The Nicene Creed, Symbol of Faith (Orthodox)ニカイア信条は、信仰のシンボル(正統派)

General Information 総合案内

The Nicene Creed is the most widely accepted and used brief statements of the Christian Faith. ニカイア信条のは、最も広く受け入れられ、簡単な発言は、キリスト教の信仰を使用されています。 In liturgical churches, it is said every Sunday as part of the Liturgy. 典礼教会では、毎週日曜日によるとそれは一部として、典礼。 It is Common Ground to East Orthodox, Roman Catholics, Anglicans, Lutherans, Calvinists, and many other Christian groups. それは共通の地盤を東正統派は、ローマカトリック教徒は、 anglicans 、 lutherans 、 calvinists 、キリスト教と他の多くのグループです。 Many groups that do not have a tradition of using it in their services nevertheless are committed to the doctrines it teaches. グループの数が多くの伝統を持っていないにもかかわらずサービスを使用してそれを彼らには、教説のことを教えてコミットしています。

(Someone may ask, "What about the Apostles' Creed?" Traditionally, in the West, the Apostles' Creed is used at Baptisms, and the Nicene Creed at the Eucharist [AKA the Mass, the Liturgy, the Lord's Supper, or the Holy Communion.] The East uses only the Nicene Creed.) (要請する可能性は、 "何については、使徒信条ですか? "伝統的に、西の方では、使徒信条でbaptismsが使用されており、ニカイア信条は、聖体[別名、質量は、典礼は、主の晩餐、または、聖体拝領。 ]のみを使用し、東ニカイア信条です。 )

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Nicene Creedニカイア信条

Traditional Wording, used since around 1549伝統的な文言は、使用されて以来約1549

I believe in one God,私を信じて、神の1つは、
the Father Almighty,全能の父、
maker of heaven and earth,天と地のメーカーは、
and of all things visible and invisible;有形無形のすべてのものや;

And in one Lord Jesus Christ,とは1つの主イエスキリストは、
the only begotten Son of God,神のひとり子の息子だけで、
begotten of his Father before all worlds,全世界の前にひとり子の父親は、
God of God, Light of Light,神の神、光の光は、
very God of very God,非常に非常に神の神様は、
begotten, not made, begetの過去分詞形ではなく、前には、
being of one substance with the Father;している物質の1つの父;
by whom all things were made;すべてのことを誰があった;
who for us men and for our salvation男の人のために、私たちは私たちの救い
came down from heaven,天国から来たダウン、
and was incarnate by the Holy Ghostは、聖霊の化身とされる
of the Virgin Mary,のは、聖母マリアには、
and was made man;とは前の男;
and was crucified also for us under Pontius Pilate;そして我々のもとにもはりつけpontius pilate ;
he suffered and was buried;彼は苦しんで埋められていた;
and the third day he rose again彼は再び上昇し、 3日目
according to the Scriptures,聖書によると、
and ascended into heaven,天国へと昇って、
and sitteth on the right hand of the Father;そして、右手のsitteth父;
and he shall come again, with glory,そして彼は再び来るもので、栄光は、
to judge both the quick and the dead;判事の両方を生者と死者;
whose kingdom shall have no end.その王国は終わりがない。

And I believe in the Holy Ghost the Lord, and Giver of Life,私を信じていると、主の聖霊は、寄贈者の生活とは、
who proceedeth from the Father [and the Son]; proceedeth人の父親から[や息子] ;
who with the Father and the Son together父と息子たちと一緒に
is worshipped and glorified;崇拝とは、見せかけ;
who spake by the Prophets. speakの過去形では、預言者です。
And I believe one holy Catholic and Apostolic Church;と思うと1つの神聖なカトリック教会の使徒;
I acknowledge one baptism for the remission of sins; 1つの洗礼を認めるために私の罪の赦し;
and I look for the resurrection of the dead,と私を探すの死者のよみがえり、
and the life of the world to come.人生とは、世界に来ています。 AMEN.アーメン。


Nicene Creedニカイア信条

Modern (Western) Wording現代(西側)の言葉遣い

We believe in one God, 1つの神を信じる我々は、
the Father, the Almighty,父は、全能のは、
maker of heaven and earth,天と地のメーカーは、
of all that is, seen and unseen.すべてのことは、目に見えないと見られる。

We believe in one Lord, Jesus Christ,自分を信じて私たちの主は、イエスキリストは、
the only son of God,神の息子だけで、
eternally begotten of the Father,永遠のひとり子の父親は、
God from God, Light from Light,神からの神、光からの光は、
true God from true God,真の神からの真の神、
begotten, not made, begetの過去分詞形ではなく、前には、
of one being with the Father.父親の1つにしています。
Through him all things were made.彼を通してすべてのものがあった。
For us and for our salvation我々は我々の救いと
he came down from heaven:彼は天国から来たダウン:
by the power of the Holy Spirit聖霊の力によって
he became incarnate from the Virgin Mary,彼は、聖母マリアの化身から、
and was made man.とは前の男です。
For our sake he was crucified under Pontius Pilate;私たちのために十字架につけられていたために下pontius pilate ;
he suffered death and was buried.彼の死と苦しんで埋められていた。
On the third day he rose again彼は再び上昇して3日目
in accordance with the Scriptures;聖書に基づいて;
he ascended into heaven彼は天国に昇って
and is seated at the right hand of the Father.とは、装着には、右手の父親です。
He will come again in glory彼が来て、再び栄光
to judge the living and the dead,ザリビングデッドに判断すると、
and his kingdom will have no end.そして彼の王国は終わりがない。

We believe in the Holy Spirit, the Lord, the giver of life,わたしたちは、聖霊は、主には、寄贈者の生命、
who proceeds from the Father [and the Son].誰からの収益の父[や息子] 。
With the Father and the Sonで、父と息子
he is worshipped and glorified.彼は崇拝と見せかけています。
He has spoken through the Prophets.彼は、預言者を通して話されています。
We believe in one holy catholic and apostolic Church.我々と使徒を信じて1つの神聖なカトリック教会です。
We acknowledge one baptism for the forgiveness of sins.我々の洗礼を認めるための1つの罪の赦し。
We look for the resurrection of the dead,我々は、死者の復活を探すのは、
and the life of the world to come.人生とは、世界に来ています。 AMEN.アーメン。


Notes and Commentsメモやコメント

When the Apostles' Creed was drawn up, the chief enemy was Gnosticism, which denied that Jesus was truly Man; and the emphases of the Apostles' Creed reflect a concern with repudiating this error. その時使徒信条が描かれた時には、チーフグノーシス主義の敵は、これを否定し、イエスは、真に男; emphasisの複数形とは、使徒信条の懸念を反映するrepudiatingこのエラーが発生しています。

When the Nicene Creed was drawn up, the chief enemy was Arianism, which denied that Jesus was fully God.ニカイア信条だったときに描かれた時には、チーフアリウス主義の敵は、イエスが完全に神を否定しています。 Arius was a presbyter (elder) in Alexandria in Egypt, in the early 300's.アリウスは、祭司(長老)は、エジプトアレキサンドリアでは、 300人の早期のです。 He taught that the Father, in the beginning, created (or begot) the Son, and that the Son, in conjunction with the Father, then proceeded to create the world.彼は、父親の教えは、初めには、作成した(またはbegetの過去過去分詞)の息子、そしてその息子は、父親と共同して、次に進み、世界を作成しています。 The result of this was to make the Son a created being, and hence not God in any meaningful sense.その結果、これが作成され、息子を作ること、およびそのため、神は、いかなる意味で有意義です。 It was also suspiciously like the theories of those Gnostics and pagans who held that God was too perfect to create something like a material world, and so introduced one or more intermediate beings between God and the world.怪しそうだったように、またそれらの理論で開かれたgnosticsと多神教徒たちは、神があまりにも完璧な材料の世界のようなものを作成して、 1つまたは複数の中間に導入されているので、神との間に世界のです。 God created A, who created B, who created C, .神を作成し、作成者Bには、創られたカップ、です。 . . who created Z, who created the world.創られたZ社の世界を創られた。 Alexander, Bishop of Alexandria, sent for Arius and questioned him.アレキサンダーは、アレキサンドリアの司教が、事情聴取のために送られると彼アリウス。 Arius stuck to his position, and was finally excommunicated by a council of Egyptian bishops.アリウス彼のポジションに執着して、そして最後には、エジプトの司教協議会excommunicatedされる。 He went to Nicomedia in Asia, where he wrote letters defending his position to various bishops.ニコメディア彼はアジアでは、どこに手紙を書いた自分の立場を守る様々な司教。 Finally, the Emperor Constantine summoned a council of Bishops in Nicea (across the straits from modern Istanbul), and there in 325 the Bishops of the Church, by a decided majority, repudiated Arius and produced the first draft of what is now called the Nicene Creed.最後に、皇帝コンスタンティヌスの司教協議会に召喚するnicea (海峡横断イスタンブールから現代) 、そしてそこでは、 325の教会の司教は、過半数をすることを決定した、と否認したアリウスプロデューサの最初の草案は、今は何と呼ばれるのニカイア信条です。 A chief spokesman for the full deity of Christ was Athanasius, deacon of Alexandria, assistant (and later successor) to the aging Alexander.首席報道官は、キリストは神フルアタナシウス、アレクサンドリアの助祭は、アシスタント(およびそれ以降の後継)を、老朽化したアレクサンダー。 The Arian position has been revived in our own day by the Watchtower Society (the JW's), who explicitly hail Arius as a great witness to the truth.アリウス主義の立場を復活されて、私たちの社会の一日の望楼( jwの)は、明示的に雹アリウス人を証人としての偉大な真実だ。

I here print the Creed (modern wording) a second time, with notes inserted.ここに私の信条を印刷(近代的な言葉遣い) 、 2回目は、ノートに挿入している。

* We believe in one God, * 1つの神を信じる我々は、
* the Father, the Almighty, *父は、全能のは、
* maker of heaven and earth, *メーカーの天と地、
* of all that is, seen and unseen. *すべてのことは、目に見えないと見られる。

* We believe in one Lord, Jesus Christ, *私たちを信じて1つの主は、イエスキリストは、
* the only son of God, *神の息子だけで、

Here and elsewhere (such as John 1:14) where the Greek has MONOGENETOS HUIOS, an English translation may read either "only Son" or "only begotten Son."ここで、他の場所(例えばジョン1時14分)は、ギリシャのどこがmonogenetos huios 、英語への翻訳可能性のどちらかを読む"一人息子"または"生まれた息子だけです。 " The Greek is ambiguous.は、ギリシャのは、あいまいだ。 The root GEN is found in words like "genital, genetics, generation," and suggests begetting.ゲンの根のような言葉が見つかった"と性器、遺伝学、世代は、 " begettingと示唆した。 However, it is also found in words like "genus" and suggests family or sort or kind.しかし、それは言葉にも見られるように"属"と示唆家族や並べ替えたり親切です。 Accordingly, we may take MONOGENETOS to mean either "only begotten" or "one-of-a-kind, only, sole, unique."したがいまして、我々のどちらかを意味しmonogenetosかかることがあります"とだけ生まれた"または"の一種で、唯一、単独、ユニークです。 "

* eternally begotten of the Father, *永遠のひとり子の父親は、

Here the older translation has "begotten of the Father before all worlds."ここでは、古い翻訳"ひとり子は、父の前にすべての世界だ。 " One might suppose that this means, "before the galaxies were formed," or something of the kind.この1つの手段かもしれないと思っている、 "前に形成された銀河は、 "か何かのようだ。 But in fact the English word "world" used to mean something a little different.しかし、実際には英語の単語"世界"という意味に使われて何か少し違う。 It is related to "were" (pronounced "weer"), an old word for "man," as in "werewolf" or "weregild."これと関連して"とは" (発音" weer " )は、古い言葉は"男は、 "として、 "狼男"や"贖罪"と述べた。 (Compare with Latin VIR.) Hence a "world" was originally a span of time equal to the normal lifespan of a man. (ラテン語vir比較しています。 )したがって、 "世界"のタイムスパンは、もともとは、通常の寿命に等しいのような男だ。 Often in the KJV Bible, one finds "world" translating the Greek AION ("eon"), and a better translation today would be "age." kjv聖書は、しばしば、 1つ見つけた"世界"の翻訳は、ギリシャのアイオン( "累代" ) 、そして今日の翻訳をもっとよくなる"年齢"と述べた。 (Thus, for example, in Matthew 24:3, the question is one of "the end of the age," which makes it possible to understand what follows as a description of the destruction of Jerusalem in the year 70, and of the end of an era in the spiritual history of mankind. But I digress.) So here we have "begotten of the Father before all times, before all ages." (したがって、たとえば、マシュー24:3では、 1つの問題は、 "時代の終わりには、 "何かを理解させることの説明として、以下の通り、 70年には、エルサレムの破壊、そして最後には、一つの時代の精神的な人類の歴史だ。閑話休題。 )だからここで我々は"ひとり子は、父の前にすべての回は、すべての年齢層の前です。 " Arius was fond of saying, "The Logos is not eternal. God begat him, and before he was begotten, he did not exist."アリウスと言って気に入っているのは、 "永遠のロゴスではない。神begetの過去彼は、彼が生まれたとする前に、彼は存在しなかった"と述べた。 The Athanasians replied that the begetting of the Logos was not an event in time, but an eternal relationship. athanasians答えたのは、ロゴスbegettingして、イベントの時間ではないが、永遠の関係です。

* God from God, Light from Light, *神からの神、光からの光は、

A favorite analogy of the Athanasians was the following: Light is continuously streaming forth from the sun.お気に入りのアナロジーは、以下のathanasians :ライトが来たり、太陽からのストリーミング配信を継続します。 (In those days, it was generally assumed that light was instantaneous, so that there was no delay at all between the time that a ray of light left the sun and the time it struck the earth.) The rays of light are derived from the sun, and not vice versa. (その当時は、これは通常の光と仮定していた瞬間、遅延ではなかったので、すべての時間の間には、左側の光線、太陽と地球の時間を直撃することです。 )光線の由来は、日光浴をして、その逆ではない。 But it is not the case that first the sun existed and afterwards the Light.しかし、最初のケースではないことは、太陽の光の存在とその後です。 It is possible to imagine that the sun has always existed, and always emitted light.想像することが可能にして、太陽が常に存在し、常に放出される光です。 The Light, then, is derived from the sun, but the Light and the sun exist simultaneously throughout eternity.その光は、その後、太陽から派生したが、しかし、太陽の光と同時にを通して永遠に存在する。 They are co-eternal.かれらは永遠の共同。 Just so, the Son exists because the Father exists, but there was never a time before the Father produced the Son.ちょうど今、息子が存在するので、父が存在するが、そこまでの時間はなかったが、父のプロデューサの息子がいます。 The analogy is further appropriate because we can know the sun only through the rays of light that it emits.さらに、似ているのは知っていることができるため、適切な太陽の光を介してのみを排出しています。 To see the sunlight is to see the sun.太陽の光を見るためには、太陽を参照してください。 Just so, Jesus says, "He who has seen me has seen the Father."まさにそのとおりで、イエスキリストによれば、 "彼は私がこれまでに見てきた父と見られる"と述べた。 (John 14:9) (ヨハネ14時09分)

* true God from true God, *真の神からの真の神、
* begotten, not made, * begetの過去分詞形ではなく、前には、

This line was inserted by way of repudiating Arius' teaching that the Son was the first thing that the Father created, and that to say that the Father begets the Son is simply another way of saying that the Father has created the Son.この行に挿入された道のrepudiatingアリウス'教えることは、息子は、父親の最初のものを作成して、それによると、父親は息子begetsことを言っているのは、単に別の方法で作成し、父親は息子がいます。

Arius said that if the Father has begotten the Son, then the Son must be inferior to the Father, as a prince is inferior to a king.アリウスによると、父親の場合、息子が生まれたのは、それから下の息子をしなければならないの父は、下にあるとして、王子は、王様です。 Athanasius replied that a son is precisely the same sort of being as his father, and that the only son of a king is destined himself to be a king.アタナシウスと回答して、正確に同じ種類の息子は、父親れているとして、それだけでは、国王の息子の運命に身を王にする。 It is true that an earthly son is younger than his father, and that there is a time when he is not yet what he will be.それは事実だが、この世の息子は、父親よりも若いし、時間があるときは、彼はまだ彼には何です。 But God is not in time.しかし、時間の神ではない。 Time, like distance, is a relation between physical events, and has meaning only in the context of the physical universe.時間は、距離のように、物理的なイベントの間に関係がある、との意味だけでは、物理的な文脈の中の宇宙です。 When we say that the Son is begotten of the Father, we do not refer to an event in the remote past, but to an eternal and timeless relation between the Persons of the Godhead.と言うときには、私たちの息子はひとり子の父親は、我々のイベントではありませんを参照して、リモート過去には、しかし、時代を超越して、永遠の関係者の間では、神性。 Thus, while we say of an earthly prince that he may some day hope to become what his father is now, we say of God the Son that He is eternally what God the Father is eternally.従って、我々は、この世の王子と言うと彼はいくつかの日に何を期待して、父親になるが今、私たちの神の息子と言うのは彼がどのような神の永遠の父は永遠です。

* of one being with the Father. *している父親の1つです。

This line: "of one essence with the Father, of one substance with the Father, consubstantial with the Father," (in Greek, HOMO-OUSIOS TW PATRI) was the crucial one, the acid test.このセリフ: "の1つに、父親の本質は、物質の1つで、父は、父と同本質は、 " (ギリシャ語で、ホモ- tw ousiosパトリ)が、決定的な1つは、酸性テストを実行します。 It was the one formula that the Arians could not interpret as meaning what they believed.それは、 1つの処方して何の意味として解釈することができなかったariansてくれると信じています。 Without it, they would have continued to teach that the Son is good, and glorious, and holy, and a Mighty Power, and God's chief agent in creating the world, and the means by which God chiefly reveals Himself to us, and therefore deserving in some sense to be called divine.それなしには、彼らが継続して息子を教えるのが良い、と栄光、と聖は、強大な権力とは、神の主任代理人とは、世界の作成、および主な手段を明らかに自分自身を私たちの神、それゆえに値する神と呼ばれるいくつかのが理にかなっています。 But they would have continued to deny that the Son was God in the same sense in which the Father is God.だがかれらが継続的に否定することは、神の息子と同じ感覚で、父親は神様です。 And they would have pointed out that, since the Council of Nicea had not issued any declaration that they could not accept, it followed that there was room for their position inside the tent of Christian doctrine, as that tent had been defined at Nicea.そして彼らはあるということを指摘し、以来、任意の協議会が発行niceaなかった宣言を受け入れることができるとは、それを自分の部屋に続いて掲載順位があることは、キリスト教の教義の内側のテントは、テントとしてのことでniceaが定義されています。 Arius and his immediate followers would have denied that they were reducing the Son to the position of a high-ranking angel.アリウスとその追随者の即時否定していたが、息子を減らすの位置の高位天使。 But their doctrine left no safeguard against it, and if they had triumphed at Nicea, even in the negative sense of having their position acknowledged as a permissible one within the limits of Christian orthodoxy, the damage to the Christian witness to Christ as God made flesh would have been irreparable.しかし、彼らの教義を守るための手段が残っていない、とtriumphedでniceaもしかれらが、否定的な意味でも、自分の立場として認められることの1つの範囲内で許容正教キリスト教、キリスト教の損傷を証人として神の前にキリストの肉取り返しのつかないがされています。

Incidentally, HOMOOUSIOS is generally written without the hyphen.ちなみに、書面なしでは通常、ハイフンhomoousios 。 The OU (in Greek as in French) is pronounced as in "soup", "group", and so on, and the word has five syllables HO-mo-OU-si-os, with accents on first and third, as shown.そのou (ギリシャ語としてのフランス語)は、発音としては、 "スープ" 、 "グループ" 、といったように、そしてその言葉には、ミズーリ州の5つの音節浩ou市- OSのは、アクセントにして初めて、第3に示すように、 。 The Greek root HOMO, meaning "same," is found in English words like "homosexual" and "homogenized", and is not to be confused with the Latin word HOMO, meaning "man, human".ルートは、ギリシャのホモ、という意味"と同じですが、 "言葉が見つからないように英語で"同性愛者"と"均質化" 、混同してはならないとは、ラテン語の単語ホモ、意味の"男は、人間の" 。

The language finally adopted in the East was that the Trinity consists of three HYPOSTASES (singular HYPOSTASIS) united in one OUSIA.言葉の最後に採択されたことで、東は、 3つのトリニティhypostasisの複数形(単数下位)ユナイテッドousia 1つです。 The formula used in the West, and going back at least to Tertullian (who wrote around 200, and whose writings are the oldest surviving Christian treatises written in Latin), is that the Trinity consists of three PERSONAE (singular PERSONA) united in one SUBSTANTIA.式で使用され、西欧では、少なくともに戻ろうとtertullian (約200人の書いた、その記述とは、ラテン語で書かれた最古の論文を生き延びたキリスト教)は、トリニティのは、 3つの構成員の1つ(単数ペルソナ)ユナイテッドsubstantia 。 In English, we say "Three Persons in one Substance."英語では、私たちが言う" 3人で1つの物質です。 " Unfortunately, the Greek HYPO-STASIS and the Latin SUB-STANTIA each consists of an element meaning "under, below" (as in "hypodermic", "hypothermia", etc) followed by an element meaning "stand".残念なことに、ギリシャ語、ラテン語ハイポ-うっ滞およびサブstantia各構成要素を意味する"の下には、以下のとおり" (としては、 "皮下" 、 "低体温"など)を意味する要素次いで"スタンド"です。 Thus it was natural for a Greek-speaker, reading a Latin document that referred to One SUBSTANTIA to substitute mentally a reference to One HYPOSTASIS, and to be very uncomfortable, while a Latin-speaker would have the same problem in reverse.つまりそれは自然には、ギリシャ語話者は、文書を読んでいるラテン語substantiaを代用して精神的に言及して1つ1つのリファレンスを下位は、非常に居心地の悪いとされるのに対して、ラテン語のスピーカーが同じ問題を逆にしています。 Thus the seeds were sown for a breakdown of communication.したがって、種子が作付面積の内訳は、コミュニケーションです。

* Through him all things were made. *を通して彼のすべてのものがあった。

This is a direct quote from John 1:3.これは、直接ジョン1時03分からの引用。 Before the insertion of the HOMO-OUSIOS clause, this line immediately followed "begotten, not made."挿入する前に、ホモ- ousios条項は、このセリフ直後"ひとり子は、前にない"と述べた。 The two lines go naturally together. 2行一緒に行くのは当然だ。 The Son is not a created thing.息子が作成したものではありません。 Rather, He is the agent through Whom all created things come to be.むしろ、彼はすべての人の代理店を通じて作成されるようになるものです。 Inserting the HOMO-OUSIOS at this point breaks up the flow, and if I had been present at the Council of Nicaea, I would have urged the bishops to insert it one line further down instead.ホモ- ousios挿入して休憩するの流れをこの時点で、もしも私がいたとは、現在のニカイア公会議は、私がそれを求めたの司教の1つの行を挿入する代わりにさらなるダウン。 In the older translation, in particular, someone reading the Creed is likely to understand it as referring to "The Father by whom all things were made."古い訳では、特に、読書する可能性を理解することは、信条として言及し、 "すべての人の父のことが行われる"と述べた。 The newer translation, by revising the English wording, makes this misreading less likely.新しめの翻訳は、英語の文言を改正し、これにより読み誤りに少ないようだ。

* For us and for our salvation我々と我々の救いのため*

The older translation has, "for us men."古い翻訳は、 "私たちの男性です。 " Now, while English has in common current usage the one word "man" to do duty both for gender-inclusive ("human") and for gender-specific ("male"), Latin has "homo, homin-" for gender-inclusive and "vir" for gender-specific, while Greek has "anthropos" for gender-inclusive and "aner, andro-" for gender-specific.さて、現在使用中の英語の共通点は、 1つの単語"男"の両方の義務を行うための包括的性別( "人間" )とは特定のジェンダー( "男性" )は、ラテン語の"ホモは、人間"を性別-インクルーシブと" vir "を性別に特異的で、ギリシャ語の" anthropos "のための包括的性別や" aner 、雄蕊"を性別に特異的です。 (Given the demand for a similar distinction in English, I have been arguing for a gender-inclusive use of "man", and the revival of the older word "were" (as in "werewolf" and "weregild") in the gender-specific sense. But so far I have had but scant success.) Where the older translation of the Creed is used, with its "for us men" at this point, a feminist might consider complaining of sexist language. (与えられた需要を英語で似たような区別は、私が主張するための包括的使用性別"男"で、古い言葉の復活"は、 " (としては、 "狼男"と"贖罪" )は、ジェンダー特有の感覚です。しかし、今のところ私は成功したが乏しい。 )古い翻訳の信条はどこが使用され、その"男性のための私たち"現時点では、性差別のフェミニストの言語に苦情を申し立てることを検討するかもしれない。 But the Greek and Latin wording here are both gender-inclusive, and so a feminist, reading the Creed in either of those languages, ought to find nothing that will upset him.しかし、ここでは両方ともギリシャ語とラテン語の文言男女共同包括的で、というわけで、フェミニストとは、読んで、これらの言語のいずれかの信条は、何も見つけることがあるべき姿だと彼の調子が悪い。

* he came down from heaven: *彼は天国から来たダウン:
* by the power of the Holy Spirit *聖霊の力によって
* he became incarnate from the Virgin Mary, *彼は、聖母マリアの化身から、
* and was made man. *とは前の男です。
* For our sake he was crucified under Pontius Pilate; *下には我々のために十字架につけられていたpontius pilate ;
* he suffered death and was buried. *彼の死と苦しんで埋められていた。

You will note that the older translation has here simply, "He suffered and was buried" (Latin, "passus et sepultus est").過去のことに注意して、ここで簡単に翻訳が、 "彼は苦しんで埋められていた" (ラテン語で、 " passus et sepultus est "を参照) 。 Apparently by the time of Nicea, it was no longer necessary to emphasize, to spell out unmistakably, that Christ had really died at Calvary, as it had been spelled out in the Apostles' Creed. nicea明らかにされた時に、それは、もはや必要を強調するために、スペルアウトして紛れもなく、それは、キリストが実際に死亡したカルバリー、スペルアウトされていたことは、使徒信条です。 And indeed, I have never heard anyone try to argue that the Creed here leaves a loophole for those who want to believe that Jesus merely swooned on the Cross.そして実際、私は誰にも聞いたことがないと主張してみてください、信条をここで葉人のための抜け穴をしたいと考えて単にイエスキリストの十字架上swooned 。 So apparently the Nicene Fathers were right in supposing that their language would not be misunderstood.だからニカイアの祖先は、どうやら正しいと仮定して、彼らの言語ではない誤解されています。 However, the framers of the new translation decided to make the meaning unmistakable and to close this particular loophole.しかし、新たな翻訳framersの独特の意味を作ることを決めたと、この特定の抜け穴を閉じる。 And I for one am not sorry.申し訳ありませんが、私のための1つではありません。

* On the third day he rose again * 3日目にして彼は再び上昇
* in accordance with the Scriptures; *聖書に基づいて;

The wording here is borrowed from 1 Corinthians 15:4.ここでは、言葉遣いから借りた1コリンチャンス15時04分です。 The older translation has "according to the Scriptures," which in terms of modern language is misleading.古い翻訳は、 "聖書によると、 "これは誤解を招くの点で現代言語です。 Today, when we say, "It will rain tomorrow, according to the weatherman," we mean, "The weatherman says that it will rain, but whether he is right is another question."今日、私たちが言うとき、 "それは明日雨は、天気予報によると、 "我々の意味は、 "雨の天気予報によれば、それは、しかし彼が正しいかどうかは別の問題だ。 " And this is clearly not what either St. Paul or the Nicene Fathers had in mind.これはどちらかを明確にしないとは何か、ニカイア聖パウロの祖先を念頭に置いていた。 The newer translation is an improvement.新しめの翻訳が改善した。 I would have suggested, "in fulfillment of the Scriptures," which is clearly what is meant.私が提案した"とは、聖書の充足感は、 "これは何を意味を明確にした。

* he ascended into heaven *彼は天国に昇って
* and is seated at the right hand of the Father. *とは、装着には、右手の父親です。
* He will come again in glory to judge the living and the dead, *栄光を再び彼が来ると判断し、リビングデッド、
* and his kingdom will have no end. *と彼の王国は終わりがない。
*
* We believe in the Holy Spirit, the Lord, the giver of life, *私たちを信じて、聖霊は、主には、寄贈者の生命、
* who proceeds from the Father [and the Son]. *誰からの収益の父[や息子] 。

The words shown in brackets, "and from the Son," are a Western addition to the Creed as it was originally agreed on by a Council representing the whole Church, East and West.金具の言葉に示され、 "と息子からは、 "西洋には、それに加えて、信条としては、もともと理事会で合意して全体を代表する教会は、東と西。 They correspond to the Latin word FILIOQUE (FILI = Son, -O = from, -QUE = and; pronounced with accent on the O), and the controversy about them is accordingly known as the Filioque controversy.ラテン語の単語に対応してfilioque (糸=息子は、 - o =から、 - que =や;発音してアクセントは、 O ) 、およびそれらの論争については、それに応じて、 filioque論争として知られています。

If we are looking for a statement that can be taken as common ground by all Christians, East and West alike, it clearly cannot include the FILIOQUE.もし我々が探して撮影することができる声明は、すべてのキリスト教徒としての共通の基盤は、東西を問わず、それを明確にすることはできませんfilioque含まれています。 On the other hand, Western Christians will be unwilling to have it supposed that they are repudiating the statement that the Spirit proceeds jointly from Father and Son.その半面、西洋のキリスト教徒がされることを意に沿わぬrepudiatingされているはずの収入が共同声明の精神にしてから父親と息子だ。 I accordingly suggest that we print the Creed with the FILIOQUE either in brackets or omitted altogether, but with the understanding that, while assenting to the resulting statement does not commit anyone to belief in the Dual Procession of the Spirit, neither does it commit anyone to disbelief in the Dual Procession.したがって、私の信条を示唆して我々のfilioque印刷用金具のどちらかまたは省略された場合は完全ではなく、理解した上で、その結果をassenting誰にもコミットしていない声明は、二重の行列の信念の精神は、誰にもされないことにコミットする信じられない思いで、二重の行列。

I reserve extensive comments on the Dual Procession, the history of the belief, and the reasons for and against believing in it, for a separate essay, called CREED FILIOQUE.私のコメントが、大規模な準備デュアル行列は、歴史の信念、と信じることに反対する理由とは、別のエッセイ、 filioque信条と呼ばれる。

* With the Father and the Son he is worshipped and glorified. *で、彼は父親と息子崇拝と見せかけています。
* He has spoken through the Prophets. *彼は、預言者を通じて話されています。

This line was directed against the view that the Holy Spirit did not exist, or was not active, before Pentecost.この行には反対するとの見解を指示聖霊が存在しなかったため、またはアクティブではない、聖霊降臨日の前です。

* We believe in one holy catholic and apostolic Church. *私たちを信じて1つの神聖なカトリック教会とローマ教皇のです。

Many Christians from various backgrounds will want to know, "Precisely what would I be agreeing to if I signed this?"キリスト教徒は、より多くの様々な背景を知りたいのは、 "正確にはどうすればよいこれに同意して登録すればよいですか? " The definition of catholic and catholicity is contained in the introduction to this book.カトリック教カトリックの定義とは、はじめにこの本に含まれています。

* We acknowledge one baptism for the forgiveness of sins. *私たちの洗礼を認めるための1つの罪の赦し。
* We look for the resurrection of the dead, *私たちは、死者の復活を探すのは、
* and the life of the world to come. *人生とは、世界に来ています。 AMEN.アーメン。

James E. Kiefer e.ジェームスキーファー


The Nicene Creed, Symbol of Faith (Orthodox)ニカイア信条は、信仰のシンボル(正統派)

(This reference is NOT necessarily referring to the Orthodox Church) (このリファレンスを参照するとは、必ずしも正教会)

Advanced Information 高度情報

(The following is an excerpt from our presentation on the Second Ecumenical Council, the First Council of Constantinople, of 381 AD) (次の例は、私たちのプレゼンテーションからの抜粋して2番目のエキュメニカル協議会は、最初のコンスタンティノポリス公会議は、 381の広告)

The Holy Creed Which the 150 Holy Fathers Set Forth, Which is Consonant with the Holy and Great Synod of Nice [206]. 150聖なる聖なる父の信条を定める、これは偉大な会議や子音の聖なるニース[ 206 ] 。

(Found in all the Collections in the Acts of the Council of Chalcedon.) (発見さは、すべてのコレクションは、評議会chalcedon行為です。 )

Introductory Note.入門メモです。

The reader should know that Tillemont (Mémoires, t. ix., art. 78 in the treatise on St. Greg. Naz.) broached the theory that the Creed adopted at Constantinople was not a new expansion of the Nicene but rather the adoption of a Creed already in use.読者は知っておくべきことティユモン( mémoires 、 t. 9 。 、芸術です。論文では、 78セントのグレッグ。 nazです。 ) broachedという説を採択コンスタンティノープル信条ではない、新たな展開は、養子縁組のではなく、むしろニカイアクリード既に使用する。 Hefele is of the same opinion (Hist. of the Councils, II., p. 349), and the learned Professor of Divinity in the University of Jena, Dr. Lipsius, says, of St. Epiphanius: "Though not himself present at the Ecumenical Council of Constantinople, ad 381, which ensured the triumph of the Nicene doctrine in the Oriental Churches, his shorter confession of faith, which is found at the end of his Ancoratus, and seems to have been the baptismal creed of the Church of Salamis, agrees almost word for word with the Constantinopolitan formula."ヘーフェレは、同じ意見( hist.の協議会は、 Ⅱ 。 、 p. 349 ) 、および神性を学んだのは、大学の教授イエナ、リプシウス博士によると、聖聖エピファニオス: "存在するわけではありませんが自分自身でエキュメニカルコンスタンティノポリス公会議には、 381の広告は、これを保障ドクトリンの勝利は、東洋のニカイア教会は、彼の信仰告白短く、これは彼の末に見つけたancoratus 、としてきたようだ信条は、教会の洗礼サラミスは、ほぼ逐語的に同意してconstantinopolitanフォーミュラです。 " (Smith and Wace, Dict. Chr. Biog., sv Epiphanius). (ウェイススミスとは、辞書です。 chr 。 biog 。 、聖エピファニオスsv ) 。 "The Ancoratus," St. Epiphanius distinctly tells us, was written as early as ad 374, and toward the end of chapter cxix., he writes as follows. " ancoratus 、 "聖聖エピファニオスはっきりと教えてくれる、早ければ広告が書かれた374 、そしてcxix章の終わりに向かっています。 、彼に書き込みます以下のとおりです。 "The children of the Church have received from the holy fathers, that is from the holy Apostles, the faith to keep, and to hand down, and to teach their children. To these children you belong, and I beg you to receive it and pass it on. And whilst you teach your children these things and such as these from the holy Scriptures, cease not to confirm and strengthen them, and indeed all who hear you: tell them that this is the holy faith of the Holy Catholic Church, as the one holy Virgin of God received it from the holy Apostles of the Lord to keep: and thus every person who is in preparation for the holy laver of baptism must learn it: they must learn it themselves, and teach it expressly, as the one Mother of all, of you and of us, proclaims it, saying." "子供たちは、教会から受け取ったが、聖なる父、聖なる使徒から、それは、信仰を維持し、ダウンを手にし、彼らの子供たちに教える。これらの子供たちに属する場合は、それを受信すると、あなた恵ん合格しています。教えるあなたとあなたの子供たちの間でこれらのことから、このような聖書には、中止を強化していないことを確認し、すべての人の音が聞こえると本当にあなた:ていることを知らせるこれは、神聖な信仰は、神聖なカトリック教会は、聖処女の一つとして受け取ったことから、聖なる神の使徒は、主に保つ:こうしてすべての人は、海苔の準備のため、聖なる洗礼することを学ぶ必要があります:それ自体を学ぶしなければならない、と明示することを教えるように、 1つのすべての母は、私たちがあなたとは、それproclaims 、と言っています。 " Then follows the Creed as on page 164.次に、以下のページを信条として164 。

We believe in one God, the Father Almighty, maker of heaven and earth and of all things visible and invisible. 我々は1つの神を信じ、全能の父、天と地とメーカーの有形無形のすべてのものです。 And in one Lord Jesus Christ, the only begotten Son of God, begotten of his Father before all worlds, Light of Light, very God of very God, begotten not made, being of one substance with the Father, by whom all things were made. とは1つの主イエスキリストは、神のみ生まれた息子は、父親の前に全世界に生まれたのは、ライトの光は、非常に非常に神の神様は、ひとり子は前には、 1つの物質をしているが、父は、すべてのことが行われる人。 Who for us men and for our salvation came down from heaven and was incarnate by the Holy Ghost and the Virgin Mary, and was made man, and was crucified also for us under Pontius Pilate. 男の人のために、我々は我々の救いとは、天から来たダウンの化身とされる聖霊は、聖母マリアには、男とは前には、我々のもとでも、はりつけpontius pilate 。 He suffered and was buried, and the third day he rose again according to the Scriptures, and ascended into heaven, and sitteth at the Right Hand of the Father. 彼とは、苦しんで埋没し、 3日目によると、彼は再び上昇聖書は、天国へと昇って、右手のsittethの父親です。 And he shall come again with glory to judge both the quick and the dead. そして彼は、栄光に判断して戻って来る生者と死者の両方です。 Whose kingdom shall have no end. その王国は終わりがない。 (I) ( ⅰ )

And [we believe] in the Holy Ghost, the Lord and Giver-of-Life, who proceedeth from the Father, who with the Father and the Son together is worshipped and glorified, who spake by the prophets.そして[私たち]は、聖霊は、主の寄贈者の生活とは、誰からproceedeth父親は、息子たちの父と一緒には、見せかけの崇拝とは、預言者たちによってspeakの過去形。 And [we believe] in one, holy, (II) Catholic and Apostolic Church.そして[私たち]の1つで、神聖なこと、 ( ii )のカトリック教会とローマ教皇のです。 We acknowledge one Baptism for the remission of sins, [and] we look for the resurrection of the dead and the life of the world to come. 1つの洗礼を認めるための我々の罪の赦し、 [ ]を探しますオブザデッド復活の人生とは、世界に来ています。 Amen.アーメン。

Note I.メモi.

This clause had already, so far as the meaning is concerned, been added to the Nicene Creed, years before, in correction of the heresy of Marcellus of Ancyra, of whose heresy a statement will be found in the notes on Canon I. of this Council.この条項はすでに、これまでのところは、関係者の意味としては、追加されて、ニカイア信条は、何年も前には、補正は、異端のアンキラマルケルスのは、声明では異端者が発見されるキヤノンの注意事項i.本評議会です。 One of the creeds of the Council of Antioch in Encæniis (ad 341) reads: "and he sitteth at the right hand of the Father, and he shall come again to judge both the quick and the dead, and he remaineth God and King to all eternity."信条の1つは、評議会のアンティオキアで読み取りますencæniis (広告341 ) : "と彼は、右手のsittethの父、そして彼は戻って来るのを判断する生者と死者の両方を、そして彼は神と王をremainethすべての永遠です。 " [207] [ 207 ]

Note II.注2世です。

The word "Holy" is omitted in some texts of this Creed, notably in the Latin version in the collection of Isidore Mercator.という言葉を"神聖な"が省略された場合、このテキストはいくつかの信条は、特にラテンバージョンでは、メルカトルisidoreのコレクションです。 Vide Labbe, Conc., II., 960.見よラベー静脈、 conc 。 、 Ⅱ 。 、 960 。 Cf. cf 。 Creed in English Prayer-Book.英語の本を信条に祈りをささげる。

Notes.注意事項です。

The Creed Found in Epiphanius's Ancoratus (Cap. cxx.) [208]聖エピファニオスの信条見つかったのancoratus ( cap. cxxのです。 ) [ 208 ]

We believe in one God the Father Almighty, maker of heaven and earth, and of all things visible and invisible: and in one Lord Jesus Christ, the only begotten Son of God, begotten of the Father before all worlds, that is of the substance of the Father, Light of Light, very God of very God, begotten not made, consubstantial with the Father: by whom all things were made, both in heaven and earth: who for us men and for our salvation came down from heaven, and was incarnate of the Holy Ghost and the Virgin Mary, and was made man, was crucified also for us under Pontius Pilate, and suffered, and was buried, and on the third day he rose again according to the Scriptures, and ascended into heaven, and sitteth on the right hand of the Father, and from thence he shall come again with glory to judge both the quick and the dead, whose kingdom shall have no end. 私たちの父全能の神を信じて1つは、メーカーの天と地、そしてすべての目に見えるものと見えない: 1つの主イエスキリストとは、神のみ生まれた息子は、父親の前には、すべての世界に生まれた、それは、物質その父は、光の光は、非常に非常に神の神様は、ひとり子は前には、父と同本質:すべてのことを誰も前には、天と地の両方で:男の人のために我々は我々の救いと天国から来たダウンし、は、聖霊の化身とは、聖母マリアには、男とは前には、我々のもとにもはりつけpontius pilate 、および苦しんで、埋没とは、再び上昇して3日目によると、彼は、聖書は、天国へと昇って、そして、右手のsitteth父、そしてそこから彼は、栄光に判断して戻って来る生者と死者の両方に、その王国は終わりがない。 And in the Holy Ghost, the Lord and Giver of life, who proceedeth from the Father; who, with the Father and the Son together is worshipped and glorified, who spake by the prophets: in one holy Catholic and Apostolic Church. とは、聖霊は、主の寄贈者の生活とは、人の父からproceedeth ;者は、父と息子と一緒には、見せかけの崇拝とは、預言者たちによってspeakの過去形: 1つの神聖なカトリック教会とローマ教皇のです。 We acknowledge one baptism for the remission of sins; we look for the resurrection of the dead, and the life of the world to come. 1つの洗礼を認めるための我々の罪の赦し;我々の復活を探すオブザデッド、そして世界での生活をして来ています。 And those who say that there was a time when the Son of God was not, and before he was begotten he was not, or that he was of things which are not, or that he is of a different hypostasis or substance, or pretend that he is effluent or changeable, these the Catholic and Apostolic Church anathematizes. と言う人たちがいたときがあった神の御子ではない、と彼の前に彼はひとり子ではない、あるいはしていたものではないのか、または、彼は、別の下位または物質、またはふりをして彼は廃水または変更の可否は、これらのカトリック教会と法王anathematizes 。

Epiphanius thus continues:聖エピファニオスこうして続く:

"And this faith was delivered from the Holy Apostles and in the Church, the Holy City, from all the Holy Bishops together more than three hundred and ten in number." "と、この信仰から配信されたとは、聖使徒教会は、聖市からのすべての聖なる司教一緒で310以上の番号です。 "

"In our generation, that is in the times of Valentinus and Valens, and the ninetieth year from the succession of Diocletian the tyrant, [209] you and we and all the orthodox bishops of the whole Catholic Church together, make this address to those who come to baptism, in order that they may proclaim and say as follows:" "私たちの世代は、時代のものは、バレンティヌスとヴァレンス、とディオクレティアヌス90分の1年連続の暴君から、 [ 209 ]あなたと私たちとのすべての正統派カトリック教会の司教は、全体を合わせ、このアドレスを作る人来て洗礼者は、恐らくかれらは言う宣言すると、以下の通り: "

Epiphanius then gives this creed:次に、この聖エピファニオス与え信条:

We believe in one God, the Father Almighty, maker of all things, invisible and visible. 我々は1つの神を信じ、全能の父、すべてのメーカーのものは、目に見えないと見える。 And in one Lord Jesus Christ the Son of God, begotten of God the Father, only begotten, that is of the substance of the Father, God of God, Light of Light, very God of very God, begotten not made, being of one substance with the Father, by whom all things were made, both which be in heaven and in earth, whether they be visible or invisible. とは1つの主イエスキリスト神の御子は、神のひとり子の父親は、ひとり子だけ、それは、物質の父親は、神の神、光の光は、非常に非常に神の神様は、ひとり子は前には、 1つに物質で、父は、すべてのことを誰も前には、両方の中には天と地、目に見えるかどうかが見えない。 Who for us men and for our salvation came down, and was incarnate, that is to say was conceived perfectly through the Holy Ghost of the holy ever-virgin Mary, and was made man, that is to say a perfect man, receiving a soul, and body, and intellect, and all that make up a man, but without sin, not from human seed, nor [that he dwelt] in a man, but taking flesh to himself into one holy entity; not as he inspired the prophets and spake and worked [in them], but was perfectly made man, for the Word was made flesh; neither did he experience any change, nor did he convert his divine nature into the nature of man, but united it to his one holy perfection and Divinity. 男の人のために、私たちは私たちの救いが下がって、化身とは、それは完全に考えられたと言っていたが、聖なる聖霊を通して刻々と聖母マリアは、男とは前には、完璧な男を言うことは、魂を受信する、および体、および知性は、すべてを構成して、一人の男が、罪なしではなく、人間の種子から、また[力説して彼]は一人の男が、肉を服用して自分自身を1つの神聖なエンティティ;ない預言者としての彼の着想を得たspeakの過去と働いたと[ 、かれら]は、完璧だったが、前の男は、その言葉は前に肉;どちらも彼は何か変化を経験し、また彼は彼の神の性質を変換する性質の男が、それを彼の1つの神聖な完ぺきユナイテッドと教理。

For there is one Lord Jesus Christ, not two, the same is God, the same is Lord, the same is King.主イエスキリストのためには1つではなく、 2人は、同じ神は、同じことが主よ、王は、同じです。 He suffered in the flesh, and rose again, and ascended into heaven in the same body, and with glory he sat down at the right hand of the Father, and in the same body he will come in glory to judge both the quick and the dead, and of his kingdom there shall be no end.彼は苦しんでは、肉、そして再び上昇し、天に昇っては、同じボディには、栄光として腰を下ろした彼は、右手には、父は、身体とは、同じで彼が来るの栄光を判断すると、両方のクイック死んでは、彼の王国とそこは終わりではない。

And we believe in the Holy Ghost, who spake in the Law, and preached in the Prophets, and descended at Jordan, and spake in the Apostles, and indwells the Saints.聖霊を信じていると我々は、誰speakの過去の法では、預言者と説教では、ヨルダンとの子孫で、使徒とspeakの過去形で、その聖人とindwells 。 And thus we believe in him, that he is the Holy Spirit, the Spirit of God, the perfect Spirit, the Spirit the Comforter, uncreate, who proceedeth from the Father, receiving of the Son (ek tou Patros ekporeuomenon, kai ek tou Huiou lambanomenon), and believed on.こうして私たちは彼を信じ、彼は、聖霊が、神の精神は、完璧な精神は、精神の掛けぶとん、抹殺、誰からproceedeth父は、息子の受理( ek patros ekporeuomenonタウ、タウhuiouカイek lambanomenon ) 、と考えられています。 (kai pisteuomenon, which the Latin version gives in quem credimus; and proceeds to insert, Præterea credimus in unam, etc. It certainly looks as if it had read pisteuomen, and had belonged to the following phrase.) (カイpisteuomenon 、どのバージョンには、ラテン語quem credimus ;収益を挿入すると、 præterea credimusで雲岩などのことのように見えることは確かpisteuomen読んでいた、とは、次のフレーズに属しています。 )

[We believe] in one Catholic and Apostolic Church. [私たち] 1つのカトリック教会とローマ教皇のです。 And in one baptism of penitence, and in the resurrection of the dead, and the just judgment of souls and bodies, and in the Kingdom of heaven and in life everlasting.と後悔して1つの洗礼、とは、死者のよみがえり、との判断だけで、遺体の魂は、天国とは、人生とは永遠だ。

And those who say that there was a time when the Son was not, or when the Holy Ghost was not, or that either was made of that which previously had no being, or that he is of a different nature or substance, and affirm that the Son of God and the Holy Spirit are subject to change and mutation; all such the Catholic and Apostolic Church, the mother both of you and of us, anathematizes.と言う人たちがいたときがあったの息子ではない、あるいは聖霊のではない場合、またはそのいずれかは前にはなかったが、以前のもの、またはその彼は、別の物質の性質や、と断言して神の御子と聖霊は、予告なしに変更と変異;など、すべてのカトリック教会と法王は、母親の両方のあなたと私たちは、 anathematizes 。 And further we anathematize such as do not confess the resurrection of the dead, as well as all heresies which are not in accord with the true faith.さらに我々のようなanathematizeと告白していない死者の復活だけでなく、すべてのheresiesで合意されていない真の信仰しています。

Finally, you and your children thus believing and keeping the commandments of this same faith, we trust that you will always pray for us, that we may have a share and lot in that same faith and in the keeping of these same commandments.最後に、あなたとあなたの子供たちのためと信じて、この同じ信仰を維持するための戒めのは、我々を信頼することは、いつも私たちのために祈る、それを共有する可能性があると我々の多くは同じ信仰とは、保管してこれらの戒めと同じです。 For us make your intercessions, you and all who believe thus, and keep the commandments of the Lord in our Lord Jesus Christ, through whom and with whom, glory be to the Father with the Holy Spirit for ever and ever.お客様のintercessions作るために私たちは、こうしてあなたとすべての信仰する者、そして、主の十戒を守るのはわたしたちの主イエスキリストは、誰と誰を通して、栄光にして、聖霊の父のためにこれまでとなりました。 Amen.アーメン。


Footnotes脚注

[206] This is the title in the Acts of the IVth Council. [ 206 ]これは、タイトルの行為は、評議会ivth 。 Labbe, Conc., iv., 342.ラベー静脈、 conc 。 、 4世です。 、 342 。 [207] Soc., HE, II., 10; Soz., HE, III. [ 207 ]インフラ。 、彼は、 Ⅱ 。 、 10 ; soz 。 、彼は、 3世です。 5; Athanas., De Synod., C. xxij. 5 ; athanas 。 、ド会議です。千佳子xxij 。 [208] I have used Petavius's edition, Cologne, 1682; there are some differences in the various editions about the numbering of the chapters, and this seems to be the origin of the curious mistake Hefele makes in confounding the longer with the shorter creed. [ 208 ]ペタヴィウスのモードで使用されて私は、ケルン、 1682 ;いくつかありますが、様々なエディションの違いについては、ナンバリングの支部は、これと思われるとの起源は、好奇心の間違いで交絡ヘーフェレにより短くして、長文の信条です。 [209] This would be the year 374, that is to say seven years before this Second Ecumenical Council which was held at Constantinople in 381. [ 209 ]これは、 374年には、 7年前のことを言うが、この第2コンスタンティノポリス公会議が開かれたが、 381 。


The Nicene Creedそのニカイア信条

Catholic Information カトリック情報

As approved in amplified form at the Council of Constantinople (381), it is the profession of the Christian Faith common to the Catholic Church, to all the Eastern Churches separated from Rome, and to most of the Protestant denominations.形態としては、承認を増幅さコンスタンティノポリス公会議( 381 ) 、それは、職業は、キリスト教の信仰に共通して、カトリック教会は、すべての東方教会から分離してローマでは、ほとんどのプロテスタント宗派としています。

Soon after the Council of Nicaea new formulas of faith were composed, most of them variations of the Nicene Symbol, to meet new phases of Arianism.ニカイア公会議の後間もなく、新たな信仰の数式で構成された、彼らのほとんどは、バリエーションニカイアシンボルは、新たな段階のアリウス主義を満たしています。 There were at least four before the Council of Sardica in 341, and in that council a new form was presented and inserted in the Acts, though not accepted by the council.少なくとも4つあったsardicaで341の前の理事会、および理事会で、新しいフォームを挿入していた行為を提示し、理事会に受け入れられるわけではありません。 The Nicene Symbol, however, continued to be the only one in use among the defenders of the Faith.シンボルのニカイアは、しかし、継続的には1つだけで、守備陣の間では、信仰を使用しています。 Gradually it came to be recognized as the proper profession of faith for candidates for baptism.それを徐々に来たと認識されるため、適切な信仰告白バプテスマの候補です。 Its alteration into the Nicene-Constantinopolitan formula, the one now in use, in usually ascribed to the Council of Constantinople, since the Council of Chalcedon (451), which designated this symbol as "The Creed of the Council of Constantinople of 381" had it twice read and inserted in its Acts.その変化をニカイア- constantinopolitanフォーミュラは、現在使用中の1つは、生得的には、通常のコンスタンティノポリス公会議は、評議会以来、 chalcedon ( 451 )で、このシンボルとして指定"の信条は、コンスタンティノポリス公会議の381 "とは2回に挿入されたことを読み、その行為だ。 The historians Socrates, Sozomen, and Theodoret do not mention this, although they do record that the bishops who remained at the council after the departure of the Macedonians confirmed the Nicene faith.ソクラテスの歴史学者、 sozomen 、そしてこのtheodoret言及しないが、彼らは引き続き記録して、司教たちは、評議会の後、出発macedoniansニカイアの信仰を確認した。 Hefele (II, 9) admits the possibility of our present creed being a condensation of the "Tome" (Greek tomos), ie the exposition of the doctrines concerning the Trinity made by the Council of Constantinople; but he prefers the opinion of Rémi Ceillier and Tillemont tracing the new formula to the "Ancoratus" of Epiphanius written in 374.ヘーフェレ( ⅱ 、 9 )の可能性を認めている私たちの現在の信条を凝縮した"トメ" (ギリシャ語で展示中) 、すなわち、万博の教説に関するコンスタンティノポリス公会議で作られるトリニティ;しかし、彼の意見を好むrémi ceillierそして、新しい方式をティユモントレーシング" ancoratus "の聖エピファニオス374で書かれています。 Hort, Caspari, Harnack, and others are of the opinion that the Constantinopolitan form did not originate at the Council of Constantinople, because it is not in the Acts of the council of 381, but was inserted there at a later date; because Gregory Nazianzen who was at the council mentions only the Nicene formula adverting to its incompleteness about the Holy Ghost, showing that he did not know of the Constantinopolitan form which supplies this deficiency; and because the Latin Fathers apparently know nothing of it before the middle of the fifth century.ホルト、カスパーリ、ハルナック、および他の意見がなかったことに由来するフォームconstantinopolitanコンスタンティノポリス公会議では、その行為をされていないためには、評議会の381ではなく、後からそこに挿入された日付;のでnazianzenグレゴリー評議会言及していただけで、その不完全性ニカイアフォーミュラadvertingについては、聖霊が、彼はそれを知らないということを示す形での供給は、この欠損constantinopolitan ;とは、ラテン語の祖先の前に明らかにすることは何も知らないのは、 5番目の真ん中世紀です。

The following is a literal translation of the Greek text of the Constantinopolitan form, the brackets indicating the words altered or added in the Western liturgical form in present use:以下は、テキストを直訳したのは、ギリシャのconstantinopolitanフォームでは、金具を示す言葉を改変または追加する形では、現在使用中西部典礼:

We believe (I believe) in one God, the Father Almighty, maker of heaven and earth, and of all things visible and invisible.私たちの神(と思う)の1つで、全能の父、天と地のメーカー、および有形無形のすべてのものです。 And in one Lord Jesus Christ, the only begotten Son of God, and born of the Father before all ages.とは1つの主イエスキリストは、神のみ生まれた息子は、父親の前では、すべての年齢層で生まれています。 (God of God) light of light, true God of true God. (神の神)ライトの光は、真の神の真の神です。 Begotten not made, consubstantial to the Father, by whom all things were made.子を生まれる前には、父と同本質には、すべてのものを誰が行われた。 Who for us men and for our salvation came down from heaven.男の人のために我々は我々の救いと天国から来たダウンします。 And was incarnate of the Holy Ghost and of the Virgin Mary and was made man; was crucified also for us under Pontius Pilate, suffered and was buried; and the third day rose again according to the Scriptures.とは、聖霊の化身と、聖母マリアとは前の男;はりつけpontius pilateの下でも私たちは、苦しんでは、埋設;と3日目によると、聖書は再び上昇した。 And ascended into heaven, sits at the right hand of the Father, and shall come again with glory to judge the living and the dead, of whose Kingdom there shall be no end.天国へと昇って、動作は、右手の父は、栄光にして戻って来るとは、生活と判断し、死者は、その王国の最後にあるものではない。 And (I believe) in the Holy Ghost, the Lord and Giver of life, who proceeds from the Father (and the Son), who together with the Father and the Son is to be adored and glorified, who spoke by the Prophets.と(思う)は、聖霊は、主の寄贈者の生活とは、誰からの収益の父親(息子と)さんと一緒に、父と息子が崇拝されると見せかけ、スポークでは、預言者です。 And one holy, catholic, and apostolic Church.聖と1つは、カトリック教徒は、教会や使徒です。 We confess (I confess) one baptism for the remission of sins.我々告白(私は告白する)ために、罪の赦しの洗礼の1つです。 And we look for (I look for) the resurrection of the dead and the life of the world to come.そして我々は(私を探す) 、死者のよみがえりとの生活を世界中の人々に来ています。 Amen."アーメン。 "

In this form the Nicene article concerning the Holy Ghost is enlarged; several words, notably the two clauses "of the substance of the Father" and "God of God," are omitted as also are the anathemas; ten clauses are added; and in five places the words are differently located.このフォームで、ニカイアに関する記事は、聖霊の肥大;いくつかの単語は、特に2つの節"は、物質の父"と"神の神"が省略された場合は、 anathemasとしても、 10人が追加条項;とはそれは言葉では、 5つの異なった場所に位置しています。 In general the two forms contain what is common to all the baptismal formulas in the early Church.一般的に、何が共通して2つのフォームを含むすべての数式の初めに教会の洗礼。 Vossius (1577-1649) was the first to detect the similarity between the creed set forth in the "Ancoratus" and the baptismal formula of the Church at Jerusalem. vossius ( 1577年から1649年)は、最初の間の類似性を検出し、その信条に定める" ancoratus "とは、教会で洗礼式エルサレムです。 Hort (1876) held that the symbol is a revision of the Jerusalem formula, in which the most important Nicene statements concerning the Holy Ghost have been inserted.ホルト( 1876 )で開かれた改正して、エルサレムのシンボルは、式で、最も重要なニカイア聖霊に関する記述が挿入されています。 The author of the revision may have been St. Cyril of Jerusalem (315-386).著者は、改正され可能性があるエルサレムの聖キュリロス聖(三百十五から三百八十六) 。 Various hypotheses are offered to account for the tradition that the Niceno-Constantinopolitan symbol originated with the Council of Constantinople, but none of them is satisfactory.様々な仮説を説明するためには、伝統を提供してniceno - constantinopolitanシンボル発祥のコンスタンティノポリス公会議では、かれらは、しかし、いずれも満足のいくものです。 Whatever be its origin, the fact is that the Council of Chalcedon (451) attributed it to the Council of Constantinople, and if it was not actually composed in that council, it was adopted and authorized by the Fathers assembled as a true expression of the Faith.どのようにその起源は、その事実chalcedonのは、評議会( 451 ) 、コンスタンティノポリス公会議に起因して、実際にはないとすれば、その理事会の構成は、認可することが採択されると、父親としての真の組み立て式の信仰です。 The history of the creed is completed in the article Filioque.信条の歴史は、その記事の中でfilioqueが完了します。 (See also: ARIUS; EUSEBIUS OF CAESAREA) (参考:アリウス;ユーセビアスのcaesarea )

Publication information Written by J. Wilhelm.ヴィルヘルムj.書かれた文献の情報です。 Transcribed by Fr. fr転写される。 Rick Losch.レッシュリックします。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームxi 。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認は、 1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Nicene Creed (in English, translated from the Greek)ニカイア信条(英語では、ギリシャ語からの翻訳)

Orthodox Church Textテキスト正教会

I believe in one God, the Father, the Almighty, Creator of heaven and earth, and of all things visible and invisible.私を信じて、神の1つは、父は、全能の神、天と地の創造者、および有形無形のすべてのものです。

And in one Lord, Jesus Christ, the only begotten Son of God, begotten of the Father before all ages.とは1つの主は、イエスキリストは、神のみ生まれた息子は、父親の前には、すべての年齢層に生まれた。 Light of Light, true God of true God, begotten, not created, of one essence with the Father, through whom all things were made.ライトの光は、真の神の真の神は、ひとり子は、作成されていない、自分の父親の本質は、すべてのものを誰が行われた。

For us and for our salvation, He came down from heaven and was incarnate by the Holy Spirit and the Virgin Mary and became man.我々は我々の救いとは、彼が下がってからは、天国と聖霊の化身とされる、聖母マリアとなった男だ。

He was crucified for us under Pontius Pilate, and He suffered and was buried.彼は私たちのもとpontius pilate十字架につけられ、そして彼とは、苦しんで埋められている。

On the third day He rose according to the Scriptures. 3日目は、聖書によれば、彼はローズ。

He ascended into heaven and is seated at the right hand of the Father.彼は天国へと昇っては、右手に装着では、父親です。

He will come again in glory to judge the living and the dead.栄光を再び彼が来ると判断し、リビングデッドです。 His kingdom will have no end.彼の王国は終わりがない。

And in the Holy Spirit, the Lord, the Giver of Life, who proceeds from the Father, who together with the Father and the Son is worshipped and glorified, who spoke through the prophets.とは、聖霊は、主には、寄贈者の生活は、父親からの収入の人は、誰と一緒に、父と息子は見せかけの崇拝とは、預言者を通じてスポークです。

In one, holy, catholic, and apostolic Church. 1つは、聖なる、カトリック教徒は、教会や使徒です。

I acknowledge one baptism for the forgiveness of sins.私の洗礼を認めるための1つの罪の赦し。

I expect the resurrection of the dead.私は、死者の復活を期待しています。

And the life of the age to come.人生とは、年齢に来ています。 Amen.アーメン。


Also, see:また、参照してください:
Council of Nicaea ニカイア公会議


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです