Saint Markサンマルコ

General Information 総合案内

In the Bible, Mark was the son of Mary of Jerusalem (whose house was used as a gathering place by early Christians) and the cousin of Saint Barnabas.聖書では、メアリーの息子であるマークは、エルサレム(その家が集まる場所として使われていた初期のキリスト教徒による)と、いとこの聖barnabas 。 Mark was his Roman surname; his first name was John (Acts 12:12).マークは彼の姓ローマ;彼の最初の名前はジョン(行為12:12 ) 。 He accompanied Barnabas and Saint Paul on their first missionary journey (Acts 12 and 13) but abruptly left them at Perga. barnabas同行して彼とは、最初の宣教師の旅セントポール(行為12歳と13歳)が突然左pergaしている。 Paul therefore refused to take Mark on the second trip, a decision that precipitated a break between the apostle and Barnabas (Acts 15:36-40).ポールを取るためのマークを拒否して2番目の旅行は、決定して沈殿した使徒との間の休憩barnabas (行為15:36-40 ) 。 Paul and Mark later reconciled their differences (Col. 4:10; Philemon 24).ポールとマーク仲直り後、それらの違い(大佐4:10 ;フィレモン24 ) 。

Mark was also associated with Peter (Acts 12:12; 1 Peter 5:13).マークは、関連付けられているにもピーター(行為12:12 ; 1ピーター5時13分) 。 He is credited with writing the earliest Gospel, which reflects Peter's teaching in Jerusalem, although the Gentile orientation and seeming lack of knowledge about Palestine are evidence to the contrary.彼は、最古の福音書を書く入金して、これを反映し、エルサレムピーターの授業は、オリエンテーションにもかかわらず、ジェンティーレとパレスチナについての知識の欠如は、うわべだけの反対の証拠です。 The tradition that he founded the church in Alexandria is of dubious value.この伝統は、教会の中に設立して彼は、アレキサンドリアの怪しげな値です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 文献情報
Hiebert, D. Edmond, Mark: A Portrait of the Servant (1974). hiebert 、 d.エドモンド、マーク:肖像画は、使用人( 1974 ) 。


Saint Markサンマルコ

Advanced Information 高度情報

Mark, the evangelist; "John whose surname was Mark" (Acts 12:12, 25).マークは、エバンジェリスト; "のジョンマークの姓は" (行為12:12 、 25 ) 。 Mark (Marcus, Col. 4:10, etc.) was his Roman name, which gradually came to supersede his Jewish name John.マーク(マーカス、大佐4:10等)は、彼のローマ名は、これに代わるものを徐々に来た彼のユダヤ人の名前のジョンです。 He is called John in Acts 13:5, 13, and Mark in 15:39, 2 Tim.彼はジョンと呼ばれる行為で午前13時05分、 13 、および15時39分マークし、 2ティム。 4:11, etc. He was the son of Mary, a woman apparently of some means and influence, and was probably born in Jerusalem, where his mother resided (Acts 12:12). 4時11分、彼は、息子のメアリーなど、いくつかの手段を明らかにし、女性の影響力は、エルサレムに生まれるとは、おそらく、彼の母親はどこに住ん(行為12:12 ) 。 Of his father we know nothing.我々は何も知らないの父親です。 He was cousin of Barnabas (Col. 4:10).彼はいとこのbarnabas (大佐4:10 ) 。 It was in his mother's house that Peter found "many gathered together praying" when he was released from prison; and it is probable that it was here that he was converted by Peter, who calls him his "son" (1 Pet. 5: 13).それは、彼の母親の家で、ピーターが見つかりました"と集まった多くの祈り"としたとき、彼は刑務所から解放さ;と予想していたことがここに変換されることピーター彼は、彼の人の通話彼の"息子" ( 1ペットです。 5 : 13 ) 。 It is probable that the "young man" spoken of in Mark 14:51, 52 was Mark himself.それは予想して、 "若い男"の中で話さマーク14時51分、 52マークは、自分自身だ。 He is first mentioned in Acts 12: 25.彼が最初に記載さ行為12 : 25 。 He went with Paul and Barnabas on their first journey (about AD 47) as their "minister," but from some cause turned back when they reached Perga in Pamphylia (Acts 12:25; 13:13).彼はポールとbarnabas上では、最初の旅(約47の広告)として、 "長官は、 "しかし、いくつかの原因からpergaに達したときに引き返しpamphylia (行為12:25 ;午前13時13分) 。

Three years afterwards a "sharp contention" arose between Paul and Barnabas (15:36-40), because Paul would not take Mark with him.その後3年間で、 "シャープコンテンション"ポールとの間で起こりましたbarnabas ( 15:36-40 ) 、マークを取るため、ポールはないと思う。 He, however, was evidently at length reconciled to the apostle, for he was with him in his first imprisonment at Rome (Col. 4:10; Philemon 24).彼は、しかし、しまいには明らかに仲直りして使徒は、彼のために彼は彼の最初の懲役刑でローマ(大佐4:10 ;フィレモン24 ) 。 At a later period he was with Peter in Babylon (1 Pet. 5:13), then, and for some centuries afterwards, one of the chief seats of Jewish learning; and he was with Timothy in Ephesus when Paul wrote him during his second imprisonment (2 Tim. 4:11).彼は、後の期間中に、ピーターバビロン( 1ペットです。 5時13分) 、その後、いくつかの世紀にもわたって、その後、 1つの議席は、ユダヤ教の最高の学習;ティモシーとして彼は彼の中で彼の書いたエペソポール際に2番目懲役刑( 2ティム。 4時11分) 。 He then disappears from view.彼はその後、ビューから消えている。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


St. Markサンマルコ

Catholic Information カトリック情報

(Greek Markos, Latin Marcus). (マルコスギリシャ語、ラテン語マーカス) 。

It is assumed in this article that the individual referred to in Acts as John Mark (xii, 12, 25; xv, 37), John (xiii, 5, 13), Mark (xv, 39), is identical with the Mark mentioned by St. Paul (Colossians 4:10; 2 Timothy 4:11; Philemon 24) and by St. Peter (1 Peter 5:13).この記事にすることを想定して、個々の行為として参照されてジョンマーク( 12世、 12 、 25 、 15 、 37 ) 、ジョン( 13 、 5 、 13 ) 、マーク( 15 、 39 )は、同じでは、マルク言及聖パウロによって(コロサイ4:10 ; 2ティモシー4時11分;ピレモン24 )とされたサンピエトロ大( 1ピーター5時13分) 。 Their identity is not questioned by any ancient writer of note, while it is strongly suggested, on the one hand by the fact that Mark of the Pauline Epistles was the cousin (ho anepsios) of Barnabas (Colossians 4:10), to whom Mark of Acts seems to have been bound by some special tie (Acts 15:37, 39); on the other by the probability that the Mark, whom St. Peter calls his son (1 Peter 5:13), is no other than the son of Mary, the Apostle's old friend in Jerusalem (Acts 21:12).自分のアイデンティティではない任意の事情聴取された古代の作家のメモは、することが強く推奨さながら、片手では、マークされたという事実は、パウロの書簡は、いとこのbarnabas (ホanepsios ) (コロサイ4:10 )は、誰をマークの行為に縛られてきたようにいくつかの特別なネクタイ( 15時37分行為は、第39条) ;される確率は、他のマークして、誰がサンピエトロ大コール息子( 1ピーター5時13分) 、以外にはない。メアリーの息子は、古くからの友人で、エルサレムの使徒( 21時12行為) 。 To the Jewish name John was added the Roman pronomen Marcus, and by the latter he was commonly known to the readers of Acts (xv, 37, ton kaloumenon Markon) and of the Epistles.ユダヤ人の名前が追加されましたが、ローマpronomenジョンマーカスは、後者とされるが、彼はよく知られている読者の行為( 15 、 37 、トンkaloumenon markon )との書簡です。 Mark's mother was a prominent member of the infant Church at Jerusalem; it was to her house that Peter turned on his release from prison; the house was approached by a porch (pulon), there was a slave girl (paidiske), probably the portress, to open the door, and the house was a meeting-place for the brethren, "many" of whom were praying there the night St. Peter arrived from prison (Acts 12:12-13).マークの母親は、著名なメンバーでは、幼児の教会エルサレム;それは彼女の家をオンにしてリリースしてから、ピーター刑務所;接近したが、家のポーチ( pulon )は、奴隷の少女があった( paidiske )は、おそらく、受付は、ドアを開けても、その家は、同胞のための会議場で、 "多くの"人を祈っていたからそこに到着した夜のサンピエトロ刑務所(行為12:12-13 ) 。

When, on the occasion of the famine of AD 45-46, Barnabas and Saul had completed their ministration in Jerusalem, they took Mark with them on their return to Antioch (Acts 12:25).ときには、席上では、広告の飢饉45-46 、ソールが完了すると彼らの奉仕barnabasエルサレム、彼らは彼らの復帰をしてマークをつけてアンティオキア(行為12:25 ) 。 Not long after, when they started on St. Paul's first Apostolic journey, they had Mark with them as some sort of assistant (hupereten, Acts 13:5); but the vagueness and variety of meaning of the Greek term makes it uncertain in what precise capacity he acted.その後間もなく、かれらを始めたときの最初の使徒聖パウロの旅して、かれらのマークをつけていたとして何らかのアシスタント( hupereten 、行為の13時05分) ;しかし、さまざまなあいまいさとは、ギリシャの言葉の意味することが不透明には、何の彼は行動の正確な容量です。 Neither selected by the Holy Spirit, nor delegated by the Church of Antioch, as were Barnabas and Saul (Acts 13:2-4), he was probably taken by the Apostles as one who could be of general help.どちらも選択され、聖霊は、教会でも委任されたのアンティオキア、 barnabasとしては、ソール(行為13:2-4 ) 、彼はおそらく取られる可能性がある、使徒の一人としての一般的なヘルプです。 The context of Acts, xiii, 5, suggests that he helped even in preaching the Word.行為文脈では、 13 、 5 、説教を示唆しても、彼の言葉を助けています。 When Paul and Barnabas resolved to push on from Perga into central Asia Minor, Mark, departed from them, if indeed he had not already done so at Paphos, and returned to Jerusalem (Acts 13:13).ポールとbarnabasを押すときに解決してから中央アジアのマイナーpergaには、マークは、出発して、もし本当に彼がお済みでないパフォスでは、エルサレムに戻ったと(行為13 : 13 ) 。 What his reasons were for turning back, we cannot say with certainty; Acts, xv, 38, seems to suggest that he feared the toil.彼のためにはどのような理由でターニングバックは、確信を持って言うことはできない;行為、 15 、 38 、恐れたようだ彼の労苦を示唆しています。 At any rate, the incident was not forgotten by St. Paul, who refused on account of it to take Mark with him on the second Apostolic journey.いずれにせよ、この事件は忘れ去られる聖パウロは、誰がそれを拒否してアカウントを取る彼をマークして2番目の使徒の旅。 This refusal led to the separation of Paul and Barnabas, and the latter, taking Mark with him, sailed to Cyprus (Acts 15:37-40).この拒絶主導barnabasポールと分離しており、後者は、マーク取っていると、航海をキプロス(行為15:37-40 ) 。 At this point (AD 49-50) we lose sight of Mark in Acts, and we meet him no more in the New Testament, till he appears some ten years afterwards as the fellow-worker of St. Paul, and in the company of St. Peter, at Rome.この時点で(広告四十九〜五十)我々の行為を見失うマークでは、彼に会うと我々は、これ以上の新約聖書は、いくつか表示されるまで彼はその後10年間の労働者の仲間として、聖パウロは、その会社とは、聖ペテロは、ローマです。

St. Paul, writing to the Colossians during his first Roman imprisonment (AD 59-61), says: "Aristarchus, my fellow prisoner, saluteth you, and Mark, the cousin of Barnabas, touching whom you have received commandments; if he come unto you, receive him" (Colossians 4:10).聖パウロは、コロサイ人への書き込み中には彼の最初のローマの懲役刑(広告五九から六一)は、書かれています: " aristarchus 、私の仲間の囚人は、あなたsaluteth 、およびマークは、いとこのbarnabas 、人の心を動かす必要が受け取った戒め;もし彼来るなたがたは、かれを受ける" (コロサイ4:10 ) 。 At the time this was written, Mark was evidently in Rome, but had some intention of visiting Asia Minor.これが書かれた時点では、マークは明らかにローマでは、いくつかの意図が訪れていたアジアマイナーです。 About the same time St. Paul sends greetings to Philemon from Mark, whom he names among his fellow-workers (sunergoi, Philem., 24).聖パウロ送信するのと同じくらいの時間から挨拶をフィレモンマークは、仲間の間で名前を心に適う-労働者( sunergoi 、 philem 。 、 24 ) 。 The Evangelist's intention of visiting Asia Minor was probably carried out, for St. Paul, writing shortly before his death to Timothy at Ephesus, bids him pick up Mark and bring him with him to Rome, adding "for he is profitable to me for the ministry" (2 Timothy 4:11).エバンジェリストの意向を訪れ、小アジアの実施はおそらく、聖パウロは、彼の死の直前に書面でエペソティモシーは、彼の入札ピックアップマークして彼をローマに連れてくると、追加"を彼は私には、収益性省" ( 2ティモシー4時11分) 。 If Mark came to Rome at this time, he was probably there when St. Paul was martyred.ローマに来た場合マーク現時点では、彼はおそらくそのときに聖パウロが殉教した。 Turning to I Peter, v, 13, we read: "The Church that is in Babylon, elected together with you, saluteth you, and (so doth) Mark my son" (Markos, o huios aou).私の方を向いて、ピーターは、 v 、 13 、我々を読む: "バビロンの教会のものは、一緒に当選した場合、あなたsaluteth 、そして私の息子(これは本当に)マーク" (マルコス、なたhuios aou ) 。 This letter was addressed to various Churches of Asia Minor (1 Peter 1:1), and we may conclude that Mark was known to them.この手紙は、様々な教会宛に小アジア( 1ペテロ1:1 ) 、そして我々との結論を下すことが知られているマークしてください。 Hence, though he had refused to penetrate into Asia Minor with Paul and Barnabas, St. Paul makes it probable, and St. Peter certain, that he went afterwards, and the fact that St. Peter sends Mark's greeting to a number of Churches implies that he must have been widely known there.したがって、見抜くかかわらず、彼を拒否していたポールとbarnabas小アジアでは、聖パウロ概すること、および特定の聖ペテロは、その彼はその後、聖ペテロという事実を送信するとマークのごあいさつを意味する数多くの教会彼は広く知られている必要がある。 In calling Mark his "son", Peter may possibly imply that he had baptized him, though in that case teknon might be expected rather than huios (cf. 1 Corinthians 4:17; 1 Timothy 1:2, 18; 2 Timothy 1:2; 2:1; Titus 1:4; Philemon 10).彼のマークを呼び出す"息子"は、ピーターバプテスマを受けていた可能性を意味して彼が、その場合は予想よりもteknonかもしれないhuios ( cf. 1コリンチャンス4時17分; 1ティモシー1時02分、 18 ; 2ティモシー1 : 2 ; 2:1 ;タイタス1 : 04 ;フィレモン10 ) 。 The term need not be taken to imply more than affectionate regard for a younger man, who had long ago sat at Peter's feet in Jerusalem, and whose mother had been the Apostle's friend (Acts 12:12).という言葉を取られる必要はない愛情深い敬意を払うことを意味する以上の若い男は、ずっと前に座っていたピーターの足でエルサレムでは、母親とその友人が、使徒の(行為12:12 ) 。 As to the Babylon from which Peter writers, and in which Mark is present with him, there can be no reasonable doubt that it is Rome.バビロンからどのように作家ピーターは、彼のマークが存在して、合理的疑いの余地はないことはローマです。 The view of St. Jerome: "St. Peter also mentions this Mark in his First Epistle, while referring figuratively to Rome under the title of Babylon" (De vir. Illustr., viii), is supported by all the early Father who refer to the subject.聖ジェロームの見解: "聖ペテロにも言及、このマークは彼の最初の信徒は、比喩的に紹介しながらローマバビロンのタイトルの下に" (デvir 。 illustr 。 、 8 )は、初めには、サポートされるすべての父親を参照件名にします。 It may be said to have been questioned for the first time by Erasmus, whom a number of Protestant writers then followed, that they might the more readily deny the Roman connection of St. Peter.それによるとしてきたかもしれない事情聴取されたのは初めてエラスムスのため、数多くのプロテスタント誰作家それから、もっと容易に可能性を否定することはローマの聖ペテロの接続です。 Thus, we find Mark in Rome with St. Peter at a time when he was widely known to the Churches of Asia Minor.従って、我々のマークを見つけると、ローマ聖ペテロは一度に広く知られているとき、彼は小アジアの教会です。 If we suppose him, as we may, to have gone to Asia Minor after the date of the Epistle to the Colossians, remained there for some time, and returned to Rome before I Peter was written, the Petrine and Pauline references to the Evangelist are quite intelligible and consistent.もし彼にいる我々は、我々としては、小アジアに行ってしまう日の後に、コロサイの信徒への、いくつか残って時間、そして私の前にローマに戻って、ピーターが書かれた、その使徒ペテロとは、ポーリーン参照してエバンジェリストかなり理解できると矛盾。 When we turn to tradition, Papias (Eusebius, "Hist. eccl.", III, xxxix) asserts not later than AD 130, on the authority of an "elder", that Mark had been the interpreter (hermeneutes) of Peter, and wrote down accurately, though not in order, the teaching of Peter (see below, MARK, GOSPEL OF SAINT, II).我々の伝統に救いを求める際に、 papias (ユーセビアス、 "シーッ。 eccl 。 " 、 3世、 39 )の主張は130の広告より後には、権威のある"長老"は、通訳者をマークしていたピーター( hermeneutes ) 、および書き留めた正確には、秩序あるわけではありませんが、その教えのピーター(以下参照は、マークは、福音書の聖人、 ⅱ ) 。 A widespread, if somewhat late, tradition represents St. Mark as the founder of the Church of Alexandria.広範囲には、やや遅れている場合は、伝統を表し、聖マルコ教会の創立者としてアレクサンドリアのです。 Though strangely enough Clement and Origen make no reference to the saint's connection with their city, it is attested by Eusebius (op. cit., II, xvi, xxiv), by St. Jerome ("De Vir. Illust.", viii), by the Apostolic Constitutions (VII, xlvi), by Epiphanius ("Hær;.", li, 6) and by many later authorities.不思議なことにも言及がないクレマンと原産地を作るのに関連して、彼らの聖市は、証明されたことはユーセビアス( op. cit 。 、 2世、 16世、 xxiv ) 、聖ジェローム( "デvir 。イラストです。 " 、 8 )は、憲法の使徒( 7 、 46 ) 、聖エピファニオス( " hær ;です"は、李、 6 )およびそれ以降、多くの当局者です。 The "Martyrologium Romanum" (25 April) records: "At Alexandria the anniversary of Blessed Mark the Evangelist . . . at Alexandria of St. Anianus Bishop, the disciple of Blessed Mark and his successor in the episcopate, who fell asleep in the Lord." " martyrologium romanum " ( 4月25日)の記録: "アレキサンドリアの記念日を祝福のエバンジェリストマーク。 。 。 anianus聖アレキサンドリアの司教で、その弟子の祝福と彼の後継者は、 bishopの地位マークは、眠り込んでしまった人は、主"と述べた。 The date at which Mark came to Alexandria is uncertain.マークに来たが、日付アレキサンドリアは不透明だ。 The Chronicle of Eusebius assigns it to the first years of Claudius (AD 41-4), and later on states that St. Mark's first successor, Anianus, succeeded to the See of Alexandria in the eighth year of Nero (61-2).ユーセビアスクロニクルは、最初の数年間は、それを割り当てますクラウディウス(広告41〜4 ) 、およびそれ以降の状態にして初の聖マルコの後継者は、 anianus 、アレクサンドリアの成功を参照してくださいネロは、 8年( 61-2 ) 。 This would make Mark Bishop of Alexandria for a period of about twenty years.これはアレクサンドリアの司教をマークする期間は約20年間です。 This is not impossible, if we might suppose in accordance with some early evidence that St. Peter came to Rome in AD 42, Mark perhaps accompanying him.この不可能ではないと、このようないくつかの初期に基づいているかもしれないという証拠は聖ペテロがローマでは、広告を42 、マークおそらく彼を添付します。 But Acts raise considerable difficulties.しかし、かなりの困難を上げる行為です。 On the assumption that the founder of the Church of Alexandria was identical with the companion of Paul and Barnabas, we find him at Jerusalem and Antioch about AD 46 (Acts 12:25), in Salamis about 47 (Acts 13:5), at Antioch again about 49 or 50 (Acts 15:37-9), and when he quitted Antioch, on the separation of Paul and Barnabas, it was not to Alexandria but to Cyprus that he turned (Acts 15:39).と仮定して、アレクサンドリアの教会の創立者では、仲間のポールと同じbarnabas 、我々は彼を見つけるとアンティオキアエルサレムの広告については46 (行為12:25 ) 、サラミスで約47 ( 13時05行為)で、アンティオキア再び約49または50 ( 15:37-9行為) 、そしてアンティオキアquittedときは、ポールとbarnabas分離して、それをキプロスではないにして彼がアレキサンドリア出身( 15時39行為) 。 There is nothing indeed to prove absolutely that all this is inconsistent with his being Bishop of Alexandria at the time, but seeing that the chronology of the Apostolic age is admittedly uncertain, and that we have no earlier authority than Eusebius for the date of the foundation of the Alexandrian Church, we may perhaps conclude with more probability that it was founded somewhat later.実際には何もないことを証明して絶対にこれは矛盾しているすべてのアレクサンドリアの司教は、時間ではなく、ローマ教皇の年表というのがわかると、確かに年齢は不透明、としてユーセビアスよりも我々の権限がないため、それ以前の日付は、財団アレクサンドリアの教会で、我々はたぶんもっと確率を締結して設立されたことを後でややです。 There is abundance of time between AD 50 and 60, a period during which the New Testament is silent in regard to St. Mark, for his activity in Egypt.豊富な広告には、 50 〜 60時間の間に、新約聖書の中で、期間については、サイレント聖マルコは、彼の活動のため、エジプトです。

In the preface to his Gospel in manuscripts of the Vulgate, Mark is represented as having been a Jewish priest: "Mark the Evangelist, who exercised the priestly office in Israel, a Levite by race".彼の福音書の序文では、流布本の原稿は、マークは、ユダヤ教の司祭を続けてきたとして表さ: "マークのエバンジェリストは、イスラエル人の行使の聖職者の事務所では、レビされたレース" 。 Early authorities, however, are silent upon the point, and it is perhaps only an inference from his relation to Barnabas the Levite (Acts 4:36).早期当局は、しかし、その点には沈黙し、それはおそらく彼の関係から推論をするだけのレビbarnabas (行為の午前4時36分) 。 Papias (in Eusebius, "Hist. eccl.", III, xxxix) says, on the authority of "the elder", that Mark neither heard the Lord nor followed Him (oute gar ekouse tou kurion oute parekoluthesen auto), and the same statement is made in the Dialogue of Adamantius (fourth century, Leipzig, 1901, p. 8), by Eusebius ("Demonst. Evang.", III, v), by St. Jerome ("In Matth."), by St. Augustine ("De Consens. Evang."), and is suggested by the Muratorian Fragment. papias (ユーセビアス、 "シーッ。 eccl 。 " 、 3世、 39 )によれば、上の権威"長老"とは、聞いたこともない、主のマークも続いて彼( outeガーkurion oute parekoluthesen自動ekouseタウ)と同じ声明は、対話が行われてadamantius ( 4世紀には、ライプツィヒ、 1901 、 p. 8 ) 、さユーセビアス( " demonst 。 evang 。 " 、 3 、 5 ) 、聖ジェローム( " matth 。 " ) 、セント。アウグスティヌス( "デconsens 。 evang 。 " ) 、およびmuratorianフラグメントが提案された。 Later tradition, however, makes Mark one of the seventy-two disciples, and St. Epiphanius ("Hær", li, 6) says he was one of those who withdrew from Christ (John 6:67).それ以降の伝統は、しかし、 1つのマークを72弟子、聖聖エピファニオス( " hær " 、李、 6 )と語っていた人たちの1つから撤退キリスト(ヨハネ6:67 ) 。 The later tradition can have no weight against the earlier evidence, but the statement that Mark neither heard the Lord nor followed Him need not be pressed too strictly, nor force us to believe that he never saw Christ.伝統の後に反対することは、前の体重を示す証拠はないが、どちらのマークの声明を聞いた後も、主に押さあまりにも厳密にする必要はない彼は、私たちも力をキリストと信じて彼は見たことがない。 Many indeed are of opinion that the young man who fled naked from Gethsemane (Mark 14:51) was Mark himself.実際には多くの意見をして逃走した若い男の人の裸よりゲッセマネ(マーク14時51分)は、自分自身のマークです。 Early in the third century Hippolytus ("Philosophumena", VII, xxx) refers to Mark as ho kolobodaktulos, ie "stump-fingered" or "mutilated in the finger(s)", and later authorities allude to the same defect.ヒッポリュトス世紀の早い段階では3番目( " philosophumena " 、第VII 、 xxx )を指しますホkolobodaktulosマークとして、すなわち"断端指"または"は、指の損傷(秒) " 、およびそれ以降当局は、同じ欠陥をほのめかす。 Various explanations of the epithet have been suggested: that Mark, after he embraced Christianity, cut off his thumb to unfit himself for the Jewish priesthood; that his fingers were naturally stumpy; that some defect in his toes is alluded to; that the epithet is to be regarded as metaphorical, and means "deserted" (cf. Acts 13:13).説明には、様々なあだ名が提案され:マークして、キリスト教を受け入れてから、彼は、彼の親指を断つために自分自身のユダヤ教聖職者として不適格;は自分の指が太くて短い自然;ことは、いくつかの欠陥が彼の足の指をほのめかした;ことは小名隠喩と見なされる、との手段"さびれた" ( 13時13 cf.行為) 。

The date of Mark's death is uncertain.マークの死の日付は不透明だ。 St. Jerome ("De Vir. Illustr.", viii) assigns it to the eighth year of Nero (62-63) (Mortuus est octavo Neronis anno et sepultus Alexandriæ), but this is probably only an inference from the statement of Eusebius ("Hist. eccl.", II, xxiv), that in that year Anianus succeeded St. Mark in the See of Alexandria.聖ジェローム( "デvir 。 illustr 。 " 、 8 )年の8番目に割り当てますネロ(六二から六三まで) (八つ折りneronisヒジュラest mortuus et sepultus alexandriæ )が、これはおそらくステートメントから推論するだけのユーセビアス( "シーッ。 eccl 。 " 、 2世、 xxiv ) 、 anianusに成功したことで、その年のアレクサンドリアの聖マルコは、参照してください。 Certainly, if St. Mark was alive when II Timothy was written (2 Timothy 4:11), he cannot have died in 61-62.確かに、もし生きているときには聖テモテへの第二のマークが書かれた( 2ティモシー4時11分)は、彼が死亡することはできませんが61から62まで。 Nor does Eusebius say he did; the historian may merely mean that St. Mark then resigned his see, and left Alexandria to join Peter and Paul at Rome.彼はそれを言うわけユーセビアス;の可能性に過ぎないということで、サンマルコ史家それから彼の辞任を参照してください、と左ペトロパヴロフスクアレキサンドリアでローマに加入。 As to the manner of his death, the "Acts" of Mark give the saint the glory of martyrdom, and say that he died while being dragged through the streets of Alexandria; so too the Paschal Chronicle.方法としては、彼の死は、 "行為"のマークを与える聖人殉教の栄光は、彼が死亡したと言うことを通じて、街の中に引きずらアレキサンドリア;ので、復活祭のクロニクルすぎる。 But we have no evidence earlier than the fourth century that the saint was martyred.しかし、我々の証拠がないことよりも早く第4世紀の聖人が殉教した。 This earlier silence, however, is not at all decisive against the truth of the later traditions.これ以前の沈黙は、しかし、決定的ではないすべての真理に逆らっては、それ以降の伝統だ。 For the saint's alleged connection with Aquileia, see "Acta SS.", XI, pp.聖者のためのaquileia疑惑に関連して、 "を参照してacta ss "と述べた。 、 xi 、 pp 。 346-7, and for the removal of his body from Alexandria to Venice and his cultus there, ibid., pp. 346〜7 、および除去のために自分の体のアレキサンドリアからベネチアと彼の祭儀には、上に同じです。 、 pp 。 352-8.三百五十二〜八。 In Christian literature and art St. Mark is symbolically represented by a lion.キリスト教では、文学と芸術を象徴的に表現される聖マルコのライオンです。 The Latin and Greek Churches celebrate his feast on 25 April, but the Greek Church keeps also the feast of John Mark on 27 September.教会ラテン語、ギリシャ語、彼の祝宴を祝う4月25日、ギリシャの教会が、続けても、 9月27日の祝宴のジョンマークしている。

Publication information Written by J. MacRory. j. macrory書かれた文献の情報です。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Book of Mark ブックマーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです