Names of God - Elohim - YHWH - Yahweh - Adonai - Abba - Tetragrammaton神の名-e lohim- yh wh-ヤハウェ-上帝-アバ-テトラグラマトン

An early discussion by St. Jerome discussed these:早期に議論されたこれらの議論聖ジェローム:

El, Elohim, Sabaôth, Eliôn, Asher yeheyeh, Adonai, Jah, JHVH, and Shaddaiエル、 elohim 、 sabaôth 、 eliôn 、洗浄器yeheyeh 、上帝、 jah 、 jhvh 、およびshaddai

Advanced Information 高度情報

The Divine Names as Vehicles of Revelation車両としての神の名の啓示

Efforts to find the origins and significance of the Hebrew divine names in other ancient Near Eastern cultures have yielded generally disappointing results.その意義を見つける努力を起源とする神の名は、ヘブライ語で他の古代オリエント文化が通常不本意な結果に屈した。 One of the major reasons for this is that the ancient Hebrew theology invested these names with a uniqueness that renders investigation outside the narratives of the OT incapable of exploring fully their historical and religious significance.この主な理由の1つは、古代ヘブライ語の神学を投資して、これらの名前を一意の外で捜査してレンダリングot無能の体験談は、彼らの歴史や宗教的な意義を十分に探索します。

Basic to ancient Hebrew religion is the concept of divine revelation.基本的には、古代ヘブライ語の宗教の概念託宣。 While God is conceived of as revealing his attributes and will in a number of ways in the OT, one of the most theologically significant modes of the divine self-disclosure is the revelation inherent in the names of God.啓発として考えの中に神は自分の属性とは、いくつかの方法では、 ot 、 theologically 、最も重要な1つのモードでは、神の自己開示には、固有の名前を神の啓示です。

This aspect of divine revelation is established in the words of Exod.この側面託宣exodの言葉が確立されます。 6:3, "I appeared to Abraham, to Isaac and to Jacob, as God Almighty, but by my name the Lord [Yahweh] I did not make myself known to them." 6時03分、 "私はエイブラハム出演して、アイザックとジェイコブには、全能の神として、私の名前だったのですが、私の主[ヤハウェ]知られていないことを自分自身にしてください。 " According to classical literary criticism, the verse teaches that the name Yahweh was unknown to the patriarchs.古典文芸批評によると、この詩を教えることは、未知の名前をヤハウェpatriarchs 。 Thus, an ideological conflict exists between the Priestly author and the earlier Yahwist, who frequently put the name Yahweh on the lips of the patriarchs.

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
However, the words "by my name Yahweh I did not make myself known to them" have a somewhat hollow ring if the name Yahweh is understood only as an appellative.しかし、その言葉に"私の名前をヤハウェ私知られていないことを自分自身にして"がある場合、やや中空リング名ヤハウェが普通名詞としてしか理解しています。 The reason for this is that Moses asks in Exod.その理由は、要求してムーサーexod 。 3:13, "What is his name?" 3時13分、 "彼の名前は何ですか? " (mah-semo). (アミューズメント施設向けsemo ) 。 M. Buber has demonstrated that the syntax of this question does not connote an inquiry as to the name of God but an inquiry into the character revealed by the name. m.ブーバーが実証してこの質問はないの構文として引き合いを暗示する神の名を調査するしかし、キャラクターの名前を明らかにした。 He says, "Where the word 'what' is associated with the word 'name' the question asked is what finds expression in or lies concealed behind that name" (The Revelation and the Covenant, p. 48).彼によれば、 "どこの言葉'何'という言葉は、関連付けられている'名前'は、どのような質問が見つけた表現の背後に隠されている、またはそのような名前の嘘" (ヨハネの黙示録との約束は、 p. 48 ) 。 J. Motyer also concludes, "In every case where ma is used with a personal association it suggests enquiry into sort or quality or character, whereas mi expects an answer instacing individuals, or, as in the case of rhetorical questions, calling attention to some external feature" (The Revelation of the Divine Name, 19). j. motyerも結論は、 "すべてのケースでは、使用する場合は、個人的なマ協会照会を並べ替えたりすることを提案品質やキャラクターが、個人の美instacing答えを期待する、または、修辞的な例としては、質問には、いくつかの注意を呼び出す外部機能" (ヨハネの黙示録は、神の名は、 19 ) 。

Exod. exod 。 14:4 also supports the view that the name Yahweh embodies aspects of God's character. 14時04分の表示にも対応して、神の名ヤハウェ側面を具現キャラクターです。 It says, "and the Egyptians will know that I am Yahweh."それによれば、 "エジプト人が知っていることと、私はヤハウェ。 " It is hardly likely that the intent of this assertion is that they would learn only the name of the Hebrew God.意図することは予想しにくいが、この主張では、彼らの名前は、ヘブライ語を学ぶ神のみです。

In the light of these observations, the use of the concepts of the name of God in the early narratives of the book of Exodus is far broader than simply the name by which the Hebrew God was known.これらの観察に照らして、概念の使用は、神の名の初めには、出エジプト記の体験談は、単によりもはるかに広範で、ヘブライ語で神の名が知られています。 It has a strong element of divine self-disclosure within it.それは神の要素が強い自己開示が格納されています。

The corpus of divine names compounded with el and a descriptive adjunct also support this concept.コーパスを配合して、神の名を記述エルと詞もこのコンセプトをサポートしています。 The very fact that the adjunctive element is descriptive is an indication of its value as a source of theological content.補助の要素は非常にわかりやすいという事実を示しているのは、その価値を源として神学的なコンテンツです。

Typical of this type of name is el rot ("God who sees"; Gen. 16:13) and el olam ("God eternal"; Gen. 21:33).このタイプの典型的な名前はエル腐れ( "神の人の目" ;大将16時13分) 、エルolam ( "永遠の神" ;大将21時33分) 。 These el names sometimes emerge from a specific historical situation that illuminates their significance.これらのエルの名前をemerge時には、特定の歴史的状況からしてその意義を明らかにした。

The Meaning of the Divine Names神の名の意味は、

Yahweh, Jehovah (LORD)ヤハウェ、エホバ(主)

Efforts to determine the meaning of the tetragrammaton (YHWH) through historical investigation have been rendered difficult by the paucity of informative data relative to the various forms of the name ya in historical sources outside the OT.努力の意味を判別するのテトラグラマトン( yhwh )を介してきた歴史的な捜査に難しいレンダされる相対的に不足の有益なデータをさまざまな形での歴史的な外部の情報源の名前で、 otヤー。 For this reason the investigation has generally followed philological lines.通常、このような理由のため、捜査が続いて言語学の行です。 GR Driver suggested that the form ya was originally an ejaculatory cry, "shouted in moments of excitement or ecstasy," that was "prologued to ya(h)wa(h), ya(h)wa(h)y, or the like." grドライバを示唆して、フォームには、もともとは射精泣くヤー"と叫んだ瞬間の興奮やエクスタシーでは、 "それは、 "ヤー( h )にワシントンをprologued ( h )には、ヤー( h )に神奈川県( h )にy 、またはそのような"と述べた。 He suggested further that the name Yahweh arose from the consonance of an extended form of ya with the "imperfect tense of a defective verb."彼の名前を提示してさらなるヤハウェから立ち上がった協和ヤーの形で、拡張して、 "不完全な動詞の時制の欠陥です。 " Thus, he saw the origin of the name in a popular etymology and asserted that its original form was forgotten (ZAW 46:24).従って、彼の名前の由来を見たのは、人気の語源と主張して、オリジナルのフォームは忘れてしまった( zaw 46:24 ) 。

Mowinckel proposed the theory that the tetragrammaton should be understood as consisting of the ejaculatory element and the third person pronoun hu,' meaning "O He!"その理論を提唱してmowinckelテトラグラマトンとして理解しなければならないの構成要素と、 3人称代名詞射精胡、 'を意味する"おお、彼! "

Another approach to the problem is to understand the tetragrammaton as a form of paronomasia.もう一つのやり方を理解するには、問題の一形態としてのテトラグラマトン地口。 This view takes account of the broad representation of the name ya in extrabiblical cultures of the second millennium BC The name Yahweh is thus understood as a quadriliteral form, and the relationship of the name of haya ("to be") in Exod.このビューを表示するには、アカウントの名前幅広い表現extrabiblicalヤーで2番目の千年紀の文化のヤハウェの名前は4文字から成る形態として、このように理解し、その関係は、名前のアヤ( "に" )でexod 。 3:14-15 is not intended to be one of etymology but paronomasia. 3:14-15されることを意図ではないしかし、地口語源の1つです。

The most common view is that the name is a form of a triliteral verb, hwy.最も共通のビューのは、名前は動詞の一形態であり、 3字から成る、 hwy 。 It is generally regarded as a 3 p.と見なされることは通常3 p. Qal stem imperfect or a 3 p.不完全または3 p. qal幹 imperfect verb in a causative stem.幹使役動詞は、不完全です。 Another suggestion is that it is a causative participle with ay preformative that should be translated "Sustainer, Maintainer, Establisher."もう一つの提案は、それとは、アイ接頭分詞使役して翻訳しなければならない"と支持者、管理者、 establisher 。 "

With regard to the view that the tetragrammaton is an elongated form of an ejaculatory cry, it may be pointed out that Semitic proper names tend to shorten; they are not normally prolonged.と関連して表示してあるテトラグラマトンは、細長い形の射精泣く、ユダヤ指摘しているかもしれないが固有名詞を短縮する傾向にある;彼らは、通常は長期にわたる。 The theory that the name is paronomastic is attractive, but when appeal is made to the occurrences of forms of ya or yw in ancient cultures, several problems arise.という説をparonomasticのは、魅力的な名前は、しかし、そのときにアピールがなされたりywヤーの形態の出現、古代の文化は、いくつかの問題がおきています。 It is difficult to explain how the original form could have lengthened into the familiar quadriliteral structure.どのように説明するのは難しい、元の形に長くなる可能性がある、なじみの4文字から成る構造です。 Mowinckel's suggestion is attractive, but speculative. mowinckelの提案は、魅力的ではなく、投機です。 It is also difficult to understand how the name Yahweh could have such strong connotations of uniqueness in the OT if it is a form of a divine name that found representation in various cultures in the second millennium BCまたどのように理解することは難しい可能性があるヤハウェの名前などは、独自性の強い暗示otの場合は、神の名の一形態であり、様々な文化を表現して見つけたの第2千年紀

The derivation of the tetragrammaton from a verbal root is also beset with certain difficulties.テトラグラマトンから導出するのは、口頭でのルートでもあるの困難を抱えている。 The root hwy on which the tetragrammaton would be based in this view is unattested in West Semitic languages before the time of Moses, and the form of the name is not consonant with the rules that govern the formation of lamed he verbs as we know them. hwyテトラグラマトンのルートでは、この見解に拠点を置くだろうが、西セム語の言語で証明されない時間のモーゼの前には、フォームの名前や子音ではないことを規定して、ルールの形成ラーメド彼は知っている我々として動詞してください。

It is evident that the problem is a difficult one.それは明らかにして1つの問題は難しい。 It is best to conclude that the use of etymology to determine the theological content of the name Yahweh is tenuous.を締結することが最良の語源を使用してコンテンツを判別するの神学ヤハウェの名前は希薄です。 If one is to understand the theological significance of the divine name, it can be only be determining the theological content with which the name was invested in Hebrew religion.神学を理解している場合は、 1つの神の名の意義は、それだけで判別することができます神学的に満足して投資していたヘブライ語の名前を教えています。

Jah, Yah jah 、 yah

This shorter form of Yahweh occurs twice in Exodus (15:2 and 17:15).この短い形式のエクソダスヤハウェが発生した2回( 15時02分、 17時15分) 。 The former passage is echoed in Isa.通路には、元のISAこだました。 12:2 and Ps. PSと12時02分です。 118:14. 118:14 。 It also occurs numerous times in the formula haleluya ("praise yah").多数回発生しても、フォーミュラhaleluya ( "称賛yah "を参照) 。 Its use in early and late poetic passages and its formulaic function in the Hallel psalms suggest that this form of Yahweh is a poetic stylistic device.朝早くから夜遅くまで、詩的な文章で使用するとその機能は、定形hallel詩篇示唆して、このフォームのヤハウェは、詩的な文体のデバイスです。

The compounding of yah with Yahweh in Isa.ヤハウェの配合の中でのISA yah 。 12:2 (yah yhwh) indicates a separate function for the form yah, but at the same time an identification of the form with Yahweh. 12時02分( yah yhwh )の形で示すために、別の関数yah 、しかしそれと同時に、身分証明書の形でヤハウェ。

Yahweh Seba'ot ("Lord of Hosts")ヤハウェseba'ot ( "天帝" )

The translation "He creates the heavenly hosts" has been suggested for this appellative.翻訳文"を作成し、彼は天国のホスト"と命名され、このために提案した。 It is based on the assumption that Yahweh functions as a verbal form in a causative stem.それはヤハウェという前提に基づいて動詞として機能する形で使役幹です。 This conclusion is rendered difficult by the fact that the formula occurs in the expanded form yhwh elohe sebaot ("Yahweh God of hosts"), which attributes the function of a proper name to Yahweh.この結論がレンダ困難さが発生するという事実を公式には、拡張形式のyhwh elohe sebaot ( "ヤハウェ天帝" )は、どの属性の機能の適切な名前をヤハウェ。 The word seba'ot means "armies" or "hosts."その単語の意味seba'ot "軍隊"または"ホスト"と述べた。 It is best to understand Yahweh as a proper name in association with the word "armies."ヤハウェを理解していただくのが最良の適切な名前として、その言葉に関連して"軍隊"と述べた。

Elohim elohim

The root of Elohim is El (el). elohimのルートには、エル(エル) 。 The form elohim is a plural form commonly understood as a plural of majesty.複数形elohimのフォームには、複数の威厳をよく理解しています。 While the word occurs in Canaanite ('l) and Akkadian (ilu[m]), its etymology is uncertain.単語の間に発生する場合がカナン( ' l )のとアッカド( ilu紹介[ m ] ) 、その語源は不透明だ。 In the OT the word is always construed in the singular when it denotes the true God. otという言葉では、常に解釈することを表すときは、単数の真の神です。 In the Pentateuch the name elohim connotes a general concept of God; that is, it portrays God as the transcendent being, the creator of the universe.五名は、一般的な概念の神elohim connotes ;すなわち、それは神として描かれ、超越は、宇宙の生みの親だ。 It does not connote the more personal and palpable concepts inherent in the name Yahweh.より多くの個人的な暗示することはないとは、固有の名前をヤハウェ明白な概念です。 It can also be used to apply to false gods as well as to judges and kings.これを適用することも可能に偽りの神々に使われるだけでなく、裁判官やキングスにします。

Elエル

El has the same general range of meaning as Elohim.エルには、同じような意味elohim全般の範囲です。 It is apparently the root on which the plural form has been constructed.どうやらこれは、ルート上の複数形で建設されています。 It differs in usage from Elohim only in its use in theophoric names and to serve to contrast the human and the divine. elohim違いから使用することで、神の名をいただいただけでその名前を使用すると、人間のと対照的に奉仕して、神のです。 Sometimes it is combined with yah to become Elyah.時には併用することはyah elyahになる。

El Elyon ("God Most High")エルelyon ( "神の最も高い" )

The word 'elyon, an adjective meaning "high," is derived from the root 'lh ("to go up" or "ascend").その言葉' elyon 、形容詞を意味する"高"とは、ルートから派生した' lh ( "に行くまで"または"昇る"といいます。 ) It is used to describe the height of objects (II Kings 15:35; 18:17; Ezek. 41:7) as well as the prominence of persons (Ps. 89:27) and the prominence of Israel as a nation (Deut. 26:19; 28:1).それが使用され、高さの物体を記述する( 15時35分2世国王;午前18時17分; ezek 。 41:7 )だけでなく、卓立の人( ps. 89:27 )と、イスラエルの国家として名を馳せて( deut 。 26:19 ; 28:1 ) 。 When used of God it connotes the concept of "highest."神の際に使用されることconnotes "をコンセプトに最高です。 "

The name El Elyon occurs only in Gen. 14: 18-22 and Ps.エルelyonが発生したという名前だけで大将14 :十八から二十二までおよびPS 。 78:35, although God is known by the shorter title Elyon in a significant number of passages. 78:35 、短いにもかかわらず、神は知られては、かなりの数のタイトルelyon通路です。

There is a superlative connotation in the word 'elyon.最上級の意味合いがある単語' elyon 。 In each case in which the adjective occurs it denotes that which is highest or uppermost.それぞれのケースが発生したことを表す形容詞で、これは最高や最上している。 In Deut. deut中です。 26:19 and 28:1 the superlative idea is apparent in the fact that Israel is to be exalted above the nations.最上級のアイデアは、 26:19と28:1という事実を明らかにイスラエルでは、上記の国の高貴される。 The use of the word in I Kings 9:8 and II Chr.単語の使用は、午前9時08分、私の王2世chr 。 7:21 may not seem to reflect a superlative idea, but there is, as CF Keil suggests, an allusion to Deut. 5月7時21分、最上級のアイデアを反映していないように見えるが、そこは、 cf keilとして暗示するように、 deutに言及しています。 26:19 and 28:1, where the superlative idea exists. 26:19 、 28:1 、最上級のアイデアはどこに存在しています。 The superlative is also evident in the use of the word in Ps.最上級でも、明らかにその言葉を使ってしまう。 97:9, where it connotes Yahweh's supremacy over the other gods. 97:9が、ここは、 connotesヤハウェの優位を、他の神々です。

El Shaddaiエルshaddai

The etymology of sadday is obscure.その語源は、無名のsadday 。 It has been connected with the Akkadian sadu ("mountain") by some.アッカドに接続していることがサドゥー( "山" )をいくつか。 Others have suggested a connection with the word "breast," and still others have seen a connection with the verb sadad ("to devastate").他のユーザーが接続してその言葉を提案する"と胸には、 "他人に見られるとまだ接続して動詞sadad ( "を荒廃させる"といいます。 ) The theological significance of the name, if it can be understood fully, must be derived from a study of the various contexts in which the name occurs.その名の神学的意義について、完全に理解されるのであれば、勉強しなければならないから派生する様々な文脈では、名前が発生します。

The name Shaddai frequently appears apart from El as a divine title.頻繁に表示される名前をshaddaiエルとして、神のタイトルから離れている。

El-Eloe-Yisraelエル- eloe -イスラエル

This appellation occurs only in Gen. 33:20 as the name of the altar that marked the place of Jacob's encounter with God.この名称が発生しただけでは、その名前の大将33:20祭壇には、その場所のマークジェイコブの神に遭遇している。 It denotes the unique significance of El as the God of Jacob.このユニークな意義を表すこととして、神のジェイコブエル。

Adonai上帝

The root 'dn occurs in Ugaritic with the meanings "lord and father."ルート' DNを意味してウガリットが発生する"と父親の主です。 " If the word originally connoted "father," it is not difficult to understand how the connotation "lord" developed from that.単語の場合、もともとconnoted "父親は、 "それはどのようなニュアンスを理解するのが難しくありませんが"主"を開発してからです。 The basic meaning of the word in the OT is "lord."基本otは、その言葉の意味は、 "主よ。 "

Critical to the understanding of the meaning of the word is the suffix ay.重要な影響を及ぼすという言葉の意味を理解するのは、アイのサフィックスです。 It is commonly suggested that the ending is the first person possessive suffix on a plural form of 'adon ("my lord").と示唆して終了することがよくある人は、最初の所有格上で複数形の接尾辞' adon ( "わたしの主"を参照) 。 This is plausible for the form adonay, but the heightened form adonay, which also appears in the Massoretic text, is more difficult to explain, unless it represents an effort on the part of the Massoretes "to mark the word as sacred by a small external sign."これは、フォームadonayもっともらしいが、フォームadonay高まり、これにも表示されますmassoreticテキストは、より困難に説明するが、それを表していない限り努力してその部分massoretes "という単語をマークしたとして神聖な小型外付けサインです。 "

Attention has been drawn to the Ugaritic ending -ai, which is used in that language "as a reinforcement of a basic word," However, it is doubtful that this explanation should be applied in all cases.ウガリット注目されて描かれたエンディング-アナログ入力して、その言語が使用されて"の強化として、基本的な単語は、 "しかし、このような説明をすることは疑わしいすべてのケースに適用しなければならない。 The plural construction of the name is evident when the word occurs in the construct as it does in the appellation "Lord of lords" ('adone ha adonim) in Deut.複数の建設は、その言葉が発生したときの名前は明らかに構築することが、名称として"ロードオブローズ" ( ' adoneハadonim ) deut 。 10:17. 10:17 。 And the translation "my Lord" seems to be required in such vocative addresses as "my Lord Yahweh, what will you give me?"翻訳と"わたしの主"が必要と思われるような呼アドレスとして"わたしの主ヤハウェは、どのような手を貸してくれませんか? " (Gen. 15:2; see also Exod. 4:10). ( 15時02分大将; exodも参照してください。 4:10 ) 。

It appears, then, that it is best to understand the word as a plural of majesty with a first person suffixual ending that was altered by the Massoretes to mark the sacred character of the name.それが表示され、次に、その単語を理解していただくのが最良の複数形としての威厳を改変された最初の人物suffixualエンディングmassoretesにマークされる聖なる文字の名前です。

Other Divine Names他の神の名

The name Baali occurs only once, in Hos.たった一度の名前が発生baali 、 hosです。 2:16 (AV; "My Baal," RSV) in a play on words. 2時16分(動静; "私のバール"と記されてあります)は、言葉遊びです。 The word means "my husband," as does isi, the word with which it is paired.その言葉は、 "私の夫は、 " isiとしては、その言葉にそれがペア。

Ancient of Days is an appellation applied to God in Dan. 古代の日は、神が適用されるダン名称です。 7. 7 。 It occurs with other depictions of great age (vs. 9) to create the impression of noble venerability.偉大なことが発生して他の年齢的な〜の描写(対9 )を作成し、尊敬すべき高貴な印象を与える。

Abba is an alternate Aramaic term for "father." アバは、異なる言葉アラム語で"父"と述べた。 It is the word that Jesus used to address God in Mark 14:36.イエスキリストの御言葉が使われることは、神をマークしてアドレスを14時36分です。 Paul pairs the word with the Greek word for "father" in Rom.ポールのペアでは、ギリシャ語の単語を"父"は、 ROMです。 8:15 and Gal. 8時15分、ギャル。 4:6. 4時06分。

The 'alep that terminates the form 'abba' functions as both a demonstrative and a vocative particle in Aramaic. 'アレップして終了するという形'アバ'指示として機能すると、両方の粒子がアラム語呼び掛けています。 In the time of Jesus the word connoted both the emphatic concept, "the father," and the more intimate "my father, our father."イエスキリストの言葉は、時間の概念を強調してconnotedの両方で、 "父は、 "と、より親密な"私の父は、私たちの父です。 "

While the word was the common form of address for children, there is much evidence that in the time of Jesus the practice was not limited only to children.単語の間には子供たちのための共通の形式のアドレスは、そこには多くの証拠に基づいて、練習の時にイエスキリストの子供ではないだけに限られています。 The childish character of the word ("daddy") thus receded, and 'abba' acquired the warm, familiar ring which we may feel in such an expression as "dear father."その言葉の幼稚な文字( "パパ" )こうして後退し、 'アバ'後天性の暖かい、おなじみの指輪を我々はこのような表現としての可能性を感じる"親愛なる父"と述べた。

The Theological Significance of the Divine Names神の名の神学的意義について、

Yahwehヤハウェ

The parallel structure in Exod. exod構造では、パラレル。 3:14-15 supports the association of the name Yahweh with the concept of being or existence.同協会の名前をサポートし3:14-15ヤハウェれている概念や存在しています。 It says, "I AM has sent me to you" (vs. 14; "The LORD has sent me to you" (vs. 15). The name "I AM" is based on the clause "I AM WHO I AM" found in 3:14 which, on the basis of the etymology implied here, suggests that Yahweh is the 3.p. form of the verb 'ehyeh (I am).それによれば、 "私はあなたが送ってくれた" (対14 ; "を送ってきたのは、あなたの主" (対15 ) 。の名前を"私"は、条項に基づいて、 "私は私"見つかった3時14分には、黙示の語源に基づいて、ここでは、フォームを示唆して3.p.ヤハウェの動詞は、 ' ehyeh (私が) 。

The clause 'ehyeh'aser 'ehyeh has been translated in several ways, "I am that I am" (AV), "I am who I am" (RSV, NIV), and "I will be what I will be" (RSV margin).この条項' ehyeh'aser ' ehyehに翻訳され、いくつかの方法で、 "私は私がして" (動静)は、 "私は私" (記されてあります、記されてあります) 、および"私は、私はどのようになる" (余白に記されてあります) 。 Recently the translation "I am (the) One who is" has been suggested.最近の翻訳"私は(その)一人は、 "提案されています。 The latter translation has much in its favor grammatically and fits the context well.後者の翻訳や文法的には、はるかに有利な文脈よく合う。

The main concern of the context is to demonstrate that a continuity exists in the divine activity from the time of the patriarchs to the events recorded in Exod.の主な関心事は、コンテキストは、連続性が存在することを証明し、神の活動をしてからの時間は、 patriarchs exodに記録されたイベントです。 3. 3 。 The Lord is referred to as the God of the fathers (vss. 13, 15, 16).その主は、神と呼ばれることには、父の( vss. 13 、 15 、 16 ) 。 The God who made the gracious promises regarding Abraham's offspring is the God who is and who continues to be.愛想の良い人の前に、神の約束については、アブラハムの子孫たちは、神と続けている人がいます。 The affirmation of vs. 17 is but a reaffirmation of the promise made to Abraham.しかし、肯定することは、対17の約束を再確認するアブラハム。 The name Yahweh may thus affirm the continuing activity of God on behalf of his people in fealty to his promise.断言するが、このように名前をヤハウェ神に代わって活動を継続する人々が彼の忠誠の誓いを約束した。

Jesus' application of the words "I am" to himself in John 8:58 not only denoted his preexistence but associated him with Yahweh.イエスの言葉には、アプリケーションの"私"を自分自身でしかないのジョン示さ8時58分、彼と彼の関連先在しかしヤハウェ。 Jesus was the fulfillment of the promise given to Abraham, the fulfillment of which Abraham anticipated (John 8:56).イエス様は、満足感を与えられたアブラハムの約束は、アブラハムの充足感が予想(ジョン8時56分) 。

In the Pentateuch, Yahweh denotes that aspect of God's character that is personal rather than transcendent.五では、神ヤハウェの性格的な側面を表すことは、個人というより超越している。 It occurs in contexts in which the covenantal and redemptive aspects of God predominate.これが発生するとcovenantalコンテキストで、神の贖いの面で優位に立つ。 Cassuto says, "The name YHWH is employed when God is presented to us in His personal character and in direct relationship to people or nature; and 'Elohim, when the Deity is alluded to as a Transcendental Being who exists completely outside and above the physical universe" (The Documentary Hypothesis, p. 31).カッスートによれば、 " yhwhは、就業者の名前を提示する際に、神は私たちを自分の個人的なキャラクターとは直接の因果関係を、人々や自然、そして' elohim 、ときには神のような存在を示唆している人の存在を完全に超越として、上記の外部との物理的なユニバース" (ドキュメンタリー仮説、 p. 31 ) 。 This precise distinction does not always obtain outside the Pentateuch, but Yahweh never loses its distinct function as the designation of the God of Israel.この区別は必ずしも正確な外の五書を入手、しかし決してヤハウェが途切れたの名称は、別個の機能としては、イスラエルの神です。

The name Yahweh Sabaoth appears for the first time in Israel's history in connection with the cult center at Shiloh (1 Sam. 1:3).ヤハウェ万軍の名前が表示されるのは初めてで、イスラエルの歴史に関連して、教団センターでシロ( 1サムです。 1時03分) 。 It is there that the tent of meeting was set up when the land of Canaan had been subdued by the Israelites (Josh. 18:1).それがあるのは、テントをセットアップする際には、会議室のカナンの地で、イスラエル人いたしぶい( josh. 18時01分) 。 The name apparently had its origin in the period of the conquest or the postconquest period.その起源は、名前を明らかにしたり、その期間の征服postconquest期間です。 It does not occur in the Pentateuch.それは、五書は発生しません。

It is possible that the name was attributed to Yahweh as a result of the dramatic appearance to Joshua of an angelic being called the "commander of the host of Yahweh" at the commencement of the conquest (Josh. 5:13-15).名前をしていたことが可能に起因する結果としてヤハウェの劇的な外観には、天使のジョシュアと呼ばれ、 "ホストの司令官ヤハウェ"は、卒業式の征服( josh. 5:13-15 ) 。 The name would thus depict the vast power at Yahweh's disposal in the angelic hosts.その名は、このように描くの広大なパワーでヤハウェの処分は、天使のホストです。

The association of this name with the ark of the covenant in I Sam.同協会はこの名前にして約ひつサムよい。 4:4 is significant in that Yahweh is enthroned above the angelic figures known as the cherubim (II Sam. 6:2).ヤハウェ有意では、午前4時04分には、天使のような人物として知られてenthroned上記のケルビム( ⅱサム。 6時02分) 。 Because the name was associated with the ark of the covenant, David addressed the people in that name when the ark was recovered from the Philistines (II Sam. 6:18).名前は、関連付けられているので、約ひつ、デビッド宛のとき、人々はそのような名前の箱舟から回収されたphilistines ( ⅱサム。 6時18分) 。 The name is often associated with the military activities of Israel (I Sam. 15:2-3; II Sam. 5:10).その名は往々に関連付けられているイスラエルの軍事活動を(私サム。 15:2-3 ;サム2世です。 5時10分) 。

The almighty power of Yahweh displayed in this name is manifested in the sphere of history (Pss. 46:6-7; 59:5).ヤハウェの全能の力の名前は明らかに表示され、この分野での履歴( pss. 46:6-7 ; 59:5 ) 。 His power may be displayed in the life of the individual (Ps. 69:6) as well as the nation (Ps. 80:7).彼の人生は、電源が表示される場合は、個々の( ps. 69:6 )だけでなく、全国( ps. 80:7 ) 。 Sometimes he is simply referred to as "the Almighty."ときどき彼と呼ばれるのは、単に"オールマイティ"と述べた。

The military connotation of the name was not lost, even in the eighth century, for Isaiah appeals to that name to depict the hosts of heaven that accompany Yahweh in his intervention in history (Isa. 13:4).軍事的なニュアンスが失われるという名前ではない、八世紀でも、イザヤ書のために控訴してホスト名を描くために、天の介入して彼の歴史の中で同行ヤハウェ( isa. 13時04分) 。

Elohim elohim

This is the more general name for God.これは、より一般的な神の名前です。 In the Pentateuch, when used as a proper name, it most commonly denotes the more transcendental aspects of God's character.五では、適切な名前として使用されるときに、それより多くの超越的側面を最もよく表す神のキャラクターです。 When God is presented in relation to his creation and to the peoples of the earth in the Pentateuch, the name Elohim is the name most often used.提示する際に関連して、神は自分の創造と、地球の人々には、五、 elohimの名前は、名前を最も頻繁に使用されています。 It is for this reason that Elohim occurs consistently in the creation account of Gen. 1:1-2:42 and in the genealogies of Genesis.それはこのような理由のために、継続的に発生してelohimアカウントの作成とは、大将genealogiesの創世記1:1-2:42 。 Where the context takes on a moral tone, as in Gen. 2:4bff., the name Yahweh is used.道徳的な文脈上でどこまで調子は、午前2時04分bff大将のようにします。 、ヤハウェの名が使用されています。

Throughout Genesis and the early chapters of Exodus elohim is used most often as a proper name.創世記との早期の支部を通じてエクソダスelohimとしては、適切な名前を最も頻繁に使用されています。 After Exod. exod後です。 3 the name begins to occur with increasing frequency as an appellative, that is, "the God of," or "your God." 3名を開始すると、ますます頻繁に起こる普通名詞として、それは、 "神様は、 "または"あなたの神です。 " This function is by far the most frequent mode of reference to God in the book of Deuteronomy.この関数は、これまでで最も頻繁にモードのリファレンスを本の中では神の申命記です。 When used in this fashion the name denotes God as the supreme deity of a person or people.ファッション際に使用されている神の名を表す最高の神として人々の人間や。 Thus, in the frequent expression, "Yahweh your God," Yahweh functions as a proper name, while "God" functions as the denominative of deity.したがって、頻繁な表情で、 "あなたの神ヤハウェは、 "ヤハウェの関数として、適切な名前で、 "神"と名付けるのは神のような存在として機能しています。

The appellative elohim connotes all that God is. elohim connotes命名して、神がすべてです。 As God he is sovereign, and that sovereignty extends beyond Israel into the arena of the nations (Deut. 2:30, 33; 3:22; Isa. 52:10).彼は神としての主権は、主権を拡張するとしてアリーナを越えて、イスラエルの国( deut. 2:30 、 33 ;午前3時22分;のISA 。 52:10 ) 。 As God to his people he is loving and merciful (Deut. 1:31; 2:7; 23:5; Isa. 41:10, 13, 17; 49:5; Jer. 3:23).彼は神のように彼を愛する人々にして慈悲深く( deut. 1時31分、 2時07分、 23時05分;のISA 。 41:10 、 13 、 17 ; 49:5 ; jer 。 3時23分) 。 He establishes standards of obedience (Deut. 4:2; Jer. 11:3) and sovereignly punishes disobedience (Deut. 23:21).彼の基準を定めて服従させる( deut. 4時02分; jer 。 11時03分)の反抗と処罰sovereignly ( deut. 23時21分) 。 As God, there is no one like him (Isa. 44:7; 45:5-21).神としては、 1つは彼が好きではない( isa. 44:7 ; 45:5-21 ) 。

The same connotations obtain in the use of the shorter form el.同じ意味合いを得る形での使用は、短いエル。 He is the God who sees (el ro i; Gen. 16:13) and he is el the God of Israel (Gen. 33:20).彼は、神の人の目(エル路私;大将16時13分)と彼はイスラエルの神のエル(大将33:20 ) 。

As El Elyon, God is described in his exaltation over all things.エルelyonとしては、神様が説明されて高揚するすべてのものです。 There are two definitive passages for this name.この通路には2つの決定的な名前です。 In Ps.でしまう。 83:18 Yahweh is described as "Most High over the earth," and Isa. 83:18ヤハウェを記述すると"地球上で最も高い"とのISAです。 14:14 states, "I will ascend above the heights of the clouds, I will make myself like the Most High." 14 : 14の州は、 "私はハイツの上に登るのは、雲が、私は自分のように、最も高くなっています。 "

However, in the majority of cases the attributes of this name are indistinguishable from other usages of El or Elohim.しかし、大多数の場合は、この名前の属性の使用に関する情報は、他と区別できないのかelohimエル。 He fixed the boundaries of the nations (Deut. 32:8).彼はその国の境界を固定( deut. 32:8 ) 。 He effects changes in the creation (Ps. 18:13).彼の創出効果の変化( ps. 18時13分) 。 El Shaddai occurs most frequently in the Book of Job, where it functions as a general name for the deity.エルshaddaiの本の中では最も頻繁に発生仕事が、ここは、関数の名前を神のような存在として、全般です。 As El Shaddai, God disciplines (Job 5:17); he is to be feared (Job 6:14); he is just (Job 8:3); he hears prayer (Job 8:5); and he creates (Job 33:4).エルshaddaiとしては、神の規律(職務5時17分) ;彼が懸念される( 6時14分ジョブ) ;彼はただの(仕事8時03分) ;彼の祈りを聞く( 8時05分ジョブ) ;と彼を作成する(ジョブ33:4 ) 。

This name occurs six times in the patriarchal narratives.この名前は、家父長が発生した6回の体験談だ。 In most of those instances it is associated with the promise given by God to the patriarchs.それらのほとんどのインスタンスに関連付けられたことは、神から与えられた約束patriarchs 。 Yet the name is often paired with Yahweh in the poetic material, and thus shares the personal warmth of that name.しかしヤハウェの名前は往々には、詩的な材料とペアを組んで、このように株式の個人的な温かさとその名前になりました。 He is known for his steadfast love (Ps. 21:7) and his protection (Ps. 91:9-10).彼は彼の変わらぬ愛で知られる( ps. 21時07分)と彼の保護( ps. 91:9-10 ) 。

The root of Adonai means "lord" and, in its secular usage, always refers to a superior in the OT.上帝のルートを意味する"主よ"と、その永年の使用では、常に上位にotを指します。 The word retains the sense of "lord" when applied to God.その言葉の意味を保持"主よ"神の際に適用されます。 The present pointing of the word in the Massoretic text is late; early manuscripts were written without vowel pointing.その言葉を指し、現在のテキストは、後半には、 massoretic ;母音なしに書かれた初期の原稿を指しています。

In Ps.でしまう。 110:1 the word is pointed in the singular, as it usually is when it applies to humans rather than God.その言葉は、 110:1の特異点は、それが適用されるときには、通常は神ではなく人間だ。 Yet Jesus used this verse to argue for his deity.だが、この詩を議論するために使われてイエス彼の神です。 The pointing is Massoretic, and no distinction would be made in the consonantal texts.ポインティングmassoreticのは、差別が行われていないと、子音のテキストです。 Since the word denotes a superior, the word must refer to one who is superior to David and who bears the messianic roles of king and priest (vs. 4).以来、優越感を表す言葉は、 1つの単語を参照する必要がありますデビッド優れていると誰が誰ベアーズの救世主の役割王と司祭(対4 ) 。

The name Abba connotes the fatherhood of God.アバの名前connotes神の父権。 This is affirmed by the accompanying translation ho pater ("father") which occurs in each usage of the name in the NT (Mark 14:36; Rom. 8:15; Gal. 4:6).これは添付されている翻訳されたホアファームドペイター( "父" )が発生する場合は、それぞれの用途ではNTの名前( 14時36分マーク; ROMのです。 8時15分;ギャル。 4時06分) 。

The use of this name as Jesus' mode of address to God in Mark 14:36 is a unique expression of Jesus' relationship to the Father.この名前を使用するとしてイエスの神モードのアドレスを14時36分には、ユニークな表情のマークイエスの関係を父親です。 Jeremias says, "He spoke to God like a child to its father, simply, inwardly, confidently. Jesus' use of abba in addressing God reveals the heart of his relationship with God" (The Prayers of Jesus, p. 62).イェレミアスによれば、 "彼は子供のように、神の父は、単に、内心は、自信を持っています。イエスのアバの使用は神のアドレッシングの関係を明らかに彼の心臓の神様" (イエスキリストの祈りが、 p. 62 ) 。

The same relationship is sustained by the believer with God.同じ関係は、信者を神に支えられている。 It is only because of the believer's relationship with God, established by the Holy Spirit, that he can address God with this name that depicts a relationship of warmth and filial love.それは信奉者のみのため、神との関係を、聖霊によって設立された、ということで、このアドレスに神の名前を描いてきた関係の温かさと愛の雑種です。

In a sense the relationship designated by this name is the fulfillment of the ancient promise given to Abraham's offspring that the Lord will be their God, and they his people (Exod. 6:7; Lev. 26:12; Jer. 24:7; 30:22).ある意味で、この名が指定されるとの関係は、古代の充足感を与えられたアブラハムの子孫を約束することは彼らの神、主は、かれらとその民( exod. 6時07分;レフです。 26:12 ; jer 。 24:7 ; 30:22 ) 。

TE McComiskey te mccomiskey
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
WF Albright, From Stone Age to Christianity; W. Eichrodt, Theology of the OT,I, 178ff.; L. Koehler, OT Theology; J. Schneider et al., NIDNTT, II, 66ff.; G. Oehler, Theology of the OT; M. Reisel, The Mysterious Name of YHWH; HH Rowley, The Faith of Israel; H. Schultz, OT Theology, II, 116ff.; T. Vriezen, An Outline of OT Theology; H. Kleinknecht et al., TDNT, III, 65ff.ワリスフツナ諸島オルブライト長官は、石器時代からキリスト教;ウィリアムアイヒロート、神学は、 ot 、私は、 178ff 。 ; l.ケーラー氏は、神学ot ; j.シュナイダーら。 、 nidntt 、 2世、 66ff 。 ; Gをオーラー、神学このot ; m. reiselは、神秘的な名前をyhwh ; hhローリーは、イスラエルの信仰; h.シュルツ、 ot神学は、 2世、 116ff 。 ; t. vriezen 、神学のあらましot ; h.クラインクネヒトら。 、 tdnt 、 3世、 65ff 。


Tetragrammatonテトラグラマトン

Advanced Information 高度情報

Tetragrammaton is the designation for the four (tetra) letters (grammata) in the Hebrew Bible for the name of the God of Israel, yhwh.テトラグラマトンは、指定のための4つの文字(テトラ) ( grammata )は、ヘブライ語聖書は、イスラエルの神の名を、 yhwh 。 The name was God's particular revelation to Moses and the Israelites (Exod. 6:2-3).特定の名前は、神の啓示を授けて、ムーサーと、イスラエル人( exod. 6:2-3 ) 。 It signifies that the God of Israel, unlike pagan deities, is present with his people to deliver them, to fulfill his promises to them, and to grant them his blessings. The pronunciation of the tetragrammaton yhwh was lost when the Jews avoided its usage for fear of descrating the holy name (cf. Exod. 20:7). In OT times the name was pronounced and was at times used in theophoric names, which can be recognized in our Bibles by the prefixes Jo- or Jeho- (cf. Jonathan and Jehoiada) and the suffix -jah (Adonijah).これは、イスラエルの神は、異教の神々とは違って、彼が存在して人々に伝えることは、自分の約束を全うして、そして彼の幸運な出来事を付与しています。 yhwhテトラグラマトンの発音が失われてしまったときには、ユダヤ人のための使用を避け、名前を恐れて、聖なるdescrating ( cf. exod 。 20時07分) 。 ot倍で、名前が使用されて発音とは、神の名をいただいた時の名前は、私たちの認識することができます聖書の接頭辞やチョ- jeho - ( cf.ジョナサンとjehoiada )と接尾辞- jah ( adonijah ) 。 The pronunciation fell into disuse after the Exile when the Jews began to pay careful attention to the practice of the law.不用の発音に落ちた後、ユダヤ人の国外追放を始めたときには細心の注意を払うの練習には、法の趣旨だ。

The translators of the Septuagint consistently avoided the name and substituted the title Kyrios ("Lord"). セプトゥアギンタの翻訳者は、常に避け、タイトルの名前と置換kyrios ( "主よ"といいます。 ) This reflects the Jewish practice of reading Adonai (Heb. adonay) "Lord" for yhwh or reading Elohim (Heb. elohim) in place of the Hebrew compound yhwh adonay to avoid the duplication of adonay. The vowels of adonay (aoa) were placed under the tetragrammaton to remind the reader that he was not to pronounce yhwh but instead was to read the word as adonay.読書の習慣を反映して、このユダヤ教の上帝( heb. adonay ) "の主"を読んでyhwhまたはelohim ( heb. elohim )化合物の代わりに、ヘブライ語yhwh adonayの重複を避けるためにadonay 。 adonayの母音が置かれた( aoa )テトラグラマトンの下でのリーダーのことを思い出させるのではない彼の代わりに発音yhwhだがその言葉を読んでいたとしてadonay 。 Christians who were unaware of this substitution read the vowels as if they actually belonged to yhwh, which resulted in the English form "YeHoWaH" or JeHoVaH" (the a of adonay having been reduced to e under the y of yhwh). キリスト教徒たちが気付いていない場合、この置換を読む母音として実際に所属してyhwh彼らは、英語のフォームにつながった" yehowah "またはエホバ" ( adonay続けてきたのは、下のyを減額してe yhwh ) 。

The ASV of 1901 adopted the practice of using the name "Jehovah", whereas most English versions continued the established practice of translating the tetragrammaton by LORD (capital letters) to distinguish it from "Lord" (Adonai). 1901年に採択さasvの名前を使用して、練習の"エホバ"が、ほとんどの英語版の翻訳の練習を続け、設立された主テトラグラマトン(大文字)を区別することから"主よ" (上帝) 。 Many scholars accept the widely held opinion that the tetragrammaton is a form of the root hyh ("be") and should be pronounced as "Yahweh" ("He who brings into being"; cf. Exod. 3:12, "I will be with you" and "I will be who I will be", vs. 14).多くの学者の意見を受け入れることに広く開かれた形では、ルートテトラグラマトンhyh ( " " )と発音しなければならないとして"ヤハウェ" ( "彼が誰をもたらす" ; cf 。 exod 。 3時12分、 "私はあなたにして"と"私たちは私に"と、対14 ) 。 Regardless of the editorial decision of substituting LORD for yhwh or of using the divine name "Yahweh," the reader must keep in mind that LORD, Yahweh, or yhwh is the name of God that he revealed to his ancient people.社説に関係なく、意思決定のための代替yhwh主の神の名前を使用したり、 "ヤハウェは、 "読者のことを念頭に置いておく必要があります主よ、ヤハウェ、またはyhwhは神の名を明らかにして彼は彼の古代の人々だ。 In reading the text of the OT, one should develop a feeling for the usage of the name itself over against such usages as "God" or "Lord" (Exod. 3:15; 6:3; Pss. 102:16, 22; 113:1-3; 135:1-6; 148:5, 13). otでは、テキストを読んで、 1つの感情を開発するために利用すべきは、このような慣習法としての名前自体に反対する"神"や"主よ" ( exod. 3時15分、 6時03分; pss 。 102:16 、 22 ; 113:1-3 ; 135:1-6 ; 148:5 、 13 ) 。 The Messiah has a name, Jesus, so the God of the OT has revealed himself by a name yhwh and a blessing is lost when no attention is paid to the difference in usage of a title and the actual name of the God of Israel.救世主には、名前は、イエスキリストは、神のため、 ot yhwhの名前が明らかにされると、自分自身が失われた時に祝福していないが支払われる注目のタイトルと違い、実際の使用量は、神はイスラエルの名前です。

Let them praise the name of the LORD, for his name alone is exalted; his splendor is above the earth and the heavens.かれらを放任し、主の名前を褒めて、彼の名前を一人では、高貴な;彼の素晴らしさは、天と地の上にいる。

WA Van Gemeren神奈川県ヴァンgemeren
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Also, see:また、参照してください:
God
Arguments for the Existence of God 引数は、神の存在

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです