Westminster Confession of Faithウェストミンスター信仰告白

London Confession of Faithロンドン信仰告白

1644 1644年

A very slightly modified version is also called the非常には、若干の修正版とも呼ば

Puritan Confession of Faithピューリタン信仰告白

Outline大綱

Note: In 1677, the Second London Confession of Faith eliminated several chapters near the end that tended to mix Church and state, and those Chapters are noted appropriately in the outline below.注: 1677で、 2番目のロンドン信仰告白排除していくつかの章の終わり近くの教会と国家を混在させる傾向があり、これらの支部は適切で有名なアウトラインは以下のとおりです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Chapter 1 - Of the Holy Scripture 第1章 -の教典
Chapter 2 - Of God, and of the Holy Trinity 第2章 -神は、とのホーリートリニティー
Chapter 3 - Of God's Eternal Decree 第3章 -神の永遠の法令
Chapter 4 - Of Creation 第4章 -の創出
Chapter 5 - Of (Divine) Providence 第5章 -の摂理(神)
Chapter 6 - Of the Fall of Man, of Sin, and of the Punishment Thereof 第6章 -は、人間の堕落、罪と罰のもの
Chapter 7 - Of God's Covenant with Man 第7章 -神の約束をして男
Chapter 8 - Of Christ the Mediator 第8章 -キリストのメディエーター
Chapter 9 - Of Free Will 第9章 -自由意志
Chapter 10 - Of Effectual Calling 第10章 -の効果的な呼び出し
Chapter 11 - Of Justification 第11章 -の正当性
Chapter 12 - Of Adoption 第12章 -の養子縁組
Chapter 13 - Of Sanctification 第13 -の清浄化
Chapter 14 - Of Saving Faith 第14 -信仰の節約
Chapter 15 - Of Repentance Unto Life (and Salvation) 15章 -かれの人生の後悔(と救世)
Chapter 16 - Of Good Works 16章 -の良い作品
Chapter 17 - Of the Perseverance of the Saints 第17日 -セインツのは、忍耐力
Chapter 18 - Of the Assurance of Grace and Salvation 18章 -は、保証の恵みと救世
Chapter 19 - Of the Law of God 19章 -神の法則
Chapter 20 - Of Christian Liberty and Liberty of Conscience 第20章 -キリスト教の自由や信教の自由
Chapter 21 - Of Religious Worship and the Sabbath Day 第21 -宗教の礼拝と安息日
Chapter 22 - Of Lawful Oaths and Vows 第22条 -の合法的と誓いの誓い
Chapter 23 - Of the Civil Magistrate 23章 -民政官は、
Chapter 24 - Of Marriage and Divorce 第24 -結婚と離婚
Chapter 25 - Of the Church 25章 -の教会
Chapter 26 - Of the Communion of Saints 第26 -の聖体拝領の聖人
Chapter 27 - Of the Sacraments (Ordinances) 27章 -の秘跡(条例)
Chapter 28 - Of Baptism 28章 -の洗礼
Chapter 29 - Of the Lord's Supper 29章 -は、主の夕食
Chapter 30 - Of Church Censures (not included in Puritan Confession) 第30 -教会のc ensures(ピューリタンの自白に含まれていない)
Chapter 31 - Of Synods and Councils (not included in Puritan Confession) 31章 -s ynodsとの協議会(ピューリタンの自白に含まれていない)
Chapter 32 - Of the State of Man After Death, and of the Resurrection 32章 -男は、死後の状態、との復活
Chapter 33 - Of the Last Judgment 33章 -の最後の判断
Chapter 34 - Of the Holy Spirit (not included in Puritan Confession) 34章 -は、聖霊(ピューリタンの自白に含まれていない)
Chapter 35 - Of the Gospel of the Love of God and Missions (not included in Puritan Confession) 第35 -福音書は、神の愛と任務を(ピューリタンの自白に含まれていない)


Westminster Confession of Faith (1647)ウェストミンスター信仰告白( 1647 )

Advanced Information 高度情報

The Westminster Assembly (so called because of its meeting place) was summoned by the English Parliament in 1643.ウエストミンスターアセンブリ(いわゆる理由は、その出会いの場)が、英語の議会に召喚された1643 。 Its mission was to advise Parliament in restructing the Church of England along Puritan lines.その使命は、議会に助言するのは、教会のrestructingイングランドピューリタン線に沿っています。 To the assembly were invited 121 ministers (the "divines"), 10 members of the House of Lords, 20 of the Commons, plus 8 nonvoting (but influential) representatives of Scotland, which was allied to the English Parliament by a treaty, the "Solemn League and Covenant." 121閣僚が招待しているアセンブリ(以下"神学者" )は、 10人の貴族院は、 20のコモンズは、プラス8無議決オブスコットランド(しかし、有力な)代表は、議会では、英語の同盟条約には、 "厳粛なリーグと約束した。 " Different views of church government were represented, presbyterianism being the dominant position.政府の見解とは異なる表さ教会は、長老制の支配的な地位れています。 On theological matters, however, there was virtual unanimity in favor of a strong Calvinistic position, unequivocally rejecting what the assembly saw as the errors of Arminianism, Roman Catholicism, and sectarianism.神学上の問題は、しかし、全会一致の賛成があったという強い仮想calvinistic位置は、きっぱりと拒否し、アセンブリを見たとして、どのようなエラーがアルミニウス説は、ローマカトリック教、およびセクト。

The assembly's Confession of Faith, completed in December, 1646, is the last of the classic Reformed confessions and by far the most influential in the English-speaking world.議会の信仰告白は、 12月に完成し、 1646年、改心したが、最後のクラシックと自白までに寄付されたのは、英語圏で最も影響力の世界。 Though it governed the Church of England only briefly, it has been widely adopted (sometimes with amendments) by British and American Presbyterian bodies as well as by many Congregational and Baptist churches.英国教会の統治ことだけ簡潔には、広く採用されて(時にはして補正)されたイギリスとアメリカの長老派教会の遺体と同様、多くの会衆とバプテスト教会です。 It is well known for its thoroughness, precision, conciseness, and balance.徹底することはよく知られており、精度、簡潔、および残高です。 Notable elements are: (1) The opening chapter on Scripture, called by Warfield the best single chapter in any Protestant confession.特筆すべき要素は: ( 1 )の開口部の章啓典は、最良のウォーフィールドと呼ばれる1つの章で、いかなるプロテスタント告白。 (2) The mature formulation of the Reformed doctrine of predestination (chs. III, V, IX, XVII). ( 2 )定式化は、改革派の中高年の宿命ドクトリン( chs. 3世、 v 、 9世、 17 ) 。 It is noncommittal on the debate between supra- and infralapsarianism, but teaches clearly that God's will is the ultimate cause of all things, including human salvation.あいまいなことがスープラとの間で議論して定論ではなく、神の教えを明確にして、究極の原因は、すべてのものは、人間の救済を含めています。 It teaches the doctrine of reprobation in very guarded terms (III. vii. viii.).教義を教えて非難することは非常に守られて、条件( iii.第VII 。 viii 。 ) 。 It is careful to balance this teaching with a chapter on human freedom (IX).バランスを慎重に教えることは、この章では、人間の自由( 9 ) 。 (3) The emphasis on covenants as the way in which God relates to his people through history (VII, esp.). ( 3 )約款に重点を置き、神としての道を介して人に関係して彼の歴史(第VII 、特に) 。 (4) Its doctrine of redemption structured according to God's acts (X-XIII) and human response (XIV-XVII), thus underscoring its "covenantal" balance between divine sovereignty and human responsibility. ( 4 )によると、ドクトリンの償還ストラクチャード神の行為と( X - 13 )と人間の応答( 14 - 17 )は、このように強調した" covenantal "神の主権と人間の責任のバランスを取る。 (5) Its Puritan doctrine of assurance (XVIII), a strong affirmation, yet more sensitive than other Reformed confessions to the subjective difficulties believers have in maintaining a conscious assurance. ( 5 )保証のピューリタンの教義( 18 )は、強い肯定、まだ他の改革よりももっと敏感に自白には、信者の主観的な困難を維持する保証を意識しています。 (6) Its strong affirmation of the law of God as perpetually binding the conscience of the believer, even though certain ceremonial and civil statutes are no longer in effect (XIX), balanced by a careful formulation of the nature of Christian liberty of conscience (XX). ( 6 ) 、その強い肯定の法則は、神としての良心には、永続的に結合信者にもかかわらず、特定の儀式や民事法令では、もはや効果( 19 ) 、バランスを慎重に定式化されたキリスト教の本質は、信教の自由( XX社) 。 (7) Its Puritan view of the sabbath, regarding the day as a perpetual obligation, contrary to Calvin's Institutes and other Reformed writings. ( 7 ) 、ピューリタンビューの安息日は、四季咲きの義務として、この日に関しては、他の機関とは逆に改心カルビンの記述です。 (8) The first clear confessional distinction between the visible and invisible church (XXV). ( 8 )の最初の明確な区別の有形無形の告白教会( 25 ) 。

JM Frameジャマイカのフレーム
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
D. Laing, ed., The Letters and Journals of Robert Baillie; SW Carruthers, The Westminster Confession for Today; W. Hetherington, History of the Westminster Assembly of Divines; A. Mitchell and J. Struthers, Minutes of the Sessions of the Westminster Assembly; J. Murray, "The Theology of the Westminster Confession of Faith," in Scripture and Confession, ed. d.ディブ、エド。 、手紙や定期刊行物のロバートbaillie ; swカラザースは、今日のためのウェストミンスター信仰告白;ウィリアムヘザリントンは、歴史のウェストミンスター神学者の集会; a. j.ストラザーズミッチェルと、その分のセッションでは、ウェストミンスターアセンブリ; j.マレーは、 "ウェストミンスター信仰告白の神学は、 "啓典と告白し、エド。 J. Skilton; BB Warfield, The Westminster Assembly and Its Work; GI Williamson, The Westminster Confession of Faith for Study Classes. j.スキルトン; bbウォーフィールドは、ウェストミンスター議会とその仕事;胃腸ウィリアムソンは、ウエストミンスター信仰告白を勉強するクラスです。


Westminster Catechismsウェストミンスターcatechisms

Advanced Information 高度情報

After the Westminster Assembly completed its work on the confession, it focused its attention on preparation of a catechism.組立作業を完了した後、ウエストミンスター告白して、それに注目して注目して、公教要理製剤です。 Its early attempts were frustrated, and a consensus developed that two catechisms would be needed, "one more exact and comprehensive, another more easier and short for new beginners."その初期の試みが挫折し、コンセンサスを開発することが必要catechisms 2つは、 " 1つのより正確かつ包括的、別のもっと簡単に短いため、新たな初心者です。 " The Larger was intended for pulpit exposition, while the Shorter was intended for the instruction of children.説教壇には、意図して、 大規模な博覧会は、 短い間には、子供たちの教育のために意図した。 These were completed, the Shorter in 1647 and the Larger in 1648.これらが完了すると、大きく短縮され、 1647年と1648年です。 Both function as official standards of doctrine in many denominations today within the Reformed tradition.両方の機能としては、多くの宗派の教義を公式今日の基準内の改革派の伝統だ。 The Larger has, to a considerable extent, fallen into disuse, while the Shorter has been greatly used and loved, though many have found it too difficult to be an effective teaching aid for children.大きいが、かなりの程度までは、不用に落ちてしまったのは、使用されている間と大幅に短縮されて愛され、多くが発見されるのが困難な子供たちのために効果的な補助教材です。

The theology of the catechisms is the same as that of the confession. catechismsの神学の場合と同じ結果が、告白している。 The catechisms (especially the Shorter) also share the confession's conciseness, precision, balance, and thoroughness.そのcatechisms (特に、短い)も共有して自白の簡潔さ、精度、残高は、徹底しています。 Neither breathes the warm, personal spirit of the Heidelberg Catechism, but it may be argued that some of the answers are equally memorable and edifying.どちらを吸い込んだ温かい、個人の精神のハイデルベルク教要理が、それかもしれないと主張していくつかの回答が均等に思い出深いものと有り難いです。 Both are structured in two parts: (1) what we are to believe concerning God, and (2) what duty God requires of us.両方の2つの部分には、構造化: ( 1 )に関しては何を信じて私たちは、神は、どのような義務と( 2 )私たちの神が必要です。 The first part recapitulates the basic teaching of the confession on God's nature, his creative and redemptive work.授業の最初の部分は、基本的なrecapitulates告白して、神の性質は、彼の創造と贖いの仕事です。 The second part contains (a) exposition of the Decalogue, (b) the doctrine of faith and repentance, and (c) the means of grace (word, sacrament, prayer, concluding with an exposition of the Lord's Prayer). 2番目の部分が含まれ万博の十戒(する) 、 ( b )にその教義を信仰と悔い改め、及び( c )手段のグレース(ワード、聖礼典、祈り、結びの博覧会では、主の祈り) 。

The Larger is sometimes thought to be overdetailed, even legalistic, in its exposition of the law.大きいと考えられるのは、ときどきoverdetailed 、律法でさえ、その博覧会では、法の趣旨だ。 One emerges with an enormous list of duties that are difficult to relate to the simple commands of the Decalogue. 1つの巨大なリストがはっきりして職務に関連することが困難に単純なコマンドの十戒です。 There is truth in such criticisms, but those who urge them often fail to realize the importance of applying scriptual principles authoritatively to current ethical questions.このような批判には真実があるが、しばしば失敗して人々を促すことの重要性を認識して現在の倫理的権威の原則を適用するscriptual質問です。 Whatever we may think of their conclusions, the Westminster divines provide us with a good example of zealousness at that task.我々がどのような結論を思っているかもしれないが、私たちが提供するのウェストミンスター神学者の良い例に熱中して課題なのです。

JM Frameジャマイカのフレーム
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
GI Williamson, The Shorter Catechism.胃腸ウィリアムソンは、公教要理短い。


Also, see:また、参照してください:
Westminster Confession - Text ウェストミンスター信仰告白-テキスト


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです