Progressive Dispensationalismプログレッシブ天啓的史観

General Information 総合案内

Introduction導入

In recent years there has been a rise in what has become known as Progressive Dispensationalism (PD) (Other labels for PD include "revised," "reconstructed," or "new" dispensationalism.).近年には、何があったの上昇となって進行として知られて天啓的史観( PDのPDのラベルを含む) (その他の"改正" 、 "再構築" 、または"新しい"天啓的史観です。 ) 。 Adherents to PD see themselves as being in the line of normative or traditional dispensationalism, but at the same time, have made several changes and/or modifications to the traditional dispensational system. PDの支持を参照している自身としては、セリフの規範や伝統的な天啓的史観、しかしそれと同時に、前にいくつかの変更がおよび/または修正を、従来のシステムdispensational 。 Thus, PD adherents view themselves as furthering the continual development of dispensational theology.したがって、 PDの支持者として表示して、継続的発展を促進dispensational神学です。 It is also true that progressive dispensationalists seek a mediating position between traditional dispensationalism and nondispensational systems.進行することも事実だdispensationalists調停を模索する立場との間の伝統的な天啓的史観nondispensationalシステムです。

The meaning of progressive 進行性の意味

According to Charles Ryrie, the adjective 'progressive' refers to a central tenet that the Abrahamic, Davidic, and new covenants are being progressively fulfilled today (as well as having fulfillments in the millennial kingdom).チャールズライリーによると、この形容詞'進行'を指しますが、テネット中央abrahamic 、 davidicし、徐々に新しい約束されている今日果たさ( fulfillmentsのことだけでなく、千年王国) 。 According to Craig Blaising, The name progressive dispensationalism is linked to the progressive relationship of the successive dispensations to one another.クレイグblaisingによると、進行天啓的史観の名前は、漸進的な関係にリンクして、歴代の分配を一つにした。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Origin of PDプロデューサーの起源

The public debut of PD was made on November 20, 1986, in the Dispensational Study Group in connection with the annual meeting of the Evangelical Theological Society in Atlanta, Georgia. PDのは、国民の前にしてデビュー86年11月20日、 dispensational研究グループの年次総会に関連して、社会の福音派の神学、ジョージア州アトランタでいます。 . . . Actually, the label 'progressive dispensationalism' was introduced at the 1991 meeting, since 'significant revisions' in dispensationalism had taken place by that time.実際には、ラベルの'進行天啓的史観'は、 1991年に導入された会議では、以降の重要な改訂'で天啓的史観は、その時間まで起きている。 Some view Kenneth Barker's presidential address at the 33rd annual meeting of the Evangelical Theological Society on December 29, 1981 as the precursor to some of the views of PD.いくつかのアドレスを表示するケネスバーカーの大統領は、 33回年次総会では、福音主義神学的な社会を1981年12月29日の前駆体としての意見をいくつかのプロデューサーです。 His address was called, False Dichotomies Between the Testaments.と呼ばれる彼のアドレスは、偽dichotomies間testaments 。

PD proponents PDの支持者

Craig Blaising, Darrell Bock, Robert Saucy, Kenneth Barker, David Turner, John Martin.クレイグblaising 、ダレルボックは、ロバート生意気、ケネスバーカー、デビッドターナー、ジョンマーティン。 NOTE: It should not be thought that all who have associated themselves with PD in some way are agreed on all issues.注:これは、すべての人のものであると考えてはならないが、何らかの形で関連して、プロデューサーは、すべての問題で合意した。 Blaising and Bock have been the most prolific in promoting PD so it is their views that will mostly be examined.ボックblaisingと、最も多作で推進してきたので、それは自分の意見をプロデューサーは、主に検討しています。

Beliefs of PD信念のプロデューサー

Jesus' is currently reigning from David's throne in heavenイエス'は、現在のところの王座に君臨するデビッド天国から

According to traditional dispensationalism, Jesus is currently exalted at the right hand of the Father, but He is not sitting on David's throne nor has His messianic kingdom reign begun yet.伝統的な天啓的史観によると、イエスは、現在のところは、右手には、高貴な父親が、彼ではないデビッドの王座の上に座っても彼の救世主はまだ始まって王国を統治した。 Progressive dispensationalism, however, teaches that the Lord Jesus is now reigning as David's king in heaven at the right hand of the Father in an 'already' fulfillment aspect of the Davidic kingdom and that He will also reign on earth in the Millennium in the 'not yet' aspect.プログレッシブ天啓的史観は、しかし、主イエスを教えることは今のデービッドキングとして君臨し、天国では、右手には、父は、 '既に'充足的な側面と、 davidic王国を統治しても彼は地球上では、ミレニアムには、 [まだ'アスペクト。 Thus, according to PD, the Davidic throne and the heavenly throne of Jesus at the right hand of the Father are one and the same.したがって、プロデューサーによると、天上のdavidic王位王座とは、イエスの右手には、 1つの父と同じです。 The use of Psalm 110 and 132 in Acts 2 are used to support this claim that Jesus is currently reigning as Davidic King.詩編110と132の使用行為に使われて2アールこの主張を支持するイエスは、現在のところdavidic王として君臨しています。 HOWEVER, This view is suspect for a number of reasons:しかし、このビューを表示するために、いくつかの理由は、被疑者:

The "already" aspect of the Kingdom arrived (and stayed) with the first coming of Christ "すでに"アスペクトの王国に到着(滞在)して、キリストの最初の到来

Thus, when Jesus said the kingdom of heaven is near this meant the kingdom had actually arrived.したがって、イエスキリストによると、このときは、天国の王国を意味するが、実際、この付近に到着した。 HOWEVER:しかし:

The church is not a distinct anthropological group:教会ではない別個の人類学群:

As Blaising states, "One of the most striking differences between progressive and earlier dispensationalists, is that progressives do not view the church as an anthropological category in the same class as terms like Israel, Gentile Nations, Jews, and Gentile people. . . .The church is precisely redeemed humanity itself (both Jews and Gentiles) as it exists in this dispensation prior to the coming of Christ" HOWEVER: It is hard to discern what Blaising means by this but this view seems to blur the distinctions between Israel and the church. blaising州としては、 " 1つの違いは、最も著しい進歩とそれ以前dispensationalists 、進歩しないのは、教会の見解としては、同じクラスの人類学のカテゴリを条件として、イスラエルのように、ジェンティーレ国は、ユダヤ人は、人々とジェンティーレ。 。 。 。 。換金自体がまさに人類の教会(ユダヤ人とgentiles両方)が存在するように、このキリストの到来を前に、神の摂理"しかし: blaising何を識別することは難しいという意味で、このビューしかし、このように、イスラエルとの間の区別をあいまいに教会です。 One PD advocate, John Turner, for example, refers to the church as the "new Israel". 1つのPDの提唱者、ジョンターナーは、たとえば、教会を指しているため、 "新しいイスラエル" 。 ALSO: Paul does treat the church as an anthropological entity distinct from Israel and the Gentiles when he writes, "Give no offense either to Jews, or to Greeks or to the church of God" (1 Cor. 10:32).また:ポールは、教会として扱う人類学的に異なるエンティティgentilesとき、彼は、イスラエルとの書き込みは、 "ユダヤ人を与える悪気はないのどちらか、あるいはその教会を神にギリシアや" ( 1うわっ。 10:32 ) 。 If the church is kept distinct from Israel (even believing Israel) how can the church not be a distinct anthropological group?保管異なる場合には、イスラエルの教会(信者のイスラエルでさえ)どうすれば、教会ではないことがはっきりした人類学のグループですか?

NOTE: This appears to be another area where Saucy disagrees with Blaising and Bock.注:この他の地域で生意気と思われると意見が合わないとボックblaising 。 Saucy argues strongly for a clear distinction between Israel and the church.生意気を強く主張するために、イスラエルとの間を明確に区別する教会です。 As he states, "The biblical teaching about the roles of Israel and the church in history reveals that although they have much in common, they remain distinctively different".国家としての彼は、 "聖書の教えについては、イスラエルの役割が明らかになると、教会の歴史の中に共通点が多いにもかかわらず、彼ら独特のまま違う" 。 Saucy, however, does use confusing "one people of God" terminology.生意気な、しかし、混乱が使う"神の一人"の用語です。 By this he means that Israel and the church are saved in the same way, which is correct.彼を意味し、この教会は、イスラエルと同じ方法で保存され、これは正しいです。 But if Israel and the church are "distinctively different," why refer to them as "one people of God"?しかし、イスラエルと教会の場合は、 "独特異なっており、 "なぜそれらを参照して、 " 1つの神の人々 "とは? The one people of God concept can easily be interpreted in the covenant theology sense of no essential distinction between Israel and the church.神の人々の1つの概念が簡単には、契約神学の意味に解釈される本質的な違いはないが、イスラエルと教会です。

The mysteries of the NT have been revealed in some manner in the OTその謎はNTが次々と明るみには、いくつかの方法でot

Saucy writes, "Contrary to the former [traditional dispensationalists], the contents of both mysteries-ie, the equal participation of Jew and Gentile in the body of Christ (Eph 3) and his indwelling in his people (Col 1)-are best understood as fulfillments of Old Testament prophecies".生意気な書き込みは、 "元に反して[伝統dispensationalists ]は、両方の内容の謎-すなわち、ユダヤ人との対等な参加をジェンティーレは、キリストの体( eph 3 )と彼の留置人々は彼には、最善( col 1 ) fulfillmentsとして理解旧約聖書の予言" 。 While traditional dispensationalists have taken the NT mysteries to be truths now being revealed that were absolutely not found in the OT, PD's take the mysteries of Eph.撮影中には、伝統的なdispensationalists NTの謎が明らかにされることが絶対的真理今では見つかりませんでしたot 、プロデューサーの謎を取るeph 。 3 and Col. 1 to be truths that were partially hidden in the OT that are now being fully revealed in the NT.大佐1を3としていた部分に真実が隠されているotは今では完全に明らかにされ、 NTのです。 The big difference is that PD's see the NT mysteries as being found in some manner in the OT.プロデューサーの大きな違いは、 NTの謎を参照しているとして、いくつかの方法では、 otが見つかりました。 HOWEVER: though it is true that the ideas of Gentile salvation and Gentile participation in the covenants were found in the OT, the body concept including Jew and Gentiles and the "Christ in you" concept were not found in the OT.しかし:ことは事実だが、アイデアの救いとジェンティーレジェンティーレの参加は、約款が発見されたot 、ユダヤ人や体の概念を含むgentilesと、 "キリストの中に"のコンセプトは、 otが見つかりませんでした。

The biblical covenants have been inaugurated and today we are experiencing a "partial" fulfillment of their promises聖書の中の約款に発足してきた今日、我々が経験する"部分"との約束を履行

PD's see a partial fulfillment of the spiritual promises of the covenants (Abrahamic, Davidic and New) but see a future fulfillment of the physical promises in the millennium.プロデューサーの充足感は、精神的な部分を参照してください約束は、約款( abrahamic 、および新しいdavidic )だが、将来を参照して、物理的な約束を履行し、ミレニアム。 ON THE OTHER HAND: Traditional dispensationalists do not see the Davidic covenant as being partially fulfilled in any sense in this age.その半面:伝統dispensationalistsていない部分を参照してください果たされdavidic誓約としていかなる意味においても、この年齢です。 They are also reluctant to say that the New covenant is fulfilled in any way in this age, though they do believe that some spiritual benefits of the New covenant are being applied to the church.彼らはまた、新しい契約に消極的であると言うことは、いかなる意味においても、この時代に果たされ、かれらは精神的なメリットと思われるいくつかの新しい契約に適用されている教会です。 As Homer Kent states, "There is one new covenant to be fulfilled eschatologically with Israel, but participated in soteriologically by the church today. This view recognizes that Christ's death provided the basis for instituting the new covenant, and also accepts the unconditional character of Jeremiah's prophecy which leaves no room for Israel's forfeiture. At the same time it also notes that the New Testament passages definitely relate New Testament Christians to this covenant".ケント州ホーマーとしては、 "そこには、 1つの約束が果たされる新しいeschatologically 、イスラエルが、教会に参加して今日soteriologicallyされる。このビューを認識して、キリストの死institutingの基本を提供し、新しい契約は、無条件でも、キャラクターのジェレマイア受け付けますの予言が、イスラエルの失権葉っぱの余地なし。それと同時に、それにも注意して新約聖書通路間違いなくキリスト教徒新約聖書に関連して、この誓約" 。

Dispensations as successive arrangements歴代の取り決めとして分配

Progressive dispensationalists understand the dispensations not simply as different arrangements between God and humankind, but as successive arrangements in the progressive revelation and accomplishment of redemption.プログレッシブ分配dispensationalists理解していないだけで、神と人間の間の取り決めとして違うが、歴代の取り決めとしては、ヨハネの黙示録進行の償還や成就です。 These dispensations "point to a future culmination in which God will both politically administer Israel and Gentile nations and indwell all of them equally (without ethnic distinctions) by the Holy Spirit".これらの分配"をポイントして、将来的にどの南中神は、イスラエルとの両方を政治的に投与するジェンティーレ内に住むすべての国と等しく(せずに民族の違い)によって、聖霊" 。

Holistic redemption in progressive revelationホリスティック償還で進行ヨハネの黙示録

God's divine plan is holistic encompassing all peoples and every area of life: personal, cultural, societal and political.ホリスティック神の計画では、神のすべてを網羅するよう、あらゆる分野の人々の人生:個人的、文化的、社会的および政治的です。

Pre-tribulation rapture事前に試練ラプチャー

PD's, for the most part, accept the pre-tribulational view of the Rapture though most of their writings ignore the issue altogether.プロデューサーのは、大半については、事前に承認してtribulational考慮して記述ラプチャーかかわらず彼らのほとんどはこの問題を完全に無視しています。

Hermeneutics of PD解釈学のプロデューサー

The foundational difference between PD and traditional dispensationalism is hermeneutical. With PD's desire for cordial relations has come a hermeneutical shift away from literal interpretation, also called the grammatical-historical method, which has been one of the ongoing hallmarks of dispensationalism. PDとは根本的な違いは、伝統的な天啓的史観hermeneutical 。プロデューサーの欲望のために誠心誠意の関係hermeneuticalシフトが来てから離れて、文字通りの解釈は、歴史的な法とも呼ばれ、文法的にされてきた天啓的史観見られる特徴の1つは、現在進行中です。

Elements of PD hermeneutics PDの要素を解釈学

Meaning of texts can change文章の意味を変えること

Blaising and Bock believe the meaning of biblical texts can change.ボックblaisingと信じて聖書の中のテキストの意味を変更できます。 "Meaning of events in texts has a dynamic, not a static, quality." "文章の意味でのイベントには、動的ではなく、静的、品質です。 " "Once a text is produced, commentary on it can follow in subsequent texts. Connection to the original passage exists, but not in a way that is limited to the understanding of the original human author." "一度、テキストが現れます、解説して、その後のテキストに従うことができます。接続して、元の通路が存在するとして、ある意味ではないことは理解して、元の限られた人間の作者です。 " "Does the expansion of meaning entail a change of meaning? . . .The answer is both yes and no. On the one hand, to add to the revelation of a promise is to introduce 'change' to it through addition." "の拡大は、必然的に意味のある変化を意味するのか。 。 。 。その答えはYESとNOの両方です。は、片手では、ヨハネの黙示録を追加するには、約束を導入し、 [変更]を介してそれに加えている。 "

Preunderstanding as part of the interpretive processそのプロセスの一環として解釈preunderstanding

The PD emphasis on "preunderstanding" as part of the interpretive process is confusing. PDの重点を置いて、 " preunderstanding "プロセスの一部として、解釈は紛らわしい。 If all they mean by it is that the interpreter should be aware of one's predetermined ideas so that he can suppress them and come up with the intended meaning of the text, it is a good thing.もし、その意味ですべてのことを認識しなければならないのは、通訳者があらかじめ定められた自分のアイデアを抑えることができるようにして出てくると、テキストの意味を意図して、それは良いことです。 They do not say this, though.この言っていないけどね。 The implication of their writings is that we all have presuppositions and preunderstandings that influence our understanding of Scripture but they say nothing on how to deal with these.彼らの記述しているという含意があるpresuppositions私たちは皆、私たちの理解に影響を与えるとしてpreunderstandings典だがかれらは何も言わないでこれらにどう対処しています。 What are they getting at?取得では、彼らは何ですか? Does this mean all our interpretations are the product of our preunderstandings?ということは、我々のすべての製品は、我々の解釈preunderstandingsですか? Is it not possible with the help of the Holy Spirit to lay aside our biases and come up with the intended meaning of the text?することはできませんが、聖霊の力を借りて我々の偏見を働けなくすると出てくるのを意図して、テキストの意味ですか? This is one area where PD advocates are too vague.これは1つのエリアのどこPDの擁護派があまりにも漠然とした。 What they say, in and of itself is not wrong, but it could lead to faulty conclusions.かれらの言うことは、それ自体は間違っていないが、それにつながる可能性の結論を故障しています。

The complementary hermeneutic:の相補的解釈学:

According to this approach, the New Testament does introduce change and advance; it does not merely repeat Old Testament revelation.このアプローチによると、新約聖書は、事前に変更を導入することを繰り返すだけではない旧約聖書のヨハネの黙示録です。 In making complementary additions, however, it does not jettison old promises.その際の追加補完しかし、昔の約束を断念することはありません。 The enhancement is not at the expense of the original promise.増強ではないが、元の約束を犠牲にした。 For example, with PD, the Davidic throne is both earthly (as revealed in the OT) and heavenly (as supposedly revealed in the NT).たとえば、 PDのは、玉座には、両方のdavidicこの世(啓示としては、 ot )と天国(たぶんとしては、 NTの啓示) 。

Evaluation of PD hermeneutics PDの解釈学の評価

Part of the confusion over PD is that its adherents claim to hold to the grammatical-historical method of interpretation but by it they mean something different.団体名のプロデューサーをめぐる混乱のは、その支持者の主張を開く歴史的な方法を文法的に解釈することだったのですが、何か違うことを意味します。 Historically, the grammatical-historical method meant that biblical texts had only one meaning that could not change.歴史的には、文法的に意味がある歴史的な方法の1つだけを意味していた聖書の中のテキストを変更できませんでした。 This meaning was what the biblical author intended.この聖書の作者の意図は何の意味だった。 This meaning could be found as the believer put aside his biases, with the help of the Holy Spirit, and sought the author's meaning by looking at the grammar of the text and taking into account the historical situation facing the biblical author. PD advocates, though, say the meaning of texts can change and we cannot be sure of our findings because of our "preunderstandings." This approach places PD outside the realm of dispensationalism.この意味の可能性が見つかったとして、彼の偏見を積み立てる信者は、聖霊の力を借りて、との意味を求めたが、作者のを見て、テキストや文法を考慮して、歴史的な状況に直面して聖書の作者です。 PDの擁護者が、は、文章の意味を言うことを変えることはできないと私たちの研究成果を必ず私たちのために" preunderstandings 。 "このアプローチの領域外に天啓的史観PDの場所です。

The future of PD将来のプロデューサー

Drift toward Covenant Theologyドリフトに向けた契約神学

The hermeneutical doors that PD has opened make very possible the eventual shift to covenant theology. hermeneutical PDの扉を開いたのは、非常に可能性をシフトして、最終契約神学です。 As a covenant theologian, Vern Poythress is appreciative of the moves PD's have been making.神学者としての約束は、バーンpoythressはプロデューサーの感謝の動きが製造されています。 But he also says, "However, their position is inherently unstable. I do not think that they will find it possible in the long run to create a safe haven theologically between classical dispensationalism and covenantal premillennialism. The forces that their own observations have set in motion will most likely lead to covenantal premillennialism after the pattern of George Ladd."しかし、彼はまた、氏は、 "しかし、彼らは、本質的に不安定な立場だ。とは思っていない彼らは長い目で見れば見つけることが可能で安全な避難所を作成するにtheologically天啓的史観との間の古典的前千年王国説covenantal 。 、軍では、設定して、独自の観察モーションは、多くの場合、パターンの後につながるcovenantal前千年王国説のジョージラッド"と述べた。 Walter A. Elwell: "the newer dispensationalism looks so much like nondispensationalist premillennialism that one struggles to see any real difference" Commenting on the one people of God concept of PD, Bruce Waltke states, "That position is closer to covenant theology than to dispensationalism".ウォルターa.エルウェル: "新しめの天啓的史観nondispensationalist前千年王国説のように見えるそんなに闘争をして1つの任意の真の差を参照してください"とコメントして1つの神の概念をPDの人々は、ブルースwaltke州は、 "その位置には、契約神学をより緊密に天啓的史観" 。

Further revisions and changesさらなる改訂および変更

"One expects that there will be further revisions and changes in progressive dispensationalism as time passes. Where it will all lead and whether or not it will be understood and received by those who have embraced normative dispensationalism, no one knows. But already progressive dispensationalism certainly appears to be more than a development with normative dispensational teaching. Some so-called developments are too radical not to be called changes" (Ryrie). "の1つがあることを期待される進行性のさらなる改訂および変更は、時間が経つ天啓的史観。どこにするかどうかは、すべての鉛と理解していないとされることによって受け取った天啓的史観規範持っている人は抱き合い、誰にも分からない。しかし確かに既に進行天啓的史観以上のように発展して規範dispensational教示ください。呼ばれるいくつかの進展があまりにも過激な変更をしないようにと呼ばれる" (ライリー) 。

M Vlach mにブラフ
Bibliography 文献情報
C Ryrie, Dispensationalism; C Blaising and D Bock, Progressive Dispensationalism (1993); RL Saucy, The Case for Progressive Dispensationalism (1993); Dispensationalism, Israel and the Church (1992) edited by C Blaising and D Bock; RL Saucy, The Presence of the Kingdom in the Life of the Church; V Poythress, Understanding Dispensationalists; H Kent, The Epistle to the Hebrews; WA Elwell, "Dispensationalists of the Third Kind," Christianity Today, 9/12, 1994, p. cライリー、天啓的史観; c blaisingとDボックは、漸進的天啓的史観( 1993 ) ; rl生意気は、進行性の症例を天啓的史観( 1993 ) ;天啓的史観は、イスラエルと教会( 1992年)の編集のCとD blaisingボック; rl生意気は、その王国は、生命の存在は、教会; v poythress 、理解dispensationalists ; hケントは、信徒へのヘブル人への手紙;エルウェル神奈川県は、 "第3種dispensationalists 、 "キリスト教の今日では、 9 12 1994 、 p. 28; RL Thomas, "A Critique of Progressive Dispensational Hermeneutics," When the Trumpet Sounds, p. 28 ; rlトーマスは、 "漸進的dispensational批判解釈学は、 "時のトランペットの音、 p. 415; E. Johnson, "Prophetic Fulfillment: The Already and Not Yet," Issues in Dispensationalism; C Ryrie, "Update on Dispensationalism," Issues in Dispensationalism; D Bock, "The Reign of the Lord Christ," DIC, pp. 415 ; e.ジョンソンは、 "予言充足:既にと、まだ、 "問題が、天啓的史観; cライリーは、 "天啓的史観を更新して、 "問題が、天啓的史観; dボックは、 "キリストの治世の主は、 "ディック、 pp 。 37-67; B Waltke, DIC, p.三七から六七まで; waltke Bには、ディック、 p. 348. 348 。


Also, see:また、参照してください:
Dispensationalism 天啓的史観
Ultradispensationalism ultradispensationalism
Covenant 誓約

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです