Saint James (James the Great)セントジェームズ(ジェームズ大)

General Information 総合案内

Together with his brother Saint John, Saint James was among the first disciples called by Jesus (Matt. 4:21).弟と一緒にセントジョン、セントジェームズは、イエスキリストのうち、最初の弟子と呼ばれる( matt. 4時21分) 。 These sons of Zebedee, called the Boanerges ("Sons of Thunder"), joined the brothers Peter and Andrew, also fishermen by trade, in a close inner circle around Jesus.これらの人の息子ゼベダイ、 boanergesと呼ばれる( "サンズオブサンダー" ) 、ピーターの兄弟に加わったとアンドリューは、漁民による貿易でも、インナーサークルの周りにイエスキリストを閉じる。 James, Peter, and John were the only disciples present, for example, at the Transfiguration (Luke 9) and near Jesus in the Garden of Gethsemane.ジェームズは、ピーターとジョンは、弟子にのみ存在する場合、例えば、その変貌(ルーク9 )と近くには、イエスキリストのゲッセマネの庭です。 James was martyred under Herod Agrippa I (Acts 12).ジェームズが殉教したヘロデアグリッパ私の下に(行為12 ) 。 According to legend, his bones were taken to Spain, and his shrine at Santiago de Compostela was one of the most important pilgrimage centers in the Middle Ages.言い伝えによると、彼の骨を取られたスペイン、そして彼の神社では、サンティアゴデコンポステーラの巡礼センターの1つで、最も重要な中世です。 Feast day: Apr. 30 (Eastern); July 25 (Western).饗宴日: 4月30日(東部) ; 7月25日(西側) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint James (James the Lesser or James the Less or James the Little)セントジェームズ(ジェームズはLesserまたは、 lessやジェームズジェームズリトル)

General Information 総合案内

Saint James the Lesser was the Apostle James, son of Alphaeus and disciple of Jesus (Mark 3:18).セントジェームズはLesserジェームズは、使徒は、イエスキリストの弟子の息子とalphaeus (マーク3時18分) 。 His mother, Mary, was one of the women at the crucifixion and at the tomb (Matt. 10:3; 27:56, Mark 15:40; 16:1; Acts 1:13).彼の母親、メアリーは、その女性のうちの一つだったとは、はりつけの墓( matt. 10 : 03 ; 27:56 、 15:40マーク;午前16時01分;行為1時13分) 。 This James is sometimes identified with James the "brother of Jesus," although this and other identifications are unproven.このジェームズは、ジェームズときどき発見して"イエスの弟は、 "これとは証明されていない他のidentifications 。 Feast day: Oct. 9 (Eastern); May 3 (Western, since 1969).宴会日: 10月9日(東部) ; 5月3日(西部、 1969年) 。


Saint Jamesセントジェームズ

Advanced Information 高度情報

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


St. James the Greaterセントジェームズ大

Catholic Information カトリック情報

(Hebrew Yakob; Septuagint Iakob; NT Greek Iakobos; a favourite name among the later Jews). (ヘブライ語yakob ;セプトゥアギンタiakob ; NTのギリシャイアコボス;後でユダヤ人の中にあるお気に入りの名前)です。

The son of Zebedee and Salome (Cf. Matthew 27:56; Mark 15:40; 16:1).ゼベダイの息子とサロメ( cf.マタイ27:56 ;マーク15:40 ;午前16時01分) 。 Zahn asserts that Salome was the daughter of a priest.サロメザーン主張するが、司祭の娘です。 James is styled "the Greater" to distinguish him from the Apostle James "the Less", who was probably shorter of stature.ジェームズは、スタイル"の大きい"と彼からの使徒を区別ジェームズ"の少ない"とは、人の身長はおそらく短い。 We know nothing of St. James's early life.何も知らない私たちの生活の早期セントジェームズ。 He was the brother of John, the beloved disciple, and probably the elder of the two.彼は、兄のジョンは、最愛の弟子、そしておそらく、長老の2つです。

His parents seem to have been people of means as appears from the following facts.両親のように表示されてきた人々の手段として、以下の事実からです。

Zebedee was a fisherman of the Lake of Galilee, who probably lived in or near Bethsaida (John 1:44), perhaps in Capharnaum; and had some boatmen or hired men as his usual attendants (Mark 1:20).漁師ゼベダイは、ガリラヤ湖のは、おそらく誰かの近くに住んでbethsaida (ジョン1時44分)は、たぶん、カペナウム; boatmenかとはいくつかの彼のいつもの従者として雇わ男性(マーク午前1時20分) 。

Salome was one of the pious women who afterwards followed Christ and "ministered unto him of their substance" (cf. Matthew 27:55, sq.; Mark 15:40; 16:1; Luke 8:2 sq.; 23:55-24:1).サロメは、信心深い女性の一人とキリストその後続いて" ministeredかれに彼らの物質" ( cf.マタイ27:55 、 sq 。 ;マーク15:40 ;午前16時01分;ルーク8時02 sq 。 ;午前23時55分-24:1 ) 。

St. John was personally known to the high-priest (John 18:16); and must have had wherewithal to provide for the Mother of Jesus (John 19:27).聖ヨハネは、個人的に知られている高司祭(ジョン18 : 16 ) ;とする必要がありますが、必要な手段を提供するために、イエスの母(ヨハネ19時27分) 。

It is probable, according to Acts 4:13, that John (and consequently his brother James) had not received the technical training of the rabbinical schools; in this sense they were unlearned and without any official position among the Jews.それは予想によると、午前4時13分行為は、そのジョン(そしてその結果、弟ジェームズ)は、技術的な訓練を受けていない学校のラビ;この意味でもなく、かれらは無学なユダヤ人のうち、公式的な立場だ。 But, according to the social rank of their parents, they must have been men of ordinary education, in the common walks of Jewish life.しかし、社会的なランクによると、両親は、かれらが男性の普通教育をしなければ、人生は、ユダヤ教の共通の四球。 They had frequent opportunity of coming in contact with Greek life and language, which were already widely spread along the shores of the Galilean Sea.彼らは頻繁に足を運んで接触する機会がギリシャ語の言語生活とは、すでに広く普及された海岸沿いには、ガリレオの海です。

Relation of St. James to Jesusセントジェームズにイエスキリストの関係

Some authors, comparing John 19:25 with Matthew 28:56 and Mark 15:40, identify, and probably rightly so, Mary the Mother of James the Less and of Joseph in Mark and Matthew with "Mary of Cleophas" in John.いくつかの作者は、マタイ28:56と比較して19時25ヨハネ15:40マークは、識別し、正しくので、おそらく、母親のメアリーは少ないとのジェームスジョセフマシューはマークとして"のメアリーcleophas "ジョン。 As the name of Mary Magdalen occurs in the three lists, they identify further Salome in Mark with "the mother of the sons of Zebedee" in Matthew; finally they identify Salome with "his mother's sister" in John.メアリーマグダレンの名前としては、 3つのリストが発生した、かれらを識別マークして、さらなるサロメ"と、母親は、息子のゼベダイ"マシュー;最後に彼らを識別してサロメ"と、母親の妹"ジョン。 They suppose, for this last identification, that four women are designated by John 19:25; the Syriac "Peshito" gives the reading: "His mother and his mother's sister, and Mary of Cleophas and Mary Magdalen."いる彼らは、この最後の身分証明書は、その女性が指定された4つのジョン19 : 25 ;のシリア語" peshito "により、読書: "彼の母親と彼の母親の妹、そしてcleophasとメアリーメアリーマグダレンのです。 " If this last supposition is right, Salome was a sister of the Blessed Virgin Mary, and James the Greater and John were first cousins of the Lord; this may explain the discipleship of the two brothers, Salome's request and their own claim to the first position in His kingdom, and His commendation of the Blessed Virgin to her own nephew.この最後の仮定が正しい場合には、サロメは、聖母マリアの妹、そしてジェームスのいとこが大きいとジョンは、主;この可能性を説明するのは、二人の兄弟弟子、サロメの要請と、自分の主張を、最初の位置彼の王国では、と彼は、聖母マリアを表彰彼女自身の甥。 But it is doubtful whether the Greek admits of this construction without the addition or the omission of kai (and).しかし、ギリシャと認めるかどうかは疑わしいが、これに加えて建設せずに、または不作為のカイ(や) 。 Thus the relationship of St. James to Jesus remains doubtful.そのためにイエス様との関係の遺跡セントジェームズ疑わしいものです。

His life and apostolate彼の人生と使徒会

The Galilean origin of St. James in some degree explains the energy of temper and the vehemence of character which earned for him and St. John the name of Boanerges, "sons of thunder" (Mark 3:17); the Galilean race was religious, hardy, industrious, brave, and the strongest defender of the Jewish nation.セントジェームズは、ガリレオの起源を説明し、ある程度のエネルギーの気性の激しさと彼のキャラクターを稼いだとboanerges聖ヨハネの名前は、 "サンズオブサンダー" (マーク3時17分) ;レースは、ガリレオの宗教、耐寒性、勤勉、勇気、そして最強のディフェンダーは、ユダヤ教の国です。 When John the Baptist proclaimed the kingdom of the Messias, St. John became a disciple (John 1:35); he was directed to "the Lamb of God" and afterwards brought his brother James to the Messias; the obvious meaning of John 1:41, is that St. Andrew finds his brother (St. Peter) first and that afterwards St. John (who does not name himself, according to his habitual and characteristic reserve and silence about himself) finds his brother (St. James).洗礼者ヨハネの際には、 messias王国宣言は、聖ヨハネの弟子になった(ヨハネ1時35分) ;彼は監督を"神の子羊"とその後、弟ジェームズをもたらしたmessias ;の明白な意味ジョン1 : 41 、弟を見つけるのは、聖アンドリュー(聖ペテロ)であり、その後の最初の聖ヨハネ(自分自身の名前がない人は、常習者によれば、彼自身と特性についての予備と沈黙)を見つけた兄(セントジェームズ) 。 The call of St. James to the discipleship of the Messias is reported in a parallel or identical narration by Matthew 4:18-22; Mark 1:19 sq.; and Luke 5:1-11.セントジェームズコールの弟子には、パラレルまたはmessiasが報告されると同じナレーションマシュー4:18-22 ;マーク午前1時19 sq 。 ;とルーク5:1-11 。 The two sons of Zebedee, as well as Simon (Peter) and his brother Andrew with whom they were in partnership (Luke 5:10), were called by the Lord upon the Sea of Galilee, where all four with Zebedee and his hired servants were engaged in their ordinary occupation of fishing.ゼベダイの二人の息子だけでなく、サイモン(ピーター)と弟のアンドリューは、彼らのパートナーシップ(ルーク5時10分)は、主にコールされた時、ガリラヤ湖は、 4つの場所ですべてのゼベダイと彼の雇った使用人彼らは普通の占領漁業従事しています。 The sons of Zebedee "forthwith left their nets and father, and followed him" (Matthew 4:22), and became "fishers of men".ゼベダイの息子たち"と即座に左の網の父は、彼と続いて" (マタイ4時22分) 、となった"と漁師の男たち" 。 St. James was afterwards with the other eleven called to the Apostleship (Matthew 10:1-4; Mark 3:13-19; Luke 6:12-16; Acts 1:13).セントジェームズは、その後、他の11人の使徒の職と呼ばれる(マタイ10:1-4 ;マーク3:13-19 ;ルーク6:12-16 ;行為1時13分) 。 In all four lists the names of Peter and Andrew, James and John form the first group, a prominent and chosen group (cf. Mark 13:3); especially Peter, James, and John.すべての4つの名前をリストし、アンドリューピーターは、ジェームズとジョンフォームの最初のグループは、著名なグループと選ばれた( cf.マーク13時03分) ;特にピーターは、ジェームズ、ジョン。 These three Apostles alone were admitted to be present at the miracle of the raising of Jairus's daughter (Mark 5:37; Luke 8:51), at the Transfiguration (Mark 9:1; Matthew 17:1; Luke 9:28), and the Agony in Gethsemani (Matthew 26:37; Mark 14:33).これら3つの使徒を認めていただけに存在するのは、奇跡の引き上げjairusの娘(マーク5時37分;ルーク8時51分)には、変貌(マーク9時01分、 17時01分マシュー;ルーク9時28分) 、苦しみの中で、 gethsemani (マタイ26:37 ;マーク14時33分) 。 The fact that the name of James occurs always (except in Luke 8:51; 9:28; Acts 1:13 -- Greek Text) before that of his brother seems to imply that James was the elder of the two.という事実に、いつもの名前が発生したジェームズ(ルークを除き、午前8時51分、 9時28分;行為1時13分-ギリシャ語のテキスト)を前にして、弟のことを意味するようだが、ジェームズは、 2つの高齢者です。 It is worthy of notice that James is never mentioned in the Gospel of St. John; this author observes a humble reserve not only with regard to himself, but also about the members of his family.それは価値があると注意してお話したジェームズは決して聖ヨハネによる福音書;この作者を観察するだけでなく、謙虚な準備と関連して自分自身ではなく、彼の家族については、メンバーです。 Several incidents scattered through the Synoptics suggest that James and John had that particular character indicated by the name "Boanerges," sons of thunder, given to them by the Lord (Mark 3:17); they were burning and impetuous in their evangelical zeal and severe in temper.に散在のいくつかの事件を通じて、ジェームズとジョンsynoptics示唆していたことで示される特定のキャラクターの名前を" boanerges 、 "サンズオブサンダーは、主によって与えられた(マーク3時17分) ;かれらは、衝動的で、福音派の熱意を燃やすと気性が激しい。 The two brothers showed their fiery temperament against "a certain man casting out devils" in the name of the Christ; John, answering, said: "We [James is probably meant] forbade him, because he followeth not with us" (Luke 9:49).その二人の兄弟に対する激しい気性を見せて"悪魔アウトキャスト、特定の男"の名の下に、キリスト;ジョン、答えることは、と述べた: "我々 [ジェームズは、おそらく意味]禁じた彼は、私たちのためには彼に従う" (ルカ9 : 49 ) 。 When the Samaritans refused to receive Christ, James and John said: "Lord, wilt thou that we command fire to come down from heaven, and consume them?"キリストを受け取ることを拒否したとき、サマリア人は、ジェームズとジョンによると: "主よ、なたが我々のコマンド萎凋病に火を天から降りてくるし、それらを消費するか? " (Luke 9:54; cf. 9:49). (午前9時54分ルーク; cf 。 9時49分) 。

His martyrdom彼の殉教

On the last journey to Jerusalem, their mother Salome came to the Lord and said to Him: "Say that these my two sons may sit, the one on thy right hand, and the other on thy left, in thy kingdom" (Matthew 20:21).エルサレムの最後の旅をして、自分の母親とサロメによると、主に来た彼: "私の言うことこれらの2人の息子が座って、なたの右手の1つで、他の上と左なた、なたの王国" (マタイ20 : 21 ) 。 And the two brothers, still ignorant of the spiritual nature of the Messianic Kingdom, joined with their mother in this eager ambition (Mark 10:37).そして、二人の兄弟は、まだ井の中の精神的な性質の救世主王国は、自分の母親に合流して、この熱心な野望(マーク10:37 ) 。 And on their assertion that they are willing to drink the chalice that He drinks of, and to be baptized with the baptism of His sufferings, Jesus assured them that they will share His sufferings (Mark 5:38-39).そして彼らは喜んで自分の主張をして彼は酒を飲んで、カリスのは、バプテスマを受け、バプテスマとされる彼の苦しみは、イエスキリスト安心して自分の苦しみを共有してかれらは(マーク5:38-39 ) 。

James won the crown of martyrdom fourteen years after this prophecy, AD 44.ジェームズウォンで、 14年後に殉教の冠この予言は、広告の44 。 Herod Agrippa I, son of Aristobulus and grandson of Herod the Great, reigned at that time as "king" over a wider dominion than that of his grandfather.ヘロデアグリッパ私は、息子と孫のヘロデ王の偉大なアリストブロス1世は、その時点で支配を"王様"とする彼の祖父に比べてより広いドミニオンです。 His great object was to please the Jews in every way, and he showed great regard for the Mosaic Law and Jewish customs.彼の偉大なオブジェクトは、ユダヤ人を喜ばせるのは、あらゆる意味で、彼によると敬服するための法やユダヤ教の税関のモザイク。 In pursuance of this policy, on the occasion of the Passover of AD 44, he perpetrated cruelties upon the Church, whose rapid growth incensed the Jews.この政策を遂行し、席上では、広告の44ペサハ、彼は教会の上perpetratedな残虐行為は、ユダヤ人の急速な成長激怒。 The zealous temper of James and his leading part in the Jewish Christian communities probably led Agrippa to choose him as the first victim.ジェームズと彼の熱心な気性の主要部分は、ユダヤ教キリスト教のコミュニティ主導アグリッパおそらく彼の最初の犠牲者を選択しています。 "He killed James, the brother of John, with the sword." "彼は殺さジェームズは、兄のジョンは、剣だ。 " (Acts 12:1-2). (行為12:1-2 ) 。 According to a tradition, which, as we learn from Eusebius (Hist. Eccl., II, ix, 2, 3), was received from Clement of Alexandria (in the seventh book of his lost "Hypotyposes"), the accuser who led the Apostle to judgment, moved by his confession, became himself a Christian, and they were beheaded together.伝統によると、これは、我々としてユーセビアスから学ぶ( hist. eccl 。 、 2世、 9世、 2 、 3 ) 、クレメントから受け取ったのは、アレキサンドリア( 7番目の本は、彼の失われた" hypotyposes " )は、告発を率いた判断力の伝道者には、彼の告白を動かされる、自分自身をキリスト教になった、と彼らは一緒beheaded 。 As Clement testifies expressly that the account was given him "by those who were before him," this tradition has a better foundation than many other traditions and legends respecting the Apostolic labours and death of St. James, which are related in the Latin "Passio Jacobi Majoris", the Ethiopic "Acts of James", and so on.クレマン明示して、アカウントの証明としては、彼に与えられた"とされた者たちの前に彼は、 "この伝統を基礎には、より良いよりも他の多くの伝統や伝説を尊重し、ローマ教皇の労働と死のセントジェームズは、ラテン語では、関連する"パーシオヤコビ大"は、エチオピア"のジェームズ行為" 、といったようになっています。

St. James in Spainセントジェームズスペインで

The tradition asserting that James the Greater preached the Gospel in Spain, and that his body was translated to Compostela, claims more serious consideration.ジェームズの伝統を主張し、スペインの大福音説教し、翻訳をして彼の遺体がコンポステラは、より深刻な主張に配慮した。 According to this tradition St. James the Greater, having preached Christianity in Spain, returned to Judea and was put to death by order of Herod; his body was miraculously translated to Iria Flavia in the northwest of Spain, and later to Compostela, which town, especially during the Middle Ages, became one of the most famous places of pilgrimage in the world.セントジェームズによると、この伝統の大で、キリスト教の説教スペイン、ユダヤに戻ったとされて死亡したためには、ヘロデ;彼の遺体は奇跡的に翻訳してiriaフラビアは、スペインの北西部、およびコンポステラ後には、どの町、特に中世の間には、最も有名な場所の1つになったのは、世界の巡礼です。 The vow of making a pilgrimage to Compostela to honour the sepulchre of St. James is still reserved to the pope, who alone of his own or ordinary right can dispense from it.その誓いを製造する栄誉コンポステーラの巡礼の旅をするのセントジェームズsepulchre法王は、まだ予約して、普通の人の一人は、自分の権利や調剤できるからだ。 In the twelfth century was founded the Order of Knights of St. James of Compostela.は、 12世紀のために設立されたコンポステラの聖ヤコブの聖騎士。

With regard to the preaching of the Gospel in Spain by St. James the greater, several difficulties have been raised:説教と関連して、スペインでは、ゴスペルの大きいセントジェームズは、いくつかの問題が提起された:

St. James suffered martyrdom AD 44 (Acts 12:2), and, according to the tradition of the early Church, he had not yet left Jerusalem at this time (cf. Clement of Alexandria, "Strom.", VI; Apollonius, quoted by Eusebius, "Hist. Eccl." VI, xviii).広告苦しんで殉教44セントジェームズ( 12時02行為) 、および、早期によると、教会の伝統の中、彼は現時点ではまだ残ってエルサレム( cf.アレクサンドリアのクレメンスは、 "ストです"でvi ;アポロニオス、ユーセビアスで引用される、 "シーッ。 eccl 。 " viのは、 18 ) 。

St. Paul in his Epistle to the Romans (AD 58) expressed the intention to visit Spain (Romans 15:24) just after he had mentioned (15:20) that he did not "build upon another man's foundation."聖パウロの信徒への彼のローマ人への手紙(広告の58 )を訪問する意向を表明し、スペイン(ローマ人への手紙15時24分)の直後に彼は言及しなかった( 15:20 )して彼は"別の男の基盤を構築する"と述べた。

The argument ex silentio: although the tradition that James founded an Apostolic see in Spain was current in the year 700, no certain mention of such tradition is to be found in the genuine writings of early writers nor in the early councils; the first certain mention we find in the ninth century, in Notker, a monk of St. Gall (Martyrol., 25 July), Walafried Strabo (Poema de XII Apost.), and others.反証がないので、引数:ジェームス設立することにもかかわらず、ローマ教皇の伝統を参照して、その年にスペインでは、現在の700は、特定の記載のないこのような伝統は、正規の記述を発見されるのも、早期の協議会の早期作家;最初の特定の言及我々は、 9世紀の発見は、 notker 、僧侶の聖ギャル( martyrol. 、 7月25日) 、 walafriedスト( 12世apost poemaデです。 ) 、および他のです。

The tradition was not unanimously admitted afterwards, while numerous scholars reject it.満場一致ではなかったの伝統を認めその後、多くの学者の中にそれを拒否した。 The Bollandists however defended it (see Acta Sanctorum, July, VI and VII, where other sources are given).しかし、擁護することbollandists (聖人伝集を参照して、 7月には、第VII viとは、他のソースにはどこに与えられた) 。

The authenticity of the sacred relic of Compostela has been questioned and is still doubted.神聖な遺物の信ぴょう性に疑問コンポステラとは、まだ疑問視されています。 Even if St. James the Greater did not preach the Christian religion in Spain, his body may have been brought to Compostela, and this was already the opinion of Notker.セントジェームズが大きい場合でも、キリスト教の教えを説くしなかったスペインでは、彼の体をコンポステラて来られた可能性がある、との意見はすでにこのnotker 。 According to another tradition, the relics of the Apostle are kept in the church of St-Saturnin at Toulouse (France), but it is not improbable that such sacred relics should have been divided between two churches.もう一つの伝統によると、この遺跡が残されては、その使徒教会聖- saturninでトゥールーズ(フランス) 、ありそうにないものではないはずなのに、このような神聖な遺物の2つの教会の間で分裂しています。 A strong argument in favour of the authenticity of the sacred relics of Compostela is the Bull of Leo XIII, "Omnipotens Deus," of 1 November, 1884.強い主張を支持し、神聖な遺跡の信ぴょう性には、強気のコンポステラレオ13世は、 " omnipotensデウスは、 " 1884年11月1日です。

Publication information Written by A. Camerlynck. a. camerlynck書かれた文献の情報です。 Transcribed by Paul T. Crowley.転写されたポールt.クラウリー。 Dedicated to Mr. James Fogerty, Mr. James Horne, Mr. James Montemarano, and Mr. James Thomas and Families The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.ミスタージェームズフォーガティひたむきに、ミスタージェームズホーン、ミスターmontemaranoジェームズは、ジェームズトーマスさんと家族とのカトリック百科事典は、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


St. James the Lessセントジェームズの少ない

Catholic Information カトリック情報

THE IDENTITY OF JAMESジェームズアイデンティティ

The name "James" in the New Testament is borne by several:名前を"ジェームズ"は、新約聖書には、いくつかの負担になる:

James, the son of Zebedee -- Apostle, brother of John, Apostle; also called "James the Greater".ジェームズは、息子のゼベダイ-使徒は、兄のジョンは、使徒;とも呼ばれる"とジェームズは大きい" 。

James, the son of Alpheus, Apostle -- Matthew 10:3; Mark 3:18; Luke 6:15; Acts 1:13.ジェームズは、息子のアルペイオス、使徒-マタイ1 0: 0 3;マーク3 : 1 8;ルーク6 : 1 5;行為1時1 3分です。

James, the brother of the Lord -- Matthew 13:55; Mark 6:3; Galatians 1:19.ジェームズは、兄の主-マタイ1 3: 5 5;マーク6時0 3分;ガラテヤ人への手紙1時1 9分です。

Without a shadow of doubt, he must be identified with the James of Galatians 2:2 and 2:9; Acts 12:17, 15:13 sqq.一点の疑いもなく、彼を識別しなければならないのジェームズガラテヤ人への手紙2時02分、 2時09分;行為12:17 、午後3時13 sqq 。 and 21:18; and I Corinthians 15:7.そして21時18分、 15時07分、コリント人への手紙。

James, the son of Mary, brother of Joseph (or Joses) -- Mark 15:40 (where he is called ò mikros "the little", not the "less", as in the DV, nor the "lesser"); Matthew 27:56.ジェームズは、メアリーの息子、兄のジョセフ(またはjoses ) -マーク1 5:40( òと呼ばれる彼がどこにm ikros"リトル"ではなく、 "少ない"のように、のD V、また、 "小" ) ;マタイ27:56です。 Probably the son of Cleophas or Clopas (John 19:25) where "Maria Cleophæ" is generally translated "Mary the wife of Cleophas", as married women are commonly distinguished by the addition of their husband's name.おそらくcleophasの息子はどこかclopas (ジョン19 : 25 ) "マリアcleophæ "は、通常の翻訳"の妻メアリーcleophas "は、既婚女性としては、共通で区別されるのに加えて、夫の名前です。

James, the brother of Jude -- Jude 1:1.ジェームズは、兄のジュード-ジュード1 :1です。 Most Catholic commentators identify Jude with the "Judas Jacobi", the "brother of James" (Luke 6:16; Acts 1:13), called thus because his brother James was beter known than himself in the primitive Church.カトリックの解説者を特定して最もジュード"ユダヤコビ"は、 "兄のジェームズ" (ルーク6 : 16 ;行為1時13分)は、このように呼ばれたbeter知られているため、弟ジェームズは、自分自身よりも原始教会です。

The identity of the Apostle James (2), the son of Alpheus and James (3), the brother of the Lord and Bishop of the Church of Jerusalem (Acts 15, 21), although contested by many critics and, perhaps, not quite beyond doubt, is at least most highly probable, and by far the greater number of Catholic interpreters is considered as certain (see BRETHREN OF THE LORD, where the chief argument, taken from Galatians 1:19, in favour of the Apostleship of St. James the brother of the Lord, is to be found).伝道者の身元は、ジェームズ( 2 ) 、アルペイオスの息子ジェームズ( 3 )と、その弟とは、主に、教会の司教のエルサレム(行為15 、 21 )は、論争の的とされたにもかかわらず、多くの批評家は、たぶん、いえない疑う余地なく、最も高いが、少なくとも、はるかに多くのカトリック教徒の通訳があると考えられる(参照してください兄弟は、主に、どこのチーフ引数は、ガラテヤ人への手紙から取ら1時19分、聖使徒の職を支持し、ジェームズの兄は、主に、されるが見つかりました) 。 The objection moved by Mader (Biblische Zeitschrift, 1908, p. 393 sqq.) against the common statement that "Apostles" in Galatians 1:19 is to be taken strictly in the sense of the "Twelve" has been strongly impugned by Steinmann (Der Katholik, 1909, p. 207 sqq.).異議を動かされるのマーダー( biblische zeitschrift 、 1908 、 p. 393 sqq 。 )に対する共通の声明は、 "使徒"には、ガラテヤ人への手紙1時19分には、厳密に取られるの意味での" 12 "をされて強くimpugnedシュタインマン(デアkatholik 、 1909 、 p. 207 sqq 。 ) 。 The James (5) of Jude 1:1 must certainly be identified with James (3), the brother of the Lord and the Bishop of Jerusalem.ジュードジェームズ( 5 ) 、 1:1の識別を確実にする必要がありますジェームス( 3 ) 、その弟とは、主にエルサレムの司教。 The identification of James (3), the brother of the Lord and James (4), the son of Mary, and probably of Cleophas or Clopas offers some difficulty.ジェームズの身分証明書の( 3 ) 、そして、主の兄ジェームズ( 4 ) 、メアリーの息子、そしておそらく、いくつかのオファーcleophasまたはclopas困難です。 This identification requires the identity of Mary, the mother of James (Matthew 27:56; Mark 15:40), with Mary the wife of Cleophas (John 19:25), and, consequently, the identity of Alpheus (2) and Clopas (4).この身分証明書が必要なアイデンティティのメアリーは、母親のジェームズ(マタイ27:56 ;マーク15:40 )で、妻のメアリーcleophas (ジョン19 : 25 ) 、そして、その結果、 ( 2 )およびアイデンティティアルペイオスclopas ( 4 )です。 As Clopas and Alpheus are probably not two different transcriptions of the same Aramaic name Halpai (see CLEOPHAS), it must be admitted that two different names have been borne by one man.アルペイオスclopasとしては、おそらくないとは、二つの異なる同じアラム語の名前transcriptions halpai ( cleophasを参照してください)は、 2つの異なる名前をしなければならないと認めている一人の男が負担する。 Indeed, there are several examples of the use of two names (a Hebrew and a Greek or Latin name) to designate the same person (Simon-Petrus; Saulus-Paulus), so that the identity of Alpheus and Cleophas is by no means improbable.確かに、そこには、いくつかの例を2つの名前を使用する(または、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語の名前)を指定するのと同じ人物(サイモン-ペトルス; saulus -パウルス)は、アイデンティティのようにアルペイオスものではないとは、ありそうにないcleophas 。

On the whole, although there is no full evidence for the identity of James (2), the son of Alpheus, and James (3), the brother of the Lord, and James (4), the son of Mary of Clopas, the view that one and the same person is described in the New Testament in these three different ways, is by far the most probable.全体的に見ると、十分な証拠がない場合でも、アイデンティティのジェームズ( 2 ) 、アルペイオスの息子、ジェームス( 3 )と、その弟の主よ、とジェームズ( 4 ) 、メアリーのclopasの息子は、同じ人が1つのビューとは、新約聖書に記載され、これらの3つの方法は、最も確からしいがずば抜けている。 There is, at any rate, very good ground (Galatians 1:19, 2:9, 2:12) for believing that the Apostle James, the son of Alpheus is the same person as James, the brother of the Lord, the well-known Bishop of Jerusalem of the Acts.が、いずれにせよ、非常に良いグラウンド(ガラテヤ人への手紙1時19分、 2時09分、 2時12分)の伝道者ジェームズ信じ込ませるために、アルペイオスの息子ジェームズは、同一人物とは、その兄の主は、井戸エルサレムの知られた司教行為です。 As to the nature of the relationship which the name "brother of the Lord" is intended to express, see BRETHREN OF THE LORD.としての性質との関係をどの名前を"兄は、主に"を表現する意図は、主には、同胞を参照してください。

JAMES IN THE SCRIPTURESジェームズは、聖書

Had we not identified James, the son of Alpheus with the brother of the Lord, we should only know his name and his Apostleship.我々が同定されていないジェームズは、兄の息子をアルペイオスの主よ、我々は彼の名前を知っていると彼の使徒の職のみです。 But the identity once admitted, we must consequently apply to him all the particulars supplied by the books of the New Testament.しかし、 1回のアイデンティティーを認め、結果的に適用しなければならないのすべての明細を彼に供給されるのは、新約聖書の書籍です。 We may venture to assert that the training of James (and his brother Jude), had been that which prevailed in all pious Jewish homes and that it was therefore based on the knowledge of the Holy Scripture and the rigorous observance of the Law.ベンチャー可能性を主張して我々の訓練のジェームズ(ジュードとその弟)は、どのようにしていたすべてのことは敬虔なユダヤ人の家庭や知識に基づいて、そのための教典や法の遵守を徹底しています。 Many facts point to the diffusion of the Greek language and culture throughout Judea and Galilee, as early as the first century BC; we may suppose that the Apostles, at least most of them, read and spoke Greek as well as Aramaic, from their childhood.多くの事実を指しているのは、ギリシャの言語と文化の普及とユダヤのガリラヤを通して、早ければ紀元前1世紀;我々の使徒と思っている可能性は、少なくとも彼らのほとんどは、ギリシャ語読み、スポークアラム語だけでなく、自分の子供のころから。 James was called to the Apostolate with his brother Jude; in all the four lists of the Apostles, he stands at the head of the third group (Matthew 10:3; Mark 3:18; Luke 6:16; Acts 1:13).ジェームズapostleの職をしていた弟と呼ばれるジュード;リストでは、 4つのすべての使徒は、彼の頭のスタンドで、第3グループ(マタイ10 : 03 ;マーク3 : 18 ;ルーク6 : 16 ;行為1時13分) 。 Of James individually we hear no more until after the Resurrection.ジェームズ個別に我々の後に復活するまでこれ以上の音が聞こえる。 St. Paul (1 Corinthians 15:5-7) mentions that the Lord appeared to him before the Ascension.聖パウロ( 1コリント書15:5-7 )に言及して、彼の前に現れたの主昇天。

Then we lose sight of James till St. Paul, three years after his conversion (AD 37), went up to Jerusalem.それから私たちを見失うジェームズまで聖パウロは、 3年後に彼のコンバージョン(広告37 )は、エルサレムを行った。 Of the Twelve Apostles he saw only Peter and James the brother of the Lord (Galatians 1:19; Acts 9:27).彼は、 12使徒ペテロを見ただけで、主のジェームズの兄(ガラテヤ人への手紙1 : 19 ;行為9時27分) 。 When in the year 44 Peter escaped from prison, he desired that news of his release might be carried to James who held already a marked preeminence in the Church of Jerusalem (Acts 12:17).ときには、 44年間の刑務所から脱走ピーターは、彼は自分の希望してニュースリリースに運ばれたかもしれないジェームズ者マークの優位性は、すでに行われた教会のエルサレム(行為12:17 ) 。 In the Council of Jerusalem (AD 51) he gives his sentence after St. Peter, declaring as Peter had done, that the Gentile Christians are not bound to circumcision, nor to the observance of the ceremonial Mosaic Law, but at the same time, he urged the advisability of conforming to certain ceremonies and of respecting certain of the scruples of their Jewish fellow-Christians (Acts 15:13 sqq.).エルサレムの評議会(広告の51 )彼は判決後の聖ペテロは、ピーターが行わ宣言としては、キリスト教徒ではないが、ジェンティーレ割礼を束縛したり、モザイク儀式には、法律の順守、しかしそれと同時に、彼に適合するよう求めたのが得策であるとの特定の儀式を尊重して特定のユダヤ人の仲間のキリスト教徒らい( 15時13 sqq行為です。 ) 。 On the same occasion, the "pillars" of the Church, James, Peter, and John "gave to me (Paul) and Barnabas the right hands of fellowship; that we should go unto the Gentiles, and they unto the circumcision" (Galatians 2:9).同じ機会にしては、 "柱"は、教会では、ジェームズは、ピーターは、ジョン"を私に与えた(ポール)と右の手barnabasフェローシップ;して、私たちも行くべきgentilesかれは、かれらがかれの割礼" (ガラテヤ人への手紙2時09分) 。 He publicly commended the great charter of Gentile freedom from the Law, although he still continued the observance in his own life, no longer as a strict duty, but as an ancient, most venerable and national custom, trusting to "be saved by the grace of the Lord Jesus Christ" (Acts 15:11).彼は偉大な憲章を公然と表彰ジェンティーレからの自由を法では、継続的にもかかわらず、彼はまだ自分の生活を守ることは、もはや厳格な義務としてではなく、古代のは、全国で最も由緒あるカスタムと、信じて疑わないから"の恩恵に救われる主イエスキリストは、 " (行為15 : 11 ) 。 When afterwards some came from James to Antioch and led Peter into dissimulation (Galatians 2:12), his name was used by them, though he had given them no such commandment to enforce their interpretation of the concordat which, on his proposal, had been adopted at the Council of Jerusalem.その後いくつかの時にアンティオキアから来たジェームズとピーターを主導猫かぶり(ガラテヤ人への手紙2時12分) 、彼の名前が使用されていたが、彼は与えられた掟を実施していないこのような解釈は、彼らの協約では、彼の提案していたエルサレムの評議会で採択した。 When St. Paul after his third missionary journey paid a visit to St. James (AD 58), the Bishop of Jerusalem and "the elders" "glorified the Lord" and advised the Apostle to take part in the ceremonies of a Nazarite vow, in order to show how false the charge was that he had spoken of the Law as no longer to be regarded.セントポール際に支払った後に彼の3番目の宣教師を訪問する旅セントジェームズ(広告の58 ) 、エルサレムの司教と"長老" "見せかけの主"と助言した銀製の式典に参加することを誓うナジル人は、を表示するために虚偽の請求は、どのように話されていたのは、法の趣旨として見なされなくしている。 Paul consented to the advice of James and the elders (Acts 21:1 sqq.).ポール同意して、年長者の助言やジェームズ( 21時01 sqq行為です。 ) 。 The Epistle of St. James reveals a grave, meek, and calm mind, nourished with the Scriptures of the Old Testament, given to prayer, devoted to the poor, resigned in persecution, the type of a just and apostolic man.セントジェームズによると、信徒の墓は、おとなしい、無風の心と、栄養状態が良くないとは、旧約聖書は、祈りを与え、献身的に、貧しい人々は、迫害を辞任し、ローマ教皇のタイプの男とするだけだ。

JAMES OUTSIDE OF THE SCRIPTURESジェームズの外に、聖書

Traditions respecting James the Less are to be found in many extra-canonical documents, especially Josephus (Antiq., XX, ix, 1), the "Gospel according to the Hebrews" (St. Jerome, De vir. ill., II), Hegesippus (Eusebius, "Hist. eccl.", II, xxiii), the pseudo-Clementine Homilies (Ep. of Peter) and Recognitions (I, 72, 73), Clement of Alexandria (Hypot., vi, quoted by Eusebius, "Hist. eccl.", II, i).ジェームズは、あまりの伝統を尊重して発見される-正準多くの余分な書類は、特にヨセフス( antiq. 、 XX社は、 9世は、 1 )は、 "福音書によると、ヘブル人への手紙" (聖ジェロームは、デvir 。悪い。 、 ⅱ ) 、 hegesippus (ユーセビアス、 "シーッ。 eccl 。 " 、 2世、 23 )は、疑似クレメンタインを発する( ep.のピーター)からの評価(私、 72 、 73 ) 、アレクサンドリアのクレメンス( hypot. 、 viのは、引用されるユーセビアスは、 "シーッ。 eccl 。 " 、 2世、私) 。 The universal testimony of Christian antiquity is entirely in accordance with the information derived from the canonical books as to the fact that James was Bishop of the Church of Jerusalem.古代のキリスト教の普遍的な証言は、完全な情報に基づき、正典に由来するという事実としてジェームズは、教会の司教のエルサレムです。 Hegesippus, a Jewish Christian, who lived about the middle of the second century, relates (and his narrative is highly probable) that James was called the "Just", that he drank no wine nor strong drink, nor ate animal food, that no razor touched his head, that he did not anoint himself or make use of the bath, and lastly that he was put to death by the Jews. hegesippus 、キリスト教、ユダヤ教、人の暮らしについては、第2世紀の真ん中には、関連性(と彼の物語が高い)と呼ばれるジェームズは、 "単に"は、そのワインや強い酒を飲むない彼は酒を飲み、また食べた動物性食品、それなしかみそりを頭に触れ、自分自身を塗る彼は、バスを利用するか、そして最後にして彼は、ユダヤ人にされて死亡した。 The account of his death given by Josephus is somewhat different.彼の死を与えられたのアカウントはヨセフスは少し違う。 Later traditions deserve less attention.それ以降の伝統あまり注目に値する。

Publication information Written by A. Camerlynck. a. camerlynck書かれた文献の情報です。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写される。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のカトリック百科事典は、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

For bibliography see EPISTLE OF SAINT JAMES; Protoevangelium Jacobi and Liturgy of St. James.信徒のための参考文献を参照してくださいセントジェームズ; protoevangeliumヤコビと典礼聖ジェームズです。


Also, see:また、参照してください:
Epistle of James ヤコブの手紙

Apostles 使徒


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです