Holy Orders僧籍

General Information 総合案内

Introduction導入

Holy Orders are the several different degrees of ordained ministries recognized by the Orthodox, Roman Catholic, and Anglican churches. For Orthodoxy and Roman Catholicism, holy orders rank among the seven sacraments. Anglicans regard ordination as a "sacramental rite," or as "commonly called a sacrament".僧籍には、いくつかの異なる認識される度に、定められた各省庁の正統派、ローマカトリック、アングリカン教会です。 正教とローマカトリック教のため、僧籍ランクのうち、 7つの秘跡です。 anglicans聖職叙任点として、 "神聖な儀式" 、または、 "よく聖餐式と呼ばれる"とした。

The outward and visible sign of the sacrament is the imposition of hands by a bishop, sometimes accompanied by the transmission of an object or objects associated with the order, such as a chalice and paten for a priest.往路とは、目に見えるサインの聖餐式では、按手礼司教は、ときどきが添付されて伝送するためのオブジェクトまたはオブジェクトに関連付けられた、と聖杯のような金属製の円盤のための司祭。 The sacramental inward grace conferred by ordination is the spiritual power and authority proper to the respective orders.聖礼典の内側に猶予を与えられたのは、精神的な力や権威聖職授与式を、それぞれの適切な注文です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Origin起源

Like Jewish synagogues, early Christian congregations were organized under the leadership of elders (Greek presbyteroi; see Acts 14:23).ユダヤ教のシナゴーグのように、初期キリスト教congregations年長者のリーダーシップのもとに組織化された(ギリシャpresbyteroi ;行為を参照してください14時23分) 。 In the New Testament, the terms elder and bishop are interchangeable (see Titus 1:5-9).新約聖書では、高齢者の条件とは、交換可能ビショップ(タイタス1:5-9を参照してください) 。 Although mentioned rarely, deacons are always referred to in association with bishops, whose assistants they were (see Philippians 1:1; 1 Timothy 3:8-13). The early church may have recognized only these two orders, as most Protestants argue. The emergence of a third order can perhaps be identified, however, in the figures of Timothy and Titus, recipients of the letters that bear their names, who had authority over bishops and deacons. The process of establishing a threefold ministry probably varied in different localities, but three distinct orders - bishops, presbyters, and deacons - were recognized by the 2nd century.めったに言及にもかかわらず、参照されてdeacons協会では常に司教は、彼らがそのアシスタント(ピリピ人への手紙を参照してください1:1 ; 1ティモシー3:8-13 ) 。 早期教会の可能性があるこれらの2つの命令しか認識は、ほとんどのプロテスタントとして論じる。 3番目の出現を識別するためにはおそらく、しかし、この数字のティモシーとタイタスは、受信者は、自分の名前が実る手紙は、司教の権限を持つとdeaconsていた。 確立する過程で、さまざまな変化に富んだおそらく三重地方部が、 3つの別個の受注-司教は、 p resbyters、およびd eacons-第2世紀には認識されています。

Priesthood聖職

Individual Christian ministers were not called priests until the 3rd century, when the term was first applied to bishops because of their role as celebrants of the Eucharist.キリスト教と呼ばれる個々の閣僚はないプリースト3世紀までは、その用語が初めて適用されるときのために自分の役割を果たすように司教は、聖体celebrants 。 The term priest (Latin sacerdos) implies a sacrificial ministry, and the Eucharist was regarded as sacrificial because of its mystical relation to the sacrifice of Christ.司祭の任期(ラテン語sacerdos )省いけにえを意味する、と見なされていたの聖体のいけにえの神秘的な関係のためにキリストを犠牲にしています。 When presbyters were authorized to celebrate the Eucharist in the 4th century, they too were called priests. Today, the Orthodox, Roman Catholic, and Anglican churches regard bishops, priests, and deacons as constituting holy orders. Because both bishops and presbyters function as priests, the Roman Catholic church, until the Second Vatican Council, considered priests (including bishops and presbyters), deacons, and subdeacons as the three orders. presbyters認可を祝っていたときには、 4世紀聖体は、かれらがあまりにもプリーストと呼ばれる。 今日は、正統派、ローマカトリック、アングリカン教会司教に関しては、プリースト、および構成僧籍としてdeacons 。 presbytersとして機能するため、両方の司教とプリーストは、ローマカトリック教会は、第二バチカン公会議までは、考えプリースト(司教とpresbytersを含む) 、 deacons 、および3つの命令としてsubdeacons 。

Minor Ordersマイナー受注

In addition to the three major orders, Orthodox churches also acknowledge minor orders, such as subdeacon and lector (reader), having subordinate roles in the liturgy.加えて、 3つの主要な受注は、正統派教会にもマイナーの注文を認めるなど、 副助祭講師(リーダー)は、部下の役割は、典礼ことです。 The Roman Catholic church abolished minor orders at the Second Vatican Council.ローマカトリック教会の廃止マイナー受注は、第二バチカン公会議です。

Characterキャラクター

Holy orders, like baptism and confirmation, are considered to have character; that is, the power conferred at ordination is regarded as permanent.僧籍は、バプテスマと確認のように、キャラクターを持つとみなさ;では、電源と見なされる協議では、永続的な聖職叙任。 It may become latent if the ordained person fails to act as the church intends, but it is not lost.潜在的になるかもしれない人が失敗した場合、定められた教会の意向として動作するように、失われたものではない。 In this respect, holy orders are to be distinguished from functional ministries, such as dean or archdeacon, or honorary titles, such as patriarch or monsignor.この点で、僧籍には機能的に区別される各省庁は、ディーンや助祭など、名誉やタイトルなど、家父長またはモンシニョール。 Authority for such roles is conveyed nonsacramentally and is withdrawn when the holder leaves office.権威を伝えnonsacramentallyとは、このような役割を撤回するときは、その所有者に任期を終える。

Charles P. Priceチャールズp.価格


Holy Orders僧籍

Advanced Information 高度情報

Holy orders usually refers to the major orders of the ministry in an episcopal church.僧籍を指しているため、通常の主要部は、受注は、聖公会です。 In the Anglican and the Orthodox churches these are the bishops, priests, and deacons.アングリカンとは、これらは、正統派教会の司教、司祭、およびdeacons 。 In the Roman Church, where the episcopate and the presbyterate are counted as one order, the three are bishop-priests, deacons, and subdeacons.ローマの教会では、どこのbishopの地位とは、長老会の一つとしてカウントされるため、その3アールビショップ-プリースト、 deacons 、およびsubdeacons 。 The minor orders are not usually included in the term "holy orders," for they really refer to laymen set apart for special tasks rather than to clergy in the proper sense of the term.受注額は、通常のマイナーに含まれていない用語"僧籍は、 "彼らは本当に素人を参照して設定するための特別なタスクを分解して聖職者というよりは、本来の意味での用語です。 Admission to holy orders is by ordination, the important ceremony being the laying on of hands.僧籍には、聖職叙任された入場料は、重要な式典には、手を敷設している。 It is this which distinguishes ordination to the major orders from that to the minor orders.これを区別することは、主要な聖職叙任をマイナーからの注文を受注しています。 In the former the minister of ordination is always the bishop (though certain exceptions appear to have occurred occasionally), but the minor orders may sometimes be conveyed by others.聖職授与式で、元大臣のは、いつものビショップ(ただし、特定の例外が発生した時々に表示されます) 、しかし、マイナー注文されたことが、ときには他に伝えています。

Unlike Roman Catholics and the Orthodox, Anglicans do not officially regard ordination as a sacrament (though some Anglicans do in point of fact hold this view).ローマカトリック教徒とは違って、正統派とは、正式にはありませんanglicans点として、聖職叙任聖餐式(ただし、いくつかの点で実際にはホールドanglicansこのビュー) 。 The official formularies restrict sacraments to ordinances instituted by Christ.公式formularies秘跡を制限する条例によって設立されたキリストです。 Since there is no conclusive evidence that he enjoined ordination, it is not properly a sacrament.決定的な証拠がないので加味して聖職叙任彼は、それを正しく聖餐式ではない。 It would naturally be expected that a man cannot receive orders outside the church; but, especially in the West, it is usually held that a validly consecrated bishop conveys valid orders, even though he be in heresy or schism.それは当然予想される一人の男が、教会の外で注文を受け取ることはできません;しかし、特に西の方では、これは、通常の正当な聖体拝領して開かれた司教伝える有効な注文にもかかわらず、彼は分裂や異端である。 On this principle the Roman Church does not reordain those it receives from Orthodoxy.この原則は、ローマの教会ではないことを受信者からreordain正教。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Minor Ordersマイナー受注

Advanced Information 高度情報

Minor Orders are those orders of ministry below the major orders in the Roman and Orthodox churches.注文数量のマイナー省は、これらの主要な受注は、以下のとおりとローマの正統派教会です。 In the former, subdeacons were usually reckoned as a minor order until they were officially classed as a major order in 1207.前者では、通常、無視されたsubdeaconsマイナーかれらは正式注文として分類されるまでの主な注文は1207です。 The minor orders since then are acolytes, exorcists, readers or lectors, and doorkeepers or porters.その後はマイナー受注acolytes 、 exorcists 、読者やlectors 、およびdoorkeepersまたはポーター。 In the Eastern church acolytes, exorcists, and doorkeepers have been merged with the subdiaconate, but readers and cantors remain.東方教会のacolytes 、 exorcists 、およびdoorkeepers subdeaconの職合併してきたが、読者とcantorsままです。 The functions of the acolyte were lighting the candles, carrying them in procession, preparing the water and wine for the Holy Communion, and generally assisting the higher orders.この関数は、アコライトの照明がろうそくを持って、行列して、水やワインのための準備聖体拝領し、支援するために通常より高い注文です。 The exocist originally was concerned with casting out demons.心配していたのはもともとexocist悪魔アウトキャスト。 Later he looked after the catechumens.その後、彼は目の後catechumens 。 The reader, or lector, as his name denotes, read from the Scriptures.のリーダー、もしくは講師は、彼の名前を表しますとしては、聖書を読むからだ。 The doorkeeper, or porter, originally had the duty of excluding unauthorized persons.その門衛、またはポーターは、もともとは、義務者を除いて許可されていない。

Nowadays practically nothing of the functions of any of the minor orders survives.このごろではほとんど何もないの関数のいずれかのマイナー受注を切り抜ける。 They are little more than a steppingstone to the higher orders and are all conferred at the one time.彼らはほとんどの踏み石を超える受注が高いとは、 1つは、すべての時間を与えられた。 They are conferred usually by the bishop (though others on occasion may do so).彼らは、通常の司教協議した(ただし、他の機会にしてそうかもしれません) 。 There is no laying on of hands, but some symbol of office is delivered, eg, a candlestick for the acolyte, a key for the doorkeeper.敷設して、手ではないが、いくつかの事務所が納入さの象徴、例えば、燭台のためにアコライト、門番するためのキーです。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Bishopビショップ

General Information 総合案内

A bishop (from the Greek word meaning "overseer" or "superintendent") is a member of the highest ranking order of the Christian ministry.ある主教(ギリシャ語の単語の意味から、 "監督"または"監" )のメンバーでは最上位にランク付けするためには、キリスト教部です。 The word was first applied to the elders, or presbyters, of local churches in the New Testament.その言葉が最初に年長者に適用される、またはpresbyters 、地元の教会は、新約聖書です。 By the 2d century the office of bishop had become distinct from and superior to the office of elder.二次元世紀の司教の事務所ではより明確になると、事務所の長老優れている。


Holy Orders僧籍

Catholic Information カトリック情報

Order is the appropriate disposition of things equal and unequal, by giving each its proper place (St. Aug., "De civ. Dei," XIX, xiii).注文は、適切な性質のものに等しいと不平等、それぞれの適切な位置を与える(聖8月、 "デciv 。デイは、 " 19 、 13 ) 。 Order primarily means a relation.注文主の関係を意味する。 It is used to designate that on which the relation is founded and thus generally means rank (St. Thom., "Suppl.", Q. xxxiv, a.2, ad 4um).それを使用して指定することでは、このように通常の手段との関係は、創業ランク(聖トム。 、 " suppl 。 "と、問い34 、ページA.2 、広告4um ) 。 In this sense it was applied to clergy and laity (St. Jer., "In Isaiam", XIX, 18; St. Greg. the Great, "Moral.", XXXII, xx).この意味で適用されることが聖職者と俗人(聖jer 。 、 " isaiam " 、 19 、 18 ;聖グレッグ。偉大な、 "道徳的だ" 、 32 、 XX社) 。 The meaning was restricted later to the hierarchy as a whole or to the various ranks of the clergy.それ以降の意味を制限していたとして、全体または階層を、様々な階級の聖職者です。 Tertullian and some early writers had already used the word in that sense, but generally with a qualifying adjective (Tertullian, "De exhort. cast.", vii, ordo sacerdotalis, ordo ecclesiasticus; St. Greg. of Tours, "Vit. patr.", X, i, ordo clericorum).早期tertullianと作家はすでに使用され、いくつかの単語そういう意味では、予選では通常、形容詞( tertullian 、 "デ熱心に勧める。投げ掛ける。 " 、第VII 、 ordo sacerdotalis 、集会の書ordo ;聖グレッグ。のツアーは、 "ヴィト。 patr "と述べた。 、 × 、私は、 ordo clericorum ) 。 Order is used to signify not only the particular rank or general status of the clergy, but also the outward action by which they are raised to that status, and thus stands for ordination.注文を表す記号が使われるだけでなく、特定のランクや聖職者の全般ステータスが、アクションだけでなく、外向きにして提起された状態になっているし、このようにスタンドを聖職叙任。 It also indicates what differentiates laity from clergy or the various ranks of the clergy, and thus means spiritual power.また、どのような区別を示す聖職者や信者たちから、様々な階級の聖職者は、精神的な力とそのための手段です。 The Sacrament of Order is the sacrament by which grace and spiritual power for the discharge of ecclesiastical offices are conferred.聖餐式のための聖餐式では、精神的な力を恵みと放電のためのオフィスでは、与えられた教会です。

Christ founded His Church as a supernatural society, the Kingdom of God.彼のキリスト教会として設立さ超自然的社会では、神の王国です。 In this society there must be the power of ruling; and also the principles by which the members are to attain their supernatural end, viz., supernatural truth, which is held by faith, and supernatural grace by which man is formally elevated to the supernatural order.この社会で与党の力がなければなりません;原則となっており、これによってメンバーは、彼らの超自然的に達成するために、 viz 。 、超自然的真理を、信仰によって行われたが、超自然の恵みとされる男は、正式に昇格するスーパーナチュラル注文した。 Thus, besides the power of jurisdiction, the Church has the power of teaching (magisterium) and the power of conferring grace (power of order).したがって、電源の管轄権に加えて、その教会には、電源の教示( magisterium )と協議の恵みのパワー(電源の順) 。 This power of order was committed by our Lord to His Apostles, who were to continue His work and to be His earthly representatives.この電源のためには、コミットされた彼の使徒たちの主は、彼の仕事を続けていた彼のこの世の代表者とされる。 The Apostles received their power from Christ: "as the Father hath sent me, I also send you" (John 20:21).彼らの力を受けてから、キリストの使徒: "として、かれらを送ってきた父は、私にもお送りします" (ヨハネ20時21分) 。 Christ possessed fullness of power in virtue of His priesthood--of His office as Redeemer and Mediator.キリストの美徳を保有して権力の膨満聖職-救い主と調停者としての彼の事務所です。 He merited the grace which freed man from the bondage of sin, which grace is applied to man mediately by the Sacrifice of the Eucharist and immediately by the sacraments.彼は報われたの猶予を罪の束縛から解放さ男は、男mediately猶予が適用されるには、犠牲にされると、すぐに聖体秘跡です。 He gave His Apostles the power to offer the Sacrifice (Luke 22:19), and dispense the sacraments (Matthew 28:18; John 20:22, 23); thus making them priests.彼は自分の力を提供し、犠牲使徒(ルーク22 : 19 ) 、および調剤の秘跡(マタイ28:18 ;ジョン20 : 22 、 23 ) ;こうしてプリースト製造しています。 It is true that every Christian receives sanctifying grace which confers on him a priesthood.キリスト教を受け取ることは事実だsanctifyingごとに猶予をして彼を聖職に就くconfers 。 Even as Israel under the Old dispensation was to God "a priestly kingdom" (Exodus 19:4-6), thus under the New, all Christians are "a kingly priesthood" (1 Peter 2:9); but now as then the special and sacramental priesthood strengthens and perfects the universal priesthood (cf. 2 Corinthians 3:3, 6; Romans 15:16).にもかかわらず、イスラエルは、神のもとで、古い神の摂理"とする聖職者の王国" (出エジプト記19:4-6 )は、そのための下で、新しい、すべてのキリスト教徒は、 "聖職王らしい" ( 1ピーター2時09分) ;しかし、当時としては今特別な力を強化すると聖礼典の聖職者や聖職perfectsのユニバーサル( cf. 2コリンチャンス3時03分、 6 ;ローマ人への手紙15時16分) 。

SACRAMENT OF ORDER聖餐式の注文

From Scripture we learn that the Apostles appointed others by an external rite (imposition of hands), conferring inward grace.我々から啓典を学ぶことによって他の使徒に任命する外部の儀式(按手礼) 、対内協議グレース。 The fact that grace is ascribed immediately to the external rite, shows that Christ must have thus ordained.という事実をすぐに生得的猶予は、外付けの儀式を、キリストによると、このように定められた必要があります。 The fact that cheirontonein, cheirotonia, which meant electing by show of hands, had acquired the technical meaning of ordination by imposition of hands before the middle of the third century, shows that appointment to the various orders was made by that external rite. cheirontoneinという事実を、 cheirotonia 、挙手による選出を意味する、後天性の技術的な意味が按手礼聖職叙任された第3世紀前の真ん中には、約束を示している様々な外部の受注は前の儀式をしています。 We read of the deacons, how the Apostles "praying, imposed hands upon them" (Acts 6:6).我々は、 deacons読んで、どのように、使徒"祈りは、かれらの手に課せ" (行為の午前6時06分) 。 In II Tim., i, 6 St. Paul reminds Timothy that he was made a bishop by the imposition of St. Paul's hands (cf. 1 Timothy 4:4), and Timothy is exhorted to appoint presbyters by the same rite (1 Timothy 5:22; cf. Acts 13:3; 14:22).ティムは2世です。 、私は、 6セントポールティモシーを連想させることによって、彼は前にある司教の聖パウロの手を押し付けられていること( cf. 1ティモシー4時04分) 、およびexhortedティモシーは、同じ儀式を任命されたpresbyters ( 1ティモシー5時22分; cf 。行為を13時03分、 14時22分) 。 In Clem., "Hom.", III, lxxii, we read of the appointment of Zachæus as bishop by the imposition of Peter's hands.でクレム。 、 "ハオマ汁です。 " 、 3 、 72 、我々として読んで、司教の任命zachæusピーターの手に発動される。 The word is used in its technical meaning by Clement of Alexandria ("Strom.", VI, xiii, cvi; cf. "Const. Apost.", II, viii, 36).その言葉は、その技術的な意味で使われてアレクサンドリアのクレメンス( "ストレム。 " 、 viのは、 13世、 CVIを; cf 。 " const 。 apost 。 " 、 2世、 VIIIや36 ) 。 "A priest lays on hands, but does not ordain" (cheirothetei ou cheirotonei) "Didasc. Syr.", IV; III, 10, 11, 20; Cornelius, "Ad Fabianum" in Euseb., "Hist. Eccl.", VI, xliii. "司祭が上向きにして手には、命じるわけではありません" ( cheirothetei ou cheirotonei ) " didasc 。 syr 。 " 、 4世、 3世、 10 、 11 、 20 ;コルネリウスは、 "広告fabianum " euseb 。 、 "シーッ。 eccl 。 " 、 viのは、 43です。

Grace was attached to this external sign and conferred by it.グレースは、この外部に接続して署名し、協議されたことだ。 "I admonish thee, that thou stir up the grace of God which is in thee, through (dia) the imposition of my hands" (2 Timothy 1:6). "私は訓戒なたには、なたをかき立てることが、神の恩寵なた、を通して(径)の発動を私の手" ( 2ティモシー1時06分) 。 The context clearly shows that there is question here of a grace which enables Timothy to rightly discharge the office imposed upon him, for St. Paul continues "God hath not given us the spirit of fear: but of power, and of love, and of sobriety."文脈があることを明確に示して質問をここには、恵みを有効にして正しく放電ティモシー課せられた彼のオフィスは、聖パウロは続けて"私たちに与えられた神のかれらの精神を恐れていない:しかし、権力、そして愛とは節酒。 " This grace is something permanent, as appears from the words "that thou stir up the grace which is in thee"; we reach the same conclusion from I Tim., iv, 14, where St. Paul says, "Neglect not the grace that is in thee, which was given thee by prophecy, with (meta) imposition of hands of the priesthood."これは何か恒久的な猶予は、単語として表示されますから、 "なたをかき立てることで、これは、なたの恵み" ;我々と同じ結論に達するから私のティム。 、 4世は、 14日、聖パウロはどこによれば、 "放置していないの猶予なたには、指定された、なたを予言し、 (メタ)は、聖職按手礼"と述べた。 This text shows that when St. Paul ordained Timothy, the presbyters also laid their hands upon him, even as now the presbyters who assist at ordination lay their hands on the candidate.このテキストを示しているときに定められたティモシー聖パウロは、その手のレイアウトpresbyters時も彼は、今でさえも、聖職叙任レイpresbytersその手の人のアシストでは、候補者です。 St. Paul here exhorts Timothy to teach and command, to be an example to all.聖パウロここexhortsティモシーコマンドを教えると、一例とされるすべてです。 To neglect this would be to neglect the grace which is in him.これを怠る怠慢になる可能性が猶予があるんです。 This grace therefore enables him to teach and command, to discharge his office rightly.グレースしたがって、このコマンドを有効に彼を教えると、彼のオフィスを放電当然です。 The grace then is not a charismatic gift, but a gift of the Holy Spirit for the rightful discharge of official duties.その後の恵みの贈り物カリスマではないが、聖霊の贈り物として、正当な放電のための公務です。 The Sacrament of Order has ever been recognized in the Church as such.聖餐式のために、今までには、教会のように認識されています。 This is attested by the belief in a special priesthood (cf. St. John Chrys., "De sacerdotio"; St. Greg. of Nyss., "Oratio in baptism. Christi"), which requires a special ordination.これが証明されたという信念で、特別聖職( cf.聖ヨハネchrys 。 、 "デsacerdotio " ;聖グレッグ。のnyss 。 、 " oratioの洗礼。クリスティ" )は、特別聖職叙任なっている必要がある。 St. Augustine, speaking about baptism and order, says, "Each is a sacrament, and each is given by a certain consecration, . . .If both are sacraments, which no one doubts, how is the one not lost (by defection from the Church) and the other lost?"聖アウグスティヌスは、バプテスマと注文について言えば、氏は、 "それぞれの聖餐式は、それぞれが指定されると、特定の奉献、 。 。 。秘跡場合には両方とも、誰も疑問を、どのようには、 1つは失われた(離党したその教会)やその他の失われたか? " (Contra. Epist. Parmen., ii, 28-30). ( contra. epist 。 parmen 。 、 2世、二十八から三十) 。 The Council of Trent says, "Whereas, by the testimony of Scripture, by Apostolic tradition, and by the unanimous consent of the Fathers, it is clear that grace is conferred by sacred ordination, which is performed by words and outward signs, no one ought to doubt that Order is truly and properly one of the Seven Sacraments of Holy Church" (Sess. XXIII, c. iii, can. 3).トレントの評議会によれば、 "一方、啓典の証言によって、ローマ教皇の伝統では、満場一致で同意されると、父親は、猶予が与えられたことは明らかだ神聖な聖職叙任された、これは実行されると外側の兆候言葉は、誰も疑うことは、ほんとうに注文してしかるべきだと正しく1つの神聖な教会の7つの秘跡" ( 23 sess.千佳子3世は、可能です。 3 ) 。

NUMBER OF ORDERS注文数

The Council of Trent (Sess. XXIII, can. 3) defined that, besides the priesthood, there are in the Church other orders, both major and minor.トレントの評議会( 23 sess. 、可能です。 3 )で定義して、上述の聖職者は、教会の中には他の受注は、メジャーとマイナーの両方です。 Though nothing has been defined with regard to the number of orders it is usually given as seven: priests, deacons, subdeacons, acolytes, exorcists, readers, and doorkeepers.が定義されても何もないと関連して注文することは、通常の数として与えられた7 :プリースト、 deacons 、 subdeacons 、 acolytes 、 exorcists 、読者、およびdoorkeepers 。 The priesthood is thus counted as including bishops; if the latter be numbered separately we have eight; and if we add first tonsure, which was at one time regarded as an order, we have nine.聖職者は、このようにカウントされるのを含め司教;後者の場合は別途に我々は8つの番号、および最初の剃髪式を追加すれば、これは一度にすると見なされるため、我々は9人。 We meet with different numberings in different Churches, and it would seem that mystical reasons influenced them to some extent (Martène, "De antiq. eccl. rit.", I, viii, l, 1; Denzinger, "Rit. orient.", II, 155).お会いして、さまざまな異なるnumberings教会は、神秘的な理由で、どうやらのようであることにある程度の影響( martène 、 "デantiq 。 eccl 。 rit 。 "と、私は、 VIIIや信用、 1 ;デンツィンガー、 " rit 。オリエント"と述べた。は、 2世、 155 ) 。 The "Statuta ecclesiæ antiqua" enumerate nine orders, adding psalmists and counting bishops and priests separately. "法律ecclesiæ旧"と注文を列挙ナイン、計数司教とプリーストの追加と別途psalmists 。 Others enumerate eight orders, thus, eg the author of "De divin. offic.", 33, and St. Dunstan's and the Jumièges pontificals (Martène I, viii, 11), the latter not counting bishops, and adding cantor.他の8つの注文を列挙、したがって、例えば、作者の"デdivin 。 officです" 、 33 、およびセントダンスタンストリートとjumièges pontificals ( martène私は、 VIIIや11 )は、後者の司教を数えていない、とカントールを追加します。 Innocent III, "De sacro alt. minister.", I, i, counts six orders, as do also the Irish canons, where acolytes were unknown.無実の3世は、 "デ神聖なのAlt 。大臣だ" 、私は、私は、 6つの命令を数えます、規範としては、アイルランドのことでも、どこacolytesは不明です。 Besides the psalmista or cantor, several other functionaries seem to have been recognized as holding orders, eg, fossarii (fossores) grave diggers, hermeneutoe (interpreters), custodes martyrum etc. Some consider them to have been real orders (Morin, "Comm. de sacris eccl. ordin.", III, Ex. 11, 7); but it is more probable that they were merely offices, generally committed to clerics (Benedict XIV, "De syn, dioc.", VIII, ix, 7, 8).上述のカントールpsalmistaまたは、他のいくつかが認識されるようにfunctionaries持ち株注文は、例えば、 fossarii ( fossores )の墓diggers 、 hermeneutoe (通訳)は、いくつかのcustosの複数martyrum等を考慮しても本当の注文( Morinが、 " commのです。デsacris eccl 。 ordin 。 " 、 3世は、元です。 11 、 7 ) ;しかし、それは予想より多くは、彼らが単にオフィスでは、通常、コミットして聖職者(ベネディクト14世は、 "デ共に、 dioc 。 " 、 VIIIや9世、 7 、 8 ) 。 In the East there is considerable variety of tradition regarding the number of orders.東には、かなりの数に関するさまざまな伝統の注文です。 The Greek Church acknowledges five, bishops, priests, deacons, subdeacons, and readers.は、ギリシャの5つの教会を認め、司教、司祭、 deacons 、 subdeacons 、および読者です。 The same number is found in St. John Damascene (Dial. contra manichæos, iii); in the ancient Greek Church acolytes, exorcists, and doorkeepers were probably considered only as offices (cf. Denzinger, "Rit. orient.", I, 116).同じ番号が見つかったダマスコの聖ヨハネ( dial.コントラmanichæos 、 ⅲ ) ;は、古代ギリシャの教会acolytes 、 exorcists 、おそらくとみなされたとしてのみdoorkeepers事務所( cf.デンツィンガー、 " rit 。オリエントだ" 、私は、 116 ) 。

In the Latin Church a distinction is made between major and minor orders.教会ラテン語では、メジャーとマイナーの間の区別は前に注文した。 In the East the subdiaconate is regarded as a minor order, and it includes three of the other minor orders (porter, exorcist, acolyte). subdeaconの職では、東のマイナーと見なされるため、 3つのことが含まれ、他のマイナー受注(ポーター、エクソシスト、アコライト) 。 In the Latin Church the priesthood, diaconate, and subdiaconate are the major, or sacred, orders, so-called because they have immediate reference to what is consecrated (St. Thom., "Suppl.", Q. xxxvii, a. 3).ローマカトリック教会の聖職者では、助祭の職、およびsubdeaconの職には、主要な、あるいは神聖な、受注、いわゆる即時参考のために彼らは何が聖体拝領(聖トム。 、 " suppl 。 "と、問い37 、 a. 3 ) 。 The hierarchical orders strictly so-called are of divine origin (Conc. Trid., Sess. XXIII, can. 6).注文の階層を厳密には、いわゆる神の起源( conc. trid 。 、 sess 。 23 、可能です。 6 ) 。 We have seen that our Lord instituted a ministry in the persons of His Apostles, who received fullness of authority and power.我々は我々の主の設立で見たことがある人は、彼の使徒省は、受信者の権限と権力を充満。 One of the first exercises of this Apostolic power was the appointment of others to help and succeed them.この演習は、最初の1つは、ローマ教皇の力を他人に助けを任命して成功しています。 The Apostles did not confine their labors to any particular Church, but, following the Divine command to make disciples of all men, they were the missionaries of the first generation.彼らの労働者に限定していない使徒を特定の教会ではなく、神の次のコマンドを使用するすべての人の弟子は、かれらは、第1世代の宣教師。 Others also are mentioned in Holy Scripture as exercising an itinerant ministry, such as those who are in a wider sense called Apostles (Romans 16:7), or prophets, teachers, and evangelists (Ephesians 4:11).他にも記載さ教典としては、運動部の遍歴など、より広い意味では、ある人たちは使徒と呼ばれる(ローマ人への手紙16時07分) 、または預言者、教師、伝道者(エペソ4時11分) 。 Side by side with this itinerant ministry provision is made for the ordinary ministrations by the appointment of local ministers, to whom the duties of the ministry passed entirely when the itinerant ministers disappeared (see DEACON).遍歴省と並んで、この条項は前には、普通のministrations地方長官に任命されたのは、誰の義務を完全に渡されたときには、同省の大臣姿を消した遍歴(ディーコンを参照してください) 。

Besides deacons others were appointed to the ministry, who are called presbyteroi and episkopoi.任命されたのに加えて他のdeacons省は、 presbyteroiと呼ばれる人はepiskopoi 。 There is no record of their institution, but the names occur casually.彼らの教育機関の記録はないが、さりげなく起こるの名前です。 Though some have explained the appointment of the seventy-two disciples in Luke 10, as the institution of the presbyterate, it is generally agreed that they had only a temporary appointment.いくつか説明しても、 72弟子の任命で10ルークは、長老会は、教育機関としては、一般的に合意したことは、一時的に任命していただけだ。 We find presbyters in the Mother Church at Jerusalem, receiving the gifts of the brethren of Antioch.我々は、母を見つけるpresbytersエルサレム教会では、贈り物を受け取ったのは、同胞のアンティオキア。 They appear in close connection with the Apostles, and the Apostles and presbyters sent forth the decree which freed the gentile converts from the burden of the Mosaic law (Acts 15:23).かれらの使徒密接に関連付けられて表示される、との遣わした使徒やpresbyters令に変換さジェンティーレの重荷から解放し、モザイク法(行為15 : 23 ) 。 In St. James (5:14-15) they appear as performing ritual actions, and from St. Peter we learn that they are shepherds of the flock (1 Peter 5:2).彼らはセントジェームズ( 5:14-15 )として表示されます儀式のアクションを実行し、聖ペテロから学ぶことは、我々は、羊飼いの群れ( 1ピーター5時02分) 。 The bishops hold a position of authority (Philippians 1; 1 Timothy 3:2; Titus 1:7) and have been appointed shepherds by the Holy Ghost (Acts 20:28).奉職して、司教の権威(ピリピ人への手紙1 ; 1ティモシー3:2 ;タイタス1時07分)と羊飼いが任命される聖霊( 20時28行為) 。 That the ministry of both was local appears from Acts 14:23, where we read that Paul and Barnabas appointed presbyters in the various Churches which they founded during their first missionary journey.財経部と地方の両方が表示された行為から14時23分、ポールを読んだことが、我々はどこに任命barnabas presbyters彼らは、様々な教会の中には、最初の宣教師の旅を設立。 It is shown also by the fact that they had to shepherd the flock, wherein they have been appointed, the presbyters have to shepherd the flock, that is amongst them (1 Peter 5:2).それが表示されたという事実にも彼らは羊飼いの群れには、かれらが任命され、羊飼いの群れのpresbytersしなければ、それはかれらの間に( 1ピーター5時02分) 。 Titus is left in Crete that he might appoint presbyters in every city (kata eolin, Tit., i, 5; cf. Chrys., "Ad Tit., homil.", II, i).タイタスはクレタ島の左側にして彼はあらゆる可能性を任命presbyters市( kata eolin 、駿馬がいるところ。 、私は、 5 ; cf 。 chrys 。 、 "広告の駿馬がいるところ。 、 homil 。 " 、 2世、私) 。

We cannot argue from the difference of names to the difference of official position, because the names are to some extent interchangeable (Acts 20:17, 28; Titus 1:6-7).議論することはできませんが、名前の違いから、公式的な立場の違いは、ある程度までは、名前は交換可能( 20時17分行為は、 28 ;タイタス1:6-7 ) 。 The New Testament does not clearly show the distinction between presbyters and bishops, and we must examine its evidence in the light of later times.新約聖書はありませんpresbytersの区別を明確に示すと司教は、その証拠を検討しなければならないと照らし合わせて、後で倍です。 Toward the end of the second century there is a universal and unquestioned tradition, that bishops and their superior authority date from Apostolic times (see HIERARCHY OF THE EARLY CHURCH). 2番目の世紀の終わりごろには疑問の余地のない伝統を普遍的なものであり、その権威の日付より優れて司教とその使徒倍(初期の教会の階層を参照してください) 。 It throws much light on the New-Testament evidence and we find that what appears distinctly at the time of Ignatius can be traced through the pastoral epistles of St. Paul, to the very beginning of the history of the Mother Church at Jerusalem, where St. James, the brother of the Lord, appears to occupy the position of bishop (Acts 12:17; 15:13; 21:18; Galatians 2:9); Timothy and Titus possess full episcopal authority, and were ever thus recognized in tradition (cf. Titus 1:5; 1 Timothy 5:19 and 22).それくらいのライトは、新たな例外-新約聖書の証拠を見つけると我々は何が表示されたらはっきりしている時点でトレースできるイグナティウスを通じて、田園の聖パウロの書簡は、ごく初期には、エルサレムの歴史の母教会で、どこセント。ジェームズは、兄は、主に、表示される位置を占めるビショップ(行為12:17 ;午後3時13分、 21時18分;ガラテヤ人への手紙2時09分) ;ティモシー全聖公会の権威を持つとタイタスは、このように認識されている伝統( cf.タイタス1 : 05 ; 1ティモシー5時19分、 22 ) 。 No doubt there is much obscurity in the New Testament, but this is accounted for by many reasons.間違いないそこでは多くの無名の新約聖書が、これは多くの理由で説明される。 The monuments of tradition never give us the life of the Church in all its fullness, and we cannot expect this fullness, with regard to the internal organization of the Church existing in Apostolic times, from the cursory references in the occasional writings of the New Testament.建造物の伝統を与えるのは決して私たちの暮らしは、すべての膨満教会では、と期待することはできない、この膨満、内部組織と関連して、既存の教会でローマ教皇の回には、大まかな参考文献の記述は、新約聖書の不定期。 The position of bishops would necessarily be much less prominent than in later times.司教の位置は、必然的に、後の時代よりもはるかに少ない顕著です。 The supreme authority of the Apostles, the great number of charismatically gifted persons, the fact that various Churches were ruled by Apostolic delegates who exercised episcopal authority under Apostolic direction, would prevent that special prominence.最高権威の使徒、偉大な才能に恵まれた人の数charismatically 、という事実に支配されていた様々な教会使徒聖公会の代表者の権限を行使ローマ教皇の方向性のもとで、特別な隆起を防ぐことです。 The union between bishops and presbyters was close, and the names remained interchangeable long after the distinction between presbyters and bishops was commonly recognized, eg, in Iren., "Adv. hæres.", IV, xxvi, 2.司教の労働組合との間で緊密なpresbytersは、交換可能とは依然長い名前の後の区別がよく認識司教presbytersとは、例えば、イレーン。 、 "前売hæres 。 " 、 4世は、二十六、 2 。 Hence it would seem that already, in the New Testament, we find, obscurely no doubt, the same ministry which appeared so distinctly afterwards.どうやらのようである。従って、すでに、新約聖書では、我々を見つける、目立たずに間違いない、はっきりと同じように掲載された後に部です。

Which of the Orders are Sacramental?これは、受注は、聖礼典のですか?

All agree that there is but one Sacrament of Order, ie, the totality of the power conferred by the sacrament is contained in the supreme order, whilst the others contain only part thereof (St. Thomas, "Supplem.", Q. xxxvii, a. i, ad 2um).しかし、すべての同意があることをするために1つの聖礼典、すなわち、その全体の力によって与えられた神聖なものが含まれるため、最高は、他の間の部分のみを含むもの(セントトマス、 " supplem 。 "は、問い37 、答え私は、広告2um ) 。 The sacramental character of the priesthood has never been denied by anyone who admitted the Sacrament of Order, and, though not explicitly defined, it follows immediately from the statements of the Council of Trent.聖職に就くのは、聖礼典の性格によって否定されたことがない人は誰でも、聖餐式の順序を認めた、とは、明示的に定義したわけではありませんが、それ以下のとおりですから、すぐには、評議会の声明トレント。 Thus (Sess. XXIII, can. 2), "If any one saith that besides the priesthood there are not in the Catholic Church other orders, both major and minor, by which as by certain steps, advance is made to the priesthood, let him be anathema."こうして( 23 sess. 、可能です。 2 )は、 "もしあれば言うことに加えて、 1つの聖職者ではないが、カトリック教会のある他の受注は、メジャーとマイナーの両方を、特定の手順を実行されるように、事前には聖職に就く前に、せ彼に忌み嫌われる"と述べた。 In the fourth chapter of the same session, after declaring that the Sacrament of Order imprints a character "which can neither be effaced nor taken away; the holy synod with reason condemns the opinion of those who assert that priests of the New Testament have only a temporary power".第4章では、同じセッションでは、聖餐式の後、注文と宣言して出版社のキャラクター"することができますどちらも連れ去られるeffaced ;理由で非難し、聖務会院の意見を主張している人は、新約聖書プリーストしかない仮設電源" 。 The priesthood is therefore a sacrament.聖職に就くためには、聖餐式です。

With regard to the episcopate the Council of Trent defines that bishops belong to the divinely instituted hierarchy, that they are superior to priests, and that they have the power of confirming and ordaining which is proper to them (Sess. XXIII, c. iv, can. 6, 7). bishopの地位と関連して、理事会のトレント司教を定義して導入した階層に属することで、神は、彼らは優れていることプリースト、としているのを確認すると、電源が適切に任命すること( 23 sess.千佳子4世は、ことです。 6 、 7 ) 。 The superiority of bishops is abundantly attested in Tradition, and we have seen above that the distinction between priests and bishops is of Apostolic origin.司教の優位性の証明には、伝統を豊富には、上記と我々は見プリーストと区別して、司教は、ローマ教皇の起源です。 Most of the older scholastics were of opinion that the episcopate is not a sacrament; this opinion finds able defenders even now (eg, Billot, "De sacramentis", II), though the majority of theologians hold it is certain that a bishop's ordination is a sacrament. scholasticsのほとんどは、古い意見をしていたのではないbishopの地位聖餐式;この意見を見つけるの守備でも今すぐできる(例えば、 billot 、 "デsacramentis " 、 ⅱ )が、大多数の神学を保持することは確実だが司教の聖職叙任、聖餐式です。 With regard to the sacramental character of the other orders see DEACONS; MINOR ORDERS; SUBDEACONS.聖礼典の性格と関連して、他の注文を参照してくださいdeacons ;マイナー受注; subdeacons 。

Matter and Form物質とフォーム

In the question of the matter and form of this sacrament we must distinguish between the three higher orders and the subdiaconate and minor orders.その件については、疑問の形で、この聖礼典とを区別しなければならない3つの高い注文や注文のsubdeaconの職とマイナーです。 The Church having instituted the latter, also determines their matter and form.後者の教会を設立し、また彼らの問題やフォームを決定します。 With regard to the former, the received opinion maintains that the imposition of hands is the sole matter.元と関連して、意見を受け取った按手礼を維持しては、単独の問題です。 This has been undoubtedly used from the beginning; to it, exclusively and directly, the conferring of grace is ascribed by St. Paul and many Fathers and councils.この先頭から使われてきた間違いなく;に入れても、直接排他的とは、生得的で、協議は、聖パウロの恵みを受けて、多くの祖先との協議会です。 The Latin Church used it exclusively for nine or ten centuries, and the Greek Church to this day knows no other matter.ローマカトリック教会の排他的に使用されることを9または10世紀にもわたって、この日は、ギリシャの教会を知っている他の問題ありません。 Many scholastic theologians have held that the tradition of the instruments was the sole matter even for the strictly hierarchical orders, but this position has long been universally abandoned.修学神学者の多くが行われたのは、伝統楽器の唯一の問題は、厳密には、階層的にも受注が、これは長年にわたり、普遍的立場を放棄した。 Other scholastics held that both imposition of hands and the tradition of the instruments constitute the matter of the sacrament; this opinion still finds defenders.その他の賦課の両方を手にして行われたscholasticsとの伝統の楽器を構成する物質の聖餐式;この意見まだ守備見つけた。 Appeal is made to the Decree of Eugene IV to the Armenians, but the pope spoke "of the integrating and accessory matter and form, which he wished Armenians to add to the imposition of hands, long since in use amongst them, that they might thus conform to the usage of the Latin Church, and more firmly adhere to it, by uniformity of rites" (Benedict XIV, "De syn. dioc.", VIII, x, 8).控訴は、判決を前に、アルメニア人のユージン静脈内には、しかし、法王スポーク"の形での統合やアクセサリーの問題や、アルメニア人が彼を望んだ按手礼を追加するには、長い間使用して以来、かれらは、このようにしてかもしれない使用法に準拠して、ローマカトリック教会は、もっとしっかりとすることに固執して、均一の儀式" (ベネディクト14世は、 "デシン。 dioc 。 " 、 viii 、 × 、 8 ) 。 The real foundation of the latter opinion is the power of the Church with regard to the sacrament.本物の基礎力を、後者の意見は、教会の聖餐式と関連している。 Christ, it is argued, instituted the Sacrament of Order by instituting that in the Church there should be an external rite, which would of its own nature signify and confer the priestly power and corresponding grace.キリストは、主張することは、聖餐式のために設立されたのは、教会institutingして、外部の儀式がある必要があり、これは、独自の性質を意味するとの協議に対応する聖職者の力と恵みです。 As Christ did not ordain His Apostles by imposition of hands, it would seem that He left to the Church the power of determining by which particular rite the power and grace should be conferred.キリストの使徒としての彼を命じるしなかった按手礼、次のようにして彼は、左に見える教会のパワーを決定するとされる特定の儀式の電源グレース協議しなければならない。 The Church's determination of the particular rite would be the fulfilling of a condition required in order that the Divine institution should take effect.教会の決意は、特定の儀式となるために必要な条件を達成しつつあるのは、神の機関の取るべき効果です。 The Church determined the simple imposition of hands for the East and added, in the course of time, the tradition of the instruments for the West--changing its symbolical language according as circumstances of place or time required.教会の決定のための単純な按手礼、東とし、時間の経過では、伝統楽器のための西-その象徴的な言語を変更する状況によると、場所や時間を必要とします。 The question of the form of the sacrament naturally depends on that of the matter.この質問は、フォームの聖餐式にかかっていることは当然の事だ。 If the tradition of the instruments be taken as the total or partial matter, the words which accompany it will be taken as the form.伝統楽器の場合は、合計または部分として取られる事は、この言葉をどのように同行の形が取られることです。 If the simple imposition of hands be considered the sole matter, the words which belong to it are the form.按手礼場合、単純な問題と見なされるの靴底は、その言葉には、フォームに所属しています。 The form which accompanies the imposition of hands contains the words "Accipe spiritum sanctum", which in the ordination of priests, however, are found with the second imposition of hands, towards the end of the Mass, but these words are not found in the old rituals nor in the Greek Euchology.フォームを伴うという言葉が含まれ按手礼" accipe spiritum神聖な場所"で、これは、聖職叙任のプリースト、しかし、 2番目のが見つかった按手礼して、大量の末尾の方が、これらの言葉は見つかりませんでした古い儀式では、ギリシャのeuchologyも。 Thus the form is not contained in these words, but in the longer prayers accompanying the former imposition of hands, substantially the same from the beginning.したがって、これらの言葉に含まれる形ではないが、それまでの長い祈りの手を押し付けられていることに伴う、元は、当初から実質的に同じです。 All that we have said about the matter and form is speculative; in practice, whatever has been prescribed by the Church must be followed, and the Church in this, as in other sacraments, insists that anything omitted should be supplied.と述べたことについて、我々はすべての問題やフォームでは、投機的な;実際には、どのように処方してきた後、教会にしなければならない、と、教会の中では、他の秘跡としては、供給しなければならないと主張して何かを省略します。

Effect of the Sacrament効果の聖餐式

The first effect of the sacrament is an increase of sanctifying grace.最初の効果は、聖餐式は、グレースsanctifying増加した。 With this, there is the sacramental grace which makes the recipient a fit and holy minister in the discharge of his office.これは、聖礼典の恵みには、これにより、受信者に合わせて、聖なる放電部長官は、彼の事務所です。 As the duties of God's ministers are manifold and onerous, it is in perfect accord with the rulings of God's Providence to confer a special grace on His ministers.神の大臣の職務としては、多様煩わしいとは、完璧に合致することは、神の摂理の判決を協議する特別の計らいで彼の閣僚です。 The dispensation of sacraments requires grace, and the rightful discharge of sacred offices presupposes a special degree of spiritual excellence.神の摂理の恵みの秘跡を必要とし、正当な放電の神聖なオフィスでの精神的な卓越性を前提特別度です。 The external sacramental sign or the power of the order can be received and may exist without this grace.聖礼典、外部の力を利用するために署名または受信できる可能性が存在せず、このグレースです。 Grace is required for the worthy, not the valid, exercise of the power, which is immediately and inseparably connected with the priestly character.グレースは必須の価値があるため、その有効期間は、権力の行使は、これはすぐに聖職者のキャラクターと密接につながっている。 The principal effect of the sacrament is the character, a spiritual and indelible mark impressed upon the soul, by which the recipient is distinguished from others, designated as a minister of Christ, and deputed and empowered to perform certain offices of Divine worship (Summa, III, Q. lxiii, a. 2).主な効果は、聖餐式は、キャラクターは、精神的な魂の上に感動と消せないマークは、受領者が区別される他、キリストの大臣として指定し、特定のオフィスを実行する権限を持っdeputedとの神を崇拝する(総合的研究論文は、 3世は、問い63 、 a. 2 ) 。 The sacramental character of order distinguishes the ordained from the laity.その区別のために定められた聖礼典の性格から、俗人です。 It gives the recipient in the diaconate, eg, the power to minister officially, in the priesthood, the power to offer the Sacrifice and dispense the sacraments, in the episcopate the power to ordain new priests and to confirm the faithful.これにより、受信者は、助祭の職は、例えば、大臣の電源を正式には、聖職に就くには、電源を免ずるの秘跡を提供して犠牲とは、電源を命じるbishopの地位は、新しいプリーストを確認すると、忠実な。 The Council of Trent defined the existence of a character (Sess. VII, can. 9).トレントの評議会の存在を定義するキャラクター( sess. 7世は、次のです。 9 ) 。 Its existence is shown especially by the fact that ordination like baptism, if ever valid, can never be repeated.その存在が示すように、特に洗礼聖職叙任されたという事実は、これまで有効な場合には、決して繰り返されることです。 Though there have been controversies with regard to the conditions of the validity of ordination, and different views were held at different times in reference to them, "it has always been admitted that a valid ordination cannot be repeated. Reordinations do not suppose the negation of the inamissible character of Order--they presuppose an anterior ordination which was null. There can be no doubt that mistakes were made regarding the nullity of the first ordination, but this error of fact leaves the doctrine of the initerability of ordination untouched" (Saltet, "Les Réordinations", 392).があってきた論争と関連して、条件の妥当性を聖職叙任、開かれたとは異なる見解を参考にして別の時間帯には、 "これは常に有効なことを認めた繰り返した聖職授与することはできません。 reordinationsいるの否定しないキャラクターのためのinamissible -彼らの前聖職叙任されたN ULLを仮定する。疑いの余地はないミスがあったことについて、無効の最初の聖職授与式が、実際にこのエラーが発生したのは、葉の教義の聖職叙任i niterability手つかず" ( s altetは、 "レréordinations " 、 392 ) 。

Minister大臣

The ordinary minister of the sacrament is the bishop, who alone has this power in virtue of his ordination.通常の聖餐式は、ビショップ大臣は、この人の力だけでは、彼の聖職授与式での美徳だ。 Holy Scripture attributed the power to the Apostles and their successors (Acts 6:6; 16:22; 1 Timothy 5:22; 2 Timothy 1:6; Titus 1:5), and the Fathers and councils ascribe the power to the bishop exclusively.教典の電源を原因とその後継者の使徒(行為の午前6時06分、 16時22分; 1ティモシー5時22分; 2ティモシー1 : 06 ;タイタス1時05分) 、そして、父親のせいで、電源を司教協議会排他的です。 Con.コンです。 Nic. NICのです。 I, can.私は、できる。 4, Apost. 4 、 apost 。 Const. const 。 VIII, 28 "A bishop lays on hands, ordains. . .a presbyter lays on hands, but does not ordain." VIIIや28 "を上向きにして手に司教は、 ordains 。 。 。祭司が上向きにして手にする、命じるわけではありません。 " A council held at Alexandria (340) declared the orders conferred by Caluthus, a presbyter, null and void (Athanas., "Apol. contra Arianos", ii).アレキサンドリアで開かれた理事会( 340 )を宣言されたの受注caluthus協議で、祭司は、無効とする( athanas. 、 " apol 。 arianosコントラ" 、 ⅱ ) 。 For the custom said to have existed in the Church of Alexandria see EGYPT.カスタムによると、教会が存在し、エジプトのアレクサンドリアを参照してください。 Nor can objection be raised from the fact that chorepiscopi are known to have ordained priests, as there can be no doubt that some chorepiscopi were in bishops' orders (Gillman, "Das Institut der Chorbischöfe im Orient," Munich, 1903; Hefele-Leclercq, "Conciles", II, 1197-1237).異議申し立てもできるという事実からchorepiscopiで飼育されることが知られて定められたプリーストは、疑いの余地はないとしていたいくつかの司教chorepiscopi '注文(ギルマンは、 "イムオリエントchorbischöfeデアdas研究所は、 "ミュンヘン、 1903 ;ヘーフェレ- leclercqは、 " conciles " 、 2世は、 1197年から1237年) 。 No one but a bishop can give any orders now without a delegation from the pope, but a simple priest may be thus authorized to confer minor orders and the subdiaconate.誰にでも今すぐ注文することなく任意の司教を与えることから、法王の代表団は、そのためかもしれないが、単純な司祭受注する権限を授与するとマイナーsubdeaconの職です。 It is generally denied that priests can confer priests' orders, and history, certainly, records no instance of the exercise of such extraordinary ministry.通常、これは否定して協議することプリーストプリースト'受注し、歴史は、確かに、レコードのないこのような臨時のインスタンスを行使部です。 The diaconate cannot be conferred by a simple priest, according to the majority of theologians.助祭の職を与えられたことはできませんが、単純な司祭、神学者によると、大多数のです。 This is sometimes questioned, as Innocent VIII is said to have granted the privilege to Cistercian abbots (1489), but the genuineness of the concession is very doubtful.この疑問はときどき、 viiiとして無実を持つといわれ、特権を付与abbotsシトー会( 1489 ) 、しかし、真性の譲歩は非常に疑わしいものです。 For lawful ordination the bishop must be a Catholic, in communion with the Holy See, free from censures, and must observe the laws prescribed for ordination.合法的な聖職叙任のためにしなければならないのカトリック司教は、聖体拝領の神聖を参照して、無料からcensures 、および所定のための法律を順守しなければ聖職叙任。 He cannot lawfully ordain any except his own subjects without authorization (see below).合法的に命じることはできない彼は、自分の科目を除くすべての無許可(以下参照) 。

Subject件名

Every baptized male can validly receive ordination.男性の聖職叙任を受けることの正当なすべてのバプテスマを受けています。 Though in former times there were several semi-clerical ranks of women in the Church (see DEACONESSES), they were not admitted to orders properly so called and had no spiritual power.元かかわらず、いくつかのセミ回あったが、教会の聖職者階級の女性( deaconessesを参照してください) 、かれらは認めていないとの注文を適切にいわゆる精神的な力がなかった。 The first requisite for lawful ordination is a Divine vocation; by which is understood the action of God, whereby He selects some to be His special ministers, endowing them with the spiritual, mental, moral, and physical qualities required for the fitting discharge of their order and inspiring them with a sincere desire to enter the ecclesiastical state for God's honor and their own sanctification.最初の合法的な聖職叙任は、神のために必要な職業;によって神の行動が理解して、彼は何を選択されるいくつかの特別な閣僚彼は、かれらの精神的なendowing 、精神的、道徳的、および物理的な性質のために必要な放電のフィッティングそしてかれらを鼓舞するために誠実な願望を入力して教会の状態や、自分の名誉のために、神の清浄化します。 The reality of this Divine call is manifested in general by sanctity of life, right faith, knowledge corresponding to the proper exercise of the order to which one is raised, absence of physical defects, the age required by the canons (see IRREGULARITY).この現実を一般的に明らかにされた神のコールは命の尊厳、権利の信仰は、知識を行使し、適切に対応するためにはどれが提起され、物理的に欠陥の不在は、その年齢によって必要とされる規範(不整を参照してください) 。 Sometimes this call was manifested in an extraordinary manner (Acts 1:15; 13:2); in general, however, the "calling" was made according to the laws of the Church founded on the example of the Apostles.ときどき、このコールが明らかに臨時的に(行為の午前1時15分、 13時02分) ;一般に、しかし、 "呼び出し"とは前には、教会によると、法律上の例では、使徒を設立。 Though clergy and laity had a voice in the election of the candidates, the ultimate and definite determination rested with the bishops.俗人の聖職者との声もあるが、選挙の候補者には、明確な決意と、究極の司教静養している。 The election of the candidates by clergy and laity was in the nature of a testimony of fitness, the bishop had to personally ascertain the candidates' qualifications.選挙の候補者の中で、聖職者や信者たちは、自然の証言のフィットネスは、個人的に確かめるには、ビショップ、候補者の資格です。 A public inquiry was held regarding their faith and moral character and the electors were consulted.公共の照会が行われた彼らの信仰と道徳的な性格については、有権者が相談しています。 Only such as were personally known to the electing congregation, ie, members of the same Church, were chosen.個人的に知られていただけのような集会を選出、すなわち、同じ教会のメンバーは、選ばれた。 A specified age was required, and, though there was some diversity in different places, in general, for deacons the age was twenty-five or thirty, for priests thirty or thirty-five, for bishops thirty-five or forty or even fifty (Apost. Const., II, i).年齢を指定する必要がある、とは、多様性があっては、いくつかの異なる場所では、通常、 deaconsためには、 25または30歳の年齢は、 30または35プリースト、司教のためにも35または40または50 ( apost 。 const 。 、 2世、私) 。 Nor was physical age deemed sufficient, but there were prescribed specified periods of time, during which the ordained should remain in a particular degree.十分と判断された物理的な年齢も、指定した期間があるが所定の時間は、定められた期間中には、特定の必要度にとどまる。 The different degrees were considered not merely as steps preparatory to the priesthood, but as real church offices.度が異なるだけではない、と考え準備を聖職に就くのステップとして、しかし、真の教会の事務所です。 In the beginning no such periods, called interstices, were appointed, though the tendency to orderly promotion is attested already in the pastoral Epistles (1 Timothy 3:3, 16).このような期間の初めはない、と呼ばれるinterstices 、任命されたが、この傾向を促進整然とは、田園の書簡は、すでに証明( 1ティモシー3時03分、 16 ) 。 The first rules were apparently made in the fourth century.最初のルールは、第4世紀前に明らかにした。 They seem to have been enforced by Siricius (385) and somewhat modified by Zosimus (418), who decreed that the office of reader or exorcist should last till the candidate was twenty, or for five years in case of those baptized as adults; four years were to be spent as acolyte or subdeacon, five years as deacon.施行されるとされているように見えますが、ややsiricius ( 385 ) ( 418 )に変更されます。ゾシモスは、人の定めは、オフィスのリーダーやエクソシストばならない最後の候補者は20歳まで、または5年間でこれらの例として、バプテスマを受け大人;四年が費やされるようにアコライトまたは副輔祭、助祭として5年間です。 This was modified by Pope Gelasius (492), according to whom a layman who had been a monk might be ordained priest after one year, thus allowing three months to elapse between each ordination, and a layman who had not been a monk might be ordained priest after eighteen months.これが修正されるローマ法王gelasius ( 492 )によると、素人の人が誰だったかもしれない僧侶司祭定められた1年後、このようにできるようにして3カ月の間にそれぞれの聖職叙任経過と、素人の人が制定されていないのかもしれないモンク18カ月後の司祭。 At present the minor orders are generally conferred together on one day.現時点では、通常のマイナー受注して一日一緒に与えられた。

The bishops, who are the ministers of the sacrament ex officio, must inquire about the birth, person, age, title, faith, and moral character of the candidate.その司教は、閣僚たちは、聖餐式の職権は、出生について問い合わせる必要があります、人が、年齢、タイトル、信仰、および道徳的なキャラクターの候補です。 They must examine whether he is born of Catholic parents, and is spiritually, intellectually, morally, and physically fit for the exercise of the ministry.彼は生まれている必要があるかどうかを調べるのカトリック教徒の両親とは、精神的には、知的、道徳的、肉体的に適していると同省の行使です。 The age required by the canons is for subdeacons twenty-one, for deacons twenty-two, and for priests twenty-four years completed.年齢によって必要とされるための規範がsubdeacons 21 、 22 deaconsのため、 24年とプリーストを完了していません。 The pope may dispense from any irregularity and the bishops generally receive some power of dispensation also with regard to age, not usually for subdeacons and deacons, but for priests.法王免ずる5月から任意の不整を受け取ると、通常、いくつかの司教にも力を分け与え年齢と関連して、 subdeaconsとdeaconsていないため、通常は、しかし、プリースト。 Bishops can generally dispense for one year, whilst the pope gives dispensation for over a year; a dispensation for more than eighteen months is but very rarely granted.司教は、通常は1年分注するため、間、法王のために、 1年以上にわたる特免;では、 18カ月間以上も神の摂理だけど、非常にまれに与えています。 For admission to minor orders, the testimony from the parish priest or from the master of the school where the candidate was educated--generally, therefore, the superior of the seminary--is required.マイナーのための入学を受注、または教区司祭の証言から、マスタからの候補者は、どこの学校で教育を受けた-通常、したがって、その上の神学校-が必要です。 For major orders further inquiries must be made.問い合わせのための主要な受注前にしなければならない。 The names of the candidate must be published in the place of his birth and of his domicile and the result of such inquiries are to be forwarded to the bishop.その候補者の名前を公開しなければならない場所には、彼の誕生と彼の本籍やお問い合わせは、このような結果に転送されるのではなくて。 No bishop may ordain those not belonging to his diocese by reason of birth, domicile, benefice, or familiaritas, without dimissorial letters from the candidate's bishop.これらの規定はない可能性に属している司教監督管区の理由で彼の誕生は、本籍、封土、またはfamiliaritas 、 dimissorialなしに候補者の司教からの手紙です。

Testimonial letters are also required from all the bishops in whose dioceses the candidate has resided for over six months, after the age of seven.表彰状の手紙よりも必要なすべての司教で、候補者が常駐dioceses半年以上が、それ以降は7歳の時だ。 Transgression of this rule is punished by suspension latæ sententiæ against the ordaining bishop.罪で処罰されたのは、このルールに反対懸濁液latæ sententiæ司教に任命する。 In recent years several decisions insist on the strict interpretation of these rules.近年いくつかの意思決定の厳格な解釈を主張してこれらのルールです。 Subdeacons and deacons should pass one full year in these orders and they may then proceed to receive the priesthood. subdeaconsとdeacons通年では、これらの命令を1つに合格して次に進むを受ける可能性聖職に就く。 This is laid down by the Council of Trent (Sess. XXIII, c.xi.), which did not prescribe the time for minor orders.これは敷設されたトレントの評議会( 23 sess. 、 c.xi. )は、時間がなかったため、マイナーの注文を処方した。 The bishop generally has the power to dispense from these interstices, but it is absolutely forbidden, unless a special indult be obtained, to receive two major orders or the minor orders and the subdiaconate in one day.通常の司教は、これらの電源を免ずるintersticesから、それは絶対的に禁じられては、特別な場合を除きindult手に入れるには、 2つの主要な注文を受けるとか、マイナーsubdeaconの職を1日で受注した。

For the subdiaconate and the higher orders there is, moreover, required a title, ie, the right to receive maintenance from a determined source. subdeaconの職とは、受注が高く、また、必要なタイトルは、すなわち、メンテナンスを受ける権利をソースから決定されます。 Again, the candidate must observe the interstices, or times required to elapse between the reception of various orders; he must also have received confirmation and the lower orders preceding the one to which he is raised.繰り返しますが、その候補者を観察する必要がありますinterstices 、または経過時間の間に必要な様々な注文受付;彼を受け取ったことも確認する必要があります受注を下げると、彼は直前の1つに挙げられました。 This last requirement does not affect the validity of the order conferred, as every order gives a distinct and independent power.この最後の要求の正当性に影響することはありません与えられたために、すべての注文をすると別個の独立した電源です。 One exception is made by the majority of theologians and canonists, who are of opinion that episcopal consecration requires the previous reception of priest's orders for its validity.一つの例外は、大多数の神学者によって作られるとcanonists 、人の意見には、前のレセプションを必要として奉献聖公会の司祭の注文をその妥当性。 Others, however, maintain that episcopal power includes full priestly power, which is thus conferred by episcopal consecration.他は、しかし、権力を維持することが含まれて聖公会の聖職者の力を完全には、このように与えられた神聖化されたエピスコパル。 They appeal to history and bring forward cases of bishops who were consecrated without having previously received priest's orders, and though most of the cases are somewhat doubtful and can be explained on other grounds, it seems impossible to reject them all.彼らの歴史と魅力を持ち出す例司教たちが司祭の聖体拝領を受けたことなく、以前の注文は、ほとんどのケースではやや疑問ができると説明して他の理由で、それらをすべて拒否することは不可能だとしています。 It is further to be remembered that scholastic theologians mostly required the previous reception of priest's orders for valid episcopal consecration, because they did not consider episcopacy an order, a view which is now generally abandoned.それはさらなる修学されることを覚えて、前のレセプションに必要なほとんどの神学者の命令には、有効な米国聖公会司祭奉献、検討していないので、注文を主教団は、通常のビューには、今すぐ捨てています。

Obligations義務

For obligations attached to holy Orders see BREVIARY; CELIBACY OF THE CLERGY.僧籍に接続して義務を聖務日課書を参照してください;独身の聖職者です。

Ceremonies of Ordination式典の聖職叙任

From the beginning the diaconate, priesthood, and episcopate were conferred with special rites and ceremonies.先頭からの助祭の職、聖職者、およびbishopの地位が与えられた特別な儀式や式典している。 Though in the course of time there was considerable development and diversity in different parts of the Church, the imposition of hands and prayer were always and universally employed and date from Apostolic times (Acts 6:6; 13:3; 1 Timothy 4:14; 2 Timothy 1:6).時間の経過でもかなりの発展と多様性があったのさまざまな部分で、教会は、祈りと按手礼には、いつもと使徒時代から広く採用し、日付を記入(行為の午前6時06分、 13時03分; 1ティモシー4時14分; 2ティモシー1時06分) 。 In the early Roman Church these sacred orders were conferred amid a great concourse of clergy and people at a solemn station.これらの神聖なカトリック教会の初期受注は聖職者協議の中で、人々に大きなコンコースで、厳かに駅です。 The candidates, who had been previously presented to the people, were summoned by name at the beginning of the solemn Mass. They were placed in a conspicuous position, and anyone objecting to a candidate was called upon to state his objections without fear.その候補者は、以前に提示されていた人々には、名前が召喚されたミサの冒頭には、厳かにかれらは目立つ位置に置かれ、誰にも反対して候補者と呼ばれていた異議申し立てを恐れずに自分の状態です。 Silence was regarded as approval.沈黙は承認と見なされています。 Shortly before the Gospel, after the candidates were presented to the pope, the entire congregation was invited to prayer.直前の福音書は、候補者が提示した後に、法王は、全体の祈りの集会に招待された。 All prostrating, the litanies were recited, the pope then imposed his hands upon the head of each candidate and recited the Collect with a prayer of consecration corresponding to the order conferred.すべてのサジダは、 litanies読誦が、当時の法王が課せ両手を頭の上を収集して、各候補者と読誦の祈りをささげるために与えられた神聖化に対応しています。 The Gallican Rite was somewhat more elaborate. gallicanの儀式は、いくぶんより精巧になりました。 Besides the ceremonies used in the Roman Church, the people approving the candidates by acclamation, the hands of the deacon and the head and hands of priests and bishops were anointed with the sign of the Cross.加えて、ローマ教会の儀式で使用され、候補者の発声投票で、賛成の人たちは、手と手を頭のディーコンと司教のプリーストとしていた聖なる十字架の印です。 After the seventh century the tradition of the instruments of office was added, alb and stole to the deacon, stole and planeta to the priest, ring and staff to the bishop.後の7世紀の伝統楽器の事務所が追加されましたが、アルバとディーコンを盗んだ、盗んだとプラネタの司祭には、リングとスタッフのではなくて。 In the Eastern Church, after the presentation of the candidate to the congregation and their shout of approval, "He is worthy", the bishop imposed his hands upon the candidate and said the consecrating prayer.東方教会では、プレゼンテーションの後には、候補者の承認を叫ぶとその会衆は、 "彼は立派な"と、彼の手の上に課せ司教によると、候補者と祈りconsecrating 。

We now give a short description of the ordination rite for priests as found in the present Roman Pontifical.今や我々の簡単な説明を与えるための儀式の聖職叙任プリーストとしては、現在のローマ教皇が見つかりました。 All the candidates should present themselves in the church with tonsure and in clerical dress, carrying the vestments of the order to which they are to be raised, and lighted candles.すべての候補者の存在自体には、教会の聖職者の服装をして剃髪とは、服を運ぶためには、提起されているが、火のついたろうそくです。 They are all summoned by name, each candidate answering "Adsum".彼らはすべての召喚を名前で、各候補者に答える"はい" 。 When a general ordination takes place the tonsure is given after the Introit or Kyrie, the minor orders after the Gloria, subdiaconate after the Collect, the diaconate after the Epistle, priesthood after Alleluia and Tract.全般的聖職授与式が行われる際には、与えられた後、剃髪キリエ求憐誦入祭文や、マイナー受注後、グロリア、 subdeaconの職を収集した後には、助祭の職後、信徒、聖職後路ハレルヤとします。 After the Tract of the Mass the archdeacon summons all who are to receive the priesthood.ミサの後、路は、すべての人の助祭召喚状を受け取るには聖職に就く。 The candidates, vested in amice, alb, girdle, stole, and maniple, with folded chasuble on left arm and a candle in their right hand, go forward and kneel around the bishop.その候補者は、既得肩衣で、アルバは、ガードルは、盗んだ、および歩兵中隊で、折り畳んだchasuble上のろうそくの火を左腕と右手には、前進や司教の周りにひざまずく。 The latter inquires of the archdeacon, who is here the representative of the Church as it were, whether the candidates are worthy to be admitted to the priesthood.後者の照会は、助祭は、誰がここには教会の代表として、それは、価値があるかどうか、候補者たちは、聖職者に認めている。 The archdeacon answers in the affirmative and his testimony represents the testimony of fitness given in ancient times by the clergy and people.助祭との肯定的な回答は、彼の証言の証言を表しますフィットネス与えられた古代の聖職者とされる人々だ。 The bishop, then charging the congregation and insisting upon the reasons why "the Fathers decreed that the people also should be consulted", asks that, if anyone has anything to say to the prejudice of the candidates, he should come forward and state it.司教は、当時の信徒と主張して充電の理由が考えられます"と、父親の命令は、人々にも相談しなければならない"と、要求して、もし誰かが何かを言うには、候補者の偏見を捨てて、彼は名乗り出ると状態だ。

The bishop then instructs and admonishes the candidates as to the duties of their new office.次に、ビショップadmonishes指示や候補者としての職務を自分の新しいオフィスです。 He kneels down in front of the altar; the ordinandi lay themselves prostrate on the carpet, and the Litany of the Saints is chanted or recited.彼は、祭壇の前でダウンkneels ; ordinandiレイ自身のカーペットにサジダして、嫌になるほどのとは、聖人や読誦chanted 。 On the conclusion of the Litany, all arise, the candidates come forward, and kneel in pairs before the bishop while he lays both hands on the head of each candidate in silence.結論は、嫌になるほどして、すべての発生は、候補者の前に進み出るとペアの前にひざまずいている間、彼の司教が上向きに両手を頭の上で、各候補者の沈黙。 The same is done by all priests who are present.同じ処理が行われるのは、現在のすべての人のプリースト。 Whilst bishop and priests keep their right hands extended, the former alone recites a prayer, inviting all to pray to God for a blessing on the candidates.ビショップとプリースト続ける彼らの間の右手の延長、 recitesするだけで、元の祈りは、すべてを神に祈るために招待する候補者を祝福している。 After this follows the Collect and then the bishop says the Preface, towards the end of which occurs the prayer, "Grant, we beseech Thee etc."この後、以下のとおりですを収集し、その後、ビショップ氏は、序文は、 20世紀末に発生の祈りは、 "助成金は、我々嘆願なた等" The bishop then with appropriate formulæ crosses the stole over the breast of each one and vests him with the chasuble.次に、ビショップformulæ交差して、適切な乳房の各1つ以上を盗んだとして彼のチョッキchasuble 。 This is arranged to hang down in front but is folded behind.これは、前面に配置を垂れるだが背後には、折り畳んだ。 Though there is no mention of the stole in many of the most ancient Pontificals, there can be no doubt of its antiquity.かかわらず、盗んだ言及はないが、最も多くの古代pontificals 、疑いの余地はないの古代です。 The vesting with the chasuble is also very ancient and found already in Mabillon "Ord. VIII and IX." chasubleの既得しても非常に見つかった古代と既にマビヨン" ord 。 viii 、 9世です。 " Afterwards the bishop recites a prayer calling down God's blessing on the newly-ordained.その後、ビショップrecitesダウンする神の祝福の祈りをコールして新たに制定した。 He then intones the "Veni Creator", and whilst it is being sung by the choir he anoints the hands of each with the oil of catechumens.彼はその後、 intones " veniクリエーター" 、そして成されている間、彼はanoints合唱団の手にして、石油の各catechumens 。

In England the head also was anointed in ancient times.イングランドの頭の中にも公認された古代です。 The anointing of the hands, which in ancient times was done with chrism, or oil and chrism, was not used by the Roman Church, said Nicholas I (AD 864), though it is generally found in all ancient ordinals. anointingの手は、これで完了していた古代聖油、またはオイルと聖油は、ローマの教会を使用していない、と述べたニコラス私(広告864 )が、それは通常、すべての古代ordinalsが見つかりました。 It probably became a general practice in the ninth century and seems to have been derived from the British Church (Haddan and Stubbs, "Councils and Eccl. Documents", I, 141).おそらく一般的な慣行になったことは、 9世紀から派生してきたように、英国の教会(スタッブズhaddanとは、 "協議会とeccl 。書類"と、私は、 141 ) 。 The bishop then hands to each the chalice, containing wine and water, with a paten and a host upon it.次に、各司教は、聖杯を手には、ワインや水が含まれ、その上に金属製の円盤とホストです。 This rite, with its corresponding formula, which as Hugo of St. Victor says ("Sacr.", III, xii), signifies the power which has already been received, is not found in the oldest rituals and probably dates back not earlier than the ninth or tenth century.この儀式で、その対応する数式は、どのようによればヴィクトルユゴー聖( " sacr 。 " 、 3世、 12世)は、その意味では、すでに受信電力は、最古の儀式ではないと見られるが、おそらくよりも早くにさかのぼります。第9または10世紀です。 When the bishop has finished the Offertory of the Mass, he seats himself before the middle of the altar and each of those ordained make an offering to him of a lighted candle.ビショップが終了したときには、大量のさい銭は、彼自身の前の座席の真ん中には、それぞれの定められた祭壇とする彼には、火をつけたろうそくを提供しています。 The newly-ordained priests then repeat the Mass with him, all saying the words of consecration simultaneously.次に、新たに定められたプリーストの質量を繰り返していると、すべての奉献の言葉を同時に言っている。 Before the Communion the bishop gives the kiss of peace to one of the newly-ordained.聖体拝領の前にキスをし、平和を与えビショップの1つ、新たに制定した。 After the Communion the priests again approach the bishop and say the Apostle's Creed.プリーストの聖体拝領した後、再度アプローチの司教の使徒信条と言うのだ。 The bishop laying his hands upon each says: "Receive ye the Holy Ghost, whose sins you shall forgive they are forgiven them; and whose sins you shall retain, they are retained."両手を敷設して、各司教によれば: "なたがたは、聖霊を受ける、その罪を赦されているお客様は、本ソフトウェアを許されたこと、そしてその罪を保持する場合は、それらは保持されます。 " This imposition of hands was introduced in the thirteenth century.この按手礼が導入された13世紀です。 The chasuble is then folded, the newly-ordained make a promise of obedience and having received the kiss of peace, return to their place.次に、折り畳んだchasubleは、新たに制定するとの約束を受け取って、キスを服従させるの平和は、自分の場所に戻る。

Time and Place時間と場所

During the first centuries ordination took place whenever demanded by the needs of the Church.聖職授与式が行われた期間中の最初の世紀にもわたって要求されるたびに、教会のニーズです。 The Roman pontiffs generally ordained in December (Amalarius, "De offic.", II, i).通常、 12月に定められたローマpontiffs ( amalarius 、 "デoffic 。 " 、 2世、私) 。 Pope Gelasius (494) decreed that the ordination of priests and deacons should be held at fixed times and days, viz., on the fasts of the fourth, seventh, and tenth months, also on the fasts of the beginning and midweek (Passion Sunday) of Lent and on (holy) Saturday about sunset (Epist. ad ep. Luc., xi).ローマ法王gelasius ( 494 )プリーストと定められたのは、聖職叙任deaconsタイムズと固定しなければならない日間開かれた、 viz 。 、断食をして、 4番、 7番、 10番ヵ月間、断食をしても、初めの週の中ごろ(情熱日曜日)のレントとして約日没土曜日(聖) (欧州epist.広告です。リュク。 、 xi ) 。 This but confirmed what Leo the Great laid down, for he seems to speak of ordination on Ember Saturdays as an Apostolic tradition (Serm. 2, de jejun. Pentec.) The ordination may take place either after sunset on the Saturday or early on Sunday morning.しかし、何を確認し、この偉大な敷設レオは、彼のために話すようにして聖職叙任残り火土曜日の使徒としての伝統( serm. 2 、デjejun 。 pentec 。 )聖職授与式が行われるのは、日没後のいずれか早い土曜日または日曜日に朝です。 The ordination to major orders took place before the Gospel.聖職授与式が行われた注文の前に大きな福音です。

Minor orders might be given at any day or hour.受注マイナーかもしれないいつの日や時間が与えられる。 They were generally given after holy communion.彼らは通常、聖体拝領後に与えられた。 At present minor orders may be given on Sundays and days of obligation (suppressed included) in the morning.現在はマイナー受注日曜与えられたかもしれないとの日々の義務(抑圧に含まれる)は、午前中のです。 For the sacred orders, a privilege to ordain on other days than those appointed by the canons, provided the ordination takes place on Sunday or day of obligation (suppressed days included), is very commonly given.神聖な受注のために、特権を規定して、他の日に比べて任命された規範は、提供して聖職授与式が行われる日の日曜日または義務(抑圧日間に含まれる) 、は非常によく与えられる。 Though it was always the rule that ordinations should take place in public, in time of persecution they were sometimes held in private buildings.それはいつものルールにかかわらずordinationsばならない公共の場所では、彼らは時間の迫害時には民間の建物で行われた。 The place of ordinations is the church.その場所は、教会のordinations 。 Minor orders may be conferred in any place, but it is understood that they are given in the church.マイナー受注どんな場所で与えられたかもしれないが、それが理解されている教会で与えられた。 The Pontifical directs that ordinations to sacred orders must be held publicly in the cathedral church in presence of the cathedral chapter, or if they be held in some other place, the clergy should be present and the principle church, as far as possible, must be made use of (cf. Conc. Trid., Sess. XXIII, c. vii).教皇ordinationsの指示をして公然と行われた神聖な注文しなければならないの存在は、大聖堂の大聖堂の章で、またはもしどこか他の場所で開かれる、との原則を提示しなければならない聖職者教会には、できるだけ遠いところには、必要があります。使用する前に( cf. conc 。 trid 。 、 sess 。 23千佳子7 ) 。 (See SUBDEACON, DEACONS, HIERARCHY, MINOR ORDERS, ALIMENTATION). (参照してください副輔祭、 deacons 、階層内では、マイナーの注文は、栄養) 。

Publication information Written by Hubert Ahaus.ヒューバートahaus書かれた文献の情報です。 Transcribed by Robert B. Olson.ロバートBオルソン転写される。 Offered to Almighty God for the priests and brothers of the Legionaries of Christ and all the men ordained into the Priesthood of Our Lord Jesus Christ.全能の神を提供するために、プリーストと兄弟は、キリストのlegionariesと定められたすべての男たちに私たちの主イエスキリストの聖職に就く。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームxi 。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認は、 1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

The subject of ORDER is treated in its various aspects in the general works on Dogmatic Theology (Church and Sacraments).治療のためには、件名には、さまざまな面では、全般に取り組んで独断的な神学(教会と秘跡) 。 BILLOT; PESCH, De Sacr., pars II (Freiburg, 1909); TANQUEREY; HURTER; WILHELM AND SCANNELL, A Manual of Catholic Theology, II (London, 1908), 494-509; EINIG; TEPL; TOURNELY; SASSE; PALMIERI, De Romano Pontifice; PETAVIUS, De Ecclesia; HIBRARCH in Dogm., III; DE AUGUSTINIS, HALTZCLAU in Wirceburgenses. billot ;ペッシュ、デsacr 。 、 2部(フライブルク、 1909 ) ; tanquerey ;保護するもの;ヴィルヘルムとスキャネル氏は、マニュアルのカトリック神学は、 2世(ロンドン、 1908 ) 、 494から509 ; einig ; tepl ; tournely ;ザッセ;パルミエリは、デロマーノpontifice ;ペタヴィウス、デecclesia ; hibrarchでdogm 。 、 3世;デaugustinis 、 haltzclauでwirceburgenses 。 In Moral Theology and Canon Law, LEHMKUHL; NOLDIN, De Sacr.道徳的な神学や教会法では、レームクール; noldin 、デsacr 。 (Innsbruck, 1906); AERTNYS; GENICOT; BALLERINI-PALMIERI; LAURENTIUS; DEVOTI; CRAISSON; LOMBARDI; EINIG in Kirchenlex., sv Ordo; FUNK in KRAUS, Real-Encyklopädie, sv Ordo; HATCH in Dictionary of Christian antiquities, sv Orders, Holy. (インスブルック、 1906 ) ; aertnys ;ジェニコ; ballerini -パルミエリ;ラウレンチウス; devoti ; craisson ;ロンバルディ; einigでkirchenlex 。 、 sv ordo ;ファンク、クラウス、実encyklopädie 、 sv ordo ;ハッチで、キリスト教の辞書骨董品、受注svは、神聖な。 Special: HALLIER, De Sacris Electionibus et Ordinationibus (Paris, 1636), and in MIGNE, Theol.特別:アリエ、デsacris electionibus et ordinationibus (パリ、 1636 ) 、および、ミーニュ、 theol 。 Cursus, XXIV; MORIN, Comment. cursus 、 xxiv ; Morinが、コメントです。 historico-dogmaticus de sacris ecclesioe ordinationibus (Paris, 1655); MARTENE, De Antiquis Ecclesioe Ritibus (Venice, 1733); BENEDICT XIV, De Synod.歴史とdogmaticusデsacris ecclesioe ordinationibus (パリ、 1655 ) ; martene 、デantiquis ecclesioe ritibus (ベニス、 1733 ) ;ベネディクト14世は、ド会議です。 Diocoesana (Louvain, 1763); WITASSE, De Sacramento Ordinis (Paris, 1717); DENZINGER, Ritus Orientalium (Würzburg, 1863); GASPARRI, Tractatus Canonicus de Sacra Ordinatione (Paris, 1894); BRUDERS, Die Verfassung der Kirche (Mainz, 1904), 365; WORDSWORTH, The Ministry of Grace (London, 1901); IDEM, Ordination Problems (London, 1909); WHITHAM, Holy Orders in Oxford Library of Practical Theology (London, 1903); MOBERLEY, Ministerial Priesthood (London, 1897); SANDAY, Conception of Priesthood (London, 1898); IDEM, Priesthood and Sacrifice, a Report (London, 1900); HARNACK, tr. diocoesana (ルヴァン、 1763 ) ; witasse 、デサクラメントordinis (パリ、 1717 ) ;デンツィンガー、 ritus orientalium (ヴュルツブルク、 1863 ) ;ガスパリ、 tractatus canonicusデサクラordinatione (パリ、 1894年) ; bruders 、死ぬverfassungデアkirche (マインツ、 1904 ) 、 365 ;ワーズワース、同省のグレース(ロンドン、 1901 ) ;同文献は、聖職叙任問題(ロンドン、 1909 ) ; whitham 、僧籍に図書館の実践神学オックスフォード(ロンドン、 1903 ) ; moberley 、閣僚級聖職(ロンドン、 1897 ) ;サンデーは、受胎の聖職(ロンドン、 1898 ) ;同文献は、聖職者や犠牲には、報告書(ロンドン、 1900 ) ;ハルナック、 tr 。 OWEN, Sources of the Apostolic Canons (London, 1895); SEMERIA, Dogma, Gerarchia e Culto (Rome, 1902); DUCHESNE, Christian Worship (London, 1903); SALTET, Les Réordinations (Paris, 1907); MERTENS, Hierarchie in de eerste seuwen des Christendoms (Amsterdam, 1908); GORE, Orders and Unity (London, 1909).オーウェンは、ソースは、ローマ教皇の規範(ロンドン、 1895 ) ; semeria 、ドグマ、 gerarchia e culto (ローマ、 1902 ) ;デュシェーヌは、キリスト教の礼拝堂(ロンドン、 1903 ) ; saltet 、レréordinations (パリ、 1907 ) ;メルテン、 hierarchieでデeerste seuwenデchristendoms (アムステルダム、 1908 ) ;ゴアは、受注と団結(ロンドン、 1909 ) 。 For St. Jerome's opinions see SANDERS, Etudes sur St. Jérome (Brussels, 1903), and the bibliography on Hierarchy, ibid., pp.聖ジェロームの意見を参照してくださいサンダースは、聖etudesスルjérome (ブリュッセル、 1903 ) 、および文献上の階層内では、上に同じです。 、 pp 。 335-44). 335から44 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Major Orders 主要な受注
Monasticism 修道院生活
Nuns 修道女
Convent 修道院
Friars 修道士
Ministry

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです