Saint Peterサンピエトロ

General Information 総合案内

Saint Peter was the most prominent of Jesus Christ's disciples.サンピエトロ大で、最も顕著なのは、イエスキリストの弟子です。 Originally named Simon son of Jonah (Matt. 16:17), he was given the Aramaic name Cephas by Jesus or the early church; the name means "rock" and is translated into Greek as Peter.もともと名前のサイモンの息子ジョナ( matt. 16時17分) 、彼は与えられたシーファスされたイエスキリストのアラム語の名前や初期の教会;の名前を意味する"ロック"とは、ギリシャ語に翻訳されるとして、ピーターです。

All that is known of Peter's life before he was called by Jesus is that he was a Galilean fisherman with a brother named Andrew.すべてのことが知られていたが、ピーターと呼ばれる彼の人生を前に、イエスは、彼の弟では、ガリレイ漁師アンドリューという名前です。 Peter is mentioned numerous times in the Gospels and first 15 chapters of Acts.ピーターは、何度も言及は、最初の15の支部とgospels行為です。 He is pictured as a leader and spokesman of the disciples; he identifies Jesus as Messiah (Mark 8:27; Matt. 16:16) and is selected as the rock on which the church will be built (Matt. 16:18).彼は、リーダーとしての写真と広報担当者は、弟子;彼は救世主としてイエスキリストを識別(マーク8時27分;マットです。 16時16分)に選ばれたとは、岩の上には教会が建設される( matt. 16時18分) 。 He is several times mentioned with the brothers James and John, with whom he witnesses the Transfiguration and Jesus' agony in Gethsemane.彼は数回にわたって言及して兄弟のジェームズとジョンは、目撃者の心に適う変貌して、イエスの苦しみの中ゲッセマネ。 After Jesus' arrest Peter denies knowing him three times and later repents his denial (Matt. 26:69-75; John 18:10-27).後にイエスの逮捕を知って彼を否認ピーターrepents 3回以降の彼の否定( matt. 26:69-75 ;ジョン18:10-27 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In Acts, Peter is a leader in the Jerusalem church and engages in missionary activity in Samaria, Galilee, Lydda, Sharon, and Joppa.行為では、ピーターは、エルサレム教会の指導者は、宣教活動に携わっているとサマリア、ガリラヤ、 lydda 、シャロン、およびjoppa 。 He favors admission of Gentiles into the church but occupies a middle position between James (the "brother" of Jesus), who wants to keep Christianity very Jewish in practice, and Paul, who wishes to minimize requirements for Gentile converts.彼の恩恵をgentiles入場の教会の間の中間的立場を占めるしかしジェームズ(以下"弟"イエス)は、非常にユダヤキリスト教を維持したい人に実際には、ポールとは、人の願いを最小限に抑えるための要件はジェンティーレに変換します。

The New Testament says nothing about Peter's life after his presence at the meeting in Jerusalem with James and Paul (Acts 15).新約聖書によれば、ピーターの人生について何も彼の存在感は、会議の後、エルサレムでジェームズとポール(行為15 ) 。 Later sources say that Peter went to Rome, was martyred (64-68) under Nero, and buried on Vatican Hill.後で筋によれば、ピーターに行ったことローマは、ネロが殉教(六四〜六八)の下で、バチカンの丘に埋葬している。 Evidence concerning his presence, activity, and death in Rome is slight.彼の存在を示す証拠については、活動し、ローマでは、わずかな死。

New Testament documents assign Peter a variety of roles.新約聖書の文書のさまざまな役割を割り当てるピーターです。 He is seen as a missionary fisherman, pastoral shepherd, martyr, recipient of special revelation, confessor of the true faith, magisterial protector, healer, and repentant sinner.彼は宣教師として見られて漁師は、羊飼いの牧歌、殉教者は、受信者の特別な啓示は、懺悔の真の信仰は、権威のあるプロテクター、ヒーラー、と後悔している罪人です。 These roles and images help explain the wealth of later stories and legends surrounding Peter and his high status in Christian literature, including his role in Roman Catholic belief as founder of the papacy.これらの画像を助ける役割と後で説明する豊富なストーリーや伝説ピーターと彼を取り巻く状況はキリスト教の高い文学賞など、自分の信念としての役割を果たすローマカトリックのローマ教皇の創始者です。 The two Epistles of Peter are ascribed to Peter, although the attribution is questioned.ピーターは、 2つの書簡のピーター生得的には、その帰属は、事情聴取にもかかわらずだ。 Many postbiblical books were also produced in his name, notably the Acts of Peter. postbiblical産生される多くの書籍でも彼の名前は、特にその行為のピーターです。 Feast day: June 29 (with Saint Paul).宴会日: 6月29日(セントポール) 。

Anthony J. Saldariniアンソニーj. saldarini

Bibliography: 参考文献:
Brown, R., et al., eds., Peter in the New Testament (1973); Cullmann, Oscar, Peter, Disciple, Apostle, Martyr, trans.ブラウンは、共和党、ら。 、 EDS社。 、ピーターは、新約聖書( 1973年) ;クルマン、オスカー、ピーター、弟子、使徒、殉教者、トランスです。 by FV Filson, 2d ed. fvフィルソンによっては、 2次元エド。 (1962); Murphy, WF, Upon This Rock (1987); O'Connor, DW, Peter in Rome (1969); Taylor, WM, Peter, The Apostle (1990); Thomas, WH, The Apostle Peter: His Life and Writings (1984); Winter, Michael M., Saint Peter and the Popes (1960; repr. 1979). ( 1962年) ;マーフィー、ワリスフツナ諸島、その上で、この岩( 1987 ) ;オコナー、 dw 、ピーターローマ( 1969 ) ;テイラー、 WMには、ピーターは、使徒( 1990 ) ;トーマス、 wh 、使徒ペテロ:彼の人生と記述( 1984 ) ;冬には、マイケルm. 、聖ペトロと教皇( 1960 ; repr 。 1979年) 。


Saint Peterサンピエトロ

Advanced Information 高度情報

Peter, originally called Simon (=Simeon , ie, "hearing"), a very common Jewish name in the New Testament.ピーターは、もともとサイモンと呼ばれる( =シメオン、すなわち、 "公聴会" )は、非常に共通の名前は、新約聖書のユダヤ人です。 He was the son of Jona (Matt. 16:17).彼は、息子のjona ( matt. 16時17分) 。 His mother is nowhere named in Scripture.彼の母親は、どこでもなく啓典にちなんでいます。 He had a younger brother called Andrew, who first brought him to Jesus (John 1:40-42).彼は弟と呼ばれるアンドリューは、最初の人の彼をもたらしたイエス(ヨハネ1:40-42 ) 。 His native town was Bethsaida, on the western coast of the Sea of Galilee, to which also Philip belonged. bethsaida生まれ故郷の町には、西側の海岸は、ガリラヤ湖は、フィリップにも所属しています。 Here he was brought up by the shores of the Sea of Galilee, and was trained to the occupation of a fisher.ここで育てられた彼は、ガリラヤ湖の海岸には、訓練を受けたとは、フィッシャーの占領しています。 His father had probably died while he was still young, and he and his brother were brought up under the care of Zebedee and his wife Salome (Matt. 27:56; Mark 15:40; 16:1).彼の父親が死亡しながら、おそらく彼はまだ若いし、彼と彼の弟がゼベダイのケアの下で育つと彼の妻サロメ( matt. 27:56 ;マーク15:40 ;午前16時01分) 。 There the four youths, Simon, Andrew, James, and John, spent their boyhood and early manhood in constant fellowship.そこの4つの若者は、サイモン、アンドリュー、ジェームス、とジョンは、自分の少年時代を過ごしたとの交わりの早期男らしさの定数です。

Simon and his brother doubtless enjoyed all the advantages of a religious training, and were early instructed in an acquaintance with the Scriptures and with the great prophecies regarding the coming of the Messiah.サイモンとその弟の疑いのすべてのメリットを享受し、宗教的な訓練は、早期に指示するとは面識がないとして、聖書の偉大な予言については、今後の救世主です。 They did not probably enjoy, however, any special training in the study of the law under any of the rabbis.彼らは、おそらく楽しんで、しかし、特別な訓練は、いかなる法律の下での研究のいずれかのラビです。 When Peter appeared before the Sanhedrin, he looked like an "unlearned man" (Acts 4:13).ピーターサンヘドリンの前に現れたとき、彼のように"無学な男" (行為の午前4時13分) 。 "Simon was a Galilean, and he was that out and out......The Galileans had a marked character of their own. They had a reputation for an independence and energy which often ran out into turbulence. They were at the same time of a franker and more transparent disposition than their brethren in the south. In all these respects, in bluntness, impetuosity, headiness, and simplicity, Simon was a genuine Galilean. "サイモンは、ガリレイ、と彼は、 ...... galileansアウトしてアウトとは、キャラクターには、独自のマークです。彼らは独立性に定評があるとエネルギーを使い果たしてしまった乱れていることが多いです。かれらは同時にfranker時間は、より透明な気質とは、韓国よりも自分の兄弟です。で、これらすべての点では、無愛想では、性急な行動は、 headiness 、シンプルさと、サイモンは、正規のガリレオだ。

They spoke a peculiar dialect.彼らは独特の方言。 They had a difficulty with the guttural sounds and some others, and their pronunciation was reckoned harsh in Judea.彼らは困難で、他のいくつかの喉音や、自分の発音とは、ユダヤの過酷な無視。 The Galilean accent stuck to Simon all through his career.ガリレイのアクセントに執着して、彼のキャリアを通じてすべてのサイモン。 It betrayed him as a follower of Christ when he stood within the judgment-hall (Mark 14:70).彼にそれを裏切ったときにキリストの信奉者としての彼の判断に立っていたホール内(印14:70 ) 。 It betrayed his own nationality and that of those conjoined with him on the day of Pentecost (Acts 2:7)." It would seem that Simon was married before he became an apostle. His wife's mother is referred to (Matt. 8:14; Mark 1:30; Luke 4:38). He was in all probability accompanied by his wife on his missionary journeys (1 Cor. 9:5; comp. 1 Pet. 5:13).それを裏切ったことは、自分の国籍と結ばれた彼には、それらの聖霊降臨日(行為2時07分) 。 "どうやらのようであるサイモンは、結婚する前に、彼は使徒です。言及し、妻の母親は、 ( matt. 8時14分;マーク1:30 ;ルーク4時38分)です。彼は、すべての確率を伴う彼の妻にして宣教の旅( 1うわっ。 9時05分;伴奏。 1ペットです。 5時13分) 。

He appears to have been settled at Capernaum when Christ entered on his public ministry, and may have reached beyond the age of thirty.彼が定着して表示されるときには、キリストカペナウム入力して自分の公共省は、可能性があると30歳の年齢に達した超えています。 His house was large enough to give a home to his brother Andrew, his wife's mother, and also to Christ, who seems to have lived with him (Mark 1:29, 36; 2:1), as well as to his own family.彼の家は、大規模なホームページを十分に与え、弟のアンドリューは、妻の母親は、キリストとしても、彼に住んだことがある人のように(マーク午前1時29分、 36 ; 2:1 )は、自分の家族だけでなく、 。 It was apparently two stories high (2:4).どうやらこれは2つのストーリー高( 2時04分) 。 At Bethabara (RV, John 1:28, "Bethany"), beyond Jordan, John the Baptist had borne testimony concerning Jesus as the "Lamb of God" (John 1:29-36).でbethabara (右室、ジョン1時28分、 "ベサニー" )は、ジョーダンを超えて、ジョンの負担バプテストいたとして、イエスキリストに関する証言を"神の子羊" (ヨハネ1:29-36 ) 。 Andrew and John hearing it, followed Jesus, and abode with him where he was.アンドリューとジョン聴聞会には、イエスキリストの後、彼はどこと彼の住まいです。

They were convinced, by his gracious words and by the authority with which he spoke, that he was the Messiah (Luke 4:22; Matt. 7:29); and Andrew went forth and found Simon and brought him to Jesus (John 1:41).かれらは確信し、彼の優雅さの権威とされる言葉と彼は、その彼は、救世主(ルーク4 : 22 ;マットです。 7時29分) ;とアンドリューサイモンが見つかりました行った来たりすると、彼をもたらしたイエスキリスト(ジョン1 : 41 ) 。 Jesus at once recognized Simon, and declared that hereafter he would be called Cephas, an Aramaic name corresponding to the Greek Petros, which means "a mass of rock detached from the living rock."イエスキリストを一度に認識サイモンは、来世と宣言したシーファス彼が呼ばれると、アラム語、ギリシャ語に対応するペトロス名前で、つまり"岩の塊岩の生活から切り離された"と述べた。 The Aramaic name does not occur again, but the name Peter gradually displaces the old name Simon, though our Lord himself always uses the name Simon when addressing him (Matt. 17:25; Mark 14:37; Luke 22:31, comp. 21:15-17).再び、アラム語の名前は発生しませんが、徐々にピーターの名前、古い名前displacesサイモンが、私たちの主ご自身の名前を常に使用する際サイモンアドレッシングギフト( matt. 17 : 25 ;マーク14時37分、 22時31分ルークは、伴奏。 21:15-17 ) 。 We are not told what impression the first interview with Jesus produced on the mind of Simon.我々の最初の印象を与えるものではないとのインタビューでは、イエスキリストの心のサイモンプロデューサ。 When we next meet him it is by the Sea of Galilee (Matt. 4:18-22).次に会うときに彼にされたことは、ガリラヤ湖( matt. 4:18-22 ) 。

There the four (Simon and Andrew, James and John) had had an unsuccessful night's fishing.そこの4つ(サイモンとアンドリューは、ジェームズとジョン)が失敗した場合には、夜の釣りです。 Jesus appeared suddenly, and entering into Simon's boat, bade him launch forth and let down the nets.突然現れたイエスは、シモンのボート入ると、彼の打ち上げ命じた来たりすると、ネット見殺しにする。 He did so, and enclosed a great multitude of fishes.だから彼は、大多数の魚を同封します。 This was plainly a miracle wrought before Simon's eyes.これははっきりとサイモンの目の前に奇跡を念入りに仕上げた。 The awe-stricken disciple cast himself at the feet of Jesus, crying, "Depart from me; for I am a sinful man, O Lord" (Luke 5:8).畏怖の念に襲われたのは、自分自身の弟子キャストフィートのイエス様は、泣いているのは、 "私からの出発;ために私は、罪深い男で、主よ" (ルカ5時08分) 。 Jesus addressed him with the assuring words, "Fear not," and announced to him his life's work.イエスは彼を力づけるような言葉を宛て、 "恐れることはない、 "彼の人生と彼の作品を発表しています。 Simon responded at once to the call to become a disciple, and after this we find him in constant attendance on our Lord.サイモンが回答をまとめて、コールを弟子になることは、私たちを見つけると、この後、彼は私たちの主定数出席している。 He is next called into the rank of the apostleship, and becomes a "fisher of men" (Matt. 4:19) in the stormy seas of the world of human life (Matt. 10:2-4; Mark 3:13 19; Luke 6:13-16), and takes a more and more prominent part in all the leading events of our Lord's life.彼は次のランクには、使徒の職と呼ばれる、となる"とフィッシャーの男たち" ( matt. 4時19分)は、世界の海は大荒れの人間の生命( matt. 10:2-4 ;マーク3時13分19 ;ルカによる福音書6:13-16 )とは、ますます顕著に参加するすべてのメインイベントの主の命です。

It is he who utters that notable profession of faith at Capernaum (John 6:66-69), and again at Caesarea Philippi (Matt. 16:13-20; Mark 8:27-30; Luke 9:18-20).特筆すべきことは彼の職業の人の信仰をしてuttersカペナウム(ヨハネ6:66-69 ) 、そして再びcaesareaフィリッピ( matt. 16:13-20 ;マーク8:27-30 ;ルーク9:18-20 ) 。 This profession at Caesarea was one of supreme importance, and our Lord in response used these memorable words: "Thou art Peter, and upon this rock I will build my church."このcaesarea職業では最高の1つの重要性、そして我々の記憶に残る主に応じてこれらの言葉に使われる: "なたピーターは、この岩の時、私は私の教会を築く"と述べた。 "From that time forth" Jesus began to speak of his sufferings. "その時点で来たりするから"自分の苦しみを話すイエスが始まった。 For this Peter rebuked him.このピーターは彼を叱責した。 But our Lord in return rebuked Peter, speaking to him in sterner words than he ever used to any other of his disciples (Matt. 16:21-23; Mark 8:31-33).しかし、わたしたちの主は戻りを叱責ピーター、スターナーに言えば、彼は言葉を使用して、他よりも彼はこれまでの彼の弟子( matt. 16:21-23 ;マーク8:31-33 ) 。

At the close of his brief sojourn at Caesarea our Lord took Peter and James and John with him into "an high mountain apart," and was transfigured before them.彼は、短期の滞在でcaesareaを閉じるわたしたちの主は、ピーターとジェイムズとジョンと彼を"高い山を離れて、 "とはtransfigured前にしてください。 Peter on that occasion, under the impression the scene produced on his mind, exclaimed, "Lord, it is good for us to be here : let us make three tabernacles" (Matt. 17:1-9).ピーターはその場、そのシーンの印象の下で生産される彼の心は、叫んだ、 "主よ、それは私たちのために良いのページ: 3 tabernacles作るみましょう" ( matt. 17:1-9 ) 。 On his return to Capernaum the collectors of the temple tax (a didrachma, half a sacred shekel), which every Israelite of twenty years old and upwards had to pay (Ex. 30:15), came to Peter and reminded him that Jesus had not paid it (Matt. 17:24-27).彼の復帰をカペナウムには、寺のコレクター税( didrachma 、聖なる半シケル)は、イスラエルの20歳で、すべてが上向きに支払う(例: 30:15 )は、ピーターがイエスとしていた彼を思い浮かべた有給ないこと( matt. 17:24-27 ) 。

Our Lord instructed Peter to go and catch a fish in the lake and take from its mouth the exact amount needed for the tax, viz., a stater, or two half-shekels.私たちの主の指示に行くと、ピーターは、湖の魚を捕まえると、口の中から、正確な金額を取るために必要な税制、 viz 。 、州、または2つのハーフshekels 。 "That take," said our Lord, "and give unto them for me and thee." "それを取る氏は、 "わたしたちの主は、 "わたしとかれらとなたに与える"と述べた。 As the end was drawing nigh, our Lord sent Peter and John (Luke 22:7-13) into the city to prepare a place where he should keep the feast with his disciples.終わりが近付いてデッサンとしては、主に送信ピーターとジョン(ルーク22:7-13 )を準備している場所に、市続けるべき彼は、彼の弟子ごちそうしている。 There he was forewarned of the fearful sin into which he afterwards fell (22:31-34). forewarned彼はそこには、恐ろしい罪に落ちた彼はその後( 22:31-34 ) 。 He accompanied our Lord from the guest-chamber to the garden of Gethsemane (Luke 22:39-46), which he and the other two who had been witnesses of the transfiguration were permitted to enter with our Lord, while the rest were left without.彼は私たちの主からのユーザーに同行して、庭のチャンバーゲッセマネ(ルカによる福音書22:39-46 )で、彼は、他の2つの変貌していたが、目撃者の許可を入力してわたしたちの主は、なしに残りのままになっていた。

Here he passed through a strange experience.ここで彼は奇妙な経験を通過しています。 Under a sudden impulse he cut off the ear of Malchus (47-51), one of the band that had come forth to take Jesus.出来心で彼のもとを断つに耳を傾けてmalchus (四十七から五十一)は、 1つのバンドを取ることが、罷り出る時、イエスです。 Then follow the scenes of the judgment-hall (54-61) and his bitter grief (62).判断した後、次のシーンは、ホール( 54〜61 )と彼の苦い悲しみ( 62 ) 。 He is found in John's company early on the morning of the resurrection.彼はジョンの会社の早期発見の朝には、復活している。 He boldly entered into the empty grave (John 20:1-10), and saw the "linen clothes laid by themselves" (Luke 24:9-12).彼は果敢に入力すると、空の墓(ヨハネ20:1-10 ) 、およびのこぎりの"亜麻布の服を自分でレイアウト" (ルカ24:9-12 ) 。 To him, the first of the apostles, our risen Lord revealed himself, thus conferring on him a signal honour, and showing how fully he was restored to his favour (Luke 24:34; 1 Cor. 15:5).彼には、最初の使徒は、明らかに私たちの上昇の主自身は、このように協議して彼の名誉の信号、および表示方法を完全に回復した彼は彼の恩恵(ルカ24:34 ; 1うわっ。 15時05分) 。 We next read of our Lord's singular interview with Peter on the shores of the Sea of Galilee, where he thrice asked him, "Simon, son of Jonas, lovest thou me?"我々は我々の次のページを読む単数主のインタビューで、ピーターは、ガリラヤ湖の岸が、そこには三度に誘われ、 "サイモンは、ジョナスの息子は、なたlovestていただけませんか? " (John 21:1-19). (ヨハネ21:1-19 ) 。

After this scene at the lake we hear nothing of Peter till he again appears with the others at the ascension (Acts 1:15-26).このシーンの後は、我々の音さたもない湖のピーター再び表示されるまで彼は、昇天して、他の(行為1:15-26 ) 。 It was he who proposed that the vacancy caused by the apostasy of Judas should be filld up.それは彼によって引き起こされる人の欠員を提案して、背教のユダfilldアップしなければならない。 He is prominent on the day of Pentecost (2:14-40).彼は著名な聖霊降臨日の当日( 2:14-40 ) 。 The events of that day "completed the change in Peter himself which the painful discipline of his fall and all the lengthened process of previous training had been slowly making. He is now no more the unreliable, changeful, self-confident man, ever swaying between rash courage and weak timidity, but the stead-fast, trusted guide and director of the fellowship of believers, the intrepid preacher of Christ in Jerusalem and abroad. The events of that day "completed the change in Peter himself which the painful discipline of his fall and all the lengthened process of previous training had been slowly making. He is now no more the unreliable, changeful, self-confident man, ever swaying between発疹のtimidity勇気と弱いが、代わりに高速で、信頼のおけるガイドとの交わりのディレクターの信者は、キリストの説教師イントレピッドエルサレム内外のです。

And now that he is become Cephas indeed, we hear almost nothing of the name Simon (only in Acts 10:5, 32; 15:14), and he is known to us finally as Peter." After the miracle at the temple gate (Acts 3) persecution arose against the Christians, and Peter was cast into prison. He boldly defended himself and his companions at the bar of the council (4:19, 20). A fresh outburst of violence against the Christians (5:17-21) led to the whole body of the apostles being cast into prison; but during the night they were wonderfully delivered, and were found in the morning teaching in the temple. A second time Peter defended them before the council (Acts 5: 29-32), who, "when they had called the apostles and beaten them, let them go." The time had come for Peter to leave Jerusalem.今となっては彼がシーファス実際、我々の名前は、ほとんど何も聞いてシモン( 10時05行為だけで、 32 ;午前15時14分) 、そして最後に彼は私たちとして知られているピーターです。 "奇跡の後は、山門(行為3 )キリスト教徒に対する迫害が起こりました、そしてピーターは刑務所に投げ込まれる。大胆に彼自身と彼の仲間擁護のバーでは、評議会( 4時19分、 20 ) 。新鮮なキリスト教徒に対する暴力のほとばしり( 5時17分-21 )を中心に、全身のキャストに投獄され、使徒;しかし、彼らは夜の間に配達すばらしく、および見つかった同寺では、午前中の授業。 、かれらの前に2回目のピーター擁護評議会(行為5 : 29 -32 )は、人は、 "使徒と呼ばれていたときに殴られて、かれらに行くよ"の時期が来たピーターエルサレムを離れる。

After labouring for some time in Samaria, he returned to Jerusalem, and reported to the church there the results of his work (Acts 8:14-25).サマリアlabouringためにはいくつかの時間後には、エルサレムに戻った彼は、教会にあると報告して彼の仕事の結果(行為8:14-25 ) 。 Here he remained for a period, during which he met Paul for the first time since his conversion (9:26-30; Gal. 1:18).彼はここでは、期間中、彼に会った時にポール以来、初めて彼のコンバージョン( 9:26-30 ;ギャル。 1時18分) 。 Leaving Jerusalem again, he went forth on a missionary journey to Lydda and Joppa (Acts 9:32-43).エルサレム残し繰り返しますが、彼は来たりして旅をするlydda宣教師とjoppa (行為9:32-43 ) 。 He is next called on to open the door of the Christian church to the Gentiles by the admission of Cornelius of Caesarea (ch. 10).彼は次への扉を開くと呼ばれる上に、キリスト教の教会に入場したのgentilesコルネリウスのcaesarea (第10条) 。 After remaining for some time at Caesarea, he returned to Jerusalem (Acts 11:1-18), where he defended his conduct with reference to the Gentiles.後に残された時間はいくつかのcaesarea 、彼に戻ったエルサレム(行為11:1-18 )が、そこには彼の行為を擁護gentilesを参照してください。

Next we hear of his being cast into prison by Herod Agrippa (12:1-19); but in the night an angel of the Lord opened the prison gates, and he went forth and found refuge in the house of Mary.彼の次の我々の耳にされ刑務所に投げ込まれるヘロデアグリッパ( 12:1-19 ) ;しかし、夜には、主にオープン天使の刑務所ゲイツ氏は、彼が来たりすると、家の中や避難所のメアリーが見つかりました。 He took part in the deliberations of the council in Jerusalem (Acts 15:1-31; Gal. 2:1-10) regarding the relation of the Gentiles to the church.彼が参加したのは、評議会の審議エルサレム(行為15:1-31 ;ギャル。 2:1-10 )の関係については、その教会をgentiles 。 This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです