The Scots Confession of Faithスコットランドの信仰告白

Outline大綱

Chapter 1 - God 第1章 -神
Chapter 2 - The Creation of Man 第2章 -人間の創造
Chapter 3 - Original Sin 第3章 -原罪
Chapter 4 - The Revelation of the Promise 第4章 -ヨハネの黙示録の約束
Chapter 5 - The Continuance, Increase, and Preservation of the Kirk 第5章 -の継続、増加する、との保全のカーク
Chapter 6 - The Incarnation of Jesus Christ 第6章 -イエスキリストの化身
Chapter 7 - Why the Mediator Had to Be True God and True Man 第7章 -なぜメディエーターは、真の神とされる真の男
Chapter 8 - Election 第8章 -選挙
Chapter 9 - Christ's Death, Passion, and Burial 第9章 -キリストの死を、情熱、そして埋葬
Chapter 10 - The Resurrection 第10章 -復活
Chapter 11 - The Ascension 第11章 -アセンション
Chapter 12 - Faith in the Holy Ghost 第12章 -信仰は、聖霊
Chapter 13 - The Cause of Good Works 章13 -その原因の良い作品
Chapter 14 - The Works Which Are Counted Good Before God 章14 -その作品は、神の前で数え良い
Chapter 15 - The Perfection of the Law and The Imperfection of Man 15章 -完ぺきには、法と人間の不完全性
Chapter 16 - The Kirk 章16 -そのカーク
Chapter 17 - The Immortality of Souls 第17 -霊魂の不滅
Chapter 18 - The Notes by Which the True Kirk Shall Be Determined From The False, and Who Shall Be Judge of Doctrine 章18 -そのノートによって決定されるもので、真のカーク虚偽から、人のものと判断するのが学説
Chapter 19 - The Authority of the Scriptures 19章 -聖書の権威
Chapter 20 - General Councils, Their Power, Authority, and the Cause of Their Summoning 第20章 -ゼネラル協議会は、彼らのパワーは、権限、およびその原因を召喚
Chapter 21 - The Sacraments 第21 -の秘跡
Chapter 22 - The Right Administration of the Sacraments 第22 -投与する権利は、秘跡
Chapter 23 - To Whom Sacraments Appertain 23編 -誰に付随する秘跡
Chapter 24 - The Civil Magistrate 24章 -民政官
Chapter 25 - The Gifts Freely Given to the Kirk 章25 -その贈り物を与えられた自由のカーク

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The full text is fairly extensive and is not currently included in BELIEVE.の全文はかなり広範囲に含まれ、現在のところではないと信じています。



The Scots Confession of Faith (1560)スコットランドの信仰告白( 1560 )

Advanced Information 高度情報

This was the first confession of faith of the Reformed Church of Scotland.これは、最初の改革派教会の信仰告白オブスコットランドです。 It was drawn up in four days by six Scottish Reformers, Knox, Spottiswood, Willock, Row, Douglas, and Winram, each of whom bore the Christian name of John.それは4日間で策定された6つのスコットランドの改革派は、ノックス、スポッティスウッド、ウィロック、行、ダグラス、およびwinram 、それぞれの人の名前のジョン口径のクリスチャンです。 Knox undoubtedly played the predominant role in this preparation.ノックス間違いなくこの演奏の圧倒的な役割を果たす準備中です。 The Scottish Parliament adopted the confession in 1560 with little opposition.スコットランド議会の採択に反対の自白はほとんど1560 。 Queen Mary, who still resided in France, refused to ratify the decision, with the result that it did not become the official confession until 1567, when Parliament reenacted it after her deposition.クイーンメリーは、まだ誰常駐フランスでは、意思決定の批准を拒否し、その結果をしなかったことになる1567年まで、公式の自白は、議会の時に彼女の後に沈着することreenacted 。 The Scots Confession remained the official confession of the Scottish Reformed Church until it adopted the Westminster Confession of Faith in 1647.同関係者は依然、スコットランドの自白は、スコットランドの改革派教会の告白で採択されるまで、 1647年のウェストミンスター信仰告白。

The theology of the Scots Confession is Calvinistic and is in general agreement with other creeds of the Reformed churches.告白は、スコットランドの神学calvinisticとは、他の一般協定では、改革派教会信条です。 In formulating the confession, Knox and his colleagues took into account the thinking and statements of a number of Reformers, eg, Calvin's Institutes, John a Lasco's Compendium, and Valerian Poullain's Liturgia Sacra.自白を策定し、ノックスと彼の同僚は、思考を考慮に入れると、いくつかの改革派のステートメントが、例えば、カルビンの機関は、ジョンがlascoの大要、およびliturgiaカノコソウpoullainのサクラです。 It does not, however, merely restate what the Reformers on the continent had said, but has some of its own special characteristics.されない場合は、しかし、単に再び大陸ではどのようにして改革派によると、実際にはいくつかの特別な独自の特徴がある。 Though the Scots Confession lacks the systematic thoroughness of the larger Westminster Confession, it is a fresh document that bears witness to the living faith of the Scottish reformation.自白かかわらず、スコットランドに欠け、大規模な組織の徹底ウェストミンスター信仰告白は、それは新鮮なドキュメントの信仰生活をしてクマの目撃者は、スコットランドの改革です。

The Scots Confession contains twenty-five articles of which twelve treat the basic doctrines of the Christian faith: God and Trinity; the creation and fall of humanity and the promises of redemption; the incarnation; the passion, resurrection, and ascension of Christ, and his return to judge the earth; atonement through the death of Christ; and sanctification through the Holy Ghost.スコットランドの自白が含まれ、 2005年に12個の記事の扱いは、キリスト教信仰の基本的な教説:神とトリニティ;の創造と秋には、人類の約束の償還;の権化;の情熱は、復活し、キリストの昇天、および彼の復帰を判断し、地球;償いを通してキリストの死;と聖霊の清浄化を介しています。 Though traces of Calvinist emphases are noticeable in these articles, Reformed distinctives arise elsewhere.カルビン派の痕跡が目立つemphasisの複数かかわらず、これらの記事は、別の場所に生じるdistinctives改心した。 Justification by faith is assumed; the doctrine of election is affirmed; Christ's spiritual presence in the Lord's Supper is emphasized, while transubstantiation and the view that the elements are bare signs are condemned.他力本願は仮定;の教義の選挙では、アファームド;キリストの精神的な存在感を強調し、主の夕食は、との見方をしながら変質要素がむき出しの標識は、死刑囚です。 The "Kirk" is defined as "catholic"; it consists of the elect, and outside of it there is no salvation. "カーク"の定義は"カトリック" ;それは、当選者で構成し、それ以外の救いはない。 The marks of the true kirk on earth are the true preaching of the word and the right administration of the sacraments and of discipline.カークは、マークは、地球上では、真の説教の言葉の真の権利と行政との規律の秘跡です。 Civil magistrates are stated to be lieutenants of God, whose duty it is to conserve and purge the church when necessary; but supreme authority is ascribed to the word of God.民事治安判事は、神に記載されるlieutenants 、その義務を保全することが必要なときには教会とパージ;しかし、最高の権威が生得的に神のみことばです。

R Kyle研究カイル
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
GD Henderson, ed., The Scots Confession 1560; P. Schaff, The Creeds of Christendom, III, 479-85; JHS Burleigh, A Church History of Scotland; K. Barth, The knowledge of God and the Service of God According to the Teaching of the Reformation. GDのヘンダーソン、エド。 、スコットランドの告白1560 ; p.シャフは、キリスト教の信条は、 3世、 479から85 ;中学校バーリー、スコットランド教会の歴史; k.バルトは、神の知識と神によると、同サービス教えることは、改革のです。


The Scots Confession of Faith (1560)スコットランドの信仰告白( 1560 )

Advanced Information - Full Text 高度情報-全文

Written by John Knox and five colleagues (1560 AD) 5人の同僚と書かれたジョンノックス( 1560 )

Chapter 1 - God第1章-神

We confess and acknowledge one God alone, to whom alone we must cleave, whom alone we must serve, whom only we must worship, and in whom alone we put our trust.白状すると私たちの神を認識するだけでも、誰一人に突き進むしなければならない、誰一人奉仕しなければならない、崇拝者のみをしなければならない、と私たちは誰一人で我々の信頼を置く。 Who is eternal, infinite, immeasurable, incomprehensible, omnipotent, invisible; one in substance and yet distinct in three persons, the Father, the Son, and the Holy Ghost.誰が永遠には、無限のは、計り知れない、理解できない、全能のは、目に見えない;物質の1つはまだはっきりと3人で、父親は、息子と聖霊のです。 By whom we confess and believe all things in heaven and earth, visible and invisible to have been created, to be retained in their being, and to be ruled and guided by his inscrutable providence for such end as his eternal wisdom, goodness, and justice have appointed, and to the manifestation of his own glory.告白されたと信じてわれは天と地のすべてのものは、有形無形を作成したが、彼らの中に保持され、支配されると、彼の不可解な摂理に導かれて、彼の永遠の終わりのための知恵など、善良、と正義が任命し、彼自身の栄光に現れています。


Chapter 2 - The Creation of Man第2章-人間の創造

We confess and acknowledge that our God has created man, ie., our first father, Adam, after his own image and likeness, to whom he gave wisdom, lordship, justice, free will, and self-consciousness, so that in the whole nature of man no imperfection could be found.告白を認めるものと我々と我々の神が人間を創った、すなわち。 、我々の最初の父、アダムは、自分のイメージと似ているの後、彼は誰の知恵には、支配、正義、自由意志、自意識過剰と、これは、全体の欠陥のない性格の男性は見つかりませんでした。 From this dignity and perfection man and woman both fell; the woman being deceived by the serpent and man obeying the voice of the woman, both conspiring against the sovereign majesty of God, who in clear words had previously threatened death if they presumed to eat of the forbidden tree.完ぺきには、この男と女の両方の尊厳と落ちた;ヘビ女と男にだまされることによって、その女性の声に従うのは、両方の共謀主権に対する神の威光は、誰の言葉を明確にすれば死の脅迫では、以前の推定を食べるツリーは禁じられています。


Chapter 3 - Original Sin第3章-原罪

By this transgression, generally known as original sin, the image of God was utterly defaced in man, and he and his children became by nature hostile to God, slaves to Satan, and servants to sin.この罪では、通常、原罪として知られ、神のイメージでは全く損傷の男、そして、彼と彼の子供たちは、神に敵対する性質によっては、悪魔の奴隷にし、召使に罪です。 And thus everlasting death has had, and shall have, power and dominion over all who have not been, are not, or shall not be born from above.こうして永遠の死は、およびを有するものとは、権力と支配されていないすべての人は、ではない、または上から持って生まれるものではない。 This rebirth is wrought by the power of the Holy Ghost creating in the hearts of God's chosen ones an assured faith in the promise of God revealed to us in his Word; by this faith we grasp Christ Jesus with the graces and blessings promised in him.これによってもたらされたの再生は、聖霊の力を作成するのは、神の御心に選ばれたもので、安心を約束する神の信仰を明らかにして私たちは彼の言葉;この信仰によって、イエスキリストを把握して我々の幸運な出来事美神と約束していた。


Chapter 4 - The Revelation of the Promise第4章-ヨハネの黙示録の約束

We constantly believe that God, after the fearful and horrible departure of man from his obedience, did seek Adam again, call upon him, rebuke and convict him of his sin, and in the end made unto him a most joyful promise, that "the seed of the woman should bruise the head of the serpent," that is, that he should destroy the works of the devil.常に我々の神を信じることは、後から来た男はおどおどして服従させる恐ろしい出発、再びアダムはシーク、祈る彼は、彼の罪の有罪判決を叱責し、そして最後には、ほとんどのうれしそうな約束をする前にかれには、その"種子は、女性は頭部打撲、ヘビは、 "それは、彼の作品は、悪魔を破壊する。 This promise was repeated and made clearer from time to time; it was embraced with joy, and most constantly received by all the faithful from Adam to Noah, from Noah to Abraham, from Abraham to David, and so onwards to the incarnation of Christ Jesus; all (we mean the believing fathers under the law) did see the joyful day of Christ Jesus, and did rejoice.この約束が繰り返されると前をいつでも鮮明な;受け入れして喜ぶことが、常に受信されたとのすべての最も忠実にアダムからノアは、ノアからアブラハムには、デビッドからアブラハムを、といったように、先行予約受付中イエスキリストの権化;すべて(我々の祖先は法の下で意味があると信じ)は、イエスキリストの喜びの日を参照してください、とは喜ぶ。


Chapter 5 - The Continuance, Increase, and Preservation of the Kirk第5章-の継続、増加する、との保全のカーク

We most surely believe that God preserved, instructed, multiplied, honored, adorned, and called from death to life his Kirk in all ages since Adam until the coming of Christ Jesus in the flesh.最も確実に神を信じる我々に保存して、指示、掛けて、光栄、身を飾り、死を生命と呼ばれる彼のカークからのすべての年齢層にまで来て以来アダムは、イエスキリストの肉です。 For he called Abraham from his father's country, instructed him, and multiplied his seed, he marvelously preserved him, and more marvelously delivered his seed from the bondage and tyranny of Pharaoh; to them he gave his laws, constitutions, and ceremonies; to them he gave the land of Canaan; after he had given them judges, and afterwards Saul, he gave David to be king, to whom he gave promise that of the fruit of his loins should one sit forever upon his royal throne.アブラハムと呼ばれるために彼は父の国から、指示した、と彼の種子を掛けて、彼は不思議なほど保存彼は、彼の配達ともっと不思議なほどの束縛から種子や圧政フィルアウン;にして彼は自分の法律、憲法、および式典;をして彼は、カナンの地;後にして彼は与えられた裁判官は、ソールその後、彼は王のデビッドには、誰に約束して、彼は彼の果物loinsばならない永遠に彼の王座に座るの1つです。 To this same people from time to time he sent prophets, to recall them to the right way of their God, from which sometimes they strayed by idolatry.この人たちを同じ時間で送ってからの時間を預言者は、かれらを正しい道にリコール彼らの神は、彼らからどの時には偶像崇拝strayedされます。 And although, because of their stubborn contempt for righteousness he was compelled to give them into the hands of their enemies, as had previously been threatened by the mouth of Moses, so that the holy city was destroyed, the temple burned with fire, and the whole land desolate for seventy years, yet in mercy he restored them again to Jerusalem, where the city and the temple were rebuilt, and they endured against all temptations and assaults of Satan till the Messiah came according to the promise.とはいえ、正義のために自分のために彼は頑固な軽蔑せざるをあたえることが彼らの敵の手には、口の中では、以前ムーサーに脅かされているので、破壊された都市は、聖なる、同寺の火災でやけどを負ったと、荒涼たる土地全体を70年間で、彼はまだ回復して再び慈悲をエルサレムのは、どこの都市と同寺は、再構築し、彼らの攻撃に耐えると悪魔の誘惑に反対するまでのすべての約束によると、救世主来た。


Chapter 6 - The Incarnation of Jesus Christ第6章-イエスキリストの化身

When the fullness of time came God sent his Son, his eternal wisdom, the substance of his own glory, into this world, who took the nature of humanity from the substance of a woman, a virgin, by means of the Holy Ghost.神に来たときの時間の充実を送った息子は、彼の永遠の知恵は、自分自身の栄光の物質は、この世界には、人間の本質を握ったのは、女性からの物質は、ヴァージンは、聖霊によって手段です。 And so was born the "just seed of David," the "Angel of the great counsel of God," the very Messiah promised, whom we confess and acknowledge to be Emmanuel, true God and true man, two perfect natures united and joined in one person.そしてそのために生まれた"とにかくシードのデビッドは、 "の"天使は、神の偉大な助言は、 "非常に救世主と約束したのは、誰が我々に告白すると認めるエマニュエルは、真の神と真の男で、 2人で完璧な性質のユナイテッドと合流一人の人間だ。 So by our Confession, we condemn the damnable and pestilent heresies of Arius, Marcion, Eutyches, Nestorius, and such others as did either deny the eternity of his Godhead, or the truth of his humanity, or confounded them, or else divided them.これによって私たちの告白は、我々を非難すると死に至る憎たらしいheresiesのアリウス、 marcion 、 eutyches 、 nestorius 、他としては、このような彼の永遠の神性を否定するのどちらか、あるいは彼の人間性が真実であること、または混乱して、さも分かれている。


Chapter 7 - Why the Mediator Had to Be True God and True Man第7章-なぜメディエーターは、真の神とされる真の男

We acknowledge and confess that this wonderful union between the Godhead and the humanity in Christ Jesus did arise from the eternal and immutable decree of God from which all our salvation springs and depends.我々を認めると告白して、このすばらしい人類の労働組合との間で神格では、イエスキリストとの永遠不変の命令によって生じるそこからのすべての私たちの神の救いとスプリングスに依存します。


Chapter 8 - Election第8章-選挙

That same eternal God and Father, who by grace alone chose us in his Son Christ Jesus before the foundation of the world was laid, appointed him to be our head, our brother, our pastor, and the great bishop of our souls.その父と同じ永遠の神とは、誰一人を選んだの恵みによって私たちの前で、息子イエスキリストは、世界基金のレイアウトは、我々の頭に任命される彼には、我々の兄弟は、私たちの教会の牧師は、私たちの魂と、偉大な司教。 But since the opposition between the justice of God and our sins was such that no flesh by itself could or might have attained unto God, it behooved the Son of God to descend unto us and take himself a body of our body, flesh of our flesh, and bone of our bone, and so become the Mediator between God and man, giving power to as many as believe in him to be the sons of God; as he himself says, "I ascend to my Father and to your Father, to my God and to your God."しかし、反対派の間で神の正義とは、このような私たちの罪がないことによって肉自体の可能性や達成可能性がある神は、神の御子を下るbehoovedわたしたち自身の体を取ると私たちの体は、私たちの肉の肉は、我々の骨と骨との間の仲介役となるので、神と人間は、数が多いほど、力を与えて彼を信じて、神の息子;としては彼自身によれば、 "私は父に登るとあなたのお父さんには、私の神と神にしています。 " By this most holy brotherhood whatever we have lost in Adam is restored to us again.この最も神聖な同胞団によって失われた我々は何であれ、私たちは再びアダムが回復しています。 Therefore we are not afraid to call God our Father, not so much because he has created us, which we have in common with the reprobate, as because he has given unto us his only Son to be our brother, and given us grace to acknowledge and embrace him as our only Mediator.従って私たちは私たちの神の父に電話を恐れない、彼が作成したほどではないため、我々は、我々が共通して無頼漢、わたしたちに与えられたため、彼は、彼が我々の兄弟の一人息子には、我々の猶予を与えられたと認める我々の調停者として彼を受け入れるだけとした。 Further, it behooved the Messiah and Redeemer to be true God and true man, because he was able to undergo the punishment of our transgressions and to present himself in the presence of his Father's judgment, as in our stead, to suffer for our transgression and disobedience, and by death to overcome him that was the author of death.さらに、それbehooved救い主、救世主とされる真の神と真の男で、なぜなら、彼の処罰を受けることができた私たちにプレゼントtransgressionsとは、自分自身の判断で、父親の存在は、私たちの代わりとして、私たちの罪のために苦しむことと反抗し、死を克服したことは、彼の死の作者である。 But because the Godhead alone could not suffer death, and neither could manhood overcome death, he joined both together in one person, that the weakness of one should suffer and be subject to death--which we had deserved--and the infinite and invincible power of the other, that is, of the Godhead, should triumph, and purchase for us life, liberty, and perpetual victory.しかし、神のために苦しむことができなかったの死だけでは、男らしさを克服する可能性もないと死、彼は一緒に参加した一人の人間の両方を、 1つの弱点は、対象となると死に苦しむばならない-私たちはこれに値する-と、無限と無敵電源は、他の、つまり、その神性、勝利は、我々と購入するための生命、自由、そして永遠の勝利だ。 So we confess, and most undoubtedly believe.だから我々を告白し、ほとんどのは間違いないと信じています。


Chapter 9 - Christ's Death, Passion, and Burial第9章-キリストの死を、情熱、そして埋葬

That our Lord Jesus offered himself a voluntary sacrifice unto his Father for us, that he suffered contradiction of sinners, that he was wounded and plagued for our transgressions, that he, the clean innocent Lamb of God, was condemned in the presence of an earthly judge, that we should be absolved before the judgment seat of our God; that he suffered not only the cruel death of the cross, which was accursed by the sentence of God; but also that he suffered for a season the wrath of his Father which sinners had deserved.私たちの主イエスを提供して自分自身を犠牲にする自発的な父親のために私たちがかれは、その矛盾を患って罪人のは、そのために彼は私たちのtransgressions悩まされて負傷し、その彼は、罪のない神の子羊の清潔度は、死刑囚はこの世に存在する判事は、その判断を我々の前に席を解放しなければならない我々の神;という残酷な被害だけでなく、十字架の死を宣告されるのは、呪われた神;もして苦しんでは、今シーズン、彼は、父親の怒り罪人のは当然だ。 But yet we avow that he remained the only, well beloved, and blessed Son of his Father even in the midst of his anguish and torment which he suffered in body and soul to make full atonement for the sins of his people.しかし、我々明言していないだけで、彼は、井戸の最愛のは、彼の父親と息子の祝福の中にも彼の苦悩や苦痛を受けた彼は、体と心を完全に自分の罪の償いのための人々だ。 From this we confess and avow that there remains no other sacrifice for sin; if any affirm so, we do not hesitate to say that they are blasphemers against Christ's death and the everlasting atonement thereby purchased for us.白状すると我々は、この遺跡があることを率直に認めるために罪のない他の犠牲;断言だからもしあれば、我々にはご遠慮なくお不信心反対すると言っているが、キリストの死と私たちの永遠の償いのために購入しています。


Chapter 10 - The Resurrection第10章-復活

We undoubtedly believe, since it was impossible that the sorrows of death should retain in bondage the Author of life, that our Lord Jesus crucified, dead, and buried, who descended into hell, did rise again for our justification, and the destruction of him who was the author of death and its bondage.我々は間違いないと信じ、それが不可能なことは、死の悲しみは、生命の維持に取り付かれ、作者は、わたしたちの主イエスキリストが十字架につけられ、死んで、そして埋められて、地獄の人の子孫には、再び上昇するためには私たちの正当性、そして彼の破壊人は、作者の死とその奴隷となっている。 We know that his resurrection was confirmed by the testimony of his enemies, and by the resurrection of the dead, whose sepulchers did open, and they did rise and appear to many within the city of Jerusalem.彼の復活のことが分かっていることが確認された彼の証言を敵とされる死者のよみがえり、そのsepulchersオープンした、と彼らは多くの内に上昇すると表示されますエルサレム市内です。 It was also confirmed by the testimony of his angels, and by the senses and judgment of his apostles and of others, who had conversation, and did eat and drink with him after his resurrection.それはまた天使たちの証言によって確定される、と判断されると自分の感覚が他人の使徒とは、誰が会話には、食べたり飲んだりして、彼には彼の後に復活した。


Chapter 11 - The Ascension第11章-アセンション

We do not doubt but that the selfsame body which was born of the virgin, was crucified, dead, and buried, and which did rise again, did ascend into the heavens, for the accomplishment of all things, where in our name and for our comfort he has received all power in heaven and earth, where he sits at the right hand of the Father, having received his kingdom, the only advocate and mediator for us.しかし、我々はありませんが、全く同じ疑問が生まれたのヴァージンボディには、はりつけのは、死んでは、と埋没し、再び上昇には、天に昇るが、その達成のためにすべてのことを、私たちはどこで私たちの名前とは快適度を受け取った彼は、天と地のすべての権力が、彼はどこに置かれるのは、右手の父は、彼の王国を受け取って、そのために我々の調停者のみを提唱しています。 Which glory, honor, and prerogative, he alone amongst the brethren shall possess till all his enemies are made his footstool, as we undoubtedly believe they shall be in the Last Judgment.どの栄光、名誉、特権は、彼の兄弟の間だけでは、彼のすべての敵を持つまでには彼の踏み台前には、我々としては間違いないと思われるが、かれらは最後の判断だ。 We believe that the same Lord Jesus shall visibly return for this Last Judgment as he was seen to ascend.私たちの主イエスキリストを信じることは、目に見えて、同じ見返りとして彼は、この最後の判断を見に登る。 And then, we firmly believe, the time of refreshing and restitution of all things shall come, so that those who from the beginning have suffered violence, injury, and wrong, for righteousness' sake, shall inherit that blessed immortality promised them from the beginning.そして、我々にしっかりと信じて、その時のさわやかなすべてのものは来ると返還のように、被害者からの暴力が始まり、けがをし、間違っては、正義のためには、かれらと約束したものを継承して不滅の先頭から祝福。

But, one the other hand, the stubborn, disobedient, cruel persecutors, filthy persons, idolaters, and all sorts of the unbelieving, shall be cast into the dungeon of utter darkness, where their worm shall not die, nor their fire be quenched.しかし、 1つの反面、頑固、反抗的な、残酷な迫害者は、不潔な人は、多神教徒は、あらゆる種類の信仰心と、その地下牢に投げ込まれるのは、全くの暗闇の中、彼らのワームはどこで死ぬものではない、また彼らの火災に急冷。 The remembrance of that day, and of the Judgment to be executed in it, is not only a bridle by which our carnal lusts are restrained but also such inestimable comfort that neither the threatening of worldly princes, nor the fear of present danger or of temporal death, may move us to renounce and forsake that blessed society which we, the members, have with our Head and only Mediator, Christ Jesus: whom we confess and avow to be the promised Messiah, the only Head of his Kirk, our just Lawgiver, our only High Priest, Advocate, and Mediator.あの日を思い出すことは、との判断で実行されることは、手綱だけではない、我々の肉欲私欲には、拘束されるだけでなく、このような脅迫にも計り知れないほどの快適度が世俗の王侯、また現在の危険や恐怖の時間死は、 5月に移動して私たちを見捨てるの祝福を放棄すると我々の社会では、会員は、調停者のみが、私たちの頭とは、イエスキリスト:誰が私たちの約束を告白救世主と明言して、彼の頭のカークだけでは、我々だけで立法者は、私たちの大祭司のみ、提唱者、およびメディエーター。 To which honors and offices, if man or angel presume to intrude themselves, we utterly detest and abhor them, as blasphemous to our sovereign and supreme Governor, Christ Jesus.優等やオフィスには、人間や天使生意気にも〜している場合に侵入して、我々は全く嫌悪や憎悪して、我々の主権を冒とく的な最高の知事とは、イエスキリストです。


Chapter 12 - Faith in the Holy Ghost第12章-信仰は、聖霊

Our faith and its assurance do not proceed from flesh and blood, that is to say, from natural powers within us, but are the inspiration of the Holy Ghost; whom we confess to be God, equal with the Father and with his Son, who sanctifies us, and brings us into all truth by his own working, without whom we should remain forever enemies to God and ignorant of his Son, Christ Jesus.私たちの信仰を続行するとその保証はありませんから生身の人間は、これは、つまり、私たちより自然な権限内では、しかし、聖霊は、インスピレーション;誰が私たちの神を告白して、平等にして、父と息子は、誰sanctifies私たちは、私たちをすべての真理をもたらすと、自分の作業によって、我々はとどまることなく誰に神の永遠の敵と無知の息子、イエスキリスト。 For by nature we are so dead, blind, and perverse, that neither can we feel when we are pricked, see the light when it shines, nor assent to the will of God when it is revealed, unless the Spirit of the Lord Jesus quicken that which is dead, remove the darkness from our minds, and bow our stubborn hearts to the obedience of his blessed will.だから私たちは自然のために死んでは、目の不自由な、とひねくれた、そのどちらも刺すことができるということを感じるときに我々は、それを参照してください光輝けるとき、またときに同意することは、神の意志を明らかにしない限り、主イエスの精神を生き返らせる死んだものは、削除して私たちの心の闇の中から、私たちの頑固な心と頭を下げて服従させるには、彼を祝福した。 And so, as we confess that God the Father created us when we were not, as his Son our Lord Jesus redeemed us when we were enemies to him, so also do we confess that the Holy Ghost does sanctify and regenerate us, without respect to any merit proceeding from us, be it before or after our regeneration.そして今、我々に告白して、神の父として作成したときに私たちは私たちは、彼の息子としての私たちの主イエス換金時に私たちは私たちの敵を彼には、今も私たちが聖霊の告白を浄化して再生すると私たちは、敬意をなしどんなメリット論文から私たちは、私たちの前または後に再生することです。 To put this even more plainly; as we willingly disclaim any honor and glory from our own creation and redemption, so do we willingly also for our regeneration and sanctification; for by ourselves we are not capable of thinking one good thought, but he who has begun the work in us alone continues us in it, to the praise and glory of his undeserved grace.これをもっと端的に言え;としての我々の名誉と栄光から喜んで、一切の独自の創造と償還ので、我々は我々のために喜んでも再生と清浄;ためには、自分自身が1つの思考能力がない我々は良い考えが、彼こそは仕事を始めて、私たちは私たちだけで、それが続く、と栄光を称賛して彼の不当な恵み。


Chapter 13 - The Cause of Good Works章13 -その原因の良い作品

The cause of good works, we confess, is not our free will, but the Spirit of the Lord Jesus, who dwells in our hearts by true faith, brings forth such works as God has prepared for us to walk in. For we most boldly affirm that it is blasphemy to say that Christ abides in the hearts of those in whom is no spirit of sanctification.その原因の良い作品は、我々告白は、私たちの自由意志ではないが、その精神は、主イエスは、私たちの心に棲む人の真の信仰によって、このような作品を実らせるための準備として、神が私たちのために我々を歩くインチ最も大胆断言することは神への冒とくと言って、キリストは、これを遵守する者は誰の心の清浄化の精神ではない。 Therefore we do not hesitate to affirm that murderers, oppressors, cruel persecutors, adulterers, filthy persons, idolaters, drunkards, thieves, and all workers of iniquity, have neither true faith nor anything of the Spirit of the Lord Jesus, so long as they obstinately continue in wickedness.従って我々は、遠慮なくご断言して殺人者は、 oppressors 、残酷な迫害者は、 adulterers 、不潔な人は、多神教徒は、酔っぱらい、泥棒たちは、すべての労働者の不法行為とは、真の信仰を持たないのも何かの精神は、主イエスは、かれらている限り頑固で邪悪を続ける。 For as soon as the Spirit of the Lord Jesus, whom God's chosen children receive by true faith, takes possession of the heart of any man, so soon does he regenerate and renew him, so that he begins to hate what before he loved, and to love what he hated before.できるだけ早くためには、主イエスの精神は、神に選ばれた子供たちの真の信仰を受け取る、心臓部を所持する男で、今すぐに彼には彼は新たに再生すると、嫌いなので、彼には何が始まる前に彼を愛し、そして彼の前にどのような愛を嫌っている。 Thence comes that continual battle which is between the flesh and Spirit in God's children, while the flesh and the natural man, being corrupt, lust for things pleasant and delightful to themselves, are envious in adversity and proud in prosperity, and every moment prone and ready to offend the majesty of God.そこからの戦いを継続して来るのは、肉体と精神の間で、神の子供たちは、自然の中に人間の肉とは、腐敗したが、物事の欲望のために快適で楽しいことは、逆境の中には羨望の繁栄と誇りを持って、刻一刻と腹臥神の威光の気分を害さないように準備ができています。 But the Spirit of God, who bears witness to our spirit that we are the sons of God, makes us resist filthy pleasures and groan in God's presence for deliverance from this bondage of corruption, and finally to triumph over sin so that it does not reign in our mortal bodies.しかし、神の御霊は、人がクマを目撃して私たちは私たちの魂は神の息子たちは、私たちに抵抗するとうめき声不潔な快楽のために、神の存在を、この隷属から腐敗の救出、そして最後に勝利することはありませんので、罪の治世私たち人間の遺体です。 Other men do not share this conflict since they do not have God's Spirit, but they readily follow and obey sin and feel no regrets, since they act as the devil and their corrupt nature urge.他の人と共有しないことを持っていないユーザーは、この紛争以来、神の霊が、それらは容易に従って、わたしに従い罪に悔いなしと感じるので、自分の腐敗行為の性質として、悪魔とするように要請した。 But the sons of God fight against sin; sob and mourn when they find themselves tempted to do evil; and, if they fall, rise again with earnest and unfeigned repentance.しかし、神の息子たちとの闘い罪;むせび泣きながら、自らの死を悼むの誘惑を探すときに悪事を働く;と、秋にすれば、再び上昇すると偽りのない真剣に後悔しています。 They do these things, not by their own power, but by the power of the Lord Jesus, apart from whom they can do nothing.彼らはこのようなものではなく、自分の力ではなく、主イエスキリストの力によって、彼らは別に誰も何もできなかったことだ。


Chapter 14 - The Works Which Are Counted Good Before God章14 -その作品は、神の前で数え良い

We confess and acknowledge that God has given to man his holy law, in which not only all such works as displease and offend his godly majesty are forbidden, but also those which please him and which he has promised to reward are commanded.白状すると私たちに与えられた神が人間を認めるものと彼の神聖な法律は、どのような作品としてだけでなく、すべての怒りを買う気を悪くすると彼の信心深い陛下は禁じられるが、それらにも彼とのご褒美が命じられた彼は約束しています。 These works are of two kinds.これらの作品は、 2種類です。 The one is done to the honor of God, the other to the profit of our neighbor, and both have the revealed word of God as their assurance.その1つが完了して神に敬意を表して、我々の利益を、他の隣国との両方が神の言葉として、彼らの保証を明らかにした。 To have one God, to worship and honor him, to call upon him in all our troubles, to reverence his holy Name, to hear his Word and to believe it, and to share in his holy sacraments, belong to the first kind.神が1つには、彼の名誉を崇拝すると、彼はすべてを祈る私たちの悩みは、彼の神聖な名前を畏敬の念は、彼の言葉を聞いて、それを信じて、彼の神聖な秘跡を共有すると、第1種に所属しています。 To honor father, mother, princes, rulers, and superior powers; to love them, to support them, to obey their orders if they are not contrary to the commands of God, to save the lives of the innocent, to repress tyranny, to defend the oppressed, to keep our bodies clean and holy, to live in soberness and temperance, to deal justly with all men in word and deed, and, finally, to repress any desire to harm our neighbor, are the good works of the second kind, and these are most pleasing and acceptable to God as he has commanded them himself.父親に敬意を表するため、母親には、君主は、支配者、および優れたパワーズ;に愛情を注いで、彼らを支援する、彼らの命令に従うことに反していない場合は、コマンドの神は、生命を救うために、罪のない、専制政治を抑制する、と守るために迫害さ、清潔度を維持していきたいと聖遺体は、冷静に住んでいると禁酒して、すべての男性に対応して公正に言葉と行動で、そして、最後に、すべての欲求を抑圧する私たちの隣人に危害を加えようと、良い作品は、 2番目の種類、およびこれらは最も喜ばせると、神として受け入れを命じられた彼は、かれら自身です。 Acts to the contrary are sins, which always displease him and provoke him to anger, such as, not to call upon him alone when we have need, not to hear his Word with reverence, but to condemn and despise it, to have or worship idols, to maintain and defend idolatry, lightly to esteem the reverend name of God, to profane, abuse, or condemn the sacraments of Christ Jesus, to disobey or resist any whom God has placed in authority, so long as they do not exceed the bounds of their office, to murder, or to consent thereto, to bear hatred, or to let innocent blood be shed if we can prevent it.罪に相反する行為は、これを常に気に障る彼と彼の怒りを挑発するなど、彼をしないように祈るだけで我々は必要なときには、彼の言葉を聞いて敬意をもっていないが、軽蔑することを非難し、または崇拝を持つ偶像、偶像礼拝を守ることを維持し、軽く尊敬の牧師を神の名は、俗には、乱用、または非難して、イエスキリストの秘跡は、神に背くまたはレジストは、いかなる権威に置かれるので、彼らを超えない限り、自分のオフィスの範囲内であるが、殺人事件に、あるいはそこに同意して、憎しみをクマは、血液中の無実せたりしている場合に当てることを防ぐことができます。 In conclusion, we confess and affirm that the breach of any other commandment of the first or second kind is sin, by which God's anger and displeasure are kindled against the proud, unthankful world.結論として、私たちの告白と断言して他の命令に違反した場合は、第1または第2種は、罪は、神の怒りや不快さを点火するには誇りを持って、世界ありがたくない。 So that we affirm good works to be those alone which are done in faith and at the command of God who, in his law, has set forth the things that please him.ですから、私たちはそれらを断言するだけで良い作品が行なわれて神の信仰とは、コマンドの人は、彼の法律が定めることを彼にしてください。 We affirm that evil works are not only those expressly done against God's command, but also, in religious matters and the worship of God, those things which have no other warrant than the invention and opinion of man.我々だけではないと断言して邪悪な者に明示行わ作品に対する神のコマンドだけでなく、宗教的な事柄とは、神を崇拝するのは、他の令状を越えるものはないとの意見よりも男性の発明です。 From the beginning God has rejected such, as we learn from the words of the prophet Isaiah and of our master, Christ Jesus, "In vain do they worship Me, teaching the doctrines and commandments of men."このような神が拒否された当初から、我々としては、預言者の言葉から学ぶ私たちのマスターイザヤ書とは、イエスキリストは、 "無駄なことかれらはわれに仕えなさい、と戒めの男性教師の教説"と述べた。


Chapter 15 - The Perfection of the Law and The Imperfection of Man 15章-完ぺきには、法と人間の不完全性

We confess and acknowledge that the law of God is most just, equal, holy, and perfect, commanding those things which, when perfectly done, can give life and bring man to eternal felicity; but our nature is so corrupt, weak, and imperfect, that we are never able perfectly to fulfill the works of the law.白状すると、私たちの法則を認めるものとは、ほとんどの神だけは、平等、神聖な、そして完璧な、指揮を越えるものは、完全に完了時には、男をもたらすことに永遠の生命を与えるとフェリシティ;しかし、私たちの自然はとても壊れている、弱い、と不完全は、完璧にできることを我々は決してこの作品は、法の趣旨を果たす。 Even after we are reborn, if we say that we have no sin, we deceive ourselves and the truth of God is not in us.生まれ変わった後も私たちは、もし私たちが言うことは行っておらず、罪は、自分自身と我々を欺き、真実は私たちの神ではない。 It is therefore essential for us to lay hold on Christ Jesus, in his righteousness and his atonement, since he is the end and consummation of the Law and since it is by him that we are set at liberty so that the curse of God may not fall upon us, even though we do not fulfill the Law in all points.そのために欠かせないことは私たちをイエスキリストにしがみつくレイは、彼の正義と彼の償いは、以来、彼は最後には、法の趣旨を成就されたので、彼はそのように我々は自由に設定することはできません神ののろい秋に私たちにもかかわらず、我々はすべての点で、法を果たす。 For as God the Father beholds us in the body of his Son Christ Jesus, he accepts our imperfect obedience as if it were perfect, and covers our works, which are defiled with many stains, with the righteousness of his Son.我々としては、神の父beholds体内の息子イエスキリストは、彼は私たちの不完全な服従を受け付けますまるで完璧な、そして私たちの作品をカバーし、これには多くの汚れdefiledでは、正義と彼の息子がいます。 We do not mean that we are so set at liberty that we owe no obedience to the Law--for we have already acknowledged its place--but we affirm that no man on earth, with the sole exception of Christ Jesus, has given, gives, or shall give in action that obedience to the Law which the Law requires.我々は我々ということではありませんので、自由に設定していない私たちの服従を借りている同法-そのために我々は既に認め位-しかし、我々は、人は地球上で断言することは、イエスキリストの唯一の例外は、与えられたが、与え、または与えるには、法律に従って行動して同法が必要です。 When we have done all things we must fall down and unfeignedly confess that we are unprofitable servants.完了時に我々はすべてのことを告白しなければならないunfeignedly倒れるとして我々は不採算の使用人。 Therefore, whoever boasts of the merits of his own works or puts his trust in works of supererogation, boasts of what does not exist, and puts his trust in damnable idolatry.したがって、誰でも自慢のメリットAnswersは、自分の作品や自分の義務以上の作品を信頼して、自慢のものは存在しませんし、彼の信頼して憎たらしいAnswersは偶像崇拝です。


Chapter 16 - The Kirk章16 -そのカーク

As we believe in one God, Father, Son, and Holy Ghost, so we firmly believe that from the beginning there has been, now is, and to the end of the world shall be, one Kirk, that is to say, one company and multitude of men chosen by God, who rightly worship and embrace him by true faith in Jesus Christ, who is the only Head of the Kirk, even as it is the body and spouse of Christ Jesus. 1つの神を信じる我々としては、父親は、息子と聖霊ので、そこをしっかりと信じてきたから始まり、今は、世界の終わりとするものでは、 1つのカークは、これは、つまり、 1つの会社神によって選ばれた多数の男性とは、当然の崇拝者と抱擁された真の信仰はイエスキリスト彼は、人の頭のカークだけでも、それが、イエスキリストの体と配偶者です。 This Kirk is catholic, that is, universal, because it contains the chosen of all ages, of all realms, nations, and tongues, be they of the Jews or be they of the Gentiles, who have communion and society with God the Father, and with his Son, Christ Jesus, through the sanctification of his Holy Spirit.この教会は、カトリック、つまり、普遍、を含んでいるため、すべての年齢層に選ばれたのは、すべてのレルム、国には、舌とは、彼らが、彼らには、ユダヤ人やgentiles 、人と社会の聖体拝領して、神が、父は、そして彼の息子で、イエスキリストは、聖霊を通して彼の清浄化します。 It is therefore called the communion, not of profane persons, but of saints, who, as citizens of the heavenly Jerusalem, have the fruit of inestimable benefits, one God, one Lord Jesus, one faith, and one baptism.したがって、聖体拝領と呼ばれることは、不敬な人はいない、しかし、聖人は、人は、天上のエルサレムの市民としては、計り知れないほどのメリットは、果実のは、神の1つは、 1つの主イエスは、信仰の1つ、および1つの洗礼。 Out of this Kirk there is neither life nor eternal felicity.カークには、このうちどちらの人生も永遠の至福。 Therefore we utterly abhor the blasphemy of those who hold that men who live according to equity and justice shall be saved, no matter what religion they profess.従って我々は全く持っている人の憎悪の冒とくしている男性によると、公平と正義のライブに保存されるものは、どんな宗教をかれらと公言した。 For since there is neither life nor salvation without Christ Jesus; so shall none have part therein but those whom the Father has given unto his Son Christ Jesus, and those who in time come to him, avow his doctrine, and believe in him.以後の人生のためにはどちらもイエスキリストの救いなし;今でもそこには、これらの団体はなし誰が、かれの父親は、息子与えられたイエスキリストは、時間と来る人の中にいても、彼の教義を告白し、彼を信じています。 (We include the children with the believing parents.) This Kirk is invisible, known only to God, who alone knows whom he has chosen, and includes both the chosen who are departed, the Kirk triumphant, those who yet live and fight against sin and Satan, and those who shall live hereafter. (我々の子供たちには、両親と信じています。 )この教会は、目に見えない、神のみに知られて、彼は選ばれた人だけ知っている人は、誰が選ばれたとの両方が含まれて出発し、意気揚々とカークは、まだ生きる人たちとの闘い罪悪魔とは、人と来世では、ライブです。


Chapter 17 - The Immortality of Souls第17 -霊魂の不滅

The chosen departed are in peace, and rest from their labors; not that they sleep and are lost in oblivion as some fanatics hold, for they are delivered from all fear and torment, and all the temptations to which we and all God's chosen are subject in this life, and because of which we are called the Kirk militant.選ばれたのは、平和を出発して、彼らの労働者からの残り;睡眠していないとは、いくつかの狂信者として忘却されるホールド、かれらは、すべての恐怖や苦痛から配信さ、そして我々のすべての誘惑に選ばれたとは、すべて神の件名この人生では、とのために私たちは、カーク過激派と呼ばれる。 On the other hand, the reprobate and unfaithful departed have anguish, torment, and pain which cannot be expressed.その半面、苦悩の無頼漢と浮気を出発して、苦痛と痛みを表明することはできません。 Neither the one nor the other is in such sleep that they feel no joy or torment, as is testified by Christ's parable in St. Luke XVI, his words to the thief, and the words of the souls crying under the altar, "O Lord, thou that art righteous and just, how long shalt thou not revenge our blood upon those that dwell in the earth?"どちらも、他の1つは、このような睡眠のない喜びや苦痛を感じることは、比喩としては、キリストの証言によって、聖ルカ16世は、彼の言葉に、泥棒は、その言葉の魂と泣いているの祭壇の下に、 "おお、主は、あなたが正しいとアートだけで、あなたはどのようにすれば長い間私たちの血の復讐地球にもそこに住む人ですか? "


Chapter 18 - The Notes by Which the True Kirk Shall Be Determined From The False, and Who Shall Be Judge of Doctrine章18 -そのノートによって決定されるもので、真のカーク虚偽から、人のものと判断するのが学説

Since Satan has labored from the beginning to adorn his pestilent synagogue with the title of the Kirk of God, and has incited cruel murderers to persecute, trouble, and molest the true Kirk and its members, as Cain did to Abel, Ishmael to Isaac, Esau to Jacob, and the whole priesthood of the Jews to Christ Jesus himself and his apostles after him.悪魔は、こじつけて以来始めているから、彼の致命的なシナゴーグを飾るタイトルは、カーク神は、残酷な殺人者を迫害煽動とは、トラブルは、カークとの真の痴漢行為とそのメンバーは、カインとアベルでしたが、イスマーイールとイスハーク、ジェイコブエサウには、全体の聖職者は、ユダヤ人とキリストイエスを後に彼自身と彼の使徒です。 So it is essential that the true Kirk be distinguished from the filthy synagogues by clear and perfect notes lest we, being deceived, receive and embrace, to our own condemnation, the one for the other.しているので、それは本質的に区別される真のカーク汚いシナゴーグしないように我々の注意事項を明確かつパーフェクト、だまされることは、抱擁を受け取ると、私たち自身の非難をして、そのために、他の1つです。 The notes, signs, and assured tokens whereby the spotless bride of Christ is known from the horrible harlot, the false Kirk, we state, are neither antiquity, usurped title, lineal succession, appointed place, nor the numbers of men approving an error.この注意事項は、標識には、トークンでは、非の打ちどころのないと確信が知られてから、キリストの花嫁恐ろしい売春のは、偽カークは、我々の状態は、どちらも大昔には、タイトルusurped 、直系継承は、指定の場所では、男性の承認番号もエラーが発生する。 For Cain was before Abel and Seth in age and title; Jerusalem had precedence above all other parts of the earth, for in it were priests lineally descended from Aaron, and greater numbers followed the scribes, Pharisees, and priests, than unfeignedly believed and followed Christ Jesus and his doctrine; and yet no man of judgment, we suppose, will hold that any of the forenamed were the Kirk of God.カインとアベルセスを前には、年齢やタイトル;エルサレムの優先順位は、地球上のすべての他の部分では、子孫のためにそれがプリーストlineallyアーロンからは、それ以上の数字の後、 scribes 、 pharisees 、プリースト、 unfeignedly以上続くと考えられてイエスキリストとその教義;まだないとの判断の男は、我々いる、のいずれかのは、前述の保留していた神のカークです。 The notes of the true Kirk, therefore, we believe, confess, and avow to be: first, the true preaching of the Word of God, in which God has revealed himself to us, as the writings of the prophets and apostles declare; secondly, the right administration of the sacraments of Christ Jesus, with which must be associated the Word and promise of God to seal and confirm them in our hearts; and lastly, ecclesiastical discipline uprightly ministered, as God's Word prescribes, whereby vice is repressed and virtue nourished.このメモは、本当のカークは、したがって、私たちは、告白する、と明言される:第一に、真の説教は、神のみことばは、自分自身を明らかに神が私たちは、預言者としての記述は、使徒と宣言;第二には、行政の権利イエスキリストの秘跡で、関連する単語をしなければならないと神の約束を確認してシールと私たちの心;そして最後に、教会の規律uprightly ministered 、神の言葉としてprescribes 、抑圧さとは美徳では副栄養状態が良くない。 Then wherever these notes are seen and continue for any time, be the number complete or not, there, beyond any doubt, is the true Kirk of Christ, who, according to his promise, is in its midst.これらの注意事項は、次にどこを続けるために、いつでも見られると、その番号に完了するかどうか、そこは、何の疑いもなく、キリストは、真のカーク氏は、自らの約束によると、その中では。 This is not that universal Kirk of which we have spoken before, but particular Kirks, such as were in Corinth, Galatia, Ephesus, and other places where the ministry was planted by Paul and which he himself called Kirks of God.カーク万能ではないことを話される前に我々は、特定のkirksしかし、コリントなどでは、 galatia 、エフェソス、およびその他の場所では、同省は、彼自身が植えられたポールと呼ばれる神のkirks 。 Such Kirks, we the inhabitants of the realm of Scotland confessing Christ Jesus, do claim to have in our cities, towns, and reformed districts because of the doctrine taught in our Kirks, contained in the written Word of God, that is, the Old and New Testaments, in those books which were originally reckoned as canonical.このようなkirks 、我々の領域にスコットランドの住民告白イエスキリストは、私たちの主張を持つ市町村は、地域の改革のため、そして私たちの教義を教えたkirks 、神のみことばに含まれて書かれた、つまり、旧聖書と新約は、無視されていたが、それらの書籍をどのようカノニカル。 We affirm that in these all things necessary to be believed for the salvation of man are sufficiently expressed.我々はこれらすべてのことを断言することが必要と考えられて人間のためには十分な救済を表明しています。 The interpretation of Scripture, we confess, does not belong to any private or public person, nor yet to any Kirk for pre-eminence or precedence, personal or local, which it has above others, but pertains to the Spirit of God by whom the Scriptures were written.啓典の解釈は、我々を告白、任意に属していない民間人や公共、カークもされていないために事前に隆起または任意の優先順位は、個人またはローカルでは、それは、上記の他、関連するしかし、神の御霊によって、誰聖書に書かれた。 When controversy arises about the right understanding of any passage or sentence of Scripture, or for the reformation of any abuse within the Kirk of God, we ought not so much to ask what men have said or done before us, as what the Holy Ghost uniformly speaks within the body of the Scriptures and what Christ Jesus himself did and commanded.論争が発生したときの理解については、いかなる権利または刑の啓典を通過、あるいは改革のための乱用内の任意のカーク神は、私たちは何を求めるほどではないによると、男性が完了する前に私たちは、どのような聖霊の一様体が喋る内では、聖書とイエスキリスト自身は、どのよう命じられた。 For it is agreed by all that the Spirit of God, who is the Spirit of unity, cannot contradict himself.すべてのことをすることが合意された神の御霊は、誰が団結の精神で、自分自身に矛盾することはできません。 So if the interpretation or opinion of any theologian, Kirk, or council, is contrary to the plain Word of God written in any other passage of the Scripture, it is most certain that this is not the true understanding and meaning of the Holy Ghost, although councils, realms, and nations have approved and received it.だからいかなる場合の解釈や神学者の意見は、カーク、または理事会は、平野は、神のみことばに反して、他の通過で書かれて典は、このことが最も確実ではないことの真の意味を理解し、聖霊は、協議会にもかかわらず、レルム、および国が承認され、それを受け取った。 We dare not receive or admit any interpretation which is contrary to any principal point of our faith, or to any other plain text of Scripture, or to the rule of love.我々思い切っ受け取れませんまたは任意の解釈を認める校長は、どんな点に反して私たちの信仰、またはその他のプレーンテキストの啓典を、あるいは、ルールの愛を。


Chapter 19 - The Authority of the Scriptures 19章-聖書の権威

As we believe and confess the Scriptures of God sufficient to instruct and make perfect the man of God, so do we affirm and avow their authority to be from God, and not to depend on men or angels.我々としては、聖書は神を信じると告白十分に行うよう指示すると、男の神様完璧なので、我々は彼らの権威を率直に認めると断言してから、神には、男性に依存したりしないようにと天使たち。 We affirm, therefore, that those who say the Scriptures have no other authority save that which they have received from the Kirk are blasphemous against God and injurious to the true Kirk, which always hears and obeys the voice of yer own Spouse and Pastor, but takes not upon her to be mistress over the same.断言我々は、したがって、その人たちによると、聖書の他の権限がないことが、かれらを保存してから受信したカークとは、神を冒とく的な反対して、真の有害カーク、これに従うとの声を聞いて、いつも自分の配偶者やyer牧師が、愛人まで以上に彼女のいない時と同じです。


Chapter 20 - General Councils, Their Power, Authority, and the Cause of Their Summoning第20章-ゼネラル協議会は、彼らのパワーは、権限、およびその原因を召喚

As we do not rashly condemn what good men, assembled together in general councils lawfully gathered, have set before us; so we do not receive uncritically whatever has been declared to men under the name of the general councils, for it is plain that, being human, some of them have manifestly erred, and that in matters of great weight and importance.軽率さを非難することはありませんどのような善良な人たちは、合法的に組み立てられた協議会で一緒に集まりました総長は、我々の前にあるセット;だから私たちは無批判に何も受け取っていないと宣言してきた男性の総協議会の名の下に、それは普通のこと、という人間は、かれらのいくつかが明らかにerred 、およびその重要性の点では偉大な重量とします。 So far then as the council confirms its decrees by the plain Word of God, so far do we reverence and embrace them.それから今までに寄付されたとして、評議会の平野令を確認した神のみことばは、これまでのところは我々に敬意と抱擁してください。 But if men, under the name of a council, pretend to forge for us new articles of faith, or to make decisions contrary to the Word of God, then we must utterly deny them as the doctrine of devils, drawing our souls from the voice of the one God to follow the doctrines and teachings of men.しかし、男性の場合は、理事会の名の下に、新しい記事をふりを築くために私たちの信仰は、決断を下すかを神のみことばに反して、次にしなければならないの教義を完全に否定して悪魔としては、我々の魂からの声デッサン1つは、神の教えに従うと、教説の男性です。 The reason why the general councils met was not to make any permanent law which God had not made before, nor yet to form new articles for our belief, nor to give the Word of God authority; much less to make that to be his Word, or even the true interpretation of it, which was not expressed previously by his holy will in his Word; but the reason for councils, at least of those that deserve that name, was partly to refute heresies, and to give public confession of their faith to the generations following, which they did by the authority of God's written Word, and not by any opinion or prerogative that they could not err by reason of their numbers.協議会の総長に会ったの理由ではない任意の恒久的な法律を作る前に神はない、新しい記事を形成するためにもまだ我々の信念は、神のみことばも権限を与える;はるかに少ない彼の言葉を作ることには、あるいは、真の解釈をすることは、以前に表明されていない彼の言葉は、彼の神聖な;しかし、協議会の理由は、少なくともその名に値するものは、部分的には異議を唱えるheresies 、そして彼らの信仰告白を与える公共次の世代には、かれらの権威によって書かれた神の言葉は、との意見や特権ではなく、どんなことができるとの理由ではないerr彼らの数字です。 This, we judge, was the primary reason for general councils.これは、我々裁判官は、一般的な協議会の最大の理由でした。 The second was that good policy and order should be constitutes and observed in the Kirk where, as in the house of God, it becomes all things to be done decently and in order. 2番目は、良い政策と秩序を構成しなければならないと観測された場所は、カークのように、神の家は、すべてのものを送ったら、まともとするために行われる。 Not that we think any policy of order of ceremonies can be appointed for all ages, times, and places; for as ceremonies which men have devised are but temporal, so they may, and ought to be, changed, when they foster superstition rather than edify the Kirk.どんな政策をしていないと考えられるため、すべての年齢層式のために任命されることは、時間、場所;ためにどのような式典には男性が考案しかし、時間的なので、かれらは、本来やらなければならないと、変更は、かれらを育てるというより迷信edify 、カーク。


Chapter 21 - The Sacraments第21 -の秘跡

As the fathers under the Law, besides the reality of the sacrifices, had two chief sacraments, that is, circumcision and the passover, and those who rejected these were not reckoned among God's people; so do we acknowledge and confess that now in the time of the gospel we have two chief sacraments, which alone were instituted by the Lord Jesus and commanded to be used by all who will be counted members of his body, that is, Baptism and the Supper or Table of the Lord Jesus, also called the Communion of His Body and Blood.父親として、この法律の下で、現実には、犠牲に加えて、 2つのチーフ秘跡が、それは、割礼ペサハとし、拒否されたこれらの人々が神の人々の間では無視;だから我々を認めると告白して今の時間福音書は、我々は2つの秘跡主任は、これだけでは、主イエスによって設立されたとされる指令で使用されるすべての人にカウントされる自分の体のメンバは、それは、バプテスマと夕食のテーブルには、主イエスか、とも呼ば自分の体と血を拝領した。 These sacraments, both of the Old Testament and of the New, were instituted by God not only to make a visible distinction between his people and those who were without the Covenant, but also to exercise the faith of his children and, by participation of these sacraments, to seal in their hearts the assurance of his promise, and of that most blessed conjuction, union, and society, which the chosen have with their Head, Christ Jesus.これらの秘跡は、両方とも、新旧約聖書とは、神によって設立されたが、目に見えるを作るだけでなく、彼の人々との区別なく、約束された者たちは、信仰だけでなく、自分の子供たちを行使すると、これらの参加秘跡は、かれらの心の中に封印彼の保証を約束する、とのことで最も祝福と組み合わせて、労働組合、および社会では、これは自分の頭に選ばれたが、イエスキリストです。 And so we utterly condemn the vanity of those who affirm the sacraments to be nothing else than naked and bare signs.だから我々を非難すると虚栄心を全く持っている人ではないと断言して他の秘跡よりも裸と裸の兆しだ。 No, we assuredly believe that by Baptism we are engrafted into Christ Jesus, to be made partakers of his righteousness, by which our sins are covered and remitted, and also that in the Supper rightly used, Christ Jesus is so joined with us that he becomes the very nourishment and food for our souls.いや、確かに私たちを信じることによって、イエスキリストの洗礼をengrafted我々は、彼の正義partakersされる前に、私たちの罪が対象とされる送金し、夕食は、正しく使用されることも、イエスキリストは、今私たちが彼に参加して非常に栄養分を摂取するための食品になると我々の魂です。 Not that we imagine any transubstantiation of bread into Christ's body, and of wine into his natural blood, as the Romanists have perniciously taught and wrongly believed; but this union and conjunction which we have with the body and blood of Christ Jesus in the right use of the sacraments is wrought by means of the Holy Ghost, who by true faith carries us above all things that are visible, carnal, and earthly, and makes us feed upon the body and blood of Christ Jesus, once broken and shed for us but now in heaven, and appearing for us in the presence of his Father.変質していない私たちのパンを想像するキリストの体は、自然とのワインを自分の血は、 romanistsとしては致命的に間違って教えたと考えられて;しかし、これで我々は労働組合と連動して、体とは、イエスキリストの血を使用する権利その手段の秘跡は聖霊によってもたらされた、真の信仰者を運ぶことは、目に見えるすべてのものの上に私たちは、現世、この世とは、私たちのフィードとする時、イエスキリストの体と血は、私たちが一度壊れたと上屋今、天国では、表示されるために、私たちは、彼の父親の存在だ。 Notwithstanding the distance between his glorified body in heaven and mortal men on earth, yet we must assuredly believe that the bread which we break is the communion of Christ's body and the cup which we bless the communion of his blood.見せかけの間の距離にもかかわらず彼の体は、天国と地球上で致命的な男性は、確かにしなければならないと信じていないのが我々のパンを破るのは、キリストの体の聖体拝領と聖体拝領杯で、我々は彼の血を祝福した。 Thus we confess and believe without doubt that the faithful, in the right use of the Lord's Table, do so eat the body and drink the blood of the Lord Jesus that he remains in them and they in him; they are so made flesh of his flesh and bone of his bone that as the eternal Godhood has given to the flesh of Christ Jesus, which by nature was corruptible and mortal, life and immortality, so the eating and drinking of the flesh and blood of Christ Jesus does the like for us.従って我々告白すると信じて疑うことなく忠実には、使用する権利は、主のテーブルには、そう食べたり飲んだりして体の血液は、主イエスが彼にとどまっているし、彼ら彼;ているので、彼の前に肉彼の肉と骨と骨の永遠の神性としては、イエスキリストの肉を与えられ、これによって堕落しやすい性質とは、人間は、不滅の人生とは、食べたり飲んだりするので、生身の人間は、イエスキリストのためには、私たちのように。 We grant that this is neither given to us merely at the time nor by the power and virtue of the sacrament alone, but we affirm that the faithful, in the right use of the Lord's Table, have such union with Christ Jesus as the natural man cannot apprehend.我々はこれはどちらの助成金を与えられた時にも私たちだけの力と美徳は、聖餐式だけでも、しかし、我々に忠実断言して、使用する権利は、主の表で、このような労働組合では、イエスキリストの人間としての自然逮捕することはできません。 Further we affirm that although the faithful, hindered by negligence and human weakness, do not profit as much as they ought in the actual moment of the Supper, yet afterwards it shall bring forth fruit, being living seed sown in good ground; for the Holy Spirit, who can never be separated from the right institution of the Lord Jesus, will not deprive the faithful of the fruit of that mystical action.さらに我々は忠実にもかかわらず断言して、過失妨げられると人間的な弱さは、同じくらいの利益にしないはずだが、実際のところは、夕食は、まだ最終的成果をもたらすことは、種子の作付面積が住んで良いグラウンド;ため、聖なるスピリットは、人から分離されることは決して右機関は、主イエスは、忠実に奪うことはありませんが、果物の神秘的な行動をしています。 Yet all this, we say again, comes of that true faith which apprehends Christ Jesus, who alone makes the sacrament effective in us.まだすべての本は、私たちが言うよう繰り返しますが、真の信仰をして来るのapprehendsイエスキリストは、誰一人が私たちの聖餐式に効果がある。 Therefore, if anyone slanders us by saying that we affirm or believe the sacraments to be symbols and nothing more, they are libelous and speak against the plain facts.従って、もし我々誹謗誰にも断言するかと思われると言うことによって、我々のシンボルとされる秘跡何もないよりは、彼らは、プレーンな事実に対する中傷と話す。 On the other hand we readily admit that we make a distinction between Christ Jesus in his eternal substance and the elements of the sacramental signs.その一方で我々をあっさり認める我々の間を区別する彼の永遠の物質とは、イエスキリストの要素は、聖礼典の兆しだ。 So we neither worship the elements, in place of that which they signify, nor yet do we despise them or undervalue them, but we use them with great reverence, examining ourselves diligently before we participate, since we are assured by the mouth of the apostle that "whoever shall eat this bread, and drink this cup of the Lord, unworthily, shall be guilty of the body and blood of the Lord."だから我々も崇拝の要素は、意味することが、かれらの代わりに、私たちもまだundervalue軽蔑しているか、かれらは、かれらが非常に畏敬の念を使用するしかし、我々は、我々の参加を検討する前に自分自身に向けて努力、我々は確信して以来、口の中の使徒は、 "誰でもこのパンを食べるものは、このカップ1杯の酒を飲むと、主は、 unworthilyで行われるものとして有罪とは、体内の血液は、主です。 "


Chapter 22 - The Right Administration of the Sacraments第22 -投与する権利は、秘跡

Two things are necessary for the right administration of the sacraments.右側の2つのことが必要なため、行政の秘跡です。 The first is that they should be ministered by lawful ministers, and we declare that these are men appointed to preach the Word, unto whom God has given the power to preach the gospel, and who are lawfully called by some Kirk.最初は合法的なことをしなければならないministered閣僚は、これらは、我々と宣言して任命される男性御言を宣べ伝え、かれは、神の力を与えられた福音を説く、およびいくつかのカークたちが合法的に呼ばれています。 The second is that they should be ministered in the elements and manner which God has appointed. 2番目は、これらの要素をしなければならないとの態度をministered神が任命した。 Othewise they cease to be the sacraments of Christ Jesus.彼らothewise中止されるイエスキリストの秘跡です。 This is why we abandon the teaching of the Roman Church and withdraw from its sacraments; firstly, because their ministers are not true ministers of Christ Jesus (indeed they even allow women, whom the Holy Ghost will not permit to preach in the congregation to baptize) and, secondly, because they have so adulterated both the sacraments with their own additions that no part of Christ's original act remains in its original simplicity.これは我々を放棄する理由は、カトリック教会の教えから撤退するとの秘跡;まず第一に、閣僚ではありませんので、イエスキリストの真の閣僚(実際に彼らの女性にもできるように、誰が許可されません聖霊は、信徒に洗礼を説く)とは、第二に、彼らは今のための秘跡を自分自身の両方に混ぜ物を追加して、キリストの本来の行動のどの部分も、オリジナルのシンプルさが残っています。 The addition of oil, salt, spittle, and such like in baptism, are merely human additions.そのほかの油、塩、唾、洗礼などのように、人間は単に追加します。 To adore or venerate the sacrament, to carry it through streets and towns in procession, or to reserve it in a special case, is not the proper use of Christ's sacrament but an abuse of it.崇敬や聖餐式をあがめるのは、街や町を運ぶことが行列を介して、または特別なケースを準備することで、適切な使用ではないが、キリストの聖礼典の乱用だ。 Christ Jesus said, "Take ye, eat ye," and "Do this in remembrance of Me."イエスキリストは、 "なたがたには、食べて、なたがたは、 "と"これが私を憶えています。 " By these words and commands he sanctified bread and wine to be the sacrament of his holy body and blood, so that the one should be eaten and that all should drink of the other, and not that they should be reserved for worship or honored as God, as the Romanists do.彼は神聖化されたこれらの単語やコマンドの聖餐式でパンとワインを自分の血の神聖なボディとは、 1つのようにしなければならないとして食べて飲んで、他のすべての必要、としていないために予約しなければならないの神として崇拝または光栄、 romanistsとして行う。 Further, in withdrawing one part of the sacrament--the blessed cup--from the people, they have committed sacrilege.さらに、 1つの団体名で引性の聖餐式-の祝福カップ-から、人々は、彼らがコミット冒とくだ。 Moreover, if the sacraments are to be rightly used it is essential that the end and purpose of their institution should be understood, not only by the minister but also by the recipients.また、秘跡される場合、正しく使用されることが不可欠だとの最後の目的を理解しなければならない彼らの機関は、大臣だけではなく、受信者だけでなくています。 For if the recipient does not understand what is being done, the sacrament is not being rightly used, as is seen in the case of the Old Testament sacrifices.理解していない場合、受信者のために何が行われたの聖餐式ではないが正しく使われて、目撃した例としては、旧約聖書の犠牲を払う。 Similarly, if the teacher teaches false doctrine which is hateful to God, even though the sacraments are his own ordinance, they are not rightly used, since wicked men have used them for another end than what God had commanded.同様に、先生に教えている場合が憎い誤った教義を神にもかかわらず、彼自身の秘跡条例は、かれらが正しく使われていないため、邪悪な男たちのために使われていた別の終わり神は何よりも命じています。 We affirm that this has been done to the sacraments in the Roman Church, for there the whole action of the Lord Jesus is adulterated in form, purpose, and meaning.我々は既に行われたことを断言することは、ローマ教会の秘跡は、全体のためには、主イエスは、アクションフォームに混ぜ物で、目的は、との意味だ。 What Christ Jesus did, and commanded to be done, is evident from the Gospels and from St. Paul; what the priest does at the altar we do not need to tell.イエスキリストは何でした、と命じて行われる、とは明らかからgospelsから聖パウロ;何の司祭は、祭壇が我々に伝える必要はありません。 The end and purpose of Christ's institution, for which it should be used, is set forth in the words, "Do this in remembrance of Me," and "For as often as ye eat this bread and drink this cup ye do show"--that is, extol, preach, magnify, and praise--"the Lord's death, till He come."キリストの最後の教育機関との目的は、それを使用する必要がある、という言葉が規定されて、 "これが私の記憶では、 "や"をできるだけ頻繁になたがたは、このパンを食べたり飲んだりなたがたは、このカップを示す" - -それは、賞揚、説教は、拡大する、と称賛-"と、主の死後、彼まで来ています。 " But let the words of the mass, and their own doctors and teachings witness, what is the purpose and meaning of the mass; it is that, as mediators between Christ and his Kirk, they should offer to God the Father, a sacrifice in propitiation for the sins of the living and of the dead.しかし、その言葉には、質量、および独自の医師や目撃者の教えとは、どのような目的で、大量の意味;それは、キリストと彼の間で調停カークとしては、神の申し出をしなければならないの父は、犠牲をなだめよう罪のために生きているオブザデッドです。 This doctrine is blasphemous to Christ Jesus and would deprive his unique sacrifice, once offered on the cross for the cleansing of all who are to be sanctified, of its sufficiency; so we detest and renounce it.この学説は、イエスキリストの不敬を奪うとは、彼独特の犠牲には、十字架上で提供するために一度クレンジング神聖化されるすべての者は、その充足;ので嫌悪を放棄することとします。


Chapter 23 - To Whom Sacraments Appertain 23編-誰に付随する秘跡

We hold that baptism applies as much to the children of the faithful as to those who are of age and discretion, and so we condemn the error of the Anabaptists, who deny that children should be baptized before they have faith and understanding.ホールドして我々の子供たちの洗礼を適用するのと同じくらいのように忠実な人たちは、年齢や裁量で、だから我々を非難すると、エラーが発生anabaptists 、子供たちを否定して彼らは信仰をしなければならないと理解する前に、バプテスマを受けています。 But we hold that the Supper of the Lord is only for those who are of the household of faith and can try and examine themselves both in their faith and their duty to their neighbors.しかし、我々は、夕食を保持するためにだけの主は、その人たちは信仰とは、家庭用の両方を試してみて、自分で自分の信仰を調べると、近所の人たちに彼らの義務だ。 Those who eat and drink at that holy table without faith, or without peace and goodwill to their brethren, eat unworthily.飲み食いする人たちは信仰して神聖なテーブルなし、または平和と親善をせずに自分の兄弟は、食べるunworthily 。 This is the reason why ministers in our Kirk make public and individual examination of those who are to be admitted to the table of the Lord Jesus.これは、我々の閣僚会議でカーク理由を公表すると個々の検査を認めている人たちは、テーブルには、主イエスです。


Chapter 24 - The Civil Magistrate 24章-民政官

We confess and acknowledge that empires, kingdoms, dominions, and cities are appointed and ordained by God; the powers and authorities in them, emperors in empires, kings in their realms, dukes and princes in their dominions, and magistrates in cities, are ordained by God's holy ordinance for the manifestation of his own glory and for the good and well being of all men.我々と告白帝国を認めるものとは、国、領土、および都市は、神に任命されたと定められた;当局は、権力とかれらは、帝国皇帝は、自分のレルムキングスでは、公爵、君主が自分の支配権、および都市の治安判事は、定められた神の聖なる条例によっては、彼自身の栄光の現れと健康のために良好で、すべての男性です。 We hold that any men who conspire to rebel or to overturn the civl powers, as duly established, are not merely enemies to himanity but rebels against God's will.我々ホールド共謀している男性を任意の反乱やcivlを覆す権限は、正式に設立さは、単に敵ではないhimanityしかし、反乱軍を神の意志に反対します。 Further, we confess and acknowledge that such persons as are set in authority are to be loved, honored, feared, and held in the highest respect, because they are the lieutenants of God, and in their councils God himself doth sit and judge.さらに、我々と告白することを認める権限を設定するにはこのような人として愛されるには、光栄、恐れ、開かれた最高の敬意とは、神のlieutenantsなぜなら、これらは、神との協議会には、自分自身で判断して座る蓄えています。 They are the judges and princes to whom God has given the sword for the praise and defense of good men and the punishment of all open evil doers.彼らは、裁判官や諸侯に与えられた神の剣のためには、称賛と守備の良い男性との懲罰を開いているすべての悪事を働く者です。 Moreover, we state the preservation and purification of religion is particularly the duty of kings, princes, rulers, and magistrates.また、我々の宗教国家の保全と浄化の義務は特にキングスは、君主は、支配者、および治安判事。 They are not only appointed for civil government but also to maintain true religion and to suppress all idolatry and superstition.彼らは政府だけでなく、市民のために任命さを維持するだけでなく真の宗教とすべての偶像崇拝や迷信を抑制しています。 This may be seen in David, Jehosaphat, Hezekiah, Josiah, and others highly commended for their zeal in that cause.このデビッド見られるかもしれない、 jehosaphat 、ヒゼキヤ、ジョサイア、および他の高度を表彰して彼らの熱意が原因です。

Therefore we confess and avow that those who resist the supreme powers, so long as they are acting in their own spheres, are resisting God's ordinance and cannot be held guiltless.従って我々告白すると明言して、最高の力に抵抗する人たちは、かれらは演技している限り、自分の分野では、条例には、神の抵抗と潔白で開かれることはできません。 We further state that so long as princes and rulers vigilantly fulfill their office, anyone who denies them aid, counsel, or service, denies it to God, who by his lieutenant craves it of them.我々の状態をさらに支配している限り、油断なく発揮事務所君主は、かれらの援助を否定する人は誰でも、弁護人、またはサービスは、神を否定することは、人によって彼の中尉cravesかれらのことです。


Chapter 25 - The Gifts Freely Given to the Kirk章25 -その贈り物を与えられた自由のカーク

Although the Word of God truly preached, the sacraments rightly ministered, and discipline executed according to the Word of God, are certain and infallible signs of the true Kirk, we do not mean that every individual person in that company is a chosen member of Christ Jesus.説教真に神のみことばにもかかわらず、当然の秘跡ministered 、規律を実行すると、神の言葉によれば、絶対確実な兆候があるとの真のカーク、我々ということではありませんが、会社ごとに個々人のメンバーは、選ばれたキリストイエスです。 We acknowledge and confess that many weeds and tares are sown among the corn and grow in great abundance in its midst, and that the reprobate may be found in the fellowship of the chosen and may take an outward part with them in the benefits of the Word and sacraments.我々と告白して多くの雑草を認めるとは、作付面積のうち、トウモロコシとtaresとても豊富でその中で成長する、として自堕落に見られるかもしれないとの交わりがかかることがありますが、選択した部分を外側にしてかれらは、その言葉のメリットと秘跡です。 But since they only confess God for a time with their mouths but not with their hearts, they lapse, and do not continue to the end.しかし彼らの神のみを告白するために自分の時間を口にすることはできませんが、その心は、かれらの経過は、継続して終わりではありません。 Therefore they do not share the fruits of Christ's death, resurrection, and ascension.したがって彼らの成果を共有しないことを、キリストの死、復活、昇天。 But such as unfeignedly believe with the heart and boldly confess the Lord Jesus with their mouths shall certainly receive his gifts.しかし、信じunfeignedlyなどと大胆告白して、心臓が口にして、主イエスは、確かに彼の贈り物を受け取る。 Firstly, in this life, they shall receive remission of sins and that be faith in Christ's blood alone; for though sin shall remain and continually abide in our mortal bodies, yet it shall not be counted against us, but be pardoned, and covered with Christ's righteousness.まず第一に、この人生では、かれらは罪の赦しを受け取ることが、キリストの血だけを信じている;ためにも罪を継続的に従うものとは、依然として人間の遺体は、まだそれに対して我々にカウントされるものではないが、恩赦に浴するれる、と覆われてキリストの正義です。 Secondly, in the general judgment, there shall be given to every man and woman resurrection of the flesh.第二に、一般的な判断では、かれらに与えられたすべての男と女の肉の復活です。 The seas shall give up her dead, and the earth those who are buried within her.あきらめるのは、彼女の死海、そして地球の人たちは彼女の内に埋められている。 Yea, the Eternal, our God, shall stretch out his hand on the dust, and the dead shall arise incorruptible, and in the very substance of the selfsame flesh which every man now bears, to receive according to their works, glory or punishment.いや、その永遠のは、私たちの神は、彼の手を差し伸べるものは、ダストは、発生すると、死者は、清廉潔白な、とは、非常に物質は、今や誰もが同じクマの肉は、彼らの作品を受け取ることによると、栄光または懲罰。 Such as now delight in vanity, cruelty, filthiness, superstition, or idolatry, shall be condemned to the fire unquenchable, in which those who now serve the devil in all abominations shall be tormented forever, both in body and in spirit.今のような虚栄心を喜びで、残酷さは、 filthiness 、迷信、あるいは偶像礼拝で行われるものとして非難して火を抑えられないのは、今の人たちは、悪魔のすべてのサーブに苦しめabominationsは永遠には、身体と精神の両方でいます。 But such as continue in well doing to the end, boldly confessing the Lord Jesus, shall receive glory, honor, and immortality, we constantly believe, to reign forever in life everlasting with Christ Jesus, to whose glorified body all his chosen shall be made like, when he shall appear again in judgment and shall render up the Kingdom to God his Father, who then shall be and ever shall remain, all in all things, God blessed forever.しかし、井戸のようなことを続けるの終わりでは、大胆な告白、主イエスは、栄光を受けるもの、名誉、不死、我々を常に信じて、永遠の生命を永遠に君臨して、イエスキリストは、すべて彼の体に選ばれたのは、見せかけの前にのように、再び判断したときに表示されるものとは、神の王国を描画する父親は、当時の人のものにとどまるものとまでは、全部で物事は、永遠に神の祝福だ。 To whom, with the Son and the Holy Ghost, be all honor and glory, now and ever.誰には、息子と聖霊は、すべての名誉と栄光には、今までとします。 Amen.アーメン。

Arise, O Lord, and let thine enemies be confounded; let them flee from thy presence that hate thy godly Name.生じる、主よ、御身の敵が混乱して;せているだけだから逃亡なたなたの神聖な名前を憎む存在しています。 Give thy servants strength to speak thy Word with boldness, and let all nations cleave to the true knowledge of thee.なたなたの使用人の強さを与える言葉を話す大胆には、すべての国にして、真の知識がなたを突き進む。 Amen.アーメン。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです