Iconoclasm因習打破

General Information 総合案内

Iconoclasm (Greek eikon,"image"; klaein,"to break"), any movement against the religious use of images, especially the one that disturbed the Byzantine Empire in the 8th and 9th centuries.因習打破(ギリシャeikonは、 "画像" ; klaein 、 "を破る" ) 、いかなる宗教的な反対運動の画像を使って、特に、 1つのことに動揺しては、 8日と9日ビザンチン帝国世紀にもわたっている。 In 726 and 730 Emperor Leo III, the Isaurian, promulgated a decree forbidding the veneration of images. 726と730は皇帝レオ3世は、 isaurian 、令公布怖いの尊敬のイメージです。 This decision was condemned by the pope, but the iconoclastic doctrine was rigorously enforced at Constantinople (present-day Ýstanbul) by Leo and even more by his son and successor Constantine V, who had the worship of images condemned as idolatry at the church council held in the suburban palace of Hieria in 754.この決定は法王に非難されるのは、厳密に施行されたが、因習打破の教義をコンスタンティノープル(現ýstanbul日間)でレオと、彼の息子や後継者をもっとコンスタンティノスv 、崇拝者は、偶像崇拝のイメージとしては、死刑囚の教会で開かれた理事会hieria郊外の宮殿では、 754 。 The accession of Empress Irene brought with it a change in policy, and the iconoclasts were condemned in turn at the second Council of Nicaea, in 787.皇后両陛下の即位のアイリーン政策に変化をもたらしたことでは、との非難を順番iconoclastsが2番目のニカイア公会議では、 787 。 A second period of iconoclasm was inaugurated under imperial auspices in the first half of the 9th century; it ended with the final condemnation of iconoclasm at the Council of Orthodoxy, held in 843 under the patronage of Empress Theodora II.因習打破が発足する第2期の皇室の主催の下では、 9世紀前半;て終わった因習打破して、最終的な非難は、評議会の正統性は、後援の下で開かれた843皇后シオドーラⅡ 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The most serious argument against iconoclasm formulated by the Syrian theologian and Father of the Church John of Damascus was that it denied one of the fundamental tenets of the Christian faith, the doctrine of the incarnation.因習打破する最も深刻な定式化反対論の父とされるシリアの神学者ヨハネ教会のダマスカスの1つだったことを否定し、キリスト教信仰の根本的な教義は、教義の権化。 According to the defenders of images, Christ's human birth had made possible his representations, which in some sense shared in the divinity of their prototype.守備の画像によると、キリストの人間の誕生が可能となった彼の表明で、これはいくつかの意味では、神は彼らのプロトタイプを共有します。 The rejection of these images, therefore, automatically carried a repudiation of their cause.これらの画像の拒絶反応、したがって、その原因を自動的に拒否を運んだ。

In addition to its theological aspects, the iconoclastic movement seriously affected Byzantine art.その神学的な側面に加えて、深刻な影響を及ぼすの因習打破ビザンティン美術運動です。 Furthermore, the movement weakened the position of the empire by fomenting internal quarrels and splitting with the papacy, which began to abandon its Byzantine allegiance and seek alliance with the Franks.しかも、その運動の立場を弱体化さfomenting帝国内部分裂してローマ教皇の争いとは、ビザンチン帝国から始まったの忠誠を放棄フランクスとの同盟関係を求める。 Despite its victory in the theological sphere, the Eastern church was not successful in its challenge of imperial authority, even with John of Damascus's assertion that the emperor had no right to interfere in matters of faith.にもかかわらず、勝利には、神学的球は、東の教会ではないの皇室の権威に挑戦し成功しても、ジョンのダマスカスの主張をして、天皇がなかったの信仰の問題に干渉する権利を有する。 Both the introduction of iconoclasm and its condemnation at the councils of 787 and 843 were ultimately the result of imperial rather than ecclesiastical decisions, because the councils met only on imperial orders.因習打破の導入とその両方の非難は、 787と843の委員会が最終的に皇室のではなく、教会の意思決定の結果は、皇室のための委員会の命令に会った上でのみです。 Consequently, the authority of the emperor in both the spiritual and the secular spheres, and his control of the church, emerged from the controversy perceptibly strengthened.したがって、天皇の権威と世俗の両方で、精神的な分野、そして彼のコントロールは、教会は、このような論争から浮上perceptibly強化します。


Iconoclasm因習打破

Catholic Information カトリック情報

Iconoclasm (Eikonoklasmos, "Image-breaking") is the name of the heresy that in the eighth and ninth centuries disturbed the peace of the Eastern Church, caused the last of the many breaches with Rome that prepared the way for the schism of Photius, and was echoed on a smaller scale in the Frankish kingdom in the West.因習打破( eikonoklasmos 、 "イメージを破り" )は、その名の異端の8番と9番で動揺して、平和の世紀にもわたって東方教会では、最後には、多くの違反が原因で、ローマの道を用意してphotius分裂のは、とは規模が小さい上にエコーは、西フランク王国です。 The story in the East is divided into two separate persecutions of the Catholics, at the end of each of which stands the figure of an image-worshipping Empress (Irene and Theodora).その物語は、東は、 2つの別々に分けられ、カトリック教徒の迫害は、年末にはそれぞれのスタンドの図のイメージを崇拝皇后(アイリーンとシオドーラ) 。

I. THE FIRST ICONOCLAST PERSECUTION i.迫害の最初の聖像

The origin of the movement against the worship (for the use of this word see IMAGES, VENERATION OF) of images has been much discussed.反対運動の起源を崇拝する(この言葉を使用するための画像を参照して、尊敬の)の画像をずっと議論されています。 It has been represented as an effect of Moslem influence.されてmoslemの効果に影響を与えるとして表されます。 To Moslems, any kind of picture, statue, or representation of the human form is an abominable idol.イスラム教徒には、どんな種類の画像、彫像、あるいは人間の形で表現は、忌まわしいアイドルです。 It is true that, in a sense, the Khalifa at Damascus began the whole disturbance, and that the Iconoclast emperors were warmly applauded and encouraged in their campaign by their rivals at Damascus.それは事実だが、ある意味で、全体の擾乱が始まったハーリファダマスカスでは、聖像とは、天皇が熱烈な称賛と激励されたキャンペーンは、彼らのライバルはダマスカス。 On the other hand it is not likely that the chief cause of the emperor's zeal against pictures was the example of his bitter enemy, the head of the rival religion.その半面ことが原因である可能性は低いというの主任に対する熱意の天皇の例では、彼の写真を不倶戴天の敵は、ライバルの頭の部分を教えています。 A more probable origin will be found in the opposition to pictures that had existed for some time among Christians.概起源は、もっと反対して画像に見られるいくつかの時間の中に存在していたキリスト教徒。 There seems to have been a dislike of holy pictures, a suspicion that their use was, or might become, idolatrous among certain Christians for many centuries before the Iconoclast persecution began.毛嫌いしてきたがあるようだが、神聖な絵は、自分の使っていた疑いがある、あるいはなるかもしれない、偶像崇拝のキリスト教徒の間で特定の聖像の前世紀にもわたって多くの迫害を始めた。 The Paulicians, as part of their heresy held that all matter (especially the human body) is bad, that all external religious forms, sacraments, rites, especially material pictures and relics, should be abolished.そのpaulicians 、異端の一環として行われた彼らのすべての問題(特に人間の体内)は悪いですが、外部のすべての宗教的なフォームは、秘跡、儀式は、特に材料の写真や遺跡、廃止すべきである。 To honour the Cross was especially reprehensible, since Christ had not really been crucified.名誉の十字架には、特に非難されるべきは、本当にされて以来、キリストが十字架につけられていない。 Since the seventh century these heretics had been allowed to have occasional great influence at Constantinople intermittently with suffering very cruel persecution (see PAULICIANS). 7世紀以降、これらの異端が認められていたコンスタンティノープル不定期で断続的に大きな影響力を非常に残酷な迫害の苦しみ( pauliciansを参照してください) 。 But some Catholics, too shared their dislike of pictures and relics.しかし、いくつかのカトリック信者は、あまりにも自分が嫌いなの写真や遺跡の共有です。 In the beginning of the eighth century several bishops, Constantine of Nacolia in Phrygia, Theodosius of Ephesus, Thomas of Claudiopolis, and others are mentioned as having these views. 8世紀の初めには、いくつかの司教は、コンスタンティンのnacoliaでphrygia 、テオドシウスのエフェソス、トーマスのclaudiopolis 、およびこれらの意見を他人には取り上げられている。 A Nestorian bishop, Xenaeas of Hierapolis, was a conspicuous forerunner of the Iconoclasts (Hardouin IV, 306).ネストリウス派の司教には、ヒエラポリスxenaeasのは、先人のは、目立つiconoclasts (アルドゥアン4世、 306 ) 。 It was when this party got the ear of the Emperor Leo III (the Isaurian, 716-41) that the persecution began.それは、この党を手に入れたときは、耳大帝3世( isaurian 、七百十六から四十一まで)は、迫害が始まった。

The first act in the story is a similar persecution in the domain of the Khalifa at Damascus.物語の中では最初の行動は、似たような迫害では、ドメインには、ダマスカスハーリファ。 Yezid I (680-683) and his successors, especially Yezid II (720-24), thinking, like good Moslems, that all pictures are idols, tried to prevent their use among even their Christian subjects.私yezid ( 680から683 )と彼の後継者、特にyezid 2世(七百二十から二十四まで)は、思考は、イスラム教徒のようにいい、そのすべての画像は、偶像は、使用しようとしたのを防ぐため、彼らの間でさえキリスト教の科目です。 But this Moslem persecution, in itself only one of many such intermittent annoyances to the Christians of Syria, is unimportant except as the forerunner of the troubles in the empire.しかし、このmoslem迫害は、それ自体が1つだけのような断続的な頭痛には多くのキリスト教徒のシリア、取るに足りないものを除いては、先駆者としての悩みは、帝国です。 Leo the Isaurian was a valiant soldier with an autocratic temper.レオのは、勇敢な兵士をisaurian独裁気性。 Any movement that excited his sympathy was sure to be enforced sternly and cruelly.どんな運動をして興奮した彼は確かに同情と厳しく無情にも施行される。 He had already cruelly persecuted the Jews and Paulicians.彼はすでに、ユダヤ人迫害とpauliciansむごくています。 He was also suspected of leanings towards Islam.彼はまた、イスラムの疑いがある態度に向かっています。 The Khalifa Omar II (717-20) tried to convert him, without success except as far as persuading him that pictures are idols.オマル師のハーリファ2世(七一七〜二〇 )に変換しようとした彼は、成功せずに限り彼を説得することを除いては、偶像の画像です。 The Christian enemies of images, notably Constantine of Nacolia, then easily gained his ear.キリスト教の敵の画像、特にnacoliaコンスタンティノスのは、それから彼の耳を簡単に得ている。 The emperor came to the conclusion that images were the chief hindrance to the conversion of Jews and Moslems, the cause of superstition, weakness, and division in his empire, and opposed to the First Commandment.天皇に来たという結論には、最高の画像への変換の妨げにユダヤ人とイスラム教徒は、その原因の迷信、脱力感、そして彼の帝国課では、との最初の命令に反対しています。 The campaign against images as part of a general reformation of the Church and State.画像への反対運動の一環としての全般的な改革は、教会と国家です。 Leo III's idea was to purify the Church, centralize it as much as possible under the Patriarch of Constantinople, and thereby strengthen and centralize the State of the empire.レオ3世の考えは、教会を清めるためには、中央に集中することを可能な限りのコンスタンティノープル総主教の下で、中央集権強化し、もって同州のエンパイア。 There was also a strong rationalistic tendency among there Iconoclast emperors, a reaction against the forms of Byzantine piety that became more pronounced each century.合理主義的な傾向があったにも強い帝聖像の中には、反応に反対するビザンチンの形態の各世紀の信心深さがより鮮明にした。 This rationalism helps to explain their hatred of monks.この合理主義を説明するのに役立つ憎しみの僧侶。 Once persuaded, Leo began to enforce his idea ruthlessly.説得に1回、情け容赦レオ始めた彼のアイデアを実施する。 Constantine of Nacolia came to the capital in the early part of his reign; at the same time John of Synnada wrote to the patriarch Germanus I (715-30), warning him that Constantine had made a disturbance among the other bishops of the province by preaching against the use of holy pictures.コンスタンティヌスの首都に来たnacolia月初旬に彼の治世; synnadaそれと同時にヨハネの手紙を書いた私の古老オセール(七百十五から三十) 、コンスタンティノス警告していた彼の前にある障害のうち、州によっては、他の司教説教の神聖な画像の使用に反対です。 Germanus, the first of the heroes of the image-worshippers (his letters in Hardouin, IV 239-62), then wrote a defence of the practice of the Church addressed to another Iconoclast, Thomas of Claudiopolis (lc 245-62).オセールは、最初の英雄崇拝のイメージ(アルドゥアン彼の手紙で、 4世239から62 ) 、国防書きましたが、その後の練習は、別の教会の聖像宛には、トーマスのclaudiopolis ( lcを245から62まで) 。 But Constantine and Thomas had the emperor on their side.しかし、トーマスは、皇帝コンスタンティヌスとして自分たちの側です。 In 726 Leo III published an edict declaring images to be idols, forbidden by Exodus, xx, 4, 5, and commanding all such images in churches to be destroyed. 726レオ3世日付の勅令で宣言されるイメージの偶像は、禁止されてエクソダス、 XXを、 4 、 5 、このようなイメージで教会と指揮をすべて破棄してください。 At once the soldiers began to carry out his orders, whereby disturbances were provoked throughout the empire.一度、彼の命令を遂行する兵士を始めたことで、全体の攪乱挑発された帝国。 There was a famous picture of Christ, called Christos antiphonetes, over the gate of the palace at Constantinople.有名なキリストの像があった、と呼ばれるantiphonetesクリストスは、宮殿の門の上でコンスタンティノープル。 The destruction of this picture provoked a serious riot among the people.この絵の破壊挑発する人々の間で深刻な暴動。 Germanus, the patriarch, protested against the edict and appealed to the pope (729).オセールは、家父長は、抗議の勅令を不服として、ローマ法王( 729 ) 。 But the emperor deposed him as a traitor (730) and had Anastasius (730-54), formerly syncellus of the patriarchal Court, and a willing instrument of the Government, appointed in his place.しかし、天皇退位裏切り者としての彼とは( 730 )アナスタシオス(七百三十から五十四)は、かつての家父長syncellus裁判所は、楽器と喜んでは、政府は、彼の所に任命した。 The most steadfast opponents of the Iconoclasts throughout this story were the monks.不動の反対派の大半は、僧侶たちは、この物語を通してiconoclasts 。 It is true that there were some who took the side of the emperor but as a body Eastern monasticism was steadfastly loyal to the old custom of the Church.があったことは事実だが、いくつかの側面を誰でも天皇は断固として体東部に忠実な修道院生活習慣は、古い教会です。 Leo therefore joined with his Iconoclasm a fierce persecution of monasteries and eventually tried to suppress monasticism altogether.レオ因習打破するために参加して彼の激しい迫害を試みたが、最終的に修道院修道院生活を完全に抑制する。

The pope at that time was Gregory II (713-31).その時点では、法王グレゴリー2世(七一三から三一) 。 Even before he had received the appeal of Germanus a letter came from the emperor commanding him to accept the edict, destroy images at Rome, and summon a general council to forbid their use.控訴前にもかかわらず、彼は、オセールの手紙を受け取ったから来た彼の指揮天皇の勅令を受け入れることは、ローマを破壊するイメージで、総務会を召喚すると彼らの使用を禁止しています。 Gregory answered, in 727, by a long defence of the pictures.グレゴリー答えは、 727 、国防の画像によって、長いです。 He explains the difference between them and idols, with some surprise that Leo does not already understand it.彼はそれらの違いを説明し、偶像、レオ驚くことではないが、すでにいくつかのことを理解する。 He describes the lawful use of, and reverence paid to, pictures by Christians.彼は、合法的な使用を記述し、畏敬の念を払って、画像をキリスト教徒です。 He blames the emperor's interference in ecclesiastical matters and his persecution of image-worshippers.彼のせいで、天皇の干渉の問題と彼の教会の礼拝の迫害のイメージです。 A council is not wanted; all Leo has to do is to stop disturbing the peace of the Church.指名手配の理事会ではありません;すべてのレオを停止しなければならないことは、平和の心をかき乱す教会です。 As for Leo's threat that he will come to Rome, break the statue of St. Peter (apparently the famous bronze statue in St. Peter's), and take the pope prisoner, Gregory answers it by pointing out that he can easily escape into the Campagna, and reminding the emperor how futile and now abhorrent to all Christians was Constans's persecution of Martin I. He also says that all people in the West detest the emperor's action and will never consent to destroy their images at his command (Greg. II, "Ep. I ad Leonem").レオの脅威としては彼が来ることをローマでは、聖ペテロの銅像を破る(どうやら、有名な聖ペテロのブロンズ像が) 、ローマ法王捕虜を取ると、それに対する回答グレゴリーのだということを指摘することによって簡単に逃げ込むのカンパーニャは、天皇と思い出させて無益なそして今どのようにしてすべてのキリスト教徒は、コンスタンスの忌まわしい迫害のマーティンi.彼はまた、すべての人々によれば、西の方では、天皇の行動を嫌悪するとは決して自分のイメージで彼の同意を破棄するコマンド( greg. 2世は、 "欧州。 leonem私の広告"を参照) 。 The emperor answered, continuing his argument by saying that no general council had yet said a word in favour of images that he himself is emperor and priest (basileus kai lereus) in one and therefore has the right to make decrees about such matters.天皇答えは、彼の議論を継続していないと言っていた総務会によると、単語を支持していないことは彼自身のイメージとは、天皇の司祭(バシレウスlereusカイ)で、そのためには、 1つの権利を作るような事柄については政令。 Gregory writes back regretting that Leo does not yet see the error of his ways.レオグレゴリーの書き込みではないことを悔やんだ背面の過ちを悟らせるを参照してください。 As for the former general Councils, they did not pretend to discuss every point of the faith; it was unnecessary in those days to defend what no one attacked.元総長は、協議会としては、議論するふりをしていない点は、すべての信仰;それは不必要なものを守るその当時は誰も攻撃しています。 The title Emperor and Priest had been conceded as a compliment to some sovereigns because of their zeal in defending the very faith that Leo now attacked.天皇のタイトルや司祭を褒めていたいくつかの譲歩としての血筋を守るため、彼らの熱意は非常に信仰して、今すぐに攻撃レオ。 The pope declares himself determined to withstand the emperor's tyranny at any cost, though he has no defence but to pray that Christ will send a demon to torture the emperor's body that his soul be saved, according to 1 Corinthians 5:5.法王自身の決意を宣言し、天皇の圧政に耐える石にかじりついても、国防しかしかかわらず、彼はないことを祈って悪魔を送信するには、キリストの拷問の体天皇に保存して彼の魂は、 1コリンチャンスによると、午前5時05分です。

Meanwhile the persecution raged in the East.一方で、東の迫害盛んです。 Monasteries were destroyed, monks put to death, tortured, or banished.修道院が破壊、僧侶死刑、拷問を受け、あるいは追放した。 The Iconoclasts began to apply their principle to relics also, to break open shrines and burn the bodies of saints buried in churches.彼らの原則を適用するのiconoclastsを始めた遺跡にも、神社ややけどを破るオープン聖人の遺体の教会の中に埋めている。 Some of them rejected all intercession of saints.いくつかの仲裁を拒否されたすべての聖徒。 These and other points (destruction of relics and rejection of prayers to saints), though not necessarily involved in the original programme are from this time generally (not quite always) added to Iconoclasm.これらおよびその他のポイント(遺跡の破壊や拒絶反応の祈りを聖人)は、必然的に関与するわけではありませんが、元のプログラムには通常、この時期から(いえないいつも)因習打破に追加されます。 Meanwhile, St. John Damascene (d. 754).一方、ダマスコの聖ヨハネ( d. 754 ) 。 safe from the emperor's anger under the rule of the Khalifa was writing at the monastery of St Saba his famous apologies "against those who destroy the holy icons".天皇の怒りをより安全なルールの下では、書面でハーリファは彼の有名な修道院聖サバ謝罪"を破壊する者に対する神聖なアイコン"だ。 In the West, at Rome, Ravenna, and Naples, the people rose against the emperor's law.西の方では、ローマ、ラベンナ、ナポリ、バラの人々に対して、天皇の法則です。 This anti-imperial movement is one of the factors of the breach between Italy and the old empire, the independence of the papacy, and the beginning of the Papal States.この運動は、反帝国の要因の1つは、イタリアとの間の不和旧帝国は、ローマ教皇の独立性、および州の最初の教皇。 Gregory II already refused to send taxes to Constantinople and himself appointed the imperial dux in the Ducatos Romanus.グレゴリーを拒否し、すでに2世コンスタンティノープルと自分自身を送信して税金を任命したのは、インペリアルデュックスducatos romanus 。 From this time the pope becomes practically sovereign of the Ducatus.この時から、法王が事実上の主権ducatus 。 The emperor's anger against image-worshippers was strengthened by a revolt that broke out about this time in Hellas, ostensibly in favour of the icons.天皇崇拝の怒りに対するイメージが強化されることが勃発しました。反乱については、この時期にヘラス、表向きのアイコンを支持しています。 A certain Cosmas was set up as emperor by the rebels.特定のcosmasがセットアップされるゲリラとしての天皇です。 The insurrection was soon crushed (727), and Cosmas was beheaded.暴動はすぐに押しつぶさ( 727 ) 、およびcosmasはbeheaded 。 After this a new and severer edict against images was published (730), and the fury of the persecution was redoubled.この後、新しい画像が公開さと深刻に反対勅令( 730 ) 、および、大荒れの迫害は倍増した。

Pope Gregory II died in 731. 731グレゴリウス2世が死亡した。 He was succeeded at once by Gregory III, who carried on the defence of holy images in exactly the spirit of his predecessor.彼は一度に成功したグレゴリー3世は、誰運ば防衛の神聖なイメージを表現して正確には、前任者の精神です。 The new pope sent a priest, George, with letters against Iconoclasm to Constantinople.新法王の司祭に送った、ジョージ、因習打破に反対して手紙をコンスタンティノープル。 But George when he arrived, was afraid to present them, and came back without having accomplished his mission.しかし、彼が到着する際、ジョージは、かれらが怖かったを提示し、彼の任務を達成せずに帰ってきた。 He was sent a second time on the same errand, but was arrested and imprisoned in Sicily by the imperial governor.彼は、 2回目に送信して、同じ用事が、逮捕され、収監される皇室はシチリア州知事。 The emperor now proceeded with his policy of enlarging and strengthening his own patriarchate at Constantinople.彼の政策を今すぐに進み、天皇の拡大と強化には、自分の正教会コンスタンティノープル。 He conceived the idea of making it as great as all the empire over which he still actually ruled.彼というアイデアを思い付いたのすべてのと同じくらいすごいことを彼はまだ実際に帝国を支配する。 Isauria, Leo's birthplace, was taken from Antioch by an imperial edict and added to the Byzantine patriarchate, increasing it by the Metropolis, Seleucia, and about twenty other sees.イサウリア、レオの発祥の地、アンティオキアから取られたとされる追加してビザンチン帝国勅令正教会、メトロポリス増加することによって、セレウキア、およびその他の目は約20 。 Leo further pretended to withdraw Illyricum from the Roman patriarchate and to add it to that of Constantinople, and confiscated all the property of the Roman See on which he could lay his hands, in Sicily and Southern Italy.レオのさらなるイリュリクムふりを撤回してから、ローマ正教会のコンスタンティノープルを追加して、すべての財産を押収し、ローマで彼がレイを参照してください彼の手は、イタリア南部シチリアとします。 This naturally increased the enmity between Eastern and Western Christendom.この自然増加キリスト教東洋と西洋の恨み。 In 731 Gregory III held a synod of ninety-three bishops at St. Peter's in which all persons who broke, defiled, or took images of Christ, of His Mother, the Apostles or other saints were declared excommunicate.グレゴリーIIIの731で93の会議を開き、聖ペテロの司教では、すべての人が浮上すると、 defiled 、またはキリストのイメージは、彼の母親は、使徒や他の聖人が破門を宣言した。 Another legate, Constantine, was sent with a copy of the decree and of its application to the emperor, but was again arrested and imprisoned in Sicily.別の使節、コンスタンティンは、そのコピーが送られて令とは、天皇への応用が、再び逮捕され、収監されたシチリア。 Leo then sent a fleet to Italy to punish the pope; but it was wrecked and dispersed by a storm.レオそれから艦隊を派遣するイタリアのローマ教皇を罰する;しかし、それは嵐の難破と分散された。 Meanwhile every kind of calamity afflicted the empire; earthquakes, pestilence, and famine devastated the provinces while the Moslems continued their victorious career and conquered further territory.一方で、あらゆる種類の災難罹災帝国;地震、疫病、飢饉で荒廃と地方の間、イスラム教徒のキャリアを続けて勝利するとさらなる領土征服。

Leo III died in June, 741, in the midst of these troubles, without having changed policy.レオ3世が死亡した今年6月、 741は、これらの悩みの中で、政策を変更することなく。 His work was carried on by his son Constantine V (Copronymus, 741-775), who became an even greater persecutor of image-worshippers than had been his father.彼の作品は、彼の息子のコンスタンティノスによって運ばしてv ( copronymus 、七四一〜七七五)は、さらに大きな迫害者になった人の画像-礼拝ていたよりも彼の父親だ。 As soon as Leo III was dead, Artabasdus (who had married Leo's daughter) seized the opportunity and took advantage of the unpopularity of the Iconoclast Government to raise a rebellion.レオ3世は、できるだけ早く死んで、 artabasdus (結婚していたレオの娘)の機会を押収したとの評判の悪さに付け込まれたの聖像を政府に反乱を提起する。 Declaring himself the protector of the holy icons he took possession of the capital, had himself crowned emperor by the pliant patriarch Anastasius and immediately restored the images.宣言は、自分自身の守護聖所持彼は、首都のアイコンは、自分自身が天皇カンムリクマタカアナスタシオス家父長されるとすぐに復元、しなやかなイメージです。 Anastasius, who had been intruded in the place of Germanus as the Iconoclast candidate, now veered round in the usual Byzantine way, helped the restoration of the images and excommunicated Constantine V as a heretic and denier of Christ.アナスタシオス、侵犯されていた場所は、オセールの聖像の候補としては、今すぐビザンチンV字形ラウンドで、いつものように、そのイメージの回復を助けたとexcommunicatedコンスタンティノスvとして、キリストの異端とデニール。 But Constantine marched on the city, took it, blinded Artabasdus and began a furious revenge on all rebels and image-worshippers (743).しかしコンスタンティノス市街地を行進して、それは、目が見えなくなるとartabasdus猛烈な復讐を開始するすべての反政府勢力とのイメージの崇拝( 743 ) 。 His treatment of Anastasius is a typical example of the way these later emperors behaved towards the patriarchs through whom they tried to govern the Church.アナスタシオス彼の治療方法は、典型的な例では、これらの後に天皇に向かって行儀patriarchsを通して彼らは教会を支配しようとした。 Anastasius was flogged in public, blinded, driven shamefully through the streets, made to return to his Iconoclasm and finally reinstated as patriarch.アナスタシオスfloggedでは、公共、目が見えなくなる、駆動恥ずかしいほどの通り、彼の前に戻るには家父長としての因習打破そして最後に再度。 The wretched man lived on till 754. 754までの悲惨な男に住んでいます。 The pictures restored by Artabasdus were again removed.復元された写真artabasdus再び削除されます。 In 754 Constantine, taking up his father's original idea summoned a great synod at Constantinople that was to count as the Seventh General Council. 754コンスタンティンで、彼の父親のオリジナルのアイデアを取りに大きな会議で召喚されたコンスタンティノープル総評議会第7回としてカウントしています。 About 340 bishops attended; as the See of Constantinople was vacant by the death of Anastasius, Theodosius of Ephesus and Pastilias of Perge presided.司教約340人が出席;としてのコンスタンティノープルを参照してください空席だったアナスタシオスの死によって、テオドシウスのエフェソスperge大統領とのpastilias 。 Rome, Alexandria, Antioch, and Jerusalem refused to send legates, since it was clear that the bishops were summoned merely to carry out the emperor's commands.ローマ、アレクサンドリア、アンティオキア、エルサレムlegates送信を拒否し、それははっきりして以来召喚司教が単に天皇のコマンドを実行することです。 The event showed that the patriarchs had judged rightly.このイベントによると、正しく判断patriarchsいた。 The bishops at the synod servilely agreed to all Constantine's demands.司教会議は、奴隷のようにすべてのコンスタンティノスの要求に合意しています。 They decreed that images of Christ are either Monophysite or Nestorian, for -- since it is impossible to represent His Divinity -- they either confound or divorce His two natures.かれらに定められたキリストのイメージはキリスト単性論やネストリウス派のどちらか、を-以来彼の神性を表すことは不可能-彼らのどちらかまたは離婚を混同する彼の2つの性質です。 The only lawful representation of Christ is the Holy Eucharist.合法的な表現だけでは、キリストの聖体。 Images of saints are equally to be abhorred; it is blasphemous to represent by dead wood or stone those who live with God.聖人の画像には、等しくabhorred ;不敬を表すことは木材や石で死者を抱えて生きる人たちの神です。 All images are an invention of the pagans -- are in fact idols, as shown by Ex xx, 4, 5; Deut.画像はすべての発明、多神教徒-偶像は、実際には、 X Xを元に表示されて、 4 、 5 ; d eut。 v, 8; John iv, 24; Rom. v 、 8 ;ジョン4世は、 24 ; ROMのです。 i, 23-25.私は、 23-25 。 Certain texts of the Fathers are also quoted in support of Iconoclasm.特定の教科書には、父の因習打破にも支持を引用しています。 Image-worshippers are idolaters, adorers of wood and stone; the Emperors Leo and Constantine are lights of the Orthodox faith, our saviours from idolatry.画像の礼拝は、多神教徒は、木材や石adorers ;の皇帝コンスタンティヌスレオとは、ライトは、正統派の信仰は、私たちの偶像崇拝からsaviours 。 A special curse is pronounced against three chief defenders of images -- Germanus, the former Patriarch of Constantinople, John Damascene, and a monk, George of Cyprus.発音に対しては、 3つの特別な呪いのチーフ守備のイメージ-オセールは、元のコンスタンティノープル総主教、ジョンダマスコのは、僧侶と、ジョージのキプロスです。 The synod declares that "the Trinity has destroyed these three" ("Acts of the Iconoclast Synod of 754" in Mansi XIII, 205 sq.).会議宣言して、 "これらの3つのトリニティが破壊" ( "行為には、会議の聖像754 " mansi 13世は、 205 sq 。 ) 。

The bishops finally elected a successor to the vacant see of Constantinople, Constantine, bishop of Sylaeum (Constantine II, 754-66), who was of course a creature of the Government, prepared to carry on its campaign.最後に、司教の後継者を選出するの空席を参照してくださいコンスタンティノープル、コンスタンティンは、司教のsylaeum (コンスタンティノス2世、七五四から六六)は、生き物のある人はもちろん、政府は、そのキャンペーンの準備をして運ぶ。 The decrees were published in the Forum on 27 August, 754.この政令は、フォーラムで公開された8月27日、 754 。 After this the destruction of pictures went on with renewed zeal.この画像を破壊した後、新たな熱意をもっつづけました。 All the bishops of the empire were required to sign the Acts of the synod and to swear to do away with icons in their dioceses.すべての司教は、帝国が必要に署名する行為は、会議を誓うとは、アイコンを廃止するdioceses 。 The Paulicians were now treated well, while image-worshippers and monks were fiercely persecuted.今すぐに扱われたのpauliciansうーん、礼拝中に画像や僧侶迫害が激しくています。 Instead of paintings of saints the churches were decorated with pictures of flowers, fruit, and birds, so that the people said that they looked like grocery stores and bird shops.教会の代わりに、聖人の肖像画が飾られていた花の写真が、果物、そして鳥のように、彼らのような人々によると、鳥の食料品店やショップです。 A monk Peter was scourged to death on 7 June, 761; the Abbot of Monagria, John, who refused to trample on an icon, was tied up in a sack and thrown into the sea on 7 June, 761; in 767 Andrew, a Cretan monk, was flogged and lacerated till he died (see the Acta SS., 8 Oct.; Roman Martyrology for 17 Oct.); in November of the same year a great number of monks were tortured to death in various ways (Martyrology, 28 Nov.).僧侶scourgedピーターは6月7日に死亡し、 761 ; monagriaのアボットは、ジョンは、アイコンを踏みつける人を拒否し、袋が縛り付けられているが、海に投げ込まれると6月7日、 761 ; 767アンドリューでは、クレタ島の僧侶、 floggedと破裂するまでは、彼が亡くなった( ss acta参照してください。は、 10月8日;ローマ殉教史のため10月17日) ;は同年11月に、多数の僧侶たちは、さまざまな方法で拷問を受けて死亡(殉教史は、 11月28日) 。 The emperor tried to abolish monasticism (as the centre of the defence of images); monasteries were turned into barracks; the monastic habit was forbidden; the patriarch Constantine II was made to swear in the ambo of his church that although formerly a monk, he had now joined the secular clergy.天皇を廃止しようとした修道院生活(国防の中心部としてのイメージ) ;修道院が変わる兵舎;の僧院の習慣は禁じられて;のコンスタンティノス2世総主教は前に誓うアンボは、以前にもかかわらず、彼の教会の僧侶が、彼は教区司祭は今すぐに加わった。 Relics were dug up and thrown into the sea, the invocation of saints forbidden.遺跡から掘り出され、海に投げ出されるとは、聖人の呼び出しを禁じられています。 In 766 the emperor fell foul of his patriarch, had him scourged and beheaded and replaced by Nicetas I (766-80), who was, naturally also an obedient servant of the Iconoclast Government.ファウルで766天皇落ちた彼の家父長は、 scourgedいた彼と私beheadedと置き換えられてnicetas ( 766-80 )は、人は、自然に従順な召使いにも、政府は、聖像です。 Meanwhile the countries which the emperors power did not reach kept the old custom and broke communion with the Iconoclast Patriarch of Constantinople and his bishops.いっぽう、皇帝の権力をしなかった国の保管に達すると、古い慣習を破った聖体拝領のコンスタンティノープル総主教と彼の司教聖像です。 Cosmas of Alexandria, Theodore of Antioch, and Theodore of Jerusalem were all defenders of the holy icons in communion with Rome.アレクサンドリアのcosmas 、セオドアのアンティオキア、エルサレムとセオドアは全員守備では、アイコンの神聖ローマ聖体拝領している。 The Emperor Constantine V died in 775.死亡した皇帝コンスタンティヌスv 775 。 His son Leo IV (775-80), although he did not repeal the Iconoclast law was much milder in enforcing them.息子レオ4世(七七五から八〇 )は、廃止していないにもかかわらず、彼はそれをずっと軽症では、法執行因習打破してください。 He allowed the exiled monks to come back, tolerated at least the intercession of saints and tried to reconcile all parties.彼のおかげで、亡命中の僧侶たちに戻ってきて、少なくとも容認聖人の仲裁のすべての政党と和解しようとした。 When the patriarch Nicetas I died in 780 he was succeeded by Paul IV (780-84), a Cypriote monk who carried on a half-hearted Iconoclast policy only through fear of the Government.私が死んだときには780古老nicetasに成功した彼はポールのIV (七百八十〜八十四)は、僧侶たちcypriote運ば因習打破して、中途半端な恐怖が、政府の政策を通じてのみです。 But Leo IV's wife Irene was a steadfast image-worshipper.しかし、レオ4世の妻アイリーンは、不動のイメージに崇拝。 Even during her husband's life she concealed ho}y icons in her rooms.夫の人生の中でさえ隠しホ) y彼女は彼女の部屋のアイコンです。 At the end of his reign Leo had a burst of fiercer Iconoclasm.彼の治世の終わりには、バーストが激しくレオ因習打破。 He punished the courtiers who had replaced images in their apartments and was about to banish the empress when he died 8 September, 780. courtiersに置き換えていた彼は罰せられるのは、マンションのイメージを追放すると皇后については、彼が死亡した時9月8日、 780 。 At once a complete reaction set in.完全な反応を一度にセットします。

II. Ⅱ 。 THE SECOND GENERAL COUNCIL (NICEA II, 787) 2番目の総評議会( nicea 2世、 787 )

The Empress Irene was regent for her son Constantine VI (780-97), who was nine years old when his father died.皇后アイリーンは、彼女の息子コンスタンティノス6世の摂政(七八〇 〜九七)氏は、 9歳の時、父親が死亡した。 She immediately set about undoing the work of the Iconoclast emperors.彼女は、すぐに設定を元に戻す作業については、帝聖像です。 Pictures and relics were restored to the churches; monasteries were reopened.復元された遺跡の写真や教会、修道院が再オープンした。 Fear of the army, now fanatically Iconoclast, kept her for a time from repealing the laws; but she only waited for an opportunity to do so and to restore the broken communion with Rome and the other patriarchates.軍隊への恐怖は、今や熱狂的聖像は、彼女のために保管する時間を取り消すための法律;しかし、彼女だけのための機会を待っていたようで、ローマの聖体拝領を復元すると、他の壊れたpatriarchates 。 The Patriarch of Constantinople, Paul IV, resigned and retired to a monastery, giving openly as his reason repentance for his former concessions to the Iconoclast Government.コンスタンティノープル総主教のは、ポール4世は、定年退職を辞任すると修道院は、彼の理由として公然と悔恨の念を与えて彼の元政府が譲歩して、聖像です。 He was succeeded by a pronounced image-worshipper, Tarasius.彼は成功したと発音される画像の崇拝、 tarasius 。 Tarasius and the empress now opened negotiations with Rome.今の皇后tarasiusとの交渉でローマにオープンします。 They sent an embassy to Pope Adrian I (772-95) acknowledging the primacy and begging him to come himself, or at least to send legates to a council that should undo the work of the Iconoclast synod of 754.かれらは大使館に送られるローマ法王エイドリアン私(七七二から九五)の優位と認め托鉢に来る彼自身、あるいは少なくともlegatesを送信することは、評議会の仕事を元に戻すことは、会議の聖像754 。 The pope answered by two letters, one for the empress and one for the patriarch.法王は答えましたされた2つの文字、 1つ1つのためには、皇后と家父長です。 In these he repeats the arguments for the worship of images agrees to the proposed council, insists on the authority of the Holy See, and demands the restitution of the property confiscated by Leo III.これらの引数が繰り返されるため、彼のイメージを崇拝する理事会の提案に同意する、と主張して、聖なる権威を参照してください、と返還を要求してレオ3世の財産を没収された。 He blames the sudden elevation of Tarasius (who from being a layman had suddenly become patriarch), and rejects his title of Ecumenical Patriarch, but he praises his orthodoxy and zeal for the holy images.彼のせいには、突然の高度tarasius (誰から急になっていたが、素人家父長)は、彼のタイトルの総大主教と拒否するが、彼は自分の正統性と熱意を高く評価し、聖なるイメージです。 Finally, he commits all these matters to the judgment of his legates.最後に、彼は、これらすべての問題をコミットして自分の判断legates 。 These legates were an archpriest Peter and the abbot Peter of St. Saba near Rome.これらlegates長司祭は、聖ペテロとアボットピーターローマサバ近くです。 The other three patriarchs were unable to answer, they did not even receive Tarasius's letters, because of the disturbance at that time in the Moslem state.その他の3つのことができませんでしたpatriarchsに答えて、かれらさえしなかったtarasiusの手紙を受け取るため、今回の障害は、その時点でmoslem状態です。 But two monks, Thomas, abbot of an Egyptian monastery and John Syncellus of Antioch, appeared with letters from their communities explaining the state of things and showing that the patriarchs had always remained faithful to the images.しかし、 2つの僧侶たちは、トーマス、アボットは、エジプトのアンティオキアsyncellus修道院とジョンは、彼らのコミュニティが登場してからの手紙の状態を説明するということを示すものとし、常に残っていたpatriarchsに忠実なイメージです。 These two seem to have acted in some sort as legates for Alexandria, Antioch and Jerusalem.これらの2つのようだが、何らかの行動をlegatesアレキサンドリアとして、アンティオキアとエルサレムのです。

Tarasius opened the synod in the church of the Apostles at Constantinople. tarasius会議を開いたのは、教会で、使徒コンスタンティノープル。 in August, 786; but it was at once dispersed by the Iconoclast soldiers.昨年8月、 786 ;しかし、それは聖像の兵士を一度に分散される。 The empress disbanded those troops and replaced them by others; it was arranged that the synod should meet at Nicaea in Bithynia, the place of the first general council.皇后解散されたこれらの部隊と交代して他;手配していたニカイア会議で会うbithyniaすべきは、その場所の最初の総務会です。 The bishops met here in the summer of 787, about 300 in number.ここで会ったの司教の夏787 、数の上では約300人。 The council lasted from 24 September to 23 October.審議会から10月24日から23日まで続いた。 The Roman legates were present; they signed the Acts first and always had the first place in the list of members, but Tarasius conducted the proceeding, apparently because the legates could not speak Greek.現在は、ローマlegates ;彼らの行為を最初に署名したとは、第1位は、いつものメンバーリストではなく、実施tarasius論文は、どうやらlegatesので、ギリシャ語を話すことができなかった。 In the first three sessions Tarasius gave an account of the events that had led up to the Council, the papal and other letters were read out, and many repentant Iconoclast bishops were reconciled.最初の3つのセッションでは、アカウントのtarasiusイベントを主導していた同会議は、教皇やその他の文字が声を出して読む、そして多くの司教が仲直り後悔の聖像です。 The fathers accepted the pope's letters as true formulas of the Catholic Faith.法王の手紙を受け入れた、父親の真の数式としては、カトリック教徒の信仰です。 Tarasius, when he read the letters, left out the passages about the restitution of the confiscated papal properties, the reproaches against his own sudden elevation and use of the title Ecumenical Patriarch, and modified (but not essentially) the assertions of the primacy. tarasius 、手紙を読むときには、取り残されているの通路については、返還は、押収したローマ法王のプロパティでは、彼自身に対する非難して使用する高度の突然の総大主教のタイトル、および更新(基本的にはない)の主張の優位性です。 The fourth session established the reasons for which the use of holy images is lawful, quoting from the Old Testament passages about images in the temple (Exodus 25:18-22; Numbers 7:89; Ezekiel 41:18-19; Hebrews 9:5), and also citing a great number of the Fathers. 4番目のセッションを確立する理由は、合法的な使用を神聖なイメージは、旧約聖書の言葉を引用し通路についてイメージからは、寺(出エジプト記25:18-22 ;番号7:89 ;エゼキエル41:18-19 ;ヘブル人への手紙9 : 5 ) 、また大きな理由は、父の番号です。 Euthymius of Sardes at the end of the session read a profession of faith in this sense. euthymiusのsardes読んで、セッションの終わりにその意味な信仰告白する。 In the fifth session Tarasius explained that Iconoclasm came from Jews, Saracens, and heretics; some Iconoclast misquotations were exposed, their books burnt, and an icon set up in the hall in the midst of the fathers. 5番目のセッションで因習打破tarasius説明してから来たユダヤ人は、サラセンズ、および異端; misquotationsにさらされたいくつかの聖像は、自分の本を焼き、セットアップすると、アイコンのホールで、父親の真っただ中にいる。 The sixth session was occupied with the Iconoclast synod of 754; its claim to be a general council was denied, because neither the pope nor the three other patriarchs had a share in it. 6番目のセッションが占領して会議の聖像754 ;その主張を否定したが、総務会では、法王のためにも、また他の3つを共有していたpatriarchs 。 The decree of that synod (see above) was refuted clause by clause.この会議令(上記参照)していた条項反論した条項だ。 The seventh session drew up the symbol (horos) of the council, in which, after repeating the Nicene Creed and renewing the condemnation of all manner of former heretics, from Arians to Monothelites, the fathers make their definition.第7回のセッションを作ったのシンボル( horos )は、評議会は、これは、後の更新を繰り返してニカイア信条と非難あらゆる種類の元異端、 ariansをmonothelitesからは、彼らの祖先を定義します。 Images are to receive veneration (proskynesis), not adoration (latreia); the honour paid to them is only relative (schetike), for the sake of their prototype.画像は尊敬の念を受け取る( proskynesis )ではなく、礼拝( latreia ) ;の名誉を支払ったことが相対的にのみ( schetike )は、彼らのための試作品です。 Anathemas are pronounced against the Iconoclast leaders; Germanus, John Damascene, and George of Cyprus are praised.因習打破の指導者に対しては、発音anathemas ;オセール、ジョンダマスコのは、ジョージのキプロスとは、賞賛した。 In opposition to the formula of the Iconoclast synod the fathers declare: "The Trinity has made these three glorious" (he Trias tous treis edoxasen).公式に反対して、父親の宣言は、聖像会議: "トリニティは、これら3つの栄光" (彼用Trias tous treis edoxasen ) 。 A deputation was sent to the empress with the Acts of the synod; a letter the clergy of Constantinople acquainted them with its decision.皇后を代表して、送信された行為は、宗教会議;コンスタンティノープル手紙の知り合いの聖職者の意思決定しています。 Twenty-two canons were drawn up, of which these are the chief: 22規範が策定、そのうちこれらは、主任:

canons 1 and 2 confirm the canons of all former general councils;規範1と2のすべての規範を確認して元総長協議会;

canon 3 forbids the appointment of ecclesiastical persons by the State; only bishops may elect other bishops;キヤノンの教会の3人を任命することを禁じます状態;のみ他の司教司教を選出する可能性;

canons 4 and 5 are against simony; 4と5の規範に反対する聖職売買;

canon 6 insists on yearly provincial synods;キヤノンを主張して6年間の地方synods ;

canon 7 forbids bishops, under penalty of deposition, to consecrate churches without relics;キヤノン7することを禁じます司教は、罰を受けて沈着、教会を奉献なし遺跡;

canon 10 forbids priests to change their parishes without their bishops consent;キヤノン10プリーストを変更することを禁じますparishes彼らの同意なしに自分の司教;

canon 13 commands all desecrated monasteries to be restored;キヤノン13修道院を冒涜されるすべてのコマンドを復元;

canons 18-20 regulate abuses in monasteries.修道院の乱用を規制する規範18-20 。

An eighth and last session was held on 23 October at Constantinople in the presence of Irene and her son.そして最後の8番目のセッションが行われた10月23日、コンスタンティノープルは、アイリーンと彼女の息子の存在です。 After a discourse by Tarasius the Acts were read out and signed by all, including the empress and the emperor. tarasius後の談話で、声を出して読むと署名された行為をすべて含め、天皇皇后両陛下とします。 The synod was closed with the usual Polychronia or formal acclamation, and Epiphanius, a deacon of Catania in Sicily, preached a sermon to the assembled fathers.この会議は正式に閉鎖して、いつものpolychroniaや拍手、そして聖エピファニオスは、ディーコンシチリアのカターニアでは、父親の説教するような説教を組み立てています。 Tarasius sent to Pope Adrian an account of all that had happened, and Adrian approved the Acts (letter to Charles the Great) and had them translated into Latin.エイドリアンtarasius法王のアカウントに送られるすべてのことが起こったのは、その行為を承認したとエイドリアン(チャールズに手紙を偉大な)とはラテン語に翻訳されています。 But the question of the property of the Holy See in Southern Italy and the friendship of the pope towards the Franks still caused had feeling between East and West; moreover an Iconoclast party still existed at Constantinople, especially in the army.しかし、財産は、神聖な質問には、南部のイタリアとの友情を参照してください法王の原因はまだフランクスに向かって東と西の間の感情;しかもまだ存在するパーティーでコンスタンティノープル聖像は、特に、陸軍。

III. Ⅲ 。 THE SECOND ICONOCLAST PERSECUTION 2番目の聖像の迫害

Twenty-seven years after the Synod of Nicaea, Iconoclasm broke out again. 27年後のニカイア会議は、因習打破再び勃発しています。 Again the holy pictures were destroyed, and their defenders fiercely persecuted.再び、聖なる滅ぼされた画像、およびそれらの守備を激しく迫害した。 For twenty-eight years the former story was repeated with wonderful exactness. 28年前の話は素晴らしい正確に繰り返される。 The places of Leo III, Constantine V, and Leo IV are taken by a new line of Iconoclast emperors -- Leo V, Michael II, Theophilus.その場所のレオ3世、コンスタンティノスVやレオ4世がとられる新しい行の聖像帝-レオv 、マイケル2世は、テオフィロス。 Pope Paschal I acts just as did Gregory II, the faithful Patriarch Nicephorus stands for Germanus I, St. John Damascene lives again in St. Theodore the Studite.法王パスカリス2世グレゴリーは私と同じような行為は、忠実な家父長は、オセールnicephorus私は、命を再びダマスコの聖ヨハネの聖セオドアstudite 。 Again one synod rejects icons, and another, following it, defends them. 1つのアイコンが再び会議を拒否し、もう一つは、次のことは、それらを守る。 Again an empress, regent for her young son, puts an end to the storm and restores the old custom -- this time finally.再び、皇后両陛下は、彼女の幼い息子を摂政は、 Answersは、嵐に終止符を打つと、古い習慣に戻す-この時期にやっとです。

The origin of this second outbreak is not far to seek.この2番目の発生の起源を求めるまでに寄付さではない。 There had remained, especially in the army, a considerable Iconoclast party.あるがまま、特に陸軍は、かなりの聖像党です。 Constantine V, their hero had been a valiant and successful general against the Moslems, Michael I (811-13), who kept the Faith of the Second Council of Nicaea, was singularly unfortunate in his attempt to defend the empire. vコンスタンティンは、彼らのヒーローが成功すると全般に対する勇敢なイスラム教徒は、私のマイケル(八百十一から十三)は、 2番目の人の信仰を飼っていましたニカイア公会議は、非常に不幸なことに彼は、帝国を守るための試みだ。 The Iconoclasts looked back regretfully to the glorious campaigns of his predecessor, they evolved the amazing conception of Constantine as a saint, they went in pilgrimage to his grave and cried out to him: "Arise come back and save the perishing empire".残念そうに振り返ったの輝かしいiconoclastsキャンペーンの前任者は、かれらの驚くべき進化の概念として、聖コンスタンティンは、彼らは、巡礼の旅をするうちに彼の墓と彼は叫んだ: "を付けて保存生じるべらぼうに戻ってくるの帝国" 。 When Michael I, in June, 813, was utterly defeated by the Bulgars and fled to his capital, the soldiers forced him to resign his crown and set up one of the generals Leo the Armenian (Leo V, 813-20) in his place.マイケルとき私は、今年6月、 813 、惨敗したが、彼の資本bulgarsと逃亡して、兵士たちは彼の辞任せざるをえませんでしたクラウンセットアップすると、 1つのアルメニアレオ将軍(レオv 、 813〜20 )ぎをたしなめる。 An officer (Theodotus Cassiteras) and a monk (the Abbot John Grammaticus) persuaded the new emperor that all the misfortunes of the empire were a judgment of God on the idolatry of image-worship.ある将校( theodotus cassiteras )とモンク(ジョンアボットgrammaticus )を説得して、新しい天皇は、帝国のすべての不幸を判断するのは、偶像崇拝のイメージの神を崇拝しています。 Leo, once persuaded, used all his power to put down the icons, and so all the trouble began again.レオは、一度説得し、自分の力をこき下ろそう使用されるすべてのアイコンが、今のすべての苦労が始まったとしてください。

In 814 the Iconoclasts assembled at the palace and prepared an elaborate attack against images, repeating almost exactly the arguments of the synod of 754. 814の組み立てには、宮殿とiconoclasts精巧な攻撃を準備する画像は、ほぼ正確に繰り返しては、会議の引数754 。 The Patriarch of Constantinople was Nicephorus I (806-15), who became one of the chief defenders of images in this second persecution.コンスタンティノープル総主教のは、私のnicephorus ( 806から15まで) 、守備の人が1つの画像には、この2番目のチーフ迫害です。 The emperor invited him to a discussion of the question with the Iconoclasts; he refused since it had been already settled by the Seventh General Council.彼には、天皇を招待しての議論の質問iconoclasts ;彼を拒否されていたので、すでに解決される第7回総務会です。 The work of demolishing images began again.この仕事を始めたの取り壊しをイメージしてください。 The picture of Christ restored by Irene over the iron door of the palace, was again removed.復元されたキリストの絵アイリーンは、宮殿の鉄の扉は、再び削除された。 In 815 the patriarch was summoned to the emperor's presence. 815の家父長を召喚し、天皇の存在だった。 He came surrounded by bishops, abbots, and monks, and held a long discussion with Leo and his Iconoclast followers.彼は司教に囲まれて、 abbots 、と僧侶たちは、長い議論が行われたとレオと彼の聖像の信者です。 Inn he same year the emperor summoned a synod of bishops, who, obeying his orders, deposed the patriarch and elected Theodotus Cassiteras (Theodotus I, 815-21) to succeed him.彼は同じ年に旅館を召喚する天皇の司教会議は、人は、彼の命令に従う、と退陣の家父長に選出さtheodotus cassiteras ( theodotus私は、八一五〜二一)に成功した。 Nicephorus was banished across the Bosporus.ボスポラス海峡横断nicephorus追放された。 Till his death in 829, he defended the cause of the images by controversial writings (the "Lesser Apology", "Antirrhetikoi", "Greater Apology", etc. in PG, C, 201-850; Pitra, "Spicileg. Solesm.", I, 302-503; IV, 233, 380), wrote a history of his own time (Historia syntomos, PG, C, 876-994) and a general chronography from Adam (chronographikon syntomon, in PG, C, 995-1060).彼の死は829まで、彼のイメージを守って物議を醸すの原因を記述する( "小謝罪" 、 " antirrhetikoi " 、 "大謝罪"は、パプアニューギニアなどで、カップ、二〇一から八五〇まで;ピトラは、 " spicileg 。 solesm 。 "と、私は、三〇二〜五〇三;静脈内、 233 、 380 ) 、彼自身の歴史を書いてある時間( historia syntomos 、パプアニューギニア、カップ、 876〜994 )とアダムから全般的chronography ( chronographikon syntomon 、パプアニューギニア、カップ、 995 -1060 ) 。 Among the monks who accompanied Nicephorus to the emperor's presence in 815 was Theodore, Abbot of the Studium monastery at Constantinople (d. 826).僧侶たちの伴奏を務めたnicephorusのうち、天皇の存在感を815セオドアは、アボットの修道院では、留学コンスタンティノープル( d. 826 ) 。 Throughout this second Iconoclast persecution St. Theodore (Theodorus Studita) was the leader of the faithful monks, the chief defender of the icons.この2番目の迫害を通して聖像聖セオドア( theodorus studita )は、僧侶たちのリーダーは、忠実には、アイコンの主任弁護人です。 He comforted and encouraged Nicephorus in his resistance to the emperor, was three times banished by the Government, wrote a great number of treatises controversial letters, and apologies in various forms for the images.彼は彼の慰めと励ましの抵抗力をnicephorus天皇は、追放された3回政府は、数多くの論文を書いた手紙物議を醸す、および画像をさまざまな形で謝罪した。 His chief point is that Iconoclasts are Christological heretics, since they deny an essential element of Christ's human nature, namely, that it can be represented graphically.彼の主なポイントは、 christological異端iconoclastsは、必要不可欠な要素を否定するので、キリストの人間の本性は、すなわち、そのグラフィカルに表現することができます。 This amounts to a denial of its reality and material quality, whereby Iconoclasts revive the old Monophysite heresy.この金額は、現実を否定する材料の品質とは、キリスト単性論異端では、古いiconoclasts復活。 Ehrhard judges St. Theodore to be "perhaps the most ingenious [der scharfsinnigste] of the defenders of the cult of images" (in Krumbacher's "Byz. Litt.", p. 150).聖セオドアエールハルト裁判官に"たぶん最も独創的[デアscharfsinnigste ]は、守備の教団のイメージ" (クルムバハーの" byz 。リット"と述べた。 、 p. 150 ) 。 In any case his position can be rivalled only by that of St. John Damascene.いずれにしても自分の立場だけでできることrivalledダマスコの聖ヨハネ。 (See his work in PG, XCIX; for an account of them see Krumbacher, op. cit., 147-151, 712-715; his life by a contemporary monk, PG, XCIX, 9 sq.) His feast is on 11 Nov. in the Byzantine Rite, 12 Nov. in the Roman Martyrology. (彼の作品を参照してくださいパプアニューギニアでは、九十九;かれらのために、アカウントを参照してくださいクルムバハー、 opです。 cit 。 、 147〜151 、 712から715 ;彼の人生を、現代の僧侶は、パプアニューギニア、九十九、 9 sq 。 )彼の宴会では、 11ビザンチンの儀式は、 11月、 11月12日、ローマで殉教史。

The first thing the new patriarch Theodotus did was to hold a synod which condemned the council of 787 (the Second Nicene) and declared its adherence to that of 754.まず、新しいtheodotus家父長会議を開催することだったが、評議会の死刑囚787 ( 2番目のニカイア)と宣言した754付着している。 Bishops, abbots, clergy, and even officers of the Government who would not accept its decree were deposed, banished, tortured.司教は、 abbots 、聖職者は、誰とでも、政府職員の法令はないが退陣を受け入れるのは、追放、拷問を受けています。 Theodore of Studium refused communion with the Iconoclast patriarch, and went into exile.セオドアの聖体拝領を拒否して留学古老因習打破し、国外追放に入った。 A number of persons of all ranks were put to death at this time, and his references; pictures of all kinds were destroyed everywhere.数多くのあらゆる階層の人々が死刑を現時点では、と彼のリファレンス;滅ぼされたすべての種類の写真があふれている。 Theodore appealed to the pope (Paschal I, 817-824) in the name of the persecuted Eastern image-worshippers.セオドア不服として、ローマ法王(復活祭の私は、八一七から八二四)の名の下に迫害東部-崇拝イメージです。 At the same time Theodotus the Iconoclast patriarch, sent legates to Rome, who were, however not admitted by the pope, since Theodotus was a schismatical intruder in the see of which Nicephorus was still lawful bishop.それと同時に、聖像theodotus総主教は、ローマに送られるlegatesには、人が、しかし、法王を認めていないため、侵入者は、 theodotusはschismaticalを参照してくださいnicephorusの合法的な司教はまだです。 But Paschal received the monks sent by Theodoret and gave up the monastery of St. Praxedes to them and others who had fled from the persecution in the East.しかし、復活祭の僧侶たちによって送られるtheodoret受け取ったとあきらめた修道院聖praxedesをしていた他の人からの迫害で、東に逃げた。 In 818 the pope sent legates to the emperor with a letter defending the icons and once more refuting the Iconoclast accusation of idolatry.法王は818 legates送った手紙を弁護して、天皇のアイコンと反論またもや告発偶像崇拝の聖像です。 In this letter he insists chiefly on our need of exterior signs for invisible things: sacraments, words, the sign of the Cross.この手紙で彼は私たちの必要性を主張して、主に外部の目に見えないものの標識:秘跡は、言葉では、十字架の印です。 and all tangible signs of this kind; how, then, can people who a admit these reject images?そしてこのようなすべての有形の兆し;方法については、その後、これらを認めることを拒否する人々のイメージですか? (The fragment of this letter that has been preserved is published in Pitra, "Spicileg. Solesm.". II, p. xi sq.). (この手紙の断片が保存されてきたピトラ日付で、 " spicileg 。 solesmです" 。 2世、 p. xi sq 。 ) 。 The letter did not have any effect on the emperor; but it is from this time especially that the Catholics in the East turn with more loyalty than ever to Rome as their leader, their last refuge in the persecution.その手紙には何の効果もない天皇;しかし、それは、特にこの時期からは、カトリック教徒で、東の電源をこれまでよりもより多くの忠誠心をローマの指導者として、自分たちの最後の避難所は、迫害です。 The well-known texts of St. Theodore in which he defends the primacy in the strongest possible language -- eg, "Whatever novelty is brought into the Church by those who wander from the truth must certainly be referred to Peter or to his successor . . . . Save us, chief pastor of the Church under heaven" (Ep. i, 33, PG., XCIX, 1018); "Arrange that a decision be received from old Rome as the custom has been handed down from the beginning by the tradition of our fathers" (Ep. ii, 36; ibid., 1331 --were written during this persecution).よく知られたテキスト聖セオドアは彼の可能性を守る最強の言語での優位性-例えば、 "どのような目新しさは、教会に入っていくことをさまよう人々から真実をしなければ、きっと彼の後継者に言及したり、ピーターです。 。 。 。保存する私たちは、教会の主任牧師は、天の下に" ( ep.私は、 33 、以上観覧可。 、 99 、 1018 ) ; "を手配して、昔のローマから受け取った意思決定には、カスタムとして伝承されてから開始される私たちの祖先の伝統" ( ep. 2世、 36 ;同じです。 、 1331 -この迫害の中に書かれた) 。

The protestations of loyalty to old Rome made by the Orthodox and Catholic Christians of the Byzantine Church at the time are her last witness immediately before the Great Schism.昔の抗議に忠誠を作ったローマカトリックの正統派やキリスト教徒は、ギリシャ正教会時点では、彼女の最後の証人の直前に大分裂。 There were then two separate parties in the East having no communion with each other: the Iconoclast persecutors under the emperor with their anti-patriarch Theodotus, and the Catholics led by Theodore the Studite acknowledging the lawful patriarch Nicephorus and above him the distant Latin bishop who was to them the "chief pastor of the Church under heaven".それから2つの別々の政党があったが、お互いに聖体拝領がない東日本:迫害者の聖像の下で、彼らの反天皇theodotus家父長は、カトリック教徒主導したと認めstuditeセオドア、上記の合法的な家父長nicephorusと彼の遠い者ラテンビショップかれらは、 "天国の主任牧師は、教会の下に" 。 On Christmas Day, 820, Leo V ended his tyrannical reign by being murdered in a palace revolution that set up one of his generals, Michael II (the Stammerer, 820-29) as emperor.クリスマスの日、 820 、レオv終わった彼の暴虐な治世中に殺害され、セットアップして1つの革命宮殿の家臣、マイケル2世(吃音、八百二十から二十九まで)として天皇です。 Michael was also an Iconoclast and continued his predecessors policy, though at first he was anxious not to persecute but to conciliate every one.マイケルは、彼の前任者でもある聖像や政策の継続が、彼は最初は心配していないしかし、迫害を調停するごとに1つです。 But he changed nothing of the Iconoclast law and when Theodotus the anti-patriarch died (821) he refused to restore Nicephorus and set up another usurper, Antony, formerly Bishop of Sylaeum (Antony I, 321-32).しかし、彼は、何も変わっtheodotus因習打破法と、反総主教が死亡したとき( 821 )彼を拒否してセットアップすると別の復元nicephorus強奪者は、アントニーは、かつての司教sylaeum (アントニー私は、三二一から三二) 。 In 822 a certain general of Slav race, Thomas, set up a dangerous revolution with the help of the Arabs. 822総長のスラブで、特定の人種、トーマスは、危険な革命をセットアップするアラブ人の助けを借りています。 It does not seem that this revolution had anything to do with the question of images.それがないように見えるが、この革命は何かという問題にしているイメージです。 Thomas represented rather the party of the murdered emperor, Leo V. But after it was put down, in 824, Michael became much more severe towards the image-worshippers.むしろ、党代表のトーマス殺害天皇、レオ対しかし後に恥をかかせることが、 824は、マイケルがはるかに深刻なイメージに向かって礼拝。 A great number of monks fled to the West, and Michael wrote a famous letter full of bitter accusations of their idolatry to his rival Louis the Pious (814-20) to persuade him to hand over these exiles to Byzantine justice (in Manse, XIV, 417-22).大勢の僧侶たちが、西側に逃亡して、有名な手紙を書いたとマイケルは完全に彼らの偶像崇拝の激しい非難して、彼のライバルであるルイ敬虔な彼を説得して(八百十四から二十)これらの亡命者を引き渡すビザンチン正義(牧師館では、 14世、 417から22まで) 。 Other Catholics who had not escaped were imprisoned and tortured, among whom were Methodius of Syracuse and Euthymius, Metropolitan of Sardes.他のカトリック信者たちが投獄され、拷問を受けたエスケープはない、との間で誰がeuthymiusシラキュースmethodiusのは、首都圏のsardes 。 The deaths of St. Theodore the Studite (11 Nov., 826) and of the lawful patriarch Nicephorus (2 June, 828) were a great loss to the orthodox at this time.セオドアが死亡し、 studite聖( 11月11日、 826 )とは、合法的な家父長nicephorus ( 6月2日、 828 )が大きな損失を現時点では、正統派だ。 Michael's son and successor, Theophilus, (829-42), continued the persecution still more fiercely.マイケルの息子と後継者は、テオフィロス、 (八百二十九から四十二まで)は、まだ続きがもっと激しく迫害した。 A monk, Lazarus, was scourged till he nearly died; another monk, Methodius, was shut up in prison with common ruffians for seven years; Michael, Syncellus of Jerusalem, and Joseph, a famous writer of hymns, were tortured.僧侶は、ラザロは、近くにいた彼が死亡するまでscourged ;別の僧侶、 methodius 、閉じるべきでは、 7年間の刑務所で共通ruffians ;マイケルは、エルサレムsyncellus 、とヨセフは、ある有名な作家の賛美歌、拷問いた。 The two brothers Theophanes and Theodore were scourged with 200 strokes and branded in the face with hot irons as idolaters (Martyrol. Rom., 27 December).二人の兄弟のセオドアtheophanesとしていた200打とscourgedブランドとしての顔をして熱いアイアンズ多神教徒( martyrol. ROMのです。は、 12月27日) 。 By this time all images had been removed from the churches and public places, the prisons were filled with their defenders, the faithful Catholics were reduced to a sect hiding about the empire, and a crowd of exiles in the West.この時点ですべての画像が削除されてから、教会や公共の場所では、刑務所に満ちていた彼らの守備は、忠実なカトリック教徒が隠れている教派の減額については、帝国をすると、群衆の中で、西側の亡命者です。 But the emperor's wife Theodora and her mother Theoctista were faithful to the Second Nicene Synod and waited for better times.しかし、天皇の妻と母親のシオドーラtheoctista忠実には、第2回ニカイア会議と待って良いです。

Those times came as soon as Theophilus died (20 January, 842).テオフィロスできるだけ早く来た人が死亡した回( 1月20日、 842 ) 。 He left a son, three years old, Michael III (the Drunkard, who lived to cause the Great Schism of Photius, 842-67), and the regent was Michael's mother, Theodora.左側にある彼の息子は、 3歳で、マイケル3世(酔っぱらいのは、人の暮らしの大分裂を引き起こすphotius 、八四二から六七) 、および、摂政は、マイケルの母親、シオドーラ。 Like Irene at the end of the first persecution, Theodora at once began to change the situation.アイリーン末のように、最初の迫害は、一度にシオドーラ状況を変更し始めた。 She opened the prisons, let out the confessors who were shut up for defending images, and recalled the exiles.彼女は、刑務所にオープン、 confessorsせてイメージを守るためにこもっていた、と振り返るの亡命者です。 For a time she hesitated to revoke the Iconoclast laws but soon she made up her mind and everything was brought back to the conditions of the Second Council of Nicea.彼女のために時間を取り消すには聖像の法律ためらったが、すぐ彼女は彼女の心とするすべての条件を持ち帰ったは2番目の評議会nicea 。 The patriarch John VII (832-42), who had succeeded Antony I, was given his choice between restoring the images and retiring.ジョン7世の家父長(八百三十二から四十二)は、成功したアントニーていた私は、彼の選択肢が与えられたイメージを復元するとの間に退職した。 He preferred to retire.彼は引退を推奨しています。 and his place was taken by Methodius, the monk who had already suffered years of imprisonment for the cause of the icons (Methodius I, 842-46).と彼は、撮影された場所methodius 、僧侶たちはすでに年間の懲役刑を受けたのは、アイコンを引き起こす( methodius私は、八四二から四六) 。 In the same year (842) a synod at Constantinople approved of John VII's deposition, renewed the decree of the Second Council of Nicaea and excommunicated Iconoclasts.同じ年には、 ( 842 ) 、コンスタンティノープル会議で承認済みのジョン7世の沈着は、新たに2番目のニカイア公会議令とexcommunicated iconoclasts 。 This is the last act in the story of this heresy.これは、昨年のこの物語の中では異端行為です。 On the first Sunday of Lent (19 February, 842) the icons were brought back to the churches in solemn procession.四旬節の第1日曜日には( 2月19日、 842 )のアイコンが持ち帰った教会厳かな行進している。 That day (the first Sunday of Lent) was made into a perpetual memory of the triumph of orthodoxy at the end of the long Iconoclast persecution.その日(四旬節の第1日曜日には)永遠の記憶は前には、勝利の末に正教の聖像の迫害長いです。 It is the "Feast of Orthodoxy" of the Byzantine Church still kept very solemnly by both Uniats and Orthodox.それは、 "ごちそうの正統性"は、ギリシャ正教会依然として非常に厳粛に保管さuniatsと正統派の両方です。 Twenty years later the Great Schism began. 20年後の大分裂を始めた。 So large has this, the last of the old heresies, loomed in the eyes of Eastern Christians that the Byzantine Church looks upon it as a kind of type of heresy in general the Feast of Orthodoxy, founded to commemorate the defeat of Iconoclasm has become a feast of the triumph of the Church over all heresies.今は、この大規模な、最後には、古いheresies 、 loomed東部のキリスト教徒の目には、ギリシャ正教会が見えるようにすることにある種のタイプの異端の正統性全般のごちそうは、設立を記念し、因習打破の敗北となって祝宴の勝利は、すべての教会やり直すheresies 。 It is in this sense that it is now kept.それはこの意味では現在保管しています。 The great Synodikon read out on that day anathematizes all heretics (in Russia rebels and nihilists also) among whom the Iconoclasts appear only as one fraction of a large and varied class.大きな声を出して読むsynodikonその日anathematizesすべての異端(ロシアでも反政府勢力とnihilists )のうちの一つとしてのみ表示されますiconoclasts誰の何分の一か、大規模で多様なクラスです。 After the restoration of the icons in 842, there still remained an Iconoclast party in the East, but it never again got the ear of an emperor, and so gradually dwindled and eventually died out.復旧後には、 842のアイコンが、まだ残ってパーティーには、東聖像が、それは決して再び耳を手に入れたの天皇は、徐々に減少し、最終的に死亡したのでアウト。

IV. 4 。 ICONOCLASM IN THE WEST西の方では因習打破

There was an echo of these troubles in the Frankish kingdom, chiefly through misunderstanding of the meaning of Greek expressions used by the Second Council of Nicaea.これらのトラブルがあったエコーフランク王国では、主にギリシャ語の意味を誤解を通して表現で使用される2番目のニカイア公会議。 As early as 767 Constantine V had tried to secure the sympathy of the Frankish bishops for his campaign against images this time without success.早ければコンスタンティノス767 vの共感を確保しようとしたが、彼のフランク司教への反対運動をせずに画像のこの時期に成功した。 A synod at Gentilly sent a declaration to Pope Paul I (757-67) which quite satisfied him.会議では宣言文を送ったgentillyパウルス私( 757から67まで)が彼にかなり満足です。 The trouble began when Adrian I (772-95) sent a very imperfect translation of the Acts of the Second Council of Nicaea to Charles the Great (Charlemagne, 768-8l4).エイドリアン私の苦労が始まったときに、非常に不完全( 772から95まで)送ら行為を翻訳した2番目のニカイア公会議にチャールズの偉大(シャルルマーニュ、 768 - 8l4 ) 。 The errors of this Latin version are obvious from the quotations made from it by the Frankish bishops.このエラーは、このバージョンは明白ラテン語から引用することによって、フランク司教から作られる。 For instance in the third session of the council Constantine, Bishop of Constantia, in Cyprus had said: "I receive the holy and venerable images; and I give worship which is according to real adoration [kata latreian] only to the consubstantial and life-giving Trinity" (Mansi, XII, 1148).例えば、第3セッションでは、理事会のコンスタンティノスは、司教のコンスタンシアは、キプロスが言った: "私は由緒ある画像を受信すると、聖なる;崇拝を与えると私によると、これは本物の礼拝[ kata latreian ]のみを同本質と人生-トリニティを与える" ( mansi 、 12世、 1148 ) 。 This phrase had been translated: "I receive the holy and venerable images with the adoration which I give to the consubstantial and life-giving Trinity" ("Libri Carolini", III, 17, PL XCVIII, 1148).このフレーズいた翻訳: "私は、由緒ある画像を受信して、聖なる礼拝をしてあげると、同本質生命トリニティ" ( " liberの複数carolini " 、 3 、 17 、 pl 98 、 1148 ) 。 There were other reasons why these Frankish bishops objected to the decrees of the council.他の理由が考えられますがあったこれらのフランク司教は、審議会令に反対しています。 Their people had only just been converted from idolatry, and so they were suspicious of anything that might seem like a return to it.その人たちは偶像崇拝から変換されたばかりだし、だからかどうかは疑わしいもののように思われるかもしれないことに戻ります。 Germans knew nothing of Byzantine elaborate forms of respect; prostrations, kisses, incense and such signs that Greeks used constantly towards their emperors, even towards the emperor's statues, and therefore applied naturally to holy pictures, seemed to these Franks servile, degrading, even idolatrous.何もないのを知っていたドイツビザンチン精巧な形態の尊重; prostrations 、キスは、そのような兆候がギリシアや線香を常に使用されて天皇に向かって、皇帝の像に向かっても、それゆえに神聖な自然の画像に適用さは、これらのフランクス卑屈なように、分解でも、偶像崇拝。 The Franks say the word proskynesis (which meant worship only in the sense of reverence and veneration) translated adoratio and understood it as meaning the homage due only to God.フランクスproskynesisの言葉によれば、 (これだけで意味の敬意の念を崇拝と尊敬)とadoratio翻訳としての意味を理解することにより、敬意を神のみです。 Lastly, there was their indignation against the political conduct of the Empress Irene, the state of friction that led to the coronation of Charlemagne at Rome and the establishment of a rival empire.最後に、彼らの憤りがあったの政治的行為に対しては、皇后アイリーンは、同州の摩擦を主導してシャルルマーニュの戴冠式はローマとのライバル帝国の設立。 Suspicion of everything done by the Greeks, dislike of all their customs, led to the rejection of the council did not mean that the Frankish bishops and Charlemagne sided with the Iconoclasts.すべての疑いで、ギリシアで行われ、すべての税関が嫌いなのは、拒絶反応を主導していないということでは、評議会の司教とシャルルマーニュフランク両面でiconoclasts 。 If they refused to accept the Nicene Council they equally rejected the Iconoclast synod of 754.彼らを受け入れることを拒否した場合、同様に拒否されたニカイア公会議には754の教会会議聖像です。 They had holy images and kept them: but they thought that the Fathers of Nicaea had gone too far, had encouraged what would be real idolatry.神聖なイメージと保管していた:しかし、かれらの祖先と考えていたニカイア行き過ぎだが、本当の偶像礼拝が奨励さは何でしょう。

The answer to the decrees of the second Council of Nicaea sent in this faulty translation by Adrian I was a refutation in eighty-five chapters brought to the pope in 790 by a Frankish abbot, Angilbert.その答えを令第2ニカイア公会議で、この不良翻訳された送信エイドリアン反論で、私は85の支部で790法王へ連れて行かれるフランクアボット、 angilbert 。 This refutation, later expanded and fortified with quotations from the fathers and other arguments became the famous "Libri Carolini" or "Capitulare de Imaginibus" in which Charlemagne is represented as declaring his convictions (first published at Paris by Jean du Tillet, Bishop of St-Brieux, 1549, in PL XCVIII, 990-1248).この反論は、それ以降の拡大と強化の祖先からの引用やその他の引数は、有名な" liberの複数carolini "または" capitulareデimaginibus "で表されるシャルルマーニュは、自分の信念を宣言(最初に出版されたジャンデュtilletパリでは、ビショップ聖-ブリュー、 1549 、 pl 98 、九百九十から千二百四十八) 。 The authenticity of this work, some time disputed, is now established.この作品の信ぴょう性には、いくつかの係争中の時間があり、今に設立。 In it the bishops reject the synods both of 787 and of 754.司教は、それを拒否するの754と787の両方のsynods 。 They admit that pictures of saints should be kept as ornaments in churches and as well as relics and the saints themselves should receive a certain proper veneration (opportuna veneratio); but they declare that God only can receive adoration (meaning adoratio, proskynesis); pictures are in themselves indifferent, have no necessary connexion with the Faith, are in any case inferior to relics, the Cross, and the Bible.彼らを認めることで画像の聖人として保管しなければならないだけでなく、教会や装飾品で、聖人の遺物や、特定の適切な尊敬を受けることは、 ( opportuna veneratio ) ;だがかれらの神のみを宣言して礼拝を受け取ることができます( adoratioの意味は、 proskynesis ) ;画像自身は無関心では、信仰がないのに必要なconnexionでは、どんな場合では、遺跡の下には、十字架には、聖書とします。 The pope, in 794, answered these eighty-five chapters by a long exposition and defence of the cult of images (Hadriani ep. ad Carol. Reg." PL, XCVIII, 1247-92), in which he mentions, among other points, that twelve Frankish bishops were present at, and had agreed to, the Roman synod of 731. Before the letter arrived the Frankish bishop; held the synod of Frankfort (794) in the presence of two papal legates, Theophylactus and Stephen, who do not seem to have done anything to clear up the misunderstanding. This Synod formally condemns the Second Council of Nicea, showing, at the same time, that it altogether misunderstands the decision of Nicaea. The essence of the decree at Frankfort is its second canon: "A question has been brought forward concerning the next synod of the Greeks which they held at Constantinople [the Franks do not even know where the synod they condemn was held] in connexion with the adoration of images, in which synod it was written that those who do not give service and adoration to pictures of saints just as much as to the Divine Trinity are to be anathematized.法王は、 794で、これら85の支部に答えて、長い万博では、教団のイメージと防御(欧州hadriani 。広告キャロル。 reg 。 " pl 、 98は、 1247年から1292年)は、彼に言及し、この他のポイントは、 12フランク司教が出席して、合意していたとは、ローマ教会会議の731です。この手紙が到着する前に、フランクビショップ;開かれたこの会議のフランクフォート( 794 )に存在する2つのローマ法王legates 、スティーブンtheophylactusとは、誰かこれまでに何もしていないように誤解を明らかにする。この2番目の審議会の会議を正式に非難nicea 、表示、それと同時に、それを完全にmisunderstandsの決定ニカイア。フランクフォートの本質では、 2番目の政令キヤノン: "と質問され、次の会議の繰越に関するギリシアで開かれた彼らコンスタンティノープル[フランクスよいかさえ分からないのはどこの会議が開かれたことを非難する] connexionを崇拝のイメージでは、会議ではそれらのことが書かれたあこがれの人に移さないサービスとちょうど同じくらいの写真がセインツには、神の三位一体アナテマされる。 But our most holy Fathers whose names are above, refusing this adoration and serve despise and condemn that synod." Charlemagne sent these Acts to Rome and demanded the condemnation of Irene and Constantine VI. The pope of course refused to do so, and matters remained for a time as they were, the second Council of Nicaea being rejected in the Frankish Kingdom.しかし、我々の最も神聖な名前を持つ父親は、上記のは、礼拝と奉仕を拒んで、この会議を軽蔑と非難しています。 "シャルルマーニュ送られるこれらの行為を非難ローマと要求したとコンスタンティノスviのアイリーン。法王のコースを拒否して、問題は依然と時間としては、かれらは、 2番目のニカイア公会議には、フランク王国を拒否した。

During the second iconoclastic persecution, in 824, the Emperor Michael II wrote to Louis the Pious the letter which, besides demanding that the Byzantine monks who had escaped to the West should be handed over to him, entered into the whole question of image-worship at length and contained vehement accusations against its defenders.因習打破中2番目の迫害、 824で、皇帝ミハエルは信心深いルイ2世の手紙を書いたのは、ほかに要求していた僧侶ビザンチンエスケープを移譲しなければならないの西にいても、質問を入力すると、全体のイメージを崇拝長さと猛烈な非難を相手に守備に含まれる。 Part of the letter is quoted in Leclercq-Hefele, "Histoire des conciles", III, 1, p.その手紙には、引用部分leclercq -ヘーフェレ、 " histoireデconciles "は、 3世、 1 、 p. 612. 612 。 Louis begged the pope (Eugene II, 824-27) to receive a document to be drawn up by the Frankish bishops in which texts of the Fathers bearing on the subject should be collected.法王は許しを請うルイ(ユージン2世、八百二十四から二十七)を受信するように策定された文書のフランク司教が、テキストは、件名には、父の軸受収集しなければならない。 Eugene agreed, and the bishops met in 825 at Paris.ユージンで合意した、と825司教はパリで出会った。 This meeting followed the example of the Synod of Frankfort exactly.次の例では、この会議の会議フランクフォート正確です。 The bishops try to propose a middle way, but decidedly lean toward the Iconoclasts.真ん中の司教を提案する方法を試みるが、きっぱりとiconoclastsの方に傾いている。 They produce some texts against these, many more against image-worship.これらのいくつかの文章を生み出す彼らに対しては、さらに多くの反対のイメージに仕えています。 Pictures may be tolerated only as mere ornaments.画像を単なる飾りとしてしか許されないかもしれません。 Adrian I is blamed for his assent to Nicaea II.エイドリアン私は、彼に同意するニカイア2世を非難した。 Two bishops, Jeremias of Sens and Jonas of Orléns, are sent to Rome with this document; they are especially warned to treat the pope with every possible reverence and humility, and to efface any passages that might offend him. 2つの司教は、ジョナスのorlénsイェレミアスのサンスとは、ローマでは、この文書に送られる;彼らは、特に注意して可能な限りのあらゆる法王の治療に畏敬の念と謙虚さ、そして任意の文章を目立たないようにして彼を怒らせるかもしれない。 Louis, also, wrote to the pope, protesting that he only proposed to help him with some useful quotations in his discussions with the Byzantine Court; that he had no idea of dictating to the Holy See (Hefele, 1. c.).ルイは、また、法王を書いて、抗議行動を提案して彼を手伝ってくれるだけで、彼のいくつかの有用な議論を引用してビザンチン裁判所;それだけではないという考えを口述筆記して、聖なる参照してください(ヘーフェレ、 1 。 c. ) 。 Nothing is known of Eugene's answer or of the further developments of this incident.ユージンの答えは何もないのか知られては、今回の事件のさらなる発展のです。 The correspondence about images continued for some time between the Holy See and the Frankish Church; gradually the decrees of the second Council of Nicaea were accepted throughout the Western Empire.継続のための対応については、いくつかの画像を参照してください時間との間の神聖な教会のフランク;徐々に、令第2ニカイア公会議を通して西ローマ帝国が受け入れた。 Pope John VIII (872-82) sent a better translation of the Acts of the council which helped very much to remove misunderstanding.ローマ法王ヨハネviii (八七二〜八二)に送信する行為は、より良い翻訳は、評議会を助けて非常に誤解を削除しています。

There are a few more isolated cases of Iconoclasm in the West.こちらは、いくつかの例因習打破西の方では孤立しています。 Claudius, Bishop of Turin (d. 840), in 824 destroyed all pictures and crosses in his diocese forbade pilgrimages, recourse to intercession of saints, veneration of relics, even lighted candles, except for practical purposes.クラウディウス、司教のトリノ( d. 840 )は、すべての画像やクロスで破壊さ824彼の監督管区禁じたpilgrimages 、償還請求を仲裁のセインツは、尊敬の遺跡でも、火のついたろうそくを除いて、実用的な目的のためです。 Many bishops of the empire and a Frankish abbot, Theodomir, wrote against him (PL CV); he was condemned by a local synod.多くの司教は、帝国とフランクアボット、 theodomir 、彼に不利に書きました( PL法cv ) ;彼は地元の会議に非難される。 Agobard of Lyons at the same time thought that no external signs of reverence should be paid to images; but he had few followers.それと同時にライオンズagobardのない外部の兆候と考えて畏敬の念を払って画像をしなければならない;しかし、彼はいくつかの信者です。 Walafrid Strabo ("De. eccles. rerum exordiis et incrementis" in PL, CXIV, 916-66) and Hincmar of Reims ("Opusc. c. Hincmarum Lauden.", xx, in PL CXXVI) defended the Catholic practice and contributed to put an end to the exceptional principles of Frankish bishops. walafridスト( "デです。エクルズ。 incrementis et rerum exordiis " pl 、 cxiv 、 916〜66 )とランスのアンクマール( " opusc 。 hincmarum lauden c. 。 " 、 XXのは、 pl cxxvi )と弁明したカトリックの練習に貢献して例外的に終止符を打つフランク司教の原則です。 But as late as the eleventh century Bishop Jocelin of Bordeaux still had Iconoclast ideas for which he was severely reprimanded by Pope Alexander II.しかし、 11世紀の司教遅ければまだjocelinのボルドーは因習打破のためのアイデアを厳しくしかられる彼は教皇アレクサンデル2世です。

Publication information Written by Adrian Fortescue.エイドリアンフォーテスキュー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケルc. tinkler転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典、第VIIボリュームです。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.公認は、 10年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです