The Second Helvetic Confession of Faith 2番目のhelvetic信仰告白

Also, the First Helvetic Confession of Faithまた、最初の信仰告白helvetic

Also, the Confession of Baselまた、自白のバーゼル

General Information 総合案内

The Confession of Basel is the designation applied to either of two pronouncements of doctrinal belief in the Swiss Reformed Church.自白のバーゼルには、 2つの発表のいずれかの指定を適用するのは、スイスの改革派教会教義上の信念だ。 The First Confession of Basel was drafted in 1531 by the German theologian Johannes Oecolampadius, who presented it to the Synod of Basel in 1534. バーゼル最初自白はドラフトで 、ドイツの神学者ヨハネスエコランパディウスされた1531人を提示することで、会議のバーゼル1534 。 It represented a compromise between the doctrines of Martin Luther and those of the Swiss theologian Huldreich Zwingli.教説の間の妥協で表現することは、マーティンルーサーとは、スイスの神学者ツウィングリhuldreich 。 The confession remained in effect until 1872.告白は依然、 1872年まで有効です。

The Second Confession of Basel, known more correctly as the First Helvetic Confession, was adopted in 1536. 2番目告白のバーゼルは、もっと正確に知られてhelveticとしての最初自白は、 1536が採択しています。 To a greater extent than the First Confession of Basel, it expressed the doctrines of Zwingli.最初に告白するよりも大きい程度のバーゼルは、その教説のツウィングリすることを表明しています。 It was modified by the Second Helvetic Confession (1566) and adopted as a declaration of doctrine by most European Reformed churches. helveticによって修正されることが2番目告白 ( 1566年)と宣言教義として採択された欧州の改革派教会のほとんどです。 The Second did not replace the First Helvetic Confession in Basel itself. 2番目の告白を置き換えるのではなく、最初にバーゼルhelveticそのものです。


The Second Helvetic Confession of Faith 2番目のhelvetic信仰告白

Historical Note歴史上の注意

(provided by the Reformed Church) (提供される改革派教会)

The word "Helvetic" is Latin for "Swiss."その言葉" helvetic "は、ラテン語で"スイス"と述べた。 The setting of the Second Helvetic Confession is Swiss-German Reformed Protestantism.この設定は、 2番目の告白は、スイスのドイツ語helveticプロテスタント改心した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
After the great Reformer Ulrich Zwingli died in battle in 1531, Heinrich Bullinger succeeded him as minister of the church in Zurich.偉大な改革者が死亡した後、戦闘では1531ウルリヒツウィングリ、ハインリヒブリンガー大臣として成功した彼は、チューリッヒの教会です。 Bullinger was a model Reformed minister.ブリンガー大臣は、改革のモデルです。 A preacher, he expounded Scripture at least twice a week.説教師は、彼は、少なくとも週に2回、啓典を詳しく説明します。 A scholar, he wrote Latin commentaries on many books of the Old Testament and on every book of the New Testament except Revelation.ある学者は、ラテン語の論評を書いたのは、多くの書籍を一冊の本に旧約聖書と新約聖書のヨハネの黙示録を除いている。 An educator, he initiated a system of schools for Zurich and was rector of the Carolinum, a theological academy.教育は、彼の学校制度を開始するためには、チューリヒとは、レクターcarolinum 、神学アカデミーです。 A person with ecumenical and political concerns, he was in correspondence with leaders of the Reformation and with rulers throughout Europe.エキュメニカルとする政治的な懸念を持っている人は、彼がいたのは、改革の指導者と文通してヨーロッパ全土を支配した。 A pastor, he welcomed religious refugees into his own home.牧師は、彼自身のホームページに難民の宗教を歓迎しています。 When the plague swept through Zurich in 1564, he insisted upon ministering to the afflicted, even though he knew he might become infected and die.ペストスウェプトときにチューリッヒで1564年を通して、彼の主張をministering罹災時は、彼を知っていたにもかかわらず、彼感染して死ぬとなるかもしれない。

In 1561, Bullinger composed the document that later became known as the Second Helvetic Confession. 1561年には、ドキュメントを構成してブリンガー後にhelveticとして知られる2番目の告白だ。 He intended to attach it to his last will and testament to the Zurich church, but events in Germany soon brought it into the public arena.彼は彼の意図を添付して遺言書をチューリッヒの教会が、まもなくドイツでイベントをもたらしたことを公の場です。

The publication of the Heidelberg Catechism created trouble for the man who had ordered its preparation.ハイデルベルク教要理の出版物のトラブルのために作成を指示していた男から準備中です。 Lutherans considered it too Reformed in spirit, and they demanded that Frederick the Elector, governor of the Palatinate, be brought to trial for heresy.それはあまりにも改心したとみなさlutherans精神は、かれらの選挙人フレデリック要求して、知事のpalatinate 、裁判のために異端をもたらした。 Not a theologian himself, Frederick turned to Bullinger, who offered Frederick this confession as the basis for his defense.神学者ではありません自身は、電源が入ってブリンガーフレデリックは、この告白フレデリック提供者としての彼の防衛のための基礎です。 When the Imperial Diet, the ruling body of Germany, met for trial in 1566, Frederick was exonerated.帝国議会のときには、体のドイツの判決は、裁判のために出会った1566年、フレデリックは無罪だ。

Meanwhile, the churches of Switzerland adopted Bullinger's confession as their new confession of faith.一方、スイスの教会で採択Bullingerの自白として、新しい信仰告白。 Soon finding wide acceptance throughout Europe and beyond, it was translated into French, English, Dutch, Polish, Hungarian, Italian, Arabic, and Turkish.ヨーロッパ全土を見つけるとすぐに広く受け入れを超えて、翻訳されていたフランス語、英語、オランダ語、ポーランド語、ハンガリー語、イタリア語、アラビア語、トルコ語です。

Reflecting the theological maturity of the Reformed churches, the Second Helvetic Confession is moderate in tone and catholic in spirit.神学的成熟を反映して、改革派教会は、穏健派では、 2番目の告白helveticトーンとはカトリックの精神です。 From the opening paragraphs it emphasizes the church and its life and affirms the authority of the Scriptures for the church's government and reformation.開会の段落を強調することから、教会の肯定とその人生とは、聖書の権威は、政府や教会の改革です。 By including an article on predestination, the confession asks the church to trust in God's free and gracious election of its membership in Jesus Christ.宿命された記事を含めて、教会の自白を信頼しておくと、神の自由かつ優雅な選挙では、イエスキリストの会員です。 At the same time, the confession addresses the practical life of the gathered community, detailing matters of worship, church order and conflict, ministry, the sacraments, and marriage.それと同時に、アドレスの告白に集まったのは、実用的な社会生活は、礼拝堂事柄を解説し、教会の秩序と葛藤、同省は、秘跡、そして結婚。


Helvetic Confessions of Faith helvetic信仰告白

Advanced Information 高度情報

The First Helvetic Confession (Confessio Helvetica prior) is the same as the Second Confession of Basel.最初の告白helvetic (事前confessio helvetica )は、 2番目の告白のバーゼルと同じです。 The First Confession of Basel was written in 1534 and had acceptance only in Basel and Muhlausen.バーゼルの最初の告白を受け入れることが書かれていた1534年、バーゼルとmuhlausenのみです。 This fact of limited acceptance was characteristic of the Swiss in the 1520s-30s; they had no common confession.このような事実を受け入れることは限られ、スイスの特徴は、 1520年代に30代;彼らの共通の自白はなかった。

Pope Paul III's call for a general council, the desire for some accommodation with the Lutherans, and the need for a common Swiss confession in preparation for the council prompted the magistrates of the Swiss cities to send delegates to Basel in 1536 to draw up a new confession.法王パウロ3世の求める総務会は、いくつかの宿泊施設への欲望がlutheransしており、スイスの必要性について共通の準備のため、理事会の自白表示されたら、治安判事は、スイスのバーゼルに代表団を送るの都市で1536を策定する新たな告白します。 Bullinger, Oswald Myconius, Simon Grynaeus, and Leo Jud were asked to prepare the confession.ブリンガー、オズワルドmyconius 、サイモンgrynaeus 、レオユートと準備があると告白した。 Their efforts to effect an accommodation with the Lutherans did not succeed.彼らの努力をして、効果の宿泊施設lutherans成功しなかった。 The first draft appeared to be too Lutheran to some, and to others the doctrine of the "real presence" in the Lord's Supper was too Zwinglian.あまりにも登場して最初の草案をいくつかのルター派、および他の教義には、 "本物の存在"は、主の夕食はあまりにもツヴィングリです。 In the end, the twenty-seven articles of the first Reformed creed of "national" authority was not accepted by the Lutherans, although Luther viewed it with favor, and it was rejected by Strasbourg under Capito's leadership, and by Constance.結局、この記事の最初の27改心信条の"国家"の権威ではないlutherans受け入れられる、それにもかかわらず閲覧ルーサー好意をもって、それは拒否されるとカピトストラスブールのリーダーシップの下で、コンスタンツとされた。

The issue of the "real presence" in the Lord's Supper was basically resolved for the Swiss in 1549 when Calvin and Farel visited Bullinger and they worked out the Zurich Consensus.この問題は、 "本物の存在"は、主の夕食は、基本的に解決するために、スイスで1549カルビンとファレルを訪れたときに働いて、チューリッヒブリンガーかれらのコンセンサスだ。 From this point on the Zwinglian movement and the Calvinists were effectively one.この点からして効果的にツヴィングリの動きとは1つのcalvinists 。

The Second Helvetic Confession began as Bullinger's personal confession written in Latin in 1562. 2番目の告白helvetic Bullingerの個人的な告白を始めたとして、 1562ラテン語で書かれています。 Peter Martyr Vermigli read it shortly before his death and agreed with it, a good sign for its ultimate acceptance in the Reformed faith.ピーター殉教者ウェルミーリ読むことが、彼の死の直前に合意しており、良い兆候は、改革のための究極の信仰を引き受けています。 In 1564 the plague broke out in Zurich, Bullinger's wife and three daughters died from it, and Bullinger contracted the disease but recovered.ペストは、 1564年に勃発したチューリッヒ、 Bullingerの妻と3人の娘が死亡したことから、その病気に感染したとブリンガーが回復しています。 While the plague raged, he revised his 1562 confession and set it with his will to be delivered to the city magistrate in the event of his death.ペストながら、激しい怒りを、彼は彼の1562改訂設定していると告白して彼の意思を市に配送されるイベントの予審判事は、彼の死。

Frederick III the Pious had come under attack for his Reformed position as seen in his church reforms in the Palatinate and in the publishing of the Heidelberg Catechism.フリードリヒ3世の攻撃を受けるためには、信心深い彼の改革に見られる立場としては、彼の教会の改革とは、出版のpalatinateハイデルベルク教要理。 He was accused by his Lutheran allies of being a heretic.彼は彼のルター派の同盟国と非難されている、異端者です。 So in 1565, in order to defend himself, he asked Bullinger to supply him with a clear exposition of the Reformed faith.だから、 1565年は、自分自身を守るためには、彼と彼は尋ねたブリンガーを供給して博覧会の改革派信仰を明確にした。 Bullinger sent him a copy of his 1564 confession.彼に自分のコピーを送信ブリンガー1564年告白します。 Frederick was so pleased, he asked for and got permission from Bullinger to translate the confession into German.フレデリックはとても満足して、彼の許可を求められるとはブリンガー自白をドイツ語に翻訳しています。 This was done prior to Frederick's appearance at the Imperial Diet in Augsburg in 1566.これが完了する前には、フレデリックの外観アウクスブルク帝国議会では1566年です。

At the same time the Swiss again felt the need for a new common confession, and a conference was called to meet in Zurich.それと同時に、スイスの必要性を感じて再び新たな共通の自白と、会議では、チューリッヒに会うと呼ばれる。 Bullinger's confession was considered and a few changes were made in it, to which Bullinger consented. Bullingerの自白とみなされるいくつかの変更が行われていたことは、どのブリンガー同意している。 It was published in German and Latin on March 12, 1566, and had the approval of Berne, Biel, Geneva, The Grisons, Muhlhausen, Schaffhausen, and St. Gall.それはドイツ語、ラテン語で公開して1566年3月12日、ベルンの承認を得ていたとは、ビール、ジュネーブでは、グリソン、ミュールハウゼン、シャフハウゼン、および聖ギャル。 This Second Helvetic Confession (Confessio Helvetica posterior) was soon translated into a number of languages ranging from French to Arabic and was adopted by the Scots in 1566, the Hungarians in 1567, the French in 1571, and the Poles in 1578.この2番目の告白helvetic ( confessio helvetica後)はすぐに、多くの言語に翻訳されるに至るまでにアラビア語とフランス語で採択されたスコットランドでは、 1566年、 1567年、 hungariansでは、 1571年、フランスでは、 1578年と、極でいます。 The same month in which the confession was adopted at Zurich, Frederick III appeared before the Diet and so defended his position that he was not tried for heresy.同じ月に採択された自白は、チューリヒ、フリードリヒ3世と今国会の前に現れた彼の立場を擁護しようとしていないために彼は異端です。

Due to its origin as Bullinger's personal confession, which followed the order of the twenty-seven articles of the First Helvetic Confession, the Second Helvetic Confession is really a theological treatise with thirty chapters and over twenty thousand words.ブリンガーのためにその起源としての個人的な告白は、その後の順番は、記事の最初の27 helvetic告白は、 2番目の告白helvetic神学論文では、実際には30の支部と20000以上の単語です。 This lengthy scholarly statement shows the consistency of the Reformed position with that of the Greek and Latin church fathers.長い学術的整合性を示し、この声明は、改革派の立場をしては、ギリシャとローマカトリック教会の父。 Although the confession accepts the ecumenical creeds, it does not accept the primacy of Rome.エキュメニカル信条の告白を受け入れるのにもかかわらず、それに対する優位性を受け入れるローマではありません。 Scripture is given primacy, and this is shown by the fact that the first two chapters emphasize that belief.啓典を与えられたの優位は、これが表示されたという事実を強調して最初の2つの支部の信念だ。 Scripture is God's Word, which has precedence over the church fathers, councils, and church tradition.聖書は、神の言葉は、教会の祖先が優先さは、協議会は、教会の伝統とします。 Chapters III-V deal with God, his unity, his trinity, the problem of idols, images, and with God's proper worship.支部IIIの対処- v神は、彼の団結し、彼のトリニティは、その問題の偶像、画像、および適切な神の崇拝しています。 The doctrine of providence and creation are the topics of chapters VI-VII, while chapters VIII-XI cover the fall, free will, predestination, where election to reprobation is not mentioned, and Christ as the true God-man and only Savior of the world.摂理の教義と創造の支部は、 viのトピックス- 7 、 viii - xiカバーしながら秋の章は、無料では、予定説は、どこの選挙ではない言及を非難し、キリストの真の神としての人間とは、救い主のみ世界です。 The next five chapters generally cover the way of salvation and the new life in Christ.通常、次の5つの章をカバーすると、新しい生活の方法で、キリストの救いだ。 Chapter XII discusses the law of God; XIII the gospel of Christ; XIV the repentance and conversion of mankind; XV justification of faith; XVI faith and good works where good works are done out of gratitude for God's grace and not for merit.同法第12章神の考察;キリストの福音書13 ; 14世の人類の悔い改めとコンバージョン; 15名分の信仰; 16世の信仰と良い作品良い作品は、どこに感謝の意を完了するために、神の恵みとメリットない。 Chapters XVII-XXI present the Reformed position on the church, the role of the ministry, and the two sacraments, baptism and the Lord's Supper. 17 - 21の支部は、現在の改革派教会の位置は、同省の役割は、 2つの秘跡とは、主の洗礼と夕食。 The last nine chapters cover church ordinances; XXII is on religious and ecclesiastical meetings; XXIII deals with prayers and singing; XXIV with holy days and fasting; XXV catechizing and visiting the sick; XXVI burial; XXVII rites and ceremonies; XXVIII possessions of the church; XXIX marriage and celibacy; and XXX the magistry, where the taking up of arms is affirmed but only in selfdefense and as a last resort.最後の9つの支部教会のカバー条例;宗教や教会の会合では、 22 ;扱っている23の祈りと歌; xxiv神聖な日として断食;弐拾伍catechizingや病人を訪問;二十六埋葬;二十七儀式や式典;二十八、教会の財産;二十九結婚と独身; magistry 、およびxxxは、どこの腕を取っているとは断言だけで、最後の手段としてselfdefense 。

The Heidelberg Catechism and the Second Helvetic Confession are the two most widely adopted and authoritative of the Reformed statements of faith. 2番目のハイデルベルクhelvetic教要理と告白は、最も広く採用さと権威の2つのステートメントの信仰改心した。

RV Schnucker右心室schnucker
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Helvetic Confession of Faith helvetic信仰告白

Outline大綱

Chapter 1 - Of The Holy Scripture Being The True Word of God 第1章 -教典には、神の言葉の真の
Canonical Scripture 正準典
Scripture Teaches Fully All Godliness 完全にすべての神を敬うことを教えて啓典
The Preaching of the Word of God Is the Word of God 説教は、神のみことばは、神のみことば
Inward Illumination Does Not Eliminate External Preaching 内側に照明がない外部の説教をなくす
Heresies heresies
Apocrypha 外典

Chapter 2 - Of Interpreting The Holy Scripture; and of the Fathers 第2章 -教典の解釈;とは、父の
The True Interpretation of Scripture 啓典の真の解釈
Interpretations of the Holy Fathers 祖先の神聖な解釈
Councils 協議会
Traditions of Men 伝統の男性

Chapter 3 - Of God, His Unity and Trinity 第3章 -神は、彼の団結とトリニティ
God Is One 神は一つ
God Is Three 神は、 3つの
Heresies heresies

Chapter 4 - Of Idols or Images of God, Christ and The Saints 第4章 -または画像の偶像神は、キリストと聖徒
Images of God 画像の神
Lactantius ラクタンティウス

Chapter 5 - Of The Adoration, Worship and Invocation of God's Name 第5章 -の礼拝は、神を崇拝すると呼び出しの名前
God Alone Is To Be Adored and Worshipped 神を崇拝されるだけでは、崇拝
God Alone Is To Be Invoked Through the Mediation of Christ Alone 神に呼び出されただけでは、キリストの仲立ちで一人で
The Saints Are Not To Be Adored, Worshipped or Invoked 聖人崇拝されるのではない、または呼び出さ崇拝
The Due Honor To Be Rendered to the Saints 名誉のためにレンダリングされるセインツ
Relics of the Saints 遺跡のセインツ
Swearing by God's Name Alone ののしることによって、神の名を一人で

Chapter 6 - Of the Providence of God 第6章 -は、神の摂理
All Things Are Governed by the Providence of God 全能の神の摂理に支配される
The Epicureans そのepicureans
Means Not To Be Despised 軽蔑されないことを意味

Chapter 7 - Of The Creation of All Things: Of Angels, the Devil, and Man 第7章 -は、すべてのものの創造:の天使は、悪魔と男
God Created All Things 全能の神を作成
Of Angels and the Devil 天使と悪魔の
Of Man の男
The Sects この宗派

Chapter 8 - Of Man's Fall, Sin and the Cause of Sin 第8章 -の男の秋には、罪と罪の原因
The Fall of Man 秋の男
Sin
Death
Original Sin 原罪
The Sects この宗派
God Is Not the Author of Sin, and How Far He Is Said to Harden 著者は、神の罪ではない、と彼はどのように遠くによるとハーデン
Curious Questions 好奇心の質問

Chapter 9 - Of Free Will, and Thus of Human Powers 第9章 -自由意志は、こうして、人間の列強
What Man Was Before the Fall 男は前には何の秋
After the Fall 崩壊後
Man Does Evil by His Own Free Will 悪された男は、自分の自由意志
Man Is Not Capable of Good Per se 有能な男ではないあたりの良い
Understanding of the Arts 芸術の理解
Of What Kind Are the Powers of the Regenerate, and in What Way Their Wills Are Free どんな種類の再生するには、列強のは、自分の意志とはどのような方法では、無料で
The Regenerate Work Not Only Passively but Actively しかし、仕事を再生するだけでなく、積極的に受動
The Free Will Is Weak in the Regenerate 自由意志が弱いのは、再生する
In External Things There Is Liberty 外部の物事には、自由の女神
Heresies heresies

Chapter 10 - Of the Predestination of God and the Election of the Saints 第10章 -神の宿命とは、選挙では、セインツ
God Has Elected Us Out of Grace 神が私たちのうちに選出グレース
We Are Elected or Predestinated in Christ 私たちは、キリストの選出やpredestinated
We Are Elected for a Definite Purpose 我々は明確な目的のために選出
We Are to Have a Good Hope for All 我々は、すべての希望を持つ良い
Whether Few Are Elect 当選するかどうかは、いくつかの
What in This Matter Is To Be Condemned この件に関しては、どのように非難される
Admonitions Are Not in Vain Because Salvation Proceeds from Election 救世admonitionsではないが無駄になるため、収入から総選挙
Whether We Are Elected 我々は当選するかどうか
Temptation in Regard to Predestination 誘惑に関連して宿命

Chapter 11 - Of Jesus Christ, True God and Man, the Only Savior of the World 第11章 -イエスキリストは、真の神と男は、世界で唯一の救世主
Christ Is True God キリストが真の神
The Sects この宗派
Christ Is True Man, Having Real Flesh キリストは、真の男で、本物の肉
A Rational Soul in Christ 合理的で、キリストの魂
Two Natures in Christ 2つの性質は、キリスト
Not Two but One Christ しかし、 1つのない2つのキリスト
The Sects この宗派
The Divine Nature of Christ Is Not Passible, and the Human Nature Is Not Everywhere キリストは神の本質ではないpassible 、人間の本性と、至る所ではない
The Sects この宗派
Our Lord Truly Suffered 私たちの主を真に受けた
Impartation of Properties impartationのプロパティ
Christ Is Truly Risen from the Dead キリストが死んでから、真に上昇
Christ Is Truly Ascended Into Heaven キリストは、天に昇って真に
The Sects この宗派
The Fruit of Christ's Death and Resurrection 果実は、キリストの死と復活
Jesus Christ Is the Only Savior of the World, and the True Awaited Messiah 救い主イエスキリストは、唯一の世界では、と期待されているの真の救世主
The Creeds of Four Councils Received 協議会の4つの信条を受け取った
The Sects この宗派

Chapter 12 - Of the Law of God 第12章 -神の法則
The Will of God Is Explained for Us in the Law of God 神の意志には、説明のために私たちは、神の法則
The Law of Nature 自然の法則
The Law Is Complete and Perfect 同法は完成しており、完璧な
Why the Law Was Given なぜこの法律は、与えられた
The Flesh Does Not Fulfill the Law 同法はない肉を果たす
How Far the Law Is Abrogated 同法は、どの程度まで廃止

Chapter 13 - Of the Gospel of Jesus Christ, of the Promises, … 13章 -は、イエスキリストの福音は、その約束は、 …
The Ancients Had Evangelical Promises 福音派は、昔の約束
The Promises Twofold 二重の約束
The Fathers Also Had Not Only Carnal but Spiritual Promises 肉欲だけでなく、父親もいたしかし、精神的な約束
What Is the Gospel Properly Speaking? 正確に言えば、福音書は何ですか?
Of the Spirit and the Letter その精神との手紙
The Sects この宗派
The Teaching of the Gospel Is Not New, but Most Ancient Doctrine その教えは、福音書ではない新しいが、ほとんどの古代の教義

Chapter 14 - Of Repentance and the Conversion of Man 第14 -の後悔と、コンバージョンの男
What Is Repentance? 後悔は何ですか?
True Repentance Is Conversion to God 真の後悔は神への変換
Sacerdotal Confession and Absolution 聖職の告白と罪の赦し
Of the Keys of the Kingdom of Heaven その鍵は、天国
Opening and Shutting (the Kingdom) 開閉(王国)
The Ministry of Reconciliation 同省の和解
Ministers Remit Sins 閣僚の罪を送金
How Ministers Absolve どのように閣僚免除
Diligence in the Renewal of Life 勤勉さは、人生の再生
Errors エラー
The Sects この宗派
Papal Indulgences ローマ法王におぼれる
Satisfactions satisfactions

Chapter 15 - Of the True Justification of the Faithful 15章 -忠実には、真の正当化
What Is Justification? 正当な理由は何ですか?
We Are Justified on Account of Christ 私たちはキリストのアカウントを正当化して
Imputed Righteousness 転嫁された義
We Are Justified by Faith Alone 私たちは信仰だけで正当化される
We Receive Christ By Faith キリストによって我々の信仰を受け取る
James Compared with Paul ジェームズポールと比較して

Chapter 16 - Of Faith and Good Works, and of Their Reward, 第16 -信仰と良い作品は、彼らの報酬とは、
What Is Faith? 信仰は何ですか?
Faith Is the Gift of God 信仰は、神の贈り物
Faith Efficacious and Active あらたかな信仰やアクティブ
Concerning Good Works 良い作品に関する
Works of Human Choice 人間の動作の選択
The End of Good Works 最後に良い作品
Good Works Not Rejected 良い作品を拒否しない
We Are Not Saved by Good Works 我々は良い作品保存されていない
Good Works Please God 良い作品神してください。
We Teach True, Not False and Philosophical Virtues 私たちに教える真のではなく、虚偽と哲学的美徳
God Gives a Reward for Good Works 神のご褒美を与える良い作品
There Are Not Merits of Men メリットのある男ではない

Chapter 17 - Of The Catholic and Holy Church of God,… 17章 -は、カトリック教会と聖神は、 …
The Church Has Always Existed and It Will Always Exist その教会は常に存在し、それは常に存在する
What Is the Church? その教会は何ですか?
One Commonwealth 1つの連邦
Only One Church for All Times たった1回、すべての教会
The Catholic Church カトリック教会
Parts of Forms of the Church 部品の形態の教会
The Particular Church 特定の教会
The Two Peoples 2つの民族
The Church the Temple of the Living God テンプルオブザリビング教会の神
Christ the Sole Head of the Church 単独の頭のキリスト教会
No Disorder in the Church 障害のない教会
Dissensions and Strife in the Church dissensionsとの争いは、教会
Of the Notes or Signs of the True Church の注意事項や、真の教会の兆し
Outside the Church of God There Is No Salvation 教会の外に神の救いはない
The Church Is Not Bound to Its Signs 教会に行き、その兆候ではない
The Church Appears at Times To Be Extinct 表示された時に、教会の絶滅
Not All Who Are in the Church Are of the Church すべての人はいないのでは、教会の教会
We Must Not Judge Rashly of Prematurely 軽率には早すぎると判断してはいけない
The Unity of the Church Is Not in External Rites 教会の団結ではない外部の儀式

Chapter 18 - Of The Ministers of The Church, Their Institution and Duties 第18 -の閣僚は、教会は、彼らの機関及び職務
God Uses Ministers in the Building of the Church 閣僚ではこの建物の中で神の教会
The Ministry Is Not To Be Despised 同省ではないと軽蔑される
Who the Ministers Are and of What Sort God Has Given the World 閣僚たちは、神が与えられたとはどのような種類の世界
Christ the Teacher キリストの教師
Ministers of the New Testament 閣僚は、新約聖書
Papal Orders ローマ法王の注文
Concerning Monks 僧侶に関する
Ministers Are To Be Called and Elected 閣僚が選出されると呼ばれる
Ordination 聖職叙任
Priesthood of All Believers 聖職者のすべての信者
Priests and Priesthood プリーストと聖職
The Nature of the Ministers of the New Testament 閣僚は、その性質上、新約聖書
Ministers as Stewards of the Mysteries of God 幹事は、閣僚としての神の謎
The Power of Ministers of the Church 閣僚は、教会の力
The Lord Reserves True Power for Himself 主電源を自分自身の真の埋蔵量
The Power of the Office and of the Minister 電源は、オフィス用とは、相
The Power of Ministers Is One and the Same, and Equal 閣僚は、 1つのパワーと同じ、と等しい
Order To Be Preserved のために保存される
When and How One Was Placed Before the Others 1つは、いつ、どのように配置する前に、他の
The Duties of Ministers 大臣の職務
Discipline 規律
Even Evil Ministers Are To Be Heard 大臣は、悪を聞いても
Synods synods
The Worker Is Worthy of His Reward 労働者が自分の報酬に値する

Chapter 19 - Of the Sacraments of the Church of Christ 19章 -は、キリスト教会の秘跡
The Sacraments [Are] Added to the Word and What They Are の秘跡[は]言葉を追加して、彼らはどのような
Some Are Sacraments of the Old, Others of the New, Testaments いくつかの秘跡のは、古い、他の新しい、 testaments
The Number of Sacraments of the New People 秘跡の数は、新たな人々
The Author of the Sacraments 作者の秘跡
Christ Still Works in Sacraments まだ作品は、キリスト秘跡
The Author and the Ministers of the Sacraments To Be Distinguished 作者と区別される閣僚の秘跡
The Substance or Chief Thing in the Sacraments 主なものは、その物質または秘跡
The Similarity and Difference in the Sacraments of Old and New Peoples 秘跡の類似点と相違は、古さと新しさの人々
Our Sacraments Succeed the Old Which Are Abrogated 我々の成功の古い秘跡が廃止
In What the Sacraments Consist 構成には、何の秘跡
The Consecration of the Sacraments その奉献の秘跡
Signs Take Name of Things Signified 名前の印を取ることを意味
The Sacramental Union 労働組合の聖礼典
The Sects この宗派
The Thing Signified Is Neither Included in or Bound to the Sacraments その意味は、どちらも含まれることに縛られている、または秘跡
The Purpose for Which Sacraments Were Instituted その目的のため設立された秘跡

Chapter 20 - Of Holy Baptism 第20章 -洗礼式
The Institution of Baptism 同機関の洗礼
One Baptism 1つの洗礼
What it Means To Be Baptized どういうものかということによって、バプテスマを受け
We Are Baptized with Water 私たちは、水でバプテスマを受け
The Obligation of Baptism その義務の洗礼
The Form of Baptism フォームの洗礼
The Minister of Baptism 大臣の洗礼
Anabaptists anabaptists

Chapter 21 - Of the Holy Supper of the Lord 21章 -は、神聖な夕食の主
The Supper of the Lord 夕食は、主に、
The Author and Consecrator of the Supper 奉献者は、作者との夕食
A memorial of God's Benefits 記念碑の神の恩恵
The Sign and Thing Signified 意味のものに署名し、
Spiritual Eating of the Lord 食べるのは、主に精神的な
Christ as Our Food Sustains Us in Life 私たちは、キリストとして私たちの生活を支える食品
Christ Received by Faith キリストの信仰によって受け取った
Spiritual Food 精神的な食品
Eating Necessary for Salvation 食べるのに必要な救済
Sacramental Eating of the Lord 食べるのは、主の聖礼典
Unbelievers Take the Sacrament to Their Judgment 聖餐を受ける不信心者に自分の判断
The Presence of Christ in the Supper 夕食は、キリストの存在
Other Purposes of the Lord's Supper 他の目的のためには、主の夕食
Preparation for the Supper 夕食のための準備
The Observance of the Supper with Both Bread and Wine その両方を遵守してパンとワインの夕食

Chapter 22 - Of Religious and Ecclesiastical Meetings 第22 -宗教や教会のミーティング
What Ought To Be Done in Meetings for Worship ミーティングで行われる必要があるべき姿だとは何のために仕え
Meetings for Worship Not To Be Neglected ミーティングをおろそかにしないように崇拝
Meetings Are Public ミーティングは、公共
Decent Meeting Places まともな会議所
Modesty and Humility To Be Observed in Meetings つつましさと謙虚さをミーティングで観察される
The True Ornamentation of Sanctuaries 真の装飾の保護区
Worship in the Common Language 礼拝堂は、共通言語

Chapter 23 - Of the Prayers of the Church, of Singing, and of Canonical Hours 23章 -教会の祈りが、カンテは、時間とのカノニカル
Common Language 共通語
Free Prayer 無料の祈り
The Method To Be Employed in Public Prayers その方法を採用される公共の祈り
Singing
Canonical Hours カノニカル時間

Chapter 24 - Of Holy Days, Fasts and the Choice of Foods 第24 -の聖なる日間、断食や食品の選択
The Time Necessary for Worship そのために必要な時間を崇拝する
The Lord's Day 主の日
Superstition 迷信
The Festivals of Christ and the Saints キリストと聖人の祭り
Fasting 断食
Public and Private Fasting 公共と民間の断食
Characteristics of Fasting 断食の特性
Lent レント
Choice of Food 食品の選択
Sects 宗派

Chapter 25 - Of Catechizing and of Comforting and Visiting the Sick 25章 -c atechizingとの励みになるとは、病人を訪問
Youth To Be Instructed in Godliness 若者に指示される神を敬う
The Visitation of the Sick 面会は、病気の

Chapter 26 - Of the Burial of the Faithful, and of the Care to Be Shown… 第26 -の埋葬を忠実には、表示されるとのケア…
The Burial of Bodies 埋葬の遺体
The Care of the Dead そのケアオブザデッド
The State of the Soul Departed from the Body 同州の魂を出発して体
Purgatory 煉獄
The Apparition of Spirits その幻影のスピリッツ

Chapter 27 - Of Rites, Ceremonies and Things Indifferent 27章 -の儀式は、結婚式や物事に無関心
Ceremonies and Rites 式典や儀式
Diversity of Rites 多様な儀式
Things Indifferent 物事に無関心

Chapter 28 - Of the possessions of the Church 28章 -のは、教会の財産
The Possessions of the Church and Their Proper Use 自分の所有物の適切な使用とその教会
The Misuse of the Church's Possessions 教会の財産の誤用

Chapter 29 - Of Celibacy, Marriage and the Management of Domestic Affairs 第29 -独身は、結婚と経営陣の内政
Single People 独身者
Marriage 結婚
How Marriages Are To Be Contracted 結婚では、どのように契約
Matrimonial Forum 婚姻フォーラム
The Rearing of Children 子供たちの飼育

Chapter 30 - Of the Magistracy 第30 -m agistrateの管轄は、
The Magistracy Is from God magistrateの管轄は、神から
The Duty of the Magistrate その任務は、治安判事
War 戦争
The Duty of Subjects 科目の義務
Sects and Seditions 宗派やseditions


Also, see:また、参照してください:
Helvetic Confession - full text helvetic告白-全文


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです