Saint Thomasセントトマス

General Information 総合案内

One of the original 12 Apostles of Jesus Christ, Thomas, called Didymus, refused to believe in the testimony of the other Apostles concerning the resurrection of Jesus until he saw the wounds of the resurrected Christ himself (John 20:24, 25, 26-29). 1つは、最初のイエスキリストの12使徒、トーマス、 didymusと呼ばれる、信じているの証言を拒否し、他の使徒に関するイエスキリストの復活まで、彼はキリストの復活を見たのは、自分自身の傷(ジョン20 : 24 、 25 、 26 - 29 ) 。 From this comes the expression "doubting Thomas."来るという表現は、この"疑い深い人です。 " Thomas earlier had expressed great devotion (John 11:16) and a questioning mind (John 14:5).以前の偉大な献身的な態度を表明したトーマス(ヨハネ11:16 )と探求心(ジョン14 : 05 ) 。

Eusebius of Caesarea records that Thomas became a missionary to Parthia. caesareaユーセビアスの宣教師を記録することになったトーマスパーシャ。 The Acts of Thomas (3d century), however, states that he was martyred in India.トーマスの行為(三次元世紀)は、しかし、インドで殉教していた状態です。 The Malabar Christians claim that their church was founded by him.マラバル派キリスト教徒の教会が設立されたと主張していた。 This tradition can neither be substantiated nor denied on the basis of current evidence.この伝統に裏付けもないことも現在の証拠に基づいて否定しています。 Saint Thomas' Mount in Madras is the traditional site of his martyrdom.セントトマス'マドラスマウントでは、伝統的な彼の殉教のサイトです。 Feast day: July 3 (Western and Syrian); Oct. 6 (Eastern).祭日: 7月3日(西部とシリア) ; 10月6日(東部) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography: 参考文献:
Griffith, Leonard, Gospel Characters (1976); Perumalil, Hormice C., and Hambye, ER, eds., Christianity in India (1973).グリフィス、レナード、ゴスペルの文字( 1976 ) ; perumalil 、 hormice c. 、およびhambye 、まぁ、 EDS社。 、キリスト教、インド( 1973 ) 。


Saint Thom'as聖thom'as

Advanced Information 高度情報

Thomas, twin, one of the twelve (Matt. 10:3; Mark 3:18, etc.).トーマス、ツイン、 1つは、 12 ( matt. 10 : 03 ;マーク3時18分、等) 。 He was also called Didymus (John 11:16; 20:24), which is the Greek equivalent of the Hebrew name. didymusとも呼ばれていた(ヨハネ11:16 ;午前20時24分) 、これは、ギリシャ語、ヘブライ語の名前と等価です。 All we know regarding him is recorded in the fourth Gospel (John 11:15, 16; 14:4, 5; 20:24, 25, 26-29).我々は彼を知っているすべての録音については、第4福音書(ヨハネ11:15 、 16 ;午後2時04分、 5 ;午前20時24分、 25 、二六から二九まで) 。 From the circumstance that in the lists of the apostles he is always mentioned along with Matthew, who was the son of Alphaeus (Mark 3:18), and that these two are always followed by James, who was also the son of Alphaeus, it has been supposed that these three, Matthew, Thomas, and James, were brothers.状況からして、彼はいつものリストに記載の使徒と共にマシュー氏は、息子のalphaeus (マーク3時18分) 、および、これらの2つは、常に続きますジェームズ氏は、息子のalphaeusも、それこれら3つの仮定してきた、マタイ、トマス、とジェームズは、兄弟がいる。


St. Thomas the Apostleセントトマスの使徒

Catholic Information カトリック情報

Little is recorded of St. Thomas the Apostle, nevertheless thanks to the fourth Gospel his personality is clearer to us than that of some others of the Twelve.リトルが記録さセントトマスの使徒は、第4福音書にもかかわらず彼の人柄のおかげで、私たちにとっては、より明確にして、他のいくつかの12 。 His name occurs in all the lists of the Synoptists (Matthew 10:3; Mark 3:18; Luke 6, cf. Acts 1:13), but in St. John he plays a distinctive part.彼の名前が発生する場合は、すべてのリストsynoptists (マタイ10 : 03 ;マーク3 : 18 ;ルーク6 、 cf 。行為1時13分) 、聖ヨハネしかし、彼独特の部分が演じている。 First, when Jesus announced His intention of returning to Judea to visit Lazarus, "Thomas" who is called Didymus [the twin], said to his fellow disciples: "Let us also go, that we may die with him" (John 11:16).第一に、イエスのときに復帰する意思を表明したユダヤラザロを訪問し、 "トーマス"と呼ばれる人がdidymus [ツイン] 、同僚によると弟子: "にも行ってみよう、と彼が死ぬことがあります" (ヨハネ11 : 16 ) 。 Again it was St. Thomas who during the discourse before the Last Supper raised an objection: "Thomas saith to him: Lord, we know not whither thou goest; and how can we know the way?"セントトマスの人の中に再びそれは、最後の晩餐の前に談話異議提起: "と彼は言うトーマス:主よ、私たちが知らないことをどこなたgoの二人称単数;と知っているように私たちはどうすれば? " (John 14:5). (ヨハネ14 : 05 ) 。 But more especially St. Thomas is remembered for his incredulity when the other Apostles announced Christ's Resurrection to him: "Except I shall see in his hands the print of the nails, and put my finger into the place of the nails, and put my hand into his side, I will not believe" (John 20:25); but eight days later he made his act of faith, drawing down the rebuke of Jesus: "Because thou hast seen me, Thomas, thou hast believed; blessed are they that have not seen, and have believed" (John 20:29).しかし、もっとセントトマス特に彼は信じられないというときに思い出したのため、他の使徒キリストの復活を発表した彼: "を除いて、わたしは彼の手を参照してくださいプリントの爪は、私の指を置くと、その場所の爪は、私の手を置く彼の側には、私は信じていない" (ヨハネ20 : 25 ) ;しかし、 8日後、彼は彼の信念に基づく行為は、イエスの叱責デッサンダウン: "なたわたしを見たので、トーマスは、なたと信じて;は彼らを祝福見たことのない、とも考えられて" (ヨハネ20時29分) 。

This exhausts all our certain knowledge regarding the Apostle but his name is the starting point of a considerable apocryphal literature, and there are also certain historical data which suggest that some of this apocryphal material may contains germs of truth.この特定の知識の排ガスについて、我々のすべての使徒しかし、彼の名前はその出発点は、かなりの作り話の文学、そしてそこには特定の歴史的なデータを示唆しても、この作り話の材料がいくつかの病原菌の真実が含まれています。 The principal document concerning him is the "Acta Thomae", preserved to us with some variations both in Greek and in Syriac, and bearing unmistakeable signs of its Gnostic origin.彼に関する文書の校長は、 " actaトーメ"は、いくつかのパターンを保存して、私たちはシリア語やギリシャ語の両方で、その兆候と軸受unmistakeableグノーシス主義の起源です。 It may indeed be the work of Bardesanes himself.実際に働くことがありますが、自分自身のbardesanes 。 The story in many of its particulars is utterly extravagant, but it is the early date, being assigned by Harnack (Chronologie, ii, 172) to the beginning of the third century, before AD 220.その話では全くの多くはその顛末を超したが、それは、早い時期には、人によって割り当てられているハルナック( chronologie 、 2世、 172 ) 、第3世紀の初めには、前の広告220 。 If the place of its origin is really Edessa, as Harnack and others for sound reasons supposed (ibid., p. 176), this would lend considerable probability to the statement, explicitly made in "Acta" (Bonnet, cap. 170, p.286), that the relics of Apostle Thomas, which we know to have been venerated at Edessa, had really come from the East.もし、その起源は本当にエデッサ場所は、他の健全な理由としてハルナックと仮定( ibid. 、 p. 176 ) 、これはかなりの確率を貸すの声明は、明示的に作られた" acta " (ボンネット、キャップ。 170 、 p 0.286 ) 、トーマスは、遺跡の使徒は、我々が知っているから尊敬されエデッサでは、実際には、東から来ています。 The extravagance of the legend may be judged from the fact that in more than one place (cap. 31, p. 148) it represents Thomas (Judas Thomas, as he is called here and elsewhere in Syriac tradition) as the twin brother of Jesus.伝説の浪費の判断からかもしれないという事実を複数の場所で( cap. 31 、 p. 148 )ことを表しますトーマス(トーマスユダは、他の場所として、ここで彼はシリア語の伝統と呼ばれる)として、イエスの双子の兄弟。 The Thomas in Syriac is equivalant to didymos in Greek, and means twin.トーマスでは、シリア語、ギリシャ語equivalantをdidymos 、そして双子の手段です。 Rendel Harris who exaggerates very much the cult of the Dioscuri, wishes to regards this as a transformation of a pagan worship of Edessa but the point is at best problematical.大げさやハリスrendel人は、非常にディオスキュリ教団は、この願いをに関しては、異教の変態として崇拝エデッサしかし、問題点がせいぜいだ。 The story itself runs briefly as follows: At the division of the Apostles, India fell to the lot of Thomas, but he declared his inability to go, whereupon his Master Jesus appeared in a supernatural way to Abban, the envoy of Gundafor, an Indian king, and sold Thomas to him to be his slave and serve Gundafor as a carpender.その物語自体簡潔に失点以下のとおり:課では、使徒は、インド、たくさんのトーマスに落ちたが、彼に行くことができないために宣言した、主人するとイエスabban出演して、超自然的方法を、特使のgundafor 、インド国王は、彼にして販売されるトーマスと彼の奴隷としてcarpenderサーブgundafor 。 Then Abban and Thomas sailed away until they came to Andrapolis, where they landed and attended the marriage feast of the ruler's daughter.それからabbanとトーマスandrapolis航海を去るまで、彼らがやって来て、どこに上陸したとの結婚披露宴に出席し、支配者の娘です。 Strange occurences followed and Christ under the appearence of Thomas exhorted the bride to remain a Virgin.奇妙な事例の外観の下に続いて、キリストの花嫁をexhortedトーマス処女のままでいる。 Coming to India Thomas undertook to build a palace for Gundafor, but spend the money entrusted to him on the poor.インドに来て宮殿を建設するためのトーマスgundafor引き受けたが、そのお金を費やす彼は、貧しい人々に委託しています。 Gundafor imprisoned him; but the Apostle escaped miraculously and Gundafor was converted.彼gundafor投獄;しかし、奇跡的に使徒とgundaforエスケープに変換された。 Going about the country to preach, Thomas met with strange adventures from dragons and wild asses.説教については、国に行くのは、トーマスドラゴンズと会ってからの奇妙な冒険野生のロバ。 Then he came to the city of King Misdai (Syriac Mazdai), where he converted Tertia the wife of Misdai and Vazan his son.それから彼はその都市に来た王misdai (シリア語mazdai )は、どこに変換tertia彼の息子の妻misdaiとvazan 。 After this he was condemed to death, led out of city to a hill, and pierced through with spears by four soldiers.この後、彼の死はcondemedには、市の中心にある丘のうち、 4人の兵士によるスピアーズピアスをしています。 He was buried in the tomb of the ancient kings but his remains were afterwards removed to the West.彼が埋設されており、古代の王の墓が彼の遺骨はその後、西側に削除されます。

Now it is certainly a remarkable fact that about the year AD 46 a king was reigning over that part of Asia south of Himalayas now represented by Afghanistan, Baluchistan, the Punjab, and Sind, who bore the name Gondophernes or Guduphara.今では、確かに注目されている事実については、 46年の広告に君臨する王はその部分を今に代表されるヒマラヤの南アジアアフガニスタン、バルチスタン、パンジャブ州、およびsind 、退屈な人たちの名前をgondophernesまたはguduphara 。 This we know both from the discovery of coins, some of the Parthian type with Greek legends, others of the Indian types with the legends in an Indian dialect in Kharoshthi characters.この両方を知っているから、我々の発見硬貨は、いくつかの種類がパルティアギリシャの伝説は、他のタイプでは、インドの伝説の中で、インドの方言kharoshthi文字です。 Despite sundry minor variations the identity of the name with the Gundafor of the "Acta Thomae" is unmistakable and is hardly disputed.にもかかわらず、さまざまなバリエーションのマイナーアイデンティティは、その名のgundafor " actaトーメ"は、紛れもないとは、議論の余地がほとんどです。 Further we have the evidence of the Takht-i-Bahi inscription, which is dated and which the best specialists accept as establishing the King Gunduphara probably began to reign about AD 20 and was still reigning in 46.さらに、我々はその証拠bahi碑文- takht -私は、これが最良の日付とスペシャリストの確立を受け入れるの王として君臨gundupharaについては、おそらく広告を始めた20と46はまだ君臨しています。 Again there are excellent reasons for believing that Misdai or Mazdai may well be transformation of a Hindu name made on the Iranian soil.再度信じ込ませるには優秀な理由かもしれないmisdaiまたはmazdaiヒンドゥー教の名前を変換する前には、イランの土壌です。 In this case it will probably represent a certain King Vasudeva of Mathura, a successor of Kanishka.この場合、特定の王を表すことは、おそらくマトゥラvasudevaのは、後継者のkanishka 。 No doubt it can be urged that the Gnostic romancer who wrote the "Acta Thomae" may have adopted a few historical Indian names to lend verisimilitude to his fabrication, but as Mr. Fleet urges in his severely critical paper "the names put forward here in connection with St.Thomas are distinctly not such as have lived in Indian story and tradition" (Joul. of R. Asiatic Soc.,1905, p.235).間違いないよう求めたことができますグノーシス主義の夢想して書いた" actaトーメ"を採択する可能性があるいくつかの歴史的なインドの名前を貸す本当らしい彼の製作には、しかし、彼を厳しく批判的な衝動ミスター艦隊紙"の名前を入れる前にここで接続st.thomasがはっきりしていないようなストーリーと伝統をインドに住んだことがある" (共和党アジアのインフラjoul. 。 、 1905 、 p.235 ) 。

On the other hand, though the tradition that St. Thomas preached in "India" was widely spread in both East and West and is to be found in such writers as Ephraem Syrus, Ambrose, Paulinus, Jerome, and, later Gregory of Tours and others, still it is difficult to discover any adequate support for the long-accepted belief that St. Thomas pushed his missionary journeys as far south as Mylapore, not far from Madras, and there suffered martyrdom.その半面、セントトマス説教しても、伝統は、 "インド"は、東と西の両方で広く普及されるとは、このような作家として見られるシリアの聖エフラエム、アンブローズ、パウリヌスは、ジェローム、および、それ以降のツアーとグレゴリー他は、まだすべてを検出することは困難に十分な支援を長期的に受け入れられている信念に押されセントトマス彼の宣教師としてmylaporeはるか南の旅としては、マドラスから遠くないところ、そこ苦しんで殉教した。 In that region is still to be found a granite bas-relief cross with a Pahlavi (ancient Persian) inscription dating from the seventh century, and the tradition that it was here that St. Thomas laid down his life is locally very strong.その地域では、まだ発見される花崗岩浅浮き彫りのクロスをパフラヴィ語(古代ペルシア語)から、 7世紀の碑文の出会い系、そしてそれがここの伝統セントトマス敷設してローカルで彼の人生は非常に強い。 Certain it is also that on the Malabar or west coast of southern India a body of Christians still exists using a form of Syriac for its liturgical language.特定することもマラバルたりしては、インド南部の西海岸のキリスト教徒が依然として存在し、体のフォームを使用して、シリア語の典礼言語です。 Whether this Church dates from the time of St. Thomas the Apostle (there was a Syro-Chaldean bishop John "from India and Persia" who assisted at the Council of Nicea in 325) or whether the Gospel was first preached there in 345 owing to the Persian persecution under Shapur (or Sapor), or whether the Syrian missionaries who accompanied a certain Thomas Cana penetrated to the Malabar coast about the year 745 seems difficult to determine.どうか、この教会の日程から、時間のセントトマスの使徒( syro -カルデア主教があったジョン"インドやペルシャから"誰niceaアシストでは、評議会の325 )かどうかは、最初の福音説教してあるおかげで345ペルシアのシャプール迫害下(または味)は、シリアの宣教師かどうかや、特定の伴奏を務めたトーマスカナマラバル海岸に侵入して、年間約745判別しにくいようだ。 We know only that in the sixth century Cosmas Indicopleustes speaks of the existence of Christians at Male (? Malabar) under a bishop who had been consecrated in Persia.我々が知っているだけで、 6世紀cosmas indicopleustes喋るのキリスト教徒の存在で男性( ?マラバル)の下ではペルシャ聖体拝領されていたビショップ。 King Alfred the Great is stated in the "Anglo-Saxon Chronicle" to have sent an expedition to establish relations with these Christians of the Far East.キングアルフレッド大王が記載され、 "アングロサクソン年代記"への遠征に送られるこれらのキリスト教徒の関係を確立する極東。 On the other hand the reputed relics of St. Thomas were certainly at Edessa in the fourth century, and there they remained until they were translated to Chios in 1258 and towards to Ortona.その一方で、有名な遺跡のセントトマスエデッサでは、第4世紀には確かに、彼らは、そこまでしていた訳でchiosオルトナ1258と向かっている。 The improbable suggestion that St. Thomas preached in America (American Eccles. Rev., 1899, pp.1-18) is based upon a misunderstanding of the text of the Acts of Apostles (i, 8; cf. Berchet "Fonte italiane per la storia della scoperta del Nuovo Mondo", II, 236, and I, 44).セントトマス説教しそうにないことを示唆する、アメリカ(アメリカエクルズ。牧師、 1899 、 pp.1 - 18 )に基づいて、誤解を招く行為では、テキストの使徒(私は、 8 ; cf 。ベルシェ"フォンテイタリアあたりラstoriaデッラscopertaデルモンドヌオーヴォ"は、 2世、 236 、と私は、 44 ) 。

Besides the "Acta Thomae" of which a different and notably shorter redaction exists in Ethiopic and Latin, we have an abbreviated form of a so-called "Gospel of Thomas" originally Gnostic, as we know it now merely a fantastical history of the childhood of Jesus, without any notably heretical colouring.上述の" actaトーメ"の改訂で、別の存在と顕著に短くエチオピアやラテン、我々は、簡略形で、いわゆる"トマスによる福音書"もともとグノーシス主義は、我々が知っているだけで、今は、子供のころの幻想的な歴史イエスキリストは、異端colouring特になし。 There is also a "Revelatio Thomae", condemned as apocryphal in the Degree of Pope Gelasius, which has recently been recovered from various sources in a fragmentary condition (see the full text in the Revue benedictine, 1911, pp. 359-374).また、 " revelatioトーメ"は、死刑囚の作り話として法王度gelasius 、これが最近ではさまざまなソースから回復した断片的条件(全文を参照してくださいレベニューは、ベネディクト、 1911 、 pp 。三百五十九から三百七十四) 。

Publication information Written by Herbert Thurston.ハーバートサーストンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Mary and Joseph Thomas.マリアとヨセフトーマス転写された。 In Memory of Ella Barkyoumb The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.メモリのエラbarkyoumbカトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです