow of turning.ジェームズ1時17分ごとにいいからの贈り物とは、上記のすべての完璧な贈り物は、父から下るとライトで、誰ではないvariableness 、どちらも影のターニング。 (i) Deut.6:5 And thou shalt love the LORD thy God with all thine heart, and with all thy soul, and with all thy might. ( ⅰ ) deut.6 : 5なたやなたは、神の愛、主の心をすべてザイン、およびすべてのなたの魂は、すべてなたのかもしれないとしています。 Matt.22:37 Jesus said unto him, Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind. matt.22 : 37イエスかれによると、なたはあなたの神、主の愛をすべてなたの心は、すべてなたの魂として、なたの心と、全てのです。 (j) Deut.6:2 That thou mightest fear the LORD thy God, to keep all his statutes and his commandments, which I command thee, thou, and thy son, and thy son's son, all the days of thy life; and that thy days may be prolonged. ( j ) deut.6 : 2 、なたmightestなたの神、主の恐怖は、彼のすべての法令を守るそして、その戒めは、私のコマンドを、なた、なた、なたの息子とは、なたの息子の息子とは、なたの人生のすべての日;となたの日が長引くかもしれない。 Ps.111:10 The fear of the LORD is the beginning of wisdom: a good understanding have all they that do his commandments: his praise endureth for ever. ps.111 : 10の恐怖の主は、初めには、知恵:彼らのすべてのことをよく理解しては、その戒め: endurethは永遠に彼を称賛した。 Prov.1:7 The fear of the LORD is the beginning of knowledge: but fools despise wisdom and instruction. prov.1 : 7 、恐怖の主は、初めには、知識:知恵と命令が、愚か者を軽蔑した。 Prov.9:10 The fear of the LORD is the beginning of wisdom: and the knowledge of the holy is understanding. prov.9 : 10の恐怖の主は、初めには、知恵:とは、神聖な知識を理解しています。 Matt.10:28 And fear not them which kill the body, but are not able to kill the soul: but rather fear him which is able to destroy both soul and body in hell. matt.10 : 28恐れることはないとかれらを殺すの体ではなく、魂を殺すことはできません:恐怖ではなく、むしろこれは彼の魂と体の両方をできるように、地獄を破壊する。 (k) Matt.4:10 Then saith Jesus unto him, Get thee hence, Satan: for it is written, Thou shalt worship the Lord thy God, and him only shalt thou serve. (千k ) matt.4 : 10それからイエスは言うかれには、なたを取得したがって、サタン:ために書かれたことは、なたはあなたの神、主に仕え、なたサーブとすれば彼だけだ。 Deut.10:20 Thou shalt fear the LORD thy God; him shalt thou serve, and to him shalt thou cleave, and swear by his name. deut.10 : 20なたはあなたの神、主の恐怖;彼なたサーブすれば、彼にすれば、なたを突き進む、そして彼の名前を誓う。 Deut.10:21 He is thy praise, and he is thy God, that hath done for thee these great and terrible things, which thine eyes have seen. deut.10 : 21彼はあなたを称賛し、彼は神なたは、かれらを完了してこのような素晴らしいこととひどいことをなたには、あなたの目で見ている。 (l) Matt.5:29 And if thy right eye offend thee, pluck it out, and cast it from thee: for it is profitable for thee that one of thy members should perish, and not that thy whole body should be cast into hell. ( l )のmatt.5 : 29なたの右目を怒らせるとなた場合は、摘むことを抜くと、それよりなんじキャスト:利益のためにそれは、なたのために、なたの1つのメンバは消滅することは、なたのではなく全身をしなければならないこと投げ込まれる地獄です。 Matt.5:30 And if thy right hand offend thee, cut it off, and cast it from thee: for it is profitable for thee that one of thy members should perish, and not that thy whole body should be cast into hell. matt.5 : 30なたの右手を怒らせるとなた場合は、切り離さなければ、それからなたやキャスト:利益のためにそれは、なたのために、なたの1つのメンバは消滅することは、なたのではなく全身をしなければならない地獄に投げ込まれる。 Matt.10:37 He that loveth father or mother more than me is not worthy of me: and he that loveth son or daughter more than me is not worthy of me. matt.10 : 37彼は父親や母親に愛さ以上の価値があると私ではない私:そして彼の息子や娘のことを愛さ以上の価値があると私ではないよ。 Acts 5:29 Then Peter and the other apostles answered and said, We ought to obey God rather than men.それから5時29分、その他の行為の使徒ペテロと答えたとは、私たちの神に従うというより男性の方がいいですよ。


Question 95. What is idolatry? 質問95 。偶像崇拝は何ですか?

Answer: Idolatry is, instead of, or besides that one true God, who has manifested himself in his word, to contrive, or have any other object, in which men place their trust. 答:偶像崇拝は、代わりに、 1つまたはそれのほかに真の神は、誰が自分自身で明らかに彼の言葉は、どうにかして、または他のオブジェクトが、彼らの信頼を置くの男性です。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Eph.5:5 For this ye know, that no whoremonger, nor unclean person, nor covetous man, who is an idolater, hath any inheritance in the kingdom of Christ and of God. (する) eph.5 : 5知っているために、このなたがたは、 whoremongerていないこと、また不浄な人も、どん欲な者は、誰が心酔する、かれらは、任意の相続やキリストの神の王国だ。 1 Chron.16:26 For all the gods of the people are idols: but the LORD made the heavens. 1 chron.16 : 26 、すべての人々は神々の偶像:しかし、主の前には、天。 Philip.3:19 Whose end is destruction, whose God is their belly, and whose glory is in their shame, who mind earthly things.) Gal.4:8 Howbeit then, when ye knew not God, ye did service unto them which by nature are no gods. philip.3 : 19破壊者の最後は、その神は自分の腹を、そしてその栄光は、自分の恥では、人の心のこの世のものです。 ) gal.4 : 8それからそれにもかかわらず、知っていたときに、なたがたの神は、かれらがなたがたはサービス自然の神々にはない。 Eph.2:12 That at that time ye were without Christ, being aliens from the commonwealth of Israel, and strangers from the covenants of promise, having no hope, and without God in the world: 1 John 2:23 Whosoever denieth the Son, the same hath not the Father: (but) he that acknowledgeth the Son hath the Father also. eph.2 : 12ことなくその時点で、なたがたが、キリストは、イスラエルの共同体からエイリアンが、見知らぬ人からの約款の約束とは、希望がない、とせずに、神の世界: 1誰でも拒否の息子ジョン2時23分は、かれらは、父と同じ: (だが)かれらは彼の息子が父親にもacknowledgeth 。 2 John 1:9 Whosoever transgresseth, and abideth not in the doctrine of Christ, hath not God. 2ジョンtransgresseth誰でも1時09分、 abidethないとは、キリストの教義は、かれらの神ない。 He that abideth in the doctrine of Christ, he hath both the Father and the Son.彼はその教義は、キリストのabideth 、かれの父と息子の両方です。 John 5:23 That all men should honour the Son, even as they honour the Father.すべての男性には、午前5時23分にジョンの息子の名誉は、彼らの名誉の父としてもだ。 He that honoureth not the Son honoureth not the Father which hath sent him. honourethていないことhonoureth彼の息子がかれらの父は彼に送られる。


(week) 35. ( 1週間) 35 。 Lord's Day日曜日


Question 96. What does God require in the second commandment? 質問96 。どのような神の2番目の命令が必要ですか?

Answer: That we in no wise represent God by images, (a) nor worship him in any other way than he has commanded in his word. 答:いいえ賢明なことで、神を表すイメージは、 (ある)に仕えなさいでも、他の方法よりも彼には彼の言葉を命じられた。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Deut.4:15 Take ye therefore good heed unto yourselves; for ye saw no manner of similitude on the day that the LORD spake unto you in Horeb out of the midst of the fire: Deut.4:16 Lest ye corrupt yourselves, and make you a graven image, the similitude of any figure, the likeness of male or female, Deut.4:17 The likeness of any beast that is on the earth, the likeness of any winged fowl that flieth in the air, Deut.4:18 The likeness of any thing that creepeth on the ground, the likeness of any fish that is in the waters beneath the earth: Deut.4:19 And lest thou lift up thine eyes unto heaven, and when thou seest the sun, and the moon, and the stars, even all the host of heaven, shouldest be driven to worship them, and serve them, which the LORD thy God hath divided unto all nations under the whole heaven. (する) deut.4 : 15取るなたがたは、かれ自身に耳を傾けるしたがって良い;ために、なたがたの相似形ではない、当日は、なたがたの主はホレブspeakの過去のうち、火災の真っただ中: deut.4 : 16なたがた破損自身は、あなたの心に刻まれたイメージを作ると、任意の相似の図は、男性や女性の肖像、 deut.4 : 17に似ているのは、地球上に任意の野獣が、翼の家禽の肖像どんなことで、空中flieth 、 deut.4 : 18と偽ってどんなことをして地面にcreepeth 、任意の魚と偽って下のものは、地球の領海: deut.4 : 19としないようになたの目を持ち上げるザイン天国かれは、なたは見るでろうとする際、太陽、月、星とは、すべてのホストの天国でも、 shouldestに駆動を崇拝し、奉仕して、あなたの神、主がかれらのもとで、すべての国に分かれてかれ全体天国です。 Isa.40:18 To whom then will ye liken God? isa.40 : 18を誰例えるそれからなたがたの神ですか? or what likeness will ye compare unto him?なたがたは似ているかを比較するかれには何ですか? Isa.40:19 The workman melteth a graven image, and the goldsmith spreadeth it over with gold, and casteth silver chains. isa.40 : 19 、職人の心に刻まれたmelteth画像、およびそれ以上の金匠spreadethで金、銀のチェーンとcasteth 。 Isa.40:20 He that is so impoverished that he hath no oblation chooseth a tree that will not rot; he seeketh unto him a cunning workman to prepare a graven image, that shall not be moved. isa.40 : 20彼はそれがないのでかれ貧窮してツリーにして奉納することはありませんchooseth腐れ;彼は、狡猾な職人を求めるかれに彫られた画像を用意する、それを移動するものではない。 Isa.40:21 Have ye not known? isa.40 : 21なたがたは知られていないですか? have ye not heard?なたがたは聞いていないですか? hath it not been told you from the beginning?かれらの言ったとおりでしょされていないことから始まりですか? have ye not understood from the foundations of the earth?なたがたは理解していないから、地球の基盤ですか? Isa.40:22 It is he that sitteth upon the circle of the earth, and the inhabitants thereof are as grasshoppers; that stretcheth out the heavens as a curtain, and spreadeth them out as a tent to dwell in: Isa.40:23 That bringeth the princes to nothing; he maketh the judges of the earth as vanity. isa.40 : 22それはそのsitteth彼は、地球上のサークルは、住民のためには、バッタや; stretchethアウトして、天のカーテンとして、そしてそれらspreadethとしてのテントに住んでアウト: isa.40 : 23何もないことをbringethの王侯;かれの裁判官としては、地球の虚栄心です。 Isa.40:24 Yea, they shall not be planted; yea, they shall not be sown: yea, their stock shall not take root in the earth: and he shall also blow upon them, and they shall wither, and the whirlwind shall take them away as stubble. isa.40 : 24いや、かれらに植えられたものではない;いや、かれらはされません作付面積:いや、彼らの株式は、大地に根付くものではない:打撃と彼は、かれらの上にも、かれらは消えてなくなると、旋風とは無精ひげを取るとして追い払います。 Isa.40:25 To whom then will ye liken me, or shall I be equal? isa.40 : 25 〜誰例えるそれからなたがたは私には、わたしと等しいか? saith the Holy One. 1つの聖なる言う。 Rom.1:23 And changed the glory of the uncorruptible God into an image made like to corruptible man, and to birds, and fourfooted beasts, and creeping things. rom.1 : 23と変更して、神の栄光のuncorruptible堕落しやすいようにする前に男のイメージは、鳥や、動物たちとfourfooted 、および忍び寄ることができる。 Rom.1:24 Wherefore God also gave them up to uncleanness through the lusts of their own hearts, to dishonour their own bodies between themselves: Acts 17:29 Forasmuch then as we are the offspring of God, we ought not to think that the Godhead is like unto gold, or silver, or stone, graven by art and man's device. rom.1 : 24何のためにも、神は彼らの私欲を介しuncleannessまでには、独自の心は、遺体の間に、自分自身不渡り: 17時29 forasmuch次に行為として我々は神の子孫は、我々しないようにすべきだと考えている神性は、かれのように金、銀や、あるいは石は、芸術と人間の心に刻まれるデバイスです。 (b) 1 Sam.15:23 For rebellion is as the sin of witchcraft, and stubbornness is as iniquity and idolatry. ( b )に1 sam.15 : 23の罪のためには、魔法の反乱、と頑固には、不法行為や偶像崇拝です。 Because thou hast rejected the word of the LORD, he hath also rejected thee from being king.拒否されたため、その言葉は、なたの主、かれも拒否されている王なた。 Deut.12:30 Take heed to thyself that thou be not snared by following them, after that they be destroyed from before thee; and that thou enquire not after their gods, saying, How did these nations serve their gods? deut.12 : 30留意なたではないことを自分自身には、次わなにはまらないかれらは、後のことで破壊される前に、なたから; enquireなたはないとして彼らの神々をした後、と言って、これらの国々はどのように彼らの神々を果たすか? even so will I do likewise.たとえそうでは、私は同様です。 Deut.12:31 Thou shalt not do so unto the LORD thy God: for every abomination to the LORD, which he hateth, have they done unto their gods; for even their sons and their daughters they have burnt in the fire to their gods. deut.12 : 31なたは、かれはしないので、なたの主の神:醜態を主ごとに、どのhateth彼は、かれらの神々が彼ら行わ;ためにも、自分の息子や娘が彼らは彼らの神々を火事で焼けてしまう。 Deut.12:32 What thing soever I command you, observe to do it: thou shalt not add thereto, nor diminish from it. deut.12 : 32どのようなものでもよいのコマンドを、観察を行うこと:なたはないそこを追加したり、減少させることができます。 Matt.15:9 But in vain they do worship me, teaching for doctrines the commandments of men. matt.15 : 9しかし、かれらはわれに仕えなさいが無駄になる、教えるための教説の戒めの男性です。


Question 97. Are images then not at all to be made? 質問97 。それからわけでは、すべての画像には?

Answer: God neither can, nor may be represented by any means: (a) but as to creatures; though they may be represented, yet God forbids to make, or have any resemblance of them, either in order to worship them or to serve God by them. 答:神のどちらもできるし、またいかなる手段によって表されるかもしれない: ( 、 )を生き物としてしかし;表されるかもしれないが、まだ神を作ることを禁じます、かれらの類似点があるか、どちらかを崇拝するために奉仕しているか、神されています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Isa.40:25 To whom then will ye liken me, or shall I be equal? (する) isa.40 : 25 〜誰例えるそれからなたがたは私には、わたしと等しいか? saith the Holy One. 1つの聖なる言う。 (b) Exod.23:24 Thou shalt not bow down to their gods, nor serve them, nor do after their works: but thou shalt utterly overthrow them, and quite break down their images. ( b )にexod.23 : 24なたは彼らの神々に頭を垂れていないし、また奉仕して、後にも彼らの作品は:だがなたは全く転覆して、自分のイメージを打破するとかなりです。 Exod.23:25 And ye shall serve the LORD your God, and he shall bless thy bread, and thy water; and I will take sickness away from the midst of thee. exod.23 : 25サーブとなたがたはあなたの神、主は、なたの祝福と彼は、パン、となたの水;から離れて酔いを取ると、私は、なたの真っただ中にいる。 Exod.34:13 But ye shall destroy their altars, break their images, and cut down their groves: Exod.34:14 For thou shalt worship no other god: for the LORD, whose name is Jealous, is a jealous God: Exod.34:17 Thou shalt make thee no molten gods. exod.34 : 13しかし、彼らの祭壇を破壊するなたがたは、自分のイメージを破る、そして彼らの果樹園を減らす: exod.34 : 14をなたは、他の神を崇拝する:これは、主が、名前が嫉妬して、神は、嫉妬深い: exod溶融.34:17なたは神々をなんじない。 Num.33:52 Then ye shall drive out all the inhabitants of the land from before you, and destroy all their pictures, and destroy all their molten images, and quite pluck down all their high places: Deut.7:5 But thus shall ye deal with them; ye shall destroy their altars, and break down their images, and cut down their groves, and burn their graven images with fire. num.33 : 52それからなたがたは、すべてのドライブを出すより前に、その土地の住民は、自分の写真をすべて破棄して、自分のすべてを破壊する溶融イメージは、彼らのすべて取り壊すとかなり高い場所: deut.7 : 5しかし、これは、なたがたはそれらに対処する;なたがたは彼らの祭壇を破壊し、彼らのイメージを壊す、自分の畑を減らすと、彼らの心に刻まれたイメージとして火を燃やす。 Deut.12:3 And ye shall overthrow their altars, and break their pillars, and burn their groves with fire; and ye shall hew down the graven images of their gods, and destroy the names of them out of that place. deut.12 : 3彼らの祭壇となたがたは転覆し、彼らを破るの柱は、自分の果樹園で火災や火傷;ダウンを切り落とすとなたがたは彼らの神々の心に刻まれたイメージは、かれらの名前を破棄すると、その場所です。 Deut.16:21 Thou shalt not plant thee a grove of any trees near unto the altar of the LORD thy God, which thou shalt make thee. deut.16 : 21なたはないが、なた植物園の近くにどんな木が、かれは、なたの神、主の祭壇が、これをなたは、なた。 2 Kin.18:3 And he did that which was right in the sight of the LORD, according to all that David his father did. 2 kin.18 : 3とは、彼にそんなことをする権利は、主にその光景を見て、すべてのことによると、父親のデビッドでした。 2 Kin.18:4 He removed the high places, and brake the images, and cut down the groves, and brake in pieces the brasen serpent that Moses had made: for unto those days the children of Israel did burn incense to it: and he called it Nehushtan. 2 kin.18 : 4彼は、高い地位を削除し、ブレーキのイメージは、この果樹園を減らすと、ブレーキを粉々に砕くとbrasenヘビの前にしていたモーゼス:あのころは、かれは、イスラエルの子孫にそれ香華:と彼はそれnehushtanと呼ばれる。


Question 98. But may not images be tolerated in the churches, as books to the laity? 質問98 。許されないこともありますが、教会のイメージは、このように書籍を俗人か?

Answer: No: for we must not pretend to be wiser than God, who will have his people taught, not by dump images, (a) but by the lively preaching of his word. 答:いいえ:いないふりをするためにしなければならないよりも賢明な神は、誰が教えたの人々が彼のではなく、ダンプされたイメージは、 (ある)しかし、彼の言葉を説教されるにぎやかです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Jer.10:8 But they are altogether brutish and foolish: the stock is a doctrine of vanities. (する) jer.10 : 8いますが、それらは、まるで野蛮な愚か:株式は、ドクトリンの虚しい物を受けとっている。 Hab.2:18 What profiteth the graven image that the maker thereof hath graven it; the molten image, and a teacher of lies, that the maker of his work trusteth therein, to make dumb idols? hab.2 : 18どのようなイメージを心に刻まれたprofitethの心に刻まれたことは、かれらのためにメーカー;の溶融イメージは、教師の嘘とは、彼の作品は、メーカーのtrustethそこには、無言の偶像を作るか? Hab.2:19 Woe unto him that saith to the wood, Awake; to the dumb stone, Arise, it shall teach! hab.2 : 19悲痛かれにして言うと、木材は、目が覚める;バカ石には、発生する、それは、教える! Behold, it is laid over with gold and silver, and there is no breath at all in the midst of it.見よ、それは金と銀のレイアウト上で、息ではないとのすべての真っただ中だ。 (b) Rom.10:14 How then shall they call on him in whom they have not believed? ( b )にrom.10 : 14どうろうそれから彼は彼らに電話して考えられていないか? and how shall they believe in him of whom they have not heard?そして彼らは、どのように彼らを信じて彼に聞いていないのですか? and how shall they hear without a preacher?とは、どのように彼らを聞くことなく、説教師ですか? Rom.10:15 And how shall they preach, except they be sent? rom.10 : 15とは、どのように説教を除いて、かれらに送信されるか? as it is written, How beautiful are the feet of them that preach the gospel of peace, and bring glad tidings of good things!として書かれたことは、どのように美しいが、かれらの足の平和の福音を説くことは、良いこととの吉報をもたらす! Rom.10:17 So then faith cometh by hearing, and hearing by the word of God. rom.10 : 17だから次に来るのを聞いて信仰し、神のみことばを聞いている。 2 Pet.1:19 We have also a more sure word of prophecy; whereunto ye do well that ye take heed, as unto a light that shineth in a dark place, until the day dawn, and the day star arise in your hearts: 2 Tim.3:16 All scripture is given by inspiration of God, and is profitable for doctrine, for reproof, for correction, for instruction in righteousness: 2 Tim.3:17 That the man of God may be perfect, throughly furnished unto all good works. 2 pet.1 : 19私たちは言葉にも、もっと確実な予言; whereuntoなたがたは、なたがたの留意すれば良い、かれとしてshineth明かりの中の暗い場所には、その日の夜明けまでは、その日のスターとあなたの心に生じる: 2 tim.3 : 16聖書は、すべて神の霊感を与え、収益性を教義とは、小言のため、補正のため、正義のための指示: 2 tim.3 : 17神のかもしれないが、完璧な男は、徹底的にかれ家具すべて良い作品です。


(week) 36. ( 1週間) 36 。 Lord's Day日曜日


Question 99. What is required in the third commandment? 質問99 。命令は、第3 、何が必要ですか?

Answer: That we, not only by cursing (a) or perjury, (b) but also by rash swearing, (c) must not profane or abuse the name of God; nor by silence or connivance be partakers of these horrible sins in others; (d) and, briefly, that we use the holy name of God no otherwise than with fear and reverence; (e) so that he may be rightly confessed (f) and worshipped by us, (g) and be glorified in all our words and works. 答:私たちは、破門されただけでなく、 ( a )または偽証では、 ( b )に悪態をついただけでなく発疹する、 ( c )または不敬てはならない神の名の乱用;も沈黙または黙認されるこれらの恐ろしい罪で他のpartakers ; (民主党)とは、簡単には、私たちの名前を使用して聖なる神に比べて、それ以外のない恐怖や畏敬の念; ( E )のように彼は正しいかもしれないと告白( f )に崇拝され我々は、 (目標)とされるすべての見せかけ私たちの言葉や動作します。 (h) ( h )に

Footnotes脚注

(a) Lev.24:11 And the Israelitish woman's son blasphemed the name of the LORD, and cursed. (する) lev.24 : 11とisraelitish女性の息子の名前がblasphemed主よ、と呪わ。 And they brought him unto Moses: (and his mother's name was Shelomith, the daughter of Dibri, of the tribe of Dan:) Lev.24:12 And they put him in ward, that the mind of the LORD might be shewed them.そして彼らは彼のムーサー: ( shelomithと彼の母親の名前は、その娘dibri 、その部族のダン: ) lev.24 : 12区内と、彼は彼らには、主の御心は、かれらshewedかもしれない。 Lev.24:13 And the LORD spake unto Moses, saying, Lev.24:14 Bring forth him that hath cursed without the camp; and let all that heard him lay their hands upon his head, and let all the congregation stone him. lev.24 : 13ムーサーとspeakの過去の主、と言って、 lev.24 : 14彼をもたらすことなく、かれらのキャンプ呪わ;してすべてを手にして彼の声を聞いて、頭をレイは、すべての信徒や石せていた。 Lev.24:15 And thou shalt speak unto the children of Israel, saying, Whosoever curseth his God shall bear his sin. lev.24 : 15と話すなたは、イスラエルの子孫に、かれは、と言って、彼の神は、熊curseth誰でも自分の罪です。 Lev.24:16 And he that blasphemeth the name of the LORD, he shall surely be put to death, and all the congregation shall certainly stone him: as well the stranger, as he that is born in the land, when he blasphemeth the name of the LORD, shall be put to death. lev.24 : 16としてblasphemeth彼の名前は、主よ、彼は必ず死刑を、そして彼のすべての集会は、確かに石:も、見知らぬ人は、その土地で生まれた彼は、その時彼はblasphemeth名前は、主よ、死にかけられるものです。 (b) Lev.19:12 And ye shall not swear by my name falsely, neither shalt thou profane the name of thy God: I am the LORD. ( b )にlev.19 : 12絶大な信頼を置くものではないとなたがたは自分の名前を偽って、どちらもすれば不敬なたなたの神の名前:私は、主のです。 (c) Matt.5:37 But let your communication be, Yea, yea; Nay, nay: for whatsoever is more than these cometh of evil. ( C参照) matt.5 : 37しかし、あなたのコミュニケーションには、いや、いや、いや、いや:これらを超えるものは悪が来る。 James 5:12 But above all things, my brethren, swear not, neither by heaven, neither by the earth, neither by any other oath: but let your yea be yea; and your nay, nay; lest ye fall into condemnation.しかし、すべてのものの上にジェームズ5時12分、私の兄弟、誓うしないでも、天国でも、地上でも、他の誓い:しかし、あなたがいやいや;としていや、いや、なたがたの非難に陥る。 (d) Lev.5:1 And if a soul sin, and hear the voice of swearing, and is a witness, whether he hath seen or known of it; if he do not utter it, then he shall bear his iniquity. (民主党) lev.5 : 1と魂の罪の場合は、宣誓の声を聞くと、目撃者とは、知られているかどうかを見てかれ;もし彼全くないこと、それから彼は自分の巣に耐えるものです。 Prov.29:24 Whoso is partner with a thief hateth his own soul: he heareth cursing, and bewrayeth it not. prov.29 : 24誰でもパートナーには、自分の魂泥棒hateth :かれは全聴にのろい、とbewrayethことではなかったのです。 (e) Jer.4:2 And thou shalt swear, The LORD liveth, in truth, in judgment, and in righteousness; and the nations shall bless themselves in him, and in him shall they glory. ( E )のjer.4 : 2と誓うなたは、主に生きるのは、真実では、判決は、正義とは、その国では、彼を祝福し、そして彼の栄光ろう。 Isa.45:23 I have sworn by myself, the word is gone out of my mouth in righteousness, and shall not return, That unto me every knee shall bow, every tongue shall swear. isa.45 : 23私は宣誓の助けを借りずに、その言葉は私の口の中に消えている正義、そして返すものではない、とわたしは、ひざごとにお辞儀をして、すべての舌を誓うものです。 (f) Rom.10:9 That if thou shalt confess with thy mouth the Lord Jesus, and shalt believe in thine heart that God hath raised him from the dead, thou shalt be saved. ( f )にrom.10 : 9なたは告白している場合、口の中で、なたの主イエスは、ザインを信じるとすればかれらの心で、神の育て方から、死んでは、なたは救われる。 Rom.10:10 For with the heart man believeth unto righteousness; and with the mouth confession is made unto salvation. rom.10 : 10心臓の男を信じ、かれのために正義;と告白して口の中で、かれは救いだ。 Matt.10:32 Whosoever therefore shall confess me before men, him will I confess also before my Father which is in heaven. matt.10 : 32だから誰でも私の前には、男性の告白は、彼は私にも告白する前に私の父が、天国です。 (g) Ps.50:15 And call upon me in the day of trouble: I will deliver thee, and thou shalt glorify me. (目標) ps.50 : 15と祈る私には、一日のトラブル:私は、なたを配達し、美化なたは私です。 1 Tim.2:8 I will therefore that men pray every where, lifting up holy hands, without wrath and doubting. 1 tim.2 : 8したがって、私はどこにしてすべての男性のための祈りは、聖なる手を持ち上げ、怒りと疑うことなく。 (h) Rom.2:24 For the name of God is blasphemed among the Gentiles through you, as it is written. ( h )にrom.2 : 24ためには、神の名のうち、 gentilesを通じてblasphemed場合は、それが書かれた。 1 Tim.6:1 Let as many servants as are under the yoke count their own masters worthy of all honour, that the name of God and his doctrine be not blasphemed. 1 tim.6 : 1せしもべとしては、できるだけ多くのくびきの下で、自分のカウントマスターズ名誉のすべての価値がある、と彼は、神の名blasphemedドクトリンではない。 Col.3:16 Let the word of Christ dwell in you richly in all wisdom; teaching and admonishing one another in psalms and hymns and spiritual songs, singing with grace in your hearts to the Lord. col.3 : 16させてから、キリストの言葉を豊かに住むすべての知恵; admonishing指導とは別の1つの詩篇と賛美歌や精神的な曲は、歌の中であなたの心に、主の恵みです。 Col.3:17 And whatsoever ye do in word or deed, do all in the name of the Lord Jesus, giving thanks to God and the Father by him. col.3 : 17となたがたは、単語または証書のものは、すべての主イエスキリストの名の下に、感謝を与えることによって、神と彼の父です。


Question 100. Is then the profaning of God's name, by swearing and cursing, so heinous a sin, that his wrath is kindled against those who do not endeavour, as much as in them lies, to prevent and forbid such cursing and swearing? 100の質問です。 profaningのは、当時の神の名は、破門されたと悪態をついたので、凶悪の罪を犯すことは、彼の怒りは、点火していない人たちの努力に対しては、かれらと同じくらい嘘のように、そのような悪口を防ぐと悪態をついたことを禁じるとは?

Answer: It undoubtedly is, (a) for there is no sin greater or more provoking to God, than the profaning of his name; and therefore he has commanded this sin to be punished with death. 答:それは間違いないが、 (する)ために大きな罪がない以上、神挑発には、彼の名前よりもprofaning ;と命じしたがって彼はこの死の罪で処罰される。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Prov.29:24 Whoso is partner with a thief hateth his own soul: he heareth cursing, and bewrayeth it not. (する) prov.29 : 24誰でもパートナーには、自分の魂泥棒hateth :かれは全聴にのろい、とbewrayethことではなかったのです。 Lev.5:1 And if a soul sin, and hear the voice of swearing, and is a witness, whether he hath seen or known of it; if he do not utter it, then he shall bear his iniquity. lev.5 : 1と魂の罪の場合は、宣誓の声を聞くと、目撃者とは、知られているかどうかを見てかれ;もし彼全くないこと、それから彼は自分の巣に耐えるものです。 (b) Lev.24:15 And thou shalt speak unto the children of Israel, saying, Whosoever curseth his God shall bear his sin. ( b )にlev.24 : 15と話すなたは、イスラエルの子孫に、かれは、と言って、彼の神は、熊curseth誰でも自分の罪です。 Lev.24:16 And he that blasphemeth the name of the LORD, he shall surely be put to death, and all the congregation shall certainly stone him: as well the stranger, as he that is born in the land, when he blasphemeth the name of the LORD, shall be put to death. lev.24 : 16としてblasphemeth彼の名前は、主よ、彼は必ず死刑を、そして彼のすべての集会は、確かに石:も、見知らぬ人は、その土地で生まれた彼は、その時彼はblasphemeth名前は、主よ、死にかけられるものです。


(week) 37. ( 1週間) 37 。 Lord's Day日曜日


Question 101. May we then swear religiously by the name of God? 101の質問です。誓う良心的にされるかもしれませんそれから私たちの神の名前ですか?

Answer: Yes: either when the magistrates demand it of the subjects; or when necessity requires us thereby to confirm a fidelity and truth to the glory of God, and the safety of our neighbour: for such an oath is founded on God's word, (a) and therefore was justly used by the saints, both in the Old and New Testament. 答:はい:どちらかのとき、それは、治安判事の需要科目;またはそのときに私たちの必要性を確認する必要があると真実を忠実に神の栄光を、そして私たちの隣人の安全:そのような誓いを設立して神の言葉は、 ( a )および公正に使用されていたので、聖徒は、新約聖書の両方では、古いものとします。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Deut.6:13 Thou shalt fear the LORD thy God, and serve him, and shalt swear by his name. (する) deut.6 : 13なたはあなたの神、主の恐怖、そして彼のサーブは、絶大な信頼を置くとすれば、彼の名前です。 Deut.10:20 Thou shalt fear the LORD thy God; him shalt thou serve, and to him shalt thou cleave, and swear by his name. deut.10 : 20なたはあなたの神、主の恐怖;彼なたサーブすれば、彼にすれば、なたを突き進む、そして彼の名前を誓う。 Isa.48:1 Hear ye this, O house of Jacob, which are called by the name of Israel, and are come forth out of the waters of Judah, which swear by the name of the LORD, and make mention of the God of Israel, but not in truth, nor in righteousness. isa.48 : 1なたがたは、この音が聞こえる、なたの家のジェイコブは、名前を呼ばれているイスラエル、罷り出るとは、水域のうち、ユダは、主の名を、絶大な信頼を置く、と言及するのは、神イスラエルは、真実ではなく、また、正義だ。 Heb.6:16 For men verily swear by the greater: and an oath for confirmation is to them an end of all strife. heb.6 : 16誓わされる男性にとっては本当に大きい:誓いを確認するとは、すべての紛争を終わらせることだ。 (b) Gen.21:24 And Abraham said, I will swear. ( b )にgen.21 : 24とエイブラハム氏は、私は誓う。 Gen.31:53 The God of Abraham, and the God of Nahor, the God of their father, judge betwixt us. gen.31 : 53の神のアブラハムは、神のnahorとは、自分の父の神は、私たちの間に判断しています。 And Jacob sware by the fear of his father Isaac. swearの過去とジェイコブは父親への恐怖アイザックされる。 Gen.31:54 Then Jacob offered sacrifice upon the mount, and called his brethren to eat bread: and they did eat bread, and tarried all night in the mount. gen.31 :ジェイコブ提供する54の犠牲の上にマウントし、彼の兄弟と呼ばれるパンを食べる:パンを食べると彼らは、一晩中、滞在中のマウントします。 Jos.9:15 And Joshua made peace with them, and made a league with them, to let them live: and the princes of the congregation sware unto them. jos.9 : 15とジョシュア前に平和をつけて、そしてリーグでは、かれらは、かれらを放任して生きる: swearの過去と、君主は、かれらの集会です。 Jos.9:19 But all the princes said unto all the congregation, We have sworn unto them by the LORD God of Israel: now therefore we may not touch them. jos.9 : 19しかし、すべての諸侯のすべての信徒によると、かれは、われがかれらに宣誓されたイスラエルの神、主:今従って我々触るようにすることはできません。 1 Sam.24:22 And David sware unto Saul. 1 sam.24 : 22 swearの過去とデビッドソールでる。 And Saul went home; but David and his men gat them up unto the hold.そしてソールに帰った;しかし、デビッドと彼の男性の銃で武装して、かれのホールド。 2 Sam.3:35 And when all the people came to cause David to eat meat while it was yet day, David sware, saying, So do God to me, and more also, if I taste bread, or ought else, till the sun be down. 2 sam.3 : 35 、すべての人々に来たときの原因の肉を食べるのデビッドだがそれは一日中、デビッドswearの過去形、と言って、だから私は神を、およびその他にも、もし私のパンの味、あるいは他のしかるべきだ、いつまでも太陽がダウンしています。 1 Kin.1:28 Then king David answered and said, Call me Bathsheba. 1 kin.1 : 28デビッド答えたとキング氏はその後、バトシェバ電話してください。 And she came into the king's presence, and stood before the king.そして彼女は、王の存在感に入ってきたし、王の前に立っていた。 1 Kin.1:29 And the king sware, and said, As the LORD liveth, that hath redeemed my soul out of all distress, 1 Kin.1:30 Even as I sware unto thee by the LORD God of Israel, saying, Assuredly Solomon thy son shall reign after me, and he shall sit upon my throne in my stead; even so will I certainly do this day. 1 kin.1 : 29キングswearの過去とは、とは、生きるとして、主は、かれらを換金してすべて私の魂のうち遭難、 1 kin.1 : 30さえなたswearの過去として私の神、主によってイスラエル、と言って、ソロモンの治世後には、確かになたの息子私は、私の玉座に座ると彼は私のステッド;たとえそうでは、確かにこの日に行う。 Rom.1:9 For God is my witness, whom I serve with my spirit in the gospel of his Son, that without ceasing I make mention of you always in my prayers; 2 Cor.1:23 Moreover I call God for a record upon my soul, that to spare you I came not as yet unto Corinth. rom.1 : 9は、神が私の証人は、私に奉仕の精神は、私の息子の福音書は、言及することなしにしゃべる私はいつも私の祈り; 2 cor.1 : 23しかも私は、神の通話記録私の魂が、それをスペアとしておまだ来ていないかれコリント。


Question 102. May we also swear by saints or any other creatures? 102の質問です。 5月我々にも絶大な信頼を置くセインツまたはその他の生き物ですか?

Answer: No; for a lawful oath is calling upon God, as the only one who knows the heart, that he will bear witness to the truth, and punish me if I swear falsely; (a) which honour is due to no creature. 答:いいえ;は、合法的な誓いは、神の呼び出し時に、 1つだけの人の心を知っている、と彼は真実を証言して、私を処罰すればよいと偽って誓う; (する)の名誉のためにはない生き物です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 2 Cor.1:23 Moreover I call God for a record upon my soul, that to spare you I came not as yet unto Corinth. ( ) 2 cor.1 : 23しかも私は神に誓って魂を記録するために、それをあなたのスペアとしてまだ来ていないかれコリント。 Rom.9:1 I say the truth in Christ, I lie not, my conscience also bearing me witness in the Holy Ghost, (b) Matt.5:34 But I say unto you, Swear not at all; neither by heaven; for it is God's throne: Matt.5:35 Nor by the earth; for it is his footstool: neither by Jerusalem; for it is the city of the great King. rom.9 : 1 、キリストの真実を言って、私はうそは、私の良心も、聖霊の証人軸受私は、 ( b )にmatt.5 : 34なたがたに言うけど、それは全くありません誓う;も、天国;それは、神のために王座: matt.5 : 35でもなく、地球;ためにそれは彼の踏み台:どちらでエルサレム;ためには、大王の都市です。 Matt.5:36 Neither shalt thou swear by thy head, because thou canst not make one hair white or black. matt.5 : 36どちらも絶大な信頼をすればなたなたの頭は、なたのための1つの髪canの二人称単数白または黒ではありません。 James 5:12 But above all things, my brethren, swear not, neither by heaven, neither by the earth, neither by any other oath: but let your yea be yea; and your nay, nay; lest ye fall into condemnation.しかし、すべてのものの上にジェームズ5時12分、私の兄弟、誓うしないでも、天国でも、地上でも、他の誓い:しかし、あなたがいやいや;としていや、いや、なたがたの非難に陥る。


(week) 38. ( 1週間) 38 。 Lord's Day日曜日


Question 103. What does God require in the fourth commandment? 103の質問です。神はどのような機能が必要で、 4番目の掟ですか?

Answer: First, that the ministry of the gospel and the schools be maintained; (a) and that I, especially on the sabbath, that is, on the day of rest, diligently frequent the church of God, (b) to hear his word, (c) to use the sacraments, (d) publicly to call upon the Lord, (e) and contribute to the relief of the poor. 答:まず、その福音部の学校に維持されると、 (する)しており、私は、特にその安息日は、それは、その日の残りは、神の教会に熱心に頻繁には、 ( b )にして彼の音が聞こえるワードする、 ( c )を使用する秘跡は、 (民主党)を公然として主に祈るのは、 ( E )のとは、貧しい人々の救済に貢献しています。 (f) Secondly, that all the days of my life I cease from my evil works, and yield myself to the Lord, to work by his Holy Spirit in me: and thus begin in this life the eternal sabbath. ( f )に第二に、その日の私の人生のすべての私の邪悪な作品をやめる私は、自分自身を主と収率は、彼の聖霊に仕事をしていいよ:こうして、この人生の永遠の安息日を始める。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) Tit.1:5 For this cause left I thee in Crete, that thou shouldest set in order the things that are wanting, and ordain elders in every city, as I had appointed thee: 2 Tim.3:14 But continue thou in the things which thou hast learned and hast been assured of, knowing of whom thou hast learned them; 2 Tim.3:15 And that from a child thou hast known the holy scriptures, which are able to make thee wise unto salvation through faith which is in Christ Jesus. (する) tit.1 : 5は、この原因はクレタ島なた左私は、そのshouldestなたのものにするために設定さに欠け、年長者のあらゆる都市と命じるが、これまで私が任命なた: 2 tim.3 : 14しかし続行なたなたで学んだものと確信hastされ、なたを学んだ人を知って; 2 tim.3 : 15として知られてから、子供なた聖書には、なたを作ることができましたが、かれ救世を通じて賢いこれは、イエスキリストの信仰です。 1 Tim.5:17 Let the elders that rule well be counted worthy of double honour, especially they who labour in the word and doctrine. 1 tim.5 : 17年上の人がルールをよくさせてから、価値があると二重にカウントされる栄誉は、労働者、特に彼らの言葉や教義。 1 Cor.9:11 If we have sown unto you spiritual things, is it a great thing if we shall reap your carnal things? 1 cor.9 : 11もしわれがなたがたに霊的なもの作付面積は、それは偉大なことをしている場合刈り入れるわれは現世のことですか? 1 Cor.9:13 Do ye not know that they which minister about holy things live of the things of the temple? 1 cor.9 : 13なたがたが知らないことについて大臣は、神聖なもの生きることの寺院ですか? and they which wait at the altar are partakers with the altar?そして彼らを待ってpartakersでは、祭壇には、祭壇のですか? 1 Cor.9:14 Even so hath the Lord ordained that they which preach the gospel should live of the gospel. 1 cor.9 : 14たとえそうで、かれらの主に定められた福音を説くことは、ゴスペルライブばならない。 2 Tim.2:2 And the things that thou hast heard of me among many witnesses, the same commit thou to faithful men, who shall be able to teach others also. 2 tim.2 : 2となたを聞いたことが私の中で多くの目撃者は、なたに忠実な男性と同じコミットは、他の人に教えることができるものもいる。 (b) Ps.40:10 I have not hid thy righteousness within my heart; I have declared thy faithfulness and thy salvation: I have not concealed thy lovingkindness and thy truth from the great congregation. ( b )にps.40 : 10なたの正義を隠していない私は私の心の内;私は、なたの貞節となたの救いを宣言:私は、なたのlovingkindnessとなたの真実を隠していないから、偉大な集会です。 Ps.40:11 Withhold not thou thy tender mercies from me, O LORD: let thy lovingkindness and thy truth continually preserve me. ps.40 : 11差し控えるなすなたなたないから私は、主よ:せlovingkindnessとなたなたの真実を継続維持するよ。 Ps.68:27 There is little Benjamin with their ruler, the princes of Judah and their council, the princes of Zebulun, and the princes of Naphtali. ps.68 : 27ベンジャミンの余地はほとんどないと彼らの支配者は、君主のユダとその評議会は、王子のzebulun 、およびナフタリの諸侯のです。 Acts 2:42 And they continued stedfastly in the apostles' doctrine and fellowship, and in breaking of bread, and in prayers.続いて2時42分かれらの行為は、使徒stedfastly 'ドクトリンと交わり、パンを破るとは、祈りとしています。 Acts 2:46 And they, continuing daily with one accord in the temple, and breaking bread from house to house, did eat their meat with gladness and singleness of heart, (c) 1 Tim.4:13 Till I come, give attendance to reading, to exhortation, to doctrine. 2時46分かれらの行為は、毎日継続して1つの協定で同寺は、家を一軒一軒からパンを破るとは、自分の肉を食べるのは一つの喜びや心臓する、 ( c ) 1 tim.4 : 13に来るまでは、出席を与えるを読んで、勧告には、教義にした。 1 Cor.14:19 Yet in the church I had rather speak five words with my understanding, that by my voice I might teach others also, than ten thousand words in an unknown tongue. 1 cor.14 : 19まだ教会は、 5つの言葉を話す私はむしろ私の理解で、それを私の声で私に教えるかもしれない他にも、未知の単語よりも舌万です。 1 Cor.14:29 Let the prophets speak two or three, and let the other judge. 1 cor.14 : 29話すさせてから、 2つまたは3つの預言者、およびさせてから、他の判断だ。 1 Cor.14:31 For ye may all prophesy one by one, that all may learn, and all may be comforted. 1 cor.14 : 5月31日に、なたがたのためのすべての予言を1つ1つは、すべての可能性を学ぶこと、およびすべての慰めかもしれない。 (d) 1 Cor.11:33 Wherefore, my brethren, when ye come together to eat, tarry one for another. (民主党) 1 cor.11 : 33なぜ、私の同胞は、なたがたに団結を食べるときには、別のタール状のための1つです。 (e) 1 Tim.2:1 I exhort therefore, that, first of all, supplications, prayers, intercessions, and giving of thanks, be made for all men; 1 Tim.2:2 For kings, and for all that are in authority; that we may lead a quiet and peaceable life in all godliness and honesty. ( E )の1 tim.2 : 1私強く勧めるしたがって、それは、まず第一に、 supplications 、祈り、 intercessions 、および与えるのおかげで、すべての人のためには、 1 tim.2 : 2用キングス、そして、すべてのことは、権限で、我々がリードして静かで平和な生活の中のすべての神を敬うことと誠意を持っています。 1 Tim.2:3 For this is good and acceptable in the sight of God our Saviour; 1 Tim.2:8 I will therefore that men pray every where, lifting up holy hands, without wrath and doubting. 1 tim.2 : 3は良好で、これが受け入れられる光景は、私たちの神の救い主; 1 tim.2 : 8したがって、私はどこにしてすべての男性のための祈りは、聖なる手を持ち上げ、怒りと疑うことなく。 1 Tim.2:9 In like manner also, that women adorn themselves in modest apparel, with shamefacedness and sobriety; not with broided hair, or gold, or pearls, or costly array; 1 Tim.2:10 But (which becometh women professing godliness) with good works. 1 tim.2 : 9のような方法でも、それ自体で控えめな女性を飾るアパレル、 shamefacednessと節酒; broided髪をしていない、またはゴールド、または真珠、または高価なアレイ; 1 tim.2 : 10しかし(これbecometh女性professing神を敬うこと)して良い作品です。 1 Tim.2:11 Let the woman learn in silence with all subjection. 1 tim.2 : 11沈黙させてから、すべての女性に支配されることを学ぶ。 1 Cor.14:16 Else when thou shalt bless with the spirit, how shall he that occupieth the room of the unlearned say Amen at thy giving of thanks, seeing he understandeth not what thou sayest? 1 cor.14 : 16時なたは他の精神を祝福して、どのようにしては、彼の部屋には、無学なoccupiethアーメンと言うことで、なたのおかげで、彼を見ていないunderstandethなたsayの二人称単数何ですか? (f) 1 Cor.16:2 Upon the first day of the week let every one of you lay by him in store, as God hath prospered him, that there be no gatherings when I come. ( f )に1 cor.16 : 2時の最初の曜日ごとに1つのことを彼にストアされたレイは、かれらの神として繁栄彼は、私が存在するときに来るの集まりではない。 (g) Isa.66:23 And it shall come to pass, that from one new moon to another, and from one sabbath to another, shall all flesh come to worship before me, saith the LORD. (目標) isa.66 :それは、来る23日に合格すると、それを別の新月から1つ、および1つから別の安息日には、すべてのものを崇拝する前に来て私の肉は、主は言う。


(week) 39. ( 1週間) 39 。 Lord's Day日曜日


Question 104. What does God require in the fifth commandment? 104の質問です。 5番目にはどのような機能を必要と神の命令ですか?

Answer: That I show all honour, love and fidelity, to my father and mother, and all in authority over me, and submit myself to their good instruction and correction, with due obedience; (a) and also patiently bear with their weaknesses and infirmities, (b) since it pleases God to govern us by their hand. 答:表示され、すべてが私の名誉は、愛とフィデリティは、父と母には、すべての権限を持つと私は、自分自身を送信しても良いと訂正命令、服従させるために、 ( a )および彼らの弱点とも辛抱強く我慢して付き合う弱さは、 ( b )に好きなので、彼らの手によって私たちの神を統率する。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Eph.5:22 Wives, submit yourselves unto your own husbands, as unto the Lord. (する) eph.5 : 22妻は、自分の夫に提出しなさい、かれは、かれの主です。 Eph.6:1 Children, obey your parents in the Lord: for this is right. eph.6 : 1子供たちは、あなたの両親は、主に従う:これは権利のためです。 Eph.6:2 Honour thy father and mother; (which is the first commandment with promise;) Eph.6:3 That it may be well with thee, and thou mayest live long on the earth. eph.6 : 2名誉なたの父と母; (これは、最初の命令を約束; ) eph.6 : 3しているかもしれないが、なた、なたmayest長生きして地球に帰還した。 Eph.6:4 And, ye fathers, provoke not your children to wrath: but bring them up in the nurture and admonition of the Lord. eph.6 : 4とは、なたがたの祖先は、子供たちに怒りを挑発していない:しかし、それらをもたらすと忠告を育成するのが主です。 Eph.6:5 Servants, be obedient to them that are your masters according to the flesh, with fear and trembling, in singleness of your heart, as unto Christ; Col.3:18 Wives, submit yourselves unto your own husbands, as it is fit in the Lord. eph.6 : 5使用人は、かれらに崇敬の誠をしては、お客様のマスターズによると、肉、怖くて震えながら、お客様の心を一つに、かれキリスト; col.3 : 18妻は、自分の夫に提出しなさい、かれは、これは、主に適合しています。 Col.3:20 Children, obey your parents in all things: for this is well pleasing unto the Lord. col.3 : 20子どもたちは、すべてのものに準拠している中:井戸を喜ばせるためにこれは、かれの主です。 Col.3:21 Fathers, provoke not your children to anger, lest they be discouraged. col.3 : 21父親は、子供たちに怒りを挑発していないお客様は、かれらががっかりしないようにします。 Col.3:22 Servants, obey in all things your masters according to the flesh; not with eyeservice, as menpleasers; but in singleness of heart, fearing God: Col.3:23 And whatsoever ye do, do it heartily, as to the Lord, and not unto men; Col.3:24 Knowing that of the Lord ye shall receive the reward of the inheritance: for ye serve the Lord Christ. col.3 : 22使用人は、すべてのものに準拠して、マスターズによると、肉; eyeserviceわけでは、 menpleasers ;しかし、一つの心は、神を恐れる: col.3 : 23と如何なたがたは、心を込めて行うこと、を主は、かれの男性としない; col.3 : 24と知って、なたがたは、主の報奨金を受け取るのは、相続:キリストのために、なたがたの主を果たす。 Prov.1:8 My son, hear the instruction of thy father, and forsake not the law of thy mother: Prov.4:1 Hear, ye children, the instruction of a father, and attend to know understanding. prov.1 : 8私の息子は、父親なたの命令を聞くのは、この法律がないとなたの母を捨てる: prov.4 : 1聞いて、なたがたの子供たちは、父親の命令では、出席を知っていると理解しています。 Prov.15:20 A wise son maketh a glad father: but a foolish man despiseth his mother. prov.15 : 20うれしい賢い息子が父親なさ:愚かな男ではなく、彼の母親despiseth 。 Prov.20:20 Whoso curseth his father or his mother, his lamp shall be put out in obscure darkness. prov.20 : 20誰でもcurseth父親や母親は、彼のランプを消すには、暗闇の中ではっきりしない。 Exod.21:17 And he that curseth his father, or his mother, shall surely be put to death. exod.21 : 17としてcurseth彼は、父親や母親は、死は、確かにかけられる。 Rom.13:1 Let every soul be subject unto the higher powers. rom.13 : 1せ、各人が、かれに服従パワーズ高い。 For there is no power but of God: the powers that be are ordained of God.しかし、電源がないために、神:パワーズことには、神の定められた。 Rom.13:2 Whosoever therefore resisteth the power, resisteth the ordinance of God: and they that resist shall receive to themselves damnation. rom.13 : 2誰でもresistethしたがって、電源は、神の条例resisteth :かれら自身の苦しみを受けることに抵抗するものだ。 Rom.13:3 For rulers are not a terror to good works, but to the evil. rom.13 : 3を支配するためにテロを良い作品ではないが、悪を。 Wilt thou then not be afraid of the power?萎凋病なた次に電源できない恐れているのは? do that which is good, and thou shalt have praise of the same: Rom.13:4 For he is the minister of God to thee for good.そんなことが良い、と褒めてなたは、同じ: rom.13 : 4部長官は、神のために彼は、なたのために良いです。 But if thou do that which is evil, be afraid; for he beareth not the sword in vain: for he is the minister of God, a revenger to execute wrath upon him that doeth evil.しかし、もしあなたが悪を行うことは、恐れる;ために彼は、剣を決して無駄にしないbeareth :大臣は、神のために彼は、彼に怒りを実行することrevenger悪doの3人称単数。 Rom.13:5 Wherefore ye must needs be subject, not only for wrath, but also for conscience sake. rom.13 : 5何のために、なたがたのニーズに服従しなければ、怒りのためだけでなく、気休めにも。 Rom.13:6 For for this cause pay ye tribute also: for they are God's ministers, attending continually upon this very thing. rom.13 : 6この原因を支払うために、なたがたのためにもトリビュート:彼らは、神のために大臣は、継続的に出席し、この大変なことです。 Rom.13:7 Render therefore to all their dues: tribute to whom tribute is due; custom to whom custom; fear to whom fear; honour to whom honour. rom.13 : 7描画するために自分のすべての会費:トリビュートトリビュートは、誰のために、カスタムを誰カスタム;恐怖を誰恐怖;名誉栄誉を誰だ。 (b) Prov.23:22 Hearken unto thy father that begat thee, and despise not thy mother when she is old. ( b )にprov.23 : 22聞けbegetの過去なたなたの父が、なたの母と軽蔑ていないときに彼女は古い。 Gen.9:24 And Noah awoke from his wine, and knew what his younger son had done unto him. gen.9 : 24とノアが目を覚ました時から彼のワインは、彼の息子とはどのようなことを知っていたかれにします。 Gen.9:25 And he said, Cursed be Canaan; a servant of servants shall he be unto his brethren. gen.9 : 25と彼は、呪われるカナン;使用人の使用人には、彼は彼の兄弟でる。 1 Pet.2:18 Servants, be subject to your masters with all fear; not only to the good and gentle, but also to the froward. 1 pet.2 : 18使用人は、お客様のマスターズの対象となるすべての恐怖;ていないだけに、良好で、緩やかな、しかししても、偏屈な。 (c) Eph.6:4 And, ye fathers, provoke not your children to wrath: but bring them up in the nurture and admonition of the Lord. ( C参照) eph.6 : 4とは、なたがたの祖先は、子供たちに怒りを挑発していない:しかし、それらをもたらすと忠告を育成するのが主です。 Eph.6:9 And, ye masters, do the same things unto them, forbearing threatening: knowing that your Master also is in heaven; neither is there respect of persons with him. eph.6 : 9とは、なたがたマスターズには、同じようなことをかれらには、度量でられる脅迫:ご主人と知っても、天国では、どちらの人を尊重して彼にはある。 Col.3:19 Husbands, love your wives, and be not bitter against them. col.3 : 19夫は、妻を愛しなさい、激しい反対ではないとしています。 Col.3:20 Children, obey your parents in all things: for this is well pleasing unto the Lord. col.3 : 20子どもたちは、すべてのものに準拠している中:井戸を喜ばせるためにこれは、かれの主です。 Col.3:21 Fathers, provoke not your children to anger, lest they be discouraged. col.3 : 21父親は、子供たちに怒りを挑発していないお客様は、かれらががっかりしないようにします。 Rom.13:2 Whosoever therefore resisteth the power, resisteth the ordinance of God: and they that resist shall receive to themselves damnation. rom.13 : 2誰でもresistethしたがって、電源は、神の条例resisteth :かれら自身の苦しみを受けることに抵抗するものだ。 Rom.13:3 For rulers are not a terror to good works, but to the evil. rom.13 : 3を支配するためにテロを良い作品ではないが、悪を。 Wilt thou then not be afraid of the power?萎凋病なた次に電源できない恐れているのは? do that which is good, and thou shalt have praise of the same: Matt.22:21 They say unto him, Caesar's.そんなことが良い、と褒めてなたは、同じ: matt.22 : 21かれらはかれには、シーザーのです。 Then saith he unto them, Render therefore unto Caesar the things which are Caesar's; and unto God the things that are God's.それからかれらは言う彼は、レンダリングしたがって皇帝のものは、シーザーの;と神のものは、神様のです。


(week) 40. ( 1週間) 40 。 Lord's Day日曜日


Question 105. What does God require in the sixth commandment? 105の質問です。 6番目にはどのような機能を必要と神の掟?

Answer: That neither in thoughts, nor words, nor gestures, much less in deeds, I dishonour, hate, wound, or kill my neighbour, by myself or by another: (a) but that I lay aside all desire of revenge: (b) also, that I hurt not myself, nor wilfully expose myself to any danger. 答:どちらにして考え、言葉でも、身ぶり手ぶりも、はるかに少ないで行い、私不渡り、憎しみ、傷は、私の隣人を殺すか、または別の助けを借りず: (する)しかし、私のすべての欲望の復讐働けなく: ( Bに)また、けがをしていない私自身も、自分自身にどんな危険にさらすwilfully 。 (c) Wherefore also the magistrate is armed with the sword, to prevent murder. ( C参照)何のためにも、刀で武装して、治安判事は、殺人事件を防ぐためです。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Matt.5:21 Ye have heard that it was said by them of old time, Thou shalt not kill; and whosoever shall kill shall be in danger of the judgment: Matt.5:22 But I say unto you, That whosoever is angry with his brother without a cause shall be in danger of the judgment: and whosoever shall say to his brother, Raca, shall be in danger of the council: but whosoever shall say, Thou fool, shall be in danger of hell fire. (する) matt.5 : 21聞いたことがあることは、なたがたをかれらによると、昔の時間を、なたは殺していない;とは、誰でも殺害される危険性の判断は: matt.5 : 22なたがたに言うけど、それ誰でもが怒って、弟を危険にさらされることなく、原因は、判断:言うには、誰でもその弟と、ラーチャで行われるものとしては、評議会の危険性:しかし、誰でも言うものは、なたばかで行われるものとしては、地獄の火の危険性。 Matt.26:52 Then said Jesus unto him, Put up again thy sword into his place: for all they that take the sword shall perish with the sword. matt.26 : 52それからかれによると、イエスは、なたの剣を再びかける彼の場所:剣を取るためには、すべて彼らが消滅するの剣だ。 Gen.9:6 Whoso sheddeth man's blood, by man shall his blood be shed: for in the image of God made he man. gen.9 : 6誰でもsheddeth男の血液は、血液中に排出された男は、彼:ためには、神の前に彼の男のイメージです。 (b) Eph.4:26 Be ye angry, and sin not: let not the sun go down upon your wrath: Rom.12:19 Dearly beloved, avenge not yourselves, but rather give place unto wrath: for it is written, Vengeance is mine; I will repay, saith the Lord. ( b )にeph.4 : 26日に怒って、なたがたは、罪のないと:させてはならないし、太陽の怒りに行く: rom.12 : 19最愛のは、自分自身の敵を討つていないのではなく、かれの怒りを与える場所:ために書かれたことは、復讐するは我;私は返済は、主は言う。 Matt.5:25 Agree with thine adversary quickly, whiles thou art in the way with him; lest at any time the adversary deliver thee to the judge, and the judge deliver thee to the officer, and thou be cast into prison. matt.5 : 25同感ザイン対審素早く、その間に彼となたの道;しないようにして、いつでも対審なたを届ける裁判官は、裁判官やなたを届ける将校は、刑務所に投げ込まれるとなた。 Matt.18:35 So likewise shall my heavenly Father do also unto you, if ye from your hearts forgive not every one his brother their trespasses. matt.18 : 35だから同様には、私の父は天国でも、なたがたは、なたがたの心からのお客様を赦されていないtrespassesごとに1つの兄です。 (c) Rom.13:14 But put ye on the Lord Jesus Christ, and make not provision for the flesh, to fulfil the lusts thereof. ( C参照) rom.13 : 14だがなたがたは、主イエスキリストには、肉の準備をしていないと、その私欲を満たすものです。 Col.2:23 Which things have indeed a shew of wisdom in will worship, and humility, and neglecting of the body; not in any honour to the satisfying of the flesh. col.2 : 23を供え知恵のあるものが実際には、崇拝し、謙虚に、そして体の怠慢;わけではない肉の名誉を満足させるのだ。 Matt.4:7 Jesus said unto him, It is written again, Thou shalt not tempt the Lord thy God. matt.4 : 7イエスかれによると、それは書いても、なたはあなたの神、主の誘惑いない。 (d) Gen.9:6 Whoso sheddeth man's blood, by man shall his blood be shed: for in the image of God made he man. (民主党) gen.9 : 6誰でもsheddeth男の血液は、血液中に排出された男は、彼:ためには、神の前に彼の男のイメージです。 Exod.21:14 But if a man come presumptuously upon his neighbour, to slay him with guile; thou shalt take him from mine altar, that he may die. exod.21 : 14だがpresumptuously来ている場合、隣人の一人の男は、彼を殺そうとしてガイル;なたは彼からの鉱山の祭壇を取る、と彼は死ぬ。 Matt.26:52 Then said Jesus unto him, Put up again thy sword into his place: for all they that take the sword shall perish with the sword. matt.26 : 52それからかれによると、イエスは、なたの剣を再びかける彼の場所:剣を取るためには、すべて彼らが消滅するの剣だ。 Rom.13:4 For he is the minister of God to thee for good. rom.13 : 4部長官は、神のために彼は、なたのために良いです。 But if thou do that which is evil, be afraid; for he beareth not the sword in vain: for he is the minister of God, a revenger to execute wrath upon him that doeth evil.しかし、もしあなたが悪を行うことは、恐れる;ために彼は、剣を決して無駄にしないbeareth :大臣は、神のために彼は、彼に怒りを実行することrevenger悪doの3人称単数。


Question 106. But this commandment seems only to speak of murder? 106の質問です。しかし、この命令の殺人事件を話すようにのみですか?

Answer: In forbidding murder, God teaches us, that he abhors the causes thereof, such as envy, (a) hatred, (b) anger, (c) and desire of revenge; and that he accounts all these as murder. 答:殺人罪で威嚇するような、神の教え私たちは、彼abhorsの原因となることに関連して、羨望のような、憎しみ( ) 、 ( b )に怒りをする、 ( c )と欲望の復讐;として彼は殺人事件として、これらすべてのアカウントです。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Prov.14:30 A sound heart is the life of the flesh: but envy the rottenness of the bones. (する) prov.14 : 30心臓の音は、人生の肉:しかし、骨の羨望のrottenness 。 Rom.1:29 Being filled with all unrighteousness, fornication, wickedness, covetousness, maliciousness; full of envy, murder, debate, deceit, malignity; whisperers, (b) 1 John 2:9 He that saith he is in the light, and hateth his brother, is in darkness even until now. rom.1 : 29満ちているすべての邪悪され、姦淫、邪悪、どん欲は、悪意のある;いっぱいの羨望、殺人、討論は、欺瞞、悪意に満ちた; whisperers 、 ( b )に1ジョン2時09分彼は、彼が言うに照らして、 hateth兄とは、闇の中には、今までも。 1 John 2:11 But he that hateth his brother is in darkness, and walketh in darkness, and knoweth not whither he goeth, because that darkness hath blinded his eyes. 1ジョン2時11分にhatethしかし、彼は、暗黒の中で、弟は、暗闇の中でwalkethでは、彼はどこgoの三人称単数ないと知っておられるので、彼の目が暗闇にかれらを失明する。 (c) James 1:20 For the wrath of man worketh not the righteousness of God. ( C参照)ジェームズ1時20分男は、怒りの神の正義workethない。 Gal.5:19 Now the works of the flesh are manifest, which are these; Adultery, fornication, uncleanness, lasciviousness, Gal.5:20 Idolatry, witchcraft, hatred, variance, emulations, wrath, strife, seditions, heresies, Gal.5:21 Envyings, murders, drunkenness, revellings, and such like: of the which I tell you before, as I have also told you in time past, that they which do such things shall not inherit the kingdom of God. gal.5 : 19今の作品は、マニフェストの肉、これは、これらの;姦通、姦淫、 uncleanness 、わいせつ、 gal.5 : 20偶像礼拝、魔術、憎悪、差異は、 emulations 、怒り、闘争、 seditions 、 heresies 、ギャル.5:21 envyings 、殺人、酩酊、 revellings 、などのように:これは、前によく言っておくが、これまで私が言ったとおりでしょでも過去の時間は、そんなことをして、神の国を受け継ぐものではない。 (d) 1 John 3:15 Whosoever hateth his brother is a murderer: and ye know that no murderer hath eternal life abiding in him. (民主党) 1ジョン3時15分、弟は、誰でもhateth殺人犯:殺人犯となたがたがかれらを知っている永遠の命を順守していないんです。


Question 107. But is it enough that we do not kill any man in the manner mentioned above? 107の質問です。しかし、我々はそれに十分なことはありませんが、人を殺す方法は、上記のですか?

Answer: No: for when God forbids envy, hatred, and anger, he commands us to love our neighbour as ourselves; (a) to show patience, peace, meekness, mercy, and all kindness, towards him, (b) and prevent his hurt as much as in us lies; (c) and that we do good, even to our enemies. 答:いいえ:羨望することを禁じます時のために、神は、憎しみと怒り、彼は私たちの隣人のコマンドとして自分自身を愛する私たち;の( a ) 〜ショー忍耐、平和、柔和、慈悲は、すべての優しさと、彼の方は、 ( b )及び防ぐ彼は私たちを傷つける同じくらい嘘; ( c )及び善行にして我々は、我々の敵さえしている。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Matt.7:12 Therefore all things whatsoever ye would that men should do to you, do ye even so to them: for this is the law and the prophets. (する) matt.7 : 12だからなたがたはその男性のものすべてのものにしなければならない場合は、これをなたがたにもかれら:これは、法律と預言者です。 Matt.22:39 And the second is like unto it, Thou shalt love thy neighbour as thyself. matt.22 : 39と2番目は、かれのようなことは、なたの隣人としての愛なたはあなた自身です。 Rom.12:10 Be kindly affectioned one to another with brotherly love; in honour preferring one another; (b) Eph.4:2 With all lowliness and meekness, with longsuffering, forbearing one another in love; Gal.6:1 Brethren, if a man be overtaken in a fault, ye which are spiritual, restore such an one in the spirit of meekness; considering thyself, lest thou also be tempted. rom.12 : 10に親切にしてから別の1つの兄弟愛affectioned ;に敬意を表して別の1つを好む; ( b )にeph.4 : 2 、全てのlowlinessと温順で、 longsuffering 、別の1つの度量でられる恋; gal.6 : 1同胞は、一人の男がいる場合は、優れた断層は、なたがたには、精神的、復元するような1つの精神で温順;自分自身を検討し、誘惑にもしないようになた。 Gal.6:2 Bear ye one another's burdens, and so fulfil the law of Christ. gal.6 : 2熊なたがたはお互いの負担は、同法を果たし、キリストのようです。 Matt.5:5 Blessed are the meek: for they shall inherit the earth. matt.5 : 5祝福は、おとなしい:ためにかれらは、地球を受け継ぐ。 Matt.5:7 Blessed are the merciful: for they shall obtain mercy. matt.5 : 7祝福には、慈悲深い:彼らは慈悲を受けなければならない。 Matt.5:9 Blessed are the peacemakers: for they shall be called the children of God. matt.5 : 9祝福は、 peacemakers :子供たちのためにかれらは、神と呼ばれる。 Rom.12:18 If it be possible, as much as lieth in you, live peaceably with all men. rom.12 : 18可能ならば、同じくらいliethがおありでしたら、平和に生きるすべての男性です。 Luke 6:36 Be ye therefore merciful, as your Father also is merciful.だからなたがたは慈悲深くルーク6時36分には、あなたのお父さんとしては、慈悲深い方でも。 1 Pet.3:8 Finally, be ye all of one mind, having compassion one of another, love as brethren, be pitiful, be courteous: Col.3:12 Put on therefore, as the elect of God, holy and beloved, bowels of mercies, kindness, humbleness of mind, meekness, longsuffering; Rom.12:10 Be kindly affectioned one to another with brotherly love; in honour preferring one another; Rom.12:15 Rejoice with them that do rejoice, and weep with them that weep. 1 pet.3 : 8最後に、すべての1つに、なたがたの心、思いやりの1つ別のことは、同胞愛とは、情けないには、礼儀正しい: col.3 : 12をかけるため、当選者の神として、最愛の神聖とは、腸のマーシー、優しさ、心のhumbleness 、温順、 longsuffering ; rom.12 : 10に親切にしてから別の1つの兄弟愛affectioned ;に敬意を表して別の1つを好む; rom.12 : 15喜ぶことをして喜ぶこと、およびもらい泣きかれらが涙を流す。 (c) Exod.23:5 If thou see the ass of him that hateth thee lying under his burden, and wouldest forbear to help him, thou shalt surely help with him. ( C参照) exod.23 : 5もしあなたが彼のことを参照してくださいロバhatethなた彼の負担の下に横たわって、彼を助けるwouldest差し控える、なたは本当に彼を手助けしている。 (d) Matt.5:44 But I say unto you, Love your enemies, bless them that curse you, do good to them that hate you, and pray for them which despitefully use you, and persecute you; Matt.5:45 That ye may be the children of your Father which is in heaven: for he maketh his sun to rise on the evil and on the good, and sendeth rain on the just and on the unjust. (民主党) matt.5 : 44なたがたに言うけど、あなたがたは、かれらを祝福して呪いあなたは、かれらが大嫌い善行を、かれらのために祈るとdespitefully使う場合は、あなたと迫害; matt.5 : 45恐らくなたがたは、子供たちのお父が、天国:なさ彼は彼のために上昇して太陽を悪として良い、として雨に送られるとは、不当なだけです。 Rom.12:20 Therefore if thine enemy hunger, feed him; if he thirst, give him drink: for in so doing thou shalt heap coals of fire on his head. rom.12 : 20だからもし敵飢えザイン、フィード彼;もし彼渇き、飲み物を飲ませて:ためにそうすることでヒープなたは、頭を行いを恥じ入ら。 Rom.12:21 Be not overcome of evil, but overcome evil with good. rom.12 : 21克服悪ではないが、悪を克服して良いです。


(week) 41. ( 1週間) 41 。 Lord's Day日曜日


Question 108. What does the seventh commandment teach us? 108の質問です。私たちは何を教えるの掟第7回ですか?

Answer: That all uncleanness is accursed of God: (a) and that therefore we must with all our hearts detest the same, (b) and live chastely and temperately, (c) whether in holy wedlock, or in single life. 答:呪われたことは、すべて神のuncleanness : ( a )およびすべてのことをしなければならないので、私たちの心に嫌悪同じですが、 ( b )及びtemperately禁欲生活とする、 ( c )神聖な結婚生活をするかどうか、または1つの人生だ。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Lev.18:27 (For all these abominations have the men of the land done, which were before you, and the land is defiled;) Lev.18:28 That the land spue not you out also, when ye defile it, as it spued out the nations that were before you. (する) lev.18 : 27 ( abominationsため、これらすべてのことは、その土地の人々は、これは前には、その土地とはdefiled ; ) lev.18 : 28ことを期待していない土地spueまた、なたがたデフィレそれは、国としてそれspuedアウトの前にしていた。 (b) Jude 1:23 And others save with fear, pulling them out of the fire; hating even the garment spotted by the flesh.ジュード1時23分( b )に保存して、他の恐怖は、それらのうち、火を引い;嫌うによって発見されても、その衣服を引き裂いた。 (c) 1 Thess.4:3 For this is the will of God, even your sanctification, that ye should abstain from fornication: 1 Thess.4:4 That every one of you should know how to possess his vessel in sanctification and honour; 1 Thess.4:5 Not in the lust of concupiscence, even as the Gentiles which know not God: (d) Heb.13:4 Marriage is honourable in all, and the bed undefiled: but whoremongers and adulterers God will judge. ( C参照) 1 thess.4 : 3は、これは、神のためにも、お客様の清浄化、なたがたは、棄権姦淫: 1 thess.4 : 4ごとに1つのことを知っておくべきでどのように船を持つ彼の清浄化と栄誉; 1 thess.4 : 5の欲望の強欲ではなく、これさえ分かっていない神としてgentiles : (民主党) heb.13 : 4結婚は、すべての名誉ある、とのベッドundefiled : adulterersしかし神はwhoremongersと判断した。 1 Cor.7:7 For I would that all men were even as I myself. 1 cor.7 : 7ために私は、すべての男たちは私自身でさえも。 But every man hath his proper gift of God, one after this manner, and another after that.しかし、彼のあらゆる適切な贈り物神男かれらは、このような方法の1つした後、別の後としています。 1 Cor.7:8 I say therefore to the unmarried and widows, It is good for them if they abide even as I. 1 Cor.7:9 But if they cannot contain, let them marry: for it is better to marry than to burn. 1 cor.7 : 8私には未婚と言う寡婦したがって、それは良いとしてもかれらに従うならi. 1 cor.7 : 9を含めることはできませんもしかれらは、かれらの結婚:ための方が良いと結婚するよりもを焼いています。 1 Cor.7:27 Art thou bound unto a wife? 1 cor.7 : 27アートなたバウンドかれの妻ですか? seek not to be loosed.シーク増してはならない。 Art thou loosed from a wife?アート増しなたの妻からですか? seek not a wife.シークの妻ではありません。


Question 109. Does God forbid in this commandment, only adultery, and such like gross sins? 109の質問です。神は、この禁止命令は、姦通のみ、グロスのように、そのような罪ですか?

Answer: Since both our body and soul are temples of the holy Ghost, he commands us to preserve them pure and holy: therefore he forbids all unchaste actions, gestures, words, (a) thoughts, desires, (b) and whatever can entice men thereto. 答:私たちの体と心の両方からは、寺院の聖霊は、彼は私たちを維持して純粋なコマンドと聖:すべての不貞な行動をすることを禁じますしたがって彼は、身ぶりで、言葉は、 (する)思想は、欲望には、 ( b )に、どのようなことをなくさそこの男性です。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Eph.5:3 But fornication, and all uncleanness, or covetousness, let it not be once named among you, as becometh saints; Eph.5:4 Neither filthiness, nor foolish talking, nor jesting, which are not convenient: but rather giving of thanks. (する) eph.5 : 3しかし、姦淫、およびすべてのuncleanness 、またはどん欲は、名前の中にほっておくことはできません一度、聖人としてbecometh ; eph.5 : 4どちらfilthiness 、愚かな話も、冗談も、便利ではない:与えるのではなく、むしろありがとう。 1 Cor.6:18 Flee fornication. 1 cor.6 : 18から逃げる密通。 Every sin that a man doeth is without the body; but he that committeth fornication sinneth against his own body.あらゆる罪なくしては、一人の男doの3人称単数体; committeth姦淫sinnethしかし、彼に反対して、自分の体です。 1 Cor.6:19 What? 1 cor.6 : 19は何ですか? know ye not that your body is the temple of the Holy Ghost which is in you, which ye have of God, and ye are not your own?なたがたは自分の体を知っていないことは、聖霊の宮には、あなたは、なたがたの神は、ご自身ではないとなたがたですか? 1 Cor.6:20 For ye are bought with a price: therefore glorify God in your body, and in your spirit, which are God's. 1 cor.6 : 20なたがたのためには、買った価格:したがって、神があなたの体を美化し、お客様の精神で、これは、神様のです。 (b) Matt.5:27 Ye have heard that it was said by them of old time, Thou shalt not commit adultery: Matt.5:28 But I say unto you, That whosoever looketh on a woman to lust after her hath committed adultery with her already in his heart. ( b )にmatt.5 : 27聞いたことがあることは、なたがたをかれらによると、昔の時間を、なたはない姦淫: matt.5 : 28なたがたに言うけど、その上で誰でもlooketh女性の欲望を彼女のかれらの後にコミット彼女は彼の心は既に姦通している。 (c) Eph.5:18 And be not drunk with wine, wherein is excess; but be filled with the Spirit; 1 Cor.15:33 Be not deceived: evil communications corrupt good manners. ( C参照) eph.5 : 18ではないとワインに酔って、そこには、過剰な;しかしの精神に満ちている; 1 cor.15 : 33にだまされていない:腐敗した悪のコミュニケーションマナーです。


(week) 42. ( 1週間) 42 。 Lord's Day日曜日


Question 110. What does God forbid in the eighth commandment? 110の質問です。神はどのような機能を禁じる命令は、 8番目ですか?

Answer: God forbids not only those thefts, (a) and robberies, (b) which are punishable by the magistrate; but he comprehends under the name of theft all wicked tricks and devices, whereby we design to appropriate to ourselves the goods which belong to our neighbour: (c) whether it be by force, or under the appearance of right, as by unjust weights, ells, measures, fraudulent merchandise, (d) false coins, usury, (e) or by any other way forbidden by God; as also all covetousness, (f) all abuse and waste of his gifts. 答:神することを禁じますだけでなく、これらの窃盗、強盗の( a ) 、 ( b )に罰せられるが、治安判事;しかし、彼の名の下に理解窃盗およびデバイスのすべての邪悪なトリックで、我々に自分自身の設計を適切に属する財私たちの隣人に: ( C参照)されるかどうかを強制すること、または権利の外観の下で、不当な重量によって、 ells 、対策は、詐欺的な商品は、偽硬貨(民主党)は、高利貸しは、 ( E )の又は他の方法で禁止されて神;としてどん欲にもすべて、 ( f )に虐待や廃棄物をすべて自分の贈り物です。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) 1 Cor.6:10 Nor thieves, nor covetous, nor drunkards, nor revilers, nor extortioners, shall inherit the kingdom of God. (する) 1 cor.6 : 10窃盗犯も、どん欲も、酔っぱらいも、またrevilers 、 extortionersも、神の王国を受け継ぐものです。 (b) 1 Cor.5:10 Yet not altogether with the fornicators of this world, or with the covetous, or extortioners, or with idolaters; for then must ye needs go out of the world. ( b )に1 cor.5 : 10まだ完全ではないが、この世界fornicators 、またはを欲しがる、またはextortioners 、または多神教徒;を次にしなければなたがたは、世界のニーズに出掛ける。 Isa.33:1 Woe to thee that spoilest, and thou wast not spoiled; and dealest treacherously, and they dealt not treacherously with thee! isa.33 : 1悲痛spoilestをして、なた、なたないと甘やかされて育った; dealestと裏切り、そして彼らを裏切り、なたを扱っていない! when thou shalt cease to spoil, thou shalt be spoiled; and when thou shalt make an end to deal treacherously, they shall deal treacherously with thee.なたは台無しになるのをやめるときは、なたは甘やかされる;となたは作るときに終止符を裏切り、取引は、取引を裏切り、かれらは、なた。 (c) Luke 3:14 And the soldiers likewise demanded of him, saying, And what shall we do? ( C参照)午前3時14分ルークと同様に、兵士たちは彼を求めた、と言って、わたしたちとは何ですか? And he said unto them, Do violence to no man, neither accuse any falsely; and be content with your wages.かれらによると、彼は、暴力のない男には、どちらも非難するいかなる虚偽;として賃金に満足しています。 1 Thess.4:6 That no man go beyond and defraud his brother in any matter: because that the Lord is the avenger of all such, as we also have forewarned you and testified. 1 thess.4 : 6詐取していない人を越えて行くとその弟にどんな問題:敵を討つためには、すべての主は、そのような、我々としてもforewarnedあなたと証言している。 (d) Prov.11:1 A false balance is abomination to the LORD: but a just weight is his delight. (民主党) prov.11 : 1 、偽の残高は、主に醜態:だけではなく、体重が彼の喜びです。 Prov.16:11 A just weight and balance are the LORD'S: all the weights of the bag are his work. prov.16 : 11するだけでは、主の重量とバランス:すべての重量は、袋は、彼の仕事です。 Ezek.45:9 Thus saith the Lord GOD; Let it suffice you, O princes of Israel: remove violence and spoil, and execute judgment and justice, take away your exactions from my people, saith the Lord GOD. ezek.45 : 9このように言うの主なる神;ほっておく必要十分な場合、なた王子のイスラエル:削除台無し暴力とは、判断して実行すると正義は、私の人々から取り上げるお客様exactions 、主なる神は言う。 Ezek.45:10 Ye shall have just balances, and a just ephah, and a just bath. ezek.45 : 10ちょうど残高がなたがたは、ちょうどephahとすると、ちょうど風呂です。 Ezek.45:11 The ephah and the bath shall be of one measure, that the bath may contain the tenth part of an homer, and the ephah the tenth part of an homer: the measure thereof shall be after the homer. ezek.45 : 11 、 ephah浴とは、 1つの尺度には、入浴して、 10分の1を含む可能性があります本塁打、 10団体名とするephahホームラン:ホームランの後に測るものです。 Ezek.45:12 And the shekel shall be twenty gerahs: twenty shekels, five and twenty shekels, fifteen shekels, shall be your maneh. ezek.45 : 12シケルとは、 20歳にgerahs : 20 shekels 、 5人や20 shekels 、 15 shekelsで行われるものとしてごmaneh 。 Deut.25:13 Thou shalt not have in thy bag divers weights, a great and a small. deut.25 : 13なたは、なたのバッグダイバー重量ではない、素晴らしいと小さい。 Deut.25:14 Thou shalt not have in thine house divers measures, a great and a small. deut.25 : 14なたはザインハウスダイバー措置ではない、素晴らしいと小さい。 Deut.25:15 But thou shalt have a perfect and just weight, a perfect and just measure shalt thou have: that thy days may be lengthened in the land which the LORD thy God giveth thee. deut.25 : 15だがなたは重量があるだけで完璧とは、完璧とすればあなただけでは測る:なた日には、長くなるかもしれないあなたの神、主の土地を与え、なた。 Deut.25:16 For all that do such things, and all that do unrighteously, are an abomination unto the LORD thy God. deut.25 : 16すべてのことを行うようなものだから、すべてのこと罪深く、醜態かれは、なたの神、主です。 (e) Ps.15:5 He that putteth not out his money to usury, nor taketh reward against the innocent. ( E )のps.15 : 5彼は自分のお金を出すことないputteth高利貸し、無実に対する報酬もtaketh 。 He that doeth these things shall never be moved.彼はこれらのことは、絶対にしてdoの3人称単数に移動します。 Luke 6:35 But love ye your enemies, and do good, and lend, hoping for nothing again; and your reward shall be great, and ye shall be the children of the Highest: for he is kind unto the unthankful and to the evil.だがなたがたはあなたの敵を愛しルーク6時35分、して善行には、貸すとは、何も望んで再び;とお客様には、偉大な報奨金は、子供たちが、なたがたは、最も高い:親切な彼は、かれのために悪とありがたくない。 (f) 1 Cor.6:10 Nor thieves, nor covetous, nor drunkards, nor revilers, nor extortioners, shall inherit the kingdom of God. ( f )に1 cor.6 : 10窃盗犯も、どん欲も、酔っぱらいも、またrevilers 、 extortionersも、神の王国を受け継ぐものです。 (g) Prov.23:20 Be not among winebibbers; among riotous eaters of flesh: Prov.23:21 For the drunkard and the glutton shall come to poverty: and drowsiness shall clothe a man with rags. (目標) prov.23 : 20の間ではないwinebibbers ;間の騒々しい肉バーガー: prov.23 : 21酔っぱらいのために来るとは、貧困の虫:眠気とは、一人の男がぼろきれ着ています。 Prov.21:20 There is treasure to be desired and oil in the dwelling of the wise; but a foolish man spendeth it up. prov.21 : 20宝物が望ましいとされる石油は、住居は、賢明な; spendethしかし、愚かな男になっています。


Question 111. But what does God require in this commandment? 111の質問ですが、この命令はどのような機能を必要と神様ですか?

Answer: That I promote the advantage of my neighbour in every instance I can or may; and deal with him as I desire to be dealt with by others: (a) further also that I faithfully labour, so that I may be able to relieve the needy. 答:私を促進することの利点はすべてのインスタンスを私は私の隣人または5月;ギフトとして対処するとよい願望を他人に対処される: (する)して私にも忠実にさらなる労働ので、私を軽減することができるかもしれない貧者。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Matt.7:12 Therefore all things whatsoever ye would that men should do to you, do ye even so to them: for this is the law and the prophets. (する) matt.7 : 12だからなたがたはその男性のものすべてのものにしなければならない場合は、これをなたがたにもかれら:これは、法律と預言者です。 (b) Eph.4:28 Let him that stole steal no more: but rather let him labour, working with his hands the thing which is good, that he may have to give to him that needeth. ( b )にeph.4 : 28盗んだ盗んでこれ以上のことを許してくれた。 :労働させなさいではなく、むしろ、彼の手のもので働いてもいいが、その彼を与える可能性があることを彼にneedeth 。


(week) 43. ( 1週間) 43 。 Lord's Day日曜日


Question 112. What is required in the ninth commandment? 112の質問です。命令の9番目には何が必要ですか?

Answer: That I bear false witness against no man, (a) nor falsify any man's words; (b) that I be no backbiter, nor slanderer; (c) that I do not judge, nor join in condemning any man rashly, or unheard; (d) but that I avoid all sorts of lies and deceit, as the proper works of the devil, (e) unless I would bring down upon me the heavy wrath of God; (f) likewise, that in judgment and all other dealings I love the truth, speak it uprightly and confess it; (g) also that I defend and promote, as much as I am able, the horror and good character of my neighbour. 答:私クマ虚偽不利な証言をすることのない人は、 (ある)を改ざんする男の言葉にも、 ( b )にして陰口を言う人ではない私は、悪口を言う人も; ( C参照)判断してはいけないと私は、いかなる人も加わる軽率に非難する、または知られていない; (民主党)が私のあらゆる種類の嘘と欺瞞を避けるように、適切な作品は、悪魔には、 ( E )の時ダウンしない限り、私は私の重いもたらす神の怒り; ( f )に同様に、すべての判断としてその他の取引私の真実の愛、 uprightlyと話すことを告白すること; (目標)を守るためにも、私を促進することは、私は同じくらいできるように、私の隣人ホラーキャラクターと良いです。 (h) ( h )に

Footnotes脚注

(a) Prov.19:5 A false witness shall not be unpunished, and he that speaketh lies shall not escape. (する) prov.19 : 5偽証するものではないが処罰を受けていない、と彼はうそをつくものではないspeaketh脱出している。 Prov.19:9 A false witness shall not be unpunished, and he that speaketh lies shall perish. prov.19 : 9偽証するものではないが処罰を受けていない、と彼はうそをつくことは、消滅するspeaketh 。 Prov.21:28 A false witness shall perish: but the man that heareth speaketh constantly. prov.21 : 28偽証するもので死ぬ: speaketh絶えずしかし、男は全聴にしています。 (b) Ps.15:3 He that backbiteth not with his tongue, nor doeth evil to his neighbour, nor taketh up a reproach against his neighbour. ( b )にps.15 : 3彼は自分の舌をしていないbackbiteth 、 doの3人称単数悪がお隣にも、また、隣人の反対taketh叱責する。 Ps.50:19 Thou givest thy mouth to evil, and thy tongue frameth deceit. ps.50 : 19なたなたの口の中に悪givest 、なたの舌と欺瞞frameth 。 Ps.50:20 Thou sittest and speakest against thy brother; thou slanderest thine own mother's son. ps.50 : 20なたsittestなたの兄と反対speakest ; slanderestなたは自分の母親の息子がいます。 (c) Rom.1:29 Being filled with all unrighteousness, fornication, wickedness, covetousness, maliciousness; full of envy, murder, debate, deceit, malignity; whisperers, Rom.1:30 Backbiters, haters of God, despiteful, proud, boasters, inventors of evil things, disobedient to parents, (d) Matt.7:1 Judge not, that ye be not judged. ( C参照) rom.1 : 29満ちているすべての邪悪され、姦淫、邪悪、どん欲は、悪意のある;いっぱいの羨望、殺人、討論は、欺瞞、悪意に満ちた; whisperers 、 rom.1 : 30陰口、 haters神は、悪意のある、誇りを持って、 boasters 、発明者には邪悪なものは、親の言うことをきかないし、 (民主党) matt.7 : 1判事は、なたがたではないと判断した。 Matt.7:2 For with what judgment ye judge, ye shall be judged: and with what measure ye mete, it shall be measured to you again. matt.7 : 2どのような判断をして、なたがたを判断するために、なたがたは判断される:なたがた割り当てるとしてどのような措置は、これで測定されるものとしています。 Luke 6:37 Judge not, and ye shall not be judged: condemn not, and ye shall not be condemned: forgive, and ye shall be forgiven: (e) John 8:44 Ye are of your father the devil, and the lusts of your father ye will do.ルーク判断していない6時37分、なたがたはないと判断される:非難していない、と非難されるものではない。なたがた:赦されて、なたがたは許される: 8時44分( E )のジョンなたがたは、お客様の父、悪魔、そして私欲なたがたは、お客様の父親です。 He was a murderer from the beginning, and abode not in the truth, because there is no truth in him.彼は初めから殺人犯との住まいではなく、真実は、真実ではないからだ。 When he speaketh a lie, he speaketh of his own: for he is a liar, and the father of it. speaketh彼はうそをついたとき、彼は彼自身のspeaketh :ために彼はうそつき、との父親のことです。 (f) Prov.12:22 Lying lips are abomination to the LORD: but they that deal truly are his delight. ( f )にprov.12 : 22うそをついて唇には、主の醜態:だがかれらが真に取引は、彼の喜びです。 Prov.13:5 A righteous man hateth lying: but a wicked man is loathsome, and cometh to shame. prov.13 : 5正義の男がうそをついてhateth :しかし、忌まわしい邪悪な者は、来るのを恥とします。 (g) 1 Cor.13:6 Rejoiceth not in iniquity, but rejoiceth in the truth; Eph.4:25 Wherefore putting away lying, speak every man truth with his neighbour: for we are members one of another. (目標) 1 cor.13 : 6 rejoicethていない不法行為ではなく、真実rejoiceth ; eph.4 : 25片付け何のためにうそをついて、真実を話すごとに、隣人の男:ために我々は別のメンバーの1つです。 (h) 1 Pet.4:8 And above all things have fervent charity among yourselves: for charity shall cover the multitude of sins. ( h )に1 pet.4 : 8熱烈な慈善団体との間ではすべてのものの上にしなさい:慈善事業のためには、数多くの罪をカバーしています。


(week) 44. ( 1週間) 44 。 Lord's Day日曜日


Question 113. What does the tenth commandment require of us? 113の質問です。何が私たちの10番目の命令が必要ですか?

Answer: That even the smallest inclination or thought, contrary to any of God's commandments, never rise in our hearts; but that at all times we hate all sin with our whole heart, and delight in all righteousness. 答:そのほんのわずかな傾斜や思想は、いずれかの神の戒めに反して、わたしたちの心は決して上昇;しかし、いつでも我々のすべての罪を私たちの全体を憎む心は、すべての正義と喜びです。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Rom.7:7 What shall we say then? (する) rom.7 : 7次に何をしようと言うのか。 Is the law sin?同法は、罪ですか? God forbid.神を禁じる。 Nay, I had not known sin, but by the law: for I had not known lust, except the law had said, Thou shalt not covet.いや、私は罪の知られていないが、この法律によって:知られていなかったために私の欲望を除き、同法によると、むやみに欲しなたはない。


Question 114. But can those who are converted to God perfectly keep these commandments? 114の質問ですが、神に変換できる人たちはこれらの戒めを維持完璧ですか?

Answer: No: but even the holiest men, while in this life, have only a small beginning of this obedience; (a) yet so, that with a sincere resolution they begin to live, not only according to some, but all the commandments of God. 答:いいえ:しかし、神聖でさえ、男性は、この人生の中で、これはほんの小さな始まり服従させる;ていないので(する) 、それを解決するために誠意を開始するに暮らす彼らは、いくつかによるとしかありませんが、すべての戒め神です。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) 1 John 1:8 If we say that we have no sin, we deceive ourselves, and the truth is not in us. 1時08分( ) 1ジョンすれば罪がないと言うことは、自分自身をだますことは、私たちとは、真実ではない。 1 John 1:9 If we confess our sins, he is faithful and just to forgive us our sins, and to cleanse us from all unrighteousness. 1ジョン1時09分私たちの罪を告白すれば、彼は、忠実なだけに、わたしたちの罪を赦されて、すべての不義から私たちを清めている。 1 John 1:10 If we say that we have not sinned, we make him a liar, and his word is not in us. 1ジョン1時10分を行っていない場合に言うsinned我々は、我々を彼はうそつきは、私たちと彼の言葉ではありません。 Rom.7:14 For we know that the law is spiritual: but I am carnal, sold under sin. rom.7 : 14ためには精神的なことが分かっているの法則:しかし、私は肉欲のは、罪の下に売られています。 Rom.7:15 For that which I do I allow not: for what I would, that do I not; but what I hate, that do I. Eccl.7:20 For there is not a just man upon earth, that doeth good, and sinneth not. rom.7 : 15を許可しないことを私は私:私は何のため、やっていないこと;しかし、私の嫌いな、ほんとeccl .7:20にしてあるだけではない地球の男には、そのdoの3人称単数良い、とsinnethない。 1 Cor.13:9 For we know in part, and we prophesy in part. 1 cor.13 : 9団体を我々は知っている、と我々は予言する団体です。 (b) Rom.7:22 For I delight in the law of God after the inward man: Ps.1:2 But his delight is in the law of the LORD; and in his law doth he meditate day and night. ( b )にrom.7 : 22喜びのために私は、神の法則を内側後、男: ps.1 : 2しかし、彼の喜びは、この法律の主;法の蓄えが彼と彼の昼と夜の熟考。 James 2:10 For whosoever shall keep the whole law, and yet offend in one point, he is guilty of all.ジェームズ2時10分に保つためには、誰でも全体の法では、 1つのポイントの気分を害さないようにもかかわらず、彼はすべての罪を犯したのだ。


Question 115. Why will God then have the ten commandments so strictly preached, since no man in this life can keep them? 115の質問です。理由は、神の十戒ので厳密には、次に説教は、この男の人生以来ないし続けることができますか?

Answer: First, that all our lifetime we may learn more and more to know (a) our sinful nature, and thus become the more earnest in seeking the remission of sin, and righteousness in Christ; (b) likewise, that we constantly endeavour and pray to God for the grace of the Holy Spirit, that we may become more and more conformable to the image of God, till we arrive at the perfection proposed to us, in a life to come. 答:まず、我々は、すべて私たちの生涯の詳細については、こちらを知っているかもしれません(する)私たちの罪深い性質は、このようになると、より多くの罪の赦しを求めて本格的には、正義とは、キリスト; ( b )に同様に、不断の努力が我々神に祈ると、聖霊の恩恵を、私たちはますます多くの言いなりになって、神のイメージを、完ぺきに到着するまで我々の提案を私たちは、人生の中でに来ています。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) Rom.3:20 Therefore by the deeds of the law there shall no flesh be justified in his sight: for by the law is the knowledge of sin. (する) rom.3 : 20したがって、この法律によって行いそこではない彼の肉体は正当な光景:ためには、この法律によって罪の知識です。 1 John 1:9 If we confess our sins, he is faithful and just to forgive us our sins, and to cleanse us from all unrighteousness. 1ジョン1時09分私たちの罪を告白すれば、彼は、忠実なだけに、わたしたちの罪を赦されて、すべての不義から私たちを清めている。 Ps.32:5 I acknowledged my sin unto thee, and mine iniquity have I not hid. ps.32 : 5私私の罪を認めなたには、不法行為や鉱山が私を隠していない。 I said, I will confess my transgressions unto the LORD; and thou forgavest the iniquity of my sin.私は、私の告白私は、かれの主transgressions ; forgavestなたの不法行為と私の罪です。 Selah. selah 。 (b) Matt.5:6 Blessed are they which do hunger and thirst after righteousness: for they shall be filled. ( b )にmatt.5 : 6祝福さは、彼らの後には飢えと渇き正義:ためにかれらは満たされる。 Rom.7:24 O wretched man that I am! rom.7 : 24 o惨めな男だわ、私は! who shall deliver me from the body of this death?配達人は、私の体は、この死からですか? Rom.7:25 I thank God through Jesus Christ our Lord. rom.7 : 25私たちの主イエスキリストを通して神に感謝します。 So then with the mind I myself serve the law of God; but with the flesh the law of sin.それから、私自身の心のために奉仕する神の法則;しかし、同法の罪肉です。 (c) 1 Cor.9:24 Know ye not that they which run in a race run all, but one receiveth the prize? ( C参照) 1 cor.9 : 24知っているが、なたがたを実行していないことを実行するすべてのレースではなく、 1つの賞を受賞receivethですか? So run, that ye may obtain.これを実行すればなたがたは手に入れる。 Philip.3:11 If by any means I might attain unto the resurrection of the dead. philip.3 : 11もし石にかじりついてもよいかもしれませんが、かれの復活を達成して死んでしまいました。 Philip.3:12 Not as though I had already attained, either were already perfect: but I follow after, if that I may apprehend that for which also I am apprehended of Christ Jesus. philip.3 : 12私はすでに達成していないとしても、どちらかが既に完璧:しかし、私の後に従って、逮捕している場合をしてもよいかもしれません私は、イエスキリストの逮捕です。 Philip.3:13 Brethren, I count not myself to have apprehended: but this one thing I do, forgetting those things which are behind, and reaching forth unto those things which are before, Philip.3:14 I press toward the mark for the prize of the high calling of God in Christ Jesus. philip.3 : 13兄弟は、私自身のカウントしていないが逮捕:しかし、この一つのことに私は、そのようなことを忘れているの背後に、そしてそれらのものは、かれに到達する前に来たり、 philip.3 : 14私に向かって、マークを押すこの賞は、イエスキリストは神の呼び出し高い。


Of Prayer祈り


(week) 45. ( 1週間) 45 。 Lord's Day日曜日


Question 116. Why is prayer necessary for christians? 116の質問です。祈りをささげるために必要なキリスト教徒はなぜですか?

Answer: Because it is the chief part of thankfulness which God requires of us: (a) and also, because God will give his grace and Holy Spirit to those only, who with sincere desires continually ask them of him, and are thankful for them. 答:なぜならこれは、最高の部分を神に感謝する必要が我々 : ( a )およびまた、彼のために神の恵みとは、聖霊を与える者にのみ、誠実な者を継続するよう依頼して、彼の欲望とは、感謝して。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Ps.50:14 Offer unto God thanksgiving; and pay thy vows unto the most High: Ps.50:15 And call upon me in the day of trouble: I will deliver thee, and thou shalt glorify me. (する) ps.50 : 14オファー神感謝祭;なたの誓いを支払うと、かれの最も高い: ps.50 : 15と祈る私には、一日のトラブル:私は、なたを配達し、美化なたは私です。 (b) Matt.7:7 Ask, and it shall be given you; seek, and ye shall find; knock, and it shall be opened unto you: Matt.7:8 For every one that asketh receiveth; and he that seeketh findeth; and to him that knocketh it shall be opened. ( b )にmatt.7 : 7要請すれば、あなたが与えられるものとすること;求める、となたがたは見つける;ノック、そしてそれは、なたがたにオープン: matt.7 : 8 receiveth askethごとに1つのこと、そして彼が求めるfindeth ; knockethとしてそれを彼にオープンするものです。 Luke 11:9 And I say unto you, Ask, and it shall be given you; seek, and ye shall find; knock, and it shall be opened unto you.ルーク11 : 09と言って、なたがたは、要請すれば、あなたが与えられるものとすること;求める、となたがたは見つける;ノック、そしてそれは、なたがたにオープンする。 Luke 11:10 For every one that asketh receiveth; and he that seeketh findeth; and to him that knocketh it shall be opened.ルカ11:10 receiveth askethごとに1つのこと、そして彼が求めるfindeth ; knockethとしてそれを彼にオープンするものです。 Luke 11:13 If ye then, being evil, know how to give good gifts unto your children: how much more shall your heavenly Father give the Holy Spirit to them that ask him?ルカ11:13それからなたがたは、悪には、良い贈り物を与える方法を知っているあなたの子供たちがかれ:はるかには、どのようにして天国の父、聖霊を与えることにして彼に尋ねるか? 1 Thess.5:17 Pray without ceasing. 1 thess.5 : 17祈るなしにしゃべる。


Question 117. What are the requisites of that prayer, which is acceptable to God, and which he will hear? 117の質問です。必需品はどんなものが、その祈りは、神に受け入れられるには、彼がこれを聞くとは?

Answer: First, that we from the heart pray (a) to the one true God only, who has manifested himself in his word, (b) for all things, he has commanded us to ask of him; (c) secondly, that we rightly and thoroughly know our need and misery, (d) that so we may deeply humble ourselves in the presence of his divine majesty; (e) thirdly, that we be fully persuaded that he, notwithstanding that we are unworthy of it, will, for the sake of Christ our Lord, certainly hear our prayer, (f) as he has promised us in his word. 答:第一に、私たちの心からは、自分のための祈りの( a ) 〜真の神のみ、誰が自分自身で明らかに彼の言葉は、 ( b )にはすべてのものは、私たちに命じられた彼は、彼の依頼; ( C参照)第二に、その徹底的に正しく知っている我々と我々が必要と不幸は、 ( d )にだから我々は、自分自身の存在を謙虚に深く彼の神の威厳; ( E )の第三に、その彼を説得して、完全に我々は、我々は値しないそれにもかかわらずして、さは、わたしたちの主キリストのためには、確かに私たちの祈りを聞く、 ( f )に我々としては彼には彼の言葉を約束した。 (g) (目標)

Footnotes脚注

(a) John 4:24 God is a Spirit: and they that worship him must worship him in spirit and in truth. ( )は、ヨハネ4:24神の霊:彼を崇拝する必要がありますが、彼らの精神とは真理に仕えなさい。 Ps.145:18 The LORD is nigh unto all them that call upon him, to all that call upon him in truth. ps.145 : 18のすべての主は、かれらが近付いてかれに祈る彼は、すべてのことを彼には真実を祈る。 (b) Rev.19:10 And I fell at his feet to worship him. ( b )にrev.19 : 10彼と私は転んで足に仕えなさい。 And he said unto me, See thou do it not: I am thy fellowservant, and of thy brethren that have the testimony of Jesus: worship God: for the testimony of Jesus is the spirit of prophecy.彼によると、わたしは、なたはそれを参照していない:私はfellowservantなた、なたの同胞との証言があるイエス:神を崇拝:証言は、イエスが予言の精神です。 John 4:22 Ye worship ye know not what: we know what we worship: for salvation is of the Jews.ジョン4時22分、なたがたが知らないことを、なたがたを崇拝するもの:我々知っている我々は何を崇拝:救いは、ユダヤ人のために。 John 4:23 But the hour cometh, and now is, when the true worshippers shall worship the Father in spirit and in truth: for the Father seeketh such to worship him.しかし、時間が来るのジョン4時23分、そして今は、本当の礼拝の時に父親を崇拝するもので、精神と真理:求めるように父のために仕えなさい。 John 4:24 God is a Spirit: and they that worship him must worship him in spirit and in truth.ヨハネ4:24神は、精神:彼を崇拝する必要がありますが、彼らの精神とは真理に仕えなさい。 (c) Rom.8:26 Likewise the Spirit also helpeth our infirmities: for we know not what we should pray for as we ought: but the Spirit itself maketh intercession for us with groanings which cannot be uttered. ( C参照) rom.8 : 26同様の精神にも私たちの弱さhelpeth :ために我々が知らないことを祈るとして我々は何をするべきしなければならない:しかし、我々の精神そのものを仲裁してなさgroaningsを口にすることはできません。 1 John 5:14 And this is the confidence that we have in him, that, if we ask any thing according to his will, he heareth us: James 1:5 If any of you lack wisdom, let him ask of God, that giveth to all men liberally, and upbraideth not; and it shall be given him. 1ヨハネ5時14分、これは、我々は、彼を信頼して、それは、いかなる場合に求めることを我々によれば、彼は、彼は私たちは全聴:ジェームス1時05いずれかの知恵を欠くことは、神の彼に質問させ、それすべての人に与えられる大まかに言って、ないとupbraideth ;そしてそれは、彼が与えられる。 (d) 2 Chron.20:12 O our God, wilt thou not judge them? (民主党) 2 chron.20 : 12わたしたちの神、萎凋病なた判断していないか? for we have no might against this great company that cometh against us; neither know we what to do: but our eyes are upon thee.反対するために我々がないかもしれないが、この偉大な会社に対して私たちが来る;どちらも知っている我々何をすればいい:しかし、我々の目には、なた。 (e) Ps.2:11 Serve the LORD with fear, and rejoice with trembling. ( E )のps.2 : 11奉仕して、主の恐怖は、震えると喜ぶ。 Ps.34:19 Many are the afflictions of the righteous: but the LORD delivereth him out of them all. ps.34 : 19多くの試練には、正しい者:しかし、それらをすべて彼を救うの主です。 Isa.66:2 For all those things hath mine hand made, and all those things have been, saith the LORD: but to this man will I look, even to him that is poor and of a contrite spirit, and trembleth at my word. isa.66 : 2かれらはそういったことすべて手作り鉱山、そういったことすべてが、主は言う:しかし、この男が私を見て、彼にもそれは、貧しい人々との精神を深く悔いて、私の言葉とtrembleth 。 (f) Rom.10:14 How then shall they call on him in whom they have not believed? ( f )にrom.10 : 14どうろうそれから彼は彼らに電話して考えられていないか? and how shall they believe in him of whom they have not heard?そして彼らは、どのように彼らを信じて彼に聞いていないのですか? and how shall they hear without a preacher?とは、どのように彼らを聞くことなく、説教師ですか? James 1:6 But let him ask in faith, nothing wavering.しかし、彼に質問させ、ジェームズ1時06信仰は、何も揺らめく。 For he that wavereth is like a wave of the sea driven with the wind and tossed. waverethためには、彼が、海の波のように駆動して、風と揺られる。 (g) John 14:13 And whatsoever ye shall ask in my name, that will I do, that the Father may be glorified in the Son. (目標) 14時13分ジョン尋ねると、なたがたは私の名前のもの、それは私には、見せかけのかもしれないが、父親は、息子がいます。 John 14:14 If ye shall ask any thing in my name, I will do it. 14時14もしジョンなたがたは私の名前を尋ねるいかなるものでは、やるつもりだ。 John 16:23 And in that day ye shall ask me nothing.ジョンとはその日の16時23分なたがたは何も聞いている。 Verily, verily, I say unto you, Whatsoever ye shall ask the Father in my name, he will give it you.本当に、本当に、私の意見は、なたがたは、なたがたは何であれ、私の名前を聞くの父は、彼があなたを与えることです。 Dan.9:17 Now therefore, O our God, hear the prayer of thy servant, and his supplications, and cause thy face to shine upon thy sanctuary that is desolate, for the Lord's sake. dan.9 : 17今したがって、わたしたちの神は、なたの祈りを聞く使用人、と彼supplications 、なたの顔に磨きを引き起こすことには、なたの聖域荒涼たる、これは、主のために。 Dan.9:18 O my God, incline thine ear, and hear; open thine eyes, and behold our desolations, and the city which is called by thy name: for we do not present our supplications before thee for our righteousnesses, but for thy great mercies. dan.9 : 18わたしの神は、耳の坂ザイン、と聞いて;ザイン目を開いて、そして私たちのdesolations見よ、およびその都市の名前が呼ばれるなた:私たちのために存在することはありませんsupplications我々の前に、なたのためrighteousnesses 、しかし、なたの偉大なす。 (h) Matt.7:8 For every one that asketh receiveth; and he that seeketh findeth; and to him that knocketh it shall be opened. ( h )にmatt.7 : 8 receiveth askethごとに1つのこと、そして彼が求めるfindeth ; knockethとしてそれを彼にオープンするものです。 Ps.27:8 When thou saidst, Seek ye my face; my heart said unto thee, Thy face, LORD, will I seek. ps.27 : 8時saidstなた、なたがたは私の顔を求める;私の心によるとなた、なたの顔を、主よ、私が求めている。


Question 118. What has God commanded us to ask of him? 118の質問です。命じられた神は、私たちは何をしてほしいんだ?

Answer: All things necessary for soul and body; (a) which Christ our Lord has comprised in that prayer he himself has taught us. 答:心と体のために必要なすべてのもの、 (ある)から構成さでは、キリストがわたしたちの主の祈りは、彼自身が教えてくれたんだ。

Footnotes脚注

(a) James 1:17 Every good gift and every perfect gift is from above, and cometh down from the Father of lights, with whom is no variableness, neither shadow of turning. (する)ジェームズ1時17分ごとにいいからの贈り物とは、上記のすべての完璧な贈り物は、父から下るとライトで、誰ではないvariableness 、どちらも影のターニング。 Matt.6:33 But seek ye first the kingdom of God, and his righteousness; and all these things shall be added unto you. matt.6 : 33しかし、最初になたがたの神の国を求める、と彼の正義;そして、これらすべてのものは、なたがたに泳いだ。


Question 119. What are the words of that prayer? 119の質問です。その祈りの言葉は何ですか? (a) (する)

Answer: Our Father which art in heaven, 1 Hallowed be thy name. 答:天にまします私たちの父は、 1神聖になたの名前です。 2 Thy kingdom come. 2なたの王国来る。 3 Thy will be done on earth, as it is in heaven.地球上で行われる3なたは、それは、天国です。 4 Give us this day our daily bread.この4日間の我々の日々の糧を与えています。 5 And forgive us our debts, as we forgive our debtors. 5私たちの借金の御赦しとは、私たちの債務者としての我々を許す。 6 And lead us not into temptation, but deliver us from evil. 6とリードしていない私たちの誘惑が、私たちより悪届けします。 For thine is the kingdom, and the power, and the glory, for ever.ザインは、王国のため、および、電源、およびその栄光は、末代までです。 Amen.アーメン。

Footnotes脚注

(a) Matt.6:9 After this manner therefore pray ye: Our Father which art in heaven, Hallowed be thy name. (する) matt.6 : 9後にこのような方法で祈るしたがって、なたがた:天にまします私たちの父は、神聖になたの名前です。 Matt.6:10 Thy kingdom come. matt.6 : 10なたの王国来る。 Thy will be done in earth, as it is in heaven.なたは地上で行われる必要が、それは、天国です。 Matt.6:11 Give us this day our daily bread. matt.6 :この11日間の我々の日々の糧を与えています。 Matt.6:12 And forgive us our debts, as we forgive our debtors. matt.6 : 12御赦しと私たちの借金は、我々の債務者としての我々を許す。 Matt.6:13 And lead us not into temptation, but deliver us from evil: For thine is the kingdom, and the power, and the glory, for ever. matt.6 : 13とリードを誘惑私たちは、私たちからでも配達悪:ザインは、王国のため、および、電源、およびその栄光は、末代までです。 Amen.アーメン。 Luke 11:2 And he said unto them, When ye pray, say, Our Father which art in heaven, Hallowed be thy name.ルーク11時02分かれらによると、彼は、なたがたが祈る時には、言うは、天にまします私たちの父は、神聖になたの名前です。 Thy kingdom come.なたの王国来る。 Thy will be done, as in heaven, so in earth.なたが行われるように、天には、地球のようにします。 Luke 11:3 Give us day by day our daily bread.ルーク11 : 03日ごとに提供してくれる我々の日々の糧です。 Luke 11:4 And forgive us our sins; for we also forgive every one that is indebted to us.ルーク11時04分、私たちの罪を御赦し下さい;ごとに1つのことを許すためにも我々は、債務としています。 And lead us not into temptation; but deliver us from evil.私たちを誘惑しないと鉛;しかし、我々からの悪届けします。


(week) 46. ( 1週間) 46 。 Lord's Day日曜日


Question 120. Why has Christ commanded us to address God thus: "Our Father"? 120の質問です。なぜ私たちは、キリストを命じこうして神住所: "私たちの父"とは?

Answer: That immediately, in the very beginning of our prayer, he might excite in us a childlike reverence for, and confidence in God, which are the foundation of our prayer: namely, that God is become our Father in Christ, and will much less deny us what we ask of him in true faith, than our parents will refuse us earthly things. 答:してすぐに、私たちの祈りは、非常に始まり、彼かもしれない子供らしい畏敬の念を起こさせるために私たちは、神と自信が、それは、私たちの祈りの基礎:すなわち、その神は私たちの父は、キリストになる、とはずっと私たちは何を否定するあまり、我々は彼の真の信仰は、我々よりも私たちの親は、この世を拒否することができる。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) Matt.7:9 Or what man is there of you, whom if his son ask bread, will he give him a stone? (する) matt.7 : 9男は何があるのか、あなたは、パンを求める人息子の場合は、彼は、彼に石を与えるか? Matt.7:10 Or if he ask a fish, will he give him a serpent? matt.7 : 10または魚を尋ねるもし彼は、彼には、彼はヘビを与えるか? Matt.7:11 If ye then, being evil, know how to give good gifts unto your children, how much more shall your Father which is in heaven give good things to them that ask him? matt.7 : 11しなたがた次に、悪には、良い贈り物を与える方法を知っているし、かれの子供たちは、どのようにしてはるかには、これは、天国の父にして善いものを与えるよう要請することですか? Luke 11:11 If a son shall ask bread of any of you that is a father, will he give him a stone?ルカ11:11パンを求める場合には、息子のいずれかの場合には、父は、彼には彼の石を与えるか? or if he ask a fish, will he for a fish give him a serpent?もし彼に尋ねるや魚、魚を与えるためには彼と彼はヘビですか? Luke 11:12 Or if he shall ask an egg, will he offer him a scorpion?ルカ11:12や卵を求める場合には、彼は、彼には彼のサソリを提供するか? Luke 11:13 If ye then, being evil, know how to give good gifts unto your children: how much more shall your heavenly Father give the Holy Spirit to them that ask him?ルカ11:13それからなたがたは、悪には、良い贈り物を与える方法を知っているあなたの子供たちがかれ:はるかには、どのようにして天国の父、聖霊を与えることにして彼に尋ねるか?


Question 121. Why is it here added, "Which art in heaven"? 121の質問です。に追加することがなぜここには、 "天にまします"とは?

Answer: Lest we should form any earthly conceptions of God's heavenly majesty, (a) and that we may expect from his almighty power all things necessary for soul and body. 答:この世のどんな形しないようにしなければならない概念を、神の天上陛下は、 ( a )および我々が期待してから彼の全能の力と体の魂のために必要なすべてのものです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Jer.23:23 Am I a God at hand, saith the LORD, and not a God afar off? (する) jer.23 : 23私は神の手の届く所には、主に言うのは、はるかかなたの神ではないことですか? Jer.23:24 Can any hide himself in secret places that I shall not see him? jer.23 : 24どんなことで自分自身を非表示にしてよいものではない秘密の場所を参照してくださいなったのですか? saith the LORD.主は言う。 Do not I fill heaven and earth?天と地を記入しないでよいですか? saith the LORD.主は言う。 Acts 17:24 God that made the world and all things therein, seeing that he is Lord of heaven and earth, dwelleth not in temples made with hands; Acts 17:25 Neither is worshipped with men's hands, as though he needed any thing, seeing he giveth to all life, and breath, and all things; Acts 17:27 That they should seek the Lord, if haply they might feel after him, and find him, though he be not far from every one of us: (b) Rom.10:12 For there is no difference between the Jew and the Greek: for the same Lord over all is rich unto all that call upon him. 17:24神の行為のせいで、世界のすべてのものとそこには、というのがわかると彼は、天と地の主は、寺院前で両手をdwellethない;行為を崇拝しては、 17時25分どちらも男性の手には、必要に応じて任意のものとしてかかわらず、彼は、人生のすべてを見て彼に与えられる、と息をし、すべてのもの;行為を模索しなければならないが、 17時27分主よ、もし偶然にも彼の後を感じるかもしれない、と彼を見つけ、かかわらず、彼の1つごとではない私たちには程遠い: ( Bに) rom.10 : 12の間に差はありませんが、ユダヤ人とギリシャ語:すべてやり直すために、同じ主、かれはすべてのことが祈る豊富なギフトです。


(week) 47. ( 1週間) 47 。 Lord's Day日曜日


Question 122. Which is the first petition? 122の質問です。これは、最初の請願書ですか?

Answer: "Hallowed be thy name"; that is, grant us, first, rightly to know thee, (a) and to sanctify, glorify and praise thee, (b) in all thy works, in which thy power, wisdom, goodness, justice, mercy and truth, are clearly displayed; and further also, that we may so order and direct our whole lives, our thoughts, words and actions, that thy name may never be blasphemed, but rather honoured and praised on our account. 答: "神聖なたの名前に" ;それは、私たちグラントは、第一に、なたを知って正しくは、 ( a )および認可には、なたを称賛美化すると、 ( b )にはすべて、なたの作品は、なたの力で、知恵は、善良は、正義、真実の慈悲とは、はっきりと表示されますが、さらにまた、そのために我々は今、直接私たちの生活全体は、私たちの考えを、言葉と行動で、それが決してblasphemedなたの名前ではなく我々のアカウントの栄誉と賞賛しています。 (c) ( C参照)

Footnotes脚注

(a) John 17:3 And this is life eternal, that they might know thee the only true God, and Jesus Christ, whom thou hast sent. 17時03分(する)とジョンこれは永遠の生命、なたを知っているかもしれないことのみが、真の神様と、イエスキリストは、誰なた送信されます。 Jer.9:24 But let him that glorieth glory in this, that he understandeth and knoweth me, that I am the LORD which exercise lovingkindness, judgment, and righteousness, in the earth: for in these things I delight, saith the LORD. jer.9 : 24栄光gloriethしかし、このことを許してくれた、ということを知ってunderstandethと私は、これを行使して私は、主のlovingkindness 、判断は、正義とは、地球:喜びのためにこのようなものを私は、主は言う。 Jer.31:33 But this shall be the covenant that I will make with the house of Israel; After those days, saith the LORD, I will put my law in their inward parts, and write it in their hearts; and will be their God, and they shall be my people. jer.31 : 33しかし、このことは、私に約束して家を作るのは、イスラエル;日後終了後にこれらは、主に言うのは、私は自分の内側の部分に私の法律では、かれらの心と書くことで、彼らとされる神様と、かれらは必ず私の人々です。 Jer.31:34 And they shall teach no more every man his neighbour, and every man his brother, saying, Know the LORD: for they shall all know me, from the least of them unto the greatest of them, saith the LORD: for I will forgive their iniquity, and I will remember their sin no more. jer.31 : 34とかれらはこれ以上のすべての人に教えるお隣には、すべての人とその弟、と言って、知っている主:かれらはすべてを知っている私には、以上のことから、かれの最大のかれらは、主に言う:私は自分の罪を赦され、自分の罪を覚えていないと私はこちらです。 Matt.16:17 And Jesus answered and said unto him, Blessed art thou, Simon Barjona: for flesh and blood hath not revealed it unto thee, but my Father which is in heaven. matt.16 : 17かれによると、イエスと答えて、なたを祝福、サイモンbarjona :血肉かれらはないことを明らかになたが、私の父が、天国です。 James 1:5 If any of you lack wisdom, let him ask of God, that giveth to all men liberally, and upbraideth not; and it shall be given him.ジェームズ1時05いずれかの知恵を欠くことは、神の彼に質問させ、それをすべての人に与えられる大まかに言って、ないとupbraideth ;そしてそれは、彼が与えられる。 Ps.119:105 Thy word is a lamp unto my feet, and a light unto my path. ps.119 : 105なたの言葉は、私の足ランプかれは、かれの光と私のパスです。 (b) Ps.119:137 Righteous art thou, O LORD, and upright are thy judgments. ( b )にps.119 : 137正義なたは、主よ、と垂直には、なたの判断だ。 Luke 1:46 And Mary said, My soul doth magnify the Lord, Luke 1:47 And my spirit hath rejoiced in God my Saviour.ルークとメアリー1時46分によると、私の魂の蓄えが拡大する主は、かれらの精神ルーク1時47分、私は神を見て歓喜私の救い主です。 Luke 1:68 Blessed be the Lord God of Israel; for he hath visited and redeemed his people, Luke 1:69 And hath raised up an horn of salvation for us in the house of his servant David; Rom.11:33 O the depth of the riches both of the wisdom and knowledge of God!ルーク1:68イスラエルの神、主の祝福される;と換金彼のために訪れた人々かれは、かれらを提起するとルーク1:69ホーンの救済のために私たちは、彼の家の使用人のデビッド; rom.11 : 33 o 、深さは、富の知恵と知識の両方を、神よ! how unsearchable are his judgments, and his ways past finding out!神秘的な判断は、どのように彼は、自分のやり方や過去のファインディングアウト! Rom.11:34 For who hath known the mind of the Lord? rom.11 : 34人のためにかれらの心に知られて、主のですか? or who hath been his counsellor?かれらが自分のカウンセラーや誰ですか? Rom.11:35 Or who hath first given to him, and it shall be recompensed unto him again? rom.11 : 35または誰かれらを彼に与えられた最初の、そしてそれは、かれに報いが再びか? Rom.11:36 For of him, and through him, and to him, are all things: to whom be glory for ever. rom.11 : 36彼のために、そして彼を通して、彼には、すべてのものには:栄光のために誰がいる。 Amen.アーメン。 (c) Ps.71:8 Let my mouth be filled with thy praise and with thy honour all the day. ( C参照) ps.71 : 8せ私の口の中に満ちていると称賛してなたなたの名誉のすべての日です。 Ps.115:1 Not unto us, O LORD, not unto us, but unto thy name give glory, for thy mercy, and for thy truth's sake. ps.115 : 1わたしたちは、主よ、わたしたちは、なたの名前を与えるしかし、栄光は、なたの慈悲のため、真理のために、なたのためです。


(week) 48. ( 1週間) 48 。 Lord's Day日曜日


Question 123. Which is the second petition? 123の質問です。これは2番目の請願書ですか?

Answer: "Thy kingdom come"; that is, rule us so by thy word and Spirit, that we may submit ourselves more and more to thee; (a) preserve and increase thy church; (b) destroy the works of the devil, and all violence which would exalt itself against thee; and also all wicked counsels devised against thy holy word; (c) till the full perfection of thy kingdom take place, (d) wherein thou shalt be all in all. 答: "なたの王国来る" ;ことは、我々のルールによって、なたの言葉と精神を今、我々が提出して自分自身をますますなんじ; (に)なたの増加を維持するとの教会; ( b )に作品を破壊し、悪魔は、そしてすべての暴力行為自体に反対する勢力は、なた;とも反対するすべての邪悪な忠告を考案なたの神聖な言葉; ( C参照)の完成までの全王国で行わなたは、 (民主党)そこになたは全部でいます。 (e) ( E )の

Footnotes脚注

(a) Matt.6:33 But seek ye first the kingdom of God, and his righteousness; and all these things shall be added unto you. (する) matt.6 : 33しかし、最初になたがたの神の国を求める、と彼の正義;そして、これらすべてのものは、なたがたに泳いだ。 Ps.119:5 O that my ways were directed to keep thy statutes! ps.119 :温度5 oして私に指示された方法で、なたの法令保つ! Ps.143:10 Teach me to do thy will; for thou art my God: thy spirit is good; lead me into the land of uprightness. ps.143 : 10教えるのは、私にどうなた;本当になた私の神:なたの精神が良い;鉛私の土地に垂直です。 (b) Ps.51:18 Do good in thy good pleasure unto Zion: build thou the walls of Jerusalem. ( b )にps.51 : 18善行ザイオンかれは、なたの良い快楽:エルサレムの壁を築くなた。 Ps.122:6 Pray for the peace of Jerusalem: they shall prosper that love thee. ps.122 : 6エルサレムの平和のための祈り:プロスパーかれらは、なたを愛しています。 Ps.122:7 Peace be within thy walls, and prosperity within thy palaces. ps.122 : 7平和なたの城壁内には、なたの宮殿内と繁栄。 Ps.122:8 For my brethren and companions' sakes, I will now say, Peace be within thee. ps.122 : 8私の兄弟や仲間' sakes 、私は今は、平和の内になた。 Ps.122:9 Because of the house of the LORD our God I will seek thy good. ps.122 : 9のため、私たちの神、主の家に、私はお前を求める良いです。 (c) 1 John 3:8 He that committeth sin is of the devil; for the devil sinneth from the beginning. ( C参照) 1ジョンcommitteth罪は、 3時08分には、彼は悪魔;ために、悪魔の先頭からsinneth 。 For this purpose the Son of God was manifested, that he might destroy the works of the devil.この目的のため神の御子は、明らかに、彼の作品は、悪魔を破壊するかもしれない。 Rom.16:20 And the God of peace shall bruise Satan under your feet shortly. rom.16 : 20平和の神と悪魔のブルーズは、あなたの足の下で、しばらくお待ちください。 The grace of our Lord Jesus Christ be with you.わたしたちの主イエスキリストの恵みにしています。 Amen.アーメン。 (d) Rev.22:17 And the Spirit and the bride say, Come. (民主党) rev.22 : 17と御霊の花嫁と言うと、来ています。 And let him that heareth say, Come.全聴にさせなさいと言うことは、来ています。 And let him that is athirst come.とは、渇望して来ることを許してくれた。 And whosoever will, let him take the water of life freely.また誰でもが、ほっておけ、人生の自由に水を取る。 Rev.22:20 He which testifieth these things saith, Surely I come quickly. rev.22 : 20彼はこれらのことを言うtestifieth 、きっとすぐに来る。 Amen.アーメン。 Even so, come, Lord Jesus.それでも、来るは、主イエスです。 Rom.8:22 For we know that the whole creation groaneth and travaileth in pain together until now. rom.8 : 22ことが分かっているため、全体で痛みを創出groanethと一緒に今までtravaileth 。 Rom.8:23 And not only they, but ourselves also, which have the firstfruits of the Spirit, even we ourselves groan within ourselves, waiting for the adoption, to wit, the redemption of our body. rom.8 : 23とだけでなく、彼らが、自分自身にも、これは、初穂の精神は、私たち自身にも自分自身うめき声内では、養子縁組を待って、ウィットには、私たちの体の償還です。 (e) 1 Cor.15:28 And when all things shall be subdued unto him, then shall the Son also himself be subject unto him that put all things under him, that God may be all in all. ( E )の1 cor.15 : 28とされるすべてのものは、かれに抑えたが、その後、息子は、自分自身にもかれに服従して彼の下に置くすべてのものは、全部では、神かもしれない。


(week) 49. ( 1週間) 49 。 Lord's Day日曜日


Question 124. Which is the third petition? 124の質問です。これは、第3請願書ですか?

Answer: "Thy will be done on earth as it is in heaven"; that is, grant that we and all men may renounce our own will, (a) and without murmuring obey thy will, which is only good; (b) that every one may attend to, and perform the duties of his station and calling, (c) as willingly and faithfully as the angels do in heaven. 答: "なたとして地球上で行われることは、天国" ;ことは、すべての男性に付与して我々と我々自身を放棄する可能性は、 ( a )および従うことなくサラサラ流れるなたが、これは良いだけ; ( b )にして出席するごとに1つの可能性を、そして彼の任務を実行して呼び出すステーションとする、 ( c )として積極的かつ誠実に行うとして、天使たちには、天国です。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Matt.16:24 Then said Jesus unto his disciples, If any man will come after me, let him deny himself, and take up his cross, and follow me. (する) matt.16 : 24それからイエスかれの弟子によると、もしあれば私の後の男が来て、ほっておけ、自分自身を否定し、自分の十字架を取り、私に従ってください。 Tit.2:11 For the grace of God that bringeth salvation hath appeared to all men, Tit.2:12 Teaching us that, denying ungodliness and worldly lusts, we should live soberly, righteously, and godly, in this present world; (b) Luke 22:42 Saying, Father, if thou be willing, remove this cup from me: nevertheless not my will, but thine, be done. tit.2 : 11は、神の恵みに出演してかれらを救いbringethすべての男性には、 tit.2 : 12私たちに教えることは、世俗を否定する邪悪さと私欲には、まじめに生きる我々は、正当には、信心深いとは、この世界に存在する、 ( Bの) 22時42分ルークと言って、父親は、もしあなたも喜んで、私からこのカップを削除する:私がいないにもかかわらず、しかし、ザイン、行われる。 Eph.5:10 Proving what is acceptable unto the Lord. eph.5 : 10かれ何が受け入れ、主の証明だ。 Rom.12:2 And be not conformed to this world: but be ye transformed by the renewing of your mind, that ye may prove what is that good, and acceptable, and perfect, will of God. rom.12 : 2に適合すると、この世界ではない:しかし、更新されるの形質転換して、なたがたの心は、なたがたが証明して何が良い、と容認し、完璧な、神の意志だ。 (c) 1 Cor.7:24 Brethren, let every man, wherein he is called, therein abide with God. ( C参照) 1 cor.7 : 24兄弟は、万人向きせ、そこに彼が呼ばれ、そこに神に従う。 (d) Ps.103:20 Bless the LORD, ye his angels, that excel in strength, that do his commandments, hearkening unto the voice of his word. (民主党) ps.103 : 20祝福の主よ、なたがたが天使たちは、その強さに秀でている、それは彼の戒めは、彼の声がかれhearkeningワードです。 Ps.103:21 Bless ye the LORD, all ye his hosts; ye ministers of his, that do his pleasure. ps.103 : 21祝福なたがたの主は、なたがたのすべての軍勢;なたがた閣僚彼は、彼のことは喜びです。


(week) 50. ( 1週間) 50 。 Lord's Day日曜日


Question 125. Which is the fourth petition? 125の質問です。これは、第4請願書ですか?

Answer: "Give us this day our daily bread"; that is, be pleased to provide us with all things necessary for the body, (a) that we may thereby acknowledge thee to be the only fountain of all good, (b) and that neither our care nor industry, nor even thy gifts, can profit us without thy blessing; (c) and therefore that we may withdraw our trust from all creatures, and place it alone in thee. 答: "我々のこの日に私たちの日々の糧を与える" ;それは、喜んで私たちをすべてのものを提供するために必要な体には、 (ある) 、なたを認めることになるかもしれませんが、すべての良い噴水のみ、 ( b )及び我々の業界でもケアしても、またなたの贈り物にも、私たちは、なたの利益を祝福する、 ( c )及び従って我々の信頼を撤回してから我々のすべての生き物のかもしれませんし、それだけで、なたの場所です。 (d) (民主党)

Footnotes脚注

(a) Ps.104:27 These wait all upon thee; that thou mayest give them their meat in due season. (する) ps.104 : 27これらすべてを待って、なた;なたmayest彼らの肉を与えてしかるべき時です。 Ps.104:28 That thou givest them they gather: thou openest thine hand, they are filled with good. ps.104 : givestなたは、かれらを収集して28 :ザイン手openestなたは、かれらは良い満ちている。 Ps.145:15 The eyes of all wait upon thee; and thou givest them their meat in due season. ps.145 : 15待って、なたの目がすべて; givestかれらの肉やなたのためシーズン中です。 Ps.145:16 Thou openest thine hand, and satisfiest the desire of every living thing. ps.145 : 16なたopenestザイン手、そしてあらゆる生き物satisfiest願望です。 Matt.6:25 Therefore I say unto you, Take no thought for your life, what ye shall eat, or what ye shall drink; nor yet for your body, what ye shall put on. matt.6 : 25なたがたに言うので、私は、あなたの人生を念頭に置かないで、何を食べるなたがたは、なたがたは何か飲み物;もしていないために体を、なたがたはどのようにしています。 Is not the life more than meat, and the body than raiment?以上の人生ではない肉、衣服や身体よりもですか? Matt.6:26 Behold the fowls of the air: for they sow not, neither do they reap, nor gather into barns; yet your heavenly Father feedeth them. matt.6 : 26見よ、空の鳥:彼らの種をまくためには、どちらもやって刈り入れる、また集まってbarns ;まだして天国の父feedethしてください。 Are ye not much better than they?かれらは、なたがたがないよりもずっといいですか? (b) James 1:17 Every good gift and every perfect gift is from above, and cometh down from the Father of lights, with whom is no variableness, neither shadow of turning. ( b )にジェームズ1時17分ごとにいいからの贈り物とは、上記のすべての完璧な贈り物は、父から下るとライトで、誰ではないvariableness 、どちらも影のターニング。 Acts 14:17 Nevertheless he left not himself without witness, in that he did good, and gave us rain from heaven, and fruitful seasons, filling our hearts with food and gladness.残っていないにもかかわらず彼は自分自身の行為で午前14時17分の目撃者は、彼はそれを良いことには、天から雨を出してくれたとは、実りの季節とは、私たちの心に充満して食料や喜びです。 Acts 17:27 That they should seek the Lord, if haply they might feel after him, and find him, though he be not far from every one of us: Acts 17:28 For in him we live, and move, and have our being; as certain also of your own poets have said, For we are also his offspring. 17時27分行為を模索しなければならないことの主よ、もし偶然にも彼の後を感じるかもしれない、と彼を見つけ、かかわらず、彼の1つごとではない私たちには程遠い: 17時28分のために彼の行為を私たちが生きて、そして動く、とは私たちのれ;としても、あなた自身の特定の詩人らによると、彼の子孫のために我々もいる。 (c) 1 Cor.15:58 Therefore, my beloved brethren, be ye stedfast, unmoveable, always abounding in the work of the Lord, forasmuch as ye know that your labour is not in vain in the Lord. ( C参照) 1 cor.15 : 58従って、私の最愛の兄弟、なたがたにstedfast 、 unmoveable 、いつもたくさんの仕事は、主よ、なたがたが知っている〜であることを決して無駄にしては、労働党の主ではない。 Deut.8:3 And he humbled thee, and suffered thee to hunger, and fed thee with manna, which thou knewest not, neither did thy fathers know; that he might make thee know that man doth not live by bread only, but by every word that proceedeth out of the mouth of the LORD doth man live. deut.8 : 3 humbledなたと彼は、飢えに苦しんで、なた、なたにして育ったマンナとは、どのknewestなたは、なたの祖先はどちらも知っている;かもしれないということを知っている人は本当になたパンのみでは生きていけないが、すべての単語を口proceedethのうち、男性は、主に蓄えが住んでいます。 Ps.37:3 Trust in the LORD, and do good; so shalt thou dwell in the land, and verily thou shalt be fed. ps.37 : 3信託は、主よ、そして善行;だからなたすればその土地に住んで、本当になたは飽き飽きしています。 Ps.37:4 Delight thyself also in the LORD; and he shall give thee the desires of thine heart. ps.37 : 4喜びは、自分自身にも主;と彼の欲望のザインは、なたの心を与える。 Ps.37:5 Commit thy way unto the LORD; trust also in him; and he shall bring it to pass. ps.37 : 5コミットかれは、なたの主の道;信託でも、彼と彼はそれを通過させるものです。 Ps.37:16 A little that a righteous man hath is better than the riches of many wicked. ps.37 : 16少しして、正義の男は、かれらの富よりも多くの邪悪な。 Ps.127:1 <<A Song of degrees for Solomon.>> Except the LORD build the house, they labour in vain that build it: except the LORD keep the city, the watchman waketh but in vain. ps.127 : 1 <度の<aの歌をsolomon.> >ビルド、家の主を除いて、彼らの労働が無駄になることを構築すること:都市を除いて、主に保つ、 wakethしかし、夜警に無駄はない。 Ps.127:2 It is vain for you to rise up early, to sit up late, to eat the bread of sorrows: for so he giveth his beloved sleep. ps.127 : 2それは無駄な早起きをされる場合は、夜更かしして、パンを食べるの悲しみ:そこで彼は自分の最愛の睡眠を与えています。 (d) Ps.55:23 But thou, O God, shalt bring them down into the pit of destruction: bloody and deceitful men shall not live out half their days; but I will trust in thee. (民主党) ps.55 : 23だがなたは、あぁ、神は、ダウンすれば、かれらのピットを破壊:血まみれの男性のものではないとうそをつくその日暮らしをするの半分;けど、なたが信頼しています。 Ps.62:11 God hath spoken once; twice have I heard this; that power belongeth unto God. ps.62 : 11神かれらを話さいったん;の2倍と聞きましたが、この;そのパワーに属する神です。 Ps.146:3 Put not your trust in princes, nor in the son of man, in whom there is no help. ps.146 : 3にして信頼していない君主は、男の息子でも、誰の助けがない。 Jer.17:5 Thus saith the LORD; Cursed be the man that trusteth in man, and maketh flesh his arm, and whose heart departeth from the LORD. jer.17 : 5こうして、主の言う; trusteth呪われることで、男男で、彼の腕の肉となさ、そしてその心からの主departeth 。 Jer.17:7 Blessed is the man that trusteth in the LORD, and whose hope the LORD is. jer.17 : 7祝福してtrustethその男は、主の中には、主は、その期待しています。


(week) 51. ( 1週間) 51 。 Lord's Day日曜日


Question 126. Which is the fifth petition? 126の質問です。これは、 5番目の請願ですか?

Answer: "And forgive us our debts as we forgive our debtors"; that is, be pleased for the sake of Christ's blood, not to impute to us poor sinners, our transgressions, nor that depravity, which always cleaves to us; (a) even as we feel this evidence of thy grace in us, that it is our firm resolution from the heart to forgive our neighbour. 答: "我々と我々の負債を許す我々の債務者としての我々を許す" ;それは、喜んで、キリストのための血液は、私たちはかわいそうな罪人を転嫁して、私たちのtransgressions 、堕落しても、これを私たちはいつもクリーブス; ( )でさえ、このような証拠を感じるなたの恵みで私たちは、それは私たちの固い決意から、私たちの隣人の心を許すことです。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Ps.51:1 <<To the chief Musician, A Psalm of David, when Nathan the prophet came unto him, after he had gone in to Bathsheba.>> Have mercy upon me, O God, according to thy lovingkindness: according unto the multitude of thy tender mercies blot out my transgressions. (する) ps.51 : 1 < <to david,首席musician,する詩編の預言者ネイサン来たとき、かれhim,後に彼が行ってしまうのでbathsheba.> >慈悲僕が、あぁ、神によると、なたのlovingkindness :よるかれは、なたの群衆を覆い隠すマイtransgressionsなす。 Ps.51:2 Wash me throughly from mine iniquity, and cleanse me from my sin. ps.51 : 2鉱山からの不法行為を徹底的に洗って私は、私から、私の罪を清めている。 Ps.51:3 For I acknowledge my transgressions: and my sin is ever before me. ps.51 : 3私のために私を認めるtransgressions :今までは、私と私の罪です。 Ps.51:4 Against thee, thee only, have I sinned, and done this evil in thy sight: that thou mightest be justified when thou speakest, and be clear when thou judgest. ps.51 : 4対なたには、なたにのみ、 sinnedあるんだけど、この悪さをしてくれたんなたの光景:正当化されるときに、なたmightestなたspeakest 、およびjudgestなた時にクリアします。 Ps.51:5 Behold, I was shapen in iniquity; and in sin did my mother conceive me. ps.51 : 5見よ、私は、不法行為形づくる;罪とは私の母は私を思い付く。 Ps.51:6 Behold, thou desirest truth in the inward parts: and in the hidden part thou shalt make me to know wisdom. ps.51 : 6見よ、あなたの内側の部分desirest真実:隠された部分とは、なたは私の知恵を知っている。 Ps.51:7 Purge me with hyssop, and I shall be clean: wash me, and I shall be whiter than snow. ps.51 : 7パージヒソップをもって、わたしは、わたしにクリーン:洗ってくれて、わたしは雪よりも白くなる。 Ps.143:2 And enter not into judgment with thy servant: for in thy sight shall no man living be justified. ps.143 : 2を入力していないと判断して、なたの使用人:なたの光景は、誰のために生きても正当化した。 1 John 2:1 My little children, these things write I unto you, that ye sin not. 1ヨハネ2:1私の小さな子供たちは、これらのことを書く私なたがたは、なたがたに罪はない。 And if any man sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous: 1 John 2:2 And he is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for the sins of the whole world.罪の男とあれば、我々は、父を提唱して、イエスキリストの正義: 1ジョン2時02分、彼は、私たちの罪をなだめるために:私たちのためだけではなく、様々な罪のためだけでなく、全世界のです。 Rom.8:1 There is therefore now no condemnation to them which are in Christ Jesus, who walk not after the flesh, but after the Spirit. rom.8 : 1だから今すぐにはない非難をしているが、イエスキリストは、後のない肉を歩く人が、後の精神です。 (b) Matt.6:14 For if ye forgive men their trespasses, your heavenly Father will also forgive you: Matt.6:15 But if ye forgive not men their trespasses, neither will your Father forgive your trespasses. ( b )にmatt.6 : 14彼らのためになたがたを赦さ男性trespasses 、お客様の天の父も許しましょう: matt.6 : 15仮令なたがたを赦されていないtrespasses男性は、どちらのお客様は、お客様の父を御赦しtrespasses 。


(week) 52. ( 1週間) 52 。 Lord's Day日曜日


Question 127. Which is the sixth petition? 127の質問です。これは、 6番目の請願ですか?

Answer: "And lead us not into temptation, but deliver us from evil"; that is, since we are so weak in ourselves, that we cannot stand a moment; (a) and besides this, since our mortal enemies, the devil, (b) the world, (c) and our own flesh, (d) cease not to assault us, do thou therefore preserve and strengthen us by the power of thy Holy Spirit, that we may not be overcome in this spiritual warfare, (e) but constantly and strenuously may resist our foes, till at last we obtain a complete victory. 答: "我々とリードを誘惑しないが、我々から届ける悪" ;ことは、我々は非常に弱いので、自分自身は、その瞬間に立つことはできません;の( a )およびこれに加えて、私たち人間の敵以来、悪魔は、 ( b )に、世界では、 ( c )及び当社独自の肉は、 (民主党)の暴行を中止しないように私たちは、なたを維持強化するため私たちは、なたの聖霊の力によって、それを克服することはできません我々は、この精神的な戦争は、 ( e )しかし、常に我々の反対者と強く抵抗する可能性は、最後にはとうとう私たちの完全な勝利を手に入れる。 (f) ( f )に

Footnotes脚注

(a) John 15:5 I am the vine, ye are the branches: He that abideth in me, and I in him, the same bringeth forth much fruit: for without me ye can do nothing. 15時05分(する)私は、つるジョンは、なたがたは、支店: abidethにして彼は私に、そして私が彼には、 bringeth来たりするのと同じくらいの果物:なし私に、なたがたのためにできることはない。 Ps.103:14 For he knoweth our frame; he remembereth that we are dust. ps.103 : 14フレームのために彼は私たちのことを知って; rememberethして我々は彼のほこりです。 (b) 1 Pet.5:8 Be sober, be vigilant; because your adversary the devil, as a roaring lion, walketh about, seeking whom he may devour: Eph.6:12 For we wrestle not against flesh and blood, but against principalities, against powers, against the rulers of the darkness of this world, against spiritual wickedness in high places. ( b )に1 pet.5 : 8しらふには、油断のない;ため、お客様の対審、悪魔は、割れんばかりのライオンとして、 walkethについては、可能性を求めて心に適う食い入るように見る: eph.6 : 12格闘するために我々に反対しない生身の人間が、君主に対しては、反対勢力は、支配者に対しては、暗闇の中、この世界では、精神的な邪悪に対して高い場所です。 (c) John 15:19 If ye were of the world, the world would love his own: but because ye are not of the world, but I have chosen you out of the world, therefore the world hateth you. ( C参照) 15時19分ジョンしなたがたが、世界のは、世界では、自分の愛:だがなたがたのためには、世界ではありませんが、私が選んだ世界のうち、あなたは、したがって、世界hatethよ。 (d) Rom.7:23 But I see another law in my members, warring against the law of my mind, and bringing me into captivity to the law of sin which is in my members. (民主党) rom.7 : 23けど私のメンバーを参照して別の法律では、いがみあっているのは私の心の法律に違反して、連れてきていただいて、法の罪に捕らわれているが、私のメンバーです。 Gal.5:17 For the flesh lusteth against the Spirit, and the Spirit against the flesh: and these are contrary the one to the other: so that ye cannot do the things that ye would. gal.5 : 17用の肉lusteth反対の精神は、肉体と精神に反対:これらは、逆に、他の1つ:だから、なたがたのことを行うことはできませんが、なたがたです。 (e) Matt.26:41 Watch and pray, that ye enter not into temptation: the spirit indeed is willing, but the flesh is weak. ( E )のmatt.26 : 41時計と祈る、なたがたへの誘惑を入力していない:実際には、喜んでの精神が、肉体は弱い。 Mark 13:33 Take ye heed, watch and pray: for ye know not when the time is. 13時33分かかるなたがたに耳を傾けるマークは、腕時計と祈る:なたがたは知っているため、時間がないときです。 (f) 1 Thess.3:13 To the end he may stablish your hearts unblameable in holiness before God, even our Father, at the coming of our Lord Jesus Christ with all his saints. ( f )に1 thess.3 : 5月13日を最後に彼はあなたの心にとって神聖unblameable神の前でも、私たちの父よ、わたしたちの主は、今後の彼のすべての聖徒イエスキリストです。 1 Thess.5:23 And the very God of peace sanctify you wholly; and I pray God your whole spirit and soul and body be preserved blameless unto the coming of our Lord Jesus Christ. 1 thess.5 : 23と、非常に神の平和を完全に浄化;神に祈るあなたと私の魂と精神と身体全体が清廉潔白かれ保存される私たちの主イエスキリストの到来です。


Question 128. How dost thou conclude thy prayer? 128の質問です。ドーストなたはどのようになたの祈りを締結か?

Answer: "For thine is the kingdom, and the power, and the glory, forever"; that is, all these we ask of thee, because thou, being our King and almighty, art willing and able to give us all good; (a) and all this we pray for, that thereby not we, but thy holy name, may be glorified for ever. 答: "ザインは、王国のため、および、電源、およびその栄光は、永遠に" ;ことは、我々は、これらすべてのなた、なたのために、私たちの王とオールマイティでは、アートを与えることがあり、また、我々のすべての良い; ( a )およびすべてのために祈るこの我々は、我々がそれていないが、なたの聖なる名は、 5月には永遠に見せかけています。 (b) ( b )に

Footnotes脚注

(a) Rom.10:11 For the scripture saith, Whosoever believeth on him shall not be ashamed. (する) rom.10 : 11啓典を言うためには、誰でも彼を信じて恥じるものではない。 Rom.10:12 For there is no difference between the Jew and the Greek: for the same Lord over all is rich unto all that call upon him. rom.10 : 12の間に差はありませんが、ユダヤ人とギリシャ語:すべてやり直すために、同じ主、かれはすべてのことが祈る豊富なギフトです。 2 Pet.2:9 The Lord knoweth how to deliver the godly out of temptations, and to reserve the unjust unto the day of judgment to be punished: (b) John 14:13 And whatsoever ye shall ask in my name, that will I do, that the Father may be glorified in the Son. 2 pet.2 : 9届ける方法を知っておられる主は、信心深い誘惑する、として積立金の不当な審判の日にかれ罰せ: 14時13分ジョン( b )に尋ねると、なたがたは私の名前のもの、それは、私は、見せかけのかもしれないが、父親は、息子がいます。 Jer.33:8 And I will cleanse them from all their iniquity, whereby they have sinned against me; and I will pardon all their iniquities, whereby they have sinned, and whereby they have transgressed against me. jer.33 : 8 、かれらを清めてから、私は自分のすべての罪で、彼らに対して私は罪を犯しました; iniquitiesと、私は彼らのすべての恩赦で、かれらは罪を犯しました、そして彼らは何に対してtransgressedよ。 Jer.33:9 And it shall be to me a name of joy, a praise and an honour before all the nations of the earth, which shall hear all the good that I do unto them: and they shall fear and tremble for all the goodness and for all the prosperity that I procure unto it. jer.33 : 9とすることは、私の名前にして喜び、名誉と称賛する前に、地球のすべての民族、すべての良いことを聞くのは、私はかれら:そしてかれらは、すべての恐怖と震える善と繁栄のためのすべての調達してよいことでる。 Ps.115:1 Not unto us, O LORD, not unto us, but unto thy name give glory, for thy mercy, and for thy truth's sake. ps.115 : 1わたしたちは、主よ、わたしたちは、なたの名前を与えるしかし、栄光は、なたの慈悲のため、真理のために、なたのためです。


Question 129. What does the word "Amen" signify? 129の質問です。どのような言葉を"アーメン"を意味するか?

Answer: "Amen" signifies, it shall truly and certainly be: for my prayer is more assuredly heard of God, than I feel in my heart that I desire these things of him. 答: "アーメン"を意味する、とは確かにそれは、真に:私の祈りを聞いて、神の方が確かに、私よりも私の心を感じることでこれらのことを私は彼の願いです。 (a) (する)

Footnotes脚注

(a) 2 Cor.1:20 For all the promises of God in him are yea, and in him Amen, unto the glory of God by us. ( ) 2 cor.1 : 20のすべての約束のために彼は神いや、彼とはアーメン、かれを私たちは神の栄光です。 2 Tim.2:13 If we believe not, yet he abideth faithful: he cannot deny himself. 2 tim.2 : 13私たちは信じてはいない場合には、まだ彼に忠実abideth :彼は自分自身を否定することはできません。

End of the Catechism最後に、公教要理

Also, see:また、参照してください:
Heidelberg Catechism ハイデルベルク教要理


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです