Second Helvetic Confession 2番目の告白helvetic

General Information 総合案内

Chapter 1 - Of the Holy Scripture Being the True Word of God第1章-教典には、神の言葉の真の

Canonical Scripture. We believe and confess the canonical Scriptures of the holy prophets and apostles of both Testaments to be the true Word of God, and to have sufficient authority of themselves, not of men. カノニカル典。白状すると、私たちは、聖なるカノニカル聖書の預言者たちと使徒testaments両方の真の神のみことばには、十分な権限を持つと自分自身ではなく、男性です。 For God himself spoke to the fathers, prophets, apostles, and still speaks to us through the Holy Scriptures.スポーク自分自身のために、父親の神は、預言者、使徒、そしてまだ聖書を通して、私たちが喋る。

And in this Holy Scripture, the universal Church of Christ has the most complete exposition of all that pertains to a saving faith, and also to the framing of a life acceptable to God; and in this respect it is expressly commanded by God that nothing either be added to or taken from the same.そして、この教典は、キリスト教会の普遍的には、ほとんど完全な博覧会に関連するすべての信仰を節約し、フレーミングしても、人生を神に受け入れられる;と命じ、この点が明示されたことは、神のどちらかが何もない泳いだから採取するか、または同じです。

Scripture Teaches Fully All Goodness. We judge, therefore, that from these Scriptures are to be derived true wisdom and godliness, the reformation and government of churches; as also instruction in all duties of piety; and, to be short, the confirmation of doctrines, and the rejection of all errors, moreover, all exhortations according to that word of the apostle, "All Scripture is inspired by God and profitable for teaching, for reproof," etc. (2 Tim. 3:16-17). すべての善良完全に啓典を教えてください。我々裁判官は、従って、これらのことから導出される聖書は、真の知恵と神を敬うことは、政府の改革と教会;としても、すべての職務命令忠義;や、ショートには、教説の確認は、拒絶反応のすべてのエラーとは、また、すべてのexhortationsによると、その単語の最初の伝道者は、 "聖書は、すべて神と収益性を教えることに触発され、叱責は、 "等( 2ティム。 3:16-17 ) 。 Again, "I am writing these instructions to you," says the apostle to Timothy, "so that you may know how one ought to behave in the household of God," etc. (1 Tim. 3:14-15).繰り返しますが、 "私は、これらの手順を書く場合は、 "伝道者によると、ティモシーは、 "知っている場合がありますので、どのように振る舞うの1つは、家計のあるべき姿だと神は、 "等( 1ティム。 3:14-15 ) 。

Scripture is the Word of God. Again, the selfsame apostle to the Thessalonians: "When," says he, "you received the Word of God which you heard from us, you accepted it, not as the word of men but as what it really is, the Word of God," etc. (1 Thess. 2:13.) For the Lord himself has said in the Gospel, "It is not you who speak, but the Spirit of my Father speaking through you"; therefore "he who hears you hears me, and he who rejects me rejects him who sent me" (Matt. 10:20; Luke 10:16; John 13:20). 聖書は、神のみことばです。繰り返しますが、同じ使徒をthessalonians : "ときには、 "と語って、 "あなたの元に届い神のみことばを聞いてから私たちは、あなた受け入れたことではなく、人間の言葉として、しかし、どのようなこと実際には、神のみことばは、 "等( 1 thess 。 2時13分です。 )は、主ご自身のための福音書によると、 "あなたたちに話すことではありませんが、私の父の精神を介して言えばあなた" ;したがって"彼は誰に聞いて聞いてくれて、彼は私を拒否を拒否した者たちを送ってきた" ( matt. 10:20 ;ルーク10:16 ;ヨハネ13時20分) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Preaching of the Word of God Is the Word of God. Wherefore when this Word of God is now preached in the church by preachers lawfully called, we believe the very Word of God is proclaimed, and received by the faithful; and that neither any other Word of God is to be invented nor is to be expected from heaven: and that now the Word itself which is preached is to be regarded, not the minister that preaches; for even if he be evil and a sinner, nevertheless the Word of God remains still true and good. 説教は、神のみことばは、神のみことばです。それは、神のみことばを今このときには、教会の説教を説教師と呼ばれる合法的には、我々は、神の言葉を信じて、非常に宣言、と受け取られたことを忠実;としてもいかなる神のみことばは、他にも発明されると予想されるが天から:とは、今はその言葉自体が説教されると見なすことは、説教していない大臣;たとえ彼のために悪の罪人とは、その言葉にもかかわらず、まだ真の神の遺跡と良いです。

Neither do we think that therefore the outward preaching is to be thought as fruitless because the instruction in true religion depends on the inward illumination of the Spirit, or because it is written "And no longer shall each man teach his neighbor . . ., for they shall all know me" (Jer. 31:34), and "Neither he who plants nor he who waters is anything, but only God who gives the growth" (1 Cor. 3:7).従って我々は、どちらかの外側に説法としては、実りのないものであると考えているためで、命令に依存して、真の宗教の精神の内側に照明、または書面によるなぜならこれは"それぞれの男とは、もはや彼の隣人を教える。 。 。 。かれらは知っている私のすべて" ( jer. 31:34 ) 、そして"誰も彼も彼の人の水域は、何かの植物が、その成長に施しをする者は神のみぞ" ( 1うわっ。 3時07分) 。 For although "no one can come to Christ unless he be drawn by the Father" (John 6:4), and unless the Holy Spirit inwardly illumines him, yet we know that it is surely the will of God that his Word should be preached outwardly also.にもかかわらず"誰も来ていない限り、キリストに描かれる彼の父" (ヨハネ6時04分) 、内心illumines聖霊としない限り、彼には、まだ我々は知っていることは確かに彼は神の言葉を説教しなければならない外見上にも。 God could indeed, by his Holy Spirit, or by the ministry of an angel, without the ministry of St. Peter, have taught Cornelius in the Acts; but, nevertheless, he refers him to Peter, of whom the angel speaking says, "He shall tell you what you ought to do."神が実際には、彼の聖霊によって、または省の天使は、聖ペテロの部なしでは、コルネリウスが教えたの行為;しかし、にもかかわらず、彼は彼を指しますピーターは、天使に言えば、人によれば、 "彼は、あなたがすべきことを教えてください。 "

Inward Illumination Does Not Eliminate External Preaching. For he that illuminates inwardly by giving men the Holy Spirit, the same one, by way of commandment, said unto his disciples, "Go into all the world, and preach the Gospel to the whole creation" (Mark 16:15). 内側に照明をなくす外部説教はありません。内心を与えることを明らかにして彼は、聖霊の男性は、同じ1つは、道の命令によって、彼の弟子によると、かれは、 "すべての世界に入る、と福音を説く全体を創造" (マーク16:15 ) 。 And so in Philippi, Paul preached the Word outwardly to Lydia, a seller of purple goods; but the Lord inwardly opened the woman's heart (Acts 16:14).フィリッピと今では、外見上のポール説教の言葉をリディアは、紫色のグッズを販売;しかし、主にオープン内心、女性の心臓( 16時14行為) 。 And the same Paul, after a beautiful development of his thought, in Rom.そして、同じポールは、彼の思考の後、美しい開発は、 ROMのです。 10:17 at length comes to the conclusion, "So faith comes from hearing, and hearing from the Word of God by the preaching of Christ." 10:17とうとうその結論となると、 "だから信仰から来て公聴会は、神のみことばを聞いてから、キリストの説教される"と述べた。

At the same time we recognize that God can illuminate whom and when he will, even without the external ministry, for that is in his power; but we speak of the usual way of instructing men, delivered unto us from God, both by commandment and examples.それと同時に認識して、神が私たちを照らし出すときは、誰とでもなく、外部省によると、それは彼のために電源;しかし、我々の指導は、通常の方法で話すの男性は、わたしたちから神の配達は、両方の命令によって、例です。

Heresies. We therefore detest all the heresies of Artemon, the Manichaeans, the Valentinians, of Cerdon, and the Marcionites, who denied that the Scriptures proceeded from the Holy Spirit; or did not accept some parts of them, or interpolated and corrupted them. heresies 。 heresiesの我々のすべてのartemon嫌悪したがって、 manichaeans 、 valentinians 、 cerdon 、 marcionitesとは、誰より進み否定して、聖書は、聖霊;またはいくつかの部分を受け入れていない、または破損して補間しています。

Apocrypha. And yet we do not conceal the fact that certain books of the Old Testament were by the ancient authors called Apocryphal, and by others Ecclesiastical; inasmuch as some would have them read in the churches, but not advanced as an authority from which the faith is to be established. 外典。それでいてという事実を隠すことはありません特定の書籍は、旧約聖書は作り話と呼ばれる古代の作者は、他の教会とされた; 〜だけれどもいくつかの教会がかれらを読むことはできませんが、より高度な権限として信仰が確立される。 As Augustine also, in his De Civitate Dei, book 18, ch.アウグスティヌスとしても、彼のデcivitateデイは、 18本のは、チャンネルです。 38, remarks that "in the books of the Kings, the names and books of certain prophets are cited"; but he adds that "they are not in the canon"; and that "those books which we have suffice unto godliness." 38 、発言をして"は、書籍の王は、預言者の名前とは、特定の書籍の引用" ;しかし、彼を追加して"彼らは、キヤノンではない" ;とは、 "我々は、それらの書籍を十分かれ神を敬うことです。 "

Chapter 2 - Of Interpreting the Holy Scriptures; and of Fathers, Councils, and Traditions第2章-聖書の解釈;との祖先は、協議会、および伝統

The True Interpretation of Scripture. The apostle Peter has said that the Holy Scriptures are not of private interpretation (II Peter 1:20), and thus we do not allow all possible interpretations. 啓典の真の解釈です。使徒ペテロは、聖書によると、民間の解釈ではない( ⅱピーター1時20分) 、こうして私たちは可能な全ての解釈が認められていない。 Nor consequently do we acknowledge as the true or genuine interpretation of the Scriptures what is called the conception of the Roman Church, that is, what the defenders of the Roman Church plainly maintain should be thrust upon all for acceptance.その結果として認めることも我々の真のまたは正規の聖書解釈は、どのような概念は、ローマの教会と呼ばれる、つまり、どのような守備は、ローマ教会の質素推力を維持しなければならないのすべてを引き受けている。 But we hold that interpretation of the Scripture to be orthodox and genuine which is gleaned from the Scriptures themselves (from the nature of the language in which they were written, likewise according to the circumstances in which they were set down, and expounded in the light of like and unlike passages and of many and clearer passages) and which agree with the rule of faith and love, and contributes much to the glory of God and man's salvation.しかし、我々の啓典を保留して解釈される正規の正統派とは、聖書から収集して(自然からの言語で書かかれらは、同様の状況によると、かれらはセットでダウンし、詳しく説明は、光のように、多くのとは違って、明確に通路や通路)やこれに同意するルールの信仰と愛、そして多くの貢献をし、神の栄光の男の救いだ。

Interpretations of the Holy Fathers. Wherefore we do not despise the interpretations of the holy Greek and Latin fathers, nor reject their disputations and treatises concerning sacred matters as far as they agree with the Scriptures; but we modestly dissent from them when they are found to set down things differing from, or altogether contrary to, the Scriptures. 祖先の神聖な解釈です。軽蔑しないで、何のために我々は、神聖なギリシャ語とラテン語の解釈の祖先は、彼らの論争を拒否するとの論文も神聖な事柄に関する限り、聖書は彼らに同意する;しかし、我々控えめに異議を申し立てることを見つけたときは、セットダウンからの異なるもの、または完全に反して、聖書です。 Neither do we think that we do them any wrong in this matter; seeing that they all, with one consent, will not have their writings equated with the canonical Scriptures, but command us to prove how far they agree or disagree with them, and to accept what is in agreement and to reject what is in disagreement.我々は、私たちはどちらか間違ってこの件に関するいかなる;会いして彼らは皆、 1つの同意して、彼らの記述は同等ではないカノニカル聖書が、私たちを証明するコマンドまたはどの程度まで彼らに反対することに同意する、として何が受け入れを拒否し、契約書とは、どのような意見の相違です。

Councils. And in the same order also we place the decrees and canons of councils. 協議会です。とは、同じ場所にするためにも、我々の審議会令や規範です。

Wherefore we do not permit ourselves, in controversies about religion or matters of faith, to urge our case with only the opinions of the fathers or decrees of councils; much less by received customs, or by the large number who share the same opinion, or by the prescription of a long time.何のために自分自身を許可することはありません、論争については、宗教や信仰の問題は、我々のケースを促すだけでは、父親の意見や、審議会令;はるかに少ない受け取った税関では、数多くの人と共有されるか、同じ意見では、あるいは処方されたのは長い付き合いだ。

Who is the judge? Therefore, we do not admit any other judge than God himself, who proclaims by the Holy Scriptures what is true, what is false, what is to be followed, or what to be avoided. 誰が判断するのか。従って、我々は神よりも自分自身を認める、他の判事は、誰proclaims聖書には何が真実では、どのような虚偽とは、どのように続いて、あるいは何を避けるべきです。 So we do assent to the judgments of spiritual men which are drawn from the Word of God.だから私たちは精神的な判断に同意している男性の中から選ばれた神のみことばです。 Certainly Jeremiah and other prophets vehemently condemned the assemblies of priests which were set up against the law of God; and diligently admonished us that we should not listen to the fathers, or tread in their path who, walking in their own inventions, swerved from the law of God.確かに躍起になって死刑囚の預言者エレミアおよびその他のアセンブリのプリーストセットアップされた神の法に反して、私たちと警告して熱心に耳を傾ける我々の祖先ではない、あるいは自分の道を踏む者は、ウォーキングで、自分の発明は、 swervedから神の法則です。

Traditions of Men. Likewise we reject human traditions, even if they be adorned with high-sounding titles, as though they were divine and apostolical, delivered to the Church by the living voice of the apostles, and, as it were, through the hands of apostolical men to succeeding bishops which, when compared with the Scriptures, disagree with them; and by their disagreement show that they are not apostolic at all. 伝統の男性です。同様に我々の伝統を拒否する人間は、たとえ、それらが飾られる仰々しいタイトルは、まるで彼らは神とapostolical 、教会に配信されるボイスオブザリビング、使徒、とは、言ってみれば、その手を介して後任の司教にどのapostolical男性は、時と比較して、聖書は、異論があること、そして彼らの意見の相違を示すことによって彼らはすべての使徒ではない。 For as the apostles did not contradict themselves in doctrine, so the apostolic men did not set forth things contrary to the apostles.矛盾していないために、使徒としての教義自身では、男性しなかったので、ローマ教皇に反して、使徒に定めるものです。 On the contrary, it would be wicked to assert that the apostles by a living voice delivered anything contrary to their writings.とは逆に、邪悪なことが、使徒を主張して配信されるものは逆に彼らの生活の声記述します。 Paul affirms expressly that he taught the same things in all churches (1 Cor. 4:17).ポール肯定明示して、同じようなことを教えられた彼は、すべての教会( 1うわっ。 4時17分) 。 And, again, "For we write you nothing but what you can read and understand."そして、再び、 "何もないことを書くために私たちは何をすれば読んで理解することができます。 " (2 Cor. 1:13). ( 2うわっ。 1時13分) 。 Also, in another place, he testifies that he and his disciples--that is, apostolic men--walked in the same way, and jointly by the same Spirit did all things (2 Cor. 12:18).また、別の場所で、彼は証明して、彼と彼の弟子-それは、ローマ教皇の男性-歩いたのと同じ手法では、と共同で、同じスピリットはすべてのもの(2うわっ。1 2 :18)。 Moreover, the Jews in former times had the traditions of their elders; but these traditions were severely rejected by the Lord, indicating that the keeping of them hinders God's law, and that God is worshipped in vain by such traditions (Matt. 15:1ff.; Mark 7:1 ff.).また、元タイムズは、ユダヤ人が彼らの年長者の伝統;しかし、これらの伝統が拒否される重度の主は、かれらの妨げていることを示す、神の律法を維持する、として神を崇拝しても無駄では、このような伝統( 15時01分FFのmatt. 。 ;マークFFの午前7時01分です。 ) 。

Chapter 3 - Of God, His Unity and Trinity第3章-神は、彼の団結とトリニティ

God Is One. We believe and teach that God is one in essence or nature, subsisting in himself, all sufficient in himself, invisible, incorporeal, immense, eternal, Creator of all things both visible and invisible, the greatest good, living, quickening and preserving all things, omnipotent and supremely wise, kind and merciful, just and true. 神は一つです。我々は一つの神を信じるとは本質的に教えることや自然、自分自身自給では、自分自身のすべてを十分には、目に見えない、無体は、計り知れない、永遠には、すべてのものの生みの有形無形の両方を、最大の良い、リビング、速まるすべてのものを保存し、全能ずば抜けて賢いとは、親切で慈悲深く、そして真実だけです。 Truly we detest many gods because it is expressly written: "The Lord your God is one Lord" (Deut. 6:4).本当に多くの神々を嫌悪するので、我々は、明示的に書か: "あなたの神、主の主は一つ" ( deut. 6時04分) 。 "I am the Lord your God. You shall have no other gods before me" (Ex. 20:2-3). "私はあなたの神、主です。なたは他の神々を前に私にはない" (例: 20:2-3 ) 。 "I am the Lord, and there is no other god besides me. Am I not the Lord, and there is no other God beside me? A righteous God and a Savior; there is none besides me" (Isa. 45:5, 21). "私は、主よ、そして他の神のほかにはないよ。私は、主よ、そして他の神のそばにはないのですか?する正義の神と救い主;なしには私のほかに" ( isa. 45:5 、 21 ) 。 "The Lord, the Lord, a God merciful and gracious, slow to anger, and abounding in steadfast love and faithfulness" (Ex. 34:6). "主よ、主、慈悲深き神と優雅で、ゆっくりと怒り、そしてたくさんの変わらぬ愛と忠誠心" (例: 34:6 ) 。

God Is Three. Notwithstanding we believe and teach that the same immense, one and indivisible God is in person inseparably and without confusion distinguished as Father, Son and Holy Spirit so, as the Father has begotten the Son from eternity, the Son is begotten by an ineffable generation, and the Holy Spirit truly proceeds from them both, and the same from eternity and is to be worshipped with both. 神は3つです。教えることにもかかわらず、我々と同じ計り知れないと信じ、 1つの神は、人間と密接不可分と混乱なしとして著名な父、息子と聖霊ので、息子として生まれたが、父親から永遠には、息子はひとり子を言いようのない世代には、真に聖霊とかれらの両方からの収益と、同じから永遠に崇拝されるとは、両方です。

Thus there are not three gods, but three persons, consubstantial, coeternal, and coequal; distinct with respect to hypostases, and with respect to order, the one preceding the other yet without any inequality.このようにある3つの神ではないが、 3人は、同本質は、永遠に共存して、と同等; hypostasisの複数形を区別して尊重し、敬意を注文して、まだ1つ先行することなく、他のいかなる不平等。 For according to the nature or essence they are so joined together that they are one God, and the divine nature is common to the Father, Son and Holy Spirit.自然やエッセンスのためによると、彼らは結ばれることがあるので、神は、神の性質と共通して、父親は、息子と聖霊です。

For Scripture has delivered to us a manifest distinction of persons, the angel saying, among other things, to the Blessed Virgin, "The Holy Spirit will come upon you, and the power of the Most High will overshadow you; therefore the child to be born will be called holy, the Son of God" (Luke 1:35).啓典は、私たちのためにマニフェストを区別配達人は、天使と言って、他のものの間では、聖母マリアには、 "聖霊が来る時には、電源と、最も高い場合は、影;したがって、児童に聖がコールされるために生まれ、神の御子" (ルカ1時35分) 。 And also in the baptism of Christ a voice is heard from heaven concerning Christ, saying, "This is my beloved Son" (Matt. 3:17).そしてまた、キリストの洗礼、キリストに関する天からの声は聞いた、と述べ、 "これは私の最愛の息子" ( matt. 3時17分) 。 The Holy Spirit also appeared in the form of a dove (John 1:32).聖霊にも出演するという形で鳩(ジョン1時32分) 。 And when the Lord himself commanded the apostles to baptize, he commanded them to baptize "in the name of the Father, and the Son, and the Holy Spirit" (Matt. 28:19).と命じられたときに、主ご自身の使徒に洗礼を施す、洗礼を施すように命じられた彼は"父の名の下には、息子と、聖霊" ( matt. 28:19 ) 。 Elsewhere in the Gospel he said: "When the Counselor comes, whom I shall send to you from the Father, even the Spirit of truth, who proceeds from the Father, he will bear witness to me," etc. (John 15:26).彼の他の福音書によると: "カウンセラー来るときは、誰から、わたしはあなたの父親を送信しても、真実の精神は、誰からの収益の父親は、彼は私に証言して、 "等(ヨハネ15:26 ) 。 In short, we receive the Apostles' Creed because it delivers to us the true faith.手短に言えば、我々の受信使徒信条を配信するので、私たちの真の信仰です。

Heresies. Therefore we condemn the Jews and Mohammedans, and all those who blaspheme that sacred and adorable Trinity. heresies 。 mohammedans従って、我々は、ユダヤ人を非難し、すべての人々と愛らしい聖なるトリニティ冒とくしている。 We also condemn all heresies and heretics who teach that the Son and Holy Spirit are God in name only, and also that there is something created and subservient, or subordinate to another in the Trinity, and that there is something unequal in it, a greater or a less, something corporeal or corporeally conceived, something different with respect to character or will, something mixed or solitary, as if the Son and Holy Spirit were the affections and properties of one God the Father, as the Monarchians, Novatians, Praxeas, Patripassians, Sabellius, Paul of Samosata, Aetius, Macedonius, Antropomorphites, Arius, and such like, have thought.また、すべてのheresiesや異端者を非難することを教えると聖霊は、神様の息子の名前だけでは、ともして作成され、卑屈には何か、または別の部下には、トリニティ、不平等とは何かをすることがあることは、より高いまたは、あまり、肉体的または肉体的に何か考え、何か違うものを尊重したりしてキャラクターが、何かミックスや孤独、まるで息子と聖霊は、神の愛と父親の1つのプロパティを、 monarchiansとして、 novatians 、 praxeas 、 patripassians 、サベリウス、サモサタのパウロス、 aetius 、 macedonius 、 antropomorphites 、アリウス、などのように、ある考えています。

Chapter 4 - Of Idols or Images of God, Christ and The Saints第4章-または画像の偶像神は、キリストと聖徒

Images of God. Since God as Spirit is in essence invisible and immense, he cannot really be expressed by any art or image. 神のイメージです。以来、神としての精神とは本質的に目に見えない計り知れない、彼は実際に表現されることはできません任意のアートや画像です。 For this reason we have no fear pronouncing with Scripture that images of God are mere lies.このような理由から発音して啓典を恐れることはない神のイメージは、単なる嘘です。 Therefore we reject not only the idols of the Gentiles, but also the images of Christians.従って我々は、偶像を拒否するだけでなく、 gentiles 、キリスト教徒だけでなく、イメージです。

Images of Christ. Although Christ assumed human nature, yet he did not on that account assume it in order to provide a model for carvers and painters. キリストのイメージです。仮定キリストの人間の本性にもかかわらず、まだ彼は、そのアカウントを想定していないことを提供するためにcarversや画家のモデルです。 He denied that he had come "to abolish the law and the prophets" (Matt. 5:17).彼は否定して彼が来る"と預言者を廃止する法律" ( matt. 5時17分) 。 But images are forbidden by the law and the prophets (Deut. 4:15; Isa. 44:9).しかし、画像は法律で禁止されてと預言者( deut. 4時15分;のISA 。 44:9 ) 。 He denied that his bodily presence would be profitable for the Church, and promised that he would be near us by his Spirit forever (John 16:7).彼は自分の身体の存在を否定し、教会のためにもうかるだろう、と約束したことを明らかにした彼の精神は永遠に私たちの近く(ジョン16 : 07 ) 。 Who, therefore, would believe that a shadow or likeness of his body would contribute any benefit to the pious?人は、したがって、似ているが信じると思ったのか、自分の体の影が利益に貢献して任意の信心深いですか? (2 Cor. 5:5). ( 2うわっ。 5時05分) 。 Since he abides in us by his Spirit, we are therefore the temple of God (2 Cor. 3:16).彼はこれを遵守して以来、彼の精神を我々は、我々はこのため同寺の神( 2うわっ。 3時16分) 。 But "what agreement has the temple of God with idols?"しかし、 "どのような合意には同寺の偶像神とは? " (2 Cor. 6:16). ( 2うわっ。 6時16分) 。

Images of Saints. And since the blessed spirits and saints in heaven, while they lived here on earth, rejected all worship of themselves (Acts 3:12f.; 14:11ff.; Rev. 14:7; 22:9) and condemned images, shall anyone find it likely that the heavenly saints and angels are pleased with their own images before which men kneel, uncover their heads, and bestow other honors? 聖人のイメージです。祝福して以来、聖人の霊と天国には、ここに住んでいる間に地球上で、すべての崇拝を拒否して( 3時12行為f. ; FFの14時11分です。 ;牧師14時07分、 22時09分)と非難画像は、誰にも見つけることは、天国の聖人と天使のようなものに満足しているが、自分のイメージの前にひざまずく男性は、自分の頭を発見し、他の優等授けるか?

But in fact in order to instruct men in religion and to remind them of divine things and of their salvation, the Lord commanded the preaching of the Gospel (Mark 16:15)--not to paint and to teach the laity by means of pictures.しかし、実際に指示するためには宗教の男性とのことを思い出させると、かれらの神の救いは、説法を命じ、主の福音(マーク16:15 ) -ペイントしないようにとの意味を教えるされた画像の俗人。 Moreover, he instituted sacraments, but nowhere did he set up images.しかも、彼は秘跡導入したが、彼はどこセットアップするイメージです。

The Scriptures of the Laity. Furthermore, wherever we turn our eyes, we see the living and true creatures of God which, if they be observed, as is proper, make a much more vivid impression on the beholders than all the images or vain, motionless, feeble and dead pictures made by men, of which the prophet truly said: "They have eyes, but do not see" (Ps. 115:5). 聖書の素人です。また、我々の目の電源どこに我々は、我々の生活を参照して、真の神の生き物が、彼らが観測された場合、適切としては、はるかに鮮やかな印象を作るよりも上のすべての画像や無駄な眺めさせ、動かずには、弱々しい男と死んで作られる画像は、真に預言者によると、これ: "彼らは目が、表示されていない" ( ps. 115:5 ) 。

Lactantius. Therefore we approved the judgment of Lactantius, an ancient writer, who says: "Undoubtedly no religion exists where there is an image." ラクタンティウス。従って我々の判断を承認ラクタンティウス、古代の作家は、誰によれば: "間違いなく存在していない宗教では、画像です。 "

Epiphanius and Jerome. We also assert that the blessed bishop Epiphanius did right when, finding on the doors of a church a veil on which was painted a picture supposedly of Christ or some saint, he ripped it down and took it away, because to see a picture of a man hanging in the Church of Christ was contrary to the authority of Scripture. 聖エピファニオスとジェローム。主張しても、我々を祝福する権利ビショップ聖エピファニオスときには、教会を見つけるのは、ドアの上にベール塗装されたキリストの絵やいくつかの聖人といわれて、彼は酒に酔ってダウンを奪ったが去っても、理由を参照してください一人の男の絵が描かれ、絞首刑には、キリスト教会の権威啓典に反している。 Wherefore he charged that from henceforth no such veils, which were contrary to our religion, should be hung in the Church of Christ, and that rather such questionable things, unworthy of the Church of Christ and the faithful people, should be removed.彼は何のために請求してあげたないからそのようなスカーフ、これが我々の宗教に反して、ハングアップしなければならないのは、キリスト教会では、むしろそのような疑わしいものとし、キリスト教会に値しないとの忠実な人々は、削除する必要がある。 Moreover, we approve of this opinion of St. Augustine concerning true religion: "Let not the worship of the works of men be a religion for us. For the artists themselves who make such things are better; yet we ought not to worship them" (De Vera Religione, cap. 55).また、我々はこれを承認する真の宗教に関する世論聖アウグスティヌス: "仕えさせてはならないのは、男性の作品のために、我々の宗教です。たちは、アーティスト自身がそのようなものを作るより良い;まだ我々を崇拝していないはずだ" (デヴェラreligione 、定員55人) 。

Chapter 5 - Of the Adoration, Worship and Invocation of God Through the Only Mediator Jesus Christ第5章-の礼拝は、神を崇拝すると呼び出しイエスキリストを通してのみメディエーター

God Alone Is To Be Adored and Worshipped. We teach that the true God alone is to be adored and worshipped. 神だけでは尊敬され、崇拝される。私たちに教えることだけでは、真の神を崇拝されると尊敬されています。 This honor we impart to none other, according to the commandment of the Lord, "You shall worship the Lord your God and him only shall you serve" (Matt. 4:10).この栄誉を与えることなしに他のは、主の御命令によると、 "あなたは、あなたの神、主に仕え、彼はあなただけサーブ" ( matt. 4:10 ) 。 Indeed, all the prophets severely inveighed against the people of Israel whenever they adored and worshipped strange gods, and not the only true God.確かに、すべての預言者に対する重大inveighedたびに、イスラエルの人々に尊敬され、かれらの神々を崇拝奇妙ではなく、真の神のみです。 But we teach that God is to be adored and worshipped as he himself has taught us to worship, namely, "in spirit and in truth" (John 4:23 f.), not with any superstition, but with sincerity, according to his Word; lest at any time he should say to us: "Who has required these things from your hands?"しかし、我々に教えることは、神を崇拝されるとは、彼自身が教えてくれたん崇拝されるように仕え、すなわち、 "精神とは、真実" (ジョンf. 4時23分)ではなく、任意の迷信が、誠意を持って、彼によると、ワード;しないように、いつでも彼は、私たちにとっては言う: "誰がこれらのことから、手に必要ですか? " (Isa. 1:12; Jer. 6:20). ( isa. 1 : 12 ; jer 。 6時20分) 。 For Paul also says: "God is not served by human hands, as though he needed anything," etc. (Acts 17:25).ポールのためにも書かれています: "神ではない人間の手により提供され、必要に応じて何もかかわらず、彼としては、 "等( 17時25行為) 。

God Alone Is To Be Invoked Through the Mediation of Christ Alone. In all crises and trials of our life we call upon him alone, and that by the mediation of our only mediator and intercessor, Jesus Christ. 神に呼び出されただけでは、キリストの仲立ちだけです。危機や裁判での私たちの生活のすべて我々が祈る彼だけで、それによって我々の調停仲裁者のみメディエーターとは、イエスキリストです。 For we have been explicitly commanded: "Call upon me in the day of trouble; I will deliver you, and you shall glorify me" (Ps. 1:15).明示的に命じてきたために我々 : "私は、一日に祈るのトラブル;私がお届け、おまえは私を美化" ( ps. 1時15分) 。 Moreover, we have a most generous promise from the Lord Who said: "If you ask anything of the Father, he will give it to you" (John 16:23), and: "Come to me, all who labor and are heavy laden and I will give you rest" (Matt. 11:28).また、我々は、ほとんどの人によると、主からの寛大な約束: "父に言わせれば、何でも、彼はそれをあなたに与える" (ヨハネ16時23分) 、および: "話が来て、すべての労働者とは重いラディンと、私はあなたの残りを与える" ( matt. 11:28 ) 。 And since it is written: "How are men to call upon him in whom they have not believed?"そしてそれが書かれた: "男たちはどのようにして祈る人も出ていないと信じて彼には誰ですか? " (Rom. 10:14), and since we do believe in God alone, we assuredly call upon him alone, and we do so through Christ. ( rom. 10:14 ) 、および以来私たちは神を信じるだけで、我々確かに彼が祈るだけでも、そして私たちは、キリストを通してだからです。 For as the apostle says, "There is one God and there is one mediator between God and men, the man Christ Jesus" (1 Tim. 2:5), and, "If any one does sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous" etc. (1 John 2:1).使徒としてのためによれば、 "そこは、 1つ1つには、神と神との間の仲介役の男性は、イエスキリストの男" ( 1ティム。 2時05分) 、および、 "もし罪のいずれか1つは、当社が提唱して父は、イエスキリストの正義"等( 1ヨハネ2:1 ) 。

The Saints Are Not To Be Adored, Worshipped or Invoked. For this reason we do not adore, worship, or pray to the saints in heaven, or to other gods, and we do not acknowledge them as our intercessors or mediators before the Father in heaven. 聖人崇拝されるのではない、崇拝または呼び出されています。この理由を崇拝することはありません、崇拝、または天に祈りをささげるの聖人が、あるいは他の神々を、そして我々として認識していない私たちの父の前でintercessorsまたは仲介天国です。 For God and Christ the Mediator are sufficient for us; neither do we give to others the honor that is due to God alone and to his Son, because he has expressly said: "My glory I give to no other" (Isa. 42:8), and because Peter has said: "There is no other name under heaven given among men by which we must be saved," except the name of Christ (Acts 4:12).調停者は、神とキリストのための私たちのために十分な;他にも私たちの名誉を与えることは、神のために、息子を一人で、なぜなら、彼は、明示的によると: "私の栄光を私に与えていないその他" ( isa. 42 : 8 ) 、そしてためには、ピーターによると: "他に仕方がない男性の間で指定された名前の下に天を保存しなければならない我々は、 "キリストの名前を除いて(行為の午前4時12分) 。 In him, those who give their assent by faith do not seek anything outside Christ.彼は、自分の同意を与える人たちの信仰キリストの外に何もしないで求める。

The Due Honor To Be Rendered to the Saints. At the same time we do not despise the saints or think basely of them. 名誉のためにレンダリングされる聖人のです。それと同時に軽蔑することはありませんかと思うの聖人の卑劣にしてください。 For we acknowledge them to be living members of Christ and friends of God who have gloriously overcome the flesh and the world.かれらのために我々の生活を認めるキリストのメンバーや友人たちが神の肉を克服し、世界gloriously 。 Hence we love them as brothers, and also honor them; yet not with any kind of worship but by an honorable opinion of them and just praises of them.従って我々の兄弟愛をかれらとしては、かれらの名誉とも;まだしていないなら、どんな意見を崇拝するしかし、かれらの名誉とされるだけのことを高く評価しています。 We also imitate them.私たちもまねをしてください。 For with ardent longings and supplications we earnestly desire to be imitators of their faith and virtues, to share eternal salvation with them, to dwell eternally with them in the presence of God, and to rejoice with them in Christ.我々のために熱心に熱烈な願望や欲望をsupplications imitators彼らの信仰と美徳には、永遠の救いを共有してかれらは、永遠に住む彼らは、神の存在は、かれらがキリストを喜ぶとしています。 And in this respect we approve of the opinion of St. Augustine in De Vera Religione: "Let not our religion be the cult of men who have died. For if they have lived holy lives, they are not to be thought of as seeking such honors; on the contrary, they want us to worship him by whose illumination they rejoice that we are fellow-servants of his merits. They are therefore to be honored by way of imitation, but not to be adored in a religious manner," etc.そしてこの点では、我々の意見を承認しデヴェラreligione聖アウグスティヌス "我々の宗教せていないが、教団の男性が死亡しています。神聖な命のために住んだことがあるなら、彼らは求めていないように考えられる優等;とは逆に、彼らは私たちに彼を崇拝して喜ぶの照明我々は彼らの召使の功績によって仲間です。彼らはそのための方法を模倣される由緒あるが、尊敬されていないが、宗教的な態度には、 " etc 。

Relics of the Saints. Much less do we believe that the relics of the saints are to be adored and reverenced. 聖人の遺物だ。はるかに少ないことは、私たちは、遺跡やreverenced聖人崇拝される。 Those ancient saints seemed to have sufficiently honored their dead when they decently committed their remains to the earth after the spirit had ascended on high.これらの古代の聖人のように自分が死んだときには十分な光栄彼らの遺跡をまともにコミットした後、地球上の精神を高く昇っていた。 And they thought that the most noble relics of their ancestors were their virtues, their doctrine, and their faith.そして彼らの最も高貴な遺物と考えていた自分の長所を自分の先祖は、彼らの教義は、彼らの信仰とします。 Moreover, as they commend these "relics" when praising the dead, so they strive to copy them during their life on earth.また、かれら表彰としてこれらの"遺物"と褒め称え、死んだときに、そこで自分の人生の中に努力して地球上にコピーしている。

Swearing by God's Name Alone. These ancient men did not swear except by the name of the only God, Yahweh, as prescribed by the divine law. 神の名を一人で宣誓就任した。誓うしなかったこれらの古代の男性の名前を除いては、神のみぞ、ヤハウェは、神の法律で規定されたとおりです。 Therefore, as it is forbidden to swear by the names of strange gods (Ex. 23:13; Deut. 10:20), so we do not perform oaths to the saints that are demanded of us.したがって、絶大な信頼を置くことは禁じられている神々の奇妙な名前(例: 23時13分; deut 。 10:20 ) 、誓いを実行することはありませんので、聖人のことが私たちの要求です。 We therefore reject in all these matters a doctrine that ascribes much too much to the saints in heaven.従って我々は、これらすべての事柄を拒否する教義ascribesあまりにも多くのことをして、天国の聖人。

Chapter 6 - Of the Providence of God第6章-は、神の摂理

All Things Are Governed by the Providence of God. We believe that all things in heaven and on earth, and in all creatures, are preserved and governed by the providence of this wise, eternal and almighty God. すべての事物は、神の摂理に支配されています。私たちは、天と地の凡てのものは、すべての生き物とは、支配されると、保存の摂理には、この面では、永遠と全能の神です。 For David testifies and says: "The Lord is high above all nations, and his glory above the heavens! Who is like the Lord our God, who is seated on high, who looks far down upon the heavens and the earth?"デビッド証明のためと書かれています: "高の主は、上記のすべての国、そして彼の栄光の上に天!誰が私たちの神、主のように、誰が高い上に座って、誰が見るまで値を下げて、天と地のですか? " (Ps. 113:4 ff.). ( ps. FFの113:4 。 ) 。 Again: "Thou searchest out . . . all my ways. Even before a word is on my tongue, lo, O Lord, Thou knowest it altogether" (Ps. 139:3 f.).再び: "なたsearchestアウト。 。 。すべて私の方法があります。さえ単語の前にして私の舌は、見よ、主よ、なたはそれを完全にknowest " ( ps. f. 139:3 ) 。 Paul also testifies and declares: "In him we live and move and have our being" (Acts 17:28), and "from him and through him and to him are all things" (Rom. 11:36).ポールも証明と宣言: "我々は彼が我々の生活や移動するとされる" ( 17時28行為) 、および"を介して彼と彼と彼は、すべてのものを" ( rom. 11:36 ) 。 Therefore Augustine most truly and according to Scripture declared in his book De Agone Christi, cap.したがってアウグスティヌスによると、ほとんどの真典と宣言したデagoneクリスティは著書の中でキャップです。 8, "The Lord said, 'Are not two sparrows sold for a penny? And not one of them will fall to the ground without your Father's will'" (Matt. 10:29). 8は、 "主によると、 'が販売されていないため、 2つのスズメペニー?していない場合でもなしには、地面に落ちるのは、あなたのお父さん' " ( matt. 10:29 ) 。 By speaking thus, he wanted to show that what men regard as of least value is governed by God's omnipotence.こうしてさに言えば、彼はどのようなことを証明して指名手配の男としての最小値に関しては、神の全能統治されています。 For he who is the truth says that the birds of the air are fed by him and the lilies of the field are clothed by him; he also says that the hairs of our head are numbered (Mat. 6:26 ff.).彼は誰のためによると、鳥たちは、真実の空気に煽られて彼とは、野のユリでは、彼の服を着た;によると、彼はまた、私たちの頭の毛の番号( mat. FFの午前6時26分です。 ) 。

The Epicureans. We therefore condemn the Epicureans who deny the providence of God, and all those who blasphemously say that God is busy with the heavens and neither sees nor cares about us and our affairs. そのepicureans 。従って我々を非難するepicureans神の摂理を否定する人は、すべての人々と言うことblasphemously神は、天と忙しくしても見ても我々と我々の問題を気にしない。 David, the royal prophet, also condemned this when he said: "O Lord, how long shall the wicked exult? They say, 'The Lord does not see; the God of Jacob does not perceive.'デイビッドは、ロイヤル預言者は、このときも彼によると非難: "主よ、よこしまな小躍りして喜ぶのは、どのくらいですか?かれらは、 '主はありませんを参照してください;ジェイコブの神の認識はありません。 ' Understand, O dullest of the people! Fools, when will you be wise? He who planted the ear, does he not hear? He who formed the eye, does he not see?"理解し、なたの人々の退屈な!愚か者には、ときには、あなたが賢明ですか?彼の耳に植えられた人は、何と言って聞こえないか?彼は誰の目に結成、彼はそれを参照していないか? " (Ps. 94:3,7-9). ( ps. 94:3,7-9 ) 。

Means Not To Be Despised. Nevertheless, we do not spurn as useless the means by which divine providence works, but we teach that we are to adapt ourselves to them in so far as they are recommended to us in the Word of God. 軽蔑されないことを意味します。にもかかわらず、我々として拒絶しない無用の手段を神の摂理作品は、しかし、我々は我々に適応することを教えることで自分自身を推奨してこれまでのところ我々としては、彼らは神のみことばです。 Wherefore we disapprove of the rash statements of those who say that if all things are managed by the providence of God, then our efforts and endeavours are in vain.我々は、何のためには賛成できないと言う人たちの軽率な発言している場合、すべてのものは、神の摂理によって管理されて、それから私たちの努力は無駄な努力をしています。 It will be sufficient if we leave everything to the governance of divine providence, and we will not have to worry about anything or do anything.それは我々出たとこ勝負で行く場合は、十分なガバナンスの神の摂理、そして我々は何も心配のないことが、何もしなくたっていい。 For although Paul understood that he sailed under the providence of God who had said to him: "You must bear witness also at Rome" (Acts 23:11), and in addition had given him the promise, "There will be no loss of life among you . . . and not a hair is to perish from the head of any of you" (Acts 27:22, 34), yet when the sailors were nevertheless thinking about abandoning ship the same Paul said to the centurion and the soldiers: "Unless these men stay in the ship, you cannot be saved" (Acts 27:31).ポールは理解できるにもかかわらず、彼は神の摂理の下で航海によるとしていた彼: "ローマでも証言する必要があります" ( 23時11行為) 、そしてその約束を加えていた彼に与えられた、 "損失の余地はないあなたの人生の間で。 。 。とではありませんから、髪は頭を腐らせるのいずれかの場合" (行為27:22 、 34 )は、まだそのときの船の船員を放棄することを考えていたにもかかわらず、同じポールによると、兵士として百人隊長: "この船に滞在しない限り、これらの男たちは、あなたに保存することはできません" (行為27:31 ) 。 For God, who has appointed to everything its end, has ordained the beginning and the means by which it reaches its goal.神のためには、誰が任命されるすべてのエンドは、定められたのが始まりとされることを意味その目標に到達した。 The heathen ascribe things to blind fortune and uncertain chance.フォーチュン盲目の異教徒と不確かなものとみなすことがチャンスだ。 But St. James does not want us to say: "Today or tomorrow we will go into such and such a town and trade," but adds: "Instead you ought to say, 'If the Lord wills, we shall live and we shall do this or that'" (James 4:13,15).しかし、セントジェームズわけではないが私たちに言う: "我々は今日や明日のような、そのような町に入るとの貿易は、 "しかし、追加: "あなたの代わりにすべきだと言って、 'もし、主の望みなら、わたしたちは、わたしたちは生きるこのたりして' " (ジェームズ4:13,15 ) 。 And Augustine says: "Everything which to vain men seems to happen in nature by accident, occurs only by his Word, because it happens only at his command" (Enarrationes in Psalmos 148). Thus it seemed to happen by mere chance when Saul, while seeking his father's asses, unexpectedly fell in with the prophet Samuel.とオーガスティン氏は: "すべてが無駄にされた男性のように自然に起こる事故で、彼の言葉が発生しただけで、それが起こっているため、自分だけのコマンド" ( enarrationesでpsalmos 148 ) 。このようにすることによって起こるように単なる偶然ソールときは、父親のロバを求めている間は、予期せずには、預言者のサミュエル落ちた。 But previously the Lord had said to the prophet: "Tomorrow I will send to you a man from the land of Benjamin" (1 Sam. 9:16).しかし、以前は、主によると、預言: "明日、私はあなた一人の男を送信してから、土地のベンジャミン" ( 1サム。 9時16分) 。

Chapter 7 - Of the Creation of All Things: Of Angels, the Devil, and Man第7章-は、すべてのものの創造:の天使は、悪魔と男

God Created All Things. This good and almighty God created all things, both visible and invisible, by his coeternal Word, and preserves them by his co-eternal Spirit, as David testified when he said: "By the word of the Lord the heavens were made, and all their host by the breath of his mouth" (Ps. 33:6). 全能の神を作成します。良好で、全能の神、このすべてのものを作成、有形無形の両方を、彼の言葉を永遠に共存して、彼との共同で保持して永遠の精神は、ときとして証言によるとデイビッド: "主の御言葉によって、天前には、すべてのホストされると息が彼の口から" ( ps. 33:6 ) 。 And, as Scripture says, everything that God had made was very good, and was made fo the profit and use of man.とは、啓典によれば、すべてのことを神の前には非常に良いが、利益として使用するためには前の男です。 Now we assert that all those things proceed from one beginning.今我々はそういったことがすべての続行を主張して1つの始まりからです。

Manichaeans and Marcionites. Therefore, we condemn the Manichaeans and Marcionites who impiously imagined two substances and natures, one good, the other evil; also two beginnings and two gods contrary to each other, a good one and an evil one. manichaeansとmarcionites 。従って、我々を非難するmanichaeansと想像marcionites不信心者と2つの物質の性質は、 1つの良い、他の悪;も始まり、 2つの神々の2つお互いに反して、良いと邪悪な1つ1つです。

Of Angels and the Devil. Among all creatures, angels and men are most excellent. 天使と悪魔のです。すべての生き物の間では、天使と人間が最も優れています。 Concerning angels, Holy Scripture declares: "Who makest the winds thy messengers, fire and flame thy ministers" (Ps. 104:4).関する天使、教典を宣言: "風makestなたの使徒たちは、なたの閣僚火災と火炎" ( ps. 104:4 ) 。 Also it says: "Are they not all ministering spirits sent forth to serve, for the sake of those who are to obtain salvation?"またそれによれば: "は、かれらに遣わしたスピリッツministeringていないすべてのサーブは、人々のための救済を得るには? " (Heb. 1:14). ( heb. 1時14分) 。 Concerning the devil, the Lord Jesus himself testifies "He was a murderer from the beginning, and has nothing to do with the truth, because there is no truth in him. When he lies he speaks according to his own nature, for he is a liar and the father of lies" (John 8:44).悪魔に関しては、本人証明の主イエス"と彼は初めから殺人犯とは何の関係も真実は、真実ではないからだ。彼はうそをつくときによると、彼は、自分の性格が喋る、彼は、うそつきとうそをつくの父" (ヨハネ8時44分) 。 Consequently we teach that some angels persisted in obedience and were appointed for faithful service to God and men, but others fell of their own free will and were cast into destruction, becoming enemies of all good and of the faithful, etc.従って我々に教えて固執して服従させるいくつかの天使に任命されたため、神と人間に忠実なサービスが、他の下落には、独自の自由意志が投げ込まれると破壊、すべての敵になって良いとは、忠実な等

Of Man. Now concerning man, Scripture says that in the beginning he was made good according to the image and likeness of God; that God placed him in Paradise and made all things subject to him (Gen., ch. 2). の男です。今の男については、啓典によれば、彼は前には、先頭によると、良いイメージと似ている神;その神は彼を天国と前に置かれたすべてのことを彼に服従(大将は、チャンネルです。 2 ) 。 This is what David magnificently sets forth in Psalm 8.これはどのような立派なデビッド送付さ詩編8 。 Moreover, God gave him a wife and blessed them.また、神の祝福を受けた彼は妻としています。 We also affirm that man consists of two different substances in one person: an immortal soul which, when separated from the body, neither sleeps nor dies, and a mortal body which will nevertheless be raised up from the dead at the last judgment in order that then the whole man, either in life or in death, abide forever.断言しても我々は、 2つの別の物質の中の男一人の人間:不滅の魂が、体から分離する際は、どちらもダイス寝て、体にもかかわらず、人間が死んでから甦るの最後の判断をするためにそれから全体の男で、どちらかで、人生や死は、永遠に永遠に住む。

The Sects. We condemn all who ridicule or by subtle arguments cast doubt upon the immortality of souls, or who say that the soul sleeps or is a part of God. この宗派です。我々のすべての人の非難や嘲笑された時の微妙な引数を疑うの不滅の魂、または魂の人たちは、神の部分は、寝たりします。 In short, we condemn all opinions of all men, however many, that depart from what has been delivered unto us by the Holy Scriptures in the apostolic Church of Christ concerning creation, angels, and demons, and man.手短に言えば、我々のすべてのご意見を非難するすべての男性には、しかし多くは、配達されてきたことから出発してわたしたちの聖書キリスト教会で、ローマ教皇に関する創出は、天使と悪魔、男です。

Chapter 8 - Of Man's Fall, Sin and the Cause of Sin第8章-の男の秋には、罪と罪の原因

The Fall of Man. In the beginning, man was made according to the image of God, in righteousness and true holiness, good and upright. 秋の男です。始まりでは、画像によると、男は神の前には、正義と真のホーリネスでは、良好で、支柱。 But when at the instigation of the serpent and by his own fault he abandoned goodness and righteousness, he became subject to sin, death and various calamities.しかし、時は、ヘビの扇動や遺棄された彼は、自分の善良さと正義断層は、罪の対象になった彼は、死や様々な災害です。 And what he became by the fall, that is, subject to sin, death and various calamities, so are all those who have descended from him.そして彼は何の秋には、それは、罪の対象には、様々な災害死とは、今はすべて持っている人は彼から降りている。

Sin. By sin we understand that innate corruption of man which has been derived or propagated in us all from our first parents, by which we, immersed in perverse desires and averse to all good are inclined to all evil. 罪です。生来の腐敗を理解して我々の罪の男または伝播してきた我々のすべてから派生した私たちの最初の両親は、これによって我々は、あまのじゃくな欲望に没頭して良いとは、すべての傾斜を忌避してすべての悪です。 Full of all wickedness, distrust, contempt and hatred of God, we are unable to do or even to think anything good of ourselves.すべての邪悪に満ちて、不信感は、神の軽蔑と憎悪は、我々を行うことができないか、自分自身にも何かいいのを考えています。 Moreover, even as we grow older, so by wicked thoughts, words and deeds committed against God's law, we bring forth corrupt fruit worthy of an evil tree (Matt. 12:33 ff.).また、我々としても成長古いので、よこしまな考えで、言動にコミット神の律法に対しては、我々の果実をもたらす価値があると腐敗した邪悪なツリー( FFのmatt. 12:33です。 ) 。 For this reason by our own deserts, being subject to the wrath of God, we are liable to just punishment, so that all of us would have been cast away by God if Christ, the Deliverer, had not brought us back.この理由から私たち自身の砂漠で、神の怒りの対象となるのは、我々は責任を負わないものだけで処罰のように、私たち全員が配役されている場合、キリストによって神は、救世主は、私たち背面もたらしたなかった。

Death. By death we understand not only bodily death, which all of us must once suffer on account of sins, but also eternal punishment due to our sins and corruption. 死。死によって我々を理解するだけでなく、身体の死は、我々のすべてのアカウントが必要で、一度に苦しむ罪ではなく、私たちの罪のために永遠の懲罰と腐敗です。 For the apostle says: "We were dead through trespasses and sins . . . and were by nature children of wrath, like the rest of mankind. But God, who is rich in mercy . . . even when we were dead through our trespasses, made us alive together with Christ" (Eph. 2:1 ff.).使徒のためによれば: "私たちは死んだと罪を介してtrespasses 。 。 。そして子どもたちが自然の怒りによって、人類の残りの部分のようだ。しかし、神は、誰が慈悲に富んでいる。 。 。死者を通して私たちは私たちの場合でもtrespasses 、私たちは、キリストと共に生きている" ( FFのeph. 2:1です。 ) 。 Also: "As sin came into the world through one man and death through sin, and so death spread to all men because all men sinned" (Rom. 5:12).また: "として罪を通して世界に入ってきた一人の人間の罪や死を通して、死に広がっているので、すべての人のためのすべての男性sinned " ( rom. 5時12分) 。

Original Sin. We therefore acknowledge that there is original sin in all men. 原罪です。我々は原罪があることを認めるしたがって、すべての男性です。

Actual Sins. We acknowledge that all other sins which arise from it are called and truly are sins, no matter by what name they may be called, whether mortal, venial or that which is said to be the sin against the Holy Spirit which is never forgiven (Mark 3:29; 1 John 5:16). 実際に罪です。我々が他のすべての罪を認めることによって生じるとも呼ばれるが真に罪に関係なく、どのような名前で呼ばれるかもしれない彼らは、人間かどうか、あるいは許されるべきだとされることに反対の罪ではないが、聖霊許さ(マーク3 : 29 ;ヨハネの手紙第5時16分) 。 We also confess that sins are not equal; although they arise from the same fountain of corruption and unbelief, some are more serious than others.我々も罪を告白することではないに等しい;ていながらも、同じ泉から生じる腐敗と不信仰は、他のいくつかの方がより深刻だ。 As the Lord said, it will be more tolerable for Sodom than for the city that rejects the word of the Gospel (Matt. 10:14 f.; 11:20 ff.).として、主によると、それはより多くの都市よりも耐えられることを拒否するソドムという言葉は、福音書( 10:14 f. matt. ; 11:20 FFのです。 ) 。

The Sects. We therefore condemn all who have taught contrary to this, especially Pelagius and all the Pelagians, together with the Jovinians who, with the Stoics, regard all sins as equal. この宗派です。従って我々を非難するすべての人がこの教えに反して、特にpelagiansすべてのpelagiusとは、誰joviniansとともに、 stoicsして、すべての点で罪に等しい。 In this whole matter we agree with St. Augustine who derived and defended his view from Holy Scriptures.全体で、この問題を我々に賛成の人の派生聖アウグスティヌス聖書からの眺めと彼を擁護した。 Moreover, we condemn Florinus and Blastus, against whom Irenaeus wrote, and all who make God the author of sin.また、我々を非難florinusとblastus 、誰に対して書いたirenaeus 、およびすべての人の罪を神の作者である。

God Is Not the Author of Sin, and How Far He Is Said to Harden. It is expressly written: "Thou art not a God who delights in wickedness. Thou hatest all evildoers. Thou destroyest those who speak lies" (Ps. 5:4 ff.). 著者は、神の罪ではない、と彼はどのようによるとはるかに硬くています。これは明示的に書か: "なた邪悪ではありませんが、神の人の喜びです。なたhatestすべての掟に背く。なたdestroyest嘘を話す人たち" ( ps. 5 : 4 FFのです。 ) 。 And again: "When the devil lies, he speaks according to his own nature, for he is a liar and the father of lies" (John 8:44).そして再び: "悪魔がうそをつくときに、彼は彼自身の性質によると喋る、彼はうそつきとは、嘘の父" (ヨハネ8時44分) 。 Moreover, there is enough sinfulness and corruption in us that it is not necessary for God to infuse into us a new or still greater perversity.しかも、罪深さは十分にあると腐敗する必要はありませんが、私たちが神のために私たちに注入するか、新しい強情依然として大きい。 When, therefore, it is said in Scripture that God hardens, blinds and delivers up to a reprobate mind, it is to be understood that God does it by a just judgment as a just Judge and Avenger.ときには、したがって、それは神によると、啓典を硬くして、ブラインドを配信する恥知らずな心と、それは理解されることによって、神はそれだけで判断するとアベンジャーとしてだけで判断する。 Finally, as often as God in Scripture is said or seems to do something evil, it is not thereby said that man does not do evil, but that God permits it and does not prevent it, according to his just judgment, who could prevent it if he wished, or because he turns man's evil into good, as he did in the case of Joseph's brethren, or because he governs sins lest they break out and rage more than is appropriate.最後に、できるだけ頻繁によると聖書は、神のように、何か悪か、それによると、男ではないが邪悪なことはありませんが、それを許可してから、神はないことを防ぐによると、自分の判断だけで、誰がそれを防ぐ彼は望んだ場合、または電源が入るため、彼は良い男の悪さは、例として、彼はそれは、ヨセフの兄弟、または罪をしないように規制なぜなら、彼から抜け出すことが適当と怒りを超える。 St. Augustine writes in his Enchiridion: "What happens contrary to his will occurs, in a wonderful and ineffable way, not apart from his will. For it would not happen if he did not allow it. And yet he does not allow it unwillingly but willingly. But he who is good would not permit evil to be done, unless, being omnipotent, he could bring good out of evil."聖アウグスティヌスenchiridion書き込みます彼 "何が起こって彼の意思に反して発生する場合は、言いようのないやり方で、素晴らしいとは、彼が離れていない。ために起こることではない場合、彼はそれをすることはできません。それでいて彼はしぶしぶすることは認められておりませんしかし、喜んでいる。しかし、彼はいい人で行われる必要はない悪を許可しない限り、全能の神が、彼はそれを持って悪の良い"と述べた。 Thus wrote Augustine.こうしてアウグスティヌス書きました。

Curious Questions. Other questions, such as whether God willed Adam to fall, or why he did not prevent the fall, and similar questions, we reckon among curious questions (unless perchance the wickedness of heretics or of other churlish men compels us also to explain them out of the Word of God, as the godly teachers of the Church have frequently done), knowing that the Lord forbade man to eat of the forbidden fruit and punished his transgression. 好奇心の質問です。他のご質問は、神の意志をするかどうかなど、秋のアダムには、彼はなぜか、秋に防ぐため、似たような質問をし、私たちの間で奇妙な質問を数える(邪悪の異端たりしない限り、ひょっとすると、他の百姓の男性にも私たちに説明compelsそれらのうち、神のみことばは、信仰心の厚い教師としての教会が頻繁に行わ)は、主に禁じた男と知って、禁断の果実を食べるのは、自分の罪と罰。 We also know that what things are done are not evil with respect to the providence, will, and power of God, but in respect of Satan and our will opposing the will of God.我々も知っていることは、どのようなものではないことを悪の摂理を尊重して、は、神の力ではなく、相手を尊重するのは、悪魔と私たちの神の意志だ。

Chapter 9 - Of Free Will, and Thus of Human Powers第9章-自由意志は、こうして、人間の列強

In this matter, which has always produced many conflicts in the Church, we teach that a threefold condition or state of man is to be considered.この件に関しては、これまで多くの紛争は、常に生産教会は、私たちに教えることは、三重の条件や状態を考えられるようになる男だ。

What Man Was Before the Fall. There is the state in which man was in the beginning before the fall, namely, upright and free, so that he could both continue in goodness and decline to evil. 秋の前にどのような男だったが 、それはどの州では、男は、秋の始まりの前には、すなわち、支柱と自由は、これを続けることができたの両方で善と悪を拒否する。 However, he declined to evil, and has involved himself and the whole human race in sin and death, as has been said already.しかし、彼は悪を拒否して、自分自身との関係とは、人類全体の罪と死には、既にされている。

What Man Was After the Fall. Then we are to consider what man was after the fall. 男は後には何の秋です。それから私たちは何を検討した後、男は落ちる。 To be sure, his reason was not taken from him, nor was he deprived of will, and he was not entirely changed into a stone or a tree.ていることを確認して、自分の理由ではないから取ら彼は、また彼を奪われたが、完全に変わっていないと彼は、石や木です。 But they were so altered and weakened that they no longer can do what they could before the fall.しかし、彼らは今弱体化して変質し、もはや彼らにできることは何も前に落下した。 For the understanding is darkened, and the will which was free has become an enslaved will.理解するためには、暗く、とされたのは、 enslavedは無料となっています。 Now it serves sin, not unwillingly but willingly.今サーブ罪ではなく、しぶしぶでも喜んでいます。 And indeed, it is called a will, not an unwill(ing).そして実際、それは呼ばれるが、意志をなくさせるではありません( ing ) 。

Man Does Evil by His Own Free Will. Therefore, in regard to evil or sin, man is not forced by God or by the devil but does evil by his own free will, and in this respect he has a most free will. 悪された男は、自分の自由意志です。従って、悪や罪については、男ではない神を余儀なくされたわけで、悪魔の悪さや、自分の自由意志では、この点で、彼には、ほとんどの自由意志です。 But when we frequently see that the worst crimes and designs of men are prevented by God from reaching their purpose, this does not take away man's freedom in doing evil, but God by his own power prevents what man freely planned otherwise.しかし、我々が頻繁に参照してくださいと、最悪の犯罪を阻止されたデザインの男性は、神から自分の目的に達し、これでは男の自由を奪う悪事を働くのではなく、自分の権力を防ぐことによって、神を自由にする計画それ以外のどのような男だ。 Thus Joseph's brothers freely determined to get rid of him, but they were unable to do it because something else seemed good to the counsel of God.こうしてヨセフの兄弟たちを自由に決定を取り除きたい彼が、それらを行うことができませんでしたので、何か他に良い助言を神のように見えた。

Man Is Not Capable of Good Per se. In regard to goodness and virtue man's reason does not judge rightly of itself concerning divine things. 有能な男ではない あたり の良い 世です。善と美徳と関連していない人の理由について正しく判断することはそれ自体が神のものです。 For the evangelical and apostolic Scripture requires regeneration of whoever among us wishes to be saved.教皇は、福音派との間では誰でも啓典の再生が必要とされる私たちの願いに保存されます。 Hence our first birth from Adam contributes nothing to our salvation.従って我々の最初のアダムの誕生から何も貢献して我々の救いだ。 Paul says: "The unspiritual man does not receive the gifts of the Spirit of God," etc. (1 Cor. 2:14).ポールによれば: "男の霊的ではないの贈り物を受け取るのは、神の精神で、 "等( 1うわっ。 2時14分) 。 And in another place he denies that we of ourselves are capable of thinking anything good (2 Cor. 3:5).とは別の場所に彼は自分自身を否定することは、我々の思考能力が何か良い( 2うわっ。 3時05分) 。 Now it is known that the mind or intellect is the guide of the will, and when the guide is blind, it is obvious how far the will reaches.今では知られているのは、ガイドの心や知性のは、目の不自由なときに、ガイドは、これまでのところ、どのように到達するのは明白だ。 Wherefore, man not yet regenerate has no free will for good, no strength to perform what is good.何のためには、人間の自由意志はない、まだ再生するためのいいが、何を実行するのが良いの強度ない。 The Lord says in the Gospel: "Truly, truly, I say to you, everyone who commits sin is a slave to sin" (John 8:34).福音書によると、主: "本当に、本当に、私の話を聞きなさい、すべての人の奴隷に罪は、罪をコミット" (ヨハネ8時34分) 。 And the apostle says: "The mind that is set on the flesh is hostile to God; it does not submit to God's law, indeed it cannot" (Rom. 8:7).使徒と書かれています: "心の肉は、設定されたことは、神に敵対する;提出していない、神の律法は、確かにすることはできません" ( rom. 8時07分) 。 Yet in regard to earthly things, fallen man is not entirely lacking in understanding.この世のものと関連していない、倒れた男は完全に理解が不足しています。

Understanding of the Arts. For God in his mercy has permitted the powers of the intellect to remain, though differing greatly from what was in man before the fall. 芸術文化の理解のために神の慈悲は、許可の権限は、知性にとどまることは、何よりも大きく異なるが、男の前に落ちる。 God commands us to cultivate our natural talents, and meanwhile adds both gifts and success.私たちの神のコマンドを私たちの自然な才能を育てる、と一方の贈り物と成功の両方を追加します。 And it is obvious that we make no progress in all the arts without God's blessing.ことは明らかだと我々は全く進展がなく、神の祝福のすべての芸術です。 In any case, Scripture refers all the arts to God; and, indeed, the heathen trace the origin of the arts to the gods who invented them.いずれにせよ、すべての芸術を指します啓典神;と、実際のところ、微量の起源は、異教徒の神々を誰が発明したの芸術をしてください。

Of What Kind Are the Powers of the Regenerate, and in What Way Their Wills Are Free. Finally, we must see whether the regenerate have free wills, and to what extent. どんな種類の再生するには、列強のは、自分の意志とはどのような方法では無料です。最後に、我々が必要かどうかを再生するには無料の意志を参照してください、とはどの程度です。 In regeneration the understanding is illumined by the Holy Spirit in order that it may understand both the mysteries and the will of God. illuminedで再生されるのは、理解するために聖霊の両方を理解することがありますとは、神の謎だ。 And the will itself is not only changed by the Spirit, but it is also equipped with faculties so that it wills and is able to do the good of its own accord (Rom. 8:1 ff.).とは、それ自体を変更するだけではないの精神が、それはまたそれを搭載したので、学部の意志とは、良いことができるように、独自の協定( rom. FFの午前8時01分です。 ) 。 Unless we grant this, we will deny Christian liberty and introduce a legal bondage.この付与しない限り、我々は、我々は、キリスト教の自由を否定する法律を導入するとボンデージ。 But the prophet has God saying: "I will put my law within them, and I will write it upon their hearts" (Jer. 31:33; Ezek. 36:26 f.).しかし、神の預言者は言っています: "私は彼らに私の法律内では、と私は、かれらの心を書くこと" ( jer. 31:33 ; ezek 。 36:26 f. ) 。 The Lord also says in the Gospel: "If the Son makes you free, you will be free indeed" (John 8:36).また、福音書によると、主: "もしあなたの息子を無料で、無料で実際に表示されます" (ヨハネ8時36分) 。 Paul also writes to the Philippians: "It has been granted to you that for the sake of Christ you should not only believe in him but also suffer for his sake" (Phil. 1:29).ピリピ人への手紙を書いても、ポール: "それが付与されたことをあなたのためにキリストを信じることはできません。のみならず、彼のために彼のために苦しむ" ( phil. 1時29分) 。 Again: "I am sure that he who began a good work in you will bring it to completion at the day of Jesus Christ" (v. 6).再び: "私は確信して彼は良い仕事を始めた人にそれを完成させることは、イエスキリストの日" (対6 ) 。 Also: "God is at work in you, both to will and to work for his good pleasure" (ch. 2:13).また: "あなたの神は、職場では、両方には、彼の良い快楽のために働く" (第2時13分) 。

The Regenerate Work Not Only Passively but Actively. However, in this connection we teach that there are two things to be observed: First, that the regenerate, in choosing and doing good, work not only passively but actively. 受動しかし、再生するだけでなく、積極的に仕事をした。しかし、私たちに教えることで、この接続には2つの物事を観察:まず、再生することは、良いことを選択すると、仕事だけでなく、積極的に受動しかしです。 For they are moved by God that they may do themselves what they do.彼らは、神を動かされることは彼ら自身が行うことは何です。 For Augustine rightly adduces the saying that "God is said to be our helper. But no one can be helped unless he does something."アウグスティヌスadduces当然のことを言って"と言われる神は私たちのヘルパーです。しかし、誰もが助けにしない限り、彼は何か"と述べた。 The Manichaeans robbed man of all activity and made him like a stone or block of wood. manichaeans強盗に入られた男の前に彼のすべての活動や、木材のように石やブロックです。

The Free Will Is Weak in the Regenerate. Secondly, in the regenerate a weakness remains. 自由意志が弱いのは、再生する。第二に、再生するには、脱力残っている。 For since sin dwells in us, and in the regenerate the flesh struggles against the Spirit till the end of our lives, they do not easily accomplish in all things what they had planned.以来罪のために私たちの棲む、再生するとは、人間の肉の精神で最後まで反対闘争には私たちの生活は、簡単に達成していないすべてのものは何も予定しています。 These things are confirmed by the apostle in Rom., ch.これらのことが確認されたのは、 ROMの使徒。 、チャンネルです。 7, and Gal., ch. 7 、そしてギャル。 、チャンネルです。 5. 5 。 Therefore that free will is weak in us on account of the remnants of the old Adam and of innate human corruption remaining in us until the end of our lives.そのために私たちの自由意志が弱い上で、古いアカウントの残党のアダムと人間の生来の腐敗に残っている私たちの生活の終わりまでの私たちです。 Meanwhile, since the power of the flesh and the remnants of the old man are not so efficacious that they wholly extinguish the work of the Spirit, for that reason the faithful are said to be free, yet so that they acknowledge their inffrmity and do not glory at all in their free will.一方、以来、電源は、肉の残党と、老人は、それほど効果的な仕事をして彼らの精神を完全に消すのは、そのための忠実なていると言われる無料で、まだ彼らのように彼らを認めるものではありませんinffrmity自由意志では、すべての栄光です。 For believers ought always to keep in mind what St. Augustine so many times inculcated according to the apostle: "What have you that you did not receive? If then you received, why do you boast as if it were not a gift?"信者たちは、いつも心に留めておかなけれ何をするべき聖アウグスティヌスinculcatedタイムズによると、非常に多くの伝道者: "何かを受け取っていないことですか?受け取った場合じゃあ、どうしてそんなことがなければ自慢の贈り物としてですか? " To this he adds that what we have planned does not immediately come to pass.この彼は何を追加して我々はすぐに来るに合格する予定はありません。 For the issue of things lies in the hand of God.この問題のためにうそをつくことは、神の手だ。 This is the reason Paul prayed to the Lord to prosper his journey (Rom. 1:10).これは、主にその理由を祈ったポールプロスパー彼の旅( rom. 1時10分) 。 And this also is the reason the free will is weak.そしてその理由は、これはまた、自由意志が弱い。

In External Things There Is Liberty. Moreover, no one denies that in external things both the regenerate and the unregenerate enjoy free will. 物事には、外部の自由だ。しかも、誰も否定して、外部の両方を再生するものとは、時代錯誤の自由を享受する。 For man has in common with other living creatures (to which he is not inferior) this nature to will some things and not to will others.男のための共通点は、他の生きもの(下には彼ではない)は、この性質には、他のいくつかのものとしないようにします。 Thus he is able to speak or to keep silent, to go out of his house or to remain at home, etc. However, even here God's power is always to be observed, for it was the cause that Balaam could not go as far as he wanted (Num., ch. 24), and Zacharias upon returning from the temple could not speak as he wanted (Luke, ch. 1).こうして彼は沈黙を保つかがしゃべれるように、彼の家の外に出て自宅にとどまるか、などしかし、ここでも、神の力は、常に観察して、それはその原因をして行くことができなかった限り埋め草したかった( num. 、チャンネルです。 24 ) 、およびツァハリアス寺に戻ってから話すことができなかったとしてしたかった(ルークは、チャンネルです。 1 )です。

Heresies. In this matter we condemn the Manichaeans who deny that the beginning of evil was for man [created] good, from his free will. heresies 。 manichaeansこの件に関して我々を非難することを否定する人のための初めには、邪悪な男[作成]いいが、自分の自由意志からだ。 We also condemn the Pelagians who assert that an evil man has sufficient free will to do the good that is commanded. pelagians誰も我々を非難すると主張し、邪悪な男には十分な自由意志には、良いことが命じられた。 Both are refuted by Holy Scripture which says to the former, "God made man upright" and to the latter, "If the Son makes you free, you will be free indeed" (John 8:36).両方とも反論した教典を元によれば、 "神の前に真っすぐな男"とし、後者は、 "もしあなたの息子を無料で、無料で実際に表示されます" (ヨハネ8時36分) 。

Chapter 10 - Of the Predestination of God and the Election of the Saints第10章-神の宿命とは、選挙では、セインツ

God Has Elected Us Out of Grace. From eternity God has freely, and of his mere grace, without any respect to men, predestinated or elected the saints whom he wills to save in Christ, according to the saying of the apostle, "God chose us in him before the foundation of the world" (Eph. 1:4). 神が私たちのうちの恵みに選出した。永遠の神がより自由に、そして彼の単なるグレースは、男性を尊重せず、聖人の心に適うpredestinated又は選択の意志を保存し、キリストは、その使徒によると、と言って、 "神を選んだ私たちは彼の前には、世界基金" ( eph. 1時04分) 。 And again: "Who saved us and called us with a holy calling, not in virtue of our works but in virtue of his own purpose and the grace which he gave us in Christ Jesus ages ago, and now has manifested through the appearing of our Savior Christ Jesus" (2 Tim. 1:9 f.).そして再び: "誰が私たちを救ってくださったと呼ばれる神聖な呼び出しではなく、私たちの作品の中でも美徳で、自分の目的の美徳と優雅さを出してくれた彼はとっくの昔には、イエスキリストのため、今では、表示されるのは、明らかに私たちを介し救い主イエスキリスト" ( 2ティム。 f. 1時09分) 。

We Are Elected or Predestinated in Christ. Therefore, although not on account of any merit of ours, God has elected us, not directly, but in Christ, and on account of Christ, in order that those who are now ingrafted into Christ by faith might also be elected. 私たちは、キリストの選出やpredestinated 。従って、していないにもかかわらず、我々のメリットは、各アカウントには、神が私たちに選出さではなく、直接ではなく、キリストは、キリストとしてアカウントのためには、その人たちは、キリストによって信仰を今すぐingraftedに選ばれる可能性もある。 But those who were outside Christ were rejected, according to the word of the apostle, "Examine yourselves, to see whether you are holding to your faith. Test yourselves. Do you not realize that Jesus Christ is in you?--unless indeed you fail to meet the test!"しかし、外部の指導者たちは、キリストが拒否された、その使徒の言葉によれば、 "検討しなさい、持ち株を参照しているかどうかは、あなたの信仰しています。テストしてください。あなたは、イエスキリストと実感していないでしょうか? -しない限り、実際にお失敗を満たすためにテスト! " (2 Cor. 13:5). ( 2うわっ。 13時05分) 。

We Are Elected for a Definite Purpose. Finally, the saints are chosen by God for a definite purpose, which the apostle himself explains when he says, "He chose us in him for adoption that we should be holy and blameless before him in love. He destined us for adoption to be his sons through Jesus Christ that they should be to the praise of the glory of his grace" (Eph. 1:4 ff.). 我々は明確な目的のために選出した。最後に、神によって選ばれた、聖徒のためには明確な目的は、自分自身を説明する際に、使徒と彼は言います、 "私たちは彼のために彼を選んだ養子縁組をしなければならない我々は彼の前に聖なる愛と清廉潔白です。彼は私たちの運命を養子縁組イエスキリストを通して彼の息子たちがしなければならないことを称賛して彼の栄光の恵み" ( FFのeph. 1時04分です。 ) 。

We Are to Have a Good Hope for All. And although God knows who are his, and here and there mention is made of the small number of elect, yet we must hope well of all, and not rashly judge any man to be a reprobate. 我々は、すべての希望を持つ良いです。とはいえ自分たちは神のみぞ知る、とあちこちで言及したのは、少数の選出前には、まだすべての井戸を期待しなければならない、と判断していないすべての人間が、軽率に無頼漢。 For Paul says to the Philippians, "I thank my God for you all" (now he speaks of the whole Church in Philippi), "because of your fellowship in the Gospel, being persuaded that he who began a good work in you will bring it to completion at the day of Jesus Christ. It is also right that I have this opinion of you all" (Phil. 1:3 ff.).ピリピ人への手紙によれば、ポールのためには、 "私は私の神に感謝するためにあなたのすべて" (今は彼が喋る教会では、全体のフィリッピ)は、 "お客様の親睦のためには、ゴスペル、説得している彼は良い仕事を始めた人がもたらすそれは、一日にイエスキリストの完成です。それは正しいことでも私はこの意見をすべて" ( FFのphil. 1時03分です。 ) 。

Whether Few Are Elect. And when the Lord was asked whether there were few that should be saved, he does not answer and tell them that few or many should be saved or damned, but rather he exhorts every man to "strive to enter by the narrow door" (Luke 13:24): as if he should say, It is not for you curiously to inquire about these matters, but rather to endeavor that you may enter into heaven by the straight way. 当選者数はどうか。そして、主のときにはいくつかの質問があったかどうかを保存しなければならないことは、彼が持っていないと答えていることを知らせる保存したりしなければならない数多くののろわれたか、ではなく、むしろ彼はすべての人をexhorts "に努力して入力される狭いドア" (ルーク13 : 24 ) :もし彼が言うと、それは好奇心に駆られていない場合にはこれらの問題について尋ねるのではなく努力をしていただくことが天国で正しい道に入る。

What in This Matter Is To Be Condemned. Therefore we do not approve of the impious speeches of some who say, "Few are chosen, and since I do not know whether I am among the number of the few, I will enjoy myself." この件に関しては、どのように非難しています。従って我々は、不敬演説を承認しないで、いくつかの人たちは、 "数が選ばれた、とするかどうか分からないので私の番号のうちのいくつかは、私は自分自身を享受する"と述べた。 Others say, "If I am predestinated and elected by God, nothing can hinder me from salvation, which is already certainly appointed for me, no matter what I do. But if I am in the number of the reprobate, no faith or repentance will help me, since the decree of God cannot be changed. Therefore all doctrines and admonitions are useless."他人と言う、 "もし私が神predestinated選出されると、何をやっても私からの救済を妨げる、これはすでに私にとっては確かに任命さに関係なく、私の仕事だ。しかし、私は、多くの場合、無頼漢、信仰や後悔はない手伝ってくれるので、神の命令を変更することはできません。 admonitionsしたがって、すべての教説は無用です。 " Now the saying of the apostle contradicts these men: "The Lord's servant must be ready to teach, instructing those who oppose him, so that if God should grant that they repent to know the truth, they may recover from the snare of the devil, after being held captive by him to do his will" (2 Tim. 2:23 ff.).今の矛盾と言っては、これらの使徒男性: "の主の使用人を教える準備しなければならない、彼の指示に反対する人たちは、神のようにすべき付与している場合、その罪を悔い、真実を知って、彼らから回復する可能性は、悪魔の誘惑は、拘束された後に開かれている彼には彼は、 " ( 2ティム。 FFの2時23分です。 ) 。

Admonitions Are Not in Vain Because Salvation Proceeds from Election. Augustine also shows that both the grace of free election and predestination, and also salutary admonitions and doctrines, are to be preached (Lib. de Dono Perseverantiae, cap. 14 ff.). 救世admonitions収入ではないが無駄になるため、選挙からです。アウグスティヌスの両方の猶予も示していると自由選挙の宿命とも有益とadmonitions教説は、説教される( lib.デdono perseverantiae 、キャップです。 14 FFのです。 ) 。

Whether We Are Elected. We therefore find fault with those who outside of Christ ask whether they are elected. 我々は当選するかどうかだ。従って我々のあら探しをするキリスト者たちの外にかれらは当選するかどうか尋ねる。 And what has God decreed concerning them before all eternity?とはどのように関連して、神の前にすべての永遠の定めですか? For the preaching of the Gospel is to be heard, and it is to be believed; and it is to be held as beyond doubt that if you believe and are in Christ, you are elected.説教は、福音のためには聞いた、とされることが考えられて;として開催されることは、疑う余地なくしている場合は、キリストを信じるとは、あなたが選ばれた。 For the Father has revealed unto us in Christ the eternal purpose of his predestination, as I have just now shown from the apostle in 2 Tim.父は、わたしたちのためにキリストの啓示永遠の目的は、彼の宿命は、私がちょうど今2に示すように、ティムからの使徒です。 1:9-10. 1:9-10 。 This is therefore above all to be taught and considered, what great love of the Father toward us is revealed to us in Christ.したがって、これは上記のすべてを教えられると考え、どのような偉大な愛の父親に向かって私たちは、明らかに、私たちは、キリストです。 We must hear what the Lord himself daily preaches to us in the Gospel, how he calls and says: "Come to me all who labor and are heavy-laden, and I will give you rest" (Matt. 11:28).我々は何を聞く必要がありますが、主ご自身我々は、毎日の説教福音書は、どのように彼のコールと書かれています: "すべての人の話が来て重い物を積んだ労働者とは、あなたと私は休息を与える" ( matt. 11:28 ) 。 "God so loved the world, that he gave his only Son, that whoever believes in him should not perish, but have eternal life" (John 3:16). "神に愛され、今世界では、彼の一人息子で、彼は、彼の信条としてはいけないことは誰でも消滅するが、永遠の命を持てる" (ジョン3時16分) 。 Also, "It is not the will of my Father that one of these little ones should perish" (Matt. 18:14).また、 "これは私の父ではないことの1つは、これらの小さなものは消滅する" ( matt. 18時14分) 。

Let Christ, therefore be the looking glass, in whom we may contemplate our predestination.キリストせ、したがって、ルッキンググラスには、誰が私たちの宿命沈思黙考することがあります。 We shall have a sufficiently clear and sure testimony that we are inscribed in the Book of Life if we have fellowship with Christ, and he is ours and we are his in true faith.わたしたちは確かな証言があると十分にクリアして我々は本の中では人生の内接もし我々は、キリストと交わりを持つ、と彼は我々と我々は彼が真の信仰です。

Temptation in Regard to Predestination. In the temptation in regard to predestination, than which there is scarcely any other more dangerous, we are confronted by the fact that God's promises apply to all the faithful, for he says: "Ask, and everyone who seeks, shall receive" (Luke 11:9 f.). 誘惑に予定説と関連しています。誘惑には、予定説と関連し、これよりももっと他にはほとんど危険は、我々は見せつけられるという事実に、神のすべての約束を忠実に適用さ、と彼は言います: "依頼は、すべての人とシークは、ものを受け取る" ( 11時09分ルークf. ) 。 This finally we pray, with the whole Church of God, "Our Father who art in heaven" (Matt. 6:9), both because by baptism we are ingrafted into the body of Christ, and we are often fed in his Church with his flesh and blood unto life eternal.この最後に我々のための祈りは、神の教会全体では、 "我々の父親のアートインヘブン" ( matt. 6時09分)で、いずれも洗礼されたため、私たちはキリストの体ingraftedには、頻繁に餌を与えていたと私たちは教会で彼の人生の永遠の血肉でる。 Thereby, being strengthened, we are commanded to work out our salvation with fear and trembling, according to the precept of Paul.それは、強化され、我々は我々の救済を命じて仕事をする恐れおののいて、指針によると、ポールです。

Chapter 11 - Of Jesus Christ, True God and Man, the Only Savior of the World第11章-イエスキリストは、真の神と男は、世界で唯一の救世主

Christ Is True God. We further believe and teach that the Son of God, our Lord Jesus Christ, was predestinated or foreordained from eternity by the Father to be the Savior of the world. キリストは本当の神です。我々のさらなる信じると神の御子を教えることは、わたしたちの主イエスキリストは、永遠ではpredestinatedまたはforeordainedから父親には、世界の救世主です。 And we believe that he was born, not only when he assumed flesh of the Virgin Mary, and not only before the foundation of the world was laid, but by the Father before all eternity in an inexpressible manner.そして私たちは、彼が生まれたとき、彼はないと仮定した場合にのみ、聖母マリアの肉は、同財団の前だけではなく、世界のは、レイアウトではなく、永遠の父の前にすべての方法では、言葉で表せない。 For Isaiah said: "Who can tell his generation? (Ch. 53:8). And Micah says: "His origin is from of old, from ancient days" (Micah 4:2). And John said in the Gospel" "In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God," etc. (Ch. 1:1).イザヤ書によるとは: "彼の世代の人の言うことですか? (第53:8 ) 。ミカと書かれています: "彼の起源は、昔から、昔から" (ミカ4時02分) 。とは、ヨハネによる福音書によると" "初めには、その言葉は、その言葉とは、神と神の言葉は、 "等(第1:1 ) 。 Therefore, with respect to his divinity the Son is coequal and consubstantial with the Father; true God (Phil 2:11), not only in name or by adoption or by any merit, but in substance and nature, as the apostle John has often said: "This is the true God and eternal life" (1 John 5:20).したがって、彼の神性を尊重して、同等の息子は、父親と同本質;真の神(フィル2時11分) 、中だけでなく、任意の名前や養子縁組や功績によってではなく、自然の物質とは、使徒として、ジョンがしばしばによると: "これは、真の神と永遠の命" ( 1ヨハネ5時20分) 。 Paul also says: "He appointed the Son the heir of all things, through whom also he created the world. He reflects the glory of God and bears the very stamp of his nature, upholding all things by his word of power" (Heb. 1:2 f.).ポールにも書かれています: "彼の息子の相続人に任命さのすべてのものは、誰も彼を通して、世界を作成します。彼は神の栄光を反映して、非常にスタンプとベアーズ彼の性格は、彼の言葉を支持するすべてのものの力" ( heb. f. 1時02分) 。 For in the Gospel the Lord himself said: "Father, glorify Thou me in Thy own presence with the glory which I had with Thee before the world was made" (John 17:5).自分自身のための福音書によると、主: "父よ、なたは私には、なた自身の存在を美化して、なたの栄光を前にして私は、世界は前に" (ヨハネ17 : 05 ) 。 And in another place in the Gospel it is written: "The Jews sought all the more to kill him because he . . . called God his Father making himself equal with God" (John 5:18).福音とは別の場所に書かれたことは: "こちらのすべてのユダヤ人を殺すことを求めたため、彼は彼。 。 。神と呼ばれる彼の父親で自分自身を神に等しい" (ヨハネ5時18分) 。

The Sects. We therefore abhor the impious doctrine of Arius and the Arians against the Son of God, and especially the blasphemies of the Spaniard, Michael Servetus, and all his followers, which Satan through them has, as it were, dragged up out of hell and has most audaciously and impiously spread abroad in the world. この宗派です。従って我々の憎悪とarians不敬アリウスの教義に対する神の御子は、その中でも特に、スペイン人のblasphemies 、マイケルセルベトゥス、およびすべての彼の追随者は、悪魔がかれらを介して、言ってみれば、最大のうち引きずり出さ地獄とは、海外で最も独創的と不信心には、世界に広がる。

Christ Is True Man, Having Real Flesh. We also believe and teach that the eternal Son of the eternal God was made the Son of man, from the seed of Abraham and David, not from the coitus of a man, as the Ebionites said, but was most chastely conceived by the Holy Spirit and born of the ever virgin Mary, as the evangelical history carefully explains to us (Matt., ch. 1). キリストは、真の男で、本当のことを引き裂いた。我々にも教えることを信じると永遠の神の永遠の息子、男の息子は前には、アブラハムの子孫とデビッドからではなく、一人の男の性交から、 ebionitesとしては、しかし、ほとんどのchastely考えでは、聖霊とは、これまでに生まれた聖母マリアは、福音として、私たちの歴史を丁寧に説明( matt. 、チャンネルです。 1 )です。 And Paul says: "He took not on him the nature of angels, but of the seed of Abraham."ポールと書かれています: "彼は彼の性質上ない天使たちは、しかし、アブラハムの子孫です。 " Also the apostle John says that whoever does not believe that Jesus Christ has come in the flesh, is not of God.また、使徒ヨハネによれば、誰でもイエスキリストはありませんが来ていると思われるの肉は、神のではない。 Therefore, the flesh of Christ was neither imaginary nor brought from heaven, As Valentinus and Marcion wrongly imagined.したがって、人間の肉のキリストは、天からもたらしたどちらも架空、不当としてmarcionバレンティヌスと想像します。

A Rational Soul in Christ. Moreover, our Lord Jesus Christ did not have a soul bereft of sense and reason, as Apollinaris thought, nor flesh without a soul, as Eunomius taught, but a soul with its reason, and flesh with its senses, by which in the time of his passion he sustained real bodily pain, as he himself testified when he said: "My soul is very sorrowful, even to death" (Matt. 26:38). 合理的で、キリストの魂です。また、わたしたちの主イエスキリストの魂を失っていない感があるとの理由として考えアポリナリス、肉なくても魂は、 eunomius教えたとしてではなく、魂とその理由は、肉の感覚とは、時間によっては、彼の情熱を持続的な真の肉体的苦痛彼は、ときとして彼は彼自身の証言によると: "私の魂は非常に悲しんでも、死を" ( matt. 26:38 ) 。 And, "Now is my soul troubled" (John 12:27).そして、 "今は私の魂の問題を抱えた" (ヨハネ12:27 ) 。

Two Natures in Christ. We therefore acknowledge two natures or substances, the divine and the human, in one and the same Jesus Christ our Lord (Heb., ch. 2). 2つの性質は、キリストです。従って我々を認めるまたは2つの物質の性質は、神と人間は、自分たちの主イエスキリストと同じ( heb. 、チャンネルです。 2 ) 。 And we way that these are bound and united with one another in such a way that they are not absorbed, or confused, or mixed, but are united or joined together in one person--the properties of the natures being unimpaired and permanent.そして我々は、これらの方法で結合して1つの別のユナイテッドとするような方法で吸収されていない、または混乱、またはミックスが、 1つは、米国または組み合わされた人-のプロパティは、障害がなく、恒久的な性質れています。

Not Two but One Christ. Thus we worship not two but one Christ the Lord. しかし、 1つは、キリストの2つです。従って我々が1つのキリストを崇拝するのは主に2つです。 We repeat: one true God and man.我々繰り返す:真の神と人間の1つです。 With respect to his divine nature he is consubstantial with the Father, and with respect to the human nature he is consubstantial with us men, and like us in all things, sin excepted (Heb. 4:15).彼は神の性質を尊重して彼の父親は同本質とは、人間の本性を尊重するとして彼は私たちの男性と同本質、そして私たちのように、すべてのものは、罪を除く( heb. 4時15分) 。

The Sects. And indeed we detest the dogma of the Nestorians who make two of the one Christ and dissolve the unity of the Person. この宗派です。であり、実際のドグマは、我々 nestorians嫌悪する人や二人は、 1つのキリスト者の団結を解散する。 Likewise we thoroughly execrate the madness of Eutyches and the Monothelites or Monophysites who destroy the property of the human nature.同様に我々の狂気を徹底的にexecrateのeutychesとmonothelitesまたは財産monophysites人は、人間の本性を破壊する。

The Divine Nature of Christ Is Not Passible, and the Human Nature Is Not Everywhere. Therefore, we do not in any way teach that the divine nature in Christ has suffered or that Christ according to his human nature is still in the world and thus everywhere. キリストは神の本質ではないpassible 、人間の本性と、至る所ではない。従って、我々はどのような方法ではありませんが、神の性質を教えるに苦しんでたりして、キリストがキリストの人間の本性によれば、彼はまだこうして、世界の至る所。 For neither do we think or teach that the body of Christ ceased to be a true body after his glorification, or was deified, and deified in such a way that it laid aside its properties as regards body and soul, and changed entirely into a divine nature and began to be merely one substance.どちらかと思うことを教えるために我々は、キリストの体がやんだ後、彼の真のボディ賛美、またはdeifiedは、そのような方法でそれdeifiedレイアウトさておき、体と心のプロパティに関しては、全面的に変更すると神自然と1つの物質だけになり始めた。

The Sects. Hence we by no means approve or accept the strained, confused and obscure subtleties of Schwenkfeldt and of similar sophists with their self-contradictory arguments; neither are we Schwenkfeldians. この宗派です。従って我々ではない緊張を承認または承認して、混乱したのと同じような無名の微妙なschwenkfeldtとして彼らの自己矛盾の引数sophists ; schwenkfeldiansどちらが我々です。

Our Lord Truly Suffered. We believe, moreover, that our Lord Jesus Christ truly suffered and died for us in the flesh, as Peter says (1 Peter 4:1). わたしたちの主真に苦しんでいます。私たちは、また、わたしたちの主イエスキリストを真に受けたとは、肉体が死んで下さったことは、ピーターによれば( 1ピーター4時01分) 。 We abhor the most impious madness of the Jacobites and all the Turks who execrate the suffering of the Lord.我々の最も忌み嫌う不敬jacobitesと狂気は、トルコのすべての人の苦しみを、主execrate 。 At the same time we do not deny that the Lord of glory was crucified for us, according to Paul's words (1 Cor. 2:8).それと同時に否定することはありませんが、主の栄光のために私たちは、十字架につけられ、パウロの言葉によると、 ( 1うわっ。 2時08分) 。

Impartation of Properties. We piously and reverently accept and use the impartation of properties which is derived from Scripture and which has been used by all antiquity in explaining and reconciling apparently contradictory passages. impartationのプロパティです。 piouslyとあがめるように我々を受け入れるとのプロパティを使用してimpartationこれは啓典から派生したとされて使用されるすべての古代の和解と明らかに矛盾した文章で説明しています。

Christ Is Truly Risen from the Dead. We believe and teach that the same Jesus Christ our Lord, in his true flesh in which he was crucified and died, rose again from the dead, and that not another flesh was raised other than the one buried, or that a spirit was taken up instead of the flesh, but that he retained his true body. キリストが死んでから、本当に上昇しています。私たちと同じことを教える私たちの主イエスキリストは、彼の真の肉では、十字架につけられ、死亡した彼は、死んでから再び上昇し、肉が提起していない以外の別の1つに埋葬、あるいはその精神は、肉の代わりに取り上げるが、その彼は自分の本当の体を留保します。 Therefore, while his disciples thought they saw the spirit of the Lord, he showed them them his hands and feet which were marked by the prints of the nails and wounds, and added: "See my hands and my feet, that it is I myself; handle me, and see, for a spirit has not flesh and bones as you see that I have" (Luke 24:39).したがって、彼らを見ながら、弟子たちの精神の主よ、かれらを見せていた彼の手と足の爪でマークされて版画や傷、および追加されました: "私の手と足を参照して、それが私自身;ハンドルを私には、およびを参照して、精神をしていないため、肉と骨を見て分かるように私は" (ルカ24:39 ) 。

Christ Is Truly Ascended Into Heaven. We believe that our Lord Jesus Christ, in his same flesh, ascended above all visible heavens into the highest heaven, that is, the dwelling-place of God and the blessed ones, at the right hand of God the Father. キリストは、ほんとうに天国に昇っています。私たちは、わたしたちの主イエスキリストは、自分と同じ肉では、上記のすべての可視天に昇って最高の天国、それは、神の住居に恵まれているとは、神の右手には、父親です。 Although it signifies an equal participation in glory and majesty, it is also taken to be a certain place about which the Lord, speaking in the Gospel, says: "I go to prepare a place for you" (John 14:2).対等に参加することを意味するにもかかわらず、陛下の栄光、それは、ある特定の場所でも撮影されるが、主については、福音書で言えば、書かれています: "私はあなたに行く準備をするための場所" (ヨハネ14 : 02 ) 。 The apostle Peter also says: "Heaven must receive Christ until the time of restoring all things" (Acts 3:21).使徒ペテロにも書かれています: "天国のキリストを受ける必要がありますすべてのものを回復するまでの時間" (行為3時21分) 。 And from heaven the same Christ will return in judgment, when wickedness will then be at its greatest in the world and when the Antichrist, having corrupted true religion, will fill up all things with superstition and impiety and will cruelly lay waste the Church with bloodshed and flames (Dan., ch. 11).天からキリストと同じで判断力が戻り、邪悪ときは、その後には、そのときには、世界最大の反キリストは、真の宗教が破損し、すべてのものを満タンにしては迷信と不信心とは、無情にも、教会を荒廃させる流血そして炎( dan. 、チャンネルです。 11 ) 。 But Christ will come again to claim his own, and by his coming to destroy the Antichrist, and to judge the living and the dead (Acts 17:31).しかし、キリストは、自分の主張に戻って来ると、キリストの敵を破壊された彼の数、および生活者と死者を判断する( 17時31行為) 。 For the dead will rise again (1 Thess. 4:14 ff.), and those who on that day (which is unknown to all creatures [Mark 13:32]) will be alive will be changed "in the twinkling of an eye," and all the faithful will be caught up to meet Christ in the air, so that then they may enter with him into the blessed dwelling-places to live forever (1 Cor. 15:51 f.).死者のために再び上昇( 1 thess 。 FFの午前4時14分です。 ) 、そして人々はその日(これは未知のすべての生き物[マーク13:32 ] )に変更されるが生きている"は、瞬く間"とキャッチされるまでのすべての忠実なキリストの中の空気を満たすように、次に入力するかもしれないが、彼を祝福の場所に住居を永遠に生きる( 1うわっ。 f. 15時51分) 。 But the unbelievers and ungodly will descend with the devils into hell to burn forever and never to be redeemed from torments (Matt. 25:46).しかし、不信心者とはとんでもない降下して、悪魔たちを地獄に永遠に火傷から換金されるとは決してtorments ( matt. 25:46 ) 。

The Sects. We therefore condemn all who deny a real resurrection of the flesh (2 Tim. 2:18), or who with John of Jerusalem, against whom Jerome wrote, do not have a correct view of the glorification of bodies. この宗派です。従って我々のすべての非難を否定する人は、本当の復活肉( 2ティム。 2時18分) 、または人のジョンエルサレムでは、誰に対して書いたジェローム、正しい見解を持っていないが、遺体の賛美します。 We also condemn those who thought that the devil and all the ungodly would at some time be saved, and that there would be and end to punishments.我々を非難する人たちも、悪魔と考えたことは、いくつかのすべての不信心な時間に保存し、終わりがあることを処分となる。 For the Lord has plainly declared: "Their fire is not quenched, and their worm does not die" (Mark 9:44).これは、主にははっきりと宣言した: "彼らの急冷火事ではない、と彼らのワームは死なない" (マーク9時44分) 。 We further condemn Jewish dreams that there will be a golden age on earth before the Day of Judgment, and that the pious, having subdued all their godless enemies, will possess all the kingdoms of the earth.私たちの夢をさらにユダヤ人を非難することがあるでしょう黄金時代地球上で、審判の日の前には、信心深いとして、自分のすべてを抑えた不健全な敵は、すべての志を持つのは、地球です。 For evangelical truth in Matt., chs.福音の真理のためにマット。 、 chs 。 24 and 25, and Luke, ch. 24日と25日、そしてルークは、チャンネルです。 18, and apostolic teaching in 2 Thess., ch. 18日、ローマ教皇の教えとは2 thess 。 、チャンネルです。 2, and 2 Tim., chs. 2 、および2ティム。 、 chs 。 3 and 4, present something quite different. 3と4は、全く別の存在です。

The Fruit of Christ's Death and Resurrection. Further by his passion and death and everything which he did and endured for our sake by his coming in the flesh, our Lord reconciled all the faithful to the heavenly Father, made expiation for our sins, disarmed death, overcame damnation and hell, and by his resurrection from the dead brought again and restored life and immortality. 果実は、キリストの死と復活です。さらなる情熱と彼の死によって、すべてが、彼はそれに耐えるために、私たちのために彼の足を運んで、肉は、わたしたちの主のすべての忠実な仲直りして天国の父は、私たちの前に罪の償いのため、武装解除の死、と地獄の苦しみを克服し、復活された彼は死んでから再びもたらしたと復元の人生と不滅です。 For he is our righteousness, life and resurrection, in a word, the fulness and perfection of all the faithful, salvation and all sufficiency.彼は私たちの正義のため、復活の人生とは、一言で言えば、すべての忠実な完成fulnessと、すべての救いと充足。 For the apostle says: "In him all the fulness of God was pleased to dwell," and, "You have come to fulness of life in him" (Col., chs. 1 and 2).使徒を書かれています: "神は彼のすべてのfulnessに住む、うれしかった"とし、 "君が来て、彼の人生のfulness " (大佐は、 chsです。 1および2 ) 。

Jesus Christ Is the Only Savior of the World, and the True Awaited Messiah. For we teach and believe that Jesus Christ our Lord is the unique and eternal Savior of the human race, and thus of the whole world, in whom by faith are saved all who before the law, under the law, and under the Gospel were saved, and however many will be saved at the end of the world. 救い主イエスキリストは、唯一の世界では、と期待されているの真の救世主です。教えるために私たちと私たちの主イエスキリストを信じることは、ユニークで、人類の永遠の救い主、こうして、全世界は、誰も信仰に保存されたすべての人の前にこの法律は、この法律の下では、保存されたと福音書の下で、多くは救われるとしかし、世界の終わりだ。 For the Lord himself says in the Gospel: "He who does not enter the sheepfold by the door but climbs in by another way, that man is a thief and a robber . . . . I am the door of the sheep" (John 10:1 and 7).すなわち、主ご自身は、福音書によれば: "と入力していない人が羊のドアを登っしかし、別の方法では、あの男は、泥棒や強盗。 。 。 。 。私は、ドアの羊" (ヨハネ10 : 1 〜 7 ) 。 And also in another place in the same Gospel he says: "Abraham saw my day and was glad" (ch. 8:56).また、別の場所で、同じ福音書と彼は言います: "アブラハムを見た私は、昼とうれしい" (第8時56分) 。 The apostle Peter also says: "There is salvation in no one else, for there is no other name under heaven given among men by which we must be saved."使徒ペテロにも書かれています: "他に誰が救いでは、他の名前がないために与えられた天の下で我々の中の男を保存しなければならない"と述べた。 We therefore believe that we will be saved through the grace of our Lord Jesus Christ, as our fathers were (Acts 4:12; 10:43; 15:11).従って我々は救われると信じて我々を通じて、わたしたちの主イエスキリストの恵みは、私たちの祖先は( 4時12行為; 10:43 ;午前15時11分) 。 For Paul also says: "All our fathers ate the same spiritual food and all drank the same spiritual drink. For they drank from the spiritual Rock which followed them, and the Rock was Christ" )1 Cor.ポールのためにも書かれています: "我々の祖先が食べたすべて同じ精神的な食べ物と飲み物をすべて飲んだと同じ精神です。ためのロックを飲んでから、精神的に続いており、岩は、キリストの" ) 1うわっ。 10:3 f.). f. 10時03分) 。 And thus we read that John says: "Christ was the Lamb which was slain from the foundation of the world" (Rev. 13:8), and John the Baptist testified that Christ is that "Lamb of God, who takes away the sin of the world" (John 1:29).こうして私たちのジョンを読んだことが書かれています: "キリストは、子羊が殺害された同財団は、世界から" (牧師13時08分) 、と証言してキリストの洗礼者ヨハネは、 "神の子羊は、誰の罪を去るの世界" (ジョン1時29分) 。 Wherefore, we quite openly profess and preach that Jesus Christ is the sole Redeemer and Savior of the world, the King and High Priest, the true and awaited Messiah, that holy and blessed one whom all the types of the law and predictions of the prophets prefigured and promised; and that God appointed him beforehand and sent him to us, so that we are not now to look for any other.何のために、我々かなり公然と説教して唯一の救い主イエスキリストは、世界の救世主とは、大祭司王とは、真の救世主と期待されている、と祝福して神聖な1つの種類のすべての人の予測法や預言者prefiguredと約束;そしてその神は彼を任命した彼に事前に送られると我々は、ですから、私たちは今、他を探す。 Now there only remains for all of us to give all glory to Christ, believe in him, rest in him alone, despising and rejecting all other aids in life.今すぐそこだけが残ることを私たち全員のすべての栄光を与えるキリストは、彼を信じて、残りは彼だけで、他のすべてのエイズdespisingと人生を拒否しています。 For however many seek salvation in any other than in Christ alone, have fallen from the grace of God and have rendered Christ null and void for themselves (Gal. 5:4).しかし多くの救いを求めるために、他よりも一人で、キリストは、神の恵みが落ちたからとはキリストのレンダリングを無効とするように仕向ける( gal. 5時04分) 。

The Creeds of Four Councils Received. And, to say many things with a few words, with a sincere heart we believe, and freely confess with open mouth, whatever things are defined from the Holy Scriptures concerning the mystery of the incarnation of our Lord Jesus Christ, and are summed up in the Creeds and decrees of the first four most excellent synods convened at Nicaea, Constantinople, Ephesus and Chalcedon--together with the creed of blessed Athanasius, and all similar symbols; and we condemn anything contrary to these. 協議会の4つの信条を受け取った。とは、多くのことを言うといくつかの言葉は、我々の心を心から信じて、自由に告白すると口を開けて、どのようなものが定義からは、聖書に関するミステリーわたしたちの主イエスキリストの権化キリストは、要約すると、その信条とは、最初の4つの政令の召集で最も優れたsynodsニカイア、コンスタンティノープル、エフェソスとchalcedon -と共にアタナシウス信条を祝福し、すべての似たようなシンボル;これらとは逆に我々を非難するものです。

The Sects. And in this way we retain the Christian, orthodox and catholic faith whole and unimpaired; knowing that nothing is contained in the aforesaid symbols which is not agreeable to the Word of God, and does not altogether make for a sincere exposition of the faith. この宗派です。このように私たちを引き止めておくとキリスト教は、正統派とカトリックの信仰と全体に障害がなく、何もないと知っては、前述のシンボルに含まれて快いことではありませんが、神のみことばには、全部ではないとするために誠意を作るためには、博覧会信仰です。

Chapter 12 - Of the Law of God第12章-神の法則

The Will of God Is Explained for Us in the Law of God. We teach that the will of God is explained for us in the law of God, what he wills or does not will us to do, what is good and just, or what is evil and unjust. 神の意志には、説明ために私たちは、神の法則です。我々は、神の意志を教えることの説明のために私たちは、神の法には、何かの意志がない彼は、私たちには、何がいいとだけ、またはどのような悪とは、不当な。 Therefore, we confess that the law is good and holy.したがって、この法律は、我々を告白して良いと聖です。

The Law of Nature. And this law was at one time written in the hearts of men by the finger of God (Rom. 2:15), and is called the law of nature (the law of Moses is in two tables), and at another it was inscribed by his finger on the two Tables of Moses, and eloquently expounded in the books of Moses (Ex. 20:1 ff.; Deut. 5:6 ff.). 自然の法則です。そしてこの法律は、一度に書かされた男たちの心の中に神の指( rom. 2時15分)は、自然の法則と呼ばれ、 (同法のムーサーは、 2つのテーブル) 、およびそれは彼の内接された別の2つのテーブルの上に指ムーサーよ、と雄弁に詳しく説明は、書籍のモーゼス(例: 20時01分FFのです。 ; deut 。 FFの午前5時06分です。 ) 。 For the sake of clarity we distinguish the moral law which is contained in the Decalogue or two Tables and expounded in the books of Moses, the ceremonial law which determines the ceremonies and worship of God, and the judicial law which is concerned with political and domestic matters.明快に区別するために我々の道徳的な法律が、 2つのテーブルに含まれて十戒を詳しく説明したり、書籍のムーサーは、法律の儀式を決定する神の崇拝の儀式とは、法律や司法は、国内の政治的な関係事柄です。

The Law Is Complete and Perfect. We believe that the whole will of God and all necessary precepts for every sphere of life are taught in this law. この法律が完了すると完璧です。私たちは、全体とは、神のために必要なすべての戒律人生のあらゆる分野では、この法律を教えています。 For otherwise the Lord would not have forbidden us to add or to take away anything from this law; neither would he have commanded us to walk in a straight path before this law, and not to turn aside from it by turning to the right or to the left (Deut. 4:2; 12:32).そうでなければ、主のために私たちはそれを禁じられて何かを追加したりしてからこの法律を奪う;どちらも私たちは、彼が指揮する前に、正しい道を歩くのは、この法、およびそれをしないように顔を背けるから角を右に曲がるかを左( deut. 4時02分; 12:32 ) 。

Why the Law Was Given. We teach that this law was not given to men that they might be justified by keeping it, but that rather from what it teaches we may know (our) weakness, sin and condemnation, and, despairing of our strength, might be converted to Christ in faith. なぜこの法律が与えられた。我々がこの法律を教えることではなかったの男性で、彼らに与えられた正当化されるかもしれないことを維持するが、それは何というから知っていることを教えることがあります(我々の)弱点は、罪と非難を、そして、私たちの絶望的な強さは、キリストの信仰に変換されるかもしれない。 For the apostle openly declares: "The law brings wrath," and, "Through the law comes knowledge of sin" (Rom. 4:15; 3:20), and, "If a law had been given which could justify or make alive, then righteousness would indeed be by the law. But the Scripture (that is, the law) has concluded all under sin, that the promise which was of the faith of Jesus might be given to those who believe . . . Therefore, the law was our schoolmaster unto Christ, that we might be justified by faith" (Gal. 3:21 ff.).使徒を公然と宣言: "この法律の怒りをもたらす"とし、 "罪の知識を介して来るの法則" ( rom. 4時15分; 3:20 ) 、および、 "法律が与えられた場合、または正当化することができる生きているのは、当時の法律によって正義のは何よりだが、啓典(つまり、同法)の下では、すべての罪の結論は、約束されたことは、信仰のイエスを信じる者に与えられるかもしれない。 。 。したがって、かれは、我々の教師の法則キリストは、私たちの信仰正当化されるかもしれない" ( gal. FFの3時21分です。 ) 。

The Flesh Does Not Fulfill the Law. For no flesh could or can satisfy the law of God and fulfill it, because of the weakness in our flesh which adheres and remains in us until our last breath. 同法はない肉を全うしています。ために肉がないかを満たすことができるとは、神の法則を果たすことは、私たちの肉の弱さのため、これを遵守するまで私たちと私たちの最後の息が残っている。 For the apostle says again: "God has done what the law, weakened by the flesh, could not do: sending his own Son in the likeness of sinful flesh and for sin" (Rom. 8:3).伝道者によれば、再び: "神はどのように行わ法では、弱体化された肉は、できなかったこと:自分の息子を送るのは、罪深い肉とは似ている罪" ( rom. 8時03分) 。 Therefore, Christ is the perfecting of the law and our fulfillment of it (Rom. 10:4), who, in order to take away the curse of the law, was made a curse for us (Gal. 3:13).したがって、キリストは、私たちの充足感を完ぺきには、法の趣旨とのこと( rom. 10時04分)は、人のためには、呪いを取り上げるのは、法では、我々は前に呪い( gal. 3時13分) 。 Thus he imparts to us through faith his fulfillment of the law, and his righteousness and obedience are imputed to us.こうして彼は彼の信仰を通して、私たちにとってimparts充足感は、法の趣旨は、正義と服従させると彼は私たちに帰属します。

How Far the Law Is Abrogated. The law of God is therefore abrogated to the extent that it no longer condemns us, nor works wrath in us. どのようにこの法律は、廃止までに寄付されます。神は、そのための法律の範囲を廃止することを我々はもはや非難し、また、我々の怒り作品です。 For we are under grace and not under the law.グレースとしないために我々は法の下の下です。 Moreover, Christ has fulfilled all the figures of the law.また、キリストが果たさのすべての数字は、法の趣旨だ。 Hence, with the coming of the body, the shadows ceased, so that in Christ we now have the truth and all fulness.したがって、体が来ると、その影やんだので、我々は今、キリストは、真理とすべてのfulnessです。 But yet we do not on that account contemptuously reject the law.しかし、まだ我々にしていないアカウントを拒否する法律contemptuously 。 For we remember the words of the Lord when he said: "I have not come to abolish the law and the prophets but to fulfill them" (Matt. 5:17).我々のために、主の言葉を覚えているときに彼によると: "私はこの法律を廃止していない来ると預言しかし、それらを実現する" ( matt. 5時17分) 。 We know that in the law is delivered to us the patterns of virtues and vices.同法では、我々が知っている私たちの配達を美徳と悪徳のパターンです。 We know that the written law when explained by the Gospel is useful to the Church, and that therefore its reading is not to be banished from the Church.法律に書かれたことが分かっていると説明される際には有用な福音教会には、読書ではないとし、そのために教会から追放される。 For although Moses' face was covered with a veil, yet the apostle says that the veil has been taken away and abolished by Christ.にもかかわらずモーゼの顔をベールで覆われていたにもかかわらず、問題のヴェールの伝道者によると、廃止されて連行されたとキリストです。

The Sects. We condemn everything that heretics old and new have taught against the law. この宗派です。我々を非難するすべてのことを異端古さと新しさが教えたの法律に違反しています。

Chapter 13 - Of the Gospel of Jesus Christ, of the Promises, and of the Spirit and Letter 13章-は、イエスキリストの福音は、その約束をし、その精神と手紙

The Ancients Had Evangelical Promises. The Gospel, is indeed, opposed to the law. 福音派は、昔の約束だ。 、ゴスペル、実際には、この法律に反対しています。 For the law works wrath and announces a curse, whereas the Gospel preaches grace and blessing.作品は、法律の怒りと呪いを発表するが、福音説教恵みと祝福した。 John says: "For the law was given through Moses; grace and truth came through Jesus Christ" (John 1:17).ジョン書かれています: "を介して同法は、与えられたモーゼス;イエスキリストの恵みと真理を介して来た" (ヨハネ1時17分) 。 Yet not withstanding it is most certain that those who were before the law and under the law, were not altogether destitute of the Gospel.まだほとんどないことは確実だ。 withstandingされた者たちの前に、法とは法の下では、全部ではない極貧の福音です。 For they had extraordinary evangelical promises such as these are: "The seed of the woman shall bruise the serpent's head" (Gen. 3:15).約束していたため、このような福音派の臨時以下の通りです: "の種子は、女性は、蛇の頭部打撲" (大将3時15分) 。 "In thy seed shall all the nations of the earth be blessed" (Gen. 22:18). "なたの種子では、地球のすべての民族を祝福される" (大将22時18分) 。 "The scepter shall not depart from Judah . . . until he comes" (Gen. 49:10). "ユダの笏を逸脱するものではない。 。 。来るまで、彼は" (大将49:10 ) 。 "The Lord will raise up a prophet from among his own brethren" (Deut. 18:15; Acts 3:22), etc. "主は、預言者の中から引き上げて、自分の兄弟" ( deut. 18:15 ;行為3時22分)等

The Promises Twofold. And we acknowledge that two kinds of promises were revealed to the fathers, as also to us. 二重の約束だ。そして我々の2つの種類の約束を認めることを明らかにしていた父親は、我々としてもしています。 For some were of present or earthly things, such as the promises of the Land of Canaan and of victories, and as the promise today still of daily bread.いくつか存在するが、この世のものかのように、約束のカナンの地での勝利、そして今日の約束としては、毎日のパンまだです。 Others were then and are still now of heavenly and eternal things, namely, divine grace, remission of sins, and eternal life through faith in Jesus Christ.当時と今はまだ他の天国と永遠のもの、すなわち、神の恵みは、罪の赦し、永遠の命を信じているイエスキリストを通してです。

The Fathers Also Had Not Only Carnal but Spiritual Promises. Moreover, the ancients had not only external and earthly but also spiritual and heavenly promises in Christ. 肉欲だけでなく、父親もいたしかし、精神的な約束だ。しかも、昔はこの世だけでなく、外部との約束だけでなく、精神的なキリストと天国です。 Peter says: "The prophets who prophesied of the grace that was to be yours searched and inquired about this salvation" (I Peter 1:10).ピーターによれば: "預言者たちの予言は、あなたの恵みを捜索していたとされる、この救済について尋ねた" (私のピーター1時10分) 。 Wherefore the apostle Paul also said: "The Gospel of God was promised beforehand through his prophets in the holy scriptures" (Rom. 1:2).何のためにも、使徒パウロによると: "神の福音を事前に約束された聖書の預言者を介して" ( rom. 1時02分) 。 Thereby it is clear that the ancients were not entirely destitute of the whole Gospel.そのことは明らかだが、昔の全体を完全に極貧の福音です。

What Is the Gospel Properly Speaking? And although our fathers had the Gospel in this way in the writings of the prophets by which they attained salvation in Christ through faith, yet the Gospel is properly called glad and joyous news, in which, first by John the Baptist, then by Christ the Lord himself, and afterwards by the apostles and their successors, is preached to us in the world that God has now performed what he promised from the beginning of the world, and has sent, nay more, has given us his only Son and in him reconciliation with the Father, the remission of sins, all fulness and everlasting life. 正確に言えば、福音書は何ですか?そして私たちの祖先がいたにもかかわらず、このように福音書の記述では、預言者救済で達成されるキリストを通して彼らの信仰は、福音が正しく呼ばれていないと楽しいうれしいニュース、では、まずジョンそのバプテストは、キリスト次に、主ご自身によって、その後の使徒とその後継者によって、私たちは、世界で説教をして行われたが、今では何彼は神の約束は、初めから世界では、送信とは、いやもっと、が与えられた私たちは彼の一人息子と和解して彼の父は、罪の赦し、すべてのfulnessと来世。 Therefore, the history delineated by the four Evangelists and explaining how these things were done or fulfilled by Christ, what things Christ taught and did, and that those who believe in him have all fulness, is rightly called the Gospel.したがって、線引きされた4つの伝道者の歴史や説明が行わこれらのことをどのように果たされるか、キリストは、キリストの教えとはどのようなもの、としてすべての人々が彼を信じてfulness 、福音が正しく呼ばれています。 The preaching and writings of the apostles, in which the apostles explain for us how the Son was given to us by the Father, and in him everything that has to do with life and salvation, is also rightly called evangelical doctrine, so that not even today, if sincerely preached, does it lose its illustrious title.記述は、使徒の説教とは、私たちが、使徒を説明するために、どのように私たちの息子が父親に与えられた、としていることはすべてのことを彼の命と救いは、福音主義と呼ばれることも当然、それすら今日では、よろしくお願い説教場合は、その輝かしいタイトルを失うことです。

Of the Spirit and the Letter. That same preaching of the Gospel is also called by the apostle "the spirit" and "the ministry of the spirit" because by faith it becomes effectual and living in the ears, nay more, in the hearts of believers through the illumination of the Holy Spirit (II Cor. 3:6). の精神とその手紙です。同じ説教しても呼ばれるのは、福音伝道者"の精神"と"省の精神"を信仰することが効果的なので、耳に住んでいるのは、いやもっとあれば、心の中で信者たちは、聖霊を通して照明( ⅱうわっています。 3時06分) 。 For the letter, which is opposed to the Spirit, signifies everything external, but especially the doctrine of the law which, without the Spirit and faith, works wrath and provokes sin in the minds of those who do not have a living faith.その手紙は、これに反対してスピリットは、すべての外部意味だが、特にこの学説は、法の趣旨には、信仰の精神とせず、怒りとprovokes作品の心の罪のない人たちの信仰生活がある。 For this reason the apostle calls it "the ministry of death."この理由で、使徒呼び出して"死の部です。 " In this connection the saying of the apostle is pertinent: "The letter kills, but the Spirit gives life."この接続では、と言っては、適切な使徒: "この手紙を討伐数が、人生の精神を与えています。 " And false apostles preached a corrupted Gospel, having combined it with the law, as if Christ could not save without the law.破損したとする虚偽の福音説教使徒は、同法を組み合わせることで、まるでキリストなしにこの法律を保存できませんでした。

The Sects. Such were the Ebionites said to be, who were descended from Ebion the heretic, and the Nazarites who were formerly called Mineans. この宗派です。 ebionitesなどと言われるのが、異端者たちの子孫からebion 、 nazaritesと呼ばれていた旧mineans 。 All these we condemn, while preaching the pure Gospel and teaching that believers are justified by the Spirit alone, and not by the law.これらすべてのことを非難し、その純粋な福音説教して信者には正当化されると教えるの精神だけでも、この法律によってではなく。 A more detailed exposition of this matter will follow presently under the heading of justification.この件についてのより詳細な博覧会という見出しの下には、現在の正当性に従ってください。

The Teaching of the Gospel Is Not New, but Most Ancient Doctrine. And although the teaching of the Gospel, compared with the teaching of the Pharisees concerning the law, seemed to be a new doctrine when first preached by Christ (which Jeremiah also prophesied concerning the New Testament), yet actually it not only was and still is an old doctrine (even if today it is called new by the Papists when compared with the teaching now received among them), but is the most ancient of all in the world. その教えは、福音書ではない新しいが、ほとんどの古代の教義。とはいえ、福音を教えるのは、教えることと比較して、 phariseesに関する法では、とみられる最初の説教されたときに、新しいキリスト教説(これも予言に関するジェレマイア新約聖書)は、まだ実際にはそれしかないとは、まだ古い教義(これは今日、たとえされると呼ばれる新しいpapistsを受け取ったときに比べて、今すぐこのうち教師)は、しかし、そのほとんどは、世界のすべての古代のです。 For God predestinated from eternity to save the world through Christ, and he has disclosed to the world through the Gospel this his predestination and eternal counsel (II Tim. 2:9 f.).神のために永遠predestinatedからキリストを通して世界を救うために、彼は明らかにして、世界の福音書を通して、この彼の永遠の宿命と助言( ⅱティムです。 f. 2時09分) 。 Hence it is evident that the religion and teaching of the Gospel among all who ever were, are and will be, is the most ancient of all.だからそれは宗教と明らかにして教えることは、すべての福音書の中、誰がいた、とされるが、その大半は、古代のすべての。 Wherefore we assert that all who say that the religion and teaching of the Gospel is a faith which has recently arisen, being scarcely thirty years old, err disgracefully and speak shamefully of the eternal counsel of God.何のために我々の主張する人たちは、すべての宗教と信仰は、福音を教えるのが、最近起きては、ほとんどが30歳で、恥ずかしいほどerrみっともないと話すのは、神の永遠の助言だ。 To them applies the saying of Isaiah the prophet: "Woe to those who call evil good and good evil, who put darkness for light and light for darkness, who put bitter for sweet and sweet for bitter!"と言って、かれらに適用して、預言者イザヤ書: "人を呼ぶ悲痛善と悪の良い悪いは、誰のために闇の中の光と闇の中の光のため、誰のために甘いと苦いは苦い甘い! " (Isa. 5:20). ( isa. 5時20分) 。

Chapter 14 - Of Repentance and the Conversion of Man第14 -の後悔と、コンバージョンの男

The doctrine of repentance is joined with the Gospel.後悔は入社して、教義の福音です。 For so has the Lord said in the Gospel: "Repentance and forgiveness of sins should be preached in my name to all nations" (Luke 24:27).これは、主のためには、福音書によると: "悔い改めと罪の許ししなければならない説教で私の名前をすべての国" (ルカ24:27 ) 。

What Is Repentance? By repentance we understand (1) the recovery of a right mind in sinful man awakened by the Word of the Gospel and the Holy Spirit, and received by true faith, by which the sinner immediately acknowledges his innate corruption and all his sins accused by the Word of God; and (2) grieves for them from his heart, and not only bewails and frankly confesses them before God with a feeling of shame, but also (3) with indignation abominates them; and (4) now zealously considers the amendment of his ways and constantly strives for innocence and virtue in which conscientiously to exercise himself all the rest of his life. 後悔は何ですか?後悔さを理解する( 1 )私たちの権利の回復を心の中で目が覚める罪深い男という言葉は、福音と聖霊は、真の信仰によって受け取ったとされる汚職生来の罪人とすぐに彼のすべてを認めて罪を告発された神のみことば;および( 2 )のために不幸にしてから彼の心は、 bewailsだけではなく、神の前で率直に告白して恥という感覚ではなく、 ( 3 )と憤慨してabominates ;そして今( 4 )彼の熱心な方法を検討して改正案を無罪と絶えず努力と誠実さの美徳を行使残りの人生をすべて自分自身です。

True Repentance Is Conversion to God. And this is true repentance, namely, a sincere turning to God and all good, and earnest turning away from the devil and all evil. 真のコンバージョンを後悔は神です。これは真の悔い改めとは、すなわち、すべての神とするために誠意を旋回して良い、と真剣に旋回し、悪魔のすべての悪から離れている。 1. 1 。 REPENTANCE IS A GIFT OF GOD.後悔は、神の贈り物です。 Now we expressly say that this repentance is a sheer gift of God and not a work of our strength.今我々が明示して、この後悔は、薄手の言う神の贈り物我々の強さと仕事ではありません。 For the apostle commands a faithful minister diligently to instruct those who oppose the truth, if "God may perhaps grant that they will repent and come to know the truth" (II Tim. 2:25).大臣は、使徒のコマンドを忠実に反対する人たちに向けて努力し、真実を指示、もし"神のかもしれません恐らくかれらは悔悟して付与して来て真実を知っている" ( ⅱティムです。 2時25分) 。 2. 2 。 LAMENTS SINS COMMITTED.犯した罪laments 。 Now that sinful woman who washed the feet of the Lord with her tears, and Peter who wept bitterly and bewailed his denial of the Lord (Luke 7:38; 22:62) show clearly how the mind of a penitent man ought to be seriously lamenting the sins he has committed.さて、罪深い女の人の足を洗って、主に彼女の涙を流すのは、ピーターの人と苦々しくと泣きながら彼の拒否の主bewailed (ルーク7 : 38 ; 22:62 )ショーを明確にする方法について後悔している人の男の心の真剣でなければならない彼は、その罪を嘆くにコミットします。 3. 3 。 CONFESSES SINS TO GOD.神の罪を告白している。 Moreover, the prodigal son and the publican in the Gospel, when compared with the Pharisee, present us with the most suitable pattern of how our sins are to be confessed to God.また、放蕩息子と居酒屋の主人は、ゴスペル、パリサイ時と比較して、最も適切なパターンを提示して我々がどのように私たちの罪を告白して、神がいる。 The former said: "'Father, I have sinned against heaven and before you; I am no longer worthy to be called your son; treat me as one of your hired servants'" (Luke 15:8 ff.).前者によると: " '父は、私は罪を犯しました天国と反対する前に、私はもはやあなたの息子と呼ばれるに値する;治療して私の一人として雇われ使用人' " ( 15時08分FFのルークです。 ) 。 And the latter, not daring to raise his eyes to heaven, beat his breast, saying, "God be merciful to me a sinner" (ch. 18:13).そして、後者ではなく、彼の目を天国に引き上げる大胆な、彼の胸のビートは、 "慈悲深き神が私には罪人" (第18時13分) 。 And we do not doubt that they were accepted by God into grace.と疑うことはありませんには、彼らが、神の恵みに受け入れられる。 For the apostle John says: "If we confess our sins, he is faithful and just, and will forgive our sins and cleanse us from all unrighteousness. If we say we have not sinned, we make him a liar, and his word is not in us" (I John 1:9 f.).使徒ヨハネは、書かれています: "我々の罪を告白すれば、彼は、忠実なだけでは、とは、私たちの罪を赦され、すべての不義から私たちを清めている。 sinnedもし我々がないと言う我々は、我々を彼はうそつきだ、と彼の言葉ではない私たちは" (私のジョンf. 1時09分) 。

Sacerdotal Confession and Absolution. But we believe that this sincere confession which is made to God alone, either privately between God and the sinner, or publicly in the Church where the general confession of sins is said, is sufficient, and that in order to obtain forgiveness of sins it is not necessary for anyone to confess his sins to a priest, murmuring them in his ears, that in turn he might receive absolution from the priest with his laying on of hands, because there is neither a commandment nor an example of this in Holy Scriptures. 聖職の赦免を告白しています。しかし、私たちは、この誠実な告白は神の前に一人で、神との間のいずれかを内密にしている罪人、または公には、教会の罪の告白は、どこの全般によると、十分には、それを得るために罪の許しのために必要なことは誰にも自分の罪を告白し、司祭は、かれらがサラサラ流れる彼の耳には、免除を受けるかもしれないが、彼の電源からの司祭が彼の手を敷設して、そこには、どちらにも命令の一例これは聖書です。 David testifies and says: "I acknowledged my sin to thee, and did not hide my iniquity; I said, 'I will confess my transgressions to the Lord'; then thou didst forgive the guilt of my sin" (Ps. 32:5).デビッド証明と書かれています: "私は自分の罪を認め、なたは、自分の罪を隠すとしなかった;私によると、 '私は私の告白して、主のtransgressions ' ;それからなたdoの二人称単数私の罪を赦され、罪悪感にさいなまれる" ( ps. 32:5 ) 。 And the Lord who taught us to pray and at the same time to confess our sins said: "Pray then like this: Our Father, who art in heaven, . . . forgive us our debts, as we also forgive our debtors" (Matt. 6:12).そして、主の人が教えてくれたんにお参りすると同時に私たちの罪を告白している: "このよう祈るそれから:私たちの父は、アートインヘブン人は、 。 。 。我々の借金の御赦し、我々としても我々の債務者を許す" (マット。 6時12分) 。 Therefore it is necessary that we confess our sins to God our Father, and be reconciled with our neighbor if we have offended him.そのために必要なことは私たちの罪を告白して私たちを神に私たちの父、そして私たちの隣人に仲直りしている場合我々は彼の気分を害した。 Concerning this kind of confession, the Apostle James says: "Confess your sins to one another" (James 5:16).この種の問題の告白は、使徒ジェームズ書かれています: "あなたたちの罪を告白して別の1つ" (ジェームズ5時16分) 。 If, however, anyone is overwhelmed by the burden of his sins and by perplexing temptations, and will seek counsel, instruction and comfort privately, either from a minister of the Church, or from any other brother who is instructed in God's law, we do not disapprove; just as we also fully approve of that general and public confession of sins which is usually said in Church and in meetings for worship, as we noted above, inasmuch as it is agreeable to Scripture.もし、しかし、誰もが彼の負担に圧倒されるえたいの知れない誘惑罪とは、助言を求めるとは、命令とひそかに快適度は、どちらかの教会からの大臣、あるいは他の兄弟たちからの指示で、神の律法は、我々不承認としない;と同じように、我々も完全に承認して全般や公共の罪を告白によると、これは普通の教会との会合のために仕え、上述我々としては、啓典を〜だけれどもそれは快い。

Of the Keys of the Kingdom of Heaven. Concerning the keys of the Kingdom of Heaven which the Lord gave to the apostles, many babble many astonishing things, and out of them forge swords, spears, scepters and crowns, and complete power over the greatest kingdoms, indeed, over souls and bodies. その鍵は、天国です。に関しては、天国の鍵を与えた主の使徒には、驚くほど多くのことを多くのせせらぎ、口に出してしまうと鍛造剣、槍、 sceptersやクラウン、かつ完全なパワーオーバーの最大の志は、確かに、魂と遺体やり直す。 Judging simply according to the Word of the Lord, we say that all properly called ministers possess and exercise the keys or the use of them when they proclaim the Gospel; that is, when they teach, exhort, comfort, rebuke, and keep in discipline the people committed to their trust.言葉だけで判断するのは、主によると、我々は、すべて適切に言うと運動の鍵を持つと呼ばれる閣僚またはそれらの使用を宣言するときに、福音;それは、彼らを教えるときには、熱心に勧める、心地良さ、叱責し、規律をしておく人々の信頼をコミットしています。

Opening and Shutting (the Kingdom). For in this way they open the Kingdom of Heaven to the obedient and shut it to the disobedient. 開閉(王国) 。ために彼らを開いてこのように天国に従順で、停止して、それを言うことをきかない。 The Lord promised these keys to the apostles in Matt., ch.これらのキーを約束して、主の使徒にマット。 、チャンネルです。 16, and gave them in John, ch. 16日、かれらに与えたとジョンは、チャンネルです。 20, Mark, ch. 20日、マークは、チャンネルです。 16, and Luke, ch. 16日、ルークとは、チャンネルです。 24, when he sent out his disciples and commanded them to preach the Gospel in all the world, and to remit sins. 24日、彼の弟子とするときに送られるように命じ、すべての福音を説く世界では、罪に送金しています。

The Ministry of Reconciliation. In the letter to the Corinthians the apostle says that the Lord gave the ministry of reconciliation to his ministers (II Cor. 5:18 ff.). 同省の和解。コリンチャンスには、手紙の主の使徒によると、同省の和解を与えた彼の閣僚( ⅱうわっ。 FFの午前5時18分です。 ) 。 And what this is he then explains, saying that it is the preaching or teaching of reconciliation.これは彼とは何次に説明する、と言って教えることは、説教や和解のです。 And explaining his words still more clearly he adds that Christ's ministers discharge the office of an ambassador in Christ's name, as if God himself through ministers exhorted the people to be reconciled to God, doubtless by faithful obedience.もっと分かりやすく説明すると彼はまだ彼の言葉を追加して、キリストの閣僚放電の事務所では、キリストの大使の名前は、まるで自分自身を通して神閣僚exhorted仲直りして、人々に神は、忠実な疑いを服従させる。 Therefore, they exercise the keys when they persuade [men] to believe and repent.したがって、彼らを説得するときに、キーを行使[男性]を信じると後悔する。 Thus they reconcile men to God.こうして彼らは、神の和解の男性です。

Ministers Remit Sins. Thus they remit sins. 閣僚の罪を送金した。こうして彼らの罪を送金した。 Thus they open the Kingdom of Heaven, and bring believers into it: very different from those of whom the Lord said in the Gospel, "Woe to you lawyers! for you have taken away the key of knowledge; you did not enter yourselves, and you hindered those who were entering."こうして彼らは天国を開く、と信者たちにもたらすこと:非常に異なるから、これらの者によると、主の福音は、 "あなたの弁護士に悲痛!する必要が連れ去らのためのキーの知識;あなたがたを入力していない、と入力された者たちを妨げています。 "

How Ministers Absolve. Ministers, therefore, rightly and effectually absolve when they preach the Gospel of Christ and thereby the remission of sins, which is promised to each one who believes, just as each one is baptized, and when they testify that it pertains to each one peculiarly. 閣僚どのように無罪を言い渡す。閣僚は、このため、効果的に無罪を言い渡すときに正しくとキリストの福音を説くもっての罪の赦し、これは一人一人の約束を信じて、一人一人が同じようにバプテスマを受け、かれらの証言をすることと関係がある妙に各1つです。 Neither do we think that this absolution becomes more effectual by being murmured in the ear of someone or by being murmured singly over someone's head.我々は、このどちらかになるほどより効果的な赦免されつぶやきに耳を傾けているか、誰か一人の頭越しにつぶやいた。 We are nevertheless of the opinion that the remission of sins in the blood of Christ is to be diligently proclaimed, and that each one is to be admonished that the forgiveness of sins pertains to him.にもかかわらず、我々は罪の赦しの意見は、血液中のキリストは熱心に宣言される、と警告して一人一人には罪の赦しが関係することに気づいた。

Diligence in the Renewal of Life. But the examples in the Gospel teach us how vigilant and diligent the penitent ought to be in striving for newness of life and in mortifying the old man and quickening the new. 勤勉さは、人生の更新です。しかし、私たちの例ではどのように気を配ってゴスペルを教える、後悔している人でなければならないと勤勉な努力のために人生の新しさが悔しいと、新老人と高まる。 For the Lord said to the man he healed of palsy: "See, you are well! Sin no more, that nothing worse befall you" (John 5:14).これは、主にこの男性によると、彼は治癒麻痺: "を参照してください、あなたは井戸!罪これ以上、何も悪化して起こること" (ヨハネ5時14分) 。 Likewise to the adulteress whom he set free he said: "Go, and sin no more" (ch. 8:11).同様にして自由に設定姦婦心に適うと述べた: "行って、これ以上の罪" (第8時11分) 。 To be sure, by these words he did not mean that any man, as long as he lived in the flesh, could not sin; he simply recommends diligence and a careful devotion, so that we should strive by all means, and beseech God in prayers lest we fall back into sins from which, as it were, we have been resurrected, and lest we be overcome by the flesh, the world and the devil.ていることを確認して、これらの言葉ではなかったということでどんな男で、彼に住んでいる限り、肉、罪できませんでした;彼は単にお勧めを慎重に勤勉と献身、奮闘しなければならないので、すべての手段によって、神との嘆願罪をしないように我々の祈り秋に戻ってからそれは、言ってみれば、我々は復活され、克服されると、肉をしないように我々は、世界と、悪魔。 Zacchaeus the publican, whom the Lord had received back into favor, exclaims in the Gospel: "Behold, Lord, the half of my goods I give to the poor; and if I have defrauded any one of anything, I restore it fourfold" (Luke 19:8).ザキアスの居酒屋の主人は、誰が、主の恩恵を受けた戻って、福音書は、 exclaims : "見よ、主よ、私の物資の半分を貧しい人々に施しをする私; defraudedのいずれか1つを持っている場合、何よりも、 4倍に戻すこともよい" (ルーク19 : 08 ) 。 Therefore, in the same way we preach that restitution and compassion, and even almsgiving, are necessary for those who truly repent, and we exhort all men everywhere in the words of the apostle: "Let not sin therefore reign in your mortal bodies, to make you obey their passions. Do not yield your members to sin as instruments of wickedness, but yield yourselves to God as men who have been brought from death to life, and your members to God as instruments of righteousness" (Rom. 6:12 f.).従って、我々は同じように説教して返還と思いやり、そして施しても、後悔するには真に必要な人のため、そして我々のどこでも、すべての男性に熱心に勧める言葉は、使徒: "あなたの治世せ従って罪のない人間の遺体は、熱中している場合に準拠して行う。収率にして会員に罪はありません邪悪な楽器としてではなく自分自身を神として収量て来られた男性が死亡してからの人生は、神として会員を楽器としての正義" ( rom. 6時12分f. ) 。

Errors. Wherefore we condemn all impious utterances of some who wrongly use the preaching of the Gospel and say that it is easy to return to God. エラーが発生します。不敬何のために我々を非難するすべての人の発言が誤って使用していくつかの福音を説教していると言うことは簡単に戻るには、神です。 Christ has atoned for all sins.キリストは、すべての罪をatoned 。 Forgiveness of sins is easy.罪の許しは簡単です。 Therefore, what harm is there in sinning?したがって、そこには何の害もsinning ? Nor need we be greatly concerned about repentance, etc. Notwithstanding we always teach that an access to God is open to all sinners, and that he forgives all sinners of all sins except the one sin against the Holy Spirit (Mark 3:29).私たちが心配する必要も大きく後悔等を教えることにもかかわらず、我々はいつもオープンにアクセスできるように神はすべての罪人は、すべての罪人として彼の罪を許して1つを除いてすべての罪を罪聖霊(マーク3時29分) 。

The Sects. Wherefore we condemn both old and new Novatians and Catharists. この宗派です。何のために我々を非難する古さと新しさの両方novatiansとcatharists 。

Papal Indulgences. We especially condemn the lucrative doctrine of the Pope concerning penance, and against his simony and his simoniacal indulgences we avail ourselves of Peter's judgment concerning Simon: "Your silver perish with you, because you thought you could obtain the gift of God with money! You have neither part nor lot in this matter, for your heart is not right before God" (Acts 8:20 f.). ローマ法王におぼれることです。我々を非難し、特に有利な贖罪に関する教義の法王は、自分と反対する聖職売買や聖職売買におぼれる彼の我々の判断をご了承願いますに関する自分自身のピーターサイモン: "あなたの銀を腐らせることは、あなたが思っていたので入手して、神の贈り物お金!あなたはどちらの団体も多く、この件に関しては、お使いの直前に心臓の神ではない" (行為f. 8時20分) 。

Satisfactions. We also disapprove of those who think that by their own satisfactions they make amends for sins committed. satisfactions 。不承認と我々も考えている人は自分の犯した罪を償い彼らsatisfactions 。 For we teach that Christ alone by his death or passion is the satisfaction, propitiation or expiation of all sins (Isa., ch. 53; I Cor. 1:30).キリストのために私たちに教えることによって彼の死や情熱だけでは、満足度は、すべての罪の償いなだめたり( isa. 、チャンネルです。 53 ;私うわっ。 1:30 ) 。 Yet as we have already said, we do not cease to urge the mortification of the flesh.しかし我々としては既によると、中止を要求することはありません苦行です。 We add, however, that this mortification is not to be proudly obtruded upon God as a satisfaction for sins, but is to be performed humbly, in keeping with the nature of the children of God, as a new obedience out of gratitude for the deliverance and full satisfaction obtained by the death and satisfaction of the Son of God.我々の追加、しかし、この苦行ではないことを誇らしげにobtruded罪のために、神としての満足度は、実行されるが、謙虚には、その性質に合わせて、神の子供たちは、感謝の気持ちとして、新しい服従させるために救出する完全な満足感や満足感を得られるとは、息子の死の神です。

Chapter 15 - Of the True Justification of the Faithful 15章-忠実には、真の正当化

What Is Justification? According to the apostle in his treatment of justification, to justify means to remit sins, to absolve from guilt and punishment, to receive into favor, and to pronounce a man just. 正当な理由は何ですか?伝道者によると、彼の治療の正当性は、罪を送金する手段を正当化するため、刑罰を免除すると罪悪感から、恩恵を受けるには、一人の男だけで発音するとしています。 For in his epistle to the Romans the apostle says: "It is God who justifies; who is to condemn?"彼のための信徒への伝道者によれば、ローマ人への手紙: "を正当化することは、神の人;を非難する人は? " (Rom. 8:33). ( rom. 8時33分) 。 To justify and to condemn are opposed.非難を正当化することに反対しています。 And in The Acts of the Apostles the apostle states: "Through Christ forgiveness of sins is proclaimed to you, and by him everyone that believes is freed from everything from which you could not be freed by the law of Moses" (Acts 13:38 f.).とは、使徒行伝、使徒州: "を通してキリストの罪の許しを宣言したことは、誰も彼のことを信じるとはすべてから解放さから解放されることができなかった場合、モーゼの法則" ( 13時38分行為f. ) 。 For in the Law and also in the Prophets we read: "If there is a dispute between men, and they come into court . . . the judges decide between them, acquitting the innocent and condemning the guilty" (Deut. 25:1).ためには、法とは、預言者も我々を読む: "男たちの間に争いがある場合は、裁判所にして生まれてくるのだ。 。 。 、裁判官、それらの間で決める、と非難acquitting 、無実の罪を犯した" ( deut. 25:1 ) 。 And in Isa., ch.とのISA 。 、チャンネルです。 5: "Woe to those . . . who acquit the guilty for a bribe." 5 : "をそれらの悲痛。 。 。人の有罪無罪をわいろのです。 "

We Are Justified on Account of Christ. Now it is most certain that all of us are by nature sinners and godless, and before God's judgment-seat are convicted of godlessness and are guilty of death, but that, solely by the grace of Christ and not from any merit of ours or consideration for us, we are justified, that is, absolved from sin and death by God the Judge. 私たちはキリストのアカウントを正当化しています。今ではほとんどすべての特定のことを私たちは、自然の神を恐れぬ罪人とは、神の前での判断とは、有罪判決をgodlessness席とは、死の罪を犯したが、それは、キリストの恵みによってのみ、どんなメリットがないから、我々は我々の配慮は、我々は正当化、つまり、罪と死から解放された神の判断だ。 For what is clearer than what Paul said: "Since all have sinned and fall short of the glory of God, they are justified by his grace as a gift, through the redemption which is in Christ Jesus" (Rom. 3:23 f.).ポールは何が何よりも鮮明によると: "全ては罪を犯しました以来、神の栄光に達しない、彼らは正当化される彼の恵みの贈り物として、償還を通じて、これは、イエスキリスト" ( 3時23 f. rom. ) 。

Imputed Righteousness. For Christ took upon himself and bore the sins of the world, and satisfied divine justice. 正義帰属します。ためには、キリストの罪を被ら口径の世界とは、神の裁きと満足しています。 Therefore, solely on account of Christ's sufferings and resurrection God is propitious with respect to our sins and does not impute them to us, but imputes Christ's righteousness to us as our own (II Cor. 5:19 ff.; Rom. 4:25), so that now we are not only cleansed and purged from sins or are holy, but also, granted the righteousness of Christ, and so absolved from sin, death and condemnation, are at last righteous and heirs of eternal life.したがって、アカウントだけでは、神は、キリストの受難と復活して吉兆を尊重していない私たちの罪を転嫁して、私たちは、キリストの正義をimputesしかし、我々として我々自身の( ⅱうわっ。 FFの午前5時19分です。 ; ROMのです。 4:25 )のように、我々は今から消去さだけでなく、罪を清めたりは神聖な、しかしまた、キリストの付与、正義、そして今から解放さ罪は、死との非難は、正義とは、最後の相続人に永遠の命です。 Properly speaking, therefore, God alone justifies us, and justifies only on account of Christ, not imputing sins to us but imputing his righteousness to us.正確に言えば、そのため、私たちの神だけを正当化し、アカウントを正当化してキリストだけではなく、私たちの罪imputingしかし彼imputing正義としています。

We Are Justified by Faith Alone. But because we receive this justification, not through any works, but through faith in the mercy of God and in Christ, we therefore teach and believe with the apostle that sinful man is justified by faith alone in Christ, not by the law or any works. 私たちは信仰を正当化されるだけだが、この正当性を受けるため、我々は、すべての作品を介していないが、信仰を通して、神の慈悲やキリストは、私たちを教えるために、使徒と信じることは正当化される罪深い男に一人で、キリストの信仰は、同法ではなく、または任意の作品です。 For the apostle says: "We hold that a man is justified by faith apart from works of law" (Rom. 3:28).使徒を書かれています: "我々ホールドして一人の男が正当化される作品の信仰は別に法律" ( rom. 3時28分) 。 Also: "If Abraham was justified by works, he has something to boast about, but not before God. For what does the scripture say? Abraham believed God, and it was reckoned to him as righteousness. . . . And to one who does not work but believes in him who justified the ungodly, his faith is reckoned as righteousness" (Rom. 4:2 ff.; Gen. 15:6).また: "もしアブラハムは正当化される作品は、彼が何かを自慢するほどのものではなく、神の前です。ためには何を言っ典?アブラハムの神と信じ、そしてそれは彼を無視して正義。 。 。 。 。とするのはだれだしかし、彼の仕事を信条としていない人の不信心な正当化は、彼の信仰としては無視正義" ( rom. FFの午前4時02分。 ;大将15時06分) 。 And again: "By grace you have been saved through faith; and this is not your own doing, it is the gift of God--not because of works, lest any man should boast," etc. (Eph. 2:8 f.).そして再び: "あなたが保存されるグレースを通して信仰;そしてこれは、自分のやっていること、それは神の贈り物-作品のためには、任意の男は自慢しないように、 "等( f e ph.2時0 8分。 ) 。 Therefore, because faith receives Christ our righteousness and attributes everything to the grace of God in Christ, on that account justification is attributed to faith, chiefly because of Christ and not therefore because it is our work.したがって、私たちのためにキリストの信仰を受け取ると正義と神の恩寵をすべての属性で、キリストは、そのアカウントを正当化して信仰に起因するものは、主に、キリストのために、私たちの仕事はありませんので、そのためだ。 For it is the gift of God.それは神のためのギフトです。

We Receive Christ By Faith. Moreover, the Lord abundantly shows that we receive Christ by faith, in John, ch. キリストによって我々の信仰を受ける。そのうえ、豊富によると、主キリストによって我々の信仰を受ける、ジョンは、チャンネルです。 6, where he puts eating for believing, and believing for eating. 6 、どこに配置するための食事と信じて、信者のために食べています。 For as we receive food by eating, so we participate in Christ by believing.我々として受け取るための食品を食べて、我々に参加するので、キリストを信じています。 JUSTIFICATION IS NOT ATTRIBUTED PARTLY TO CHRIST OR TO FAITH, PARTLY TO US.正当ではない部分に起因して、キリストを信じるか、部分的に米国のです。 Therefore, we do not share in the benefit of justification partly because of the grace of God or Christ, and partly because of ourselves, our love, works or merit, but we attribute it wholly to the grace of God in Christ through faith.従って、我々と共有しないことを正当化の恩恵もあって、神の恵みやキリストは、自分自身ともあって、私たちの愛は、作品やメリット、しかし、我々の属性の全額を猶予することで、キリストを通して神の信仰です。 For our love and our works could not please God if performed by unrighteous men.私たちの愛とは私たちの作品ができなかった場合に実行されるよこしまな男性神してください。 Therefore, it is necessary for us to be righteous before we may love and do good works.したがって、それは私たちが正義のために必要な愛を前にして善行に励むことがあります。 We are made truly righteous, as we have said, by faith in Christ purely by the grace of God, who does not impute to us our sins, but the righteousness of Christ, or rather, he imputes faith in Christ to us for righteousness.我々は前に真に正しい、と述べたとして我々は、キリストを信じている純粋に神の恵みによって、我々に転嫁する人の罪はない、しかし、キリストの正義、というより、彼は私たちのためにキリストを信じているimputes正義です。 Moreover, the apostle very clearly derives love from faith when he says: "The aim of our command is love that issues from a pure heart, a good conscience, and a sincere faith" (I Tim. 1:5).しかも、その使徒の愛から派生した信仰の際に非常にはっきりと彼は言います: "我々の目的からコマンドは、純粋な愛の問題を中心にして、清い心は、信念と誠実" (私のティムです。 1時05分) 。

James Compared with Paul. Wherefore, in this matter we are not speaking of a fictitious, empty, lazy and dead faith, but of a living, quickening faith. ジェームズポールと比較している。何のためには、この件に関して言えば、我々は、架空のない、空には、怠惰と死者の信仰ではなく、生活、信仰をかきたてられる。 It is and is called a living faith because it apprehends Christ who is life and makes alive, and shows that it is alive by living works.リビングと呼ばれることがあるので、 apprehendsキリスト者は信仰生活をして生きている、とした生活が生きていることを示している。 And so James does not contradict anything in this doctrine of ours.と矛盾するものではありませんので、このジェームズの教義考えましょう。 For he speaks of an empty, dead faith of which some boasted but who did not have Christ living in them by faith (James 2:14 ff.).空のために彼が喋るのは、死んだ人の信仰のいくつかの自慢しなかっただがかれらが信仰によってキリストに住んでいる( FFのジェームズ2時14分です。 ) 。 James said that works justify, yet without contradicting the apostle (otherwise he would have to be rejected) but showing that Abraham proved his living and justifying faith by works.ジェームズ氏は作品を正当化することは、否定していないことなく、使徒(彼は、それ以外のを拒否される)ということを示すしかし、アブラハム信仰の正当性を証明された彼の生活や作品です。 This all the pious do, but they trust in Christ alone and not in their own works.この全ての信心深いことが、それらは、キリストの信頼だけではなく、自分の作品とします。 For again the apostle said: "It is no longer I who live, but Christ who lives in me; and the life I now live in the flesh I live by faith in the Son of God, who loved me and gave himself for me. I do not reject the grace of God; for if justification were through the law, then Christ died to no purpose," etc. (Gal. 2:20 f.).再び、使徒のためによると: "それは、もはや生きる私たちが、キリストに住んでいる私の人生とは、私が今住んでいる肉信仰によって生きる私は神の御子は、私を愛したと私は自分自身のためだ。私は神の恩寵を拒否;を介している場合は、正当法では、キリストが死んだ後に何の意味もない"など( f. gal. 2時20分) 。

Chapter 16 - Of Faith and Good Works, and of Their Reward, and of Man's Merit第16 -信仰と善行、そして彼らの報酬は、男のメリットとは

What Is Faith? Christian faith is not an opinion or human conviction, but a most firm trust and a clear and steadfast assent of the mind, and then a most certain apprehension of the truth of God presented in the Scriptures and in the Apostles' Creed, and thus also of God himself, the greatest good, and especially of God's promise and of Christ who is the fulfilment of all promises. 信仰は何ですか?キリスト教の信仰ではない人間の意見や信念は、ほとんどの会社ではなく、はっきりと変わらぬ信頼とは、心に同意し、次に、特定の不安は、ほとんどの提示で、聖書は神の真実とは、使徒信条は、自分自身と神のためにも、最大の良い、そして特に神の約束とは、キリスト者のすべての約束を達成した。

Faith Is the Gift of God. But this faith is a pure gift of God which God alone of his grace gives to his elect according to his measure when, to whom and to the degree he wills. 信仰は、神の贈り物だ。しかし、この神の信仰は、純粋な贈り物を与え、神の恵みだけで、彼によれば、彼は彼の選出を測定する際には、誰とする度に彼の意志だ。 And he does this by the Holy Spirit by means of the preaching of the Gospel and steadfast prayer.そして彼は、この意味で、聖霊によっては、不動の祈りと説教は、福音です。 THE INCREASE OF FAITH.信仰の増加です。 This faith also has its increase, and unless it were given by God, the apostles would not have said: "Lord, increase our faith" (Luke 17:5).この信仰にも増加し、それが与えられた場合を除き、神は、使徒はないと述べた: "主よ、私たちの信仰を増加させる" (ルーク17 : 05 ) 。 And all these things which up to this point we have said concerning faith, the apostles have taught before us.そして、これらすべてのものを我々はこの点に関する信仰によると、我々の前に、使徒が教えた。 For Paul said: "For faith is the [HYPOSTASIS] or sure subsistence, of things hoped for, and the [ELEGXOS], that is, the clear and certain apprehension" (Heb. 11:1).ポールのためによると: "信仰のためには、 [下位]または生存確認は、物事を期待し、 [ elegxos ] 、それは、はっきりとは特定の不安" ( heb. 11時01分) 。 And again he says that all the promises of God are Yes through Christ and through Christ are Amen (II Cor. 1:20).そして再び彼によれば、すべての神の約束とは、キリストを通して、キリストを通してはいはアーメン( ⅱうわっ。 1時20分) 。 And to the Philippians he said that it has been given to them to believe in Christ (Phil. 1:29).彼によると、ピリピ人への手紙としてきたことをかれらに与えられたキリストを信じる( phil. 1時29分) 。 Again, God assigned to each the measure of faith (Rom. 12:3).繰り返しますが、それぞれに割り当てられて神の信仰を測る( rom. 12時03分) 。 Again: "Not all have faith" and, "Not all obey the Gospel" (II Thess. 3:2; Rom. 10:16).再び: "すべての信念を持っていない"とし、 "に準拠していないすべての福音書" ( ⅱ thess 。 3:2 ; ROMのです。 10:16 ) 。 But Luke also bears witness, saying: "As many as were ordained to life believed" (Acts 13:48).しかし、ルークもクマの目撃者は、と言って: "免許の数が多いほど、人生に信じられていた" ( 13時48行為) 。 Wherefore Paul also calls faith "the faith of God's elect" (Titus 1:1), and again: "Faith comes from hearing, and hearing comes by the Word of God" (Rom. 10:17).何のためにもポールコール信仰"神の信仰を選出する" (タイタス1:1 ) 、そして再び: "信仰から来るヒアリングし、神のみことばを聞いて来る" ( rom. 10:17 ) 。 Elsewhere he often commands men to pray for faith.彼はしばしば他の信仰を祈願するためのコマンドの男性です。

Faith Efficacious and Active. The same apostle calls faith efficacious and active through love (Gal. 5:6). あらたかと信仰をアクティブにします。あらたかな信仰の通話と同じ使徒を通じて積極的な愛( gal. 5時06分) 。 It also quiets the conscience and opens a free access to God, so that we may draw near to him with confidence and may obtain from him what is useful and necessary.また、良心とquiets無料でアクセスできるように、神が開きますので、我々が自信を持って彼に近づくと彼から入手する可能性が便利で必要なものです。 The same [faith] keeps us in the service we owe to God and our neighbor, strengthens our patience in adversity, fashions and makes a true confession, and in a word, brings forth good fruit of all kinds, and good works.同じ[信仰]私たちは私たちのサービスを借りている私たちの隣人を神とは、私たちの忍耐力を強化する逆境の中、ファッションや真実を告白する、と一言で言えば、すべての種類の果実を実らせる良い、と良い作品です。

Concerning Good Works. For we teach that truly good works grow out of a living faith by the Holy Spirit and are done by the faithful according to the will or rule of God's Word. 関する良い作品です。ために私たちに教えることは、本当に良い作品に成長する信仰生活とは、聖霊によって行われ、忠実さや規則によると、神の言葉だ。 Now the apostle Peter says: "Make every effort to supplement your faith with virtue, and virtue with knowledge, and knowledge with self- control," etc. (II Peter 1:5 ff.).今すぐによれば、使徒ペテロ: "あなたの信仰を補完するようあらゆる努力を美徳とは、知識と美徳では、セルフコントロールや知識では、 "等( ⅱピーターFFの午前1時05分です。 ) 。 But we have said above that the law of God, which is his will, prescribes for us the pattern of good works.しかし、我々は神の法によると、上記のことは、彼は、私たちのパターンprescribes良い作品です。 And the apostle says: "This is the will of God, your sanctification, that you abstain from immorality . . . that no man transgress, and wrong his brother in business" (I Thess. 4:3 ff.).使徒と書かれています: "これは神の意志には、お客様の清浄化、棄権すること不道徳。 。 。男を越えていないこと、そしてその弟で間違ったビジネス" (私thess 。 FFの4:3です。 ) 。

Works of Human Choice. And indeed works and worship which we choose arbitrarily are not pleasing to God. 人間の作品を選択してください。そして私たちが実際に作品を選ぶと崇拝して神を喜ばせる恣意的ではない。 These Paul calls [THLEEOTHRASKEIAS] (Col. 2:23--"self- devised worship").これらのポールコール[ thleeothraskeias ] (大佐2時23分-"自己考案崇拝する"を参照) 。 Of such the Lord says in the Gospel: "In vain do they worship me, teaching as doctrines the precepts of men" (Matt. 15:9).このように、主の福音書によれば: "無駄なことかれらはわれに仕えなさい、教師としての教訓男性の教説" ( matt. 15時09分) 。 Therefore, we disapprove of such works, and approve and urge those that are of God's will and commission.従って、我々のような作品を不承認、および承認するよう促すものとは、神の意志と委員会です。

The End of Good Works. These same works ought not to be done in order that we may earn eternal life by them, for, as the apostle says, eternal life is the gift of God. 最後に良い作品です。これらのと同じ動作をするべきではないことが我々のために永遠の命を得るかもしれませんし、ためには、使徒としては、永遠の命は神の贈り物だ。 Nor are they to be done for ostentation which the Lord rejects in Matt., ch.またかれらのために行われる、主に見せびらかしマットを拒否しています。 、チャンネルです。 6, nor for gain which he also rejects in Matt., ch. 6 、利得のためにも、彼はまた、マットを拒否した。 、チャンネルです。 23, but for the glory of God, to adorn our calling, to show gratitude to God, and for the profit of the neighbor. 23日ではなく、神の栄光のため、私たちの呼び出しを飾る、神に感謝の意を示す、との近所の人の利益のためだ。 For our Lord says again in the Gospel: "Let your light so shine before men, that they may see your good works and give glory to your Father who is in heaven" (Matt. 5:16).わたしたちの主は、福音書によれば、再び: "あなたの前に軽いので磨き男性は、恐らくかれらは良い作品を参照してくださいと栄光を与えるあなたのお父さんは、天国の人" ( matt. 5時16分) 。 And the apostle Paul says: "Lead a life worthy of the calling to which you have been called (Eph. 4:1). Also: "And whatever you do, in word or deed, do everything in the name of the Lord Jesus, giving thanks to God and to the Father through him" (Col. 3:17), and, "Let each of you look not to his own interests, but to the interests of others" (Phil. 2:4), and, "Let our people learn to apply themselves to good deeds, so as to help cases of urgent need, and not to be unfruitful" (Titus 3:14).使徒パウロと書かれています: "人生をリードする価値があるとされていただいて、呼び出しを呼ばれる( eph. 4時01分) 。また: "と何をしようとも、単語や行為で、何でも、主イエスキリストの名の下は、神のおかげを与えるとして彼の父を通じて" (大佐3時17分) 、および、 "それぞれのお顔をしないように、自分の利益ではなく、他人の利益" ( phil. 2時04分) 、およびは、 "我々のように適用することを学ぶ人々の善行には、例を助けるために緊急の必要性は、実を結ばないといけない" (タイタス3時14分) 。

Good Works Not Rejected. Therefore, although we teach with the apostle that a man is justified by grace through faith in Christ and not through any good works, yet we do not think that good works are of little value and condemn them. 良い作品が拒否されました。従って、我々教えるのにもかかわらず、一人の男の使徒は正当化されることを信じているキリストの恵みとは何かの役に立つの作品を通して、まだ我々とは考えないで良い作品にはほとんど価値と非難してください。 We know that man was not created or regenerated through faith in order to be idle, but rather that without ceasing he should do those things which are good and useful.男は作成されていないことが分かっているかの信仰を通じて再生されるためにはアイドル状態で、彼なしにしゃべることではなく、むしろそのようなことをしなければならないが良好で、有用です。 For in the Gospel the Lord says that a good tree brings forth good fruit (Matt. 12:33), and that he who abides in me bears much fruit (John 15:5).そのためには、主の福音書によれば、良いツリーの良い果実を実らせる( matt. 12:33 )し、これを遵守することで彼は私たちベアーズたくさんの果物(ジョン15 : 05 ) 。 The apostle says: "For we are his workmanship, created in Christ Jesus for good works, which God prepared beforehand, that we should walk in them" (Eph. 2:10), and again: "Who gave himself for us to redeem us from all iniquity and to purify for himself a people of his own who are zealous for good deeds" (Titus 2:14).使徒書かれています: "我々は彼のために細工は、イエスキリストのために良い作品を作成し、これを事前に準備し、神は、かれらの中を歩くことしなければならない" ( eph. 2時10分) 、そして再び: "私たちを贖うために自分自身を与えたそして私たちの罪を清めるからすべての人々のために、自分自身を熱望して善行者は" (タイタス2時14分) 。 We therefore condemn all who despise good works and who babble that they are useless and that we do not need to pay attention to them.従って我々を非難するすべての人の良い作品と軽蔑されている人のせせらぎ無用として我々に注意を払う必要はありませんしてください。

We Are Not Saved by Good Works. Nevertheless, as was said above, we do not think that we are saved by good works, and that they are so necessary for salvation that no one was ever saved without them. 我々は良い作品が保存されています。にもかかわらず、上記のようによると、我々は我々とは考えないで保存されて良い作品、とされているので救済のために必要なことは、これまで誰もなしに保存してください。 For we are saved by grace and the favor of Christ alone.救われるために私たちは、キリストの恵みと、賛成の一人です。 Works necessarily proceed from faith.信仰から必然的に進む作品です。 And salvation is improperly attributed to them, but is most properly ascribed to grace.救世とは、不適切に起因するんだけど、でも生得的に猶予が最も適切だ。 The apostle's sentence is well known: "If it is by grace, then it is no longer of works; otherwise grace would no longer be grace. But if it is of works, then it is no longer grace, because otherwise work is no longer work" (Rom. 11:6).使徒の文章はよく知られて: "の場合は、優雅さ、そしてそれは、もはやの作品が、そうでなければ、もはや猶予は猶予れる。しかし、作品の場合は、次にすることは、もはや猶予ので、それ以外の作業は、もはや仕事" ( rom. 11時06分) 。

Good Works Please God. Now the works which we do by faith are pleasing to God and are approved by him. 良い作品神してください。今の作品を喜ばせるには、私たちは信仰によって神とは、承認されていた。 Because of faith in Christ, those who do good works which, moreover, are done from God's grace through the Holy Spirit, are pleasing to God.キリストを信じているので、どのて善い行いに励む者は、また、神の恵みが完了したから、聖霊を通して、神は喜ばせる。 For St. Peter said: "In every nation any one who fears God and does what is right is acceptable to him" (Acts 10:35).聖ペテロのためによると: "全ての国の人のいずれか1つの懸念は、神とはどのような権利が彼に受け入れられる" (行為10:35 ) 。 And Paul said: "We have not ceased to pray for you . . . that you may walk worthily of the Lord, fully pleasing to him, bearing fruit in every good work" (Col. 1:9 f.).とポールによると: "我々が消滅していないことを祈っています。 。 。散歩していただくことが立派には、主には、完全に彼を喜ばせるには、すべてのいい仕事を結実" (陸軍大佐f. 1時09分) 。

We Teach True, Not False and Philosophical Virtues. And so we diligently teach true, not false and philosophical virtues, truly good works, and the genuine service of a Christian. 私たちに教える真のではなく、虚偽と哲学的美徳だ。そして熱心に教えるので真実ではなく、虚偽と哲学的美徳は、本当に良い作品は、キリスト教とは、正規のサービスです。 And as much as we can we diligently and zealously press them upon all men, while censuring the sloth and hypocrisy of all those who praise and profess the Gospel with their lips and dishonor it by their disgraceful lives.我々は我々と同じくらい熱心にこつこつとしてすべての人を押して、その中に問責ナマケモノと偽善のすべての人々を称賛すると公言して自分の唇と福音不渡り恥ずべきことによって彼らの命が奪われました。 In this matter we place before them God's terrible threats and then his rich promises and generous rewards-- exhorting, consoling and rebuking.この件に関して我々の場所で、神の前にして、それから彼の豊富な恐ろしい脅威と寛大な報酬を約束-e xhorting、 c onsolingとr ebuking。

God Gives a Reward for Good Works. For we teach that God gives a rich reward to those who do good works, according to that saying of the prophet: "Keep your voice from weeping, . . . for your work shall be rewarded" (Jer. 31:16; Isa., ch. 4). 神のご褒美を与える良い作品です。教えるために我々は、神の豊かな報酬を与えて善い行いに励む者によると、預言者のことと言って: "あなたの声が涙を流しておく、 。 。 。 、お客様の作業は報われる" ( jer 。 31:16 ;のISA 。 、チャンネルです。 4 ) 。 The Lord also said in the Gospel: "Rejoice and be glad, for your reward is great in heaven" (Matt. 5:12), and, "Whoever gives to one of these my little ones a cup of cold water, truly, I say to you, he shall not lose his reward" (ch. 10:42).また、福音書によると、主: "喜ぶと喜んでは、お使いの報酬は、偉大なインヘブン" ( matt. 5時12分) 、および、 "誰でも与えマイリトルこれらのものの1つに冷たい水を1杯、真に、私の話を聞きなさい、彼は彼の報酬を失うものではない" (第10:42 ) 。 However, we do not ascribe this reward, which the Lord gives, to the merit of the man who receives it, but to the goodness, generosity and truthfulness of God who promises and gives it, and who, although he owes nothing to anyone, nevertheless promises that he will give a reward to his faithful worshippers; meanwhile he also gives them that they may honor him.しかし、我々のせいにしないで、この報奨金は、主に、そのメリットを受け取ることは、男が、善良には、神の寛大さと誠実さを与えることを約束し、人は、誰にも何もないにもかかわらず彼を払うべき、にもかかわらず、報奨金を与える約束をして彼は彼の忠実な崇拝;一方彼はまた、彼の名誉を与えることが彼らだ。 Moreover, in the works even of the saints there is much that is unworthy of God and very much that is imperfect.しかも、この作品でも、聖人が強まっていることが非常に値しないことは、神と不完全です。 But because God receives into favor and embraces those who do works for Christ's sake, he grants to them the promised reward.しかし、神のために好意を受け取ると作品を囲む人たちは、キリストのために、彼は助成金の報酬を約束しています。 For in other respects our righteousnesses are compared to a filthy wrap (Isa. 64:6).他の点では我々のためにはrighteousnessesと比較して、汚いラップ( isa. 64:6 ) 。 And the Lord says in the Gospel: "When you have done all that is commanded you, say, 'We are unworthy servants; we have only done what was our duty'" (Luke 17:10).とは、福音書によると、主: "すべてのことが行われない場合が命じられたことは、言う、 '私たちは値しない使用人;我々は我々の義務何がしか行わ' " (ルーク17 : 10 ) 。

There Are No Merits of Men. Therefore, although we teach that God rewards our good deeds, yet at the same time we teach, with Augustine, that God does not crown in us our merits but his gifts. 男性のメリットがない。従って、我々は我々の善行を教えること神の特典は、まだそれと同時に私たちに教える、とアウグスティヌスは、その神はクラウンではありませんが、我々にメリットの贈り物です。 Accordingly we say that whatever reward we receive is also grace, and is more grace than reward, because the good we do, we do more through God than through ourselves, and because Paul says: "What have you that you did not receive? If then you received it, why do you boast as if you had not received it?"従って我々は我々の報酬を受け取ることは、何も猶予は、より多くの恵みとは、報酬よりも、良いので、私たちは、私たちはもっと自分自身を介して、神よりも、そして、ポールによれば: "何かを受け取っていないことですか?場合受け取ったそれじゃあ、どうしてそんなことを自慢話として受け取った場合はなかったことですか? " (I Cor. 4:7). (私うわっ。 4時07分) 。 And this is what the blessed martyr Cyprian concluded from this verse: We are not to glory in anything in us, since nothing is our own.殉教者に恵まれており、これがどのような結論を下したシプリアンこの詩から:私たちは私たちに何かをしないように栄光には、私たち自身が何もないからだ。 We therefore condemn those who defend the merits of men in such a way that they invalidate the grace of God.従って我々を非難する人々を守る男たちの長所を無効にするような方法で彼らは神の恩寵。

Chapter 17 - Of the Catholic and Holy Church of God, and of The One Only Head of The Church 17章-は、カトリック教会と聖神は、頭だけとは、 1つの教会

The Church Has Always Existed and It Will Always Exist. But because God from the beginning would have men to be saved, and to come to the knowledge of the truth (I Tim. 2:4), it is altogether necessary that there always should have been, and should be now, and to the end of the world, a Church. その教会は常に存在し、それは常に存在しています。しかし、神のために初めから男性が保存される、として来て、真理の知識が(私のティムです。 2時04分) 、それを完全にする必要があることは、常に必要が、今としなければならない、として、世界の終わりには、教会です。

What Is the Church? The Church is an assembly of the faithful called or gathered out of the world; a communion, I say, of all saints, namely, of those who truly know and rightly worship and serve the true God in Christ the Savior, by the Word and Holy Spirit, and who by faith are partakers of all benefits which are freely offered through Christ. その教会は何ですか?教会には、アセンブリを忠実に集まった呼ばれたりする、世界;する聖餐は、私の意見は、すべての聖徒は、すなわち、真に人たちの礼拝と奉仕を正しく知っているとは、キリストの真の神、救い主は、その言葉と聖霊によって、信仰とは、人によってpartakersのすべてのメリットを提供している自由キリストです。

Citizens of One Commonwealth. They are all citizens of the one city, living under the same Lord, under the same laws, and in the same fellowship of all good things. コモンウェルス市民の1つです。彼らはすべての市民は、 1つの都市は、主に、同じ場所で生活し、同じ法律の下では、とは、同じフェローシップのすべての良いものです。 For the apostle calls them "fellow citizens with the saints and members of the household of God" (Eph. 2:19), calling the faithful on earth saints (I Cor. 4:1), who are sanctified by the blood of the Son of God.かれらの使徒を呼び出し"市民の仲間の会員となって、家計の聖人と神" ( eph. 2時19分) 、地球上で忠実に呼び出すの聖人(私うわっ。 4時01分)は、血液中の人は、神聖化された神の息子である。 The article of the Creed, "I believe in the holy catholic Church, the communion of saints," is to be understood wholly as concerning these saints.この記事の信条は、 "私を信じて、聖なるカトリック教会は、諸聖人の通功は、 "完全に理解されるべきでは、これらに関する聖人として。

Only One Church for All Times. And since there is always but one God, and there is one mediator between God and men, Jesus the Messiah, and one Shepherd of the whole flock, one Head of this body, and, to conclude, one Spirit, one salvation, one faith, one Testament or covenant, it necessarily follows that there is only one Church. たった1回、すべての教会です。とは、常に1枚だけ残してあるので、神は、 1つの仲介役とは、神と人間の間には、救世主イエスキリストは、羊飼いの全体と1つの群れは、一頭のこの体、そして、結論を言えば、 1つスピリットは、 1つの救いは、 1つの信仰は、新約聖書の1つまたは誓約は、それが1つしかないということになる必ずしも教会です。

The Catholic Church. We, therefore, call this Church catholic because it is universal, scattered through all parts of the world, and extended unto all times, and is not limited to any times or places. カトリック教会です。我々は、したがって、このコールのカトリック教会は、普遍的なので、散在を通じて、世界のすべての部分は、かれのすべての回と延長し、またはタイムズは、任意の場所に限定されない。 Therefore, we condemn the Donatists who confined the Church to I know not what corners of Africa.従って、我々を非難するdonatists教会に閉じ込められた人が知らないことを私は何アフリカの角です。 Nor do we approve of the Roman clergy who have recently passed off only the Roman Church as catholic.また私たちは、ローマの聖職者の承認を通過するだけの人がこのほど、ローマカトリック教会のようです。

Parts of Forms of the Church. The Church is divided into different parts or forms; not because it is divided or rent asunder in itself, but rather because it is distinguished by the diversity of the numbers that are in it. 教会の形態の部分です。教会には、さまざまな部分に分けられるまたはフォーム;ていないので、それ自体が分かれたり裂け散るでは、それが理由ではなく、多様性を数字で区別されることが可能です。 MILITANT AND TRIUMPHANT.過激派と意気揚々だ。 For the one is called the Church Militant, the other the Church Triumphant. 1つは、教会のために過激派と呼ばれ、意気揚々と、他の教会です。 The former still wages war on earth, and fights against the flesh, the world, and the prince of this world, the devil; against sin and death.地球上でいまだに戦争前の賃金は、肉と戦うとは、世界では、王子と、この世界では、悪魔;に対する罪と死のです。 But the latter, having been now discharged, triumphs in heaven immediately after having overcome all those things and rejoices before the Lord.しかし、後者は、今すぐに退院され、直後には、天国の功績が、そういったことすべてを克服する前に、主のrejoices 。 Notwithstanding both have fellowship and union one with another.フェローシップの両方あるにもかかわらず、別の1つの労働組合です。

The Particular Church. Moreover, the Church Militant upon the earth has always had many particular churches. 特定の教会です。また、過激派の教会には、常に地球上の特定の教会が多かった。 Yet all these are to be referred to the unity of the catholic Church.しかし、これらすべてに言及しては、カトリック教会の団結です。 This [Militant] Church was set up differently before the Law among the patriarchs; otherwise under Moses by the Law; and differently by Christ through the Gospel.この教会は[過激派]違ったセットアップする前に同法のうち、 patriarchs ;それ以外の法律の下でモーゼス;と違ったによる福音キリストを通してです。

The Two Peoples. Generally two peoples are usually counted, namely, the Israelites and Gentiles, or those who have been gathered from among Jews and Gentiles into the Church. この二つの民族です。通常、 2つのカウントは、通常の人々 、すなわち、イスラエルとgentiles 、または集まってきた人たちからのユダヤ人との間に、教会のgentiles 。 There are also two Testaments, the Old and the New.そこには2つのtestamentsも、古いものと新しい。 THE SAME CHURCH FOR THE OLD AND THE NEW PEOPLE.同じ教会には、古いものと新しい人々です。 Yet from all these people there was and is one fellowship, one salvation in the one Messiah; in whom, as members of one body under one Head, all united together in the same faith, partaking also of the same spiritual food and drink.しかし、これらすべての人々からの1つの交わりがあったとは、 1つ1つは、救世主救世;誰では、 1つの体のメンバーとして1つの頭を下には、すべてのユナイテッド一緒には、同じ信仰は、参加者にも、同じ精神的な食べ物と飲み物です。 Yet here we acknowledge a diversity of times, and a diversity in the signs of the promised and delivered Christ; and that now the ceremonies being abolished, the light shines unto us more clearly, and blessings are given to us more abundantly, and a fuller liberty.だがここで我々の時代の多様性を認める、とする兆候は、多様性の中の配達を約束したとキリスト;や式典では、今は廃止され、 299日の光をより明確にわたしたちは、私たちとより多くの幸運な出来事が豊富に与えられると、フラーリバティです。

The Church the Temple of the Living God. This holy Church of God is called the temple of the living God, built of living and spiritual stones and founded upon a firm rock, upon a foundation which no other can lay, and therefore it is called "the pillar and bulwark of the truth" (I Tim. 3:15). テンプルオブザリビング教会の神です。この聖なる神の教会は、神と呼ばれる同寺の生活は、内蔵の生活や精神的な石や岩の会社設立時には、他にすることないのファンデーションレイ、と呼ばれることがしたがって"の柱と真実の砦" (私のティムです。 3時15分) 。 THE CHURCH DOES NOT ERR. err教会ではないのです。 It does not err as long as it rests upon the rock Christ, and upon the foundation of the prophets and apostles. errがない限り、キリストの岩の上に置き、および同財団には、預言者と使徒です。 And it is no wonder if it errs, as often as it deserts him who alone is the truth.不思議なことではないとすればerrs 、できるだけ頻繁にそれだけでは、真実の人の砂漠ギフトです。 THE CHURCH AS BRIDE AND VIRGIN.花嫁としての教会とバージンです。 This Church is also called a virgin and the Bride of Christ, and even the only Beloved.この教会は、バージンとも呼ばれ、キリストの花嫁、とさえ、最愛のみです。 For the apostle says: "I betrothed you to Christ to present you as a pure bride to Christ" (II Cor. 11:2).使徒のためによれば: "私はあなたをキリストの婚約をプレゼントする場合、純粋なキリストの花嫁" ( ⅱうわっ。 11時02分) 。 THE CHURCH AS A FLOCK OF SHEEP.羊の群れとしての教会です。 The Church is called a flock of sheep under the one shepherd, Christ, according to Ezek., ch.教会には、ヒツジの群れと呼ばれる1つの羊飼いの下では、キリストによると、 ezek 。 、チャンネルです。 34, and John, ch. 34 、とジョンは、チャンネルです。 10. 10 。 THE CHURCH AS THE BODY.体としての教会です。 It is also called the body of Christ because the faithful are living members of Christ under Christ the Head.それは、キリストの体とも呼ばれますので、リビングのメンバーは、キリストの忠実なキリストの頭を下にした。

Christ the Sole Head of the Church. It is the head which has the preeminence in the body, and from it the whole body receives life; by its spirit the body is governed in all things; from it, also, the body receives increase, that it may grow up. 単独の頭のキリスト教会です。それは、頭には、体内での優位性、そしてそれからの人生の全身を受け取る;によって統治さは、その精神体のすべてのもの;からそれは、また、身体の受信増加は、育つことがあります。 Also, there is one head of the body, and it is suited to the body.また、自分の頭の体には、体とすることが適している。 Therefore the Church cannot have any other head besides Christ.したがって、教会の頭に加えて、他のことはできませんが、キリストです。 For as the Church is a spiritual body, so it must also have a spiritual head in harmony with itself.教会のためには、精神的な体として、これは頭の中にも精神的に調和しています。 Neither can it be governed by any other spirit than by the Spirit of Christ.それによって統治されても、他のことよりも精神で、キリストの精神です。 Wherefore Paul says: "He is the head of the body, the church; he is the beginning, the firstborn from the dead, that in everything he might be preeminent" (Col. 1:18).それによればポール: "彼は体の頭の部分は、その教会;彼は初めには、家族の絆は死んでから、それを目指そうと秀でたかもしれない" (大佐1時18分) 。 And in another place: "Christ is the head of the church, his body, and is himself its Savior" (Eph. 5:23).とは別の場所: "キリスト教会の頭は、彼の体は、自分自身の救世主とは" ( eph. 5時23分) 。 And again: he is "the head over all things for the church, which is his body, the fulness of him who fills all in all" (Eph. 1:22 f.).そして再び:彼は、 "すべてのものは、教会のオーバーヘッドは、彼の体は、すべてのfulness彼はすべての人の塗りつぶし" ( eph. f. 1時22分) 。 Also: "We are to grow up in every way into him who is the head, into Christ, from whom the whole body, joined and knit together, makes bodily growth" (Eph. 4:15 f.).また: "我々はあらゆる方法で育つことを誰が彼の頭は、キリストには、誰の全身から、入社編み物をすると、肉体的な成長により" ( f. eph. 4時15分) 。 And therefore we do not approve of the doctrine of the Roman clergy, who make their Pope at Rome the universal shepherd and supreme head of the Church Militant here on earth, and so the very vicar of Jesus Christ, who has (as they say) all fulness of power and sovereign authority in the Church.そしてそのためのドクトリンを承認することはありませんが、ローマの聖職者は、自分たちでローマ教皇の普遍的最高の頭の羊飼いや過激派教会ここ地球上で、イエスキリストの教区牧師ので、非常には、誰が(かれらは言う)すべての電源ケーブルとfulnessソブリンは、教会の権威です。 CHRIST THE ONLY PASTOR OF THE CHURCH.キリスト教会の牧師だけです。 For we teach that Christ the Lord is, and remains the only universal pastor, the highest Pontiff before God the Father; and that in the Church he himself performs all the duties of a bishop or pastor, even to the world's end; {Vicar} and therefore does not need a substitute for one who is absent.キリストのことを教えるために我々の主は、唯一の普遍的牧師や遺跡は、神の前で、最高の父の司教;であり、彼自身は、教会の職務を実行するすべての司教や牧師は、世界の果てにさえ; ) (ラウンドヘイ牧師代用する必要はありませんが、そのための1つの人が不在のためだ。 For Christ is present with his Church, and is its life-giving Head.彼のためにキリスト教会が存在して、頭とは、生命を与える。 NO PRIMACY IN THE CHURCH.いいえ、教会での優位です。 He has strictly forbidden his apostles and their successors to have any primacy and dominion in the Church.彼には厳しく禁じられて使徒とその後継者に彼の優位性があるとは、教会のドミニオンです。 Who does not see, therefore, that whoever contradicts and opposes this plain truth is rather to be counted among the number of those of whom Christ's apostles prophesied: Peter in II Peter, ch.を参照していない人は、したがって、これに反対して誰と矛盾するには幾分の真実を明らかに数えられる人の数は、キリストの使徒予言者:ピーターは、ピーター2世は、チャンネルです。 2, and Paul in Acts 20:2; II Cor. 2は、 20時02分、ポールの行為; 2世うわっ。 11:2; II Thess., ch. 11 : 02 ; 2世thess 。 、チャンネルです。 2, and also in other places? 2 、そしてまた他の場所ですか?

No Disorder in the Church. However, by doing away with a Roman head we do not bring any confusion or disorder into the Church, since we teach that the government of the Church which the apostles handed down is sufficient to keep the Church in proper order. 障害のない教会ですが、頭を実行し続けることはありませんが、ローマの混乱や障害をもたらすいかなる教会は、私たちに教えることから、政府は、教会が、使徒伝承の教会では、十分な適切な秩序を保つ。 In the beginning when the Church was without any such Roman head as is now said to keep it in order, the Church was not disordered or in confusion.初めには、そのようなとき、ローマ教会はなしとしては、今すぐ頭に入れて保管して注文によると、教会での混乱や無秩序ではない。 The Roman head does indeed preserve his tyranny and the corruption that has been brought into the Church, and meanwhile he hinders, resists, and with all the strength he can muster cuts off the proper reformation of the Church.彼は本当に頭ローマ圧政や腐敗を維持されてきた教会に入っていくのは、彼妨げといっぽう、抵抗、そして彼のすべての力を削減することは適切な改革ムスター教会です。

Dissensions and Strife in the Church. We are reproached because there have been manifold dissensions and strife in our churches since they separated themselves from the Church of Rome, and therefore cannot be true churches. dissensionsとの争いは、教会です。我々は非難マニホールドdissensionsてきたので、私たちの教会闘争以来彼らは教会のローマから分離して、それゆえに真の教会にすることはできません。 As though there were never in the Church of Rome any sects, nor contentions and quarrels concerning religion, and indeed, carried on not so much in the schools as from pulpits in the midst of the people.があったとしても、決してローマの任意の宗派の教会、宗教に関する争いとも主張し、実際、運ばほどではないにしてから、学校としてpulpitsの人々の真っただ中にいる。 We know, to be sure, that the apostle said: "God is not a God of confusion but of peace" (I Cor. 14:33), and, "While there is jealousy and strife among you, are you not of the flesh?"知っている我々は、必ずして、それによると、使徒: "神が混乱の神ではない平和" (私うわっ。 14時33分) 、および、 "中には嫉妬心との間に争いがない場合は、肉ですか? " Yet we cannot deny that God was in the apostolic Church and that it was a true Church, even though there were wranglings and dissensions in it.しかし我々は、神を否定することはできませんが、ローマ教皇の教会とそれが、真の教会は、たとえあったdissensions wranglingsとしてください。 The apostle Paul reprehended Peter, an apostle (Gal. 2:11 ff.), and Barnabas dissented from Paul.ピーターreprehendedの使徒パウロは、使徒( gal. FFの2時11分です。 ) 、そしてポールbarnabas dissentedからです。 Great contention arose in the Church of Antioch between them that preached the one Christ, as Luke records in The Acts of the Apostles, ch.偉大な争いが生じたのは、アンティオキア教会の説教して、それらの間で1つのキリストは、ルカの記録としては、使徒行伝は、チャンネルです。 15. 15 。 And there have at all times been great contentions in the Church, and the most excellent teachers of the Church have differed among themselves about important matters without meanwhile the Church ceasing to be the Church because of these contentions.そしてそこではすべての回の主張は、教会の偉大され、そして、最も優秀な教師は、教会の中で自らが重要事項については異論がなく中止される一方、教会の教会のためにこれらの主張だ。 For thus it pleases God to use the dissensions that arise in the Church to the glory of his name, to illustrate the truth, and in order that those who are in the right might be manifest (I Cor. 11:19).神を喜ばせるためにこのようにそれを使用することで起きるdissensionsの栄光教会に彼の名前は、真実を明らかにし、その人たちのためには正しいかもしれないが、マニフェスト(私うわっ。 11:19 ) 。

Of the Notes or Signs of the True Church. Moreover, as we acknowledge no other head of the Church than Christ, so we do not acknowledge every church to be the true Church which vaunts herself to be such; but we teach that the true Church is that in which the signs or marks of the true Church are to be found, especially the lawful and sincere preaching of the Word of God as it was delivered to us in the books of the prophets and the apostles, which all lead us unto Christ, who said in the Gospel: "My sheep hear my voice, and I know them, and they follow me; and I give unto them eternal life. A stranger they do not follow, but they flee from him, for they do not know the voice of strangers" (John 10:5, 27, 28). の注意事項や、真の教会の兆しだ。しかも、我々として認識するよりも、他の頭のキリスト教会は、教会のためにすべてを認めることはありませんが、真の教会にどのようにつぶやきましたvaunts ;しかし、我々は、真の教会を教えるあるいはその兆候では、マルクには、真の教会が見つかりました、特に、合法的かつ誠意説教は、神の言葉としてそれは、私たちにとっては、書籍の配達は、預言者と使徒は、我々のすべての鉛かれキリストは、誰が言ったのは、福音書: "私の声を聞いて私の羊を、私は知っているし、彼らに従いなさい;かれらに永遠の命を与えるとよい。見知らぬ人に従っていないが、それらから逃亡する彼は、かれらのためか分からない見知らぬ人の声" (ヨハネ10 : 05 、 27 、 28 ) 。

And those who are such in the Church have one faith and one spirit; and therefore they worship but one God, and him alone they worship in spirit and in truth, loving him alone with all their hearts and with all their strength, praying unto him alone through Jesus Christ, the only Mediator and Intercessor; and they do not seek righteousness and life outside Christ and faith in him.そしてそのような人たちは、教会では、 1つ1つの精霊信仰;しかし、 1つの神を崇拝して、そして彼を崇拝するだけで、かれらは真実の精神と、彼を愛するすべての人きりで、かれらの心をすべて自分の強さは、かれに祈ってイエスキリストを通してだけでは、調停者や仲裁者のみ;としていないと正義を求めると、キリストの生活の外は彼を信じています。 Because they acknowledge Christ the only head and foundation of the Church, and, resting on him, daily renew themselves by repentance, and patiently bear the cross laid upon them.そのため、彼らを認めるしか頭やキリスト教会の基礎、そして、休憩して彼は、毎日更新さ後悔して、辛抱強く耐えるとかれらのクロスレイアウトです。 Moreover, joined together with all the members of Christ by an unfeigned love, they show that they are Christ's disciples by persevering in the bond of peace and holy unity.また、すべてのメンバーと一緒に参加される偽りのないキリストの愛を、かれらによると、彼らは、キリストの弟子では、忍耐強いきずな聖なる平和と団結しています。 At the same time they participate in the sacraments instituted by Christ, and delivered unto us by his apostles, using them in no other way than as they received them from the Lord.それと同時に、彼らの参加によって設立されたキリストの秘跡は、わたしたちと配達された彼の使徒は、それらを使用して他の方法ではないとしてよりも、かれらの主からそれらを受け取った。 That saying of the apostle Paul is well known to all: "I received from the Lord what I also delivered to you" (I Cor. 11:23 ff.).と言って、使徒パウロのことはよく知られている全て: "私は、主から受け取った私にもお届けして" (私うわっ。 11:23 FFのです。 ) 。 Accordingly, we condemn all such churches as strangers from the true Church of Christ, which are not such as we have heard they ought to be, no matter how much they brag of a succession of bishops, of unity, and of antiquity.したがいまして、我々のすべてを非難するような教会として見知らぬ人からの真のキリスト教会は、どのようなことではないはずだと聞いたことがある関係なく、彼らはどのくらいの自慢の司教の継承、団結して、古代です。 Moreover, we have a charge from the apostles of Christ "to shun the worship of idols" (I Cor. 10:14; I John 5:21), and "to come out of Babylon," and to have no fellowship with her, unless we want to be partakers with her of all God's plagues (Rev. 18:4; II Cor. 6:17).また、我々は、キリストの使徒から充電"を避けるの偶像崇拝" (私うわっ。 10:14 ;私のジョン5時21分) 、および"バビロンに出てくる"と彼女にはないと交わりを持つしない限り、我々は彼女のpartakersになりたかったら、神のすべての災害( 18時04分牧師; 2世うわっ。 6時17分) 。

Outside the Church of God There Is No Salvation. But we esteem fellowship with the true Church of Christ so highly that we deny that those can live before God who do not stand in fellowship with the true Church of God, but separate themselves from it. 教会の外に神の救いはない。尊敬しかし、我々の真のキリスト教会と交わりを持つことが非常に生きることを否定して、これらの神の前に立つと交わりを持つユーザーではない、真の教会の神ではなく、そこから分離している。 For as there was no salvation outside Noah's ark when the world perished in the flood; so we believe that there is no certain salvation outside Christ, who offers himself to be enjoyed by the elect in the Church; and hence we teach that those who wish to live ought not to be separated from the true Church of Christ.救いようがないためにノアの箱舟の外の世界とても寒いときには、洪水;だから私たちは、特定の救世外ではない、キリストは、自分自身の人のオファーを享受されるのは、教会の選出;従って我々として希望者に教える生きてはならないはずだが、真のキリスト教会から分離した。

The Church Is Not Bound to Its Signs. Nevertheless, by the signs [of the true Church] mentioned above, we do not so narrowly restrict the Church as to teach that all those are outside the Church who either do not participate in the sacraments, at least not willingly and through contempt, but rather, being forced by necessity, unwillingly abstain from them or are deprived of them; or in whom faith sometimes fails, though it is not entirely extinguished and does not wholly cease; or in whom imperfections and errors due to weakness are found. 教会に行き、その兆候ではない。にもかかわらず、その兆候を[は、真の教会]上記のは、僅差で制限することはありませんので、これらすべてのことを教えるよう教会は、教会の外の人のどちらかに参加しないの秘跡は、少なくとも喜んでいないと軽蔑を通してではなく、必然的に強制され、しぶしぶ棄権しているか、かれらが奪わ;信仰時には誰かが故障すると、完全に鎮火することではない完全に中止していません;あるいは誰の不完全性と弱点のためには、エラーが見つかりました。 For we know that God had some friends in the world outside the commonwealth of Israel.神のためにはいくつかのことが分かっている友人たちは、世界連邦イスラエルの外にいる。 We know what befell the people of God in the captivity of Babylon, where they were deprived of their sacrifices for seventy years.我々は何befallの過去の人々に知っている神は、バビロン捕らわれているのは、どこに彼らは彼らの犠牲を払うために70年を奪われた。 We know what happened to St. Peter, who denied his Master, and what is wont to happen daily to God's elect and faithful people who go astray and are weak.私たちに何が起こったの知っている聖ペテロは、人を否定主人は、いつもと何が起こると日常を選出して、神の忠実な人々の中に行方不明とは弱い。 We know, moreover, what kind of churches the churches in Galatia and Corinth were in the apostles' time, in which the apostle found fault with many serious offenses; yet he calls them holy churches of Christ (I Cor. 1:2; Gal. 1:2).知っている我々は、また、どのようなgalatiaとコリント教会の教会で、使徒たちは'時間は、故障して見つけたの伝道者で、多くの深刻な犯罪;通話していない彼は聖なるキリスト教会(私うわっ。 1 : 02 ;ギャル。 1時02分) 。

The Church Appears at Times To Be Extinct. Yes, and it sometimes happens that God in his just judgment allows the truth of his Word, and the catholic faith, and the proper worship of God to be so obscured and overthrown that the Church seems almost extinct, and no more to exist, as we see to have happened in the days of Elijah (I Kings 19:10, 14), and at other times. その教会に絶滅した時に表示されます。はい、神になることがあるとそれだけで彼の彼の言葉の真実性を判断できるように、カトリックの信仰とは、神を崇拝すると、適切に隠されるので、ほぼ転覆して、教会のようだ絶滅した、とこれ以上が存在し、我々を参照しているとして、数日間のエリヤ(私キングス19時10分、 14 ) 、およびまたある時です。 Meanwhile God has in this world and in this darkness his true worshippers, and those not a few, but even seven thousand and more (I Kings 19:18; Rev. 7:3 ff.).いっぽうで、この世界と神が彼の真の闇の中で、この礼拝、およびそれらの数ではありませんが、こちらでも、 7000 ( 19時18分私キングス;牧師FFの午前7時03分です。 ) 。 For the apostle exclaims: "God's firm foundation stands, bearing this seal, 'The Lord knows those who are his,'" etc. (II Tim. 2:19).使徒のためexclaims : "神の確固たる基盤スタンドは、このシール軸受、 '知っている人たちは、主の彼は、 ' "等( ⅱティムです。 2時19分) 。 Whence the Church of God may be termed invisible; not because the men from whom the Church is gathered are invisible, but because, being hidden from our eyes and known only to God, it often secretly escapes human judgment.神の教会でwhence呼ばれる目に見えないかもしれない;ていないので、男たちは、教会に集まった人からは見えないが、理由は、私たちの目から隠されていると知られて、神のみには、人間の判断力をエスケープすることをひそかにしばしばです。

Not All Who Are in the Church Are of the Church. Again, not all that are reckoned in the number of the Church are saints, and living and true members of the Church. すべての人はいないのでは、教会の教会です。繰り返しますが、無視していないことがすべての教会は、聖徒の数、およびリビングと真の教会の会員となっています。 For there are many hypocrites, who outwardly hear the Word of God, and publicly receive the sacraments, and seem to pray to God through Christ alone, to confess Christ to be their only righteousness, and to worship God, and to exercise the duties of charity, and for a time to endure with patience in misfortune.偽信者が多いために、神のみことばを聞く人の外見上、および公の秘跡を受ける、と神に祈るように、キリストを通してだけでも、キリストを告白して自分だけが正義、そして神を崇拝し、その義務を行使する慈善事業とは、時間と忍耐が不幸に耐える。 And yet they are inwardly destitute of true illumination of the Spirit, of faith and sincerity of heart, and of perseverance to the end.それでも彼らは極貧の真の照明の内心の精神は、信仰心と誠実さ、そして最後には忍耐を。 But eventually the character of these men, for the most part, will be disclosed.しかし、結局、これらの男性キャラクターは、その大部分は、明らかにされる。 For the apostle John says; "They went out from us, but they were not of us; for if they had been of us, they would indeed have continued with us" (I John 2:19).使徒ヨハネのためによれば、 "彼らに出掛けたから私たちは、しかし、彼らは私たちのない;ていた私たちのためにすれば、かれらは確かに私たちが継続して" (私のジョン2時19分) 。 And although while they simulate piety they are not of the Church, yet they are considered to be in the Church, just as traitors in a state are numbered among its citizens before they are discovered; and as the tares or darnel and chaff are found among the wheat, and as swellings and tumors are found in a sound body, when they are rather diseases and deformities than true members of the body.忠義をシミュレートしている間にもかかわらず、彼らは教会ではないが、かれらは、教会と見なされ、裏切り者と同じような状態で、市民の間では、番号の前に彼らは発見; taresとして、またはネズミムギやもみ殻が見つかったとの間でこの小麦、そして膨らみ、腫瘍が見つかったとしては、健全な身体は、あるときは、病気や奇形というよりも体の真のメンバーです。 And therefore the Church of God is rightly compared to a net which catches fish of all kinds, and to a field, in which both wheat and tares are found (Matt. 13:24 ff., 47 ff.).したがって、神の教会とは当然と比較して、ネットでは、あらゆる種類の魚を捕まえると、フィールドには、小麦とは、両方のtaresが見つかった( 13時24分FFのmatt. 。 、 47 FFのです。 ) 。

We Must Not Judge Rashly of Prematurely. Hence we must be very careful not to judge before the time, nor undertake to exclude, reject or cut off those whom the Lord does not want to have excluded or rejected, and those whom we cannot eliminate without loss to the Church. 軽率には我々が早すぎると判断してはいけません。従って我々は非常に注意しなければならないの時間を判断する前に、また着手を除外し、拒否したりした者を断つわけではないが、主の除外または拒否しても、我々とした者を排除することはできませんなし損失を教会です。 On the other hand, we must be vigilant lest while the pious snore the wicked gain ground and do harm to the Church.その一方で、我々しなければならないしないように気を配っている間、邪悪なゲイングランド敬虔ないびきや教会に害を及ぼす。

The Unity of the Church Is Not in External Rites. Furthermore, we diligently teach that care is to be taken wherein the truth and unity of the Church chiefly lies, lest we rashly provoke and foster schisms in the Church. 教会の結束を外部の儀式ではない。さらに、私たちは熱心に手入れを教えることをそこに取られるのは、教会の結束を真実と嘘主には、軽率にしないように我々は、教会の挑発とフォスターschisms 。 Unity consists not in outward rites and ceremonies, but rather in the truth and unity of the catholic faith.外側に団結していない儀式や式典で構成さではなく、真実では、カトリック教徒の信仰と団結しています。 The catholic faith is not given to us by human laws, but by Holy Scriptures, of which the Apostles' Creed is a compendium.カトリックの信仰ではない人間の法律によって与えられた、私たちが、聖書で、そのうちの使徒信条は、大要。 And, therefore, we read in the ancient writers that there was a manifold diversity of rites, but that they were free, and no one ever thought that the unity of the Church was thereby dissolved.そして、そのため、我々は、古代の作家を読むことマニホールド多様な儀式があったが、それも無料で、誰もそのことを考えたことは、教会の団結が解散しています。 So we teach that the true harmony of the Church consists in doctrines and in the true and harmonious preaching of the Gospel of Christ, and in rites that have been expressly delivered by the Lord.だから我々の真の調和を教えることは、教会の構成でかつ調和のとれた教説とは、真の説教は、キリストの福音は、明示されている儀式とは、主に配信される。 And here we especially urge that saying of the apostle: "Let those of us who are perfect have this mind; and if in any thing you are otherwise minded, God will reveal that also to you. Nevertheless let us walk by the same rule according to what we have attained, and let us be of the same mind" (Phil. 3:15 f.).ここで我々が特に強く要請すると言っては、使徒: "あの人は私たちが、この完璧な心;とそうでない場合、あなたはどんなことを気には、神はあなたを明らかにしてもしています。みましょう散歩さにもかかわらず、同じルールによる我々は何を達成し、同じであると考えてみましょう" ( f. phil. 3時15分) 。

Chapter 18 - Of the Ministers of the Church, Their Institution and Duties第18 -の閣僚は、教会は、彼らの機関及び職務

God Uses Ministers in the Building of the Church. God has always used ministers for the gathering or establishing of a Church for himself, and for the governing and preservation of the same; and still he does, and always will, use them so long as the Church remains on earth. 閣僚ではこの建物の中で神の教会です。神は、常に使用される閣僚の確立のための集会や教会のために自分自身、そして統治や保全のため、同じ;とまだ彼は、いつもとは、使用している限り地球上で、教会の遺跡です。 Therefore, the first beginning, institution, and office of ministers is a most ancient arrangement of God himself, and not a new one of men.したがって、最初の初めには、教育機関、および事務所の閣僚は、自分自身で最も古代神の配置は、 1つではなく、新しい男性です。 INSTITUTION AND ORIGIN OF MINISTERS.教育機関や閣僚の起源です。 It is true that God can, by his power, without any means join to himself a Church from among men; but he preferred to deal with men by the ministry of men.神のことは事実だが、彼の力によって、意味もなく自分自身に参加して教会の中から男性;しかし、彼の好みの男性に対処される部の男性です。 Therefore ministers are to be regarded, not as ministers by themselves alone, but as the ministers of God, inasmuch as God effects the salvation of men through them.したがって閣僚されると見なすことは、一人ではなく、自らの大臣としてではなく、神の閣僚は、 〜だけれども男性を通して、神の救いに影響しています。

The Ministry Is Not To Be Despised. Hence we warn men to beware lest we attribute what has to do with our conversion and instruction to the secret power of the Holy Spirit in such a way that we make void the ecclesiastical ministry. 同省ではないと軽蔑される。従って我々人間に警告をしないように用心している我々は我々の属性にどのような命令に変換し、聖霊の力の秘密にするような方法で我々の教会のボイド部作る。 For it is fitting that we always have in mind the words of the apostle: "How are they to believe in him of whom they have not heard? And how are they to hear without a preacher? So faith comes from hearing, and hearing comes by the word of God" (Rom. 10:14, 17).着付けをすることは常にあることを念頭に置いて、我々の言葉は、使徒: "彼らはどのように彼らを信じて彼に聞いていないのですか?とはどのように彼らを聞くことなく、説教師ですか?だから信仰から来て公聴会は、来ると聞いて神のみことばによる" ( rom. 10:14 、 17 ) 。 And also what the Lord said in the Gospel: "Truly, truly, I say to you, he who receives any one whom I send receives me; and he who receives me receives him who sent me" (John 13:20).また、どのような福音書によると、主: "本当に、本当に、私の話を聞きなさい、彼は私たちのいずれか1つを受信する受信送信して下さい。そして彼は私を受け取る人の受信者を送ってきた彼に" (ヨハネ13 : 20 ) 。 Likewise a man of Macedonia, who appeared to Paul in a vision while he was in Asia, secretly admonished him, saying: "Come over to Macedonia and help us" (Acts 16:9).同様に一人の男のマケドニアは、人のビジョンに出演している間、彼はポールアジアでは、彼をひそかに警告、と言って: "海を渡って来るとするためにご意見をマケドニア" (行為16:9 ) 。 And in another place the same apostle said: "We are fellow workmen of God; you are God's tillage, God's building" (I Cor. 3:9).とは別の場所によると、同じ使徒: "我々は労働者の仲間の神;あなたは神の耕うんは、神の建物" (私うわっています。 3時09分) 。

Yet, on the other hand, we must beware that we do not attribute too much to ministers and the ministry; remembering here also the words of the Lord in the Gospel: "No one can come to me unless my Father draws him" (John 6:44), and the words of the apostle: "What then is Paul? What is Apollos? Servants through whom you believed, as the Lord assigned to each. I planted, Apollos watered, but only God gives the growth" (I Cor. 3:5 ff.).しかし、その半面、用心しなければならないことが多すぎることはありません閣僚や属性省;思い出しここでも、主の言葉は、福音書: "誰にも話が来ていない限り彼の父の引き分け" (ヨハネ6時44分) 、そしてその言葉は、使徒: "当時は、ポールは何ですか? apollosは何ですか?を通じて誰しもお考えられ、それぞれとして、主に割り当てられています。私に植え、水やりapollosではなく、神のみを与え、成長を" (私うわっ。 FFの3時05分です。 ) 。 GOD MOVES THE HEARTS OF MEN.神の心の動きの男性です。 Therefore, let us believe that God teaches us by his word, outwardly through his ministers, and inwardly moves the hearts of his elect to faith by the Holy Spirit; and that therefore we ought to render all glory unto God for this whole favor.したがって、私達を神と信じて彼の言葉を教えて私たちは、表向きは彼の閣僚を通じて、彼の心の動きや内心の信仰に選出される聖霊;であり、従って我々のすべてのレンダリングをするべきな神の栄光のため、この全体に賛成です。 But this matter has been dealt with in the first chapter of this Exposition.しかし、この問題に対処してきたが、この博覧会の第1章。

Who the Ministers Are and of What Sort God Has Given the World. And even from the beginning of the world God has used the most excellent men in the whole world (even if many of them were simple in worldly wisdom or philosophy, but were outstanding in true theology), namely, the patriarchs, with whom he frequently spoke by angels. 閣僚たちは、神が与えられたとはどのような種類の世界です。 初めからでも、世界の神が使われるのは、全世界で最も優秀な男性(たとえ多くの人たちが単純で世渡りの知恵や哲学が、未払いは本当の神学) 、すなわち、そのpatriarchs 、頻繁に話をして心に適う天使です。 For the patriarchs were the prophets or teachers of their age whom God for this reason wanted to live for several centuries, in order that they might be, as it were, fathers and lights of the world. patriarchsためには、預言者や教師がこのような理由のために年齢を神に暮らすためにいくつかの指名手配世紀にもわたって、彼らのためかもしれないが、それは、父親とライトの世界です。 They were followed by Moses and the prophets renowned throughout all the world.次いでかれらはムーサーとそのすべての預言者を通して、世界的に有名です。

Christ the Teacher. After these the heavenly Father even sent his only-begotten Son, the most perfect teacher of the world; in whom is hidden the wisdom of God, and which has come to us through the most holy, simple, and most perfect doctrine of all. キリストの教師です。これらの天国の父にも送信した後にのみ生まれた彼の息子は、先生は、世界で最も完璧な;で誰が隠されて、知恵の神様と、これが来て、私たちにとって最も神聖を通じて、シンプルで、最も完璧なすべてのドクトリンです。 For he chose disciples for himself whom he made apostles.彼は、自分で自分のために選んだの心に適う前に弟子使徒です。 These went out into the whole world, and everywhere gathered together churches by the preaching of the Gospel, and then throughout all the churches in the world they appointed pastors or teachers according to Christ's command; through their successors he has taught and governed the Church unto this day.これらを全世界に出掛けたし、どこでも集まった教会は、福音を説教される、それからを通して、世界のすべての教会で牧師や教師に任命彼らによると、キリストのコマンド;を通じて自分の後継者彼は、教会の教えと支配かれこの日です。 Therefore, as God gave unto his ancient people the patriarchs, together with Moses and the prophets, so also to his people of the New Testament he sent his only- begotten Son, and, with him, the apostles and teachers of the Church.したがって、神として古代の人々は、かれのpatriarchs 、モーゼと預言者と一緒に、今も彼の人々に送られる彼は、新約聖書のみ生まれた彼の息子、そして、彼とは、使徒と教師は、教会です。

Ministers of the New Testament. Furthermore, the ministers of the new people are called by various names. 閣僚は、新約聖書です。また、新閣僚の人々がさまざまな名前で呼ばれています。 For they are called apostles, prophets, evangelists, bishops, elders, pastors, and teachers (I Cor. 12:28; Eph. 4:11).かれらは使徒と呼ばれるためには、預言者、伝道者、司教は、年長者、牧師、と教師(私うわっ。 12:28 ; eph 。 4時11分) 。 THE APOSTLES.その使徒です。 The apostles did not stay in any particular place, but throughout the world gathered together different churches.その使徒任意の特定の場所に滞在しなかったが、世界中のさまざまな宗派集まった。 When they were once established, there ceased to be apostles, and pastors took their place, each in his church.彼らが確立したときに一度、そこにはやんだ使徒、牧師は、自分たちの場所とは、それぞれの教会です。 PROPHETS.預言者です。 In former times the prophets were seers, knowing the future; but they also interpreted the Scriptures.元ゼールス回では、預言者は、知っての将来;しかし、聖書解釈もある。 Such men are also found still today.このような男性はまだ今日も見つかりました。 EVANGELISTS.伝道者です。 The writers of the history of the Gospel were called Evangelists; but they also were heralds of the Gospel of Christ; as Paul also commended Timothy: "Do the work of an evangelist" (II Tim. 4:5).その作家の歴史は、福音伝道者と呼ばれた; heraldsだがかれらも、キリストの福音;としても表彰ティモシーポール: "エバンジェリストの仕事をする" ( ⅱティムです。 4時05分) 。 BISHOPS.司教です。 Bishops are the overseers and watchmen of the Church, who administer the food and needs of the life of the Church.司教は、教会のwatchmanの複数の監視とは、管理者のニーズには、食料や生活の教会です。 PRESBYTERS. presbyters 。 The presbyters are the elders and, as it were, senators and fathers of the Church, governing it with wholesome counsel. presbytersには、年長者とは、言ってみれば、父親の上院議員や教会、健全な助言を統治している。 PASTORS.牧師。 The pastors both keep the Lord's sheepfold, and also provide for its needs.牧師の両方を維持するのは、主の羊は、そのニーズにも提供しています。 TEACHERS.教師です。 The teachers instruct and teach the true faith and godliness.教師の指示と真の信仰と神を敬うことを教える。 Therefore, the ministers of the churches may now be called bishops, elders, pastors, and teachers.したがって、 5月の閣僚は、教会と呼ばれるようになりました司教は、年長者、牧師、教師です。

Papal Orders. Then in subsequent times many more names of ministers in the Church were introduced into the Church of God. ローマ法王の注文です。それからその後の回で、より多くの名前の閣僚会議で、教会の神の教会に導入された。 For some were appointed patriarchs, others archbishops, others suffragans; also, metropolitans, archdeacons, deacons, subdeacons, acolytes, exorcists, cantors, porters, and I know not what others, as cardinals, provosts, and priors; greater and lesser fathers, greater and lesser orders.いくつかのために任命されたpatriarchs 、他archbishops 、他suffragans ;また、 metropolitans 、 archdeacons 、 deacons 、 subdeacons 、 acolytes 、 exorcists 、 cantors 、ポーターは、私が知らないことを他人とは、枢機卿として、 provosts 、およびpriors ;大と小の祖先は、レッサー大きいと注文した。 But we are not troubled about all these about how they once were and are now.しかし、我々は、これらすべてについて悩んでいたとは、どのように彼らを今一度。 For us the apostolic doctrine concerning ministers is sufficient.我々のローマ教皇の教義に関する閣僚で十分です。

Concerning Monks. Since we assuredly know that monks, and the orders or sects of monks, are instituted neither by Christ nor by the apostles, we teach that they are of no use to the Church of God, nay rather, are pernicious. 関する僧侶。確かに知っているので、その僧侶は、受注や宗派の僧侶たちと、どちらが設立されるキリストの使徒も、私たちに教えることのない彼らは神の教会を使用して、いやむしろ、は悪質な。 For, although in former times they were tolerable (when they were hermits, earning their living with their own hands, and were not a burden to anyone, but like the laity were everywhere obedient to the pastors of the churches), yet now the whole world sees and knows what they are like.ためには、元時代にもかかわらず、彼らは耐えられる(隠修士ときに彼らは、自分の生活を自分自身の手で収入は、誰とではない、との負担になるが、素人のように従順では至る所には、教会の牧師)は、まだ全体の今世界を見ると彼らは知っているようなものだ。 They formulate I know not what vows; but they lead a life quite contrary to their vows, so that the best of them deserves to be numbered among those of whom the apostle said: "We hear that some of you are living an irregular life, mere busybodies, not doing any work" etc. (II Thess. 3:11).彼らは何の誓いを策定分かっていない;しかし、彼らは逆に彼らの生活を送るかなりの誓い、かれらに値するように最善の番号のうちの伝道者によると、これらの人: "あなたは私たちの生活音が聞こえるが、一部の不規則な生活をする、単なるbusybodies 、どんな仕事をやるんじゃない"等( ⅱ thess 。 3時11分) 。 Therefore, we neither have such in our churches, nor do we teach that they should be in the churches of Christ.従って、我々がこのように私たちの教会にも、また私たちに教えることは、キリスト教会しなければならない。

Ministers Are To Be Called and Elected. Furthermore, no man ought to usurp the honor of the ecclesiastical ministry; that is, to seize it for himself by bribery or any deceits, or by his own free choice. 閣僚が選出されると呼ばれています。また、ない方がいいですよ男は、教会の名誉を不当に奪う省;ことは、自分自身のために押収されたことや任意の贈収賄deceits 、または自分の自由な選択です。 But let the ministers of the Church be called and chosen by lawful and ecclesiastical election; that is to say, let them be carefully chosen by the Church or by those delegated from the Church for that purpose in a proper order without any uproar, dissension and rivalry.でもさせてから、閣僚は、教会と呼ばれる、教会の合法的な選挙で選ばれた;これは、つまり、かれらに慎重に選ばれた教会や教会から委任された者は、その目的を達するための適切な命令なしで騒ぎになった、との意見の相違ライバル意識です。 Not any one may be elected, but capable men distinguished by sufficient consecrated learning, pious eloquence, simple wisdom, lastly, by moderation and an honorable reputation, according to that apostolic rule which is compiled by the apostle in I Tim., ch.いずれか1つが選ばれるかもしれないが、十分な聖体拝領の学習能力で区別される男性は、信心深い雄弁は、単純な知恵は、最後に、名誉ある評判を節制し、ローマ教皇の規則によるとしてコンパイルされ、これは、私の伝道者、ティム。 、チャンネルです。 3, and Titus, ch. 3 、およびタイタスは、チャンネルです。 1. 1 。

Ordination. And those who are elected are to be ordained by the elders with public prayer and laying on of hands. 聖職叙任。とは、選出される人たちは、年長者によって定められた公共の祈りと手を敷設している。 Here we condemn all those who go off of their own accord, being neither chose, sent, nor ordained (Jer., ch. 23).ここで我々を非難するすべての人々へ行くには、独自の合意では、どちらを選んだが、送信したり、定められた( jer. 、チャンネルです。 23 ) 。 We condemn unfit ministers and those not furnished with the necessary gifts of a pastor.閣僚や不適格者は我々を非難して、必要な家具付き牧師の贈り物です。

In the meantime we acknowledge that the harmless simplicity of some pastors in the primitive Church sometimes profited the Church more than the many- sided, refined and fastidious, but a little too esoteric learning of others.それまでの間、無害なシンプルさを認めるものと我々のいくつかの教会の牧師は、時には原始的利益よりも、より多くの多面的な教会は、洗練された細心の注意を払ったとは、あまりにも難解な学習を少しでも他人のです。 For this reason we do not reject even today the honest, yet by no means ignorant, simplicity of some.この理由で拒否することはありません今日でも、正直、まだ無知なものではない、いくつかのシンプルです。

Priesthood of All Believers. To be sure, Christ's apostles call all who believe in Christ "priests," but not on account of an office, but because, all the faithful having been made kings and priests, we are able to offer up spiritual sacrifices to God through Christ (Ex. 19:6; I Peter 2:9; Rev. 1:6). 聖職者のすべての信者です。ていることを確認して、キリストの使徒コールキリストを信じるすべての人の"プリーストは、 "アカウントのではなく、事務所が、理由は、すべての忠実なこととされてキングスプリースト、我々が提供できるようにする精神的な犠牲キリストを通して神(例: 19時06分;私ピーター2時09 ;牧師1時06分) 。 Therefore, the priesthood and the ministry are very different from one another.したがって、聖職に就くと、 1つの別の部は非常に異なっています。 For the priesthood, as we have just said, is common to all Christians; not so is the ministry.聖職に就くために、我々はわずかによると、キリスト教徒は、すべてに共通して;省は、それほど。 Nor have we abolished the ministry of the Church because we have repudiated the papal priesthood from the Church of Christ.財経部は廃止しても我々の教会の聖職に就くために我々はローマ法王の否認のキリスト教会からです。

Priests and Priesthood. Surely in the new covenant of Christ there is no longer any such priesthood as was under the ancient people; which had an external anointing, holy garments, and very many ceremonies which were types of Christ, who abolished them all by his coming and fulfilling them. プリーストと聖職に就く。確かには、キリストの新しい契約にはどのような聖職者としては、もはや古代の人々の下;ていた外付けanointing 、聖衣は、非常に多くの儀式とされた種類のキリストは、それらをすべての人に廃止された彼の出たり入ったりして充実した。 But he himself remains the only priest forever, and lest we derogate anything from him, we do not impart the name of priest to any minister.しかし、彼自身は、永遠の司祭にのみ、適用を制限すると何もしないように彼から我々は、我々の名前を告げる司祭はありません大臣を任意です。 For the Lord himself did not appoint any priests in the Church of the New Testament who, having received authority from the suffragan, may daily offer up the sacrifice, that is, the very flesh and blood of the Lord, for the living and the dead, but ministers who may teach and administer the sacraments.任命しなかったために、主ご自身の任意のプリーストでは、新約聖書教会の人は、権威を受け取ってから、副監督は、 5月1日の犠牲を提供する、つまり、非常には、生身の人間の主は、死者のために生きているは、誰でも可能性を教えると閣僚の秘跡を投与します。

The Nature of the Ministers of the New Testament. Paul explains simply and briefly what we are to think of the ministers of the New Testament or of the Christian Church, and what we are to attribute to them. 閣僚は、その性質上、新約聖書です。ポールと簡潔に説明するだけで我々はどのようなことを考えるのは、閣僚は、新約聖書やキリスト教の教会で、私たちは何を属性としています。 "This is how one should regard us, as servants of Christ and stewards of the mysteries of God" (I Cor. 4:1). "これは1つの方法については、私たちは、キリストのしもべとして、幹事は、神の謎" (私うわっ。 4時01分) 。 Therefore, the apostle wants us to think of ministers as ministers.従って、我々は望んで使徒としての閣僚閣僚を考える。 Now the apostle calls them, [HUPERETAS], rowers, who have their eyes fixed on the coxswain, and so men who do not live for themselves or according to their own will, but for others--namely, their masters, upon whose command they altogether depend.今の使徒呼び出して、 [ huperetas ] 、 rowers 、誰が彼らの目に固定してかじとりは、男たちとしないので自分のために生きるかは、独自によると、しかし、他人のために-すなわち、彼らのマスターズは、その時のコマンドかれらを完全に依存します。 For in all his duties every minister of the Church is commanded to carry out only what he has received in commandment from his Lord, and not to indulge his own free choice.彼のために、すべてのすべての大臣の職務を遂行する教会が命じられただけでは何を受け取った彼は、彼の主からの命令ではなく、自分の自由な選択に耽溺する。 And in this case it is expressly declared who is the Lord, namely, Christ; to whom the ministers are subject in all the affairs of the ministry.この場合は、明示的に宣言することは、誰が主よ、すなわち、キリスト;件名には、すべての人の閣僚の同省の担当です。

Ministers as Stewards of the Mysteries of God. Moreover, to the end that he might expound the ministry more fully, the apostle adds that ministers of the Church are administrators and stewards of the mysteries of God. 幹事は、閣僚としての神の謎だ。しかも、彼の最後にして解説するかもしれない省より完全には、閣僚の教会の伝道者を追加して管理者と幹事は、神の謎だ。 Now in many passages, especially in Eph., ch.今、多くの通路、特にeph 。 、チャンネルです。 3, Paul called the mysteries of God the Gospel of Christ. 3 、ポールと呼ばれる謎の神、キリストの福音です。 And the sacraments of Christ are also called mysteries by the ancient writers.とは、キリストの秘跡とも呼ばれる謎の古代作家です。 Therefore for this purpose are the ministers of the Church called--namely, to preach the Gospel of Christ to the faithful, and to administer the sacraments.したがって、この目的のためには、閣僚のは、教会と呼ばれる-すなわち、キリストの福音を説くに忠実に、との秘跡を管理します。 We read, also, in another place in the Gospel, of "the faithful and wise steward," whom "his master will set over his household, to give them their portion of food at the proper time" (Luke 12:42).我々読んで、また、別の場所では、福音書は、 "賢明な執事の忠実とは、 "誰"と、主人は、彼のセット以上の世帯は、その部分に食べ物を与えては、適切な時期" (ルカ12:42 ) 。 Again, elsewhere in the Gospel a man takes a journey in a foreign country and, leaving his house, gives his substance and authority over it to his servants, and to each his work.繰り返しますが、一人の男の他の福音書は、外国人の国を旅すると、彼の家に残し、それ以上の権限を与え、彼の物質をしも、そして彼の作品を各。

The Power of Ministers of the Church. Now, therefore, it is fitting that we also say something about the power and duty of the ministers of the Church. 閣僚は、教会の力です。さて、したがって、これは我々も何か言おうとしてフィッティングについては、電源ケーブルと、閣僚のは、教会の義務だ。 Concerning this power some have argued industriously, and to it have subjected everything on earth, even the greatest things, and they have done so contrary to the commandment of the Lord who has prohibited dominion for his disciples and has highly commended humility (Luke 22:24 ff.; Matt. 18:3 f.; 20:25 ff.).この電源に関するいくつかの主張が精を出して、そして地球上のすべての対象にすることが、最大のものでも、これとは逆に、彼らは、主の命令のために、弟子たちには禁止されてドミニオンとは非常に謙虚表彰(ルーク22 : 24 FFのです。 ;マットです。 18時03 f. ; FFの20時25分です。 ) 。 There is, indeed, another power that is pure and absolute, which is called the power of right.が、実際には、別の電源には、純粋な、絶対、これは、電源の権利と呼ばれる。 According to this power all things in the whole world are subject to Christ, who is Lord of all, as he himself has testified when he said: "All authority in heaven and on earth has been given to me" (Matt. 28:18), and again, "I am the first and the last, and behold I am alive for evermore, and I have the keys of Hades and Death" (Rev. 1:18); also, "He has the key of David, which opens and no one shall shut, who shuts and no one opens" (Rev. 3:7).これによると、全世界の電力では、すべてのものをキリストの件名は、主のすべての人が、自分自身が証言を言ったとき、彼: "天国と地球上のすべての権限が与えられてきた私" ( matt. 28:18 ) 、そして再び、 "私は、最初と最後に、私は生きていると永久に見よ、と私はハデスと死の鍵" (牧師1時18分) ;また、 "彼は家の鍵のデビッドは、を開き、閉める条何人は、誰と誰が開きます終了" (牧師3時07分) 。

The Lord Reserves True Power for Himself. This power the Lord reserves to himself, and does not transfer it to any other, so that he might stand idly by as a spectator while his ministers work. For Isaiah says, "I will place on his shoulder the key of the house of David" (Isa. 22:22), and again, "The government will be upon his shoulders" (Isa. 9:6).イザヤ書によれば、 "私は彼の肩の上のキーの場所は、ハウスオブデイビッド" ( isa. 22時22分) 、そして再び、 "政府は、彼の肩にする" ( isa. 9時06分) 。 For he does not lay the government on other men's shoulders, but still keeps and uses his own power, governing all things.レイは思っていないため、政府は他の男性の肩が、それでも続けて、自分の力を使って、すべてのものを支配する。

The Power of the Office and of the Minister. Then there is another power of an office or of ministry limited by him who has full and absolute power. 電源は、オフィス用とは、大臣です。それからそれには別の電源部のオフィスまたは制限されるのは、彼を全面的かつ絶対権力者です。 And this is more like a service than a dominion.そして、このようなサービスは、こちらよりもドミニオンです。 THE KEYS.キーです。 For a lord gives up his power to the steward in his house, and for that cause gives him the keys, that he may admit into or exclude from the house those whom his lord will have admitted or excluded.彼は、主電源をあきらめないで、彼の家執事、そして彼のキーを与えると、その原因は、彼は可能性を認めることから除外されたか、彼の主は、家の者または除外が認めている。 In virtue of this power the minister, because of his office, does that which the Lord has commanded him to do; and the Lord confirms what he does, and wills that what his servant has done will be so regarded and acknowledged, as if he himself had done it.電源部長官は、この美徳は、彼のオフィスのためには、主が命じられたものは彼らしい;主を確認すると、どのような彼は、彼の使用人と遺言してきたことは、どのような評価されると認められるので、彼はまるで自分がやったんだよ Undoubtedly, it is to this that these evangelical sentences refer: "I will give you the keys of the kingdom of heaven, and whatever you bind on earth shall be bound in heaven, and whatever you loose on earth shall be loosed in heaven" (Matt. 16:19).間違いなく、それは、この文章を参照してこれらの福音派: "私はあなたには、天国の鍵は、地球上で、どのようなものに縛られることにバインド天国には、地球上で、どのようなものが増しあなたゆるいインヘブン" (マットです。 16時19分) 。 Again, "If you forgive the sins of any, they are forgiven; if you retain the sins of any, they are retained" (John 20:23).また、 "もし、罪を赦され、任意のは、彼らは許さ;保持する場合は、すべての罪を、彼らは留保" (ヨハネ20時23分) 。 But if the minister does not carry out everything as the Lord has commanded him, but transgresses the bounds of faith, then the Lord certainly makes void what he has done.しかし、大臣がない場合、すべてを遂行するよう命じられたのは、彼の主は、信仰の範囲内でtransgressesしかし、その後、主にボイド確かに彼にはどのようなことです。 Wherefore the ecclesiastical power of the ministers of the Church is that function whereby they indeed govern the Church of God, but yet so do all things in the Church as the Lord has prescribed in his Word.何のために、教会は、教会の権力の閣僚は、確かにかれらを支配して機能では、神の教会は、今でもまだ全能では、教会として、主の言葉は、彼の処方です。 When those things are done, the faithful esteem them as done by the Lord himself.そのようなことが行われるときには、忠実として尊敬して、主ご自身で行われています。 But mention has already been made of the keys above.しかし、言及されてしまったのキーの上に作られています。

The Power of Ministers Is One and the Same, and Equal. Now the one and an equal power or function is given to all ministers in the Church. 閣僚は、 1つのパワーと同じ、と等しいです。今の自分と対等な力を与えられたまたは関数は、すべての閣僚は、教会です。 Certainly, in the beginning, the bishops or presbyters governed the Church in common; no man lifted up himself above another, none usurped greater power or authority over his fellow-bishops.確かに、初めの方は、教会の司教の共通点や統治presbyters ;自分自身の上に持ち上げられていない別の男は、より大きな力や権限なしusurped仲間-司教。 For remembering the words of the Lord: "Let the leader among you become as one who serves" (Luke 22:26), they kept themselves in humility, and by mutual services they helped one another in the governing and preserving of the Church.の言葉を思い出し、主: "させてから、人の指導者のうちの1つとなることサーブ" (ルーク22 : 26 )は、かれら自身が謙虚に保管し、相互のサービスを別の1つは、彼らの助けでは、教会の統治や保存します。

Order To Be Preserved. Nevertheless, for the sake of preserving order some one of the ministers called the assembly together, proposed matters to be laid before it, gathered the opinions of the others, in short, to the best of man's ability took precaution lest any confusion should arise. のために保存される。にもかかわらず、秩序を保持するために、いくつかの閣僚と呼ばれる1つのアセンブリを合わせ、提案される事柄を目の前にあることは、他の人たちの意見を集め、手短に言えば、人間のが最善の予防策はしないようにする能力どんな混乱が生じる。 Thus did St. Peter, as we read in The Acts of the Apostles, who nevertheless was not on that account preferred to the others, nor endowed with greater authority than the rest.こうして聖ペテロは、我々としては、使徒行伝読んで、誰ではないにもかかわらず、そのアカウントを使用して、他にも恵まれているよりも大きいの残りの権威です。 Rightly then does Cyprian the Martyr say, in his De Simplicitate Clericorum: "The other apostles were assuredly what Peter was, endowed with a like fellowship of honor and power; but {his} primacy proceeds from unity in order that the Church may be shown to be one."シプリアン殉教者と言うのは当然その後、彼のデsimplicitate clericorum : "確かに、他の使徒がどのようなピーターは、フェローシップのように恵まれているの名誉と権力;しかし( )の優位彼のために団結してからの収益の可能性が示さ教会に1つです。 "

When and How One Was Placed Before the Others. St. いつ、どのように配置する前に、他の1つだった。 Jerome also in his commentary upon The Epistle of Paul to Titus, says something not unlike this: "Before attachment to persons in religion was begun at the instigation of the devil, the churches were governed by the common consultation of the elders; but after every one thought that those whom he had baptized were his own, and not Christ's, it was decreed that one of the elders should be chosen, and set over the rest, upon whom should fall the care of the whole Church, and all schismatic seeds should be removed."また、彼の解説ジェローム信徒のポールの上をタイタスによると、何かしないとは違って、この: "宗教人の前には、添付ファイルを始め、悪魔の扇動では、教会に支配されていたという共通の相談は、年長者;が終了するごとに1つの者と考えていた彼は、自分のバプテスマを受け、キリストのではなく、それは定められたことの1つは、年長者が選ばれるようにすべき、とセットで、残りは、秋には、介護者が全体の教会、そしてすべての種を分離すべき削除される"と述べた。 Yet St. Jerome does not recommend this decree as divine; for he immediately adds: "As the elders knew from the custom of the Church that they were subject to him who was set over them, so the bishops knew that they were above the elders, more from custom than from the truth of an arrangement by the Lord, and that they ought to rule the Church in common with them."しかし、この命令をおすすめしていないジェローム聖神として;ために彼はすぐに追加します: "として、年長者は、カスタムのを知っていたから、教会のは、彼らが彼に服従していた以上に設定して、司教を知っていたので、上記のは、彼らが、年長者は、こちらからカスタムよりも真実であることから、主に配置された、としてしかるべきだが、教会の規則に共通している。 " Thus far St. Jerome.これまでの聖ジェローム。 Hence no one can rightly forbid a return to the ancient constitution of the Church of God, and to have recourse to it before human custom.だから誰にも正しくを禁じる憲法に戻るには、古代の神の教会、そしてそれを前に償還請求権を持つ人間のカスタムです。

The Duties of Ministers. The duties of ministers are various; yet for the most part they are restricted to two, in which all the rest are comprehended: to the teaching of the Gospel of Christ, and to the proper administration of the sacraments. 大臣の職務です。閣僚の職務には、様々な;しかし彼らの大部分は2つに制限され、残りはすべてを理解:教師には、キリストの福音とは、適切な投与の秘跡です。 For it is the duty of the ministers to gather together an assembly for worship in which to expound God's Word and to apply the whole doctrine to the care and use of the Church, so that what is taught may benefit the hearers and edify the faithful.それは、義務のため、閣僚の組立をするために集まって礼拝堂で神の言葉を解説すると、全体の法理を適用して使用するには、教会のケアは、何が教えられたように耳をかすと、 5月の利益の忠実なedify 。 It falls to ministers, I say, to teach the ignorant, and to exhort; and to urge the idlers and lingerers to make progress in the way of the Lord.それを閣僚の滝は、私の意見は、無知を教えるのは、熱心に勧めるとして;とlingerersを促すと、遊民の道の進捗状況を作るの主です。 Moreover, they are to comfort and to strengthen the fainthearted, and to arm them against the manifold temptations of Satan; to rebuke offenders; to recall the erring into the way; to raise the fallen; to convince the gainsayers to drive the wolf away from the sheepfold of the Lord; to rebuke wickedness and wicked men wisely and severely; not to wink at nor to pass over great wickedness.しかも、彼らは憶病者に快適さとを強化し、そしてそれらを腕の悪魔の誘惑に反対マニホールド;犯罪者を叱責;を思い出し、人の道を踏み外したへの道;を高めるために倒れた; gainsayersを説得してドライブのオオカミから離れてが羊の主;邪悪を叱責すると邪悪な男と厳しく賢く;ウインクでもしていない偉大な邪悪を通り越す。 And, besides, they are to administer the sacraments, and to commend the right use of them, and to prepare all men by wholesome doctrine to receive them; to preserve the faithful in a holy unity; and to check schisms; to catechize the unlearned, to commend the needs of the poor to the Church, to visit, instruct, and keep in the way of life the sick and those afflicted with various temptations.そして、それに加えて、彼らは、秘跡を管理し、それらを使用する権利を称賛し、すべての男性を準備することによって健全な教義を受け取る;忠実さを保つのは、神聖な結束;や確認のため、 schisms ;無学を問答式で教えるは、貧しい人々のニーズを称賛してその教会は、を訪問し、指示し、その生き方をしておくと、これらの病気に苦しんでいる様々な誘惑。 In addition, they are to attend to public prayers or supplications in times of need, together with common fasting, that is, a holy abstinence; and as diligently as possible to see to everything that pertains to the tranquility, peace and welfare of the churches.また、彼らは公共の礼拝に出席したりする必要がありますsupplications時には、共通の断食とともに、それは、ある小斎;と同様に一生懸命を参照して可能な限りの平穏に関連するすべてのことは、平和と福祉のために教会。

But in order that the minister may perform all these things better and more easily, it is especially required of him that he fear God, be constant in prayer, attend to spiritual reading, and in all things and at all times be watchful, and by a purity of life to let his light to shine before all men.しかし長官は、 5月を実行するために、これらすべてのことをよりよく、そしてより簡単には、彼のことが特に必要として彼は神を恐れ、祈りれる定数では、精神的な読書に出席して、すべてのものとされると、常に気を配って、そしてさ純度せ、彼の人生に光を磨きする前にすべての男性です。

Discipline. And since discipline is an absolute necessity in the Church and excommunication was once used in the time of the early fathers, and there were ecclesiastical judgments among the people of God, wherein this discipline was exercised by wise and godly men, it also falls to ministers to regulate this discipline for edification, according to the circumstances of the time, public state, and necessity. 規律です。以来規律とは、絶対的な必要性は、教会とは、かつて使われて破門のときには早期の祖先は、教会の判断があったとは、神の民の中、どのようにして英明でられると、この規律は信心深い人が行使するが、それはまたフォールズこれを規制するための規律を教化閣僚は、その時の状況によると、公共の状態、および必要です。 At all times and in all places the rule is to be observed that everything is to be done for edification, decently and honorably, without oppression and strife.タイムズと、すべての場所ですべての規則が観察されることはすべてが行われるための啓発には、礼儀正しく、立派には、迫害や紛争なし。 For the apostle testifies that authority in the Church was given to him by the Lord for building up and not for destroying (II Cor. 10:8).使徒のために、教会の権威を証明していたし、主のために彼に与えられた建物を破壊するためではなく( ⅱうわっ。 10時08分) 。 And the Lord himself forbade the weeds to be plucked up in the Lord's field, because there would be danger lest the wheat also be plucked up with it (Matt. 13:29 f.).そして、主ご自身の雑草を禁じたのは、主に摘まれた最大のフィールドには、危険性があるので、小麦の輸出しないようにすることも可能撥( f. matt. 13時29分) 。

Even Evil Ministers Are To Be Heard. Moreover, we strongly detest the error of the Donatists who esteem the doctrine and administration of the sacraments to be either effectual or not effectual, according to the good or evil life of the ministers. 悪にも閣僚が聞こえてきた。また、エラーが発生することを強く嫌悪するのは、尊敬donatistsの教義や管理者の秘跡を効果的にどちらかの効果的かどうかは、いいか悪い人生によると、閣僚のです。 For we know that the voice of Christ is to be heard, though it be out of the mouths of evil ministers; because the Lord himself said: "Practice and observe whatever they tell you, but not what they do" (Matt. 23:3).知っていることを我々は、キリストの声を聞いたが、それが悪の閣僚のうち、口;ためによると、主ご自身: "何でも教えて観察する練習とは、どのようなことはない" ( matt. 23 : 3 ) 。 We know that the sacraments are sanctified by the institution and the word of Christ, and that they are effectual to the godly, although they be administered by unworthy ministers.我々は知っていたか神聖化される秘跡は、キリストの言葉や教育機関、および有効にして、信仰心の厚い彼らは、彼らによって投与されるにもかかわらず閣僚値しない。 Concerning this matter, Augustine, the blessed servant of God, many times argued from the Scriptures against the Donatists.この件に関しては、アウグスティヌスは、神の祝福の使用人のは、何度も主張したのに対して、聖書からdonatists 。

Synods. Nevertheless, there ought to be proper discipline among ministers. synods 。にもかかわらず、適切な規律を設けるべきれる閣僚のうちです。 In synods the doctrine and life of ministers is to be carefully examined. synodsの教義では、閣僚との生活を慎重に検討される。 Offenders who can be cured are to be rebuked by the elders and restored to the right way, and if they are incurable, they are to be deposed, and like wolves driven away from the flock of the Lord by the true shepherds.犯罪者に叱責を受けることができますが治るとされる年長者の権利を回復する方法、および不治の場合は、かれらは退陣される、とのようなオオカミの群れから離れて駆動される真の羊飼いの主です。 For, if they be false teachers, they are not to be tolerated at all.は、もし彼らが虚偽の教師は、かれらに許されないですべてではない。 Neither do we disapprove of ecumenical councils, if they are convened according to the example of the apostles, for the welfare of the Church and not for its destruction.どちらも私たちのエキュメニカル協議会が承認されない場合は、招集によると、例の使徒は、その教会の福利のためではなく、破壊した。

The Worker Is Worthy of His Reward. All faithful ministers, as good workmen, are also worthy of their reward, and do not sin when they receive a stipend, and all things that be necessary for themselves and their family. 労働者の報酬は、彼の価値があるのです。すべての忠実な閣僚は、良い労働者として、彼らの報酬も価値があるとし、罪のない給付金を受け取るときには、すべてのことを、自らの魂とその家族のために必要である。 For the apostle shows in I Cor., ch.うわっ、私は、使徒を示しています。 、チャンネルです。 9, and in I Tim., ch. 9 、そして、私のティム。 、チャンネルです。 5, and elsewhere that these things may rightly be given by the Church and received by ministers. 5 、およびこれらのものが別の場所に指定される可能性を正しく受信された教会や閣僚です。 The Anabaptists, who condemn and defame ministers who live from their ministry are also refuted by the apostolic teaching.そのanabaptists 、閣僚に住む人からの非難や中傷部は、彼らのローマ教皇の指導にも反論した。

Chapter 19 - Of the Sacraments of the Church of Christ 19章-は、キリスト教会の秘跡

The Sacraments [Are] Added to the Word and What They Are. From the beginning, God added to the preaching of his Word in his Church sacraments or sacramental signs. の秘跡[は]追加している単語とは何です。先頭からは、神の言葉を追加して自分で自分の教会の説教の秘跡や聖礼典の兆しだ。 For thus does all Holy Scripture clearly testify.このようにすべての教典を明確に証言した。 Sacraments are mystical symbols, or holy rites, or sacred actions, instituted by God himself, consisting of his Word, of signs and of things signified, whereby in the Church he keeps in mind and from time to time recalls the great benefits he has shown to men; whereby also he seals his promises, and outwardly represents, and, as it were, offers unto our sight those things which inwardly he performs for us, and so strengthens and increases our faith through the working of God's Spirit in our hearts.秘跡は、神秘的なシンボル、または神聖な儀式は、神聖な行動や、自分自身によって設立された神は、彼の言葉で構成さは、物事の兆しとの意味で、彼は常に、教会を念頭に置いて、リコールをいつでも彼には、偉大な恩恵に示すを男性;何も彼は彼の約束を封印し、外見上は、とは、言ってみれば、我々のオファーかれ内心光景を越えるものを行うために彼は私たち、そして私たちの信仰を向上させる力を強化するための作業を通して、神はわたしたちの心の精神です。 Lastly, he thereby distinguishes us from all other people and religions, and consecrates and binds us wholly to himself, and signifies what he requires of us.最後に、彼はそれと区別する他のすべての人々や宗教より私たちは、私たちにバインドするとconsecratesと完全に自分自身は、彼が必要と私たちは何を意味する。

Some Are Sacraments of the Old, Others of the New, Testaments. Some sacraments are of the old, others of the new, people. いくつかの秘跡のは、古い、他の新しい、 testaments 。秘跡には、いくつかの古い、他の新しい、人々です。 The sacraments of the ancient people were circumcision, and the Paschal Lamb, which was offered up; for that reason it is referred to the sacrifices which were practiced from the beginning of the world.秘跡は、古代の人々は、割礼は、復活祭の子羊とは、提供されたアップ;そのために犠牲を払うことが言及されたのは、世界の初めから練習をします。

The Number of Sacraments of the New People. The sacraments of the new people are Baptism and the Lord's Supper. 秘跡の数は、新たな人々です。秘跡は、新しい人々は、バプテスマと主の夕食。 There are some who count seven sacraments of the new people.いくつかありますが、人の数は、 7つの秘跡新たな人々です。 Of these we acknowledge that repentance, the ordination of ministers (not indeed the papal but apostolic ordination), and matrimony are profitable ordinances of God, but not sacraments.これらの後悔を認めるものと我々は、聖職叙任の閣僚(実際には、ローマ法王がローマ教皇の聖職叙任)は、結婚とは、神の収益条例は、秘跡はない。 Confirmation and extreme unction are human inventions which the Church can dispense with without any loss, and indeed, we do not have them in our churches.終油の秘跡を確認すると、教会のことは、人間の発明をどのような損失もなしで済ますことなく、そして実際に、我々は彼らに私たちの教会はありません。 For they contain some things of which we can by no means approve.彼らのためにいくつかのものが含まれることを承認するものではない。 Above all we detest all the trafficking in which the Papists engage in dispensing the sacraments.上記のすべての我々のすべての嫌で、人身売買の秘跡papists調剤に従事する。

The Author of the Sacraments. The author of all sacraments is not any man, but God alone. 作者の秘跡。 、作者のすべての秘跡どんな男ではないが、神の一人だ。 Men cannot institute sacraments.男性研究所の秘跡することはできません。 For they pertain to the worship of God, and it is not for man to appoint and prescribe a worship of God, but to accept and preserve the one he has received from God.彼らのためにつきものである神を崇拝し、男を任命することではないと処方するために、神を崇拝するが、 1つの維持を受け入れると彼は神から受け取った。 Besides, the symbols have God's promises annexed to them, which require faith.それに加えて、そのシンボルが神の約束を併合して、信仰を必要とします。 Now faith rests only upon the Word of God; and the Word of God is like papers or letters, and the sacraments are like seals which only God appends to the letters.今すぐ信仰する神のみことばにのみ置き;とは、神のみことばのような書類や手紙、そしてアザラシの秘跡はどのような文字を付加される神のみです。

Christ Still Works in Sacraments. And as God is the author of the sacraments, so he continually works in the Church in which they are rightly carried out; so that the faithful, when they receive them from the ministers, know that God works in his own ordinance, and therefore they receive them as from the hand of God; and the minister's faults (even if they be very great) cannot affect them, since they acknowledge the integrity of the sacraments to depend upon the institution of the Lord. キリストの秘跡まだ工事中です。とは、神の作者としての秘跡ので、彼は、教会の中で絶えず作品を正しく実施されている;ように忠実には、かれらからの閣僚を受け取るときに、その神は知っている彼の作品独自の条例では、それらを受信してから、神の手として;と大臣の欠点(彼らが非常に大きい場合でも)かれらに影響を与えることはできませんので、整合性を認めるの秘跡機関には、主に左右されます。

The Author and the Ministers of the Sacraments To Be Distinguished. Hence in the administration of the sacraments they also clearly distinguish between the Lord himself and the ministers of the Lord, confessing that the substance of the sacraments is given them by the Lord, and the outward signs by the ministers of the Lord. 著者は、閣僚の秘跡と区別される。したがって、政権の秘跡を明確に区別することも、主ご自身との閣僚は、主に、告白して、物質の秘跡では、かれらの主を与えられた、と外側への標識された閣僚は、主です。

The Substance or Chief Thing in the Sacraments. But the principle thing which God promises in all sacraments and to which all the godly in all ages direct their attention (some call it the substance and matter of the sacraments) is Christ the Savior--that only sacrifice, and the Lamb of God slain from the foundation of the world; that rock, also, from which all our fathers drank, by whom all the elect are circumcised without hands through the Holy Spirit, and are washed from all their sins, and are nourished with the very body and blood of Christ unto eternal life. 主なものは、その物質または秘跡です。しかし、神の約束を原則的にすべてのものをすべての秘跡と信仰心の厚い直接自分の目ですべての年齢層(いくつかの物質と呼ぶことに問題は、秘跡)は、キリストの救い主-その犠牲にのみ、神の子羊と、殺害された同財団は、世界から;その岩は、また、すべての祖先を飲んだから、選出されたすべての人が手に割礼をせずに、聖霊を通して、彼らとは、全ての罪を洗ってから、とは、血液中の栄養状態が良くないと非常にキリストの体と永遠の命かれています。

The Similarity and Difference in the Sacraments of Old and New Peoples. Now, in respect of that which is the principal thing and the matter itself in the sacraments, the sacraments of both peoples are equal. 秘跡の類似点と相違は、古さと新しさの人々です。さて、尊重していることが主なものとは、物質自体の秘跡は、秘跡の両方の人々が等しい。 For Christ, the only Mediator and Savior of the faithful, is the chief thing and very substance of the sacraments in both; for the one God is the author of them both.キリストのためには、救い主のみとの仲介役を忠実には、非常に物質とは、最高のものの両方の秘跡;ための1つの神は彼らの両方の作者である。 They were given to both peoples as signs and seals of the grace and promises of God, which should call to mind and renew the memory of God's great benefits, and should distinguish the faithful from all the religions in the world; lastly, which should be received spiritually by faith, and should bind the receivers to the Church, and admonish them of their duty.かれらは人々に与えられるように両方の兆候やアザラシの神の恵みと約束し、これは、新たに電話をかけると、メモリの心の神の偉大な恩恵は、より忠実とは区別し、世界のすべての宗教;最後に、どのしなければならない信仰によって精神的に受け取った、とは、受信者にバインドする教会は、彼らの義務と訓戒している。 In these and similar respects, I say, the sacraments of both people are not dissimilar, although in the outward signs they are different.これらのと似たような点で、私の意見は、双方の人々の秘跡異種ではない、外側の兆しにもかかわらず、彼らは違う。 And, indeed, with respect to the signs we make a great difference.そして、実際のところ、その兆候を尊重して我々を作る大きな違いだ。 For ours are more firm and lasting, inasmuch as they will never be changed to the end of the world.永続するために我々はもっとしっかりと、かれらは決して〜だけれども、この世の終わりに変更されました。 Moreover, ours testify that both the substance and the promise have been fulfilled or perfected in Christ; the former signified what was to be fulfilled.また、我々は、双方の証言の物質との約束が果たされたり、キリストの完成;元にはどのような意味が果たされる。 Ours are also more simple and less laborious, less sumptuous and involved with ceremonies.私たちは、もっとシンプルかつ少ない労力でも、あまり豪華な儀式とかかわっている。 Moreover, they belong to a more numerous people, one that is dispersed throughout the whole earth.しかも、彼らに所属して、より多くの人々は、 1つのことは、地球全体を通して分散した。 And since they are more excellent, and by the Holy Spirit kindle greater faith, a greater abundance of the Spirit also ensues.そして彼らはもっと優れて以来、心にポッと、より信頼される聖霊は、豊富な精神にも大きなensues 。

Our Sacraments Succeed the Old Which Are Abrogated. But now since Christ the true Messiah is exhibited unto us, and the abundance of grace is poured forth upon the people of The New Testament, the sacraments of the old people are surely abrogated and have ceased; and in their stead the symbols of the New Testament are placed--Baptism in the place of circumcision, the Lord's Supper in place of the Paschal Lamb and sacrifices. 我々の成功の古い秘跡が廃止。しかし今、キリストの真の救世主以来わたしたちは、展示され、豊富な恵みが注ぎに来たりする人々は、新約聖書、秘跡は、昔の人々は、本当に廃止してやんだ;そして、彼らの代わりに、新約聖書のシンボルが置か-洗礼割礼の場所では、夕食の代わりに、主の過ぎ越しの小羊と犠牲のです。

In What the Sacraments Consist. And as formerly the sacraments consisted of the word, the sign, and the thing signified; so even now they are composed, as it were, of the same parts. には、何の秘跡で構成されます。そしてかつての秘跡としてワードの内訳は、その兆候は、そのことを意味し;だから彼らは今でさえ構成は、言ってみれば、同一部品です。 For the Word of God makes them sacraments, which before they were not.は、神のみことばにしてください。秘跡、これまでかれらはない。 THE CONSECRATION OF THE SACRAMENTS.奉献の秘跡のです。 For they are consecrated by the Word, and shown to be sanctified by him who instituted them.彼らは聖体拝領された単語を、神聖化されたと表示される彼の人の設立してください。 To sanctify or consecrate anything to God is to dedicate it to holy uses; that is, to take it from the common and ordinary use, and to appoint it to a holy use.何かを浄化したりして、神にささげることには、神聖な用途にささげる;ことが、共通してかかることから、通常の使用、および使用を任命することが神聖です。 For the signs in the sacraments are drawn from common use, things external and visible.標識には、共通の中から選ばれたの秘跡を使用するには、外部と目に見えるものです。 For in baptism the sign is the element of water, and that visible washing which is done by the minister; but the thing signified is regeneration and the cleansing from sins.洗礼のための署名では、要素の水、およびその処理が行われるのが目に見える洗濯大臣;しかし、そのことを意味は、罪からの再生とクレンジングです。 Likewise, in the Lord's Supper, the outward sign is bread and wine, taken from things commonly used for meat and drink; but the thing signified is the body of Christ which was given, and his blood which was shed for us, or the communion of the body and blood of the Lord.同様に、主の夕食では、パンやワインの外側へのサインが、物事から取ら肉や酒を飲むためによく使われる;しかし、そのことを意味は、キリストの体に指定された、と彼は我々の血された小屋や、聖体拝領体とは、血液中の主です。 Wherefore, the water, bread, and wine, according to their nature and apart from the divine institution and sacred use, are only that which they are called and we experience.何のためには、水、パン、そしてワインによると、彼らは神の本質とは別に神聖な機関を使用すると、それだけは、彼らは我々の経験と呼ばれています。 But when the Word of God is added to them, together with invocation of the divine name, and the renewing of their first institution and sanctification, then these signs are consecrated, and shown to be sanctified by Christ.しかし、そのときには、神のみことばに追加して、呼び出しは、神の名とともに、彼らの最初の機関との更新と清浄化、そしてこれらの標識は、聖体拝領し、表示されるキリストの神聖化された。 For Christ's first institution and consecration of the sacraments remains always effectual in the Church of God, so that those who do not celebrate the sacraments in any other way than the Lord himself instituted from the beginning still today enjoy that first and all-surpassing consecration.キリストのための最初の機関と奉献の秘跡は、教会の遺跡常に神の効果的なので、祝っていない人たちの秘跡には他の方法よりも、主ご自身設立当初から今日享受して初めて、まだすべての奉献を抜いている。 And hence in the celebration of the sacraments the very words of Christ are repeated.そしてそのために、お祝いの言葉は、キリストの秘跡には、非常に繰り返した。

Signs Take Name of Things Signified. And as we learn out of the Word of God that these signs were instituted for another purpose than the usual use, therefore we teach that they now, in their holy use, take upon them the names of things signified, and are no longer called mere water, bread or wine, but also regeneration or the washing of water, and the body and blood of the Lord or symbols and sacraments of the Lord's body and blood. 名前の印を取ることを意味します。そして我々として神の言葉を学ぶことのうち、これらの標識を導入したもう一つの目的は、通常の使用よりも、そのために教えることを今我々は、彼らの神聖な使用では、かれらの名前を取ることを意味とは、もはや単なる水と呼ばれる、パンやワイン、または再生だけでなく、洗濯の水、そして、主の体と血の秘跡またはシンボルとは、主の体と血のです。 Not that the symbols are changed into the things signified, or cease to be what they are in their own nature.シンボルを変更していないことを意味する、または中止されるものでは、独自の性質です。 For otherwise they would not be sacraments.彼らはそれ以外の秘跡ではない。 If they were only the thing signified, they would not be signs.ことを意味していた場合にのみ、彼らの兆候ではない。

The Sacramental Union. Therefore the signs acquire the names of things because they are mystical signs of sacred things, and because the signs and the things signified are sacramentally joined together; joined together, I say, or united by a mystical signification, and by the purpose or will of him who instituted the sacraments. 労働組合の聖礼典。従って名前の印を身に付けることがあっても神秘的な兆候を神聖なものだから、そのための印と結ばれることを意味がsacramentally ;組み合わされた、私の意見は、神秘的な意義やユナイテッドされる、とされる彼の目的は、誰かの秘跡設立。 For the water, bread, and wine are not common, but holy signs.は、水、パン、ワインと共通ではないが、神聖な兆候だ。 And he that instituted water in baptism did not institute it with the will and intention that the faithful should only be sprinkled by the water of baptism; and he who commanded the bread to be eaten and the wine to be drunk in the supper did not want the faithful to receive only bread and wine without any mystery as they eat bread in their homes; but that they should spiritually partake of the things signified, and by faith be truly cleansed from their sins, and partake of Christ.そして彼は水でバプテスマを導入していないことは、研究所との意向を忠実に振りかけただけでは、水の洗礼;と彼は誰に命じ、パンを食べて酔っているとされるワインは、夕食にしたくはなかった忠実なパンとワインだけを受け取ることもなくミステリーとしてかれらはその家のパンを食べる;しかし、精神的に参加しなければならないことを意味し、信仰とされる真に罪を清めてから、キリストの参加です。

The Sects. And, therefore, we do not at all approve of those who attribute the sanctification of the sacraments to I know not what properties and formula or to the power of words pronounced by one who is consecrated and who has the intention of consecrating, and to other accidental things which neither Christ or the apostles delivered to us by word or example. この宗派です。とは、したがって、我々はすべての属性を承認している人の清浄化の秘跡を分かっていないのプロパティとは何かを公式に発音された言葉の力を1つには、誰が誰の意図と聖体拝領consecrating 、どちらも他の偶発的なものとしたり、キリストの使徒に配達された単語や私たちの例です。 Neither do we approve of the doctrine of those who speak of the sacraments just as common signs, not sanctified and effectual.どちらも承認することは、我々の教義の秘跡を話す人々と同じように共通の兆候はなく、神聖化と効果的です。 Nor do we approve of those who despise the visible aspect of the sacraments because of the invisible, and so believe the signs to be superfluous because they think they already enjoy the thing themselves, as the Messalians are said to have held.我々も承認することを軽蔑している人の目に見える側面の秘跡は、目に見えないので、これを信じるの兆候とされると思うので、余計なことを楽しむ彼ら自身すでに、しているといわれてmessaliansとして開かれた。

The Thing Signified Is Neither Included in or Bound to the Sacraments. We do not approve of the doctrine of those who teach that grace and the things signified are so bound to and included in the signs that whoever participate outwardly in the signs, no matter what sort of persons they be, also inwardly participate in the grace and things signified. その意味は、どちらも含まれることに縛られている、または秘跡です。我々の教義を承認しない人たちの恵みと、物事を教えることは非常に意味が含まれて印を束縛して、誰でも参加することは、外見上の兆候は、どんな並べ替えの人彼らには、恵みとも内心に参加することを意味しています。

However, as we do not estimate the value of the sacraments by the worthiness or unworthiness of the ministers, so we do not estimate it by the condition of those who receive them.しかし、我々としてはありませんの値を算出される価値の秘跡またはunworthinessの閣僚は、それを推定することはありませんので、それらの条件を受ける人たちです。 For we know that the value of the sacraments depends upon faith and upon the truthfulness and pure goodness of God.そのために我々の価値を知っているの秘跡かかっている時の誠実さと純粋な信仰と神の善良されます。 For as the Word of God remains the true Word of God, in which, when it is preached, not only bare words are repeated, but at the same time the things signified or announced in words are offered by God, even if the ungodly and unbelievers hear and understand the words yet do not enjoy the things signified, because they do not receive them by true faith; so the sacraments, which by the Word consist of signs and the things signified, remain true and inviolate sacraments, signifying not only sacred things, but, by God offering, the things signified, even if unbelievers do not receive the things offered.遺跡としては、神のみことばの真の神のみことばは、それは、ときに説教することは、むき出しの言葉が繰り返されるだけでなく、しかしそれと同時に、その意味や発表したものでは、提供されて、神の言葉は、たとえとんでもないと不信心な者の言葉を聞くと理解していないことを意味しないで楽しむのは、それらを受信していないため、真の信仰;ので、秘跡、どの単語で構成されることを意味兆候とは、いまだ破られていない真の秘跡とは、神聖な意味だけでなく、ものではなく、神の提供によって、そのことを意味は、不信心者を受信しない場合でも、物事を提供します。 This is not the fault of God who gives and offers them, but the fault of men who receive them without faith and illegitimately; but whose unbelief does not invalidate the faithfulness of God (Rom. 3:3 f.)この断層ではないとオファーして神の施しをする者は、しかし、断層の男たちの信仰を受けることなく、非嫡出子;しかし、不信心者の貞節を無効に神はない( f. rom. 3時03分)

The Purpose for Which Sacraments Were Instituted. Since the purpose for which sacraments were instituted was also explained in passing when right at the beginning of our exposition it was shown what sacraments are, there is no need to be tedious by repeating what once has been said. その目的のため設立された秘跡。以来、秘跡が設立目的を説明して渡すときにも、右の冒頭に示すことが我々の博覧会にはどのような秘跡は、単調で退屈される必要はないといわれて一度は何を繰り返す。 Logically, therefore, we now speak severally of the sacraments of the new people.論理的には、したがって、我々は、今すぐ秘跡個別に話す人々が新しい。

Chapter 20 - Of Holy Baptism第20章-洗礼式

The Institution of Baptism. Baptism was instituted and consecrated by God. 同機関の洗礼。洗礼と聖体拝領設立された神です。 First John baptized, who dipped Christ in the water in Jordan.最初のジョンバプテスマを受け、キリスト者は水の中で、ヨルダンに浸した。 From him it came to the apostles, who also baptized with water.彼から来たことを、使徒は、誰でも、水でバプテスマを受けています。 The Lord expressly commanded them to preach the Gospel and to baptize "in the name of the Father and of the Son and of the Holy Spirit" (Matt. 28:19).かれらに命じ、主の福音を説く明示的に洗礼を施すと"の名の下には、父と息子と聖霊は、 " ( matt. 28:19 ) 。 And in The Acts, Peter said to the Jews who inquired what they ought to do: "Be baptized every one of you in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins; and you shall receive the gift of the Holy Spirit" (Acts 2:37 f.).そして、その行為は、ピーターによると、ユダヤ人たちにどのような彼らがすべきことを尋ねた: "あなたによって、バプテスマを受けごとに1つのイエスキリストの名の下、お客様の様々な罪を赦し、なたがたは、聖霊の贈り物を受け取る" ( f.行為2時37分) 。 Hence by some baptism is called a sign of initiation for God's people, since by it the elect of God are consecrated to God.したがってバプテスマと呼ばれるいくつかの徴候を開始するために、神の人々は、それ以来の選出によって、神は、神の聖体拝領をした。

One Baptism. There is but one baptism in the Church of God; and it is sufficient to be once baptized or consecrated unto God. 洗礼の1つです。しかし、そこは、神の教会では、 1つの洗礼;とすることは十分に一度聖体拝領神バプテスマを受けたりします。 For baptism once received continues for all of life, and is a perpetual sealing of our adoption.続いて、すべての洗礼を受けたために一度の人生、そして私たちの養子縁組は永久の封止。

What it Means To Be Baptized. Now to be baptized in the name of Christ is to be enrolled, entered, and received into the covenant and family, and so into the inheritance of the sons of God; yes, and in this life to be called after the name of God; that is to say, to be called a son of God; to be cleansed also from the filthiness of sins, and to be granted the manifold grace of God, in order to lead a new and innocent life. どういうものかということによって、バプテスマを受けています。今すぐに、バプテスマを受け、キリストの名の下には、登録、入力、および受信契約や家族を、といったように、神の息子たちの相続;はい、そして、この人生にと呼ばれる神の名の後;これは、つまり、神の息子と呼ばれる;されるfilthinessから清めの罪でも、許可されると、神の恩寵マニホールド、リードするためには新たな生命と無実です。 Baptism, therefore, calls to mind and renews the great favor God has shown to the race of mortal men.洗礼は、したがって、心と更新を呼びかけて偉大な恩恵の神が人間に示すように、レースの男性です。 For we are all born in the pollution of sin and are the children of wrath.そのために我々はすべての汚染の罪で生まれた子供たちの怒りとは。 But God, who is rich in mercy, freely cleanses us from our sins by the blood of his Son, and in him adopts us to be his sons, and by a holy covenant joins us to himself, and enriches us with various gifts, that we might live a new life.しかし、神は、慈悲に富んでいる人は、私たちの罪から私たちを自由にさcleanses血液中の息子、そして私たちは彼に採用される彼の息子たちは、私たちとされる神聖な約束を自分自身に参加し、豊かで私たちをさまざまな贈り物は、その新しい人生を生きる私たちかもしれない。 All these things are assured by baptism.バプテスマによって、これらすべてのものは安心です。 For inwardly we are regenerated, purified, and renewed by God through the Holy Spirit; and outwardly we receive the assurance of the greatest gifts in the water, by which also those great benefits are represented, and, as it were, set before our eyes to be beheld.再生のため我々は内心、精製し、リニューアルされた聖霊を通して神;や外見上の保証を受けるの我々の最大の贈り物を水には、それらの偉大さにもメリットが表さ、とは、言ってみれば、我々の目の前に設定するbeholdの過去過去分詞される。

We Are Baptized with Water. And therefore we are baptized, that is, washed or sprinkled with visible water. 私たちは、水でバプテスマを受けています。だから私たちは、バプテスマを受け、それは、目に見える洗ったりして水を振りかけた。 For the water washes dirt away, and cools and refreshes hot and tired bodies.水の汚れを洗浄するためには、涼しくなると、暑くて疲れた身体をリフレッシュします。 And the grace of God performs these things for souls, and does so invisibly or spiritually.神の恵みと、これらのことを実行するための魂は、目に見えないようにしたり精神的にはこれです。

The Obligation of Baptism. Moreover, God also separates us from all strange religions and peoples by the symbol of baptism, and consecrates us to himself as his property. バプテスマの義務だ。しかも、神が私たちを分かつからでもすべての奇妙な宗教の象徴とされる人々の洗礼は、私たちが自分自身とconsecratesとしての彼の財産です。 We, therefore, confess our faith when we are baptized, and obligate ourselves to God for obedience, mortification of the flesh, and newness of life.我々は、したがって、我々の信仰を告白するときに我々は、バプテスマを受けて、神のために自分自身を服従させる義務を負わせる、苦行、そして人生の新しされます。 Hence, we are enlisted in the holy military service of Christ that all our life long we should fight against the world, Satan, and our own flesh.従って、我々は、神聖な兵役の依頼で、キリストは、すべて私たちの生活を長くしなければならないとの闘いの世界では、悪魔は、私たち自身の肉体とします。 Moreover, we are baptized into one body of the Church, that with all members of the Church we might beautifully concur in the one religion and in mutual services.また、我々は1つのボディにバプテスマを受け、教会は、教会のすべてのメンバーにしてきれいに同意するかもしれないが、我々の宗教とは相互のサービスの1つです。

The Form of Baptism. We believe that the most perfect form of baptism is that by which Christ was baptized, and by which the apostles baptized. バプテスマの形です。私たちは、最も完璧な形では、キリストの洗礼されるのは、バプテスマを受け、バプテスマを受け、使徒とされる。 Those things, therefore, which by man's device were added afterwards and used in the Church we do not consider necessary to the perfection of baptism.そういったことが、したがって、どのデバイスが追加された男のその後や教会で使用されていないことを考慮する必要があるの洗礼の完成です。 Of this kind is exorcism, the use of burning lights, oil, salt, spittle, and such other things as that baptism is to be celebrated twice every year with a multitude of ceremonies.この種のは、悪魔払い、燃焼ライトの使用は、油、塩、唾は、他のこととして、そのようなことは、洗礼を毎年2倍に祝われる多数の儀式です。 For we believe that one baptism of the Church has been sanctified in God's first institution, and that it is consecrated by the Word and is also effectual today in virtue of God's first blessing.と私たちは信じ洗礼のための1つの教会で神聖化されて、神の最初の教育機関、および聖体拝領されることが効果的な言葉とは、今日でも、神の最初の祝福の美徳だ。

The Minister of Baptism. We teach that baptism should not be administered in the Church by women or midwives. 大臣の洗礼。我々の洗礼を教えることはできませんが、教会の投与された女性や助産師です。 For Paul deprived women of ecclesiastical duties, and baptism has to do with these.ポールの教会の職務を奪われた女性、およびこれらの洗礼に同意しなければなりません。

Anabaptists. We condemn the Anabaptists, who deny that newborn infants of the faithful are to be baptized. anabaptists 。 anabaptists我々を非難し、誰を否定することは、新生児を忠実には、バプテスマを受けています。 For according to evangelical teaching, of such is the Kingdom of God, and they are in the covenant of God.福音派の指導のためによると、このような神の王国は、と彼らは、神の約束だ。 Why, then, should the sign of God's covenant not be given to them?なぜ、その後、その兆候は、神の約束をしていないことが必要ですか? Why should those who belong to God and are in his Church not be initiated by holy baptism?なぜ人々は神に属していないとは、彼の教会の洗礼式に初期化されるか? We condemn also the Anabaptists in the rest of their peculiar doctrines which they hold contrary to the Word of God. anabaptistsを非難するのは、我々も彼らの特異な教説の残りの部分では逆に彼らを開く神のみことばです。 We therefore are not Anabaptists and have nothing in common with them.従って我々 anabaptistsではないとの共通点は何もないしている。

Chapter 21 - Of the Holy Supper of the Lord 21章-は、神聖な夕食の主

The Supper of the Lord. The Supper of the Lord (which is called the Lord's Table, and the Eucharist, that is, a Thanksgiving), is, therefore, usually called a supper, because it was instituted by Christ at his last supper, and still represents it, and because in it the faithful are spiritually fed and given drink. 夕食は、主に、夕食は、主に(これは、主のテーブルと呼ばれる、との聖体、それは、感謝祭)は、したがって、通常の夕食と呼ばれ、キリストによって設立されたため、それは彼の最後の晩餐で、そしてまだそれを表すため、そして、それに忠実では、精神的に育てられたと飲み物を与えています。

The Author and Consecrator of the Supper. For the author of the Supper of the Lord is not an angel or any man, but the Son of God himself, our Lord Jesus Christ, who first consecrated it to his Church. 奉献者は、作者との夕食。著者は、夕食のために、主の天使または任意の男ではないが、神の御子自身は、わたしたちの主イエスキリストは、それを自分たちの教会の最初の聖体拝領。 And the same consecration or blessing still remains along all those who celebrate no other but that very Supper which the Lord instituted, and at which they repeat the words of the Lord's Supper, and in all things look to the one Christ by a true faith, from whose hands they receive, as it were, what they receive through the ministry of the ministers of the Church.奉献と同じかは依然として祝福に沿って、他のすべての人たちが非常に祝う夕食を設立、主は、これとは、かれらの言葉を繰り返して、主の夕食は、すべてのものに目を向けるとは、 1つのキリストの真の信仰によって、彼らの手から受け取るのは、言ってみれば、彼らは何を受け取るの閣僚を通じて同省は、教会です。

A memorial of God's Benefits. By this sacred rite the Lord wishes to keep in fresh remembrance that greatest benefit which he showed to mortal men, namely, that by having given his body and shed his blood he has pardoned all our sins, and redeemed us from eternal death and the power of the devil, and now feeds us with his flesh, and give us his blood to drink, which, being received spiritually by true faith, nourish us to eternal life. 記念碑の神の利点があります。この神聖な儀式を、主の願いを新たにしておくことの最大の利点英霊を見せた彼は人間の男性で、すなわち、それによって与えられた自分の体のことや血液中の彼は、自分の小屋恩赦に浴する私たちの罪をすべて、私たちと換金永遠の死から、悪魔の力とは、私たちが彼の肉体のフィードそして今、彼の血液を提供してくれる酒を飲むと、これは、精神的に受信され真の信仰は、私たちに永遠の命を養う。 And this so great a benefit is renewed as often as the Lord's Supper is celebrated.そして、このように大きなメリットがリニューアルできるだけ頻繁には、主の夕食を祝いました。 For the Lord said: "Do this in remembrance of me."これは、主によると: "私はこれを記憶に留めている。 " This holy Supper also seals to us that the very body of Christ was truly given for us, and his blood shed for the remission of our sins, lest our faith should in any way waver.この神聖な夕食にも、私たちにとっては、非常にアザラシキリストの体は本当に私たちのために与えられる、と彼は、血液中の上屋私たちの罪を寛解のは、我々の信仰は、いかなる意味においてもしないようにぐらつく。

The Sign and Thing Signified. And this is visibly represented by this sacrament outwardly through the ministers, and, as it were, presented to our eyes to be seen, which is invisibly wrought by the Holy Spirit inwardly in the soul. 署名し、意味のことです。目に見えており、これが、この聖餐式によって表される閣僚を通じて、表向きは、とは、言ってみれば、我々の目に提示されると見られる、これは目に見えないように、聖霊によってもたらされた内心の魂です。 Bread is outwardly offered by the minister, and the words of the Lord are heard: "Take, eat; this is my body"; and, "Take and divide among you. Drink of it, all of you; this is my blood."パン長官は、表向きは提供されており、主の御言葉は、聞いた: "を取る、食べる;これは私の体" ;とは、 "あなたを取るとの間で分割する。飲むことは、すべての場合、これは私の血液です。 " Therefore the faithful receive what is given by the ministers of the Lord, and they eat the bread of the Lord and drink of the Lord's cup.したがって、忠実には、与えられたものを受け取るの閣僚は、主よ、かれらは、主のパンを食べたり飲んだりするのは、主のカップです。 At the same time by the work of Christ through the Holy Spirit they also inwardly receive the flesh and blood of the Lord, and are thereby nourished unto life eternal.それと同時に、キリストの働きを通して、聖霊を受けることも、生身の人間の内心の主は、かれの人生とは永遠に栄養状態が良くない。 For the flesh and blood of Christ is the true food and drink unto life eternal; and Christ himself, since he was given for us and is our Savior, is the principal thing in the Supper, and we do not permit anything else to be substituted in his place.キリストのためには、生身の人間の真の食べ物と飲み物をかれ永遠の生命;とキリスト自身は、彼は私たちのために与えられるとは、私たちの救い主、夕食では、校長こと、そしてそれ以外のことは許可されません置換される彼の場所です。

But in order to understand better and more clearly how the flesh and blood of Christ are the food and drink of the faithful, and are received by the faithful unto eternal life, we would add these few things.しかし、よりよく、そしてより明確に理解するためにはどのようには、生身の人間の食べ物と飲み物をキリストの忠実な、と受け取られたことを忠実には、永遠の命かれは、我々は、これらのいくつか追加することができる。 There is more than one kind of eating.そこは、 2つ以上の種類を食べている。 There is corporeal eating whereby food is taken into the mouth, is chewed with the teeth, and swallowed into the stomach.肉体的には何を食べて口の中に食べ物が考慮して、歯には、打ちのめされた、と胃に飲み込まれる。 In times past the Capernaites thought that the flesh of the Lord should be eaten in this way, but they are refuted by him in John, ch.タイムズcapernaites思考では、過去の肉を食べては、主にこのようにしなければならないが、彼らは彼には反論したジョンは、チャンネルです。 6. 6 。 For as the flesh of Christ cannot be eaten corporeally without infamy and savagery, so it is not food for the stomach.キリストの肉用として、肉体的にせずに食べられることはできません醜行と野蛮なので、食べ物を胃ではない。 All men are forced to admit this.すべての人を強制的には、これを認める。 We therefore disapprove of that canon in the Pope's decrees, Ego Berengarius (De Consecrat., Dist. 2).従って、我々は賛成できないことで、法王の政令キヤノン、自我berengarius (デconsecrat 。 、 distのです。 2 ) 。 For neither did godly antiquity believe, nor do we believe, that the body of Christ is to be eaten corporeally and essentially with a bodily mouth.古代の神々しいと思われるためにはどちらも、また私たちを信じることは、キリストの体は、肉体的には、本質的に食べて口の中で、肉体的です。

Spiritual Eating of the Lord. There is also a spiritual eating of Christ's body; not such that we think that thereby the food itself is to be changed into spirit, but whereby the body and blood of the Lord, while remaining in their own essence and property, are spiritually communicated to us, certainly not in a corporeal but in a spiritual way, by the Holy Spirit, who applies and bestows upon us these things which have been prepared for us by the sacrifice of the Lord's body and blood for us, namely, the remission of sins, deliverance, and eternal life; so that Christ lives in us and we live in him, and he causes us to receive him by true faith to this end that he may become for us such spiritual food and drink, that is, our life. 食べるのは、主に精神的です。にも精神的にはキリストの体を食べる;しないように我々は、それ自体は、食品の精神に変更されるが、血液中では、身体とは、主には、本質的に、自分の中に残っていると財産は、精神的に伝えられて、私たちは、確かではないが、肉体的精神的な方法で、聖霊によって、わたしたちに適用されます。 bestowsこれらのものとされてきた私たちのために準備さを犠牲にし、主のために私たちの体や血液、すなわち、その罪の赦し、救出し、永遠の生命;キリストに住んでいるので、我々と我々に住んでいる彼は、私たちの原因を受け取ると彼は真の信仰によって彼が彼の最後になるかもしれないため、このような精神的な食べ物と飲み物を私たちは、それは、私たちの生活です。

Christ as Our Food Sustains Us in Life. For even as bodily food and drink not only refresh and strengthen our bodies, but also keeps them alive, so the flesh of Christ delivered for us, and his blood shed for us, not only refresh and strengthen our souls, but also preserve them alive, not in so far as they are corporeally eaten and drunken, but in so far as they are communicated unto us spiritually by the Spirit of God, as the Lord said: "The bread which I shall give for the life of the world is my flesh" (John 6:51), and "the flesh" (namely what is eaten bodily) "is of no avail; it is the spirit that gives life" (v. 63). 私たちは、キリストとして私たちの生活を支える食品です。ためにも、肉体的な食べ物と飲み物を強化するだけでなく、私たちの遺体を更新して、続けて生きているだけでなく、キリストのため、配達用の肉私たちは、私たちと彼のために血を当てるだけでなく、リフレッシュや私たちの魂を強化し、それらを維持するだけでなく生きているのではなく、これまでのところ、肉体的に食べていると酔っぱらいとしてではなく、これまでのところとして伝えられているわたしたちの神の御霊によって精神的には、主によると: "わたしは、パンを生命を与えるために、世界は私の肉" (ジョン6時51分) 、そして"肉" (すなわち何が食べて身体) "は、役に立たない;ことは、人生の精神にあたえる" (対63 ) 。 And: "The words that I have spoken to you are spirit and life."そして: "という言葉は私の人生の精神とあなたが話されている。 "

Christ Received by Faith. And as we must by eating receive food into our bodies in order that it may work in us, and prove its efficacy in us--since it profits us nothing when it remains outside us--so it is necessary that we receive Christ by faith, that he may become ours, and he may live in us and we in him. キリストの信仰によって受け取った。しなければならないとされる食物を食べて私たちの遺体を受け取るために働くことがあります我々は、我々と証明しなければ効果がない-何もないので、私たちの利益の外には、依然として私たち-ので、それは必要なことキリストによって我々の信仰を受ける、と彼は我々になる、と彼は我々と我々に住んでいる可能性を示しています。 For he says: "I am the bread of life; he who comes to me shall not hunger, and he who believes in me shall never thirst" (John 6:35); and also, "He who eats me will live because of me . . . he abides in me, I in him" (vs. 57, 56).用と彼は言います: "私は、パンの生活;彼は空腹の人のものではないとなると私は、彼と私は信じている人は決して口渇" (ジョン6時35分) ;また、 "彼は私には、食べる人のために生きる私。 。 。彼はこれを遵守していいよ、私は彼に" (対57 、 56 ) 。

Spiritual Food. From all this it is clear that by spiritual food we do not mean some imaginary food I know not what, but the very body of the Lord given to us, which nevertheless is received by the faithful not corporeally, but spiritually by faith. 精神的な食品です。このことは明らかだからすべての霊的な食べ物を想像することはありませんいくつかの食品私が知らないことを意味するものではなく、非常に体を与え、私たちの主は、これは、受信されたにもかかわらず、肉体的に忠実ないが、精神的に信仰された。 In this matter we follow the teaching of the Savior himself, Christ the Lord, according to John, ch.この件に関する我々の指導に従い、自分自身の救い主、主キリストによると、ジョンは、チャンネルです。 6. 6 。

Eating Necessary for Salvation. And this eating of the flesh and drinking of the blood of the Lord is so necessary for salvation that without it no man can be saved. 救済のために必要な食べている。そして、この肉を食べたり飲んだりするのは、血液中には、救いの主は、そのために必要なことは誰にせずに保存することができます。 But this spiritual eating and drinking also occurs apart from the Supper of the Lord, and as often and wherever a man believes in Christ.しかし、これも精神的な食べたり飲んだりするのが発生するのは別に、夕食の主は、しばしば、どこと一人の男としてのキリストを信じている。 To which that sentence of St. Augustine's perhaps applies: "Why do you provide for your teeth and your stomach? Believe, and you have eaten."その文章をおそらく聖アウグスティヌスの適用: "どうしてそんなことをして胃を提供し、お客様の歯とは?信じ、そしてあなたが食べている。 "

Sacramental Eating of the Lord. Besides the higher spiritual eating there is also a sacramental eating of the body of the Lord by which not only spiritually and internally the believer truly participates in the true body and blood of the Lord, but also, by coming to the Table of the Lord, outwardly receives the visible sacrament of the body and blood of the Lord. 聖礼典は、主に食べています。上述の高いにも精神的には、聖礼典の摂食を食べて、体の主とされるだけでなく、精神的には、内部的に参加して、真の信者真に体とは、主に血液が、また、来てこの表は、主には、外見上、目に見える聖餐式のボディを受信すると、血液中の主です。 To be sure, when the believer believed, he first received the life-giving food, and still enjoys it.ていることを確認して、そのときに信奉者と信じて、彼は最初の生命を与える食物を受け取った、といまだにそれを楽しんでいる。 But therefore, when he now receives the sacrament, he does not receive nothing.しかし、そのため、聖餐式を受信するときに彼は今、彼は何も受け取っていない。 For he progresses in continuing to communicate in the body and blood of the Lord, and so his faith is kindled and grows more and more, and is refreshed by spiritual food.彼のために継続的に意思疎通が進行すると体内の血液は、主よ、だから彼の信仰とは大きく増えて点火し、食品とは、精神的にリフレッシュされます。 For while we live, faith is continually increased.私たちが生きている間は、信仰には絶えず増加している。 And he who outwardly receives the sacrament by true faith, not only receives the sign, but also, as we said, enjoys the thing itself.外見上、彼の人の真の信仰によって聖餐式を受け取るだけでなく、サインを受け取るだけでなく、我々としては、そのこと自体を楽しんでいます。 Moreover, he obeys the Lord's institution and commandment, and with a joyful mind gives thanks for his redemption and that of all mankind, and makes a faithful memorial to the Lord's death, and gives a witness before the Church, of whose body he is a member.しかも、彼は、主に従うの機関と命令し、うれしそうな心を与えてくれてありがとうと彼の償還して、全人類のために忠実で、主の死を記念して、証人と明記し、教会の前に、彼は、誰の死体メンバーです。 Assurance is also given to those who receive the sacrament that the body of the Lord was given and his blood shed, not only for men in general, but particularly for every faithful communicant, to whom it is food and drink unto eternal life.保証を与えられた者たちはまた聖餐を受けることは、主の体から血を与えられたと彼の小屋は、男性だけでなく、一般的に、特にごとに忠実な陪餐しかし、それは食べ物と飲み物を誰かれ永遠の命です。

Unbelievers Take the Sacrament to Their Judgment. But he who comes to this sacred Table of the Lord without faith, communicates only in the sacrament and does not receive the substance of the sacrament whence comes life and salvation; and such men unworthily eat of the Lord's Table. 聖餐を受ける不信心者に自分の判断だ。しかし、彼の人となると、この表は、主の神聖な信仰をせずに、通信するだけではないの秘跡を受けると、物質の聖餐式でwhence来る命と救い;などを食べるのは、主に男性のunworthily表。 Whoever eats the bread or drinks the cup of the Lord in an unworthy manner will be guilty of the body and blood of the Lord, and eats and drinks judgment upon himself (I Cor. 11:26-29).誰でもこのパンを食べたり、カップ1杯のお酒で、主にあるまじき態度は、有罪とされる血液の主体とし、判断を被ら食べると飲み物(私うわっ。 11:26-29 ) 。 For when they do not approach with true faith, they dishonor the death of Christ, and therefore eat and drink condemnation to themselves.アプローチをしていないときに真の信仰は、キリストの死に不渡り、それゆえに非難を食べたり飲んだりしています。

The Presence of Christ in the Supper. We do not, therefore, so join the body of the Lord and his blood with the bread and wine as to say that the bread itself is the body of Christ except in a sacramental way; or that the body of Christ is hidden corporeally under the bread, so that it ought to be worshipped under the form of bread; or yet that whoever receives the sign, receives also the thing itself. 夕食は、キリストの存在です。我々は、したがって、これに参加すると彼の体は、主に血液をしてパンとワインと言って、パン自体としては、キリストの体を除いては、聖礼典の方法;たりして肉体的には、キリストの体の下に隠されたパン、それでなければならないので、下のフォームに崇拝のパン;またはまだサインを受け取ることは誰でも、そのこと自体にも受け取る。 The body of Christ is in heaven at the right hand of the Father; and therefore our hearts are to be lifted up on high, and not to be fixed on the bread, neither is the Lord to be worshipped in the bread.キリストの体には、右手には、天国の父とされる従って我々の心は高く持ち上げて、固定してはならないとパンは、どちらも崇拝されるが、主にパンです。 Yet the Lord is not absent from his Church when she celebrates the Supper.だが、教会の主ではない彼の欠席の夕食時に彼女を祝う。 The sun, which is absent from us in the heavens, is notwithstanding effectually present among us.太陽が、これは私たちには、天からの不在は、私たちの間では、にもかかわらず手際良くプレゼントします。 How much more is the Sun of Righteousness, Christ, although in his body he is absent from us in heaven, present with us, nor corporeally, but spiritually, by his vivifying operation, and as he himself explained at his Last Supper that he would be present with us (John, chs. 14; 15; and 16).こちらは、太陽はどのくらいの正義、キリストは、自分の体にもかかわらず、彼は、天国で私たちを欠席し、現在、私たちは、肉体的にも、精神的には、彼のvivifying操作によって、彼自身と彼の最後の晩餐で説明したことを明らかに私たちにプレゼントして(ジョンは、 chs 。 14 、 15 、および16 ) 。 Whence it follows that we do not have the Supper without Christ, and yet at the same time have an unbloody and mystical Supper, as it was universally called by antiquity.それ以下の通りでwhenceないということですが、夕食なしで、キリストは、それにもかかわらずそれと同時に、神秘的な夕食を持って血に染まっていない、と呼ばれていた古代の普遍的です。

Other Purposes of the Lord's Supper. Moreover, we are admonished in the celebration of the Supper of the Lord to be mindful of whose body we have become members, and that, therefore, we may be of one mind with all the brethren, live a holy life, and not pollute ourselves with wickedness and strange religions; but, persevering in the true faith to the end of our life, strive to excel in holiness of life. 他の目的のためには、主の夕食です。また、私たちは警告を祝って、夕食は、主の体に留意して我々は会員になるだろうとし、したがって、我々の心を1つかもしれないのすべての同胞は、住んでいる神聖な生活を、そして自分自身を汚染していないと奇妙な邪悪な宗教;しかし、忍耐は、私たちの真の信仰を人生の終わりには、エクセルでホーリネスの生活に努力しています。

Preparation for the Supper. It is therefore fitting that when we would come to the Supper, we first examine ourselves according to the commandment of the apostle, especially as to the kind of faith we have, whether we believe that Christ has come to save sinners and to call them to repentance, and whether each man believes that he is in the number of those who have been delivered by Christ and saved; and whether he is determined to change his wicked life, to lead a holy life, and with the Lord's help to persevere in the true religion and in harmony with the brethren, and to give due thanks to God for his deliverance. 夕食のための準備がありますそのフィッティングして来て、私たちは夕食時には、まず自分自身を調べるの伝道者によると、命令は、特にそのような信仰を私たちは、キリストが来ていると思われるかどうかを私たち罪人を救うそしてそれらを呼び出すことを後悔して、それぞれの男とは考えているかどうかは、彼が持っている人は数で配信されたキリストにして保存され;と決意を変更するかどうかを彼は彼の邪悪な生活は、信仰生活を送るには、主としてのヘルプを間断調和して、真の宗教とは、兄弟、そしてを与えるために、神のおかげで彼の救出のためだ。

The Observance of the Supper with Both Bread and Wine. We think that rite, manner, or form of the Supper to be the most simple and excellent which comes nearest to the first institution of the Lord and to the apostles' doctrine. 夕食を遵守して、両方のパンとワインです。我々は、儀式は、形、またはフォームには、夕食についてくる、最もシンプルかつ優れた最寄りの最初の機関を主とし、使徒'ドクトリンです。 It consists in proclaiming the Word of God, in godly prayers, in the action of the Lord himself, and its repetition, in the eating of the Lord's body and drinking of his blood; in a fitting remembrance of the Lord's death, and a faithful thanksgiving; and in a holy fellowship in the union of the body of the Church.それは神のみことばに宣言は、信心深い祈りでは、主には、自分自身の行動、およびその繰り返しは、主に食べるのは、彼の体の血液や飲酒;フィッティングでは、主の死を追悼し、忠実な感謝祭;とは、神聖な交わりの本文には、労働組合の教会です。

We therefore disapprove of those who have taken from the faithful one species of the sacrament, namely, the Lord's cup.従って我々の不承認持っている人は、忠実な1つの種から取ったの聖餐式は、すなわち、その主のカップです。 For these seriously offend against the institution of the Lord who says: "Drink ye all of this"; which he did not so expressly say of the bread.これらの機関に対して真剣に怒りを買うためには、主に書かれています: "なたがたはこのすべての酒を飲む" ;どのように明示しなかったと言う彼は、パンです。

We are not now discussing what kind of mass once existed among the fathers, whether it is to be tolerated or not.私たちは、どのような議論を今していない大量の祖先のうち、かつて存在し、それはしているかどうかは許されない。 But this we say freely that the mass which is now used throughout the Roman Church has been abolished in our churches for many and very good reasons which, for brevity's sake, we do not now enumerate in detail.しかし、これを自由にして、私たちが言うには現在使用されて大量のカトリック教会が廃止されて、私たちの教会のための多くの理由が非常に良いとは、略しのために、我々は今を詳細に列挙します。 We certainly could not approve of making a wholesome action into a vain spectacle and a means of gaining merit, and of celebrating it for a price.確かに私たちを承認することができなかったの健全なアクションを無駄にする光景とメリットを獲得する手段とするのを祝うために価格を表示することです。 Nor could we approve of saying that in it the priest is said to effect the very body of the Lord, and really to offer it for the remission of the sins of the living and the dead, and in addition, for the honor, veneration and remembrance of the saints in heaven, etc.我々の可能性を承認すると言っても、それによると、住職は、非常に効果の本体は、主に、実際にそれを提供するためには、罪を寛解オブザリビングデッドとし、また、名誉のためには、尊敬の念と聖人は、天国の英霊等

Chapter 22 - Of Religious and Ecclesiastical Meetings第22 -宗教や教会のミーティング

What Ought To Be Done in Meetings for Worship. Although it is permitted all men to read the Holy Scriptures privately at home, and by instruction to edify one another in the true religion, yet in order that the Word of God may be properly preached to the people, and prayers and supplication publicly made, also that the sacraments may be rightly administered, and that collections may be made for the poor and to pay the cost of all the Church's expenses, and in order to maintain social intercourse, it is most necessary that religious or Church gatherings be held. ミーティングで行われる必要があるべき姿だとは何のために仕えていますが、それはすべての人を認め、聖書を読んでひそかに自宅では、命令をedifyとされた別の中の1つの真の宗教は、まだ神のみことばに注文して説教を適切かもしれないその人たちは、公然と祈りと懇願前には、しても当然かもしれない投与秘跡は、コレクションとしてなされるかもしれない貧しい人々のための費用を支払うことと、すべての教会の費用、および社会的な交わりを維持するために、それは最も宗教的に必要なことや教会の集会で開かれる。 For it is certain that in the apostolic and primitive Church, there were such assemblies frequented by all the godly.ためには、ローマ教皇のことは確実だと原始教会は、このような集会があったのすべての信仰心の厚い多い。

Meetings for Worship Not To Be Neglected. As many as spurn such meetings and stay away from them, despise true religion, and are to be urged by the pastors and godly magistrates to abstain from stubbornly absenting themselves from sacred assemblies. ミーティングをおろそかに仕えてはならない。スパーンヘッド数が多いほど、かれらから遠ざかっているようなミーティングとは、真の宗教を軽蔑し、牧師がされるよう求めたとされる神聖な治安判事を慎むこと自体頑強absenting神聖な議会からです。

Meetings Are Public. But Church meetings are not to be secret and hidden, but public and well attended, unless persecution by the enemies of Christ and the Church does not permit them to be public. ミーティングは、公共のです。しかし、教会のミーティングではないに隠された秘密とは、しかし、国民や手入れをしている場合を除き、敵に迫害されたキリスト教会ではないと認めているから公共です。 For we know how under the tyranny of the Roman emperors the meetings of the primitive Church were held in secret places.専制政治の下にいるかを知るためには、ローマ皇帝のミーティングは、原始教会の秘密の場所で行われました。

Decent Meeting Places. Moreover, the places where the faithful meet are to be decent, and in all respects fit for God's Church. まともな会議の場所です。しかも、その場所に忠実に会うのは、まともには、すべての点で、神の教会に適しています。 Therefore, spacious buildings or temples are to be chosen, but they are to be purged of everything that is not fitting for a church.したがって、広々とは、建物や寺院が選ばれるようにして、削除されるが、それらはすべてのことではないのは、教会に当てはめています。 And everything is to be arranged for decorum, necessity, and godly decency, lest anything be lacking that is required for worship and the necessary works of the Church.のために配置されると、すべてが礼儀作法には、必要性は、信心深い良識とは、何もしないように欠けることが要求されるために必要な作品を崇拝すると、その教会です。

Modesty and Humility To Be Observed in Meetings. And as we believe that God does not dwell in temples made with hands, so we know that on account of God's Word and sacred use places dedicated to God and his worship are not profane, but holy, and that those who are present in them are to conduct themselves reverently and modestly, seeing that they are in a sacred place, in the presence of God and his holy angels. つつましさと謙虚さをミーティングで観察される。そして我々としてはないと信じて神の前で両手を寺院に住んで、今我々が知っていることを神の言葉のアカウントを使用すると神聖な場所で神にささげられた不敬ではないと彼を崇拝するが、聖なる、そしてその人たちは、かれらの多くは存在自体を行うと控えめにうやうやしく、というのがわかると彼らは、神聖な場所では、神と神の存在は、神聖な天使。

The True Ornamentation of Sanctuaries. Therefore, all luxurious attire, all pride, and everything unbecoming to Christian humility, discipline and modesty, are to be banished from the sanctuaries and places of prayers of Christians. 保護区の真の装飾のです。したがって、すべての豪華な衣装をつけて、すべての誇りを持って、キリスト教とか、いろいろと謙虚に不似合いな、規律と慎み深さは、保護区から追放されると祈りのキリスト教徒の場所です。 For the true ornamentation of churches does not consist in ivory, gold, and precious stones, but in the frugality, piety, and virtues of those who are in the Church.装飾のための真の教会ではありませんから成る象牙、金、貴石と、しかし、倹約して、信心深さ、そして美徳は、教会の人たちは。 Let all things be done decently and in order in the church, and finally, let all things be done for edification.まともに行わせすべてのものとするためには、教会、そして最後に、すべてのものに行わせ教化のためです。

Worship in the Common Language. Therefore, let all strange tongues keep silence in gatherings for worship, and let all things be set forth in a common language which is understood by the people gathered in that place. 崇拝の共通言語です。従って、沈黙させておくのすべての奇妙な舌を崇拝集まり、ほっておくことが規定されて、すべての共通言語が理解され、その場所に集まった人々だ。

Chapter 23 - Of the Prayers of the Church, of Singing, and of Canonical Hours 23章-教会の祈りが、カンテは、時間とのカノニカル

Common Language. It is true that a man is permitted to pray privately in any language that he understands, but public prayers in meetings for worship are to be made in the common language known to all. 共通言語です。ことは事実だが認められて一人の男がひそかに祈るあらゆる言語を理解して彼が、国民のために祈りを崇拝される前にミーティングで知られているすべての言語で共通です。 PRAYER.祈りをささげる。 Let all the prayers of the faithful be poured forth to God alone, through the mediation of Christ only, out of faith and love.すべての祈りのように注ぎ来たりして、神の忠実なだけでは、キリストの仲介によってのみ、信仰と愛のうちです。 The priesthood of Christ the Lord and true religion forbid the invocation of saints in heaven or to use them as intercessors.聖職に就くキリストの真の宗教を主とすることを禁じて呼び出し、天国の聖人としてintercessorsまたはそれらを使用する。 Prayer is to be made for magistracy, for kings, and all that are placed in authority, for ministers of the Church, and for all needs of churches. magistrateの管轄される前には、祈りをささげるためには、王のために、すべての権限が置かれ、閣僚は、教会のために、そして、すべての教会のニーズです。 In calamities, especially of the Church, unceasing prayer is to be made both privately and publicly.災害で、特にその教会は、絶え間ない祈りは、公にされる前に、両方の非公開です。

Free Prayer. Moreover, prayer is to be made voluntarily, without constraint or for any reward. 無料で祈りをささげる。しかも、祈りがされる前に自発的に、あるいは何らかの制約なしに報いる。 Nor is it proper for prayer to be superstitiously restricted to one place, as if it were not permitted to pray anywhere except in a sanctuary.祈りをささげるためには、それも適切なsuperstitiouslyされる場所の1つに制限され、それが許されていないように祈っている場合を除いては、どこでも聖域です。 Neither is it necessary for public prayers to be the same in all churches with respect to form and time.どちらの祈りは、それを公共のために必要なすべての教会では、同じ形や時間を尊重しています。 Each Church is to exercise its own freedom.各教会では、独自の自由を行使した。 Socrates, in his history, says, "In all regions of the world you will not find two churches which wholly agree in prayer" (Hist. ecclesiast. V.22, 57).ソクラテスは、彼の履歴、氏は、 "世界のすべての地域では見つからない場合は、 2つの教会で祈りを完全に同意する" ( hist. ecclesiast 。 V.22用、 57 ) 。 The authors of this difference, I think, were those who were in charge of the Churches at particular times.作者は、この差は、私が思うに、人々が教会を担当していた時代を特定します。 Yet if they agree, it is to be highly commended and imitated by others.まだ同意すれば、それは非常に表彰されると真似されている。

The Method To Be Employed in Public Prayers. As in everything, so also in public prayers there is to be a standard lest they be excessively long and irksome. 公共の祈りの方法を採用されるなど 、すべては、公共のためにも祈りには、標準にしないようにして彼らに過度に長いとうんざりする。 The greatest part of meetings for worship is therefore to be given to evangelical teaching, and care is to be taken lest the congregation is wearied by too lengthy prayers and when they are to hear the preaching of the Gospel they either leave the meeting or, having been exhausted, want to do away with it altogether.ミーティングのための最大の部分を崇拝するためには、福音を教えることが与えられる、としないように気を取られるの信徒は、あまりにも疲れているときに長い祈りと説教は、福音を聞いて、彼らの会議室を残すかのどちらかで、疲れきっていた、やりたいことを完全に廃止する。 To such people the sermon seems to be overlong, which otherwise is brief enough.そのような人たちには長すぎると思われるような説教は、これ以外は、簡単な十分ではない。 And therefore it is appropriate for preachers to keep to a standard.したがってこれは、適切に保つために、標準の説教師です。

Singing. Likewise moderation is to be exercised where singing is used in a meeting for worship. 歌っている。同様に節度が行使される場所で使用されて歌うのは、会議のために仕えています。 That song which they call the Gregorian Chant has many foolish things in it; hence it is rightly rejected by many of our churches.彼らの歌をコールして、グレゴリオ聖歌には多くの愚かなことをして;したがって拒否されることは当然我々の多くは教会です。 If there are churches which have a true and proper sermon but no singing, they ought not to be condemned.教会がある場合にはどのような説教がない真実かつ適切歌って、彼らに非難しないようにするべきだ。 For all churches do not have the advantage of singing.すべての教会を歌うより有利な立場にはありません。 And it is well known from testimonies of antiquity that the custom of singing is very old in the Eastern Churches whereas it was late when it was at length accepted in the West.とすることはよく知られて古代からの証言して歌うことは、非常に古い習慣は、東方教会が遅くていた長されたときには西の方では受け入れています。

Canonical Hours. Antiquity knew nothing of canonical hours, that is, prayers arranged for certain hours of the day, and sung or recited by the Papists, as can be proved from their breviaries and by many arguments. カノニカル時間です。古代何もないのを知っていたカノニカル時間、つまり、祈りをささげるための特定の時間帯に配置し、成またはpapists読誦される、彼らからbreviariesとして立証できるとされた多くの引数です。 But they also have not a few absurdities, of which I say nothing else; accordingly they are rightly omitted by churches which substitute in their place things that are beneficial for the whole Church of God.しかし、いくつかの不条理を明らかにしていないことも、私は何も言わない方が他;したがって彼らは教会を正しく省略さの場所に置き換えることは、神の教会全体のために有益です。

Chapter 24 - Of Holy Days, Fasts and the Choice of Foods第24 -の聖なる日間、断食や食品の選択

The Time Necessary for Worship. Although religion is not bound to time, yet it cannot be cultivated and exercised without a proper distribution and arrangement of time. そのために必要な時間に仕えていますが、宗教ではない時間を束縛して、まだすることはできません。行使せずに適切な栽培や流通との時間を配置します。 Every Church, therefore, chooses for itself a certain time for public prayers, and for the preaching of the Gospel, and for the celebration of the sacraments; and no one is permitted to overthrow this appointment of the Church at his own pleasure.すべての教会は、したがって、特定の時間を選択するためには自身のために国民の祈りは、説教とは、福音のため、そして、お祝いのための秘跡;誰も許可して転覆し、この約束は、教会で、自分の喜びです。 For unless some due time and leisure is given for the outward exercise of religion, without doubt men would be drawn away from it by their own affairs.いくつかの理由がない限り、レジャーなどのための時間が与えられ、宗教の外側への運動は、疑いもなく男性が描かれたことによって、自分の業務から離れている。

The Lord's Day. Hence we see that in the ancient churches there were not only certain set hours in the week appointed for meetings, but that also the Lord's Day itself, ever since the apostles' time, was set aside for them and for a holy rest, a practice now rightly preserved by our Churches for the sake of worship and love. 主の日です。従って我々は、古代の教会を参照してくださいことがあった時に設定するだけでなく、特定の週の任命のための会合が、それ自体にも、主の日には、それ以来、使徒'時間は、かれらのために空けておくとは、神聖な残りは、正しく保存された今、練習のために私たちの教会の礼拝と愛です。

Superstition. In this connection we do not yield to the Jewish observance and to superstitions. 迷信。収率で、この接続をすることはありませんが、ユダヤ教の儀式と迷信。 For we do not believe that one day is any holier than another, or think that rest in itself is acceptable to God.そのために私たちの多くは信じないholierよりも1つの任意の日は別の、あるいはそれ自体が受け入れられると思うが、神の残りです。 Moreover, we celebrate the Lord's Day and not the Sabbath as a free observance.また、我々の主の日を祝う安息日としてではなく、自由な儀式だ。

The Festivals of Christ and the Saints. Moreover, if in Christian liberty the churches religiously celebrate the memory of the Lord's nativity, circumcision, passion, resurrection, and of his ascension into heaven, and the sending of the Holy Spirit upon his disciples, we approve of it highly. このお祭りは、キリストと聖人のです。また、その場合にはキリスト教の教会宗教的自由を祝うためには、主のメモリ生まれ、割礼、情熱、復活のは、彼の昇天を天国とし、送信時は、彼の弟子聖霊は、我々承認することを高く評価する。 But we do not approve of feasts instituted for men and for saints.しかし、我々の宴を承認しないために導入したと聖人の男性です。 Holy days have to do with the first Table of the Law and belong to God alone.神聖な日がしているとの最初のテーブルには、法の趣旨に所属して、神だけです。 Finally, holy days which have been instituted for the saints and which we have abolished, have much that is absurd and useless, and are not to be tolerated.最後に、神聖な日のために用意されて設立さ聖人と我々は廃止し、無駄がたくさんあることは、不条理とは、許容されることはありません。 In the meantime, we confess that the remembrance of saints, at a suitable time and place, is to be profitably commended to the people in sermons, and the holy examples of the saints set forth to be imitated by all.それまでの間、私たちの聖人の英霊を告白して、適切な時間と場所では、有利には、表彰される人々が説教しており、神聖な例については、聖人の真似をされるすべての定める。

Fasting. Now, the more seriously the Church of Christ condemns surfeiting, drunkenness, and all kinds of lust and intemperance, so much the more strongly does it commend to us Christian fasting. 断食です。今のところ、もっと真剣に非難のキリスト教会surfeiting 、酩酊し、すべての種類のintemperanceの欲望とは、そんなに強く、もっと称賛されないことに、私たちキリスト教の断食です。 For fasting is nothing else than the abstinence and moderation of the godly, and a discipline, care and chastisement of our flesh undertaken as a necessity for the time being, whereby we are humbled before God, and we deprive the flesh of its fuel so that it may the more willingly and easily obey the Spirit.断食は何もないため、他よりも控えめには、信心深い禁欲とは、規律とは、私たちの肉体のケアとせっかん着手する必要性としては、当面、 humbled私たちは、神の前では、我々の肉の燃料を奪うように喜んで、もっと簡単かもしれないとの精神に従う。 Therefore, those who pay no attention to such things do not fast, but imagine that they fast if they stuff their stomachs once a day, and at a certain or prescribed time abstain from certain foods, thinking that by having done this work they please God and do something good.したがって、このような人たちに注意を払うことはありませんない速いが、想像してみて自分の腹を速いものなら1日に1回、または所定の時間とは、特定の特定の食物を控える、と考えることで、この仕事を成し遂げたことを神にしてください。そして何か良いです。 Fasting is an aid to the prayers of the saints and for all virtues.断食は、聖人の祈りが援助を行うと、すべての美徳だ。 But as is seen in the books of the prophets, the fast of the Jews who fasted from food but not from wickedness did not please God.しかし、この本を見られるのは、預言者は、ユダヤ人たちは、ファーストフードから絶食はなく、神からの邪悪しなかったしてください。

Public and Private Fasting. Now there is a public and a private fasting. 公共と民間の断食です。しかし今では、公共と民間の断食です。 In olden times they celebrated public fasts in calamitous times and in the affliction of the Church.昔彼らは、断食を祝いました公共いたましいタイムズとは、苦難の教会です。 They abstained altogether from food till the evening, and spent all that time in holy prayers, the worship of God, and repentance.彼らは棄権した食品まで、夕方から完全には、その時点では、使用済みのすべての神聖な祈りは、神を崇拝するのは、後悔しています。 These differed little from mourning, and there is frequent mention of them in the Prophets and especially by Joel in Ch.これらの異論リトルより哀悼の意を、そしてかれらの中には頻繁に言及された預言者で、特にジョエルのチャンネルです。 2. 2 。 Such a fast should be kept at this day, when the Church is in distress.このような高速で保管しなければならないこの日、教会では、遭難時です。 Private fasts are undertaken by each one of us, as he feels himself withdrawn from the Spirit.民間の断食は、私たち一人一人による、と彼は感じて自分自身の精神から撤退。 For in this manner he withdraws the flesh from its fuel.彼は、この方法で、燃料から肉を担当します。

Characteristics of Fasting. All fasts ought to proceed from a free and willing spirit, and from genuine humility, and not feigned to gain the applause or favor of men, much less that a man should wish to merit righteousness by them. 断食の特徴です。すべての断食を続行すべきだと喜んで、自由の精神から、より本物の謙虚さと、偽りのない、または賛成の拍手喝采を得るための男性は、はるかに少ないことに、人は正義のメリットを希望されています。 But let every one fast to this end, that he may deprive the flesh of its fuel in order that he may the more zealously serve God.しかし、そのためには高速せごとに1つ、と彼は、人間の肉の燃料を奪うために、もっと熱心にして彼は神に仕えるかもしれません。

Lent. The fast of Lent is attested by antiquity but not at all in the writings of the apostles. レント。 、レントが証明された古代の断食ではなく、すべての記述は、使徒です。 Therefore it ought not, and cannot, be imposed on the faithful.したがってこれないはずだ、とすることはできません、その忠実に課せられています。 It is certain that formerly there were various forms and customs of fasting.それ以前はあったのは確かだが、さまざまな形や風習断食です。 Hence, Irenaeus, a most ancient writer, says: "Some think that a fast should be observed one day only, others two days, but others more, and some forty days. This diversity in keeping this fast did not first begin in our times, but long before us by those, as I suppose, who did not simply keep to what had been delivered to them from the beginning, but afterwards fell into another custom either through negligence or ignorance" (Fragm. 3, ed. Stieren, I. 824 f.).したがって、 irenaeus 、ほとんどの古代の作家、書かれています: "いくつかの高速しなければならないと思うが観測された1日のみ、他の2日間が、他の詳細、およびいくつかの40日後終了。この多様性を維持するこの高速しなかった私たちの第1回開始が、長い間我々の前にいる人々は、たぶん、単に維持していない人は何をしていた当初から配信さが、その後別のカスタムに落ちてしまったかのどちらかを介し過失無知" ( fragm. 3 、エド。 stieren 、私。 824 f. ) 。 Moreover, Socrates, the historian says: "Because no ancient text is found concerning this matter, I think the apostles left this to every man's own judgment, that every one might do what is good without fear or constraint" (Hist. ecclesiast. V.22, 40).また、ソクラテスは、歴史学者によれば: "古代のテキストのないことが判明したため、この件に関しては、この左側の使徒と思う万人向きとは自分の判断には、どのように行うのが良いかもしれませんごとに1つまたは制約を恐れず" ( hist. ecclesiast 。 v 0.22 、 40 ) 。

Choice of Food. Now concerning the choice of foods, we think that in fasting all things should be denied to the flesh whereby the flesh is made more insolent, and by which it is greatly pleased, and by which it is inflamed with desire whether by fish or meat or spices or delicacies and excellent wines. 食品の選択です。現在の選択に関する食品は、我々すべてのものだと思うの断食を否定しなければならないのでは、肉の肉は、もっと前に生意気な、とされることは非常に満足して、それが炎症を起こしたとされるかどうかを望む肉や魚や香辛料や珍味と素晴らしいワインです。 Moreover, we know that all the creatures of God were made for the use of service of men.また、すべての生き物のことが分かっているが、神の前に男性を使用するためのサービスです。 All things which God made are good, and without distinction are to be used in the fear of God and with proper moderation (Gen. 2:15 f.).神の前にすべてのものが良い、とを区別せずに使用されるのを恐れて神として適切な中庸( f.大将2時15分) 。 For the apostle says: "To the pure all things are pure" (Titus 1:15), and also: "Eat whatever is sold in the meat market without raising any question on the ground of conscience" (I Cor. 10:25).使徒のためによると: "全ての物事には、純粋な純粋な" (タイタス1時15分) 、そしてまた: "肉を食べることは何でも市場で売られて引き上げることなく、いかなる質問には、地上の良心" (私うわっ。 10:25 ) 。 The same apostle calls the doctrine of those who teach to abstain from meats "the doctrine of demons"; for "God created foods to be received with thanksgiving by those who believe and know this truth that everything created by God is good, and nothing is to be rejected if it is received with thanksgiving" (I Tim. 4:1 ff.).同じ教義を呼び出している人の使徒を慎むことを教える肉"悪魔のドクトリン" ;ための"神の感謝祭を作成して受信される食品を信仰し、この真実を知っていることすべてを神に作成されたのが良い、とは何もない否決されると感謝の気持ちを受け取った場合は、 " (私のティムです。 FFの午前4時01分です。 ) 。 The same apostle, in the epistle to the Colossians, reproves those who want to acquire a reputation for holiness by excessive abstinence (Col. 2:18 ff.).同じ使徒は、コロサイの信徒へのでは、 reprovesという評判を獲得しようとする人のための神聖さを過度に禁欲( FFの大佐2時18分です。 ) 。

Sects. Therefore we entirely disapprove of the Tatians and the Encratites, and all the disciples of Eustathius, against whom the Gangrian Synod was called. 宗派です。 tatians従って我々は、完全には賛成できないとencratites 、およびすべての弟子のエウスタティオス、 gangrian会議に反対の人がコールされます。

Chapter 25 - Of Catechizing and Comforting and Visiting the Sick 25章-の励みとc atechizingや病人を訪問

Youth To Be Instructed in Godliness. The Lord enjoined his ancient people to exercise the greatest care that young people, even from infancy, be properly instructed. 若さで神を敬うことを指示される。古代の人々は彼の主を加味して細心の注意をして若い人たちの運動は、幼児期からでも、適切に指示しています。 Moreover, he expressly commanded in his law that they should teach them, and that the mysteries of the sacraments should be explained.しかも、彼は彼の指揮法に明示しなければならないことを教えることは、謎の秘跡として説明しなければならない。 Now since it is well known from the writings of the Evangelists and apostles that God has no less concern for the youth of his new people, when he openly testifies and says: "Let the children come to me; for to such belongs the kingdom of heaven" (Mark 10:14), the pastors of the churches act most wisely when they early and carefully catechize the youth, laying the first grounds of faith, and faithfully teaching the rudiments of our religion by expounding the Ten Commandments, the Apostles' Creed, the Lord's Prayer, and the doctrine of the sacraments, with other such principles and chief heads of our religion.今からのことはよく知られて以来の記述は、使徒の伝道者とその神はあまり関心がない若者にとって、彼の新しい人々は、公然と証明したときと書かれています: "させてから、子供たちの話が来て;ためにこのような有天国" (マーク10:14 )は、教会の牧師は、賢く行動するときに最も早期かつ慎重に問答式で教えるの若者は、信仰の敷設の最初の根拠、そして忠実に教えることによって、我々の宗教の基礎expoundingの十戒、使徒'信条は、主の祈りは、その教義の秘跡とは、このような原則を他の宗教と私たちの頭のチーフです。 Here let the Church show her faith and diligence in bringing the children to be catechized, desirous and glad to have her children well instructed.ここで表示させてから、彼女の信仰を教会に持ち込むと、子供たちの勤勉されるcatechized 、願っているときいて、自分の子供たちが井戸に指示します。

The Visitation of the Sick. Since men are never exposed to more grievous temptations than when they are harassed by infirmities, are sick and are weakened by diseases of both soul and body, surely it is never more fitting for pastors of churches to watch more carefully for the welfare of their flocks than in such diseases and infirmities. 面会は、病気になるのです。以来の男性は決して誘惑にさらされるよりももっと悲惨な弱さに悩まされるときは、弱体化されたのは、病人や病気の両方の魂と体は、確かにそれは決してこちらの教会の牧師フィッティングをもっと慎重に見守る群れの幸福のために自分の弱さよりも、このような病気です。 Therefore let them visit the sick soon, and let them be called in good time by the sick, if the circumstance itself would have required it.したがってせているだけにアクセスしてすぐに病気になる、と呼ばせているだけで楽しい時間を過ごすされる病気は、それ自体が必要な場合は状況だ。 Let them comfort and confirm them in the true faith, and then arm them against the dangerous suggestions of Satan.快適させているだけだとは、真の信仰を確認して、それから腕に反対して危険な悪魔の提案です。 They should also hold prayer for the sick in the home and, if need be, prayers should also be made for the sick in the public meeting; and they should see that they happily depart this life.祈りを保持しなければならないの病気でも、ホームとは、必要とあれば、祈りのためにも、病気になる前には、公共の会議室;とうれしそうに出発しなければならないこと、この生活を参照してください。 We said above that we do not approve of the Popish visitation of the sick with extreme unction because it is absurd and is not approved by canonical Scriptures.我々は上記のことを承認することはありませんが、ローマカトリックの終油の秘跡を面接しているため、病気になることが承認された正準不条理と聖書ではない。

Chapter 26 - Of the Burial of the Faithful, and of the Care To Be Shown for the Dead; of Purgatory, and the Appearing of Spirits第26 -の埋葬を忠実には、表示されるとは、死者のためのケア;の煉獄、と表示されるのスピリッツ

The Burial of Bodies. As the bodies of the faithful are the temples of the Holy Spirit which we truly believe will rise again at the Last Day, Scriptures command that they be honorably and without superstition committed to the earth, and also that honorable mention be made of those saints who have fallen asleep in the Lord, and that all duties of familial piety be shown to those left behind, their widows and orphans. 遺体の埋葬のです。遺体としては、忠実な寺院は、聖霊は、私たちが本当に信じては、再び上昇は、最終日には、聖書のコマンドとせずに尊敬されるようにして迷信をコミットして、地球、そして選外佳作にしてもこれらの聖徒たちは、主の中に眠っている、として表示されるすべての義務を尊重する気持ちを家族から取り残された人は、彼らの寡婦や孤児です。 We do not teach that any other care be taken for the dead.教えることはありませんが、他の死者のためのケア取られる。 Therefore, we greatly disapprove of the Cynics, who neglected the bodies of the dead or most carelessly and disdainfully cast them into the earth, never saying a good word about the deceased, or caring a bit about those whom they left behind them.従って、我々は大いに賛成しないキニク学派は、無視された人の大半は死者の遺体や軽蔑を込めてぞんざいにキャストして、地球とは、決して良い言葉については、故人と言って、あるいはそれらについて少し思いやりのある彼らに取り残さしてください。

The Care of the Dead. On the other hand, we do not approve of those who are overly and absurdly attentive to the deceased; who, like the heathen, bewail their dead (although we do not blame that moderate mourning which the apostle permits in I Thess. 4:13, judging it to be inhuman not to grieve at all); and who sacrifice for the dead, and mumble certain prayers for pay, in order by such ceremonies to deliver their loved ones from the torments in which they are immersed by death, and then think they are able to liberate them by such incantations. そのケアオブザデッド。他方で、我々を承認しないと話にならないほどの気配りのある人たちは過度に故人;者は、異教徒のように、彼らの死を嘆き悲しむ(とはいえ我々を非難することはありませんが、使徒の許認可権を適度に喪に服す私thess 。 4時13分、非人間的に判断することをしないようにすべての悲嘆に暮れる) ;と死者のための犠牲者は、特定の祈りの言葉をつぶやくを支払うと、そのような儀式を届けるために自分を愛する人になっているからでtorments浸漬された死は、かれらができると思うし、次にそれらを解放されたような呪文です。

The State of the Soul Departed from the Body. For we believe that the faithful, after bodily death, go directly to Christ, and, therefore, do not need the eulogies and prayers of the living for the dead and their services. 同州は、体の魂を出発しています。ために私たちは、忠実には、肉体的な死の後、キリストに直接行く、とは、したがって、その必要はありません。 eulogiesオブザリビングと死者のための祈りとそのサービスです。 Likewise we believe that unbelievers are immediately cast into hell from which no exit is opened for the wicked by any services of the living.同様に私たちは、不信心者は地獄に投げ込まれるからすぐには出口がないためにオープンされたすべてのサービスは、邪悪なリビングです。

Purgatory. But what some teach concerning the fire of purgatory is opposed to the Christian faith, namely, "I believe in the forgiveness of sins, and the life everlasting," and to the perfect purgation through Christ, and to these words of Christ our Lord: "Truly, truly, I say to you, he who hears my word and believes him who sent me, has eternal life; he shall not come into judgment, but has passed from death to life" (John 5:24). 煉獄。しかし、どのようないくつかの問題を教える煉獄の火の中に反対して、キリスト教の信仰は、すなわち、 "私を信じて罪の赦し、永遠の命とは、 "キリストを通して浄罪と完璧には、これらの言葉とは私たちのキリスト主: "本当に、本当に、私の話を聞きなさい、彼は人の言葉を聞いて私たちを送ってきたと信じて彼には、永遠の命が、彼の判断に入るものではないが、死を通過してからの人生" (ジョン5時24分) 。 Again: "He who has bathed does not need to wash, except for his feet, but he is clean all over, and you are clean" (John 13:10).再び: "彼は誰がbathedを洗う必要はない、彼の足を除いて、すべてやり直すしかし、彼は、きれいに、そしてあなたがきれい" (ヨハネ13:10 ) 。

The Apparition of Spirits. Now what is related of the spirits or souls of the dead sometimes appearing to those who are alive, and begging certain duties of them whereby they may be set free, we count those apparitions among the laughingstocks, crafts, and deceptions of the devil, who, as he can transform himself into an angel of light, so he strikes either to overthrow the true faith or to call it into doubt. スピリッツの幻影のです。今は、どのような関連があるの霊、死者の霊魂が表示されたりして生きている人たちは、特定の職務や托鉢して自由に設定することでは、我々のカウントlaughingstocksそれらのうち、 apparitions 、工芸品、およびdeceptions悪魔は、誰に、彼は自分自身を天使の光に変換するので、どちらかを転覆彼はストライクをコールすることや、真の信仰を疑う。 In the Old Testament the Lord forbade the seeking of the truth from the dead, and any sort of commerce with spirits (Deut. 18:11).旧約聖書で、主禁じたのは、真実を求めて死んでからは、いかなる種類の商取引としてスピリッツ( deut. 18時11分) 。 Indeed, as evangelical truth declares, the glutton, being in torment, is denied a return to his brethren, as the divine oracle declares in the words: "They have Moses and the prophets; let them hear them. If they hear not Moses and the prophets, neither will they be convinced if some one should rise from the dead" (Luke 16:29 ff.).確かに、福音の真理として宣言し、大食家は、苦痛には、彼の兄弟が復帰を拒否するように、神の言葉を宣言オラクル: "彼らはムーサーとその預言者;せて聞いている。ムーサーとすれば聞いていない預言者は、どちらもが納得している場合には、いくつかの1つの台頭からザデッド" ( 16時29分FFのルークです。 ) 。

Chapter 27 - Of Rites, Ceremonies and Things Indifferent 27章-の儀式は、結婚式や物事に無関心

Ceremonies and Rites. Unto the ancient people were given at one time certain ceremonies, as a kind of instruction for those who were kept under the law, as under a schoolmaster or tutor. 式典や儀式。かれは古代の人々が一度に与えられた特定の儀式は、ある種の命令としては、法の下に保管された者たちは、教師や家庭教師としての下にある。 But when Christ, the Deliverer, came and the law was abolished, we who believe are no more under the law (Rom. 6:14), and the ceremonies have disappeared; hence the apostles did not want to retain or to restore them in Christ's Church to such a degree that they openly testified that they did not wish to impose any burden upon the Church.しかし、キリストは、救世主は、同法が廃止さ来たと、我々は、信仰する者は法の下でこれ以上( rom. 6時14分) 、およびその式典が消えた;したがって、その使徒は、残しておきたいまたはそれらを復元するキリスト教会にこのようなことを公然と証言度していないと任意の負担を課すことを希望する教会です。 Therefore, we would seem to be bringing in and restoring Judaism if we were to increase ceremonies and rites in Christ's Church according to the custom in the ancient Church.従って、我々がみられる場合に導入すると復元ユダヤ教の儀式を向上させると私たちは、キリスト教会の儀式では、カスタムによると、古代教会です。 Hence, we by no means approve of the opinion of those who think that the Church of Christ must be held in check by many different rites, as if by some kind of training.従って、我々の意見を承認するものではないと考えている人たちのキリスト教会をチェックしなければならないさまざまな儀式が行われたかのように、いくつかの種類の訓練された。 For if the apostles did not want to impose upon Christian people ceremonies or rites which were appointed by God, who, I pray, in his right mind would obtrude upon them the inventions devised by man?使徒をしなかった場合、キリスト教の人々に希望を課す式典や儀式によって神に任命された人は、私のための祈りは、彼の右には、かれらの心を侵犯する発明考案された男ですか? The more the mass of rites is increased in the Church, the more is detracted not only from Christian liberty, but also from Christ, and from faith in him, as long as the people seek those things in ceremonies which they should seek in the only Son of God, Jesus Christ, through faith.儀式は、より多くの質量の増加は、教会は、より多くのクリスチャンがdetractedからだけでなく、自由の女神像、キリストからだけでなく、彼を信じているからとは、人々を求める限り、そのようなことを模索しなければならないのでは、式典のみ神の子は、イエスキリストは、信仰を介しています。 Wherefore a few moderate and simple rites, that are not contrary to the Word of God, are sufficient for the godly.何のためにいくつかの簡単な儀式穏健派と、それは神のみことばに反して、信仰心の厚いためには十分だ。

Diversity of Rites. If different rites are found in churches, no one should think for this reason the churches disagree. 多様な儀式だ。儀式が見つかった場合には別の教会は、誰もこのような理由のためには、教会に反対すると考えています。 Socrates says: "It would be impossible to put together in writing all the rites of churches throughout cities and countries. No religion observes the same rites, even though it embraces the same doctrine concerning them. For those who are of the same faith disagree among themselves about rites" (Hist. ecclesiast. V.22, 30, 62).ソクラテスによれば: "を組み立てることは不可能に書面でのすべての都市や国全体の教会の風物詩です。遵守していないと同じ宗教儀式にもかかわらず、それと同じドクトリンに関する抱擁してください。ためには、同じ信仰者たちの間で意見が合わない儀式自体については" ( hist. ecclesiast 。 V.22用、 30 、 62 ) 。 This much says Socrates.ソクラテスによれば、このくらいです。 And we, today, having in our churches different rites in the celebration of the Lord's Supper and in some other things, nevertheless do not disagree in doctrine and faith; nor is the unity and fellowship of our churches thereby rent asunder.そして我々は、今日では、さまざまな儀式には、私たちの教会は、主の祝賀晩餐といくつかの他のものは、異論がないにもかかわらず教義や信仰;も団結とは、私たちの教会の交わりが裂け散る。 For the churches have always used their liberty in such rites, as being things indifferent.教会は、常に自分のために自由に使われるような儀式は、物事に無関心される。 We also do the same thing today.今日我々も同じことを行う。

Things Indifferent. But at the same time we admonish men to be on guard lest they reckon among things indifferent what are in fact not indifferent, as some are wont to regard the mass and the use of images in places of worship as things indifferent. 無関心なものです。しかしそれと同時に、私たちの男性訓戒をしないように気を付けろ数える彼らの間では、実際にはどのようなものに無関心無関心は、いくつかの点では、いつもの大量の画像を使用すると、礼拝に無関心なものです。 "Indifferent," wrote Jerome to Augustine, "is that which is neither good nor bad, so that, whether you do it or not, you are neither just nor unjust." "無関心"と書いたアウグスティヌスジェロームには、 "これはこれは良くも悪くも、それは、あなたの番よかないかどうか、あなたはどちらも理にかなっていないだけです。 " Therefore, when things indifferent are wrested to the confession of faith, they cease to be free; as Paul shows that it is lawful for a man to eat flesh if someone does not remind him that it was offered to idols, for then it is unlawful, because he who eats it seems to approve idolatry by eating it (I Cor. 8:9 ff.; 10:25 ff.).したがって、 wrestedときには、物事に無関心な信仰告白は、彼らを中止される無料;としてポール示していることは合法的な肉を食べるために一人の男がない場合は、それを思い出させる彼の偶像を提供して、次にすることは違法でありので、彼はそれを食べるようにすることを承認する偶像礼拝を食べて(私うわっ。 FFの午前8時09分です。 ; 10:25 FFのです。 ) 。

Chapter 28 - Of the Possessions of the Church 28章-のは、教会の財産

The Possessions of the Church and Their Proper Use. The Church of Christ possesses riches through the munificence of princes and the liberality of the faithful who have given their means to the Church. 自分の所有物の適切な使用とその教会です。を通して富を保有しキリスト教会の諸侯の気前の良さと気前のよさは、彼らの忠実な意味を持つ教会に与えられた。 For the Church has need of such resources and from ancient time has had resources for the maintenance of things necessary for the Church.教会は、そのような資源が必要と古代からの資源を維持するための時間が必要なために、教会のことです。 Now the true use of the Church's wealth was, and is now, to maintain teaching in schools and in religious meetings, along with all the worship, rites, and buildings of the Church; finally, to maintain teachers, scholars, and ministers, with other necessary things, and especially for the succor and relief of the poor.今、真の使用は、教会の富は、今とは、学校で教えることを維持するとの会議で宗教上のは、すべての崇拝するとともに、儀式は、教会や建物の;最後に、教師を維持し、学者、および閣僚は、その他に必要なものだから、特に貧しい人々の救助や救援のです。 MANAGEMENT.管理です。 Moreover, God-fearing and wise men, noted for the management of domestic affairs, should be chosen to administer properly the Church's possessions.また、神を恐れると賢者は、有名な内政を管理するための、適切に管理しなければならない選ばれた教会の財産です。

The Misuse of the Church's Possessions. But if through misfortune or through the audacity, ignorance or avarice of some persons the Church's wealth is abused, it is to be restored to a sacred use by godly and wise men. 教会の財産の誤用だが、 Audacityを介している場合や不幸を介して、いくつかの無知やどん欲教会の富は、虐待を受けた人は、それを復元するには、神聖な信心深いと賢者使用されています。 For neither is an abuse, which is the greatest sacrilege, to be winked at.虐待のためには、どちらも、これは最大の冒とく、 winkedにされる。 Therefore, we teach that schools and institutions which have been corrupted in doctrine, worship and morals must be reformed, and that the relief of the poor must be arranged dutifully, wisely, and in good faith.従って、我々の学校や機関を教えることが破損されてきた学説は、礼拝と道徳改革しなければならない、とし、貧しい人々の救済に配置しなければならない律義には、賢くて、誠意を持っています。

Chapter 29 - Of Celibacy, Marriage and the Management of Domestic Affairs第29 -独身は、結婚と経営陣の内政

Single People. Those who have the gift of celibacy from heaven, so that from the heart or with their whole soul are pure and continent and are not aflame with passion, let them serve the Lord in that calling, as long as they feel endued with that divine gift; and let them not lift up themselves above others, but let them serve the Lord continuously in simplicity and humility (I Cor. 7:7 ff.). 一人です。独身持っている人は、天からの贈り物のように、心臓からの全体またはその純粋な魂が炎に包まれるとして情熱大陸ではないとは、かれらを放任し、主に奉仕して呼び出す限り、彼らを感じるenduedその神の贈り物;せているだけだとしていない上に持ち上げて他は、しかし、かれらの主を継続的に提供するシンプルさと謙虚さ(私うわっ。 FFの午前7時07分です。 ) 。 For such are more apt to attend to divine things than those who are distracted with the private affairs of a family.このように出席するためにはより多くのaptよりも神の物事に気を取られて、民間人たちは、家族の問題です。 But if, again, the gift be taken away, and they feel a continual burning, let them call to mind the words of the apostle: "It is better to marry than to be aflame" (I Cor. 7:9).しかし、もし、再度、連れ去られるのプレゼントは、かれらを感じる連続燃焼は、かれらの心の言葉は、電話をかける使徒: "方が良いと結婚するよりは、炎に包まれる" (私うわっています。 7時09分) 。

Marriage. For marriage (which is the medicine of incontinency, and continency itself) was instituted by the Lord God himself, who blessed it most bountifully, and willed man and woman to cleave one to the other inseparably, and to live together in complete love and concord (Matt. 19:4 ff). 結婚しています。ために結婚(これは、医学の失禁、およびcontinency自体)によって設立された主なる神は、自分自身は、ほとんどの人に恵まれて慈悲深く、男と女と意志を一つにして、他の密接に突き進む、と同棲して、完全な愛をと呼応( FFのmatt. 19時04分) 。 Whereupon we know that the apostle said: "Let marriage be held in honor among all, and let the marriage bed be undefiled" (Heb. 13:4).すると我々は知っていたかの伝道者によると: "レット結婚生活の中で行われるすべての栄誉と結婚させてから、ベッドにundefiled " ( heb. 13時04分) 。 And again: "If a girl marries, she does not sin" (I Cor. 7:28).そして再び: "もし結婚する女の子、彼女は罪はない" (私うわっています。 7時28分) 。

The Sects. We therefore condemn polygamy, and those who condemn second marriages. この宗派です。我々を非難一夫多妻したがって、 2番目の結婚と非難する人たちだ。

How Marriages Are To Be Contracted. We teach that marriages are to be lawfully contracted in the fear of the Lord, and not against the laws which forbid certain degrees of consanguinity, lest the marriages should be incestuous. 結婚では、どのように約定される。私たちの結婚を教えることは、合法的に契約されるのを恐れて、主は、これを禁じる法律に反対していない特定の親等、近親相姦しないように結婚しなければならない。 Let marriages be made with consent of the parents, or of those who take the place of parents, and above all for that purpose for which the Lord instituted marriages.にせの結婚を承諾する前には、親、またはその場所を取る人たちの親は、その目的を達するため、上記のすべてのどれをのための主な結婚に導入した。 Moreover, let them be kept holy with the utmost faithfulness, piety, love and purity of those joined together.また、かれらを放任し礼を尽くして忠実に保たれ、神聖な、信心深さは、それらの純度愛と組み合わされた。 Therefore let them guard against quarrels, dissensions, lust and adultery.けんかせているだけだから身を守るため、 dissensions 、姦通の欲望とします。

Matrimonial Forum. Let lawful courts be established in the Church, and holy judges who may care for marriages, and may repress all unchastity and shamefulness, and before whom matrimonial disputes may be settled. 婚姻のフォーラムです。合法的な裁判所が設立させ、教会は、神聖な裁判官の人との結婚のケアを行うこと、およびすべての可能性を抑圧する不貞や恥ずかしいことは、誰と結婚する前に紛争を解決するかもしれない。

The Rearing of Children. Children are to be brought up by the parents in the fear of the Lord; and parents are to provide for their children, remembering the saying of the apostle: "If anyone does not provide for his relatives, he has disowned the faith and is worse than an unbeliever" (I Tim. 5:8). 子供たちの飼育。子供たちは親に育てられるとは、神を恐れる心;や親たちは、自分の子供たちを提供するために、と言って思い出すのは、使徒: "もし誰にも提供しませんが、彼の親族のため、彼はdisowned信仰とは、不信心者よりも悪い" (私のティムです。 5時08分) 。 But especially they should teach their children honest trades or professions by which they may support themselves.しかし、特に子どもの正直な取引をしなければならないかを教える職業自体のサポートされる場合があります。 They should keep them from idleness and in all these things instill in them true faith in God, lest through a lack of confidence or too much security or filthy greed they become dissolute and achieve no success.怠け癖を維持しなければならないことから、これらすべてのことを教え込むと、真の信仰はかれらに、神の存在は、自信の欠如を介したりしないようにし過ぎる安全保障や不潔な欲を達成することになると自堕落な成功をなしています。

And it is most certain that those works which are done by parents in true faith by way of domestic duties and the management of their households are in God's sight holy and truly good works.そしてそれは特定して、これらの作品のほとんどが、真の信仰によって行われている方法で、国内の管理を任務としている世帯は、神の神聖な光景と本当に良い作品です。 They are no less pleasing to God than prayers, fasting and almsgiving.彼らは、神を喜ばせるよりも少なくありません祈り、断食を施しています。 For thus the apostle has taught in his epistles, especially in those to Timothy and Titus.したがって、使徒のためには彼の教えの書簡は、特にそれらをティモシーとタイタス。 And with the same apostle we account the doctrine of those who forbid marriage or openly castigate or indirectly discredit it, as if it were not holy and pure, among the doctrine of demons.そして我々の伝道者と同じアカウントの人たちの結婚を禁じる教義を公然とcastigateまたは間接的あるいは落とすことは、まるでない純粋な聖なるとは、悪魔の教義の中にいます。

We also detest an impure single life, the secret and open lusts and fornications of hypocrites pretending to be continent when they are the most incontinent of all.不純な独身生活を嫌悪することも、その秘密を開くとfornications私欲の背信ふりをしているときに、大陸のほとんどすべての尿失禁。 All these God will judge.神は、これらすべてを判断する。 We do not disapprove of riches or rich men, if they be godly and use their riches well.不承認とすることはありませんか金持ちの富は、もし彼らが信心深い井戸や富を利用することにした。 But we reject the sect of the Apostolicals, etc.しかし、我々は、宗派を拒否するapostolicals等

Chapter 30 - Of the Magistracy第30 -m agistrateの管轄は、

The Magistracy Is from God. Magistracy of every kind is instituted by God himself for the peace and tranquillity of the human race, and thus it should have the chief place in the world. magistrateの管轄は、神から与えられた。 magistrateの管轄地域によって設立されたあらゆる種類の神は自分自身のため、人類の平和と静けさ、およびそのための必要があることは、世界最高の場所です。 If the magistrate is opposed to the Church, he can hinder and disturb it very much; but if he is a friend and even a member of the Church, he is a most useful and excellent member of it, who is able to benefit it greatly, and to assist it best of all.予審判事に反対している場合は、教会で、彼はそれを乱すことの妨げとなると大変;しかし、もし彼は、友人や教会のメンバーでも、彼は、最も有用と優秀なメンバーであることは、誰が恩恵を受けられることを大きくすることができます。は、最良のすべてのことを支援するとした。

The Duty of the Magistrate. The chief duty of the magistrate is to secure and preserve peace and public tranquillity. その任務は、治安判事。首席予審判事は、その義務を確保し、国民の平和と安定を維持する。 Doubtless he will never do this more successfully than when he is truly God-fearing and religious; that is to say, when, according to the example of the most holy kings and princes of the people of the Lord, he promotes the preaching of the truth and sincere faith, roots out lies and all superstition, together with all impiety and idolatry, and defends the Church of God.確かに彼は決して成功することよりも、このとき彼はもっと真に神を恐れると宗教;これは、つまり、ときによると、最も神聖な例は、王侯貴族の人々は、主に、彼の説法を促進する誠実な信仰を真実とは、嘘のルーツとするすべての迷信、すべての不信心と一緒に偶像崇拝し、神の教会を守る。 We certainly teach that the care of religion belongs especially to the holy magistrate.確かに教えるのは、我々の宗教に属し、特に注意して、聖なる予審判事。

Let him, therefore, hold the Word of God in his hands, and take care lest anything contrary to it is taught.ほっておけ、したがって、神のみことばホールドを両手には、何もしないようにとの世話をすることは教えに反しています。 Likewise let him govern the people entrusted to him by God with good laws made according to the Word of God, and let him keep them in discipline, duty and obedience.同様に、人々を支配を許してくれた彼に委託して良い法律によって神の言葉によれば、神の前には、ほっておけと規律を保つことで、義務と服従させる。 Let him exercise judgment by judging uprightly.審判の判定を行使させなさいuprightly 。 Let him not respect any man's person or accept bribes.いかなるさせてはならない男の人を尊重するかわいろを受け取る。 Let him protect widows, orphans and the afflicted.ほっておけ守る寡婦、孤児や罹災。 Let him punish and even banish criminals, impostors and barbarians.犯罪者の処罰とさえ追放させなさい、とimpostors野蛮人だ。 For he does not bear the sword in vain (Rom. 13:4).クマのためには思っていないが無駄になるの剣( rom. 13時04分) 。

Therefore, let him draw this sword of God against all malefactors, seditious persons, thieves, murderers, oppressors, blasphemers, perjured persons, and all those whom God has commanded him to punish and even to execute.したがって、この引き分けを許してくれたすべてのmalefactorsに対する神の剣は、扇動的な人は、窃盗犯、殺人、 oppressors 、不信心、偽証の人々 、そして神は、これらすべての指令を実行しても彼を処罰しています。 Let him suppress stubborn heretics (who are truly heretics), who do not cease to blaspheme the majesty of God and to trouble, and even to destroy the Church of God.頑固させなさい抑える異端(異端者は真に)は、不信心者を中止しないと、神の威光を惜しまず、さらには神の教会を破壊する。

War. And if it is necessary to preserve the safety of the people by war, let him wage war in the name of God; provided he has first sought peace by all means possible, and cannot save his people in any other way except by war. 戦争です。との場合は、安全性を保つのに必要な人々によって、戦争は、戦争を許してくれた神の名の下;提供彼は、最初にあらゆる可能な手段で平和を求めて、保存することができないと人々は彼を除いて、他の方法での戦争。 And when the magistrate does these things in faith, he serves God by those very works which are truly good, and receives a blessing from the Lord.そしてそのときにこれらのものが信仰の予審判事は、彼は非常に作品を提供し、それらの神は本当に良い、と主からの祝福を受信する。

We condemn the Anabaptists, who, when they deny that a Christian may hold the office of a magistrate, deny also that a man may be justly put to death by the magistrate, or that the magistrate may wage war, or that oaths are to be rendered to a magistrate, and such like things. anabaptists我々を非難する人は、かれらを開く可能性を否定し、キリスト教の事務所は、治安判事は、一人の男を否定しても公正にされて死亡したかもしれない、治安判事は、予審判事は、 5月の賃金や戦争、またはその誓いがされる予審判事をレンダリングする、などのようなものです。

The Duty of Subjects. For as God wants to effect the safety of his people by the magistrate, whom he has given to the world to be, as it were, a father, so all subjects are commanded to acknowledge this favor of God in the magistrate. 科目の義務だ。ために神としての彼の望む人々の安全性に影響されるの予審判事は、彼には誰に与えられる世界では、言ってみれば、父は、すべての科目が命じられたように、神の賛成でこれを認める予審判事。 Therefore let them honor and reverence the magistrate as the minister of God; let them love him, favor him, and pray for him as their father; and let them obey all his just and fair commands.だからかれらを放任し、治安判事としての名誉と敬意をもって神の大臣;せて彼を愛し、彼を支持し、彼を自分の父のために祈る;せているだけだと彼の公正かつ公平なすべてのコマンドに従う。 Finally, let them pay all customs and taxes, and all other such dues faithfully and willingly.最後に、すべての関税を支払うせているだけだと税金は、このような会費およびその他のすべての忠実と喜んでいる。 And if the public safety of the country and justice require it, and the magistrate of necessity wages war, let them even lay down their life and pour out their blood for the public safety and that of the magistrate.そしてその国の場合、公共の安全と正義を必要とすることは、必然的に賃金や戦争の予審判事は、かれらを放任しても自分の生活を横たえると吐露する彼らのために血を流すことは、国民の安全と治安判事。 And let them do this in the name of God willingly, bravely and cheerfully.そしてかれらは喜んでこの神の名の下、勇敢で快活。 For he who opposes the magistrate provokes the severe wrath of God against himself.彼に反対する者は、重度の予審判事provokes自分自身に対する神の怒りだ。

Sects and Seditions. We, therefore, condemn all who are contemptuous of the magistrate--rebels, enemies of the state, seditious villains, finally, all who openly or craftily refuse to perform whatever duties they owe. 宗派やseditions 。我々は、したがって、すべての人を非難軽蔑しているが、治安判事-反乱軍は、敵の状態では、扇動的な悪役は、最後に、すべての人の公然あるいはどのような職務を行うことを拒否するずる賢く借りている。

We beseech God, our most merciful Father in heaven, that he will bless the rulers of the people, and us, and his whole people, through Jesus Christ, our only Lord and Savior; to whom be praise and glory and thanksgiving, for all ages.嘆願神我々は、我々の慈悲深く、天国の父は、その彼は、支配者の人々を祝福し、私たちは、全体の人々と彼は、イエスキリストを通して、私たちの主、救い主のみ;を誰に称賛と栄光と感謝の気持ちで、すべての年齢です。 Amen.アーメン。


Notes:注意事項:

Reprinted from Reformed Confessions of the 16th Century by Arthur C. Cochrane. 改心したから復刻された自白は、 16世紀のアーサーCコクラン。 © Copyright 1966 WL Jenkins.著作権© 1966 wlジェンキンスです。 The Westminster Press.ウエストミンスターを押してください。

The so-called Athanasian Creed was not written by Athanasius but dates from the ninth century.いわゆるアタナシウス信条アタナシウスは書かれていないが、 9世紀の日程からです。 It is so called the "Quicunque" from the opening word of the Latin text.それは、いわゆる" quicunque "言葉は、ラテン語の開幕からのテキストです。

The Apostolicals were followers of a religious fanatic, Gherardo Segarelli, of Parma, who in the thirteenth century wanted to restore the poverty of the apostolic life. apostolicalsれたのは、宗教的狂信的な信者は、 gherardo segarelli 、パルマ、指名手配者は、 13世紀のローマ教皇に戻すには、貧困生活です。


Also, see:また、参照してください:
Helvetic Confession helvetic告白


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです