Rosary, Rosary Beadsロザリオ、ロザリオビーズ

General Information 総合案内

A rosary is a circular string of beads used by Roman Catholics for counting prayers. The term is also applied to the prayer beads used by Buddhists, Hindus, and Muslims. In the Western church, the rosary commonly consists of 5 (originally 15) decades, or sets of 10 beads, for the recitation of the Hail Mary (Ave Maria), separated by a single bead for the recitation of the Our Father (Paternoster, or Lord's Prayer). The Glory Be to the Father (Gloria Patri) is generally said after each decade. ロザリオは、円形のビーズで使用される文字列のローマカトリック教徒のための祈りを数えています。という用語が適用されることを数珠にも使用されて仏教徒、ヒンズー教徒とイスラム教徒です。 西側の教会では、よく構成さロザリオ5年間(当初15 )は、 10種類のビーズや、ひょうのための朗読メアリー(アヴェマリア)は、 1つのビーズで区切られては、私たちのために朗読の父(主祷、または主の祈り) 。れるが、父の栄光(グロリアパトリ)は、通常によると10年後に各。 During the recitation of the prayers, meditation on a series of biblical themes, called the joyous, sorrowful, and glorious mysteries, is recommended.朗読中には、祈り、瞑想して、一連の聖書のテーマは、楽しいと呼ばれ、悲嘆に暮れている、と栄光の神秘、をお勧めします。

A feast of the Rosary is kept on October 7, the anniversary of the Christian victory over the Muslim Turks at Lepanto (1571).祝宴では、 10月7日に綴じたロザリオは、キリスト教の記念日の勝利で、イスラム教徒のトルコレパント( 1571 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 文献情報
Ward, JN, ed., Five for Sorrow, Ten for Joy (1974).病棟は、日本人は、エド。 、 5つの悲しみ、喜びのために10 ( 1974 ) 。


Rosaryロザリオ

General Information 総合案内

The Rosary is a string of beads or a knotted cord used to count prayers.念珠は、文字列のビーズや祈りをカウントする結縄使われている。 The term is also applied to the prayers themselves.という用語自体にも適用されることを祈り。 Rosaries are used in many religions: Buddhism, Hinduism, Islam, and Christianity. rosariesが使用され、多くの宗教:仏教、ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教。 Most often associated with Roman Catholics, the rosary is also used by the Orthodox, for whom it is almost exclusively a monastic devotion, and by some Anglicans.最も頻繁に関連付けられているローマカトリック教徒は、ロザリオでも使用され、正統派は、誰のために禁欲的な献身することはほぼ例外なく、いくつかのanglicansとされた。

In Roman Catholic practice, the rosary is a string of beads made in the form of a circle, with a pendant crucifix.ローマカトリックの練習では、文字列のビーズのロザリオは前にサークルの形で、十字架のペンダントとなっています。 The standard rosary consists of five sets of beads called decades, each composed of one large and ten smaller beads.ロザリオ、標準の5つのセットで構成さのビーズと呼ばれる数十年は、それぞれ1つの広々とした10人で構成さ小さいビーズです。 On the large beads, the Lord's Prayer, or Our Father, is said; on the smaller beads, the Hail Mary, or Ave Maria.は、大規模なビーズは、主の祈り、あるいは私たちの父、といわれ;ビーズ小さくして、メアリーの雹、またはアヴェマリア。 In between the decades the "Glory be," a doxology, is recited.数十年の間に、 "栄光には、 "頌栄は読誦。 As the prayers are said, the person reciting the rosary may meditate on a series of New Testament events, called the "mysteries" of the rosary, from the lives of Christ and his mother, Mary.によると、祈りとしては、その人のロザリオ暗唱を熟考して5月新約聖書の一連のイベントは、呼ばれ、 "謎"のロザリオは、キリストとの生活から、母親、メアリー。 The use of these meditations is optional.これらのmeditationsの使用はオプションです。 Traditionally, the rosary was ascribed to the Spanish theologian St. Dominic early in the 13th century, but no proof exists that he originated it.伝統的には、ロザリオは、スペインの神学者聖ドミニク生得的には、 13世紀初めには、彼が発祥のない証拠が存在することだ。


Rosary Mysteriesロザリオの謎

General Information 総合案内

The recitation of the fifteen Rosary decades are generally accompanied by meditation on a series of biblical themes.ロザリオの暗唱は、 15年間では、通常の瞑想を伴う一連の聖書のテーマです。 They are divided in three groups of five each.彼らはそれぞれ5人の3つのグループに分けられます。

Joyous Mysteries楽しい謎

Mondays and Thursdays月曜日と木曜日
Sundays of Advent, and after日曜の出現、そして後に
Epiphany until Lentエピファニーまでレント

Sorrowful Mysteries悲嘆に暮れている謎

Tuesdays and Fridays火曜日と金曜日
Sundays in Lent日曜早春

Glorious Mysteries栄光の謎

Wednesdays and Saturdays水曜日と土曜日
Sundays after Easter until Advent復活祭後の日曜日まで出現


Rosaryロザリオ

Roman Catholic Information ローマカトリックの情報

I. IN THE WESTERN CHURCH i.は、西洋の教会

"The Rosary", says the Roman Breviary, "is a certain form of prayer wherein we say fifteen decades or tens of Hail Marys with an Our Father between each ten, while at each of these fifteen decades we recall successively in pious meditation one of the mysteries of our Redemption." "ロザリオ"は、ローマの聖務日課書によれば、 "そこにはある種の祈りの形で私たちが言うように15数十年あるいは私たちの雹marysするごとに10人の父の間には、これらの各15数十年の間に相次いで信心深い冥想我々の1つリコール私たちの償還の謎。 " The same lesson for the Feast of the Holy Rosary informs us that when the Albigensian heresy was devastating the country of Toulouse, St. Dominic earnestly besought the help of Our Lady and was instructed by her, so tradition asserts, to preach the Rosary among the people as an antidote to heresy and sin.同じレッスンのための宴会が私たちの聖なるロザリオを通知していたときに壊滅的なその国の異端アルビジョアツールーズ、聖ドミニクbeseechの過去過去分詞熱心に聖母マリアの助けを借りて彼女と指示されたので、伝統の主張は、このロザリオの間を説く解毒剤として異端の人々と罪です。 From that time forward this manner of prayer was "most wonderfully published abroad and developed [promulgari augerique coepit] by St. Dominic whom different Supreme Pontiffs have in various past ages of their apostolic letters declared to be the institutor and author of the same devotion."このような方法で前進してからの時間の祈りは、 "海外で開発された日付最もすばらしく[ promulgari augerique coepit ]聖ドミニク誰によって異なるが、さまざまな過去最高年齢pontiffs彼らのローマ教皇の手紙の制定を宣言されると、同じ作者の献身的な態度だ。 " That many popes have so spoken is undoubtedly true, and amongst the rest we have a series of encyclicals, beginning in 1883, issued by Pope Leo XIII, which, while commending this devotion to the faithful in the most earnest terms, assumes the institution of the Rosary by St. Dominic to be a fact historically established.話されることは間違いないので多くの教皇が事実なら、我々との間に、残りのシリーズがあるencyclicals 、 1883初めには、発行されたレオ13世、これは、このcommending献身している間に忠実で、最も真剣な用語は、教育機関を仮定して、聖ドミニクのロザリオによって確立される歴史的事実だ。 Of the remarkable fruits of this devotion and of the extraordinary favours which have been granted to the world, as is piously believed, through this means, something will be said under the headings FEAST OF THE ROSARY and CONFRATERNITIES OF THE ROSARY.この成果は、注目に値するとは、臨時的な献身の恩恵を世界に付与されてきた、と信じてpiouslyとしては、この手段を介して、何かによるとされる祝宴の見出しの下には、ロザリオやロザリオconfraternities 。 We will confine ourselves here to the controverted question of its history, a matter which both in the middle of the eighteenth century and again in recent years has attracted much attention.我々はここに監禁して自分自身の問題controvertedその歴史は、両方の問題が、 18世紀の真ん中にも何度も、近年は、多大な注目を集めました。

Let us begin with certain facts which will not be contested.特定の事実を開始してみましょうされません激戦。 It is tolerably obvious that whenever any prayer has to be repeated a large number of times recourse is likely to be had to some mechanical apparatus less troublesome than counting upon the fingers.まあまあそれは明らかにされることが繰り返される時はいつでも祈り、多数の償還請求が予想される時代にはいくつかの機械装置の上に指を数えるよりも少ない面倒です。 In almost all countries, then, we meet with something in the nature of prayer-counters or rosary beads.ほぼすべての国では、その後、何か私たちに会うのは、自然のカウンターやロザリオの祈り-数珠です。 Even in ancient Nineveh a sculpture has been found thus described by Lavard in his "Monuments" (I, plate 7): "Two winged females standing before the sacred tree in the attitude of prayer; they lift the extended right hand and hold in the left a garland or rosary."古代のニネベでも、このように記述された彫刻が発見されました。 lavard彼の"記念碑" (私は、プレート7 ) : " 2つの翼の神木の前に立って、女性の態度の祈り;彼ら延長を持ち上げて右手でホールドガーランドやロザリオを残した。 " However this may be, it is certain that among the Mohammedans the Tasbih or bead-string, consisting of 33, 66, or 99 beads, and used for counting devotionally the names of Allah, has been in use for many centuries.しかし、このかもしれないが、それは確かだが、 tasbihやビーズのうち、 mohammedans -文字列は、構成33 、 66 、または99ビーズ、および使用されて計数devotionallyアッラーの名前は、何世紀にもわたって使用されています。 Marco Polo, visiting the King of Malabar in the thirteenth century, found to his surprise that that monarch employed a rosary of 104 (? 108) precious stones to count his prayers.マルコポーロは、王の訪問は、 13世紀のマラバル、君主が見つかりましたを採用して驚くことで、彼のロザリオの104 ( ? 108 )貴石彼の祈りをカウントします。 St. Francis Xavier and his companions were equally astonished to see that rosaries were universally familiar to the Buddhists of Japan.聖フランシスザビエルと仲間が等しくrosariesいたのを見てびっくりして、どこからでもおなじみの日本の仏教徒です。 Among the monks of the Greek Church we hear of the kombologion, or komboschoinion, a cord with a hundred knots used to count genuflexions and signs of the cross.僧侶たちの間で、我々は、ギリシャの教会の音が聞こえるkombologion 、またはkomboschoinion 、 100ノットで使われるコードをカウントしてgenuflexionsと十字架の兆しだ。

Similarly, beside the mummy of a Christian ascetic, Thaias, of the fourth century, recently disinterred at Antinöe in Egypt, was found a sort of cribbage-board with holes, which has generally been thought to be an apparatus for counting prayers, of which Palladius and other ancient authorities have left us an account.同様に、キリスト教の禁欲のミイラの横にある、 thaias 、第4世紀には、最近disinterredでantinöeエジプトでは、ある種のクリベッジが発見して基板の穴には、通常されてきたと考えられる装置のための祈りを数え、そのうちパラディウスやその他の古代当局は、我々のアカウントに残っています。 A certain Paul the Hermit, in the fourth century, had imposed upon himself the task of repeating three hundred prayers, according to a set form, every day.特定のポールの隠者は、第4世紀には、自分自身の課題が課せられた祈りを繰り返す300によると、設定フォームで、毎日です。 To do this, he gathered up three hundred pebbles and threw one away as each prayer was finished (Palladius, Hist. Laus., xx; Butler, II, 63).そのためには、彼に集まった300小石を投げて1つ先としてそれぞれの祈りが終わる(パラディウス、シーッ。 laus 。 、 XX社;バトラーは、 2世、 63 ) 。 It is probable that other ascetics who also numbered their prayers by hundreds adopted some similar expedient. ascetics概して他の人のことは自分でも番号が数百人の祈りで採択されたいくつかの同様の方便。 (Cf. "Vita S. Godrici", cviii.) Indeed when we find a papal privilege addressed to the monks of St. Apollinaris in Classe requiring them, in gratitude for the pope's benefactions, to say Kyrie eleison three hundred times twice a day (see the privilege of Hadrian I, AD 782, in Jaffe-Löwenfeld, n. 2437), one would infer that some counting apparatus must almost necessarily have been used for the purpose. ( cf. "ヴィータ米godrici " 、 cviii 。 )本当にローマ法王の特権を探すときに我々宛には、僧侶の聖アポリナリスclasse要求して、感謝の念のために、法王のbenefactions 、連祷と言って300回、 1日2回(特権を参照してくださいハドリアヌス私は、広告782 、ジャフィー- löwenfeld 、 n. 2437 )は、 1つの計数装置は、いくつかの推測が必ずしも必要がありますが、ほとんどの目的のために使用されています。

But there were other prayers to be counted more nearly connected with the Rosary than Kyrie eleisons.しかし、他の祈りがあったにカウントされるよりももっと近くに接続しているロザリオキリエ求憐誦eleisons 。 At an early date among the monastic orders the practice had established itself not only of offering Masses, but of saying vocal prayers as a suffrage for their deceased brethren.修道士の間の早い時期に注文の練習を提供するだけでなく、それ自体が確立した大衆が、ボーカルの祈りと言って故人の同胞としての参政権のためです。 For this purpose the private recitation of the 150 psalms, or of 50 psalms, the third part, was constantly enjoined.この目的のため、民間の朗読詩篇150 、または50詩篇は、 3番目の部分は、絶えず加味だった。 Already in AD 800 we learn from the compact between St. Gall and Reichenau ("Mon. Germ. Hist.: Confrat.", Piper, 140) that for each deceased brother all the priests should say one Mass and also fifty psalms.既に広告から学ぶコンパクト800我々との間に聖ギャルライヒェナウ( "月曜。胚芽。シーッ。 : confrat 。 " 、パイパー、 140 )して、各故人の兄のすべてのプリーストは、 1つの塊とも言う詩篇50 。 A charter in Kemble (Cod. Dipl., I, 290) prescribes that each monk is to sing two fifties (twa fiftig) for the souls of certain benefactors, while each priest is to sing two Masses and each deacon to read two Passions.憲章は、ケンブル( cod. dipl 。 、私は、 290 )には、各prescribesを歌うのは、 2つの50代のモンク( fiftigトワ族)の魂のために特定の恩人は、 2人で歌を歌いながら、各司祭は、大衆と2つの情熱を読んで、各ディーコン。 But as time went on, and the conversi, or lay brothers, most of them quite illiterate, became distinct from the choir monks, it was felt that they also should be required to substitute some simple form of prayer in place of the psalms to which their more educated brethren were bound by rule.しかし、時間がたつにつれ、 、とconversi 、またはレイ兄弟は、かれらのほとんどはかなり文盲、より明確になった僧侶たちの合唱団は、感じていたことを代替することも必要としなければならないいくつかの単純な形の祈りを所定の位置には、詩篇もっと教育を受けていた彼らの同胞のルールに縛られる。 Thus we read in the "Ancient Customs of Cluny", collected by Udalrio in 1096, that when the death of any brother at a distance was announced, every priest was to offer Mass, and every non-priest was either to say fifty psalms or to repeat fifty times the Paternoster ("quicunque sacerdos est cantet missam pro eo, et qui non est sacerdos quinquaginta psalmos aut toties orationem dominicam", PL, CXLIX, 776).こうして私たちは、読んで"古代の税関のクリュニー"は、収集されたudalrioで1096は、そのときに任意の弟の死とは距離が発表されると、すべての司祭がミサを提供し、すべての非司祭は、どちらかと言う詩篇50またはを50回繰り返して、主祷( " quicunque sacerdos est cantet missamプロのEOは、所在不明のQui sacerdos et aut quinquaginta psalmosそのたびorationem dominicam " 、 pl 、 Strings ( 、 776 ) 。 Similarly among the Knights Templar, whose rule dates from about 1128, the knights who could not attend choir were required to say the Lord's Prayer 57 times in all and on the death of any of the brethren they had to say the Pater Noster a hundred times a day for a week.テンプル騎士団のうち、同様に、そのルールの日付から約1128 、騎士たちの合唱団が出席することができなかったと言うのに必要な主の祈りを57回としてすべてのいずれかの同胞の死を言う彼らは、主の祈りを百回一日一週間です。

To count these accurately there is every reason to believe that already in the eleventh and twelfth centuries a practice had come in of using pebbles, berries, or discs of bone threaded on a string.これらのカウントを正確には正当な理由があると思われるが、すでに11と12世紀にもわたって、小石を使用しての練習が来たのでは、ベリー類は、骨のスレッドまたはディスク上での文字列です。 It is in any case certain that the Countess Godiva of Coventry (c. 1075) left by will to the statue of Our Lady in a certain monastery "the circlet of precious stones which she had threaded on a cord in order that by fingering them one after another she might count her prayers exactly" (Malmesbury, "Gesta Pont.", Rolls Series 311).それはどんな場合では、特定の伯爵夫人( 1075 )ゴディバのコヴェントリーでは、左側に聖母マリアの像は、ある特定の修道院"の小円の貴石スレッドリスト上でコードをしていたため、 1つのことをしてフィンガリング後に別の彼女は彼女の祈りを正確にカウントかもしれない" (マームズブリー、 "ポンgesta 。 " 、ロールシリーズ311 ) 。 Another example seems to occur in the case of St. Rosalia (AD 1160), in whose tomb similar strings of beads were discovered.もう1つの例のように起こる例聖ロザリア( 1160広告)は、似たような文字列のビーズの墓が発見された。 Even more important is the fact that such strings of beads were known throughout the Middle Ages -- and in some Continental tongues are known to this day -- as "Paternosters".もっと重要なのはこのような文字列のビーズという事実が知られ、中世を通して-と舌では知られているいくつかの大陸のこの日-として"p a ternosters"。 The evidence for this is overwhelming and comes from every part of Europe.これは圧倒的な証拠のためのあらゆる部分やヨーロッパから来ています。 Already in the thirteenth century the manufacturers of these articles, who were known as "paternosterers", almost everywhere formed a recognized craft guild of considerable importance. 13世紀の製造業では既にこれらの記事は、人として知られる" paternosterers "は、ほぼどこでも結成するクラフトギルドのかなりの重要性を認識します。 The "Livre des métiers" of Stephen Boyleau, for example, supplies full information regarding the four guilds of patenôtriers in Paris in the year 1268, while Paternoster Row in London still preserves the memory of the street in which their English craft-fellows congregated. "デリーヴルmétiers "のスティーブンboyleau 、例えば、物資の4つの完全な情報については、組合のpatenôtriersパリで1268年には、主祷行中にロンドンでは、まだ記憶保持ストリートで、自分の英語クラフト-仲間が集まっています。 Now the obvious inference is that an appliance which was persistently called a "Paternoster", or in Latin fila de paternoster, numeralia de paternoster, and so on, had, at least originally, been designed for counting Our Fathers.今の明白な推論された持続的には、アプライアンスと呼ばれることがある"主祷" 、またはフィラデ主祷ラテン語では、主祷numeraliaデ、といったように、は、少なくとも当初は、我々の祖先を数えるために設計されています。 This inference, drawn out and illustrated with much learning by Father T. Esser, OP, in 1897, becomes a practical certainty when we remember that it was only in the middle of the twelfth century that the Hail Mary came at all generally into use as a formula of devotion.この推論は、アウトやイラストで描かれるくらいの父学習t.エセール、営業、 1897 、実用的な確実性があることを覚えていたときに我々だけでは、 12世紀半ばにはすべて通常の雹メアリーに来たとして使用するフォーミュラの献身する。 It is morally impossible that Lady Godiva's circlet of jewels could have been intended to count Ave Marias.レディーゴダイバすることは事実上不可能なことを意図した小円の宝石をカウントする可能性があるアヴェマリアス。 Hence there can be no doubt that the strings of prayerbeads were called "paternosters" because for a long time they were principally employed to number repetitions of the Lord's Prayer.したがって疑いの余地はないと呼ばれることがある文字列のprayerbeads " paternosters "をするために長い時間を数回繰り返されていた雇用主は、主の祈りです。

When, however, the Hail Mary came into use, it appears that from the first the consciousness that it was in its own nature a salutation rather than a prayer induced a fashion of repeating it many times in succession, accompanied by genuflexions or some other external act of reverence.が、しかし、メアリーに入ってきた雹を使用すると、最初に表示されることから、それは、意識して、独自の自然の中で引き起こされる祈りの言葉ではなく、それを何度も繰り返すことでファッションの継承、またはいくつかの他の外部genuflexionsを伴う敬意をもって行動するのです。 Just as happens nowadays in the firing of salutes, or in the applause given to a public performer, or in the rounds of cheers evoked among school-boys by an arrival or departure, so also then the honour paid by such salutations was measured by numbers and continuance.ちょうど今日では、発火のsalutesが起こって、拍手を与えられるのか、公共のパフォーマー、またはラウンドでは、学校の男の子たちの間で歓声を呼び覚ましたの到着や出発されるので、その栄誉にも支払われていた測定されるような数字salutationsと続く。 Further, since the recitation of the Psalms divided into fifties was, as innumerable documents attest, the favourite form of devotion for religious and learned persons, so those who were simple or much occupied loved, by the repetition of fifty, a hundred, or a hundred and fifty were salutations of Our Lady, to feel that they were imitating the practice of God's more exalted servants.さらに、以来、詩篇の朗読に分かれていた50代のは、無数の文書の証明としては、お気に入りの形や宗教的な献身を学んだ人で、だからずっとシンプルまたは占領された者たちを愛し、 50歳を繰り返すことによって、 100 、または、百五十聖母マリアがsalutations 、と感じるように練習をまねしていましたが、神のしもべより高貴です。 In any case it is certain that in the course of the twelfth century and before the birth of St. Dominic, the practice of reciting 50 or 150 Ave Marias had become generally familiar.いずれにしてもそれは確かだが、そのコースは、 12世紀前に誕生したと聖ドミニクは、 50または150アヴェ暗唱練習のマリアス通常おなじみとなっています。 The most conclusive evidence of this is furnished by the "Mary-legends", or stories of Our Lady, which obtained wide circulation at this epoch.これは、最も確実な証拠は提出された"メリー-伝説" 、あるいは聖母マリアのストーリーは、現時点で入手エポック広く出回っている。 The story of Eulalia, in particular, according to which a client of the Blessed Virgin who had been wont to say a hundred and fifty Aves was bidden by her to say only fifty, but more slowly, has been shown by Mussafia (Marien-legenden, Pts I, ii) to be unquestionably of early date.ユーラリアの物語は、特に、これによると、クライアントは、聖母マリアがいつも言っていた人は百五十avesによって招かれた彼女は50歳と言うだけではなく、もっとゆっくりされて表示さmussafia (マリエン- legendenは、私にpts 、 ⅱ )紛れもなく、早期に公開される。 Not less conclusive is the account given of St. Albert (d. 1140) by his contemporary biographer, who tells us: "A hundred times a day he bent his knees, and fifty times he prostrated himself raising his body again by his fingers and toes, while he repeated at every genuflexion: 'Hail Mary, full of grace, the Lord is with thee, blessed art thou amongst women and blessed is the fruit of thy womb'."決定的少なくありませんが、アカウントの与えられた聖アルバート現代( 1140 )によって彼の伝記作家は、教えてくれる人: "彼は、一日に百回膝を曲げて、 50回彼と彼の体を再び提起さprostrated自分自身と彼の指つま先は、片ひざをつくことあるごとに繰り返している間彼: '雹メアリーは、恵みに満ち、その主は、なたには、女性との間に祝福を祝福なたなたの果実は、子宮' 。 " This was the whole of the Hail Mary as then said, and the fact of all the words being set down rather implies that the formula had not yet become universally familiar.これは、全体としては、次に雹メアリーによると、およびその事実が、すべての言葉が示すように設定するということになるのフォーミュラはまだなじみの普遍的です。 Not less remarkable is the account of a similar devotional exercise occurring in the Corpus Christi manuscripts of the Ancren Riwle.注目すべきなのはあまりないのアカウントは、同様の祈りの運動は、起きて原稿をancrenコーパスクリスティriwle 。 This text, declared by Kölbing to have been written in the middle of the twelfth century (Englische Studien, 1885, P. 116), can in any case be hardly later than 1200.このテキストは、宣言されたkölbingで書かれてきたが、 12世紀半ば( englische studien 、 1885 、 p. 116 )は、どんな場合でも1200より後にはほとんどです。 The passage in question gives directions how fifty Aves are to be said divided into sets of ten, with prostrations and other marks of reverence.通路で、 50 aves質問には、どのように提供される指示によると10人のセットに分けられ、畏敬の念をprostrationsおよびその他の商標です。 (See The Month, July, 1903.) When we find such an exercise recommended to a little group of anchorites in a corner of England, twenty years before any Dominican foundation was made in this country, it seems difficult to resist the conclusion that the custom of reciting fifty or a hundred and fifty Aves had grown familiar, independently of, and earlier than, the preaching of St. Dominic. (参照してください月、 7月、 1903 。 )我々を見つける際にこのような運動を推奨して、ちょっとグループanchoritesイングランドの片隅では、 20年前にドミニカ財団は前にこの国で、これに抵抗するように難しいという結論には50またはカスタムの暗唱百五十avesはおなじみの栽培は、独立して、より早く、聖ドミニク説法です。 On the other hand, the practice of meditating on certain definite mysteries, which has been rightly described as the very essence of the Rosary devotion, seems to have only arisen long after the date of St. Dominic's death.その半面、練習の冥想定して特定の謎を、どのように記述されて当然のロザリオ、非常に本質的な献身は、長いようだが生じた日の後にのみ聖ドミニクの死。 It is difficult to prove a negative, but Father T. Esser, OP, has shown (in the periodical "Der Katholik", of Mainz, Oct., Nov., Dec., 1897) that the introduction of this meditation during the recitation of the Aves was rightly attributed to a certain Carthusian, Dominic the Prussian.否定的なことを証明することは難しいが、父t.エセール、営業、見せて(周期的には"デアkatholik "は、マインツは、 10月、 11月、 12月、 1897 )を導入して、この瞑想中に暗唱その原因を特定avesカルトゥジオ修道会は、当然、ドミニク、プロイセン。 It is in any case certain that at the close of the fifteenth century the utmost possible variety of methods of meditating prevailed, and that the fifteen mysteries now generally accepted were not uniformly adhered to even by the Dominicans themselves.いずれにしても確実にすることが終了する時点で、 15世紀のさまざまな方法で可能な最大限の冥想優勢とは、今とは、一般に受け入れられていなかった15の謎を均一に付着さdominicansさえている。 (See Schmitz, "Rosenkranzgebet", p. 74; Esser in "Der Katholik for 1904-6.) To sum up, we have positive evidence that both the invention of the beads as a counting apparatus and also the practice of repeating a hundred and fifty Aves cannot be due to St. Dominic, because they are both notably older than his time. Further, we are assured that the meditating upon the mysteries was not introduced until two hundred years after his death. What then, we are compelled to ask, is there left of which St. Dominic may be called the author? (参照してくださいシュミッツは、 " rosenkranzgebet " 、 p. 74 ;エセールで"デアkatholikを一千九百四〜六。 )を要約すると、我々は肯定的な証拠は、双方の発明は、ビーズとして計数装置となっており、 100の練習を繰り返すavesと50セントのためにすることはできませんドミニク、特に年上の両方があっても自分の時間です。さらに、私たちは安心ではない謎の冥想時に導入されるまで、 200年後に彼の死。何その後、我々はせざるを得ない要請すれば、これは、左側にある聖ドミニク、作者と呼ばれるかもしれないですか?

These positive reasons for distrusting the current tradition might in a measure be ignored as archaeological refinements, if there were any satisfactory evidence to show that St. Dominic had identified himself with the pre-existing Rosary and become its apostle.これらの積極的な理由は、現在のdistrusting伝統として無視されるかもしれないが、考古学的改良措置は、いかなる場合に満足のいくものがあったということを示す証拠を自ら発見していた聖ドミニク既存のロザリオの使徒となっています。 But here we are met with absolute silence.しかし、ここで私たちは絶対的な沈黙会っている。 Of the eight or nine early Lives of the saint, not one makes the faintest allusion to the Rosary.初めには、 8または9人の命は、サンは、全然言及していないため、 1つのロザリオです。 The witnesses who gave evidence in the cause of his canonization are equally reticent.目撃者たちは、その証拠を与えた彼の列聖には等しく無口な原因です。 In the great collection of documents accumulated by Fathers Balme and Lelaidier, OP, in their "Cartulaire de St. Dominique" the question is studiously ignored.偉大なコレクションの中に蓄積された文書の祖先とバルメlelaidier 、営業は、彼らの"聖ドミニクドcartulaire " studiouslyの質問は無視されます。 The early constitutions of the different provinces of the order have been examined, and many of them printed, but no one has found any reference to this devotion.初めには、別の地方行政の憲法秩序が検討され、かれらの多くは、印刷、しかし誰も何も触れて、この献身が見つかりました。 We possess hundreds, even thousands, of manuscripts containing devotional treatises, sermons, chronicles, Saints' lives, etc., written by the Friars Preachers between 1220 and 1450; but no single verifiable passage has yet been produced which speaks of the Rosary as instituted by St. Dominic or which even makes much of the devotion as one specially dear to his children.我々を持つ何百、何千人も、論文の原稿を含む祈り、説教、クロニクル、聖人の命などは、修道士の説教師の間に書かれ、 1220 1450 ;しかし通路はまだ検証されていない1つのプロデューサとして設立さ喋るのロザリオ聖ドミニクでさえ、あるいは、どのように献身の多くは、自分の子供たちを1つの特別親愛なる。 The charters and other deeds of the Dominican convents for men and women, as M. Jean Guiraud points out with emphasis in his edition of the Cartulaire of La Prouille (I, cccxxviii), are equally silent.ディーズのチャーターや他の男性と女性のためのドミニカ共和国convents 、 m.ジャンギローポイントとして強調してアウトには、彼のcartulaireエディションにはラprouille (私は、 cccxxviii )は、均等には黙っていた。 Neither do we find any suggestion of a connection between St. Dominic and the Rosary in the paintings and sculptures of these two and a half centuries.どちらかの提案を見つけることが私たちの間の接続や、聖ドミニクロザリオでは、これら2つの絵画や彫刻と半世紀にもわたっている。 Even the tomb of St. Dominic at Bologna and the numberless frescoes by Fra Angelico representing the brethren of his order ignore the Rosary completely.聖ドミニクでさえ、ボローニャの墓とされた無数のフレスコ画フラアンジェリコ彼の兄弟を表すためにロザリオを完全に無視している。

Impressed by this conspiracy of silence, the Bollandists, on trying to trace to its source the origin of the current tradition, found that all the clues converged upon one point, the preaching of the Dominican Alan de Rupe about the years 1470-75.これに感銘を受けた沈黙の申し合わせは、 bollandists 、その上にソースをトレースしようとして、現在の伝統の起源は、発見された全ての手掛かりが収束する点の1つは、ドミニカ共和国の説教は、 1470年から1475年アランデrupeについては、年間です。 He it undoubtedly was who first suggested the idea that the devotion of "Our Lady's Psalter" (a hundred and fifty Hail Marys) was instituted or revived by St. Dominic.彼は、人のことは間違いないという考えを最初に提案したの献身"聖母マリアのpsalter " (百五十marysひょう)が設立された聖ドミニクまたは復活。 Alan was a very earnest and devout man, but, as the highest authorities admit, he was full of delusions, and based his revelations on the imaginary testimony of writers that never existed (see Quétif and Echard, "Scriptores OP", 1, 849).アランとは、非常に真剣に熱心な男ではなく、最高の当局者として認め、彼は妄想に満ち、その印をベースとして存在したことのない架空の証言の作家( echardを参照してくださいquétifと、 " scriptores営業" 、 1 、 849 ) 。 His preaching, however, was attended with much success.彼の説教は、しかし、多くの成功が出席している。 The Rosary Confraternities, organized by him and his colleagues at Douai, Cologne, and elsewhere had great vogue, and led to the printing of many books, all more or less impregnated with the ideas of Alan.ロザリオconfraternitiesのは、彼と彼の同僚が主催したドゥエでは、ケルン、および他の場所は大流行し、多数の書籍の印刷を中心には、多かれ少なかれすべてのアイデアのアラン含浸している。 Indulgences were granted for the good work that was thus being done and the documents conceding these indulgences accepted and repeated, as was natural in that uncritical age, the historical data which had been inspired by Alan's writings and which were submitted according to the usual practice by the promoters of the confraternities themselves.おぼれることが付与のためにいい仕事をしていたがなされているため、これらの書類におぼれることを受け入れ、譲歩を繰り返し、自然の中にはいいかげんな年齢のことは、過去のデータに触発されていたとされたアランの記述によると、通常の練習に提出された発起人は、自身のconfraternities 。 It was in this way that the tradition of Dominican authorship grew up.このようにしていたドミニカ共和国の伝統の中で育った原作者です。 The first Bulls speak of this authorship with some reserve: "Prout in historiis legitur" says Leo X in the earliest of all.ブルズの最初のいくつかの積立金を話すと、この原作者: "プラウトでhistoriis legitur "レオxによれば、最古のすべてです。 "Pastoris aeterni" 1520; but many of the later popes were less guarded. " pastoris aeterni " 1520 ;しかし、それ以降の多くは、教皇が少ない守られている。

Two considerations strongly support the view of the Rosary tradition just expounded. 2つのビューの配慮を強く支持するだけでは、伝統のロザリオ詳しく説明します。 The first is the gradual surrender of almost every notable piece that has at one time or another been relied upon to vindicate the supposed claims of St. Dominic.最初は、徐々に降伏しては、ほぼすべての作品で注目に値するの1つまたは別の時間に依存していたはずの主張の正当性を立証する聖ドミニク。 Touron and Alban Butler appealed to the Memoirs of a certain Luminosi de Aposa who professed to have heard St. Dominic preach at Bologna, but these Memoirs have long ago been proved to a forgery.アルバンバトラーtouron不服として、回顧録や、特定のluminosiデaposa公言して聞いたことがある人はボローニャの聖ドミニク説くが、これらは遠い昔の回想録を偽造して証明されています。 Danzas, Von Löe and others attached much importance to a fresco at Muret; but the fresco is not now in existence, and there is good reason for believing that the rosary once seen in that fresco was painted in at a later date ("The Month" Feb. 1901, p. 179). danzas 、 löeフォンや他の多くの重要性を添付するフレスコ画でミュレ;フレスコ画ではないが、今存在しては、正当な理由があると信じ込ませるためのロザリオを一度に見られるフレスコ画が塗られてから、後日( "の1カ月" 1901年2月、 p. 179 ) 。 Mamachi, Esser, Walsh, and Von Löe and others quote some alleged contemporary verses about Dominic in connection with a crown of roses; the original manuscript has disappeared, and it is certain that the writers named have printed Dominicus where Benoist, the only person who has seen the manuscript, read Dominus. mamachi 、エセール、ウォルシュ、および他の引用フォンlöeと現代詩についていくつかの疑惑に関連してドミニクのバラの花の冠;消えて、元の原稿には、それは確かだが、作家の名前が印刷さドミニクスどこbenoist 、その人のみ原稿を見てきたのは、主を読む。 The famous will of Anthony Sers, which professed to leave a bequest to the Confraternity of the Rosary at Palencia in 1221, was put forward as a conclusive piece of testimony by Mamachi; but it is now admitted by Dominican authorities to be a forgery ("The Irish Rosary, Jan., 1901, p. 92). Similarly, a supposed reference to the subject by Thomas à Kempis in the "Chronicle of Mount St. Agnes" is a pure blunder ("The Month", Feb., 1901, p. 187). With this may be noted the change in tone observable of late in authoritative works of reference. In the "Kirchliches Handlexikon" of Munich and in the last edition of Herder's "Konversationslexikon" no attempt is made to defend the tradition which connects St. Dominic personally with the origin of the Rosary. Another consideration which cannot be developed is the multitude of conflicting legends concerning the origin of this devotion of "Our Lady's Psalter" which prevailed down to the end of the fifteenth century, as well as the early diversity of practice in the manner of its recitation. These facts agree ill with the supposition that it took its rise in a definite revelation and was jealously watched over from the beginning by one of the most learned and influential of the religious orders. No doubt can exist that the immense diffusion of the Rosary and its confraternities in modern times and the vast influence it has exercised for good are mainly due to the labours and the prayers of the sons of St. Dominic, but the historical evidence serves plainly to show that their interest in the subject was only awakened in the last years of the fifteenth century.有名なのはアンソニー主は、これを公言して財産を遺す会で、 1221パレンシアロザリオでは、前方には、決定的な一つの証言をしたとしてmamachi ;しかし認めたことは、今やドミニカ共和国当局に偽造された( "は、アイルランドのロザリオは、 1月、 1901 、 p. 92 ) 。同様に、あるはずのリファレンスを服従さàケンピストマスは、 "クロニクルマウントセントアグネス"は、純粋な失態( "月" 、 2月、 1901 、 p. 187 ) 。指摘して、変更するかもしれないが、この調子で後半に観測できるの権威ある参考書です。は、 " kirchliches handlexikon "の最終版には、ミュンヘンとヘルダーの" konversationslexikon "いいえ試みがなさの伝統を守るために聖ドミニクを結ぶと個人的に付き合うのロザリオの起源です。別の配慮をすることはできませんが、多くの開発に関する相反する伝説の起源は、この献身の"聖母マリアのpsalter "を支配下には、 15世紀末までに、さらに初めの練習としては、多様な形での朗読。これらの事実に同意して病気にかかったと仮定して上昇する明確な啓示とは初めから嫉妬して見守らうちの1つで、最も有力なのは、宗教的な受注を学んだ。間違いないことは、非常に大きな存在とその拡散のロザリオconfraternitiesタイムズは、近代とは、広大な影響力を行使することは、労働のために良いとは、主の祈りが聖ドミニクの息子ではなく、歴史的な証拠を明らかにしてサーブそのテーマに興味を示すことは、彼らの目を覚ますだけでは、 15世紀の最後の年です。

That the Rosary is pre-eminently the prayer of the people adapted alike for the use of simple and learned is proved not only by the long series of papal utterances by which it has been commended to the faithful but by the daily experience of all who are familiar with it.しては、事前に完ぺきなロザリオの祈りの人々のための適応を問わず、シンプルで学んだの使用が証明されるだけでなく、長いシリーズのローマ法王の発言によって表彰されてそれを忠実だったのですが、すべての人は、日常の経験それに精通している。 The objection so often made against its "vain repetitions" is felt by none but those who have failed to realize how entirely the spirit of the exercise lies in the meditation upon the fundamental mysteries of our faith.異議申し立てに対して、その前にはそれほど頻繁に"無駄な反復"が感じられるなしでも持っている人は完全に失敗したの精神を実現する方法については、瞑想の嘘を行使する私たちの信仰の根本的な謎だ。 To the initiated the words of the angelical salutation form only a sort of half-conscious accompaniment, a bourdon which we may liken to the "Holy, Holy, Holy" of the heavenly choirs and surely not in itself meaningless.を開始angelicalあいさつの言葉は、ある種の半分だけフォームを意識した伴奏では、ブルドンに例えることがありますが、 "聖なる、聖なる、聖なる"天国の合唱団は、それ自体ではなく、本当に無意味です。 Neither can it be necessary to urge that the freest criticism of the historical origin of the devotion, which involves no point of doctrine, is compatible with a full appreciation of the devotional treasures which this pious exercise brings within the reach of all.どちらも必要なことをするように要請することにして自由な批判は、歴史的な起源は、献身的な態度ではない点学説は、完全には対応して感謝の祈りは、敬虔な宝物は、このすべての届く範囲内での運動をもたらす。

As regards the origin of the name, the word rosarius means a garland or bouquet of roses, and it was not unfrequently used in a figurative sense -- eg as the title of a book, to denote an anthology or collection of extracts.その名前の由来に関しては、その言葉rosariusガーランドやバラの花束を意味するが、それは比喩的な意味で使用されていないunfrequently -本のタイトルを例として、アンソロジーを表したりするのコレクションを抽出します。 An early legend which after travelling all over Europe penetrated even to Abyssinia connected this name with a story of Our Lady, who was seen to take rosebuds from the lips of a young monk when he was reciting Hail Marys and to weave them into a garland which she placed upon her head.早期の伝説を旅した後アビシニア欧州全土に侵入して接続しても、この話をして聖母マリアの名前は、誰が見られたrosebudsから唇を取るの若い僧侶marysとしたとき、彼は雹を暗唱して、ガーランドを織る彼女は彼女の頭に置かれた。 A German metrical version of this story is still extant dating from the thirteenth century.この物語は、ドイツの韻律のバージョンからは、まだ13世紀の出会い系現存。 The name "Our Lady's Psalter" can also be traced back to the same period.名前を"聖母マリアのpsalter "をすることも、同じ期間にまでさかのぼります。 Corona or chaplet suggests the same idea as rosarium.コロナやビーズ状のバラ園からわかるとおり、同じような考えだ。 The old English name found in Chaucer and elsewhere was a "pair of beads", in which the word bead originally meant prayers.古い英語の名前でもどこで発見されたチョーサー"のペアのビーズ"は、その言葉の本来の祈りビーズです。

II. Ⅱ 。 IN THE GREEK CHURCH, CATHOLIC AND SCHISMATICギリシャの教会で、カトリックと分離

The custom of reciting prayers upon a string with knots or beads thereon at regular intervals has come down from the early days of Christianity, and is still practised in the Eastern as well as in the Western Church.祈りには、カスタムの文字列を暗唱してノットやビーズの上に定期的な間隔は、初期の頃から降りてくるキリスト教、および東部では、まだ実践されるだけでなく、西洋の教会です。 It seems to have originated among the early monks and hermits who used a piece of heavy cord with knots tied at intervals upon which they recited their shorter prayers.発祥のようにある人のうち、初期の僧侶と隠修士一切れの重いコードが使われてノットの間隔で縛られて短い祈りをかれらに読誦ています。 This form of rosary is still used among the monks in the various Greek Churches, although archimandrites and bishops use a very ornamental form of rosary with costly beads.このフォームのロザリオの僧侶たちの間ではまだ使われては、様々なギリシャの教会は、司教にもかかわらずarchimandritesやロザリオの形を使用して、非常に高価なビーズ装飾を施した。 The rosary is conferred upon the Greek monk as a part of his investiture with the mandyas or full monastic habit, as the second step in the monastic life, and is called his "spiritual sword".ロザリオは、与えられた時には、ギリシャの僧侶の一環として、彼の叙任してmandyasまたは完全に禁欲的な習慣を身には、 2番目のステップとして、禁欲生活では、と呼ばれる彼の"精神の剣" 。 This Oriental form of rosary is known in the Hellenic Greek Church as kombologion (chaplet), or komboschoinion (string of knots or beads), in the Russian Church as vervitza (string), chotki (chaplet), or liestovka (ladder), and in the Rumanian Church as matanie (reverence).東洋は、このフォームのロザリオギリシャの古代ギリシャの教会として知られてkombologion (ビーズ状) 、またはkomboschoinion (文字列のノットやビーズ)は、教会としては、ロシア語vervitza (文字列) 、 chotki (ビーズ状) 、またはliestovka (はしご) 、および教会としては、ルーマニアmatanie (畏敬の念) 。 The first use of the rosary in any general way was among the monks of the Orient.ロザリオの最初の使用では、任意の一般的な方法は、僧侶たちの間では、オリエント。 Our everyday name of "beads" for it is simply the Old Saxon word bede (a prayer) which has been transferred to the instrument used in reciting the prayer, while the word rosary is an equally modern term.私たちの日常の名前を"ビーズ"をすることは、単に古い言葉サクソンビード(礼拝)に転送され、使用される楽器の祈りの暗唱、単語の間には、同様に現代用語のロザリオです。 The intercourse of the Western peoples of the Latin Rite with those of the Eastern Rite at the beginning of the Crusades caused the practice of saying prayers upon knots or beads to become widely diffused among the monastic houses of the Latin Church, although the practice had been observed in some instances before that date.西洋の交わりは、これらの人々は、ラテン語では、東部の儀式の冒頭には、十字軍の儀式が原因と言って祈りの練習の時になって広く拡散ノットやビーズのうち、ローマカトリック教会の修道士の住宅、練習ていたにもかかわらず、観測されたいくつかのインスタンスを公開する前にしています。 On the other hand, the recitation of the Rosary, as practised in the West, has not become general in the Eastern Churches; there it has still retained its original form as a monastic exercise of devotion, and is but little known or used among the laity, while even the secular clergy seldom use it in their devotions.その半面、暗唱のロザリオのは、西の方では実践としては、全般になるのではない東部教会;あることは、まだ留保すると元の形に禁欲的な運動としての献身、との間ではほとんど知られて使われたり、俗人は、世俗派の聖職者の間でさえ、彼らの祈りに使うことはめったにない。 Bishops, however, retain the rosary, as indicating that they have risen from the monastic state, even though they are in the world governing their dioceses.司教は、しかし、ロザリオを保持する、と彼らは上昇を示してから、禁欲的な状態にもかかわらず、彼らは彼らの世界を支配するdioceses 。

The rosary used in the present Greek Orthodox Church -- whether in Russia or in the East -- is quite different in form from that used in the Latin Church.ロザリオで使用され、現在のギリシャ正教会-ロシアでいるかどうかは、東-はかなり違う形で、ローマカトリック教会で使用されてからのことだ。 The use of the prayer-knots or prayer-beads originated from the fact that monks, according to the rule of St. Basil, the only monastic rule known to the Greek Rite, were enjoined by their founder to pray without ceasing" (1 Thessalonians 5:17; Luke 1), and as most of the early monks were laymen, engaged often in various forms of work and in many cases without sufficient education to read the prescribed lessons, psalms, and prayers of the daily office, the rosary was used by them as a means of continually reciting their prayers. At the beginning and at the end of each prayer said by the monk upon each knot or bead he makes the "great reverence" (he megale metanoia), bending down to the ground, so that the recitation of the rosary is often known as a metania. The rosary used among the Greeks of Greece, Turkey, and the East usually consists of one hundred beads without any distinction of great or little ones, while the Old Slavic, or Russian, rosary, generally consists of 103 beads, separated in irregular sections by four large beads, so that the first large bead is followed by 17 small ones, the second large bead by 33 small ones, the third by 40 small ones, and the fourth by 12 small ones, with an additional one added at the end. The two ends of a Russian rosary are often bound together for a short distance, so that the lines of beads run parallel (hence the name ladder used for the rosary), and they finish with a three-cornered ornament often adorned with a tassel or other finial, corresponding to the cross or medal used in a Latin rosary. -ノットの使用は、祈りや祈り-ビーズ発祥という事実から僧侶たちは、聖バジルの規則によると、禁欲的なルールしか知られているのは、ギリシャの儀式は、彼らの創始者が加味されて祈るなしにしゃべる" ( 1 thessalonians 5時17分;ルーク1 ) 、そして僧侶としてのほとんどは、初めは素人は、頻繁にさまざまな形での仕事に従事し、多くの場合、十分な教育をせずに、所定のレッスンを読むには、詩篇、そして祈りの日々のオフィスは、ロザリオは、かれらの一つの手段として使用されて暗唱を続けて祈りをささげる。冒頭と末尾の僧侶によると、各祈りの結びまたは各ビード彼は、 "偉大な畏敬の念" (彼megale回心)は、曲げダウンを地面には、ロザリオのようには往々に暗唱するmetaniaとして知られています。ギリシア人の間で使われるのロザリオギリシャ、トルコ、通常構成と、東100の区別なく大きなビーズや小さなもので、古いスラブ語、又はロシア語、ロザリオ、通常103ビーズで構成は、 4つのセクションに分けて大規模なビーズ不規則なので、最初の大規模なビーズが続きます17小さいものは、 2番目の大規模なビーズを33小さいものは、 3番目の40の小さなもので、 4番目12小さいものでは、 1つの追加の末尾に追加されます。両端の2つのロシアのロザリオに結ばれていることが多いため、短距離は、ビーズのように、行の並列実行する(したがって、その名前のために使用するはしごロザリオ) 、および彼ら仕上げにしばしば三つどもえの飾りで飾られ、またはその他のフィニアルタッセル、十字架やメダルに対応して使用され、ラテン語ロザリオです。

The use of the Greek rosary is prescribed in Rule 87 of the "Nomocanon", which reads: "The rosary should have one hundred [the Russian rule says 103] beads; and upon each bead the prescribed prayer should be recited."ロザリオの使用は、ギリシャ語では、所定の規則87の"教会関係国法"と、これを読み取ります: "のロザリオはず100 [規則によれば、ロシア103 ]ビーズ;とする各ビーズ所定の祈り読誦しなければならない"と述べた。 The usual form of this prayer prescribed for the rosary runs as follows: "O Lord Jesus Christ, Son and Word of the living God, through the intercessions of thy immaculate Mother [tes panachrantou sou Metros] and of all thy Saints, have mercy and save us. If, however, the rosary be said as a penitential exercise, the prayer then is: O Lord Jesus Christ, Son of God, have mercy on me a sinner. The Russian rosary is divided by the four large beads so as to represent the different parts of the canonical Office which the recitation of the rosary replaces, while the four large beads themselves represent the four Evangelists. In the monasteries of Mount Athos, where the severest rule is observed, from eighty to a hundred rosaries are said daily by each monk. In Russian monasteries the rosary is usually said five times a day, while in the recitation of it the "great reverences" are reduced to ten, the remainder being simply sixty "little reverences" (bowing of the head no further than the waist) and sixty recitations of the penitential form of the prescribed prayer.いつもの形で、このロザリオの祈りは、所定の失点以下のとおり: "おお、主イエスキリストは、神の息子やワードオブザリビングは、なたの無原罪の母を通してintercessions [テス川panachrantouごくわずかの都市]とのすべての聖徒なたは、慈悲とは我々に保存します。場合には、しかし、ざんげの行使としてのロザリオによると、当時はその祈り:主よイエスキリストは、神の子は、私には慈悲を罪人です。ロザリオは、ロシア語で割ったものとなるように、 4つの大型ビーズカノニカルを表して、オフィスのさまざまな部分では、ロザリオの代わりに、朗読は、大規模なビーズの4つの中の4つの伝道者自身を表す。アトス山の修道院では、最も厳しい規則が観測された場所は、 80から100 rosariesには、日刊紙によると僧侶は、各。修道院のロザリオがロシア語では、通常の5倍によると、一日は、朗読のことながら、 "偉大なreverences "が減少して10歳、 60歳、残りが単に"リトルreverences " (おじぎの頭よりもさらになし腰をかがめて)と60歳のrecitationsざんげのフォームには、所定の祈りをささげる。

Among the Greek Uniats rosary is but little used by the laity.しかし、ギリシャ語の中にはほとんど使用されてuniatsロザリオの素人です。 The Basilian monks make use of it in the Eastern style just described and in many cases use it in the Roman fashion in some monasteries.バシリウス会の僧侶たちはそれを利用するだけでは、東部のスタイルを使用することで説明すると、多くの場合は、いくつかの修道院ローマのファッションです。 The more active life prescribed for them in following the example of Latin monks leaves less time for the recitation of the rosary according to the Eastern form, whilst the reading and recitation of the Office during the canonical Hours fulfils the original monastic obligation and so does not require the rosary.所定のため、より積極的な生活をして以下の例の時間が少ないのは、ラテン語の葉僧侶のロザリオ暗唱によると、東部のフォームには、読書や暗唱の間のオフィスカノニカル時間中になすと、元の僧院の義務がないのでロザリオを必要としています。 Latterly the Melchites and the Italo-Greeks have in many places adopted among their laity a form of to the one used among the laity of the Roman Rite, but its use is far from general.晩年には、イタリア-ギリシアmelchitesといろいろなところでは、信者たちの間で採択する形で使用されてから、 1つの儀式のうち、信者たちは、ローマが、その使用は、全般には程遠い。 The Ruthenian and Rumanian Greek Catholics do not use it among the laity, but reserve it chiefly for the monastic clergy, although lately in some parts of Galicia its lay use has been occasionally introduced and is regarded as a latinizing practice.ルテニアやルーマニア、ギリシャ語のカトリック信者たちの間で使用することはありませんが、主に準備することは、禁欲的な聖職者は、いくつかの部分にもかかわらず、最近のレイガリチア時折導入されて使用するとは見なされてlatinizing練習する。 It may be said that among the Greeks in general the use of the rosary is regarded as a religious exercise peculiar to the monastic life; and wherever among Greek Uniats its lay use has been introduced, it is an imitation of the Roman practice.それによると、 5月の間に、ギリシアでの使用は、全般ロザリオは、宗教的な運動と見なされる特有の禁欲生活; uniatsギリシャとの間のどこでも使用されてレイ導入されれば、それは、ローマの模造が練習。 On this account it has never been popularized among the laity of the peoples, who remain strongly attached to their venerable Eastern Rite.このアカウントを普及することは証明されて、信者たちは、人々の間では、誰に強く残る由緒ある東部の儀式に接続されています。

Publication information Written by Herbert Thurston & Andrew J. Shipman.ハーバート書かれた文献情報サーストン&アンドリューj.シップマン。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケルc. tinkler転写された。 In gratitude for the Most Holy Rosary The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.感謝の念のために、最も神聖なロザリオのカトリック百科事典は、 13巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認は、 1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミlafort 、 dd 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Breviary Hymns of the Rosary賛美歌の聖務日課書のロザリオ

Catholic Information カトリック情報

The proper office granted by Leo XIII (5 August, 1888) to the feast contains four hymns which, because of the pontiff's great devotion to the Rosary and his skilful work in classical Latin verse, were thought by some critics to be the compositions of the Holy Father himself.付与された適切なオフィスレオ13世( 1888年8月5日)を含む4つの賛美歌の饗宴は、そのために献身して偉大な司教のロザリオと彼の見事な仕事で古典ラテン詩は、思考されたいくつかの曲を批判されるのは、聖なる父自身です。 They have been traced, however, to the Dominican Office published in 1834 (see Chevalier, "Repertorium Hymnologicum", under the four titles of the hymns) and were afterwards granted to the Dioceses of Segovia and Venice (1841 and 1848).彼らは追跡され、しかし、ドミニカ共和国事務所で公開して1834 (シュヴァリエを参照して、 " repertorium hymnologicum "は、 4つのタイトルの下には、賛美歌)とその後に与えられていたのdiocesesセゴビアとベネチア( 1841 、 1848 ) 。 Their author was a pious client of Mary, Eustace Sirena.その著者は、敬虔なクライアントのメアリーは、ユースタスシリーナ。 Exclusive of the common doxology (Jesu tibi sit gloria, etc.) each hymn contains five four-lined stanzas of classical dimeter iambics.排他的な共通の頌栄(主イエスtibiグロリア座るなど)ごとに5つの賛美歌を含んで裏打ちstanzas 4つの古典iambics二歩です。 In the hymn for First Vespers (Coelestis aulae nuntium) the Five Joyful Mysteries are celebrated, a single stanza being given to a mystery.賛美歌のための最初のvespers ( coelestis aulae nuntium )は、 5つの謎を祝いましたジョイフルは、与えられた1つの謎を解くスタンザれています。 In the same manner the hymn for Matins (In monte olivis consito) deals with the Five Sorrowful Mysteries and that for Lauds (Jam morte victor obruta) with the Five Glorious Mysteries.同じ方法では、朝の祈りのための賛美歌(モンテolivis consito )を扱っているの5つのことを悲しんでいると謎lauds (ジャムmorteビクターobruta )の5つの栄光と謎です。 The hymn for Second Vespers (Te gestientem gaudiis) maintains the symmetrical form by devoting three stanzas to a recapitulation of the three sets of myteries (Joyful, Sorrowful, Glorious), prefacing them with a stanza which sums up all three and devoting a fifth to a poetical invitation to weave a crown of flowers from the "rosary" for the Mother of fair love. 2番目の賛美歌をvespers ( te gestientem gaudiis )対称形を維持する3つのstanzas devoting概括するのは、 3つのセットmyteries (ジョイフルは、悲嘆に暮れている、輝かしい) 、 prefacing金額アップして、 3つのすべてのスタンザdevotingすると5番目に招待状を、詩的な花の冠を編むから"ロザリオ"母親のための公正な愛です。 The compression of a single mystery" into a single stanza may be illustrated by the first stanza of the first hymn, devoted to the First Joyful Mystery:圧縮は、 1つの謎"を1つのスタンザイラストレイティッドされるかもしれないが、最初の賛美歌の最初のスタンザは、うれしそうに専念する最初のミステリー:

Coelestis aulae nuntius, coelestis aulae nuntius 、

Arcana pandens Numinis,アルカナpandens numinis 、

Plenam salutat gratia plenam salutatグレーシア

Dei Parentem Virginem.デイparentem virginem 。

"The envoy of the Heavenly Court, "と、特使は、天国の裁判所は、

Sent to unfold God's secret plan,神の秘密に送られる展開する計画では、

The Virgin hails as full of grace,ヴァージンhailsとしての品格に満ちて、

And Mother of the God made Man"男と母親には、神の前に"

(Bagshawe). ( bagshawe ) 。

The first (or prefatory) stanza of the fourth hymn sums up the three sets of mysteries:最初の(または前口上)第4スタンザ賛美歌の金額を設定するの3つの謎:

Te gestientem gaudiis, te gestientem gaudiis 、

Te sauciam doloribus, te sauciam doloribus 、

Te jugi amictam gloria,グロリアjugi amictam te 、

O Virgo Mater, pangimus. oおとめ座おっかさん、 pangimus 。

The still greater compression of five mysteries within a single stanza may be illustrated by the second stanza of this hymn:いまだに謎のさらなる圧縮の5つの内、 1つのスタンザスタンザかもしれないが、この2番目のイラストの賛美歌:

Ave, redundans gaudioめでたし、 redundans gaudio

Dum concipis, dum visitas, concipisダムは、ダムvisitas 、

Et edis, offers, invenis, et edis 、オファーは、 invenis 、

Mater beata, Filium.おっかさんベアタ、 filium 。

"Hail, filled with joy in head and mind, "あられ、頭や心の喜びに満ちて、

Conceiving, visiting, or when conceiving 、訪問時、もしくは

Thou didst bring forth, offer, and find doの二人称単数もたらすなた、提供、および探す

Thy Child amidst the learned men."なたの子供に囲まれた男性を学んだ"と述べた。

Archbishop Bagshawe translates the hymns in his "Breviary Hymns and Missal Sequences" (London, sd, pp. 114-18).賛美歌で、彼の翻訳bagshawe大司教"賛美歌やミサ典シーケンス聖務日課書" (ロンドン、 SDメモリー、 pp 。百十四〜十八) 。 As in the illustration quoted from one of these, the stanza contains (in all the hymns) only two rhymes, the author's aim being "as much as possible to keep to the sense of the original, neither adding to this, nor taking from it" (preface).イラストとしては、これらの1つから引用符では、スタンザが含まれ(すべての賛美歌)の2つの唄だけは、作者の狙いが"できるだけたくさんの感覚を維持して、元のは、どちらも追加して、それよりも服用" (まえがき) 。 The other illustration of a fully-rhymed stanza is taken from another version of the four hymns (Henry in the "Rosary Magazine", Oct 1891).他のイラストを完全に韻を踏んだから取らスタンザは、別のバージョンの4つの賛美歌(ヘンリーは、 "ロザリオの雑誌"は、 1891年10月) 。 Translations into French verse are given by Albin, "La Poésie du Bréviaire with slight comment, pp. 345-56.フランス語の翻訳詩は、与えられたアルビンは、 "若干のコメントをbréviaireデュラpoésie 、 pp 。三四五から五六。

Publication information Written by HT Henry. htヘンリーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケルc. tinkler転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、 13巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認は、 1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミlafort 、 dd 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Lord's Prayer 主の祈り

Prayer 祈り


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです