Book of Kellsケルズの書

General Information 総合案内

The large Irish Illuminated Manuscript of the four Gospels known as the Book of Kells is one of the most famous of all medieval books.彩飾写本は、 4つの大型アイリッシュgospelsケルズの書として知られては、世界で最も有名な中世のすべての書籍です。 Now in the library of Trinity College, Dublin, it was probably begun by monks at the island monastery of Iona and completed at the Irish monastery of Kells sometime between the mid-8th and the early 9th century.今では、ライブラリのトリニティカレッジ、ダブリン、それは、おそらく僧侶たちは、島の修道院を始めたのは、アイルランドの修道院で完了アイオナとの間にいつかkells中旬8日と9世紀初頭です。 The gospels are written on thick vellum and lavishly illuminated with the rich ornamentation characteristic of Celtic Art of this period.厚さが書いてあるのgospelsベラムと気前よく照光ケルト美術の豊かな装飾はこの時代の特徴です。 In addition to 31 full-page illustrations, fanciful figures and tightly interlaced bands, knots, and spirals of extraordinary intricacy and density occur throughout the book.加えて31日に全ページのイラストは、架空の数字をしっかりとインタレースバンド、ノットは、らせん状の臨時込み入っていることと、その本の中で起こる密度です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Tania Bayardタニアベイアード

Bibliography文献情報
Alton, EH, and Meyer, Peter, The Book of Kells, 3 vols.オールトン、ええ、とマイヤー、ピーターは、ケルズの書は、 3 vols 。 (1950-51); Henry, Francoise, The Book of Kells (1974). ( 1950年から1951年) ;ヘンリーは、フランソワーズは、ケルズの書( 1974 ) 。


Book of Kellsケルズの書

Catholic Information カトリック情報

An Irish manuscript containing the Four Gospels, a fragment of Hebrew names, and the Eusebian canons, known also as the "Book of Columba", probably because it was written in the monastery of Iona to honour the saint.アイルランドの写本を含む4つのgospels 、ヘブライ語の名前の断片を耳にし、規範eusebian 、としても知られ、 "ブックオブコルンバ"は、おそらく書かれていたので、その栄誉をアイオナ修道院の聖者です。 It is likely that it is to this book that the entry in the "Annals of Ulster" under the year 1006 refers, recording that in that year the "Gospel of Columba" was stolen.それはそうすることがこの本には、エントリは、 "アルスター史"のもとで、 1006年を指し、録画して、その年の"コルンバによる福音書"を盗まれました。

According to tradition, the book is a relic from the time of Columba (d. 597) and even the work of his hands, but, on palæographic grounds and judging by the character of the ornamentation, this tradition cannot be sustained, and the date of the composition of the book can hardly be placed earlier than the end of the seventh or beginning of the eighth century.伝説によれば、この本は、その時の遺物からコルンバ( d. 597 )でさえ、彼の手の仕事ではなく、根拠として判断するとpalæographicキャラクターの装飾は、この伝統を維持することはできませんし、公開組成は、その本のほとんどに置かれることよりも早く終わり、 7または8世紀初頭のです。 This must be the book which the Welshman, Geraldus Cambrensis, saw at Kildare in the last quarter of the twelfth century and which he describes in glowing terms (Topogr. Hibern., II, xxxviii).この本をしなければならないのウェールズ人は、 geraldus cambrensis 、キルデアのこぎりでは、昨年第4四半期には、 12世紀と彼は説明し褒めちぎっ( topogr. hibern 。 、 2世、 38 ) 。 We next hear of it at the cathedral of Kells (Irish Cenannus) in Meath, a foundation of Columba's, where it remained for a long time, or until the year 1541.我々は次のことを聞くのは、大聖堂でミーズkells (アイリッシュcenannus )は、財団のコルンバするのは、どこに残って、長い間、または1541年までです。 In the seventeenth century Archbishop Ussher presented it to Trinity College, Dublin, where it is the most precious manuscript (AI 6) in the college library and by far the choicest relic of Irish art that has been preserved.大司教は、 17世紀を提示することをussherトリニティカレッジ、ダブリン、どこには、最も貴重な原稿(アナログ入力6 )は、大学図書館と、これまで使用した最高級の遺物が保存されてきたアイルランドの芸術です。 In it is to be found every variety of design typical of Irish art at its best.で発見されることは典型的なアイリッシュごとにさまざまなデザインで、最高の芸術です。

Some small portions at the beginning and end of the manuscript have been lost, but otherwise it is in a very good state of preservation.いくつかの小さな部分の最初と最後の原稿は失われてしまいましたが、それ以外のことは、非常に良い状態で保存します。 It was apparently left unfinished, since some of the ornaments remain only in outline.それは明らかに尻切れトンボには、いくつかの飾り以来のままでは枠線のみです。 It is written in part black, red, purple or yellow ink, and it has been thought that the hands of two scribes, neither of whom is known to us by name, are discernible in the writing and illumination of the manuscript.それは黒で書かれた部分は、赤、紫や黄色のインクでは、と考えられてきた2人の手にscribes 、誰もが私たちを名前で知られているが、認められるのは、原稿執筆や照明です。 The most characteristic ornaments of the Book of Kells, as of other illuminated Irish manuscripts of the period, are the closely coiled spirals connected with each other by a number of curves and terminating in the so-called "trumpet pattern".最も特徴的な装飾は、ケルズの書は、アイルランドの原稿としては、他のライトアップ期間中、らせん状に巻かれたが、密接につながってお互いに終端された数多くのカーブとは、いわゆる"トランペットパターン"です。 Almost equally characteristic are the zoomorphic interlacements, coloured representations of fanciful beings, or of men, animals, birds, horses, dogs, and grotesque, gargoyle-like human figures, twisted and hooked together in intricate detail. interlacements動物形の特徴は、ほぼ等しく、色の表現の架空の生き物、または、男性は、動物、鳥、馬、犬、グロテスク、ガーゴイルのような人間の数字は、複雑な細部のツイストと一緒にはまっています。 Other frequently occurring designs are a system of geometrical weaving of ribbons plaited and knotted together, and a simpler ornamentation by means of red dotted lines.頻繁に発生するシステムのデザインには、他の幾何学的製織のリボンや結び目の組み合わせ、装飾されたシンプルな手段と赤の水玉模様のラインです。 The versatility and inventive genius of the illustrator surpasses all belief.発明の才能の幅広さとは、イラストレーターのすべての信念を上回ります。 Lines diverge and converge in endless succession, and the most intricate figures, in lavish abundance and with astounding variety of ornament, are combined and woven into one harmonious design.枝分かれすると収束する無限の継承ラインでは、最も複雑な数字とは、有り余るほど豊かにして度肝を抜くような様々な装飾とは、 1つの組み合わせと調和のとれたデザインに溶け込んでいる。 In spite of the extent of the work and its thousands of exquisite initials and terminals, there is not a single pattern or combination that can be said to be a copy of another.にもかかわらず、その仕事の範囲は、数千人の絶妙なイニシャルや端末、あるいはそこではないパターンを組み合わせて、 1つのことができるとされる別のコピーです。 The artist shows a wonderful technique in designing and combining various emblems, the cross, vine, dragon, fish, and serpent.素晴らしいショーのアーティストの設計手法と組み合わせることで様々なエンブレムは、十字架には、つるは、竜、魚、そしてヘビです。 The drawing is perfection itself.図面は、それ自体は完成の域に達した。 It has been examined under a powerful magnifying glass for hours at a time and found to be, even in the most minute and complicated figures, without a single false or irregular line.検討されて虫めがねの下で、強力な一度に何時間も発見されると、分でも最も複雑な数字とは、虚偽または不規則ことなく、 1つの行です。 Some of the most accomplished of modern draughtsmen have attempted to copy its elaborate designs, but, such is the delicacy of the execution, that they had to abandon the task as hopeless.いくつかの最も近代成し遂げdraughtsmanの複数のコピーを試みたが、手の込んだデザインが、しかし、そのような繊細さは、その実行は、タスクを放棄していなかったとして絶望的だ。 In a space of one inch square were counted no less than 158 interlacings of white ribbon with a black border on either side.平方インチで、スペースを1つのカウントが158未満のない白いリボンをinterlacings国境の両側にある黒です。 On the other hand, the pictures of the personages delineated are feeble and primitive and show but a limited knowledge of the human figure and its relative proportions.その半面、画像の輪郭が弱々しいと原始的な人々やショーではなく、限られた知識とその相対的な比率で、人間の姿だ。

No words can describe the beauty and the extreme splendour of the richly coloured initial letters, which are more profuse in the "Book of Kells" than in any other manuscript.その美しさは言葉で説明していないと、極端な色の豊かさせましたが、最初の手紙にはもっと多量のは、 "ケルズの書"よりも、他の原稿です。 The only thing to which they can be compared is a bed of many coloured crocuses and tulips or the very finest stained glass window, which they equal in beauty of colouring and rival in delicacy of ornament and drawing.唯一のものにすることができますが、ベッドに比べて多くの色のチューリップか、非常に素晴らしいcrocusesやステンドグラスの窓、これが彼らの美しさに等しいcolouringとライバルの飾りやデッサンで珍味です。 The artist possessed a wonderful knowledge of the proportion of colour and the distribution of his material -- sienna, purple, lilac, red, pink, green, yellow, the colours most often used -- and he managed the shading and tinting of the letters with consummate taste and skill.その芸術家の保有割合は、素晴らしい知識の分配は、彼の色や素材-シエナ、紫、薄紫色は、赤、ピンク、緑、黄色は、最も頻繁に使用される色-そして彼の管理下の陰影や着色の手紙スキル熟達した味としています。 It is remarkable that there is no trace of the use of silver or gold on the vellum.それには驚くべきものがあることは、何の痕跡シルバーまたはゴールドを使用してベラムです。 Sometimes the colours are laid on in thick layers to give the appearance of enamel, and are here and there as bright and soft and lustrous as when put on fresh more than twelve hundred years ago.ときどきの色が濃い層が引いてエナメル質の外観を与える、とのように明るいとは、あちこちで光沢のある柔らかいと新鮮さをかける際に1200年以上も前です。 Even the best photographic and colour reproductions give but a faint idea of the beauty of the original.カラー写真や複製でも最良のかすかなアイデアを与えるのではなく、元の美しさです。 Especially worthy of notice is the series of illuminated miniatures, including pictorial representations of the Evangelists and their symbols, the Blessed Virgin and the Divine Child, the temptation of Jesus, and Jesus seized by the Jews.このシリーズは、特に注意に値するの電飾のミニチュアなど、絵入りの表明は、伝道者とそのシンボルは、聖母マリアと神の子は、イエスキリストの誘惑には、ユダヤ人とキリスト押収された。 These pictures reach their culminating point in what is, in some respects, the most marvellous example of workmanship that the world has ever produced, namely the full page monogram XPI which occurs in the text of the Gospel of St. Matthew.これらの画像が最高潮に達する点に達するには、何が、いくつかの点で、最も見事な出来映えの例は今までに、世界で生産して、すなわち、全ページをxpiモノグラムが発生するには、テキストは、マタイによる福音書です。 It is no wonder that it was for a long time believed that the "Book of Kells" could have been written only by angels.それも不思議ではないと信じては、長い間、 "ケルズの書"と書かれた可能性があるだけで天使です。

Publication information Written by Joseph Dunn.ジョセフダンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Paul Knutsen.ポールknutsen転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.カトリック百科事典は、ボリュームviii 。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Illuminated Manuscripts電飾の原稿

Catholic Information カトリック情報

I. ORIGIN i.起源

A large number of manuscripts are covered with painted ornaments which may be presented under several forms:原稿は、数多くの装飾品で覆われて描かいくつかのフォームの下に提示される可能性があります:

initials of chapters or paragraphs, ornamented sometimes very simply, sometimes on the other hand with a great profusion of interlacings, foliage, and flowers; these are developed along the whole length of the page and within are sometimes depicted persons or scenes from everyday life; paintings on the margin, in which some scene is carried over several pages; borders around the text (interlacing colonnades, etc.), the most remarkable example is that of the evangelistic canons of the Middle Ages; full-page paintings (or such as cover only a part of the page), but forming real pictures, similar to frescoes or easel pictures; these are chiefly found on very ancient or very recent manuscripts (fourteenth and fifteenth centuries);イニシャルの支部や段落は、非常に単純な飾り時には、時には他方では、たくさんの素晴らしいinterlacings 、紅葉、そして花;これらは、全体の長さに沿って開発や、ページ内では、いくつかのシーンに描かれてから人々の日常生活や;絵画は、マージンは、いくつかのシーンでは、いくつかのページに引き継が;国境の周りのテキスト(飛び越しcolonnades等)は、最も顕著な例は、中世の規範の伝道;全ページの絵(又はなど表紙には、ページの部分のみ)が、本物の画像を形成する、フレスコ画と同様に画像や画架;これらは主に発見された古代または非常に非常に最近の原稿( 14と15世紀にもわたって) ;

finally, there exist rolls of parchment wholly covered with paintings (Roll of Josue in the Vatican; Exultet Roll of S. Italy; see below).最後に、ロールが存在するが完全に覆われて羊皮紙の絵画(ロールは、バチカンのジョスエ; exultetロールの米イタリア;以下参照) 。

All these ornaments are called "eluminures", illuminations, or miniatures, a world used since the end of the sixteenth century.これらすべての装飾品と呼ばれる" eluminures " 、イルミネーション、またはミニチュアで、世界で使われて以来、 16世紀の終わりです。 At first the "miniator" was charged with tracing in red minium the titles and initials.最初は、 " miniator "トレーシング罪で起訴された鮮紅色の赤色のタイトルとイニシャルです。 Despite its limitations, the art of illumination is one of the most charming ever invented; it exacts the same qualifications and produced almost as powerful effects as painting; it even calls for a delicacy of touch all its own.にもかかわらず、その限界は、 1つの芸術の照明は、これまでで最も魅力的発明;ことexacts同じ資格とほぼ同じくらい強力な効果として作ら絵画;することを求める声もある手先の器用さをすべて放棄します。 And whereas most of the paintings of the Middle Ages have perished, these little works form an almost uninterrupted series which afford us a clear idea of the chief schools of painting of each epoch and each region.そして一方のほとんどは、中世の肖像画が亡くなりましたが、これらの小さな作品を形成する余裕がほとんど途切れないシリーズ私たちの学校長の明確なアイデアを、各時代の絵画や各地域です。 Finally, in the history of art the rôle of illuminated manuscripts was considerable; by treating in their works scenes of sacred history the manuscript painters inspired other artists, painters, sculptors, goldsmiths, ivory workers, etc.; it is especially in miniature that the ebb and flow of artistic styles during the Middle Ages may be detected.最後に、美術の歴史の中のかなりのrôleのライトアップされた原稿;処理することにより、彼らの作品は神聖な歴史の一場面を、他のアーティストのインスピレーションを得た写本画家は、画家、彫刻家、 goldsmiths 、象牙の従業員等;ことは、特にミニチュアは、潮の干満の芸術スタイル中世の間に検出されるかもしれません。 In the Orient must be sought the origin of this art, as well as that of the manuscripts themselves.オリエントしなければならないが、この芸術の起源を求めただけでなく、それ自身の原稿です。 The most ancient examples are found on Egyptian papyri, where in the midst of the texts, and not separated from it, portraits are painted, most frequently in profile, according to the Egyptian method.最も古代エジプトpapyrusの複数発見された例としては、どこの真っただ中にテキスト、およびないから分離することは、肖像画が描かは、最も頻繁にはプロフィールによると、エジプトのメソッドです。 After having drawn the outline in black in the artist filled in the drawing in colours.黒の輪郭が描かれた後には、アーティストの塗りつぶし色で描画されます。 The art seems to have been also cultivated by the Greek artists of Alexandria.アートでも栽培されるようにしてきたアーティストのアレキサンドリアギリシャ語です。 The papyrus containing the poems of Timotheus (fourth century BC) found at Abousir, has a long-legged bird in the body of the text as a mark of division.詩を含む、パピルスのtimotheus (紀元前4世紀)で見つかったabousir 、足の長い鳥には、体内では、テキストの印として課。 A fragment of a romance on a papyrus (Paris, Bib. Nat., supp. Gr. 1294; first century AD) displays a text broken by groups of miniatures: men and women in bluish-gray or pink costumes stand out in relief from the background of the papyrus itself.ロマンスの断片を耳にする上でパピルス(パリ、よだれかけ。ナッ。 、 supp 。 gr 。 1294 ;第1世紀の広告)を表示するテキストをぶち壊されるグループのミニチュア:男性と女性で青やピンクの衣装を白黒から浮き彫りになるその背景には、パピルスそのものです。 Latin writers show us that the miniature was introduced into Rome as early as the first century BC (Pliny, "Hist. Nat.", XXV, 8).ラテン作家のミニチュアを見せていたが導入され、早ければローマ紀元前1世紀( pliny 、 "シーッ。 NATのです。 " 、 25 、 8 ) 。 Martial (XIV, 1865) mentions a portrait of Virgil painted on a parchment manuscript, and Varro collected seven hundred such portraits of illustrious men.武道( 14 、 1865 )に言及して肖像画の描かバージル羊皮紙の写本は、 700とウァロ収集などの著名人の肖像画です。 (The portraits of the Evangelists in medieval manuscripts result from this tradition.) None of these works remains and the only traces of the illuminations of antiquity are found in the following manuscripts of the fourth and fifth centuries: (伝道者の肖像が描かれ、中世の原稿で、この結果からの伝統です。 )上記のいずれの作品のみ遺跡や古代の痕跡が見つかったのイルミネーションは、次の世紀にもわたって原稿は、 4番目と5番目:

the "Virgil" of the Vatican (Lat. 3225), written by a single hand, has fifty miniatures which appear to be the work of at least three different painters. "バージル"は、バチカン市国( lat. 3225 )は、 1つの手で書かれ、どのように見える場合は、 50歳のミニチュアの少なくとも3つの別の画家の作品です。 These are small pictures bordered by coloured bands (six of them fill a whole page); some of them, especially in the "Georgics", represent country landscapes the freshness of which is worthy of the text they illustrate.これらは小さい画像に隣接した色のバンド(かれらの6つのページ全体を埋める) ;いくつかについては、特に" georgics "は、国の風景を代表するに値するが、鮮度のことを説明するテキストです。 The background of buildings and temples recalls the paintings at Pompeii; the "Iliad" of Milan (similar technic);建物や寺院の背景には、絵画のリコールポンペイ;の"イリアッド"のミラノ(同様の技術) ;

the Bible of Quedlinburg (Berlin), containing the most ancient Christian miniatures known;聖書のクウェドリンブルク(ベルリン)は、古代キリスト教のミニチュアを含むほとんど知られて;

the "Calendar" of Philocalus, composed in 354, the original of which, acquired by Peiresc, has disappeared, but the copies at Brussels, Vienna and the Barberini Library evidence a work of a purity thoroughly antique; the most curious portion is an illustrated calendar in which each month is symbolized by a scene of country life; this is a species of illustration of ancient origin which recurs very frequently in the miniatures of the Middle Ages. "カレンダー"のphilocalus 、 354で構成さで、オリジナルのは、買収されたpeiresc 、消えてしまったが、しかし、コピーは、ブリュッセル、ウィーンbarberiniライブラリの証拠とする作業を徹底的に純度のアンティーク;最も奇妙な部分は、イラストレイティッド各月のカレンダーでは、田舎の生活の一場面に象徴される;これは、古代種の起源のイラストを非常に頻繁に発生するのは、中世のミニチュア。

II. Ⅱ 。 EASTERN MINIATURES東部ミニチュア

Egyptエジプト

The tradition of miniatures on papyrus was preserved till the Christian era.パピルスは、ミニチュアの伝統の中に保存して、キリスト教の時代までです。 On a Berlin papyrus (Emperor Frederick Museum) we find a picture of Christ curing a demoniac.ベルリンパピルス上で我々を見つける(天皇フレデリック博物館)硬化する悪魔に取り付かれたキリストの絵が描かれています。 In the Goleniscev collection there are sixteen leaves of a universal Coptic chronicle on papyrus, dated 392 and decorated with miniatures in a very barbarous style, intended as illustrations of the text. goleniscevコレクションは、 16歳の葉は、普遍的にはコプト語パピルスクロニクルして、日付を392と飾られたミニチュアで、非常に野蛮なスタイルは、意図としては、テキストのイラストです。 In the margin are seen successively the months (women crowned with flowers), the provinces of Asia (fortified gateways), the prophets, the kings of Rome, Lydia, Macedonia, Roman emperors, and perhaps the Patriarch Tehophilus presiding at the destruction of the Serapeum.欄外には、相次いで見たカ月(花で飾られた女性)は、地方、アジア(要塞ゲートウェイ)は、預言者は、ローマの王、リディア、マケドニア、ローマ皇帝、そしておそらく、家父長は、破壊の議長を務めるtehophilus serapeum 。 The author was a native monk and a complete stranger to Hellenic art.その作者は、僧侶とは縁もゆかりもないネイティブに古代ギリシャ美術。

Syria and Mesopotamiaシリアとメソポタミア

The existence of Persian manuscripts on parchment very rich in miniatures, is proved by allusions of St. Augustine (Adv. Faustum, XIII, 6, 18).羊皮紙の存在は非常に豊富でペルシア原稿ミニチュア、 allusionsが証明された聖アウグスティヌス( adv. faustum 、 13 、 6 、 18 ) 。 As early as the fifth century schools of miniaturists were formed in the Christian convents of Syria and Mesopotamia which drew some of their inspiration from Greek art (draped figures), but relied mainly on the ornamental traditions of the ancient Orient.早ければ5世紀の学校が形成されるのminiaturists conventsキリスト教のシリアとメソポタミアからインスピレーションを描いたいくつかのギリシャ美術(かぶせた数字)ではなく、主に依存して、古代オリエントの伝統を観賞。 The masterpiece of this school is the Syriac Evangeliary written in 586 at the Monastery of Zagba (Mesopotamia) by the monk Rabula (since the fifteenth century in the Laurentian Library, Florence).この学校の傑作は、 586シリア語で書かれてevangeliary修道院の僧によってzagba (メソポタミア) rabula (ローレンシアて以来、 15世紀には、図書館、フィレンツェ) 。 The miniatures are real pictures with a decorative frame formed of zigzags, curves, rainbows, etc. The Gospel canons are set in arcades ornamented with flowers and birds.ミニチュアは、本物の画像を形成するフレームの装飾zigzags 、カーブ、虹などの規範を設定するには、ゴスペルのゲームセンター花鳥飾り付けた。 The scene of the Crucifixion is treated with an abundance of detail which is very rare at this period.そのシーンは、はりつけの詳細は、あふれんばかりの治療を受けるのは非常に珍しいが、この期間です。 The works of the Syro-Mesopotamian School seem to have missed the meaning of the Hellenic figures (figures in flowing draperies) of which they retained the tradition. syro -メソポタミアの作品は、学校のような意味を持つのは、古代ギリシャの数字逃し( draperies流麗な数字で)かれらの伝統を維持しています。 On a Syriac evangeliary in the Borgian Museum (manuscripts Syr., 14, f, k.) men and animals are painted in unreal colours and are bordered with black lines which give to the illuminations the appearance of cloisonné enamels. evangeliary上では、シリア語borgian博物館(原稿syr 。 、 14 、金、 k. )人間や動物が塗られて幻想的な色とは、黒い線で縁取りをしてイルミネーションを与えるエナメル七宝焼きの外観です。 The work, which is dated 1546, seems to have been inspired by an older model.その仕事は、 1546年には、日付、触発されてきたように古いモデルです。

Armeniaアルメニア

The Armenian School of illuminating also belongs to Syria.学校の照明にも、アルメニア、シリアに属します。 It is represented by the evangeliary of Etschmiadzin (tenth century), the miniatures of which are derived from a sixth-century model; the evangeliary of Queen Mlke (Venice, Monastery of the Mechitarists, dated 902), and the evangeliary of Tübingen, dated 1113.表されることがevangeliaryのetschmiadzin ( 10世紀)は、ミニチュアの由来は、 6世紀のモデル; evangeliaryの女王のmlke (ベネチア、修道院のmechitarists 、 902日) 、およびevangeliaryのtübingen 、日付1113 。 In all these works the richness of the framework and the hieratic character of the human face are noteworthy.これらの作品の中の豊かさをすべてのフレームワークとは、人間の顔を聖職のキャラクターが注目に値する。

Muslim Artイスラム教徒の芸術

All the above characteristics carried to extremes are found in the Muslim schools of miniatures (Arabic, Turkish, and Persian manuscripts); the oldest date only from the thirteenth century.上記のすべての特性を極端に運ばれたが見つかった学校は、イスラム教徒のミニチュア(アラビア語、トルコ語、ペルシア語や原稿) ;最古の日付から13世紀のみです。 Together with copies of the Koran, admirably illuminated with purely geometrical figures radiating symmetrically around a central motif like the design of a carpet, there is found especially in Persia, a fruitful school of painters which did not fear to depict the human face.コーランのコピーとともに、見事に純粋な幾何学図形の照光ごろ、中央放射対称のデザインをモチーフにカーペットのように、あることが判明したペルシャ特に、学校の実りをしなかった画家を描くために、人間の顔を恐れている。 Nothing is more picturesque than the varied scenes intended to illustrate the books of chronicles, legends, etc. Besides fantastic scenes ("Apocalypse of Mohomet", Paris, Bib. Nat., supp. Turk., 190) are found contemporary reproductions of scenes from real life which take us into the streets of Bagdad in the thirteenth century or permit us to follow an army or a caravan on the march ("Maqâmât" of Hariri, Bib. Nat., Paris, supp. Arab., 1618).何もないよりは、より多くの様々な場面を絵に描いたように意図を説明する書籍のクロニクル、伝説などに加えて幻想的なシーン( "黙示録のmohomet " 、パリ、よだれかけ。ナッ。 、 supp 。ターク。 、 190 )は、現代の複製のシーンが見つかりました実生活へ連れて行ってくれるからこれは、バグダッドの通りは、 13世紀の私たちに従うことを許可するか、またはキャラバンは、 3月に陸軍( " maqâmât "のハリーリー、よだれかけ。ナッ。 、パリ、 supp 。アラブ。 、 1618 ) 。 Eastern artists, whether Christian or Muslim, frequently portray their subjects on backgrounds of gold; in Persian manuscripts, however, are found attempts at landscape backgrounds, several of which betray a Chinese influence.東部のアーティストは、キリスト教やイスラム教のかどうかは、それぞれの科目を頻繁にして背景を描くの金;ペルシア原稿では、しかし、背景の風景が見つかったの試みは、いくつかの中国の影響力を裏切る。

III. Ⅲ 。 BYZANTINE MINIATURESビザンチンミニチュア

The history of Byzantine miniatures is yet to be written; it is impossible at present to determine its origin or to study its development.ビザンチンの歴史が書かれていないミニチュアは、現在のところを判別することは不可能またはその起源を研究開発しています。 It seems more and more evident that Byzantine art, far from being an original creation, is no more than a prolonged survival of the Hellenic-oriental art of the fourth to the sixth centuries.それはますます明らかにしてビザンチンアートは、オリジナルの創造には程遠いが、生存期間の延長がない以上は、古代ギリシャの東洋美術の4番目の第6世紀にもわたっている。 The Greek monks charged with the illumination of manuscripts never ceased to copy models, following the fashion and the occupation of the time, these models sometimes varies; hence Byzantine art has undergone a development more apparent than real.僧侶たちは、ギリシャの罪に問われるのは決してやんだ照明の原稿をコピーするモデルは、以下のファッションや占領の時間は、これらのモデルが異なります。ときどき;したがってビザンチン芸術の発展は、より多く見掛けよりもリアルを受けています。 Under present conditions, without seeking to determine the schools, we must be content to indicate the principal groups of manuscripts.現在の条件の下で、学校を判別することなく求めて、我々がしなければならないことを示す内容の原稿校長グループです。

Fifth and Sixth Centuries 5,6世紀にもわたって

Several of the Biblical manuscripts in gold letters on purple parchment have been rightly compared with one another, viz.聖書の中のいくつかの原稿では、紫色の羊皮紙てきた金文字を正しく比較して1つの別、 viz 。 the Genesis of the Imperial Library of Vienna, the Evangeliarium of Rossano, and the fragment of the Gospel of St. Matthew discovered at Sinope (since 1900 in the Bib. Nat., Paris).図書館の創世記の皇室のウィーン、そのevangeliariumのロッサノ、および、マタイによる福音書の断片が発見さシノーペ( 1900年以来のよだれかけ。ナッ。 、パリ) 。 In these three manuscripts the painting has an anecdotic character; it is intended to illustrate the text, and sometimes two periods of a scene are represented in a picture.これら3つの原稿で、絵には、ケーススタディのキャラクター;それは意図を説明するテキスト、および2つのピリオドでは、時には映画の中の場面が表現されます。 Both the evangelaries show a bearded face of Christ, majestic and severe, which already suggests the "Pantocrator" of church cupolas.ひげづらの両方を示すevangelariesキリストは、重度のマジェスティックとは、提案されている" pantocrator "の教会cupolas 。 From the same period date two works which appear to be the transcription on parchment of an original on papyrus; one is the Roll of Josue in the Vatican Library, which displays a series of miniatures, eleven yards long, relating to the history of Josue; the other is the manuscript of the voyage of Cosmas Indicopleustes (Vatican), a monk of Sinai; in this, together with symbolic representations of various parts of the world, are many scenes and personages of the Bible, painted opposite the text, with the manuscript itself as background.同じ期間に2つの作品から日付が表示されるのは、オリジナルを転写してパピルス羊皮紙;一つは、ロールのジョスエは、バチカン図書館が表示されます。一連のミニチュア、ロング一一ヤード、ジョスエの歴史と関連して;もう1つは、原稿の航海のcosmas indicopleustes (バチカン)は、僧侶のシナイ半島;その中では、象徴的な表現とともに、世界のさまざまな部分には、な人々は、多くの場面では、聖書には、反対の塗装は、テキストやして背景として原稿そのものです。 Very different is the illustration of medical manuscripts such as the "Dioscorides" of Vienna, executed about the year 500, for Juliana, daughter of Placidia.非常に異なる原稿は、イラストなどの医療"ディオスコリデス"のウィーン、処刑については、 500年には、ジュリアナ、娘placidia 。 Heron are found real pictures copied from ancient originals (portraits of physicians and of Juliana).ヘロンは、古代の原本からのコピーが見つかりました本物の写真(肖像画の医師とのジュリアナ) 。

Eighth to Eleventh Century 8回に11世紀

The Iconoclastic crisis was fatal to illumination and painted manuscripts were either mutilated or destroyed.因習打破の危機には、致命的な照明と描かれた原稿損傷のいずれかまたは破棄してください。 An attempt was made to substitute for religious representations a purely ornamental art.を代替する試みは前に純粋に宗教的な装飾芸術表明した。 Probably to this school belongs an evangeliary of Paris (Bib. Nat., Gr. 63), in which the motifs of decoration are borrowed from flora and fauna.おそらくこの学校に属し、パリのevangeliary ( bib.ナッ。 、 gr 。 63 )は、モチーフの装飾では、借り物の動植物が存在するからだ。 The triumph of images in the eleventh century was also the triumph of religious miniature painting, which together with calligraphy underwent great development in the scriptorium of Studion.勝利のイメージは、 11世紀には宗教的な細密画の勝利にも、これと一緒に開発には、偉大な書道受けstudion写字のです。 One of the books illustrated by preference by the monks was the Psalter, of which the paintings comprise two elements: the scenes of the history of David, and the symbolic allusions to the life of Christ contained in the Psalms.図解入りの本の1つでは、僧侶たちが選好されるpsalter 、そのうちの2つの要素で構成絵:デビッドの歴史の一場面は、象徴的なallusionsとキリストの生涯を詩篇に含まれています。 There are to be distinguished (1) the aristocratic psalter, represented by the Psalter of Paris (Gr. 139); the miniatures extend over the whole page within a rich border, and appear to be the reproduction from an ancient original of the third-fourth century; some pictures, such as that of David tending his flocks, have a quite Pompeian freshness.そこには、 ( 1 )の名門貴族psalter 、パリで表されるpsalter ( gr. 139 ) ;全体のミニチュアページ内の延長金持ちの国境は、表示されると、古代からの複製は、元のサード4世紀;いくつかの画像などの家畜の世話をして、デビッドは、かなりポンペイ鮮度がある。 Antique influence makes itself felt by a large number of allegories personified and draped in Hellenic costumes; (2) the monastic and theological psalter in which the miniatures placed in the margin follow the text step by step.アンティークそのものに影響を与えるため、多数のフェルトをかぶせたallegories権化のような人や古代ギリシャの衣装で、 ( 2 )の僧院のpsalterや神学で、ミニチュアの欄外に置かれるテキストをステップバイステップに従ってください。 The Chloudov Psalter of Moscow (ninth cent.), those of Vatopedi (tenth cent.), the Vatican (Barberini Library: dated 1059), etc. are the principal specimens of this class.モスクワのchloudov psalter ( 9セントです。 )は、それらのvatopedi ( 10セントです。 ) 、バチカン( barberini図書館:日付1059 )等が含まれますが、このクラスの主要な標本。 Some miniatures of the Chloudov Psalter represent episodes of the Iconoclastic conflict.ミニチュアは、いくつかのエピソードchloudov psalter因習打破の葛藤を表す。 Another manuscript often illustrated at this period was the "Menologion", which contained sometimes besides the liturgical calendar, and abbreviation of the lives of the saints for each day.別の原稿を図解入りで、この期間は、しばしば" menologion "は、これに加えて典礼のカレンダーに含まれる時には、および略語のそれぞれの人生が、聖人の日です。 The most celebrated is that of the Vatican, decorated for Basil II (976-1025) by seven artists who left their names attached to each miniature.最も著名なのは、バチカン市国、バジル2世のために装飾された7人のアーティストたち(九七六〜一〇二五)の名前の左側に接続してそれぞれのミニチュア。 A great variety of colours relieved a rather extreme monotony of inspiration; everywhere are found the same architectural backgrounds, the same sufferings in the midst of the same landscapes.多種多様な色の単調ほっとやや極端なインスピレーション;どこでも同じ建築が見つかった背景は、同じ苦しみの中で、同じ風景だ。 The beautiful manuscript of the "Homilies" of Gregory of Nazienzus (Paris, Bib. Nat., Gr. 510: end of ninth century) was composed for Basil II; it is unfortunately damaged but it presents a remarkable series of the most varied pictures (portraits of St. Gregory of Nazienzus and of Basil I; sessions of Councils; Biblical scenes, etc.).美しい写本は、 "発する"のグレゴリーのnazienzus (パリ、よだれかけ。ナッ。 、 gr 。 510 : 9世紀末)が作曲をバジル2世;損傷を受けたことは残念ながらそれ系の女性で最も注目されている様々な画像(聖グレゴリーの肖像画のバジルnazienzusと私;セッションの協議会;聖書の場面など) 。 This period was decidedly the golden age of Byzantine illumination.この期間は、きっぱりと照明ビザンチンの黄金時代です。 The manuscripts, even those which lack pictures, have at least ornamented initial letters, which in the earlier examples are very simple, but in course of time became surrounded with foliage, in the midst of which animals or small figures disported themselves.その原稿でも、画像に欠けるものは、飾りのイニシャルが、少なくとも、これは、以前の例としては、非常に単純なものではなく、時間の経過になった紅葉に囲まれ、動物の中でどのdisported自身または小さな数字です。 (These initials, however, never attained the same dimensions as in Western manuscripts.). (これらのイニシャルは、しかし、決して同じ寸法を達成し、西洋の原稿です。 ) 。

Twelfth Century 12世紀

The lofty traditions of Byzantine miniature painting were upheld until the fall of Constantinople in 1204.ビザンチンの高尚な細密画の伝統が支持されるまでに1204コンスタンティノープルの陥落。 A group of the Octateuch (Smyrna, Athos, Vatican and Seraglio libraries) seems to have the same origin.グループのoctateuch (スミュルナ、アトス山、バチカンとseraglioライブラリ)と同じ起源を持つようだ。 The artists were chiefly concerned with illustrating the text, following it step by step; some of the scenes are spirited and picturesque, but the inspiration seems derived from ancient models (such as the Roll of Josue).図解のアーティストが主に心配して、テキストは、次のことステップバイステップ;いくつかのシーンは、絵のように美しい威勢の良いとは、古代から派生したようだが、吸気モデル(ロールなどのジョスエ) 。 The specimen at the Seraglio was composed for Prince Isaac, some of Alexius I Comnenus.そのために構成された標本は、 seraglioアイザック王子は、いくつかのalexius私comnenus 。 A manuscript whose picture exercised great influence on Byzantine art is that of the "Homilies on the Virgin", by James, a monk of Coxynobaphos (Vatical 1162; Paris, 1208).原稿の画像を行使するビザンチン芸術は大きな影響を及ぼすことは、 "処女を発する"と、ジェームズは、僧侶のcoxynobaphos ( vatical 1162 ;パリ、 1208 ) 。 The initials are remarkable for richness, and the paintings develop all the events of the life of the Blessed Virgin until the birth of Christ (cf. the mosaics in the narthex of the Kahrié-Djami at Constantinople).イニシャルは、注目に値する豊かさのために、すべてのイベントを開発すると、その絵は、聖母マリアになるまでの人生は、キリストの誕生( cf. 、 mosaics 、ナルテックスkahrié - djamiでは、コンスタンティノープル) 。

Thirteenth to Fifteenth Century 15世紀から13

The studios of miniature paintings for a long time felt the effects of the catastrophe of 1204, and after the thirteenth century the monks ceased to illuminate luxuriously liturgical manuscripts.細密画のスタジオで、長い間の効果を感じたの破局の1204 、そして13世紀の僧侶たちがやんだ後、贅沢な典礼原稿を照らす。 One of the manuscripts most characteristic of this period is that of the "Chronicle" of Skylitzes (Madrid, National Library, thirteenth century). 1つは、原稿のほとんどは、この期間の特徴は、 "クロニクル"のスキュリツェス(マドリッド、国立図書館は、 13世紀) 。 The colours are clear in tone and very fresh, but the artist having no ancient model before him and left to his own resources, has executed veritable bons-hommes, which nevertheless charm by the vivacity of their movements and their picturesque attitudes.トーンの色はクリアすると非常に新鮮で、古代のモデルが、彼の前にアーティストがないと、自分のリソースを左には、処刑には根っからのbons - hommes 、快活されたにもかかわらず、彼らの動きの魅力とその絵のように美しい姿勢です。 The imitation of antiquity however was not abandoned, as is shown by the portraits of Dosiades and of Theocritus (Cod. Paris, Gr. 28- 32) composed in the fourteenth century, but probably copied from Alexandrian originals of the third and fourth centuries.しかし大昔の模造が遺棄ではない、としてdosiadesの肖像画が表示されるとのtheocritus ( cod.パリ、 gr 28 -3 2)で構成さは、 1 4世紀、アレクサンドリアの原本からのコピーが、おそらく3番目と4番目の世紀にもわたっている。 lastly attention is called to certain fourteenth-century manuscripts of Western or even Italian inspiration (Cod. Paris, Gr. 135; dated 1362; on this manuscript, written by a scribe of John V Cantacuzenus, there is a Gothic monster, a knight with buckler ornamented with fleur-de-lis, etc.).最後に関心があると呼ばれる14世紀の原稿を西洋あるいはイタリア語インスピレーション( cod.パリ、 gr 。 135 ;日付1362 ;この原稿は、筆記体で書かれるジョンv cantacuzenus 、ゴシックモンスターには、騎士にする防護飾り付けたfleur -ド-リス等) 。 In the Slavic countries, the illuminated manuscripts of the Bulgarian, Russian or Serbian monasteries belong to the Byzantine school, but have also been directly influenced by the Orient, especially by Syria.スラブ諸国では、原稿のライトアップブルガリア語、ロシア語、セルビア語、ビザンチン修道院に所属して学校ではなく直接影響されても、オリエント、特にシリアした。 Some Russian manuscripts were illuminated in the sixteenth century (eg the Book of the Tsars, 1535-53).ライトアップされたいくつかのロシア語の第16世紀の原稿(例えば、この本は、 tsars 、 1535年から1553年) 。 Scandinavian influences appear in Russian manuscripts (monsters and interlacings of initials); and one of the most remarkable monuments of Slavic miniature painting is the Servian Psalter of Munich, in which the paintings are executed by an impressionistic artist, who uses contrasting colours instead of pen designs.スカンジナビアの影響がロシア語で表示される原稿(モンスターとinterlacingsのイニシャル) ;と、最も顕著な建造物の1つの細密画は、スラブservian psalterミュンヘンは、実行されるが、その絵は、印象派の画家は、対照的な色の代わりにペンを使ってデザインです。

IV. 4 。 WESTERN MINIATURES西洋のミニチュア

The evolution of miniature painting in the Occident was quite different; the imitation of ancient models was never as complete as in the Orient, and as in all other arts, the time came when the illuminator of manuscripts abandoned tradition and attempted to copy nature.細密画の進化の過程ではかなり違うoccident ;模造が古代のモデルとしては決して完全では、オリエント、およびその他のすべての芸術としては、その時の照明が来たときに原稿をコピーしようと伝統と自然を捨てています。 In the Occident even more than in the Orient, it is possible to follow a real development of illuminated books. occident以上では、オリエントでさえ、それは本当の発展の可能性に従う書籍ライトアップされます。

Sixth to Eighth Century 6回を8世紀

Until the Carolingian epoch the sole original school of illumination is to be sought in the Irish monasteries, or in those founded on the Continent by Irish monks.カロリング朝時代までは、単独の照明は、元の学校では、アイルランドの修道院に求められ、あるいは、それらの上に設立されたアイルランドの僧侶大陸です。 The works of the Irish school are characterized by wonderful decorative sense, far removed from naturalism.この作品は、アイルランドの学校では、素晴らしい装飾を特徴とする意味では、自然主義から懸け離れている。 Nothing is more graceful than the large initials formed by ribbons ornamented with interlacings, in the midst of which are sometimes human heads or animals.何もないよりは、もっと大規模なイニシャル形成された優雅なリボンを飾り付けたinterlacings 、時には真っただ中にいる人間や動物のヘッドです。 Some borders decorated with spirals, rose-work, and interlacings recall, by their display of fancy, pages of the illuminated Korans.らせん状に飾られたいくつかの境界線は、バラの作業、およびinterlacingsリコールは、表示された彼らのファンシー、 koransページには、ライトアップされます。 Indeed there are in Irish art elements which are frankly Oriental, and the geometrical and symmetrical aspect of the human form in Irish manuscripts may be compared to what we find on certain Coptic monuments, buildings, or bas-reliefs.実際には、アイルランドの芸術を率直にオリエンタルな要素が、幾何学的とは対称的な側面と、人間の形で、アイルランドの原稿と比較してどのようなことを見つけるかもしれないコプト語、特定の建造物は、建物、またはバ- reliefs 。 In Ireland as in the Orient, ancient ornamentation finds little place; foliage is entirely absent from this decoration, which consists almost exclusively of geometrical elements.オリエントとしては、アイルランドでは、ほとんどの場所を見つける古代の装飾;紅葉は、完全に欠席この装飾は、ほぼ例外なく、幾何学的な要素で構成されます。 The kinship of these motifs with those found on the barbaric jewels or the stone sculptures of Ireland is evident.これらの親族が見つかりましたモチーフにしてこれらの野蛮な宝石や石の彫刻、アイルランドのは明らかだ。 Among the most celebrated works of this school may be cited: the "Book of Kells" (Trinity College, Dublin), the transcription of which is ascribed to St. Columba, but which in reality belongs to the seventh century; the "Evangeliarum of Durham", belonging to the Diocese of Lindisfarne (British Museum, Cotton manuscripts, Nero D. IV), copied in honour of St. Cuthbert by Bishop Eadfrith (698-721), bound by Bishop Æthilwald, and ornamented with precious stones by the monk Billfrith, is also of great value.この作品の中で最も著名な学校かもしれません引用: "ケルズの書" (トリニティカレッジ、ダブリン)は、転写の聖コルンバが生得的には、しかし、現実に属しますが、 7世紀; "のevangeliarumダラム"は、監督管区に属しているが、 lindisfarne (大英博物館は、綿の原稿は、ネロd. ⅳ )は、コピーされた司教に敬意を表して聖カスバートeadfrith (六九八から七二一) 、ビショップæthilwald束縛される、とされる飾り付けた貴石モンクbillfrith 、にも大きな価値です。 Although copied in an English monastery it possesses all the characteristics of Irish art; large initials decorated with interlacings and without foliage, the predominance of simple colours (violet, green, yellow, red) absence of gold and silver, portraits of the evangelists similar to those on Byzantine manuscripts.にもかかわらず修道院にコピーすることで、英語のすべての特徴を持ってアイルランドの美術; interlacingsとせずに飾られた大規模な紅葉のイニシャルは、シンプルな色の優位(紫、緑、黄、赤)金と銀の欠如は、肖像画の伝道者と同様にこれらの原稿をビザンチン。 Beginning with the sixth century this art of illumination was brought by Irish monks, not only to England but also to the Continent, where the monasteries of Luxeuil, Würzburg, St. Gall, and Bobbio became centres of Irish art. 6世紀初めには、このアートの照明をもたらしたアイルランドの僧侶たちは、イングランドだけでなくていないだけに、大陸には、どこの修道院のリュクスイ、ヴュルツブルク、聖ギャルは、アイルランドの芸術の中心となったボッビオ。 As specimens of this expansion may be cited: the "Evangeliarium of St. Willibrord" (d. 730), Apostle of the Frisians (Cod. Paris, supp. Lat. 693), of which the initials resemble those of the manuscript of Durham; the "Evangeliarum of Maeseyck" (Belgium) eighth century; the manuscript of the Bible called Codex Bigotianus (Cod. Paris; Lat. 281 and 298), the work of the Abbey of Fécamp, eighth century; the so-called St. Cainim manuscript (now with the Franciscans of Dublin, but originating in Italy), in reality of the tenth and eleventh centuries.この標本の拡張として引き合いに出されるかもしれません: " evangeliarium聖willibrord " ( d. 730 ) 、使徒のfrisians ( cod.パリ、 supp 。緯度。 693 ) 、そのうち、それらの写本のイニシャルに似ダラム; " evangeliarumのmaeseyck " (ベルギー) 8世紀;の写本は、聖書と呼ばれるコーデックスbigotianus ( cod.パリ;緯度。 281 、 298 ) 、その仕事は、アビーのfécamp 、 8世紀;している、いわゆる聖cainim原稿(ここでは、ダブリンfranciscansのが、元イタリア)は、現実には、 10番目と11世紀にもわたっている。 Several manuscripts of St. Gall contain miniatures of this school, but showing foreign influence.聖ギャルを含むいくつかの原稿のミニチュアこの学校は、外国人の影響力が表示されます。

In the rest of Europe, among the Visigoths, the Franks, and the Burgundians, there were schools of calligraphy similar to those of Ireland, with more marked traces of ancient art (absence of interlacings which were replaced by garlands, sturdy foliage, etc.).ヨーロッパでの残りの部分は、うちのくださいは、フランクス、 burgundiansとは、学校の書道があった似ているアイルランドは、古代の痕跡マークしてもっとアート( interlacings不在の花輪が置き換えられて、頑丈な紅葉など) 。 As an example may be mentioned the initial of the Burgundian papyri of Geneva, sixth century (Homilies of St. Avitus).一例として言及したのかもしれないが、ブルゴーニュ地方の初期papyrusの複数のジュネーブでは、 6世紀(聖発するavitus ) 。 A celebrated Bible, the ornamentation of which remains a problem, must be considered apart.ある著名な聖書は、装飾の問題であり続けて、離れしなければならないと考えています。 This is the famous manuscript of St. Gatien at Tours, stolen by Libri about 1846, and returned to the Paris Bibliothèque Nationale in 1888, after having figured in the Ashburnham collection.これは、有名な聖原稿gatienツアーでは、盗まれた約1846 liberの複数形で、パリに戻ってきたと1888ビブリオテーク国立では、計算を終えアシュバーンハムコレクションです。 This Pentateuch, written in seventh-century uncials, is adorned with large full-page miniatures framed in red bands and presenting a number of scenes arranged on different margins, but without symmetry.この五、七世紀uncialsで書かれ、大規模な全ページが飾られ、赤のバンドとミニチュアフレームを提示して、いくつかのシーン別のマージン配置が、対称性なし。 What is striking about the manuscript is its aim at picturesqueness and movement, and the wholly Oriental character of the design and especially of the costumes of the personages (the women wear the tall head-dress and veil of the bas- reliefs of Palmyra) and of the architectural backgrounds (bulbous cupolas alternating with pedimented buildings).原稿は、目を見張るものについては、その目的とするpicturesquenessと運動は、完全に東洋とは、デザインやキャラクターの衣装は、特にな人々 (その女性の身に着けると、背の高いヘッドドレスベールのバ- reliefsのパルミラ)建築の背景( cupolas球根を交互pedimented建物) 。 The arrangement of the scenes recalls certain fourteenth-century Persian manuscripts.この協定は、 14世紀のペルシャの特定のシーンをリコール原稿です。 In this instance we have to do perhaps with the reproduction of a cycle of miniatures conceived in the East to illustrate the Vulgate of St. Jerome.我々はこのインスタンスの複製を行うと、おそらくミニチュアサイクルの考えを説明するのは、東聖ジェローム流布本です。

Ninth and Tenth Centuries 9番と10世紀にもわたって

The Carolingian period was as decisive for the illumination of manuscripts as for other arts.カロリング朝時代のためには、決定的な照明として、他の芸術としての原稿です。 Thanks to the initiative of Charlemagne and his chief assistants, Alcuin, Theodulfus, etc., schools of miniature painting were formed in the principal monasteries of the empire, and our libraries possess a large number of their works.シャルルマーニュとのイニシアチブのおかげで、彼の首席補佐官は、 alcuin 、 theodulfusなど、学校の校長細密画で結成された修道院の帝国は、我々のライブラリや自分の所有する数多くの作品です。 The elements which compose this art were most varied; the influence of Irish and Anglo-Saxon illuminations is unquestionable, and to it was due the partiality for large initials which until the fifteenth century were one of the favourite ornaments of Western manuscripts.これを構成する要素が最も多様な芸術;アイリッシュの影響は疑う余地のイルミネーションとアングロサクソン人は、えこひいきとしていたため、これまでは大規模なイニシャル1つは、 15世紀には西洋のお気に入りの飾りの原稿です。 Carolingian art was not exclusively Irish, and in the manuscripts of this period are found traces of ancient art and Oriental influences (evangeliary canons, symbolical motifs such as the fountain of life, etc.).カロリング朝美術排他的ではないアイリッシュは、この期間とは、原稿の痕跡が見つかった古代の芸術と東洋の影響( evangeliary規範は、象徴的な文様のような生命の泉など) 。 With the assistance of these manuscripts a whole iconographical cycle may be formed, encyclopedic in character, in which side by side with religious history occur figures from the profane sciences (liberal arts, calendars, zodiacs, virtues and vices, etc.).これらの原稿の助けを借りてiconographicalサイクル全体で形成される可能性は、百科事典のようにキャラクターは、これと並んで宗教上の数字から、俗に起こる科学史(教養、カレンダー、 zodiacs 、美徳と悪徳、等) 。 Ornamentation is more luxurious, the colours are more vigorous and decided in tone, silver and gold have not been spared and there is even a return to manuscripts in gold letters on a purple ground.豪華な装飾の方が、より多くの色は、積極的なトーンとすることを決定し、シルバーとゴールドされていない脇に置いていて、原稿でも、金を返す上で紫色の地面の手紙です。 Many of these Bibles, Psalters, or Evangeliaries were composed for sovereigns, whose portraits were presented on the first page in all their royal apparel; they are often surrounded by allegorical figures borrowed from antiquity.これらの聖書の多くは、 psalters 、またはevangeliariesために構成された皇、その肖像画は、最初のページに提示されたすべての妃殿下アパレル;彼らはしばしば、古代から借りた数字寓話に囲まれています。 Beside these full-page paintings we find above all in these manuscripts beautiful initials of extraordinary variety; Irish interlacings alone or combined with antique foliage, purely zoomorphic initials, etc. The principal manuscripts of this period are: the Evangeliary of Godescalc, made for Charlemagne, 781-83 (Paris), text in gold letters on purple ground with a decorative framework which is different on each page; Bibles of Theodulf, Bishop of Orléans (Paris and Le Puy); Evangeliary of Charlemagne (Vienna); Bibles of Alcuin (Zurich, Bamberg, Vallicella, Tours); Bibles of Charles the Bald (Paris); Sacramentary of Drogo (Paris); Sacramentary of Gellone (Paris), has initials uniquely formed with fishes or birds; Evangeliary of Lothaire (Paris); Bible of St. Martial of Limoges (Paris, tenth cent.); Evangeliary of Cividale (Friuli); Codex Egberti (Trier), presented to Egbert, Archbishop of Trier, by two monks of Reichenau in 980.これらの絵の横にある全ページの上に我々のすべてのこれらの原稿を見つけるの臨時イニシャル美しい品種;アイリッシュinterlacings単独または併用アンティーク紅葉は、純粋に動物形のイニシャルなど、校長の原稿は、この期間: evangeliaryのgodescalcのは、前にはシャルルマーニュ、七百八十一〜八十三(パリ)は、金の文字をテキストにして地面に紫色の装飾的な枠組みが異なる上、各ページ; theodulf聖書は、大主教orléans (パリやルピュイ) ; evangeliaryのシャルルマーニュ(ウィーン) ;聖書のalcuin (チューリヒ、バンベルクは、 vallicella 、ツアー) ;聖書のチャールズのはげて(パリ) ;聖礼典のdrogo (パリ) ;聖礼典のgellone (パリ)は、ユニークな構成では、魚や鳥のイニシャル; evangeliaryのlothaire (パリ) ;バイブル聖武道のリモージュ(パリは、 10セントです。 ) ; evangeliaryのcividale (フリウリ) ;コーデックスegberti (トリアー) 、エグバート提示して、トリアー大司教は、 2人の僧侶によってライヒェナウは980です。 To the same school belong the manuscripts composed in the German monasteries for the Ottos.同じ学校に属し、原稿の構成は、ドイツの修道院ottos 。 Moreover, Irish or Anglo-Saxon art also produced remarkable monuments, among which may be mentioned the Psalter of Utrecht (tenth cent.), the Psalters of Winchester (British Museum), and the Benedictionaries of Jumièges (Rouen).また、アングロサクソンアイリッシュやアートにも注目に値するモニュメント制作は、言及している場合がありますpsalter間のユトレヒト( 10セントです。 )は、 psaltersのウィンチェスター(大英博物館) 、およびbenedictionariesのjumièges (ルーアン) 。

Tenth to Twelfth Century 12世紀から10番目

At the beginning of the eleventh century the fictitious unity in the artistic and intellectual sphere established by Charlemagne gave way to the diversity of the provincial schools, but if the boundaries of these schools may almost be traced when there is question of architecture, the task is more difficult in the study of miniatures; researches in this field have scarcely commenced. 11世紀の初めには、架空の結束は、芸術や知的球シャルルマーニュ確立された方法を与えたのは、地方の学校の多様性が、これらの学校の場合、境界線をトレースする際には、ほとんどの質問には、建築、タスクは、ミニチュアの研究をより難しくする;この分野ではほとんど研究を開始1984 。 The illuminated manuscripts of this period were made in the monastic studios.ライトアップされた原稿の前には、この期間の僧院のスタジオです。 As a general thing the writers were at once painters and calligraphers, such as Guillaume de St. Evroult, "Scriptor et librorum illuminator" (Ord. Vital., III, 7).作家としての全般的なことが一度やcalligraphers画家など、ギヨーム聖evroult 、 " scriptor librorum et照明" ( ord.不可欠です。 、 3 、 7 ) 。 Sometimes however the two professions were distinct; the manuscript of Peter Lombard (Valenciennes, 178) bears the inscription "Segharus me scripsit" and on the frontispiece "Sawalo me fecit".しかし、時には2つの職業がはっきり;の原稿のピーターロンバード(バランシエンヌ、 178 )ベアーズの碑文"私segharus scripsit "と口絵は、 "私sawalo fecit " 。 Sawalo, a monk of St. Amand, is the illuminator and his name is found elsewhere. sawalo 、聖amand僧侶は、彼の名前は、照明とは別の場所が見つかりました。 This period is marked by the extraordinary development of large initials while the full-page miniatures disappeared.この期間は、大規模な開発を臨時でマークされている間、全ページイニシャルミニチュア姿を消した。 Illustrations on several scales are still found in the margin.イラストでは、いくつかのうろこはまだ余裕が見つかりました。

These initials of the Romantic period follow the traditions of Carolingian illumination, but they are even more complex and the human figure assumes an increasingly important place.これらのイニシャルは、ロマンチックな期間カロリング朝の伝統に従い、照明が、彼らはもっと複雑な人間の姿を前提とすると、ますます重要な場所です。 Some of them are full-length portraits of prophets or apostles; in others complete scenes (battles, besieged cities, etc.) are developed in the midst of pillars.かれらは、いくつかのフルレングスの使徒や預言者の肖像;で他の完全なシーン(戦闘は、都市を包囲、等)の中では、開発の柱です。 The great difference between this and the Carolingian period lies in the appearance of naturalism and of anachronism (prophets with pointed shoes, etc.).この偉大な違いがあると、カロリング朝時代の外観や自然主義の時代錯誤(預言者を先のとがった靴など) 。 Lastly there are many points of resemblance between the development of miniature painting and that of other arts of design.最後には多くの類似点の細密画の発展の間に、他の芸術のデザインとしています。 The short and badly drawn figures were succeeded, at the end of the twelfth century, by more slender portraits which resemble the elongated statues of Chartres.ひどく描かれた数字は、簡単に成功したと、 12世紀末には、より多くの肖像画に似て、長くて細いのシャルトル像です。 Such is the character of the ornamental school which produced innumerable works in France, Germany, Northern Italy, Spain, and the Two Sicilies.このような学校では、文字の装飾を施した無数の作品を制作し、フランス、ドイツ、北部イタリア、スペイン、そして2つのsicilies 。 (Here it is difficult to trace the boundary between Western miniature painting and the Byzantine which made its influence felt in the workrooms of Monte Cassino and especially in the beautiful paintings of the rolls containing the text of the "Exultet" of Holy Saturday.) Also worthy of mention is an attempt of the Cistercians to infuse more simplicity into illuminating. (ここですることは難しいとの間の境界線をなぞると西洋の細密画の前に、その影響力を感じたビザンチンの作業部屋のモンテカッシーノと特に美しい絵画のロールを含むテキストは、 " exultet "の聖土曜日です。 )価値があると言及する試みは、もっとシンプルに照明cisterciansを吹き込む。 A model manuscript had been composed at Cîteaux, in which gold and painting were replaced by a calligraphic decoration in perfect taste.原稿のモデルで構成さcîteauxていた、金や絵画に置き換えられていた書道の装飾で、完璧な味です。 There is an intimate relation between this severe elegance and Cistercian architecture.親密な関係には、この深刻な優雅さとシトー修道会のアーキテクチャです。

Thirteenth Century 13世紀

In the thirteenth century illumination, like calligraphy, ceased to be the specialty of the monasteries.照明は、 13世紀には、書道のように、停止される、修道院の特産品です。 In France and about the University of Paris appeared the lay illuminators.大学については、フランスのパリに登場し、レイilluminators 。 The taste for illuminated manuscripts spread more and more, and important studios of illuminators arose, the heads of which often furnished sketches of miniatures to be executed.味を広めるために、ますます多くの電飾の原稿、および重要なスタジオilluminators立ち上がったのは、頭の中長期スケッチのミニチュアで、しばしば実行される。 On the other hand the illuminations took a more and more important place at the expense of the text.その半面、イルミネーションは、ますます多くの重要な場所に一人の犠牲者のテキストです。 The artists were no longer satisfied with ornamented initials, but in a series of medallions arranged like those decorating the stained glass windows they developed whole cycles of sacred or profane history.そのアーティストは、もはやイニシャルに満足して飾りではなく、一連の大メダル手配デコレーティングのステンドグラスの窓のような彼らの神聖な開発サイクル全体または不敬な歴史があります。 There were then composed "Picture Bibles" made up of a continuous series of miniatures (Bible of Sir Thomas Philipps), or "Sermon Bibles", veritable illustrated theological summaries, giving for each verse of Scripture the literal, symbolical, and moral interpretations.そしてそこで構成された"絵聖書"の前に、連続するシリーズのミニチュア(聖書のトーマスphilipps ) 、または"の説教と聖書"と、根っからのイラストレイティッド神学の要約は、啓典を与え、各リテラルの詩は、象徴的、道徳的な解釈をしています。 This immense work, which must have contained 5000 figures, has not reached us complete.この膨大な作業は、これに含まれる必要があります5000数字は、我々はまだ完全に達しています。 A manuscript in 3 vols.原稿は、 3 vols 。 of a Sermon Bible is divided between the Bodleian Library, the Bibliothèque Nationale of Paris, and the British Museum.聖書のような説教が分かれbodleianライブラリの間には、パリのビブリオテーク国立、そして大英博物館です。 The Psalter of Ingeburg (Musée Condé at Chantilly) and that of Sts.そのpsalterのingeburg ( musée調査でシャンティリ)のstsとしています。 Louis and Blanche of Castile (Arsenal Library) belong by their ornamentation to the monastic art of the twelfth century.ルイとブランシュのカスティーリャ(アーセナルライブラリ)に属し、その装飾には、 12世紀の僧院のアートです。 On the other hand new tendencies appear in the works of the second half of the thirteenth century, eg the Evangeliarium of the Sainte-Chapelle (Bib. Nat.), the two Psalters of St. Louis (Paris, Bib. Nat., and collection of HY Thompson), the works of profane literature (chansons de geste, etc.).その一方で表示される新しい傾向の作品は、 13世紀後半には、例えば、 evangeliariumのサントシヤペル( bib. NATのです。 )は、 2つのpsaltersセントルイス(パリ、よだれかけ。ナッ。 、およびなぜコレクショントンプソン)は、世俗の文学作品( chansons武勲詩、等) 。 Gothic ornamentation with its wealth of rose and quatrefoil decoration, gables, pinnacles, and foliage often forms the framework for these vignettes.ゴシック様式の装飾で、豊富なバラと四つ葉の装飾は、 gables 、ピナクルズ、および紅葉の枠組み内で、これらのフォームvignettesしばしばです。 The gold backgrounds are almost always covered with designs, sometimes in relief.ゴールド背景にはほとんど常にデザインで覆われて、ときどきに救援。 Instead of foliage and fantastic animals the human figure holds the predominant place.紅葉と幻想的な動物ではなく、人間の姿の圧倒的な場所に保持しています。 In miniature painting as in the sculpture of the thirteenth century may be observed the progress of realism and the exact observation of the living model.細密画のように、 13世紀の彫刻が見られるかもしれないとリアリズムの進捗状況の正確な観測オブザリビングモデルです。 These beautiful miniatures of the Books of Hours revive for us with their still admirable colours the costumes of the contemporaries of St. Louis and Philip the Fair.これらの書籍は、美しいミニチュアの時間を回復させるために私たちが彼らの見事な色の衣装は、まだ契約の公正セントルイスとフィリップ。 Such is the style which henceforth dominates French miniature painting and which speedily spread throughout Europe, especially England.今後は、どのようなスタイルの細密画とはフランス語で優位に立ってスピーディーに広まりましたヨーロッパ、特にイングランド。

Early Fourteenth Century 14世紀の初めに

This period is represented chiefly by the Parisian illuminator Jean Pucelle, whose name has been discovered on several manuscripts.) One of the most beautiful of his works is the Breviary of Belleville (Bib. Nat., Lat. 10483-84), executed in collaboration with Mahiet Ancelet and J. Chevrier.この期間は、主に代表されるジャンピュセルパリの照明は、名前をいくつかの原稿が発見されています。 )の1つで最も美しいのは、彼の作品の聖務日課書ベルヴィル( bib.ナッ。 、緯度。 10483から84 )は、実行されるchevrier j. mahiet anceletと連携している。 The new school was remarkable for its borders, formed of wonderful garlands of interlaced foliage and flowers, no longer conventional as formerly, but copied from nature.そのため、新しい学校では、注目に値するボーダーズは、結成の素晴らしい紅葉や花の花輪のインターレースは、以前は、もはや従来型としては、しかし、自然からコピーされます。 Between the border and the text were represented scenes of everyday life, sometimes of a humorous character, for example a piper playing for dancing peasants, or animals, birds, monkeys, butterflies, dragonflies intermingled, with the foliage, as on the sculptured panels of the cathedrals of the same period.テキストとの間の国境は日常生活の一場面を表現、時にはユーモアのあるキャラクター、例えば、パイパー遊んで踊って農民や動物、鳥、猿、蝶、中のとんぼ内で、紅葉は、パネルの彫刻を施したとしては、同じ期間に、大聖堂のです。 Traces of Italian inspiration appear in the architecture, which is of a mixed Gothic character.イタリアのインスピレーションの痕跡が表示されますアーキテクチャは、これは、混合ゴシック文字です。 Among the works of this school the "Book of the Miracles of Our Lady" (Seminary of Soissons) is one of the most exquisite.この学校の作品のうち、 "書籍は、聖母マリアの奇跡" (神学校のソアソン)は、世界で最も絶妙です。 During the same period the English miniaturists produced remarkable works such as "Queen Mary's Psalter" (Brit. Mus.), which belonged to Mary Tudor but which dates from the beginning of the fourteenth century.同期間中、英語の作品のような驚くべきminiaturistsプロデューサ"クイーンメアリーpsalter " ( brit.ムシです。 ) 、メアリーチューダーしかし、これが所属して日程は、 14世紀の初めからです。 It contains first more than two hundred scenes from the Old Testament bordered with a simple framework of foliage.最初の200以上も含まれることから、旧約聖書の場面で縁取りをしたシンプルな枠組みの紅葉です。 The figures are graceful and elegant.この数字は、優雅でエレガントな。 Then come scenes from the life of Christ executed on gold backgrounds with much greater richness in the midst of innumerable scenes of the chase, tourneys, games, grotesque subjects.次に来るキリストの処刑の場面からの人生をより豊かにして金の背景の中で無数のチェイスシーンは、場所、ゲーム、グロテスクな科目です。 The East Anglian abbeys (Norfolk, Suffolk) produced magnificent psalters during the same period (Psalter of Peterborough at Brussels; Psalter of Robert of Ormesby at Oxford) which belong to the same school.イーストアングリア方言のabbeys (ノーフォーク、サフォーク)同期間中に生産さ壮大psalters ( psalterのピーターボロでブリュッセル; psalterのロバートのormesbyオックスフォード)が、同じ学校に所属しています。 In Germany the miniaturists had long been imitating Byzantine art; beginning with the fourteenth century they also imitate French models. miniaturists久しいが、ドイツのまねビザンティン美術;初めにもまねをして14世紀のフランスのモデルです。 In Austria at the monastery of St. Florian is found the most ancient example of the Biblia Pauperum, executed about 1300 according to the same method as the Sermon Bibles.オーストリアでは、聖フロリアン修道院が見つかった例は、最も古代の絵解き聖書は、処刑によると、約1300のような説教聖書と同じ方法です。 The taste for miniatures was so keen at this period that they even went so far as to illuminate some important characters.ミニチュアの味はとても熱心では、この期間に行ったことも今までに寄付としていくつかの重要な登場人物を照らす。 A copy of the house rules of the kings of Majorca shows each of the officials in the exercise of his functions (reproduced in "Acta SS. Bolland.", June, I; cf. list given by Delaborde in "Centenaire de la Société des Antiquaires de France", 93).ハウスルールのコピーは、キングスのマヨルカ示しているそれぞれの運動の関係者は、自分の関数(再現され" ss acta 。 Bolland氏。 "は、 6月には、私; cf 。ドラボルドリストに与えられた"デcentenaireデラ協会antiquairesドフランス" 、 93 ) 。

Late Fourteenth, and Fifteenth Century後半14 、および15世紀

It was in the second half of the fifteenth century that the art of miniature painting was most profoundly changed.それは、下半期にして、 15世紀美術の細密画は、最も深く変更されました。 It may even be said that the illuminators of this period were to a certain extent the precursors of modern painting.それによると、 illuminatorsれることもありますが、この期間にある程度の近代絵画の先駆物質です。 This new transformation seems to have been largely the work of the powerful "Ghildes" of the Flemish masters, versatile artists, many of them skilled like André Beauneveu in painting, sculpture and architecture, and obliged by stress of competition to leave their own country in order to offer their services to the lovers of beautiful manuscripts.変態てきたように、この新しい仕事の大部分は、強力な" ghildes "フランドルの巨匠、多才なアーティストは、かれらの多くは、熟練を要するようなアンドレbeauneveu絵画彫刻や建築、ストレスとの競争が義務付けられて、自分の国を離れる彼らのサービスを提供するためには、恋人たちの美しい原稿です。 They are found scattered throughout Europe, and some went even to Italy.彼らはヨーロッパ全土に散在見つかりました、およびいくつかのイタリアにも行った。 André Beauneveu became (1393-1397) the chief of the artists in the employ of Jean Duke of Berry.アンドレbeauneveuになった( 1393年から1397年)の首席代表であるジャン雇用されてデュークアーティストのベリーです。 He made a Psalter (Bib. Nat., Paris) in which figures of prophets, and Apostles alternated in quiet tones.彼はpsalter ( bib.ナッ。 、パリ)の預言者の数字では、代わりに静かな口調と使徒です。 It was at this time that manuscripts began to be painted in grisaille.それはこの時期にして原稿を始めたグリザイユに塗られています。 The gold backgrounds were replaced by designs in colours, then by real landscapes.ゴールドのデザインに置き換えられていた背景色、それからされた本物の風景です。 In this respect the "Très Riches Heures" of the Duke of Berry (Chantilly, Musée Condé), which have been attributed to Pol de Limbourg, mark a veritable revolution (beginning of the fifteenth century).この点で、 "富très時間レース"は、デューク大学のベリー(シャンティリ、 muséeで)されてきた政治家に起因するデlimbourg 、マークする根っからの革命( 15世紀初頭の)です。 In the pictures of the different months are represented all the châteaux of the prince in the midst of surprisingly true landscapes.別の画像では、すべてのchâteauxカ月間で表わすことは、驚くほどの王子の中で真の風景です。 Long before the Van Eycks, Pol de Limbourg was acquainted with aerial perspective.ファンの前に長いeycks 、ポルデlimbourgエアリアルパースペクティブ精通していた。 In his works are found the effects of snow, of starry nights, of dazzling summer lights, the grey tones of autumn, all of which were new in art.彼の作品では、雪の影響が見つかりました、星空の夜には、夏のまぶしいライトは、グレートーンの秋、そのどれもが新しい芸術です。 Persons were treated with the same love of truth.治療を受ける人が、真実の愛と同じです。 Physiognomies copied from nature without disguise of any defect, intensity of look (never was religious sentiment expressed with such power), minute truthfulness as to costumes and details of furnishing, such were the characteristics of this art.変装physiognomiesからコピーすることなく自然欠陥、強度の表情(宗教上の感情は、決してそのような権力を表明して) 、分間の誠実さを衣装や調度の詳細は、このような特徴は、このアート。 Having arrived at this perfection miniature painting ceased to be a merely decorative art and was confounded with painting on a large scale.この完ぺきに到着したことになる細密画やんだ単に装飾美術や絵画の上では、大規模な混乱しています。 The anachronism of costumes belonging to the fifteenth century, whether they have to do with characters from Terence or scenes from the Gospels, is not one of the least charms of these beautiful works.時代錯誤の衣装は、 15世紀に属している、と関係があるかどうかにある文字からgospelsテレンスやシーンから、最も魅力の1つではないこれらの美しい作品です。 Similar are the other manuscripts of Jean de Berry, the "Grandes Heures", ascribed to Jacquemart de Hesdin, the "Très Belles Heures" (Brussels) by the same artist, the "Dukes' Terence" (Paris), which first belonged to the Duke Guyenne.原稿は、他の類似のジャンドベリーは、 "グランデ時間レース"は、生得的にジャクマールドエダンは、 " très belles時間レース" (ブリュッセル)で、同じアーティストは、 "デュークステレンス" (パリ)で、最初に所属して公爵guyenne 。 The "Heures de Turin" (destroyed by the fire of 1904), made for William IV, Count of Holland, belong to the same school. "時間レースデトリノ" ( 1904年の火災によって破壊される) 、前にはウィリアム4世は、オランダのカウントは、同じ学校に所属しています。 About 1450 we can distinguish the Flemish-Burgundian school (works executed for the Dukes of Burgundy) from the French school, whose chief representative is Jean Fouquet of Tours (1415-80).約1450のフラマン語を区別することができます-ブルゴーニュ地方の学校(デュークスの作品は、処刑ブルゴーニュ)より、フランスの学校では、首席代表者は、ジャンフーケのツアー( 1415年から1480年) 。 Flemish and Italian influences are confused in his works: "Jewish Antiquities" (Paris); "Books of Hours" of Etienne Chevalier (Chantilly); "Grands Chroniques de France" (Paris), etc. After him Jean Bourdichon, who about 1508 decorated the "Hours" of Anne of Brittany (Paris), may be considered the last representative of the great school of miniature painting.フラマン語、イタリア語は、混乱の影響で彼の作品: "ユダヤ人の骨董品" (パリ) ; "本の時間"のエティエンヌシュヴァリエ(シャンティリ) ; "偉大なchroniquesドフランス" (パリ)等ギフトジャンbourdichon後は、約1508年の人装飾の"時間"のアンネのブリタニー(パリ)は、 5月の最後の代表者と見なされる大学校の細密画です。 The progress of wood-engraving was as fatal to it, as was that of printing to calligraphy.木版画の進捗状況としては致命的には、印刷されたことを書道のです。 Until modern times Books of Hours, works of heraldry, etc. have continued to be illuminated, but these miniatures do not possess a single personal quality.近代までの時間帯の書籍は、作品の紋章学などが続いてライトアップされるが、これらのミニチュアしないで、 1つの個人的な品質を持つ。

Publication information Written by Louis Bréhier.ルイbréhier書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bryan R. Johnson.転写された共和党ブライアンジョンソンです。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

SILVESTRE, Paléographie universelle (Paris, 1839-41), 400; MIDDLETON, Illuminated Manuscripts in Classical and Mediæval Times (Cambridge, 1892); Reproductions from illuminated manuscripts of the British Museum (London, 1899-1908); BRADLEY, A Dictionary of Miniaturists, Illumination, Calligraphers and Copyists (London, 1887); LECOY DE LA MARCHE, Les manuscrits et la miniature (Paris, sd); LABITTE, Les manuscrits et l'art de les orner (Paris, 1893); MARTIN, Les peintres de manuscrits et la miniatures en France (Paris, 1910); NIEDLING, Bücher ornamentik (Weimar, 1888); ZORNIUS, Historia Bibliorum pictorum (Leipzig, 1743); BEISSEL, Geschichte der Evangelienbücher in der ersten Hälfte des Mittelalters (Freiburg im Br., 1906); DE NOLHAC, Le Virgile du Vatican et ses peintures (Paris, 1897); MAI, Iliadis fragmenta...シルベストルは、 paléographie universelle (パリ、 1839年から1841年) 、 400 ;ミドルトン、電飾の原稿で古典とmediævalタイムズ(ケンブリッジ、 1892 ) ;複製原稿からのライトアップされた大英博物館(ロンドン、 1899年から1908年) ;ブラッドリー、辞書miniaturists 、照明、 calligraphersとcopyists (ロンドン、 1887 ) ; lecoyデラマルシュ、レmanuscrits etラミニチュア(パリ、 SDメモリー) ; labitte 、アートデレレmanuscrits et l' orner (パリ、 1893 ) ;マーティンは、レpeintresデラミニチュアmanuscrits et enフランス(パリ、 1910年) ; niedling 、 bücher ornamentik (ワイマール、 1888 ) ; zornius 、 historia bibliorum pictorum (ライプツィヒ、 1743 ) ;バイセル、 evangelienbücherでgeschichteデアデアデhälfte ersten mittelalters (フライブルクイムbr 。 、 1906 ) ;デnolhac 、ルvirgileデュバチカンのSES et peintures (パリ、 1897 ) ;舞、 iliadis fragmenta ... cum picturis (Milan, 1819); STRZYGOWSKI, Eine Alexandrinische Weltchronik (Vienna, 1905); IDEM, Das Etschmiadzin Evangeliar (Vienna, 1891); IDEM, Kleinarmenische Miniaturmaleres im Ver=94ffentlichungen der Universitatsbibliothek zu Tübingen, I; MIGEON, Manuel d'art Musulman, II (Paris, 1907), 6-60; BLOCHET, Les écoles de peinture en Perse in Rev. Archéolog. picturis付きで(ミラノ、 1819年) ;ストジュゴーフスキー、 eine alexandrinische weltchronik (ウィーン、 1905 ) ;同著者、 das etschmiadzin evangeliar (ウィーン、 1891 ) ;同文献は、イムkleinarmenische miniaturmaleresバージョン= 94ffentlichungenデアuniversitatsbibliothek zu tübingen 、私; migeon 、マヌエルd 'アートmusulman 、 2世(パリ、 1907年) 、 6から60 ; blochet 、 écolesデレpeinture enペルスで牧師archéolog 。 (July, 1905); KONDAKOFF, Histoire de l'art byzantin d'après les miniatures (Fr. tr., Paris, 1886- 91); OMONT, Miniatures des manuscrits dreca de la Bibliothèque Nationale (Paris, 1902); MILLET, Histoire de l'art, I, III (Paris, 1906-09); RITTER AND WICKHOFF, Die Wiener Genesis (Vienna, 1895); HASELOFF, Codex purpureus Rossanensis (Leipzig, 1898); OMONT, Peintures de l'Evangile de St. Mathieu (die Sinope): Monuments Pict., VII (1901); EBERSOLT, Miniatures byzantines de Berlin in Revue Archéolog. ( 7月、 1905 ) ; kondakoff 、アートbyzantin d' après l' histoireデレミニチュア( fr. tr 。 、パリ、 1886 -9 1) ; o mont、ミニチュアデm anuscritsd recaデラビブリオテーク国立(パリ、 1 902) ;ミレー、アートデl' histoire 、私は、 3世(パリ、 1906年から1909年) ;ウィックホフリッターとは、死ぬウィーナー創世記(ウィーン、 1895 ) ; haseloff 、コーデックスpurpureus rossanensis (ライプツィヒ、 1898 ) ; omont 、 peinturesデl' evangileデセント。マチュー(ダイシノーペ) :モニュメントピクト。 、 7世( 1901 ) ; ebersolt 、ベルリンでレベニューミニチュアビザンティン圏デarchéolog 。 (July, 1905); Codices e Vaticani Selecti... ( 7月、 1905 ) ; codexの複数e vaticani selecti ... VIII, Il Menologio di Basilio, II (Turin, 1907); OUSPENSKY, Le manuscrit de l'Octateque du Sérail in Bulletin de l'Institut Archéol. VIIIやmenologioディbasilio総書記は、 2世(トリノ、 1907 ) ;ウスペンスキー、ルmanuscritデl' octatequeデュsérailで会報デl'研究所archéol 。 russe de Constantinople, XII (1907); STRZYGOWSKI, Die miniaturen des serbischen Psalters (Vienna, 1906); GILBERT, Fac-similies of national manuscripts of Ireland (London, 1874-1884); WESTWOOD, Fac-similes of the miniatures and ornaments of Anglo-Saxon and Irish manuscripts (London, 1868); UNGER, La miniature irandaise in Rev. Celtique (1870); The Lindisfarne and Rushworth Gospels (SURTEES SOCIETY 48, 1865); DE BASTARD, Peintures et ornaments des manuscrits (Paris, 1868, incomplete); LEITSCHUH, Gesch. russeデコンスタンティノープル、 12世( 1907 ) ;ストジュゴーフスキー、死ぬminiaturenデserbischen psalters (ウィーン、 1906 ) ;ギルバートは、国家の原稿のsimilies fac -アイルランド(ロンドン、 1874年から1884年) ;ウェストウッド、 fac -直喩のミニチュアや装飾品アングロサクソン人とアイルランドの原稿(ロンドン、 1868 ) ;アンガー、ラミニチュアirandaiseで牧師celtique ( 1870 ) ;のlindisfarneとラシュワースgospels (サーティース社会48 、 1865 ) ;デバスタード、装飾品デpeintures et manuscrits (パリ、 1868 、不完全) ; leitschuh 、 gesch 。 der Karolingischen Malerei (Berlin, 1894); MENZEL, Die Trierer Ada-Handschrift (Leipzig, 1889); DE BASTARD, Peintures de la Bible de Charles le Chauve (Paris, 1883); BRÉHIER, La Bible historiée de Clermont in Etudes archéol.デアkarolingischen malerei (ベルリン、 1894 ) ;メンツェル、死ぬtriererエイダ- handschrift (ライプツィヒ、 1889 ) ;デバスタード、シャルルドルpeinturesデラ聖書chauve (パリ、 1883 ) ; bréhier 、聖書historiéeデラetudesクレルモンでarchéol 。 (Clermont, 1910); VITZTHUM, Die Pariser Miniaturmalerei (Leipzig, 1907); DELISLE, Fac-similes de livres copiés et enluminés pour le roi Charles V (Paris, 1903); DE LASTEYRIE, Les miniatures d'André Beauneveu et de Jacquemart de Hesdin in Monuments pict., III; DURRIEU, Heures de Turin (Paris, 1902); Les Très Riches Heures du duc de Berry (Paris, 1904); REINACH, Miniatures des Grandes Chroniques de Philippe le Bon in Monuments pict., XI; DE LABORDE, Les Manuscrits =85 peinture de la Cité de Dieu (Paris, 1910); OMONT, Reproduction réduite des manuscrits et miniatures de la Bibliothèque Nationale (Paris, sd), contains Psalter of St. Louis, Book of Hours of Anne of Brittany, Grande Chroniques de France of Jean Fouquet, etc. (クレルモン、 1910 ) ; vitzthum 、死ぬpariser miniaturmalerei (ライプツィヒ、 1907 ) ;ドリール、 fac -直喩ドルの投資収益率を注ぐenluminés et livres copiésチャールズv (パリ、 1903 ) ;デlasteyrie 、レミニチュアbeauneveu et d'アンドレデジャクマールドエダンでモニュメントピクト。 、 3世; durrieu 、時間レースデトリノ(パリ、 1902 ) ;レデベリーtrès富時間レースデュドクさん(パリ、 1904 ) ;ライナハ、ミニチュアデグランデchroniquesデフィリップルボンでモニュメントピクト。 、 xi ;ドラボルド、レmanuscrits = 85 peintureデラcitéデdieu (パリ、 1910年) ; omont 、複製réduite et manuscritsミニチュアデラビブリオテークデ国立(パリ、 SDメモリー) 、セントルイスが含まれpsalterのは、時間のアンネの本のブリタニー、 chroniquesグランデドフランスのジャンフーケ等


Picture Bibles絵聖書

Catholic Information カトリック情報

In the Middle Ages the Church made use of pictures as a means of instruction, to supplement the knowledge acquired by reading or oral teaching.中世の教会の前には、画像の使用を命令する手段として、その知識を補完または口頭による読書指導に買収された。 For books only existed in manuscript form and, being costly, were beyond the means of most people.書籍のためにのみ存在して原稿用紙とは、高価で、ほとんどの人々の手段を越えていた。 Besides, had it been possible for the multitude to come into the possession of books, they could not have read them, since in those rude times, education was the privilege of few.それに加えて、もう限界だとされて生まれてくる可能性は、多数の書籍を所持し、それらを読むことができないのは、失礼なので、これらの時代、教育は、少数の特権だ。 In fact, hardly anyone could read, outside the ranks of the clergy and the monks.実際、ほとんど誰もが読んで、外の階段を上ると、僧侶たちは、聖職者です。 So frescoes of scenes from the Old and New Testaments, stained-glass windows, an the like were set up in the churches, because, as the Synod of Arras (1025) said, "The illiterate contemplated in the lineaments of painting what they, having never learnt to read, could not discern in writing".だからフレスコ画のシーンから旧約聖書と新約、引くステンドグラスの窓が、この教会のようにセットアップされていたので、会議としてのアラス( 1025 )によると、 "この文盲lineaments予定で、彼らは何の絵は、決して習得を読むことは、書面で識別することができなかった" 。 Especially did the Church make use of pictures to spread abroad a knowledge of the events recorded in the Bible and of the mutual connection between the leading facts of the Old and New Testaments, whether as type and antitype, or as prophecy and fulfillment.特に教会は、画像を利用して、海外での知識の普及に記録されたイベントは、聖書との間の相互接続の主要な事実を旧約聖書と新約、タイプと対にするかどうか、あるいは、充足感を予言した。 For this purpose the picture Bibles of the Middle Ages were copied and put in circulation.聖書は、この目的のため、画像をコピーして、中世には発行部数入れる。 The most important of the picture Bibles of the Middle Ages which have survived is that variously styled the "Bible Moralisée", the "Bible Historiée", the "Bible Allégorisée" and sometimes "Emblémes Bibliques".聖書で最も重要なのは、中世の絵が生き残ったのは、さまざまなスタイルの"バイブルmoralisée "は、 "聖書historiée "は、 "聖書allégorisée " 、時には" emblémes bibliques " 。 It is a work of the thirteenth century, and from the copies that still survive there is no doubt that it existed in at least two editions, like to one another in the choice and order of the Biblical texts used, but differing in the allegorical and moral deductions drawn from these passages.これは、 13世紀の作業、およびコピーしてから、まだ生き残ることは疑う余地がありませんが、少なくとも2つのエディションが存在し、もう一つの選択肢のように1つの命令は、聖書の中のテキストを使用すると、しかし、寓話と異なる道徳的な控除描かれたこれらの通路からです。 The few remarks to be made here about the "Bible Moralisée" will be made in connection with copies of the first and second redactions which have come down to us.ここに発言される前に、いくつかについては、 "聖書moralisée "に関連してコピーされる前には、第1および第2 redactionsが降りてくるとしています。

The copy of the first edition, to which reference has been made, is one of the most sumptuous illustrated manuscripts, preserved to us from the Middle Ages.のコピーで、初版本、参考にされて前には、イラスト入りは、世界で最も豪華な原稿は、中世に保存してから、私たちです。 Unfortunately, it no longer exists in the form of a single volume, nor is it kept in one place.残念なことに、それはもはや存在し、 1つのボリュームの形で、またそれは1つの場所に保存されています。 It has been split up into three separate parts kept in three distinct libraries.分割されている3つの別々の3つの別個の部品ライブラリに保存されています。 The first part, consisting of 224 leaves, is in the Bodleian Library at Oxford.最初の部分は、 224葉から成る、図書館では、オックスフォードbodleian 。 The second part of 222 leaves is in the National Library in Paris; and the third part, made up of 178 leaves, is kept in the library of the British Museum.第二部には、 222の葉は、パリ国立図書館、および3番目の部分は、前までの178葉は、図書館に保管しては、大英博物館です。 Six leaves of the third part are missing, so that it ought to contain 184 leaves. 6人が行方不明の葉の部分は、 3番目は、 184を含むようにしなければならないかも葉です。 When complete and bound together, therefore, the whole volume consisted of 630 leaves, written and illustrated on one side only.完了すると結ばれているときは、したがって、全体のボリュームの構成630葉っぱは、書面やイラスト入りの片側のみです。 This Bible, as indeed all the picture Bibles of the Middle Ages, did not contain the full text of the Bible.この聖書は、すべての画像として実際には、中世の聖書は、含まれていない聖書の全文。 Short passages only were cited, and these not so as to give any continuous sense or line of thought.短い文章を引用だけが、これらのないように、任意の連続感を与えるかを考えたラインです。 But the object of the writer seems to have been chiefly to make the texts cited the basis of moral and allegorical teaching, in the manner so common in those days.しかし、オブジェクトの作家のように文章を作ることが主な理由と寓話の道徳教育の基礎は、共通のような方法では、それらの後終了。 In the Psalter he was content with copying out the first verse of each psalm; whilst when dealing with the Gospels he did not quote from each evangelist separately, but made use of a kind of confused diatessaron of all four combined. psalter彼は、最初の詩のコンテンツをコピーして、各詩編;間gospels扱うとき、彼は、各エバンジェリストから別途見積もりが必要ですが、ある種の混乱を使用する前にすべての4つの組み合わせdiatessaron 。 An attempt was made to establish a connection between the events recorded in the Old Testament and those recorded in the New, even when there does not seem to be any very obvious connection between them.する試みの間の接続を確立するには前のイベントに記録され、旧約聖書に記録され、これらの新しいあった場合ではありませんがどのようにかれらの間の接続を非常に明白だ。 Thus the sleep of Adam, recorded in the beginning of Genesis, is said to prefigure the death of Christ; and Abraham sending his servant with rich presents to seek a wife for his son is a type of the Eternal Father giving the Gospels to the Apostles to prepare the union of His Son with the Church.こうして、睡眠のアダムは、創世記の初めに記録された、と述べたが、キリストの死を前もって示す;とアブラハムの使用人と豊富なプレゼントを送って彼の妻を模索するために、息子は、父親の永遠の種類を与え、使徒のgospels労働組合を準備して教会の息子です。

The entire work contains about 5,000 illustrations.作品全体の約5000のイラストが含まれています。 The pictures are arranged in two parallel columns on each page, each column having four medallions with pictures. 2つの画像が平行に配列される各ページの列は、各列に4つの絵の大メダルしている。 Parallel to the pictures and alternating with them are two other narrower columns, with four legends each, one legend to each picture; the legends consisting alternatively of Biblical texts and moral or allegorical applications; whilst the pictures represent the subjects of the Biblical texts or of the applications of them.平行して、かれらは、 2つの画像を交互にして他の狭いカラムには、それぞれ4つの伝説は、それぞれの画像を1つの伝説;から成る伝説の代わりに、聖書の中のテキストや道徳やアプリケーションの寓話;間の絵は、聖書の中のテキストを表すかの科目かれらのアプリケーションです。 In the manuscript copy of the "Bible Moralisée", now under consideration, the illustrations are executed with the greatest skill.原稿のコピーは、 "聖書moralisée "は、現在検討中、イラストは、最高の技能を伴って実行する。 The painting is said to be one of the best specimens of thirteenth-century work and the manuscript was in all probability prepared for someone in the highest rank of life.その絵の1つだとされる13世紀最高の標本の仕事と、すべての確率のために準備された原稿の中で最も高いランクの生活をさせる。 A specimen of the second edition of the "Bible Moralisée" is to be found in the National Library in Paris (manuscript Français No. 167).標本の2番目のモードは、 "聖書moralisée "が発見されるのはパリ国立図書館(原稿français第167 ) 。 Whilst it is identical with the copy which has just been examined in the selection and order of the Biblical passages, it differs from it in the greater simplicity and brevity of the moral and allegorical teaching based on them.間でコピーすることは同じ検討されてきただけでは、聖書の順に選択および通路、それと異なることは、さらなるシンプルさと短いのが良いとは、道徳的な寓話の教えを基にしています。 Another important Bible, intended to instruct by means of pictures, was that which has been called the "Bible Historiée toute figurée".もう一つの重要な聖書には、目的と手段を指示された画像は、コールされているものは、 "聖書historiée toute figurée " 。 It was a work of the end of the thirteenth or the beginning of the fourteenth century.それは仕事の終わりには、 13または14世紀初頭のです。 In general outline and plan it resembles the class of Bible which has gone before, but it differs from it in the selection of Bible passages and in the allegorical explanations derived from them.総合計画の概要を説明することで、クラスのバイブルに似てきた過ぎ去ったが、それは違うことを選択するとは、聖書の寓話の通路から派生して説明します。 Coming to the life of Our Lord, the author of the "Bible Historiée toute figurée" dispensed with a written text altogether, and contented himself with writing over the pictures depicting scenes of Our Saviour's life, a brief explanatory legend.主に来て、私たちの生活を、著者は、 "聖書historiée toute figurée " dispensedで書かれたテキストを完全には、自分自身で満足して絵を書くのが私たちの救世主イエスキリストの生涯を描いたシーンは、伝説の簡単な説明です。 Many specimens of this Bible have come down to us, but we select part of one preserved in the National Library in Paris (manuscript Français No. 9561) for a brief description.多くの標本を降りてくるのが、私たちにとって、この聖書は、しかし、我々の団体の1つを選択して保存され、パリ国立図書館(原稿français第9561 )のための簡単な説明です。 In this manuscript 129 pages are taken up with the Old Testament.このページの原稿を撮影する129旧約聖書です。 Of these the earlier ones are divided horizontally in the centre, and it is the upper part of the page that contains the picture illustrative of some Old Testament event.これらのものは、それ以前の中心に水平方向に分かれて、そしてそれは、ページの上部に、画像が含まれるいくつかの実例旧約聖書のイベントです。 The lower part represents a corresponding scene from the New Testament.その下の部分を表し、対応する新約聖書の場面からです。 further on in the volume, three pictures appear in the upper part of the page, and three below.さらなる上で、ボリュームは、 3つの画像を表示するには、ページの上部には、 3つ以下のとおりとします。 Seventy-six pages at the end of the volume are devoted to depicting the lives of Jesus Christ and the Blessed Virgin. 76ページの末尾には、ボリュームの生活を描いた献身的にイエスキリストや聖母マリアのです。

It must not be supposed that these were the only Bibles of this class that existed in the Middle Ages.これらのことはしてはいけないことになって、このクラスの中でのみ存在して聖書の中世です。 On the contrary, from the great number of copies that have survived to our own day we may guess how wide their circulation must have been.とは逆に、より大きな部数を乗り越えたことを我々は我々自身の5月1日の発行部数を推測する必要がありますがどのように広い。 We have a manuscript existing in the British Museum (addit. 1577) entitled "Figures de la Bible" consisting of pictures illustrating events in the Bible with short descriptive text.我々は、既存の写本は、大英博物館( addit. 1577 )と題する"数字デラバイブル"の画像から成るイベントを図解して簡単な説明テキストのバイブルです。 this is of the end of the thirteenth, or the beginning of the fourteenth, century.これは、最後には、 13 、または14の初めには、世紀です。 Of the same date is the "Historia Bibliæ metrice" which is preserved in the same library and, as the name implies, has a metrical text.同じ日付のは、 " historia bibliæ metrice "これは、同じライブラリを使用して保存され、その名前が示すように、テキストには、韻律。 But we have specimens of manuscript illustrated Bibles of earlier date.しかし、我々はそれ以前の標本の原稿イラストレイティッド聖書の日付です。 Such is the Bible preserved in the library of St. Paul's, outside the walls of Rome; that of the Amiens Library (manuscript 108), and that of the Royal Library of The Hague (manuscript 69).このような聖書には保存され、ライブラリの聖パウロのは、ローマの城壁の外;ことは、アミアン図書館(原稿108 ) 、およびそれには、ハーグ王立図書館(原稿69 ) 。 So numerous are the surviving relics of such Bibles, back even so far as the eleventh and twelfth centuries, that it may be safely said that the Church made a systematic effort to teach the Scriptures in those days by means of illustrated Bibles.だからこのような数多くの遺跡が残った聖書は、後ろにも今までに寄付として、 11と12世紀にもわたって、それによると、安全かもしれないが、教会の組織的な努力を教える前に、その当時は、聖書は聖書を図解入りの手段です。

SINGLE ILLUSTRATED BOOKS OF THE BIBLE 1つの挿絵本のバイブル

The Bibles that have come under notice so far illustrate the entire Scriptures.聖書の通知を受けることが、これまでのところ全体の聖書を説明します。 But what was done for the Bible in full was also done for its various parts.しかし、どのようなことが行われたため、聖書には、完全には、さまざまな部分でも行われます。 Numerous beautifully illustrated psalters have come down to us, some of them going as far back as the ninth century, as, for instance, the Psalter of the University of Utrecht.図解psaltersが降りてくる数多くの美しく、私たちにとっては、かれらのいくつかに行くとして、 9世紀にまでさかのぼる、として、例えば、ユトレヒト大学のpsalterのです。 One thing that comes out clearly from a study of the contents and character of these psalters is that a very large proportion of them were executed by artists working in England.一つのことを明確にして出てくるの研究から、これらの内容やキャラクターpsaltersのは、かれらの多くは、非常に大きな割合で実行されたアーティストイングランドで働いています。 So, too, the book of Job and the Apocalypse were copied separately and adorned with numerous illustrations.今でも、この本の黙示録の仕事とは別にコピーやイラストの数々で飾られています。 But, as we should have expected, the Gospels were a specially favourite field for the medieval artists who devoted their time to picture-painting.しかし、我々が期待すべきは、 gospelsフィールドには、特別にお気に入りのアーティストの人のために献身的な中世の時間を絵に描いたように自分の絵です。

BIBLIA PAUPERUMビブリアパウペルム

A class of illustrated Bibles to which no allusion has been made, but which had a wide circulation especially in the fifteenth century was the "Biblia Pauperum".聖書を図解入りで、クラスのない前にほのめかしてきたが、これは、全体の発行部数は、特に、 15世紀の"絵解き聖書" 。 As it name indicates, it was especially intended for the poor and ignorant, and some say that it was used for purposes of preaching by the mendicant orders.それとして名前が示すように、これは、特に貧しい人々のために意図や無知、と言っていたいくつかの目的のために使用されて説教される托鉢の注文です。 It existed at first in manuscript (indeed a manuscript copy is still in existence in the library of the British Museum); but at a very early period it was reproduced by xylography, then coming into use in Europe.それは最初に存在した原稿(実際にはまだ存在して原稿をコピーし、ライブラリは、大英博物館) ;しかしそれは、非常に早い時期から再現された木版術、そしてヨーロッパでの使用に入ってくる。 As a consequence the "Biblia Pauperum" was published and sold at a much cheaper rate than the older manuscript picture Bibles.その結果として、 "絵解き聖書"と売られていた日付よりもはるかに安いレート聖書の古い写本の写真です。 The general characteristics of this Bible are the same as those of the earlier picture Bibles.この聖書は、一般的な特性は、以前と同じ聖書の写真です。 The pictures are generally placed only on one side of the page, and are framed in a kind of triptych of architectural design.画像を配置するのは、通常の片側には、ページの上にのみ、およびフレーム構成では、ある種のトリプティクの建築設計です。 In the centre is a scene from the New Testament, and on either side of it typical events from the Old Testament.シーンの中心には、新約聖書から、それとの両側から、旧約聖書の典型的なイベントです。 Above and below the central picture are busts of four noted prophets or other famous characters of the Old Testament.上記とは、バストの下の中央の写真や他の4つの有名な預言者は、旧約聖書の有名なキャラクターです。 In the corners of the picture are the legends.で、その絵は、伝説の角です。 The number of these pictures in the "Biblia Pauperum" was usually from forty to fifty.これらの画像の数は、 "絵解き聖書"は、通常四十から五十まで。

Picture Bibles of the Middle Ages did not exhaust the resources of Christians in illustration of the Bible.聖書の絵排気しなかった中世のキリスト教徒は、資源のイラストバイブルです。 Since the fifteenth century a host of artistic geniuses have contributed to make the events of Scripture live in colour before our eyes. 15世紀以来、多くの芸術の天才がこのイベントを作るのに貢献して啓典の前に住んでいる私たちの目の色です。 Most noted amongst them were Michelangelo and Raphael; the former chiefly famous for his Pietà and the frescoes in the Sistine Chapel; the latter for seven cartoons illustrating events in the New Testament.かれらの多くはミケランジェロの中で最も有名とRaphael ; pietà元彼とは主に有名なシスティーナ礼拝堂のフレスコ画;後者のための7つのイベントは、新約聖書漫画を図解しています。 Perhaps no sacred picture has been so often copied as "The Last Supper" of Leonardo da Vinci painted in the refectory of the Dominican convent in Milan.たぶんない神聖な画像としてコピーされてそれほど頻繁に"最後の晩餐"レオナルドダヴィンチの食堂で塗られ、ミラノのドメニコ会修道院。 Well known, too, are Fra Bartolomeo's "Presentation in the Temple" in Vienna, and Rubens's numerous Bible pictures, to be found in the Louvre, Brussels, Vienna, Munich, and London, but chiefly at Antwerp, where are his "Descent from the Cross", "Crucifixion", and "Adoration of the Magi", the most famous of his works.よく知られては、あまりにも、フラバルトロメオのは、 "プレゼンテーションの寺" inウィーン、多数のバイブルとルーベンスの絵画は、ルーブルにも認められ、ブリュッセル、ウィーン、ミュンヘン、ロンドン、アントワープしかし、主には、どこにいる彼の"降下から十字架" 、 "はりつけ" 、および"マギの礼拝"は、彼の作品で最も有名なのです。 These are but a few out of a number of illustrious names too numerous to mention here and including Botticelli, Carrucci, Holman, Hunt, Leighton, Murillo, Veronese, Tintoretto, and Watts.しかし、これらは、数名のうち、いくつかの著名な枚挙にいとまが、ここを含めボッティチェリ、 carrucci 、ホルマン、ハント、レイトン、ムリージョ、ヴェロネーゼ、ティントレット、およびワッツ。

To study the works of the great Bible-illustrators is not so difficult as might be supposed.作品を勉強するのは、偉大な聖書のイラストレーターかもしれないほど難しいことではないはずだ。 For of late years a great number of collections of Bible prints have been made, some containing engravings of the most famous paintings.年の後半には多数のコレクションが行われました聖書版画、彫刻を含むいくつかの最も有名な絵です。 In the first half of the last century Julius Schnorr collected together 180 designs called his "Bible Pictures, or Scripture History"; and another series of 240 pictures was published in 1860 by george Wigand; whilst later in the century appeared Dalziel's "Bible Gallery".上半期では、前世紀のジュリアス収集するシュノール180 240 1860ジョージワイガンド;間世紀の後半に登場したディエルの"バイブルギャラリー" 。 Hodder and Stoughton have published excellent volumes reproducing some of the pictures of the greatest masters.ボリュームのある優秀なstoughton日付ホダーといくつかの画像を再現する最も偉大な巨匠。 Such are "The Old Testament in Art" (2 parts); "The Gospels in Art", "The Apostles in Art", and "Bethlehem to Olivet", this latter being made up of modern pictures.これらは"旧約聖書の中のアート" ( 2部品) ; "のgospels芸術" 、 "芸術の使徒" 、および"ベツレヘムを模造真珠"は、この後者のモダンな絵で構成されています。 The Society for the Promotion of Christian Knowledge has not been behindhand, but has issued amongst other publications a volume on "Art Pictures from the Old Testament" with ninety illustrations, and another on the Gospels with 350 illustrations from the works of the great masters of the fourteenth, fifteenth, and sixteenth centuries.キリスト教社会の促進のための知識を後回しにされていないが、中には他の出版物を発行して、ボリュームを"アートの画像から、旧約聖書"を90イラスト、そしてもう一つは、 350のイラストをgospelsからの巨匠たちの作品14 、 15 、および第16世紀にもわたっている。

Publication information Written by JA Howlett. jaハウレット書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bryan R. Johnson.転写された共和党ブライアンジョンソンです。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

HORNE, Introduction to the Holy Scriptures (London, 1822), II, 3d ed.; HUMPHREY, History of the Art of Printing (London, 1868); LEVESQUE in VIG., Dict.ホーンは、はじめに聖書(ロンドン、 1822年) 、 2世、 3次元エド。 ;ハンフリー、歴史、芸術の印刷(ロンドン、 1868 ) ;レベスクでビグ。 、辞書です。 de la Bible (Paris, 1894), sv Bible en image; DELISLE, Hist.デラバイブル(パリ、 1894年) 、聖書en画像sv ;ドリール、シーッ。 littéraire de la France (Paris, 1893), XXXI, 213-285; BERJEAU, Biblia Pauperum, reproduced in facsimile from one of the copies in the British Museum, with an historical and bibliographical introduction (London, 1859). littéraireデラフランス(パリ、 1893 ) 、 31 、二百十三から二百八十五; berjeau 、絵解き聖書は、ファクシミリから再現され、 1つのコピーは、大英博物館は、歴史や書誌を導入(ロンドン、 1859年) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです