Marist Brothersマリストブラザーズ

General Information 総合案内

The Marist Brothers are a Roman Catholic religious institute for Christian education, from elementary school through high school.マリストブラザーズには、ローマカトリックの宗教キリスト教教育研究所は、小学校から高校を通してです。 The school was founded in 1817 in Lavalla, France, by Marcellin Joseph Benedict Champagnat.その学校は1817年に設立されたlavalla 、フランス、ジョゼフベネディクトchampagnatさmarcellin 。 In 1863 the Marist Brothers institute received the approbation of the Holy See (the territory over which the pope exercises ecclesiastical jurisdiction).マリストブラザーズは、 1863研究所の裁可を受けて、聖なる参照してください(この演習教会法王の領土を管轄する) 。 In 1991 there were approximately 6,000 members, called brothers, of whom about 300 were in the United States. 1991年には約6000のメンバーは、兄弟と呼ばれる、約300人が、米国でいます。 In addition to primary schools, the brothers conduct boarding schools and academies, industrial schools, and orphanages.小学校に加えて、その兄弟を行う寄宿学校や塾、工業学校、孤児院です。 The Marist Brothers are not clerics, but are devoted solely to educational work throughout the world.マリストブラザーズの聖職者ではないが、献身的な仕事だけに、世界中の教育です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Society of Mary (Marist Fathers)社会のメアリー(マリストの祖先)

Catholic Information カトリック情報

(Initials SM) (イニシャルsm )

A religious order of priests, so called on account of the special devotion they profess toward the Blessed Virgin.宗教的な秩序のプリースト、いわゆるアカウントには、特別な献身してかれらに向かって、聖母マリアと公言した。

I. FOUNDATION (1816-1836) i.財団( 1816-1836 )

The first idea of a "Society of Mary" originated (1816) in Lyons, France, with a group of seminarians, who saw in the Restoration of 1815 an opportunity for religion, but the real founder was Jean-Claude-Marie Colin, the most retiring of the group.最初のアイデアは、 "社会のメアリー"ライオンズ発祥( 1816 )で、フランス、 seminariansのグループでは、 1815人を見たのは、復旧のための宗教する機会が、実際の創始者は、ジャン=クロード=マリーコリンは、グループの大半は、定年退職した。 He began, amid his pastoral cares, by drafting a tentative rule and founding at Cerdon, where he was pastor, the Sisters of the Holy Name of Mary; Marcellin Champagnat, another of the group, established at Lavalla the Little Brothers of Mary.彼は、田園の中で彼の心配事は、暫定的な規則を起草するとcerdon創立で、彼はどこ牧師は、姉妹の名前は、聖マリア; marcellin champagnat 、別のグループは、確立さで、小さな兄弟のメアリーlavalla 。 On account of the cold attitude assumed by the ecclesiastical authorities in Lyons, the foundation of the missionary priests' branch could not be made till Cerdon, Colin's parish, passed from the jurisdiction of Lyons to that of Belley.想定してアカウントには、冷たい態度でライオンズの教会当局は、同財団の宣教師プリースト'支店できませんでしたcerdon前までは、コリンの教区は、ライオンズを通過してから、管轄権のベレーです。 Bishop Devie of the newly restored See of Belley authorized (1823) Colin and a few companions to resign their parochial duties and form into a missionary band for the rural districts.司教は、新たに復元さdevieのベレー認可を参照してください( 1823 )といくつかの仲間に辞任するコリン彼らの偏狭な任務とする形になるため、農村地区の宣教師バンドです。 Their zeal and success in that arduous work moved the bishop to entrust them also with the conduct of his seminary, thus enlarging the scope of their work.彼らの熱意と骨の折れる仕事で成功して移動して、ビショップを委託して行う彼の神学校でも、このように自分の仕事の範囲を拡大しています。 However, the fact that Bishop Devie wanted a diocesan institute only, and that Fr.しかし、指名手配するという事実を司教監督管区研究所devieのみ、 frとしています。 Colin was averse to such a limitation, came near placing the nascent order in jeopardy when Pope Gregory XVI, in quest of missionaries for Oceanica, by Brief of 29 April, 1836, approved definitively the "Priests of the Society of Mary" or Marist Fathers, as a religious institute with simple vows and under a superior general.コリンは、このような制限を嫌って、近くに来たときに危険にさらされて配置するために、新生グレゴリウス16世は、宣教師のための探求oceanicaでは、簡単なのを1836年4月29日、限定的に承認した"プリーストは、社会のメアリー"やマリストの祖先は、研究所としての宗教上の下で、簡単な誓いの全般です。 The Little Brothers of Mary and the Sisters of the Holy Name of Mary, commonly called Marist Brothers and Marist Sisters, were reserved for separate institutes.小さな兄弟姉妹のメアリーとメアリーは、神聖な名前は、通称マリストマリストの兄弟姉妹とは、個別の機関のために予約された。 Father Colin was elected superior general on 24 Sept., 1836, on which day occurred the first Marist profession, Blessed Pierre Chanel (qv), Venerable Colin, and Venerable Champagnat being among the professed.スーペリア総長選出していた父親のコリン1836年9月24日、一日でマリストが発生した最初の職業は、祝福ピエールシャネル( qv ) 、コリン由緒ある、と公言したのうち、由緒あるchampagnatれています。

II. Ⅱ 。 DEVELOPMENT (1836-1910)開発( 1836-1910 )

From its definitive organization to the present date (1910) the Society of Mary, under four superiors general - JCM Colin (1836-54), J. Favre (1854-85), A. Martin (1885-1905), JC Raffin (1905-) - has developed along the various lines of its constitutions in and out of France.決定的な組織からその日から現在までの学会( 1910年)のメアリーは、上司の下に4つの全般-j cmコリン( 1 836年から1 854年) 、 j .ファブレ( 1 854年から1 885年) 、 a .マーティン( 1 885年から1 905年) 、 j cラファン( 1905 -) -には、様々な線に沿って開発したフランスの憲法入ったり出たりする。 In France it has done work in the mission field from many missionary residences established in various centres.フランスで仕事をしてきたことから、多くの宣教師ミッション分野で様々な住宅センターを設立した。 When educational liberty was restored to French Catholics, it also entered the field of secondary, or college education, its methods being embodied in Montfat's "Théorie et pratique de l'education chrétienne" (Paris, 1880), and moreover assumed the direction of a few diocesan seminaries together with professorships in Catholic institutes for higher education.教育の自由を回復したときには、フランスのカトリック教徒が、それはまた、第二次のフィールドに入力し、あるいは大学教育は、その方法を具体化されmontfatの"検疫デthéorie et l'教育chrétienne " (パリ、 1880年) 、そしてまたその方向を想定するprofessorshipsとともに、いくつかの監督管区seminariesカトリック高等教育機関です。 The French houses have also supplied men for the various missions undertaken abroad by the Society of Mary.フランスの家屋が男性のためにも供給される社会の様々な任務に着手海外のメアリー。

Outside of France, the first field of labour offered the Marists (1836) was the Vicariate Apostolic of Western Oceanica, comprising New Zealand, the Friendly Islands, the Navigator Islands, the Gilbert and Marshall Islands, Fiji, New Caledonia, New Guinea, the Solomon and Caroline Islands.フランスの外では、労働党は、最初のフィールドの提供、 marists vicarの職は、使徒( 1836 )西oceanica 、ニュージーランドで構成は、フレンドリー諸島は、ナビゲーター諸島、マーシャル諸島、ギルバートとは、フィジー、ニューカレドニア、ニューギニア、ソロモン諸島とキャロライン。 Under the secular bishop, Dr. Pompallier, who took up his residence in New Zealand, the Marists successively occupied Wallis (1837), soon converted by Fr.世俗の司教の下に、 pompallier博士は、自分の居住者取り上げたニュージーランドでは、占領が相次いmaristsワリー( 1837 ) 、 frすぐに変換される。 Bataillon; Futuna (1837), the place of Blessed Pierre Chanel's martyrdom; Tonga (1842), turned by Fr. bataillon ;フトゥナ諸島( 1837 )は、その場所の祝福ピエールシャネルの殉教;トンガ( 1842 )は、電源をfr 。 Chevron into a model Christian community; New Caledonia (1843), where Bishop Douarre, Pompallier's coadjutor, met untold difficulties and Brother Blaise was massacred; and, in spite of much Protestant opposition, Fiji (1844) and Samoa (1845).キリスト教社会のモデルをシェブロン;ニューカレドニア( 1843 ) 、どこビショップdouarre 、 pompallierの助手は、無数の困難や弟に会ったブレーズは虐殺;とは、多くのプロテスタントの反対にもかかわらず、フィジー、サモア( 1844 ) ( 1845 ) 。 The immense area of the vicariate, together with the presence at its head of a secular bishop, soon necessitated the creation of smaller districts under Marist bishops: Central Oceanica under Bishop Bataillon (1842), Melanesia and Micronesia under Bishop Epalle (1844), New Caledonia under Bishop Douarre (1847), Wellington (New Zealand) under Bishop Viard (1848), Bishop Pompallier retaining Auckland; the Navigator Islands (1851), long administered by the Vicar Apostolic of Central Oceanica; the Prefecture of Fiji (1863), etc. Of these, Melanesia and Micronesia had to be abandoned after the massacre of Bishop Epalle at Isabella Island and the sudden death of his successor, Bishop Colomb, the Solomon Islands alone reverting to the Marists in 1898.この広大なエリアのvicarの職は、その存在感とともに、頭の世俗司教は、すぐに小さく創出するために必要とマリスト司教区の下:中央の下oceanicaビショップbataillon ( 1842 ) 、ミクロネシア連邦メラネシアとビショップepalle下( 1844 ) 、新カレドニア下douarreビショップ( 1847 ) 、ウェリントン(ニュージーランド)のもとでビショップビヤール( 1848 ) 、ビショップオークランドpompallier擁;のナビゲーター諸島( 1851 ) 、長期投与されるの中央代牧oceanica ;同県のフィジー( 1863 ) 、等、これらは、ミクロネシア連邦メラネシアとしていたのが捨てられた後、大虐殺イザベラビショップepalle島との突然の死で彼の後継者は、ビショップコロムは、ソロモン諸島を元に戻すだけで1898をmarists 。 Those various missions have progressed steadily under the Marist Fathers who, beside their religious work, have largely contributed to make known the languages, fauna, and flora of the South Sea Islands (see Hervier, "Les missions Maristes en Océanie", Paris, 1902), and helped in their colonization (de Salinis, "Marins et Missionnaires", Paris, sd).これらの様々な任務を着実に前進マリスト父親の下で、彼らの宗教的な作品のそばには、大きく貢献して作るが知られている言語は、動物、植物相は、南の海と島( 1902 ) 、そして彼らの助けに植民地化(デsalinis 、 " marins et missionnaires " 、パリ、 SDメモリー) 。 The growth of New Zealand has been such as to call for a regular hierarchy, and the Marists were concentrated (1887) in the Archdiocese of Wellington and the Diocese of Christchurch, still governed by members of the order.ニュージーランドの成長などをされて、通常の階層を求める、とのmaristsが濃厚( 1887 )は、大司教、司教管区のクライストチャーチウェリントンとは、まだ会員と秩序に支配されている。

In the British Isles, the Marist foundations began as early as 1850 at the request of Cardinal Wiseman, but have not grown beyond three colleges and five parishes.は、英国の島々は、その基盤を始め、早ければ1850マリストの要請によりワイズマン枢機卿が、栽培されていない3つの大学と5つのparishesを超えています。 In the United States, the Society of Mary has taken a firmer hold.アメリカでは、その社会のメアリーコラボレーション堅調にホールドする。 From Louisiana, whither Archbishop Odin called them (1863) to take charge of a French parish and college, the Marists have passed into eleven states and even branched off into Mexico, and, although continuing to minister to a number of French speaking communities, they have not limited their action there, but gradually taken up, both in parishes and colleges, American work, their training houses being almost entirely recruited in this country and being located in Washington.ルイジアナ州から、どこ大司教オーディン( 1863 )と呼ばれることを引き受けるとフランスの教区の大学は、 11の州とmaristsが経過してもとらえねメキシコ、そして、大臣を続けているにもかかわらず、いくつかのフランス語圏のコミュニティでは、かれら自分の行動に限定していないが、徐々に取り上げられ、 parishesと大学の両方で、米国の仕事は、自分の家がほぼ完全に訓練この国で採用され、ワシントンに位置しています。

III. Ⅲ 。 PRESENT STATE (1910)現在の状態( 1910 )

The Society of Mary is now divided into six provinces: 2 in France, 1 in the British Isles, 1 in the United States 1 in New Zealand, and 1 in Oceanica.メアリーは、今の社会の6つの地方に分けられる: 2 、フランス、イギリス諸島は、 1 、 1 、米国の1ニュージーランドでは、と1 oceanica 。 The French provinces (Lyons and Paris) counted at the time of the Association Act (1901) 9 institutes for the training of aspirants or of young religious, 15 missionary residences with chapels, 9 colleges for secondary education, and three diocesan seminaries, with a total of 340 priests, 100 novices, and 34 lay-brothers.フランスの地方(ライオンズとパリ)の時間のカウントは、同協会法( 1901年) 9機関の志願者のための研修や、若い宗教は、 15日にチャペル宣教師住宅は、 9大学の中等教育、および3つの監督管区seminaries 、と合計340プリースト、 100初心者、および34レイ兄弟です。 The Association Act of 1901, by dissolving religious communities and confiscating their property, told heavily on these establishments: the training-houses had to be transferred to foreign parts (Belgium, Italy, and Spain); the diocesan seminaries were taken from the religious; the residences were confiscated and their inmates compelled either to go into exile or to live separately in rented quarters; the colleges alone survived in part by becoming diocesan establishments. 1901年同協会の行為は、宗教的なコミュニティを解散して財産没収、これらの施設を大量に言った:住宅の訓練には外国人へ転勤になる部品(ベルギー、イタリア、スペイン) ;の監督管区seminariesから取られた宗教;受刑者の居住地を押収して強制追放の身となるかのどちらかを個別に部屋を借りて宿舎に暮らす;だけで、大学の監督管区の施設になる部分的に生き残った。 To the French provinces are attached in Germany, an apostolic seminary for the German Missions in Oceanica, and, in Italy and Spain, various chaplaincies and houses of retreat for the aged or the exiled fathers.添付して、ドイツ、フランスの地方には、ローマ教皇の神学校では、ドイツ語のミッションoceanica 、とは、イタリアとスペインでは、様々なchaplainciesや高齢者向け住宅の撤退や、亡命中の父親です。 The Anglo-Irish province, erected in 1889, comprises 5 parishes (3 in London, 1 in Devonshire, and 1 in Yorkshire) and three colleges (1 in Dublin, 1 in Dundalk, and 1 in Middlesborough) with 46 priests, 8 novices, and 6 lay-brothers.英国とアイルランドの州は、 1889年建立、構成5 parishes ( 3ロンドンでは、 1デボンシャー、および1のヨークシャー)と3つの大学( 1ダブリンには、 1ダンドーク、および1 middlesborough )して46プリースト、 8初心者、および6レイ兄弟です。

The New Zealand province, erected in 1889, comprises, in the Archdiocese of Wellington and the Diocese of Christchurch, 1 novitiate-scholasticate, 1 second novitiate, 1 college, 20 parishes among the whites, 6 missions among the Maoris and one missionary band, with 1 archbishop, 1 bishop, 70 priests, 17 novices, 15 lay-brothers, ministering to a Catholic population of about 30,000.ニュージーランドの州は、 1889年建立、構成、ウェリントンの大司教、司教管区のクライストチャーチとは、 1 -修学院修練院は、 1秒修練院は、 1大学は、 20のうち、白人parishes 、 6ミッション宣教師のうち、 1つのバンドmaorisと、 1大司教で、 1司教は、 70プリースト、 17初心者は、 15レイ兄弟は、 ministeringするカトリック人口は約30000 。 The Province of Oceanica, erected in 1898, comprises, besides a procurator house at Sydney and three missions in Australia, five vicariates (Central Oceanica with 15 stations; the Navigator Islands or Samoa with 15 stations; New Caledonia with 36 stations; Fiji with 17 stations; New Hebrides with 22 stations) and two prefectures (the Southern Solomon Islands with 8 stations and the Northern Solomon Islands with 5 stations). oceanica州では、 1898建立で、構成は、代理人の家に加えて、 3つのミッションと、オーストラリアのシドニーでは、 5つのvicariates (セントラルステーションoceanica 15 ;のナビゲーターサモア諸島または15個のステーション;ニューカレドニアで36局;フィジー17ステーション;ニューヘブリディーズ諸島で22ステーション)と2つの府県(ソロモン諸島の南部と北部で8局を5局ソロモン諸島) 。 It counts: 5 vicars Apostolic, 2 prefects Apostolic, 200 priests, 25 lay-brothers (all Marists), assisted by 115 Little Brothers of Mary, 566 native catechists, and a large number of sisters, both European and native, of the Third Order Regular of Mary and of Our Lady of the Missions, founded by the Marists.それを数えます: 5 vicars教皇は、使徒2 prefects 、 200プリースト、 25レイ兄弟(すべてmarists )は、兄弟の援助を受けて115リトルメリー、 566ネイティブcatechistsし、数多くの姉妹は、欧州およびネイティブの両方を、第3そして私たちのために定期的にはメアリー夫人の任務は、 marists設立された。 The Catholic population is about 41,885.カトリック人口は約41885 。 The province of the United States, erected in 1889, comprises two training houses in Washington, District of Columbia, 4 colleges (Jefferson College, Louisiana; All Hallows' College, Utah; St. Mary's College, Maine; Marist College, Georgia), 18 parishes in various states, and missions in West Virginia and Idaho.米国の州では、 1889年建立、家屋には、 2つの訓練ワシントンでは、コロンビア地区は、 4大学(ジェファーソン大学、ルイジアナ;万聖大学は、ユタ州;聖母の大学には、メイン;マリスト大学、ジョージア州)は、 18 parishes様々な国では、ウェストバージニア州で、アイダホ州とのミッションです。 Its membership consists of 1 archbishop, 105 priests, 75 novices, and 5 lay-brothers.その1会員で構成さ大司教、 105プリースト、 75初心者、および5レイ兄弟です。 There are about 600 boys in the colleges and 70,000 Catholics in the parishes and missions.男の子たちは、約600人のカトリック信者のカレッジやparishesやミッション70000 。 From this province has been detached (1905) the Vice-province of Mexico which counts 26 priests working in 1 college with 350 pupils and 6 parishes with a large number of parishioners, French, American, German, and Mexican.この州から分離され( 1905年)の副省は26日、メキシコを数えるプリースト1大学で働いて350と6 parishes生徒の数が多いparishioners 、フランス、アメリカ、ドイツ語、およびメキシコです。

IV. 4 。 RULEルール

According to their constitutions, approved by papal Decree of 8 March, 1873, the Marists profess, besides the three simple and perpetual vows of poverty, chastity, and obedience, common to all similar institutes, a spirit of special devotion to Mary, absolute loyalty to the Holy See, reverence for the hierarchy, and the love of the hidden life, conformably to their motto: Ignoti et quasi occulti in hoc mundo (see G. Goyau, "Le rôle de l'humilité dans la fondation d'un Ordre", Paris, 1910).彼らの憲法によると、承認された教皇令1873年3月8日、 marists公言は、上述の3つのシンプルかつ永久の誓いの貧困、貞操、服従させると、すべてに共通して似たような機関は、特別な献身の精神の下にメアリー、絶対的な忠誠心ローマ法王庁には、畏敬の念を、階層内では、隠された人生と愛、従順にして彼らのモットー: occultiでアドホック準ignoti et mundo ( Gを参照してくださいゴヨー、 "ルrôleデラfondation dans l' humilité d'国連秩序"と、パリ、 1910年) 。 The work of the order includes missions, both domestic and foreign; colleges for the education of youth, and, in a less degree, seminaries for the training of clerics.その仕事の注文が含まれてミッションは、国内と海外の両方;カレッジは、青少年の教育とは、度が少なく、 seminaries聖職者のための訓練です。 Its members are either priests or lay-brothers.そのメンバーがプリーストやレイ兄弟のどちらかだ。 The candidates for the priesthood are prepared, once their classical course is over, by one year of novitiate, two years of philosophy, four years of theology, additional opportunities being given to those especially gifted.その候補者は聖職に就くための準備は、 1回のクラシックコースが終わって、 1年間の修練院では、 2年間の哲学は、神学の4年間では、これらの追加の機会が与えられ、特に才能に恵まれた。 After ten years of profession and after the age of thirty-five, the priests are allowed to take the vow of stability, which renders them eligible for the chapters and the high offices of the society. 10年後の職業と35歳の後は、プリーストが認められていると安定性を取るの誓いを立てて、これでレンダリングする資格があるの支部事務所は、社会と高い。 The lay-brothers after a long probation take the same vows as the priests, and devote themselves to the care of temporalities.久しぶりのレイ兄弟の誓いとして、執行猶予を取ると同じプリースト、そして自らをささげるのケアtemporalities 。 Its government is in the hands of general officers and of chapters.その政府の手には、警察官と一般の支部です。 The general officers, whose official residence is in Rome, are the superior general, his four assistants, the general procurator, the procurator apud Sanctam Sedem, all elected by the chapter general - the first for life, the others till the following chapter.総役員、その公邸は、ローマでは、全般には、スーペリア、彼の4つのアシスタントは、総代理人は、代理人アプドsanctam sedem 、選出されるすべての章の全般-最初の生命は、次の章で、他までです。 The provincial and local superiors are appointed by the superior general and his counsel.上司には、州および地方総長に任命されると彼の助言優れています。 The general chapters, wherein all the provinces are represented in proportion to their membership, meet regularly every seven years, and, besides electing the general officers, issue statutes for the good of the whole order.総支部は、すべての地方は、そこに表現さに比例して彼らの会員は、 7年ごとに定期的に会うと、一般職員のほかに選ばれたのは、問題の法令は、全体のために良いのです。 Provincial chapters are convened every three years for the purpose of electing representatives to the chapters general, auditing the finances, and ensuring the discipline of each province.地方支部は、 3年ごとに召集目的のために代表を選出支部総長は、監査の財政状況、および各県の規律を確保するためです。 As the general statutes take effect only after due approbation by the Holy See, so the provincial statutes are in vigour only when and as approved by the superior council.全般として、法令の賛同を得るために施行された後にのみ、聖なる参照しているため、地方では、法令や強勢として承認された場合にのみ、スーペリア評議会です。 By Apostolic Brief of 8 Sept., 1850, a Third Order of Mary for persons living in the world was canonically established and has a large membership wherever the Marists are found.ローマ教皇によって簡単なの1850年9月8日、第3の秩序のためのメアリーの世界に住んでいる人は、正準会員資格を設立していて、どこで大規模なmaristsは見つかりませんでした。

Publication information Written by JF Sollier. jf sollier書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Immaculate Heart of the Blessed Virgin Mary The Catholic Encyclopedia, Volume IX.無原罪の心臓部には専用の聖母マリアのカトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Constitutiones SM (Lyons, 1873); Statuta Capitulorum Generalium SM (Lyons, 1907); Esprit de la Société de Marie (Paris, 1905); Life of Venerable Fr. constitutiones sm (ライアンズ、 1873 ) ;法律capitulorum generalium sm (ライアンズ、 1907 ) ;エスプリデラ協会デマリー(パリ、 1905 ) ;人生の由緒あるfr 。 Colin (St. Louis, 1909); La Société de Marie in Recrutement Sacerdotal (Paris, 1906-7); Chroniques et annales de la Société de Marie (Luçon, 1903-; Roulers, 1908-); BAUNARD, Un siècle de l'Eglise de France (Paris, 1902), 49.コリン(セントルイス、 1909 ) ; recrutement聖職でマリードラ協会(パリ、一九〇六から七まで) ; chroniques et学派デラ協会デマリー( luçon 、 1903 -; r oulers、 1 908- ); b a unard、国連si ècleデ信用' egliseドフランス(パリ、 1902 ) 、 49 。 For the Missions: AUBRY, Missions of the Society of Mary in Annals of the Propagation of the Faith (Baltimore, 1905); HERVIER, Les Missions Maristes en Océanie (Paris, 1902); MAYET, Mgr Douarre .は、ミッション:オブリ、ミッションでは、メアリー史学会は、信仰の伝播(ボルティモア、 1905 ) ; hervier 、レミッションmaristes en océanie (パリ、 1902 ) ;マイエ、 mgr douarre 。 . . en Nouvelle-Calédonie (Lyons, 1884); MANGERET, Mgr Bataillon (Lyons, 1884); MONFAT, Mgr. enヌーヴェル- calédonie (ライアンズ、 1884 ) ; mangeret 、 mgr bataillon (ライアンズ、 1884 ) ; monfat 、 mgr 。 Elloy . elloy 。 . . en Océanie centrale (Lyons, 1890); IDEM, Les Samoa (Lyons, 1891); IDEM, Dix ans en Mélanésie (Lyons, 1891); IDEM, Les Tonga (Lyons, 1893). en océanie中央(ライアンズ、 1890 ) ;同著者、レサモア(ライアンズ、 1891 ) ;同文献は、ディクスのANS en mélanésie (ライアンズ、 1891 ) ;同著者、レトンガ(ライアンズ、 1893 ) 。 See also Lettres des Missionnaires SM and Annales des Missions SM (Lyons).も参照してくださいlettresデデ学派のミッションとmissionnaires sm sm (ライオンズ) 。 For English speaking countries: MANGERET, Les origines de la foi Catholique en Nouvelle-Zélande (Lyons, 1892); La Société de Marie en Amérique (Montreal, 1907); MACCAFFREY, History of the Catholic Church in the Nineteenth Century (2 vols., Dublin, 1909), passim; Tablet (London) and Tablet (New Zealand), passim.英語圏の国々のため: mangeret 、レoriginesデラfoiカトリックenヌーヴェル- zélande (ライアンズ、 1892 ) ;協会デラマリーen amérique (モントリオール、 1907 ) ; maccaffrey 、カトリック教会の歴史は、 19世紀( 2 vols 。 、ダブリン、 1909年) 、各所;錠(ロンドン)と錠(ニュージーランド)は、ここかしこに。


Also, see:また、参照してください:
Religious Orders 宗教的な受注
Franciscans franciscans
Jesuits イエズス会
Benedictines benedictines
Trappists trappists
Cistercians cistercians
Dominicans dominicans
Carmelites carmelites
Discalced Carmelites 跣足カルメル会
Augustinians augustinians
Christian Brothers キリスト教の兄弟

Monasticism 修道院生活
Nuns 修道女
Friars 修道士
Convent 修道院
Ministry
Major Orders 主要な受注
Holy Orders 僧籍


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです