Jewish Articles of Faithユダヤ教の信仰の記事

General Information 総合案内


No Fixed Dogmas固定教義なし

In the same sense as Christianity or Islam, Judaism can not be credited with the possession of Articles of Faith. Many attempts have indeed been made at systematizing and reducing to a fixed phraseology and sequence the contents of the Jewish religion. 感覚としては、同じキリスト教やイスラム教、ユダヤ教に入金することはできません記事の信仰を所持している。多くの試みが実際に削減され、体系化や固定的な言い方をすると配列の内容は、ユダヤ教の宗教です。 But these have always lacked the one essential element: authoritative sanction on the part of a supreme ecclesiastical body.しかし、これらは、常に重要な要素の1つ足りなく:権威制裁は、教会の体の部分最高です。 And for this reason they have not been recognized as final or regarded as of universally binding force.そしてこの理由として認識されていないと見なされるのか、どこからでも最終的な拘束力はありません。 Though to a certain extent incorporated in the liturgy and utilized for purposes of instruction, these formulations of the cardinal tenets of Judaism carried no greater weight than that imparted to them by the fame and scholarship of their respective authors.にも取り入れられて、ある程度の目的のために利用さ典礼と命令は、これらの処方は、ユダヤ教の教義枢機卿運ばない重量よりも大きいことを付与して名声を得るとされる奨学金は、それぞれの作者です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
None of them had a character analogous to that given in the Church to its three great formulas (the so-called Apostles' Creed, the Nicene or Constantinopolitan, and the Athanasian), or even to the Kalimat As-Shahadat of the Mohammedans.キャラクターを持っていなかったことに類似しては、教会に与えられた3つの偉大な数式(いわゆる使徒信条、ニカイアまたはconstantinopolitanし、アタナシウス) 、またはさえしてkalimat - shahadatとしては、 mohammedans 。 The recital of this "Kalimah" is the first of the five pillars of practical religion in Islam, and one converted to Islam must repeat it verbatim; so that among the conditions required of every believer with reference to confession is the duty to repeat it aloud at least once in a lifetime.リサイタルは、この" kalimah "は、最初の実用的な5つの柱で、イスラムの宗教、および1つの逐語的にイスラム教に改宗することを繰り返す必要があります;ので、必要なすべての条件のうち、信者の告白を基準にして声を出しては、義務を繰り返します少なくとも一世一代のです。 None of the many summaries from the pens of Jewish philosophers and rabbis has been invested with similar importance and prominence.いずれも、より多くの要約を、ペンの哲学者やユダヤ教のラビと、同様の重要性を投資してきたと卓立。 The reasons for this relative absence of official and obligatory creeds are easily ascertained.この理由の欠如、相対的には簡単に判然とする関係者とお定まりの信条です。

No Need for Creeds in Judaismユダヤ教の必要性はない信条

The remark of Leibnitz, in his preface to the "Essais de Theodicee," that the nations which filled the earth before the establishment of Christianity had ceremonies of devotion, sacrifices, libations, and a priesthood, but that they had no Articles of Faith and no dogmatic theology, applies with slight modification to the Jews.ライプニッツの発言は、彼の序文に" essaisデtheodicee 、 "どの国に充満して、地球の前には、キリスト教の設立式典の献身、犠牲、 libations 、聖職に就くとするが、それは彼らの信仰はない、との記事独断的な神学いいえ、わずかな修正には、ユダヤ人に適用しています。 Originally race-or perhaps it is more correct to say nationality-and religion were coextensive.たぶんそれはもともと人種や国籍の方が正しいことを言うと宗教が同一の広がりを持つ。 Birth, not profession, admitted to the religio-national fellowship.出生時ではなく、職業、宗教の国立フェローシップを認めている。 As long as internal dissension or external attack did not necessitate for purposes of defense the formulation of the peculiar and differentiating doctrines, the thought of paragraphing and fixing the contents of the religious consciousness could not insinuate itself into the mind of even the most faithful.限り、内部の意見の相違や外部攻撃防御の目的のために必然的に伴うしなかったのは、独特の定式化と差別化教説は、 paragraphingと考えたの内容を修正することができなかったの宗教意識そのものをほのめかすの心に忠実でさえ、ほとんどです。 Missionary or proselytizing religions are driven to the definite declaration of their teachings.宣教師の布教活動や宗教には、確定申告の駆動を教えています。

The admission of the neophyte hinges upon the profession and the acceptance of his part of the belief, and that there may be no uncertainty about what is essential and what non-essential, it is incumbent on the proper authorities to determine and promulgate the cardinal tenets in a form that will facilitate repetition and memorizing.入場料は、新参者の職業と、ヒンジの上の部分は、自分の信念を受諾し、不確実性がない可能性があることについては、必要不可欠なものと非本質的なもの、それは適切な当局には、現職の公布を決定すると、基本的教義フォームでは、円滑な反復や暗記している。 And the same necessity arises when the Church or religious fellowship is torn by internal heresies.そして、同じまたは宗教上の必要性が生じたときに、教会の交わりが引き裂かれる内部heresies 。 Under the necessity of combating heresies of various degrees of perilousness and of stubborn insistence, the Church and Islam were forced to define and officially limit their respective theological concepts. heresiesの下で闘う必要性を様々な程度の危難の頑固な主張とは、イスラム教の教会と正式に限度額を定義して、強制的には、それぞれの神学的な概念です。

Both of these provocations to creed-building were less intense in Judaism.これらの両方を信条に挑発で強烈なユダヤ教の建物が少ない。 The proselytizing zeal, though during certain periods more active than at others, was, on the whole, neutralized, partly by inherent disinclination and partly by force of circumstances.熱意の布教活動が、特定の期間の中でより積極的なよりも、他人が、全体的に見ると、中和、部分部分を力ずくで固有の事情と嫌がっている。 Righteousness, according to Jewish belief, was not conditioned of the acceptance of the Jewish religion.正義は、ユダヤ教の信仰によると、条件付きではないが、ユダヤ教の宗教を受け入れています。 And the righteous among the nations that carried into practice the seven fundamental laws of the covenant with Noah and his descendants were declared to be participants in the felicity of the hereafter.正義として運び込まれる国のうち、 7つの基本的な法則の練習をする約束をして、ノアとその子孫が宣言され、参加者は、来世フェリシティ。 This interpretation of the status of non-Jews precluded the development of a missionary attitude.この解釈には、ステータスが非ユダヤ人を排除する宣教師の発展的な態度だ。 Moreover, the regulations for the reception of proselytes, as developed in course of time, prove the eminently practical, that is, the non-creedal character of Judaism.また、規制のためproselytesレセプションのは、時間の経過として開発された、極めて実際的な証明には、それは、非ユダヤ教の信条のキャラクターです。

Compliance with certain rites - baptism, circumcision, and sacrifice - is the test of the would-be convert's faith.コンプライアンスが、特定の儀式-洗礼、割礼、および犠牲-このテストは、志望者の信仰を変換しています。 He is instructed in the details of the legal practice that manifests the Jew's religiosity, while the profession of faith demanded is limited to the acknowledgement of the unity of God and the rejection of idolatry (Yorei De'ah, Germ, 268, 2).彼は指示したが、詳細は、法体系ユダヤ人の信仰心のManifestsを練習して、その中には限定的な信仰告白を要求して団結し、神と謝辞の偶像崇拝の拒絶反応( yorei de'ah 、胚芽、 268 、 2 ) 。 Judah ha-Levi ("Cuzari," i. 115) puts the whole matter very strikingly when he says:ユダハ-レビ( " cuzari 、 " i. 115 ) Answersは非常に際立って全体の問題と彼は言います時:

"We are not putting on an equality with us a person entering our religion through confession alone [Arabic original, bikalamati =by word]. We require deeds, including in that term self-restraint, purity, study of the Law, circumcision, and the performance of other duties demanded by the Torah." "我々は、我々と対等にしていないパットを介して人の自白を入力するだけで我々の宗教[オリジナルアラビア語、 bikalamati =された単語]です。我々が必要な行為は、その用語を含む自制、純度、研究は、法では、割礼、および他の職務のパフォーマンスを要求されるトーラー"と述べた。
For the preparation of the convert, therefore, no other method of instruction was employed than for the training of one born a Jew.その準備のための変換は、このため、他の方法よりも命令は、就業者の訓練のために生まれ、ユダヤ人の1つです。 The aim of teaching was to convey a knowledge of the Law, obedience to which manifested the acceptance of the underlying religious principles; namely, the existence of God and the holiness of Israel as the people of his covenant.教育の目的は、知識を伝えるためには、法の趣旨には、服従を受け入れることを明らかにし、下層の宗教的な原則;すなわち、神の存在として、イスラエルとのホーリネスの人々が彼の誓約します。

The controversy whether Judaism demands belief in dogma or inculcates obedience to practical laws alone, has occupied many competent scholars. Moses Mendelssohn, in his "Jerusalem," defended the non-dogmatic nature of Judaism, while Low, among others, (see his "Gesammelte Schriften," i. 31-52, 433 et seq. 1871) took the opposite side. ユダヤ教の信仰を要求するかどうかの論争inculcatesドグマや実用的な法律を服従させるだけでも、多くの有能な学者が占領。モーゼスメンデルスゾーンは、彼の"エルサレム"と弁明した非ユダヤ教の独断的な性質は、低中は、他の間では、 (自分を参照してください" gesammelte schriften 、 " i.三十一から五十二、 433以下参照。 1871 )は、反対側です。 Low made it clear that the Mendelssohnian theory had been carried beyond its legitimate bounds.低mendelssohnian前にあることがはっきりした理論を超えては、正当な範囲内で行われています。 The meaning of the word for faithful and belief in Hebrew [ emunah ] had undoubtedly been strained too far to substantiate the Mendelssohnian thesis.その言葉の意味を信念に忠実とは、ヘブライ語[ emunah ]間違いなく緊張されmendelssohnian論文の裏付けを過ぎる。 Underlying the practice of the Law was assuredly the recognition of certain fundamental and decisive religious principles culminating in the belief in God and revelation, and likewise in the doctrine of retributive divine justice.練習法の根底には、特定の基本的な認識は、確かに、決定的な宗教的信条を最高潮に達するとは、神への信仰と啓示は、報復の原則と同様に、神の裁き。

Evolution of Judaismユダヤ教の進化

The modern critical view of the development of the Pentateuch within the evolution of Israel's monotheism confirms this theory. The controversy of the Prophets hinges on the adoption by the people of Israel of the religion of YHWH, that excluded from the outset idolatry, or certainly the recognition of any other deity than YHWH as the legitimate Lord of Israel; that, in its progressive evolution, associated YHWH the concepts of holiness, justice, and righteousness; and that which culminated in the teaching of God's spirituality and universality. 現代の批判的な見方の発展の五の進化の過程で、イスラエルの一神教この理論を確認します。預言者は、このような論争にかかっているの養子縁組されたイスラエルの人々は、宗教のyhwh 、偶像崇拝の冒頭から除外して、または確かに、 yhwhよりも、他の神の認識として、イスラエルの合法的な主;ことは、進行中の進化は、その概念に関連するyhwhのホーリネスは、正義と正義;であり、その結果としては、神の霊性と普遍性を教えてください。 The historical books of the Bible, as recast in accordance with these latter religious ideas evince the force of a strong and clearly apprehended conviction concerning the providential purpose in the destinies of earth's inhabitants, and more especially in the guidance of Israel.聖書の歴史の本は、後者の改鋳に基づいてこれらの宗教的なアイデアを明らかにすると、力の強い信念を逮捕に関する摂理の目的を明確には、地球の住人の運命は、特により多くのガイダンスとイスラエルのです。

Discussions and Dogmatism Disfavored不利な議論と独断

The Psalms and Wisdom books manifest the predominance of definite religious beliefs.書籍目録の詩篇と英知宗教的信念の優勢を確定します。 To say that Judaism is a barren legalistic convention, as Mendelssohn avers, is an unmistakable exaggeration.ユダヤ教と言っては、不毛の律法条約は、メンデルスゾーンaversとしては、誇張することは、紛れもない。 The modicum of truth in his theory is that throughout Biblical Judaism, as in fact throughout all later phases of Jewish religious thinking and practice, this doctrinal element remains always in solution.わずかな真実で、彼の理論は、ユダヤ教の聖書のことを通して、全体として事実上すべてのユダヤ教の宗教的な思考と後の段階で、実際には、この教義上の要素は、常に溶液中です。 It is not crystallized into fixed phraseology or rigid dogma.結晶化した言い方ではないことや厳格な教義を固定します。 And, moreover, the ethical and practical implications of the religion are never obscured.そして、さらに、倫理的かつ実用的な意味合いは、宗教の隠されたことは決してありません。 This is evidenced by the Biblical passages that, in the opinion of many, partake of the nature of Articles of Faith, or are of great value as showing what, in the opinion of their respective authors, constitutes the essence of religion.これは、聖書の中の通路にみられるように、多くの意見は、記事の性質を飲むの信仰、あるいはどのような表示には大きな価値として、その意見には、それぞれの作者は、宗教の本質を構成しています。 Among these the most noteworthy are Deut.これらのうち、最も注目すべきは、 deut 。 vi. viのです。 4; Isa., xlv. 4 ;のISA 。 、 45 。 5-7; Micah vi. 5-7 ;ミカviのです。 8; Ps. 8 ;しまう。 xv.; Isa. 15 。 ;のISAです。 i. 16, 17; xxxiii. 16 、 17 、 33 。 15. 15 。

Whatever controversies may have agitated Israel during the centuries of the Prophets and the earlier post-exilic period, they were not of a kind to induce the defining of Articles of Faith counteract the influences of heretical teaching.どのような可能性がある論争動揺して何百年もの間、イスラエルの預言者たちと追放された後は、前の期間中、かれらはないが、ある種の定義を誘導する記事の信仰の影響を中和するの異端の教えです。 Dogmatic influences manifest themselves only after the Maccabean struggle for independence.独断的な影響を及ぼすマニフェスト自体maccabean独立闘争の後にのみです。 But even these differences were not far-reaching enough to overcome the inherent aversion to dogmatic fixation of principles; for, with the Jews, acceptance of principles was not so much a matter of theoretical assent as of practical conduct.しかし、これらの違いはないにも十分に遠大な独断的な嫌悪感を克服する固有の原則を固定;ためには、ユダヤ人は、そんなに受け入れ原則の問題ではないとして、理論的実践的な同意を行う。 Though Josephus would have the divisions between the Pharisees and the Sadducees hinge on the formal acceptance or rejection of certain points of doctrine - such as Providence, resurrection of the body, which for the Pharisees, was identical with future retribution -- it is the consensus of opinion among modern scholars that the differences between these two parties were rooted in their respective political programs, and implied in their respectively national and anti-national attitudes, rather than in their philosophical or religious dogmas.ヨセフスかかわらず、部門間のphariseesがsadduceesにかかっているとの正式な合格不合格の教義の特定のポイント-など、プロビデンス、体の復活、これは、 p harisees、将来的には同じ報復-それは、コンセンサス現代の学者たちの間で意見の違いは、これら2つの政党が、それぞれの政治的なプログラムに根差した、および黙示の国家とは、それぞれの反国家的な姿勢ではなく、自分の哲学や宗教上の教義でいます。

If the words of Sirach (iii. 20-23) are to be taken as a criterion, the intensely pious of his days did not incline to speculations of what was beyond their powers to comprehend.シラクの場合、言葉( iii.二〇 〜二三)は、基準としてすべきことで、彼の日の強烈信心深い思索に傾斜していないのはどのような権限を彼らの理解を超えています。 They were content to perform their, religious duties in simplicity of faith.かれらは自分のコンテンツを実行する、宗教的な信仰の職務にシンプルです。 The Mishnah (Hag. 11. 1) indorsed this view of Sirach, and in some degree, discountenanced theosophy and dogmatism.このミシュナー( hag. 11 。 1 )シラクの裏書きこのビューは、いくつかの学位とは、 discountenanced神智学と独断です。 Among the recorded discussions in the schools of the Rabbis, dogmatic problems commanded only a very inferior degree of attention ('Er. 13b: controversy concerning the, value of human life; Hag. 12a: concerning the order of Creation).録音中には、学校のラビの議論は、独断的な問題のみを命じ、非常に注目度下( ' er 。 13b :に関する論争は、人間の生命の値;鬼ばば。 12a :に関する秩序の創出) 。

Nevertheless, in the earliest Mishnah is found the citation of Abtalion against heresy and unbelief (Ab. i. 11 [12]); and many a Baraita betrays the prevalence of religious differences (Ber. 12b; 'Ab. Zarah 17a).にもかかわらず、ミシュナーことが判明したのは、最古の文献に反対abtalion異端と不信仰( ab. i. 11 [ 12 ] ) ;とする多くの有病率の宗教的な違いbetraysバーライター( ber. 12b ; ' ABのです。 zarah 17a ) 。 These controversies have left their impress upon the prayer-book and the liturgy.これらの論争が印象に残って彼らの祈り-書籍や典礼。 This is shown by the prominence given to the Shema'; to the Messianic predictions in the Shemoneh-Esreh (the "Eighteen Benedictions"), which emphasized the belief in the Resurrection; and, finally, to the prominence given to the Decalogue -- though the latter was again omitted in order to counteract the belief that it alone had been revealed (Tamid v. 1; Yer. Ber. 6b; Bab. Ber. 12a).これは、表示されて与えられる隆起shema ' ; shemonehには、予測の救世主- esreh (以下" benedictions 18 " ) 、これは、復活の信念を強調して、そして、最後に、隆起して、十戒を与えられた-省略された場合は、再度かかわらず、後者に対抗するために一人という信念を持っていたことを明らかに( tamid対1 ; yer 。 ber 。 6 ;はBab 。 ber 。 12a ) 。 These expressions of belief are held to have originated in the desire to give definite utterance and impressiveness to the corresponding doctrines that were either rejected or attenuated by some of the heretical schools.これらの式が行われたの信念を持つ欲望の発祥は明確な発言を与えると、対応するimpressiveness教説を拒否していたのどちらかまたは弱毒化されたいくつかの異端の学校です。 But while the se portions of the daily liturgy are expressive of the doctrinal contents of the regnant party in the synagogue, they were not cast into the form of catalogued Articles of Faith.しかし、中には、世の部分の表現力は、毎日の典礼教義上の内容は、シナゴーグに君臨する党は、彼らが投げ込まれるという形ではなく、信仰の記事catalogued 。

The first to make the attempt to formulate them was Philo of Alexandria. The influence of Greek thought induced among the Jews of Egypt the reflective mood. 最初の策定を作る試みをしていたアレクサンドリアのフィロです。ギリシャ語の影響を考えたのは、ユダヤ人の間で引き起こされるエジプトの反射気分です。 Discussion was undoubtedly active on the unsettled points of speculative belief; and such discussion led, as it nearly always does, to a stricter definition of the doctrines.ディスカッションは、間違いなく活性化され、投機的な信念の不安定なポイント;などの議論を中心に、それはいつも近くには、その教説の定義を厳格化する。 In his work "De Mundi Opificio," lxi., Philo enumerates five articles as embracing the chief tenets of Mosaism:彼の作品は"デmundiの複数opificio 、 " 61 。 、 5つの記事として数えますフィロ首席教義を抱き締めてmosaism :

  1. God is and rules; 神は、ルール;
  2. God is one 神は一つ
  3. The world was created; 世界では、作成;
  4. Creation is one; 創造は一つ;
  5. God's providence rules Creation. 神の摂理ルールを作成します。

But among the Tannaim and Amoraim this example of Philo found no followers, though many of their number were drawn into controversies with both Jews and non-Jews, and had to fortify their faith against the attacks of contemporaneous philosophy as well as against rising Christianity.しかし、この例のうち、 amoraimタンナーイームと信者のフィロは見つかりませんでしたが、彼らの多くは論争に引きずり込まれる番号の両方がユダヤ人と非ユダヤ人は、自分の信仰を強化するとしていたの同時攻撃に対する反対の上昇だけでなく、キリスト教哲学。 Only in a general way the Mishnah Sanh.一般的な方法では、ミシュナーのみsanh 。 xi. xi 。 1 excludes from the world to come the Epicureans and those who deny belief in resurrection or in the divine origin of the Torah. 1 、世界から除外さepicureansに来ると、復活を信じることを否定する人たちは、神の起源や律法です。 R. Akiba would also regard as heretical the readers of Sefarim Hetsonim-certain extraneous writings (Apocrypha or Gospels)-and such persons that would heal through whispered formulas of magic.共和党アキバに関しても、読者の異端としてsefarim hetsonim -特定の無関係な記述(外典またはgospels ) -などを介して人が治る数式のマジックささやいた。

Abba Saul designated as under suspicion of infidelity those that pronounce the ineffable name of the Deity.アバ不貞の疑いでソールの下に指定され、言いようのない者の名前を発音することは神のような存在です。 By implication, the contrary doctrine and attitude may thus be regarded as having been proclaimed as orthodox.含蓄的には、その反対の態度ドクトリンと見なされる可能性がこうして正統派として宣言されています。 On the other hand, Akiba himself declares that the command to love one's neighbor the fundamental the principle of the Law; while Ben Asa i assigns this distinction to the Biblical verse, "This is the book of the generations of man " (Gen. vi; Gen. R. xxiv).その半面、秋葉自身は、コマンドを宣言して自分の隣人愛の基本的な原則には、法の趣旨;ながらベンasaが私の聖書の詩を割り当てますこの区別は、 "これは、書籍の世代の男" ( viの大将;大将共和党xxiv ) 。 The definition of Hillel the Elder in his interview with a would-be convert (Shab. 31a), embodies in the golden rule the one fundamental article of faith.高齢者の定義はヒレルのインタビューで、彼の改宗者予備軍( shab. 31a )は、ゴールデンルールの1つの具現は、信仰の根本的な記事です。

A teacher of the third Christian century, R. Simlai, traces the development of Jewish religious principles from Moses with his 613 commands of prohibition and injunction, through David, who, according to this rabbi, enumerates eleven; through Isaiah, with six; Micah, with three; to Habakkuk who simply but impressively sums up all religious faith in the single phrase, "The pious lives in his faith" (Mak., toward end).キリスト教の第3世紀の教師は、共和党simlai 、ユダヤ教の宗教的な原則の発展の痕跡から彼の613のコマンドを禁止してムーサーと差し止め命令は、デイビッドを通して、人は、このラビによると、 11人を数えます;を通してイザヤ書で、 6 ;ミカで、 3つ;ハバックーク誰にでも簡単にアップ感心させられる金額は、 1つのフレーズをすべての宗教の信仰は、 "自分の住んでいる敬虔な信仰" ( mak. 、端に向かって) 。 As the Halakhah enjoins that one should prefer death to an act of idolatry, incest, unchastity, or murder, the inference is plain that the corresponding positive principles were held to be fundamental articles of Judaism.ハラーハーenjoinsばならないことの一つとして、死を好むの偶像崇拝する行為は、近親相姦、不貞、あるいは殺人、平野の推論は、対応することに肯定的な原則が行われたユダヤ教の根本的な記事です。

The Decalogue as a Summary要約としての十戒

From Philo down to late medieval and even modern writers, the Decalogue has been held to be in some way a summary of both the articles of the true faith and the duties derived from that faith. According to the Alexandrian philosopher the order of the Ten Words is not accidental. フィロダウンしてからでも遅く中世と現代の作家は、十戒を開催してきたが、何らかの形で記事の概要が両方の任務は、真の信仰と信仰に由来しています。アレクサンドリアの哲学者によると、 10個の単語の順序偶然ではない。 They divide readily into two groups: the first five summarizing man's relations to the Deity; the other five specifying man's duties to his fellows. Ibn Ezra virtually adopts this view.彼らを容易に2つのグループに分ける: 最初の5人の男との関係を要約して、神のような存在で、他の5人の男の任務を指定して彼の仲間だからです。イブンエズラ事実上、この見解を採用しています。 He interprets the contents of the Decalogue, not merely in their legal-ritual bearing but as expressive of ethico-religious principles.彼は十戒の内容の解釈ではなく、単に法的には彼らの儀式ethico -軸受しかし、宗教的信条を表出した。 But this view can be traced to other traditions.しかし、このビューを表示することができます他の伝統をトレースします。 In Yer.中yer 。 Ber. ber 。 6b the Shema' is declared to be only an epitome of the Decalogue. 6 、 shema 'が宣言されるだけに、十戒の縮図です。 That in the poetry of the synagogal ritual this thought often dominates is well known.その詩は、多くの場合、このような考えが優位を占めてsynagogal儀式はよく知られています。 No less a thinker than Saadia Gaon composed a liturgical production of this character and R. Eliezer ben Nathan of Mayence enriched the prayer-book with a piyyut in which the six hundred and thirteen commands are rubricated in the order of and in connection with the Decalogue.思想家よりも劣らず、 saadia gaonこの文字で構成する典礼の生産と共和党のネイサンエリエゼルベンmayence濃縮して、書籍の祈り-ピーユートで、 613のコマンドは、 rubricatedと関連して注文の十戒。

The theory that the Decalogue was the foundation of Judaism, its article of faith, was advocated Isaac Abravanel (see his Commentary on Ex. xx. 1); and in recent years by Isaac M. Wise of Cincinnati in his "Catechism" and other writings. その理論の基礎は、ユダヤ教の十戒は、その記事の信仰は、アイザックが提唱abravanel (解説して彼の元を参照してください。 XXのです。 1 ) ;と、近年では彼のシンシナティアイザックm.賢者の"公教要理"とその他記述します。

The only confession of faith, however, which, though not so denominated, has found universal acceptance, forms a part of the daily liturgy, contained in all Jewish prayer-books.信仰告白だけで、しかし、それは、今建てわけではありませんが、普遍的には受け入れることが見つかりました、フォームでは、毎日の典礼部分は、ユダヤ教の祈りのすべての書籍に含まれています。 ln its original form it read somewhat as follows:それを読むと元の形にややln以下のとおり:

"True and established is this word for us forever. True it is that Thou art our God as Thou wast the God of our fathers; our King as [Thou wast] the King of our fathers; our Redeemer and the Redeemer of our fathers; our Creator and the Rock of our salvation; our Deliverer and Savior -- from eternity is Thy name, and there is no God besides Thee." "この言葉は真実であり、我々は永遠に確立した。なたが本当のことは私たちの神の神としてなたの祖先;私たちの王として[なた]の王の祖先;私たちの祖先の救い主と救い主;我々は我々の創造と、岩の救世;私たちの救世主、救い主-より永遠には、なたの名前は、ほかに神はないとなた。 "

This statement dates probably from the days of the Hasmoneans (see Landshuth, in "Hegyon Leb").この声明は、日間の日程から、おそらくhasmoneans ( landshuthを参照して、 " hegyon leb "を参照) 。

Saadia's, Judah ha-Levi's and Bahya's Creed saadiaのは、ユダハ-リーバイスの信条とbahya

In the stricter sense of the term, specifications in connected sequence, and rational analysis of Articles of Faith, did not find favor with the teachers and the faithful before the Arabic period.は、厳格な意味では、配列の仕様で接続し、信仰の合理的な分析記事は、賛成していない教師を見つけると、アラビア語の前に忠実な期間です。 The polemics with the Karaites on the one hand, and, on the other, the necessity of defending their religion against the attacks of the philosophies current among both Mohammedans and Jews, induced the leading thinkers to define and formulate their beliefs. karaitesの論争術は、片方の手で、そして、もう一つは、自分たちの宗教を守る必要性に対する攻撃は、現在の哲学の両方mohammedansとユダヤ人の間では、引き起こされる主要な思想家を定義すると、自分の信念を策定する。 Saadia's "Emunot we-Deot" is in reality one long ex position of the main tenets of the faithful. saadiaの"我々 emunot - deot "現実には、 1つのロングポジションは、元のメインの教義に忠実だ。 The plan of the book discloses a systematization of the different religious doctrines that, in the estimation of the author, constitute the sum total of his faith.本計画の体系を明らかにすることは、異なる宗教の教説は、推定では、作者は、自分の信仰の合計を構成します。 They are, in the order of their treatment by him, the following:彼らは、彼らの治療をするためには、彼には、以下:
  1. The world is created; 世界では、作成;
  2. God is one and incorporeal; 神とは、 1つの無体;
  3. belief in revelation (including the divine origin of tradition; 信念でヨハネの黙示録 (神の起源など、伝統;
  4. man is called to righteousness and endowed with all necessary qualities of mind and soul to avoid sin; 男は、正義と呼ばれるに必要なすべての資質に恵まれているのを避けるために心と魂の罪;
  5. belief in reward and punishment; 信念賞罰;
  6. the soul is created pure; after death it leaves the body; 作成したのは、純粋な魂;後に消滅することの葉体;
  7. belief in resurrection; 信念で復活;
  8. Messianic expectation, retribution, and final judgment. 救世主の期待は、報復では、最終的な判断をしています。

Judah ha-Levi endeavored, in his "Cuzari," to determine the fundamentals of Judaism on another basis.ユダハ-レビ努力は、彼の" cuzari 、 "ファンダメンタルズを判別するのは別のユダヤ教の基礎です。 He rejects all appeal to speculative reason, repudiating the method of the Motekallamin.彼はすべての訴えを拒否して投機的な理由で、法のrepudiatingのmotekallamin 。 The miracles and traditions are, in their natural character, both the source and the evidence of the true faith.その奇跡と伝統は、彼らの自然なキャラクターでは、両方のソースコードとは、真の信仰の証拠だ。 With them Judaism stands and falls.ユダヤ教と滝スタンドをつけている。 The book of Bahya ibn Pakuda ("Hobot ha-Lebabot"), while remarkable, as it is, for endeavoring to give religion its true setting as a spiritual force, contributed nothing of note to the exposition of the fundamental articles.この本のbahyaイブンpakuda ( " hobotハ- lebabot " )で、注目すべきは、それが、その真の宗教のための努力を与える精神的な力として設定は、何も貢献して博覧会のメモは、根本的な記事です。 It goes without saying that the unity of God, His government of the world, the possibilities of leading a divine life-which were never forfeited by man-are expounded as essentials of Judaism.団結することは言うまでもないが、神は、彼の政府は、世界では、その可能性をリードされた神の命には決して没収された男には、ユダヤ教の必需品として詳しく説明します。

Ibn Daud and Hananel ben Hushielイブンダウドとhananelベンhushiel

More interesting on this point is the work of R. Abraham ibn Daud (1120) entitled "Emnah Ramah" (The High Faithful).この点については、もっと面白い仕事の共和党アブラハムイブンダウド( 1120 )と題する" emnah ramah " (高忠実) 。 In the second division of his treatise he discourses on the principles of faith and the Law.彼の論文の第2師団の国については、彼の信仰と法の原則です。 These principles are:これらの原則を以下の通りです:

Less well known is the scheme of an African rabbi, Hananel b.あまり知られては、スキームは、アフリカのラビ、 Bのhananel Hushiel, about a century earlier, according to whom Judaism's fundamental articles number four: hushiel 、約1世紀以前は、ユダヤ教の人によると、 4つの基本的な記事番号:

The Thirteen Articles of Maimonidesこの記事は13 maimonides

The most widely spread and popular of all creeds is that of Maimonides, embracing the thirteen articles. Why he chose this particular number has been a subject of much discussion. そして、最も広く普及して人気のmaimonidesのすべての信条は、 13の記事を抱き締めている。なぜ彼は、この特定の番号を選んだという件名で、ずっと議論されています。 Some have seen in the number a reference to the thirteen attributes of God. Probably no meaning attaches to the choice of the number.いくつかの番号が見られる13人のリファレンスを神の属性です。恐らく意味のない接続の数を選択することが出来ます。 His articles are:彼の記事を以下の通りです:
  1. The existence of God; 神の存在;
  2. His unity; 彼の団結;
  3. His spirituality; 彼の霊性;
  4. His eternity; 彼の永遠;
  5. God alone the object of worship; 一人で、神の崇拝の対象;
  6. Revelation through his prophets; ヨハネの黙示録を通して彼の預言者;
  7. the preeminence of Moses among the Prophets; 預言者の間での優位性モーゼス;
  8. God's law given on Mount Sinai; 与えられた神の律法をマウントサイナイ;
  9. the immutability of the Torah as God's Law; immutabilityの律法としては、神の律法;
  10. God's foreknowledge of men's actions; 神の先見の男たちの行動;
  11. retribution; 報復;
  12. the coming of the Messiah; 救世主の到来;
  13. Resurrection. 復活です。

This creed Maimonides wrote while still a very young man; it forms a part of his Mishnah Commentary, but he never referred to it in his later works (See S. Adler, "Tenets of Faith and Their Authority in the Talmud," in his "Kobez 'al Yad," p. 92, where Yad ha-Hazakah, Issure Biah, xiv, 2, is referred to as proof that Maimonides in his advanced age regarded as fundamental of the faith only the unity of God and the prohibition of idolatry). It did not meet universal acceptance; but, as its phraseology is succinct, it has passed into the prayer-book, and is therefore familiar to almost all Jews of the Orthodox school. The successors of Maimonides, from the thirteenth to the fifteenth century-Nahmanides, Abba Mari ben Moses, Simon ben Zemah, Duran, Albo, Isaac Arama, and Joseph Jaabez-reduced his thirteen articles to three: maimonides書いている間、この信条、依然として非常に若い男;ことミシュナーフォームを解説した部分が、彼は決して言及して以降、彼の作品(米アドラーを参照して、 "信仰を教義とその権限は、タルムードは、 "彼の" kobez 'アルyad 、 " p. 92 、どこyadハ- hazakah 、 issure biah 、 14 、 2 、プルーフと呼ばれることは、彼の先進maimonides年齢と見なされるだけの根本的な信仰の神との結束を禁止偶像崇拝) 。 普遍的受諾を満たしていない;しかし、そのような言い方は簡潔には、それは、祈りの本を渡された、とは、そのためになじみの正統派ユダヤ人のほぼすべての学校です。 maimonidesの後継者が、 13からして15世紀- nahmanides 、アバマリベンモーゼス、ベンzemahサイモン、デュラン、 albo 、アイザックarama 、彼の13人に減少したとヨセフjaabezを3つの記事:

Others, like Crescas and David ben Samuel Estella, spoke of seven fundamental articles, laying stress on free-will. On the other hand, David ben Yom-Tob ibn Bilia, in his "Yesodot ha- Maskil" (Fundamentals of the Thinking Man), adds to the thirteen of Maimonides thirteen of his own - a number which a contemporary of Albo (see "'Ikkarim," iii.) also chose for his fundamentals; while Jedaiah Penini, in the last chapter of his "Behinat ha-Dat," enumerated no less than thirty-five cardinal principles (see Low, "Judische Dogmen," in his "Gesammelte Werke," i. 156 et seq.; and Schechter, "Dogmas of Judaism," in "Studies of Judaism," pp. 147-181). 他、デイビッドベンサミュエルエステラようクレスカスと、スポークの7つの基本的な記事は、ストレスを敷設して自由意志です。その半面、デイビッドベンbiliaイブンヨーム-トゥブ州は、彼の" yesodotハ- maskil " (ファンダメンタルズには、思考の男)は、追加して13人の13人が、自分のmaimonides -現代の数多くのa lbo(詳細については、 " ' i kkarim、 " 3世です。 )を選んだためにも彼のファンダメンタルズ; j edaiahp eniniながら、最後の章では、彼の" b ehinatハ-データは、 "いいえ列挙未満の枢機卿35原則(低参照して、 " judische dogmanの複数形は、 "彼の" gesammelte werke 、 " i. 156以下参照。 ;とシェクターは、 "ユダヤ教の教義は、 "中"タイプのユダヤ教、 " pp 。一四七から一八一まで) 。

In the fourteenth century Asher ben Jehiel of Toledo raised his voice against the Maimonidean Articles of Faith, declaring them to be only temporary, and suggested that another be added to recognize that the Exile is a punishment for the sins of Israel .ベンジェヘル洗浄器は、 14世紀のトレド引き上げた彼の声maimonidean記事に対する信仰は、それらを宣言するだけでテンポラリ、と示唆して泳いだを認識して別の亡命者は、懲罰のため、イスラエルの罪です。 Isaac Abravanel, his "Rosh Amanah," took the same attitude towards Maimonides' creed.アイザックabravanel 、彼の"新年( Rosh amanah 、 "に対する態度は、同じmaimonides '信条です。 While defending Maimonides against Hasdai and Albo, he refused to accept dogmatic articles for Judaism, holding, with all the cabalists, that the 613 commandments of the Law are all tantamount to Articles of Faith. hasdaiとalboに対する防衛maimonidesながら、独断的な記事を受け入れることを拒否したために彼はユダヤ教、 持ち株は、すべてのcabalists 、同法は、 613戒めの信仰はすべての記事に等しい。

In liturgical poetry the Articles of Faith as evolved by philosophical speculation met with metrical presentation.典礼詩の記事で、信仰の哲学的思索としての精緻化されたプレゼンテーション韻律会っている。 The most noted of such metrical and rhymed elaborations are the "Adon 'Olam," by an anonymous writer - now used as an introduction to the morning services (by the Sephardim as the conclusion of the musaf or "additional" service), and of comparatively recent date; and the other known as the "Yigdal," according to Luzzatto, by R. Daniel b.最も有名なのは、このような韻律と韻を踏んだエラボレーション" adon ' olam 、 "匿名の作家によって-今すぐとして使用されるサービスを導入して、朝( s ephardimされるという結論としては、 m usafまたは"追加"のサービス) 、および、比較的最近まで;として知られると、他の"イグダル、 "ルッツァットによると、共和党ダニエルB. Judah Dayyan.ユダdayyan 。

Modern Catechisms近代catechisms

The modern catechisms abound in formulated Articles of Faith. These are generally intended to be recited by the candidates for confirmation, or to be used for the reception of proselytes (See Dr. Einhorn's "'Olat Tamid"). 現代の記事の信仰を策定catechisms豊富です。これらは通常読誦されることを意図された候補者の確認、または受信するために使われるのproselytes (アインホルンを参照してください博士の" ' olat tamid "を参照) 。 The Central Conference of American Rabbis, in devising a formula for the admission of proselytes, elaborated a set of Articles of Faith.米国ラビ中央会議は、入場料を考案するためのフォーミュラproselytes 、信仰の精緻化するための記事です。 These modern schemes have not met with general favor - their authors being in almost all cases the only ones that have had recourse to them in practice.これらのモダンなスキーム全般に会いに賛成していない-その作者には、ほぼすべての場合、償還請求があったものだけで練習をしています。 The points of agreement in these recent productions consist in:契約書のポイントは、これらの最近の作品で構成さ:

The declaration of principles by the Pittsburgh Conference (1885) is to be classed, perhaps, with the many attempts to fix in a succinct enumeration the main principles of the modern Jewish religious consciousness.この原則を宣言したピッツバーグ会議( 1885 )に分類されるが、おそらく、多くの試みを解決するには、メインの原則を簡潔に列挙近代ユダヤ教の宗教的な意識だ。

The Karaites are not behind the Rabbinites in the elaboration of Articles of Faith. The oldest instances of the existence of such articles among them are found in the famous word by Judah ben Elijah Hadassi, "Eshkol ha-Kofer." karaitesではないの背後には、精緻化の記事rabbinites信仰です。最古のインスタンスが存在することのような記事が見つかりましたが、その中には有名な言葉をhadassiエリヤベンユダは、 "エシュコルハ- kofer 。 " In the order there given these are the articles of the Karaite:注文は、これらは、ある特定の記事のカライ派:

  1. God is the Creator of all created beings;神が創造されているすべての作成;
  2. He is premundane and has no peer or associate;彼は世界創造と関連付けることがないまたはピア;
  3. the whole universe is created;宇宙全体が作成;
  4. God called Moses and the other Prophets of the Biblical canon;ムーサーと呼ばれ、他の神は、旧約聖書の預言者キヤノン;
  5. the Law of Moses alone is true;モーゼスだけでは真の法則;
  6. to know the language of the Bible is a religious duty;聖書の言葉を知っては、宗教的義務;
  7. the Temple at Jerusalem is the palace of the world's ruler;エルサレムの神殿では、世界の支配者の宮殿;
  8. belief in Resurrection contemporaneous with the advent of the Messiah;同時信念で復活して、救世主の出現;
  9. final judgment;最終的な判断;
  10. retribution.報復。

The number ten here is not accidental. ここ数十偶然ではない。 It is keeping with the scheme of the Decalogue. Judah Hadassi acknowledges that he had predecessors in this line, and mentions some of the works on which he bases his enumeration. それは、十戒のスキームを維持しています。 hadassiを認めていたユダ前任このセリフでは、いくつかの作品と言及して彼が彼の基地列挙します。 The most succinct cataloguing of the Karaite faith in articles is that by Elijah Bashyatzi (died about 1490).目録は、最も簡潔な記事を信じているのは、カライ派によってエリヤbashyatzi (死亡した約1490 ) 。 His articles vary but little from those by Hadassi, but they are put with greater philosophical precision (see Jost, "Geschichte des Judenthums," ii. 331).しかし、それらのほとんどから彼の記事をhadassiによって異なりますが、彼らはもっと哲学的精度を置く(ヨーストを参照して、 " geschichteデjudenthums 、 " Ⅱ 。 331 ) 。

Bibliography: 参考文献:
Schlesinger, German translation of 'Ikkarim (especially introduction and annotations), xvi-xliii.シュレジンガー、ドイツ語の翻訳' ikkarim (特にはじめと注釈) 、 16世- 43 。 620 et seq ., 640 et seq.; Low, Gesammelte Werke , i. 620 以下参照 。 、 640以下参照。 ;低く、 gesammelte werke 31-52, 133-176; Jost, Gesh.三一〜五二、一三三〜一七六;ヨースト、 gesh 。 des Judenthums und Seiner Sekten ; Hamburger, Realencyclopadie, sv Dogmen ; Rappoport, Biography of Hananel; Schechter, The Dogmas of Judaism , in Studies in Judaism , pp 147-181; J. Aub. Ueber die Glaubens-Symbole der Mosaischen Religion ; Frankel's Zeitschrift fur die Religiosen Interessen des Judenthums , 1845, 409, 449; Creizenach, Grundlehren des Israelitischen Glaubens , in Geiger's Wissensch. Zeitschrift fur Jud. 地引き網漁師judenthumsデウントsekten ;ハンバーガー、 realencyclopadie 、 sv dogmanの複数 ; rappoport 、 伝記のhananel ;シェクターは、ユダヤ教の教義は、 ユダヤ教の研究では、 pp百四十七〜百八十一; j. aub 。 ueber死ぬglaubens - symboleデアmosaischen宗教 ;フランケルの毛皮zeitschrift死ぬreligiosen interessenデjudenthums 、 1845 、 409 、 449 ;クライゼナハ、 grundlehrenデisraelitischen glaubens 、ガイガーのwissensch 。 zeitschrift毛皮ユート。 Theologie , i. theologie 39 et seq ., ii. 39 以下参照 。 、 Ⅱ 。 6 8, 255. 8月6日、 255 。


the Shloshah-Asar Ikkarimそのshloshah - asar ikkarim

the Thirteen Articles of Faith 13人の信仰の記事

compiled from Judaism's 613 Commandments of Torahユダヤ教の戒律は613からコンパイルトーラー

[Editor Note: These MODIFIED Articles of Faith are presented by Messianic Jews and they include references to Jesus (Yeshua)] [編集者注:これらの更新は記事の救世主信仰が提示されたユダヤ人と彼らの参照を含めるイエス( yeshua ) ]

The Thirteen Articles of Messianic Jewish Faith are as follows:ユダヤ教の救世主の13の記事は以下のとおりです:

  1. I believe with a perfect faith in the existence of the Creator, be He Blessed, who is perfect in every manner of existence and is the Fundamental Source of all that exists. 私を信じて完璧な創造者の存在を信じているのは、祝福される彼は、あらゆる種類の人が完璧な存在とは、根本的なソースのすべてのこと存在しています。
  2. I believe with a perfect faith in God's absolute and unparalleled Unity, His Echadness. 信じていると信じて完璧な絶対的な神の比類なき団結とは、彼のechadness 。
  3. I believe with a perfect faith in God's Essence, who is touch with the feelings of our infirmities. 信じていると信じて完璧な神の本質は、誰が私たちの弱さの感情に触れる。
  4. I believe with a perfect faith in God's Eternity. 完璧信じていると信じて、神の永遠です。
  5. I believe with a perfect faith in the necessary to worship Him exclusively and no foreign counterfeit gods. 私を信じて完璧な信仰を排他的には、彼を崇拝する必要がないと外国人偽造の神々です。
  6. I believe with a perfect faith that God communicates with man through prophecy, and through His Son, Yeshua the Messiah, and His Holy Spirit. 私は、神を信じる信仰して完璧な予言を介して通信する男、そして彼の息子を通じて、 yeshuaの救世主、と彼の聖霊です。
  7. I believe with a perfect faith that the prophecy of Moses, The LORD thy God will raise up unto thee a Prophet from the midst of thee, of thy brethren, like unto me; unto him you shall lend an ear. That is our teacher Yeshua Messiah, and it is He to whom I shall lend my ear. 私を信じて信仰して完璧な予言のムーサーよ、 なたの神、主の預言者は、なたに理解させるから引き上げるの真っただ中に、なた、なたの兄弟は、わたしのように、なたがたはかれに耳を傾ける。 yeshuaことが私たちの先生救世主、そしてそれは誰わたしは彼を自分の耳を貸す。
  8. I believe with a perfect faith in the Divine origin of HaTorah - The Living Word. 私を信じては、完璧な神の信仰の起源hatorah -リビングワードです。
  9. I believe with a perfect faith in the endurance of the Torah, it will always stand. 私を信じて完璧な信仰は、律法は、持久力、それは、いつも立っている。
  10. I believe with a perfect faith in Divine Omniscience and Divine Guidance of the Almighty One, Blessed be He. 私は神を信じる信仰して全知完璧とは、全能の神の導きの一つは、彼は祝福される。
  11. I believe with a perfect faith in Divine reward and retribution. 私は神を信じる信仰して完璧な報酬と報復。
  12. I believe with a perfect faith in the arrival of the Yeshua Messiah a second time, and the Messianic age. 私を信じては、完璧な信仰yeshua救世主には、 2番目の到着時間は、年齢や救世主です。
  13. I believe with a perfect faith in the Resurrection of the dead. 完璧と信じて、死者の復活を信じている。

It is the custom of many Congregations to recite the Thirteen Articles of Faith given by Moses Maimonides.それは、多くのカスタムcongregationsを暗唱する記事の信仰を与えられたのムーサー13 maimonides 。 However, as Messianic Believers we need to state clearly that "we have an understand of these his principles, but in a new way."しかし、救世主としての信者の状態を明確にしておかなければ、 "我々は彼の原理を理解し、これらが、新しい方法です。 "

Maimonides was a great teacher just like Moses was a great teacher, but Yeshua was the greatest of all teachers, the one prophet greater then Moses himself. maimonidesは偉大な教師と同じようにモーゼスは偉大な教師が、すべての教師の最大のyeshuaは、自分自身の1つの預言者ムーサー次に大きい。 It was given to Yeshua to codify the Scriptures for us, we need not look to Rabbinical Judaism for that. yeshuaを成文化することが、聖書を与えられた我々は、我々はユダヤ教のラビに目を向ける必要がないことです。

Rabbinical Judaism can teach us much, yes, I will not deny that, but it can also lead you astray from the teaching of Messiah Yeshua as well. We should all be like the noble Bereans, (Acts 17:11) who in the Synagogue heard the speakers, received the word with all readiness of mind, and searched the Scriptures daily, to see whether what they heard was so. These brothers and sisters were called "noble" for a good reason, and that reason was - with readiness of mind they knew the Word of God is chief over all.ユダヤ教ラビずっと私たちに教えることは、はい、私はそれを否定して、それをリードすることも教えることの救世主yeshuaから、道に迷っている。 しなければならないように、すべての高貴なbereans 、 (行為17:11 )人は、シナゴーグスピーカーの音を聞き、その言葉を受け取ったすべての心の準備が整って、毎日、聖書を捜索し、何をするかどうかを聞いていたので参照してください。呼ばれるこれらの兄弟や姉妹が"ノーブル"のために十分な理由は、その理由とは-いそいそと、彼らの心は神のみことばを知っていた以上のすべての主任。 Believers in Messiah Yeshua must never forget that fact!信者たちはその事実を決して忘れてはならないyeshua救世主! It is the hope that if your Messianic Fellowship does use the Thirteen Articles of Faith you might want to use these instead of those of Moses Maimonides.それはあなたの救世主フェローシップを期待している場合は13を使用して記事の信仰をお勧めしますこれらを使用するのではなく、それらのモーゼスmaimonides 。

FYI Note:参考メモ:

The number thirteen is the last winding in the Tzitzit, it stands for God's Oneness and Love.その数は、昨年13ツィーツィート巻では、それは、神の愛と一体感です。 When all the other windings have been tied on the Tzitzit, what you have is a picture of God as "One" (Echad), and God as "Love" and that is the best Article of Faith we can claim.その他のすべての巻線時に縛られてきたツィーツィートして、あなたが神の絵としては、 " 1つ" ( echad ) 、そして神としての"愛"として記事の信仰は最良のクレームことができます。 To know your God as "One" and that He is "Love" brings one to want to Worship Him with all that is in you.知っているように、あなたの神"の1つ"として彼は"愛"の1つにしたいもたらすすべてのことは、彼を崇拝してるよ。 By the way, there are three ways of tying the Tzitzit, but the Ashkenazi way is the oldest form we are told, and would be the best one to use.ところで、そこには、 3つの方法がありますが、同点ツィーツィートだが、アシュケナージの方法では最も古い形で私たちは言ったし、最良の1つを使用するだろう。

Let me end with a Psalm of Praise from the Name of God.終わりにさせてください賛歌神の名から。 Verses one, and two are from the Septuagint, be sure to meditate on them.印の1つ、および2アールセプトゥアギンタから、熟考していることを確認してください。 The Septuagint predates what we use today, and was used by the followers of Yeshua Messiah.今日のセプトゥアギンタpredatesのものを使うこと、および使用されていた信者のyeshuaの救世主です。

138:1 - A Psalm of David 138:1 -詩編のデービッド

I will praise thee with my whole heart: will I sing praise unto You before the angels (gods- elohim); for you have heard all the words of my mouth.私は私の全体を称賛して、なたの心臓:なたがたは、私の歌を称賛する前に、天使たち(の神々 - elohim ) ;のためのすべてのあなたの言葉を聞いたことがあると、口が滑った。
2 I will worship toward thy Holy Temple, and praise Your Name on account of your Mercy and your Truth; for you have magnified your Holy Name above everything. 2 、私は礼拝堂に向かって、なたの聖なる寺には、あなたのお名前と称賛して、お客様のアカウントにして慈悲と真理;ためにあなたの名前の上にあるすべての聖なる拡大しています。
3 In the day when I cried you answered me, and strengthened me with strength in my soul. 3日間であなたと私は叫んだときに答えてくれて、私の魂の強さをもって、わたしを強化しています。
4 All the kings of the earth shall praise thee, O LORD, when they hear the words of your mouth. 4キングスは、地球のすべてのものを称賛なたは、主よ、かれらの言葉を聞いて、お口の中です。
5 Yes, they shall sing in the ways of the LORD: for great is the Glory of the LORD. 5はい、かれらは、主な方法で歌う:ために、主の栄光は偉大です。
6 Though the LORD be high, yet has he respect unto the lowly: but the proud he knows afar off. 6かかわらず、主に高は、まだ彼は尊重するが、かれの卑しい:遠方に知っているが、彼を誇りに思っています。
7 Though I walk in the midst of trouble, you will revive me: you shall stretch forth your hand against the wrath of my enemies, and your right hand shall save me. 7かかわらず私の中での問題を抱えて歩く場合は、復活私:あなたは、あなたの手を差し出す私の敵に対する怒り、右手には、保存してくださいね。
8 The LORD will perfect that which concerneth me: your Mercy, O LORD, stands forever: forsake not the works of your own hands. 8主concerneth私には、完璧なもの:お慈悲を、主よ、永遠にスタンド:捨てるのは、自分の作品を手にした。 AGI agi


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです