The Articles of Faith of the Mormon Churchこの記事は、モルモン教会の信仰

The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints

General Information 総合案内

  1. We believe in God, the Eternal Father, and in His Son, Jesus Christ, and in the Holy Ghost.神を信じる我々は、永遠の父親は、息子とは、イエスキリストと聖霊のです。

  2. We believe that men will be punished for their own sins, and not for Adam's transgression.男性と私たちは信じ、自分の罪で処罰される、とアダムの罪はない。

  3. We believe that through the Atonement of Christ, all mankind may be saved, by obedience to the laws and ordinances of the Gospel.私たちは、キリストの贖いを通して、全人類に保存される可能性は、法令の服従をしたの福音です。

  4. We believe that the first principles and ordinances of the Gospel are: first, Faith in the Lord Jesus Christ; second, Repentance; third, Baptism by immersion for the remission of sins; fourth, Laying on of hands for the gift of the Holy Ghost.私たちは、最初の原則とは、条例の福音書:第一に、信仰は、主イエスキリスト;第二に、悔い改め;第三に、浸水洗礼は、罪の赦し;第四に、手を敷設して、聖霊の贈り物。

  5. We believe that a man must be called of God, by prophecy, and by the laying on of hands by those who are in authority, to preach the Gospel and administer in the ordinances thereof.私たちは、一人の男が呼ばれなければなりません神は、予言された、として敷設されるのは権限を手にした人たちは、福音を説くには、条例を投与するものとします。

  6. We believe in the same organization that existed in the Primitive Church, namely, apostles, prophets, pastors, teachers, evangelists, and so forth.我々の存在を信じているのと同じことは、原始教会の組織、すなわち、使徒、預言者、牧師、教師、伝道者、およびのでご了承ください。

    BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
    フォント ダウンロード宗教
    Religiosa
    情報
    sito web
    BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
    Our List of 2,300 Religious Subjects

    たち2300宗教的な科目 のリスト
    E-mailダウンロード E-メール

  7. We believe in the gifts of tongues, prophecy, revelation, visions, healing, interpretation of tongues, and so forth.我々の舌を信じているの贈り物は、予言、ヨハネの黙示録、ビジョン、癒し、舌の解釈などがあります。

  8. We believe the Bible to be the word of God as far as it is translated correctly; we also believe the Book of Mormon to be the word of God.私達は、神のみことば聖書に限り正確に翻訳することは、我々もこの本のモルモンされると思われる神のみことばです。

  9. We believe all that God has revealed, all that He does now reveal, and we believe that He will yet reveal many great and important things pertaining to the Kingdom of God.神が私たちのすべてを明らかにして、すべてを明らかにして彼は今、彼と私たちは信じていないが、重要なことを明らかに係る多くの偉大な神の王国です。

  10. We believe in the literal gathering of Israel and in the restoration of the Ten Tribes; that Zion (the New Jerusalem) will be built upon the American continent; that Christ will reign personally upon the earth; and, that the earth will be renewed and receive its paradisiacal glory.我々を信じているのリテラルの集まりで、イスラエルとの10部族の回復;ことザイオン(新エルサレム)が建設される時、アメリカの大陸;君臨して個人的には、キリストの地上;とは、地球がリニューアルされると天国の栄光を受けるのです。

  11. We claim the privilege of worshiping Almighty God according to the dictates of our own conscience, and allow all men the same privilege, let them worship how, where, or what they may.我々の主張の特権worshipingのおもむくままによると、全能の神が私たち自身の良心には、すべての男性と同じ権限を許可すると、どのように崇拝せているだけだ、どこに、あるいはどのような場合があります。

  12. We believe in being subject to kings, presidents, rulers, and magistrates, in obeying, honoring, and sustaining the law.件名を信じている我々の王、大統領は、支配者、および治安判事は、従う、尊重し、同法を維持できる。

  13. We believe in being honest, true, chaste, benevolent, virtuous, and in doing good to all men; indeed, we may say that we follow the admonition of Paul -- We believe all things, we hope all things, we have endured many things, and hope to be able to endure all things.正直信じている私たちは、真の、貞節、慈悲深い、高潔な、といいことにしているすべての男性;実際、我々が何と言おうとして我々の忠告に従い、ポール-すべてのものを信じる我々は、すべてのものを期待したい、我々は多く耐える物事は、と希望にできるようにするものすべてに耐える。 If there is anything virtuous, lovely, or of good report or praiseworthy, we seek after these things.高潔な何かがあれば、美しい、またはレポートまたは称賛に値するの良い人は、これらの後に我々を求めることができる。


[Editor's Note: These Articles of Faith seem remarkably similar to those of standard Christian Churches. [編集者注:これらの記事は非常に似ているように見えるの信仰標準キリスト教の教会です。 They certainly include many valuable and wonderful statements, many of which are identical to the beliefs of standard Christian Churches.確かに素晴らしい彼らを含めると数多くの貴重な発言は、その多くが同じにキリスト教の教会の信仰の基準です。 And this Church even has "Jesus Christ" in its name!そして、この教会でさえも"イエスキリスト"の名前で! The LDS emphasis on proper behavior seems to even go beyond that expected of members of standard Christian Churches.モルモン教重視して、適切な行動を越えて行くようにしてみても、標準のキリスト教の教会のメンバーです。 However, there are several seemingly minor variances with beliefs of standard Christian Churches that cause those Churches to generally consider the Mormon (LDS) Church to not actually be Christian.しかし、一見マイナーには、いくつかの標準的信念variancesキリスト教の教会をして原因を一般にこれらを考慮してモルモン教会(モルモン教)には実際にキリスト教の教会です。

Individual Editor's Notes have been added in paragraphs below regarding the standard Christian perspective on the specific LDS beliefs included here.個々のエディタの注意事項については以下のとおりが追加されて、標準の段落では、キリスト教の視点ここに含まれる特定のモルモン教の信仰です。 The differences mentioned each represent very serious differences, but probably the most serious conflict is regarding the LDS position that modern Prophets continue to get direct Revelation from God, where standard Christian Churches hold that Prophecy and Revelation ended when the New Testament of the Bible was completed, around 100 AD.それぞれの違いに言及非常に深刻な違いを表すが、おそらく最も深刻な紛争は、モルモン教の位置については継続して取得して近代的預言者からの直接の神の啓示は、キリスト教の教会はどこ標準ホールドして終了したときに予言と新約聖書のヨハネの黙示録聖書が完成は、約100の広告です。

This represents conflict because, even though the LDS Church seems remarkably Christian, and uses the Bible as a source, It ALSO uses modern books (like the Book of Mormon and the Pearl of Great Price) on an EQUAL or GREATER basis as the Bible. Standard Christian Churches feel that this attitude places certain humans (like Joseph Smith) on an equal plane with God Himself, and they feel that premise is very wrong.この紛争を表しているため、モルモン教会のようにもかかわらず、非常にクリスチャンは、聖書の情報源として使っていますそれまた現代では書籍(モルモン書のような偉大な価格を表示すると、パール)を対等またはそれ以上の根拠として、聖書です。キリスト教の教会の標準的な態度と思われる場所で、この特定の人間(ジョセフスミスのような)神を対等な面で自分自身、そして彼らを感じることを前提には非常に間違っています。

The leadership of the Mormon Church has demonstrated a number of instances where they chose to accept teachings of those modern Mormon books over contradictory guidance of the Bible.モルモン教会の指導部は、数多くのインスタンスを実証どこにそれらの教えを受け入れることを選んだ近代モルモンの指導のバイブル本以上の矛盾です。 Protestant Christians, specifically, who believe that the Bible ALONE is the final and ultimate source of guidance and knowledge on all matters of religion and Faith, find this utterly unacceptable.プロテスタントキリスト教徒は、具体的には、信仰する者は、聖書だけでは、最後の究極の源と導きと知識の宗教と信仰上のすべての事柄は、この発見は全く受け入れられない。

This unquestioning acceptance of Revelations from modern Prophets is considered (by standard Christian Churches) to be a dangerous source of future alteration of Biblical teachings.この印から飛びつくのは、現代の預言者とみなさ(キリスト教の教会での標準)になる危険な聖書の教えに変化して将来の源です。 The concern is that, some future Prophet could present a new teaching that completely contradicted some central Christian belief, and that could violently alter the course of the Church and its followers' Salvations.その気になるのは、いくつかの将来の可能性を提示する新たな指導預言者を完全に矛盾していくつかの中央キリスト教の信仰は、それが激しく、教会の方向を変えるとその追随者' salvations 。 For example, if a future Prophet revealed that it was MANDATORY for every believer to pilgrimage to Jerusalem every year, many people might be put in a position of not being financially able to do that, and they might then feel they would be automatically banished from Heaven as a result.たとえば、もし、将来のために必須の預言者によると、それはすべての信者にエルサレムの巡礼には毎年、多くの人々の位置に入れるかもしれない財政的にできるようにしていないが、かれらはかれらに自動的に感じるかもしれないその後から追放結果として天国です。 This is obviously a hypothetical situation, but it represents the sort of concern standard Christian Churches feel about modern Revelation.これは明らかに仮想的な状況が、それを表して標準の並べ替えの懸念についてはキリスト教の教会を感じる現代の啓示です。

Most Mormons seem to be extremely devout at their beliefs, and many seem to have personal characteristics that Christians strive for!モルモン教のほとんどに、非常に熱心なように自分の信念で、個人的な特性を持つように見えると多くのキリスト教徒のために努力して! It is interesting to note that most Mormons strongly believe that they are Christians, yet most Christians believe they are not (for the reasons mentioned here).それは興味深いことに注意していると思われる最も強く彼らはモルモン教のキリスト教徒は、まだほとんどのキリスト教徒ではないと思われる(その理由はここに記載) 。 It would seem that the Mormon Church and standard Christian Churches are destined to continue on separate paths, because it seems beyond possibility that they will ever agree on these points of difference.]モルモン教会のように見えるが、それは、キリスト教の教会には、標準的な運命を続行して別のパスは、それを超える可能性があるようだかれらはこれまで、これらのポイントの差に同意します。 ]


Mormon Commentaryモルモン解説

In 1842, Joseph Smith wrote a list (in the Wentworth letter) summarizing the "faith of the Latter-day Saints." 1842は、ジョセフスミスのリストを書きました(手紙のウェントワース)の要約"は、末日聖徒の信仰です。 " Later titled "Articles of Faith," these thirteen items were first published in the Nauvoo Times and Seasons in March 1842 and were later included in the 1851 British Mission pamphlet The Pearl of Great Price, compiled by Elder Franklin D. Richards.後で"と題する記事の信仰は、 "これらのアイテムが13日付で、第1回、ノーブーシーズンでは1842年3月と1851に含まれて後でブリティッシュパンフレットの高価な真珠の使命は、エルダーフランクリンD.リチャーズコンパイルされています。 That pamphlet was revised in 1878 and again in 1880.パンフレットを改訂して、 1878および1880年に再びです。 In 1880, a general conference of the Church voted to add the Pearl of Great Price to the standard works of the Church, thus including the thirteen articles. 1880年、教会の全体会議で投票を追加して非常に価値のある作品には、標準の教会では、こうして記事を含めて13人。 The Articles of Faith do not constitute a summation of all LDS beliefs, and they are not a creed in the traditional Christian sense, but they do provide a useful authoritative summary of fundamental LDS scriptures and beliefs.この記事の信仰しないモルモン教の信仰を構成するすべての総和、と彼らは、伝統的なキリスト教の信条ではありません意味では、かれらに役立つことを提供する権威ある聖書とモルモン教の信仰の根本的な概要です。

The articles begin with an affirmative declaration that the Godhead is composed of three personages: the Father, his Son Jesus Christ, and the Holy Ghost (cf. Acts 7:55-56; 2 Cor. 13:14; 2 Ne. 31:21; JS-H 1:17).この記事に対して肯定的宣言してから始まる神性な人々は、 3つの構成:父親は、息子イエスキリストと聖霊( cf.行為7:55-56 ; 2うわっ。 13 : 14 ; 2のNE 。 31 : 21 ;れたJS - hと1時17分) 。

The second item focuses attention on the beginning of mortal history and affirms that human beings have moral agency and therefore accountability for their own acts: "Men will be punished for their own sins, and not for Adam's transgression" (cf. Deut. 24:16; 2 Ne. 2:27). 2番目のアイテムを中心に注目して人間の歴史の始まりと肯定して、人間が道徳的な代理店とは、自分の行為に責任したがって: "男たちは、自らの罪で処罰される、アダムの罪のためではなく" ( cf. deut 。 24 : 16 ; 2のNE 。 2時27分) 。 [Editor's Note: This is different from standard Christian understanding, where all mankind carries the consequence for Adam's Original Sin]. [編集者注:この標準キリスト教の理解とは違う、どこに運ぶ全人類のための帰結アダムの原罪] 。

The third article directs attention to the centrality of the Atonement of Christ and how mankind benefits in relationship to it: "Through the Atonement of Christ, all mankind may be saved, by obedience to the laws and ordinances of the Gospel" (Mosiah 3:7-12; D&C 138:4).第3番目の指示に注意を中心キリストの償いとの関係をどのようにして人類の福利厚生: "を通してキリストの償いは、すべての人類に保存される可能性は、法令の服従をしたの福音書" ( mosiah 3 : 7-12 ;ディーアンドc 138:4 ) 。

The fourth article spells out the foundational principles and ordinances: faith in Jesus Christ, repentance, baptism by immersion for the remission of sins, and the laying on of hands for the gift of the Holy Ghost (cf. Acts 8:14-19; Heb. 6:1-2; 3 Ne. 11:32-37).第4番目の呪文の根本原則とする条例:イエスキリストを信じている、悔い改め、バプテスマによって罪の赦しを浸漬し、手を敷設して、聖霊の贈り物( cf.行為8:14-19 ; heb 。 6:1-2 ; 3のNE 。 11:32-37 ) 。

The next two articles address issues of authority and organization: A man must be called of God, confirmed by divine inspiration and by the laying on of hands by those in authority, in order to preach the gospel and administer its ordinances (cf. 1 Tim. 4:14; D&C 42:11); further, the Church is essentially "the same organization that existed in the Primitive Church, namely, apostles, prophets, pastors, teachers, Evangelists, and so forth" (cf. Eph. 4:11).次の2つの記事のアドレスの権限と組織の問題:一人の男が呼ばれなければなりません神は、確認されたとされる神の霊感を手にして敷設している権限は、福音を説くためには、その管理条例( cf. 1ティム。 4時14分;ディーアンドc 42:11 ) ;さらに、その教会は、基本的に"と同じ組織が存在し、原始教会、すなわち、使徒、預言者、牧師、教師、伝道者、およびもろもろ" ( cf. eph 。 4 : 11 ) 。

The seventh item affirms the LDS belief in the gifts of the spirit, specifically naming several: the gift of tongues, prophecy, revelation, visions, healing, and the interpretation of tongues (cf. 1 Cor. 12:10; D&C 46:10-26).第7アイテムを肯定の信念は、モルモン教の精神のプレゼントは、いくつかの具体的命名:異言の賜物は、予言、ヨハネの黙示録、ビジョン、癒し、舌との解釈( cf. 1うわっ。 12:10 ;ディーアンドc 46:10 -26 ) 。

The place of sacred scripture is addressed in the eighth article: Latter-day Saints "believe the Bible to be the word of God as far as it is translated correctly"; they also "believe the Book of Mormon to be the word of God" (cf. Ezek. 37:16; John 10:16; 2 Tim. 3:16).啓典は、神聖な場所に取り組まれる第8回:末日聖徒"という言葉を信じて、聖書に神の限り正確に翻訳することが" ;また、 "モルモン書を信じて、神のみことば" ( cf. ezek 。 37:16 ;ジョン10:16 ; 2ティム。 3時16分) 。 [Editor's Note: This is in contradiction with standard Christian belief, in accepting a recent person as being Prophet and source of Revelation.] [編集者注:これは、標準的な矛盾をキリスト教の信仰は、預言者として受け入れることや、最近の人のヨハネの黙示録のソースです。 ]

The ninth article states that the restored gospel is not bound up in a closed set of books, but rather declares the principle of continuing revelation, and therefore an open canon.第9条は、復元による福音書第バウンドではない書籍をセットアップし、クローズドではなくヨハネの黙示録の継続を宣言し、原則、キヤノン、したがって、オープンします。 Latter-day Saints affirm belief in all past and present revelation, and they look forward to many future revelations (cf. Amos 3:7; D&C 76:7).末日聖徒断言過去および現在のすべての啓示を信じることは、かれらの多くを心待ちに将来の印( cf.アモス3 : 07 ;ディーアンドc 76:7 ) 。 [Editor's Note: This is again in contradiction with standard Christian belief, in accepting recent persons as being Prophets and source of Revelation.] [編集者注:これは矛盾して再度標準キリスト教の信仰は、預言者として受け入れる人と最近の啓示の源です。 ]

Article ten summarizes four great events of the last days: the literal gathering of Israel and the restoration of the Ten Tribes; the building of Zion, the New Jerusalem, in the Western Hemisphere; Christ's personal reign on earth; and the eventual renewal of the earth itself, when it will receive its paradisiacal glory, the state of purity it had before the Fall of Adam (see 3 Ne. 21- 22). 4つの記事を要約10人の偉大な最後の日のイベント:リテラルの集まりは、イスラエルとの10部族の回復;その建物のザイオン、新エルサレム、西半球;キリスト地球上での個人的な治世;との最終更新は、地球そのものは、そのときに天国の栄光を受けることは、同州の純度ていた前の秋のアダム( 3ネブラスカ州を参照してください。 21 -2 2) 。 [Editor's Note: Standard Christianity sees no Biblical basis for believing that the New Jerusalem would be in the Western Hemisphere, although this is not necessarily a conflict.] [編集者注:標準キリスト教の聖書の基礎を見ていないと信じては、新エルサレム西半球だろうが、これは必ずしも競合です。 ]

The eleventh article declares the LDS belief in freedom of worship and of conscience for both themselves and all others.第11条この宣言は、モルモン教の信仰と良心の自由を崇拝して、他のすべての両方です。 It states: "We claim the privilege of worshipping Almighty God according to the dictates of our own conscience, and allow all men the same privilege, let them worship how, where, or what they may."それ州: "我々の主張によると、特権の全能の神を崇拝するのは私たち自身の良心のおもむくままに、すべての人と同じ権限を許可すると、どのように崇拝せているだけだ、どこに、どのような場合がありますか。 " And the twelfth article states the political stance of the Latter-day Saints as law-abiding citizens (D&C 134).そして、第12回の記事は、国の政治的スタンス末日聖徒として順法市民(民主党& c 134 ) 。

The final declaration provides a broad perspective for life and an invitation to the LDS approach to life: "We believe in being honest, true, chaste, benevolent, virtuous, and in doing good to all men; indeed, we may say that we follow the admonition of Paul - We believe all things, we hope all things, we have endured many things, and hope to be able to endure all things. If there is anything virtuous, lovely, or of good report or praiseworthy, we seek after these things" (cf. 1 Cor. 13:7; Philip. 4:8).大局を見据え、最後の宣言を提供するための招待状を生命とするアプローチを、モルモン教の人生: "我々を信じている正直、真、貞節、慈悲深い、高潔な、といいことにしているすべての男性;実際、我々が言うことに従うその訓戒のポール-すべてのものを信じる我々は、すべてのものを期待したい、我々は多くのことを我慢し、すべての希望をできるように耐えることができる。高潔な何かがあれば、美しい、またはレポートまたは称賛に値するの良い人は、これらの後に我々を求める物事" ( cf. 1うわっ。 13 : 07 ;フィリップ。 4時08分) 。


The Wentworth Letter was not the first attempt to summarize basic LDS beliefs.ウェントワースの手紙の最初の試みではないモルモン教の基本的な信条を要約します。 Earlier lists, some of which may have influenced the Wentworth listing, had appeared prior to 1842.以前のリストは、影響を受けた可能性があるが、いくつかのウェントワースリスティングは、 1842の前に登場した。 As early as June 1829, Joseph Smith and Oliver Cowdery were committing to paper the "Articles and Covenants" of the soon-to-be-organized Church.早ければ1829年6月、ジョセフスミスとオリバーcowderyコミットしていた紙の"記事および約款"は、間もなく教会で組織されています。 Later known as Doctrine and Covenants Section 20, this text enumerates a number of basic beliefs, including the existence of God; the creation and fall of man; the centrality of Jesus Christ; the fundamental ordinances of the gospel, including baptism; and the basic duties of members (20:17-36).後でドクトリンとして知られる20項および約款は、このテキストを数えます数多くの基本的な信条は、神の存在を含む;の創造と人間の堕落;イエスキリストの中心;の基本的な条例の福音は、洗礼を含む;との基本的な会員の義務( 20:17-36 ) 。 This document, the first accepted by a Church conference vote, was not an exhaustive listing of all beliefs but rather a basic charter for the infant organization, rooted in the Bible and the Book of Mormon.この文書は、最初の教会会議で承認される投票では、すべてではありませんでした。総記憲章の基本的な信念ではなく、むしろ幼児のための組織は、聖書に根差していると、モルモン書です。

In the first issue of the LDS Messenger and Advocate (Oct. 1834), published in Kirtland, Ohio, Oliver Cowdery enumerated eight "principles," all of which had their parallel in section 20.第1号では、モルモン教の使徒との提唱者( 1834年10月) 、コイトランド日付で、オハイオ州、オリバー列挙cowdery 8 "の原則は、 "自分の平行していたすべてのセクション20 。

Other early lists that summarized the leading principles of Latter-day Saint beliefs prior to the Wentworth Letter include one prepared by Joseph Young for publication by John Hayward in The Religious Creeds and Statistics of Every Christian Denomination in the United States (Boston, 1836, pp. 139-40).その他の主要な原則を要約してリストの早期の末日聖徒ウェントワース信念を前に、 1つの文字を含めるために用意したジョセフ若い出版されたジョンヘイワードは、キリスト教の宗教的信条や宗派ごとの統計は、米国(ボストン、 1836 、 pp 。一三九から四〇まで) 。 In five paragraphs, he outlined the doctrines of (1) the Godhead and Atonement of Jesus Christ; (2) the first principles and ordinances of the gospel performed by apostolic authority as in the ancient Church of Christ; (3) the gathering of lost Israel and the restoration of spiritual gifts to her; (4) the Second Coming of Christ; and (5) the resurrection and judgment of all mankind. 5つの段落では、彼の教説の概説( 1 ) 、イエスキリストの神性と償い、 ( 2 )の最初の原則および法令には、実行される福音書は、古代ローマ教皇の権威としてキリスト教会;ザギャザリングの失われた( 3 )イスラエルの回復と精神的な贈り物を彼女; ( 4 )キリストの再臨の時、 ( 5 )全人類の復活と判断した。

Another list of eighteen "principles and doctrines" was included by Parley P. Pratt in the introduction to his Late Persecution of the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints (New York, 1840, pp. iii-xiii).別の18人のリスト"の原則と教説"が含まれて導入されたパーリーp.プラットは、彼の後半には、教会の迫害の末日聖徒イエスキリスト(ニューヨーク、 1840 、 pp 。 3 - 13 ) 。 For example, "The first principle of Theology as held by this Church, is Faith in God the eternal Father, and in his Son Jesus Christ, who verily was crucified for the sins of the world . . . and in the Holy Ghost who bears record of them" (pp. iii-iv).たとえば、 "第一の原則によって、この教会で開かれた神学としては、神への信仰は、永遠の父親は、息子とは、イエスキリストは、本当に人の罪のためには、十字架につけられ、世界。 。 。とは、聖霊の人のベアーズかれらの記録" ( pp. 3 - ⅳ ) 。 Many phrases in Pratt's list are similar to those in the Wentworth Letter.プラットのリストには、多くのフレーズに似ているのウェントワース手紙です。

Orson Pratt offers an expansive and eloquent "sketch of the faith and doctrine" of the Church in his Interesting Account of Several Remarkable Visions (Edinburgh, 1840, pp. 24-31).オーソンプラットと説得力の膨張を提供する"スケッチは、信仰と教義"は、彼の教会で、いくつかの興味深いアカウント驚くべきビジョン(エジンバラ、 1840 、 pp 。二四から三一まで) 。 The order in which it presents its themes in nineteen paragraphs (many of which begin, "We believe that . . . ") is nearly identical to that of the thirteen points of the Wentworth Letter.順番をテーマにして19人の女性の段落(これを始めるの多くは、 "と私たちは信じています。 。 。 " )は、ほぼ同じ内容の手紙を13ポイントのウェントワース。 Orson Pratt's explanations include biblical references and personal testimony of the truth and divine origins of these teachings.オーソンプラットリファレンスの説明を含めると個人的な証言は、聖書の真理と神の起源、これらの教えです。

Orson Hyde published in German a History of the Church that included a chapter of sixteen articles (actually essays) on such topics as the Godhead, the use of scripture, faith, repentance, baptism, confirmation, Sacrament of bread and wine, confession of sins and Church discipline, children, revelations, lay priesthood, baptism for the dead, prayer, holidays, washing of the feet, and patriarchal blessings (A Cry from the Wilderness [Frankfurt, 1842]).オーソンハイドはドイツ語で出版され、教会の歴史を16章の記事(実際にエッセイ)して、神のような話題は、啓典の使用は、信仰、悔い改め、洗礼、確認、聖餐式のパンとワインは、罪の告白教会の規律と、子供たちは、印、レイ聖職者は、死者のための洗礼は、祈りは、休日には、足を洗うのは、幸運な出来事と家父長(荒野から泣く[フランクフルトは、 1842 ] ) 。

Even after the Wentworth Letter was published in March 1842, many other lists of LDS beliefs continued to appear for the next generation.ウェントワース後にも、 1842年3月に出版された書簡は、他の多くのモルモン教の信仰のリストを表示するために、次の世代を続けています。 In April 1849, James H. Flanigan included a list of fourteen statements in a pamphlet published in England, and this list was quoted and sometimes modified in various publications throughout the nineteenth century. 1849年4月には、ジェームズh. flanigan 14人のリストに含まれるステートメントは、パンフレットイングランド日付で、このリストには引用符で、時には更新し、 19世紀のさまざまな出版物を通してです。 For example, it was quoted in Charles MacKay's popular book The Mormons; or the Latter-day Saints (London, 1851, pp. 46-47).たとえば、それは人気のある本を引用符で、モルモン教のチャールズマッカイ;または末日聖徒(ロンドン、 1851 、 pp 。 46から47 ) 。 This list follows the Wentworth Letter almost verbatim, adding such points as "the Lord's supper" to Article 4; including "wisdom, charity, [and] brotherly love" among the gifts of the spirit in Article 7; and inserting a fourteenth article regarding the literal resurrection of the body.このリストは以下のとおりですウェントワースほぼ逐語的な手紙は、このような点を追加し、 "主の晩餐"を第4条;含む"の知恵は、慈善事業は、 [や]兄弟愛"の贈り物のうち、第7条の精神には、 14を挿入する方法についての記事体のリテラルの復活です。 Other lists (usually composed by missionaries) were published in various parts of the world throughout this era.その他のリスト(通常は構成された宣教師)の出版社が、世界全体のさまざまな部分で、この時代です。

The canonization of the Wentworth Letter as part of the Pearl of Great Price in 1880 reflected and assured its undisputed priority.列聖のウェントワースの手紙の一環として、 1880年に高価な真珠の議論の余地の優先度に反映さと安心です。 And when James E. Talmage was asked by the First Presidency in 1891 to prepare a work on theology for use as a textbook in Church schools, it was to these Articles of Faith that he turned for the outline of his volume.と質問されたときには、ジェームズe.タルミッジ1891の最初の大統領選で仕事をして神学を準備するために、教会学校の教科書として使用すると、これらの記事を信仰していた彼は彼のボリュームの概要は、電源が入っています。 First published in 1899 and still in use today, Talmage's Articles of Faith greatly elaborate on the themes of Joseph Smith's Wentworth list. 1899年第1日付で現在も使用さと今日では、非常に精巧な信仰タルミッジの記事のテーマは、ジョセフスミスのウェントワースのリストです。 In twenty-four chapters, Talmage provides extensive commentary and scriptural references regarding each of the concepts mentioned in the thirteen articles, plus sections on the Sacrament of the Lord's Supper and resurrection (as in Flanigan's listing), and finally a section on practical religion (benevolence, tithes and offerings, consecration, social order within the Church, eternal marriage, sanctity of the body, and keeping the Sabbath day holy). 24章では、広範な解説を提供タルミッジと聖書の参照の概念については、各記事の言及は、 13人は、プラスセクションでは、聖餐式とは、主の復活の晩餐( flaniganのリスティングのように) 、そして最後に、実用的な宗教上のセクション(博愛、 tithesやサービスは、奉献、社会秩序内の教会は、永遠の結婚生活は、身体の不可侵権、および維持するための神聖な安息日) 。

As early as the 1850s, LDS missionaries printed broadsides that contained the Articles of Faith.早ければ、 1850年代は、モルモン教の宣教師に含まれる記事を印刷broadsides信仰しています。 In time, these missionary placards were reduced to wallet size and are still used by missionaries throughout the world.時間には、これらの宣教師のプラカードが財布のサイズを縮小しても、世界中で使用される宣教師。 In the primary classes of the Church, children memorize the Articles of Faith as a requirement for graduation at age twelve, and adults have also been encouraged to learn and use them for personal study and in missionary work.教会では、プライマリクラスは、子供たちの信仰を覚えるの記事として、 12歳の時に卒業に必要な、そして大人も奨励して使用することを学ぶための勉強とは個人的な布教活動です。

Although not a formal creed, the Articles of Faith are a marvelously abridged summary (less than 400 words) of the basic beliefs of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints.正式な信条ではないが、不思議なほどには、その記事の要約信仰の概要( 400ワード未満)は、基本的な信条は、教会の末日聖徒イエスキリストです。 While there have been many variations published since Joseph Smith's day, a central core of beliefs stated in all these articles comes from the earliest years of the Restoration - a fact that testifies both to its internal consistency and its constancy.多くのバリエーションが公開されながらジョセフスミスの日以来、中央のコアの信念に記載され、これらすべての記事の最古から来る年間の復元-事実を証明するには両方の整合性とその内部の恒常性です。

DJ Whittaker金大中ウィテカー

Bibliography 文献情報
TE Lyon, Origin and Purpose of the Articles of Faith, Instructor 87 (Aug.-Oct. 1952):230-31, 264-65, 275, 298-99, 319: BR McConkie, A New Witness for the Articles of Faith, Salt Lake City, 1985; SP Sondrup, On Confessing Faith: Thoughts on the Language of the Articles of Faith, In Literature of Belief, ed. teリヨンは、目的の記事を起源と信仰は、インストラクター87 ( 8 - 10月です。 1952年) :230 - 31 、二六四から六五、 275 、 298〜99 、 319 : br mcconkie 、新たな目撃者は、信仰の記事、ソルトレークシティー市、 1985 ; sondrup特検チームは、信仰を告白:思考は、言語では、記事の信仰は、文学の信念で、エド。 N. Lambert, pp. n.ランバート、 pp 。 197-215.一九七から二一五。 Provo, Utah, 1981; JE Talmage, AF, Salt Lake City, 1899; JW Welch, [Joseph Smith and Paul:] Co-Authors of the Articles of Faith?", Instructor 114 (Nov. 1969):422-26; DJ Whittaker, The 'Articles of Faith' in Early Mormon Literature and Thought, In New Views of Mormon History, p 63-92, 1987; Encyclopedia of Mormonism, Vol. 1, Articles of Faithプロボ、ユタ、 1981 ;済タルミッジ、心房細動、ソルトレークシティー市、 1899 ; jwウェルチは、 [ジョセフスミスとポール: ]は、記事の共同執筆者の信仰ですか? "は、インストラクター114 ( 69年11月) :422 - 26 ;金大中ウィテカーは、 '記事の信仰'モルモン文学や思想の初めには、モルモンの歴史に新たな見解とは、 p六十三から九十二まで、 1987 ;百科事典のモルモン教は、第1は、記事の信仰


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです